海未「最高で最低のプレゼント」

シェアする

海未-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 01:56:19.02 ID:Y4x1LQY7.net
駄文多く含む、ほのうみ、即席注意、ドロドロ注意

元スレ: 海未「最高で最低のプレゼント」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 01:57:04.93 ID:Y4x1LQY7.net
海未「穂乃果、ことり、そろそろ帰りますよ」

穂乃果「あ……ご、ごめんね!今日は用事があるから……一緒に帰れないんだ」

海未「え?あ、そうでしたか……では、ことりは?」

ことり「ことりも、ちょっとバイトの方でお呼び出しされちゃって……」

海未「あ……そう……ですか」

穂乃果「ご、ごめんね!!海未ちゃん!!」

海未「……だ、大丈夫です」

海未「私に気にしないで用事を済ませてください」ニコッ
3: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 01:59:39.36 ID:Y4x1LQY7.net
海未「……」トボトボ

海未「……私よりも大事な用事なんですね」

海未「忘れちゃったんでしょうか……」

海未「今日は私の誕生日ですよ?」

海未「……毎年、私の家でケーキとかプレゼントとか……」

海未「お泊り会ではしゃいでいたのに……」

海未「うぅ……し、しかし……用事なら仕方ないですよね……」

海未「うぅぅ……」
5: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:03:48.14 ID:Y4x1LQY7.net
絵里「それでここに来たわけね」

海未「はい……」

絵里「流石に心配しすぎじゃないの?」

海未「だと思います」

絵里「なら」

海未「ですが!」

海未「ですが、この胸にあるモヤモヤな気分はなんなんですか?」

絵里「え?」

海未「穂乃果も、ことりも……私を置いて何処かに行ってしまった」

海未「でもそれは用事があるから……そんなことはわかってるんです」

海未「だけど……モヤモヤするんです」

絵里「……海未」
8: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:11:01.21 ID:Y4x1LQY7.net
海未「私は何かの病気でしょうか」

海未「ただ、この胸の痛みと涙が止まらないんです……」

絵里「はぁ……病気なら真姫に聞きなさいよ」

絵里「それに残念ながらそれは私は治すことはできないわ」

海未「……原因とかわかりますか?」

絵里「……わかるわ」

海未「な、なら教えてください!!」

海未「辛いんです!締め付けられるような苦しみが……」

絵里「その原因ならあなたが一番理解しているはずよ」

海未「……どういうことですか」

絵里「……本当にわからないの?」

絵里「呆れた。いいわ、教えてあげる……」

絵里「あなたは二人が好きなの」

絵里「二人好きで、今どちらも自分の手から離れていってしまった」

絵里「自分が甘えられる唯一の日に二人がいないんじゃね」

海未「……」
10: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:29:27.44 ID:Y4x1LQY7.net
絵里「でも、二人も好きなんてひどい話よね」

海未「やはり、そうですか……」

絵里「本命は?」

海未「穂乃果です」

絵里「あら素直」

海未「穂乃果の明るいところ、皆を引っ張っていく姿そして何より」

海未「私に笑いかけてくるあの笑顔……」

海未「ですが、ことりはどうすれば……」

海未「私はことりも好きです」

海未「あの子の優しいところが大好きです……」

絵里「だけど好きなのは……愛してるのは穂乃果なのね」

海未「はい」
13: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:34:04.68 ID:Y4x1LQY7.net
絵里「まあ、今まで親友で3人仲良くしていたんだもんね」

絵里「それを突然親友二人から選べなんて無茶難題よね」

海未「……はい」

海未「……私はことりも穂乃果も好きです」

海未「その中で……苦労して考えて……」

海未「穂乃果が一番好きで愛してるという結論になりました」

海未「ですが……多分、ことりも穂乃果の事が好きなんです」

絵里「あらぁ、複雑ね」
15: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:42:55.86 ID:Y4x1LQY7.net
海未「すいません、やっぱり帰ります」

絵里「大丈夫?無理するもんじゃないわよ」

海未「平気です。割と楽になりましたんで」

絵里「海未、あなたは自分に素直になったほうがいい」

絵里「そして、穂乃果を選ぶのだったらことりを……」

絵里「ことりを選ぶなら穂乃果を諦めなさい」

海未「……私は……私は、穂乃果を……」

絵里「……涙は流しちゃダメよ」

絵里「あなたはその道を選んだんだから」
16: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:46:09.76 ID:Y4x1LQY7.net
海未「……はぁ」

海未「こういう時、穂乃果はどんなことを言ってくれるでしょう?」

海未「いつもみたいにファイトだよっでしょうか?」

海未「ことりなら一緒に考えてくれるでしょうか」

海未「……私はどうすればいいんですか?」

海未「苦しいです……穂乃果……ことり……」
17: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:50:28.16 ID:Y4x1LQY7.net
海未「……ん」

海未「少し……寝てしまったようですね……」

穂乃果「あ、おはよう!海未ちゃん♪」

海未「え?穂乃果?」

穂乃果「うん!どうしたの?」

海未「え?ど、どうして私の家に……え?今、膝枕……」

穂乃果「いやーいくら呼んでも返事ないからさー……」

穂乃果「お邪魔しちゃった♪」

海未「……お、お邪魔しちゃったって……」

穂乃果「まーまー!」

穂乃果「それより、海未ちゃん」

海未「あ、はい」

穂乃果「起きたならどいてもらえるかなぁ……足痺れちゃった」

海未「す、すいません!!」バッ
18: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:53:24.01 ID:Y4x1LQY7.net
穂乃果「いやぁ~家の用事が急に入ってきたけどすぐに終わってよかったー!」

海未「あ、そうだったんですね」

穂乃果「そー……急遽、おまんじゅうをたくさん作らないといけなくなっちゃって」

穂乃果「雪穂と一緒にお父さんに怒られながらやってたよぉ……」

海未「ふふ、穂乃果達らしいですね」

穂乃果「えへへ♪」
19: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 02:57:21.21 ID:Y4x1LQY7.net
穂乃果「ねえ海未ちゃん」

海未「なんですか?」

穂乃果「どうして、そんな悲しそうな顔してるの??」

海未「!」

穂乃果「……用事でお誕生日お祝いできないから?」

海未「違います」

穂乃果「じゃあ」

海未「辛い……苦しいことを考えてまして」

穂乃果「作詞の事?」

海未「……そんな感じです」

穂乃果「あー……それは手伝えないかもぉ……」
20: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:01:16.50 ID:Y4x1LQY7.net
海未「穂乃果、参考まででいいんです」

海未「もし、あなたに好きな人が二人いました」

海未「その二人は同じくらいあなたは大好きです」

海未「ですが、必ず一人だけしか選べません」

海未「そんなとき、あなたはどうしますか?」

穂乃果「うーん……難しいね」

海未「はい」

穂乃果「でも、穂乃果はその人たちの事が大好きでも」

穂乃果「その人たちが穂乃果の事が大好きってわけじゃないかもよ」

海未「いえ……多分、二人ともあなたの事が好きです」

穂乃果「そっか♪」
21: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:12:18.94 ID:Y4x1LQY7.net
穂乃果「なら、穂乃果は二人選びたい」

海未「……聞いてましたか?」

穂乃果「うん、必ず一人だよね?」

海未「はい」

穂乃果「本当に好きな人なら穂乃果はずっとずっと傍にいたいな……」

穂乃果「でも、穂乃果にも好きな人がいる」

海未「……」

穂乃果「いつも優しくてね、時々見せるかっこ悪いところがまた可愛いの」

海未「……そう、ですか」ズキッ

穂乃果「でもね」

穂乃果「私が迷ったとき。必ず、傍にいてくれる」

海未「……っ」ズキズキ

穂乃果「必ず、一緒に悩んでくれる」

海未「穂乃果」ズキッ

穂乃果「必ず……私の名前を呼んでくれる」スッ

海未「え……」
22: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:18:52.48 ID:Y4x1LQY7.net
穂乃果「海未ちゃん、穂乃果はね。海未ちゃんの事大好きなんだよ?」

海未「ほの……」

穂乃果「ずっとずっとずーっと前から!」

穂乃果「μ'sを結成したときも海未ちゃんと一緒に踊れて嬉しかった」

穂乃果「もちろん!ことりちゃんがいたこともすっごい嬉しいよ!」

穂乃果「でもね……穂乃果、知っちゃったんだ」

海未「え?」

穂乃果「ことりちゃんもね、海未ちゃんの事好きなこと」

海未「そんな……」
23: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:22:50.29 ID:Y4x1LQY7.net
穂乃果「ことりちゃんは大親友だよ?仲間だし……家族みたいなもの……」

穂乃果「だけど、海未ちゃんは渡したくないの!」

海未「……」

穂乃果「ごめんね……ワガママで」

海未「いつもじゃないですか……」

穂乃果「うん……」

穂乃果「海未ちゃんは……多分、嫌だよね」

穂乃果「相手が女の子って」

海未「そんな」

穂乃果「ごめんね……穂乃果、帰るね」

海未「ま……」

海未「待ってください!」ガシッ
24: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:29:02.33 ID:Y4x1LQY7.net
海未「私の返事も聞かないでどこに行くんですか」

穂乃果「嫌だよ……聞きたくないよぉ……」

穂乃果「もし、YESでも穂乃果はことりちゃんを裏切るんだよ?」

穂乃果「だけど、NOだったら……立ち直れないよ……」

海未「……そう、ですね」

海未「多分、ことりがいたらもっと気まずいですよね」

海未「でも、私はあなたが好きなんです」

海未「私はあなたとだからμ'sに入りました」

海未「私の隣にはあなたがいてくれないと……ダメなんです」
25: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:36:03.43 ID:Y4x1LQY7.net
穂乃果「海未ちゃん……」

海未「ごめんなさい。穂乃果……」

穂乃果「本当だよ……どういう顔してことりちゃんに会えばいいの?」

海未「ごめんなさい」

穂乃果「裏切り者だよ……」

穂乃果「泥棒だよ……」

穂乃果「悪者だね……」

海未「ごめんなさい……でも、愛しています」ギュッ

穂乃果「……うぅっ、うわぁぁぁぁぁ」ギュウッ

海未「……最高で……最低のプレゼントですね……穂乃果」ギュウ
26: 名無しで叶える物語(薔薇の都リリン)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 03:46:38.61 ID:Y4x1LQY7.net
絵里「本当にこれでよかったの?」

ことり「うん」

絵里「……強いわね」

ことり「そうかな?……ことりは強くないよ」

絵里「……いいえ、あなたは強い」

絵里「強すぎるのよ」

ことり「……」

絵里「泣きたければ泣きなさいよ」

ことり「泣かないよ」

ことり「大丈夫、ことりは二人の為にいつまでも籠の中から歌うの」

絵里「……」

ことり「二人に聞こえなくても……静かに力強く」


ことり「愛してるって」

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「最高で最低のプレゼント」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。