絵里「見て海未、花火が綺麗」

シェアする

絵里-アイキャッチ25
1: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:31:22.56 ID:i4MvrJEY0
絵里「こんばんは、海未」

海未「はい、こんばんは」

絵里「残念ね。せっかくの夏祭りなのに2人でしか来られなくて」

海未「仕方ないですよ。みんな明日からだと思っていたんでしょう?」

絵里「うん、スケジュールがあわなかったらしくて」

海未「ならみんなの分も2人で楽しみましょう。明日もお祭りはあるんですし」

絵里「ふふっ、そうね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405092682

元スレ: 絵里「見て海未、花火が綺麗」

スポンサーリンク
2: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:32:48.95 ID:i4MvrJEY0
海未「絵里の浴衣、綺麗ですよ」

絵里「あらうれしい。海未も似合ってるわ」

海未「ありがとうございます」

絵里「お世辞だけど」

海未「えっ」

絵里「なんてね。本当に似合ってるわ」

海未「もう、驚かさないでください」

絵里「落として上げるっていうのがいいって聞いたから」
3: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:34:49.47 ID:i4MvrJEY0
絵里「……それにしても人が多いわね」

海未「そうですね。初日だからでしょうか」

絵里「海未、はぐれないように手を繋ぎましょ」

海未「あ……はい」

海未「……緊張します」

絵里「そう? 手を繋ぐの嫌?」

海未「い、いえ! そういうわけではないんです」

絵里「では、お手をどうぞ」

海未「……はい」
4: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:37:09.96 ID:i4MvrJEY0
絵里「最初は何か食べる?」

海未「ええ、そうしましょうか」

絵里「何がいいかしら……たこ焼き、焼きそば、綿あめ……ハラショー! チョコバナナがあるわ!」

海未「それにしますか?」

絵里「好きなものは最後に取っておくタイプだから、今は我慢」

海未「なるほど。では焼きそばにしますよ?」

絵里「うん。海未に任せる」
5: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:39:26.32 ID:i4MvrJEY0
絵里「ふー、ふー……はい、あーん」

海未「えっ!?」

絵里「ほら、早く食べないと私が食べちゃうわよ?」

海未「いや、あの……人前ですし」

絵里「海未は食べてくれないのね、しくしく」

海未「た、食べますよ! 食べますから!」

絵里「ありがとう。あーん」

海未「あーん……んむ」

絵里「どう?」

海未「……顔が熱くてよくわかりませんね」
6: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:41:42.21 ID:i4MvrJEY0
絵里「じゃあ今度は海未の番よ」

海未「え、まさか……」

絵里「うん。あーん」

海未「……わかりました」

絵里「あー」

海未「ま、待ってください。ふーふー、あーん」

絵里「ん……おいしい」

海未「それはよかったです」

絵里「海未って食べさせるの上手ね」

海未「それは褒め言葉ですか?」

絵里「うん」
7: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:43:23.06 ID:i4MvrJEY0



絵里「よーし、射的をやってみようかしら」

海未「射的ですか?」

絵里「今日はなんとなく、狙いが定まるような気がするの」

海未「そうですか」



絵里「……ダメだった」

海未「落ち込まないでください……そうだ、私がやってみますよ」

絵里「いいの?」

海未「はい」
8: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:45:39.69 ID:i4MvrJEY0
海未「……ここっ!」

絵里「あっ、すごい! 1つ倒した!」

海未「あともう1つ……これですね!」

絵里「すごいすごい! また倒れた!」

海未「……もうこれでいいでしょう」

絵里「え? あと2発残ってるわよ?」

海未「もう十分ですよ。それに弓と違って集中力が続きません」

絵里「うふふ、かっこいい」

海未「ありがとうございます……なんとなく照れくさいですね」
9: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:48:26.32 ID:i4MvrJEY0
絵里「次は金魚すくいをやってみたいの。いい?」

海未「ええ」

絵里「じゃあ……ここの金魚すくいにするわ」

海未「ふふ、では私もやりましょう」

絵里「どっちが多くとれるか勝負よ!」

海未「臨むところです」
10: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:50:39.10 ID:i4MvrJEY0



絵里「か、勝ったぁ……」

海未「4匹ですか……絵里はなかなかセンスがありますね」

絵里「そう? でも海未も3匹とってるわよ?」

海未「それでも腕が落ちています。以前は7匹や8匹くらい軽くすくえました」

絵里「へー、すごい」

海未「あ、さっき射的で落としたキャラメル、食べますか?」

絵里「うん」
11: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:54:17.80 ID:i4MvrJEY0
海未「絵里、ヨーヨーすくいがあります」

絵里「また勝負する?」

海未「はい」

絵里「くすくす、海未って案外負けず嫌いなのね」

海未「う……そんなつもりでは……」

絵里「いいわ。その勝負、受けて立ちます」

海未「ふふ、ありがとうございます」
12: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:55:30.11 ID:i4MvrJEY0




絵里「あー、負けたぁ」

海未「私もまだまだです。たった2個とは……」

絵里「私なんか1つもとれなかったー」

海未「では1つプレゼントしますよ」

絵里「ありがとう、海未。なんだかもらってばかりね」

海未「いえいえ、これくらい大したことありません」
13: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:57:44.59 ID:i4MvrJEY0
海未「あ、どうやら花火が始まるみたいですよ」

絵里「そうみたいね。みんな集まってるし」

海未「行ってみますか?」

絵里「うん」

海未「……こういう時はああいう山の方へ上った方が見やすいんじゃないでしょうか」

絵里「そんなに見たいんだ」

海未「え、あ、そういうわけでは……」

絵里「いいのよ。行きましょ」

海未「……はいっ」
14: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 00:59:37.29 ID:i4MvrJEY0



絵里「このあたりまでくればいいんじゃない?」

海未「はい。周りには誰もいませんし、絶好のポイントだと思いますよ」

絵里「誰もいない、か……」

海未「絵里? どうしました?」

絵里「……よし」

海未「?」
15: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:01:12.45 ID:i4MvrJEY0
絵里「もし今日、実は私が海未以外を誘ってなかったとしたら、どうする?」

海未「え?」

絵里「海未と2人きりになりたくて、こうして夏祭りに来たとしたらどうする?」

海未「そ、それは……」

絵里「それは?」

海未「……」

絵里「なーんてね、冗談よ」

海未「なんだ……冗談でしたか」
16: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:02:54.32 ID:i4MvrJEY0
絵里「でも海未と2人きりになりたかったのは本当」

海未「どうしてですか?」

絵里「そこを言わせたいの?」

海未「ええ、気になります」

絵里「もう、鈍感なんだから……」

海未「よく言われます」

絵里「誰に?」

海未「絵里にですよ」
17: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:04:51.10 ID:i4MvrJEY0
絵里「もう、意地悪なんだから……」

海未「そのいじわるというのがよくわからないのですが……」

絵里「私、好きなものは最後にとっておくの。大事にしたいから」

海未「はい、先ほど言っていましたね」

絵里「その好きなものっていうのは……」

海未「あぁ、花火ですか」

絵里「……」

海未「え」
18: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:07:18.13 ID:i4MvrJEY0
絵里「まあ普通だったら花火の上がる音に合わせて言ったりするんでしょうけど、私はそんな風なことはしたくないの」

海未「何の話ですか?」

絵里「ほら、こんなに鈍い海未なんだから聞き逃すにきまってるもの」

海未「?」

絵里「じゃあ花火が上がる前に教えてあげる」




絵里「私は海未のことが好きよ」
19: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:08:58.14 ID:i4MvrJEY0
海未「……」

絵里「何も言わないの?」

海未「いえ、急で……あの、信じられないというか」

絵里「あら、両想いになれたかと思ってたのに」

海未「は、はい! もちろんそうですよ!」

絵里「んー? ちゃんと言ってほしいわねー」

海未「は、はい……」




海未「私は、その……絵里のことが好きです」
20: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:10:23.82 ID:i4MvrJEY0
絵里「うん、ありがと」

海未「……いつからですか?」

絵里「わかんない。気づいたときにはもう、好きになってた」

海未「そうですか……私と同じですね」

絵里「そうなんだ」

海未「はい」

絵里「……なんだかあっけない感じ」

海未「はい。本当にそう思います」
21: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:11:49.19 ID:i4MvrJEY0
絵里「もしかしたら夢なのかもしれないわ」

海未「……かもしれませんね」

絵里「確かめてみたいんだけど……いい?」

海未「はい、構いません」

絵里「あら、鈍感なのにそう言うところはわかっちゃうのね」

海未「そういうところはわかります」

絵里「ムードってやつ?」

海未「はい」
22: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:13:33.12 ID:i4MvrJEY0
絵里「好きよ、海未」

海未「私も好きです、絵里」

絵里「んっ」

海未「……っつ」

絵里「いたた……」

海未「歯をぶつけてしまいましたね」

絵里「……キスって難しい」

海未「そんなものじゃないんでしょうか」

絵里「むむ、やけに大人っぽい」
23: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:15:58.69 ID:i4MvrJEY0
海未「夢を見ている気分ですから」

絵里「うまく例えたつもり?」

海未「これが私の精一杯の背伸びです」

絵里「ふふ――――――――あ、花火上がった」

海未「もうそんな時間ですか」

絵里「見て海未、花火が綺麗」

海未「絵里の方が綺麗ですよ」

絵里「……ありがと」
24: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:17:17.84 ID:i4MvrJEY0



絵里「すごかったわね。花火」

海未「ええ、素敵でした」

絵里「まあ山を下るのは少し大変だったけど」

海未「すみません」

絵里「ううん、楽しかったからいいの」

海未「そう言ってもらえる時が楽です」
25: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:19:01.57 ID:i4MvrJEY0
絵里「ねぇ海未、その射的でとった線香花火、ここでやってみない?」

海未「……そうですね。持って帰っても使う機会はなさそうですし」

絵里「じゃあ決まりね。ぴったり2本だし……」

海未「勝負ですか?」

絵里「ええ、勝負よ。先に落とした方が負け」
26: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:21:03.17 ID:i4MvrJEY0


「絵里」

「何?」

「この時間がずっと続けばいいとは思いませんか?」

「そうねぇ……私は嫌かも」

「どうしてです?」

「この中腰の姿勢がつらいから」

「ふふ、そうですか」
27: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:22:29.79 ID:i4MvrJEY0
「もちろんそれだけじゃないわ」

「ではどんな理由ですか?」

「……時間は過ぎるから意味があるのよ。永遠にあってはいけないの」

「なるほど」

「それに、短いからこそこうして楽しもうとしてるわけでしょ?」

「儚さも大切、というわけですね」

「そういうこと」



28: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:23:54.99 ID:i4MvrJEY0
絵里「あ、落ちちゃった」

海未「私のもです」

絵里「引き分けね」

海未「引き分けですね」

絵里「明日はみんなで行きましょう。ちゃんと予定聞いてきたから」

海未「はい」
29: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:25:42.68 ID:i4MvrJEY0
絵里「だからこの時間だけは……ね?」

海未「はい。少ししかありませんが、その分大切な時間です」

絵里「もう1回キスしてみる?」

海未「やめておきましょう。今度はもっと練習してからです」

絵里「そうね。じゃあ手を繋いで帰りましょ」

海未「はい。私でよければいくらでも」

絵里「海未じゃなきゃダメなのよ」

海未「私も、絵里でないといけません」






     おわり
30: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/12(土) 01:26:29.18 ID:i4MvrJEY0
ぴったりこれで>>30や!
しっとりとした作品は初めてで難しかったっす

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
絵里「見て海未、花火が綺麗」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「見て海未、花火が綺麗」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。