真姫「つ、ついに私もμ'sの一員なのね」

シェアする

真姫-アイキャッチ10
1: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:09:05.66 ID:nhBvyV1D.net
真姫(花陽が勇気を出してスクールアイドルを始めることを決意してμ'sに入った)

真姫(私も一緒に引っ張られてそのままμ'sに入ることになっちゃったけれど……)

真姫(ついに私もμ'sなのよね……。歌は得意だからいいけど、ダンスなんてできるかしら)

真姫(………………)

真姫(今更弱気になっても仕方ないわ!もう私はスクールアイドルなんだもの!)

真姫(今日から6人で練習が始まる。ちょっとは気合入れないとね)

真姫(とりあえず部室に集合って聞いたケド……)



真姫(あっ、あれは……)

穂乃果「おはよう、真姫ちゃん!」

元スレ: 真姫「つ、ついに私もμ'sの一員なのね」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:09:48.53 ID:nhBvyV1D.net
真姫「あ、……おはよう」ボソ

穂乃果「今日から真姫ちゃんもμ'sの一員だねっ!」

穂乃果「いや~、ついに6人にまで増えるなんて……」シミジミ

真姫「あ、あの、他の2人は……?」

穂乃果「花陽ちゃんと凛ちゃんのこと?先に部室に来てるよ」

真姫「そ、そう」

穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんも待ってるからね」

真姫「もうみんないるのね」

穂乃果「うん。だから真姫ちゃんもすぐ部室に案内するね」

真姫「ええ」

穂乃果「よーし、じゃあ部室へ行こう!」
4: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:14:51.12 ID:nhBvyV1D.net
~部室~

凛「…………」ジー



16×55=



凛「…………」ジー

ことり「…………」モグモグ

ことり(あ~ん!マカロンおいし?)

花陽「♪」シャカシャカ

花陽(A-RISEの新曲……。今までにない良いサウンドだなあ!)♪~
5: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:17:04.30 ID:nhBvyV1D.net
凛「………………」ボー チラ

凛「なんか外天気いいしさあー」

凛「1日くらい勉強しなくたってさあー。何か今日は乗り気じゃないにゃ~」

海未「あのですね、凛」

海未「あなたは立派です」

海未「自分の方から『授業についていけてないから教えてくれ』なんてなかなか言えるもじゃあありません」

海未「そして『九九』だってちゃんと覚えたじゃあないですか…」ナデナデ

海未「教えたとおりやればできます。あなたならできるんですよ」

凛「うん!」コク

16×55=
6: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:19:11.79 ID:nhBvyV1D.net
16×55=

海未「いいですか、6かける5はいくつです」

凛「6かける5は…ろくご……」

凛「ろくご、えと……」

凛「30?」

海未「そうッ!やっぱりできるじゃあないですか!もう半分できたも同然ですよ!」

凛「そーかッ!ろくご30ねッ!よしッ!」カキカキ

ことり「…………」モグモグ

ことり「!」

ビキビキ
7: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:20:11.77 ID:nhBvyV1D.net
ことり「おい!何のマネだこりゃあ~~~!?」バン

海未「?」

海未「何ってチーズケーキですよ。ことりが選んだんじゃあないですか。差し入れに切り分けてあるので、食べたければそこから選んでください」

ことり「チーズケーキだっつーのは見りゃあわかる!チョコケーキでもなきゃあイチゴケーキでもないからな」

ことり「それにこのチーズケーキはオレが頼んだしな」

ことり「そうじゃあねえ―――――ッ!!ケーキが『4つ』なんだ!」

ことり「このオレに死ね!っつーのかッ!!」

海未「…………………………」

海未「『4切れ』で足りませんか?もっと食べたいのですか?」

ことり「知らねーのかッ マヌケッ!『4つ』のものからひとつ選ぶのは縁ギが悪いんだ!」
9: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:22:39.97 ID:nhBvyV1D.net
ことり「5つのものから選ぶのはいい!3つのものから選ぶのもいい!だが『4つ』のものから選ぶと良くないことが起こるんだ」

ことり「ガキのころ近所で子猫が4匹生まれて、ペットにと1匹もらったヤツがその猫に目ン玉ひっかかれて片方失くしたのを知っている」

ことり「もちろんその猫はあとで殴り殺されたがね……」

海未「そんなの迷信ですよッ!」

海未「冷静に考えて1個ずつケーキが減っていったら、誰かはいずれ『4つの中』から選ぶハメになるんですよ!」

ことり「そこなんだッ!こーゆー場合は切る人が気を利かせて3個にすべきなんだ…………!!」

ことり「あの店、サービスがなってねえぜッ!」グッ

海未「もうォ~~~~、じゃあ食べなきゃいいでしょォ~~~~」

ことり「チーズケーキが食いてーんだよッ、オレはッ!!」

凛「………………」カキカキ
11: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:26:26.42 ID:nhBvyV1D.net
パン

凛「やったーッ!解けた!終わったよ海未ちゃーん!………どう?」ペラ

海未「ン、できましたか。……どれどれ」

16×55=28

海未「……………………」

海未「何ですかこれ………?」

凛「へへへ? 当たってる?」

海未「」ブンッ

ザグゥッ

凛「あぎゃァァァ――――――ッ」ブランブラン
13: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:27:42.18 ID:nhBvyV1D.net
海未「このチンピラが!オレをナメてんのかッ!何回教えりゃあ理解できんだコラァ!」メシメシ

凛「アアアググ!」メシメシメシッ

海未「ろくご30ってやっておきながらなんで30より減るんだこの………」

海未「クサレ脳ミソがァ――――ッ」ガシッ

ドグシャアアアア

ことり「あ~あ、切れた切れたまた」

花陽「………………」ズズ… ゴクゴク

花陽(紅茶おいしい)

ガバッ ピシィッ!

海未「ウッ!」
16: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:30:28.85 ID:nhBvyV1D.net
凛「何だと………クサレ脳ミソって言ったな…~~~。人を見下す言い方はよくない!」

凛「殺してやる。殺してやるぜ~~~海未」

海未「この野郎~~ッ」

ガチャッ

穂乃果「てめーらッ!何やってんだ―――ッ!」バタァ―――ン

穂乃果「昨日入った新しい仲間を連れてきた!西木野真姫だ!!」

ことり「!!」

海未「…………………」

凛「…………………」

花陽「…………………」
19: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:33:14.15 ID:nhBvyV1D.net
穂乃果(全員『スタンド使い』だ。チームの仲間ではあるが…その『能力』の真の力はかなり信頼されてなきゃ見せないけどもね)

真姫(……………ふぅん)

真姫「西木野真姫よ。よろしく」

ゴゴゴゴゴゴゴ…

凛「ごめんね海未ちゃん」

海未「私のほうこそ許してください。凛」

凛「うん。凛一生懸命勉強するよ。だからまた教えてね」

海未「ええ」

ことり「………………」ズズズ ゴクゴク

花陽「♪」シャカシャカ
22: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:34:27.90 ID:nhBvyV1D.net
穂乃果「おいお前らッ!この高坂穂乃果が連れてきたんだ!愛想よくしろよッ!」

ことり「!」

花陽「……………………」ジョロジョロ

花陽「……………………」ジョロジョロジョロ ホカホカ

海未「!」

凛「!」

凛(かよちん……自分の『尿』をティーポットの中に入れているにゃ)

花陽「………………」ジョロンジョロン 

ピッピッ

花陽(ふぅ――ッ)
23: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:35:32.97 ID:nhBvyV1D.net
花陽「いいですとも。真姫ちゃんだっけ?」

花陽「立っているのも何だからここ座りなよ。私の淹れるお茶でも飲んで………話でもしようや」ジョボジョボ

ことり「……………」

海未「……………」

花陽「さあ飲みなよ。あんた歳いくつ?」トン

真姫「15よ」ギシッ

凛「15?なぁ~~~~んだオレと同い年だぜ…」

真姫「いただくわ」カチャッ

スッ

真姫「うっ!」
24: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:36:17.95 ID:nhBvyV1D.net
真姫(何よこのニオイッ!!まさかこれオシッコ!?)ガタ

「…………」

穂乃果「花陽ちゃん、私も1杯もらっていい?」

花陽「ごめんね穂乃果ちゃん。別で用意してくれないかな…?」

穂乃果「?」

真姫「……………」ブルブル

花陽「どうした?お前はオレがわざわざ注いでやったそれをいただくと言ったんだぜ」

花陽「いただくと言ったからには飲んでもらおうか。それともヌルイから飲むのはいやか?」

海未「ブフォッwwwww」

凛「クスクス…。へへへ」
25: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:37:05.67 ID:nhBvyV1D.net
ことり「仲間になりたくねーから飲みたくねーんじゃねーの?」ニヤ

穂乃果「?」

穂乃果「何やってんだオメーらッ!」

真姫「………」

グイィィ――――ッ

「えッ!」

真姫「」ゴクゴクゴク

カチャ

ことり「うそだろッ!オイッ!」

凛「うわお!バッチィッ!飲みやがったこいつッ!」
27: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:40:11.12 ID:nhBvyV1D.net
海未「違うッ!飲んでるわけではありません!?」

凛「ねえどうやったの?」

海未「どこに隠したのですか?」

ことり「わはは!お前面白いな!本当に飲んだのか教えてくれよ!オレにだけな!」

真姫「さあ……。みんなだって『スタンド』を秘密にしてるんでしょう?」

「!!」

真姫「……………」

真姫(本当は普通に飲んだッ!!)

穂乃果(よくわからんが、西木野真姫……、こいつには何か音楽の才能があるらしい)



←To Be Continued.
28: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:40:28.95 ID:nhBvyV1D.net
おすまいです
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「つ、ついに私もμ'sの一員なのね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。