真姫「別れ」

シェアする

真姫-アイキャッチ24
1: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 17:13:59.94 ID:uD15H3tAO
・地の文あり
・亀更新
・2作目(保険)


以上を踏まえて読んで下さればありがたいです

長くはしません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457684039

元スレ: 真姫「別れ」

スポンサーリンク
2: まきりんぱなは3年生です 2016/03/11(金) 17:34:01.66 ID:uD15H3tAO
いよいよ卒業式が明日に迫ってきた。


「もう…卒業しちゃうんだね」


瞳を伏せながら、花陽はぽつりと呟いた。私と凛は何を言うでもなく、ただ、その言葉の意味を噛み締めていた。


「まだ実感はわかないんだけどね」


困惑するように、また受け入れられないといった様子で笑った凛。

…私は何も言わない。言葉が出てこない。脳が認めない―



――ふと顔を上げると、窓から差し込む夕日の色と凛の綺麗な髪の毛が、不思議とマッチングしていた。

窓の桜と花陽が重なって見え、言葉を失った。
3: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 18:04:47.87 ID:uD15H3tAO
私は人生で一番密な3年間を過ごしてきた…と思っている。
今までが楽しくなかった、という訳ではないが、仲間と――μ’sとして過ごした日々は、私を、煌びやかで壮麗でそれでいて個性豊かな色に染めあげてくれた。

感謝…というと変なのかもしれないけど、私は間違いなく感謝している。


「寂しくなる…ね」

この仲間――もとい大切な友達に。
4: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 18:15:54.91 ID:uD15H3tAO
「それでも二度と会えなくなるわけじゃないんだし、そこまで悲しむことはないんじゃないの?」


強がって嘘を吐いた。

この感情を知られたくない。なぜなら……恥ずかしいから。


「真姫ちゃんはいつでも真姫ちゃんにゃあ~」


なんとか隠せたようだ。



……花陽の顔が上がらないのが気になる。
5: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 18:31:05.00 ID:uD15H3tAO
「………」


「…私ね、凛ちゃんと真姫ちゃんと同じ学年で本当に良かった」

花陽の目が光る。
直接顔は見ない。


「だからね…もう、当たり前のようにおはよう、って言ったり…話せたりできないんだって考えてしまうと…」

何かが頬を伝う。


「耐え…られなくて…」


花陽の頬を涙が伝った。凛の目も光っていた。


――なぜだか、私の口の中はしょっぱかった。
6: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 18:57:21.92 ID:uD15H3tAO

―――――――


歩くのは最後の帰り道。花陽が真ん中だ。


「今日ラーメンいこ~」


「いや急すぎでしょ…」

いつものことだが、一応ツっこんでおく。…このやり取りも
………

いや、やめておこう。


そうして私達は影を重ねながら、3人で鼻歌を歌いながら、いつものラーメン屋へ向かった。


見上げた空は、どこか憂いを帯びているように見えた。
7: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/11(金) 21:46:10.71 ID:uD15H3tAO

―――――


「「「ごちそうさまでしたーっ」」」



「やっぱり美味しいにゃあ~」


「そうだね」



幾らか気分も紛れ、私達には明るい笑顔が戻っていた。


「凛、あんまり食べると太るから食べ過ぎちゃだめよ」


「了解!」


これからは止める者がいなくなるので釘を差しておく。…まぁ、ビシッと敬礼してたし大丈夫だろう。


「花陽もね?」


「わ、わかってるよぉ」


花陽が心配だ。私は心の中で、フフっと笑った。
8: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/12(土) 10:21:21.54 ID:qdaAcIqAO

―――――


店の外に出ると、もうすっかり暗くなっていた。頬を撫でる夜風が気持ちいい。

「じゃあそろそろ帰ろうか」


なぜか心がズキッとした。


「そうだね。明日のためにしっかり休むにゃ!」


「ええ、そうね…また明日」


花陽達とは帰り道が反対なのでここで別れる。軽く手を振って歩き出した。


独りの夜道を。
9: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/12(土) 10:31:05.07 ID:qdaAcIqAO

「それでねぇ…」


「あはは」


だんだんと楽しそうな声が私から離れていく。


――なぜだか知らないが、後ろ髪を引っ張られるように振り返ってしまった。


「あ」


見るべきではなかった。彼女たちの楽しそうな姿は、忘れようとしていた――明日のことを思い出させたのだ。


「まっ…」


――待って




私を置いてかないで――
10: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/12(土) 10:37:05.96 ID:qdaAcIqAO

――やがて二人の背中は闇に消えていった。

私は…私は何も考えずに帰った。いや…何も考えたくなかった、というほうが正しいだろう。




私には――何人にも埋められない、心の穴がポッカリと空いていた――
11: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/12(土) 10:49:08.82 ID:qdaAcIqAO

――――――

「あら、お帰りなさい」


私はママの声を無視して、部屋に引きこもった。…ママも何かを感じ取ったのか、何も言ってこなかった。



バタンと。無造作に体をベッドへ投げ出した。


「…………」


私は猛烈な寂しさを感じていた。―さっきまで楽しくしていた友が、今、いない。


それは何とも形容し難いが…普段会えない従兄弟と遊んだあとの感覚に似ている。……我ながらよくわからない。



とにかく――この体を友達で満たしていたい。私を全て、友達で満たしていたい――



この、ポッカリ空いた穴も。
12: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/12(土) 11:01:08.54 ID:qdaAcIqAO

――卒業式、当日


私は安定していた。少なくとも、昨夜のように気持ちは乱れていない。


ただ――そわそわする。体が、脳が、ジッとしていることを拒んでいる。


まぁ、今日は答辞を言わなくてはいけないからそのせいもあるだろう。



――なんてことを車中で考えながら、学校へ向かった。


空は晴れていた――
13: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/12(土) 11:13:49.50 ID:qdaAcIqAO

「おはようっ」


花陽の太陽のような笑顔が覗いた。私も、自然とあたたかい気持ちになった。


「おはようにゃっ!」


凛には元気を貰った。凛の笑顔が、私の背中を押してくれるような気がする。



「花陽、凛。おはよう」


そう言った私の顔には笑顔が広がっていた。


私達は変に気分が高翌揚しながらも、三人でしばらく笑いあった――
21: >>20ありがとうございます 2016/03/13(日) 11:42:11.89 ID:IvG/wgZAO
――――――――
22: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 12:01:30.19 ID:IvG/wgZAO
「ご卒業おめでとうございます」


理事長の言葉によって卒業式が始まった。…廃校を阻止しなかったら、最後だったはずの卒業式だ。
それが…こんなに後輩達が、私達の門出を祝って、悲しんでくれている。


いわば、私達が繋いできた“希望の子”たちだ。
私達がやってきたことが、これに繋がったのだ。


……………


来訪挨拶を聞きながら、3年間を振り返ってみると……鮮烈で色褪せない思い出が走馬灯のように頭の中を踏みしめる。

初めてできた友達。大好きだった音楽。μ’sとしての輝かしい毎日。


それらが全て組み合わさって、今の私があるのだ。



大切な友に囲まれた――この私が。
23: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 17:23:18.94 ID:IvG/wgZAO
チラリと花陽達の様子を伺ってみる。

フフっ、花陽ったら、あんなに背筋張って緊張し過ぎね。
…凛は欠伸してるけど。




「それでは、在校生からのお別れの言葉です」


現生徒会長の雪穂が前に出てきた。


雪穂は本当に“生徒会長”という重い役目を、弱音を吐かずに頑張っていると思う。

…もしかしたら姉の穂乃果より頑張っているかもしれない。

うん、前生徒会長の私が言うんだから間違いないわ。


そう思いながら雪穂の凛々しい顔を見つめると、ニコっと微笑んでくれた。



彼女の微笑みは、私に安心感とやり切った、という充実感をもたらす。



「これからも、未来へ向かって、羽ばたいて行ってください。…平成××年×月××日」


「卒業からのお別れの言葉です。卒業生代表、西木野真姫さん」



はいっ、と返事する。…高まる気持ちを抑えながら。


雪穂達の想いをしっかりと繋がなくてはならない。



ゆっくりと私は壇上へ上がった。
24: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 17:29:52.67 ID:IvG/wgZAO
いざ壇上へ上がると、空気が全然違うことに気付いた。
椅子に座っていたときは感じなかったが、肌がピリピリする。


それに――ここだと全員の顔が見渡せる。

緊張した花陽。珍しくシャキッとした凛。羨望の眼差しを向ける雪穂達。



それらを全て受け止め、ゆっくりと語りかけるように喋りだした。
25: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 17:57:58.25 ID:IvG/wgZAO

――――――


「私が一年生のとき…この学校は廃校の危機にありました」

「知っている人も多いと思いますが、私達は“スクールアイドル”として廃校阻止するために活動してきました」


「以前の私は…“仲間”というものとは縁が無い生活を送っていました」



「しかし、今は違います」


「私は今、最高の仲間達に囲まれています」


「私を変えてくれたのは…μ’sと…そして、この学校です」

「私は音ノ木に入学して、そしてここで過ごすことができて、本当に良かったと思います」
26: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 18:02:22.00 ID:IvG/wgZAO

「今、ここで言いたいことがあります」

「私は…音ノ木が、大切な仲間達が、…そして私をここまで見守り、育ててくれたパパとママが…」

息を吸い込む











『大好きですっ!』

不意に涙が伝った。
27: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 18:12:03.24 ID:IvG/wgZAO
―――――


在校生の見送りも終わり、私達は校門前まで来ていた。


「いや~真姫ちゃん…あそこであんなこと言うなんて…泣かせるにゃ…」


「ほんとだね。普段あんなこと言わないからびっくりしたよ~」


「もう、その話はいいじゃない!」


改めて言われると恥ずかしい。



「もう…本当に最後…だね」


私達はそれぞれ別の大学へ行く。未来へ向かって。



「もう…こんなときまで泣くのはなしよ?」


「こんなときにこそ、泣くんだにゃあ」

「…まったく」


三人の目に涙が浮かんだ。

凛と花陽は泣いているが、私は涙を流さない。
28: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 22:46:03.52 ID:IvG/wgZAO
不意に花陽が近づいてくる。


「っ~~~!」


いきなり花陽が抱きついてきた。首の斜め後ろですすり泣く音が聞こえる。

「凛も~」


…凛まで抱きついてきた。そして――結果的に三人で抱き合う形になってしまった。

…嫌では、ない。



「っす…ぐすっ…」

「真姫ちゃん…本当に今までありがとうね」


まるで今生の別れのように、花陽は言った。


「凛も…三人で過ごせて、とても楽しかった」


そう言われたら、抱きしめられる力が強まった。

私も、それに応じる。


「もう二人ったら…ほら、泣き止んで?」

あくまで冷静に返すが、頭の中は大洪水だった。目は氾濫しそうだった。


「真姫ちゃあああん」




私が…こんなことで…泣かない…んだから…




堰が崩れた私の目からは、大粒の涙が流れていた。
29: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 22:52:05.01 ID:IvG/wgZAO

――十分ほどたっただろうか。三人の目はすっかり赤くなっていた。


別れが近づいて、くる。


私は言おうと決めた。今まで表に出さなかった、この想いを。

伝えられなくなってしまう、前に。
会えなくなってしまう前に。
30: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 22:57:46.82 ID:IvG/wgZAO
「…花陽」


そっと、話しかける。花陽はキョトンとしている。


「私はあなたと会えて…その…とても、充実した日々を過ごせた。」


「全てあなたのお陰よ?」


花陽は黙って聞いている。



「だから…」






「ありがとう」


「…うんっ!」
31: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 23:03:05.42 ID:IvG/wgZAO
「凛」


「………」


「私は…あなたのお陰で明るくなれたわ。あなたのその、はじける笑顔でね」


凛は頬を赤くして、上目遣いでこっちを見る。……照れてる?


「凛と会えなかったら、いつまでたっても私は暗いままったわ。」







「…ありがとう」


「こちらこそだよっ!」
32: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 23:21:15.69 ID:IvG/wgZAO
それからしばらく、三人で笑いあった。

心が温かくなり、何か、三人の中で“つながり”みたいなものが出来たと感じた。


心が繋がりあってると、感じることができた。



ポッカリ空いた心の穴も、すっかり、温かいもので満たされていた。


そして私達は新たな一歩を踏み出す。眩しい未来へ向かって。


――誰もが輝ける、未来へ向かって。





~~Fin~~
33: ◆aujQ5B6q.2XT 2016/03/13(日) 23:23:13.99 ID:IvG/wgZAO
これで終わりです。

2作目ということで、これからの参考にしたいので意見があれば、是非お願いします。m(_ _)m

ありがとうございました。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「別れ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「別れ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。