【リレーss】綺羅ツバサ「音ノ木坂に潜入する」

シェアする

ツバサ-アイキャッチ2
1: 二人で交互に書いていきます ◆wIZGFF1rzU 2014/04/26(土) 22:10:25.93 ID:UINvmE8nO
ーUTX学園ー


ツバサ「ことにしたよ!」

英玲奈「突然だな…」

あんじゅ「何で急に?」

ツバサ「もちろんライバルの偵察に!」

英玲奈「ライバル…μ'sか」

あんじゅ「確かに練習だけじゃなく相手を知るのも大切よね、じゃあ私達も…」

ツバサ「ダメダメ! 三人で行ったら目立っちゃうでしょ、ここは私に任せて!」

英玲奈「そうかもしれないけど…」

あんじゅ「なんか…」

ツバサ「?」

英玲奈・あんじゅ(ツバサ一人だと不安だなぁ…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398517825

元スレ: 【リレーss】綺羅ツバサ「音ノ木坂に潜入する」

スポンサーリンク
2: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/04/26(土) 22:36:50.71 ID:07G1D+E5o

ツバサ「じゃあ行ってくるわ」

あんじゅ「……」

英玲奈「……待て待て」

ツバサ「??」

英玲奈「その格好で行くつもりなのか?」

ツバサ「……やっぱり目立っちゃうかな…?」

あんじゅ「一人だけ違う制服着てたら……そりゃあねぇ…」

ツバサ「なら……これでっ……、よしっ、と」

あんじゅ「サングラス…?」

英玲奈「いや…、そういう問題ではなく」

ツバサ「大丈夫大丈夫、上手くやるわ」

あんじゅ「はいはい、μ'sの皆さんによろしくね」

ツバサ「はーいっ!」




━━音ノ木坂学院校門


ツバサ「ここ、かぁ…」

ツバサ「時間的に一時限目が始まったくらいかな…。授業中ならそうそう見付かる心配もないし、大胆に…そうね、王者A-RISEらしく正面突破よ!」
3: ◆wIZGFF1rzU 2014/04/26(土) 23:34:24.20 ID:34G+1hLz0
―二年生の教室―




先生「……であるからして」

穂乃果(ふあぁ…練習の疲れが…。いやいつも眠いけども…)ムニャムニャ

穂乃果(……ん?)



ツバサ「~♪」



穂乃果(あれ…どこかで見たことあるような…。いや、それよりサングラスがものすごい違和感あるなぁ…)

先生「…高坂さん?」

穂乃果「は、はいっ! 寝てません! ちゃんと聞いてます!」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん…」

海未「はぁ…まったく」

穂乃果(…あ、いなくなっちゃった。あっちは確か…)


4: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/04/27(日) 00:16:45.92 ID:pA/IfM3Oo

穂乃果「ホントだって! 穂乃果、見たもんっ! この目でしっかりと!!」

海未「貴女、眠ってましたよね…?」

ことり「夢、とか…?」

穂乃果「もー! ことりちゃんまでー! なら証拠見せてあげるよ!」

海未「証拠…?」

穂乃果「さっきの人、向こうの方に歩いていったから……多分、アイドル研究部の部室の辺りじゃない?」

海未「仮にその話が本当だとしても何故、部室だと?」

穂乃果「えーと……それはー……、勘?」

ことり「勘って…、あはは…」

穂乃果「とりあえず確かめに行こうよー! ほら善は急げって言うし!」

海未「仕方ありませんね…、善だと良いのですが」



━━部室


ツバサ「んんっ…、ふぁぁ……いつの間に寝ちゃったんだろ…。さっきのチャイム…、休み時間になったのね」

ツバサ「ならそろそろ行動を起こさないと」


ガチャガチャ…


ツバサ「へ…? や、やばッ…!! 鍵閉め忘れ…って今からじゃどうしようもっ!!」

ツバサ「隠れる所、隠れる所っ!! そうだっ、この棚の陰なら」


ガチャ……


穂乃果「んー……」

海未「ほら、誰もいないじゃないですか」

ことり「くんくん…くんくん…?」

海未「ことり? どうかしましたか?」

ことり「……ううん、何でもないよ」

海未「穂乃果も…、気が済んだでしょう? さぁ、行きますよ」

穂乃果「……待って!」



ツバサ(……っ!?)
7: ◆wIZGFF1rzU 2014/04/27(日) 13:02:22.42 ID:nvmaSS3d0
穂乃果「……」スタスタ

海未「穂乃果? どうかしたんですか?」

ツバサ(こ、こっちきたー!? やばいやばいやばい…!)ドキドキ




穂乃果「…穂乃果のパンがない!」




海未「はい?」

ことり「え、ええぇ…」

ツバサ(た、助かったああああああ!)



穂乃果「非常食として部室に置いといたのに! 誰が勝手に食べたのー!」

海未「行きますよ穂乃果」ガシッ

穂乃果「パンー! 穂乃果のパンー!」ジタバタ

ことり「……待って海未ちゃん!」

海未「ことりまで……おやつでもなくなったんですか?」

ことり「ち、違うよ!…この匂い、部室に誰か隠れてるよ」

ツバサ(……!)ドキーン!

穂乃果「匂い……? 穂乃果にはよく分からないや」クンクン

ことり「間違いないよ。これは女の子ものの香水の匂い……こっちの方からだね」スタスタ

ツバサ(くっ……こ、ここは…!)




ツバサ「に、にゃあぁぁぁぁぁ……」



「「「………」」」



ことり「なーんだ。猫さんかぁ」アハハ

穂乃果「一件落着だね!」エヘヘ

海未「ふふ、そうですね」ウフフ



海未「……って、猫でも問題なんですよ! 出てきなさい!」

ツバサ(だ、ダメか…! 誰か助けてー!)
8: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/04/27(日) 14:51:03.62 ID:pA/IfM3Oo

ツバサ「にゃ、にゃぁぁ……」


海未「にゃぁにゃぁ言ってないで早くそこから」

ことり「海未ちゃんは猫さんとお話しできるの?」

海未「……では、直接捕まえて」


ツバサ(ひゃぁぁ…っ、こっち来ないでぇー!! 私は猫っ、私は猫っ!! こんなに鳴いてるのにっ、野良猫の一匹くらい見逃してよーっ!!)

ツバサ「にゃぁ、にゃぁっ、決して怪しい者じゃないにゃぁーっ!!」

ツバサ(はっ…! し、しまっ)


海未「今、喋りました…?」

ことり「こ、ことりも聞いたよ? 怪しい者じゃないにゃーって、確かに…」

穂乃果「うーん……あ、もしかして凛ちゃん?」

ことり「あぁっ、そうかも!」

海未「そうなのでしょうか…?」


ツバサ(凛、ちゃん…? それって、猫の名前…? あれ…でも、凛……凛って何処かで聞いた事あるような……凛…、星空…凛……そうだ、確かμ'sのメンバーの中に星空凛って名前が……。……よし)

ツバサ「り、凛ですにゃ…! μ'sの星空凛ですにゃぁ! だから全然怪しくないんですにゃぁっ…」

海未「凛、なのですか…? しかし、声が…」

ことり「海未ちゃん、そろそろ休み時間終わっちゃう!」

海未「あ、もうそんな時間ですか…、急がなくては」

穂乃果「凛ちゃんも授業遅れないようにねー!」

ツバサ「は、はぁ~いにゃぁぁ…」




ツバサ「にゃぁぁ……、何とか見付からずに済んだにゃぁー……」

ツバサ(休み時間は危険ね……、こんなのが毎回続いたら私の心臓がShocking partyだわ! 次からは休み時間の前には御手洗いに篭ってようかな…? 鍵閉めておいたらここでも大丈夫そうだけど…)
9: ◆wIZGFF1rzU 2014/04/27(日) 22:01:41.13 ID:nvmaSS3d0
凛「ふあぁ…せっかくいい気分で寝てたのに…。さっきからがたがたうるさいにゃー…」ガチャ

ツバサ「!?」

ツバサ(と、隣の部屋に誰かいた…!? いやいや落ち着くのよ私! アイドル研究部の部室にいるならμ’sのメンバーで間違いないはずよ!)

凛「まったく…部室に忘れ物してたことについさっき気づいてかよちん達に一言ことわって部室まで来たはいいもののおいしそうなパンを発見して思わず食べてしまったら眠くなってきたから隣の更衣室で一眠りしてたのに……いったい誰にゃー!」

ツバサ(な、なんて説明くさいセリフ…! い、いやそれよりここは演技し通すことが先決…!)

ツバサ「り、凛だにゃ! μ’sの星空凛だにゃー!」

凛「!? え、えぇっ!? 凛はここにいるのに!?」

ツバサ(しまった)

凛「ど、どういうことなの…? 凛は凛なのに凛がもう一人ん…? り、りんがべ…?」プシュー

ツバサ(星空凛本人とは…迂闊! つ、貫き通すしかない!)

ツバサ「本物はこっちだにゃ! 凛が本物の星空凛にゃ!」

凛「う、うぅ……そんなことないにゃ! 凛が本物にゃ!」

ツバサ「りん!」

凛「りん!」

ツバサ「りん!」

ツバサ・凛「がべー!」



凛「こ、このリアクション……間違いなく凛本人のもの…あ、あれ? 凛が凛だよね…?」アタフタ

ツバサ(な、なんかいけそう…! このまま乗り切れそう…!)
12: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/04/28(月) 00:53:14.92 ID:WrUVXCiio

凛「も、もしかして凛は凛じゃないのかな…? あれれー…?」

ツバサ「……そうよ。だって私が正真正銘、星空凛だもの。まぁ勘違いは誰にでもあるから…、今の出来事は忘れて早くこの部屋から出」

凛「そ、そうだね……でも、そうすると凛は誰なんだろう……」

ツバサ(よし……)

凛「あ、その前に凛クイズー! 第一問」

ツバサ「え?」

凛「凛の大好物は?」

ツバサ「……ま、またたび!」

凛「凛のキャッチフレーズは?」

ツバサ「か、かしこいかわいい星空凛っ!!」

凛「凛ちゃんといえばー?」

ツバサ「猫さんだよーっ!!」

凛「はい全問不正解だにゃー!! やっぱりそこに隠れてる凛は凛じゃないんだねー!? さぁ姿を見せるにゃ!!」

ツバサ(……こうなっちゃうよね…。わかってた事だけど)

凛「……確か、声はこっちの方から」

ツバサ(……かくなるうえは)

ツバサ「逃走っ!」

凛「あ、逃げたにゃ! 待てー!」

ツバサ「アディオス! μ'sの子猫ちゃん♪」

ツバサ(今日の所は一旦出直し……って、えっ…!? もうすぐ後ろに!? 足早っ! どんなバネと瞬発力してるの!?)

凛「つーかまえたー!」
ギュッ

ツバサ「くっ…! あ、今の拍子にサングラスがっ」

凛「んー? あれ? そこに貼ってるポスターと同じ顔……てことは、A-RISE……?」

ツバサ「……こうして捕まっちゃったわけだし、素直に白状するわ。実は私…」

ツバサ「星空凛じゃないの」

凛「それは知ってるにゃ」

ツバサ「綺羅ツバサ……。私は、A-RISEの綺羅ツバサよ」

凛「A-RISE……きら、つばさ……えぇーーっ!?」
14: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/01(木) 02:29:20.26 ID:2QKBE2JWO
凛「す、凄いにゃー! 何でスクールアイドルの頂点がうちの学校に!?」

ツバサ「頂点だなんてそんな……まぁその通りだけどね」ドヤァ…

凛「サイン! サイン下さいにゃー!」

ツバサ「ふふ、おっけー。『For凛』て書いとけばかな?」

凛「あ、平仮名でかよちんて書いて下さいにゃ」

ツバサ「え?」

凛「かよちんがA-RISEの人のサイン欲しがってたからお願いしますにゃー」

ツバサ「そ、そう。凛ちゃんはいいの?」

凛「凛はそこまで興味ないにゃー」バッサリ

ツバサ「お、おおう……」

ツバサ(多分悪気はない…凄い素直な子…なのかな?)

凛「それで、ツバサさんは何しにこの学校に来たの?」

ツバサ「あ、えっとね……」

ツバサ(……まてよ? そのままライバルの偵察っていうのも何だかなぁ…王者としての威厳に欠けるような気がするわ)

ツバサ(ここは…)

ツバサ「…ふふ、スクールアイドルの長として他のグループにアドバイスをしに来たのよ!」

ツバサ(こっちのがカッコイイ!)ドヤヤァ…
15: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/01(木) 10:51:06.14 ID:quvCacI+o

凛「ふーん……」

ツバサ「……あれ?」

ツバサ(反応薄いなぁー……まぁ本当に自分のこと、高尚な人間だなんて思ってないから別にいいんだけど…)

凛「凛にもアドバイスしてくれるの?」

ツバサ「え? あ、うん…そうねぇ……って、あれ? 今って授業中なんじゃないの?」

凛「授業中? そうだよー?」

ツバサ「そうだよーって……。星空凛さんもその例外じゃないでしょ? だったらちゃんと授業くらい受けなくちゃ」

凛「えーーっ!? めんどくさいにゃーー!!」

ツバサ「は…? スクールアイドルだって一生徒であることには変わりはないんだし…、それにっ! スクールアイドルだからこそ、他の生徒のお手本になるように心掛けないと」

凛「えーーっ!!」

ツバサ「……はいはい、教室の近くまでついていってあげるから」

凛「やだやだやだーっ!! 授業なんか受けたくないにゃぁぁーっ!!」

ツバサ「どうしてそんなに出たくないの? クラスで苛められてるってわけでもなさそうだし…」

凛「英語! 教室では今、凛の苦手な英語の授業が行われてるの!」

ツバサ「へぇ…」

凛「……」

ツバサ「……それだけの理由で?」

凛「凛にとっては大事件なのー! ツバちゃんこそ授業中の筈にゃー!」

ツバサ「うぐっ…! 痛い所を……って、ツバちゃん? 一気にフランクになったね…」

凛「それに凛は身体動かしてる方が好きなの!」

ツバサ「あ、それわかる!」

凛「でしょー? なら今から一緒に遊ぼ? ね?」

ツバサ「えー……でも…」

凛「ほらほらこっちこっちー!」

ツバサ「ま、待って! まだ私は何も言ってな」

凛「ここにいてもいいけど…凛、学校中に言い回っちゃうよ? A-RISEのキラツバちゃんが不法侵入してるー!って」

ツバサ「なっ…!?」

凛「えーっと…UTXの電話番号は…」

ツバサ「わ、わかった! わかったからっ!」

凛「じゃあレッツゴーにゃー♪」

ツバサ「……恐ろしい子」
16: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/01(木) 15:01:02.32 ID:HjEQlpvW0


――



凛「……」ダム、ダム…

ツバサ「……」キュッキュッ

凛「…今にゃ!」シュッ

ツバサ「し、しまっ…!」


パシュッ!


凛「いえーい! これで凛の10勝目だにゃー!」

ツバサ「う、うぬぬ…」ハァハァ…

ツバサ(結構運動には自信あるんだけどな、ここまで負けがこむとは……というか)


凛「よーし、ツバちゃん、次は何するー?」ケロリ


ツバサ(何でこの子はこんなに余裕なの…!?)


ツバサ(さっきのバネといい…星空凛の運動神経には注意が必要ね…)メモメモ


凛「ツバちゃーん? 黙ってたらわからないにゃ」

ツバサ「ご、ごめんごめん。そうね、次は……」



キーンコーン……カーンコーン…


凛「あっ、お昼の予鈴……」

ツバサ「え?……うわ、もうこんな時間!? 結局私たちずっとバスケしてたね…」

凛「あはは、英語以外の授業もサボっちゃたにゃ」

ツバサ「あははって…大丈夫なの?」

凛「んー…多分大丈夫にゃ」

ツバサ「多分って…」

凛「ていうかそれを言うならツバちゃんも一緒でしょ?」

ツバサ「うぅ…言い返せない…」

凛「凛はツバちゃんと一緒に遊べてとっても楽しかったから、何も問題ないにゃ!……あ、でも真姫ちゃんとかよちんに何も言ってないや…」

ツバサ「?」

凛「とにかく、お昼だし一緒にご飯たべようよ」

ツバサ「え、いや私は…」

凛「さぁ、再びレッツゴーにゃー!」

ツバサ「少しは人の話を聞きなさーい!」
17: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/01(木) 17:23:33.90 ID:quvCacI+o

━━屋上


凛「今日は天気が良いから気持ちいいねー♪ いっただきまーすっ!」

真姫「……貴女、結局午前中ずっと姿を見せなかったけど?」

花陽「確か…、朝のHRの時は教室にいた、よね…?」

凛「そうそう! えっとねー、凛が部室で寝てたらー」

真姫「ぶ、部室で寝てたぁ!? しかも今までずっとー!?」

花陽「凛ちゃんらしいっていえば、らしいのかなぁ…」

凛「もー真姫ちゃんったらー! いくら凛でもそんなに寝ないにゃ! 寝てたのはほんのちょっとだけー」

真姫「……なら、授業にも出ないで何してたのよ?」

凛「あのね、偶然にも隣の部屋でゴソゴソしてたツバ…あっ」

花陽「つば…?」

凛(そういえば……)

~~~~

ツバサ『……実は私、極秘で内密で機密の任務でここ音ノ木坂に潜入してるの』

凛『あれ? さっきは凛達にアドバイスくれるって…』

ツバサ『妙な所で記憶力良いわね……。へぇー、空っぽだと思ってたけど…ちゃんと脳味噌詰まってるんだ?』
コンコンッ

凛『ふにゃっ! り、凛の頭をコンコンするのやめるにゃっ!』

ツバサ『あはははっ! と、いうわけだから誰かに私のこと喋ったら…』

凛『喋ったら?』

ツバサ『喋ったら……』

凛『喋ったら……』

ツバサ『泣いちゃうんだからっ!』

凛『ほぇ?』

ツバサ『とまぁ…それは冗談として、泣きたくなるのは本当よ』

凛『それって一緒じゃないの?』

ツバサ『とーにーかーくーっ! 私のことは誰にも秘密! OK?』

凛『おっけー♪』

~~~~

凛(……ツバちゃん)

花陽「凛ちゃん?」

真姫「“つば”って何の事よ?」

凛「つば? つば……つば……、ツバメっ! ツバメが飛んでたから! バードウォッチ!」

真姫「あぁーなるほどね、燕を追って空を眺めていたらついつい時間も忘れて」

凛「そうそう!」

真姫「って、そんなわけないでしょ! 貴女、真っ先に飽きちゃいそうじゃないっ!!」

凛「あわわわっ…」


ツバサ(大丈夫かな…? 多分、星空凛と一緒にいる二人が西木野真姫と小泉花陽……どっちがどっちかわからないけど…。……お腹空いたなぁ)
18: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/01(木) 23:46:55.74 ID:HjEQlpvW0
真姫「本当は何してたのよ? 午前中の授業ほとんどサボったんだから相応の理由があるんでしょうね?」

花陽「凛ちゃん?」ジトッ

凛「あ、あうぅ…」


凛(つ、ツバちゃん! へるぷミーにゃ!)アイコンタクト

ツバサ(え、ええっ!? 無理だよ!)

凛(ほら、凛が渡した変装グッズを使って!)

ツバサ(変装グッズっていっても…)


~~~

凛『それにしてもツバちゃん、UTXの制服でその…任務?に来たんだね』

ツバサ『正面突破が一番かと思ってね、でもサングラス持ってきたから変装はばっちりでしょ?』

凛『……』

ツバサ『?』

凛『ツバちゃんて結構おバカさんにゃ』

ツバサ『な、なによ急に!』

凛『凛が変装の何たるかを教えてあげるにゃ! ほら、服は凛のジャージ貸すから』

ツバサ『あ、ありがと…』

凛『それからサングラスだけじゃばれちゃうから…これとくっつけるにゃ!』

ツバサ『な、なんでこんなものがあるの…?』

凛『前にみんなでパーティした時に使ったのにゃ! これを使えばかよちんでもツバちゃんだって分からないにゃ!』

ツバサ『正直これあんまりつけたくないんだけど…』

凛『ダメー! ちゃんと使ってね!』



~~~



ツバサ「……ええい!」


ツバサ(確かに偵察に来た以上は他のメンバーの情報も集めないとだし…この際恥はかき捨てでいってやるわ!)





真姫・花陽「どうなの、凛(ちゃん)!?」


「それは私と一緒にいたからだよ!」


真姫・花陽「!?」


ツバサ「……」


真姫・花陽(じゃ、ジャージに鼻眼鏡…!? いや……鼻サングラス装備!? 何あの人!?)

凛(よ、予想以上に面白いにゃ……!)


21: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/02(金) 18:10:04.69 ID:oFm0heHjo

花陽「り、凛ちゃんのお友達…?」

真姫「だとしてもちょっとふざけすぎてない?」

ツバサ「……っ」

凛「……」

ツバサ(ってあんたは何か言いなさいよっ!)

真姫「貴女、誰……? ここの生徒……よね?」

花陽「凛ちゃんとずっと一緒にいたって……、もしかして凛ちゃんを唆して授業を無理矢理サボらせて…」

ツバサ「え…?」

真姫「凛に悪い事教えたりしたんじゃないでしょうね…?」

花陽「凛ちゃんはこう見えて入学してから無遅刻無欠席……自分から授業をサボるなんて絶対あり得ませんっ!」

ツバサ(実際あり得たんだから、こうして私が窮地に立たされてるわけだけど…)

真姫「名前は? 一年生…じゃないわよね? 私、知らないし」

花陽「真姫ちゃんが知らないだけで同じクラスって可能性も…」

真姫「ちょ、ちょっと!?」

凛「……」

ツバサ「ちょっと…星空凛、何とかしなさいよっ」
ヒソヒソ

凛「ぶふっ…にゃはっはっはははーっ!! おかしいにゃーっ!!」

ツバサ(こ、こいつ…っ)

真姫「そもそもその格好が怪しすぎるんだけど…?」

花陽「だ、だよね…。まるで変装してるみたいな……あのー、その鼻サングラス取ってみてもらえますか…?」

ツバサ「そ、それは……無理っ!」

真姫「無理? 何でよ?」

ツバサ「……っ」

真姫「……」
ジーッ


キーンーコーンカーンコーン……


花陽「あ、予鈴……そろそろ教室戻らなくちゃ」

真姫「そうね……でも、まだ話の途中」


ツバサ「星空凛さん、ちょっといいかしら?」
ボソッ

凛(表情はわからないけど、声のトーンからして多分怒ってる、にゃ…)

凛「凛、午後の授業が…」

ツバサ「午前も丸々サボったんだから午後も出なくても問題無いでしょ?」
グイッ

凛「け、今朝と言ってることが正反対だにゃぁ…」
ズルズル

真姫(あの二人……もうすぐ授業始まるっていうのに何処に…? そっちがその気なら私だって…、絶対に尻尾掴んでやるんだからーっ!)

花陽「あれ…? 凛ちゃんとさっきの変な人がいない……? って真姫ちゃんまで!? おーいっ、真姫ちゃーんっ! 教室そっちじゃないよぉ…!!」
22: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/03(土) 01:53:37.30 ID:B0F4pui70

―音楽室―


ツバサ「なんで何のフォローもしないのよー!」ツネリツネリ

凛「いだだだだだ! だ、だってツバちゃんの格好があまりにも面白くてつい…」

ツバサ「面白がってどうするのよー!」ギュー

凛「痛いにゃー!」



タッタッタ……


ツバサ「! 誰か来る……隠れなきゃ!」




ガラッ

真姫「はぁ…はぁ…こっちに行ったと思ったんだけど…」

花陽「ま、真姫ちゃん……授業……」ゼェ…ゼェ…

真姫「今はあの変質者と凛の関係を調べる方が先よ!」

花陽「た、確かに気にはなるけど…授業サボるのはよくないよ…」

真姫「平気よ、一回くらい出なくても自習すれば余裕でついていけるわ」

花陽「そういう問題じゃないよぉ…」





凛「もがが…なんで凛も一緒に隠れてるのー?」ヒソヒソ

ツバサ「あの二人に見つかれば私について問い詰められるのは目に見えてるでしょ? 二人がいなくなるまでやり過ごすわよ」ヒソヒソ

凛「むー…分かったにゃ」ヒソヒソ

ツバサ(ていうか変質者って……)ズーン…






真姫「ここにはいないのかしら…確かに見たと思ったんだけど…」キョロキョロ

花陽「真姫ちゃん…教室に戻る気はなさそうだね…」

真姫「だって気になるじゃない」

花陽「それはそうだけど……あ、そうだ」

真姫「? どうしたの?」

花陽「真姫ちゃん、新曲が出来たって言ってたよね? ちょっと聞かせてくれないかな?」

真姫「構わないけど…なんで急に?」

花陽「な、なんとなく?」

真姫「? まぁいいけど」

花陽(一回別のことに集中すればあの変な人のことから興味がそれるはずだよね…)
24: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/03(土) 03:00:31.17 ID:ExZF8TkRo

ツバサ「新曲……?」

凛「μ'sの曲は全部、真姫ちゃんが作ってるんだよー」

ツバサ「へぇ……」



真姫「すぅーっ……」
タンタンタンッ

真姫「~♪」
タララララーン

真姫「~~♪」
パラララーンッ



真姫「ふぅ…。“だってだって輝夜の城でどんなときもずっと1,2,jumpで接近中”って曲なんだけど、どうだった?」

花陽「そのタイトルはどうかと思うけど……良い曲だったよ、すっごく」

真姫「でっしょー?」

花陽「じゃあそろそろ教室戻ろ? ホントに授業始まっちゃう!」

真姫「……嫌よ、あの変質者見つけ出すまでは私戻らないから!」

花陽「どうしてそこまで…? 私、先に戻るよ?」

真姫「私は、ここにいる…」

花陽「……先生には体調悪くて保健室で休んでるって言っておくね?」

真姫「……うん、ありがと」



真姫「はぁ……何やってるんだろ、私。 ……嫉妬? そ、そりゃあ凛は明るくて社交的で私なんかよりもずっと友達もいっぱいいて……でも」

真姫「……でも、私の知らない人と仲良くしてるのは、何かムカつく……」

真姫「……不安、なの…? 凛が遠くにいっちゃいそうで……? 友達……。友達って、案外大変なのね……ふふっ」



凛「……真姫ちゃん」

ツバサ「まぁ貴女は誰からでも好かれるタイプよね…、わかる気がする」

凛「そうなの? じゃあツバちゃんも凛のこと好き?」

ツバサ「はぁ? 何言ってるの?」

凛「冷たいにゃ…」

ツバサ「そんなことよりいいの? あの子、放っておいて」

凛「でも、凛にはどうすることも……それに落ち込んでるのはツバちゃんのせいでもあるにゃ」

ツバサ「まぁ現状での直接的な原因は確かに私かもしれないけど、そうじゃない場合だってこれから先あるわけでしょ?」

凛「うん…」

ツバサ「別に私には関係の無いことだけど、貴女が彼女のこと大切な友達だと想ってるなら何とかしてあげるべきじゃない? 彼女自身が変わらないといつまでもこのままよ……? ……私には、関係の無いことだけど……」
26: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/08(木) 17:11:42.58 ID:vKtRr1Os0
凛「むぅ…凛には難しいことはよくわからないにゃ…」

ツバサ「別に難しいこと言ってるわけじゃないわよ」

凛「そうなの?」

ツバサ「そうよ。要するにもう少しあの子を気遣ってあげなさいってこと」

凛「えー、やっぱり難しいにゃ」

ツバサ「そんなことないわよ。相手の立場に立って考えるようにすれば簡単よ」

凛「むー! だからそれが難しいって言ってるのー!」

ツバサ「あーもう! めんどくさい! じゃあ好きなようにしなさい!」

凛「了解にゃー!」



真姫「さっきからうるさいわね…誰かいるの?」ヒョコッ



凛「あ」

ツバサ「げ」

真姫「!! 凛! それにさっきの変質者!」

ツバサ「うぐ……に、逃げるわよ!」ガシッダッ

凛「何で凛もー!?」

ツバサ「どうせ口割るでしょあなた!」

真姫「ま、待ちなさい! なんなのよあんたたちの関係は!? ていうか誰なのよそっちの面白サングラスは!」

ツバサ「ぐぅ…そろそろ心が耐えられない……星空凛! さっさと行くわよ!」

凛「うわわ……あ、そうだ」



凛「真姫ちゃん、凛はいつまでも真姫ちゃんの友達だから! だから、不安に思う必要なんてないにゃ!」


真姫「!!? ま、まさかさっきの聞いて…!?」

凛「どうしても寂しかったらいつでも凛が抱きしめてあげるにゃー」ムフフ

真姫「ひ、必要ないわよそんなのー!///」

ツバサ「よし、ナイスよ。今のうち今のうち」ダダッ

真姫「まちなさーい!///」
27: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/09(金) 17:17:08.03 ID:paaYY0oNo

━━部室


ツバサ「……相当寂しがり屋さんみたいね、あの子」

凛「真姫ちゃんのこと? でも、いつも教室では一人でいるにゃ」

ツバサ「馬鹿ね。一人でいるからって独りが平気だとは限らないでしょ? むしろ孤独に慣れているからこそ、他の人よりもずっとその辛さを知っている……そういうものよ」

凛「ふーん…、ツバちゃんって大人だねー」

ツバサ「まぁね……はい、チェックメイト♪」
コトッ

凛「……??? 終わりってこと?」

ツバサ「あーはっはっは! 私の勝ち~♪ 頭使うゲームなら負けないんだからね!」

凛「ていうかそもそも凛、これのルール知らないしー!」

ツバサ「言い訳は見苦しいわよ、星空凛」

凛「むぅーー! 卑怯だにゃー! あ、もしかして…さっきバスケで凛に負けたの根にもってる?」

ツバサ「そ、そんなことないけど! とにかく、これで一勝一敗! じゃあ次は何で勝負を……、……」

凛「?」

ツバサ「って、私は貴女と遊ぶ為にここに来たわけじゃないのよっ!!」

凛「そんなこと凛に言われても…」

ツバサ「そろそろ放課後ね……ということはやっとμ'sの練習を」

凛「もうとっくに放課後だよ?」

ツバサ「……は?」

凛「ツバちゃん、ゲームに夢中でチャイム聴こえてなかったにゃ?」

ツバサ「え? ってことは…っ! は、早く移動しないとここにいたらまた見付かっちゃう!!」

凛「今日は練習休みだから誰も来ないと思うにゃーー」

ツバサ「そ、そうなの? なら良かった…………って! 良くないっ!! 休み!? 休みってどういうこと!?」

凛「休みは休みだから」

ツバサ「そんなぁ……私は何の為に……」
ガクッ

凛(そんなに皆に会いたかったのかな?)

凛「元気出して、ツバちゃん! まだ皆、学校内にはいるんじゃないかにゃ? かよちんと真姫ちゃんは多分教室で凛のこと待ってると思うし、穂乃果ちゃん達二年生は生徒会室かな? もしかしたら絵里ちゃんと希ちゃんもそこにいるかも。あ、でも海未ちゃんは弓道部に顔出すって言ってた気が……。ニコちゃんは知らないにゃ」

ツバサ「教室……、生徒会室……、弓道部……」
28: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/09(金) 21:46:31.36 ID:7rb4qwqp0
ツバサ(本当はこっそり練習を見てどんなグループなのか見極めたかったけど…まぁ普段の様子を見るのも全く無駄にはならないか。このまま帰ったんじゃ何しに来たか分からないし……)

ツバサ「よし、じゃあまずはさっき会ったかよちん?て子を見に行こうかな」

凛「じゃぁ教室にいくにゃー」

ツバサ「…その前に」

凛「どしたの?」

ツバサ「もう少しマシな変装グッズ貸してくれない?」

凛「えー、サングラスでいいんじゃ…」

ツバサ「さっき姿見られちゃったでしょ」

凛「んー…それじゃあ鼻眼鏡の鼻部分を取って…それから凛のヘアゴム貸してあげるにゃ」

ツバサ「持ってるなら最初から出しなさいよ……」

凛「だってツバちゃんの鼻眼鏡姿おもしろくて…」ボソッ

ツバサ「今なんて言った!?」

凛「さー、教室に行くにゃー」ケロッ

ツバサ「ちょっとー!」





―1年生の教室―



花陽「凛ちゃん…結局午後の授業にもこなかったね。教室にも戻らないし…どうしたんだろ?」

真姫「あの変なのに連れまわされてるんでしょ」

花陽「そうなのかな。…でも真姫ちゃん、今はあんまり心配してないみたいだね」

真姫「? どういう意味?」

花陽「んー…お昼休みの時は凛ちゃんがあのサングラスの人と一緒にいるのをすごく気にしてたみたいだったから…」

真姫「!? べ、別にそんなことないわよ!」

真姫(花陽ってぽわぽわしてるように見えて結構鋭いところあるのよね…)

花陽(分かりやすいなぁ、真姫ちゃん)

29: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/10(土) 20:54:40.37 ID:jdsLcvUao

━━


真姫「……」
ジーッ

ツバサ「……っ」

凛「……」

花陽「……あ、あの……これって……、どんな状況?」

凛「んー…それはね、かよちん! 実は、この子が二人と友達になりたいんだってー!」

花陽「ふぇっ!?」

ツバサ(いやいやっ! 全然そんなつもりじゃないからっ! 私はただこの二人がどんな子なのか興味があるだけで)

真姫「……友達、ねぇ……。名前も言わない、顔も隠したまま、それに髪縛って微妙に雰囲気変えてるけど…」

ツバサ「えっ? バレてる!?」

真姫「当たり前でしょ!! そんなジャージにサングラス! 貴女以外にそんな変質者存在するわけないわ!!」

ツバサ「うぐぅ……完璧だと…、完璧だと思ってたのにぃ…っ」

凛「よしよし、ちょこんと結んでるツバちゃんも可愛いにゃ」
ナデナデ

ツバサ「ホント?」

凛「うんうんっ♪」

真姫「むぅー……」

花陽「まぁまぁ、真姫ちゃん」

真姫「な、何も言ってないでしょっ!! それより友達って」

ツバサ「それよりっ!!」

真姫「っ!?」

花陽「それよりにそれよりで返してきた!?」

ツバサ「貴女達、μ'sの一年生でしょ? いくら全体の練習が休みだからってダラダラ過ごしてていいわけ? そりゃ休息も大切よ。でも意識の問題として各々がスクールアイドルとしての高みを目指しているからこそ、チームとしての結束力……絆が生まれるわけであって」

花陽「いきなりのこんな真面目モードついていけないよぉ…! 助けてぇぇ…」

真姫「言ってる事は間違ってないけど……でも、何でそれを貴女に言われなくちゃいけないのよーっ!!」

ツバサ「私が練習見てあげるから、早く準備して?」

真姫「はぁ!?」

凛「ツバちゃんってこんな熱血キャラなの!?」

花陽「サングラスにジャージ…、そろそろ竹刀でも飛び出してきそうだよぉ…!!」

ツバサ「早くー!」
31: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/14(水) 14:09:44.83 ID:OGolYAdp0


――屋上


ツバサ「はいワンツーワンツー! 星空凛! 走りすぎ! もっとリズムを意識して踊る!」

凛「は、はいぃ!」

ツバサ「逆に小泉花陽は遅れてる! もっと早く!」

花陽「は…はい…」ヘロヘロ…

ツバサ「そして西木野真姫!」

真姫「な、なによ…」ゼェゼェ…

ツバサ「……特になし!」

真姫「なら呼ぶんじゃないわよ!」





ツバサ「よーし、それじゃあ十分休憩ね」




凛「ひゃー…疲れたにゃ」

花陽「も、もう足が動かないよ…」

真姫「なんで練習休みなのにこんなハードなトレーニングしなきゃいけないのよ…」




ツバサ(基礎体力はまぁまぁね。でもダンスの素地はかなりのもの……専門家がいるのかしら?)

ツバサ「ねぇあなたたち。ダンスは誰に教わったの?」

凛「絵里ちゃんだよー。とってもダンスが上手なんだにゃ」

花陽「うんうん。しっかりしてて頼りになるし」

真姫「ロシアのバレエコンクールでも上位に入ってたって聞いたこともあるわね」

ツバサ「ほほぅ…」

ツバサ(PVでも思ったけど…絢瀬絵里のダンスはかなりのものなのね。ふふ、貴重な情報をゲットしたわ!)

ツバサ「よーし、それじゃ次は歌の特訓ね!」

真姫「ちょ…まだやる気!?」

ツバサ「とーぜん。私はあなたたちのコーチだもの!」

凛「初耳にゃ…」

花陽「ダレカタスケテ…」
33: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/15(木) 16:10:28.52 ID:NTz1/frdo

真姫「ラララララ~♪」

ツバサ「……上手い」

真姫「当然でしょ。この私なんだから」

ツバサ(この私がどの私なのかよくわからないけど、純粋に上手い…。これは才能だけでどうとかってレベルを越えてる……多分、長年相当努力してきた結晶みたいなもの、かな…)


凛「にゃ~んにゃんにゃ~ん~♪」

ツバサ「……うん。まぁスクールアイドルやるならこれくらいは歌えないとね」

凛「えー? もっと他に無いのー?」


ツバサ(……あとは)

花陽「あぅ……ぁ…、……ぁ……っ」

ツバサ「……どうしたの?」

花陽「え、えっと…その……緊張しちゃって…」

凛「緊張? いつも普通に歌えてるのに?」

花陽「い、いつもは皆の前だからっ…でも……知らない人の前だと……」

ツバサ「よくそれで今まで続けてこられたわね」

凛「ツ、ツバちゃんっ! そんな言い方っ…」

真姫「……それについては私もこの人と同感。花陽、前にも言ったと思うけどもっと自信持ちなさいよ」

花陽「う、うんっ……でも、皆と一緒だったら、もっとちゃんとやれると思うから……。隣に凛ちゃんや真姫ちゃん…、それにμ'sの皆がいてくれたらいっぱい勇気貰えるっていうか…」

凛「うんうんっ」

ツバサ「……」

真姫「いや、そうじゃなくて……何ていうかその…」

ツバサ「小泉花陽…、スクールアイドルグループとしてのμ'sの前に貴女自身がスクールアイドルなんでしょ?」

ツバサ「他の人が“いてくれるから”……聞こえは良いけど、裏を返せばそれはただの他力本願。誰かがいてくれないと輝けないアイドルなんて無価値もいいところよ」

花陽「……っ」

凛「ね、ねぇ…ツバちゃん、もうやめよ?」

ツバサ「あ……、ついキツい言い方しちゃったけど、私は決して貴女のことを否定してるわけじゃなくて…。認めているからこそ、もっと高みを目指してほしいっていうか」
34: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/15(木) 19:19:31.40 ID:SzZrYzgxO
花陽「でも…私一人じゃ……」

真姫「花陽…」

凛「かよちん…」

ツバサ「…じゃあ考え方を変えてみなさい」

花陽「? 考え方を…?」

ツバサ「そう。あなた、他のメンバーを見て羨ましいって思ったことはある?」

花陽「……はい。何回も…皆、私にないもの沢山持ってるから…」

ツバサ「それなら、そうなりたいって思ったことも?」

花陽「……」コクッ

ツバサ「思っただけで終わってない? そうなろうという努力を、一度でもしてみたことがある?」

花陽「……!」

ツバサ「アイドルとしてあなたに足りないのはね、負けたくないっていう対抗心よ。仲間同士という関係は支え合うだけじゃないの。互いにライバルであり、切磋琢磨し合うことの出来る好敵手なのよ」

花陽「ライバル……皆が…?」

ツバサ「互いに支え合うことが悪いわけじゃない。憧れを抱くこともそう。でもそれで終わってちゃ何も変わらないのよ」



ツバサ「負けるもんか!って思いを、まず自分の最も身近な人にぶつけなさい。それがあなたが成長のための第一歩よ」




花陽「負ける、もんか…」

ツバサ「さ、歌ってみなさい。さっきの二人に負けるもんかって気持ちでね」

花陽「……」スゥ…


~♪~♪


ツバサ「……ふふ、綺麗な歌声じゃない」ニコッ

真姫(……いいこと言ってるんだけど)

凛(格好のせいでイマイチ締まらないにゃ…)
35: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/16(金) 11:33:00.95 ID:qsf5hBApo

花陽「あ、ありがとうございました…っ! すごく…楽しかったですっ!」

ツバサ「どういたしまして」

真姫「ていうか貴女、本当に何者…? ダンスといい歌といい、さっきの口ぶりからとても素人とは思えないんだけど?」

ツバサ「え…? えっと…、それは…」

真姫「……まぁいいわ。何か言えない事情でもあるんでしょ?」

花陽「あんまりしつこく詮索するのもあれだからね…。でも、悪い人じゃないみたいだし…」

ツバサ「助かるわ…」

真姫「……だから……、なってあげても……いいわよ…」

ツバサ「え…?」

真姫「な、なってあげてもいいって言ってるの!! ……友達、に……」

ツバサ「あ、あぁ……うん……」

真姫「……名前。せめて、名前くらいは教えてよ」

花陽「さっきから凛ちゃんが、“ツバちゃん”って呼んでるけど、花陽達もそう呼んでいいのかなぁ…?」

凛「あっ……」

ツバサ(ば、馬鹿っ…!!)

真姫「ツバ、ちゃん……?」

花陽「よろしくね、ツバちゃん」

ツバサ「う、うん……よろしく…。あ、もうこんな時間…! 私そろそろ行かなきゃ! 貴女達も寄り道しないで帰るのよ! それじゃ!」

真姫「ま、待って」

花陽「一緒に帰るくらい……、ってもう行っちゃった…」

真姫「……嵐のような人ね。ふふっ」

凛「にゃ?」

凛(これ…、ツバちゃんの忘れ物?)



━━


ツバサ(今日の収穫はあの3人だけか…、明日はもっと頑張らないと)


「……ラブアローシュートッ!!」


ツバサ「……こんな時間まで練習してる部活あるんだ。声はあっちの方から…」
ヒョコンッ


海未「貴女のハートを射ち抜くぞー♪ ラブアローシュートーッ☆ 私の想い、一筋の光陰の如く貴女の元へ届けーっ♪ トキメキラブリーアイドル、園田海未でぇーすっ! 皆、いつも応援ありがとー☆☆」


ツバサ「…………」
36: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/16(金) 12:03:27.14 ID:tlzxLLBFO
ツバサ(見なかったことにしよう……)ササッ



ガシッ


海未「……」

ツバサ「……こ、こんにちは」

海未「見ましたね?」ニコッ

ツバサ(ついてないな今日……)



ーー


海未「…作詞という役割に加え、スクールアイドルとしての練習、弓道部の練習、さらに生徒会副会長の責務が重なり最近少し…ほんの少しだけ疲れていたのです」

ツバサ「……はぁ」

海未「だからあれは普段の私ではありません。普段はもっとこう…大人しいのですよ」

ツバサ「さいですか…」

海未「だからさっきの私のことは記憶から消して頂くようお願い申し上げたく……」クドクドクドクド…



ツバサ(…何だか知らないけど、だいぶ疲れてる…のかな? じゃなきゃあんな奇行には走らないだろうし…)

ツバサ(そもそも見ず知らずの人にこんなに愚痴をこぼすなんて…苦労してるのかな、園田海未って)

ツバサ(…μ'sの作詞担当…毎度毎度西木野真姫の作る曲とマッチした素直な詞を書いてるのがこの子なのね。侮れないわね…)



海未「聞いていますか!?」

ツバサ「…はっ!? はい! 聞いてます!」

海未「まったく…人が話している時はちゃんと……ん? そういえばあなた、どこかで会いました?」

ツバサ「!…ひ、人違いです!」

海未「…もう少し顔をよく見せてくれませんか?」

ツバサ(や、ヤバい! サングラスどっかに置いてきちゃった~!)




凛「おーい、ツバちゃーーーん!」


ツバサ「! 星空凛…!」
37: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/16(金) 13:15:17.81 ID:qsf5hBApo

凛「はい、サングラスー! 屋上に忘れてたにゃ!」

ツバサ「あ、ありがとっ!」
スチャッ

ツバサ(ギリギリセーフっ…!)

凛「それと、凛のジャージ…帰るなら返してほしいにゃ」

ツバサ「あぁ…ごめんごめん。洗濯してから返そうと思って」

ツバサ(……どうせ明日も来る予定だし)

海未「……凛のお友達の方ですか?」

凛「わわっ、海未ちゃん…!? うんっ! 凛とツバちゃんは仲良しなんだー♪」

ツバサ「……そ、そうなの! 星空凛、一緒に帰ろっか! さぁ早く早く」

凛「そんなに焦らせないでー」

海未「待ってください!」

ツバサ「……ぎくっ」

海未「真姫から聞いたのですが、凛……貴女、今日は授業に全く出席してなかったらしいですね?」

凛「ひっ…!」

海未「生徒会副会長としてその様な怠慢を見過ごすわけにはいきません」

凛「え、えぇーー!?」

ツバサ「お気の毒に…。じゃ、じゃあ私はお先に」

凛「ツバちゃんっ!!」
ガシッ

ツバサ「あ、あれー? 上手く前に進めないー……背中に何かがしがみついてる様な感覚が…」

凛「ツバちゃんツバちゃん…っ」
ズルズル

ツバサ「うぅ…」

海未「こら、凛! 人様に迷惑をかけてはいけませんよ!!」

凛「ツバちゃぁんっ…」

ツバサ(午前はともかく、午後の授業をサボらせてしまったのは私だし……。星空凛を見捨てるのもすごく罪悪感が…)

海未「離れなさい、凛っ!」
グイッ

凛「やぁだにゃぁぁ…っっ!!」
38: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/17(土) 19:03:41.45 ID:F0t0/WhL0
ツバサ「……あ、あなたのハートを射ち抜くぞー♪」

海未「!?」

凛「にゃ?」

ツバサ「ラブアローシュー…」

海未「や、やめてくださいいいいいい!///」ジタバタ

凛「う、海未ちゃんが身悶えてるにゃ…」

ツバサ「今のうちよ!」グイッ

凛「うわわわ…!」

海未「ま、まちなさ…」

ツバサ「トキメキラブリーアイドル…」ボソッ

海未「うわあぁぁぁぁぁあぁぁ!///」

凛(ツバちゃん…恐ろしい子…!)ゴクリ…




――



ツバサ「…ふぅ、ここまでくれば大丈夫ね」

凛「なんか今日は走ってばっかりにゃー…」

ツバサ「じゃ、私は帰るわね」

凛「えー! せっかくだし一緒に遊ぼうよー!」ズイッ

ツバサ「ちょ…近い近い!……また明日も来るし、今日はもういいでしょ…」

凛「えっ!? 明日も来るの!?」

ツバサ(やば…口滑った…)

凛「わーい、それならオッケーにゃー! 明日はユニット別に練習してるから、来たら連絡してね! ばいばーい!」タタッ




ツバサ「……嵐のような子ね…」

ツバサ「一緒にいるとペース乱されまくりだし、苦手なタイプだわ…」

ツバサ「でも…今日は少し、楽しかったわね」フフッ

ツバサ「…というかメアドもなしにどう連絡すればいいのよ!」
40: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/17(土) 20:33:55.68 ID:Xj0+olT4o

━━UTX


ツバサ「あー疲れた……、特に精神的に…」

ツバサ「……何でここに戻ってきちゃったんだろ。そのまま家に帰ればよかったのに…」

ツバサ「……」


ミーティングルームに飾られてある、前回の“ラブライブ”優勝のおりに贈呈された記念トロフィーに何気無く手を伸ばしてみる

……ラブライブ

UTX学院のスクールアイドルA-RISEのリーダー、綺羅ツバサ……それが私

このトロフィーの輝きが語るように、私達は日本中で最も人気があり、実力があるスクールアイドルだろう

これは驕りでは無く、純粋な誇り

しかし、μ'sというスクールアイドルグループが前回大会に出場していたら結果はこれと違ったものになっていたのかもしれない

弱気? 違う、私は認めているだけ……彼女達を

結成してまだ日は浅いというのに、不思議と彼女達から放たれる魅力

現に、私もその魅力に心を奪われていた一人だ

最初は、『へぇ、近くにこんなスクールアイドルいたんだ』くらいにしか思っていなかったが、二度三度μ'sのパフォーマンスを映像越しだが、見る度にどんどん引き込まれていく自分がいた

それと同時に、私の中に負けたくないという熱い気持ちが生まれていることに気付く

私達にも当然、人を惹き付ける魅力というものは具わっているだろう。でも、私が感じた彼女達の魅力が私達にもあるのかと聞かれたら答に戸惑う

そもそも魅力などという曖昧で抽象的な表現……人それぞれ千差万別だ。私達にあり彼女達に無い……逆に彼女達にあって私達に無い

そんなもの星の数ほどあるに違いない

だからこそ、知りたい……興味がある

星空凛、小泉花陽、西木野真姫、僅かな時間しか関わってはないが皆真っ直ぐで気持ちのいい子達だった

あと、園田海未も

ふふっ、μ'sってホント面白い
41: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/19(月) 22:25:59.84 ID:nZUx9I0/O



ツバサ「……もう少し時間はかかりそうだけど…彼女達とはいつか同じステージに立ってみたいわね。ふふ、早く上がって来てね」

あんじゅ「誰が?」

ツバサ「もちろん、みゅー……ってうわぁぁぁぁぁ!?」

英玲奈「なに大声出してるんだ」

ツバサ「いきなり後ろ取られたらそりゃ驚くわよ!」

あんじゅ「普通に入ってきて普通に声かけたつもりだったんだけど…」

英玲奈「考え事か? それもやたらと嬉しそうな顔をしていたが」

ツバサ「うっ……/// ほ、ほっといてよ!」

あんじゅ「? というか丸々一日学校サボっていったい音乃木坂で何して来たの?」

英玲奈「偵察するにしても長すぎるだろう。見つかってお縄になってたのか?」

ツバサ「あー…いや…何と言うか…」

あんじゅ「珍しく歯切れ悪いね」

英玲奈「いつも自信満々なのにな」

ツバサ「やかましい!……あーもう! 友達作ってきたの!///」

あんじゅ「えー…」

英玲奈「偵察は……いやそもそも何故赤くなる…?」

ツバサ「うるさーい!!///」
42: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/21(水) 12:03:12.53 ID:SIGYDMOlo

ツバサ「と、とにかくっ! 明日も朝早いからもう私、先に帰るにゃ!」

英玲奈「にゃ……?」

あんじゅ「明日も行くの? 休日よ?」

ツバサ「……うん。ていうかよく考えたら授業ある日に他校に行くのはどうなのかなって…」

英玲奈「今更それか…。しかし、休日とあらば当然私達もレッスンが」

ツバサ「そのことなら……、二人と一緒ってわけにはいかないけど、ちゃんと一人で練習するから! すごく自分勝手なんだけど…、こんなことリーダーとして失格だって自分でもわかってる…」

ツバサ「でもっ…」

あんじゅ「いってらっしゃい」

ツバサ「え…?」

英玲奈「仕方無いな…。たまには二人だけというのも新鮮でいいかもしれない。……今日もそうだったが」

ツバサ「二人とも…」

英玲奈「それにお前はいつも気負い過ぎだ、たまには息抜きするのも悪くないだろう」

あんじゅ「今度、お友達紹介してね?」

ツバサ「うんっ!」


━━


ツバサ「そういえばμ'sの練習は何時からやってるんだろ? 朝からだとは思うんだけど…」

ツバサ「ということは3時くらいに起きてそこから自主練して向かえば丁度いいくらいかな? あ、もうこんな時間っ! 目覚ましセットして…早く寝ないと」


ツバサ「…………明日、何着ていこう……可愛い服…、何処にしまったっけ……って私は偵察の為に行くんだから! そんな可愛い服なんて……可愛い服、なんて……」



ツバサ「……寝よ」
43: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/21(水) 15:12:10.07 ID:YxWQXUs9O

ーー翌朝



ツバサ「……」ドヨーン…


ツバサ(ね、眠い…着ていく服考えてたら何故か全然眠れなかった…。自主練も身が入らなかったし…)

ツバサ(……くそぅ、私が遠足前夜の小学生のような気持ちになんてラブライブ以来ね。よっぽど楽しみにしてたと認めざるをえない…)

ツバサ「…まぁいいわ。気持ちを切り替えないと。ユニット別に練習って言ってたけど…学校、でいいのよね?」



ぎにゃあぁぁぁぁぁぁぁ!



ツバサ「!? な、何!? 神社の方から…!」




ーー神田明神


凛「もう無理にゃー! 何で朝からこんなにキツイ練習しなきゃいけないのー!?」

海未「ラブライブで優勝するために決まっています。個々の弱点を重点的に補強するためのユニット別練習なんですから、これくらいは当然です」

凛「もう足が動かないにゃー!」

海未「凛には忍耐力が足りません。だからこの練習をこなす必要があるんですよ。はい、引き続きランニング50キロ」

凛「海未ちゃん頭おかしいにゃーーー!! そもそも何で凛だけなのー!?」

海未「希は朝は神社の手伝いがありますから。先に私達だけで練習してるだけのことでしょう? はい、スタート!」

凛「絶対後で酷い目に合わせてやるにゃーーー!!」ダダダダダダダ!
45: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/21(水) 20:25:20.02 ID:SIGYDMOlo

凛「はぁっ…! はぁっ、ひぃっ…! 朝からっ、50キロなんてっ…!」


ツバサ「おや? あれは……、おーい! 星空凛ー!」


凛「にゃっ? 誰かが凛のこと呼んでるっ…?」

ツバサ「こっちこっちー!」

凛「あー! ツバちゃんだにゃー! ツバちゃんツバちゃんツバちゃーーんっ!!」
タタタタッ

ツバサ「ランニング? 朝から頑張ってるねー」

凛「頑張ってるというか…、凛をしごいて冷たい笑みを浮かべてる悪魔のせいだにゃ」

ツバサ「?」

凛「でもツバちゃんに会えて嬉しいなー! そういえば今日も見に来るって言ってたもんねー」

ツバサ「ま、まぁね…」

凛「ツバちゃんエキス補給にゃっ! えいっ!」
ギューッ

ツバサ「わわっ…! ほ、星空凛…っ」

凛「ん~~っ! 凛ね、もう疲れちゃったんだー。ツバちゃんが頭撫でてくれたら元気出るかも」

ツバサ「な、何で私がそんなこと…!」
ナデナデ

凛「ふにゃぁ~~気持ちいいにゃぁ~~」
ギューッ

ツバサ(はっ…! 私、何でしちゃってるんだろ……? でもすごく幸せそうな顔してる……甘えん坊さんなのかな?)

凛「にゃぁぁ~~」
ギューッ

ツバサ「ふふっ……って、街中でこれはいくらなんでも恥ずかしすぎる!!」

凛「あ、ごめんね。凛、いっぱい汗かいちゃってたから」

ツバサ「それは今となったら大した問題じゃないわ…。はい、貴女はまだ練習の途中でしょ? 続き続き」

凛「あ、そうだ! 一緒にラーメン食べに行こ?」

ツバサ「いやいや、今練習中だよね?」

凛「ツバちゃん、お腹減ってないの?」

ツバサ「私も練習終わった後だから、多少は減ってるけど…」

凛「なら決まりー♪ 凛に着いていてー!」
46: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/21(水) 23:15:09.87 ID:YxWQXUs9O

ーー


ツバサ(結局引っ張られるがままにラーメン屋に連れて来られてしまった…)

凛「凛はいつものやつ! ツバちゃんはー?」

ツバサ「ああ、私は……って、そうじゃなくて! あなた練習中でしょ!? というかこんな朝早くからラーメンはないでしょ!」

凛「ラーメンはいつ食べても美味しいにゃ!…それに練習ももうみっちりやったにゃ…」

ツバサ「あ、あら…そうなの?」

凛「うさぎ跳びで階段二十往復にμ's全曲のダンスをぶっ続けでやらされて…三十キロの重りつけた状態で筋トレを……そして仕上げにランニング五十キ……う、うぷ…思い出すだけで吐き気が…」

ツバサ「ご、ごめん! もういいわ! むしろ存分に休んで!」

ツバサ(そのあとにラーメン食べようって言い出すとは…よっぽど好きなのね…)

凛「それで結局何にするのー?」

ツバサ「あ…そうね。じゃあ塩ラーメンで」


ーー



ズルズルズル…


凛「はぁ~、生き返るにゃ~」

ツバサ「美味しそうに食べるわね、あなた」

凛「だっておいしいんだも~ん♪」

ツバサ「……ところで誰がそんな無茶なメニュー考えたの? 星一徹じゃあるまいし…」

凛「…海未ちゃんにゃ。前から厳しい人だったけど、最近はちょっと異常すぎるにゃ…」

ツバサ「園田海未が?」

ツバサ(昨日見た感じだとそうは思えなかったけど…まぁ昨日は昨日で別の意味でおかしかったわね…)
47: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/22(木) 13:09:44.50 ID:UnnjwJy+o

ツバサ「そんなメニュー続けていたらいつか身体壊れちゃうよ!? ていうかよく今までこなしてきたね…」

凛「凛だって本当はやりたくないにゃ。でも…、逆らったらもっと恐ろしいことに…」
ガクガク

ツバサ「もっと恐ろしいこと……」

凛「別に練習が嫌とかじゃないんだ……前はもう少し楽しかったんだけどなぁ……、最近は……はぁ…」

ツバサ(明るく振る舞ってるけど、結構堪えてるのかな…? ちょっと可哀想って思っちゃう…)

ツバサ「話聞いてる限り、それって最早練習でも何でもなくない? ただの懲罰よ、懲罰」

凛「あぅぅ……」

ツバサ「何か悪い事したんじゃないの? 園田海未に。心当たりは無い?」

凛「凛は全然悪い事なんてしてないにゃ! 海未ちゃんの鞄の中にこっそりカエル入れたり、お弁当をラーメンとすり替えたり、作詞ノートに凛の日記を書き込んだり…それくらいしかしてないにゃ!」

ツバサ「そうよねぇ……ん? え、えぇーっ!!」

凛「でもこれくらいであの海未ちゃんが怒るはずないし……うーん…謎だにゃ」

ツバサ「……そんなことされたら誰だって怒るんじゃないかな? 園田海未は仏か何かなの?」

凛「ずるずるっ…ぷはぁーっ! ごちそうさまでしたー!」

ツバサ「……とにかく、一度園田海未とちゃんと話してみた方がいいわね」

凛「え、えぇー……うん……」

ツバサ「私もついていってあげるから。一応面識もあるし」

凛「ツバちゃんが一緒にいてくれるなら安心安心ー♪」

ツバサ「いい? まずちゃんと謝ること。さっき言ってたのが直接的な理由かはわからないけど、悪い事したらすぐ謝る。オッケー?」

凛「オッケー♪」



凛「そういえば今日のツバちゃんの格好、可愛いねー! 季節感度外視しても」

ツバサ「そ、そう?」

凛「白のひらひらワンピースに麦わら帽子とサングラス。……でもちょっと寒くないかにゃ?」

ツバサ「……もう秋風が冷たいわ」
48: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/25(日) 16:30:20.54 ID:egLpusfpO


ーー神田明神

海未「……さすがに50キロは無理があったでしょうか」

海未「しかし…ラブライブの予選も間近。練習も今まで以上に気合を入れていかなければいけません…」

海未「何より凛は……」ピクッ

海未「……」キョロキョロ

海未「…気のせいでしょうか、今誰かの気配を感じたような…」



ツバサ「ちょ…何で隠れるのよ!? 会ったらまず話を聞いて謝るってさっき言ったでしょ!」ボソボソ

凛「うぅ…海未ちゃんを目の前にしたら足が竦んできたにゃ…。『何より凛は…』の後を聞くのが怖すぎるにゃ…」ガクガク

ツバサ(だ、ダメだこりゃ…完全に園田海未にしごかれたことがトラウマになってる…)

凛「つ、ツバちゃ~ん…」ウルウル…

ツバサ「……はぁ、仕方ないわね」




ガサッ


海未「むっ、何奴!?」

ツバサ「……(何奴…?)」

海未「あなたは…昨日の。何故こんなところに?」

ツバサ「星空凛から言伝を頼まれてね」

海未「凛から言伝ですか?…というか昨日から気になってはいたのですがあなたはいったい凛とどういう関係なんですか? 音ノ木坂の生徒というわけでもないようですし…」

ツバサ「同じ鍋のラーメンを食べた仲だよ、うん。…ま、そこは置いといて」コホン



ツバサ「『海未ちゃんの鬼! 凛に何の恨みがあってこんなメニューやらせるの!? 鞄にカエル入れたりお弁当入れ替えたり作詞ノートに日記書いたりしたけど…こんな仕打ちあんまりだにゃ! 今度こっそり撮っておいたラブアローシュートしてる映像をネットにあげてやるにゃ!』」



ツバサ「……以上よ」

凛(言ってないにゃーーー!!)ガビーン




海未「…なるほど。凛がそんなことを……」

ツバサ「ええ。無茶な練習させられた鬱憤が大分溜まってるみたいよ」

海未「そうですか…」

ツバサ(さて、これで怒るなりしてくれれば本音も聞き出しやすくなるはず…)
49: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/26(月) 14:14:36.67 ID:2MRBLrhWo

海未「……凛は近くにいるのですね?」

ツバサ「え?」

海未「呼んできてもらえませんか?」

ツバサ「い、いいけど……あまり強く当たらないであげてね? あの子もちょっとどうしていいかわかんないみたいだから」

海未「それは約束出来ません。凛がランニングを途中放棄したことは明らかですし、何よりこれは私と凛の問題です」

ツバサ「そ、そうなんだろうけど……わかったわ」


ツバサ「星空凛ー……ってあれ? ……いない」






凛「あぅ……二人の緊迫感に耐えきれずついつい逃げてきちゃったにゃ…」


希「おや? そこにおるのは凛ちゃん!」

凛「あ、希ちゃーん!」

希「やっと狛犬にちんすこうを食べさせる仕事終わったから、ウチも合流しようと思ってたとこなんよ」

凛「ちんすこう?」

希「それより今って 練習中なんやないん? 休憩?」

凛「ま、まぁそんなとこ……かにゃ…」


「だから──ッ!!」 「──私は──っ!!」 「そもそも──ッ!!
──!!」


希「ん? なんや下の方が騒がしいなぁ」

凛「はわわ…、大変だにゃ…」

希「海未ちゃんの声、と……もう一人は誰やろ…? とりあえず行ってみよ?」

凛「へ? え、えっと……大丈夫なんじゃない……? ほら凛は休憩中だし」

希「何言うとるん!? もし痴漢とかに襲われとったら大変やん!! ほら、はよっ!」

凛「わわっ! の、希ちゃぁぁんっ!!」
50: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/26(月) 21:43:16.26 ID:gRaEf0Mn0
ツバサ「おかしいな……さっきまでそこに隠れてたんだけど…」

海未「隠れていた?」

ツバサ「あー…あなたのスパルタっぷりにおびえきってるみたいよ? 練習はただ量をこなせばいいわけじゃないんだから、少しは…」

海未「さっきも言ったでしょう。これは私と凛の問題です、第三者に口出しされる覚えはありません」

ツバサ「むっ……」

海未「……わたしはただ、凛に期待しているだけです」

ツバサ「期待?」

海未「ええ。私たち、μ'sの中で最も潜在能力が高いのは凛だと私は思っています」

ツバサ「…それであんな無茶なメニュー組んだわけ?」

海未「そうです。のびしろの大きい凛の実力アップはそのままμ'sの人気向上につながりますから」

ツバサ「……くだらないわね」

海未「くだらない……?」

ツバサ「本人が嫌がってることをおしつけて実力のアップなんて望めないわ。あなたがしてることはただ星空凛を苦しめてるだけよ」

海未「…何度も言いますがこれは私と凛の……」

ツバサ「だからそれがダメだって言ってるのよ!! 本当にあの子のことを考えて練習メニュー組んだ? 自分の思い通りにしたいからってあの子の気持ち無視してたんじゃないの!?」

海未「……っ! 私は…!」

ツバサ「そもそも学年は違えど同じグループのメンバーでしょう! キツイ練習を強要する権限なんてあなたにはないはずよ!」

海未「くっ……あなたさっきから何なんですか!? 凛の友達だか何だか知りませんがあなたにそんなこと言われる筋合いはありません!」

ツバサ「こ、この石頭が…!」

海未「あ、あなたこそ何ですかそのサングラスは!」

ツバサ「…ラブアローシュート」

海未「…デコッパチ」

ツバサ・海未「……!」バチバチバチ…!







希「……なんやようわからないけど、あの二人、ケンカしてるみたいやね」

凛「……」

希「凛ちゃん?」
51: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/26(月) 22:35:13.90 ID:2MRBLrhWo

凛「も、もうやめてよっ!!」

海未「凛…!?」

ツバサ「星空凛……」

凛「ごめんね、ツバちゃん……。凛のせいでいっぱい迷惑かけちゃって…」

ツバサ「私は、別にそんな…」

凛「ごめんなさい、海未ちゃん。ランニングの続き…、だよね…」

海未「……はい」

ツバサ「貴女は鬼なの!?」

凛「凛ならもう大丈夫だから…。ツバちゃんが優しいからって甘えてばっかりじゃダメだよね…、えへへ…」

ツバサ「……っ」

凛「じゃあ行ってくる……にゃっ…!? ツバちゃん……?」

ツバサ「行かせない……絶対行かせないから」
ガシッ

凛「ツバ…ちゃん……」

海未「いい加減にしてくださいっ! これ以上邪魔するようなら」

希「まぁまぁ、二人とも」

海未「希……」

ツバサ(希……? この人が東條希……)



希「──なるほどね…」

海未「希からも言ってあげてください! 無関係の人間が口を挟むべきではないと」

希「無関係ねぇ……ふふっ」

ツバサ「……!?」

海未「希……?」

希「まぁそれはさておき…、凛ちゃんだけに過酷を強いるのは反感を買ってもおかしくはないんやない?」

海未「……希まで」

希「海未ちゃんが100%間違っとるわけやない。ウチも海未ちゃんの気持ちはよくわかるよ?」

希「この子にちょっと痛い所突かれて、引っ込みがつかなくなっただけなんやろ?」

海未「……っ」
52: ◆wIZGFF1rzU 2014/05/27(火) 18:59:06.84 ID:ga1jpfqSO
希「きっと、勝ちたいっと思いが強すぎなんよ。海未ちゃんは」

海未「……」

希「今の九人で出場できる最後のライブ……だから少しでもいい結果を残したくて、一番伸びの大きい凛ちゃんにきつく指導したんやろ?」

ツバサ(ま、確かに…昨日の練習を見た限りアイドルとしてまだ星空凛は発展途上。でも…園田海未の言うとおり、資質は誰よりもある気がする…)

凛「海未ちゃん……」

希「ウチら三年生に悔いなく卒業してもらえるように、やろ?…海未ちゃんも大概不器用やね」

海未「……希にはお見通しですか。今のままではA-RISEや他のグループには勝てない……そう思ったんです。だから…」

ツバサ「星空凛にだけ過酷なメニューを押しつけた、そうね?」

凛「つ、ツバちゃん!」

海未「いいんですよ凛。その人の言う通りです。勝ちを望むあまり…私は傲慢になっていたようです…凛の意志を無視してまであんな……最低ですね、私は」

ツバサ「…ま、分かったならいいんじゃない? 勝ちたいと思う気持ちは大事。それが足りてない場合はもちろんダメだけど、行き過ぎててもダメなのよ」

海未「…はい、胸に刻んでおきます」

ツバサ「そんなやり方してたんじゃいつまで経っても私たちには勝てないからね? よく覚えておきなさい」

海未「? 私たち?」

ツバサ「はいはい! それよりまだ言わなくちゃいけないことがあるでしょ?」

海未「…そうですね」




海未「凛、本当にすいませんでした」土下座




ツバサ(お、男らしい!)
53: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/05/28(水) 13:31:36.37 ID:19D/NVqDo

ツバサ「って言ってるけど?」

希「許してあげる?」

凛「……絶対、許さないにゃ」

海未「うぅ……」

凛「なーんてね! ウソウソー♪ もうっ、そんな姿海未ちゃんには似合わないにゃ!」

海未「凛……」

凛「海未ちゃんはいつでも凛々しくしてくれてないと! あ、でもあんまり凛々し過ぎのも困っちゃうかも。えへへ」


凛「……凛ね、ちょっとスポーツが得意なくらいで音楽とか全然よくわかんなくて…、こんな凛には絶対アイドルなんか無理だーって思ってたから…」

凛「海未ちゃんがそんな風に考えてくれてたの知って、ちょっと嬉しかったにゃ! 凛でも皆の力になれるんだなぁって」

海未「そう言って頂けると私も救われます。しかし…」

凛「にゃ?」

海未「……カエルやらラーメンやら妙な日記は貴女の仕業だったわけですね」

凛「え、えーと…何のことかにゃ…?」

海未「鞄を開く度、どれ程私が恐怖を感じていたことか…。スタイル維持の為、栄養管理を徹底していたお弁当を破棄され、代わりに高カロリーのラーメン…。何も食べないのは身体に毒ですので罪悪感と対抗しながら口に含んだ脂の味…」

海未「挙げ句の果てには、穂乃果やことりにさえも見せる事を頑なに拒んでいたノートを無断で手に取り、事もあろうかそれに落書きまで…」

凛「う、海未ちゃん…」

海未「罰としてランニング50㎞…いえ、100㎞です!!」

凛「えぇーっ!! 反省はどうしたのー!?」

海未「それとこれとは全くの別問題です!! さぁ早く!!」

凛「ツバちゃん! 逃げるにゃー!」
グイッ

ツバサ「えっ? わ、私もー!?」



希「まぁまぁ海未ちゃん、凛ちゃんも身体くたびれとるやろうし今日くらいは大目に見てあげたら?」

海未「希は甘過ぎます…」

希「それに、凛ちゃんと一緒におったあの子……ううん、何でもない」

海未「では凛の代わりに希が100㎞マラソンを」

希「何でそうなるんーっ!?」
54: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/01(日) 13:03:44.12 ID:4LG+6eYhO
ーー


凛「ここまで来れば大丈夫にゃ」

ツバサ「だから……なんで私まで…ぜぇ…逃げなきゃ………いけないのよ…?」ハァ…ハァ…

凛「だって今日はユニット別に練習してるし、凛が他の皆のところまで案内してあげようと思ったのにゃ!」

ツバサ「……あっそ」

凛「じゃあさっそく……あ、ツバちゃん」

ツバサ「ん? なに?」

凛「えっと……ありがとう。凛のためにあんなに怒ってくれて、すっごく嬉しかったにゃ」

ツバサ「…別に。あなたのためじゃないわよ。どう考えてもあんな練習おかしいし、一言言いたくもなるわ。…ま、多少は自業自得なところもあったみたいだけど」

凛「うっ……。そ、それでも凛は嬉しかったよ? ツバちゃんが凛のこと思ってくれてるんだなって」

ツバサ「ちょ、ちょっと! 誤解を招くような言い方しないでよ!///」

凛「え、なにが?」キョトン

ツバサ「無意識なんかい!」ビシッ

凛「とにかくお礼も言ったし、凛が真姫ちゃん達のところまで案内するにゃー」スタスタ



ツバサ「ちょっと!……はぁ、まったく」

希「ツバサ(ホント、猫みたいに気まぐれな子ね…)」

ツバサ「ま、だんだん慣れ……って、なに勝手に心の声作ってるのよ! というかいつの間に!?」

希「はは、気配絶ちはウチの十八番やんな」

ツバサ(東條希……μ'sってどれだけ濃いメンバーいるのよ…)

ツバサ「…それで、私に何か用かしら?」

希「んー…用ってほどでもないんやけど。頂点から見るとμ'sってグループはどんな風に見えるのかなって思ったんよ」

ツバサ(バレてる……)
55: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/04(水) 11:17:36.18 ID:Qy4/+bc8O

希「ウチもツバちゃんって呼ばせてもらおうかな。よろしくね、ツバちゃん♪」

ツバサ「よ、よろしく…」

凛「凛が言うのもあれだけど、大丈夫なの? 海未ちゃん一人置いてきちゃって」

希「うーん……まぁ平気なんやない?」

凛「なら良かったにゃー」

ツバサ(大丈夫かな? このユニット…)

希「それより、今から真姫ちゃんらんとこ行くんやって? ウチも行くー♪」

凛「希ちゃんも?」

希「だって面白そうやし! それに、今更海未ちゃんとこに戻るのもちょっと怖い気が…」

ツバサ「真姫って、昨日話した西木野真姫のことよね?」

凛「そうだよー! あと、絵里ちゃんとニコちゃんも一緒にいるにゃ」

希「え? もう面識あるん?」

ツバサ「ま、まぁね…」

ツバサ(絢瀬絵里と矢澤にこか……ん? 矢澤にこって確か…)

凛「さぁこっちだよー♪ 凛に着いてくるにゃー!」

希「そういえば、真姫ちゃんらって今何しよるんやっけ?」

凛「えっとー、秋葉原の路上で何かするって言ってたにゃ」

ツバサ(秋葉原…?)



━━秋葉原


にこ「アイドルにとって一番重要なのは何?」

真姫「……」

にこ「はい、真姫ちゃん不正解! 全然ダメダメ」

真姫「まだ何も答えてないわよっ!」

にこ「アイドルに必要なモノ……それは、オーラよ」

真姫「前にもそんな事言ってなかった…? ニコちゃん、全然ダメだったじゃない」

にこ「ぐぬっ…、あの時はまだμ'sに入ったばっかりだったから本調子じゃなかったのよ! プロのスポーツ選手だって遠征に行った時とか時差に苦しむってよく聞くでしょ?」

真姫「それがニコちゃんに何の関係があるのよ…」

にこ「とにかくっ! ここ、A-RISEのお膝元の秋葉原でファンを根こそぎ奪い取るわ! 本気になったにこにーのスゴさを思い知らせてあげるんだから!」

真姫「……はぁ、帰りたい。あれ? エリーは?」

にこ「絵里には色々準備をお願いしてるから、多分もうそろそろ…」

真姫「……準備?」
56: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/04(水) 12:46:49.11 ID:UuEvVQvSO
凛「さーて、真姫ちゃん達はどこにいるかなー?」タタッ

ツバサ「ちょ…はぁ、ほんっとに落ち着きないわねあの子」

希「ふふ、ツバちゃんは凛ちゃんの保護者みたいやなぁ」

ツバサ「冗談やめてよもう…あなたの方がよっぽどそれっぽい雰囲気があるわよ」

希「えー? そうかなぁ…」

ツバサ「そうよ。…あんまりそういう立ち位置に慣れちゃダメだと思うわよ?」

希「え?」

ツバサ「何だかあなたは外側から見守ってばかりで自分を出さないタイプに見えるから。園田海未の無茶なメニューを止めなかったのも、彼女の気持ちに気づいていたからでしょ?」

希「……」

ツバサ「星空凛のことを気遣いつつも園田海未の気持ちも理解出来るから…やめさせるべきなのか迷ってしまった。そんなところかしら」

希「…いやはや、やっぱりA-RISEのリーダーやんなぁ。会って間もないのによくそこまで…」

ツバサ「私はμ'sのメンバーじゃないからね。端から見ればすぐ分かっちゃうわよ」

希「そういうもんなんかな…」

ツバサ「何をそんなに怖がってるのか知らないけど、周りがどうなるかとか考えないで、たまには自分の本心も見せるべきだと思うわよ。…って、ちょっとお節介すぎたわね」

希「…ううん。ありがとう、ツバちゃん」


凛「おーい、絵里ちゃん見つけたよー! 二人とも早く早くー!」

ツバサ「はいはい。じゃ、行きましょうか」

希「うん、そうだね」

ツバサ「…ん?」

希「あっ……そ、そうやね!///」

ツバサ「……ほー、今のがあなたの素なのね」

希「は、早く行くでー!!///」グイグイ

ツバサ「痛い痛い!」
57: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/06(金) 22:51:17.29 ID:mKk2IaGoO

絵里「よいしょ…よいしょっ……重いっ……、何で私がこんなこと……」



凛「ほらー、あそこに絵里ちゃんが」

希「エリチ……何しとるんやろ……?」

ツバサ「大量の、ビラ……? それと…」


凛「おーい! 絵里ちゃ…むぐっ!? な、何するにゃ!!」

希「あのエリチが持ってるのって……そういうことやろ? 面白そうやから、このままこっそり……な? うふっ」

凛「あ、そっか! そうだねー♪」

ツバサ(μ'sって、もしかして変な人しかいない……? き、気のせいよね……)



絵里「はいっ、これでいいのよねっ!? はぁっ、はぁ…」

にこ「ご苦労様~、絵里ちゃん☆」

真姫「こ、この大量のビラって……まさかまた配るつもり!? ていうか印刷代とかどっから出してきたのよ!?」

にこ「それはもちろん~、部費?」

真姫「……か、勝手に……いいのかしら……」

にこ「いいに決まってるでしょ? 部長はこのニコなのよ!」

絵里「それと、言われるがままに用意してきちゃったんだけど……この服みたいなのって……」

にこ「服みたいなじゃなくて正真正銘、服だよ~♪ 今日はこの衣装を着て派手に目立ってμ'sのことを宣伝するんだから!」

絵里「コ、コスプレってこと…!?」

真姫「な、何よそれっ! 全然聞いてないわよっ!!」

にこ「だって言ってないも~ん☆ じゃあさっそく御開帳~! ニコのは~、フリフリの可愛い~メイド服~♪」

にこ「そしてスラッとしてスタイルの良い絵里ちゃんには、敢えてそのド派手な金髪とのギャップを主張する為の黒の着物ドレス~♪」

絵里「ド派手で悪かったわね……あ、でも結構可愛いかも」

にこ「でっしょ~? そしてそして、真姫ちゃんには~」
58: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/10(火) 16:57:35.16 ID:IWLSft9LO
にこ「じゃーん! 防御力を極限まで落としたセクシードレス~!」

真姫「なぁ!? き、着れるわけないでしょこんなのー!!///」

絵里「どこに売ってたのよそんなの……」

真姫「公衆の面前でこれを着てビラ配れって言うの!? 何の罰ゲームよ!」

にこ「真姫ちゃんもわがままねー。でも、そう言うと思って他の衣装も用意しておいたわよ♪」

真姫「最初からそっち出しなさいよまったく…」

にこ「じゃーん!」

絵里「……これは」

にこ「ふ◯っしーの着ぐるみ~」

真姫「何でそんなに両極端なのよ!!」

にこ「さぁさぁ、時間がもったいないし早く着替えるわよ~」

絵里「この着ぐるみって訴えられたりしないかしら…?」

真姫「私は絶対に嫌よ!!」

にこ「そ。じゃあ絵里ちゃん、ささっと準備しちゃおっか」

絵里「ええ? え、ええ……」






真姫「……」



ーー



にこ「μ'sをよろしくねー、にっこにっこにー♪」

絵里「よろしくお願いしまーす」

真姫「ひゃっはあぁぁぁぁぁぁ!」






凛「すっごい悪目立ちしてるにゃー」

希「何の集団だか分からんね、あれ」

ツバサ(やっぱり変だこのグループ……)

ツバサ「……とはいえここは秋葉原。私達のホームであんまり好き勝手させるわけにもいかないわ」ザッ…

凛「お、お手柔らかにね。ツバちゃん」
60: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/12(木) 16:04:38.55 ID:GStWWbfHO

絵里「スクールアイドルμ'sでーす!」

にこ「宇宙No.1アイドルのμ'sをよろしくお願いしますニコ~☆」

ツバサ「……ちょっと貴女達」

絵里「あ、よろしくお願いしまーす!」

にこ「ラブライブ出場するので応援してくださ~い♪」

ツバサ「うぅ……鬱陶しいっ!! 何なのその格好は!? メイドカフェやガールズバーの呼び込み!?」

絵里「いえ、私達はスクールアイドルの」

ツバサ「知ってるわよっ!!」

絵里「ハラショー……」


にこ「ねぇ、絵里……この人ちょっとヤバめかも…」
ヒソヒソ

絵里「そうね……変な言い掛かり付けられかねないから、あまり相手にしない方が良さそうね」

ツバサ「……全部聞こえてるんですけど?」

にこ(うーん……サングラスかけてて顔は顔はよく見えないけど、何処かで見たことある気がするのよね……ニコの知ってる人……?)


真姫「はぁ…こんなの全部配るなんて無理に決まってるじゃない……ゴミ箱ゴミ箱……っ、きゃぁっ!?」
ゴロッ

真姫「痛ぅ……もう嫌っ、何で私がこんなこと…」
ゴロゴロ

真姫「え? え…!? やぁっ、ンッ…!! と、止まらな…っ、誰か止めてぇっ!!」
ゴロンゴロン


にこ「ま、真姫ちゃんがこっちに転がってくるわ!!」

絵里「ニコ、危険よ! 下がって!」
ササッ

ツバサ「ちょっと、まだ話は終わってな」

真姫「きゃぁぁぁぁっ!!」
ゴロンゴロン

ツバサ「え?」


ドーーンッ!!


ツバサ「ふぎゃっ!!」
ドサッ

真姫「うぅ…っ、前が見えない…っ!! もう嫌ぁぁ!!」


バシッ! バシッ! バシッ!


ツバサ「ふべっ! はぶっ! あびゅ!」



希「お、おぉ……」

凛「はわわっ! ツバちゃんがぬいぐるみに襲われてるにゃ!」
61: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/12(木) 18:41:49.09 ID:WlOXp3C7O
真姫「ま、前が見えない…!」ジタバタ


バコッ! バコン!


ツバサ「はぶっ! ぐへぁっ!」



凛「あ、アイドルがしちゃいけない顔になってきてるにゃ…」

希(さっきまではかっこよかったんやけどなぁ…)

凛「希ちゃん、早く止めよう!」

希「でも真姫ちゃんまだ暴れてるし……下手に割って入るとウチらが危険や…」

凛「むむ…どうすれば…」



海未「…どういう状況ですかこれは」



凛「あれ、海未ちゃん?」

希「な、なんでここに?」

海未「……一人では練習に身が入らなかったので」

凛(寂しかったんだね)

希(さびしかったんやなぁ)

海未「それよりあれは……」



ツバサ「お、落ち着きなさ……ごふぅ!」

真姫「前が見えないー!」バタバタ




海未「サングラスの人がふ◯っしーに襲われている…?」

凛「! そうだ、海未ちゃんならきっとまきっしーを止められるにゃ!」

海未「はい?」

希「そうやね。弓道で鍛えている海未ちゃんなら…!」

海未「いや…話が全然見えないのですが」

凛・希「頼んだよ!」

海未「…後でちゃんと説明して下さいね!」
62: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/14(土) 10:51:12.24 ID:GwuLGtZMO

真姫「うぅ…っ、もぅっ、何なのよーっ!!」


バシッ!! バシッ!! バシッ!!


ツバサ「うぶっ、それは…っ、こっちの…台詞っ!! あびゅっ!!」


凛「もうわざとやってるとしか思えないにゃ! ツバちゃんのHPゲージがみるみる減っていってる…」

希「あ、いよいよ海未ちゃん出陣の刻や! 頑張れー」


海未「そこの下等な輩! この私が来たからにはもう好きにはさせません! 成敗します! 罪の無い一般人を襲うとは最早ご当地マスコットキャラクターの風上にも置けない、見過ごすわけにはいきません……悪は成敗される為に存在している、この両の手は秩序を乱す者に制裁を与える為に」


ツバサ「前置きはいらないからさっさと助けなさいよーっ!!」

海未「おや、貴女は確か…………」

ツバサ「なに私と気付いた途端、傍観の姿勢とってるのよ!? あんだけ長々と偉そうな事言っておいて善良な一般市民を助けないつもりー!?」

海未「……はいはい。いくらこの方が気に入らないからといっても目立つ路上では駄目ですよ、やるならもっと人気の無いあちらの路地裏で……ん? 真姫?」

真姫「あぅぅぅ……」


ツバサ「はぁ…はぁ…っ、もう絶対船橋には行かない……っ」

凛「ツバちゃんゆるキャラに負けるとか弱すぎるにゃ……ホントにA-RISEなの?」

ツバサ「A-RISEを武装グループか何かと勘違いしてない……?」



海未「……で、一体どういう訳なのですか? 絵里、貴女がついていながら何を」

絵里「だって、ニコがやれって…」

真姫「そうよ! 全部ニコちゃんのせいよっ!!」

海未「…ニコ」

にこ「……絶対、負けたくなかったから」

海未「え?」

にこ「いくらμ'sが頑張って良いパフォーマンス披露してもファンの数は圧倒的にA-RISEの方が上。戦う前から不利な状況……だから、A-RISEのファンをμ'sのファンに引き込めば……って思って」

絵里「ちなみに海未の衣装はこの甲冑が用意されてるの」

海未「ニコの気持ちはよくわかります、私も同様に負けたくないと強く思っていますので」


絵里「うぅ…、無視されるのは、想像以上に辛いモノがあるわ…」

真姫「エリーは馬鹿だけど、悪いのは全部ニコちゃんよ……一応、慰めてあげる」
63: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/14(土) 22:01:08.13 ID:ykD1b4bwO
ツバサ「ついでに私にも謝罪してくれないかしら?」

真姫「え?……って、あなたは……!」

ツバサ「不可抗力とはいえこれだけやられた以上は一言詫びの言葉が欲しいわね」ボロッ…

凛(だ、ダメだにゃ…笑ったらどんな目にあわされることか…)プルプル…

希(不可抗力は前半の方だけだった気もするけどね)

真姫「ご、ごめ…………ぷっ…ぷぷ」

ツバサ「あなたがこんな顔にしたのよ!? 笑ってんじゃないわよこのやろおおおぉぉぉぉぉぉ!!」

海未「お、落ち着いて下さい! キャラが崩れてますよ!」


ツバサ「はぁ…はぁ…それからそこのあなた!」ビシッ!

にこ「!?」ビクッ

ツバサ「負けん気はいいけどやり方を考えなさい! 相手のホームで好き勝手に宣伝なんて……恥を知りなさい!」

にこ「は、はいぃ!」

絵里(すごい剣幕ね…にこが圧されてる……ていうか…誰?)

ツバサ「勝負は正々堂々と真っ向からが基本! 正面からぶつかって勝つ自信がないなら…私達に挑むのは百年早いわよ!」

凛「つ、ツバちゃん、ストップストップ!」

ツバサ「…あっ! えーと…A-RISEに挑むのは百年早いわよ!」


にこ「……」

海未「にこ? どうしました?」

にこ「正々堂々と、正面から…ね」

にこ「誰だか知らないけど、ありがと。A-RISEが相手ってことで、気負ってたみたい。目が覚めた心地だわ」

ツバサ「…そ。あ、それと金髪のあなた」

絵里「私?」

ツバサ「あなた(見た目的に)上級生でしょ? 後輩の無茶はちゃんと止めてあげなさいよ?」

絵里「は、はあ……」

にこ「絵里とにこは同い年よ!!」
64: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/16(月) 10:58:36.63 ID:TV70kmCyO

にこ「……正々堂々、よしっ」

絵里「ニコ? 何処へ?」

にこ「正々堂々よ! 正々堂々A-RISEに挑んでくるわ!!」

凛「えぇーっ!?」

希「今から!?」

にこ「当たり前でしょ! ニコのこの熱いアイドル魂が強く胸に訴えかけてるのよ! ていうか何であんた達までここにいるわけ…? 練習は?」

希「ま、まぁそれは色々あって…」

凛「そ、そうそう! 色々とねー」

海未「わかります!!」

真姫「きゃっ!? い、いきなり大声出さないでよ!!」

海未「A-RISEは私達μ'sの宿敵、好敵手……いずれ倒さなくてはならない相手なら早い方が好ましいです!!」

希「だからって今じゃなくてもラブライブで戦えば…」

にこ「海未、あんたならわかってくれると思っていたわ!」

海未「打倒、A-RISEです!」

絵里「海未、貴女の甲冑よ」

海未「ありがとうございます」
ガシャンガシャン

凛「ニコちゃんはいつものことだけど、海未ちゃんまでラリっちゃうなんて…」

希「その前兆は大いに感じてた気もするけど…」

にこ「誰がラリってるのよっ!! ほら、あんた達の衣装もちゃんと用意してあげてるんだから! 絵里」

希「え?」

凛「よ、余計なお世話…」

絵里「えっと…二人の分は…」
ゴソゴソ

希「え、えーと……ウチは別に…ほ、ほらっ! ウチにはこの巫女さん衣装あるし!」

凛「あ、ズルいにゃー! 希ちゃんっ!」

絵里「凛にはこの猫さんコスチューム、耳とシッポもちゃんとあるわよ! ほらほらニャンニャンって♪」

凛「にゃ、にゃん…にゃん……」


真姫「ど、どうしてこんな事に……ていうか私にもせめてもう少しマシなの寄越しなさいよ!!」

絵里「ごめんなさい」

真姫「え…?」

絵里「だからごめんなさい」

真姫「……」

にこ「どうせA-RISEに挑むなら全員揃ってた方が良いわよね!」

海未「それは良い考えです! 穂乃果達の所へ向かいましょう!」


ツバサ(何……何なの……この人達……)
65: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/16(月) 23:18:59.04 ID:K/Lfgi/qO


――学校、屋上


ことり「ユニット別に練習かぁ~、何だか新鮮だね」

花陽「うん。いつも九人一緒だからかな、不思議な感じがするね」

ことり「じゃあさっそく練習始めよっか」

花陽「あれ、でもまだ穂乃果ちゃんがいないみたいだけど…」キョロキョロ

ことり「寝坊しちゃったって連絡があって、先に練習始めてて!…だって」

花陽「ほ、穂乃果ちゃんらしいね…」

ことり「あはは、朝は弱いからね。さて、じゃあ始めよう? まずは歌からでいいかな?」

花陽「うん。よろしくねことりちゃん」

ことり「こちらこそ、花陽ちゃん♪」





~告白日和、です!~




ことり「……ふぅ、ちょっと休憩しよっか」

花陽「うん。……あれ?」

ことり「どうしたの?」

花陽「校門のところに人が沢山……あ、あれって……!」
66: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/18(水) 10:59:23.36 ID:c+EO6CEBO

ことり「仮装パレード……? でもハロウィンにはまだ早いし……」

花陽「ことりちゃん……花陽、何だかすっごく嫌な予感がするんだけど」

ことり「かよちゃんも? 実はことりも…」

花陽「……よし、隠れようっ!」

ことり「うんっ!」



海未「穂乃果ー!! ことりー!!」

にこ「花陽ぉぉぉぉーっ!!」


ズダダダダダダダダダダダッッ!!!!


花陽「はわわわわわわわ…っっ!!」

ことり「海未ちゃんとニコちゃんが凄まじいスピードで咆哮を上げながらこっちに向かってきてるっ!!」

花陽「ど、どうしようどうしようっ!! 誰か助けてぇぇ…!!」

ことり「こ、このままじゃ鉢合わせになっちゃう…!!」

花陽「こ、こうなったら気持ちを落ち着かせる為に…っ、お昼ご飯にしよっか」

ことり「そうだね♪ はい、お茶どうぞ」

花陽「ありがと、おにぎりどうぞ」

ことり「わぁ、美味しそう♪ いただきまぁす」

花陽「もぐもぐ……ずずずずーっ…ふはぁ、お外で食べるご飯は美味しいねぇ」

ことり「うん! 甘いお菓子も持ってきたから後で」


ガチャ!!


海未「目標確認! ことりと花陽です!」
ガシャンガシャン


ことり「ひぃぃっ! 鎧武者!?」

花陽「あわわわわわわ…っ!! ひゅひぃぃ…っ、どうか命だけはぁぁ…」

ことり「か、かよちゃん! よく見たら海未ちゃんだ!」

花陽「ふふぇ……? 海未…ちゃん……?」

ことり「う、海未ちゃん! 合戦にはます腹ごしらえが大事だよ!」

花陽「う、うん…そうだね…! はい、おにぎり! 腹が減ってはなんとやらって言うしねっ」

海未「これはかたじけない、ではご相伴に与ります……もぐもぐ…」
67: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/18(水) 12:23:06.57 ID:owYYYKRDO
ことり「と、ところでその格好はいったい…?」

ガチャ

絵里「もう、急に走り出さないでよ」

花陽「わっ、絵里ちゃんも。わぁ…カッコイイ…///」

希「エリチは何着ても様になるね」

ことり「希ちゃんの巫女さん姿もやっぱり様になってるよ」

希「ふふ、ありがと」

凛「かよちーん、凛はどう?」

花陽「その猫さん衣装、凛ちゃんにとっても似合ってるよ♪」

凛「えへへー、ありがと!」

にこ「ほら、真姫ちゃんも早く出てきなさいよ」

海未「そうですよ。あれだけ暴れたんですから、もう何の抵抗もなく着こなせるでしょう?」

ガチャ

真姫「うるっさいなっしー! もうどうにでもなれなっしー! ヒャッハー、真姫汁ブシャー!!」



ことり「ま、真姫ちゃんが壊れてる…」

花陽「いったい何があったの…?」

にこ「ま、話は後よ。ことりと花陽もこれを着なさい。A-RISEに殴り込みよ!」

ことぱな「えぇ~!?」



凛「うーん…どうしよう…」

希「ツバちゃんの前で言っていいことなんかなこれ…」

凛「……あれ? ツバちゃん…いなくない?」

希「え?」
68: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/18(水) 20:09:34.83 ID:c+EO6CEBO

━━


ツバサ(まさかμ'sがラブライブが開催される前に戦いを挑んでくるなんて…っ)

ツバサ「早く二人に知らせなくちゃ…、はぁっ、はぁっ…」


穂乃果「うわーんっ! ついうっかり寝坊しちゃったよー!! でも今日はユニット練習で良かったー! ことりちゃんとかよちゃんなら怒られる心配全くないしねー♪ 不幸中の幸い? ていうか幸福の絶頂? やっぱり穂乃果はラッキーガールだねー♪」


ツバサ「ん…? あの録音して園田海未に聴かせてやりたい台詞をるんるん気分で吐きながらあっちを歩いているのは……μ'sの、高坂穂乃果……?」


穂乃果「ありふれた悲ーしみー♪ ありふーれた痛みとー♪」

ツバサ「ちょっとそこの気分上々の貴女」

穂乃果「ほぇ? 穂乃果のこと?」

ツバサ(向こうは私が綺羅ツバサってことに気付いてないみたいだし、これはまたとない好機ね…)

ツバサ「少し時間いいかな? お茶でもどう?」

穂乃果「え……ナンパ? あ、あの……私、これから練習あるんで…」

ツバサ「ち、違っ…! ナンパとかそんなんじゃなくて……っ、その……ケーキ! 美味しいケーキ奢ってあげるから!」

穂乃果「ホント!? わぁーい♪」

ツバサ(よしよし……、高坂穂乃果は甘いものをちらつかせば誰にでも着いていく……と)
メモメモ

ツバサ「こっちよ」

穂乃果「くぅ~ん♪」



ツバサ「着いたわ」

穂乃果(あれ? ここって確か…)

ツバサ(前から一度入ってみたかったのよねー、今なら変装もしてるし人目も気にしなくて済む…)


カランコロンカラーン♪


「いらっしゃいませぇ」


「御注文はお決まりでしょうか? お嬢様」

ツバサ(よし……言うわ、言っちゃうんだから……!!)

ツバサ「み、みみみ…ミナリンスキーひとつっ!!」

穂乃果「」
ポカーン


「え、えっと……もう辞めてしまいました」

ツバサ「はぁぁぁぁ!?」
69: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/19(木) 22:39:59.83 ID:Nrg+PmVdO
ツバサ「あのミナリンスキーよ!? アキバのカリスマメイドよ!?」

「え、ええ。つい最近辞めてしまいましたが……」

ツバサ「そ、そんな……一目見てみたかったのに…」ズーン…

穂乃果「ことりちゃんのファンなんですね」

ツバサ「数多くのメイドがしのぎを削るアキバにおいて、彗星の如く現れて伝説の名を欲しいままにしていた人だからね…どんな人物なのか興味があったのよ」

穂乃果(こうして聞いてるとことりちゃんが遠い人に思えるなぁ…)

ツバサ「…ん? というかあなた今ことりって言った?」

穂乃果「……あ」

ツバサ「μ'sよね? μ'sの南ことりよね?」

穂乃果「な、何のことかな~?」キョドキョド…

ツバサ「嘘つくの苦手でしょあなた」

穂乃果「うぅ…」



━━



カチャ…


ツバサ「…なるほどね」

穂乃果「秘密ってことになってたのに…ごめんねことりちゃん…」

ツバサ(まさかμ'sがミナリンスキーをも擁するグループだったとはね…本当に個性的だわ)

穂乃果「あの、ところでなんですけど」

ツバサ「何かしら?」
70: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/22(日) 21:33:56.48 ID:sdbyhrS5O

穂乃果「あの、もしかして……貴女は」

ツバサ(やば…っ、バレた……?)

穂乃果「貴女は……」

ツバサ「うぅ……っ」


穂乃果「μ'sのファンの人ですか!?」


ツバサ「そ、そうよ…! 私はA-RISEの綺……へ?」

穂乃果「ほぇ? あらいずって」

ツバサ「あぁー!! 違う違うっ、今の無しっ!!」

穂乃果「で、でも今アライ」

ツバサ「アライアンス!! わかりやすく言えば同盟、協力体制を築こうってことよ!!」

穂乃果「……!? 難しい言葉ばっかりでさっぱり意味がわからない……」

ツバサ「貴女とミナリンスキ…いえ、南ことりさんは知り合いみたいだし、願わくばお顔を拝見できないかなーみたいな?」

穂乃果「あぁ、そういうこと! いいですよ、きっとことりちゃんも喜びます!」

穂乃果「ちょうど穂乃果も今からことりちゃん達と練習するとこ、ろ……あぁーっ!! もうこんな時間!! 完全に遅刻だよーっ!!」

ツバサ「呑気にお茶なんて飲んでるから…」

穂乃果「もー! 誰のせいだと思ってるんですかー!!」

ツバサ「え? 私と会う前から、遅刻は確定してたよね?」

穂乃果「とにかく、学校へ急がなくちゃ! さっき遠くからことりちゃんの悲鳴が聴こえた気もするし…」

ツバサ「それは当たってそう…」

穂乃果「さぁ行きましょう! 紅茶とケーキごちそうさまでした!」


ツバサ(ミナリンスキーが南ことりってことがわかっただけでも一応収穫はあり、かな…)

ツバサ(高坂穂乃果に着いていけば南ことりと接触出来そうだし、無駄では無かったわね)


穂乃果「早くーっ! 置いていっちゃいますよー!!」


ツバサ(高坂穂乃果と一緒に南ことりの所へ……問題は無い筈だけど、何か忘れてる気が……何だっけ……?)
71: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/23(月) 21:18:48.22 ID:7HzbgSm8O

――UTX学園(外)



にこ「さぁ、ここがA-RISEの根城ね!」

海未「いよいよですね…行きますよ皆!」

絵里「ほ、本気なの…?」

うみにこ「当然!」

真姫「ヒャッハァァァァァァ!!」

凛「真姫ちゃんが完全に吹っ切れちゃったにゃ…」

花陽「う、うぅ……///」モジモジ…

ことり「何で私とかよちゃんだけこんな……///」

希「いや~、二人とも似合ってるね。そのエロ……セクシー衣装」

ことぱな「嬉しくないよぉ!」




――UTX学園(中)




Dancing Dancing……♪



英玲奈「……ふぅ~」

あんじゅ「少し休憩にしましょ」

英玲奈「そうだな。…しかし、やっぱり二人だけだと変な感じだな」

あんじゅ「まぁ…センターなしでダンスの練習ってなると、どうしてもバランスがね」

英玲奈「まったく、ツバサはいつになったら戻ってくるんだ」

あんじゅ「朝早くに出たって聞いたけど……遅いわね」

英玲奈「練習も一区切りついたし、探しに――」


バターン!



英玲奈・あんじゅ「!?」
72: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/23(月) 22:16:09.31 ID:sIgPIVbmO

あんじゅ「あぁ…っ! 前回のラブライブ優勝の記念トロフィーがっ!!」

英玲奈「ゆ、揺れ…っ、地震か…!?」


グラグラグラグラ……ッ


あんじゅ「きゃぁぁーっ!! 地震恐いっ、恐いっ!!」

英玲奈「くっ、このままでは我がUTXが瓦礫と化してしまう…っ! 鎮まれ…っ、鎮まれーっ!!」

あんじゅ「良かった…ツバサちゃんだけでも生き延びてくれて……A-RISEは、永久に……不滅……」

英玲奈「お、おいっ! 諦めるな!! 大地の精霊よ…、どうか我が願いを聞き届けてくれっ!! 何!? A-RISEはツバサ一人いれば充分!? そんなわけあるか!!」

あんじゅ(誰と話しているの……?)


グラグラグラグラ……ッ


英玲奈「A-RISEは三人でA-RISEなんだ!! 誰か一人欠けても絶対に成り立たないっ!! 私達がいるからこそ…っ、だから助けてっ!! 助けてくれーっ!!」

あんじゅ「お、落ち着いて…」

あんじゅ(他人が慌ててるのを見ると自分は冷静になれるって本当ね……)


英玲奈「うわぁぁぁぁっ!!!!」

あんじゅ「も、もう揺れてないみたいだけど……」

英玲奈「え……? あ……」

あんじゅ「……」

英玲奈「……こほんっ、……不吉な…」

あんじゅ「……」

英玲奈「これは何かの予兆……この場所でこれから、とんでもない事が起きる……そうに違いない……」

あんじゅ「そ、そうなの……?」

英玲奈「ま、まぁ安心しろ……何が起きても私が」


バターン!


英玲奈「うわぁぁぁぁぁぁぁ!?」

あんじゅ「今度は地震じゃないわ! 扉が開いて…」
73: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/24(火) 08:34:22.05 ID:Uef7VgBxO
ツバサ「はぁ……はぁ……はぁ…」

英玲奈「つ、ツバサ……?」

あんじゅ「ああびっくりした…そんなに勢い良く扉開けないでよ」

ツバサ「な、何とか追い返せたよ。二人とも」

英玲奈「追い返す……?……はっ!? まさかさっきの地震はツバサが止めたのか!?」

あんじゅ「そんなわけないでしょ……で、追い返したってどういうこと?」

ツバサ「我らA-RISEに牙を剥く女神達に打ち勝ったんだよ、私!」

あんじゅ「??」

英玲奈「や、やっぱり地震か!? さっきの地震止めたのか!?」

あんじゅ「英玲奈、ちょっと静かにして。…ツバサ、何があったのかちゃんと教えてよ」

ツバサ「もちろんだとも。…あれは高坂穂乃果とお茶し終わった後のこと……」

あんじゅ(そこに至るまでの過程も聞きたいんだけど…まぁ後でいいか)
74: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/25(水) 20:18:37.36 ID:IOoPUoH3O

~~~~~~~~


ツバサ(んー……やっぱり何か大切なことを忘れてる気がするのよね……)

穂乃果「こっちですよー! 早く早くー」

ツバサ「あー、はいはい……ん?」


ガヤガヤ……ガヤガヤ……


穂乃果「あれ? 何だろ?」

ツバサ「騒がしいわね…」

穂乃果「変な格好してる人達が…って、えぇぇぇーー!?」



にこ「宇宙No.1アイドルμ'sよ!! 道を空けなさい!!」

海未「我々の進軍を阻む者は、何人たりとも容赦はしません!!」

絵里「さぁ踊れっ! これから秋葉原の歴史が変わるわ!!」

希「エ、エリチまでおかしく…」

凛「なんだか凛も楽しくなってきたにゃー!!」

花陽「うぅ…っ、こんな格好恥ずかしすぎるよぉ…」

ことり「かよちゃん、逃げよ?」

花陽「う、うん…!」

ことり「皆にはバレないようにこっそりと…」

花陽「うん! こっそりと……、こっそり……」

真姫「ヒャッハーー!!」

花陽「ぴゃぁっ!?」

ことり「ま、真姫ちゃん!?」

花陽「ご、ごめんなさい…真姫ちゃん、見逃してぇぇ…!!」

真姫「ヒャッハァァァァ!!」

ことり「ダ、ダメ……話が通じる相手じゃない!」

花陽「そ、そんなぁぁ…」



穂乃果「み、皆!? ちょっと穂乃果が目を離した隙にどうしたらこんな事になるのー!?」

ツバサ「貴女、μ'sのリーダーなんでしょ? 何とかしてよ!」

穂乃果「ど、どうしよどうしよーっ! 穂乃果、普通の練習着しか持ってないよー!!」

ツバサ「そ、そういうことじゃなくてー!!」
75: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/27(金) 11:56:41.36 ID:ar4CeLlOO
にこ「お、穂乃果じゃない」

海未「ちょうどいいところに」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!」

花陽「良かった…まともな人が来たよぉ…」

絵里「KKE! KKE!」

真姫「ヒイイイィィィィィハアァァァァァ!!」

凛「にゃんにゃんにゃー♪」




穂乃果「いいなー、みんな楽しそう」

ツバサ「呑気なこと言ってないで早く止めなさいよ!」

希「穂乃果ちゃんの衣装も用意してあるんよ?」

穂乃果「ホント!?」

ツバサ「ちょっと! 何であなたまで乗ってるのよ!?」

希「いやぁ、止められそうにないなら行けるとこまで行っちゃおうと」

凛「あっ、ツバちゃん! ツバちゃんも一緒に行くにゃー!」グイッ

ツバサ「いやいやいや、向かう先分かってて言ってる?」

ことり「あれ、見たことない人が…」

花陽「ほら、昨日来たって話したでしょ?」

ことり「あっ、あなたがツバちゃんさん?」

ツバサ「ちゃんかさんかどっちかにしなさい。…初めましてね、ミナリンスキーさん」

ことり「!? な、何で知ってるんですか~!」

凛「え? 皆凛好き?」

ツバサ「言ってないわよ」
76: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/06/30(月) 00:22:15.85 ID:ch3OD1aDO

ツバサ「とりあえず、星空凛! それと貴女も、ちょっとこっちに」

凛「にゃ?」

希「ウチも?」



希「どしたん? モタモタしてたら出遅れてしまうんやけど…」

凛「早くA-RISEを叩きのめしたいにゃー」
ウズウズ

ツバサ「貴女達、私がA-RISEの綺羅ツバサだってこと完全に忘れてるでしょ……」

希「えーー!? あ、あらいずのー」

ツバサ「いやいやっ、絶対気付いてたよね!? ……とりあえず」

ツバサ「この状況を何とかして! そもそも不意討ちだなんて恥ずかしくないの!?」

希「いやぁ…まぁ、ノリで? 別にかまへんかなって」

凛「お祭りみたいで楽しいにゃー♪」

ツバサ(駄目だ、こいつら……)

ツバサ「あ、そっちの正常っぽい二人も協力してくれる? この二人だけじゃ不安で仕方ないから」

花陽「ふぇ…!?」

ことり「は、はい! ことり達だってこんな事には反対ですし」

花陽「で、でも……反逆者は許さないって目でこっちを見てる真姫ちゃんみたいなぬいぐるみがぁ…」

真姫「……ひゃはっ♪」
ジーッ

ツバサ「そういえば一番危ない存在を忘れてたわ…。星空凛、少しの間アレを食い止めててくれる?」

凛「凛が? 食い止めるって……何すればいいの?」

ツバサ「二人で適当に遊んでてくれればいいから」


凛「遊んでって言われても…」

真姫「ヒャハァァァァ!!」

凛「っ!? シャ、シャーーッッ!!」
ビクッ

真姫「ヒィィィィィィハァァァァァァァァァァァァァ!!」
ビューンッ

凛「ニャァァァァァァァ!!!!」
シュタタタッ


ツバサ「……よしよし、今のうちに私達で作戦を立てましょう。ていうか、気のせいかもしれないけど貴女達ってピュアピュアしてるね」

花陽「ぴゅあぴゅあ…?」

ことり「ね、ねぇ、穂乃果ちゃんは」

希「……もう、手遅れや」

ことり「そ、そんなっ!」



穂乃果「ここがUTX……A-RISE……っ! よしっ! 私、倒す! 倒すったら倒すっ!! 皆ー、行っくよー!! 穂乃果に続けーー!! あははははーー!!」
77: ◆wIZGFF1rzU 2014/06/30(月) 19:54:54.96 ID:XAp7Vb0KO
ツバサ「くっ…もうやるしかないわね」

ことり「な、何をですか…?」

ツバサ「……」カキカキ


トン…

『高坂穂乃果ー私 絢瀬絵里ー小泉花陽 矢澤にこー東條希 園田海未ー南ことり』



花陽「??」

希「これは…?」

ツバサ「一対一で、あの子達の暴走を止めるわよ!」

「「「えぇ~!?」」」




花陽「え、絵里ちゃん…無茶はやめようよ~」

絵里「私の賢さ見せてあげるわ!」


ことり「う、海未ちゃ~ん…?」

海未「王者への下克上…ふふ、血が騒ぎますね!」


ツバサ「高坂ほの…」

穂乃果「やるったらやるー!」ダダダダダダ


真姫「ひゃははははははは!」

凛「いやーーーー!!」



花陽・ツバサ・ことり「……」

(((ダメだコレ……)))



希「…ふぅ、仕方ないね。ここはウチのスピリチュアルパワーの出番やね」

希「にこっち、エリチ、海未ちゃん、穂乃果ちゃん、真姫ちゃん」

にこ・絵里・海未・穂乃果「ん?」

真姫「ひゃは?」





ワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワシワワシわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわし……
78: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/07/01(火) 23:42:05.61 ID:22YBmZ6CO

「うひゅぅぅぅぅぅぅぅぅっっ…… !!!!」


穂乃果「わしわしっ!」

真姫「ワシワシッ!!」


ツバサ「えぇーっ!? と、東條希が……集団猥褻の被害に!? それも私達の学校の真ん前で……もういやぁー」


海未「ふふっ、そう来ると思っていました」

絵里「貴女の考えていることはお見通しよ、希……。だから、逆に利用させてもらったの」

にこ「さぁ攻め込むわよっ! UTX!」


ツバサ「もう……駄目だ……。ごめんね……あんじゅ、英玲奈……」


希「んー、まだまだやね」
ヒュッ


海未「え……? 希……!?」

絵里「そ、そんなっ……だって、希は今…」

希「残念やったね、それはウチの幻影……更に言うなら凛ちゃんや」

にこ「へ……?」


穂乃果、真姫「「ワシワシッ!!」」

凛「ぎにゃぁぁぁぁぁっ!! 何で凛がぁぁぁぁぁ!!!!」


希「ツバちゃんが困っとるやん? おふざけも程々にしとかんと、ね? ふふ……わしわしーっ!!」

絵里「の、希だって途中から乗り気だったじゃっ、ああぁぁぁっ!!!!」

海未「ツバちゃんって誰ですかっ、んぐっ、ううぁぁぁぁぁっっ!!!!」

にこ「しゅぴりちゅあるぱわぁしゅごぉぉぉぉぃぃぃっっ!!!!」


希「ふぅ……」


ツバサ「よ、良かった…のかな? でもとりあえずこれで一件落着……」

凛「ぁぅ…にゃ……ぅぅっ……」

ツバサ「だ、大丈夫……? 星空凛……」

凛「うぅぁ……っ、ぐすっ……」
79: ◆wIZGFF1rzU 2014/07/02(水) 00:06:40.07 ID:7oYnHQg7O
凛「汚されちゃったにゃ……凛は純潔を保てなかったにゃ…」オヨヨ…

ツバサ「冗談言えるくらいなら心配要らないみたいね」

凛「これでも結構ダメージ入ってるにゃ…」

ツバサ「はいはい、いつまでも落ち込んでるじゃないの」

凛「うー…」

ツバサ「じゃ、私は学校に戻るから」

凛「えー!? まだ時間あるじゃん! もっとツバちゃんと遊びたいにゃー!」

ツバサ「朝から散々遊んだでしょ」

ツバサ(振り回されたとも言えそうだけど…)

凛「むー…まだまだ全然足りないにゃー!」

ツバサ「駄々こねるんじゃないの。……また遊んであげるわよ」

凛「にゃ?」

ツバサ「今度は、私から誘うから。いいでしょ?……凛」

凛「……ツバちゃーーーん!」ギュー!

ツバサ「ぐっ…! す、少しは加減さなさい…!」



絵里「…で、結局あの子は誰なの?」

ことり「凛ちゃんと仲良しなんだね」

海未「いまいち心根の知れない人ですが…悪い人ではないようですよ」

にこ(…やっぱり見覚えあるのよねぇ…)

花陽「むー……」

真姫「花陽?」

希「ふふ、花陽ちゃんも可愛いとこあるなぁ」


穂乃果「…納得いかないよ」

絵里「ほ、穂乃果?」

穂乃果「私主人公なのにまだ何もしてない……このまま終わっていいわけがないよ…!」

穂乃果「というわけで…勝負出来ないなら…物理的に倒すのみだよ!」

凛「穂乃果ちゃんの言ってることが全然分からないにゃ…」

穂乃果「ま、とりあえず見ててよ」

穂乃果「……」スゥ…




穂乃果「地よ揺れろーーー!!!」



80: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/07/02(水) 22:32:58.78 ID:MBrIalQcO

~~~~~~~~


ツバサ「──というわけなのよ」


あんじゅ「……」

英玲奈「……」


ツバサ「あれ……? 反応が薄すぎる…」

英玲奈「よくわからないが大変だったみたいだな…」

あんじゅ「お、お疲れ様ー…」

ツバサ「本っ当に疲れたぁぁ……あ、これお土産のオムライスね! 召し上がれー♪」

あんじゅ「え? 何で音ノ木坂のお土産がオムライス……?? まぁ頂くけど」

英玲奈「はふはふっ……もぐもぐ……」

ツバサ「私も食ーべよっと♪ はむっ…」

あんじゅ「あ、美味しい……♪」

英玲奈「本当に美味しいな……これは音ノ木坂の学食……それとも何処かの店のもの……? UTXでも是非取り入れよう、うむ…」

ツバサ「え、えーと……それはヒミツかなー……なんて」


あんじゅ「それで……μ'sの皆さんはどうだったの……?」

英玲奈「はぐはぐ…んんっ…! そうだっ、何か忘れてると思ったらそれだっ!」

ツバサ「あー…」

英玲奈「全体練習を放棄してまで偵察に行ったんだ…、当然何か収穫はあったのだろうな? オムライス以外で」

あんじゅ「どうなの? そこのところ」

ツバサ「うん……勿論」


ツバサ「音ノ木坂学院のスクールアイドル……μ'sは」

英玲奈「μ'sは……」

ツバサ「一言で言うと」

あんじゅ「言うと……」


ツバサ「相当アホ」


あんじゅ、英玲奈「「は……?」」
81: ◆wIZGFF1rzU 2014/07/04(金) 17:13:01.85 ID:dGnS1barO
ツバサ「かしこさが足りてる子なんて皆無よ皆無。ブレーン的な存在も見た目よりアレなのよね」

英玲奈「アレってお前…」

あんじゅ「というか二日間の潜入捜査の収穫がそれだけなの?」

ツバサ「いや、まぁ能力的には皆高いんだけどね。絡まれると凄くめんどくさいっていうのが本音」

英玲奈「それならすぐ帰ってきてもよかったんじゃないか?」

ツバサ「ん……そうなんだけど、ね」

あんじゅ「?」

ツバサ「ふふっ、楽しくてつい…ね」ニコッ


英玲奈・あんじゅ「!」


英玲奈・あんじゅ(ツバサがこんなに楽しそうに笑うなんて…ライブの時以外見たことない…)



英玲奈「…これは確かに強敵かもな」

あんじゅ「そうね。気を締めていかないと」

ツバサ「き、急に気合入ったわね…」

ツバサ「…さて、じゃあ練習始めるわよ!」

英玲奈「よし、打倒μ'sだな」

あんじゅ「さ、リーダー」

ツバサ「ええ! A-RISE、ミュージックスター……」



グラッ…



ツバサ「…ん?」


グラグラグラグラ…


英玲奈「まさか…さっきのは…」

あんじゅ「……初期微動?」



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……!



A-RISE「ギャーーーーー!!」



ツバサ「くっ……! 大会じゃ覚悟しときなさいよ……この疫病神共ーーー!」



━━





穂乃果・海未・ことり・真姫・凛・花陽・絵里・希・にこ「はっくしゅん!」





終わり
82: ◆wIZGFF1rzU 2014/07/04(金) 17:24:04.09 ID:dGnS1barO
きらりん! きらりん流行れ! レボリューション!


みもさん乙っした、依頼は自分が出しときます


長さ的にも内容的にも最初に想定してたのと色々ズレましたがそこがリレーの面白いとこですね!

※ こちらのSSを書かれた作者さんです(管理人)

海未「よそよそしい……ですか?」
85: ◆MuoU3ANWVOuW 2014/07/04(金) 19:33:40.88 ID:tacZp8QxO
おぉ……見てくれてた人がいたとは!
乙でしたー

※ こちらのSSを書かれた作者さんです(管理人)

にこ「……俺、μ's辞めるわ」

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【リレーss】綺羅ツバサ「音ノ木坂に潜入する」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【リレーss】綺羅ツバサ「音ノ木坂に潜入する」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。