理事長「マネーの虎」

シェアする

ことりママ-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:15:09.23 ID:jjLLW7Ic.net
理事長「マネーの虎」

理事長「本日も様々な野心をもった志願者たちが、皆さんのビッグマネーを頼りに、集まってきています」

理事長「恐れ入りますが、皆さんの本日の所持金を、テーブルの上に出して頂けますか」



安価直下
μ'sキャラ 5人出るまで

元スレ: 理事長「マネーの虎」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:17:01.27 ID:ngLoqe8f.net
ことり
3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:17:45.56 ID:CJRd0jst.net
のぞみ
4: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:18:13.91 ID:zlDLU3Vw.net
まきちゃん
5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:18:42.31 ID:ki6AY/+2.net
穂乃果
6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:21:19.97 ID:e6w3EZe8.net
にこにー
11: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:27:30.10 ID:jjLLW7Ic.net
ことり「・・・」ガサガサ

希「・・・」ガサッ

真姫「・・・」ガサッ

穂乃果「・・・」ザッザッ

にこ「・・・」



理事長「・・・それでは早速、本日の志願者を呼んでみましょう。どうぞ!」


志願者(μ'sで)
>>14   
14: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:35:57.40 ID:XHpXT5J4.net
絵里
16: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:39:31.26 ID:jjLLW7Ic.net
絵里「失礼するわぁ!」

ことり「・・・」

希「・・・」ジーッ

真姫「・・・」

穂乃果「・・・」

にこ「・・・」


理事長「・・・まずこの番組の鉄則を説明します」
17: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:44:38.33 ID:jjLLW7Ic.net
理事長「皆さんの投資の合計額が、貴方の希望に一円でも達しなかった時、この話は不成立です」

絵里「・・・」

理事長「もう1つ。例えマネーが成立しても、この場での発言に嘘、偽りがあった場合、その後に不成立となります」

絵里「はい」

理事長「それでは、いくらを、希望しますか?」


希望額
1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目は×100)
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:47:41.00 ID:ngLoqe8f.net
おっ
20: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:50:24.38 ID:jjLLW7Ic.net
絵里「1億円よ」

理事長「そのお金の使い道は」



絵里「>>21
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:51:35.04 ID:sP5X+jq2.net
レズバーを開店
23: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 23:56:13.93 ID:jjLLW7Ic.net
絵里「レズバーの開店資金よ」



― レズバー 開業資金 1億円欲しい ―

金髪ロシアクォーター女性実業家  年齢非公表
24: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:04:29.21 ID:/pOQYLml.net
穂乃果「レズバー・・・?って、なに?」

絵里「・・・まず、レズビアンとは何かを皆さんは知っているでしょうか」

穂乃果「うーん、知らないなぁ」

真姫「・・・」クルクル

希「今となっては、結構常識やね」

穂乃果「えっ?」

絵里「知らない社長さんもいるみたいなので、説明すると、女性の同性愛者のことです」

穂乃果「ど、同性愛!?へぇ~・・・」

絵里「それで、レズビアンたちが集まるバーのことを、レズバーと呼ぶんです」
25: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:09:49.72 ID:/pOQYLml.net
穂乃果「なるほどねぇ。そのレズビアンって人は、たくさんいるの?」

絵里「はい、潜在的にはたくさんいます」

穂乃果「っていうのは?」

絵里「日本は、同性愛に対する理解がまだまだですから。あまりオープンにしてない人が多いんです」

穂乃果「なるほどねぇ~」

にこ「・・・あんた自身もレズビアンなわけ?」

絵里「・・・・・・はい」

テーーーーン

ことり「・・・」

希「・・・」
27: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:14:30.71 ID:/pOQYLml.net
にこ「じゃあ、今回の事業も、そういうところから発想がきてるのかしら?」

絵里「そうですね。自分自身が、こういうところがあったらいいなという思いで、やろうと思いました」

希「でもすでにレズバーなんてあるやん?それじゃ何かあかんの?」

絵里「はい。今の規模のレズバーでは、私の夢が叶えられないんです」

にこ「あんたの夢ってなに?」

絵里「日本総レズ化計画」


テテーーーーーーーン


にこ「・・・」
29: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:21:42.59 ID:/pOQYLml.net
穂乃果「にほんそーれ・・・?」

希「日本中の女の子をレズにするってことやんな?」

絵里「そうですね」

真姫「それはあくまで貴方の理想よね?」

絵里「・・・いえ。いつかは実現したい、夢です」

真姫「・・・あのね。日本中の女の子が皆レズになったら、子供はどうするのよ」

絵里「愛があれば女の子同士でも子供はできます」

真姫「そんな根性論みたいなことじゃなくて、科学的なことを言ってるのよ」

絵里「IPS細胞で、女の子同士でも近い将来子供はできるはずです」

真姫「はずです、じゃないわよ。貴方、今回の投資額分かってるの?1億よ」

絵里「・・・はい」

真姫「1億ものをお金を投資するには、全てに完璧な根拠がなきゃ、とてもじゃないけど無理よ」
30: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:25:27.14 ID:/pOQYLml.net
絵里「・・・」

真姫「だから最初に言ったのよ。貴方がさっき言ったのは、あくまで理想よね?」

絵里「はい・・・あ、いいえ!違います!」

真姫「・・・話にならないわ。もうこの時点で、ね」

ことり「まぁまぁ。その夢っていうのは、今回の事業で実現したいものじゃないかな?」

絵里「・・・」

ことり「あくまで、人生の最終目標っていうか。そういう意味で夢って言ったんだと思うよ」

絵里「・・・そうですね。そう捉えて頂ければ」

ことり「あんまり、そこに突っ込んでも仕方ないと思うなぁ」

真姫「・・・」クルクル
31: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:31:41.20 ID:/pOQYLml.net
希「それにしても、1億かけて、そのたいそうな夢の実現を目指すわけやろ?」

絵里「はい」

希「で、今のレズバーではその実現が無理ってことは、今考えてるレズバーっていうのは圧倒的な差別化がされてるってことやんな?」

絵里「そうですね」

希「それだけ言うってことは、他社が簡単には真似できないくらいの差別化があるってことやん?」

絵里「えっ」

希「聞かせてもらおうかな。その差別化のポイントを・・・」

絵里「・・・はい。私のレズバーの特別なところは・・・>>32
32: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:34:25.20 ID:/+ydA+u7.net
スクールアイドルが店員
35: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:52:15.12 ID:/pOQYLml.net
絵里「スクールアイドルが店員をしているところです」

希「スクールアイドル・・・現役高校生のアイドルを使うってこと?」

絵里「はい」

穂乃果「なるほど!確かに、今スクールアイドルって、すごく流行ってるし、注目を浴びるかも」

希「どうしてスクールアイドルを店員にしようと思ったん?」

絵里「それは・・・私自身が、スクールアイドルだったからです」

テーーーーン

にこ「・・・」
36: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 00:56:14.76 ID:/pOQYLml.net
希「あなたが高校生の時、スクールアイドルだった?」

絵里「はい。・・・正直、最初はお遊びにしか見えませんでした」

にこ「・・・」

絵里「ですが、一緒にやっていたメンバーの真剣さ、その活動に賭ける想い・・・そういうのを感じたとき、本気なんだって思ったんです」

希「なるほど。それで、何故スクールアイドルを店員にしようと?」

絵里「元々、スクールアイドルは女子だけで活動することもあって、レズが多いですから」

希「あーそうかもね」

絵里「そして、あのスクールアイドルが持つパワー。あれを是非、レズバーで発揮してもらいたかったんです」
38: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:00:01.03 ID:/pOQYLml.net
希「なるほど・・・結構面白そうやん!」





レズビアンという告白をした志願者に対し、明らかに興味を寄せる東條




・・・しかし、一人の虎が、この後猛烈に志願者に噛みつく






にこ「あんたは今、全てのスクールアイドルを侮辱してんのよ!」
40: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:10:41.93 ID:/pOQYLml.net
東條 希

株式会社『スピリチュアルのんたん』 代表取締役社長

年商20億円   占いハウス経営

自身のスピリチュアルパワー一つで莫大な利益を叩きだし、世界中の占いの概念を変えた

占い業界の風雲児は、一体どのようなものに身銭を切るのか






『うちの占いで投資するべきって出たら・・・お金出すしかないやん?』
41: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:16:36.66 ID:/pOQYLml.net
矢澤 にこ

株式会社 『矢澤プロダクション』 代表取締役社長

年商70億円  アイドルプロデュース

奇しくも志願者同様、スクールアイドルをやっており、現在も自身のアイドル活動とプロデュースを両立している矢澤

この後、志願者と激しくぶつかり合う








『どんなときもー、にっこにっこにー!って笑っていられる、強い心を持った人にならお金を出すにこっ!』
42: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:23:58.78 ID:/pOQYLml.net
希「やっぱり、スクールアイドルのパワーって凄いんかな?」

絵里「それはもう。休みも返上して、毎日練習するわけですから」

穂乃果「やっぱり皆ラブライブに出たいもんねぇ」

絵里「はい。そして・・・そういう一生懸命な環境だからこそ、メンバーの関係性が深まるんです」

希「それは、友情とは違うんかな?」

絵里「もちろん、友情で留まるケースもあります。・・・ただ、驚くほどその先へ進む人は多いんです」

ことり「それは経験談?」

絵里「・・・」
45: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:33:52.90 ID:/pOQYLml.net
希「まぁ、そういうことがあるっていうのは分かった。でも、あくまでスクールアイドルやろ?」

絵里「そうですね」

希「そんな子が、レズバーなんかで働いてくれるん?」

絵里「まさにその『レズバーなんか』って概念を覆すのが目的ですから」

希「・・・というのは?」

絵里「先ほども言った通り、日本は同性愛に対する風当たりが強いですから。レズバーも、汚らわしいってイメージがありますよね?」

ことり「うーん、私はそうは思わないけどなぁ」

絵里「でも、世間一般はそうなんです。だから私は、そういった考えから変えていきたい」

希「なるほど・・・夢の実現の一歩ってわけやね」
46: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:39:33.98 ID:/pOQYLml.net
絵里「もっとレズバーが、メディアとかで取り上げられる、メジャーなものになれば、自然とそういう考えもなくなると思うんです」

希「そのために、スクールアイドルを、ってこと?」

絵里「はい。ご存じの通り、スクールアイドルは今や日本中で大ブームですから」

希「確かに。スクールアイドルが店員さんをやってたら、レズ関係なくお客さん入るやろうね」

ことり「でも、男の人は入れないんだよね?それって集客の面ではどうなのかなぁ?」

絵里「スクールアイドルは、女性のファンも男性ファンと同じくらい多いですから。だから、スクールアイドルが店員なんです」

希「でも、レズじゃない女の子も、スクールアイドル目当てで来ちゃうことになるんやない?」

絵里「はい。それも狙いです。そういう子には、レズバーでレズの素晴らしさを知ってもらう。そういうコースを考えています」

ことり「コースがあるんだ?」
47: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:46:24.72 ID:/pOQYLml.net
絵里「はい。ヴァージンからディープまで、5段階のコースを用意して、それに応じた接客サービスを提供します」

希「それも貴方の考える差別化のポイント?」

絵里「はい。お客様に合った、レベルの高いレズサービスの提供を行います」

希「うーん、いいやん!うちも行きたいわ」

にこ「・・・」

希「そうやね・・・とりあえず、1000万円、出そうかな」

理事長「東條さん、1000万円で?」

希「うん。とりあえずね」




ピカーーーン

現在1000万円

希望額まで あと 9000万円
48: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:49:16.80 ID:/pOQYLml.net
絵里「ありがとうございます」

希「まぁ後は、もうちょっと話を聞いてからやね」

真姫「・・・」クルクル

ことり「・・・」

穂乃果「・・・」

にこ「・・・あのさ」

絵里「はい」

にこ「さっきレベルの高いサービスって言ってたけど、それってスクールアイドルたちにそういう教育をするってことよね」
49: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:53:29.19 ID:/pOQYLml.net
絵里「えっと・・・まぁそうですね。教育みたいなこともすると思います」

にこ「いやあんた言ってたレベルの高いサービスを提供するには、まずそういう教育は絶対必要でしょ?前提として」

絵里「あ、はい」

にこ「その教育のカリキュラムっていうのは出来てるわけ?」

絵里「そうですね、出来てます」

にこ「どういうカリキュラム?」

絵里「最初は、簡単な接客技術から初めて・・・最終的には、レズセックスを教えます」

にこ「なるほどね。それって、少なからずアイドルの練習の時間がとられるわよね」
51: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 01:59:36.81 ID:/pOQYLml.net
絵里「それは・・・」

にこ「あんたさっき言ってたわよね。スクールアイドルは、休みも返上して練習してるって」

絵里「・・・」

にこ「そんなスクールアイドルに、どうしてレズバーなんかで働く暇があるのか教えてもらえる?」

絵里「レズバーで働いてる時間っていうのは、必ずしも、彼女たちにとって無駄な時間ではないんです」

にこ「どうして?レズセックスがスクールアイドルの何に役に立つの?」

絵里「それは・・・スタミナとかが・・・」

にこ「スタミナだけならもっといい練習方法があるわ」

絵里「・・・」

にこ「あのね。もうちょっと考えて喋ってくれないと・・・薄っぺらいわ」
52: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 02:05:38.03 ID:/pOQYLml.net
にこ「大体あれでしょ?これ、要するにあんたの夢のために、スクールアイドルを利用するってことでしょ?」

絵里「そんなことはないわ!私は、良かれと思って・・・」

にこ「残念だけど、私も昔、スクールアイドルだったのよね」

絵里「えっ・・・」

にこ「いい?あんたは今、全てのスクールアイドルを侮辱してんのよ!」

絵里「・・・」

にこ「こんなレズバーなんかにかまけられるほど、スクールアイドルは生半可は気持ちで活動していないわ」

絵里「わ、私はあくまでスクールアイドルのために・・・」

にこ「あのね。私人を見る目持ってんのよね。取り繕ってることなんて、すぐばれるのよ」

絵里「・・・はい」
53: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 02:09:27.35 ID:/pOQYLml.net
希「ウチはええと思うけどな?別にスクールアイドルを利用したって」

テテーーーーーン

にこ「・・・」ギロッ

希「・・・」

絵里「・・・」

希「結局、事業なんやし。儲かるなら、やれることはやるべきやん」

にこ「・・・」

希「・・・」




明らかに意見が対立する東條と矢澤



・・・この後、ある虎の一言で、事態は急展開を迎える!




真姫「・・・これ、法律家に確認してあるの?」
60: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 03:30:58.33 ID:/pOQYLml.net
高坂 穂乃果

株式会社 『穂むら』 代表取締役社長

年商15億円  和菓子屋チェーン経営


現在のまんじゅうブームは、秋葉原に群がるこのお店から始まった

僅か1代で実家の和菓子屋を全国に名の知れるチェーンへとのし上げた若き実業家は

気分屋だけにこの後まさかの投資もあるかも







『事業に必要なのはお金よりもファイトだよっ!』
61: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 03:37:02.98 ID:/pOQYLml.net
南 ことり

株式会社 『ミナリンスキー』 代表取締役社長

年商17億円  メイド喫茶経営




自らデザインした独創性あふれるコスチュームで、一気にメイド喫茶をブレークさせた立役者

現在もメイドとして振る舞う彼女は今回の志願者にも好印象を抱いている様子

この後、残りの全額出資か





『ことりは~、可愛い子だったら、すぐにお金出しちゃいますっ♪』
62: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 03:46:19.66 ID:/pOQYLml.net
西木野 真姫

私立『西木野総合病院』  院長

年商 非公表   病院経営



患者を治療する一方、自ら患者を創りだすという永久機関を創りだした医療業界のパイオニア

斬新すぎる病院運営を行う若きカリスマ医師の一言で、この後事態は大きく揺れ動く








『しっかりと自分のビジョンとそこへたどり着くまでの道筋が描けてる人に、お金を出したいわね』
63: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 03:49:57.62 ID:/pOQYLml.net
真姫「・・・ちょっといいかしら?」

絵里「はい」

真姫「これ、法律家に確認してあるの?」

絵里「え?法律家・・・ですか?」

真姫「えぇ。だってスクールアイドルってことは、高校生を働かせるわけでしょ?」

絵里「そうですね」

真姫「高校生がレズバーなんてところで働いたら、犯罪になるんじゃない?」

絵里「いえ・・・それは、大丈夫です」
64: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 03:56:07.33 ID:/pOQYLml.net
真姫「大丈夫っていうのは?弁護士か誰かが言ってるのかしら?」

絵里「いえ、弁護士には聞いてませんが・・・」

真姫「じゃあ何を根拠に大丈夫って言ってるの?」

絵里「そこのところはしっかり線引きをして・・・」

真姫「どうやって線引きするのかしら?さっき、レズセックスがどうとかっていう話も出てたけど」

絵里「あ、あれは、あくまでコースの一貫って話で・・・高校生にはやらせません!」

真姫「どうかしらね。実際に警察が立ち入ってきたときに、その言い訳が通じるかしら」

絵里「・・・」
65: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 04:00:31.85 ID:/pOQYLml.net
ことり「・・・あのね。私たちも、メイド喫茶をやってるんだけど、その辺には凄く気を遣ってるんだ」

絵里「・・・」

ことり「高校生のバイトの子もいるから、少しでも疑われるようなことはしないように、気を付けてるの」

真姫「いい?事業をするうえで、リスクは確かにつきものよ。でも・・・背負わなくていいリスクは、極力除かないといけない」

絵里「・・・」

真姫「特に、貴方の場合今回1億も投資しようとしてる。なのに、こんな目に見えたリスクを放置してるなんて・・・私に言わせれば論外ね」

絵里「・・・」

ことり「・・・」

穂乃果「・・・」

希「・・・」

にこ「・・・」
66: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 04:05:36.31 ID:/pOQYLml.net
理事長「そろそろ、皆さんの最終ジャッジを頂こうと思うのですが・・・最後に何かありますか」

絵里「・・・私は!レズは何ら恥じることではないと思ってるわ!そして、それを広めたいという熱意。

    それだけは、誰にも負けない自信がある!投資していただければ、絶対にハラショーな思いをさせます!

    だから、お願いします!」

ことり「・・・私も、自分の理想の空間を作りたくて、こういう仕事してるから、気持ちはよく分かるよ」

絵里「はい」

ことり「でも、もうちょっと冷静になって、額も事業内容も見直すべきかな。ちょっと今のままだと、危なくて投資はできないよ・・・」

絵里「・・・分かりました」

真姫「・・・」

穂乃果「・・・」
67: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 04:14:19.25 ID:/pOQYLml.net
希「ウチは、この企画自体は好きやよ。面白し、実際あったらウチも行きたいって思う」

絵里「ありがとうございます」

希「・・・でも、ちょっと今回は、内容の詰めが甘かったかな」

絵里「あ・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

希「1億っていう、大金を使うからには、完璧なくらい詰めていかないと」

絵里「・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

希「もうちょっと、冷静になって、事業を見直して欲しいかな。ごめん、ノーマネーや」
68: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 04:18:42.74 ID:/pOQYLml.net
ファァァァン↓  ファァァァァン

絵里「・・・」

にこ「・・・」ニヤニヤ

ファァァァァ↑ ファァァァァン ファァァァン!


理事長「・・・この時点で、皆さんからの合計額が、貴方の希望額に達しなかったので」

絵里「・・・はい」

理事長「今回は、ノーマネーで、フィニッシュです」

絵里「・・・」

理事長「・・・最後に、何か、一言あれば」



絵里「・・・認められないわぁ!」




おしまい
89: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:15:06.94 ID:kpFZjAlt.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長

6人目は志願者
90: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:15:37.29 ID:jbYMdlOI.net
91: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:18:15.39 ID:nYd5qiQH.net
にこ
92: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:18:58.76 ID:JTO7TwwI.net
海未
93: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:20:03.76 ID:gLZjpfS4.net
生徒会長エリチカ
94: 名無しで叶える物語(西日本)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:21:34.58 ID:lvTDo85i.net
花陽
95: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:22:25.14 ID:EdFI+qHC.net
まきちゃん
98: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:35:50.46 ID:kpFZjAlt.net
ガチャ

真姫「・・・」スタスタ

凛「・・・」

にこ「・・・」ジーッ

海未「・・・」ジーッ

絵里「・・・」

花陽「・・・」

理事長「いくらを、希望しますか」



1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
99: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:38:14.33 ID:e6r/1Yun.net
はい
100: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:41:12.02 ID:kpFZjAlt.net
真姫「3300万円」

理事長「そのお金の使い道は」

真姫「>>101
102: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 21:44:58.40 ID:2WMv5/an.net
2連続ゾロ目w

安価なら病院の開業費
110: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 22:29:53.14 ID:kpFZjAlt.net
真姫「私にしかできない病院の開業資金として使います」




― 専門病院 開業資金 3300万円欲しい! ―

 現医師   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
112: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 22:34:38.60 ID:kpFZjAlt.net
花陽「病院・・・。それはつまり、あなたは今お医者さんということ、ですか?」

真姫「はい」

花陽「実際に診療をされているんですよね・・・。何科をご担当されているんですか?」

真姫「私は内科医です」

花陽「なるほど。ということは、今回開業する病院っていうのは、内科病院のことですか?」

真姫「そうですね。一般的には、そうなります」

花陽「先ほどおっしゃられた、私にしかできない、ってところが気になるんですけど、一体どんな病院なんでしょうか」
113: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 22:42:44.12 ID:kpFZjAlt.net
真姫「はい。皆さんは、西木野症候群という病をご存知でしょうか」

にこ「・・・」

凛「・・・」

花陽「・・・知らないです」

真姫「私の可愛さ・美しさに魅了され、私のことが好きになりすぎて、おかしくなってしまう病のことです」


テーーーーン


海未「・・・」

絵里「・・・」
116: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 22:48:04.81 ID:kpFZjAlt.net
花陽「・・・それは精神病、みたいなものなんでしょうか・・・」

真姫「そうですね。そうとも言えるかもしれません」

花陽「それが、あなたの病院とどう関係してくるのでしょう」

真姫「はい。この西木野症候群を治せる医者は、世界でただ一人、私だけです」

テテーーーーン

凛「・・・」

真姫「今回、、私が開業したいのは西木野症候群に罹った患者専用の病院なんです」

花陽「なるほど・・・。それで、貴方にしかできない病院ということなんですね」

真姫「はい」
117: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 22:59:33.98 ID:kpFZjAlt.net
海未「・・・恥ずかしながら、私はその西木野症候群という名前を初めて聞いたのですが、そんなに患者がいらっしゃるんですか?

真姫「そうですね。そんなにいます」

海未「具体的に、どういった症状が現れるのでしょう」

真姫「まず、四六時中私のことを考えるようになります」

にこ「・・・」

真姫「そして、定期的に『まきちゃん』と呟くようになり、奇声も発するようになるんです」

海未「それは・・・恐ろしい病ですね」

絵里「だけど貴方は内科医よね?精神科医でない貴方に、それを治せるのかしら?」
118: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:09:24.08 ID:kpFZjAlt.net
真姫「はい。むしろ、普通の精神科医ではこの病は治せません。本当に私にしか癒すことができないんです」

絵里「へぇ・・・それは、どうして?」

真姫「私が、西木野真姫だから」


ピカーン ドッドッドッドッド

絵里「・・・」

海未「・・・」



正体不明の病を口にし、それを治せるのは自分だけと豪語する志願者

聞いたことのない病名に虎たちは疑いの色を隠せない

しかしこの後、ある虎が強力に志願者を後押しする!
120: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:17:37.28 ID:kpFZjAlt.net
凛「患者がどうのって言ってるけど、要するにファンだよね?」

真姫「いいえ。患者です」

凛「今の話を聞いてると、単にファンとしか思えないけど?」

真姫「これは病気なんです。放っておくと、日常生活に支障が及びますから」

凛「・・・猛烈なファンなら、その子のことを考えすぎて現実がおろそかになるなんて、よくある話だにゃー

真姫「違います!・・・よく知りもしないで、適当なことを言わないでもらえますか?」

凛「・・・!」

ピキキーン

真姫「・・・」

凛「・・・」
122: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:23:27.17 ID:kpFZjAlt.net
にこ「まぁ、確かに猛烈なファンの人の言動とか行動って、病気よね」

真姫「はい」

にこ「私は分かるわ、そういうの」

凛「・・・」ジロッ

にこ「どうしてこの病院を開業しようと思ったの?」

真姫「はい。今は普通の病院で内科医をしているんですが」

にこ「普通のっていうのは、大病院?」

真姫「いえ、パ・・・、父のやっている病院です」
123: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:27:54.47 ID:kpFZjAlt.net
にこ「なるほど。お父さんの病院で今は働いているわけね。それで?」

真姫「働き始めて2年くらいたったあたりから、私のことを指名してくる患者さんが、絶えなくなったんです」

にこ「それは、貴方の腕がよかったからとかじゃなくて?」

真姫「残念ながら違います。私の腕は、父に比べればまだまだですから」

にこ「そう」

真姫「それに、私を指名する患者さんのほとんどが、大したことのない病気だったんです」

にこ「・・・例えば?」
124: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:32:35.18 ID:kpFZjAlt.net
真姫「ちょっと喉が痛いとか、鼻水が出るとか・・・酷いと、転んで擦りむいた、なんて人もいました」

にこ「・・・なるほどね。何か理由をつけて、貴方に観てもらいたかったってことね」

真姫「はい。もちろん、一応来院頂いている以上、大切な患者様なので、丁寧に対応はしますが・・・」

にこ「・・・」

真姫「ただ、このままだと私のせいで父の病院に迷惑がかかってしまうと思ったんです」

にこ「それで、新しく、自分の病院を作ればいい、そう思ったわけね」

真姫「はい」

にこ「なるほどね・・・」
127: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:38:25.77 ID:kpFZjAlt.net
真姫「・・・」

にこ「・・・事業って、内容とかももちろん大事だけど、それ以上に大切なのが、人なのよね」

真姫「はい」

にこ「人を惹きつける魅力。オーラ。そういうのがある人が、成功する。というか、そういうのがある人しか、成功しない」

真姫「・・・」

にこ「今話してて、あんたからはそういうものを感じたのよね。まだ、それが何かは分からないけど・・・」

絵里「・・・」チラッ

にこ「だからとりあえず、あんたのそのオーラに、1000万円投資するわ」トットット




ピカーーーン

現在1000万円

希望額まで あと 2300万円 
129: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 23:43:06.54 ID:kpFZjAlt.net
理事長「矢澤さん、1000万円で」

にこ「えぇ。とりあえずね。後を出すかは、このオーラの正体が何か・・・それ次第かしらね」

真姫「・・・はい。ありがとうございます」

凛「・・・」

海未「・・・」




矢澤が早くも1000万円を投資

更にこの後、志願者の魅力に惹かれ、あの虎も金を出そうとは・・・
142: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 21:58:45.79 ID:DTyGvAco.net
矢澤 にこ

株式会社 『矢澤プロダクション』 代表取締役社長

年商70億円  アイドルプロデュース



ご存じアイドル界を牽引するプロデューサー、矢澤にこは苦労人だけに生半可なプランを許さない

しかし、今回早くも1000万円を投資し、追加出資もありうる

矢澤も志願者の魅力に囚われ、西木野症候群の患者となってしまうのか
143: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:01:03.32 ID:DTyGvAco.net
小泉 花陽

株式会社『Heaven』 代表取締役社長

年商25億円  米トータルプロデュース



自社農園栽培米を用い、『おにぎりかよちん』を始めとした様々なレストランを経営

その拘りぬいた米によって日本中の食を牛耳らんとする飲食業界の異端児小泉も

この後西木野症候群の患者となってしまう・・・
144: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:08:12.79 ID:DTyGvAco.net
絵里「西木野症候群専門の病院ということだけれど、結局どのように治療するのかしら?」

真姫「まず言っておくと、この病を私の力で完治させることはできません」

絵里「どういうこと?」

真姫「この病には、自然治癒しか治療法がないんです」

絵里「時間が経つと、治るということかしら」」

真姫「はい。もっとも、個人差が大きく、死ぬまで治らない人もいますけど」

絵里「・・・」

真姫「ですから、私は患者の症状を少しでも和らげるお手伝いをする、ということになります」
145: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:11:43.04 ID:DTyGvAco.net
絵里「完治するまで、定期的に通院して頂く、ということね」

真姫「はい」

絵里「それで、その症状を和らげるとは、どういったことをするのかしら?」

真姫「色々ありますが、一番はやはり、罵ってあげることですね」

テーーーーン

凛「・・・」

海未「・・・」

絵里「・・・どうしてそれが、症状を和らげることに繋がるのかしら?」

真姫「患者の皆さんが、私に罵られることを望んでいるからです」
148: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:17:07.67 ID:DTyGvAco.net
凛「そんな馬鹿な話ないにゃ」

真姫「馬鹿な話かどうかは、実際に患者の方を見てみればわかることです」

凛「・・・その話が本当だとして、あなたは人を罵ってお金をもらうってこと?」

真姫「そうなりますね」

海未「・・・非常に不健全なビジネスですね。私は認められません」

真姫「ですが、実際に、それで患者の皆さんは救われるわけですから」

海未「一時的に救われるだけでは?結局、何度もお金を払って通院する必要があるわけですよね?完治させることはできないのに」

真姫「それは・・・」

海未「私に言わせれば、悪質な宗教団体みたいなものですよ。詐欺です、このビジネスは」
149: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:27:03.60 ID:DTyGvAco.net
真姫「そんなことはないわ!実際、私が罵ってあげた患者は、凄く幸せそうに帰っていくもの!」

海未「本人たちはそう思っても、客観的には全くそう見えないという話をしているんです」

真姫「・・・患者だけじゃないわ。私がこの病院を開業すれば、周りの人も救われるのよ!」

にこ「・・・どういうこと?落ち着いて話してもらえる?」

真姫「・・・今、普通に来院されている患者さんも、西木野症候群の患者も、同じように父の病院へ来られるんです」

にこ「うん」

真姫「でも、西木野症候群の患者は、私に会う理由を適当につけて来ているだけなので、非常に軽い症状を訴えてこられるんです」

にこ「それは・・・普通に病院へきている人からすれば、いい迷惑ね」
152: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:31:35.09 ID:DTyGvAco.net
真姫「はい。私がいることで、病院は混雑し、本来早く診察すべき患者さんも後回しになってしまう」

にこ「・・・」

真姫「このままでは父に迷惑がかかってしまうと思って、それで私は、新たな病院の開業を決めたんです」

にこ「なるほどね・・・」

真姫「すみません、熱くなってしまって・・・」

にこ「ううん。熱くなって当然だと思うわ。自分のビジネスが詐欺なんて言われたんだもの。怒っていいわよ」

プワンプワンプワンプワーン!

海未「・・・!」ギロッ

凛「・・・」

にこ「・・・」
153: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:37:26.93 ID:DTyGvAco.net
花陽「・・・いいですか?」

真姫「はい」

花陽「今まで話を聞いてて、なんか、全然掴みどころのない話だなって思ったんです」

真姫「・・・」

花陽「私は西木野症候群とか聞いたことないし、どんな病気かも、正直全然ピンときてません」

真姫「はい」

花陽「でも・・・あなたがすごく熱意を込めて、一生懸命に話してるのを見て、多分お話は全て本当なんだろうなって思いました」

真姫「はい。全て本当のことです」
154: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:41:57.66 ID:DTyGvAco.net
花陽「だったら私は、貴方は投資する価値のある人だなって思ったんです」

テテーーーン

海未「・・・」ギロッ

にこ「・・・」

花陽「ただ、具体的なところが全然見えないので、全額は出せません」

真姫「・・・」

花陽「だから、私が出せるのは・・・これくらいかな」トンッ



ピカーーーン

現在 1500万円

希望額まで あと 1800万円 
155: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:44:27.98 ID:DTyGvAco.net
理事長「小泉さん、500万円投資ということでよろしいですか?」

花陽「はい。私が出せるのはここまでです。後は、他の社長さんたちを説得できるか・・・ですね」

真姫「はい。ありがとうございます」

海未「・・・」

凛「・・・」

絵里「・・・」





矢澤に続き、小泉も500万円を投資

次に投資をするのは、一体どの虎なのか・・・
156: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 22:58:32.33 ID:DTyGvAco.net
星空 凛

株式会社『Miracle Bell』 代表取締役社長

年商6億円  ラーメンプロモーション


ありとあらゆるメディアを用い、日本中のラーメンへ歯に衣着せぬ批評を行うラーメン業界の核弾頭

業界から恐れられるラーメン舌を持つこの女も、今回の志願者には困惑気味だ
158: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:13:08.53 ID:DTyGvAco.net
園田 海未

株式会社『ラブアロー』 代表取締役社長

年商102億円   日本舞踊振興団体





園田流家元の身ながら、自ら日本舞踊を振興させる会社を設立した行動派

剣道・弓道など武道にも精通し、曲がったことを許さない園田は今回の志願者を一刀両断するが、

この後まさかの心変わりがあるか・・・?
160: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:19:16.86 ID:DTyGvAco.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル




様々な業界に精通し、多くの会社の経営を成功へ導いた経営のプロフェッショナル

常に鋭い指摘を行う絢瀬だが、今回はやけに大人しい

しかしこの後、絢瀬の一言から、マネー成立へ大きく動き出す!
161: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:23:16.59 ID:DTyGvAco.net
絵里「今回の話は、お父様に既にされているのかしら?」

真姫「はい」

絵里「どういった反応だったの?」

真姫「・・・反対されました」

絵里「それはどうして?」

真姫「やっぱり、パ・・・父は私に病院を継いで欲しかったみたいで」

絵里「でも、お父様も貴方の影響で病院の運営に支障が出ていることは、分かっているはずよね?」

真姫「はい。それで、なんとか説得しようとしたんですが・・・」
162: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:28:58.48 ID:DTyGvAco.net
絵里「できなかったのね?」

真姫「・・・かなり、強情なので」

絵里「なるほど。・・・ところで、この3300万円という額なのだけれど」

真姫「はい」

絵里「病院の開業資金にしては、安すぎるんじゃない?それとも、西木野症候群の為の病院なら、そんなに費用は必要ないのかしら?」

真姫「あ、それなんですが・・・実は、父から、いくらか援助をもらっているんです」

にこ「え!?」
163: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:33:10.55 ID:DTyGvAco.net
絵里「・・・貴方、さっきお父様には反対されたって言ってなかった?」

真姫「はい。ただ、やるやらないは私の意思だから、と、援助は出すと言ってくれたんです」

にこ「・・・いいお父さんをお持ちね」

海未「お父様からはいくら頂いたのですか?」

真姫「1億円」

テーーーン

海未「・・・」

にこ「・・・」

絵里「・・・」
165: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:36:06.72 ID:DTyGvAco.net
絵里「それは逆に、多すぎるのではないかしら?」

凛「そのお金だけで、開業できるんじゃないかにゃ?」

真姫「やろうと思えばできます。ただ、それだとダメなんです」

にこ「何が?」

真姫「西木野症候群の患者の数と、それを収容するだけの坪数。そして設備を考えると、どうしても後3300万必要なんです」

にこ「・・・」

絵里「・・・それはちょっと贅沢なんじゃない?」

凛「うん」
167: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:40:50.00 ID:DTyGvAco.net
絵里「世の中で事業を始める人のほとんどが、何かしら妥協をして開業しているのよ」

真姫「・・・」

絵里「条件が悪い中で、なんとか頑張って、少しずつ事業を大きくしていく。これがセオリーなのよ」

真姫「はい・・・」

絵里「どんな家庭で育ったのか分からないけど・・・少し甘えすぎじゃないかしら」

真姫「・・・」

絵里「少なくとも、私は、もうこれ以上はどうしようもないって人に投資したいと思ってるから・・・ごめんなさい」
168: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:42:51.48 ID:DTyGvAco.net
花陽「・・・あのね。私も最初、ほんとお金がなくって」

真姫「・・・」

花陽「リアカー引いて、おにぎりを売ってたんだ」

凛「・・・」チラッ

花陽「どんなにみすぼらしくても、味には絶対自身があったから、それで、なんとか頑張って・・・」

真姫「・・・」

花陽「それで、今の成功があるの。・・・だから、貴方にも、小さいところから頑張るってことを、知って欲しいな」

真姫「・・・はい」
170: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:45:39.47 ID:DTyGvAco.net
理事長「・・・そろそろ、皆さんに最終決断をして頂きたいんですが、矢澤さん」

にこ「・・・他の社長さんが話したことと、真逆のことになっちゃうけど」

真姫「・・・」

にこ「私は、別に貴方は小さいとこから始める必要なんてないと思う」

花陽「・・・」ギロッ

絵里「・・・」ギロッ

にこ「だって、貴方は自分に凄く自信があって、それだけのお金を投資しても、絶対成功できるって思ってるのよね」

真姫「はい」
172: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 23:50:11.23 ID:DTyGvAco.net
にこ「だったら、最初からお金をかけて、大きくやったっていいと思うわ、私は」

真姫「それは、お金をお出しして頂けるということですか?」

にこ「・・・全然お出ししないわ」

真姫「ヴぇえ・・・」

にこ「それだけ自信があるのなら、こんなところに来なくたって、簡単にお金を集められるはずよ」

真姫「・・・」

にこ「それだけの大きい病院を作っても採算が取れるだけの、患者がいるんでしょ?」

真姫「はい」
175: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 00:00:01.30 ID:okRTJZ6v.net
にこ「だったら、そいつらから寄付を募ればいいじゃない。3300万くらい、すぐ集まるはずよ」

真姫「患者から・・・ですか」

にこ「私は、あんたならそれができると思う。だから、今日お金は出さないわ」

真姫「・・・」

にこ「ここで私がお金を出すのは簡単よ。・・・だけど、きっと数年後、あんたは自分で後悔するわ」

真姫「え・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

にこ「あんたはプライドが高そうだから・・・なんで自分一人の力でやらなかったんだろうって思うでしょうね」
176: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 00:02:00.76 ID:okRTJZ6v.net
真姫「・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

にこ「だから、今日は出さない。でも、応援はしてるわ。頑張って」

真姫「・・・」

花陽「・・・」

ファァァァァ↑ ファァァァァン ファァァァン!

絵里「・・・」

凛「・・・」

海未「・・・」
177: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 00:05:00.82 ID:okRTJZ6v.net
理事長「・・・この時点で、皆さんからの合計額が、貴方の希望額に達しなかったので」

真姫「・・・」



―― ノーマネーで、フィニッシュです ――


真姫「・・・」

理事長「最後に何かあれば」

真姫「・・・ここで言われたことを胸に、自分の力で、絶対に病院を開業してみせます」

にこ「・・・」

理事長「・・・頑張って」





おしまい
184: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:29:22.20 ID:okRTJZ6v.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長

6人目は志願者
185: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:34:02.85 ID:lPfzVSV0.net
海未
186: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:34:24.00 ID:oezTOa+/.net
穂乃果
187: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:35:41.11 ID:4wtCLWIv.net
真姫
188: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:37:35.94 ID:6atNhmSF.net
絵里
189: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:39:09.98 ID:MklgKQGU.net
ことり
190: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:39:11.27 ID:nkJprPgC.net
191: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:42:47.99 ID:okRTJZ6v.net
ガチャ

希「失礼しまーす」

海未「・・・」

穂乃果「・・・」

真姫「・・・」

絵里「・・・」

ことり「・・・」




理事長「いくらを、希望しますか」


1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
192: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:44:02.51 ID:xMcrlwpZ.net
ほい
194: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:47:06.57 ID:okRTJZ6v.net
希「510万円です」

理事長「510万円ですね」

希「はい」

理事長「そのお金の使い道は」

希「>>195
196: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:48:07.40 ID:eLr84bAk.net
ごめん
占いの館
197: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:51:46.02 ID:okRTJZ6v.net
希「占いの館の、開業資金にします」




― 占いの館 開業資金 510万円欲しい! ―

 占い師   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
216: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 22:35:24.69 ID:KoEwgzIb.net
穂乃果「占いの館・・・占いをするってことかな?」

希「そうですね」

穂乃果「ってことは、貴方は占い師さん?」

希「はい」

ことり「へぇ~。今もお客さん相手に占いしてるの?」

希「はい。まぁ、駅前とかでちょろっとやってるだけやから、お店とかはないんですけど」

穂乃果「なるほど。よく当たるの?」

希「それはもう、恐ろしいくらい」

海未「・・・」

真姫「・・・」
217: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 22:38:40.86 ID:KoEwgzIb.net
穂乃果「へぇ~、穂乃果も占って欲しいなぁ」

ことり「それで、今回は、どうしてお金が必要なのかな?」

希「先ほども言った通り、今は駅前で細々と占いしているだけなので、もっと本格的にビジネスとして、占いをしたいなと」

ことり「ふむふむ~。でも、今も占い屋なんてあるよね?それとは、どこが違うのかな?」

希「はい、私の占いが他と違うところ、それは・・・>>218
218: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 22:41:24.67 ID:O4SEw36T.net
簡単には帰れない
220: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 22:54:29.67 ID:KoEwgzIb.net
希「ウチの占いは、簡単には帰れないんです」

穂乃果「・・・簡単には帰れない?迷路みたいになってるってこと?」

希「いいえ。正確には、お客様が、簡単に帰ろうとしないんです」

ことり「・・・どうして?」

希「ウチの占いが、当たりすぎて、あれもこれも、次々と占って欲しくなってしまうんです」

穂乃果「それは・・・すごいね」

希「ウチはこれを、スピリチュアルスパイラルと呼んでいます」

テーーーーン

真姫「・・・」

海未「・・・」

絵里「・・・」
221: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:05:23.62 ID:KoEwgzIb.net
ことり「それは、実際に今やってる占いで、そうなってるの?」

希「はい。駅前なんて、外やし、いろんな人に見られる。そういう環境にも関わらず、何時間も居座るお客さんが何人もいらっしゃいます」

穂乃果「ほえ~。凄いね」

ことり「それはやっぱり、貴方の言うことに説得力があるから、留まっちゃうんだよね?」

希「そうですね。事実しかいってませんから」

ことり「占いって、やっぱり、目に見えないもので、私たちには判断できないんだけど・・・他の人に比べても、当たるの?」

希「正直に言って、ウチの占いより当たる占いは存在しないと思います」
223: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:12:15.10 ID:KoEwgzIb.net
ことり「凄い自信だね。どうしてそこまで言い切れるのか、聞いてもいいかな?」

希「ウチには確固たる事実が視えるんです。事実が視えるんやから、外れようがないですよね?」

ことり「事実が視えればそうだけど・・・でも貴方の想像って可能性はないのかなぁ?」

希「ありません。事実です」

穂乃果「・・・」

ことり「・・・うーん、そこまで言い切られると、本物かもって思っちゃうなぁ」

希「・・・」

ことり「もし貴方の言っていることが本当なら、投資したくなっちゃいますよね」

トゥン!テレレレレン・・・

海未「・・・」
225: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:15:50.22 ID:KoEwgzIb.net
ことり「その、帰らないお客さんっていうのは、具体的にどれくらいいるのかな?」

希「人数ですか?」

ことり「ううん、時間」

希「そうですね・・・最長で、一日中いたこともあります」

ことり「一日中・・・何時から何時まで?」

希「朝10時から、夜10時まで」

ことり「ずーっと駅のところで?」

希「はい」

穂乃果「ほへぇ~」
226: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:27:42.91 ID:KoEwgzIb.net
絵里「ちょっといいかしら」

希「はい」

絵里「ビジネスとしての話をしたいのだけれど、まず、料金体系はどうなっているのかしら?」

希「1項目への占うごとに、20000円を考えています」

穂乃果「2万円!?占いって、普通そんなもんなの?」

希「普通よりちょっと高いかもしれませんが、ウチの占いは当たりますから」

ことり「考え方次第だよね~。貴方の言うことが本当で絶対に当たるなら、安いと思うなぁ」
227: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:30:58.39 ID:KoEwgzIb.net
絵里「ちょっと驚いたのだけど、時間あたりの料金体系じゃないのね」

希「はい、違います」

絵里「でも、占うのは貴方一人よね?」

希「はい」

絵里「そして、コンセプトはお客様が長居してしまうような占い」

希「はい」

絵里「にも関わらず、時間を度外視した料金設定というのは、ちょっと見通しが甘くないかしら」

希「・・・」
229: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:34:16.71 ID:KoEwgzIb.net
絵里「例えば、1項目の占い結果に対して、詳細に質問してきた場合、そこに追加料金は発生するのかしら?」

希「いえ。あくまでそこは2万円にコミで考えています」

絵里「だとしたら、1項目で何時間も使う可能性があるわけよね」

希「はい」

絵里「長居してしまうというコンセプトは、確かに占いの信ぴょう性を裏付けるものになるかもしれないわ」

希「・・・」

絵里「ただ、同時に回転率を犠牲にしている。だとしたら、そこは時間当たりの料金設定で、補うべきじゃないかしら」

希「・・・」
230: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:43:03.06 ID:KoEwgzIb.net
絵里「今駅前で細々とやっている分にはそれでいいけど、これから店舗を持ってビジネスするなら、しっかり利益のことも考えないと・・・」

ことり「でも、時間あたりの料金設定にしたら、お客さんが時間を気にしちゃうよね?」

絵里「・・・」ジロッ

ことり「そもそも、簡単に帰れないような占いのお店ってコンセプトなのに、それを揺るがすような料金体系はどうかなぁ?」

絵里「コンセプトよりも、利益が大切じゃないかしら。これはビジネスなのだから、一日あたりの単価と来客数を計算して・・・」

ことり「もう数字のことはいいよ」

トゥン!テレレレレン・・・

絵里「・・・」ギロッ

ことり「・・・」
231: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:48:23.48 ID:KoEwgzIb.net
ことり「・・・数字のことは、いいんだけど。問題は、貴方の占いの信頼性だと思うの」

希「はい」

ことり「今までの、占いが当たった例を、挙げてもらってもいいかなぁ?」

希「分かりました。例えば・・・>>232


※占いで何を当てたか
232: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 23:49:53.79 ID:lc1/4Ws0.net
円安
237: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:02:28.51 ID:XDK3SdbW.net
希「円安を当てました」

テーーーン

ことり「・・・」

穂乃果「・・・」

絵里「・・・」

真姫「・・・」

海未「・・・」
238: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:08:36.60 ID:XDK3SdbW.net
真姫「・・・それが本当なら、510万円くらい、それで稼げばいいじゃない」

希「この占いは自分の為には使えないんです」

絵里「でも、為替の動きを占って欲しいってお客さんに対しては、その結果を視れるのよね?」

希「いえ、ウチの占いはそこまで具体的なことは・・・」

絵里「じゃあどこまで視れるのかしら?」

希「円安を当てたときにお客様に観て欲しいと言われたのは、この先貧乏になるかお金持ちになるか、やったんです」

絵里「・・・」
239: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:12:01.29 ID:XDK3SdbW.net
希「それで、お金持ちになるっていう未来が視えて、理由を聞かれたのでその詳細を占っていったんです」

絵里「そうしたら円安にたどり着いたということ?」

希「はい。そのお客様は、ドルを買っておられたので」

絵里「なるほどね・・・」

ことり「これは凄いよ・・・!うん、私、お金出しちゃおっかな!」

穂乃果「・・・」
240: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:24:41.83 ID:XDK3SdbW.net
ことり「なんていうか、今の話を聞いてると、ものすごく大きなビジネスになるんじゃないかなぁって」

希「ありがとうございます」

ことり「うん、もう他に聞くこともないかなぁ・・・」




早くもお金を出す気配の南

しかしこの後、あの日舞の虎がミナリンスキー南へ猛烈に噛みつく



海未「私は貴方の言うことは全て嘘だと思っていますから」



激しくぶつかり合う二人の虎

この後、大波乱が・・・
253: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 15:43:53.07 ID:w15m0N1x.net
南 ことり

株式会社 『ミナリンスキー』 代表取締役社長

年商17億円  メイド喫茶経営




無類の占い好き南は、既に今回の志願者にメロメロ

このまま全額投資もありそうだが・・・
254: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 15:50:07.00 ID:w15m0N1x.net
園田 海未

株式会社『ラブアロー』 代表取締役社長

年商102億円   日本舞踊振興団体



日舞の家元で数々の武道をたしなむ園田は、曲がったことを許せないだけに、

今回の志願者のオカルトじみた話に嫌悪感を隠せない様子

この後、遂に園田の怒りが爆発し、志願者と南を完全否定する!
255: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 15:56:40.82 ID:w15m0N1x.net
ことり「結局、今の駅前の占いじゃなくて、店舗を持ちたい理由ってなんなのかな?」

希「やっぱり、お客様がゆっくりできるスペースを作りたいっていうのが、一番大きいですね」

ことり「そうだよね。長くいてもらうのに、駅前の外でずっと、じゃ、お客さんに悪いもんね」

絵里「理由はそれだけ?」

希「えーっと・・・」

絵里「もしそれだけなら、この出資によって、現在よりも利益が上がることはないわよね」

希「・・・」

絵里「むしろ、居心地がよくてお客の滞在時間が延びれば、回転率が落ちる分、利益が圧迫される可能性もあるわ」
256: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:01:34.14 ID:w15m0N1x.net
希「・・・」

絵里「ということは、貴方は私たちに、利益を落とすための出資をお願いしていることになるけれど」

希「・・・そうですね。実は、理由はそれだけではないんです」

絵里「・・・」

希「ウチが今駅前で占って救ってあげれるお客様は、ほんのわずか・・・それを、もっともっと拡大したい」

海未「・・・」

希「いずれは、日本中の人を救う占いをしたい・・・そのウチの夢を叶えるための一歩が、この店舗なんです」
257: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:09:47.22 ID:w15m0N1x.net
絵里「・・・」

希「そのためには、どうしても店舗を持って、看板が必要なんです。今の、駅前ではだめなんです」

絵里「店舗を持って、認知度を上げるということ?」

希「はい。それに、店舗をもてば信用度があがって、色んなメディアで占う機会を得られます」

絵里「そんなにうまくいくのかしら?」

希「はい。私の、スピリチュアルスパイラルの理論でいけば、確実に成功します」

ことり「スピリチュアルスパイラルっていうのは、一人のお客さんが次々に色んなことを占いたくなることじゃないの?」
258: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:16:24.60 ID:w15m0N1x.net
希「厳密にはそれだけではないんです。自分の占い結果に満足したら、次は知人にもしてほしくなる」

絵里「・・・」

希「そしてその知人から占い結果に満足したという話を聞いて、自分もまた占って欲しくなる・・・これが基本構造です」

ことり「なるほど・・・確かにスパイラルだね」

希「この構造で、どんどん認知度を上げていく・・・そのスタートが、510万円の店舗なんです」

ことり「そっかそっか・・・うん、やっぱり、私この人になら、出してもいいなぁ」

絵里「・・・」

希「お願いします。ウチに、日本中の人を救う占いをさせてください」

海未「・・・救うってなんですか?救うって」
259: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:19:52.99 ID:w15m0N1x.net
ことり「・・・」チラッ

海未「貴方のその占いとやらで、一時的にお客へ安心を与えることを、救うと言っているんですか?」

希「一時的ではありません。ウチの占いで、その先の人生に対する希望が見えるんです」

海未「希望が見えるように洗脳するということですか?」

希「洗脳ではありません。ただ、事実を伝えて・・・」

海未「申し訳ありませんが、私は貴方の言うことは全て嘘だと思っていますから」


トゥン!テレレレレーン


ことり「・・・」

希「・・・」
260: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:28:35.99 ID:w15m0N1x.net
海未「嘘で人を救えるとは、私は思えないのですが」

希「ですから、嘘ではありません!現に、ウチの占いで、何人もの人が・・・」

海未「貴方が凄腕の占い師ということは私も認めていますよ」

希「はい」

海未「もっとも、私にとっての占いは、バーナム効果をいかに上手く使うか、ですが」

希「・・・」

海未「貴方はそれを上手く使うことに秀でている。しかし、日本中の人を救えるなんて世迷いごとは、言わない方がいいでしょう」

希「そんな・・・世迷いごとではないです!」
261: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:32:17.74 ID:w15m0N1x.net
海未「元々占いを簡単に信じるような、簡単な人間ならそれで救った気になれるでしょう」

ことり「・・・」ギロッ

海未「でも、日本中にはもちろん、占いを信じない人間もいる。それを貴方は救えますか?」

希「ウチに一度占わせてもらえれば、救えます」

海未「どうやって?貴方のバーナム効果は通用しませんよ」

希「ウチは決してバーナム効果を使っているわけではありませんから」

海未「試したことがあるんですか?」

希「・・・」
262: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:39:21.76 ID:w15m0N1x.net
海未「駅前での占いにすがり付くような者は、元々、占いを信じているものばかりです」

希「・・・」

海未「貴方は今まで、占いを信じるような者しか占ったことがないんです」

希「それは・・・」

海未「だから今までの貴方のお客は救われた気分になれた。違いますか?」

希「・・・」

海未「そんな心理コントロールで、日本中の人を救うことなんて、出来るわけありませんよ」

希「心理コントロールなんかじゃ・・・」
263: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:41:56.17 ID:w15m0N1x.net
ことり「別に、全員を救う必要なんてないんじゃないかなぁ?」

テーーーン

海未「・・・」ギロッ

希「・・・」

ことり「もちろん、私は貴方の言うことが本当だと思ってるし、バーナム効果なんかじゃない本当の占いだと思ってるよ」

希「・・・ありがとうございます」

ことり「だけど、残念ながら占いを信じない人っているし、そういう人に信じさせるのは難しいと思う」

海未「・・・」
264: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:54:05.54 ID:w15m0N1x.net
ことり「だって、信じない人は最初から粗を探そうとするもん」

希「・・・」

ことり「そして、絶対に占いの些細な矛盾を突いてくるよ、占いを信じないような心の貧しい人間は」

ピキーーーーーン

海未「・・・」ギロッ

ことり「・・・」

絵里「・・・」
265: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:58:09.72 ID:w15m0N1x.net
ことり「そんなことなんてどうだってよくて、占いを信じる人に対してこのビジネスが成功するか」

希「はい」

ことり「それが、今大切なことだと思うなぁ」

海未「・・・」

ことり「・・・」




園田が志願者を批判する中、南が強烈に志願者を後押しする

緊迫感に包まれる雰囲気で、遂に、突破口が・・・



穂乃果「今日は、占ってもらうことって出来ないのかな?」



この後、志願者の占いに、虎がひれ伏すことになろうとは
272: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:06:27.60 ID:w15m0N1x.net
西木野 真姫

私立『西木野総合病院』  院長

年商 非公表   病院経営



その卓越した技術で患者を治し、患者を量産し続ける医療業界のパイオニア

志願者を論破することも多い西木野だが、今日はかなりおとなしい

しかしこの後、志願者の占いを目の当たりにし驚きの声をあげてしまう
273: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:08:24.37 ID:w15m0N1x.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル



数々の会社を成功へ導いた絢瀬は、今日の志願者の数字に対する甘さを指摘する

しかし、この後、実際に彼女の占いを見て、評価を一変させることになる
274: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:13:40.59 ID:w15m0N1x.net
高坂 穂乃果

株式会社 『穂むら』 代表取締役社長

年商15億円  和菓子屋チェーン経営



ご存じ『穂むら』を経営する高坂は、今回の志願者の占いに興味津々

占いの結果次第では、全額投資もありうる
275: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:14:49.31 ID:w15m0N1x.net
穂乃果「あの・・・純粋に気になるんだけど」

希「はい」

穂乃果「今日、この場で占いをしてもらうことって出来ないのかな?」

海未「・・・」

ことり「・・・」

希「・・・はい。可能です」
276: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:16:55.26 ID:w15m0N1x.net
穂乃果「ほんと?テレビに写っちゃうけど、大丈夫?」

希「はい。問題ありません。それでは、どなたか、私の占いを受けたい方はいらっしゃいますか?」




>>277
占いをしてもらう人(5人の社長もしくは理事長の中から1人)
277: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:18:15.25 ID:AoRZGr2u.net
海未ちゃん
278: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:20:00.87 ID:w15m0N1x.net
海未「・・・それでは、私を占ってもらいましょうか」

ことり「・・・」チラッ

希「分かりました。では、何を占いますか?」

海未「>>279
279: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 22:22:40.97 ID:jhgj9mlh.net
婚期
288: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 23:06:53.16 ID:w15m0N1x.net
海未「婚期」

ことり「・・・」チラッ

穂乃果「・・・」チラッ

希「分かりました。それでは、準備します」




遂に志願者が、絶対的な自信を持つ占いを披露する

そのあまりの正確さに、次々と占ってもらいたくなり、帰れなくなるという

スピリチュアルスパイラル・・・略して、スピスパ

この後、志願者を全面否定した園田が、無類の占い好きになろうとは・・・
289: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 23:09:17.60 ID:w15m0N1x.net
希「ウチの占いで使うのは、このタロットだけです」

穂乃果「へぇ~それだけなんだ」

希「他の占い師は様々なものを占う内容で変える場合もありますが・・・ウチは、これで全てわかります」

ことり「・・・凄いねぇ」

希「それでは、園田社長。自分が結婚している姿を、強く思い描いてください」

海未「分かりました」

希「・・・」ザッザッザ

海未「・・・」

希「・・・」シャッシャッシャ
290: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 23:11:19.96 ID:w15m0N1x.net
海未「・・・」

希「・・・出ました。園田社長の婚期は・・・」




海未の婚期

1個下レスコンマ1桁 年後
291: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 23:12:01.66 ID:xT3j4FKI.net
>>289
がなり「困ったらいつでも来な。おれ、元スクールアイドルのAV女優が欲しい」

その「救済」とも「挑発」ともとれる言葉に他の虎達は動揺する
293: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 23:54:10.30 ID:w15m0N1x.net
希「6年後、ですね」

海未「・・・根拠は?」

希「・・・そうですね。ちょっと、言いにくいんですが」

海未「いいですよ言って」

希「6年後に、貴方の思い人と運命的な再会を果たすんです」

海未「・・・それはどんな方ですか?」
294: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:02:47.07 ID:BlR+b7Oz.net
希「・・・とても元気な、女性の方です」

テーーーン

海未「・・・」

ことり「・・・」

穂乃果「・・・」

真姫「・・・」

絵里「・・・」

理事長「・・・園田社長、心当たりはありますか?」
297: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:12:12.75 ID:BlR+b7Oz.net
海未「・・・ないことはないですが」

ことり「・・・」

海未「ただ、元気なだけなら、複数名います。それに、女性相手に結婚というのは、現在の法制度では無理ですから」

希「でも、好きな女性はいますよね?」

海未「えぇ、まぁ・・・」

希「数年後、法改正がなされて、同性婚が可能になります」

テテーーーーン

ことり「・・・」

穂乃果「・・・」
299: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:16:55.98 ID:BlR+b7Oz.net
海未「・・・バカバカしいですね。やはり、貴方の占いは信用できません」

絵里「そうね。そんなこと言われても、確認のしようがないし」

ことり「でも、園田社長に女性の想い人がいるのは確かなんですよね?」

海未「・・・」

ことり「それを当てただけでも、凄いと思うなぁ」

穂乃果「うん、確かに、可能性としては低いもんね」

真姫「・・・」
301: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:24:07.99 ID:BlR+b7Oz.net
理事長「そろそろ、皆さんに最終ジャッジをしてもらいたいんですが・・・最後に、何か言いたいことがあれば」

希「ウチの占いは決してでまかせなんかじゃない・・・全て事実なんです。なんとか、それを分かって欲しい」

海未「・・・」

希「そして、この占いで、ウチは間違いなく多くの人を救うことができます。だから・・・お願いします!」

理事長「・・・」
302: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:25:47.45 ID:BlR+b7Oz.net
海未「実際に占ってもらって、確かにハッとした部分もあります」

希「はい」

海未「しかし・・・やはり、バーナム効果ではないかという域を、残念ながら出ませんでした」

希「・・・」

海未「私には、貴方の占いで人を救えるとは思えません。ですから、ノーマネーです」

希「はい・・・」
304: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:30:45.20 ID:BlR+b7Oz.net
穂乃果「私は、貴方の占い本当だと思ってるよ」

海未「・・・」

穂乃果「実際的中させてたし、穂乃果も占ってもらいたいなーって思ったなぁ」

希「ありがとうございます」

穂乃果「でも・・・私はあくまで、占いを楽しむ側でいたいかな」

希「・・・」

穂乃果「ビジネスにしちゃうと、なんか純粋に占いを楽しめなくなる気がして・・・だから、ごめんね?」

希「いえ・・・」
305: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:37:26.50 ID:BlR+b7Oz.net
ことり「・・・確認したいんだけど、貴方の最終目標は何なのかな?」

希「ウチの最終目標は、占いを通じて、より多くの人を、救う・・・幸せにすることです」

ことり「そのために、より多くの人へ知ってもらうための第一歩として、店舗が必要なんだよね」

希「はい」

ことり「そして、その店舗は510万円あれば、いいんだよね?」

希「はい」

ことり「・・・分かりました。それじゃあ、私、投資します!」





ピカーーーン

現在 510万円

希望額まで あと 0万円 
307: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:42:09.53 ID:BlR+b7Oz.net
理事長「南さん、全額で・・・?」

ことり「はい。510万円、全額投資します」

希「・・・!ありがとうございます!」

ことり「みなさん色んなこと言われましたけど、私には、どうしても貴方の占いがでまかせには聞こえなかったんです」

希「・・・」

ことり「もちろん、占いなんて、確固たるものがない。だからこそ、貴方を信用できるかどうかなんですけど・・・」

希「はい」

ことり「その中で、私は、貴方を信用する方に賭けました。だから・・・裏切らないで下さいね?」

希「・・・はい!必ず、成功してみせます!」

理事長「この時点で、貴方の希望額に、合計額が達しましたので」


―― マネー成立です ――
311: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 00:45:54.37 ID:BlR+b7Oz.net
理事長「おめでとうございます」

希「ありがとうございます!」

海未「・・・」パチパチパチパチ

真姫「・・・」パチパチパチパチ

穂乃果「・・・」パチパチパチパチ

絵里「・・・」パチパチパチパチ

ことり「・・・おめでとう♪」スッ

希「はい!ありがとうございます!」

ことり「話してるときの真剣な眼差しが、私にはどうしても嘘をついているようには見えなかったんです」

希「・・・」

ことり「貴方の占いが本当なら、時間が必ずそれを証明してくれます。だから、頑張ってください」

希「はい!誠心誠意、お客様を救うため、視ていこうと思います。今日はどうもありがとうございました!」
313: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:20:09.76 ID:BlR+b7Oz.net
翌日から、彼女の510万円は動き出した

目星をつけていた物件をおさえ、内装の見積もりを始めた

ここが、日本中の人々を救う拠点となる

スピリチュアルスパイラル・・・その始点が今、生まれようとしていた

女よ、虎になれ・・・・・・占いの虎に






おしまい
315: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:38:16.89 ID:BlR+b7Oz.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長

6人目は志願者
316: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:41:59.30 ID:fk3qI7OB.net
絵里
317: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:43:27.53 ID:Sh+pc+P3.net
ほのか
318: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:48:14.53 ID:Y+C6G0sz.net
319: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:52:39.59 ID:CIBsrxOI.net
りん
320: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:55:25.12 ID:7KxZcoir.net
にこ
322: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 01:56:06.14 ID:zwhvZCDL.net
ことり
324: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 02:06:14.50 ID:BlR+b7Oz.net
志願者だけ被らないようにって書くの忘れてた、ごめんにこ

直下でことりちゃんにするね
325: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 02:07:45.49 ID:BlR+b7Oz.net
ことり「失礼します~」スタスタ

絵里「・・・」

穂乃果「・・・」

希「・・・」

凛「・・・」

にこ「・・・」



理事長「いくらを、希望しますか」


1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
326: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 02:08:20.09 ID:yIwRKnBe.net
327: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 02:09:50.78 ID:BlR+b7Oz.net
ことり「900万円を希望します!」

理事長「900万円ですね」

ことり「はい!」

理事長「そのお金の使い道は」

ことり「>>328
328: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 02:18:57.12 ID:yIwRKnBe.net
メイドカフェ開店
331: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 02:26:43.14 ID:BlR+b7Oz.net
ことり「メイドカフェを開店するための資金にしようと思います!」





― メイドカフェ 開業資金 900万円欲しい! ―

 フリーター   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
342: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 22:50:55.51 ID:PdWM6p+w.net
穂乃果「メイドカフェ・・・でいいんだよね?やりたいのって」

ことり「はいっ!」

穂乃果「私、秋葉原でお店だしてるから、メイドカフェのことはよく知ってるよ~」

ことり「そうなんですか!?嬉しいです、メイドカフェのことを知ってる社長さんがいるなんて!」

凛「・・・」

穂乃果「でも、もうメイドカフェってたくさんあるよね?それと同じようなことをするのかな?」

ことり「いいえ。ことりがやりたいメイドカフェは、既存のものとはちょっと違うんです」

穂乃果「そうなんだ?どの辺が違うのか教えてもらっていいかな?」

ことり「はい!ことりのメイドカフェの違うところは・・・>>343
343: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 22:55:55.53 ID:Us3pRK5a.net
女はいない
348: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:25:15.05 ID:PdWM6p+w.net
ことり「ことりのメイドカフェに、女の子はいません!」

テーーーーン

にこ「・・・」

凛「・・・」

絵里「・・・」

希「・・・」

穂乃果「・・・えっと。メイドさんは女の子だと思うんだけど・・・」

ことり「いいえ。それは固定観念に縛られているだけなんです」

穂乃果「じゃあ女の子じゃなくて誰がいるの?」

ことり「はい。>>349がいます!」
349: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:26:07.29 ID:jsoLCENm.net
アルパカ
350: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:29:18.13 ID:PdWM6p+w.net
ことり「私のメイドカフェにいるのはアルパカさんです!」

穂乃果「・・・アルパカ?アルパカって、あの動物の?」

ことり「はい!そうです!ことり、アルパカさんが大好きで・・・」

にこ「ちょっと待って。それはメイドカフェじゃなくて、アルパカカフェなんじゃないの?」

ことり「あ、そうとも言うかもしれません」

にこ「いや、そうとも言う、じゃなくて、アルパカカフェとしか言わないと思うんだけど?」

絵里「それのどこにメイド要素があるのかしら?」

ことり「それはですねー、アルパカさんが、メイドさんみたいなコスチュームを着ているんです!」
353: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:35:01.21 ID:PdWM6p+w.net
穂乃果「なるほどー。それでメイドカフェ・・・」

にこ「いや、だとしても、私にはアルパカカフェと言う方が適切なように思えるけど」

ことり「そうですか?」

にこ「だって、メイドカフェって聞いても、アルパカがメイドの服を着たカフェなんて、まったく想像できないわ」

ことり「うーん・・・」

にこ「でも、アルパカカフェって聞けば、貴方がやろうとしているカフェのイメージはできるわ」

ことり「それは、社長さんの想像力の問題だと思います」

テーーーーン

にこ「・・・っ!」

凛「・・・」
355: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:39:35.41 ID:PdWM6p+w.net
絵里「アルパカに服を着せるっていうのは、ペットに服を着せることを考えれば、ある種普通だと思うわ」

ことり「そうですね」

絵里「メイド服っていうのは、そのバリエーションの1つでしかない。だから、想像できるのよ」

ことり「はい」

絵里「でも、メイド、と聞いた時に、それが動物のアルパカだなんて、誰も思わないでしょう?」

ことり「そんなことないと思います」

テェェェェェェン!

絵里「・・・」

にこ「・・・」
358: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:47:49.58 ID:PdWM6p+w.net
凛「じゃあ貴方にとって、アルパカがメイドなのは普通なのかにゃ?」

ことり「はい!」

にこ「・・・貴方おかしいわよ。じゃあ全国を探して、アルパカがメイドしているお店なんてある?」

ことり「ありません」

にこ「だったら、それが普通じゃないってことくらいすぐ分かるでしょ?」

ことり「いえ、ないから、今日ここに来たんです」

凛「・・・どういうこと?」

ことり「アルパカがメイドするのは普通なのに、誰もやってない・・・。なら、ことりが始めれば、絶対ビジネスになるはずだって!」

希「・・・」
359: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:54:43.34 ID:PdWM6p+w.net
にこ「いや、だから、思考の順番がおかしいのよ。まず、アルパカがメイドをするのがどうして普通なの?」

ことり「だって、メイドさんって、可愛いじゃないですか?そして、アルパカさんももふもふしててすごく可愛い」

希「・・・」

ことり「だったら、可愛いアルパカさんが可愛いメイドさんするのって普通じゃないですか?」

にこ「それはただ共通点があるでしょ?それなら他の可愛いもの全てメイドさんでもおかしくないじゃない」

ことり「それは違います!アルパカさんは凄く可愛いから、メイドさんをできるんです」

にこ「あのねぇ、もっと論理的に話してもらえる?凄く、とか、そんな主観で語られても分からないわよ」

ことり「じゃあ逆にどうしてアルパカさんがメイドさんやるのは普通じゃないんですか?」

プワンプワンプワンプワーン!

にこ「・・・っ!」

ことり「・・・」
360: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:57:11.35 ID:PdWM6p+w.net
希「・・・ちょっといいかな?実は、ウチは貴方にそんなに嫌な印象抱いてないんよ」

ことり「はい」

希「多分、自分の思い込みに対して、とにかく真っ直ぐに突き進む力が強いんやと思う」

にこ「・・・」

希「やから、これ以上ツッコむよりも、まず、もうちょっと話を聞いてみたらどうかな?」

絵里「・・・」

にこ「・・・」

凛「・・・」
361: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:04:21.62 ID:pz8q5h8D.net
希「そのメイドカフェっていうのは、どういう感じのカフェになるん?」

ことり「えーっとですね、基本的には、お客様がアルパカさんと接するのがメインです」

穂乃果「注文取ったり、お茶を出したりとかは?」

ことり「あ、そういうのもアルパカさんがしますよ!」

穂乃果「えっ、アルパカが!?できるの?」

ことり「はい!しっかり教育すればできます。アルパカさんは実は賢いんですよ?」

穂乃果「へぇ~、知らなかったなぁ。でも、流石に、何人かは店員さんがいるよね?」

ことり「いいえ。最初に言った通り、このお店には女の子はいません。ですから、私一人がバックにいるだけです!」

にこ「・・・」

絵里「・・・」
362: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:13:52.25 ID:pz8q5h8D.net
希「・・・流石にそこまでしなくてもいいんやない?何人かは店員を用意しても・・・」

ことり「いいえ!それではお客様がアルパカさんたちとの世界に入りきることができませんから」

希「・・・そこまで言うということは、アルパカを完璧に躾ける自信があるということやね?」

ことり「・・・はい、あります!」

希「・・・」

穂乃果「・・・」




アルパカ・・・アルパカ・・・アルパカ・・・

まるでアルパカ中毒にでもなったかのように、その言葉を繰り返す志願者

しかしこの後、志願者が持ってきたあるものを見て、あの虎がアルパカの魅力に呑まれてしまう・・・
367: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 03:33:27.01 ID:pz8q5h8D.net
矢澤 にこ

株式会社 『矢澤プロダクション』 代表取締役社長

年商70億円  アイドルプロデュース



かつて伝説のスクールアイドルとして活躍し、現在はプロデューサーとして数々のアイドルを送り出している矢澤は、

今回の志願者を全面否定

この後、更に激しくぶつかりあうことに・・・
368: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 03:36:50.41 ID:pz8q5h8D.net
高坂 穂乃果

株式会社 『穂むら』 代表取締役社長

年商15億円  和菓子屋チェーン経営




今や全国各地に存在する和菓子屋チェーン『穂むら』の社長、高坂

この後、アルパカの魅力にメロメロになってしまう

はたして、虎たちの反感を買うこの女に、お金を出すのか
369: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 03:39:57.70 ID:pz8q5h8D.net
東條 希

株式会社『スピリチュアルのんたん』 代表取締役社長

年商20億円   占いハウス経営



卓越したスピリチュアルパワーで全てを見通す東條は、今回唯一志願者に賛同している

全額投資の機運が高まる
370: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 03:44:05.71 ID:pz8q5h8D.net
穂乃果「アルパカって、そんなに可愛いのかな?」

ことり「はい!そんなに可愛いです」

希「まぁ確かに最近テレビでもよく見るし、流行りなのは確かやね」

絵里「・・・私はあまり、アルパカのことを知らないのだけど、一体どの辺が可愛いのかしら?」

ことり「全てです!」

絵里「・・・特にどこ?」

ことり「特に・・・そうですね、やっぱり、もふもふなところです」
371: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 03:47:20.88 ID:pz8q5h8D.net
絵里「もふもふ・・・」

希「確かにあのもふもふは他の動物にはなかなかないポイントやね」

穂乃果「うんうん。私も一度触ったことあるけど、あれはたまんないよね」

絵里「・・・ごめんなさい、よく分からないわ」

にこ「・・・」

絵里「何か、アルパカのことをよく知らない私にも、すぐに可愛さが伝わるものはないのかしら?」

ことり「はい!今日は皆さんにアルパカの可愛さを知って欲しくて、>>374をもってきてます!」
374: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 04:16:48.71 ID:bkJlbCQa.net
学校にいるアルパカ
375: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 19:56:57.76 ID:KpfNT82N.net
ことり「私の出身校のアルパカさんをもってきてます!」

絵里「出身校?」

ことり「はい!私、音ノ木坂学院っていう高校出身なんですけど、そこではアルパカさんを飼っていたんです」

希「へ~、珍しい学校やったんやね」

絵里「でもよく貸し出してもらえたわね」

ことり「アルパカさん、私にすっごく懐いてて、卒業後も何度も学校に通ってましたから!」

希「なるほど・・・本当にアルパカが好きなんやね」

絵里「・・・」
376: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 19:59:29.52 ID:KpfNT82N.net
理事長「それでは、連れてきてもらえますか?」

ことり「はい!」




ついに女はその絶対的な武器、アルパカを披露する

アルパカ・・・女を魅了するその動物は、一体どのような姿をしているのか

この後、実際にアルパカを見て虎たちの態度が急変する!
377: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:02:41.11 ID:KpfNT82N.net
ガチャ

ことり「ほーら、おいで~」

アルパカ「・・・」ノソノソ

穂乃果「おぉ~」

絵里「・・・」

にこ「・・・」

凛「・・・」

ことり「これが、ことりのいた学校で飼ってるアルパカさんです。アルパカさん、挨拶してね!」

アルパカ「・・・ふぇ~」
379: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:07:50.89 ID:KpfNT82N.net
穂乃果「うわぁ、これは可愛いねぇ」

希「テレビでは見たことあったけど、思ったより大きいんやね」

ことり「そうですね。大体これが標準くらいの大きさだと思います」

穂乃果「首が長いんだね。うーん、このちょっと隠れた目がキュートだなぁ」

ことり「あ、分かりますか!?そう、そこがアルパカさんの可愛いポイントの一つなんです」

希「もっと近くで見てもいいんかな?」

ことり「はい!襲ったりしないので、是非近くで見てください!」
381: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:13:54.79 ID:KpfNT82N.net
凛「うーん。じゃあ見てみようかにゃ?」ガタッ

穂乃果「楽しみだなぁ~」ガタッ

希「・・・」ガタッ

絵里「・・・」ガタッ

にこ「・・・」

ことり「どうぞどうぞ、もっと近くで見てください!」

穂乃果「おおっ、近くで見ると、なおさら大きく感じるねぇ」

絵里「・・・触ってみてもいいのかしら?」

ことり「あ、はい!どうぞ!」
383: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:23:31.73 ID:KpfNT82N.net
絵里「・・・」モフモフ

理事長「・・・どうですか、絢瀬さん。本当に、もふもふなんですか?」

絵里「・・・えぇ。本当にもふもふしていて気持ちいいわね」

ことり「・・・」ニヤリ

穂乃果「どれどれ・・・本当だ!これ気持ちいいよ~」

希「他では体感できないもふもふやね」

凛「・・・これは流行るにゃ」

テーーーン

希「・・・」

穂乃果「・・・」



志願者の絶対の武器、アルパカに絶賛の声が飛び出す

4人の虎は、その魅力にすっかりメロメロだ

果たして、どの虎が金を出すのか
384: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:26:23.08 ID:KpfNT82N.net
星空 凛

株式会社『Miracle Bell』 代表取締役社長

年商6億円  ラーメンプロモーション



ラーメン業界を裏から支配するこの女も、志願者が持ち出したアルパカにメロメロ

その勢いで、このまま投資してしまうかも・・・
385: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:28:21.38 ID:KpfNT82N.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル



経営のプロ絢瀬は、志願者の考え方に懐疑的だったが、実際にアルパカを見て態度を一変

アルパカの魅力は、この女にも金を出させてしまうのか
386: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:54:59.89 ID:KpfNT82N.net
穂乃果「実際にアルパカを見て、ちょっと興味でてきたから、もうちょっと突っ込んだ質問したいんだけど」

ことり「はい!」

穂乃果「この900万円の内訳を教えてもらえるかな」

ことり「えっと、まずアルパカが2匹で500万円。物件代が300万円、その他経費で100万円です」

希「・・・」

穂乃果「え・・・アルパカ2匹で500万円?」

ことり「はい」

穂乃果「一匹250万円ってこと?そんなにアルパカって高いの?」

ことり「そうなんですよ・・・。まぁ可愛いから仕方ないんですけど」
387: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 20:59:17.20 ID:KpfNT82N.net
絵里「今回これをやるにあたって、貴方自身の資金というのはどれくらいあるの?」

ことり「ことりの資金は0です!」

穂乃果「えっ、0!?全くないの?」

ことり「はい・・・」

希「貴方は今何をしてるん?」

ことり「えーっと、メイドカフェでアルバイトをしています」

穂乃果「アルバイト・・・」

希「どうして普通の職につかないん?」
388: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:04:31.30 ID:KpfNT82N.net
ことり「普通の仕事は、なんか合わないっていうか・・・働くなら、ことりの理想郷で働きたいって思って、それで今回応募したんです!」

穂乃果「・・・」

にこ「この番組はあんたの理想を叶えてあげる番組じゃないわ」

ことり「・・・」

にこ「真剣にビジネスを考えて、そして後やるにはお金だけ足りなくて、どうしようもない人のための番組なのよ」

ことり「ことりだって真剣に考えて・・・」

にこ「だったら、何か職について、少しでもそのアイデアを実現するための資金を溜めようとか思わないの?」

ことり「・・・でも!今のメイドカフェでは一生懸命働いてて、ミナリンスキーって名前で秋葉原でも有名で・・・」

にこ「でも所詮アルバイトでしょ?それでお金が溜まってないのが現実じゃない」

ことり「それは・・・」
389: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:06:44.42 ID:KpfNT82N.net
にこ「私たちだって真剣にこの場に来てるのよ。少しでも多くの子を救ってあげようって。おこがましいけど」

ことり「・・・」

にこ「だから、もっと真剣にビジネスを考えて、努力して、どうしようもなくなった状態で来てもらわないと、困るのよ」

ことり「・・・」

にこ「ただ不愉快だったわ。ごめんなさい、ノーマネーよ」

凛「・・・」

希「・・・」
390: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:09:15.56 ID:KpfNT82N.net
絵里「・・・誰だってやりたいことがあって、理想郷はあるわ。でも、それを実現できるのって、一握りなのよね」

ことり「・・・」

絵里「じゃあその一握りの人間は、何が違うかっていうと、物凄く努力してるのよ。頭をつかって、足を使って」

ことり「はい・・・」

絵里「今の貴方は、理想郷を絵に描いているだけで、何もしていない。そんなんじゃ、何も実現できないわよ」

ことり「・・・」
391: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:11:55.47 ID:KpfNT82N.net
穂乃果「なんか、可愛いのって罪だなぁって、そう思ったよ」

ことり「罪・・・ですか?」

穂乃果「うん。アルパカさんが可愛すぎるばかりに、貴方は夢中になってしまったんだよね」

ことり「はい・・・」

穂乃果「だけど、経営者は、客観でなければならない。だから、好きであればあるほど、それを仕事にするのは難しいんだよね」

ことり「・・・」

穂乃果「今の貴方は、まだ経営者の域に達していない。このままやっても、不幸になるだけだと思うから、だから、ごめんなさい」

ことり「はい・・・」
392: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:15:49.73 ID:KpfNT82N.net
希「ウチは、貴方の夢中になるとことか、真っ直ぐなところは、全然嫌じゃなくて、むしろ長所だと思うんよ」

ことり「はい」

穂乃果「・・・」

希「貴方は経営者に必要なパワーを持ってる。だから、一度経営者になって挑戦して欲しいんよ」

ことり「ありがとうございます」

希「ただ・・・今回の企画に関しては、あまりにリスキーすぎるんよ」

ことり「え・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

希「一匹250万円のアルパカ・・・もし失敗したら、どうするん?」
394: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:18:00.84 ID:KpfNT82N.net
ことり「それは・・・失敗はしません!」

希「だめなんよ、それじゃあ。経営者は、常に最悪を考えておかなければいけない」

ことり「・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

希「貴方には、失敗させる価値がある。・・・ただ、今回の企画は、失敗した時のリスクがあまりに大きすぎるんよ

ことり「・・・」

希「だから、もう少し考えて、失敗してもまた復活できるような、そんな企画を考えてきたらどうかな?その時は、ウチ、お金だすから」

ことり「・・・」

ファァァァァ↑ ファァァァァン ファァァァン!

凛「・・・」

にこ「・・・」

穂乃果「・・・」
395: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 21:19:47.86 ID:KpfNT82N.net
理事長「・・・この時点で、皆さんからの合計額が、貴方の希望額に達しなかったので」

ことり「・・・」



―― ノーマネーで、フィニッシュです ――


ことり「・・・」

理事長「・・・最後に何かあれば」

ことり「私は・・・絶対に、自分の理想郷を諦めません。今回だめでしたけど・・・また、挑戦してみせます。ありがとうございました!」







おしまい
401: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:15:55.94 ID:m8rBVKom.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長

6人目は志願者(但しこれまで出た志願者以外。被った場合は有効安価まで↓)
402: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:16:41.96 ID:rOTSkFdk.net
ことり
403: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:17:04.32 ID:J5DcoyyM.net
404: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:17:34.48 ID:e8QnmTA8.net
花陽
405: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:24:41.17 ID:+nXNXBsq.net
真姫
409: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:26:21.01 ID:LTyuk1YT.net
海未
407: 名無しで叶える物語(しまむら【22:14 震度1】)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:25:43.50 ID:CljL0TTn.net
にこ
410: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:34:35.95 ID:m8rBVKom.net
にこ「失礼します!」スタスタ

ことり「・・・」チラッ

希「・・・」

花陽「・・・」

真姫「・・・」

海未「・・・」

理事長「いくらを、希望しますか」



1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
411: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:36:05.69 ID:VGFmACMS.net
はい
412: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:39:09.94 ID:m8rBVKom.net
にこ「690万円です」

理事長「そのお金の使い道は」

にこ「>>414
414: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 22:40:58.34 ID:4/s9VLN/.net
アイドル活動
423: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 21:37:49.51 ID:RAH6T43I.net
にこ「アイドル活動をするための、資金です」





― アイドル 活動資金 690万円欲しい! ―

 アイドル志望   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
424: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 21:42:58.27 ID:RAH6T43I.net
花陽「えっと、アイドル、ということですけど、貴方は今どこかの会社に所属しているんですか?」

にこ「はい、所属しています」

花陽「なるほど。デビューはまだ・・・?」

にこ「はい。なので、今回のこの690万円で、デビューしたいと考えています」

花陽「デビューの為の資金ということですね」

希「今は下積み中ということなん?」

にこ「そうですね」
426: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 21:48:10.27 ID:RAH6T43I.net
希「何年くらい下積みしてるん?」

にこ「5年になります」

希「5年・・・それって長いんかな」

にこ「本当に人によるんですけど、早い人は1年足らずでデビューしたりしますし、長ければ8年とかの人もいます」

花陽「・・・貴方の会社でデビューさせてもらえないんですか?」

にこ「それが、今会社の方の経営が傾いていて・・・私のデビューの資金を出せないんです」

花陽「ということは、会社としては貴方をデビューさせたいってことですか?」

にこ「はい。デビューすれば、絶対にヒットすると、会社は私にそう言ってくれています」

テーーーン

花陽「・・・」
427: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 21:53:55.06 ID:RAH6T43I.net
海未「でもそれくらい自信があるのなら、何とかして690万円くらい、会社が工面しませんか?」

にこ「・・・それが、本当に経営が危ないんです。既にデビューしているアイドルの子の活動費で精一杯で」

海未「・・・簡単にいうと、もうすぐ潰れるということですか?」

にこ「そうですね・・・このままだと、そうなると思います」

真姫「・・・」クルクル

にこ「私が今日ここに来た理由は2つあります。1つは、私自身が、早くデビューしたいから」

花陽「・・・」

にこ「そしてもう一つは、お世話になった会社に恩返しをしたい・・・私が稼ぎ頭になって、経営を楽にしてあげたいんです」
428: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 21:59:55.85 ID:RAH6T43I.net
海未「・・・早くデビューしたいということですけど、もっと下積みをされてるアイドルもいらっしゃるわけですよね」

にこ「はい」

海未「なら、もう少し我慢することも必要ではないですか?」

にこ「・・・アイドルには、賞味期限があります。どんなに頑張っても、若さには勝てません」

ことり「・・・」

にこ「だから少しでも早くデビューして・・・少しでも長く活動したいんです!」

海未「でも8年下積みをしてその後で活躍してるアイドルもいらっしゃるんですよね。なら、貴方もそうなればいいじゃありませんか」

にこ「それは・・・」

海未「年齢を覆すくらい下積みをして、華々しいデビューを飾る・・・その方が、道理にかなっていると思いませんか?」
429: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 22:08:18.49 ID:RAH6T43I.net
にこ「でも、実際にはデビューすらできずに年を重ねすぎて、アイドルを諦める子もたくさんいるんです」

海未「それは、その人たちの努力が足りなかっただけかと思いますが」

ことり「それは違うよ」

テテーーーーン

海未「・・・」ギロッ

ことり「私もメイドカフェをやっているけど、やっぱり女の子にとって若さって凄い武器なんだよ」

にこ「・・・」

ことり「私は今もメイドをやっているけど、実はそろそろ引退しようと思ってるんだ」

希「・・・」チラッ

ことり「やっぱり、若い子の魅力には、全然勝てないんだよね。年齢ばかりは、どうしようもないんだよ」

海未「・・・」




志願者の窮地を、メイド社長南が救う

・・・更にこの後、志願者に共感する社長が現れる!
430: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 22:12:10.88 ID:RAH6T43I.net
希「貴方にそこまで魅力があるのなら、他の会社に移籍する手もあるんやない?」

にこ「・・・」

希「そうすれば、デビューさせてもらえるやん?」

にこ「・・・実は、今所属している会社の社長から、同じようなことを言われました」

希「・・・」

にこ「矢澤さん、申し訳ないけど、うちの会社では、貴方をデビューさせられない」

花陽「・・・」

にこ「だけど、貴方はデビュー出来れば絶対に人気を獲れる。だから、他に移籍してもいいんだよ?って」

真姫「・・・」

にこ「でも、私は5年間お世話になった、この会社を離れたくなかった・・・この会社でデビューして、恩返ししたかったんです」
433: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 22:18:53.08 ID:RAH6T43I.net
花陽「・・・凄くいい会社なんですね」

にこ「はい。素人だった私に、アイドルとは何かを一から教えてくれましたから」

花陽「・・・実は私、アイドルが大好きなんです」

真姫「・・・」チラッ

にこ「そうなんですか」

花陽「テレビとか雑誌で華やかなアイドルの皆さんを見るのももちろん好きなんですけど・・・」

にこ「はい」

花陽「そういう表舞台に立つ前に、裏でそういう努力をされてるっていうのが、凄く素敵だと思うんです」

にこ「ありがとうございます」
434: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 22:23:16.54 ID:RAH6T43I.net
花陽「今貴方のお話を聞いてて、凄く真面目にアイドルを目指して努力されていたんだろうなって」

にこ「・・・」

花陽「その努力と、会社の為になんとかっていう人柄だけで、私は貴方のことを応援したくなりました」

にこ「ありがとうございます」

花陽「ただ、私はアイドルのただのファンで、素人ですから、貴方がデビューして上手くいくのかとか、全くわかりません」

にこ「・・・」

花陽「だから、これはある種、ギャンブルになってしまうんですけど・・・それでも、私は貴方に賭けてみたいと思ったんです」

にこ「はい」

花陽「だから・・・とりあえず、200万円、投資します」



ピカーーーン

現在200万円

希望額まで あと 490万円 
435: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 22:25:33.42 ID:RAH6T43I.net
理事長「小泉さん、200万円でよろしいですか?」

花陽「はい」トントン

にこ「ありがとうございます!」

真姫「・・・」

ことり「・・・」

希「・・・」

海未「・・・」




まずは小泉が200万円を投資

そしてこの後、あの虎が続いて金を出す・・・
442: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:21:50.53 ID:hT/cPHhQ.net
小泉 花陽

株式会社『Heaven』 代表取締役社長

年商25億円  米トータルプロデュース



おにぎり特化型レストラン『おにぎりかよちん』のオーナー小泉花陽は、

アイドルに対する理解があり早くも200万円を出資

この後、さらに志願者を後押しする
443: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:26:03.98 ID:hT/cPHhQ.net
東條 希

株式会社『スピリチュアルのんたん』 代表取締役社長

年商20億円   占いハウス経営



スピリチュアルな能力で未来を見通す東條は、細かいプランよりも志願者のオーラで投資を決める傾向

志願者の魅力が試される今回、東條の出資如何がマネー成立を左右するかも
444: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:30:08.45 ID:hT/cPHhQ.net
南 ことり

株式会社 『ミナリンスキー』 代表取締役社長

年商17億円  メイド喫茶経営



若い時は伝説のメイド『ミナリンスキー』として、秋葉原のアイドルに君臨した南は、

この後若き日の自分と志願者を重ねる

果たして、金は出すのか・・・
446: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:40:08.56 ID:hT/cPHhQ.net
希「アイドルは昔から目指してたん?」

にこ「はい。高校生の時は、スクールアイドルもやっていました」

花陽「あ、スクールアイドルをやってたんですね。ラブライブに出たりもしたんですか?」

にこ「はい。優勝しました」

チュッドーーン

ことり「・・・」

希「・・・」

花陽「優勝!?凄いじゃないですか!・・・ちなみに、なんていうグループですか?」
447: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:45:07.26 ID:hT/cPHhQ.net
にこ「μ'sっていうんですけど」

花陽「あ、知ってますよ!・・・あぁ、どこかで見たことあるなぁと思ったら、μ'sの矢澤さんだったんですね」

にこ「あ、はい!覚えていただけているなんて・・・光栄です」

ことり「私も知ってるよ~。当時、その界隈で結構話題になったよね」

真姫「・・・私はあまりラブライブとか知らないんだけど、その優勝って結構凄いことなの?」

花陽「アイドル版の甲子園みたいなものですから。野球よりは参加人数少ないですけど、かなり凄いですよ」

にこ「まぁあれは、私だけの力ではなく、9人で力を合わせた結果ですから」

希「にしても、一度は結果を出してるってことやんね」
448: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:51:37.97 ID:hT/cPHhQ.net
真姫「・・・逆に、そこまでの結果を出しておきながら、どうしてデビューできないの?」

にこ「それは・・・」

真姫「グループとしての力で優勝しただけで、貴方には魅力がなかったってことにならない?」

にこ「・・・正直、ラブライブ優勝で、自分に魅力があると勘違いしていたときもあります」

花陽「・・・」

にこ「でも、すぐに現実を見せられました。・・・そして5年間努力して、今は公に出ても恥ずかしくない魅力を身につけたと思ってます」

真姫「・・・じゃあ、それだけの実績があって、魅力があったら、デビューくらい簡単にできるんじゃないの?」

にこ「それは・・・アイドル業界には色々あって、運とか、色々な要素が絡むんです」
450: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 01:56:18.49 ID:hT/cPHhQ.net
真姫「・・・」

にこ「私の事務所は、力が弱くて。力が強いとこと競争になると、全く仕事が取れないんです」

花陽「アイドル業界は大変だもんね・・・」

にこ「でも、それって運でしかないじゃないですか。だから、チャンスさえ掴んでデビュー出来れば、私は絶対に売れる自信があります!」

真姫「・・・私は運は自分で掴むものだと思うわ」

にこ「え・・・」

真姫「貴方はさっき会社への感謝を口にしてたけど、今のって会社に対する愚痴よね?」

にこ「・・・っ。そんなつもりじゃ・・・」

真姫「でも、事務所の力がもっとあれば、私はデビューできて、成功してたって、そう言ってように感じるわ」

にこ「・・・」
451: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 02:03:54.09 ID:hT/cPHhQ.net
希「・・・でも、上手くいかないときって全てがマイナス思考になってしまうものやん?」

真姫「・・・」

希「上手くいかない時は、何かにつけてその理由をつけようとする。だから、色んなとこに責任をおしつけてしまうんよね」

にこ「・・・」

希「でも、一度上手くいくと、今度は全てプラスに転換できると思うんよ」

真姫「・・・」

希「あの時はあぁ思ったけど、でも今考えると、成功したのはあの時の経験があったからやなぁ、とかね」

にこ「・・・」

希「だからウチは、貴方の会社に対する感謝の気持ちは嘘なんかやないと思うんよ」
452: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 02:08:47.11 ID:hT/cPHhQ.net
真姫「・・・今東條社長が言ったのは、終わりよければ全て良し、みたいなことだと思うんだけど」

にこ「はい」

真姫「私は、そういう考え方をする人、好きじゃないのよ」

テーーーン

希「・・・」ギロッ

真姫「やっぱり、少しでもお世話になった人に対しては、愚痴を言っちゃいけないと思うの。何があっても」

にこ「・・・」

真姫「貴方の会社に対する感謝の気持ちが嘘とは思わない。でも、少なくともさっきの発言は愚痴だったわね」

花陽「・・・」
453: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 02:15:48.04 ID:hT/cPHhQ.net
真姫「今の貴方の心の中に、その気持ちがある限り、私はデビューしても、アイドルとして成功しないと思う」

にこ「・・・」

真姫「何か気に入らなかったり、辛いことがあっても、ぐっと耐えて決して周りに漏らさないのが、アイドルなんじゃない?」

にこ「そう、ですね・・・」

真姫「だから、今の考え方をしてる矢澤さんのこと、私は嫌いよ」

にこ「・・・」

真姫「・・・」

希「・・・」

花陽「・・・」
454: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 02:21:38.72 ID:hT/cPHhQ.net
真姫「・・・ただ、私負けず嫌いだから」

にこ「・・・」

真姫「貴方に、挑戦したくなったのよね。だから、100万円なら出すわ」トンッ


ピカーーーン

小泉 200万円

西木野 100万円

希望額まで あと 390万円
456: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 02:27:50.23 ID:hT/cPHhQ.net
にこ「・・・っ!」

真姫「私の考えが正しいか、貴方の考えが正しいか・・・デビューすれば、はっきりするわよね」

希「・・・」チラッ

真姫「私は、やっぱり今の時点で、お世話になった会社への恨みごとは一言も言うべきじゃないと思う」

にこ「・・・はい」

真姫「でも、私はアイドル業界のこと全然知らないし、どれくらい厳しいのかも分かっていない」

にこ「・・・」

真姫「その中であれだけ言ったから・・・これは、私の気持ちよ」トンッ

にこ「ありがとうございます・・・!」

プワアアアアアアアン

希「・・・」

ことり「・・・」

海未「・・・」



西木野のよもやの100万円で、流れが変わる

そしてこの後、志願者は自身のアイドルとしてのパフォーマンスを、虎たちに見せ畳み掛ける・・・

虎たちを魅了し、マネー成立なるか
477: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 22:48:37.33 ID:mo8WChP+.net
西木野 真姫

私立『西木野総合病院』  院長

年商 非公表   病院経営



常に冷静な西木野だが今回は珍しく熱い

志願者の考え方を批判しながらも、挑戦の意味でまさかの100万円を投資

この後、志願者のパフォーマンスを見て何を思う
478: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 22:52:13.77 ID:mo8WChP+.net
園田 海未

株式会社『ラブアロー』 代表取締役社長

年商102億円   日本舞踊振興団体




早くデビューしたいという志願者に対し、園田はもう少し努力すべきと一刀両断

なかなか金を出さない園田だけに、今回もノーマネーかと思われたが、

この後、志願者のパフォーマンスをみて驚きの声をあげる!
480: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 22:59:02.94 ID:mo8WChP+.net
希「ところで、デビューっていったい何をするん?」

にこ「はい。G-Loveliveという大会に出ます」

花陽「Gラブ・・・ラブライブ出場者のみが参加できる、アイドルの大会だよね」

にこ「はい。地上波でも放送されるこの大会で優勝して、私はデビューしようと思ってます」

希「なるほど。つまりこの690万円は、その大会の出場費用なんやね?」

にこ「はい、そうです」

花陽「・・・あれ、でも、Gラブはすでにデビューしている人が参加するんじゃ?」
481: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:01:19.60 ID:mo8WChP+.net
にこ「はい、基本的には。スポンサーの後押しで出場する形になりますから」

希「基本的には・・・?」

にこ「今回の690万円というのは、デビューしていない私だから必要な参加費なんです」

希「スポンサーの代わりにお金をたくさん払うってことなん?」

にこ「はい」

希「なるほどね・・・」

真姫「・・・でも、周りはデビューしたアイドルばかりってことでしょ?」

にこ「恐らくそうなると思います」
482: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:06:40.30 ID:mo8WChP+.net
真姫「勝てるの?下手したら、さらし者になるだけじゃない?」

にこ「いえ、勝てる自信があるから、出るんです。じゃなきゃ、今日ここに来てません」

真姫「・・・」

花陽「よっぽどの、自信があるんですね?」

にこ「はい」

花陽「何か、今日ここで、私たちに貴方の魅力を伝えるパフォーマンスを見せてもらえませんか?」

にこ「・・・」

花陽「貴方に自信があるなら、その方が早いと思うんです」

にこ「・・・分かりました。準備してきます」




ついに女は、自らのアイドルとしての顔をさらけ出す

この後、女のパフォーマンスを前に、虎が猫になってしまう

にゃー・・・にゃー・・・
483: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:08:16.05 ID:mo8WChP+.net
ガチャ

にこ「・・・お待たせしました」

真姫「・・・」

希「・・・」

ことり「・・・」

海未「・・・」

花陽「・・・それが貴方のアイドル衣装なんですね?」

にこ「はい」

花陽「今日は、一体何を見せてくれるんですか?歌?踊り?」

にこ「はい。今日私が見せるのは・・・>>485
484: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:09:50.94 ID:rIvQ8gtS.net
みんなを笑顔にする最高のパフォーマンス
485: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:12:43.60 ID:tc3PzlQf.net
488: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:42:25.00 ID:mo8WChP+.net
にこ「みんなを笑顔にする最高のパフォーマンスです」

花陽「・・・」

海未「・・・」

真姫「・・・それじゃあ、見せてもらおうかしら」

にこ「はい」

ことり「・・・」

希「・・・」

にこ「・・・」

理事長「・・・」
490: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:47:36.86 ID:mo8WChP+.net
にこ「にっこにっこにー!あなたのハートににこにこにー!笑顔届ける矢澤にこにこー!にこにーって覚えてラブにこっ!」

海未「・・・」

にこ「今日はぁ、いつも仏頂面で頑張ってる虎の皆さんも思わず笑顔になっちゃうようなぁ、そんなにこの歌をプレゼントするにこっ!」

真姫「・・・」

にこ「それじゃ、ミュージック、スタート!」

ズンズンデンッデンデンデンデン

にこ「にこぷりっ!にこにこっ!にこぷりっ!いえー!にこにこっ!」

花陽「・・・」

にこ「にこぷりっ!いえー!ぷりてぃがーる!」

希「・・・」

ことり「・・・」
491: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:52:41.68 ID:mo8WChP+.net
にこ「・・・それーがにーこの、じょーし道!」

真姫「・・・」

花陽「・・・」

にこ「にこぷり!いえー!ぷーりてぃがーる!・・・ありがとうにこーっ!」

海未「・・・」

ことり「・・・」

希「・・・」
494: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:58:08.83 ID:mo8WChP+.net
にこ「はぁ、はぁ・・・」

真姫「・・・」

花陽「・・・うん、貴方の気持ちが伝わってくる、とてもいいパフォーマンスだったよ」

海未「・・・」

にこ「・・・ありがとうございます」

希「今の曲は自分の曲なん?」

にこ「はい。作詞も作曲も自分でやりました」

希「へぇ。そういうのもできるんや」
495: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:02:24.12 ID:9PJ4uRjV.net
にこ「・・・いえ、できないです」

希「・・・どういうこと?」

にこ「どうしても、自分の曲が欲しくて・・・デビューのために、この曲の為だけに、勉強したんです」

希「なるほど・・・」

にこ「だから、全然一般的な作詞作曲は出来ません。・・・でも、この曲は私が作った唯一の曲です」

真姫「・・・私は、正直アイドルのこととか、全然分からない。ただ、音楽に関しては多少分かるの。作曲もできるし」

花陽「・・・」チラッ

真姫「だから、アイドルのこととか抜きにして、率直に言わせてもらうと・・・あまり上手いとは思えなかった」

にこ「・・・」
496: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:06:06.38 ID:9PJ4uRjV.net
真姫「でも、デビューの為に自分で作詞作曲までした貴方の努力は凄いと思う」

にこ「・・・はい」

真姫「それに、確かに楽しませようって気持ちは伝わったわ。・・・もちろん、結果が全ての世界だから、努力したとか意味ないんだけど」

にこ「・・・」

真姫「でも、そういうのを踏まえて、貴方が上手くいくかどうかへの私の挑戦だから・・・だから、後100万出すわ」トンッ


ピカーーーン

小泉200万円

西木野 200万円

希望額まで あと 290万円 
498: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:08:38.98 ID:9PJ4uRjV.net
真姫「これで200万円。貴方に挑戦できるなら、私はこれくらいまでなら出すわ」

にこ「ありがとうございます!」

海未「・・・」

ことり「・・・」

希「・・・」

花陽「・・・確認なんですけど、貴方の目標は、Gラブに出ることじゃないですよね?」

にこ「はい、違います。Gラブに出て・・・優勝することです」

花陽「ですよね・・・」

真姫「・・・」
499: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:10:58.53 ID:9PJ4uRjV.net
花陽「私も実は昔、アイドルを目指していたんです」

海未「・・・」チラッ

花陽「でも、諦めてしまいました。だから、ずっと頑張ってる貴方は凄いと思うし、応援したいとも思うんです」

にこ「ありがとうございます」

花陽「だからこそ厳しいことを言わせてもらうと・・・今のままでは、優勝は厳しいと思います」

テーーーーン

にこ「・・・」

真姫「・・・」
500: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:16:23.94 ID:9PJ4uRjV.net
花陽「ただ、それは貴方に才能がないからとかではなくて、一人で頑張った弊害だと思うんです」

にこ「・・・」

花陽「貴方が作った曲、とてもインパクトがありました。・・・でも、そこにだけ集中しすぎて、他が弱いんです」

にこ「・・・はい」

花陽「貴方のパフォーマンスは、もっともっとよくなります。例えば、もっと衣装を工夫したりとか」

にこ「・・・」

花陽「きっと今の貴方には余裕がない。だから、そういうところを、私たちでバックアップできればと思ったんです」
501: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:20:13.01 ID:9PJ4uRjV.net
にこ「バックアップ、ですか・・・」

花陽「・・・私は貴方の可能性にかけて、後30万円出します」ポンッ


ピカーーーン

小泉230万円

西木野 200万円

希望額まで あと 260万円 


花陽「だから、すみません、西木野さん・・・」

西木野「・・・いいわよ。こういうことよね?」ポンッ


ピカーーーン

小泉230万円

西木野 230万円

希望額まで あと 230万円 
502: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:25:27.54 ID:9PJ4uRjV.net
にこ「・・・」

花陽「貴方の目標は、Gラブ優勝、そうですよね?」

にこ「はい」

花陽「であれば、これは余計なお世話になっちゃいますけど、私は残りを南社長に出してもらいたいんです」

ことり「・・・」

花陽「彼女は、衣装づくりのエキスパートですから。貴方に足りないものを、補ってくれると思います」

にこ「・・・」

真姫「・・・私は素人だし、貴方のやることには何も口出ししないわ。ただ、結果を見届けるだけよ」
503: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:28:40.70 ID:9PJ4uRjV.net
ことり「・・・貴方のパフォーマンスを見て、私が出してるお店のあたりで凄く受けそうだなとは思ったんだ」

にこ「秋葉原、ですよね」

ことり「うん。・・・でも残念ながら、貴方に似たような子が、秋葉原にはごろごろいるの」

にこ「・・・」

ことり「確かに歌のインパクトは強烈だったけど、それだけだと、きっと足りないと思う」

花陽「・・・」チラッ

ことり「だから恐らく、このままだと、優勝は出来ないだろうなぁと思って、見てたんだ」

にこ「・・・はい」
504: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:30:59.46 ID:9PJ4uRjV.net
ことり「ただ、これまでの話をずっと聞いて、貴方の人間性には惹かれるものがあったかな」

にこ「・・・」

ことり「凄く努力してるし、上にいこうとする意志も感じる・・・」

花陽「・・・」

真姫「・・・」

ことり「私、普段のお店でもそうなんだけど、やるとなったら決して妥協はしないよ?」

にこ「はい」

ことり「衣装はもちろん作るけど、それに合ったポージングや動きも、貴方には身につけてもらう」

にこ「はい」
505: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:33:17.24 ID:9PJ4uRjV.net
ことり「色々口出しするし、色んな要求もすると思う。・・・それでも、ついてこれるかな?」

にこ「・・・はい!むしろ、臨むところです!」

ことり「・・・だったら、私は、貴方の目標が、決して実現不可能とは思わないなぁ」

花陽「・・・」

ことり「690万円・・・3人で割ると、こういうこと、かな?」トンッ



ピカーーーン

小泉230万円

西木野 230万円

南 230万円

希望額まで あと 0万円 
507: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:34:48.52 ID:9PJ4uRjV.net
にこ「・・・っ!ありがとうございます!」

海未「・・・」

希「・・・」

花陽「・・・」

真姫「・・・」

理事長「この時点で、貴方の希望額に、合計額が達しましたので」


―― マネー成立です ――
509: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:36:43.70 ID:9PJ4uRjV.net
理事長「おめでとう!」

にこ「ありがとうございます!」

海未「・・・」パチパチパチ

希「・・・」パチパチパチ

花陽「頑張って下さい」スッ

にこ「ありがとうございます」

真姫「・・・」スッ

にこ「ありがとうございます」

ことり「頑張ってね!」スッ

にこ「ありがとうございます!」
510: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:41:18.96 ID:9PJ4uRjV.net
花陽「今回のお話っていうのは、いつもと違って、彼女に賭けれるかどうかで・・・」

にこ「・・・」

花陽「その中で、私は彼女の人間性の部分で魅力を感じたので・・・頑張ってください」

真姫「・・・成功したいのなら、今の自分の境遇の責任を、他に押し付けないことね」

にこ「・・・はい」

真姫「しっかり自分で受け止めて、前を向く。そうすれば、きっと貴方の魅力に見ている人はついてくるわ」

にこ「・・・」

ことり「アイドルもメイドさんも同じで、お客様を楽しませることが一番だから」

にこ「はい」

ことり「そのために最高の衣装と、貴方のパフォーマンスを見せてあげようね。そうすれば、きっと優勝できるよ」
511: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:43:49.40 ID:9PJ4uRjV.net
理事長「・・・最後に何かあれば」

にこ「今日は本当にありがとうございました。色々言われて、とても勉強になりました」

海未「・・・」

にこ「自分の甘い部分も分かったので・・・今後はそれに向き合いつつ、頑張ります」

真姫「・・・」

にこ「今日お金を出して頂いた社長さんたちに、絶対恩返しができるよう、Gラブに優勝して、絶対にデビューします!

   今日はどうも、ありがとうございました!」

海未「・・・」パチパチパチ

ことり「・・・」パチパチパチ

真姫「・・・」パチパチパチ

希「・・・」パチパチパチ

花陽「・・・」パチパチパチ
514: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 00:49:15.03 ID:9PJ4uRjV.net
こうして、女の690万円は動き出した

その全てがG-Loveliveの出場費として、一瞬で消えてなくなった・・・

もう後には引き返せない

メイド社長南も、女の優勝に向けて全面バックアップ

もし優勝できなければ、690万円はドブに捨てたも同然だ

果たして女は、G-Loveliveで優勝し、アイドルデビューをすることができるのか




G-Loveliveからのアイドルデビュー

690万円物語は、近日放送予定!!




おしまい
527: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:50:20.06 ID:Kttw6uGu.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長

6人目は志願者(但しこれまで出た志願者以外。被った場合は有効安価まで↓)
528: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:51:32.45 ID:tmuxvn+a.net
絵里
529: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:52:29.80 ID:YFXUtkij.net
海未
530: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:54:42.02 ID:6EX3R5yi.net
ほのか
531: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:56:59.05 ID:9Lbkmhtd.net
にこ
532: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:57:02.77 ID:SkgstgrK.net
花陽
533: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:57:05.43 ID:o246YR6r.net
凛ちゃん
534: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:05:28.25 ID:Kttw6uGu.net
凛「てるにゃす!」

絵里「・・・」

海未「・・・」

穂乃果「・・・」

にこ「・・・」

花陽「・・・」

理事長「いくらを、希望しますか」



1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
535: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:06:29.77 ID:kSZH6s1I.net
どれ
536: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:08:41.90 ID:Kttw6uGu.net
凛「7700万円です!」

海未「・・・」

理事長「そのお金の使い道は」

凛「>>539
539: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:12:58.73 ID:gD3wX0Js.net
プロスポーツ選手養成所の建設
542: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:39:39.88 ID:Kttw6uGu.net
凛「プロスポーツ選手養成所の建設費用にします!」





― プロスポーツ選手養成所 建設費用 7700万円欲しい! ―

スポーツトレーナー   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
544: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:42:21.84 ID:Kttw6uGu.net
絵里「プロスポーツ選手養成所、ということだけれど」

凛「はい」

絵里「どのスポーツのこといっているのかしら?まさか、全てのスポーツをカバーするわけじゃないわよね?」

凛「えっと、凛が考えているのは・・・>>545
545: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 22:43:51.28 ID:tmuxvn+a.net
陸上です
547: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:02:48.92 ID:Kttw6uGu.net
凛「陸上のプロ選手養成所です」

絵里「なるほど、陸上・・・。貴方は、陸上のプロなのかしら?」

凛「いえ、凛はプロではないです。でも、今も陸上のトレーナーはしてます」

絵里「そういうことね。じゃあ、そのノウハウを生かして、ってことになるのかしらね?」

凛「そうですね!」

絵里「でも、単に陸上選手を育てるだけなら、別に今の仕事と大差ないと思うんだけど」

凛「・・・」

絵里「貴方が考える陸上のプロ選手育成所は、普通のものとどこが違うのかしら?」

凛「はい。他との違いは、>>549です!」
549: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:10:18.56 ID:YwTkCAXJ.net
ラーメンの店主でもやっていける!
552: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:21:59.86 ID:Kttw6uGu.net
凛「ラーメンの店主でもやっていけるように育成するとこです!」

穂乃果「ら、ラーメン?」

凛「はい!」

絵里「・・・何故ラーメンなのかしら?」

凛「ラーメンって今凄く流行っているし、おいしいし、何よりすぐ始められますから!」

穂乃果「貴方は今ラーメン屋もやっているの?」

凛「え?あ、凛はやってません」

海未「・・・」
553: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:25:28.93 ID:Kttw6uGu.net
凛「でも、やろうと思ったことはあります!」

にこ「・・・」

凛「実は、プロの陸上選手を目指してた時期が、凛にもあって・・・結局、諦めたんですけど」

海未「・・・」

凛「その時に、ラーメン屋をやろうかなぁって、真剣に考えたんです」

花陽「どうしてやらなかったんですか?」

凛「なんか難しそうだなぁって。それでトレーナーになったんですけど」

絵里「・・・」

凛「でも後から調べたら、結構簡単にできることが分かって、やればよかったなぁって思ったんです!」
554: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:32:20.57 ID:Kttw6uGu.net
穂乃果「えっと、つまりプロがダメだった時の為に、第二の道としてラーメン屋を用意してあげるってことかな?」

凛「はい!やっぱり、プロは厳しいので、全員はなかなかなれないですから」

穂乃果「そっかぁ。・・・いいね!」

テーーーーン

にこ「・・・」

穂乃果「実は私も、高校生くらいの時に貴方と同じようなこと考えてて」

海未「・・・」チラッ

穂乃果「なんで将来の夢って1つに決めなきゃいけないんだろうってずっと思ってたんだよね」

凛「はい、分かります!」

穂乃果「だから、二つの道を用意してあげるのは、とてもいいことだと思うよ」
555: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:35:53.02 ID:Kttw6uGu.net
絵里「・・・二兎追う者は一兎をも得ずにならないかしら?」

凛「え?」

絵里「私はプロ選手ってそんなに甘くないと思うのだけど。ダメだった時のことを考えてるような人が、プロになれるとは思わない」

凛「そんなことはないと思います!」

絵里「でも、事実、貴方はプロになれてないわよね?」

凛「それは・・・」

絵里「そういう甘い考えだから、プロになれなかったんじゃないの?」

凛「・・・」

穂乃果「・・・」

花陽「・・・」
564: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:27:59.00 ID:jY05dk4f.net
穂乃果「ところで、スポーツの経験があるのは分かったけど、ラーメンは?」

凛「ラーメンはこれから修行しようと思ってます」

穂乃果「これから?どこかのお店に入ってってこと?」

凛「はい!修行の期間は・・・」

1個下レスコンマ1桁 ヶ月
565: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:30:32.53 ID:SO23m0w2.net
にゃんにゃんにゃーん♪
566: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:34:17.47 ID:jY05dk4f.net
凛「3か月は必要だと思います」

穂乃果「3か月・・・それなら、待てる期間ではあるね」

花陽「あの、逆に3か月で大丈夫なんですか?」

凛「はい!」

テーーーン

花陽「はい・・・」

海未「・・・」

絵里「・・・」

にこ「・・・」
567: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:36:52.23 ID:jY05dk4f.net
絵里「・・・なんか、薄っぺらいのよね」

凛「え・・・」

絵里「まず、ここに来る前に、ラーメンの修行もしていない。にも関わらず、修行の期間は3か月でいいと言う」

凛「・・・」

絵里「本当によく考えた?私には、思いつきでアイデアを話しているようにしか思えない」

凛「それは・・・」

絵里「だって、7700万円ものお金よ?私だったら、とてもじゃないけど、無責任なこと言えないわ」

凛「でも、出来ると思ったんです!」
568: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 01:42:51.12 ID:jY05dk4f.net
絵里「思った、ではなく、出来た、という結果を持ってくるべきなのよ、これだけのお金をかけるのだから」

凛「・・・」

絵里「最初から聞いてて、貴方の話は支離滅裂なのよ。こっちではスポーツ、こっちではラーメン・・・」

凛「はい・・・」

絵里「ただ自分の好きなことに、安易な気持ちで手を出そうとしているようにしか思えないわ」

凛「・・・」

絵里「申し訳ないけど、そんな素人的な考え方の人とは、絶対に組みたくないのよね」

プワンプワンプワンプワーーン!

穂乃果「・・・」

花陽「・・・」



いきなり崖っぷちの女・・・

しかしこの後、一人の虎が強力に後押しをする


穂乃果「でも私は貴方みたいな人好きだよ!」
575: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 22:24:22.52 ID:8NRawFhb.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル



経営のプロである絢瀬は、プランの穴を決して逃さない

今回の志願者のプランの甘さを、徹底的についていく構えだ

はたしてどうなる・・・
576: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 22:26:24.92 ID:8NRawFhb.net
高坂 穂乃果

株式会社 『穂むら』 代表取締役社長

年商15億円  和菓子屋チェーン経営




和菓子屋の風雲児高坂はプランよりも志願者の心意気で金を出す傾向

事実、今回の志願者にも、唯一共感を示している様子

全額出資もありうる
577: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 22:31:21.75 ID:8NRawFhb.net
穂乃果「要するに、貴方は陸上選手養成施設と、ラーメン道場を合体させたものを作りたいってことでいいのかな?」

凛「はい!」

穂乃果「それって、別々なの?それともセットなの?」

凛「別々でもあり、セットでもあります」

穂乃果「・・・どういうこと?」

凛「えっと、基本的に、最初は陸上選手を目指している人を入会させようと思ってるんです」

穂乃果「うん」

凛「で、その人に対して、いきなり陸上とラーメンを教えても、混乱しちゃいますよね?」
578: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 22:34:20.28 ID:8NRawFhb.net
穂乃果「そうだね・・・同時に全く違うこと二つ教えられたらパンクしちゃうかも」

凛「だから、まずは陸上に専念してもらいます。プロを目指して」

穂乃果「うん」

凛「そして、本人の希望するタイミングで、ラーメンの修行を始めるんです!」

絵里「・・・」

穂乃果「・・・そのタイミングっていうのは?」

凛「人によるんですけど、例えば、もしかしたらプロは無理かもって思い始めたタイミングとか」

穂乃果「うん」

凛「もしくは、完全にプロを諦めて、第二の道を歩こうと決めたタイミングとか・・・それは色々あると思うんです」
580: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 22:41:14.84 ID:8NRawFhb.net
穂乃果「なるほどね」

凛「凛の施設では、いつどんなタイミングでも、第二の道に移行できるのが特徴です!」

穂乃果「実際、引退後飲食業やってるプロの人もいっぱいいるし、需要はありそうだよね」

花陽「・・・でも、貴方の施設では、ラーメンしか学べないんですよね?」

凛「はい」

花陽「とりあえず陸上のプロを目指す人の全員が、第二の道にラーメンを選ぶんでしょうか・・・」

凛「ラーメンはおいしいし、さっき言ったようにすぐ始められるので、多いと思います!」

穂乃果「・・・」
581: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 22:45:20.78 ID:8NRawFhb.net
花陽「でも、仮に多かったとしても、陸上をする人の全員が選ぶわけじゃないですよね」

凛「はい」

花陽「つまり、貴方の施設では、ターゲットを陸上のプロを目指している且つラーメン屋をやりたい人に絞るってことですか?」

凛「いえ、最初に入会するタイミングでは、あくまで陸上のプロを目指している人っていう緩い縛りで募集します」

花陽「え・・・でも、それだと、必ずしもプロがダメだった時に、全員がラーメン修行をするわけじゃなくなりますよね?」

凛「あ、はい。もしラーメン屋をしたくなければ、その時点でやめていただきます」

テーーーン

穂乃果「・・・」

花陽「・・・
588: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 00:58:11.71 ID:3WgsVbxI.net
海未「・・・つまり、ラーメンに興味のない陸上プロ志望者にとっては、何の魅力もないところなわけですね」

凛「え?そ、そんなことは・・・」

海未「でも貴方最初に言いましたよね?他との差別化ポイントはラーメンも学べることだと」

凛「・・・はい」

海未「そして、それを求めていない人には何のフォローもなく切り捨てると言いました」

凛「・・・」

海未「それはつまり、ラーメンに興味のある人しか、その付加価値は享受できないということですよね」
589: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 01:02:11.28 ID:3WgsVbxI.net
凛「・・・で、でも!練習の合間とかにラーメンを食べれます!」

穂乃果「え?どういうこと?」

海未「・・・」

凛「ラーメンの修行中の会員の方に、昼食のラーメンを作ってもらおうと考えてるんです」

穂乃果「なるほど・・・修行の一環として?」

凛「はい、修行でもありますし、陸上の練習をしている方のお腹も満たせます!」

海未「・・・そういうことを、早く言うべきなんですよ、あなたは」

凛「え?でも、聞かれなかったので・・・」
590: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 01:06:42.07 ID:3WgsVbxI.net
海未「いや、聞かれなかったからではなくて、自分から言わなければならないんですよ」

凛「・・・」

海未「この事業の要は、陸上とラーメンのシナジーでしょう?そこを先に説明しなければ、何も始まらないでしょう」

凛「はい・・・」

海未「貴方の話を聞いてると物凄く腹が立ってきますよ」

にこ「・・・あのね。今言っててもそうでしょうけど、聞いててもムカムカするわよ」

凛「・・・」
591: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 01:09:51.87 ID:3WgsVbxI.net
にこ「はっきり言うけど、このレベルは泥棒よ。私に言わせれば」

凛「・・・」

にこ「全てが論理破綻してて、思いつきで全て話してるようにしか思えない」

海未「・・・」

にこ「それで7700万円なんて、泥棒としか思えないわ。絶対に帰ってこないもの」

凛「・・・」

絵里「・・・」

穂乃果「・・・」
593: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 01:18:43.18 ID:3WgsVbxI.net
花陽「・・・あの、事業計画書みたいなものは、ありますか?」

凛「事業計画書・・・?」

花陽「7700万円の内訳とかが書いてある・・・」

凛「あ、はい!あります!」

にこ「・・・」

花陽「じゃあちょっと・・・」

海未「・・・見せていただけますか?」

凛「はい!」ゴソゴソ



強い逆風の中、女は事業計画書を取り出す

この事業計画が、マネー成立のカギを握るが、果たして、虎たちの反応は・・・

この後、虎が吠える
596: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:32:26.89 ID:3WgsVbxI.net
小泉 花陽

株式会社『Heaven』 代表取締役社長

年商25億円  米トータルプロデュース



今や世界の米を支配する米社長小泉は、今回の志願者に歩み寄りの姿勢を見せる

小泉が要求した事業計画書によって、この後大波乱が巻き起こる
597: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:34:36.42 ID:3WgsVbxI.net
園田 海未

株式会社『ラブアロー』 代表取締役社長

年商102億円   日本舞踊振興団体




日舞の虎園田は曲がったことを許さない

今回の志願者の発言を受け、既に怒り心頭だ

この後、志願者が出した事業計画書を見て、怒り狂う
598: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:37:08.20 ID:3WgsVbxI.net
矢澤 にこ

株式会社 『矢澤プロダクション』 代表取締役社長

年商70億円  アイドルプロデュース



苦労人の矢澤は生半可なプランには金を出さない

今回の志願者のプランの甘さに、既に呆れ気味の様子の矢澤だが、

この後、志願者の事業計画書を見てとんでもない行動に出る!
599: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:41:36.40 ID:3WgsVbxI.net
凛「・・・どうぞ」ガサッ

海未「・・・」ガササッ

穂乃果「・・・貴方は、どうしてプロになれなかったの?」

凛「それは・・・ちょっと、ケガをしてしまったので」

穂乃果「ケガ?」

凛「はい。凛、高校の時はスクールアイドルをやってたんですけど・・・」

花陽「・・・」

凛「卒業後、陸上のプロになるって決めて、高校の分も頑張るぞ!って張り切りすぎちゃって・・・」

穂乃果「オーバーワークになっちゃったってことかな?」

凛「はい・・・」

絵里「・・・」
600: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:45:32.79 ID:3WgsVbxI.net
海未「・・・あの」ガサッ 

花陽「ところで・・・あ、ごめんなさい」

海未「・・・いえ、先にどうぞ」

花陽「あ、はい。ラーメンって、そんなにすぐに身につけられるものなんですか?」

凛「うん、凛はそう思ってます。だって、カップラーメン、あんなに簡単ですよね?」

花陽「え?えぇ、はい・・・」

凛「お店でラーメン作ってるの見ても、なんかすぐできそうだし、ちょっと修行すれば行けると思います!」

花陽「そうですか・・・」

にこ「・・・」
601: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:49:11.91 ID:3WgsVbxI.net
海未「・・・あの。この事業計画書は、どれくらい時間をかけたんですか?」

凛「え?えーっと、覚えてないですけど、結構かかりました」

海未「・・・」

絵里「私にも見せてもらっていいかしら?」

海未「・・・はい」ガサッ

凛「実は、今トレーナーをしているとこの社長さんにも、こういうことがやりたいって話をして」

穂乃果「あ、話を通してるんだ」

凛「はい。それで、頑張れって応援してくれて、アドバイスを貰いながら、それも書きました!」

絵里「・・・」
603: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:54:04.16 ID:3WgsVbxI.net
海未「今の話が本当なら、貴方はその社長さんを馬鹿にしていることになりますが」

凛「え!?そんなことはないにゃ!・・あ、ないです!社長さんには、とても感謝してますし・・・」

海未「だったらどうしてこんな紙切れになるのですか!」

凛「っ!」ビクッ

海未「これでは子供のお絵かきも同然です。よくこれを事業計画書として出せましたね」

凛「べ、別に出したくて出したわけじゃ・・・出せって言われたから」

海未「いや出す義務があるんですよ貴方には。7700万円を貰いにきているのに、事業計画書を見せないなんてありえないでしょう!」

凛「・・・はい」

花陽「・・・」
605: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 02:58:41.85 ID:3WgsVbxI.net
にこ「・・・私帰るわ」ガタッ

絵里「・・・」チラッ

凛「え・・・」

にこ「あんた、資格ないわ。少なくとも、今の状態では」

凛「・・・」

にこ「もちろん、夢をもつのは大切よ。それは子供も大人も同じ」

凛「・・・はい」

にこ「でも、大人なら、それを実現させるよう、現実的なプランを描かなきゃいけない」

凛「・・・」
606: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:02:02.93 ID:3WgsVbxI.net
にこ「なのにあんたは、子供みたいにやりたいことだけ出してるだけ」

凛「それは・・・」

にこ「子どもはそれやっても許されるけど、大人がそれでお金が欲しいなんて、泥棒でしかないわ」

凛「・・・」

にこ「まして今回は7700万円だしね。・・・まず、大人として何をすべきか考えなさい。じゃあね」スタスタスタ

凛「・・・」

にこ「・・・」ガチャ

海未「・・・」

花陽「・・・」

穂乃果「・・・」
607: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:05:30.97 ID:3WgsVbxI.net
絵里「理事長、ちょっといいですか?」

理事長「はい」

絵里「これ、事前に志願者を選ぶ作業もあるわけですよね?」

理事長「・・・はい」

絵里「だったら、もっとちゃんと選んでいただかないと・・・」

理事長「・・・」

絵里「私たちだって、時間を作ってきているわけですから。・・・これでは、何のために来たのかわからないわ」

凛「・・・」

絵里「素人ではないんですから・・・よろしくお願いします」
608: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:08:50.11 ID:3WgsVbxI.net
凛「・・・あの、凛は今回、真剣にやってきたつもりです」

海未「どこがですか?」

凛「凛も、陸上のプロ目指して、ケガでダメになって、その時本当に絶望しました」

花陽「・・・」

凛「何をしようって。一体この先、何で食べていけばいいんだろうって。悩み続けました」

穂乃果「・・・」

凛「凛はその時、偶然、今の会社に拾われましたけど・・・世の中には、絶望したままの人も一杯いると思うんです」
609: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:12:21.43 ID:3WgsVbxI.net
海未「・・・あのですね、そういう人を救いたいのであれば、猶更、もっと真剣に考えないといけないんですよ」

凛「・・・」

海未「貴方のアイデアでは、プロを断念したもののラーメンはやりたくない人が、絶望したままではないですか」

凛「それは・・・」

海未「これに対する明確な回答がない時点で、どこが真剣にやってきたんだと言いたくなります」

凛「・・・」

海未「貴方もそのような辛い経験をしたのなら、もっと親身に、真剣に考えることができるはずなんです」

凛「・・・はい」

海未「今のレベルでは、子供の夢と同じレベルでしかありません。ノーマネーです」
610: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:14:26.81 ID:3WgsVbxI.net
絵里「・・・」

花陽「・・・」

穂乃果「・・・」

理事長「・・・この時点で、皆さんからの合計額が、貴方の希望額に達しなかったので」

凛「・・・」



―― ノーマネーで、フィニッシュです ――
611: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:18:14.01 ID:3WgsVbxI.net
理事長「・・・何か一言あれば」

凛「・・・もう決まったから、何もないにゃ」

海未「・・・その顔と喋り方が凄く腹が立ちます。開き直ってるじゃないですか」

凛「あ・・・」

花陽「それはよくないよ・・・」

海未「謙虚になりなさい!!!!」

凛「・・・はい。・・・すみません」

海未「皆見てるんですよ。貴方の人間性を。・・・今の捨て台詞みたいな言い方って」

凛「・・・」

海未「・・・最低じゃないですか」
612: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:20:50.44 ID:3WgsVbxI.net
その後、女は虎たちを待った

自分を、ここで終わらせないために・・・



海未「・・・」ガチャ

凛「あ・・・。どうも、すみませんでした!」

海未「・・・いえ。こちらこそ、色々言って失礼しました」

凛「いえ・・・凛が悪かったので」

海未「・・・。私は、普段日舞の稽古をつけるときもそうですが、ダメな時はダメとしか言いません」

凛「・・・」
613: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 03:28:15.08 ID:3WgsVbxI.net
海未「自分で何がダメだったのか、よく考えてください。そうすれば、必ず成長できます」

凛「・・・はい」

海未「私は、叶えられない夢はないと思っています。しっかり道筋を描いて、突き進むことができれば」

凛「・・・」

海未「ですから、とにかくどうすれば夢を実現できるのか、考えることです。・・・私は、貴方にはそれが出来ると思っています」

凛「・・・はい!」

海未「頑張ってください。・・・応援していますよ」

凛「はい・・・ありがとうございました!」




その女は、今、スタートラインに立った

虎になる、スタートラインに




おしまい
635: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:42:43.00 ID:nZm3h3lW.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長

6人目は志願者(但しこれまで出た志願者以外。被った場合は有効安価まで↓)
636: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:44:20.66 ID:vmMkxKaK.net
海未
637: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:45:01.84 ID:QWGQjjZl.net
638: 名無しで叶える物語(うめぼし)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:52:26.15 ID:rnGxok2/.net
絵里
639: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:53:16.72 ID:9rD1kPkG.net
642: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:54:40.52 ID:nqhxjEuh.net
かぶったので、真姫でお願いします。
644: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 23:56:19.94 ID:MgTmqOOP.net
ミス
志願者だから穂乃果で
645: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:12:23.79 ID:tM7JvsIZ.net
穂乃果「よろしくお願いします!」スタスタ

海未「・・・」

希「・・・」

絵里「・・・」

凛「・・・」

真姫「・・・」

理事長「いくらを、希望しますか」



1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
646: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:14:17.80 ID:eVvaasZB.net
はい
647: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:16:46.90 ID:tM7JvsIZ.net
穂乃果「800万円を希望します!」

海未「・・・」

理事長「800万円ですね」

穂乃果「はい」

理事長「そのお金の使い道は」

穂乃果「>>650
650: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:21:44.56 ID:C48aWKl4.net
饅頭とパンを融合させた新感覚な和菓子屋の開業資金
656: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:30:37.80 ID:tM7JvsIZ.net
穂乃果「饅頭とパンを融合させた新感覚な和菓子屋の開業資金です!」





― 新感覚和菓子屋 開業資金 800万円欲しい! ―

和菓子屋 店員   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
658: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:43:46.80 ID:tM7JvsIZ.net
希「新感覚な和菓子屋、ということやけど、もうちょっと具体的に教えてもらえるかな?」

穂乃果「はい。まず皆さん、まんじゅうはご存じですよね?」

希「うん、もちろん。餡子が中に入ってるやつやんな?」

凛「え、そっち?凛は肉まんとかを想像したけど」

穂乃果「あ、肉まんとかは中華まんって区別になるんです。もちろんそれもおまんじゅうですけど」

凛「あぁ、そうだよね。中華料理だもんね」

穂乃果「私たちは和菓子屋なので、おまんじゅうといえば餡子が入ったものを想像していただければと思います」

希「うん」
659: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:49:10.99 ID:tM7JvsIZ.net
穂乃果「それで、今度はパンなんですけど、パンと聞いたら何を想像しますか?」

希「うーん、ウチはフランスパンかなぁ」

凛「凛はカレーパン!・・・あ、焼きそばパンかにゃ?色々想像しちゃうにゃー」

穂乃果「そう。おまんじゅうと比べて、パンは色々想像できますよね」

海未「・・・」

穂乃果「パンはおまんじゅうよりもメジャーで、様々な種類があって、ご飯と張るくらいの主食です」

絵里「・・・」

穂乃果「それに比べて、おまんじゅうはお菓子の一つでしかない・・・もちろん、和菓子の中ではメジャーですが」

希「・・・そうやね。パンに比べると、いつでも食べるって感覚は薄いかな」
660: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:52:26.64 ID:tM7JvsIZ.net
穂乃果「和菓子屋の私からすると、お饅頭もすごく種類があって、色々作れるんです」

真姫「・・・」

穂乃果「でも、パンほどメジャーではないので、それを知ってもらえる機会が少ないんです」

希「・・・なるほど」

穂乃果「だから私が新しくやりたいのは、メジャーであるパンとお饅頭を融合させた、新しい和菓子のお店なんです」

希「和と洋の融合・・・ってことやんな?」

穂乃果「はい。でもあくまでベースはお饅頭です。私がやりたいのは和菓子屋ですから」

希「・・・」
662: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:57:22.36 ID:tM7JvsIZ.net
穂乃果「主食であるパンの要素をお饅頭に取り入れることで、これまでよりも食べて頂く機会が多くなると思うんです」

希「それはどういうこと?」

穂乃果「今まで、お饅頭はお菓子でしかなかった。だから、間食でしか食べる機会がなかったわけですよね?」

希「せやね」

穂乃果「それを、腹持ちが良くて、主食として食べれるものにすれば、食べる機会も必然的に増えると思うんです」

希「なるほど・・・。つまり、菓子パンみたいな感じかな?」

穂乃果「そうですね、菓子パンの感覚で食べれるお饅頭を想像して頂ければと思います」

凛「なるほど・・・いいにゃ!」

テーーーン

海未「・・・」

真姫「・・・」
667: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:05:57.31 ID:tM7JvsIZ.net
絵里「結局のところ、パンなの?まんじゅうなの?」

穂乃果「おまんじゅうです」

絵里「・・・仮に腹持ちが良かったとしても、お饅頭と呼んでいるものを、主食として食べるかしら?」

穂乃果「それに関しては、見た目も従来のお饅頭より、食べ応えのあるものにしようと思ってます」

絵里「つまり、お菓子よりはちょっと重い・・・そういう感じかしら」

穂乃果「そうですね。ただ、菓子パンも間食で食べられる方いますし、そういう感覚ですね」

絵里「なるほど。味は?」

穂乃果「味もパンのように、甘いものから辛い物まで、多様な種類を考えています」

凛「それは貴方のオリジナルなのかにゃ?」

穂乃果「はい。私が考えた、オリジナルのお饅頭になります」

凛「・・・」

穂乃果「私としては、>>669という名前で売っていきたいと考えています」
669: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:08:34.11 ID:GvO0G6XR.net
ほむぱんまん
672: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:20:04.87 ID:tM7JvsIZ.net
希「ほむぱんまん・・・」

凛「由来は何かあるのかにゃ?」

穂乃果「私の実家の和菓子屋が『穂むら』という名前なので、そこから取っています」

凛「実家から・・・」

希「ってことは、このほむぱんまんはそのお店で出すってこと?」

穂乃果「いえ、実家とは別に、新しく店舗を建てようと思ってます」

希「それは、つまり、姉妹店みたいなこと・・・かな?」

穂乃果「そうですね」
673: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:23:45.31 ID:tM7JvsIZ.net
絵里「今のお店でそれを出すのではだめなの?」

穂乃果「私はこのお饅頭で饅頭業界、もっといえば和菓子業界に風穴を開けたいと思っています」

絵里「・・・」

穂乃果「そのためにどうしても新しい、このほむぱんまんのための店舗が必要なんです」

絵里「なるほどね」

穂乃果「実際、既に実家の和菓子屋の方で試作品をお客様に食べてもらってます」

凛「・・・評価は?」

穂乃果「かなりいいです。アンケートを取ったものもあるので、よろしければどうぞ」ガサッ
676: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:26:33.93 ID:tM7JvsIZ.net
海未「・・・拝見しましょう。しっかりアンケートを取っているのですね」

穂乃果「はい。お客さんの反応が一番ですから」

海未「当たり前のことですが、結構出来ない方が多いんですよね」ガサッ

絵里「私も見させてもらうわ」ガサッ

穂乃果「はい、どうぞ」

真姫「・・・」

凛「ずっと和菓子作りをしてるのかにゃ?」

穂乃果「はい、高校卒業後から、実家でずっと」
678: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:30:05.30 ID:tM7JvsIZ.net
凛「和菓子ってすぐ作れるもの?」

穂乃果「いえ、最初は全然できなくて・・・。高校の時から、もっとお手伝いしておけばよかったと後悔しました」

凛「まぁ学生の時なんてそんなもんだよねぇ」

海未「・・・なるほど、確かにお腹に溜まるという意見が多いですね」

穂乃果「はい」

海未「フランスパンのような食感なのに中身はお饅頭・・・そんな商品もあるんですか?」

穂乃果「はい。パンは味ももちろん、食感も様々なのが特徴なので、それも取り入れています」

凛「・・・」
681: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 01:37:39.52 ID:tM7JvsIZ.net
絵里「・・・ざっとこのアンケートを見てたんだけど」

穂乃果「はい」

絵里「『ほのぱんまん』だけを扱ったお店があったら行くかという質問に、大多数が行くと答えているわね」

穂乃果「はい」

絵里「そして、これが商品化されたら買うという人もかなりの数がいる」

海未「・・・」

絵里「もしこのアンケートの結果が本当なら、これは儲かる商売になると思うわ」

穂乃果「・・・」

絵里「投資したくなっちゃうわよね」

テーーーン

海未「・・・」

凛「・・・」



女の饅頭に強い興味を示す絢瀬・・・

この後、女は畳みかけるように、更なる事業計画を話す

それを聞いて、あの虎までも食いつく・・・!
699: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 23:11:23.34 ID:p2YOYY/v.net
星空 凛

株式会社『Miracle Bell』 代表取締役社長

年商6億円  ラーメンプロモーション



今回注目はラーメン界を牛耳る飲食の虎、星空凛

ラーメン業界を完全制圧したその絶対的な舌は、志願者の饅頭にどのような審判を下すのか
700: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 23:14:09.89 ID:p2YOYY/v.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル



数々の会社を成功に導いた成功請負人絢瀬も、今回の志願者には一定の評価

しっかりしたプランには金を出す傾向があるだけ、このままの流れなら全額投資もありうる
701: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 23:16:45.10 ID:p2YOYY/v.net
絢瀬「この800万円には、店舗代も含まれているのよね?」

穂乃果「はい、そうですね」

絢瀬「もう大体場所のあたりはつけているのかしら?」

穂乃果「はい」

絢瀬「どこに出店する予定なの?」

穂乃果「>>703です」
703: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 23:19:16.67 ID:13HNzVA2.net
音ノ木坂学院前
706: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 23:55:56.32 ID:p2YOYY/v.net
穂乃果「音ノ木坂学院前です」

絵里「音ノ木坂学院・・・確か、スクールアイドルの名門校よね」

穂乃果「はい」

絵里「どうしてそこなのかしら?」

穂乃果「はい。・・・音ノ木坂学院は私の母校なんですけど」

海未「・・・」

絵里「貴方もスクールアイドルだったということ?」

穂乃果「はい。私いたころの音ノ木坂は全然スクールアイドルとかやってる人いませんでしたけど・・・」

絵里「・・・」
707: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 23:59:54.01 ID:p2YOYY/v.net
穂乃果「でも、その中で、私たちはラブライブに出るたびに、日々凄く練習していたんです」

真姫「・・・」

穂乃果「それで、やっぱり高校生とかって、帰りに寄り道して何か食べに行ったりするじゃないですか」

凛「うん。凛もよくしてたにゃー」

穂乃果「私たちも、よくハンバーガーとか食べてたんですけど、その感覚で、私のお饅頭を提供したいと思ったんです」

絵里「なるほど・・・間食でもあり主食でもある、ファーストフードのようなイメージということなのね」

穂乃果「はい」

希「まぁ確かに、今音ノ木坂学院は日本有数のマンモス校になっているし、客足は見込めそうやね」
708: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:04:13.70 ID:RgdnCTTO.net
凛「その立地で出すということは、当然高校生向けの味のアレンジがされているということ?」

穂乃果「はい。レパートリーは色々ありますけど、高校生向けの味で出そうと思っています」

凛「なるほどね・・・。将来的には、色々なところに店舗を出すつもりなの?」

穂乃果「はい。音ノ木坂学院前の店舗を足掛かりに、秋葉原中心にまずは東京に出店をしていきます」

絵里「なるほど・・・」

希「逆に、展開していく上で、1号店はそこでいいんかな?」

穂乃果「・・・というのは?」

希「確かに客足は見込めそうな立地やけど、もっと爆発的に人がくるところもあるわけやん?」

穂乃果「それは・・・」
709: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:08:34.09 ID:RgdnCTTO.net
凛「うーん、でも、多店舗展開する上で1号店をどこに出すかってあんまり関係ないにゃ」

希「・・・」チラッ

凛「凛は色んなラーメン屋見て来たけど、場所に拘ったところの方がむしろ潰れてるよ」

穂乃果「・・・」

凛「結局味が良ければ、1号店なんてどこで出しても、いずれ売り上げが取れて展開していけるわけだし」

絵里「そうね。場所に拘りすぎるのは、素人的な考えだわ」

希「・・・」ジロッ

絵里「場所はそこそこの所の方が初期投資を抑えられるしね。それに、内容が伴わなきゃ場所がよくても仕方ない」

穂乃果「・・・そうですね」
711: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:11:45.19 ID:RgdnCTTO.net
凛「ただ、立地に拘らなくてもいいけど、その分営業は必要だと思う」

穂乃果「営業ですか?」

凛「うん。昔流行ってたとんこつラーメンの店主は、接客は積極だって言って、どんどん売り込んでたんだよ」

穂乃果「積極・・・」

凛「立地に妥協するからには、そういう努力が必要だってことだね」

穂乃果「はい。それはしっかりやっていくつもりです。スクールアイドルだったので、そういうのは得意ですから!」

真姫「・・・そうね。貴方なら出来る気がするわ」
713: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:16:26.74 ID:RgdnCTTO.net
凛「凛はこの音ノ木坂学院前という場所・・・かなりいいセンスだと思うにゃ」

絵里「・・・」

凛「お客さんのほとんどがスクールアイドルになるわけだよね?」

穂乃果「そうですね、そうなります」

凛「ラーメンでもそうなんだけど、今スクールアイドルの宣伝効果ってすごいんだよね」

穂乃果「・・・」

凛「スクールアイドルがツイッターとかで呟くだけで、翌日のそのお店は大繁盛」

希「そんなに影響力あるんや・・・」

凛「ライブとかで宣伝した日には、もう長蛇の列確定だよ」

海未「・・・
714: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:19:03.27 ID:RgdnCTTO.net
凛「そのあたりを計算してのこの場所なのかにゃ?」

穂乃果「はい。スクールアイドルがどれくらい注目されるかは、自分自身体験しているので」

凛「なるほど。・・・でも、だとしたら味がかなり大事になってくるにゃ」

穂乃果「・・・」

凛「最近は毒舌スクールアイドルなんてのもいるし・・・不味かったら、全て逆効果」

穂乃果「・・・はい」

凛「その中でこの場所をチョイスするってことは、味に相当な自信があるんだよね?」

穂乃果「・・・あります!」
715: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 00:27:40.57 ID:RgdnCTTO.net
凛「・・・食べてみたいにゃー。実際に」

絵里「それは今日試食できるのかしら?」

穂乃果「はい!それじゃあ、持ってきますね!」




いよいよ、女は絶対的な武器『ほむぱんまん』を虎に食わせる

ほむぱんまん・・・あくまで饅頭をベースにしながらも、パンのような腹持ちのよさがあり、

ファーストフード感覚で食べられるものだという



この後、スクールアイドルに絶対受けると豪語するその饅頭に、虎たちがひれ伏す

そしてあの虎の一言から、マネー成立に拍車がかかる!


海未「失敗するかもしれませんね」

ドッゴーーーーン

凛「凛はそうは思わない」

ピカーーーン



饅頭に札束が舞い降りる・・・
730: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:37:54.57 ID:MrAZXol5.net
東條 希

株式会社『スピリチュアルのんたん』 代表取締役社長

年商20億円   占いハウス経営



スピリチュアル占い師東條は今回の志願者に一定の評価をしている

この後、実際に饅頭を食べて投資することになるのか
731: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:39:34.77 ID:MrAZXol5.net
西木野 真姫

私立『西木野総合病院』  院長

年商 非公表   病院経営


カリスマ医師西木野はここまで静観の構えを見せている

しかしこの後、志願者の饅頭を食べて驚きの反応を示す
732: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:40:46.16 ID:MrAZXol5.net
園田 海未

株式会社『ラブアロー』 代表取締役社長

年商102億円   日本舞踊振興団体



曲がったことを許さず、毎回志願者に厳しい言葉を浴びせる園田も、

今回の志願者にはやけに優しい

しかしこの後、饅頭を食べた園田の発言から、事態はマネー成立へと大きく傾く!
733: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:45:37.37 ID:MrAZXol5.net
穂乃果「・・・」ガサッ

凛「・・・」

絵里「・・・」

海未「・・・」

穂乃果「まず皆さんに食べて頂きたいのは、一番オーソドックスなほむぱんまんです」

真姫「・・・」

穂乃果「それは、これなんですけど」サッ

凛「・・・白い?」
734: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:48:27.55 ID:MrAZXol5.net
穂乃果「はい。その生地に食パンを使っています」

凛「へ~。でも、形はお饅頭なんだね」

穂乃果「はい。そして、中身もお饅頭の定番、餡子を使っています」

海未「・・・」

穂乃果「この餡子は実家の和菓子屋で長年培われたもので・・・はっきり言って相当美味しいです」

凛「・・・うん。まぁとりあえず食べてみようかな?」

穂乃果「はい。皆さんにお配りしますね」




ついに女はその魅惑の饅頭、ほむぱんまんを虎に食わせる

この後、腹を減らした虎が饅頭にがっつく・・・

そして、あの虎が絶賛の声を挙げる!
735: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:49:40.45 ID:MrAZXol5.net
穂乃果「失礼します」スッ

海未「・・・」

絵里「・・・」

穂乃果「失礼します」スッ

凛「・・・」

希「・・・」

真姫「・・・」

凛「それじゃ、いただきます」モグモグ

海未「・・・いただきます」モグモグ

穂乃果「・・・」
736: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:52:09.76 ID:MrAZXol5.net
希「・・・」モグモグ

絵里「・・・」モグモグ

希「これは・・・不思議な味やね」

真姫「・・・」モグモグ

凛「・・・すっごく美味しい!」

穂乃果「っ!ありがとうございます!」

海未「・・・」ゴクン

理事長「・・・園田社長、どうですか?美味しいですか?」

海未「・・・」

理事長「園田社長が試食で完食されたのは、初めてだと思いますが」
737: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:54:43.12 ID:MrAZXol5.net
海未「・・・。おいしいですよ」

穂乃果「・・・!」

海未「おいしいです。私は好きですね」

凛「なんだろう。こう・・・組合せだけ考えると、ただのアンパンなんだけど」

穂乃果「はい」

凛「上手く生地と餡子を和菓子の技術でアレンジして、新しい食感と味を生み出してるね」

絵里「・・・この餡子は秀逸だわ。しつこくない甘さで、いくらでも食べれる」

真姫「・・・そうね、おいしいわ」
738: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 22:57:33.50 ID:MrAZXol5.net
穂乃果「ありがとうございます!・・・あの、他の饅頭も見てもらいたいんですが」

凛「うん」



虎たちから絶賛の声が挙がる中、更に女は畳み掛けた

取り出したのは、様々なバリエーションの饅頭

めくるめく饅頭ワールド・・・

見ているだけでおいしいその数々の饅頭に、虎たちが釘付けになる



絵里「これも全て、店で実際に売ろうと考えているのかしら?」

穂乃果「はい。全て商品として考えています」
739: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:01:24.71 ID:MrAZXol5.net
希「・・・見た目から全然違うのがたくさんあるんやね」

穂乃果「そうですね。生地も中身もそれぞれで変えていますから」

凛「うーん、とりあえずそれも試食してみるにゃー!」ガタッ

絵里「前に行って好きなのを取って食べましょう」ガタッ

真姫「そうね」ガタッ

海未「・・・」ガタッ

凛「・・・これは、フランスパンで饅頭を包んでるのかにゃ?」モグモグ

穂乃果「はい。外はフランスパン特有のカリッとした食感、中には饅頭のふわっとした食感を残しています」

凛「なるほど・・・。うん、おいしい!」
740: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:03:59.01 ID:MrAZXol5.net
絵里「・・・これは、ラーメン饅頭かしら?」モグモグ

凛「えっ、ラーメン饅頭!?」

穂乃果「はい。ラーメンをイメージして、中に麺を、生地には醤油の風味をつけています」

希「・・・面白いやん」モグモグ

真姫「このシチュー饅頭もいけるわね」モグモグ

海未「・・・」モグモグ

穂乃果「私が高校生の時に思ったことなんですけど、やっぱり餡子は毎日食べると飽きてしまうんです」

凛「・・・うん」モグモグ

穂乃果「なので、バリエーションをつけるため、様々な種類のお饅頭を用意しています」
742: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:08:39.46 ID:MrAZXol5.net
希「なるほどね・・・とてもいい試みやと思う」

凛「・・・うん。満足にゃー」

海未「・・・」

絵里「御馳走様。それじゃあ、一旦席に戻ろうかしらね」

真姫「・・・」スタスタ

穂乃果「皆さん、お召し上がりいただいてありがとうございました」

凛「美味しかったよ、率直に」

希「せやね。色々バリエーションがあって、楽しいなって感じ」

穂乃果「ありがとうございます」

海未「・・・すみません。話の腰を折って悪いのですが」

穂乃果「はい」
743: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:13:16.82 ID:MrAZXol5.net
海未「今下手に大きくでると、失敗するかもしれませんね」

テーーーーン

穂乃果「・・・」

凛「・・・」

海未「というのは、貴方は今色んな饅頭を見せてくれましたが、正直、それらは私の口には合いませんでした」

穂乃果「・・・」

海未「ただ、貴方が最初に出した食パンの饅頭・・・あれは美味しかったです」

穂乃果「はい」

海未「あれが、貴方のお店の核商品ですよね?」

穂乃果「そうですね、そう考えてます」

海未「であれば、まずはそれを絶対的な地位まで上げるくらい美味しくすることが先決だと思います」

穂乃果「・・・」
744: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:18:01.84 ID:MrAZXol5.net
海未「そしてその後に、貴方の言ったバリエーションを重視して、色々手を広げていく方が、失敗しないでしょうね」

穂乃果「・・・はい」

海未「貴方の話を聞いてると、しっかりアンケートを取ったり、集客を考えたり、非常に堅実です」

穂乃果「・・・」

海未「ですから、今はもっと足元を固めて、手を広げるべきではないですか?」

穂乃果「・・・」

凛「・・・堅実な考えの人がこういうことをやりたいってもってきてるんだから、考えてあげればいいんじゃない?」

テテーーーン

海未「・・・」ジロッ
745: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:23:35.40 ID:MrAZXol5.net
凛「今まで自分の和菓子屋で、堅実に饅頭づくりをしつつ、味の研究とかしてたんだよね?」

穂乃果「はい」

凛「その中で、もっと饅頭をポピュラーなものにするために、一歩大きく踏み出すためのお金がこれなんでしょ?」

穂乃果「・・・はい。今の饅頭では届かない、国民食としての饅頭を目指したいんです」

凛「確かに堅実さも大切だと思うよ。でも、大きく一歩を踏み出すことでだけ、何かを変えられることもある」

海未「・・・」

凛「それにむやみに大きな一歩じゃなくて、毎日餡子だと飽きるっていう経験を生かして、色々バリエーションを持たせてる」

穂乃果「・・・」

凛「だったら凛はそれを応援してあげたいし、そのために800万円がそんなに大きい額かっていうと、凛はそうは思わない」

海未「・・・」
746: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:29:55.02 ID:MrAZXol5.net
希「・・・それぞれの考え方やね。堅実な歩みを評価して、その安全性への投資を行う人もいる」

海未「・・・」

希「一方、大きな歩みを評価して、その夢に賭けて投資を行う人もいる」

真姫「そうね。貴方の考え方や夢を分かった上で、後は・・・それに私たちそれぞれが乗るか乗らないか」

穂乃果「・・・」

凛「・・・個人的なことなんだけど、凛は最近の似たようなラーメンが蔓延している状態に飽き飽きしてるんだ」

絵里「・・・」

凛「だから、今の凝り固まったところをぶち抜くような一手に凛は凄く痺れるし、応援したい」

海未「・・・」
747: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:32:42.15 ID:MrAZXol5.net
凛「貴方の饅頭は美味しいけど、正直貴方の夢を叶えるにはまだまだだと思う」

穂乃果「・・・」

凛「ただ、その持ち前の堅実さがあれば、夢とのギャップも努力で埋めていけるし、今大切なのは動き出すことだと思う」

穂乃果「・・・はい」

凛「だから、貴方に勢いのある大きな一歩をつけるために・・・凛はお金を出すよ」




ピカーーーン

現在 800万円

希望額まで あと 0万円 
748: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:34:14.63 ID:MrAZXol5.net
理事長「星空さん、全額、800万円で?」

凛「うん。800万円」

穂乃果「・・・ありがとうございます!」

海未「・・・」

絵里「・・・」

希「・・・」

真姫「・・・」





理事長「この時点で、貴方の希望額に、合計額が達しましたので」


―― マネー成立です ――
749: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:39:37.67 ID:MrAZXol5.net
プワァァァァァン!プワァァァァァン!

理事長「おめでとうございます」

海未「・・・」パチパチパチ

絵里「・・・」パチパチパチ

希「・・・」パチパチパチ

凛「頑張ってね!」スッ

穂乃果「ありがとうございます!」

凛「その堅実さがあれば、どんな大きいことも成し遂げられると思うから、夢を忘れずにね?」

穂乃果「はい!必ず、ほむぱんまんで・・・お饅頭を、国民食にします!今日はどうも、ありがとうございました!」
751: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:44:02.40 ID:MrAZXol5.net
翌日から、その800万円は動き出した

前から目星をつけていた音ノ木坂学院前の店舗をおさえ、レイアウトも決まった

800万円・・・そのほとんどが、店舗代と内装代に消えていった

味には絶対の自信がある・・・後は、食べてもらえば、それが国民食になるはず

しかし、相手はスクールアイドル

もし不味ければ、その噂は瞬く間に拡散し、女の店はつぶれてしまう・・・

果たして女は、『ほむぱんまん』を日本中へ知らしめることが出来るのか



女よ、虎になれ・・・饅頭の虎に!




おしまい
754: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:57:57.13 ID:mqRUluln.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下
μ'sキャラ 6人出るまで

1~5人目は社長(但し海未と花陽両方出た場合は後に出た方を無効)

6人目は志願者(海未か花陽。被った場合は有効安価まで↓)
755: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:58:50.91 ID:6dVN1On7.net
海未
756: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:59:07.14 ID:VmZfvcYH.net
にこ
757: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:02:02.42 ID:Yt+4G6Wc.net
758: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:02:11.22 ID:p6TwuNky.net
真姫
759: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:02:29.06 ID:w/Twfdxh.net
絵里
760: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:02:44.38 ID:UX0fd3z/.net
かよちん
762: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:05:19.77 ID:mqRUluln.net
花陽「失礼します・・・」

海未「・・・」

にこ「・・・」

希「・・・」

真姫「・・・」

絵里「・・・」

理事長「いくらを、希望しますか」



1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
763: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:06:58.00 ID:xZeIzWDN.net
はい
765: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:13:12.25 ID:mqRUluln.net
花陽「1億円です」

にこ「・・・」

海未「・・・」

理事長「そのお金の使い道は」

花陽「>>768
768: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:17:26.63 ID:97UfjzCR.net
おにぎり専用米の開発費用
770: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 01:28:32.98 ID:mqRUluln.net
花陽「おにぎり専用米の開発費用です」




― おにぎり専用米 開発資金 1億円欲しい! ―

米農家   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
781: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 22:35:02.52 ID:X9QDQ/vB.net
希「おにぎり専用米・・・おにぎりってのは、もちろんあの?」

花陽「はい。とんじきとも言いますけど、皆さんが日常で食べられてる、普通のおにぎりのことです」

希「それの専用米・・・つまり、そのお米でおにぎりを作れば、より美味しいおにぎりができるってことなん?」

花陽「より美味しいというか・・・正直、今までのおにぎりとは比較にならない、そんなおにぎりになります」

希「へぇ~」

絵里「そのお米を、貴方が開発するのかしら?それとも、どこかへ委託するの?」

花陽「私が開発します。私、今米農家をやってて・・・」

絵里「あぁ、なるほど。農家の方なのね」
782: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 22:38:12.23 ID:X9QDQ/vB.net
花陽「はい・・・」

絵里「それで、そのおにぎり専用米は、普通のお米とどう違うのかしら?」

花陽「あ、はい。・・・えっと、私のおにぎりは・・・じゃなくて、えっと・・・」

にこ「・・・」

花陽「えっと、お米ですけど、あの・・・普通のとは違って、えっと・・・」

真姫「・・・」

花陽「す、すみません・・・。私、あまりこういうところで話すのに慣れてなくて」

海未「いいですよ。落ち着いて、ゆっくり話して頂ければ」

花陽「は、はい。ありがとうございます。・・・私のおにぎり専用米が他と違うのは、>>785です」
785: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 22:49:40.66 ID:60Sabh+0.net
握ったあと崩れにくい
789: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:33:14.84 ID:X9QDQ/vB.net
花陽「握った後崩れにくいところです」

絵里「握ったあと崩れにくい・・・。でも、しっかり握ればおにぎりって崩れることないわよね?」

花陽「はい。でもそれだと、おにぎりの美味しさを完全に殺してしまっているんです」

絵里「・・・どういうこと?」

花陽「おにぎりの本当のおいしさは、口の中に入れたときにふわっと解けて、初めて味わえるんです」

海未「・・・」

花陽「でも、しっかり握ってしまったら、固くて絶対に解けたりしませんよね?」

絵里「そうね・・・あまりおにぎりで、口の中で解ける感覚は味わったことないわ」
790: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:38:31.30 ID:X9QDQ/vB.net
花陽「その口の中で解ける感覚を出すには、決して強く握ってはいけないんです」

にこ「・・・」

花陽「でも、力を入れなさすぎると、すぐに崩れてばらばらになってしまう・・・普通の人には、難しいんです」

絵里「なるほど・・・おにぎりってそんなに奥が深かったのね」

花陽「はい。もちろん私が握れば、本当のおにぎりの美味しさを知ってもらえます。でも、それじゃダメなんです」

海未「・・・というのは?」

花陽「・・・おにぎりって、皆さん一般的に食べるものですよね?」

海未「そうですね。私の日舞の御稽古場や、弓道の道場にも、お昼でよくおにぎりを出しています」

花陽「そういった形でおにぎりは家庭で親しまれてるものですから・・・そこを殺したくないんです」

海未「・・・」
791: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:42:38.39 ID:X9QDQ/vB.net
花陽「ですから私が目指すのは、プロが握った本当のおにぎりではなく、皆さんが簡単に握れる本当のおにぎり、なんです」

海未「・・・なるほど。分かりました。つまり、そのお米を開発すると、私たち素人でも、貴方と同じレベルのおにぎりを握れるのですね?」

花陽「はい。誰でも、簡単に握れます。そして、本当のおにぎりの美味しさを知ることができます」

真姫「・・・」

海未「・・・まず、その本当のおにぎりの美味しさが、いまいち分かりませんね」

花陽「あ、はい、そうですよね・・・。すみません、今日、私が握ったおにぎりを持ってきているので、食べてもらえませんか?」

希「あ、おにぎりもってきてるんや?」

海未「それはつまり、貴方の言うところの、本当のおにぎり、ということですか?」

花陽「はい。・・・あの、食べてもらえますか・・・?」

真姫「・・・えぇ。食べましょう」

花陽「ありがとうございます・・・!それじゃあ、今お出ししますね」ガサガサ
792: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:44:48.08 ID:X9QDQ/vB.net
海未「・・・」

にこ「・・・」

花陽「・・・すみません、失礼します」サッ

海未「・・・では、いただきます」モグ

絵里「いただきます」モグ

花陽「すみません、どうぞ」サッ

希「ありがと、いただきます」モグ

にこ「・・・」モグ

真姫「・・・」モグ

花陽「・・・」

海未「・・・」モグモグ

にこ「・・・」モグモグ
793: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:48:54.58 ID:X9QDQ/vB.net
海未「・・・なるほど。これが本当のおにぎりですか」

花陽「は、はい・・・」

海未「美味しいです。パーフェクツ」

テーーーーン

にこ「・・・」

真姫「・・・」

花陽「・・・ありがとうございますっ!」

海未「これは、握ってからどれくらい経っているのですか?」

花陽「えっと、朝握ったので・・・5時間くらいです」
794: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:54:01.81 ID:X9QDQ/vB.net
希「5時間経って、この味・・・」

海未「貴方の言う専用米なら、だれが握っても、時間が経っても、この味が出せるということですか?」

花陽「はい。おにぎりは、すぐ食べるのではなくある程度保存するものですから、もちろん時間が経っても味や食感は変わりません」

真姫「・・・なるほど。凄いわね、それは」

海未「貴方は、ずっと米に携わっているのですか?」

花陽「はい。高校卒業してから、米農家に弟子入りして・・・稲作をしていました」

海未「・・・」

花陽「どうやったらもっと美味しいお米を作れるんだろうって、毎日考えて、一生懸命稲作をして・・・」

絵里「・・・」

花陽「そしたら、そんな私を見て、農家のおじさんが、私に水田を1つ貸してくれたんです。一年自由に使えって」

海未「・・・!水田を・・・」
795: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 23:59:45.58 ID:X9QDQ/vB.net
花陽「それで私嬉しくって、もっともっと美味しいお米作りに励みました」

にこ「・・・」

花陽「そしたらその二年後・・・私の頑張りを見た農家のおじさんが、私に水田をくれたんです」

真姫「・・・どうしてくれたのかしら?」

花陽「農家のおじさんは思ったらしいんです。私なら、今の厳しい農家の現状を変えれるかもしれないって・・・」

真姫「・・・確かに、TPPもあるしね。今は大丈夫でも、米もいつ巻き込まれるか分からない」

花陽「私は実際に農家を始めて、どれだけ厳しい状況か思い知りました・・・そして、変えなきゃって、思ったんです」

絵里「それで、これを・・・?」

花陽「はい。農家を救う以外にもう一つ、皆さんに本当のお米の美味しさを知ってもらうのも私の夢なんです」

海未「・・・」

花陽「そして、皆さんにとってなじみ深いおにぎりなら、それを実現できると思って、このお米を考えました」
796: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 00:09:14.66 ID:vQgDI8P+.net
真姫「実際、実現できそうなの?」

花陽「そうですね・・・理論上は。だから、後は実験を行って、実際に生産体制を作ることなんですけど・・・」

にこ「その資金がないってことよね」

花陽「はい。私が日々生きていくために、普通のお米も当然育てなきゃいけなくて、どうしても難しくて・・・」

希「なるほどね。でも1億・・・」

海未「私がお金出します。」

花陽「・・・えっ?」

真姫「・・・っ!」チラッ

にこ「・・・」チラッ

海未「私が出します。全額」




ピカーーーン

現在 1億円

希望額まで あと 0万円 
797: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 00:12:58.00 ID:vQgDI8P+.net
ファァァァァン

花陽「えっ、えっ・・・?」

絵里「園田さん、何を・・・」

ファァァン

海未「今までの話を聞いていて、貴方の人間性ははっきりわかりました」

花陽「・・・」

海未「そして、貴方のやろうとしていることにも非常に共感できます」

花陽「えっ・・・?」

海未「私は日本の文化を大切にしたいんです。米は、日本の文化の核となるものですから」

花陽「はい・・・」

海未「でも、今、日本における米は逆風にさらされている。このままだと、未来にどうなっているか分からない」

真姫「・・・」
799: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 00:18:00.42 ID:vQgDI8P+.net
海未「その中で、私も貴方と共に、そのお米で日本の米を救いたいと思ったんです」

花陽「・・・」

海未「貴方の人柄を見る限り、本当にいいお米を作るだろうなと。そして、それなら、1億くらい大した額ではないと思いました」

希「・・・」

海未「ですので、全額投資します」

花陽「は、はい・・・」

絵里「・・・」

真姫「・・・園田社長。もうちょっと話を聞きましょうよ」

海未「・・・」

真姫「私も今まで話を聞いてて、凄く好感のもてる人だと思ったわ。一緒に何かしたいなと思えるくらい」

花陽「あ、ありがとうございます・・・」
801: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 00:27:29.82 ID:vQgDI8P+.net
真姫「だけど、まだ投資するとか決めるには材料がなさすぎるのよ。だから、もうちょっとお話聞いてもいいかしら?」

海未「・・・」

にこ「そうね。私も同じ意見だわ。・・・まだ話したいことあるんじゃない?」

花陽「・・・あ、はい。実は、今回のお米とは別に、私が既に開発したお米があるんです」

真姫「へぇ・・・。それって、そんなに簡単に開発できるものなの?」

花陽「あ・・・大したものじゃないんです。ちょっと改良を加えただけというか」

海未「・・・」

花陽「でも、既存のお米よりはだいぶ美味しいと思います。・・・良ければ、これも食べてもらえませんか?」

真姫「・・・そうね。いただくわ」





ただの米農家の女を、虎たちが取りあう・・・

しかし、志願者はお構いなしに、次なる武器を虎たちに食わせる

そしてその米を食べ、あの虎までもが金を出したがる

日本を救う、本当のおにぎりを作れる米・・・

事実、この後女は、現金1億円を手にする

一体どの虎が、金を出すのか・・・その一部始終を見よ!
814: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 17:39:40.55 ID:CVp/BwLh.net
園田 海未

株式会社『ラブアロー』 代表取締役社長

年商102億円   日本舞踊振興団体



今回、金に厳しい園田がまさかのスピード出資

早くも1億円を出すと宣言

このまま、マネー成立かと思われたが・・・
815: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 17:42:49.11 ID:CVp/BwLh.net
西木野 真姫

私立『西木野総合病院』  院長

年商 非公表   病院経営



冷静な視点で志願者を見極めるカリスマ医師西木野も、今回の志願者に強い興味を示す

この後、志願者が出す米の味次第で、金を出す可能性が高い

既に園田が投資を決めているだけに、一体どうなる
816: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 17:50:01.71 ID:CVp/BwLh.net
花陽「えっと・・・今度は皆さんにこのおにぎりを食べて頂きたいんです」スッ

絵里「・・・見た目はさっきと変わらないわね」

花陽「はい。でも、違うお米を使っています。さっきのは普通のコシヒカリで、今回は、私が改良を加えたお米です」

にこ「なるほど。・・・握りは?」

花陽「にぎりもさっきと一緒です。でも・・・きっと食べて頂ければ、違いが分かると思います」

海未「・・・」

絵里「そうね。それじゃあ、頂きましょう」パクッ

真姫「・・・」パクッ

希「・・・」モグモグ

花陽「・・・」
817: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 17:58:20.57 ID:CVp/BwLh.net
真姫「・・・うん。さっきのより風味があって、美味しいわ」

海未「ええ。これも美味しいです。さっきのより甘いですね」

花陽「ありがとうございます」

海未「さっきのとは何が違うのですか?」

花陽「えっと、稲自体は何も変わりません。ただ・・・肥料を変えています」

真姫「なるほどね・・・」

花陽「やっぱり、稲は自然により近い状態で育てた方が、本来の美味しさが発揮されるんです」

海未「・・・」

花陽「・・・だから、私は、より自然の状態に近い肥料をブレンドしました」

にこ「なるほど・・・農薬は?」
818: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 18:02:58.71 ID:CVp/BwLh.net
花陽「農薬は、もちろん使わないのが一番ですけど、大量生産を考えるとそれは現実的ではありません・・・」

にこ「・・・」

花陽「だから、害のない農薬を開発しました。これなんですけど・・・」スッ

絵里「・・・それも、貴方が?」

花陽「はい。もちろん、専門の方にも協力してもらいましたけど・・・。人に害のない農薬です」

希「へぇ~全く害はないん?」

花陽「はい。だから、こうしても・・・」ペロッ

にこ「!?」

真姫「ヴぇぇ!?ちょ、ちょっと貴方何を・・・」

海未「な、舐めても大丈夫なのですか!?」

花陽「はい。人間には全く害のないものしか使ってません。ただ、虫は嫌がる成分だけ使ってます」

希「へぇ~、そうなんや・・・」

花陽「もちろん、従来の農薬より効果は落ちますけど・・・でも、ほとんど問題なく生産できます」
819: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 18:08:20.64 ID:CVp/BwLh.net
希「今回開発する米も、肥料とかの改良じゃあかんの?」

花陽「・・・そうですね。今回のは、稲ごと改良しないと、どうにも難しいんです」

真姫「・・・」

花陽「誰でも簡単に本当のおにぎりを作れるお米、ですから。・・・誰でも、な分ハードルは高いんです」

真姫「まぁでも、おにぎりは皆日常的に食べるものだし、誰でもできるものじゃないと意味ないわよね」

花陽「はい・・・」

海未「・・・」

にこ「・・・」

真姫「・・・今貴方のおにぎりを食べて、お話を聞いて、やっぱり私は貴方にとても魅力を感じるのよね」

花陽「・・・ありがとうございます」

真姫「貴方のこと応援したいし、頑張って欲しい。もちろん、貴方のその人間性と米にかける情熱があれば、成功するとも思う」

にこ「・・・」
820: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 18:13:30.96 ID:CVp/BwLh.net
真姫「・・・だから、私も、貴方にお金を出したい」

理事長「・・・西木野さんも、1億円出す意思があるということでよろしいですか?」

真姫「えぇ。そうね」


ピカーーーン

現在 1億円

希望額まで あと 0万円 


海未「・・・」

真姫「ただ、貴方の夢は、日本の米を救いたいということよね?」

花陽「・・・はい」

真姫「だとしたら、私は日本の文化に造詣が深い園田社長の力は、大きいと思うし、できれば一緒に投資したい」

海未「・・・」
821: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 18:20:56.46 ID:CVp/BwLh.net
真姫「・・・どうかしら、園田社長。5000万ずつの、共同出資ということで」

海未「・・・申し訳ありませんが、出来れば一人で出させていただきたいのですが」

テテーーー-ン

真姫「・・・」ギロッ

海未「というのは、今回1億円かけるわけですから、失敗してはいけないんです」

花陽「・・・」

海未「その中で、私はたくさんアドバイスをします。一方で、西木野社長も色々言ってくるかもしれない」

真姫「・・・」

海未「そうしたら、貴方は頭の中がごちゃごちゃになってしまいますよ。・・・烏合の衆はだめなんです」

花陽「・・・はい」

真姫「・・・いいかしら?私は、1億円だすけど、口も出さない」

海未「・・・」

真姫「別に私にとって、1億円とか大したお金じゃないのよ。だから、失敗とか考えず、貴方に自由にやって欲しい」

花陽「・・・」
822: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 18:27:02.78 ID:CVp/BwLh.net
真姫「私は貴方の人間性を高く評価してる。だからこそ、貴方の考えと行動で、自分の夢を実現してほしい」

花陽「私の力で・・・」

真姫「もちろん、私が口出しをしてよりより経営に導くことは簡単よ。でも、それによって失うものも大きいと考えるわ」

花陽「・・・」

真姫「だから、お金は出すけど口は出さない。それが私の提示よ」

花陽「・・・分かりました」

海未「・・・1億かけて、それだけ大きい夢を貴方は実現しようとしているわけではないですか」

花陽「は、はい」

海未「だったら、ちまちまやってもダメなんですよ。正しい方向に向かって、一気に突き進む必要があるんです」

真姫「・・・」

海未「だから、私がその方向性を示してあげるということです。決して、貴方の夢を無視するわけではありません」
823: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 18:35:25.83 ID:CVp/BwLh.net
花陽「わ、分かりました・・・」

にこ「・・・ちょっといいかしら」

花陽「は、はい」

にこ「確かに、園田社長がお金を出した方が、貴方はお金もちになるかもしれないわ」

花陽「・・・はい」

にこ「でも、それによって、貴方がやりたいことをやれなくなるリスクも、私はあると思う」

テーーーーン

海未「・・・」ジロッ

にこ「・・・だったら、私が1億円出すわよ。そして、貴方が幸せになれる選択肢を、提示してあげる」

花陽「えっ・・・?」


ピカーーーン

現在 1億円

希望額まで あと 0万円 


真姫「・・・」ジロッ

海未「・・・」ジロッ



なんと矢澤までもが金を出す!

さらにこの後、矢澤は女に、驚きの条件を提示する

一体、女はどの虎を選ぶのか・・・
835: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 23:52:06.91 ID:CVp/BwLh.net
矢澤 にこ

株式会社 『矢澤プロダクション』 代表取締役社長

年商70億円  アイドルプロデュース



苦労人矢澤も今回の志願者の人間性を高く評価

園田・西木野に続き、金を出すという

しかしこの後、矢澤は驚きの条件を志願者に叩きつける!
836: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 23:54:42.78 ID:CVp/BwLh.net
東條 希

株式会社『スピリチュアルのんたん』 代表取締役社長

年商20億円   占いハウス経営



絶対的な的中率を誇る占い師東條は、既に未来が見えているのか、静観の構えだ

この後、東條の発言が、志願者のマネー成立を後押しする
837: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 23:56:20.17 ID:CVp/BwLh.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル



経営のプロ絢瀬は人間性よりもプランの論理性を重んじる傾向

今回の志願者の1億という額に対し、どのような判断を下すのか

4人目の投資者になるかも・・・
839: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:00:48.38 ID:GA77X9Lk.net
にこ「私も大体の考え方は、西木野社長と一緒よ」

海未「・・・」

にこ「でも、私は1億という額を投資するのだから、それが失敗して、はいおしまい、ではダメだと思う」

真姫「・・・」

にこ「それだと、貴方は失敗しただけで、終わると思うのよね」

花陽「は、はい」

にこ「だから、もし失敗したら、すっぱり農家を諦めて、うちの事務所に来なさい」

テーーーーン

海未「・・・」

真姫「・・・」

花陽「えっ・・・それって・・・」

にこ「アイドルとしてデビューするのよ。それで、1億私に返してもらう」

花陽「・・・」
840: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:06:56.24 ID:GA77X9Lk.net
にこ「私に1億借金をした女として、汚名を被りながら、アイドルとして活動してもらうわ」

花陽「それは・・・でも、私なんかじゃ・・・」

にこ「もちろん、私は貴方にはアイドルとしての素質があると思ってこういう提案をしているのよ」

花陽「えっ」

にこ「貴方可愛いし、農家をしていたアイドルなんて売れると思う」

花陽「そ、そんなこと・・・」

にこ「私、失敗したら、貴方に一度他の世界を見て欲しいのよ。今はずっとお米に集中しすぎて、周りが見えていないと思うの」

花陽「・・・」

にこ「そして、それは上手くいってるときはいいけど、失敗したら負のスパイラルを生む可能性があるわ。・・・失敗を客観視できないからね」

花陽「・・・はい」

にこ「だから、一度アイドルをして、お米から離れて欲しい。そして、1億私に返して、また農業をやりたいなら、やればいいと思う」

花陽「・・・」

にこ「もちろん、成功したらそのまま米農家を続ければいいと思うわ。私もそれを祈ってるし」

海未「・・・」
843: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:16:40.93 ID:GA77X9Lk.net
にこ「もちろん、これに乗るかは貴方次第だけどね。今回は、私を含め、3人の社長が出すと言ってるんだし」

花陽「は、はい。お話、ありがとうございます」

絵里「・・・」

希「・・・」

真姫「・・・私はね。純粋に、貴方が作ったお米のおにぎりが食べたいのよ」

にこ「・・・」

真姫「貴方が出してくれたおにぎり、とても美味しかったわ。・・・そして、貴方がいかにお米に真剣に向き合ってきたかも伝わってきた」

花陽「あ、ありがとうございます」

真姫「このお米一粒一粒が、小泉さんそのもののように感じるの。生産者の想いって、こんなにお米に乗るんだって、新しい発見だったわ」

花陽「・・・」

真姫「だから、私はもっとこのお米を日本中に広げて欲しいし、日本の米を救うって貴方の夢も叶えて欲しい。・・・その応援のために、私は1億出すわ」

にこ「・・・」

海未「・・・日本の米を救うという夢は、生半可なことでは実現できませんよ」

真姫「・・・」ジロッ
844: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:22:35.43 ID:GA77X9Lk.net
海未「1億借りて、貴方はこれからこのビジネスをするわけです」

花陽「はい」

海未「であれば、絶対に成功しなければいけないんです。だから私は、お金も出しますし口も出します」

希「・・・貴方は、口を出されるのは別にいいん?」

花陽「あ、えっと・・・なんというか・・・。わ、私の作るお米に関しては、あまり・・・」

海未「もちろん、お米に関しては私なんかより貴方の方がよっぽどプロですから、口は出しませんよ」

花陽「は、はい」

海未「ただ、どうやって売っていくかとか、どういう販促をするのかとか、そういった営業の部分で口を出すということです」

花陽「あ、それなら・・・」

にこ「・・・貴方がやりたいことをやれなくなる可能性もあるわよ」

海未「・・・」ジロッ

にこ「徹底的に口を出されるくらいに思っていた方がいいわ。こういう場合は」

花陽「は、はい・・・」

海未「・・・」
845: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:26:30.83 ID:GA77X9Lk.net
絵里「・・・まぁ、もう、貴方が誰に投資して欲しいか決めるしかないんじゃないかしら」

花陽「え・・・私が?」

海未「・・・そうですね、私もそれがいいと思います」

真姫「そうね」

にこ「・・・」

花陽「え、えっと、でも・・・私なんかが、その、社長さんを選んだりして・・・」

希「3人の社長さんは皆貴方を認めたんやから、自信をもっていいんやない?」

花陽「あ・・・は、はい」

希「・・・大丈夫。きっと誰を選んでも、お金は出るよ」

海未「・・・間違えたら大変ですよ。選び間違えれば。1億かけるわけですから」

真姫「・・・」

花陽「・・・」
847: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:35:23.88 ID:GA77X9Lk.net
海未「お米作りに関しては、私は貴方に任せます。ただ、マネジメントに関しては、私にやらせてください」

にこ「・・・」

海未「お金は出します。ただ、貴方の夢の実現のために、私は営業の部分で口を出させて頂きます」

花陽「・・・はい」

真姫「・・・私は、お金を出すけど口は出さないわ。米作りにも、それ以外にも」

海未「・・・」

真姫「もちろん困った時にはアドバイスはあげるけど、あくまでやるのは貴方よ。だって、貴方のお米だもの」

花陽「はい、わかりました」

にこ「私もお金は出すけど、口は出さない。・・・でも、失敗した時は1億返すために、アイドルとして私の事務所に入ってもらうわ」

花陽「・・・」

にこ「失敗の経験と、一度米から離れることで、貴方はもっと広い世界を見れるようになる」

真姫「・・・」

にこ「だから、もちろん応援はしてるけど、これが失敗したら一度すっぱり農業とは縁を切りなさい。それが私の条件よ」

花陽「・・・はい」



この後女は、意外な社長を選ぶ!
849: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 00:59:44.07 ID:GA77X9Lk.net
理事長「・・・おひとりに、決めて頂けますか」

花陽「は、はい・・・」

ヒュゥゥゥゥゥゥゥイィィィィィィィン

海未「・・・」

ドッドッドッドッド

真姫「・・・」

ドッドッドッドッド

にこ「・・・」

ヒュワァァァァァァァァァァァン

花陽「・・・・・・あ、あの、えっと。・・・西木野社長さんで」
850: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 01:03:10.31 ID:GA77X9Lk.net
真姫「・・・・・・はい」

海未「・・・」ジロッ

絵里「・・・」パチパチパチパチパチ

希「・・・」パチパチパチパチ

にこ「・・・」コクコク

理事長「・・・この時点で、皆さんからの投資の合計額が、貴方の希望額に達しましたので」

花陽「・・・」




―― マネー成立です ――
851: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 01:09:17.22 ID:GA77X9Lk.net
理事長「おめでとう!」

花陽「・・・っ!ありがとうございます!」

真姫「・・・」トントン

花陽「・・・ありがとうございます!」

真姫「・・・頑張ってね」スッ

花陽「はいっ!」

海未「・・・」

理事長「・・・どうして西木野社長を選んだのか、お聞きしてもいいですか?」

花陽「あ・・・えっと・・・。なんていうか、一番私が作ったお米のことを見てくれている気がして・・・」

真姫「・・・」

花陽「お米に関して、一緒に何時間でも語り合えるだろうなって、そう感じたんです」

海未「・・・」

花陽「それに・・・このお米が、私そのものみたいって言葉が、とても嬉しかったんです。だから、お願いしました」
853: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 01:20:09.81 ID:GA77X9Lk.net
真姫「・・・貴方の人間性と、米に向き合う真摯な気持ちがあれば、絶対貴方の目指すお米は作れるわ」

花陽「・・・」

真姫「そして、それは絶対に日本の米を救うことが出来るお米になる。だから・・・私に、そのお米を一番に食べさせてくれるかしら?」

花陽「・・・はい!もちろんです!皆さん、今日はありがとうございました!」





こうして、女の1億円物語は始まった

握った後崩れない、おにぎり専用の米・・・

誰が握っても崩れず、ふわっとした、本当のおにぎりを作ることができる

そんな魔法の米の開発に、女は寝る間も惜しんで取り組んだ

どうすればそのような米は出来るのか・・・構想は、ほとんど出来ている

後は、獲得した1億円で、実際に作ってみるのみ

海未『絶対に成功しなければいけないんです』

園田の言葉が、頭をよぎる

1億円・・・その大金は、果たして女の夢を叶える奇跡の札束となるのか

女よ、虎になれ・・・米の虎に




おしまい
870: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:31:30.41 ID:dUaYHExC.net
理事長「それでは次の志願者を呼んでみましょう」

理事長「どうぞ!」




安価直下 5人 社長(海未以外のμ's限定)
871: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:33:30.91 ID:+4KisLW5.net
穂乃果
872: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:34:30.51 ID:RxwmDhYs.net
絵里
873: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:34:54.22 ID:ibmTduR8.net
にこ
874: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:37:05.80 ID:RCMR+ku6.net
ことり
875: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:39:43.44 ID:hYmd2QO5.net
876: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:50:03.22 ID:dUaYHExC.net
海未「失礼します」スタスタ

穂乃果「・・・」

絵里「・・・」

にこ「・・・」

ことり「・・・」

凛「・・・」

理事長「・・・いくらを、希望しますか」




1個下レスコンマ2桁×10 万円(但し、ぞろ目・1桁は×100)
877: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:50:30.26 ID:ibmTduR8.net
御無礼
878: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:54:59.58 ID:dUaYHExC.net
海未「260万円です」

ことり「・・・」

穂乃果「・・・」

理事長「そのお金の使い道は」

海未「>>881
881: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:05:34.55 ID:bd5+FqZq.net
FXの資金
889: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:22:43.51 ID:dUaYHExC.net
海未「FXを行うための資金です」





― FX 資金 260万円欲しい! ―

フリーター   年齢非公表

シュウウウウウウイン   \ダメダコイツ ダメダコイツ/
895: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:35:27.75 ID:dUaYHExC.net
穂乃果「え、えふえっくす・・・?」

ことり「・・・」

穂乃果「ごめんなさい、FXってなんですか?」

海未「margin Foreign eXchange trading」

穂乃果「へ?ま、まーじん・・・?」

海未「margin Foreign eXchange trading。外国為替証拠金取引のことです」

穂乃果「な、なるほど・・・?」

絵里「外国為替のレートの値動きに伴う差額によって、利益を生み出すってことよね」

海未「はい。そうです」

凛「なるほど。円高とか円安とかかにゃ?」

海未「・・・まぁ簡単に言えばそうですが。ただ、円ドルだけでなく、様々なレートを利用します」

ことり「・・・」
897: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:41:50.44 ID:dUaYHExC.net
にこ「・・・私もよく知らないけど、あれって要するにギャンブルじゃないの?」

海未「一般的にはよくそういわれますね」

にこ「よくニュースで見るわよ。FXで全部溶かして悲惨な目に会った人とか」

絵里「・・・あなたは、私たちにギャンブルの為の資金を欲しいと言っているのかしら?」

海未「いえ。もちろんそういうわけではありません」

ことり「・・・」

海未「私には、FXで確実に儲けられる公算があります。そして、それによって社長さんたちにも、利益を得て頂けると思います」

絵里「・・・へぇ。FXで確実にね・・・。どんな方法か聞かせて頂けるかしら?」

海未「・・・あまり具体的なことは言えないのですが。テレビですし」

絵里「そうね。・・・じゃあ、何となくでいいわ。FXで有り金全て溶かしている人と貴方の違いは何?」

海未「そうですね・・・他の方との違いは、>>898です」
898: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:43:06.51 ID:ibmTduR8.net
実績がある
900: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:53:56.30 ID:dUaYHExC.net
海未「実績があることです」

絵里「実績・・・FXのかしら?」

海未「はい」

絵里「それは、利益をたくさん出しているということ?」

海未「そうですね。私独自の理論でやれば、確実に利益を積み重ねることができますので」

絵里「・・・それは興味深いわね」

にこ「いやいや。だったら、260万円くらいここに来なくたって用意できるでしょ?」

海未「それは、バーチャルFX取引でのことなので」

穂乃果「…バーチャル?」

にこ「あんたねぇ。バーチャルでのFX取引でいくら利益を出したって、それを実績とは言わないでしょ」

海未「しかし、数字上は利益があがっていますので」

にこ「貴方の中では上がってても、それを世間ではFXの実績があるとは言わないのよ」

ことり「・・・ちなみに、いくら利益を上げたのかな?」

海未「はい。>>902円です」
902: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:55:49.56 ID:RxwmDhYs.net
2525万
904: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:03:51.88 ID:dUaYHExC.net
海未「2525万円です」

穂乃果「・・・」

ことり「・・・」

にこ「・・・言っちゃ悪いけど、FXでそれって大したことなくない?」

海未「そうでしょうか?私はバーチャルだからと言って、失敗してもいいという安易な考えで取引しませんでした」

にこ「・・・」

海未「その考えに基づいた堅実な取引を重ね、この利益が出たんです」

絵里「まぁ確かに、FXは大損しない取引を重ねることが大切よね」

ことり「うん。・・・なんか、私には凄く才能がある人のように感じるな」

テーーーン

にこ「・・・」
905: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:12:44.57 ID:dUaYHExC.net
ことり「普通、こういう場に出たら、もっと大きい額の利益が出たって言うんじゃないかな」

海未「・・・」

ことり「でも、貴方はそこまでの額を言わなかった。つまり、それはここに自慢しにきたわけじゃないってこと」

海未「はい。私は、あくまでお金を稼ぐビジネスの提案をするために、ここへ来ました」

ことり「うん、そうだよね。私、FXで一番恐ろしいのは、大成功して、自分の力を過信して、成功以上の大失敗をすることだと思うんだ」

にこ「・・・」

ことり「だから、そういう意味で貴方はしっかり自分の分をわきまえてると思う」

海未「ありがとうございます」

絵里「・・・ちょっといいかしら」

海未「はい」

絵里「南さんの言うことも分かるけど、やっぱりバーチャルしかやったことないのは、致命的だと思うわ」

ことり「・・・」
907: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:21:10.03 ID:dUaYHExC.net
絵里「やっぱり本当のお金をかけないと、本来の人間の感情が出てこないわよ」

海未「・・・」

絵里「本当のお金だと、もっと儲かるもっと損する、という感情が、バーチャルの比ではないくらい出てくる」

にこ「・・・」

絵里「だから、バーチャルで成功したかどうかなんて、まったくあてにならないと言う人もいるわ」

海未「それは・・・」

絵里「・・・悪いけど、バーチャル取引の段階で、実績だのなんだの言ってる貴方は、素人にしか見えない」

海未「でも、私はバーチャルでも、本当のお金を扱ってるつもりで取引を行っていたんです」

絵里「・・・」

海未「決して感情に任せず、論理的にレートの動きを分析し、投資を行っていました」

絵里「それが、実際のお金をかけたときに、出来るのかしらという話よ」
910: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:28:39.88 ID:dUaYHExC.net
海未「できます。私は普段から冷静な性格ですし、実際のお金をかけたからと言って、慌てることはありません」

絵里「そう言って失敗している人を、私は何人も見ているわ。失敗のパターンなのよ」

海未「え・・・」

絵里「バーチャルで成功している。感情的にならない。論理的に分析して利益を上げられる」

海未「・・・」

絵里「普段から冷静で、いざというときに慌てることはないと言う・・・完全に失敗する人のパターンね」

ことり「それは絢瀬社長と真逆の人だからかな?」

トゥン!テレレレレレン

絵里「・・・」ジロッ

ことり「・・・」
911: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:31:28.93 ID:dUaYHExC.net
穂乃果「・・・ちょっといいかな?」

海未「はい」

穂乃果「貴方はこの260万円でFXをして、お金を稼ぎたいんだよね?」

海未「はい」

穂乃果「その稼いだお金で、貴方は何をしたいのかな?」

海未「はい。私は稼いだお金で、>>913
913: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:35:11.13 ID:Wt2+TyxC.net
日本舞踊振興のための組織を作る
920: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 23:06:04.85 ID:dUaYHExC.net
海未「日本舞踊振興のための組織を作ります」

穂乃果「日本舞踊・・・」

海未「実は私は日本舞踊の跡取りなのですが、日本舞踊の未来に危機感を抱いているんです」

穂乃果「どうして?」

海未「今の時代の流れでは、新たにやろうという人が少なくて・・・廃れるのではないかと」

凛「まぁ確かに日本舞踊やってる人は珍しいかにゃ」

海未「なので、私が日本舞踊を盛り上げたい、そのための組織を作りたいんです」

穂乃果「なるほど・・・。そして、そのためのお金を稼ぎたいってことなんだね」

海未「はい。日本舞踊を振興させようと思ったら、中途半端なお金ではダメなんです。それこそ、260万なんかじゃ済みません」

絵里「・・・」

海未「ですが、私のFXの能力をもってすれば、260万円でその組織を作れる・・・そのために、今日は来ました」
921: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 23:15:29.66 ID:dUaYHExC.net
絵里「それはおかしいんじゃないかしら。日本舞踊振興が目的なら、それを掲げてここへ来るべきでしょ?」

海未「それは・・・」

ことり「本当によく考えて来てるんだね。少しでも借りるお金を抑えて、組織を作りたいということだよね」

絵里「・・・」ジロッ

ことり「私は貴方のFXの能力と、闇雲にお金が欲しいのではなくしっかり目的を見据えてるところ、高く評価してます」

海未「・・・」

ことり「過去に出てきた志願者と比べても、優秀だと思うな」

絵里「・・・」

にこ「・・・」



マネー成立へ向け、南が動く!

さらに、あの虎も・・・


凛「もうちょっと詳しく、FXについて教えてもらえないかにゃ?」
935: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:04:06.84 ID:x9uhp9B3.net
星空 凛

株式会社『Miracle Bell』 代表取締役社長

年商6億円  ラーメンプロモーション



ラーメン界を牛耳る虎、星空は、今回の志願者のFXに対して興味を示す

しかしこの後、ある点における問題点を鋭く指摘する!
936: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:05:34.20 ID:x9uhp9B3.net
絢瀬 絵里

株式会社『エリチカコンサルティング』 代表取締役社長

年商55億円    経営コンサル



あらゆる業種に精通し、的確なコンサルを行う虎絢瀬は、今回の志願者を完全否定

この後、志願者の話を聞いてさらに怒り狂う!
937: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:07:49.60 ID:x9uhp9B3.net
南 ことり

株式会社 『ミナリンスキー』 代表取締役社長

年商17億円  メイド喫茶経営



今や秋葉原の全てのメイドを従える伝説のメイド、南は今回の志願者に強い興味を示す

この後、志願者のマネー成立を強く後押しするが、絢瀬と激しくぶつかり合う・・・

何故に?
938: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:15:24.82 ID:x9uhp9B3.net
ことり「きっと、日本舞踊振興にはもっともっとお金がいるんだよね?」

海未「はい」

ことり「それで、人から借りるお金を最小限に抑えるためのFXなら、私は正しい考え方だと思うけどなぁ」

絵里「それがまともな事業ならいいけど、FXなんてただのギャンブルでしょう?」

ことり「・・・」

絵里「やりたい事業の資金を稼ぐために、ギャンブルしますなんて、認められないわ」

海未「ギャンブルではありません!私の理論でFXをすれば、しっかり利益が・・・」

絵里「貴方が何を言っても、FXはギャンブルなのよ。所詮ね。確実にもうかる保証なんてどこにもないわ」

ことり「・・・でもこの人はしっかりFXで確実にもうかる仕組みを考えてきてるわけじゃないですか?」

絵里「・・・」

ことり「だったら、私は考えてあげるべきだと思うけどなぁ」

絵里「・・・」

凛「・・・ところで、その日本舞踊振興に必要なお金って、いくらなのかにゃ?」

海未「はい。それは・・・」




必要資金

1個下レスコンマ2桁×100万円(但し、ぞろ目・1桁は×1000万円) 
939: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:16:48.78 ID:DoCUFR27.net
940: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:25:04.93 ID:x9uhp9B3.net
海未「7800万円です」

凛「なるほど・・・確かにそれは大金だにゃ」

穂乃果「ていうか、260万円で7800万円も稼げるものなの?FXって」

海未「はい。レバレッジの倍率を考えれば」

穂乃果「レバレッジ?」

凛「・・・もうちょっと詳しく、FXについて教えてもらえないかにゃ?」

海未「はい。レバレッジというのは、簡単に言うと、少ない資本金で大きなお金を動かせる制度です」

凛「少ないお金で・・・?」

海未「はい。今回、証拠金を260万円で預け入れます。しかし、レバレッジが10倍なら、その2600万円分の取引が出来るんです」

にこ「・・・」

凛「なるほど・・・それでつまり、利益が260万円の時よりも10倍でるってこと?」

海未「そうなりますね」
942: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:31:13.69 ID:x9uhp9B3.net
穂乃果「なるほど・・・確かにそれならすぐ儲けられそうだね」

凛「・・・でも、それって損も10倍になるんじゃないかにゃ?」

絵里「そうよ。レバレッジこそ、FXで破滅する人が多い最大の要因なのよ」

海未「・・・」

絵里「10倍ならまだましだけど、100倍とかになると、ちょっとした損で証拠金の全てが吹き飛ぶ」

凛「つまり、自分の資本以上の損が出るってことだよね」

海未「しかし、含み損が大きくなると、証拠金全てを失う前に、強制決済がかかります」

穂乃果「強制決済?」

海未「これ以上損が大きくならないように自動で取引を終了してくれるんです」

穂乃果「なるほど・・・」

海未「確かにそこまでの分は損になりますが、大幅な損を出すことはまずありません」

絵里「でも現実には急激なレートの変動によって強制決済ができないこともあるわよね」
943: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 22:48:36.80 ID:x9uhp9B3.net
海未「そのような現象は絶対に前兆があります。私にはそれを回避する能力があります」

絵里「どうかしら。FXでちょっと上手くいった人ほど、そういったイレギュラーで大きく呑まれるのよ」

海未「確かに、普通はそうかもしれません。しかし、私はそういったことを回避できるノウハウを積み上げてきています」

絵里「でもバーチャルで、よね?」

海未「バーチャルでも、リスクを回避したという事実は変わらないと思いませんか?」

絵里「・・・」

海未「・・・」

ことり「絢瀬社長、論破されてますよ」

プワンプワンプワンプワーーーン

絵里「・・・」ジロッ

ことり「・・・」

絵里「いや全然論破されてないわよね。もうこの人に何言っても無駄だなと思って黙っただけよ」

海未「・・・」
947: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 23:38:36.96 ID:x9uhp9B3.net
凛「うーん、凛たちは、260万円投資するわけだよね?」

海未「はい」

凛「でも、貴方のやろうとしているFXでは、それ以上の損失が出る可能性があるよね」

海未「・・・そうですね」

凛「その損失については、一体誰が背負うのかにゃ?」

ことり「・・・」

海未「それは・・・絶対に私は損失を出しません」

凛「100%じゃない以上、損失を出した時の話を聞かせて欲しいな」

海未「・・・損失が出ても、社長さんたちには迷惑をかけません。自分で何とかします」

凛「どうやって?260万円の資本もない貴方が、それ以上の損失を返せるとは思えないにゃ」

海未「・・・」
948: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 23:46:58.21 ID:x9uhp9B3.net
凛「凛は、260万円ならまだしも、それ以上の不透明な損失まで庇う気にはなれないよ」

海未「・・・」

ことり「まぁでもそれは、FXという性質上仕方ないことだよね」

凛「・・・」

ことり「大きな損失が出ることを覚悟して、私たちが乗るか乗らないか・・・じゃないかな」

絵里「・・・そうね。南社長、彼女の損失分までカバーしてあげる気持ちで投資してあげたらどう?」

ことり「・・・損益を100%シェアするってことですよね。もちろん、それも考えてますよ」

海未「・・・」

ことり「貴方の今までの話を聞いて、とても優秀な方で、論理的に物事を考えているように思えるんだ」

海未「ありがとうございます」

ことり「確かにFXだからある程度運は絡むけど、それを踏まえても、100%貴方を支援したい、かな」

にこ「・・・」

穂乃果「・・・」




南が志願者に強く興味を示す中、あの虎が衝撃的な話を志願者に聞かせる

そして、南がある条件を志願者に叩きつける!

果たして、マネー成立なるか・・・
952: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 00:50:10.91 ID:utXBYdSc.net
矢澤 にこ

株式会社 『矢澤プロダクション』 代表取締役社長

年商70億円  アイドルプロデュース



アイドル業界の風雲児矢澤は、ここまで冷静に志願者を見極めている

しかしこの後、志願者に対し衝撃的な話をする

それは、同期のアイドルが自殺した話・・・
953: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 00:51:49.10 ID:utXBYdSc.net
高坂 穂乃果

株式会社 『穂むら』 代表取締役社長

年商15億円  和菓子屋チェーン経営



ご存じ現在の和菓子屋ブームを牽引する穂むらのオーナー高坂穂乃果

この後、志願者に対しあるアドバイスを送る

マネー成立の後押しとなるか
954: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 00:58:37.21 ID:utXBYdSc.net
にこ「あのね、いいかしら」

海未「はい」

にこ「・・・なんか随分優しい社長さんもいるみたいだけど」

ことり「・・・」

にこ「よく、絶対って言葉は使っちゃいけないっていうけど、私、今日は使うわ。絶対失敗するわよ、あんた」

海未「・・・」

にこ「あんたがどれだけのノウハウを持っているか知らないけど、それでもFXって100%成功はないものでしょ?」

海未「・・・はい」

にこ「そして、あんたが7800万稼ごうとするなら、逆に7800万、もしくはそれ以上の損をすることもあるわよね」

海未「・・・」

にこ「その時あんた、どうすんの?そんなの返すだけのお金、ないわよね?」

海未「・・・」

にこ「・・・死ねるかしら?」

プワンプワンプワンプワーーーン

海未「・・・」

ことり「・・・」

絵里「・・・」
955: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:05:25.20 ID:utXBYdSc.net
海未「そもそも、私はそんな大きな損失を出さない自信が・・・」

にこ「・・・私の同期でFXやってたアイドルも、同じことを言って、自殺したわ」

テーーーン

凛「・・・」チラッ

にこ「その子もよく私に自慢してきてた。私は絶対損をしない方法を知ってるんだって」

海未「・・・」

にこ「でも、ある日、レートが凄まじい勢いで下がって・・・5000万の損失を抱えたわ。100万の資金で」

絵里「・・・」

にこ「いくら理論だ何だっていっても、結局FXはギャンブルでしかない。最後は理論を超越したものに呑まれるんだから」

海未「・・・」

にこ「私は、FXをそういうものとしかとらえてないから・・・悪いことは言わないわ。やめときなさい」

ことり「・・・」
956: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:13:09.55 ID:utXBYdSc.net
海未「・・・」

ことり「あのね、私はそういう失敗のリスクまで抱えて、貴方に投資してもいいかなって思ってるの」

にこ「・・・」

ことり「これは一つ提案なんだけど・・・もし、失敗したら、私のお店で働く気はある?」

海未「南社長のお店で・・・ですか?」

ことり「うん。私のお店でメイドとして、働くの。FXで失敗した人の顔を晒しながら、借金を返すまで」

海未「メイド・・・」

ことり「もちろん、貴方には、もっと他の方法に拘って、借金を返す手もあるけど・・・どっちを選ぶ?」

トゥン!テレレレレーン

海未「・・・」

トゥントゥントゥントゥントゥントゥントゥントゥン!

にこ「・・・」

絵里「・・・」

凛「・・・」

穂乃果「・・・」

海未「・・・失敗したとしても、メイドになるつもりはありません」
957: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:17:06.01 ID:utXBYdSc.net
ことり「・・・」

海未「FXで失敗したなら、FXで取り返します。・・・もちろん、失敗するつもりはありませんが」

にこ「・・・」

ことり「・・・うん。その答えもとても利口だと思うよ」

海未「ありがとうございます」

ことり「でも、だったら、きっと貴方は私がお金を貸したりしなくても、今あるちょっとのお金で、成功できると思う」

海未「・・・」

ことり「私の力なんて借りなくても、きっと貴方は自分一人で何とかできる能力がある・・・だから、ごめんなさい」

海未「・・・はい」

絵里「・・・」

凛「・・・」

にこ「・・・」

穂乃果「・・・あのね、ずっと話を聞いていて思ったんだけど、少しのお金から日本舞踊の振興をしたらだめなのかな」

海未「少しのお金から・・・ですか?」
958: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:22:31.86 ID:utXBYdSc.net
穂乃果「うん。確かに貴方の理想とする日本舞踊振興の組織は、260万では無理かもしれない」

海未「そうですね」

穂乃果「でも、それに向けて動き出すことは、260万でも可能だよね?」

海未「・・・」

穂乃果「貴方がやりたいことって、FXじゃなくて日本舞踊振興でしょ?なら、資金を稼ぐにしても、やっぱりそれをすべきだと思う」

ことり「・・・」

穂乃果「だって、もしFXで失敗しても、何も得られないよ。ただ運が悪かったな、ってくらいでしょ?」

海未「・・・」

穂乃果「でも、もし日本舞踊振興の事業を始めて失敗したら、そこから色々な経験を得ることができる」

海未「・・・はい」

穂乃果「そしてその経験は、将来7800万かけて日本舞踊振興の組織を作る時にも、絶対に役に立つよ」

海未「・・・」

穂乃果「私は失敗することを悪いとは言わない。でも、意味のある失敗をして欲しいなって思う」

ファァァァァン ファァァァァン

海未「・・・」
959: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:27:35.44 ID:utXBYdSc.net
穂乃果「何より・・・ただ資金を稼ぐためが目的のFXなんて、貴方の夢に対しては、足踏みしてるだけになっちゃうよ」

海未「足踏み・・・」

穂乃果「ぐるーっと回り道して、準備しているだけ。そうじゃなくって、今から、スタートを切らなきゃ!夢に向かって」

海未「・・・」

ファァァァァン ファァァァァン

穂乃果「だから、もう一回自分が何をすべきか、見つめ直して欲しいな。もし夢そのものへの投資なら、私、出すから」

海未「・・・」

ファァァァァ↑ ファァァァァン ファァァァン!

穂乃果「でも、今日の貴方の、FXの資金の為には、お金は出せない。ごめんね、ノーマネーだよ」

ことり「・・・」

海未「・・・」
960: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:40:00.28 ID:utXBYdSc.net
理事長「・・・この時点で、皆さんからの合計額が、貴方の希望額に達しなかったので」

海未「・・・」



―― ノーマネーで、フィニッシュです ――


理事長「・・・最後に何かあれば」

海未「・・・皆さんのお言葉、とても心にしみました」

穂乃果「・・・」

海未「もう一度、自分がすべきことは何か見つめ直して・・・動き出そうと思います。今日はありがとうございました」







おしまい
961: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:41:12.68 ID:utXBYdSc.net
理事長「1億2000万円」

理事長「これまで虎たちが投資した、合計額です」

理事長「このお金は、今日、この瞬間も、日本のどこかで、動いています」

理事長「この金を掴んで、成功した者もいれば、失敗した者もいます」

理事長「そして、今日もまた、虎たちの持つ金を求めて、新たな志願者がやってきています」

理事長「様々な野望を持った志願者たちが、真っ向から虎に立ち向かいます」

理事長「そんな志願者に対し、虎は、吠え、噛みつき、そして・・・金を出します」

理事長「今回の志願者は、一体、いかなる野望を抱いて、虎たちに金を求めるのでしょうか」

理事長「そして、一体いかなる野望に共感して、虎たちは、金を出すのでしょうか」

理事長「・・・次の志願者は」

理事長「画面の前の、貴方かもしれません」


プワァァァァァァァァァァァァァン!




――  マネーの虎  ――






964: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 01:43:56.99 ID:utXBYdSc.net
気が向いたら、マネー成立者たちのその後を別のスレ立てて書くかもしれないけど、とりあえず終わりにこ

長々と読んでくれてありがとにこー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『理事長「マネーの虎」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。