穂乃果「よーし、チョコ作るよ!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:23:04.30 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「うーん……」

穂乃果「……うーん。どうしようかなぁ」

ことり「あ、ホノカチャン♪」

穂乃果「……ん?おー、ことりちゃん!」

ことり「何か考えごと?」

穂乃果「あはは……。ごめんね、大したことじゃないんだ」

ことり「ふーん、そっかー」

元スレ: 穂乃果「よーし、チョコ作るよ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:30:03.63 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「そ、それで何か用事?」

ことり「今日のお昼は久しぶりにホノカチャンと2人きりで食べようと思ったんだ♪(邪魔者の海未ちゃんもいないし…)」

穂乃果「そうなの?わかった!私ちょっと買い物があるから。あとでね!」

ことり「うん♪じゃ、またあとでねー」

穂乃果「……さてと、チョコの材料買わないと。」

穂乃果「>>5にはじめて上げるチョコだし張り切って作るよ!」
5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:31:35.25 ID:iX0fzrle.net
お父さん
7: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:38:57.80 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「お父さんにはじめてあげるチョコだし張り切って作るよ!」

穂乃果「えっと……」

穂乃果「……うーん」

穂乃果「どうしよう、作ったことないから分かんない……」

ことり「穂乃果ちゃーん。お昼、食べよー?」

穂乃果「……」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「……違う。じゃあ、これかなあ……」

ことり「穂乃果ちゃんってばー」

穂乃果「……いや、これを入れて……」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「おおー!ことりちゃんいつの間に!!」

穂乃果(しまった…買い物に行けなかった…)

ことり「もう、さっきからずっと呼んでたんだよ!ドア開いてたから入って来ちゃった」

穂乃果「ごめんごめん、つい考え事してて…」
8: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:50:36.57 ID:PtRSGqoU.net
ことり(⁉︎これはもしかしてチョコの材料?)

ことり(そうか、私のために穂乃果ちゃんはチョコつくってくれようとしてたんだ!)

ことり(それでこんなに熱中して…//)

ことり「穂乃果ちゃん、もしかしてチョコ作りたいの?」

穂乃果「おお!ど、どうしてそれを!」

ことり「えへへ。材料見たらすぐ分かったよ!もうすぐバレンタインデーだもんね♪」

穂乃果「あはは。ことりちゃんにはお見通しか…」

ことり「それで誰にあげるの?」

穂乃果「それは…」

ことり「あっ待って!ことり、やっぱり聞かない。穂乃果ちゃんの大切な人だもんね♪」

穂乃果「うん♪大切な人なんた♪」

ことり(えへへ//でもことりは誰だか知ってるよ♪)

穂乃果「でも材料何入れたらいいかよくわからなくて」

ことり「もー穂乃果ちゃんレシピ見ないからだよ」

穂乃果「あはは。穂乃果そういうの苦手で……」

ことり「じゃあことりが作り方を教えてあげます!」

穂乃果「えっ、いいの?」

ことり「もちろんだよ!ことりの大好きな穂乃果ちゃんが大切な人に思いを伝えるのを手伝うのは当然だよ!」

穂乃果「ありがとう、ことりちゃん!」

ことり「じゃあ、お昼ゴハン食べたら、一緒に材料買いに行こ♪」

穂乃果「うん♪」
11: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:14:14.13 ID:PtRSGqoU.net
スーパーにて

穂乃果「……えっと材料は板チョコと…」

ことり「ところで、穂乃果ちゃんはどんなチョコを作りたいの?」

穂乃果「……えっ、どんなチョコと言うと?」

ことり「チョコの種類だよ!」

穂乃果「……種類?」

ことり「ブラウニーとかトリュフとか」

穂乃果「おおー!」

ことり「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「どうせだったら大きいチョコ作りたいな♪」

ことり「大きいチョコ?」

穂乃果「うん!大きいほうが想いが伝わる気がするんだ♪」

ことり(ことりは穂乃果ちゃんの手作りチョコならなんでも嬉しいけど)

ことり「じゃあガトーショコラなんてどうかな?」
12: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:15:02.12 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「おおー!チョコレートケーキ!いいね!」

ことり「よしじゃあガトーショコラで決まりだね!」

穂乃果「うん♪」

ことり「材料はチョコと…」

穂乃果「あれ?板チョコじゃないの?」

ことり「板チョコでもいいけど製菓用のクーベルチュールの方がカカオ分が高くてカカオ本来の味が楽しめるから、ことりはいつもこっちを使ってるよ」

穂乃果「おおー!ことりちゃん詳しいね!」

ことり「えへへ。ところで穂乃果ちゃんは自分で作ったのは食べないの?」

穂乃果「そうだねーせっかくだし一切れくらいは食べようかな」

ことり「うん♪その方がいいよ!」

ことり「お母さんに穂乃果ちゃん家に行くって電話するから先に会計済ましておいて」

穂乃果「うん、わかった」





ことり「……あっ、もしもし真姫ちゃん今暇?」

真姫「なーに、忙しいんだから手短にね」

ことり「サテュリオンって薬、真姫ちゃんの家にある?」

真姫「……何に使うつもり?」

ことり「えへへ。それは秘密です。穂乃果ちゃんの家にいるから大至急持ってきてね!」

真姫「何それ、イミワカンナイ!……って聞いてる?もしもーし……もう何なのよ!」
14: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:26:45.17 ID:PtRSGqoU.net
再び高坂家


穂乃果「よーし、じゃあ早速ガトーショコラ作るよ!」

ことり「穂乃果ちゃん、まず手を洗わないと」

穂乃果「おおー!そうだった」

穂乃果「……これでよしっと!じゃあ気を取り直して早速作るよ!」

ことり「うん♪」

穂乃果「」

ことり「」

穂乃果「……で、まずどうするの?」

ことり「湯煎だよ!」

穂乃果「ゆせん?」

ことり「お湯でチョコを溶かすんだよ!」

穂乃果「おおー!」

穂乃果「じゃあ、ボールにお湯を張って……これでよしっと」

ことり「……穂乃果ちゃん、何やってるの?」

穂乃果「え?お湯でチョコを溶かしてるんだよ?」

ことり「直接お湯に入れちゃダメだよ~!」

穂乃果「そうなの?」

ことり「ホノカチャン……」
15: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:35:40.24 ID:PtRSGqoU.net
ことり(結局ほとんどことりが作っちゃった)

穂乃果「ことりちゃん、上手だね!」

ことり「えへへ」

穂乃果「穂乃果のお嫁さんに欲しいぐらいだよ」

ことり「⁉︎」

穂乃果「ことりちゃん、どうしたの?顔真っ赤だよ?」

ことり「……ほ、穂乃果ちゃんがそんなこと言うからだよ//」

穂乃果「ん?それってどういう…」

ピンポーン

穂乃果「あれ、誰か来たみたい?……真姫ちゃん?」

真姫「お邪魔しまーす」

穂乃果「真姫ちゃん、突然どうしたの?」

真姫「どうしたのって……ことりから聞いてないの?」

穂乃果「え?ことりちゃんから?」

ことり「みんなで作った方が楽しいかな、っと思ってことりが呼んだんだ♪」

穂乃果「おお、そうだったんだ!上がって、上がって!」



ことり「真姫ちゃん、頼んでた薬持ってきてくれた?」

真姫「……持ってきたけど、これなんの薬?私も詳しく知らないんだけど」

ことり「えっへん、それは内緒です」

真姫「」
16: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:41:58.15 ID:PtRSGqoU.net
真姫「……なるほど、それでケーキを作ってるのね」

穂乃果「うん♪……って言ってもほとんどことりちゃんがやってくれたんだけどね」

真姫「穂乃果…」

穂乃果「あはは。」

ことり「後は焼いて粉砂糖をかけるだけだから2人とも座って待ってていいよ」

穂乃果「ことりちゃん、それは?」

ことり「えへへ、これは隠し味です!」

穂乃果「隠し味?」

ことり「うん♪とっても甘くて幸せな気持ちになれるんだ♪」
17: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:50:48.35 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「おおー!さすがことりちゃん♪ことりちゃんはなんでも知ってるんだね!」

ことり「何でもは知らないよ。知ってることだけだよ」

真姫「それは物g」

ことり「170°で40分にセットして、完了です!」

穂乃果「今から楽しみだね♪」



ことり(この媚薬を摂取すれば穂乃果ちゃんはことりのおやつになるんだ♪……もう海未ちゃんには邪魔されずに2人の愛を育める……//)

真姫「」
19: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:56:13.99 ID:PtRSGqoU.net
ことり「……じゃあ開けるね」

穂乃果「うん」

真姫「早くしなさいよ」

ピンポーン

穂乃果「あっ、>>20>>21だ!みんなで食べた方が楽しいかな、と思って呼んだんだ♪」

ことり「」
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:56:52.29 ID:oj0DZ7AT.net
にこ
21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 02:58:18.49 ID:Xdpczea6.net
花陽
22: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:05:24.17 ID:PtRSGqoU.net
花陽「お、お邪魔します!」

にこ「入るわよ」

穂乃果「今ちょうどケーキが焼きあがったんだ♪一緒に味見しようよ♪」

花陽「い、いいんですか、花陽なんかが頂いても」

ことり「そ、そうだよ!大切な人にあげる分がなくなっちゃうよ!」

にこ「…ことり、今穂乃果の大切な人って言った?ちょっと、穂乃果、それどういうことよ!何も聞いてないわよ!スクールアイドルとしての意識に欠けてるんじゃないの?アイドルはファンみんなのものであっt」

穂乃果「じゃあどうしようか?」

花陽「うーん……!」

真姫「花陽、どうしたの?」

花陽「>>23すればいいのではないでしょうか」
23: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:10:31.82 ID:r34uhYx+.net
ニコはスルー
24: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:16:49.80 ID:PtRSGqoU.net
にこ「ちょっとお、それどういうことよ!」

穂乃果「おおー!それ名案だね!」

花陽「えへへ」

真姫「なにこれ、イミワカンナイ」

ことり「」

にこ「じゃあにこは何しにここまで来たのよ」

真姫「いいわ、にこちゃんには私の分半分あげる。それでいいでしょ」

にこ「真姫…」

真姫「べ、別ににこちゃんのためにいったんじゃないんだからね」
26: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:25:48.37 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「よし、じゃあ切り分けて」

真姫「ところで穂乃果の大切な人って誰なのよ?」

ことり「!」

穂乃果「それはね」

にこ「それは?」

穂乃果「穂乃果のお父さん!」

ことり「えっ!」

穂乃果「お父さん、穂乃果たちを養うために毎日一生懸命働いてて、それでこんな日ぐらいはお礼したいなあって」

真姫「穂乃果…!」

花陽「花陽、感動しました!」

にこ「…穂乃果、あんたいい子ね」

ことり(そんな、どうしよう、このままじゃ近親相姦になっちゃうよお!ことりのおやつなのにー!)

穂乃果「じゃあ食べようか!」


ことりがどうするか>>28
28: 名無しで叶える物語(なっとう)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:30:30.40 ID:+v68VN7G.net
大胆な告白
31: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:41:42.01 ID:PtRSGqoU.net
ことり(近親相姦だけは避けないと)

ことり「ねぇみんな聞いて!」

穂乃果「ど、どうしたの急に!」

ことり「実はねことりこのケーキの中に媚薬を仕込んだの!」

穂乃果「び、媚薬!……って何それ」

花陽「穂乃果ちゃん…」

ことり「飲むとエッチな気分になっちゃう薬だよ!」

真姫「」

にこ「ことり、ちゃんと説明しなさいよ」

穂乃果「……ないよ」

花陽「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ことりちゃんがそんな酷いことするわけないよ!」

ことり「」

穂乃果「あはは。冗談だよねことりちゃん。もうみんな大げさだよ。穂乃果うっかり信じちゃうところだった」

ことり「」

真姫「」

花陽「そっそうだよね、ことりちゃんがそんなことするわけないよ!」

ことり「ごめん」ボロボロ

穂乃果「……ことりちゃん?」

ことり「ごめんなさいー!ことり、穂乃果ちゃんをことりだけのおやつにしたかったの!それでそれでーー」

花陽(ことりだけの…おやつ?)

ことり「ことりは穂乃果ちゃんのことがずっと好きで、それで、それでーー」

>>32>>34
32: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:43:09.07 ID:7DRh5Bbi.net
ことり
34: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 03:46:21.47 ID:g5aKDJp6.net
ことりのおやつになってください!
37: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:01:21.73 ID:PtRSGqoU.net
ことり「ことりのおやつになってください!」

真姫「は?」

花陽「???」

にこ「さっきからことりのおやつって何なのよ!」

穂乃果「」

ことり「ことりね、時々夢を見るの。」

にこ「夢?」

ことり「ことりのだいっすきな穂乃果ちゃんとおやつみたいに甘ーいこといーっぱいいっぱいするの。」

ことり「それでね、穂乃果ちゃんがことりの中にホットチョコレートみたいにドロドロになって入ってきて、最後は一緒になっちゃうの。穂乃果ちゃんとことりは2人でキャンデーみたいにとろけちゃうの。穂乃果ちゃんはことりだけのものなんだ」

にこ「」

花陽「」

真姫「……イミワカンナイ」

穂乃果「>>39
39: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:03:21.26 ID:5+OO72g6.net
怖いよ…
42: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:12:11.20 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「怖いよ…」

ことり「え?穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ことりちゃん、怖いよ!どうしちゃったの?なんかの冗談だよね?」

ことり「ことりはいつだって本気だよ?」

穂乃果「こんなの穂乃果が知ってることりちゃんじゃないよ!」ダッ

ことり「穂乃果ちゃん待って!行かないで!」

にこ「……ことり、いい加減にしなさいよ」ガシッ

ことり「にこちゃん、何するの!離して!穂乃果ちゃんのところに行かせてよ!」
43: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:19:37.78 ID:PtRSGqoU.net
にこ「あんた、穂乃果のこと好きとか言ってるけど、穂乃果の気持ちはどうでもいいわけ?親友に変な薬飲まされるところだった穂乃果がどれほど傷ついたのかわからないの?」

ことり「⁉︎」

にこ「親友に裏切られる辛さ、分かるでしょ!」

花陽(にこちゃん、μ'sに入るまでずっと一人だったからそれで…)

ことり「ことり、穂乃果ちゃんに酷いことしちゃった……謝らないと…」

にこ「今はそっとしておくべきよ」

真姫「そうね。私の責任でもあるし私も後で一緒に謝ってあげるわ。」

花陽「え?真姫ちゃんの責任?」

真姫「あの媚薬用意したの私なの。ちゃんと確認しておくべきだったわ」

にこ「このケーキどうする?穂乃果のお父さんにあげるわけにもいかないし」

花陽「はわわわ。いい匂い!このケーキは目の毒です!!」

真姫「……そうね。早めにどうにかしないと」

>>45「ごめんごめん!遅刻しちゃった!もうケーキできちゃった?」
45: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:22:06.24 ID:FViKKNp5.net
のんたん
46: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:30:49.18 ID:PtRSGqoU.net
にこ「希!どうしてここに?」

希「うちも穂乃果ちゃんに呼ばれたんよ。あれ?穂乃果ちゃんはどこ行ったん?」

真姫「ちょっと色々事情があってね」

ことり「」シュン

希(どうやら色々訳ありそうやね。ここはうちが場を盛り上げな)チラッ

希「美味しそうなケーキやん!」

にこ「あのね、希、そのケーキはね、」

希「一切れもらうで」

真姫「いや、その、ちょっと話を」

花陽「えっとですね、その、いや、えっと」

希「みんなの分は取らんから心配せんでええで!じゃあいっただきまーす」

花陽「モウタベチャッタノオ?」

にこ「あーあ」

真姫「……もう知らない」クルクル

ことり「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」

希「⁉︎」

にこ「どうしたの?」

希「>>47
47: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:33:26.83 ID:2MVeeFCX.net
にこっち…///
48: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:51:53.78 ID:PtRSGqoU.net
にこ「⁉︎」

真姫「希、まさか……」

希「なんやろ。さっきからにこっちを見てると下半身がむずむずしてくるん」

真姫「ちょっとにこちゃんはわたs」

花陽「ふ、ふしだらかです!」

にこ「ちょっ……」

希「にこっちのほっそーい体をだきしめたくなってくるん」

真姫「な、何言ってるのよ!」

希「にこっちの唇に吸い寄せられて……」

にこ「えっちょっとなんなのよこれ」

希「にっこちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」ギュッッッ

にこ「く、苦しいにこ」

希「にこっちにこっちにこっちにこっちにこっちにこっちにこっちにこっちにこっちにこっち」ギュゥゥ

花陽(なんという効き目……完全に理性が吹っ飛んでる……)

希「にこっちとの終わらないパーティが始まるぅぅぅぅぅぅ」

ことり「ゴメンナサイゴメンナサイ…」

真姫「っく!!!こうなったら>>50するしかないわ!」
50: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 04:59:20.94 ID:PAC4B3QK.net
私も食べて参加
56: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:40:56.56 ID:PtRSGqoU.net
真姫「こうなったら私も食べて参加するしかないわ!」

にこ「ま、真姫ちゃん⁉︎」

真姫モグモグ

花陽「どうしてこうなったのおおおおお???」

真姫「にこちゃぁぁぁぁぁぁぁん」

にこ「く、苦し、ま、真姫ちゃんまで」

真姫「にこちゃんかわいいのおとおおお!!!!!私もにこちゃんと終わらないパーティしたいいいいいいいい!!!!!かわいいにこちゃんお持ち帰りしたいのおおおおおおおお!!!!!!」

にこ「な、なんなの?」

真姫「にこちゃん大好き!にこちゃんとエッチしたい!というか我慢できないからここでやっちゃう!!!!」

にこ「え?」
57: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:43:16.78 ID:PtRSGqoU.net
希「それ、ええやん♪」

花陽「ち、ちょっと待って!こ、ここ穂乃果ちゃんの家だよ???」

真姫「そんなの私たちの愛の間には関係ないわ!!!誰も私たちの愛を止められない!!!」

にこ「み、みんなが見てるのよ」

希「むしろみんなにうちらの愛の力を見せつける絶好の機会やん♪」

にこ(ど、どうしてこんなことに……)

希「にこっっっちーーーー!」ギュゥゥ

真姫「にこちゃん大好き!」ジリジリ

花陽「あわわわわ……ど、どうすれば?」

ことり「ゴメンナサイゴメンナサイ…」
58: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:46:45.59 ID:PtRSGqoU.net
希「にこっち、うち、大好きなんよ」

チュッ

にこ「⁉︎」

ジュルジュルジュルジュル……

にこ「んんん⁉︎」

真姫「希ばかりにこちゃんのファーストキス頂くなんてずるい!私は下の方の唇を頂くわ」

にこ「や、やめ」

真姫「やめてほしいの?」

クチュッ

にこ「んあっ!」

真姫「にこちゃんのここはしたいって言ってるわよ?」

にこ「だ、だめっ……ゆ、許して……」

希「にこっちは何も悪いことしてないんやから謝ることないんよ」ジュルジュルジュル

真姫「そうよ、ただ私たちと一緒に輝夜の城で踊りあかせばいいの」クチュクチュクチュ
60: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 13:05:52.43 ID:PtRSGqoU.net
にこ「ひゃっ⁉︎あっ……やめ…なさ……んあ、ふぁぁぁ⁉︎」

真姫「にこちゃんのユメノトビラがすごいことになってる」クチュクチュ

希「にこっちの控えめおっぱいの感度ええんやね♪」ワシワシ



ことり「はあ、はあ。みんなことりのせいで!!!でも手が止まらない!!!」クチュクチュ

花陽「ダレカタスケテー!」

穂乃果「ごめんごめん、つい取り乱して。ちゃんと確認しなかった穂乃果も悪かったよ」エヘヘ

穂乃果「……何これ」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!こ、これはその」

にこ「んんん……んあ……んあ………」

希「どう?うちのテクニックの前ではどんな女の子も淫乱になるんよ♪」

真姫「にこちゃんばっかり気持ちよくなってズルい!今度は私が気持ちよくなる番よ」
62: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 13:12:06.49 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「」

花陽「こ、これはその」

ことり(パンツ履かないと……)

穂乃果「私も食べる」

花陽「⁇」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「もとはと言えばことりちゃんに手伝ってもらった穂乃果が悪かったの」

ことり「ホノカチャン!」

穂乃果「それに……」

花陽「それに?」

穂乃果「穂乃果、今まで自分の気持ちに嘘ついてたの」
63: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 13:28:06.99 ID:PtRSGqoU.net
穂乃果「さっきね、ことりちゃんの気持ち聞いたとき、穂乃果なんか胸がドキドキしちゃって」

ことり「穂乃果……ちゃん?」

穂乃果「それで動揺して逃げちゃったの」

穂乃果「私、無意識のうちに思い込んでたんだ。女の子同士で可能性を感じちゃダメだって」

花陽「……あれ?」

穂乃果「でも今3Pしてる3人を見てやっと分かったの。愛の前には何も障害はない!
愛の前に越えられない壁はない!女の子同士だからって愛し合っちゃいけないなんて決まりはどこにもないんだってことにね!」

花陽「ドウシテコウナッタノオ⁇」

ことり「ことりも食べる!一緒にスイートホリデーを送ろうね!」

ことりモグモグ

穂乃果モグモグ

花陽「こ、これを凛ちゃんに食べさせれば、凛ちゃんは永久に私のもの……よ、用事を思い出したので花陽はここで失礼します」ダッ

真姫「終わらないパーティ始めるよー!」


64: 名無しで叶える物語(海底遺跡)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 13:30:02.77 ID:PtRSGqoU.net
================================================
数時間後

穂乃果父「こ、このケーキはもしや穂乃果が俺のために?」

穂乃果父モグモグ

穂乃果母「あなた……?」

穂乃果父「…//」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「よーし、チョコ作るよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。