皆でつくるラブライブss!!!

シェアする

海未-アイキャッチ37
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:36:46.96 ID:FgraPcNX.net
じゃあまず主人公をμ'sの中から選んでね!
>>5

元スレ: 皆でつくるラブライブss!!!

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:38:13.18 ID:g2aZOCd1.net
やっぱうみ
7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:38:46.98 ID:FgraPcNX.net
じゃあ次シチュエーション!
>>10
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:40:24.25 ID:4uZ9/NgJ.net
ことほのにキスを
37: 貼りなおし(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:14:43.48 ID:NFRcVYR+.net
海未「穂乃果、ことり。私は可能性を感じました。」

ーーーーーー

音ノ木坂学院から旅立つ時が間近にせまってきた。弓道部と、μ'sと、穂乃果とことりと過ごした音乃木坂学院から旅立つときがきっと瞬きをする間に訪れてしまう。

3年間という一瞬の間で私の心の真っ白なページに沢山の思い出が溶けていった。
音ノ木坂での思いでは一つも零すことなくすべて私の脳裏に刻まれた。

ーーーーーー

穂乃果「海未ちゃん!もうすぐ私たちも卒業するね。」
穂乃果「なんだか不思議だね。ついこの前私が皆の前で送辞を読んで、絵里ちゃんたちを見送ったと思ったら、」

穂乃果「今度は私たちが送辞を聞かされて、見送られる立場に回るなんて。」

穂乃果「私は音ノ木坂が好き。たくさんの可能性を感じられた。私の世界を変えてくれた、変えられることを教えてくれくれた。」

穂乃果「たくさんのことをやったから
お別れするのが悲しいんだろうね。」

穂乃果「たくさんの思い出があるからお別れしたくないんだろうね。」


ことり「うん。私も音乃木坂が大好き。3年間じゃ物足りないぐらい。ずっと時計が止まっててほしいとさえ思っちゃった。」

ことり「でも短い間だからこそ掴めることがある。短い間だからこそ何かを掴もうと必死になる。」

ことり「私は限られた時間の中で輝けるスクールアイドルが好き。」

ことり「だったよね?」


穂乃果「うん。これでいいんだよ。
お腹いっぱいになっちゃったらつまらないもんね 。物足りないと感じるからまた何かを目指そうって思える。」

穂乃果「またなにかを掴みたいと思える」
穂乃果「また輝きたいと思う事ができる!!」


ことり、穂乃果「ね!海未ちゃん!」
38: 貼りなおし(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:15:47.02 ID:NFRcVYR+.net
そう、穂乃果とことりは私に告げた。
穂乃果とことりが言う事は正しい。
限りなく美しく綺麗な模範解答だ。

でも、私達にとって音ノ木坂を卒業すると言う事は これからは私達は離れ離れになると言う事を意味する。18年間、穂乃果とことりと私で築き上げた「日常」が私達から姿を眩ませる事を意味する。


それぞれがそれぞれの、自分だけの人生を持ち、歩むことは分かっている。
ずっと同じ物はこの世にはない事は分かっている。どんな物も美しい物も、アネモネの花も、いつかは散りゆく事は分かっている。


だが、いざ離れ離れになる現実を突きつけられると、まるで鋭い和弓を私の額に突きつけられているような心境だ。
39: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:17:53.05 ID:NFRcVYR+.net
ーーーーーーー

穂乃果「もう卒業式はじまっちゃうよ!
早く体育館に行かなきゃ!」
ことり「まって!ほのかちゃん!」
穂乃果、ことり「海未ちゃん!早く!」




ーー卒業式ーーー

理事長「早春の候、万物が活動を始める季節を迎えております。卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます。
卒業生のみなさんが.....」


ーーーーーーー
私の頭には今、なにも入ってこない。
周囲の緊迫された心情、この引き締まった情景で私は何を考えたらいいのだろう。
今までの高校生活を噛みしめるかのように振り返べきか

今までの高校生活から生まれた反省点を振り返り、これからの教訓とさせるべきか、

今の私達を熱く抱擁するかのような
この状況を頭で理解し、感じるべきか


これからのこと、終着点を考えるべきか。



今の私には判断を下す事ができない。
ああ、駄目だ。これじゃあ
ただ真っ白になった頭で、なにも考えることなく時間が経過するのを待っているだけではないか。
そうどうする事も出来ないままただ独り、ただただ冷たいパイプ椅子に座っていた。
40: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:23:42.37 ID:NFRcVYR+.net
その時深く聞き覚えがある旋律がが私の身体を震わせた。



愛してるばんざーい♪
ここでよかった 私たちの今がここにある
愛してるばんざーい♪
始まったばかり 明日もよろしくね まだゴールじゃないー♪


海未「ーーこ、これは?!」

私が独り、考え事をしている間にどうやら卒業生代表としてステージに上がっていたらしい穂乃果が私達に優しく微笑みかけ、こう告げた。

穂乃果「これは私達が去年の卒業式で歌った曲です。なんだか時間が経つのって早いですよね。
この前入学したと思ったらもう卒業だなんて。」

穂乃果「卒業するのは寂しいです。
みんなと出会えた事が嬉しくって、離れたくないです。」






穂乃果「でも私達は進み続けます。」


海未「ーーー!!」



穂乃果「だって可能性を感じるから!
そして可能性にむかって進もうって思えるから!

別れることは苦しいです!
でももっと動いて確かめたいチカラがあるから!」
穂乃果「だから私達は明日へと進み続けます。」


穂乃果「だからこの歌を''最後に''
愛してるみんなへと届けます。」


笑ってよ 悲しいなら吹きとばそうよ
笑えたら変わる景色 晴れ間がのぞく
不安でもしあわせへと繋がる道が
見えてきたよな青空

時々雨が降るけど水がなくちゃたいへん
乾いちゃだめだよ みんなの夢の木よ育て

さあ!
大好きだばんざーい♪
まけないゆうき 私たちは今を楽しもう
大好きだばんざーい♪
頑張れるから 昨日に手をふって ほら前向いてー
41: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:24:16.61 ID:NFRcVYR+.net
ーーーー
穂乃果「常にとなりにいるから
それが当たり前過ぎること悩んだり笑ったりの毎日が続いてた。」

ことり「楽しいと思ういまを保存したいきもち初めて感じたんだよ。」


海未「すれ違ってもわからないくらい
君も僕も大人になった頃が想像できない
だってずっと心は一緒だから。」

海未「(ちゅっ)」

穂乃果「くすぐったいよ~」
ことり「もう~海未ちゃんったら~」

海未「穂乃果、ことり。私は可能性を感じました。」

海未「だからもう、大丈夫です!
さよならへさよならができました!」


穂乃果、ことり「海未ちゃん..だーいすきっ!!(ギュッ!」

海未「や、やめて下さい!く、苦しいです!!」




穂乃果「じゃあね、ことりちゃん。海未ちゃん。」
ことり「じゃあね、また絶対会会おうね!」
海未「はい!」











海未「さようなら!!」
42: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:24:52.55 ID:NFRcVYR+.net
おわり~
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『皆でつくるラブライブss!!!』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。