穂乃果「...ベータカプセル......?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:19:15.87 ID:jxa6++0z.net
初ssです
書きだめはありませんが話の筋は出来ています(二話以降は安価考えてます)

ノーブラ終了からいきなり始まります

元スレ: 穂乃果「...ベータカプセル......?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:23:23.42 ID:jxa6++0z.net
ドシャア

絵里「穂乃果ぁ!」

海未「穂乃果!」

私、高坂穂乃果。高校2年。音ノ木坂学院でスクールアイドルをやっているけど......また迷惑かけちゃったなあ...

保健室の先生「担架で運びましょう!誰か!?」

絵里「私が!」

ことり「私も行く!」

海未「ことりは一緒に残りましょう。絵里に任せていたら大丈夫です。」
3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:26:34.05 ID:jxa6++0z.net
ことり「でも...」

真姫「ことり、穂乃果ならきっと大丈夫。安心して」

ことり「う、うん......」

ガラガラガラ

絵里「穂乃果、大丈夫!?」

穂乃果「ぅ、絵里...ちゃん...?」

保健室の先生「ホントに風邪?状態がえらくひどいわ」

絵里「そんな......」
4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:31:44.91 ID:jxa6++0z.net
保健室

穂乃果(私、本当に大丈夫なのかな?また迷惑かけたし、心配もかけちゃったなあ。)

穂乃果(目の前が暗く、なんで?風邪ってこんなにきつかったっけ......?)

穂乃果(はは、情けないや......)

ファー

穂乃果(何?あれ...)ゴホゴホ

青い光「......」プワプワーオ

青い光「...!」ピカッ

穂乃果(......!)
5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:36:39.10 ID:jxa6++0z.net
ガタッ!

絵里「穂乃果!?」シャッ

絵里「穂乃果、しっかりして!穂乃果ぁ!」

~

穂乃果「あれ?ここどこ」フワフワ

穂乃果「私、浮いてる...」

?「気付いたかい?」

穂乃果「あなたは......?」

?「私か?私は…そうウルトラマン」

穂乃果「ウルトラマン?それってお父さんが昔テレビで......」

?「驚かしてすまない。ただ君の病状もひどかったし、私の任務もあるからな。致し方無かった。」
6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:41:14.92 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「任務?何言ってるのか分からないよ...」

マン「君の病状はひどかった。ただの風邪なんかではない。君はこのままでは死んでしまう。」

穂乃果「そんな...嘘だよ!ただの風邪だよ!」

マン「そうではない。君は重い病だ」

穂乃果「そ、そんなこと......」

マン「そこでだ」

穂乃果「!?」

マン「私の命を1つあげよう。」

穂乃果「え!?」

マン「私は任務に失敗し、奴を逃がしてしまった。そしてこの地球まで来た」
7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:47:45.15 ID:jxa6++0z.net
マン「地球なら君の人間の姿の方がいかようかは楽だ。」

マン「私の頼みと言ってもいい。君の身体を貸してくれ。」

穂乃果「そんな、ワケわかんないよ!任務とか楽だとか!」

穂乃果「それにあなたの命は!?」

マン「それについては心配ない。君と1つになるだけだ」

穂乃果「......私は本当に死ぬんですか...?」

マン「…今のままではな…」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん。私」

マン「頼む。君には大切に思う人がいるはずだ。そしてその人のために君は生きねばならない!」

穂乃果「…私、決めたよ」

穂乃果「ウルトラマンさん、あなたの命をお借りします。」

マン「分かった。それでは目を覚まそう。」シュワッ
8: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:51:48.91 ID:jxa6++0z.net


「カァ…ホノ…チャン!」

穂乃果「ん…?」

凛「起きたにゃ!」

希「大丈夫なん!?」

海未「穂乃果ぁ!」

穂乃果「あ、あれ海未ちゃん…?」

海未「穂乃果、大丈夫ですか?身体は?熱は?」ユサユサ

穂乃果「大丈夫だよ…うん、揺らさないで。」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ことりちゃん!大丈夫だよ?穂乃果は大丈夫だよ?」
9: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 06:55:13.34 ID:jxa6++0z.net
絵里「良かったわ、目を覚ましてくれて」

にこ「心配かけさせないでよねぇ!まったく」グズッ

希「にこっち?涙ちょちょきれとるよ?」

にこ「これはぁ、えっと...汗よ!」

クスクス、アハハ

後日~

絵里「残念だけれど、ラブライブは辞退するわ...」

穂乃果「みんなで決めたんだもんね......しょうがないよね…」

絵里「それと…」

穂乃果「?」
10: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:01:54.57 ID:jxa6++0z.net
絵里「これを…」ゴトッ

穂乃果「?…何これ?」

絵里「分からないわ。あなたが帰ったあと、ベッドの脇に落ちていたのよ」

穂乃果「!......」ズキッ

絵里「大丈夫!?」

穂乃果「大丈夫…だよ。ちょっと…クラっとしただけ」ヨロヨロ

絵里「なるべく無理しないで。充分に安静にしてね?」

穂乃果「うん、ありがとう絵里ちゃん」



穂乃果(私、そういえばあの時)

穂乃果(ウルトラマンに…)

マン(それは私へと成り代わる"ベータカプセル")

穂乃果(…ベータカプセル……?)

マン(そう君は仲間を救わねばならない!)

穂乃果(仲間を…救う?ってキャア!)ピカッ
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:06:12.19 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「何だったの?」

あれから私は希望を失った。ラブライブというみんなで目指した夢も途絶えみんな私に気をつかっているのが分かった

そんな時にことりちゃんの留学まで分かってしまった。何故言ってくれなかったのか?私は勝手だとは分かっているけど理解ができなかった

穂乃果「私、スクールアイドル辞めます。」

「……!」

にこ「あんたそれ、本気で言ってるの…?」

穂乃果「……」
12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:11:40.10 ID:jxa6++0z.net
私は勝手に決めてにこちゃん達を怒らせ、失望させ、そして大親友の海未ちゃんからも…

穂乃果「これで…良かったんだよね…」

希「穂乃果ちゃん」

穂乃果「希先輩!」

希「本当にこれで…良かったと思ってる?」

穂乃果「…はい…」

希「スクールアイドル、まだ続けたいんやない?」

穂乃果「もう、いいんです」

希「ことりちゃんも言いたくてもいえ…!?」グラグラ

穂乃果「…!?」グラグラ

キジャァ!キジャァ!

希「何!あれ!」

穂乃果「…怪獣!?」
13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:15:38.11 ID:jxa6++0z.net
マン(早く!あいつだ!あいつを倒さねば!)

穂乃果(ウルトラマン!?あれは…?)

マン(あいつは"ベムラー"!始まりの怪獣!)

穂乃果(始まり…?)

マン(全ては後だ!あのままでは大被害だ!変身するのだ!)

穂乃果(どーやって!?穂乃果何も知らないよ!)

マン(その胸のベータカプセルのスイッチを押すんだ!それだけでいい)

穂乃果(私、怪獣なんて…!)

マン(大丈夫だ!さあ早く!)

穂乃果(…分かった!)
14: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:19:04.49 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「希先輩!危ないから避難を!」

希「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「早く!」

希「穂乃果ちゃんも避難してね!」

穂乃果「…!」コクッ

タッタッタッ

穂乃果「希先輩は大丈夫!やれるか分からないけど…ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ヘアッ
15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:22:43.91 ID:jxa6++0z.net
希「あ、あれは?」

ニュースキャスター「突如として現れた怪獣と光の巨人は約50年前に放送されたウルトラマンと酷似しており…」

ヘアッ

キジャァ

ガシッ…ミチミチ

バンッ!ドタッ!

ヘアッ!

キジャァ!キジャァ!

ヘ,ヘアッ…

ボウッ

ダアッ
16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:27:26.43 ID:jxa6++0z.net
希「う、ウルトラマン…」

ピコンピコンピコン

希「あ!」

穂乃果(苦しい…何これ?私が戦ってるんだ…こんなの本当に…)

マン(地球では太陽光線が弱い。私は約3分しか戦えない…!)

穂乃果(早めに言ってよ!?)

マン(致し方ない!あいつをもう倒そう!)

穂乃果(どーやって!?あの怪獣強いよ!)

マン(見たことないかな?もう遥か昔の子供は)

スッ……

穂乃果(!)

マン(腕をクロスしてくれたものだ!)
17: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:29:48.06 ID:jxa6++0z.net
穂乃果(す、スペシウム光線…!)

マン(そうだ!!)

ビッー!

バシンッ!

キジャァ……ドカーン!!

穂乃果(私が、本当に)

穂乃果(ウルトラマンになってしまった!)

1話終了
次の怪獣は安価にしたいと
18: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:30:35.30 ID:jxa6++0z.net
それでは>>20
初代マンの怪獣のみでお願いします
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:34:03.29 ID:wIjfXL0R.net
ネロンガ
21: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:45:29.43 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「私が…本当に…!」

朝のニュースはそれでもちきりだった。幸い東京の被害は最小限ですみ復興が開始されているという

ミカ「おーい穂乃果~?」トントン

穂乃果「え?」

ミカ「どうしたの?ボーッとして?もう下校だよ?」

穂乃果「あ、うん!ありがとう」

テクテク

穂乃果(希先輩、大丈夫かな?今から神田明神に行ってみよう)

テクテク

穂乃果「あ!」

にこ「何?スクールアイドルじゃないあなたにもうようはないけど?」

花陽「にこ先輩…」オロオロ

穂乃果「いや、希先輩のことで…」

にこ「ふん!希なら元気にバイトしてるわ!それより」
22: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:49:40.74 ID:jxa6++0z.net
にこ「あんた本当にスクールアイドル辞めるの?」

穂乃果「……」

凛「凛、穂乃果先輩の歌が…もう一度一緒に歌いたいです!」

穂乃果「…!」

凛「凛全然女の子らしくないし可愛く無いけど…踊りたい!歌いたい!みんなを笑顔にしたい!」

花陽「私も同じです!」

花陽「凛ちゃんみたいに運動神経よくないし、にこ先輩みたいにしっかりもしてません…」

花陽「でも!穂乃果先輩を見て!私も挑戦したいと思ったんです!」
23: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:55:11.45 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「……」

にこ「私もね、同じよ」

にこ「この子達見てるとそしてあんたを見てると…やっぱりアイドルやって人を笑顔にさせたいと思うの」

にこ「そしてね、昨日のあのウルトラマン…」

にこ「私は弟の影響でウルトラマンは全て見たわ。ウルトラマンは正義のために戦うヒーロー」

にこ「ジャンルなんて関係ない関係ない。ウルトラマンもアイドルも人を笑顔に…闇の底に光を照らすのが仕事なのよ!」

穂乃果「…!」

にこ「だから、アイドルには太陽が必要なの。太陽は全てを惹き付けるから」

にこ「考えなさい。大切なもののために動くことがどれだけ自分にとっても幸せになるかを…」
24: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 07:59:20.71 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「…うん、考えるよ、しっかり」テクテク

ニコセンパイサムイニャー
ヌアンデスッテェ!
ピヤァ!

希「穂乃果ちゃん」

穂乃果「希先輩…」

希「にこっちと話したんやろ?」

穂乃果「はい…」

希「まだ先は長い!気楽にね?」

穂乃果「希…先輩…」

希「アイドルをやりたいと少しでも思ってるなら、突き進んだ方がエエんやない?」

穂乃果「…分かりました」

希「帰ってゆっくり考えよ?」

テクテク
25: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:04:55.95 ID:jxa6++0z.net
ガラガラガラ

穂乃果「ただいまー。って絵里先輩…?」



穂乃果「すいません、待たせましたか?」トポポ

絵里「ううん、全然」

絵里「穂乃果、私ねやっぱりスクールアイドルやりたいわ。あなたと一緒に」

穂乃果「え?」

絵里「私は今まで人と比べて、人を楽しませたり周りのことなんて見えてなかった」

絵里「生徒会として廃校を阻止しなくちゃっ、とか言ってても実際は自己満足に過ぎなかった」

穂乃果「そんなこと…」

絵里「そんな中、あなたたちは少なくても学校の為に純粋に取り組んでいた。それが妬ましかったし、羨ましかった」
26: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:10:59.18 ID:jxa6++0z.net
絵里「あの子は私と違う。でも何で違うの?って。私の中は困惑してた」

絵里「それでもあなたが私を誘ってくれて…やっぱりこの子は純粋なんだって思った」

穂乃果「それは…!」

絵里「穂乃果。私はあなたのステージが好き。そしてそれ以上にあなたと一緒に、μ'sとして活動したい!」

絵里「私達に残された時間は少ないわ。それでも少ない時でこそ輝けるものもあるんじゃない?」

穂乃果「絵里先輩…」

絵里「そう昨日の光の巨人のようにね」

穂乃果「!」

絵里「そういえば、海未が明日ここに来てくれってメモを」カサッ
28: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:14:00.85 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「海未ちゃんが…?…講堂?」

絵里「もう一度あの歌を、μ's全員で…」

穂乃果「あの歌?」

絵里「ううん、なんでもない、それじゃあね」グラグラ

穂乃果「何!?」グラグラ

絵里「最近小さな地震が多いのよ。気付かなかった?」

穂乃果「いえ…」
29: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:19:13.57 ID:jxa6++0z.net


穂乃果「海未ちゃんはまだ来てないか…」

海未「穂乃果!」

穂乃果「!」

海未「穂乃果の方が先に来るとは…珍しいですね」クスクス

穂乃果「失礼だよ!」プンプン

海未「あなたは昔からだらしなくて一人で勝手に突っ走って…アイドルだってそうです!」

穂乃果「そう…だけどさ」

海未「でも、あなたについていってしまうんです」

海未「あなたが純粋で輝いているから!」

穂乃果「!」

海未「幼なじみとして今回のことりのことに関しては謝ります。でも…」

穂乃果「?」
30: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:23:44.62 ID:jxa6++0z.net
海未「まだことりは海外へは行ってないのに、諦める貴方ではないでしょう?」

穂乃果「…海未ちゃん!」

海未「さあ!ことりが待ってます!」

穂乃果「…うん!!」

空港ホール~

ことり「…」チラチラ

ことり「穂乃果ちゃん…」

「ことりちゃん!!」

ことり「!」

穂乃果「ごめん!ことりちゃん!」ダキッ

穂乃果「私、ことりちゃんの心も考えずに!勝手に行動して!」

ことり「ううん、ううん」フリフリ

穂乃果「私、ことりちゃんとアイドルしたい!ことりちゃんがいないμ'sはμ'sじゃない!」
31: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:27:45.09 ID:jxa6++0z.net
ことり「穂乃果…ちゃん!」

穂乃果「ウルトラマンって出たよね」

穂乃果「私、分かった気がする。何事も諦めなければ未来は見えるって!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「もう一度アイドルしたいしよう!!」



穂乃果「すぐに講堂に来てくれって…はあはあ、何?」

希「来た!」

ことり「穂乃果ちゃん!みんなが待ってる!」

にこ「ぎーりぎりセーフね?もう待ったんだから!」

凛「またまた~!にこ先輩はずっとソワソワしてたにゃ!」
32: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:32:08.10 ID:jxa6++0z.net
にこ「凛!黙ってなさい!」キシャー

絵里「何はともあれ、揃ったわね!」

穂乃果「これは?一体…」

絵里「μ'sが全員揃った。私達が笑顔になる方法といえば?」

穂乃果「…ライブ!」

にこ「そうよ!学園祭のリベンジもかねてね、みんなを笑顔にさせるのよ!」

穂乃果「うん!」

グラグラ!

真姫「何!?この地震!」

絵里「これは長引きそうね!一旦避難しましょ!」

グラグラ!
33: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:36:20.93 ID:jxa6++0z.net
ガァァァ!

キャーカイジュウヨー!

ニゲロー

穂乃果「怪獣!?」

花陽「窓を見てください!」

にこ「あれは…透明怪獣ネロンガ!」

ガァァァ!ガァァァ!

海未「早く逃げてください!」

穂乃果(私がみんなを助けなくちゃ…!)

穂乃果「私は最後に出るよ!」

真姫「穂乃果!?」

ことり「危ないよ!逃げようよ!」

穂乃果「ごめんみんな!」
34: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:39:24.12 ID:jxa6++0z.net
タッタッタッ

穂乃果「ここまで来れば、みんなも…!」

穂乃果「私、ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ!

ガシッ…ミチミチ…

ガァァァ!

ヘッ!

絵里「まただわ!」

希「ウルトラマン!」

ヘアッ

ガ,ガァァァ

ヘッ!
35: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:42:50.36 ID:jxa6++0z.net
!?

にこ「ネロンガの角が全て前に…危ない!」

シビビビ!

ダアッ、ドターン!

ピコンピコンピコン

真姫「カラータイマーが!?」

海未「もっと安全な場所へ!さあ早く!」

穂乃果(苦しいししびれるけど…みんなの為なら!)

ダアアッ

凛「立ったにゃ!」

ヘアッ!

バギッ!バギッ!
36: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:45:17.53 ID:jxa6++0z.net
ことり「角を折って…」

穂乃果(教えてくれたよね!)

スッ……

穂乃果(スペシウム光線!)

ビッー

バシンッ

ガァァァ……ドカーン

にこ「よし!」

ヤッター!タスカッター!

穂乃果(終わった!)

シュワッ
37: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:49:23.53 ID:jxa6++0z.net
海未「学院には穂乃果が!」

希「すぐに戻るで!」

タッタッタッ

穂乃果「ふう……!みんなー!」

絵里「穂乃果!」

真姫「穂乃果!」

ことり「大丈夫だったの!?」

穂乃果「うん!ウルトラマンが守ってくれたんだ!」

花陽「お客さんも戻りだしています!」

穂乃果「やるよ!」

海未「え!?ライブをですか!?」

穂乃果「うん!今だからこそ!だよ」

にこ「そうよ!ウルトラマンばっかりにお客さんの笑顔をとられても困るわ!」
38: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:50:32.93 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「行くよ!μ's!ミュージック……スタート!!」

二話終了です
また安価でお願いします
39: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 08:51:05.85 ID:jxa6++0z.net
安価は>>41
またしても初代マンの怪獣のみで
41: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:01:43.14 ID:xtiVpzdM.net
テレスドン
42: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:16:42.23 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「なんと私が~生徒会長に~みんなの薦めでなっちゃった~♪」

私、高坂穂乃果!でも実はウルトラマンでもあります!



花陽「大変です!」

真姫「どうしたのよ?」

にこ「慌ててどうしたっての?」

ゴニョゴニョ

真・に・凛「ええ~!!」

ダッダッダッ…

にこ「やーっと見つかったわね!穂乃果!」

真姫「まったく…どこ行ってるのよ?」

海未「それで話というのは…?」

花陽「それです!」
43: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:21:49.20 ID:jxa6++0z.net
花陽「第二回ラブライブの開催が決定したのです!」

ことり「また!やったね♪」

海未「それは!嬉しい限りです!」

絵里「でも良く見た限り地区予選でA-RISEとぶつかるんじゃ…」

シーン

にこ「そ、そ、それだとしても!出る以外はないでしょ!?」

凛「凛も出たいにゃ!」

希「それに諦めるには早すぎるしね♪」

真姫「そうよ!最初から負け越しになってどうするのよ!」

にこ「ゼットンじゃあるまいし、壊せない壁なんてないわ!」

ことり「ゼットン……?」
44: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:25:01.74 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「別に出なくていいんじゃないかなぁ?」

……

8人「ええ~!!?」

にこ「なぁに考えてるのよ!」

海未「そうです!諦めてはいけません!」

穂乃果「出なくていいんじゃないかなぁ?」



海未「何故穂乃果はあのようなことを…?」

ことり「それは…多分」

ことり「前に迷惑をかけたっていう責任感と生徒会長になったていう責任感があるんじゃないかなあ?」

海未「穂乃果…」
45: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:29:21.51 ID:jxa6++0z.net
海未「そこまで考えていたとは…」

ことり「でも説得していったら必ず聞いてくれるよ!だってあれだけラブライブに出たがっていたんだから!」

海未「そう…ですよね」

深夜~

ヒュルルル…

ドカーン!ガァァァ!

ヒュルルル…



「ニュースです。昨晩未明中国北京において爆撃があったことを受けて…」

ほのママ「何かしら?怖いわぁ」パリッ

穂乃果「行ってきまーす!」

ほのママ「気を付けてね?」
46: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:37:01.21 ID:jxa6++0z.net
海未「穂乃果、聞きました?あなたは前にラブライブにでたがっていたでしょう!」クドクド

穂乃果「む~勘弁してよー!」

ミカ「朝からああだね?」

ことり「穂乃果ちゃんが出なくてもいいって言うから…」

海未「穂乃果ぁ!」

穂乃果「うるさいよー」

穂乃果(私もね…本当は…)



絵里「穂乃果も何かしら考えているのだろうけど…」

凛「でもやっぱり出たいよ」
47: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:39:37.22 ID:jxa6++0z.net
海未「言い続けるのも効果はありませんでしたし…」

ことり「でもやっぱり出たい気持ちはあると思うよ!」

にこ「ふん!ワケわからないわ!」

真姫「でもリーダーが出ないとなるとリーダーに従わざるを得ないんじゃない?」

にこ「むむむ…」

またその日の夜~

ヒュルルル…

ドカーン!キャー!バギッ!

ヒュルルル…
48: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:44:08.24 ID:jxa6++0z.net


「昨晩未明はまた不審な攻撃がソウルでおこり多数の犠牲者が…」

ほのママ「またね…どんどん日本に近づいてるし…怖いわぁ」

ほのママ「今日は雨も降るのね…」

サァァァ…

にこ「穂乃果!」

穂乃果「…?なぁに?」

にこ「勝負よ!」

・・・

にこ「今なら雨も降ってない…そして夜になる前!」

にこ「この坂をダッシュして私が勝ったらラブライブに出なさい!」

絵里「ちょっとにこ…」

穂乃果「…いいよ。やろう」
49: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:48:28.53 ID:jxa6++0z.net
にこ「位置について、よーい…ドン!」

穂乃果「ちょっとにこちゃん!ずるだよ!」

にこ「ラブライブに、でら、れる、ならこれくらい!」

ダッダッダッ

コケッ

ズサッ

穂乃果「!大丈夫にこちゃん!」

にこ「触らないで!」

穂乃果「…!」

にこ「あんたウルトラマンから何学んだのよ!?」

にこ「あんたは!そんな簡単に諦める人間だったわけぇ!?」

穂乃果「にこちゃん…」

希「にこっちの言うことには少し賛成かな?」

海未「あなたはことりも連れ帰ってきてくれたではないですか」

絵里「みんながあなたの生きた瞳を待ってるのよ!」
50: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:52:12.84 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「うん、私もね…悩んでた。」

ダッ

穂乃果「でももう悩まない!みんなとだったら出来る!」

穂乃果「出よう!ラブライブ!そして優勝を掴もう!」

にこ「大きく出たわね!」

ことり「面白そう!」

穂乃果「行こう!みんなで!夢の舞台へ!」

ダッ

スッ

ヒュー

8人「えっ…?」

真姫「あ、穴に落ちた!」

花陽「穴なんてあったかなあ?」
51: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 09:58:28.31 ID:jxa6++0z.net
海未「助け出さないと!時期に夜に!」



穂乃果「キャアアアアアアアアア?」

ドシン!

穂乃果「いたた…ここどこ?」

「来たな高坂穂乃果…いや、ウルトラマン!」

穂乃果「…!あなたは、誰!?」

地底人「我々は地底人。元は地上を征服していたものだ」

穂乃果「地底人!?どうして?何を企んで!?」キッ

地底人「北京、ソウルにはいなかった。やはり日本だったか…」

穂乃果「あの事件!あなたたちの仕業…キャア!」ガシッ

地底人「洗脳させてもらうぞウルトラマン!ベッドに縛り付けろ!」

穂乃果「やめ、離して!」

地底人「ウルトラマン、女の身体など借りたのが間違いだったな」
52: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:02:12.18 ID:jxa6++0z.net
地底人「テレスドンを出せ!ここさえ潰せれば用はない!」

地底人「フッフッフッ…ハァーハッハッ!」カツカツカツ

穂乃果「ちょっとどこに!?離して!」ジタバタ

ゴゴゴ…

にこ「この頃地震ばっかりね…」

凛「またにゃ!」ユビサシー

アァオォン!

にこ「あれは…」

花陽「地底怪獣テレスドン!これは地底人が送り込んだに違いありません!」

絵里「とにかく逃げるわよ!」
53: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:05:56.77 ID:jxa6++0z.net
海未「穂乃果が!」

絵里「後よ!仕方ないわ!」

ことり「穂乃果ちゃん…」

海未「私が、しっかりしていれば…」タッタッタッ

タッタッタッ

穂乃果(なかなか抜け出せない…)

穂乃果(そうだ!ベータカプセル!胸のポケットに…)

カラン!

穂乃果(しまった!)

地底人「なんだ!?ん?なんだこいつは~?」

地底人「こんなもの役に立たんだろう…フフッ無駄な足掻きを」
54: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:08:34.41 ID:jxa6++0z.net
地底人「こんなもの返してくれるわ!」

穂乃果(やった!ちょうど手に!)

穂乃果(ギリギリ!私、ファイトだよ!)ピカッ

シュインシュイン

シュワッ!キーン!

地底人「な!あれがベータカプセルだったのか!?」

キーン

ダアッ!

ゲシッ

アァオォン!

凛「ウルトラマンにゃ!」
55: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:12:10.29 ID:jxa6++0z.net
絵里「この夜で大丈夫なの…?」

デヤッ!

ガシッ…グルン!

ドターン

アァオォン!

ガシッ…グルン!

ドターン

穂乃果(すごい重い!でも投げなきゃ!)

ガシッ…ピタッ

!?

ズシーン…

真姫「ウルトラマンが下敷きに!」

にこ「重いんだわ!やつは120000㌧もあるのだから!」

ゲシッ!

デヤッ…
56: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:14:11.27 ID:jxa6++0z.net
ガシッ…ピタッ

ズシーン…

真姫「また!」

グリン!

ことり「足でテレスドンの首を!」

ダアッ!

ドターン!

アァオォン!

ガシッ…グルン

ドターン!

ピコンピコンピコン

希「カラータイマーが!」

にこ「大丈夫よ!」
57: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:16:15.79 ID:jxa6++0z.net
グリン!

ドターン!

ア,アオオ

穂乃果(このまま投げ続けて!)

グルン!グルン!

ドターン!

オオ…

マン(最後だ!)

グリン!

ドターン!

シーン

海未「勝ちました!!」

真姫「やったわ!」
58: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:18:31.36 ID:jxa6++0z.net
シュワッ

キーン

スッ

花陽「地底に…!」

キーン

地底人「ぼ、防御は!?早く!」

スッ……

穂乃果(もう終わりだよ!)

ビッー

バシンッ!

ドカーン!ガラガラガラ!

穂乃果(やった!)
59: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:22:07.30 ID:jxa6++0z.net
シュワッ

穂乃果「ふう……ここは男坂前…」グデーン

海未「穂乃果!」

穂乃果「!海未ちゃん!」

海未「しっかりしてください!大丈夫ですか?怪我は!?」

穂乃果「またウルトラマンに助けてもらっちゃった」

希「スピリチュアルやなあ…もしかしたら穂乃果ちゃんがウルトラマン!?」カードピッ

穂乃果「そ、そんなことないよ!ウルトラマンに助けてもらったんだから!」
60: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:25:38.43 ID:jxa6++0z.net
ことり「そうだよ、穂乃果ちゃんはウルトラマンぽくないもん!」

穂乃果「ははは…」

穂乃果(言えないこれだけは…)

にこ「テレスドンも倒されたし!ラブライブに向かって練習するわよ!」

8人「おおー!」

三話終了です
スペシウムは出しませんでした
今度の怪獣も安価よろしくお願いいたします!
61: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:26:17.75 ID:jxa6++0z.net
安価は>>62
宇宙人限定でお願いします
62: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 10:47:09.40 ID:8P6c1dLy.net
メフィラス
63: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 12:42:52.92 ID:jxa6++0z.net
私、高坂穂乃果!実はウルトラマンでもあります!ラブライブに向けてみんなで頑張ってます♪

絵里「技術力向上に向けて…真姫!」

真姫「まさか…」

絵里「合宿よぉー!!」ビシッ

ガタンゴトンガタンゴトン…

穂乃果「やっぱり大きいね!」

凛「すごいにゃ~!」ピョンピョン

真姫の別荘~

穂乃果「お金持ちの家で見るやつ!」

凛「火は~!?」

真姫「付けないわよ?」
64: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 12:47:43.88 ID:jxa6++0z.net
ほのりん「どうしてー!?」

真姫「煤がつくとサンタさんが入ってこれないじゃない」

穂乃果「サンタ…」

凛「さん…?」

にこ「ぷぷぷ…真姫ちゃんがサンタ…」

穂乃果「にこちゃん!」

希「にこっち、それは重罪やで!」

にこ「分かったわよ」

海未「あのー、先程茂みが奇妙ではありませんでした?」

海未「なんかその…蠢くような…」

絵里「いえ…まったく感じなかったわ…」

穂乃果「穂乃果も」ピョン

海未「気のせいでしょうか?」
65: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 12:51:58.09 ID:jxa6++0z.net
希「考えすぎやない?まあ、この頃スピリチュアルなことが多いけど…」チラ

穂乃果「!」ドキッ

絵里「じゃあユニットごとに別れて…」

絵里「真姫を中心に作曲をするグループ」

絵里「ことりを中心に衣装作りに取りかかるグループ」

絵里「そして海未を中心に作詞するグループ」

絵里「これで別れましょ?」

ことり「賛成!さっそく行こ!穂乃果ちゃん!」

穂乃果「うん!花陽ちゃんも早く~!」
66: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 12:57:06.06 ID:jxa6++0z.net
花陽「わわ、ダレカタスケテー!」

海未「それでは私達も行きましょうか?」

希「そうやね、えりちたちに迷惑かけれんし…」

凛「さっそくいっくにゃー!」

タッタッタッ

にこ「たく、穂乃果と凛は相変わらずね…」

絵里「それでこそ、じゃない?」

にこ「それもそうね…」

プランタン~

穂乃果「テント立てよ!テント!」

ことり「私も手伝う!」

花陽「私は道具を整理しておきます!」
67: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:03:31.14 ID:jxa6++0z.net
トンテンカンテン

穂乃果「ふう……疲れた~!」

ことり「私お花を見てくるね!」

穂乃果「お花?」

ことり「さっき綺麗なお花を見つけてね?それで積みにいこうかなって」

穂乃果「いいね!行ってらっしゃい!」

穂乃果「ふう……私は一時間睡眠を…」

穂乃果(ウルトラマン…少しだけお父さんに聞いた)

穂乃果(ウルトラマンの敵は怪獣だけではなかった…)

穂乃果(侵略してくる宇宙人や人間が作り出してしまった産物だったり)

穂乃果(そして弱い人間の心とも戦ってきた…)

穂乃果(ウルトラマン…どうやって向き合っていけば)
68: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:07:08.08 ID:jxa6++0z.net
キャァァァア!

穂乃果「ことりちゃんの声!」ガバッ

花陽「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「うん!行ってみよう!」

ダッダッダッ

穂乃果「あれは!」

巨大海未「……」ズーン

ことり「巨大な…海未ちゃん……」

巨大海未「むむむ…」ノシノシ

穂乃果(ここはウルトラマン!?)ザッ

スッ…

花陽「あれ?消えちゃった…?」

ことり「何なの?あれ?」
69: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:11:54.77 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「……?」



穂乃果「スピー……」

ことり「寝ちゃったね…」

花陽「そうだね、最近忙しかったし…」

穂乃果(スピー…)

?(ウルトラマン、良く聞くんだ)

穂乃果(…?誰…?)

?(私はメフィラス星人…)

穂乃果(メフィラス星人…?まさか侵略!?)

メフィラス(いや、すぐに暴力に訴えるのは辞めようではないか)

メフィラス(最近のやつは野蛮で困る)

穂乃果(侵略はしない…?)
70: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:16:23.43 ID:jxa6++0z.net
メフィラス(侵略はしない…誓おう)

穂乃果(だったら何?どうして地球に?)

メフィラス(そう、ただウルトラマン、君に地球から出ていってほしいんだ)

穂乃果(どうして!?)

メフィラス(おかしくないかい?私はメフィラス星人だからメフィラス星の住人だ)

メフィラス(だったらウルトラマンはウルトラの星に帰るべきだ)

穂乃果(それは…)

メフィラス(まあいい…回答は聞くまい)

メフィラス(だったら別の人間に聞くまでだ)

穂乃果(どういうこと!?)

スーッ

穂乃果(消えた…)
71: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:21:46.90 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「ん…?」ムニャ

花陽「あ、起きたよ!ことりちゃん!」

ことり「穂乃果ちゃん、おはよう。ずーっと寝てたね」ゴゴゴ

穂乃果「こ、ことりちゃんごめん!」ペコッ

ことり「うん!許します!」

穂乃果「ほっ……」

穂乃果(それにしてもあのメフィラス星人っていうの…ワケわからなかったな…?)

ビビ~

にこ「真姫が一人でこもっちゃったから意味ないわね」

絵里「あら?昼間活躍したし、いいんじゃない?」ニコッ

にこ「どうかしら?」

絵里「真姫が心配?」
72: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:25:51.47 ID:jxa6++0z.net
にこ「べ、べっつにー!気になっただけよ!」アセアセ

絵里「真姫もにこも素直じゃないんだから…」クスクス



真姫「ふう…」

メフィラス「やあ、作曲は済んだのかい?」

真姫「キャア!」ガタッ

メフィラス「そんなに驚かなくてもいい」

真姫「ひ…に、こちゃん…エリー…」ガクガク

メフィラス「うーむ、では場所を変えよう…」サッ

真姫「キャア!」

ブウウウウン…
73: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:30:30.41 ID:jxa6++0z.net
メフィラス「さあ、西木野真姫くん…だったかな?」

真姫「何よ!?」ガクガク

メフィラス「君はこの世界が…地球が嫌になったりしないかね?」ニコッ

真姫「はあ!?」

メフィラス「ほら、あるだろう?この不完全な世の中に不満なんて…」

真姫「…?」

メフィラス「"だったら何よ?"という顔だね?」

真姫「!」

メフィラス「1つ呟くだけでもいい…」

メフィラス「"地球をあげます"…と」

真姫「…!あなた侵略者なの!?」
74: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:36:01.78 ID:jxa6++0z.net
メフィラス「あっているが間違っている。私は暴力が嫌いでね」

メフィラス「だから私がしているのは侵略ではない、"交渉"だ」

真姫「ありえないわ!」

メフィラス「どんな願いでも叶えよう!バルタン星の女王になるもよし!」

メフィラス「なんならザラブ星の権利だってあげよう!」

メフィラス「君になんのデメリットがある?」

真姫「…ないわ!」

メフィラス「もう一度交渉を考えてくれないか?」

真姫「…それは…」



穂乃果(あのメフィラス星人…どこか怪しいんだよね~)

穂乃果(多分巨大海未ちゃんもメフィラス星人の仕業だろうけど…)

穂乃果(他に聞こうってどういう意味…?)
75: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:40:39.77 ID:jxa6++0z.net
穂乃果(他のみんなが心配だ!)

穂乃果(こっから一番近いのは絵里ちゃん!)

タッタッタッ…

穂乃果「絵里ちゃん……」キョロキョロ

にこ「穂乃果!」ガバッ

穂乃果「にこちゃん!驚かせないでよ!」

絵里「穂乃果!」ガバッ

穂乃果「絵里ちゃんも!どうしたの?」

にこ「さっき館から悲鳴が…」

絵里「短かったけど…真姫だと思うわ!」

穂乃果「え!?真姫ちゃんが!?」

穂乃果「こうしちゃいられない!」ダッ!

絵里「穂乃果!待ちなさい!危険よ!」

にこ「待ちなさい!穂乃果ぁ!」

ダッダッダッ…
76: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:44:17.39 ID:jxa6++0z.net


メフィラス「それは?」

真姫「…絶対にないわ!私はこの世界が好きだもの!」

メフィラス「なに!?」

真姫「私を何もない脱け殻の様になってた私を救ってくれた穂乃果やμ'sのメンバーがいない世界なんて……」

真姫「そんなものいらないわ!」

真姫「だからあなたにはあげないし、地球のみんながそう言うわ!」

真姫「あなたの言うことなんて絶対に信じない!」

メフィラス「この~!小娘が!」バキッ

真姫「キャア!」
77: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:48:18.77 ID:jxa6++0z.net
メフィラス「許さんぞ、絶対に壊してやる!」

メフィラス「小娘!まずは貴様から殺す!」

真姫「ひ、ひ…」

「真姫ちゃん!」

真姫「穂乃果!」ガバッ

穂乃果「怖かったよね……」ガシッ

真姫「穂乃果…どうやって?」

穂乃果「えっ?え、えーとウルトラマンが運んでくれたんだ!」

穂乃果「もうじき来ると思うよ!」アセアセ

真姫「そう……」

穂乃果「今から後ろのドアに向かって飛んで!それで帰れる!」

真姫「分かったわ!穂乃果は!?」
79: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:51:33.62 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「私はやることがあるから…」

真姫「必ず…帰ってくるのよ!」

穂乃果「うん!!」

ピョン!シュイーン!

穂乃果「メフィラス星人……」キッ

メフィラス「ええい、ウルトラマン!仕方がない!」バッ

穂乃果「ファイトだよ…!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ!

オーン!

凛「んん~?なあにこの音?」ガサッ
80: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:54:57.03 ID:jxa6++0z.net
ダアッ!

ガシッ

オーン!

シビビビ

ヘアッ

希「どうしたん?凛ちゃん…?」ガサッ

凛「ウルトラマンだにゃ!」

ヘアッ

シリリーン

カキィ!

穂乃果(八つ裂き光輪が!?)

マン(やつは相当強いぞ!心してかかれ!)

ダアッ

オーン

ダッダッダッ

バシィ!

オーン
81: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:58:03.09 ID:jxa6++0z.net
ヘ,ヘアッ!

オーン!

カキィ!

穂乃果(また!)

マン(落ち着け、焦るな!)

ピコンピコンピコン

凛「タイマーが!」

絵里「頑張ってウルトラマン!」

ダアッ

オーン

穂乃果(これで決める!!)

スッ

穂乃果(スペシウム光線!!)

ビッー

ガァー

バシィ!

穂乃果(ウソ…相討ち…)ユラッ
82: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 14:01:40.61 ID:jxa6++0z.net
希「スペシウム光線が!」

ことり「穂乃果ちゃんは?」キョロキョロ

真姫(穂乃果……!)ギュッ

メフィラス(よそう、ウルトラマン)

メフィラス(これ以上宇宙人同士で争ってもしょうがない)

メフィラス(今回は諦めるとしよう…)

メフィラス(だがしかし!私はまた来るぞ!必ずな!)

ハッハッハッ!

スーッ…
83: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 14:06:05.88 ID:jxa6++0z.net
穂乃果(終わった…?)

マン(のようだな)

シュワッ!

にこ「やったわ!撃退したわ!」

ことり「にこちゃーん!絵里ちゃーん!」ハアハア

絵里「どうしたのよ?」

花陽「穂乃果ちゃんがいないんです~!」ハアハア

穂乃果「穂乃果ならここだよ?」ヒョイ

花陽「ピャア!?」

真姫「穂乃果!」

穂乃果「ずっと別荘に隠れてたんだよー」テヘヘ

にこ「てへへ、じゃないわよ!心配するじゃない!」
84: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 14:11:38.33 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「いやーごめんごめん、ウルトラマンの手にあせ握る戦い見てたら出てこれなくて…」

にこ「ふざけるじゃないわよ!ったく…」

海未「絵里!」タッタッタッ

絵里「作詞組だわ!」

希「こっちは大丈夫かと思って見に来てみたんよ」

凛「かよちん!大丈夫!?」ガシッ

花陽「大丈夫だよ、凛ちゃん!」

絵里「全員無事なようね!」

穂乃果「だったら良かった!ウルトラマン万歳!」

アハハ…

真姫(穂乃果…まさかね♪)

かくして私達はラブライブの地区予選の為の曲を完成させました!
扉を開くときが今そこに来ています!
85: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 14:12:34.90 ID:jxa6++0z.net
4話終了しました
また安価をとりたいと思います。今回はどちらでも
では>>88
92: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 16:12:26.82 ID:sFdGXrDH.net
バルタン
96: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:18:36.12 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「えーなんでよ!」

私、高坂穂乃果!実はウルトラマンでもあります!

にこ「だから花陽が言ってるでしょう!学校だとインパクトが少ないって!」

花陽「ラブライブの地区予選の開催会場は各グループ自由!」

花陽「だからインパクトがある場所がいいんです!」

花陽「しかも配信は1回きり!絶対失敗は出来ません!」

絵里「確かに私達はいままでほとんど学校でライブしてきたから…」

真姫「でも、どこがいいのよ?それだと」クルクル
97: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:24:21.22 ID:jxa6++0z.net


凛「だからと言ってここまで回る必要あったかにゃ~?」グデー

海未「余りμ'sらしいとこというのは見付かりませんでしたね…」

希「もうちょっと歩いてみる?」

凛「もう疲れたにゃ~!」ジタバタ

ことり「A-RISEはどこでやるんだろうね…?」

海未「さあ…?分かりかねますね」

絵里「とりあえずお店を出ましょう?」

トボトボ

花陽「あ、UTX...」

穂乃果「いつみても電工掲示がすごいよね…」

ワチャドゥー!ワチャドゥー!

穂乃果「……」
98: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:30:01.90 ID:jxa6++0z.net
「高坂穂乃果さん」

穂乃果「!」

ガシッ

穂乃果「え?ちょっと…」アセアセ

海未「穂乃果!?」

ヴィィン…

穂乃果「あなた…綺羅ツバサさん!?」

ツバサ「会えて嬉しいわ!高坂穂乃果さん…」ギュッ

穂乃果「……!」ゾクッ

英玲奈「ツバサが勝手してすまない」

あんじゅ「ごめんね、3人さん」

海未「あなたはA-RISEの統堂英玲奈さん!」

ことり「こっちは優木あんじゅさん…」

バタバタバタ

にこ「ちょっと!何抜け駆けしてるのよ!?」

花陽「あ、本物の…」

にこ「花陽!サイン貰うわよ!」

花陽「もちろんです!」
99: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:36:38.46 ID:jxa6++0z.net
ツバサ「あ、あはは…サインは後でね」

ツバサ「ちょうどμ'sの方とお会いしたかったの!」

穂乃果「私達…と?」



ツバサ「ここはカフェスペースになってるから、自由に使って」

真姫「ふん!」

にこ「ちょっと何してんのよ!」

あんじゅ「いいのよ、こっちが無理言ってるわけだし…」

絵里「しかしなぜ私達を?」

英玲奈「それはだな、注目していたからだよ」

穂乃果「え?」

あんじゅ「前のラブライブでも一番のライバルになるんじゃないかって、踏んでたのよ」

ツバサ「μ'sのメンバーにはそれぞれの色がある」

ツバサ「これはどのグループも持ってないもの。そして…」
101: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:41:59.40 ID:jxa6++0z.net
ツバサ「リーダーの高坂穂乃果…グループを1つにまとめるいわば太陽…」

穂乃果「そんな…」

ツバサ「それは火星のパワー、スペシウムと言ってもいい」

英玲奈「私達は前のラブライブより目を着けていた」

英玲奈「そして怖くもあり楽しくもあった」

あんじゅ「善きライバルとしてあれると知っていたから」

海未「そう…だったのですね…」

にこ「見てもらえてたなんて…ウフフ!」

ツバサ「そういえば何故私達の高校の前を?」
105: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:46:33.53 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「それは…実はライブ会場に困ってまして…」テヘヘ

ツバサ「ならうちの屋上を使わない?」

ツバサ「空きがあるのよ、それに空中撮影なんてのも可能よ!」

真姫「ちょっと穂乃果…」

穂乃果「…やります!やらせてください!」

8人「ええ~!?」

花陽「確かにインパクトは絶大だけど…」

ツバサ「やっぱりμ'sは強いわ!」

穂乃果「それでは!みんな帰ろう!」

にこ「ヤル気出させることするじゃない!あのA-RISEと一騎討ち…」

希「面白そうやん!」
108: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:49:31.57 ID:jxa6++0z.net
海未「さあ帰れば練習です!」

凛「ええーこれから~?」

ガヤガヤバタバタ…

ツバサ「高坂さん!」

穂乃果「はいっ!?」ビクッ

英玲奈「ちょっと…いいかな…?」

絵里「?先に帰っとくわよ?」

穂乃果「うん!…よろしく、絵里ちゃん…」

バタバタ…

ツバサ「さあ、個室へ移動しましょ?」ガチャ
114: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 18:54:21.81 ID:jxa6++0z.net


穂乃果「ここは…?」

ツバサ「UTXが誇るという最新の防音設備場だそうよ」

穂乃果(だそう…?)

あんじゅ「もういいんじゃない?本題に行っても?」

英玲奈「そうだな…」

穂乃果「本題…?」

英玲奈「高坂穂乃果…いや心は2つ。ウルトラマンと一緒か」

穂乃果「…!何故それを!?」

英玲奈「当たりだな」

穂乃果(3人の影が!)

ツバサ?「しくじったものだ、宇宙船の故障とはな…」

穂乃果「誰…?誰なんですか!?」
115: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:02:23.06 ID:jxa6++0z.net
あんじゅ?「私達はバルタン星人…地球の言語が理解出来ぬからな」

英玲奈「この者たちの身体を借りている」

穂乃果「バルタン星人!」

フォッフォッフォッフォッ…

バルタンA(ツバサ)「いかんせん、住みよいなここは」

バルタンB(英玲奈)「スペシウムも無いしな」

バルタンC(あんじゅ)「侵略は決定事項だ!」ビッー

穂乃果「キャア!」サッ、ボカン

バルタンA「直に暮れるな…」

バルタンA「それがお前の…ウルトラマンの最後だ!」

穂乃果「勝手にツバサさんたちの身体を…!」

穂乃果「許せない!」

バルタンC「それはウルトラマンも同じだろう!?」

穂乃果「違う!」
116: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:06:50.15 ID:jxa6++0z.net
穂乃果「ウルトラマンは侵略者なんかじゃないし…正義のために戦う!」

バルタンB「宇宙船には20億以上もの我らの同胞がいる」

バルタンA「バクテリアサイズとなってな…」

バルタンA「我らの正義とは…同胞を地球に住まわすことだ!」

穂乃果「そんなの身勝手すぎるよ!」

バルタンC「真理が違うから話が噛み合わんのだ!もういい!」

フォッフォッフォッフォッ…

穂乃果「消えた…?」

プルルルル…

穂乃果「携帯…?」
117: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:14:09.12 ID:jxa6++0z.net
『園田海未』

穂乃果「海未ちゃんからの電話…!」

ピッ

海未「何をしているのです?早く帰りなさい!」

穂乃果「分かったよ~!でもね…」

穂乃果「やることがちょっと増えちゃったんだ…!」

海未「やること?」ブッ

ツーツーツー…

海未「また急に電話を!穂乃果は…」

バタバタバタ

穂乃果「ハアハア…」

バルタンA「追ってきたな、ウルトラマン!」

バルタンA「3対1で勝てるか!?」

フォッフォッフォッフォッ!!

穂乃果「やらなきゃ!ツバサさんのためにも…!皆のためにも!」

穂乃果「ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ヘアッ

フォッフォッフォッ

ヘアッ

ことり「窓が揺れた…?」チラ

ことり「う、ウルトラマン!」

ヘアッ

フォッフォッ!ボウッ

ヘッ!ドカーン!
123: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:22:05.86 ID:jxa6++0z.net
穂乃果(ビ、ビルが~!)

マン(後ろ来るぞ!)

穂乃果(えっ!?)

ガシッ

ダアッ!?

フォッフォッ

ドシィ!ドシィ!

絵里「さ、3対1だなんて…!」

ヘ,ヘアッ

穂乃果(どーしよっー!?)

マン(回転…ウルトラスピンを使おう!)

ヘアッ

グルグルグル…

フォッ!?
125: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:25:33.54 ID:jxa6++0z.net
グルグルグル…

フォッ!フォッ!

ブーン!

凛「一体が飛んでいく…」

スッ

シリリーン

スパンッ!

穂乃果(よし!)

凛「真っ二つにゃ!」ガッツ

フォッ!?

ヘアッ

ガシッ…ギリギリ…

ダアッ

ドターン!

マン(ウルトラ…)
128: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:27:27.21 ID:jxa6++0z.net
穂乃果(念力!)

スッ…ピッ

フォッ!?フワー

スッ

シリリーン

スパンッ!

真姫「これで五分五分…」

ピコンピコンピコン

ゲシッ

ダアッ!?

ドターン

ヘ,ヘアッ

フォッフォッフォッ…
131: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:30:12.64 ID:jxa6++0z.net
フォッ!

キーン

穂乃果(逃げた!)

マン(追え!穂乃果くん!)

シュワッ

キーン

フォッ!

グルン!ビッー!

ヘアッ!ビッー

ボフン

穂乃果(もう…決めるよ!)

スッ

穂乃果(スペシウム光線!)

ビッー

バシンッ

ボカーン

穂乃果(後は…宇宙船!)
137: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:50:21.55 ID:jxa6++0z.net
穂乃果(どこに行ったんだろう?)

マン(ウルトラアイ!)

ヘアッ

ビー

フワフワ…

穂乃果(あれだ!)

スッ…

ビッー

バシンッ

ボカーン!

穂乃果(終わった!)

シュワッ!
138: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:56:11.49 ID:jxa6++0z.net


穂乃果「今回は本当に疲れた…」

ツバサ「ううっ…」

穂乃果「ツバサさん!」ダッ

穂乃果「それに英玲奈さん!あんじゅさん!」

ツバサ「こう、高坂…さん…?」

穂乃果「安静に!明日のためにも…安静に…」

ツバサ「そう…また明日…ね?」



穂乃果(やっぱりA-RISE…すごい!)

穂乃果(あんなことがあったのに…キツかったはずなのに!)

穂乃果「やっぱりA-RISEはすごいよ!」

穂乃果「でも全力で!やりきろう!」

穂乃果「μ's......」

9人「ミュージック…スタート!!」
139: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:59:06.88 ID:jxa6++0z.net
五話終了しました。
次の話は安価は取りません。申し訳ございませんm(__)m
154: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:43:46.75 ID:CsW+C7fA.net
~10年前

「ぐわっ!」ビー

シュイーン

?「これで誉められる…!こんだけ集めたんだから…!」

アヒャヒャヒャ…



絵里「さあ練習しましょ!」

私、高坂穂乃果!実はウルトラマンでもあります!

にこ「悪いけど私、帰るわ」

凛「何でにゃ!」ガシッ

にこ「用事があるのよ!離しなさいよ~!」ジタバタ
155: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:47:57.27 ID:CsW+C7fA.net
絵里「分かったわ…では練習を始めましょ?」

絵里「凛!離れなさい!」

凛「ちぇっ~!」

にこ「じゃあね」バタン

この頃にこちゃんは何故か多く練習を休んでしまう…サボりではないはずだけど…

海未「A-RISEも予選を通過したことですし、益々気合いを入れなければ!」

やっぱり怪しい!!



穂乃果「ただいま~!」

ほのママ「お帰りなさい。そういえば大丈夫?」

穂乃果「なにが?」
156: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:52:03.46 ID:CsW+C7fA.net
ほのママ「この頃幼い子供が失踪するって話だったから…」

穂乃果「私もう17だよ!?」

ほのママ「一応よ。怪しい人を見かけたら言うのよ?」

穂乃果(そんなの変身して倒しちゃうよ!)

穂乃果(でもにこちゃんなら…ププ)クスクス

穂乃果「疲れたからもうバタンキューだよ…」



凛「今日も練習いっくにゃー!」

にこ「ごめんね、今日も…」

希「にこっち?」

にこ「ごめん…」

スタスタ…バタン
157: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:55:15.36 ID:CsW+C7fA.net
ことり「また帰っちゃったね…」

凛「やっぱり怪しいにゃ!」

穂乃果「穂乃果もそう思う!」

希「つけてみる?」

海未「それはにこに失礼な気が…」

真姫「にこちゃんがサボるわけないけど…気になるじゃない?」

真姫「これで4日連続。いくら地区予選通ったからってこんなのあると思う?」

花陽「確かにそうだけど…」

穂乃果「つけよう!つけよう!」

凛「そうにゃ!そうにゃ!」
158: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:58:46.75 ID:CsW+C7fA.net
絵里「仕方ないわね…気にならないといったらウソになるし…」

穂乃果「さっそく行こう!」

穂乃果(もしなにか危ない目に合ってたりしたら…)



海未「ここまでついてきましたが…」

ことり「スーパーマーケット?」

真姫「なにか買い物してるみたいね」

凛「わざわざ買い物?」

ガタッ

にこ「!」

にこ「あ、あんたたち…!」

希「これは…」

絵里「まずいわね…」
159: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:01:52.31 ID:CsW+C7fA.net
にこ「!」ダッ

凛「逃げたにゃ!」

ダッ

海未「待ってください!」

穂乃果「待ってよ、にこちゃん!」

スッ

希「もう逃がさんよ~!」ムギュ

希「…」

希「///」

凛「不本意だにゃ~!」



花陽「見失っちゃったね…」

希「逃げ足が早い…」
160: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:10:25.95 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「どこに行ったんだろう…?」

凛「あ、あ、…」

真姫「凛?」

テクテク

凛「にこちゃんがちっちゃくなってるにゃ!」

?「?」

絵里「すごいそっくり…」

絵里「ねえ?矢澤にこってあなたに似た人知らない?」

?「ああ、あなたがたが…」

こころ「お姉さまのバックダンサー、μ's!」

8人「…」

8人「バックダンサー!?」
161: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:18:41.58 ID:CsW+C7fA.net


にこ「大変申し訳ありません!」

にこ「矢澤にこウソをついておりました!」

絵里「顔を上げて説明しなさい」



希「スーパーアイドルを演じる?」

にこ「あの子達は私をそう見ているのよ」

にこ「父親は居なかったしね…」

海未「不束ながら、何故お父様は?」

にこ「失踪よ…10年前に突然…」

絵里「え、でもあなたには小さい弟が…」

にこ「虎太朗は……ごめん、話せない…」グズッ

希「にこっち…」
162: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:23:35.72 ID:CsW+C7fA.net
にこ「でもあのこも大切な家族には変わらないわ」

海未「もちろんですよね…」

真姫「でもまだ帰ってきてないみたいだけど?」

真姫「保育園や幼稚園なら…遅すぎない?」

にこ「…!こ、ここあ!虎太朗は?」

ここあ「知らないよー?」

にこ「こころは?」

こころ「私も知りません」

にこ「…!」ゾッ

ダッ

花陽「にこちゃん!?」

穂乃果「追おう!」ダッ

バタン!ダッ

ハアハア…

タッタッタッ

にこ「どこよ…!虎太朗!」

絵里「色々当たってみたけど…やっぱりいないわ!」

タスケテヨー!

にこ「虎太朗の!?」

真姫「こっちよ!」
163: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:30:36.52 ID:CsW+C7fA.net
ガサッ

海未「あれは!?」

?「これで最後だ!」ビシュン!

虎太朗「あ、う…」シュイン!

?「これでよし……ん?」

花陽「さ、三面怪人…!」

にこ「ダダ…!」

ダダ「なんだ?貴様ら?」

ダダ「ん?良くみるとさっき吸い込んだガキと目が…」

にこ「虎太朗に何したのよ!!」

ダダ「?…ああ、さっきのガキのことか」

ダダ「標本だよ…」

絵里「標本…!?」

ダダ「人間のサンプルを取れと命ぜられすぐそこのアパートに10年くらい前から住んでいるが…」

ダダ「いやはや雑用ばっかでね…」

穂乃果「そういえば…!」

穂乃果「子供の最近の失踪って!」

ダダ「ん?貴様は……まあいい」

ダダ「そうだよ、私だよ!」
164: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:37:14.66 ID:CsW+C7fA.net
ダダ「私は271号として来たダダだ」

希「271号…」

ダダ「後ろを見たまえ」

クルッ

ダダ「私が304号だ」

ことり「もうひとり…」

ダダ「いや、横を見たまえ…」

クルッ

ダダ「私が199号だ」

穂乃果「三体も!」

ダダ「さあ向き直れ」

クルッ

ダダ「このように……我々は多く存在しているのだよ!」

にこ「……さい」

凛「にこ……ちゃん?」

にこ「うるさいっ!」

にこ「絶対に……許せない!」

ダダ「にこ……?そういえば遠い昔に一人の男がにこなんて言っていたな…」

にこ「!」

海未「それって…」

ダダ「そうだな10年くらい前か…」

にこ「お父さんも……?」
165: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:41:06.84 ID:CsW+C7fA.net
ダダ「お父さんも……?」

ダダ「そうか!あれもお前の家族か!」

ダダ「アヒャヒャヒャ!家族みんなで標本になるか!?」

にこ「なんてこと…」

にこ「絶対に許さないから!」ダッ

絵里「にこ!」

真姫「にこちゃん!」

ダダ「小癪な!」ビー

にこ「う!!」バシンッ

シュイン!

ことり「そ、そんな…」

ダダ「見られたからには貴様らもだ…」

穂乃果「逃げて!!」

ダッ

ビッー

花陽「キャア!?」バシンッ

シュイン
166: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:44:10.97 ID:CsW+C7fA.net
ダダ「そら!」ビー

穂乃果「うぐっ!」バシンッ

……

穂乃果「なんとも……ない?」

ダダ「やはり、貴様!」

穂乃果「みんなは逃げられたね……!」

ダダ「ウルトラマンだな!!」

穂乃果「ファイトだよ!!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ

海未「穂乃果が!」

凛「かよちん!」

希「今は危険や!ウルトラマンに託すんや!」

ことり「穂乃果ちゃん……」
167: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:48:24.74 ID:CsW+C7fA.net
ダダ「クソ!」

ダーダー

シュインシュイン

絵里「ダダも大きくなった!」

ダダ「かかれ!同胞!」

穂乃果(そんなのいないこと分かってるよ!)ダッ

ゲシッ

ダーダー!?

ドターン

ダダ「な、何故だ!?」

穂乃果(いちいち振り向かせて不自然だったし)

穂乃果(何より花陽ちゃんが「三面怪人」と言ったからね)

ダダ「クソ!?」

ダーダー

穂乃果(にこちゃん!花陽ちゃん!必ず助けるよ!)

デヤッ!

ガシッ…ギリギリ

ダアッ

ドターン

ダーダー…
168: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:53:01.26 ID:CsW+C7fA.net
デヤッ!

シリリーン

ダーダー!スッ

穂乃果(避けられた!八つ裂き光輪を!)

マン(焦るな!)

デヤッ

ガシッ

ソォイ!ブーン

ドターン

ダーダー…!

ヘアッ!

スッ

海未「消えた!?」

ダーダー

ヘアッ!?

ゲシッ

ヘ,ヘアッ…
169: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:56:58.50 ID:CsW+C7fA.net
ダアッ

ヒュン

ズサッ

ダーダー!?

ドターン

穂乃果(少し…)

スッ……

ビッー

バシンッ

ドターン

凛「スペシウム光線が当たった!」

ダーダー…

スッ

ことり「消えちゃった!」

絵里「いや、まだどこかにいるはずよ!」
170: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 19:01:08.61 ID:CsW+C7fA.net
カンカンカン…

ダダ「クソ…!」ガチャ

ダダ「報告する!ウルトラマンは強すぎる!」

ダダ上司「ウルトラマン!?知るかそんなもの!」

ダダ「そ、そんな…」

ダダ「顔を見れば分かるでしょう!?この焼けただれた顔を!」

ダダ上司「邪魔者は全て消せ!いいな!?」ブンッ

ダダ「なんてことだ…」

穂乃果(どこにいったの?)

マン(おそらく人間サイズに戻っているな!)

マン(さっきのアパートとやらに違いない!行くぞ!)

穂乃果(うん!)シュワッ

シュインシュイン

タッタッタッ

カンカンカン…
171: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 19:05:09.25 ID:CsW+C7fA.net
ダダ「げえっウルトラマン!」

マン「標本を返してもらおう」

ダダ「く、クソ!」カチッ

ダダ「ま、まずい!?」

ブンッ

ドサドサ

イテテードウシタ?

穂乃果(戻った!)

ダダ「えーい!後は野となれ!」ダーダー

穂乃果(また大きく!)シュワッ

シュインシュイン

ダーダー!キーン

マン(逃がすか!)

ダアッ!キーン

ダーダー…スッ…

マン(ウルトラアイ!)

ビー

ダーダー…

穂乃果(もう一度喰らってもらうよ!)

穂乃果(スペシウム光線!)

スッ……

ビッー

バシンッ

ドカーン
172: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 19:08:24.97 ID:CsW+C7fA.net
希「やった!」

シュワッ

穂乃果「よしっ!」

穂乃果「にこちゃん!花陽ちゃん!」カンカンカン

ガチャ

にこ「穂乃果!」

花陽「穂乃果ちゃん!」

ヒシッ

にこ「ほ、穂乃果……」グズッ

穂乃果「もう大丈夫だよ!」

?「に…こ……?」

にこ「お、お父さん…!」

にこパパ「にこ!」

にこ「お父さん!」バッ

ウワーン……
173: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 19:11:54.63 ID:CsW+C7fA.net


にこ「聞いて?」

虎太朗「バックダンサー……?」

にこ「ううん…お姉ちゃんウソついてた!」

にこ「これからはこの最高のメンバーで!スーパーアイドルになる!」

にこ「いや、宇宙No.1アイドルになってみせるわ!」

にこ「だから…ううん、いくよ!」

にこ「にっこにっこにー!!」

にこ(ウルトラの星に誓ったんだから!)
174: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 19:13:46.04 ID:CsW+C7fA.net
6話終了しました
次はいったんアニメ路線から外れた番外編をお送りします
読まなくてもストーリーに支障はございませんm(__)m
181: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:20:56.11 ID:CsW+C7fA.net
番外編~

希「"時の石"って知ってる?」

凛「時の石?」

私、高坂穂乃果!ウルトラマンとしてスクールアイドルを救ってます!

希「時の石ってのは持っているとどこかの時空に飛ばされてしまう謎の石なのだ~!」

ことり「時空に?」

海未「それはつまり他の時代に?」

希「イエース!その通りや!」

希「どうスピリチュアルやろ?」

真姫「あるわけないでしょ…」

希「もう、真姫ちゃんは夢がないなあ!」
182: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:24:25.56 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「そうだよ!夢がないよ!」

凛「面白そうにゃ!」

穂乃果「昔に行けたら…小さいときの海未ちゃんをつれてくるのにな!」

ことり「それいいかも!」

海未「なりません!そんな…恥ずかしい!」

花陽「海未ちゃんの幼少時代…気になります」

にこ「くだらないわね~」

希「にこっちは過去に戻りたいとかないの?」

にこ「特にはないわね。どうせなら未来に行きたいにこ!」

凛「未来に?」
183: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:27:38.34 ID:CsW+C7fA.net
にこ「そう!にこは絶対~宇宙No.1のスーパーアイドルになっているにこ~!」

真姫「キモチワルイ」クルクル

にこ「ぬぁんでよっ!」

絵里「未来…ね…」

希「えりち?」

絵里「ううん、ただ私達がどうなっているのか、そしてスクールアイドルの世界はどうなってるのかは気になるわね」

穂乃果「おおー、真面目!」

海未「穂乃果ががさつすぎるんです!」

アハハ…クスクス…
184: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:30:29.16 ID:CsW+C7fA.net


穂乃果「時の石か~」

海未「まだ言っているんですか?」

穂乃果「うん、私も未来が気になってきて…」

穂乃果「あ、ここでお別れだね!バイバーイ!」

タッタッタッ

ことり「穂乃果ちゃんは相変わらずだね♪」

海未「そうですね……」



穂乃果「早く帰ってパン食べよ!」タッタッタッ
185: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:33:06.45 ID:CsW+C7fA.net
キラッ

穂乃果「ん?」

ヒョイ

穂乃果「綺麗な石……」

穂乃果「ラッキー!」タッタッタッ



穂乃果「さあ、もう寝よう!おやすみなさい!」

スヤスヤ……

マン(穂乃果くん!穂乃果くん!)

マン(おかしいな……)
186: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:36:05.90 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「ふわあ……良く寝た!」ガサッ

穂乃果「何これ?」

「カーット!」

穂乃果「え?」

「ありがとうございました~!」

「いやーこれで帰れる!」

「オヤジさんやっぱりすごいな!」

穂乃果「な、なになに…?」

?「君、ちょっと」

穂乃果「は、はいっ?」
187: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:39:15.37 ID:CsW+C7fA.net
?「君、さっきまでいなかったね?」

?「それに…そんな格好……」

?「興味が湧く!来なさい!」ズルズル

穂乃果「え、あ、ちょっと~!」ズルズル



?「私の家だ、ゆっくりくつろいでくれ」

穂乃果「へえー、でっかい……」

?「そういえば名前を聞いていなかったな!名前は?」

穂乃果「え、あ、高坂穂乃果…です」

?「そうか穂乃果ちゃんか…良い名前だ!」
188: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:43:13.06 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「そしてあなたは…?」

?「おっと失敬、私の名前は」

円谷「円谷英二という。しがない物撮りだよ」

穂乃果「円谷…さん」

円谷「君、パジャマだし…おかしいね?」

穂乃果「あ///」

円谷「妻のでよければ、着るかな?」

穂乃果「お、お願いします……」

円谷「そこの階段を上にいって突き当たりの部屋だ」

穂乃果「ありがとうございます!」
189: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:49:17.69 ID:CsW+C7fA.net
トントントン…

穂乃果「ここだね…」ガチャ

穂乃果「あれ?」バサッ

1967年 2月13日

穂乃果「新聞…あれ?」

穂乃果「1967年…1967年!?」バサッ

穂乃果「私、2014年にいたのに!」

穂乃果「え、えーと?それじゃ今は…」ユビオリ

マン(47年前…だろう…)

穂乃果「計算はや!」

マン(む…)

穂乃果「な、なんで?私こんな昔に……」ゴトッ
190: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:51:58.02 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「あれ?…これって」ヒョイ

穂乃果「あの時の石……」

穂乃果「もしかして!」

「時の石って知ってる?」

穂乃果「これが"時の石"!」

円谷「おーい!まだかね?」

穂乃果「あっ!すみませーん!」

バタバタバタ

円谷「着替えたね…とっても良く似合ってる!」

穂乃果「あはは///」
191: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 22:55:05.61 ID:CsW+C7fA.net
円谷「ところで!」

円谷「君はどこから来たんだね?あんな所にパジャマで……」

穂乃果「え、えーと…」カクカクシカジカ

円谷「何!?君は未来から来たと!」

円谷「しかもその石によって!」

穂乃果「多分…」

円谷「素晴らしい!聞かせてくれ!」ガシッ

穂乃果「は、はい?」

円谷「未来の話を!」

穂乃果「え、えー!?」
192: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:00:10.90 ID:CsW+C7fA.net


円谷「目は覚めたかい?」

穂乃果「ん…は、はい…」ゴシゴシ

円谷「今日は私の仕事場を見せてあげよう!」

穂乃果「仕事場…?」

円谷「さあ!」

スタジオ~

「あ、オヤジさん!」

円谷「おお、東條くん!」

東條「?その娘は…?」

円谷「おお…!こ、このこは親戚の高坂穂乃果ちゃんだ」アセアセ

穂乃果「高坂穂乃果です…よろしくお願いします……」

東條「へえ?可愛いね!」

「東條さーん」

東條「おう!今いく!」
193: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:04:30.16 ID:CsW+C7fA.net
東條「今日はキーラの話です!」

円谷「キーラか…アクターは」

東條「春ちゃんです!」

円谷「春ちゃんなら安心だ」

円谷「さあ来てくれ!」

穂乃果「ここってドラマかなにか…?」

円谷「そうだよ?壮大なドラマだよ!」

「よーいスタート!」

穂乃果「これって…!」

円谷「その反応は未来人にも知られているのか…嬉しいなあ!」

ヘアッ

穂乃果(ウルトラマン!!)
194: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:10:41.54 ID:CsW+C7fA.net


円谷「今日も良い演技だ!春ちゃん」

中島「オヤジさん!」

円谷「このこ、高坂穂乃果ちゃん。」

円谷「穂乃果ちゃん、この人はさっきの怪獣、中島春雄くん」

中島「中島だよ!しかし君可愛いね!日野てる子みたいだ!」

穂乃果「は、はあ…」

穂乃果(日野?)カタッ

円谷「さあ、帰ろう!春ちゃんもお疲れさま」

中島「いえいえオヤジさんこそ!」

円谷「さあ穂乃果ちゃん!また未来の
話でも聞かせてくれ!」

穂乃果「ええ~!?」
195: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:17:24.00 ID:CsW+C7fA.net
カタカタ……



円谷「何ぃ!キーラのスーツが消えたぁ!?」

円谷一「すまん父さん…いつもある怪獣倉庫にキーラだけ無いんだ…」

東條「誰かが盗んだ?」

円谷「うーむ…?」

穂乃果(またついてこらされたけど…)

穂乃果(どうやらまずい感じ?)

中島「でもキーラのスーツって重いっすよ?」

穂乃果「あ、あれ?」

円谷「どうしたね?穂乃果ちゃん?」

穂乃果「その……石がなくて…」ガサゴソ

円谷「何?あの石が…?」

円谷「まさか!あの石が!」

ピカッ

東條「うわ!」

穂乃果「キャア!」

中島「眩し!」

円谷「む……あれは!?」

ギオオオン!

円谷一「き、キーラ……」

穂乃果「そうだ!あの時!」
196: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:23:42.26 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果(日野?)カタッ

穂乃果「あの時落ちたんだ!」

円谷「いったん避難するんだ!」

キャー!ホンモノノカイジュウダー!

穂乃果「…大変!」

円谷「な、なんとかならんのか!?」

円谷「穂乃果ちゃん!未来でこの現象についてはなにか無かったかね!?」

穂乃果「さ、さあ…?」

カッ

円谷「むう!目が!」

東條「見えない!?」

穂乃果「く…」

穂乃果(私はなんとか大丈夫…!)

穂乃果「円谷さんたちは下がってて!どこか安全なとこに!」

中島「見えるのかい?」

穂乃果「私は何とか…!早く!」

バタバタバタ

穂乃果「…過去にまできて変身するとはね…!」

穂乃果「私、ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ!
197: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:26:12.77 ID:CsW+C7fA.net
東條「こ、この声は…!」

円谷「光の巨人…!ウルトラマンだよ!」

ダアッ!

バシィツ!

ギオオオン!

ヘアッ

ゲシッ

ギオオオン!

穂乃果(全然聞いてないよぉ~!)

マン(どうやらかなり皮が固いようだ)

ギオオオン

ブンッ

ヘ,ヘアッ

ドターン

ダアッ

ギオオオン!ギオオオン!

穂乃果(円谷さんたちのスタジオが!)
198: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:28:05.53 ID:CsW+C7fA.net
マン(場所を変えよう!)

ダアッ

ガシッ

シュワッ

キーン

穂乃果(月に!)

ドターン

ギオオオン!

穂乃果(八つ裂き光輪!)

スッ

シリリーン

ブンッ

カシィ

穂乃果(尻尾で跳ね返された!?)
199: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:30:06.40 ID:CsW+C7fA.net
ギオオオン

ブンッ

バシィツ

ドターン

ブンッ

バシィツ

ヘ,ヘアッ

ピコンピコンピコン…

穂乃果(そろそろ…ホントに!)

スッ……

ビッー

バシンッ

ギオオオン!

穂乃果(そんな……スペシウム光線が…?)
200: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:32:26.58 ID:CsW+C7fA.net
ギオオオン!

ピコンピコンピコンピコン!

マン(奴の眉間!あの石があるだろ!)

ギオオオン

穂乃果(それを?)

マン(そこに意識を集中させるんだ!)

ブンッ……

穂乃果(キーラの動きが!)

マン(ウルトラ念力!)

スッ

フワー

ヒュー

ドカーン
201: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:34:47.26 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果(や、やった…!)

シュワッ



円谷「穂乃果ちゃんは!あのキーラは!?」

東條「見当たりません…!」

円谷「なんて……なんてことだ…」

穂乃果「円谷さん!」

円谷「穂乃果ちゃん!いったいどこに!」

穂乃果「ちょっと吹き飛ばされてて……えへへ?」

円谷「怪我は無いのかね!?」
202: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:37:53.58 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「はい!大丈夫です!」

円谷「あの石は?」

穂乃果「あれはキーラにくっついたみたいで…それであの石がキーラをあのように…」

円谷「ほほう…なるほど…」

円谷一「あれ見て!父さん!」

フワー

中島「あれはキーラのスーツ!」

東條「良かった!これでまた撮影ができる!」

円谷「ところで穂乃果ちゃん?あのウルトラマンは?」

穂乃果「へ!?あ、そ、それは…」
203: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:41:11.45 ID:CsW+C7fA.net
円谷「さては君が本物の……」

穂乃果「は……いえ、ただのスクールアイドルです!」

円谷「……そうだったね!」

アハハ…

円谷「今日も泊まっていくと良い」

穂乃果「あはは……ごめんなさい」

円谷「良いんだよ…」

トントントン…

穂乃果「ふう…疲れたなあ!」ボフン

穂乃果「ベッド気持ちいいなあ…」

穂乃果「あれ?あの石は壊れちゃったけど私…」
204: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:43:54.89 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「元の時代に帰れるの…?」

穂乃果「……」

穂乃果「ま、まあなんとかなる!」アセアセ

穂乃果「おやすみなさい!」

スヤスヤ…

「ありがとう…ウルトラマン…」



ほのママ「穂乃果!起きなさい!」

穂乃果「ん…?」

ほのママ「海未ちゃんたち来てるわよ!?まったく…」

穂乃果「……!戻ってこれた!」

ほのママ「?」
205: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:46:08.86 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「おはよう!海未ちゃん!」

海未「穂乃果!またねぼすけして!」

ことり「まあまあ海未ちゃん…」

ガヤガヤ……

にこ「そういえば穂乃果」

穂乃果「なあに?にこちゃん?」

にこ「昨日たまたまウルトラマンの再放送がやってたのよ」
206: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:50:08.14 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「うん、それで?」

カチャカチャ…

にこ「これ見て」

穂乃果「……?」

にこ「宇宙船救助命令って回なんだけど…」

穂乃果「……!」

にこ「戦闘に入る前…奥にあんたに似てる人が映ってるのよ」

穂乃果「き、気のせいだよ!」

にこ「そうよね…でもすごく似てない?」

穂乃果「そ、そうだねぇ…」

ガチャ

穂乃果「希ちゃん!」

希「どうしたん?穂乃果ちゃん?」
207: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:53:03.52 ID:CsW+C7fA.net
穂乃果「時の石ってさ蒼くて綺麗な石でしょ?」

希「時の…石?」

穂乃果「え?」

希「何それ!教えて!めっちゃスピリチュアルそうやん!」

穂乃果「え、え、えー!?」



「カーット!」

「やっぱりオヤジさんすごいや!」

ザワザワ…

円谷「未来はどうも…安心そうだねぇ…」

ザワザワ……

シュワッ
208: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 23:54:32.86 ID:CsW+C7fA.net
番外編終了しました

参考はウルトラマンティガのヤナカーギー戦です
因みに人物は全員(ラブライブメンバー以外)実在です
214: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:15:35.43 ID:r7q9MDQS.net
穂乃果「修学旅行~!♪」ルンルン

海未「穂乃果!ちゃんと準備はしたんですか?」

穂乃果「うん!」ニコッ

私、高坂穂乃果!色々忙しいウルトラマンです!

穂乃果「沖縄は始めてだよー!」



希「沖縄なん?」

ことり「うん!今年は沖縄なの!」

にこ「良いわね…私たちは福岡だったわよ…?」

絵里「でも良かったじゃない?福岡も」
215: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:18:38.37 ID:r7q9MDQS.net
希「そうや~太宰府天満宮とかスピリチュアルなとこも多かったやん?」

にこ「あいにく興味が無いもので…」

凛「いいなー!凛も一緒に行きたいにゃ~!」

真姫「来年いけるでしょ?」

凛「沖縄じゃ無いかもしれないじゃん!」

凛「凛は沖縄がいーい!」ジタバタ

花陽「私達は北海道だったりして!?」

凛「凛はそれでも良いかな~!?」
216: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:22:40.61 ID:r7q9MDQS.net
海未「しかし、私達がちょうどいない間に…」

絵里「ライブが入ってるわね…」

絵里「9人全員参加は無理ね」

海未「大丈夫でしょうか…?」

にこ「任せなさい!あんたたちの分まで、しっかりやってくるから!」

海未「にこがそういうなら…」

真姫「それより穂乃果の心配しなさいよ?」

希「穂乃果ちゃんは?」

ことり「まだ修学旅行の道具買ってないから~!って今日は来れないって…」

海未「まったく穂乃果には困ったものです…」
217: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:25:05.26 ID:r7q9MDQS.net


穂乃果「これよし!あれよし!」

ヒョイ

穂乃果「ベータカプセルよし!」

マン(頼むから忘れないでくれよ?)

マン(何が起こるのか分からんのだから)

穂乃果「分かってるって~!」

雪穂「誰としゃべってるんだろう…?」

ピロリン

穂乃果「あっ、希ちゃんからメール…」

穂乃果「なになに~?」
218: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:30:30.13 ID:r7q9MDQS.net
希(沖縄でミイラが見つかったらしいで~!)

希(なにかスピリチュアルなことが起こったら写真に撮ってね!)

穂乃果「へえ~ミイラ…」

穂乃果「まあ!寝よう!明日に備えて!」ボフン

スヤスヤ…

「しかし気になるな…」

「ええ、この絵の動物…」

「いや、怪獣の類いだな」

「あのミイラも…飾っておいて大丈夫か?」

「仕方がないです…観光客が多い季節」

「集客に手段は問えません…」
219: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:33:25.62 ID:r7q9MDQS.net
「それも、そうだな」



海未「穂乃果、忘れ物は無いですか?」

穂乃果「もう飛行機に乗っちゃってるし…」

穂乃果「それに無いはずだよ!」

穂乃果「あれはあるし…あれもあるし…」

海未「ふんふん」

穂乃果「あ……しおり…」

海未「え?」

穂乃果「修学旅行のしおり…忘れた…」

海未「………!」

海未「穂乃果ぁ!!」
220: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:36:33.71 ID:r7q9MDQS.net
あれからみっちり怒られました…トホホ

それでも楽しい修学旅行!満喫するぞ~!



海未「さあ!」

ことり「え、えーと…」

ことり「こっちかな?」ヴァッア!

ことり「それともこっちかな?」ハアッ!

ことり「こっち!」ヴァッ!?

ほのこと「イエーイ!あっがりー!」

海未「……もう一度です!」

ことり「ええ~!?」プルルル…
221: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:39:43.45 ID:r7q9MDQS.net
穂乃果「私の…絵里ちゃんからだ…」

ピッ

絵里「あのね…リーダーはね…」

穂乃果「うん…うん…それで良いと思うよ!」ヴァッア!?

絵里「そうよね?ありがとう…」

穂乃果「ううん…」プッ

穂乃果「あ…雨…」

サァァァァァ…

穂乃果「明日の海は無くなっちゃうね…」
222: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:43:46.19 ID:r7q9MDQS.net
海未「し…仕方ないですよ…それよりもう早く寝ましょう……」ズーン

穂乃果(見るからにテンションが下がってる…)

穂乃果(明日はどうなっちゃうのかな?)



「今日は雨のため予定を変更して!沖縄国立博物館に行く!」

エー!ツマンナサソー!

「因みに今!ニュースでもやっているあのミイラが展示されている!」

ヘエー。ナライイカモネー!

穂乃果(は…博物館…)

海未「博物館ですか!楽しみですね!」

ことり(凄いテンション上がってるなあ…)

沖縄国立博物館~
223: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:46:39.80 ID:r7q9MDQS.net
穂乃果「これが…ミイラ…」

海未「ええ!遥か7000年前のミイラです!」

穂乃果「写真撮ったらダメみたいだね…」

穂乃果(後で希ちゃんにメールしとこう…)

カタカタ

ことり「ひっ!今動いた!?」

穂乃果「え!?」ヒョイ

シーン

海未「何もございませんが…」

カッ

ブンッ

穂乃果「て、停電!?」
224: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:49:17.62 ID:r7q9MDQS.net
海未「お、落ち着いて!」

バシンッ

ことり「キャア!?」

穂乃果「み、ミイラに電流が…」

フッ

ズオッ!ガシャーン!

海未「ミイラが!」

穂乃果「動き出した!」

スッ…ビッー

グアッ

ことり「ひ…」

海未「いえ…気絶しているだけ…」
225: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:51:39.21 ID:r7q9MDQS.net
ヌッ

海未「!」

ズオッ

ことり「あ…!」

ガシッ

海未「さ…させませんよ…!」ミチミチ…

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「ことりたちには手出しさせません!」バシィツ

ヌアッ…!

ダッダッダッ

ことり「逃げた…!」

海未「ふ、ふう…」
226: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:54:24.33 ID:r7q9MDQS.net
ことり「!海未ちゃん!ごめんね!?」

海未「いえ…良いんですよ…!」

海未「怪我は?」

ことり「無いよ!」

海未「穂乃果は?」

穂乃果「無いよ!」

パシッ

ことり「電気が戻ったみたい…」

穂乃果「…!ほ、穂乃果ちょっとトイレに行ってくるね?」

海未「な、なんと緊張感の無い…」

穂乃果「ごめんね!」タッタッタッ

穂乃果(どこへにげたの!?ミイラ!)
227: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:57:30.31 ID:r7q9MDQS.net
スッ

穂乃果(看板…!)

穂乃果(裏2キロの山で発見…!)

穂乃果(そこだ!)ガチャ

ダッダッダッ

穂乃果(あれだ!)

オオーン!

穂乃果(!?)

ゴゴゴ…

ギェェェ!

穂乃果(か、怪獣!)

ミイラ「ドドンゴ!壊せ!邪魔をさせるな!」

ギェェェ!
228: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 23:59:14.66 ID:r7q9MDQS.net
穂乃果「まずい!」

穂乃果「ちゃんと持ってきてる!私、ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ !

海未「なんです?この叫びは!?」

ことり「外に怪獣と…」

ことり「ウルトラマン!」

デヤッ

バシィツ

ギェェェ
229: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:03:16.05 ID:8UhvaftU.net
穂乃果(馬乗りだよ!)

ヒョイ

ダアッ

ギェェェ

クァッ…

ダアッ

ドターン

ことり「ああ!倒された!」

ギェェェ

クルッ

穂乃果(博物館に向いた!?)

シュオオ

マン(撃たせるな!)

ダアッ

ゲシッ

ドターン

ギェェェ
230: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:04:43.96 ID:8UhvaftU.net
スッ……

穂乃果(さあ…もっとこっちに!)

ピコンピコンピコン

ビッー

バシンッ

ギェェェ…

キオオオン…

ドターン

穂乃果(やった…!)

シュワッ

キーン
231: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:07:54.16 ID:8UhvaftU.net
海未「やりましたか!」

穂乃果「おーい海未ちゃん!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「さっき色々揺れてたけどなあに?…」

海未「もう!穂乃果ったら…」

アハハ…



凛「一番…」

凛「一番綺麗な私達を見ていってください!」

コンナワタシーデサエモー

ヘーンシン!
232: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:11:32.73 ID:8UhvaftU.net


穂乃果「ライブ、上手くいったみたいだね!」

真姫「ええ!凛はきちんと務めを果たしたわ!」

にこ「色々あったけどね…」

花陽「とっても可愛くて!とっても素敵で!とーっても可愛かったんですよ!」

海未「本当に凛は変われたのですね…」

ガチャ

フワー

サラサラ…

「今日も練習…いっくにゃ~!!」

凛(ウルトラマン…私も可愛くなって良いんだよね!)

マン(……もちろん)

キラッ…
233: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 00:13:04.87 ID:8UhvaftU.net
7話終了です…
更新遅くなったことも踏まえて凛ちゃん回なのに凛ちゃん出番少なくて本当に申し訳ございません!

次は安価を取りたいと思います
245: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 12:20:08.18 ID:m3WhhcUI.net
安価を取りたいと思います247で
247: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 12:31:13.30 ID:b9+SKPrm.net
多々良島
256: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:31:42.63 ID:z1Z+G8Eb.net
にこ「早く!計画を練るわよ!」

凛「でもここまったく知らないよ~!」

にこ「やっぱり今までとは違う印象を見せるべきよ!」

私、高坂穂乃果!ウルトラマンって意外と早く勝てません...

花陽「今回はラブライブの本選に向けて大事なイメージポイント!」

花陽「逃すことは出来ません!」

希「まあハロウィーンってこともあって色んな旅行会社は大変やね…」

真姫「今が売れどきだものね…」
257: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:35:36.41 ID:z1Z+G8Eb.net
海未「この多々良島も最近観光スポットとして注目されてきましたし」

希「昔、怪獣もおったみたいやからねえ…」

希「さしずめ怪獣無法地帯!なーんて」

真姫「バカねえ…今いるわけ無いじゃない…」

ことり「でも最近怪獣だったり増えてるじゃん…」

真姫「それは…」

絵里「調査チームが行って約50年。もうホテルなんかも建ってるみたいだし、大丈夫じゃない?」

にこ「とにかく!印象に残る事をして!」

花陽「少しでもラブライブに向けてのプロセスになればということです!」
258: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:39:20.30 ID:z1Z+G8Eb.net
穂乃果「多々良島まではどう行くの?」

ことり「お母さんがフェリーをとってくれるから心配はないよ」

にこ「ここでA-RISEなんかは必ずなにかしらしてくるわ!」

海未「その前に印象を強くすることをする…と」

にこ「そうよ!」

穂乃果「ふーん、多々良島ねえ…」チラシ ヒョイ

『怪獣がいた!?多々良島の美しい景色をスクールアイドルと!』

穂乃果「怪獣は出ないで欲しいな…」
259: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:44:21.93 ID:z1Z+G8Eb.net


花陽「あ~!!先手をとられました!」ガチャ

にこ「なんですって!?」

花陽「えーと…これを見てください!」カチャカチャ

『多々良島の美しい景色を…A-RISEと過ごしましょ?』

『ハッピーハロウィーン!!』

にこ「も、もう多々良島に乗り込んでるのね…」

花陽「しかも当時の伝説のレッドキング、チャンドラー、マグラーのコスプレをしてコスプレイヤーの評価も得てます!」

にこ「ぐぬぬ…」ガチャ

真姫「どうしたのよ?にこちゃん?」

凛「かよちん、速いにゃ~…」
260: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:48:34.99 ID:z1Z+G8Eb.net
にこ「先手をとられたわ…」

真姫「え!?」ガチャ

絵里「にこに真姫たちも…どうしたのよ?」

希「さてはA-RISEに先を越されてしまった…?」

花陽「そうなんです…A-RISEは前日に多々良島に乗り込み撮影をしていたそうです…」

希「あちゃー、これはまずい」

真姫「それってことは1週間後のライブまでずっと泊まるってこと?」

絵里「そうなるでしょうね…」

絵里「UTXは生徒の増加から経済指数は高いとされてるわ」

凛「なら今から行く!?」
261: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:52:15.47 ID:z1Z+G8Eb.net
真姫「曲は良いとしても…衣装はどうするのよ…?」

花陽「ことりちゃんと話し合ってどういうイメージで行くのかを決めないと…」ガチャ

海未「先を越されたそうですが!?」

にこ「その通りよ…」

ことり「早く衣装を作らないとね…」

穂乃果「どういうイメージに、とか決まったの?」

ことり「ううん、まったく……」

9人「うーん……」

穂乃果「そうだ!!」ガチャ

海未「どうしたのですか?」

穂乃果「今から多々良島へ行こう!」
262: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 19:55:28.19 ID:z1Z+G8Eb.net
8人「今から!?」

穂乃果「うん!そしてそこで湧いたインスピレーションを衣装にするんだよ!」

絵里「それは…でもそれしかなさそうね」

凛「なら急ぐにゃ~!」

ことり「お母さんに頼んでおくね!」

にこ「もう仕方ないわ!」

にこ「多々良島の観光をして感じたことを一人づつあげる!」

にこ「それを衣装にする!」



ツバサ「しかし本当に綺麗……」
263: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:00:01.10 ID:z1Z+G8Eb.net
英玲奈「まずはμ'sに先手をうてた…な」

ツバサ「ええ…それこそが重要事項」

あんじゅ「でも本当にそれだけで大丈夫かしら…?」

英玲奈「さすがに今回は"Shocking Party"は使えないな…」

ツバサ「"Private Wars"......それとも…!」

英玲奈「まだ早いだろう…今回は"Private Wars"だ…」

あんじゅ「それで決まりね…」

あんじゅ「あ、また火山が…!」

ツバサ「これも多々良島の善さね」

ゴゴゴ…
264: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:04:59.53 ID:z1Z+G8Eb.net


穂乃果「うー!着いた!」

ことり「結構疲れたね…」

絵里「小笠原諸島の1つだからね、フェリーだと時間がかかるわ」

花陽「帰りも乗らないといけないんですね…」

真姫「西はジャングルでまだ開拓が不十分。南は渓谷、ホテルは島の北ね」

海未「ま、まだ未開拓の地もあるのですね……」

穂乃果「さあ!観光しよ!」

ワイワイワイ…

穂乃果「あ、ツバサさん!」

ツバサ「あら穂乃果さん、それにμ's!」

穂乃果「私達ここで衣装を作ることにしたんです!」
265: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:09:06.85 ID:z1Z+G8Eb.net
あんじゅ「そういえばμ'sは衣装も手作り何ですってね?」

あんじゅ「あれだけの物を手作りだなんて敵ながら惚れ惚れだわ!」

ことり「いや、そんな…」

英玲奈「それに楽曲のセンスとダンス…流石は西木野真姫と絢瀬絵里だ…」

真姫「当然でしょ」

絵里「ちょっと真姫……」

ツバサ「ここはとても綺麗な島よ?感動すると思うわ」

ツバサ「でももう遅いからホテルに泊まりなさい?明日でも全然遅くない…」

穂乃果「はい!分かりました!」
266: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:14:00.78 ID:z1Z+G8Eb.net


ことり「一応ハロウィーンイベントだし…それをもじるかな…?」

にこ「でもそれってありきたりじゃない?」

花陽「でも…」

ことり「私は……みんなの良さが出せれば実はコンセプトはそんなに凝らなくても良いんじゃないかな?って思ってる」

にこ「あ、あんたね!言ったじゃない!印象を強くしなきゃいけないって!」

ことり「それでも!!」

ことり「ライブに間に合わせないと本末転倒だよ…」

にこ「……」

チクチクチク……

穂乃果「今日は東に行ってみよう!」

海未「東といえば溶岩ドーム…温泉などが入れるスペースのようです」

凛「温泉!いいね!」

絵里「なら早速行きましょう?」
267: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:18:16.59 ID:z1Z+G8Eb.net
ワイワイワイ…

穂乃果「あ~気持ちいいなあ……」

ことり「ほんとに気持ちいいね!」

花陽「やっぱり多々良島の良さってこういうとこなんですねえ……」

穂乃果「そういえばさ!イメージで考えたんだけど!」

穂乃果「皆のキャラを交換してみたらどうかな?」

ことり「交換…?」

穂乃果「私、海未ちゃんやるから…ことりちゃんは絵里ちゃんね!」

穂乃果「それで花陽ちゃんは……にこちゃん!」

花陽「ええ~!?」

穂乃果「ほら!やるよ!いや……やりますよ!絵里?にこ?」

花陽「う、うーん……誰か助けてにこ~!」

ワイワイワイ
268: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:21:57.30 ID:z1Z+G8Eb.net
海未「な、何をやっているんでしょう……」

希「でもいい考えやと思うけどね?」

海未「そうでしょうか……?」

凛「しかし本当に気持ちいいにゃ~…」

海未「そうですね…多々良島、いつも通りのμ'sを出していけば…」

希「そうやね…やっぱり…」

グラグラグラ…

凛「な、なに!?」

希「すぐに上がるよ!」ザバァ

海未「あれは!」

アァァァン!

絵里「何よ!あれ?」

にこ「あれは…」

「「マグラー!」」
269: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:25:15.33 ID:z1Z+G8Eb.net
穂乃果「ことりちゃん!早く逃げて!」

ことり「う、うん!」

花陽「マグラー……まだいたんだ……」

花陽「そうなると!!」

ウガァァァア!

花陽「れ、レッドキング……」

アァァァン!?

ウガァァァア!

穂乃果「まずい…変身してもあの2体はさすがに……」

ウガァァァア

ガシッ

ヒョイ

バシィツ

アァァァン!

にこ「岩石投げ!レッドキング…今までどこに!」
270: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:28:23.79 ID:z1Z+G8Eb.net
アァァァン

ゴゴゴ…

海未「か、隠れた……」

希「でもまだもう一体!」

ウガァァァア!

ウガァァァア…

凛「行っちゃったにゃ……」

海未「何だったんでしょうか……」



絵里「ちゃんと開催されるのかしら?」

真姫「されても困るわ!あんな怪獣がいるのよ!」

花陽「でもこれを逆手にイメージ向上を……」

ことり「危なすぎるよ…」

穂乃果「してくれないとな……」

穂乃果(私が倒して…開催出来るようにする…!)
271: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:31:41.57 ID:z1Z+G8Eb.net
希「結果が出るまで待つしかないんやない?」

にこ「それもそうね……」

凛「にこちゃん何を考えてるの~?」

にこ「いや、マグラー、レッドキングといえば……」

花陽「でも本当に…?」

にこ「あの2体がいるとなれば…可能性が高いわ……」

7人「?」



穂乃果「みんな寝たかな…?」

穂乃果(私が倒す!2体はキツいけどそんなこと言ってられない!)

穂乃果(μ'sのためだ!私がリーダーなんだから!)

タッタッタッ…
272: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:35:10.94 ID:z1Z+G8Eb.net
穂乃果「夜が更けたなあ……」

穂乃果「とりあえず怪獣がでた溶岩ドームのほうに行ってみよう!」

タッタッタッ…

穂乃果「出ないなあ…」

穂乃果「!」

「あ、あ、あ……」

穂乃果「どうしたんですか!?女中さん!」

「あれ…」

キシャァァア!

穂乃果「あれは!もう一体の怪獣…!?」

穂乃果「どうしよう…3体なんて…!」

ウガァァァア!

穂乃果「レッドキング!?」

キシャァァア!

ガシッ

ドターン

ウガァァァア!
273: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:37:29.09 ID:z1Z+G8Eb.net
穂乃果「2体が争ってる…?」

穂乃果「レッドキングのほうが優勢そうだけど…」

ウガァァァア!

ガシッ

ヒョイ

バシィツ

ドターン

キシャァァア!?

ウガァァァア!

ガシッ

ブチィ

キシャァァア!

穂乃果「レッドキングが翼をもいだ…!」

ウガァァァア!

キシャァァア!?キシャァァア!
274: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:39:38.26 ID:z1Z+G8Eb.net
ボシャーン

穂乃果「海に落ちちゃった…」

ウガァァァア!

穂乃果「!こっちに気付いた!?」

ゴゴゴ…

アァァァン!

穂乃果「マグラー!?」

ウガァァァア!

アァァァン!

ガシッ

グイグイ

ヒョイ

ドターン

アァァァン
275: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:42:00.76 ID:z1Z+G8Eb.net
穂乃果「マグラー…」

ウガァァァア!

ゲシッ

ゲシッ

ドターン…

ウガァァァア!

穂乃果「マグラー……?」

穂乃果「マグラーが倒された?」

ウガァァァア!

バシィツ

穂乃果「キャア!?」

ガラガラガラ!

穂乃果「きゃぁぁぁぉぁぁあ!!」

ドシャァ

穂乃果「いた…!」

穂乃果「手をひねって…!」
276: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:45:01.38 ID:z1Z+G8Eb.net
ピョン

穂乃果「え?」

ガラガラガラ

穂乃果「な、なに?これ…!」

マン(これは…!ピグモンだな。)

ガラガラガラ

ピト

穂乃果「手を触って…」

ブーン……

穂乃果「手が暖かく…」

穂乃果「捻りが治った!」

ウガァァァア!

ガラガラガラ

穂乃果「待って!ピグモン!」

ガラガラガラ

ウガァァァア

ヒョイ

ドシャァ

穂乃果「ピグモン!?」
277: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:47:18.24 ID:z1Z+G8Eb.net
ガラガラガラ……

穂乃果「ぴ、ピグモン……」

穂乃果「……レッドキング!」

穂乃果「ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ!

ウガァァァア!

ヘアッ

ゲシッ

ヘアッ

ドターン

穂乃果(つ、強い!)

ヘアッ

ガシッ…ミチミチ…

デヤッ

バシィツ

ウガァァァア!?
278: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:49:26.05 ID:z1Z+G8Eb.net
ウガァァァア!

ガシッ

ヒョイ

バシィツ

ダアッ

ドターン

ピコンピコンピコン

穂乃果(もうほんとに怒ったよ!)

ウガァァァア!

ガシッ

スッ……

穂乃果(スペシウム光線!!)

ビッー

バシャァァ

ウガァァァア…
279: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:54:19.30 ID:z1Z+G8Eb.net
ガシッ

グルン

穂乃果(えーい!)

ヒョイ

スー

デヤッ

シリリーン

スパッ

ドターン…

穂乃果(倒した…でも…)

シュワッ



海未「結局3体とも研究材料になり、多々良島は一時閉鎖とのことで…」

希「結局開催出来なかったね…」

絵里「でもまだアピールイベントはあるはずよ!」

にこ「そうよ!くよくよしないでよね!」

真姫「そう言えば3体目ってなんて名前なの?」

花陽「チャンドラーです!有翼怪獣との2つ名でレッドキングと仲が悪いんです!」
280: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 20:59:03.10 ID:z1Z+G8Eb.net
凛「前から思ってたけどかよちんも詳しい!」

花陽「え!?」

ことり「そうだね!にこちゃんみたいに見てたの?」

花陽「それは…その……お父さんがウルトラマン大好きで…それで…」

希「別に恥ずかしがることはないやん?」

絵里「そうよ、それでこっちも助かってるんだから」

花陽「そうかな…えへへ…」

海未「?穂乃果…?」

穂乃果「やっぱり…このままじゃ終われないよ…」

絵里「それは…」

穂乃果「秋葉原でもハロウィーンイベントやってたよね!?」

穂乃果「それに参加させてもらおうよ!」

真姫「でも少し遅いんじゃ…」

穂乃果「私、何度だって頭下げるよ!何でもするよ!」

穂乃果「この情熱は伝わるはずだよ!」
281: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 21:03:19.23 ID:z1Z+G8Eb.net
にこ「そうね…ダメ元でも交渉してみましょ!」

海未「そうなれば学校に帰ったら練習です!」

絵里「そうよ!参加するとしたら最終日のはず!情けないことは出来ないわ!」

凛「頑張るにゃ!!」

そうして私達はなんとかお願いをし、参加することが出来ました…

この"Dancing Stars on Me"に私はどうしても。どうしてもピグモンの顔が浮かびます…

ごめんね、そしてありがとう!ピグモン……また今度は別の場所で!
282: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 21:04:44.47 ID:z1Z+G8Eb.net
8話終了しました
多々良島のみ未視聴だったので見てきました。やっぱりレッドキングの造形はすごいですね!
次も安価を取りたいと思います
286: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 23:47:51.95 ID:z1Z+G8Eb.net
ミスです
>>288
289: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 05:53:19.69 ID:/0ESc2nR.net
ガバドン
296: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 10:30:22.31 ID:iIidEvS+.net
凛「かーよちん!何描いてるの?」

花陽「ピャア!?どうしたの?凛ちゃん?」

凛「これ物凄く可愛い!他は……今までの怪獣?」

花陽「もしかしたら何かの役にたつかもしれないから…」

花陽「それでね?マスコットキャラもついでに作ろうかな…?って」

凛「流石はかよちん!」



私、高坂穂乃果!実はウルトラマンでもあります!

ことり「そう言えば通学路に出来たあの建物なあに?」

海未「あれは…宇宙線研究所らしいです…」

穂乃果「宇宙線って?」

海未「そ、そこまでは…」
297: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 10:35:33.10 ID:iIidEvS+.net
穂乃果「なんか難しいんだね…」

ガチャ

絵里「全員揃ったわね!」今日も練習するわよ!」

真姫「曲は新曲が出来たからそれよ」

穂乃果「じゃあ屋上へ……ってあれ?」

希「どうしたん?」

穂乃果「あの絵…?」

凛「可愛いでしょ!?μ'sのマスコットにしようって話してたんだ!」

ことり「うん!これ可愛い!」

にこ「花陽って小技というか…凄いわね」

花陽「えへへ…」

海未「他にも描いていたんですね…」

穂乃果「でも今までの怪獣だね…凄く上手いけど」
298: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 10:40:05.23 ID:iIidEvS+.net
花陽「絵の練習にね」

穂乃果「マスコットも出来た!練習しよう!」

ガヤガヤ…

「しかしこの宇宙線量…多すぎませんか?」

「多々良島の件もあるが、やはり宇宙線が関係してるようだな…」

「でもまるで音ノ木坂に向けて延びてるような…」

「その因果を調べるためにここに研究所が建てられたんだろう」

「何か関係があるはずだ…」



穂乃果「今日も練習疲れたね~!」

海未「鍛練が必要ですか…?」

穂乃果「いや…遠慮しまーす……」
299: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 10:43:48.13 ID:iIidEvS+.net
ことり「やっぱりあのマスコット可愛かったな~!」

海未「流石は花陽です」

穂乃果「名前とかきめてなかったね……」

ことり「それは明日みんなできめよう!」

ジャアネー!バイバーイ!



花陽「どっかで…見覚えがあるなあ……」

花陽「この絵は…そう……昔…」

ゴハンヨー

花陽「はーい!!行きまーす!」

トタタタ…
300: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 10:47:31.09 ID:iIidEvS+.net


真姫「今日は昼間に紫外線が強くなるそうよ?」

凛「お弁当は中庭で食べたいにゃ~」

花陽「でも凛ちゃん、今日焼けしても困るよ…」

真姫「そうよ凛、諦めなさい」

凛「え~」

凛「あ、穂乃果ちゃん!おはよう!」

穂乃果「凛ちゃん!それに二人とも!」

凛「今日は中庭でご飯が食べられないにゃ~…」

穂乃果「そうなの!?」

真姫「だから今日は…」
301: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 10:54:30.15 ID:iIidEvS+.net
真姫「って、何回も言いたくないわ。海未なら知ってるんじゃない?」

海未「そう言えば確か昼間に紫外線が強くなるとか…」

真姫「それよ。だから日焼けしたらまずいじゃない?」

海未「その通りですね」

ことり「やっぱり見えるなあ…」

穂乃果「どうしたの?ことりちゃん!」

ことり「朝からあそこの星が光ってない?」

穂乃果「うーんそうかなあ?」

海未「私にも見えません」

ことり「うーん……」

穂乃果「まあ学校に入ろう!とりあえず!」

凛「いっくにゃー!!」

トタタタ…

キーンコーンカーンコーン

凛「や、やっとお昼……」

凛「疲れたにゃ~…」

花陽「座学ばっかりだったもんね」
302: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:10:02.21 ID:iIidEvS+.net
凛「しかも今日は中庭で食べられないなんて…」

花陽「天気は良いのにね…」

凛「!それなら部室で食べるにゃ!」

凛「ほら真姫ちゃんも!」

真姫「ヴェェ!?ちょっと凛!」

凛「早く!早く!」

タッタッタッ…

ガチャ

花陽「ここってほんとに日当たりが良いよね」

真姫「そうね…まあここなら良いか」

凛「あれ?マスコットちゃんは……?」

真姫「知らないわよ?」

凛「無いよ?無いよ?」

ガチャ!

にこ「花陽!!」

花陽「わっ!どうしたの?」

にこ「あのマスコット!どこ!?」

花陽「今探してて…」
303: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:14:53.54 ID:iIidEvS+.net
にこ「え!?」

にこ「宇宙線研究所!知ってるでしょ!」

真姫「ああ、私の家の近くの…」

にこ「宇宙線!あのマスコット!」

にこ「花陽!あれは…」ピカッ

パシーン

凛「まぶしい!」

にこ「やっぱり…」ガチャ

希「にこっち?今のは?」

グオオオオオオ

真姫「この声何!?」

グオオオオオオ

にこ「やっぱり…外に出るわよ!」

タッタッタッ…

にこ「ちょ、ちょっと…」

絵里「にこ~!どうしたの~?」

凛「絵里ちゃんにゃ!」

海未「これは…!?」

希「二年生もきたね…」
304: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:20:22.52 ID:iIidEvS+.net
グオオオオオオ

穂乃果「校庭に……怪獣!」

ことり「あれ…これマスコットちゃん?」

にこ「これはガヴァドン!2次元怪獣と言われるわ!」

花陽「…!そうか!ガヴァドン!」

グオオオオオオ

真姫「でもこれ…」

穂乃果「寝てる?」

キャーカイジュウヨー

ことり「みんな逃げてきたね…」

絵里「私達もいったん待避しましょ…!」



穂乃果「ほんとに寝てるだけだね…」

絵里「なんかみんなも緊張が無くなってるわ」

ことり「やっぱり可愛いからだよ」

凛「でもちょっとうるさいにゃ…」

真姫「花陽が描いたマスコットがそのまま怪獣になって…」

「下がって!」
305: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:24:58.95 ID:iIidEvS+.net
にこ「宇宙線研究所の人間ね」

「やっぱり結果が出てきたか…」

「しかしなんの動きも無しですが…」

花陽(そろそろ限界です……)

「ただ寝てるだけですね…」

花陽(お昼ご飯…!)

ガサガサ

凛「あ!かよちんずるい!凛も!」ガサガサ

海未「ちょっと…」



ガーヴァー

ドタドタ

「う、動いた!?」

「逃げろ!」

にこ「ちょっと!ガヴァドンが起きたわよ!」

花陽「ええ!?パク!」

ピタ……

ガーヴァー~

絵里「今度は泣き出した…?」
306: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:28:38.96 ID:iIidEvS+.net
希「花陽ちゃん何かした?」

花陽「し、してないよお!」

穂乃果「それにしてもうるさい…」

ガーヴァー

海未「な、泣き止みませんね」

凛「凛たちはただお昼ご飯を食べようと…」

にこ「それよ!」

絵里「え?」

にこ「ちょっとガヴァドンに向かっておにぎり出してみなさい!」

花陽「?うん…」

ヒョイ



ガーヴァー!

ドタドタ

真姫「こ、こっちにくる!」

にこ「かしなさい!」

ヒューン

ポト

ガーヴァー!

パクッ
307: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:33:25.58 ID:iIidEvS+.net
花陽「お、おにぎりが…」

ことり「でも喜んでるみたい!」

凛「かよちんが描いたからガヴァドンも白米が好きになったの?」

希「す……スピリチュアル…」

グオオオオオオ

真姫「また寝たわね…」

穂乃果「これ……ずっと続くの?」

絵里「それはそれで困るわね…」

理事長「貴女たち、ここにいたのね」

ことり「お母さん…」

理事長「帰宅命令を出します。すぐに帰りなさい!」

絵里「そうね…学校は危険だわ」

にこ「今すぐ帰るわよ」



グオオオオオオ

パッ

シーン

「き、消えた…」

「何故だ!解析しろ!」

ワイワイワイ…
308: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:39:28.98 ID:iIidEvS+.net
穂乃果「おはよう!ガヴァドン消えたみたいだね」

花陽「良かったです……これ以上は迷惑になるし」

真姫「またお昼は部室ね」

凛「そう言えばあの絵は!?」

海未「それもお昼休みですね…」

ガヤガヤ…

凛「また無いにゃ~!!」

絵里「どこかに直してないの?」

花陽「いえ…そこの机に置きっぱなしで…」

グオオオオオオ

にこ「また!」

こんな日々が1週間続いた。うるさくて耳栓も買っちゃった。でもね可愛いし、実害は無いからみんな次第に慣れだした…でも…
309: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:45:22.32 ID:iIidEvS+.net
?「フフ……」サラサラ

?「慣れたときが一番危ないからな…」

ガヤガヤ

真姫「また今日もあのうるさいいびきを聞いてお昼を食べなきゃいけないのね…」

ピカッ

にこ「また…」

ガオオオオ!

花陽「こ、声が!」

絵里「窓を見て!」

ガオオオオ

ガシャア!ガシャア!

凛「ガヴァドンが町を壊してる!?」

希「?ガヴァドンにしてはごつない?」

にこ「あれはbタイプ…」



海未「こっちをみた!?」

ドタドタ
310: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:49:14.09 ID:iIidEvS+.net
穂乃果「花陽ちゃん!おにぎり早く食べて!」

花陽「え!?ああ!」パクッ

ガーヴァー!

真姫「そ、それでも来るわよ!?」

絵里「避難しましょ!」

ダッダッダッ

ことり「あれ…穂乃果ちゃんは?」

穂乃果「途中で抜け出して良かった!」

穂乃果「早くあのガヴァドンを止めなきゃ!」

穂乃果「私、ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ

希「ウルトラマン!」

ガシッ

デヤッ

ドターン

真姫「これで学校には来ないわ!今のうちに!」

絵里「そうね!」

ダッダッダッ

ダアッ

ゲシッ

ゲシッ

ガーヴァー!
311: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 11:56:59.01 ID:iIidEvS+.net
花陽「…」

真姫「ウルトラマンが優勢よ!」

ゲシッ

ダアッ

ガーヴァー!

花陽「……!」

ダッダッダッ

凛「かよちん!?」

花陽「ウルトラマン!!ガヴァドンを……ガヴァドンを殺さないで!」

海未「花陽!?」

穂乃果(花陽ちゃん!?)

花陽「ガヴァドン!」ヒョイ

ヒューン

ガーヴァー!

パクッ

花陽「私が、私が大人しくさせておくから…」

花陽「頼むから殺さないでください!」
312: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 12:01:15.47 ID:iIidEvS+.net
ことり「…そうだよ!」

ことり「花陽ちゃんがμ'sのために描いたマスコットだもん!殺さないで!」

海未「ことり!?」

にこ「暴れさえしなきゃいいんでしょ!」

にこ「これじゃ花陽が……花陽が悪者じゃない!」

にこ「ウルトラマン!あなた花陽だけを悪者にする気!?」

凛「ウルトラマン!お願い!」

穂乃果(……)

ガーヴァー!

グオオオオオオ

にこ「ほら寝たじゃない!今よ!」

デヤッ

ヒョイ

シュワッ

キーン
313: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 12:06:38.24 ID:iIidEvS+.net
花陽「ウルトラマン……わがまま言ってごめんなさい……」

凛「かよちん!良かった!」

花陽「わがままだったですよね…」

絵里「あなたのμ'sを思う気持ちからあの怪獣が生まれたのかしら…」

希「ただのマスコットであれば、ね…」

穂乃果「おーい!」

海未「穂乃果!あなたどこに!」

穂乃果「ちょっと…家が気になって…」

絵里「心配するじゃない!」

穂乃果「ご、ごめんなさい……」

穂乃果(この言い訳は厳しかったかな…?)

凛「ウルトラマン!!」

穂乃果「え?」

凛「もう一度ガヴァドンに会わせて!」
314: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 12:14:40.90 ID:iIidEvS+.net
にこ「な!?」

凛「もう一度あの可愛いガヴァドンを返して!」

花陽「り、凛ちゃん!」

凛「かよちんのガヴァドンを返して!」

花陽「もう良いよ!凛ちゃん!」

花陽「ガヴァドンは…私達の心にずっといれば良いんです…」

凛「かよちん……」

花陽「ウルトラマン……」

穂乃果「…」

宇宙線研究所の発表では宇宙線は日光に乗って来ていたようです。そして宇宙線はもう少なくなったそうです。

私にはどうすれば良いか分からなかった。ガヴァドンを宇宙に送ったのは良かったのか、倒すのが良かったのか。

ガヴァドン……私達のマスコットは…永遠にガヴァドンだよ

?「……さて、早く育て。宇宙の歴史を変える恐竜よ……」

?「フフ……」
315: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 12:16:26.80 ID:iIidEvS+.net
9話終了しました。ガヴァドン可愛い。
また安価を取りたいと思います。ガヴァドンのことカヴァドンと思ってました……
322: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 09:29:06.47 ID:vOSRxAue.net
それでは安価を取りたいと思います
>>325
335: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 13:12:28.72 ID:O5ZEIdA4.net
シーボーズ
342: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:00:47.59 ID:mhnHvqn9.net
凛「やっぱり『僕らのLive,君とのLife』がいいよ!」

真姫「でも既に披露していて目新しさが無いんじゃない?」

穂乃果「じゃあ新曲にするの?」

私、高坂穂乃果!ウルトラマンとして地球の平和を守ってます!

海未「しかし、今から新曲を作って完成させるとなると…」

花陽「結構ギリギリですね…」

にこ「何言ってるのよ!ギリギリまで頑張ってギリギリまで踏ん張るのが私達じゃない!」

ことり「新曲の方が確かに良いは良いけど…」

穂乃果「どうしよう…」

海未「仮に新曲でいくとしても、どのようなコンセプトを建てるのかが問題です」

ことり「今までは私達についてか…」

花陽「応援ソング…ですね…」

希「ラブソングなんてええんやない?」

凛「え?」
343: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:06:36.90 ID:mhnHvqn9.net
希「ラブソング。まだ書いてないやん?」

穂乃果「おお!ラブソング!」

凛「実感湧かないにゃ」

にこ「確かにアイドルにとってラブソングは絶対に必要ね!」

海未「無理です!無理です!」

ことり「また始まった…」

真姫「それは曲の方は新曲ってこと?」

希「うん。出来るかな?」

真姫「出来ないことは無いけど…」

真姫「パフォーマンスがしっかり出来るか心配だわ」

海未「そうです!ギリギリ過ぎます!」

希「あのね?海未ちゃんがこうなることを読んでたから言うんやけど…」

希「みんなで歌詞を考えあって1つにしたらどうやろ?」

希「それだったら海未ちゃんもそこまで困らんと違う?」
344: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:12:00.00 ID:mhnHvqn9.net
海未「それは…」

穂乃果「ぅ絵里ちゃんもなんか案を出してよ!」

絵里「私は全面的に希に賛成ね」

絵里「ラブライブの最終予選…A-RISEも既存の曲で来るとは思えない」

絵里「そんなA-RISEに対抗するべきは新曲しか無いと思う…」

花陽「でもラブソングってのは…」

絵里「新しいジャンルを開拓しないと前に進めないと思う…」

ことり「ラブソングね…」

にこ「もう遅いから明日また考えましょ?」

海未「穂乃果の家等では?」

穂乃果「うちは別に構わないよ」

凛「明日は休日だしね!」

絵里「遊ぶわけじゃ無いのよ?」

凛「分かってるよ!」

バイバーイ
345: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:21:15.57 ID:mhnHvqn9.net


希「この頃頭痛がひどいなあ」

穂乃果「大丈夫?」

希「うん、家にいるときだけだから」

絵里「安静にね?」

希「大丈夫!えりち」

ことり「ラブソングの話題になると思って持ってきたよ?」

花陽「?ビデオ?」

絵里「ならこれを見て…思ったことを意見しあえば良いんじゃない?」

真姫「……」

ボクハ,ボクハネニンゲンジャナインダ

ウルトラセブンナンダ

テレー

穂乃果「スピー」
346: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:28:15.92 ID:mhnHvqn9.net
凛「スピー」

花陽「う、う…」

海未「あわわわわ…」

海未「ああ!!」ブチン

絵里「ちょっと海未…」

花陽「感動のシーンですよ!アルミホイル迫真の演技ですよ!」

海未「うう…ごめんなさい……」

絵里「ふう…まあ仕方ないわ。意見を出し会いましょ?」

ことり「穂乃果ちゃん、凛ちゃん…」

ほのりん「ふえ?」


穂乃果「好きだ!愛してる!」

穂乃果「ってもう分かんないよ~!」

絵里「まだ頑張りましょ?きっと何か出るはず…」

希「えりち、もう…」
347: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:33:06.48 ID:mhnHvqn9.net
絵里「私も同じなのよ…」

絵里「ラブソングで…ラブソングがかける人が作詞しない?」

花陽「でも海未ちゃんの詞がうけてきた所もあるし…」

真姫「私は反対よ!」

真姫「今から新曲を作ってダンスも完成させて…良いパフォーマンスが望めないわ!」

真姫「しかもラブソングに…」

希「うん、もういいんよ…」

絵里「希…」

ガヤガヤ

穂乃果「じゃあね!」

絵里「ええ、じゃあね」

希「うん、ほな」

真姫「怪しい…」

花陽「え?」

真姫「なんで絵里はあんなにこだわったのかしら…」
348: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:38:08.41 ID:mhnHvqn9.net
花陽「私も全面的にではないけど賛成かな?」

真姫「それでもなんでラブソングをあんなに…」

真姫「先に帰ってて!」タッタッタッ

凛「行っちゃったにゃ…」

真姫「絵里と…希…」

絵里「希…部屋に行ってもいい?」

希「なあに?えりち?」

絵里「頭痛がひどいって言ってたし…」

絵里「何よりあれがね…」

真姫「あれ…?」

希「?真姫ちゃん?」

真姫「…!希…」

絵里「あなた…」
349: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 12:57:32.13 ID:mhnHvqn9.net


絵里「なんでラブソングにこだわったか…」

希「別に、何でもないよ?」

真姫「嘘つかないで!」

希「…うちは転勤族で…」

引っ越してばっかりだった。友達もほとんど出来ずに一人で本ばかり読んでる女の子だった。

高校にはたっての願いで一人暮らしさせてくれた。それで一番近い音ノ木坂学院に通った。

一年生の時えりちを見てびっくりした…私にないものを全て持っていたから…

そして生徒会におまけで入って三年生になった…
えりちに出会ってμ'sにあった…

μ'sで何か1つを作り上げてもいいんや無いかな?って思った

そしてそれをμ'sとして誰かに広められれば!って思った。

真姫「希…」
350: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:04:50.14 ID:mhnHvqn9.net
希「気にせんといて!ごめんな、昔話なんか」

真姫「あなたねえ!なんで黙ってたのよ!」

絵里「真姫…」

真姫「μ'sになって一番素直じゃないじゃない!」

真姫「私も素直じゃないけど…あなたの方がよっぽどよ!」

絵里「真姫、落ち着いて…」

希「うん、そうやったみたいやね…」

キィン

絵里「!?何これ!」

真姫「頭が!」

希「またきた…」

キィン

ズオオ

真姫「窓を!」

絵里「何あれ?…渦?」

キィン

真姫「頭が…穂乃果…!」プップップツ

穂乃果「真姫ちゃん?…もしもし?」

穂乃果「どうしたんだろう…嫌な予感…」

ダッダッダッ

絵里「頭が、割れる!」

希「今日は一段と…うっ…」

穂乃果「希ちゃん!うっ…!」

真姫「穂乃果…!」

穂乃果「だ、大丈夫?」
351: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:08:52.28 ID:mhnHvqn9.net
穂乃果「渦…!」

ズオオ

ウオーン

穂乃果「怪獣!」

ウオーン

ガシャア

真姫「に、逃げなきゃ…」

穂乃果「う、海未ちゃんたちを呼んで…」

穂乃果「よし!希ちゃん!絵里ちゃん!真姫ちゃん!逃げよう!」

希「あの怪獣…うちと…似て…」バタン

絵里「…」バタン

真姫「ほ…」バタン

穂乃果「う、仕方ない…!」
352: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:12:23.64 ID:mhnHvqn9.net
穂乃果「私、ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ

ウオーン

ゲシッ

ウオーン

穂乃果(何この怪獣…戦意が…)

ダアッ

ゲシッ

ウオーン

ヘアッ

穂乃果(渦も消えてる…)

穂乃果(希ちゃんが悩み始めて頭痛がしたって…)

穂乃果(渦で頭痛がするなら…あれは希ちゃんが作った渦…!?)

ウオーン
353: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:19:38.85 ID:mhnHvqn9.net
ウオーン

ドタン

穂乃果(座り込んだ…)

ウオーン…

穂乃果(泣き出した…!?)

にこ「ウルトラマン!希たちは助けたわよ!」

にこ「そいつはシーボーズ!怪獣墓場の住人よ!」

穂乃果(ってことは?)

穂乃果(この子はそこに帰りたがってる…?)

ウオーン…

マン(送り返す方法が…無いわけではない…)

穂乃果(ほんとに!?)

ピコンピコンピコン

マン(私が一瞬希とやらに入り込む。あの渦は希というこの最後の闇だ)

マン(その闇を引き出し渦を出す。そしてあの怪獣を渦に入れる)
354: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:24:46.11 ID:mhnHvqn9.net
穂乃果(名案!)

マン(しかし、あのシーボーズが言うことを聞くとはなかなか思えん…)

マン(それにまた頭痛になる…時間は少ない!)

穂乃果(急ごう!)

ウオーン

マン(希…!希…!)

希(…ウルトラマン……?)

マン(辛い思いは一瞬だ…耐えてくれ)

希(え…!?)

ズオオ

穂乃果(渦が!)

海未「う、頭が…!」

花陽「わ、割れそう…」
355: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:30:17.65 ID:mhnHvqn9.net
マン(みんな、聞いてくれ…)

マン(シーボーズをあの渦まで誘導してくれ…)

マン(お前たちは9人…歌の女神の現れなのだから…)

ヘアッ

ウオーン

ヘアッ

にこ「う、シーボーズ!」

にこ「こっちよ!」

凛「痛い…こっちだにゃ!おーい!」

真姫「何よ…今の声…こっちよ…」

絵里「く…こっちよ!来なさい!」

海未「こちらですよ!」

ことり「帰ろう?元の場所へ…」

花陽「怪獣墓場まで…」
356: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:34:02.37 ID:mhnHvqn9.net
希(シーボーズ…あなたの嘆き…受け取ったよ…)

希(シーボーズ…あなたは私だったんだ…)

希(さあ…)

「「帰ろう!」」

ウオーン…?

ドタンドタン

スッ…

穂乃果(渦に入った!)

マン(よし!)

マン(希…お前は強く…恵まれたぞ…)

ビッー

バシン

マン(メンタルスペシウム光線…)

シュワッ
357: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:41:12.90 ID:mhnHvqn9.net
穂乃果「希ちゃん!」

希「穂乃果…ちゃん」

穂乃果「大丈夫?」

希「うん、うち…」

穂乃果「あ…雪…」

希「……」

私達一人一人に悩みや…黒い思いではあります…でも人は一人だからこそ愛する人、想う人を大切に想うのでしょう。

希「…想い……」

マン(光を…)
358: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 13:42:31.32 ID:mhnHvqn9.net
10話終了しました
全然思い付かなかったです……シーボーズはウルトラマンの中でも重要な話だったのできつかったです
373: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:29:57.77 ID:JAwnbplp.net
穂乃果「とうとう明日だね!」

海未「本選もそうですが、学校説明会も忘れないように!」

穂乃果「分かってるよ~!」

私、高坂穂乃果!光の戦士になってます!

ことり「でも大雪にならないかなあ?」

海未「予報ではかなり怪しいようです…」

穂乃果「大雪は困るよ!」

海未「明日の生徒会説明の原稿作っときましたのでこれを暗記してください。」

穂乃果「暗記!?」

海未「ええ。生徒会長ですから…」ニコッ

穂乃果「うそ~!」

海未「明日のために練習は無しにしているのですから暗記ぐらいしてください!」
374: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:32:26.46 ID:JAwnbplp.net
穂乃果「ちぇっ…」

穂乃果(暗記にウルトラマンの能力って使えないのかな?)

マン(自分で取り組みなさい……)



穂乃果「おはよう!海未ちゃん!ことりちゃん!」

ことり「おはよう!」

海未「お早うございます…」

穂乃果「どうしたの?」

海未「いえ、何やら今朝枕元にこんなものが…」

ことり「私も!」

穂乃果「穂乃果もだよ?」
375: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:38:42.57 ID:JAwnbplp.net
穂乃果「このぶよぶよしたものなんだろうね?」

ことり「穂乃果ちゃんが赤色で海未ちゃんが青、私が白…」

海未「それに…何か大きくなってる気がするのです…」

穂乃果「?そうかな…」

ブルブル…

「生徒会長、そろそろ…」

穂乃果「うん!」

穂乃果「しかし生徒会室って寒いよね…」

海未「仕方ありません。行きますよ!」

穂乃果「うん!」

ことり「あ、あの石…」

海未「ことり!石は机に置いておきましょう!」

ことり「そうだね…」

ブルブル……
376: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:42:24.03 ID:JAwnbplp.net
「生徒会からは以上です…」

穂乃果「凄く寒いし…雪大丈夫かな?」

海未「絵里たちは先ほど到着したようです!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ことりちゃん?」

ことり「電車が止まったって…」

穂乃果「え!?」

海未「く、車は!?道路の状況は!?」

ことり「いまお母さんが穂乃果ちゃんのお母さんたちに聞いてる…」

ことり「でも…」

穂乃果「そんな…」

ヒュオオオ

「聞いた?零下いったって?」

「零下4度なんでしょ!ヤバイよね!?」

穂乃果「零下4度の戦いになりそうだよ…」
377: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:46:37.01 ID:JAwnbplp.net
海未「私達はまだ仕事がありますが…」

ことり「これをしていて間に合うのかな?」

海未「そこです…」

穂乃果「今は目の前の仕事が先だよ!」

穂乃果「車は連絡が来次第乗ろう!」

海未「そうですね…まずはそれが先です!」

ことり「うん!」

ヒュオオオ…

ことり「穂乃果ちゃん!」

ことり「車は無理そうって…」

海未「移動手段を断たれましたか…」

穂乃果「歩くしか無さそうだね…」

海未「絵里たちに連絡を!」

ことり「うん…」
378: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:50:20.18 ID:JAwnbplp.net


真姫「ひどい雪…」

花陽「電車も止まってるみたいで…穂乃果ちゃんたちどうするんだろ…」

絵里「必ず来るわ!」

希「……」

ツバサ「μ'sはお揃い?」

にこ「き、綺羅ツバサ…」

英玲奈「…む?穂乃果さんたちは?」

絵里「学校説明会で生徒会をしているので…」

あんじゅ「この雪でまだ現地入りしてないの?」

絵里「ええ…」

ツバサ「仮に穂乃果さんたちが来なかったらA-RISEは100%勝つわ」
379: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:53:34.01 ID:JAwnbplp.net
ツバサ「穂乃果さんたちがいても勝つ自信はあるけれど…」

ツバサ「いるといないとでは大違いだわ!」

凛「来るよ!必ず…」

ツバサ「μ'sも新曲でくるみたいね?」

ツバサ「私達も"新曲"で迎え撃つわ!」

ツバサ「第一回女王としてね…」

カツカツ…

真姫「何よ…あれ…」

にこ「A-RISEもかなり本気…そういうことよ」

絵里「穂乃果たちは大丈夫なのかしら…」

希「えりち?まだ大丈夫…まだ大丈夫……」

絵里「ええ、そうね」

真姫「穂乃果…」
380: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:57:31.20 ID:JAwnbplp.net


穂乃果「一応全てが終わったね!」

海未「やはり車は無理とのことでした…」

ことり「絵里ちゃんたちには今から連絡をいれるね…」

穂乃果「入れる連絡は『今から行きます。間に合います』だよ?」

海未「え!?」

海未「穂乃果!行く手段が無い以上無理ですよ!」

穂乃果「歩くよ。それしかない…」

海未「歩くなんて無茶な!」

穂乃果「無茶でも!やらなきゃ…!」

穂乃果「待ってるんだよ!絵里ちゃんたち…私達のファンが!」

穂乃果「私達は一人じゃない!」

穂乃果「うおおお!!」ダッダッダッ
381: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:02:16.01 ID:jad7Aar5.net
ヒュオオオ

穂乃果「く…」

ことり「穂乃果ちゃん!」

海未「無茶です……無茶ですよ…」

ことり「海未ちゃん…」

海未「それでも!穂乃果が行ったのなら!リーダーが行ったのなら!」

海未「私は従うまでです!」

ことり「うん…!みんなが待ってる!」

ヒュオオオ…

穂乃果「く…まだまだ…!」

海未「次を左です!」

ブルブル……

穂乃果「うん!」ピシュン

ことり「あれ…?」

穂乃果「前に!前に!」

海未「次を……左です…」

穂乃果「左だね!」ピシュン

海未「時計が…」

ことり「止まって…」

海未「ちょっと穂乃果!止まってください!」
382: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:08:43.50 ID:jad7Aar5.net
穂乃果「ふえ?」

海未「よく見てください…周りを」

ブルブル……

ことり「同じ道……?」

穂乃果「戻ってる?」

穂乃果「でも進まなきゃ!時間が!」

海未「いえそれも…」

ことり「あの時計塔見て!」

穂乃果「時間が…止まってる?」

海未「何かが…」

ブルブル……

ことり「あれ見て!」

ドクドク……

穂乃果「あれは…あの石!?」

海未「赤白青と…あの石が融合したような…」

穂乃果(二人の前で変身できない!)
383: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:12:01.82 ID:jad7Aar5.net
海未「何か出てきました!」

スルスル…

海未「あれは…繊毛?」

ピシュン

海未「ほ、穂乃果!?」

ことり「穂乃果ちゃんが消えた!?」

穂乃果「あれ…ここは!」

穂乃果「校門!?そうか…あの怪獣に…」

穂乃果「でもここなら大丈夫……」

穂乃果「絵里ちゃん、必ず間に合うからね…」

穂乃果「私、ファイトだよ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ
384: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:14:23.17 ID:jad7Aar5.net
ヘッ

ドクドク……

ダアッ

ピシュン

穂乃果(消えた!?)

ことり「ウルトラマン!後ろ!」

穂乃果(ことりちゃん!?)

グルグル

ゲシッ

ダアッ

ドターン

ドクドク……

スルスル…

ピシュン

ゴオオ!

穂乃果(火球!?)

ヘアッ

ビッー

ボシュン
385: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:17:54.64 ID:jad7Aar5.net
穂乃果(あんなの町に落ちたら…)

ヘアッ

ビッー

ピシュン

穂乃果(また!)

ドクドク……

ビッー

バシン

デヤッ

穂乃果(体力がみるみる…)

ドターン…

穂乃果(何故か凄く寒い…)

ピコンピコンピコン

ドクドク……

ピシュン

ヘアッ
386: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:21:05.58 ID:jad7Aar5.net
穂乃果(スペシウム…)

マン(待て!)

マン(奴の四次元空間に入っているんだ!そんな技は使えない!)

穂乃果(そんな…)

ドクドク……

ピシュン

グルグル

ドターン

デヤッ

ピコンピコンピコンピコン…

穂乃果(…それなら!)

スルスル…

穂乃果(今だ!)

ビッー

バシン
387: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:24:08.72 ID:jad7Aar5.net
ボカーン

穂乃果(繊毛を壊してしまえば!)

スッ…

ビッー

バシン

ドカーン

穂乃果(あれは…)

ヒョイ

マン(…)

グシグシ…

シュワッ

海未「勝ちました!」

ことり「海未ちゃん!前に!」

「おーい!あんたたち!」

海未「ヒデコ!ミカ!」

ヒデコ「全校生徒があんたたちを見守ってるんだ!」

ミカ「ほら?来たよ…リーダーが!」
388: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:28:47.94 ID:jad7Aar5.net
穂乃果「うおおお!!」

海未「穂乃果!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「行こう!夢の舞台に!」

穂乃果「みんな…ありがとう!みんなの想いも一緒に歌うよ!」

ミカ「そうこなくっちゃ!」

ダッダッダッ

ツバサ「ほんとに穂乃果さんたちは来るかしら?」

英玲奈「この雪じゃなんともいえんな……」

「次はA-RISEです!」

ツバサ「ただこの一瞬に全てをかける!」

ガラガラ…

ツバサ(幕が上がる…)

ツバサ「新曲で『ultra magic』!」
389: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:32:35.63 ID:jad7Aar5.net
絵里「A-RISEの新曲…」

希「どの次元にもない曲…」

穂乃果「おーい!」

真姫「穂乃果!」

穂乃果「来たよ…私達!」

凛「来ると思ってたにゃ!」

「A-RISEでした!」

ワアア…

花陽「私達の出番はあと少しだよ!」

にこ「まったく!遅すぎんのよ!」

希「まあ来たんやしええやん」

穂乃果「さあ、行こう!」
390: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:42:46.49 ID:jad7Aar5.net
ザッ…

絵里(学校が大好きで…)

真姫(音楽が大好きで…)

にこ(アイドルが大好きで…)

凛(踊るのが大好きで…)

花陽(メンバーが大好きで…)

希(この毎日がが大好きで…)

海未(頑張るのが大好きで…)

ことり(歌うことが大好きで…)

マン(平和を想って戦って…)

穂乃果(μ'sが大好きだったから!)

穂乃果はウルトラマンになって良かったのかなんてもう考えていません。学校を救うため、みんなを救うためなら…

私はいくらでもウルトラマンになる!戦う!それがμ'sと…私に誓ったウルトラの誓い…
391: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:45:01.48 ID:jad7Aar5.net
11話終了しました。登場怪獣はブルトンです。能力は本編よりSFCの能力を使わせていただきました。
次は安価を取りたいと思います。
395: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 20:50:36.64 ID:jad7Aar5.net
安価取りたいと思います。
>>397
397: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 21:21:02.73 ID:biWxreTZ.net
ギャンゴ
398: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 20:28:14.04 ID:ybPFd/+C.net
穂乃果「もうすぐ新年…か」

雪穂「お姉ちゃん初詣行かないの?」

穂乃果「ん?メンバーと一緒に…」

ゴーンゴーン

私、高坂穂乃果。光の戦士として…みんなを守っています。

海未「穂乃果~!」

ことり「新年になったねえ…」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん…」

海未「?まだ着替えてないのですか?」

穂乃果「え…!?あ!!」

穂乃果「ちょっと待って!」

海未「相変わらず…ですね…」

ことり「そうだね…!」

ゴーンゴーン
399: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 20:31:33.53 ID:ybPFd/+C.net
穂乃果「あ!凛ちゃん!」

凛「穂乃果ちゃん!ねえねえすごいよ!」

海未「どうしたのです?」

花陽「真姫ちゃんがとっても可愛いの!」

ことり「?」

真姫「ちょっとふたりとも!」

穂乃果「なんで隠れてるの?」

真姫「ば、隠れてなんかいないわよ…」

真姫「お母さんが着ていけって…」

ことり「振り袖だあ!」

穂乃果「可愛い!」

真姫「や、やめてよ」

穂乃果「さあ向かおう!」
400: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 20:36:23.94 ID:ybPFd/+C.net
タッタッタッ

花陽「あ…」

ツバサ「あなたたちも初詣?」

真姫「そうよ」

花陽「ま、真姫ちゃん…」

英玲奈「大変素晴らしかった。悔し涙も出ない」

あんじゅ「でも私達も負けたとは思わないわ」

ツバサ「負け惜しみなんかじゃない」

ツバサ「たまたま持った光の光り方が違っただけ…」

ツバサ「頑張りなさい!東京予選の覇者!」

穂乃果「はい!」

「「ありがとうございました!」」

ツバサ「ふっ…」

タッタッタッ
401: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 20:41:49.19 ID:ybPFd/+C.net
パンパン

凛「何お願いした!?」

海未「凛、願いと言うのを人に言うものでは無いのですよ?」

穂乃果「でもみんな同じじゃないかな?」

ことり「そうだね!」

真姫「にこちゃんたちは?」

花陽「ここでバイトしてるらしいけど…」

希「もう終わった?」

穂乃果「希ちゃん!」

絵里「初詣はバイトが終わった後ね」

にこ「ええ~!」

希「ふたりとも良く似あっとってな!」

花陽「確かに!」

にこ「まあ、この格好は悪くないわね…」
402: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 20:46:11.23 ID:ybPFd/+C.net
にこ「本大会のチーム紹介ページのコメントは今年最初の練習ね」

絵里「しっかり考えないと…」

希「えりちそろそろ…」

穂乃果「じゃあね!」

希「うん、ほなな?」

タッタッタッ

真姫「いつかはいなくなるのよね…」

凛「ダメだよ!真姫ちゃん!まだ……」

真姫「そう…ごめんなさい…」

穂乃果「やっぱり格好いい…」

海未「え?」

穂乃果「ううん、何でもないよ!」

穂乃果「さあ帰ろう!番組も楽しみだ~!」

凛「さあ帰るにゃ!」
403: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 20:53:57.10 ID:ybPFd/+C.net


絵里「うーん…色々考えてみたけど…」

海未「どれもしっくり来ませんね…」

にこ「やっぱりキューティーに行きまーす!が…」

花陽「各地の代表はもうUPされているところもあります…」

希「他の所は?」

花陽「群馬代表のXIGは『全ての答えは私達の中!』だったり」

花陽「鳥取代表のMATは『あなたにも見える特別な星』…どれも特色があります…」

真姫「私達の特色を一言にしないと…」

ことり「特色といっても…」

「「うーん……」」

絵里「また考え直しましょ?今日はダンスも練習しましょ」

404: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:00:15.13 ID:ybPFd/+C.net
穂乃果「特色…か……」

ほのママ「穂乃果!あなたにお客さんよ!」

穂乃果「お客…?」

穂乃果「あ!ツバサさん!?」

ツバサ「ちょっと時間あるかしら?」

穂乃果「え?はい…?」

テクテクテク…

ツバサ「私ね、分からないのよ」

穂乃果「はい?」

ツバサ「何故負けたのか…」

ツバサ「初詣の時もちらっと言ったけど…」

ツバサ「負け惜しみなんかじゃなく、分からない」

穂乃果「ツバサさん…」

ツバサ「憐れまないで…一番要らないわ」
405: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:04:47.44 ID:ybPFd/+C.net
ツバサ「教えてちょうだい」

ツバサ「私達とあなたたちμ's、何が違ったのか…」

穂乃果「それは…」

穂乃果「それは……」

ツバサ「あなたは人と違う…」

ツバサ「どこか光るところをもつ」

ツバサ「でも私も持ってる自信がある。そしてあんじゅや英玲奈も」

ツバサ「それでも穂乃果さん…あなたに勝てないのはなぜ?」

穂乃果「私は…」

ツバサ「あなた…もしかしてあの"ウルトラマン"じゃないの?」

穂乃果「…!?」

ツバサ「あなたには強さがある、そして優しさも…」

ツバサ「でもそれだけで言い表せない何かを持ってる!」

ツバサ「そう…まるでウルトラマンのような…」
406: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:08:28.69 ID:ybPFd/+C.net
穂乃果「ツバサさん…」

ツバサ「私ね、音楽と同じくらいウルトラマンが好きだったの」

ツバサ「マンからメビウスまで、逃さず見たわ」

ツバサ「やっぱりあなたは"ウルトラマン"よ」

ツバサ「ウルトラマンに変身する人間は…あなたのような人だもの」

ツバサ「私はウルトラマンに負けたの?」

穂乃果「ツバサさん…それは違いますよ…」

ツバサ「え?」

ゴト…

ツバサ「これは…!?」

穂乃果「これは"ベータカプセル"…私がウルトラマンになるまでの橋です」

ツバサ「本当に…!」
407: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:13:11.90 ID:ybPFd/+C.net
穂乃果「…でもウルトラマンは関係無いんです」

穂乃果「私達は…μ'sは…あそこでは誰にも負けないアイドルだった…」

穂乃果「ただ、それだけなんです…」

ツバサ「穂乃果さん…」

穂乃果「ごめんなさい…私は上手いこと言えないけど…」

穂乃果「人は光を持つんではないんです…」

穂乃果「人はいつか光になれるんです…」

穂乃果「1つの光に…」

ツバサ「…分かったわ!あなたたちが強くなってここまで来た理由が!」

穂乃果「え?」

ツバサ「穂乃果さん…あなたこそウルトラマンだわ…」

ツバサ「そう言えば考えたの?コメント」

穂乃果「それが…まだ」
408: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:16:55.10 ID:ybPFd/+C.net
ツバサ「そう…私が言えたことじゃないけど…」

ツバサ「あなたのストーリーはあなた一人のものでは無いんでしょう?」

ツバサ「だったらそれをそのまま書けばいい」

ツバサ「そうじゃない?穂乃果さん?」

穂乃果「…!!ありがとうございます!ツバサさん!」ダッダッダッ

ツバサ「穂乃果さん……ハヤタ…」

?「もう良いかしらね……」

?「石よ…あなたはギャンゴ。ギャンゴの使命は1つ…」

?「ウルトラマンの抹殺!!」
409: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:22:35.14 ID:ybPFd/+C.net


真姫「何よ?こんな時間に神田明神なんかに呼びだして…」

希「なんかとはアカンな~!ワシワシMaxやで~!」

穂乃果「私ね、気付いたんだ…」

穂乃果「これは物語なんだよ…」

海未「物語?」

穂乃果「そう…私達みんなで書いた物語…!」

凛「みんなで?」

花陽「書いた?」

穂乃果「書いたと言うより…叶った。かな?」

穂乃果「私の願いは…廃校の阻止とみんなの笑顔…」

海未「そうですね…私は人にどれだけ尽力できるか…」

ことり「私は…衣装を作ってみんなの笑顔を支えること…」
410: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:28:31.43 ID:ybPFd/+C.net
花陽「私は…アイドルになってみたかった…輝いてみたかったです」

凛「凛は、身体を動かして笑顔になることにゃ!」

真姫「そうね…私は音楽と深く触れあいたかった…かしら」

にこ「私はやっぱり仲間が欲しかった…自分を認めてくれる…」

希「うちは…にこっちと同じかな?1つのものが完成されていくのが見たかった…」

絵里「私は…素直になりたかった…」

穂乃果「みんな叶ったよね…そして全員の願いは…」

「「ラブライブ優勝!!」」

穂乃果「うん…まだ私達は叶えなきゃ!」

ギャアアア

穂乃果「!?」

海未「ビルの側に!」

にこ「あれは…ギャンゴ!」
411: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:30:52.10 ID:ybPFd/+C.net
ギャアアア

ガシャア

ガラガラ…

ギャアアア…

希「逃げよ!?はよ!」

絵里「ええ!そうしましょ!」

ダッダッダッ

ことり「穂乃果ちゃん!速く!」

穂乃果「先に行ってて…ことりちゃん…」

ことり「え!?」

ダッダッダッ

ことり「穂乃果ちゃん!?」

ピカッ

シュインシュイン

ダアッ
412: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:34:37.40 ID:ybPFd/+C.net
ギャアアア

ヘアッ

ことり「う、ウルトラマン……?」

真姫「ことり!?」

ことり「う、うん…」

ヘアッ

バシイ

ギャアアア

ドターン

穂乃果(あ、あれ…?)

スッ

ドターン

ギャアアア

穂乃果(騙し討ち!?卑怯だよ!)

穂乃果(こうなったら…!)

ギャアアア!?

穂乃果(くすぐりだよ!)
413: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:36:40.19 ID:ybPFd/+C.net
ドターン

ヘアッ

ドタドタ…

ピョン!

ドターン

ギャアアア…

真姫「あの怪獣変じゃない?」

にこ「原作も変よ…」

花陽「あれが通常運転です…」

デヤッ

バシイ

ギャアアア

スッ…

ビッー

バシン
414: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:39:29.92 ID:ybPFd/+C.net
ギャアアア…

海未「スペシウム光線が決まりました!」

パッ

穂乃果(これは…石?)

マン(これがあのギャンゴとやらになっていたのだろう…)

穂乃果(じゃあ宇宙に返さなきゃ!)

シュワッ

絵里「これで終わった!」

穂乃果「おーい!」

凛「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ウルトラマンは平和を願ったんだよ!」
415: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:41:29.41 ID:ybPFd/+C.net


?「そうか…」

『μ's/みんなで叶える物語』

?「μ'sらしいことだ…」パタン

?「やはりだめだ。あんな石では…」

?「はやく卵より孵るのだ!……」

私達はまだ前に進みます!!
416: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 21:42:52.65 ID:ybPFd/+C.net
12話終了しました。
ギャンゴただの悪者ですね…すいません!
次も安価取りたいと思います。
422: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 13:31:46.32 ID:B0q8WK4O.net
では安価取りたいと思います。
>>425
425: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 14:44:11.15 ID:kb3v4+oM.net
何気に他の地方アイドルの名前がw

そろそろラブライブ会場で暴れるゴモラが見たいな
433: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:05:43.84 ID:3A5a9dMi.net
雪穂「お姉ちゃん!」

穂乃果「どうしたの?」

雪穂「合格したよ!音ノ木坂!」

私、高坂穂乃果。ウルトラマンをしています。

穂乃果「良かったじゃん!」

雪穂「亜里沙も合格したんだよ!」

穂乃果「友達と一緒に合格出来るって良いよね!」

雪穂「まあ、お姉ちゃんが入れたから入れるとは思っていたけど…」

穂乃果「ひどい!」

雪穂「まあまあ、後でうちに亜里沙がくるよ!」

穂乃果「お菓子用意しなくちゃね!」

雪穂「私やるよ!お姉ちゃんはラブライブ控えてるんだから!」
434: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:08:53.34 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果「う、うん…」

亜里沙「こんにちはー!」

雪穂「あ、亜里沙!」

雪穂「と絵里さん?」

穂乃果「ぅ絵里ちゃん!」

絵里「亜里沙がどうしても来てって…」

雪穂「上がってください!」

トタトタ…

亜里沙「私ね音ノ木坂でやりたいことがあるんだ!」

絵里「やりたいこと?」

雪穂「二人で話してたんです!」

亜里沙「スクールアイドルがしたい!」

穂乃果「良いじゃん!」
435: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:12:37.99 ID:3A5a9dMi.net
亜里沙「そしてμ'sに入るの!」

絵里「!」

穂乃果「…!」

雪穂「μ'sはこれから三年生がぬける…」

雪穂「そして私達がその抜けた穴に…」

穂乃果「無理だよ」

絵里「穂乃果!」

雪穂「お姉ちゃん!?」

穂乃果「μ'sの後釜?そんなのあり得ないよ」

亜里沙「練習もしてます!お姉ちゃんたちの曲なら…」

穂乃果「そういう問題じゃないよ」

穂乃果「私達は海外のバンドじゃないんだよ?」
436: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:15:38.38 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果「スクールアイドルは別に構わない。むしろ応援するよ」

穂乃果「でも絵里ちゃんたちの後任なんてまかせられないよ」

絵里「穂乃果!」

絵里「私達は良いの…」

絵里「あなたたちが決めることなの!穂乃果が決めることなのよ!」

穂乃果「絵里ちゃん…」

亜里沙「ごめんなさい…でも」

亜里沙「私達μ'sが好きなんです!」

亜里沙「輝いていて美しくて…」

亜里沙「ウルトラマンも教えてくれました!」

亜里沙「夢は願うものじゃないって…」

亜里沙「叶えるものだって!」
437: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:19:05.92 ID:3A5a9dMi.net
雪穂「そうだよ!いきなり私達の夢を壊さないでよ!」

穂乃果「…!」

穂乃果「ごめん、お姉ちゃん分からないや…」パタン

絵里「穂乃果…」



にこ「聞いた!?花陽!」

花陽「ええ!」ガチャ

海未「どうしたのです?」

にこ「ジョンスン島で恐竜が見つかった話!」

ことり「そう言えば今日のニュースで…」

花陽「それが今度のラブライブの1つの見せ場になるんです!」
438: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:25:10.16 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果「見せ場?」

にこ「その恐竜がラブライブの前座を勤めるのよ!」

ことり「ええ!?」

海未「恐竜がですか!?」

花陽「最初にその恐竜...ゴモラザウルスは非常に大人しいそうです」

にこ「それを展示して、ラブライブの集客を望んでいるんですって」

穂乃果「でも大丈夫なの?」

花陽「安全性を高めるために揺れる船ではなく空輸するそうです!」

穂乃果「ゴモラザウルス…ねえ…」

にこ「あんた恐竜とか好きじゃないの?」

穂乃果「別に…別次元の私は好きかもね」
439: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:32:19.79 ID:3A5a9dMi.net
ガチャ

真姫「あれ?三年生は?」

にこ「ここでーす!!」

凛「にこちゃんは三年生に見えなさすぎるにゃ~!」

にこ「ぬぁんですって~!」

真姫「とりあえずは雪穂ちゃん、おめでとう…」

穂乃果「ありがとう」ガチャ

絵里「ごめんなさい!全員揃ってるわね?」

希「卒業アルバムの写真をとってて…」

海未「にこは?」

にこ「私は矢澤だから明日なのよ」

ことり「出席番号最後って言ってたもんね」

絵里「なら…話しましょう?」

希「μ'sのこれからを…」
440: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:48:20.73 ID:3A5a9dMi.net
にこ「続けなさいよ!」

穂乃果「…」

にこ「誰かやめても!名前を変えずに続けることでファンの信頼を得るのよ!」

花陽「で、でも…」

にこ「花陽!あんたも分かってるでしょう!?」

花陽「私は…このμ'sが好き…」

にこ「え?」

花陽「私はみんながいたから輝けたんです。一人でもかけたら…」

ことり「花陽ちゃん…」

海未「私は…現実的ににこの意見に賛成です」

海未「ファンの方には必ずμ'sは永遠的なものと思われています」

海未「アイドルというのは、そういうものだと思います。」

真姫「私もそうね」

真姫「絵里や希のためにも続けるべき…」

穂乃果「私達はプロじゃないんだよ?」

海未「え?」
441: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 20:53:10.22 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果「それにスクールアイドルってそういうとこを見せるんじゃないと思う…」

穂乃果「限られた時間の中で…」

花陽「輝けるからスクールアイドルなんです!」

にこ「私は応援する!私達の後釜は私が鍛える!」

花陽「にこちゃんたちの後釜なんて出来ないよ!」

シーン

絵里「私は…残されるあなたたちが考えることだと思う…」

にこ「絵里!?」

絵里「私はみんなが一番輝ける方法をとってほしい」

絵里「にこも花陽も言ってることは正しいの」

絵里「だから最後はあなたたちが決めるのよ」

希「どうなろうともうちらの心からμ'sが消えることはないからね」

穂乃果「…」
442: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:04:42.89 ID:3A5a9dMi.net
絵里「私達は必ず卒業するの。スクールアイドルを続けることは出来ない」

絵里「だからその事を言ってはいけない。私はそう思ってる」

絵里「決めるのは穂乃果たち。それが私の考え」



穂乃果「海未ちゃん…」

海未「アイドルというのは続けるべきなのでは」

花陽「でもこの9人以外のμ'sってμ'sって言えるのかな?」

凛「凛はかよちんに賛成にゃ…」

凛「この9人、誰が欠けてもμ'sと言えない気がする…」

真姫「凛…」

ことり「みんなの衣装を作って…みんなの想いを知って…」

ことり「μ'sというのはこういうものだと分かった…」
443: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:11:07.30 ID:3A5a9dMi.net
海未「ことり?」

ことり「私はファンのためにも続けるべきではないと思う…」

ことり「ファンが見たいのは私達9人のμ'sなんだよ…」

海未「…」

穂乃果「私達の思いは9人以外で歌える?」

穂乃果「たとえ三年生より歌が上手くて、踊りが上手くても…」

穂乃果「それはμ'sの歌なのかな?」

穂乃果「オリジナル主義かもしれないけど…」

……

雪穂「お姉ちゃん!」
444: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:17:48.67 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果「んん~?どうしたの?」

亜里沙「穂乃果さん!」

穂乃果「ああ、亜里沙ちゃん…いらっしゃい」

亜里沙「穂乃果さん!ごめんなさい!」

穂乃果「え?」

雪穂「ごめんなさい!お姉ちゃん!」

穂乃果「どうしたの?」

亜里沙「私、きづいんたんです!」

亜里沙「私、μ'sが好き…でも私の好きなμ'sに私はいないんです!」

穂乃果「……!!」

亜里沙「みんなと一緒に作り上げていくアイドル……μ's」

亜里沙「私、そのμ'sが大好きなんです!」
445: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:24:16.83 ID:3A5a9dMi.net
雪穂「私もそう。私達μ'sが一番好きだからこそ終わりが欲しいんだよ…」

穂乃果「……そう…だよね…」

亜里沙「ごめんなさい!」

穂乃果「なんで謝るの?」

穂乃果「亜里沙ちゃんたちは正しい……」



絵里「思い出づくり?」

穂乃果「そう!今から!」

ことり「うん!楽しそう!」

にこ「で、どこいくの?」

穂乃果「全部!」

希「え?」

穂乃果「みんなが思うところ全部!」

真姫「今から?」
446: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:30:01.78 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果「うん!はやくはやく!」

凛「いっくにゃ~!」

海未「ちょ、ちょっと凛!」



花陽「色々行ったね~!」

絵里「そうね、みんなが行きたいところは行ったわね…」

海未「最後は穂乃果ですよ」

穂乃果「うん!私は…」

ザザーン

穂乃果「あれは……」

花陽「ゴモラですよ!」

にこ「な、生で見れるなんて!」

希「海、夕焼け、恐竜…スピリチュアルやな…」

バラバラ…

ことり「大きい~!」
447: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:35:21.07 ID:3A5a9dMi.net
凛「ふふ…」

花陽「凛ちゃん?」

凛「えーい!」

真姫「きゃあ!冷たい!」

凛「いっくにゃー!」

花陽「凛ちゃん!」

真姫「やったわね~!」

キャッキャッ…

マン(穂乃果…)

穂乃果(ウルトラマン…私ね…)

穂乃果「絵里ちゃん!にこちゃん!希ちゃん!」

ヒュルルル…

ドシャーン

穂乃果「え!?」

ゴアア…
448: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:40:55.43 ID:3A5a9dMi.net
花陽「ご、ゴモラが海に落ちた…」

ガアアアア

海未「こっちに来ます!」

穂乃果(みんなに迷惑はかけられない!)

穂乃果(どうしよう!?)

絵里「逃げるわよ!」

希「穂乃果ちゃん!はやく!」

穂乃果(…)

マン(任せなさい!)

穂乃果(え!?)

マン(1分だけ…君とは関係なく私は現れる!その間に逃げろ!)

穂乃果(ウルトラマン…)

マン(走れ!)

ダッダッダッ
449: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:42:56.37 ID:3A5a9dMi.net
ピカッ!

シュインシュイン

ヘアッ

真姫「ウルトラマン!?」

穂乃果「逃げるよ!」

ことり「え…そんな?」

穂乃果「はやく!」

ダアッ

バシイ

ガアアアア

ガシッ

ドシャーン

ヘ,ヘア

穂乃果「う、ウルトラマン…」
450: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:48:07.05 ID:3A5a9dMi.net
ダアッ

ブン

ドシャーン

花陽「尻尾が!」

ダアッ

スッ…

ビッー

バシン

ガアアアア

絵里「尻尾が取れた!」

ガアアアア!

ドシャーン

凛「ウルトラマンが押されてるにゃ…」

希「どうも変やね…」

ゴボゴボ…

穂乃果「ゴモラが潜った…」

シュインシュイン…
451: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:56:57.77 ID:3A5a9dMi.net
穂乃果(ウルトラマン…)

マン(すまん…休ませてくれ…)

穂乃果「ゴモラは…」

にこ「まだ…でしょうね…」

海未「穂乃果…」

穂乃果「うん…」

穂乃果「絵里ちゃん…にこちゃん…希ちゃん…」

ザッ

「「大会が終わったら…」」

「「μ'sは終わりにします!」」

にこ「…なんで。」

にこ「真姫!説明しなさい!」

真姫「私は!にこちゃんのいないμ'sなんてイヤなの!」

希「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「これが私達の決めた…誓い」

全てはラブライブまで…私達は前に進むだけ…間違いないとは言えないけど…

ウルトラマン…最後はどうしたらいい?
452: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 21:58:14.18 ID:3A5a9dMi.net
13話終了しました。一応前後編なうえに次が最終回です。安価は取りません。μ'sもウルトラマンも次で終わりです(´・ω・`)
458: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:17:29.64 ID:lg1GPNER.net
『さらばラブライブ!』

学園祭ライブ

ドシャア

絵里「穂乃果ぁ!」

海未「穂乃果!」

キイ…

?「ふふ、穂乃果が飲んだか…」

?「ウルトラマンは近くにいるはずだ…」

?「μ'sは全員がウルトラマンになれる可能性を秘めている」

?「誰につくかな?」

「あっはっはっは…」

マン(君の身体を貸してくれ!)

私、高坂穂乃果。μ'sのリーダーをしています

凛「ふう~!練習終わった!」
459: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:21:37.37 ID:lg1GPNER.net
花陽「今日は調整だけだったし問題は無かったね」

にこ「あったら困るのよ!前日よ?」

穂乃果「…」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「え?何でもないよ!」

海未「ぼーっとしてるだけですよ」

穂乃果「ひどい!」

私達はラブライブが終わればμ'sも終わりにすると決めました。

絵里「ねえ…もうちょっとだけ練習しない?」

希「えりち?」

海未「今日は前日の調整だからと言ったのは絵里ではありませんか」

絵里「そう…なんだけどね…」

真姫「私は良いわよ?」

真姫「このまま帰るのも…」
460: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:25:36.82 ID:lg1GPNER.net
花陽「なんか寂しいよね…」

凛「μ's最後の練習…なんだよね…」

絵里「まだ日は沈まないわ。だから…」

海未「そうですね…ではあと少し…」



ことり「もう夕暮れ…」

にこ「これ以上はダメよ!体の苛めすぎはね」

凛「なんか寂しいよ!」

穂乃果「なら…学校に泊まっちゃえばいいんじゃない?」

真姫「はあ?」

穂乃果「ことりちゃん!出来ないかな?」

ことり「…!今からお母さんに聞いてみる!」タッタッタッ

海未「本気ですか?」
461: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:28:54.23 ID:lg1GPNER.net
穂乃果「私達は学校のためにスクールアイドルを始めたんだ…」

穂乃果「最後くらいは…わがままだって許してくれるよ…」

花陽「そう…ですよね!」

タッタッタッ

ガチャ

ことり「お母さん?」

ことり「理事長室にいない…」

ことり「どこだろ?」

タッタッタッ

ことり「あっ!お母さん!」

理事長「な、なあに?ことり」

ことり「校庭にいるなんて思わなかったよ!」

理事長「別に構わないでしょ?」

ことり「うん…」

ことり「あのね!お母さん!」

タッタッタッ

ことり「良いって!」

穂乃果「ほんとに!?」
462: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:33:59.68 ID:lg1GPNER.net
凛「やったにゃ!お泊まり会にゃ!」

にこ「なら私は今からすぐに帰るわ」

希「え?」

にこ「妹たちに言わないと…」

希「ああ、なるほど」

絵里「ならみんな一回帰って、支度をして来ましょ?」

海未「そうですね」



穂乃果「本当に久しぶりだね!」

真姫「お泊まり会と言えばメフィラス星人が思い出されるわね…」

希「もしかして真姫ちゃん…まだ怖いん?」

真姫「べ、別にそんなことないわよ!」

ガアアアア

海未「窓を!」

穂乃果「また出たね…ゴモラ!」

絵里「待避よ!」

ガチャ

ダッダッダッ

穂乃果「私が行かなきゃ!」

穂乃果「私がμ'sを守らなきゃ!」ピカッ

シュインシュイン

ダアッ
463: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:37:13.42 ID:lg1GPNER.net
ことり「ウルトラマン…」

絵里「また来てくれた…」

ヘアッ

にこ「今度は勝ってよ…」

ブン

スカ

ブン

スカ

凛「尻尾が無いから…」

ダアッ

ガシッ

ドターン

ガアアアア

クルッ

ドターン
464: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:39:25.53 ID:lg1GPNER.net
ダッダッダッ

海未「こっちに来る!?」

ガシッ

ヘアッ

クルッ

ドターン

穂乃果(行かせないよ!)

ピコンピコンピコン

穂乃果(いつもより…早い…?)

ガアアアア

凛「なんか帰ろうとしてる?」

ガアアアア

スッ…

ビッー

バシン

ガアアアア
465: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:42:20.85 ID:lg1GPNER.net
ボカーン

にこ「ゴモラ…」

シュワッ

?「ウルトラマン…」

?「奴の生命エネルギーは少ない?」

?「くくく…」

穂乃果「理事長先生!逃げてましたか!?」

理事長「え?ええ…逃げてたわよ?」

穂乃果「みんなは!?」

理事長「校庭に…」

絵里「穂乃果!」

穂乃果「ぅ絵里ちゃん!」

海未「どこに!?」
466: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:45:48.48 ID:lg1GPNER.net
穂乃果「いや~また別方向に逃げちゃって…」

真姫「危ないじゃないのよ!」

希「まあ無事やったしなによりやん!」

花陽「ゴモラは可哀想でしたけど…」

真姫「全部人間のせいだものね…」

にこ「仕方ないのよ!割りきりなさい!」

……

ことり「し、仕切り直して!夕御飯にしない?」

凛「賛成にゃ!」

穂乃果(穂乃果…悪くないよね?)

穂乃果(みんなをちゃんと…守れたよね?)
467: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:50:25.68 ID:lg1GPNER.net
マン(気にするな…あれは致し方なかったのだ…)



絵里「ふう…早く寝ましょう?明日も早いから」

穂乃果「少し…風に当たらない?」

海未「え?」

ことり「うん!いいと思う!」

カンカンカン…

にこ「すごい…」

凛「綺麗な夜景だにゃ…」

穂乃果「……」

穂乃果(私は今までμ'sで…そしてウルトラマンとして…)

穂乃果(みんなを…導けただろうか…)
468: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:54:09.70 ID:lg1GPNER.net
ことり「穂乃果ちゃん…?」

穂乃果「絶対に勝つぞ~!」

にこ「ちょっと!何叫んでんのよ!」

真姫「迷惑じゃない…」

穂乃果「私達は…決して負けない!」

?「…決して負けない…ね…」

希「誰!?」

絵里「ちょっと…希…」

花陽「そうやって怖がらせるのは…」

希「いや…その…ごめんな」

そうして私達は学校で一夜を友にし…決戦の朝を迎えた!
469: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 01:57:35.26 ID:lg1GPNER.net
絵里「支度は出来た?」

ことり「ちょっとトイレに…」

にこ「早くしなさいよ~?」

ことり「うん」

タッタッタッ

ことり「あれ…」ガシッ

キャアアアア!

凛「何!?今の声!」

海未「ことりの声では!?」

希「トイレの方からや!」

にこ「いくわよ!」

穂乃果(ことりちゃん…!)
470: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:01:02.06 ID:lg1GPNER.net
ダッダッダッ

穂乃果「あ!」

ことり「た、助け…」

?「残念だったわ…あなたたちはラブライブに出られないのよ!」

絵里「理事長!!何してるんですか!?」

理事長?「ふふ…理事長…ね…」

海未「理事長?」

にこ「理事長じゃないわね…あんた誰!?」

理事長?「私はゼットン星人。ウルトラマンを倒すもの!」

穂乃果「ウルトラマンを!?」

ゼ星人「私は少し前からウルトラマンを見張り…そして弱らせてきた!」

花陽「ゼットン星人…」
471: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:04:51.45 ID:lg1GPNER.net
ゼ星人「時間は大したことではなかった。ゼットンが目覚めるまで待つだけだった!」

にこ「ゼ…ゼットン…」

ゼ星人「それがたまたまラブライブの日だった…それだけだ!」

真姫「理事長は!どうしたの!?」

ゼ星人「こいつか?こいつなら既に死んでいる」

ことり「!?」

花陽「そ、そんな…」

ゼ星人「学園祭の時…差し入れのお茶に毒を混ぜた…」

ゼ星人「飲んだのはそう…高坂穂乃果!貴様だった!」

絵里「!それがあの高熱…」

ゼ星人「運が良かったな、高坂穂乃果!いや…」
472: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:09:03.81 ID:lg1GPNER.net
海未「ことりを離しなさい!!」ダッ

穂乃果「海未ちゃん!」

ガシッ

ゼ星人「く…この女め!」バシイ

海未「きゃあ!」

ことり「海未ちゃん!」

海未「まだまだ!」

ガシッ

海未「あなたたちは早く!ゼットン星人が逃げてたわよ何をするか分かりません!」

絵里「そんなことできるわけ…」

海未「いいから早く!」バシイ

海未「きゃあ!」

穂乃果「…分かった!みんな、早く!」
473: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:12:25.72 ID:lg1GPNER.net
にこ「海未!」

海未「私は…大丈夫です!さあ!ことりも!」

ゼ星人「させるか!」

ガシッ

海未「きゃあ!!」

ドタ

カラカラ

海未「これは…?」パシッ

ゼ星人「それは!」カチッ

バーン

ガラガラガラ!

海未「きゃあああああ!!」

ゼ星人「ぐおおお!」

ゼ星人「くそ!頼むぞ!ゼ…」

ガラガラガラ!
474: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:15:00.50 ID:lg1GPNER.net
絵里「きゃあ!」

希「うかつに外に出らんほうがええ!」

凛「中庭は!?」

真姫「そこね!」

穂乃果「海未ちゃん!」ダッ

ことり「穂乃果ちゃん!?」

花陽「ことりちゃん!穂乃果ちゃんは大丈夫!」

にこ「逃げるのが先よ!」

ポロロロロ…

絵里「何…あれ…?」

にこ「あ、あ…」

花陽「あれは……」

「「ゼットン!!」」
475: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:19:08.53 ID:lg1GPNER.net
ポロロロロ…

ゼットン…

穂乃果「海未ちゃん!!」

海未「穂乃果!」

穂乃果「瓦礫が足に…」

海未「ぬ、抜けませんね…」

海未「早く逃げなさい!穂乃果!」

穂乃果「嫌だよ!海未ちゃんを放っておくなんて出来ないよ!」

海未「いいから!早く!」

穂乃果「海未ちゃん……」

ポロロロロ…

海未「!早く!穂乃果、死んでしまいますよ!」

穂乃果「海未ちゃんが死ぬなんて嫌だよ!」
476: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:21:55.87 ID:lg1GPNER.net
海未「あなたは!μ'sのリーダーです!」

海未「あなたは未来を切り開く力を持っています!!」

海未「だから!!」

穂乃果「……」

穂乃果「必ず……助けるから!」

タッタッタッ

海未「穂乃果…」

ピカッ

海未「…!?」

シュインシュイン

ダアッ

海未「!?…」

海未「そうでしたか…」
477: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:24:38.84 ID:lg1GPNER.net
海未「あなたが……『光の戦士』」ガクッ

ダアッ

真姫「ウルトラマン!!」

絵里「ゼットンを倒して!」

絵里「私達の学校を守って!」

ダアッ

ピッ

ポロロロロ…

ゼットン…

にこ「テレポート!」

花陽「今救急隊が!」

凛「海未ちゃんの所まで行くにゃ!」

ダッダッダッ
478: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:27:36.66 ID:lg1GPNER.net
ポロロロロ…

ヘアッ

ピロロロロ……

穂乃果(モーメントリング!)

ピロロロロ……

ビッー

ダアッ

ドターン

バリン

にこ「リング光線が…」

絵里「海未よ!」

ことり「海未ちゃん!しっかりして!」

絵里「海未!」

ダアッ

バシイ

ドターン

ヘ,ヘア
479: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:30:04.82 ID:lg1GPNER.net
ポロロロロ…

ゼットン…

ヘアッ

シリリーン

バリン

穂乃果(八つ裂き光輪が!砕かれた!)

海未「あ……」

ことり「海未ちゃんしっかり!」

海未「穂乃果…!」

希「穂乃果ちゃんは!?」

海未「あ、あれ…」

にこ「え!?」

ダアッ
480: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:32:29.36 ID:lg1GPNER.net
ポロロロロ…

花陽「穂乃果ちゃんが…」

真姫「ウルトラマン…」

ことり「や、やっぱり…」

海未「ほ、穂乃果は…ずっと私達のために…」

海未「私達のために……戦っていたんです…!」

海未「誰にも迷惑をかけないよう…たった一人で…!」

絵里「そんな…」

ことり「…」

ダアッ

ピッ

ポロロロロ…

穂乃果(またテレポート…)
481: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:34:19.86 ID:lg1GPNER.net
にこ「そんなの…おかしいじゃない!」

花陽「救急隊が来ました!」

「危ないからどいて!」

「君達も避難を!」

絵里「………行くわよ」

希「そうやね…」

ダアッ

バシイ

ドターン

ガシッ

ポロロロロ…

ゼットン…

凛「馬乗りに…」
482: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:36:06.25 ID:lg1GPNER.net
真姫「穂乃果!しっかりして!」

花陽「穂乃果ちゃん!」

ダアッ

クルッ

ドターン…

ポロロロロ…

凛「…!」

穂乃果(決める!)

スッ

ビッー

シビビビビ

!?

ビッー

バシイ

穂乃果(え……?)
483: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:42:48.49 ID:lg1GPNER.net
ことり「穂乃果ちゃん!」

グラ…

ドターン………

絵里「そ、そんな…」

海未「穂乃果ぁ!死んではいけません!立つのです!あなたが死んでしまったらμ'sはどうなるんですか!?」

凛「頑張って!」

真姫「立つのよ!穂乃果!」

穂乃果(あれ…?どうして倒れてるの…?)

穂乃果(やだなあ…みんなどうして泣いてるの?)

穂乃果(あれ…意識が…)

ブウウウウ

絵里「あれは!?」

にこ「赤い玉が…穂乃果を…」

スウ…

ゾフィー(ウルトラマン…目を開け!さあ!私と共に帰ろう!)

マン(まだゼットンを倒せていない…)

ゾフィー(ウルトラマン…勝てる見込みはあるのか?)
484: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:46:36.01 ID:lg1GPNER.net
マン(分からない…ただこのまま帰るわけにはいかない!)

マン(この者たちを…地球を守らねば!)

マン(兄さん…命を…穂乃果くんに分けてくれ!)

ゾフィー(そんなことをしては貴様が死ぬぞ!)

マン(構わない…ただ私は!穂乃果くんを死なせることは出来ない!)

ゾフィー(命は…)

ゾフィー(これは…?)

だって可能性感じたんだ…

そうだ進め…

後悔したくない。目の前に…

僕らの道はある…
485: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:50:11.41 ID:lg1GPNER.net
ゾフィー(これは…彼女たちの歌?)

マン(彼女たちの…μ'sの歌には生命エネルギーがある!)

マン(なんとかそれを命に出来ないか!)

マン(3分で…いや、1分でいい!)

マン(ゾフィー!)

ゾフィー(…分かった…待て…)

前向こう!上を向こう!

誰かを待たないで!

今行こう!早く行こう!

どこでもいいから

ゾフィー(…1分だ…それ以上は…)

マン(助かる!)

ゾフィー(それでは穂乃果くんを分離しよう…)

プワワワワ…

マン(最後だ!)
486: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:51:55.03 ID:lg1GPNER.net
シュワッ

シュインシュイン

ダアッ

ピコンピコンピコン…

海未「う、ウルトラマン…」

ことり「!穂乃果ちゃん!」

絵里「穂乃果!しっかりして!」

穂乃果「絵里…ちゃん?」

海未「ウルトラマンが!また!」

穂乃果「ウルトラマン…」

ダアッ

バシイ

ゼットン…
487: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:54:57.25 ID:lg1GPNER.net
マン(スペシウム光線が当たれば勝てるはずだ!)

ダアッ

ポロロロロ…

ゼットン…

穂乃果「ウルトラマン…」

穂乃果「ウルトラマン!ファイトだよ!」

海未「頑張って下さい!」

ことり「ウルトラマン!」

花陽「勝ってください!」

真姫「負けないでよ!必ず!」

凛「頑張って!行けるにゃ!」

にこ「勝つのよ!絶対勝つのよ!」

希「ウルトラマン!」

絵里「頑張って!必ず!」
488: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 02:59:08.80 ID:lg1GPNER.net
穂乃果「!?」

海未「私達から…」

ことり「光が…」

シュインシュイン

真姫「1つになる!」

プワワワワ

ダッダッダッ

ガシッ

マン(KiRa-KiRa......)

「「Sensation!!」」

グルン

ポイッ

ビッー

バシイ

ボカーン…
489: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 03:01:44.10 ID:lg1GPNER.net
ピコンピコンピコン…

穂乃果「…!勝った!」

マン(…!)

シュイン

穂乃果「え!?」

海未「穂乃果!?」

ことり「穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「私、吸い込まれる!」

シュイン

マン(申し訳なかった…私は星へ帰る…)

穂乃果(そんな…謝らないでよ!)

マン(最後に1つ、願いを叶えてやろう…)
490: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 03:04:50.42 ID:lg1GPNER.net
穂乃果(ね、願い?)

マン(最後だ…君のためを…そして彼女たちを想って…!)

穂乃果(…なら…)

穂乃果(みんなの…)






穂乃果「卒業式…おめでとう」

絵里「ありがとう、穂乃果」

絵里「本当にあなたには夢を見させてもらったわ」

穂乃果「あれはみんなの力だよ…」
491: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 03:07:39.17 ID:lg1GPNER.net
ガチャ

希「穂乃果ちゃん!さっきの送辞は…反則やん…」

穂乃果「あはは…」

にこ「そうよ…」

穂乃果「にこちゃんも…」

穂乃果「ありがとう!こちらこそ…」

にこ「あんたがお礼言うんじゃないわよ…」

希「うちらはこれで引退…」

絵里「ラブライブも優勝して…私達は未来をつかんだ!」

にこ「でも何か心残りがあるわ…」
492: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 03:10:51.68 ID:lg1GPNER.net
にこ「あんた、なんかした?」

穂乃果「ううん…何も…」

希「うちも…その…光になった気がする…」

穂乃果「…気のせいだよ…」

絵里「…ありがとう…私達はこれで…」

ガチャ

バタン

穂乃果「これでいいんだ…」

穂乃果「胸に、つけてる…」

穂乃果「マークは流星…」

ウルトラマンに関する記憶は私しか残っていません。みんなはラブライブに向けて夢を見て、そして叶えただけ…

穂乃果「叶え…みんなの夢……!!」
493: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 03:13:02.21 ID:lg1GPNER.net
最終回終了です…
初SSとあって全然下手くそでしたけどここまで読んでくださって誠にありがとうございます!

次回作はよければ書きます…(セブンかティガで迷ってますが…)

それでは重ねて、ありがとうございました!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「...ベータカプセル......?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。