【SS】海未ちゃんVSアーム・ジョー

シェアする

海未-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:41:18.72 ID:+hgycykK.net
海未 「できました!」

凛  「新しい歌詞?」

海未 「ふふふ、そのとおりです」

凛  「すごーい!
    ねえねえ、こんどはどんな題名?」

海未 「『だってだって噫無情』と名づけました。
    ……どうでしょう、ちょっと分かりづらいでしょうか?」

凛  「ううん、そんなことないよ。
    すごく分かりやすいタイトルだよ。
    だって、アーム・ジョーについての歌だっていうことが、すぐわかるもん」

海未 「ええ、噫無情なのです」

凛  「アーム・ジョーか。
    なんだか、カッコいい名前だね。
    ハリウッド映画の主人公みたい」

海未 「?」

凛  「?」

元スレ: 【SS】海未ちゃんVSアーム・ジョー

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:44:32.35 ID:+hgycykK.net
海未 「ハリウッド映画?
    まあ確かに、ドラマティックな出会いと別れを描いているという点では、
    通じるところがなきにしもあらず、かもしれません」

凛  「ナキニシモ・A-RISE?
    こんどの歌には、A-RISEも出てくるの?」

海未 「いえ、残念ながら、出てきません」

凛  「もー、海未ちゃん、わけのわからないこと言ってる。
    そうやって凛のこと、困らせるのはやめてほしいにゃー」

海未 「すみません、そんなつもりではなかったのです。
    でも確かに今回の歌詞は、ちょっと難解な表現があるかもしれません。
    分かりづらいところがないか、チェックしてもらっていいですか?」

凛  「うん、よろこんで!」

海未 「ありがとうございます。
    もっともっと訊いてください、『だってだって噫無情』のこと」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:45:07.29 ID:+hgycykK.net
凛  「えーと、それじゃあね。
    アーム・ジョーは、どんな人なの?」

海未 「人?
    人ではありません」

凛  「え、そうなの?
    凛はてっきり、腕がマッチョでダンディーなジェントルマンのことかと思ってた。
    人じゃないなら、いったい何なの?」

海未 「想い、ですかね」

凛  「重い?」

海未 「そうです、想いです」
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:46:24.09 ID:+hgycykK.net
凛  「うーん、それだけじゃ、うまくイメージできないな。
    何キロくらい?」

海未 「キロ?
    噫無情を、そういう単位で測ることはできないと思いますよ」

凛  「はかりしれないくらい重いのか……
    キングジョーみたいなものかな。
    じゃあ、体長はどれくらいなの?」

海未 「体調?
    『噫無情』と言う人の体調ですか?」

凛  「あれ、アーム・ジョーというのは、人なの?」

海未 「まあ人でしょうね」

凛  「でも海未ちゃん、さっき人じゃないっていったじゃない!」

海未 「『噫無情』は人ではなくて想いですが、『噫無情』と言うのは人なのです。
    どこかおかしなところがありますか?」

凛  「アーム・ジョーは人ではなくて重い。
    でもアーム・ジョーというのは、人である。
    うーん、むずかしいな。
    凛には、まだちょっとよくわからないな」
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:48:17.65 ID:+hgycykK.net
海未 「すみません、私の言葉が足りなかったみたいです。
    もうちょっと説明してみますね。
    ええと、何の話でしたっけ……
    ああそうだ、『噫無情』と言う人の体調の話でしたね。
    体調は……人それぞれでしょうね」

凛  「でも、だいたいこれくらいの体長、っていうのは言えるんじゃない?
    はかりしれないほど重いんだから、体長もそれなりだと思うんだけど」

海未 「うーん、『噫無情』と言うぐらいですから、体調はあまり芳しくないかもしれません」

凛  「カンバシー?
    もー、想像上の生き物を想像上の生き物で喩えられても、よくわかんないよ。
    もっとこう、具体的にイメージできるようにしてほしいな」

海未 「うーん、難しいですね。
    視覚的にいえば……まあ明るくはないでしょうから、薄暗いでしょうね」

凛  「臼ぐらい?」

海未 「ええ、薄暗いでしょうね」

凛  「臼ぐらいか。
    すごい想いって聞いてたから、どれくらいのものかと思ったけど……
    意外と小さいんだね」

海未 「?」

凛  「?」
7: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:49:45.19 ID:+hgycykK.net
海未 「えーと……まあ、そうも言えるかもしれません。
    ちっぽけかもしれませんが、でも、とても大事なのですよ」

凛  「そうなのか。
    アーム・ジョーは、とても大事なんだね。
    でも、どうして大事なの?」

海未 「よくぞ訊いてくれました。
    私たちの世界は、ときに、悲しみに満ちたものに思われます。
    そんな悲しみに直面するとき、私たちはときどき、口にするのです。
    『噫無情』と」

凛  「へー。
    悲しくなると、『アーム・ジョー!』と口にするのか。
    なるほど、凛、わかったよ!
    そしたらアーム・ジョーが、助けに来てくれるんだね!」

海未 「そうです。
    この世の儚さを嘆き悲しむ私たちの傍に、寄り添ってくれるのです」
8: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:50:19.10 ID:+hgycykK.net
凛  「それでアーム・ジョーは、悲しみをふきとばしてくれるの?」

海未 「いいえ。
    『噫無情』と口にしても、悲しみが消えるわけではありません。
    それでも、自分の気もちを言葉にするというのは、とても意味のあることなのです。
    悲しみが消えなくても、ささやかな慰めは得られるかもしれません」

凛  「そっか。
    アーム・ジョーは、凛たちのことを慰めてくれるのか。
    いい奴だにゃー、アーム・ジョー」

海未 「ふふふ、そうでしょう」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:51:12.45 ID:+hgycykK.net
凛  「でもアーム・ジョーは、どうして慰めてくれるの?
    それがお仕事なの?」

海未 「そうですね。
    それが『噫無情』と言うことの役割と言ってもよいかもしれません。
    間投詞みたいなものですね」

凛  「敢闘士?」

海未 「ええ、間投詞です。
    国語の授業で、習いませんでしたか?」

凛  「うーん、敢闘士……どうだったかな」
10: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:51:57.39 ID:+hgycykK.net
海未 「よい機会です。
    復習も兼ねて、国語辞典を引いてごらんなさい」

凛  「うん、わかった。
    ええと、敢闘、敢闘……」

【敢闘 かんとう】
:勇ましく闘うこと。

凛  「わー、カッコいい!」

海未 「そうですか?
    ……まあ、カッコいいなら、それに越したことはありませんけど」
11: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:53:02.28 ID:+hgycykK.net
凛  「なるほど、なるほど。
    海未ちゃんに教えてもらったおかげで、だんだん分かってきたよ。
    アーム・ジョーというのは、
    人のようで人ではなくて、
    はかりしれないほど重くて、
    臼ぐらいの体長で、
    悲しんでいる人のことを慰めてくれる、敢闘士なんだね」

海未 「ええと……私、そんなこと言いましたっけ。
    まあ間投詞みたいなものだということが分かってもらえれば、ひとまずはそれで十分です」
12: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:55:30.98 ID:+hgycykK.net
凛  「それじゃあ今度は、アーム・ジョーの歌がどんな歌なのか、もっと詳しく知りたいな。
    ヒーロー番組のオープニングみたいに、勇ましい歌詞なのかな」

海未 「うーん、勇ましい……そういうところもあると思いますが、少し悲壮感も漂います。
    これは、出会いと別れについての歌なのです」

凛  「なるほど、そうなのか。
    アーム・ジョーは、誰と出会うの?」

海未 「それは、聴いてくれる人の想像にお任せします。
    友人かもしれないし、恋人かもしれないし、あるいはほかの、たいせつな人かもしれません」
13: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:57:18.56 ID:+hgycykK.net
凛  「でもアーム・ジョーは、その人と別れなければいけないんだね」

海未 「そうです」

凛  「出会ったら、ずっと一緒にいることはできないの?」

海未 「そうできれば、いちばんよいのですが。
    残念ながら、この世界では、そういうわけにはいかないのです。
    出会いがあれば、それに応じて、別れがあるのです」

凛  「どうして?」

海未 「諸行無常、という言葉を、聞いたことがありませんか」

凛  「ショー・ギヨーム・ジョー?」

海未 「ええ、そうです。諸行無常です」

凛  「こんどは、いかついフランス系マフィアみたいな名前だね」

海未 「?」

凛  「?」
14: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:00:08.23 ID:+hgycykK.net
海未 「ええと……ごめんなさい。
    ちゃんと伝わっていなかったかもしれません。
    諸行無常って、聞いたことありませんか?」

凛  「うーん、初耳だけど、だいたい想像がつく気がするよ。
    ショー・ギヨーム・ジョーは、たぶんアーム・ジョーの親戚じゃないかな?」

海未 「親戚?
    ええ、まあ近しいものではありますね」

凛  「どんな関係なの?」

海未 「この世の諸行無常なさまを見て、私たちが、『噫無情』と呟くのです」

凛  「ショー・ギヨーム・ジョーは、『様』をつけるほど偉い人なのか。
    やっぱりマフィアのボスみたいな地位についてるんだね。
    それでもって、ショー・ギヨーム・ジョー様を見た凛たちが、アーム・ジョーと呟くんだね」

海未 「そうです」
15: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:00:59.18 ID:+hgycykK.net
凛  「そしたらアーム・ジョーが来て、凛たちを慰めてくれるんだね」

海未 「そのとおりです」

凛  「どうして慰めてくれるの?
    やっぱりショー・ギヨーム・ジョーが、おっかないやつだから?」

海未 「いいえ、諸行無常を、怖れる必要はありません。
    私たちの生きるこの世界が、そのまま、諸行無常なのですから」

凛  「この世界がショー・ギヨーム・ジョー?
    なにそれ、ちょっと怖いんだけど」

海未 「あら、そうですか?」
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:06:14.82 ID:+hgycykK.net
凛  「凛が座ってるこの椅子も、ショー・ギヨーム・ジョーなの?」

海未 「ええ、諸行無常なるものの一つです」

凛  「ひいー!」

海未 「大丈夫です、すぐに壊れたりはしませんから」

凛  「いやいや、ちょっとビックリだよ!
    それじゃあ、いま凛が着てるこの服も、ショー・ギヨーム・ジョーなの?」

海未 「そうですね。
    女の子らしくて可愛い服ですが、諸行無常なるものの一つです」

凛  「ひいー!」
17: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:07:17.65 ID:+hgycykK.net
海未 「それだけではありません。
    空を飛ぶ鳥も、野に咲く花も、すべて諸行無常なのです」

凛  「そんな……
    スズメさんも、スミレさんも、ほんとはそんなイカツイ名前だったなんて……」

海未 「怖れるには足りません。
    ただ、ありのままの姿を見つめればよいのです」
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:08:35.15 ID:+hgycykK.net
凛  「ということは、まさか、海未ちゃんも……」

海未 「そのとおりです。
    今はこうして、園田海未という姿で凛の前に立っていますが、これも仮の姿にすぎないのかもしれません。
    すべては移ろいゆくものですからね。
    何を隠そう、私も、諸行無常なるものの一つなのです」

フハハ、ついに見破ったな。
園田海未というのは、仮の姿。
何を隠そう、俺こそがショー・ギヨーム・ジョーなのさ。

そんな声が聞こえた気がして、凛はガタガタ震え出した。
どうしよう、海未ちゃんの正体が、そんなイカツイ名前のマフィアのボスだったなんて……
こんなときは、どうすればいいんだっけ?
ああそうだ、勇敢なヒーロー、かれの名前を呼べばいいんだにゃー!

凛  「アーム・ジョー!」
20: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:10:01.90 ID:+hgycykK.net
にこ 「どうしたの? 凛」

凛  「来た!」

にこ 「今、凛の悲鳴が聞こえた気がしたんだけど……」

凛  「にこちゃん……いや、アーム・ジョー!」
21: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:10:54.37 ID:+hgycykK.net
にこ 「にこは、そんなハリウッドの腕がマッチョでダンディーなジェントルマンみたいな名前ではないわ。
    ……ていうか誰よ、アーム・ジョーって」

凛  「よくぞ聞いてくれました。
    アーム・ジョーとは、人のようで人でなく……」

にこ 「ぬわんでよ!」

凛  「はかりしれないほど重く……」

にこ 「ケンカ売ってるの?」

凛  「臼ぐらいの大きさで……」

にこ 「もうちょっと大きいわよ!」

凛  「悲しんでいる人のことを慰めてくれる……」

にこ 「あれ? え、えーと……」

凛  「敢闘士!」

にこ 「敢闘士?」

凛  「あれー、にこちゃん、知らないのー?
    勇ましく闘う、スーパーアイドルのことだよ」

にこ 「おっ、それ、にこのことね」

凛  「ほらやっぱり!」
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:11:55.20 ID:+hgycykK.net
にこ 「そのとおり、可憐な黒髪ロングの美少女、矢澤にことは、世を忍ぶ仮の姿!
    あるときはプリティーなアイドル。
    またあるときも、プリティーなアイドル。
    その名も……ええと……」

凛  「アーム・ジョー!」

にこ 「そう、アーム・ジョーとは、にこのことニコ!」

海未 「?」

凛  「?」
23: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:12:42.08 ID:+hgycykK.net
にこ 「何、『イミワカンナイ』みたいな顔してんのよ!
    急にこんなことをやらされた私のほうが、もっと意味わかんないわよ!」

海未 「それが、私にも何が何だか」

凛  「にこちゃん、大変なんだよ!
    海未ちゃんの正体は、ショー・ギヨーム・ジョーだったんだよ!」

にこ 「いかつい名前ね……」
24: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:14:03.06 ID:+hgycykK.net
凛  「それを知った凛は、とっても悲しいんだよ!」

にこ 「まあいいんじゃない? 名前がいかつくても」

凛  「でも、外見も変わっちゃうみたいなんだよ。
    いまのキュートな海未ちゃんは仮の姿なんだって」

にこ 「なるほど……外見もいかつい可能性があるというわけね」

凛  「いかついくらいなら、まだいいんだけど……」

海未 「もう、凛、今まで私の言っていたことを理解しているのですか。
    諸行無常とは、いわば、形が無いことなのです」

にこ 「えっ、なにそれ怖い」

凛  「……こんなワケのワカラナイことを、のたまってるんだよ!」
25: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:14:59.11 ID:+hgycykK.net
にこ 「どうすれば海未は、もとのキュートな姿に戻るのかしら?」

凛  「よくわかんないけど……
    きっと、アーム・ジョーがどうにかしてくれると思って」

にこ 「それで私の名を呼んでくれたというわけね」

凛  「そういうわけだよ!」

にこ 「なるほど……事情はだいたい分かったわ。凛、海未。
    この宇宙ナンバーワンの戦士、アーム・ジョーが、なんとかしてあげる」

凛  「わー、にこちゃん、カッコいい!」
26: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:15:46.32 ID:+hgycykK.net
にこ 「さあかかってきなさい、ショー・ギヨーム・ジョー!
    私が、やっつけてやるわ!」

海未 「諸行無常とはいわば、この世の摂理なのです。
    やっつけるとかやっつけないとか、そういう問題ではないのです」

凛  「出た、最強宣言……もうダメだにゃ」
27: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:16:19.92 ID:+hgycykK.net
にこ 「いいえ、うろたえてはダメよ。
    それでも何か弱点があるはずよ!」

海未 「しかし、出会いがあれば別れもある。
    だからこそ、この世界から悲しみをなくすことはできないのです。
    そう、この世界は悲しみに満ちているのです」

にこ 「何か難しい言葉で、ラスボスっぽいこと言ってるわ!」

凛  「そうにゃ、そうにゃ!」
28: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:17:23.47 ID:+hgycykK.net
海未 「とはいえ、この歌詞をとおして伝えたかったのは、それだけではありません。
    別れても、また会える日を期して待つことはできますからね。
    そう、この世界は悲しみに満ちていますが、同時に、幸せを望んでもいるのです」

にこ 「何か難しい言葉で、ラスボスっぽいこと言ってるわ!」

凛  「わかる……いや、わからないにゃー!」
29: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:18:02.22 ID:+hgycykK.net
海未 「分かりませんか? 
    すみません。私の言葉が足りなかったのかもしれません。
    ただ私は、こう伝えたかったのです。
    あなたたちと出会えて嬉しい、と」

にこ 「ボス……」

凛  「ボス……」
30: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:19:56.29 ID:+hgycykK.net
海未 「だって、考えてもみてください。
    私たち、同じ学校に通っているとはいえ、学年はバラバラだし、最初は接点もありませんでした。
    それがいつのまにか、こうして出会い、ともに、ひとつのことを目ざすことができるようになりました。
    これって、すごく不思議なことだし……同時に、すごく素敵なことだと思いませんか」

にこ 「ジョー……」

凛  「ジョー……」
31: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:20:32.20 ID:+hgycykK.net
海未 「出会いがあれば、別れもあります。
    でも別れがなければ、そもそも出会うこともなかったでしょう。
    それを思えば、諸行無常も、それほど悪くはないでしょう?」

にこ 「海未……」

凛  「海未ちゃん……」
32: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:21:02.31 ID:+hgycykK.net
海未 「私、あなたたちと出会えて、ほんとうによかった」

にこ 「私もー!」

凛  「凛もー!」
33: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:21:32.46 ID:+hgycykK.net
こうして、にこちゃんと凛は、ショー・ギヨーム・ジョー……じゃなかった、海未ちゃんの胸に飛びこんだ。

にこ 「さほどフカフカしてない」

凛  「いまひとつヴォリュームが足りない」
34: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:23:09.26 ID:+hgycykK.net
海未 「ふふふ、そんな悪態も、存分につけばよいのです。
    あなたたちと出会えたおかげで、ひとつのことを目ざすことができるのは、とてもステキなことです。
    オマケにもう一つ、よいことがありました」

にこ 「何かな?」

凛  「何かにゃ?」

海未 「76」

凛  「75」

にこ 「74」

海未 「私、あなたたちと出会えて、ほんとうによかった……」

凛  「アーム・ジョー! やっちゃって!」

にこ 「オーケー、もぎとってやる!」
35: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 01:24:13.21 ID:+hgycykK.net
海未 「ふふふ、負けませんよ」

凛  「ショー・ギヨーム・ジョーに負けそうになったら、どうすればいいんだっけ?」

にこ 「悲しみだけじゃなくて、望みが……ほのかな望みがあればいいのよ!」

希  「いやー、今日もパンがうまい!」

海未 「76」

希  「90」

海未 「レ・ミゼラブル」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】海未ちゃんVSアーム・ジョー』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。