にこ「その花びらに込められた意味」

シェアする

にこ-アイキャッチ44
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 01:52:28.78 ID:EwPmI8DM.net
のぞにこで書き溜めてあります

元スレ: にこ「その花びらに込められた意味」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 01:53:19.07 ID:EwPmI8DM.net
にこ「あれ、希じゃない。登校中に合うなんて珍しいわね」

希「あぁにこっち、おはようさん。ちょっと寄りたいとこあったんよ」

にこ「へぇ、それでいつもと違う道通ってるんだ。あ、なんか肩についてるわよ」ヒョイ

希「あらら、花びら…くっついとった?」

にこ「うん。これは…桜?朝から桜見に行ってたの?」

希「んー…秘密♪あ、その花びら…にこっちにプレゼントするわ!じゃ!」タッタッタ

にこ「花びらプレゼントって…え、ちょっと待ちなさいよ!一緒に行かないの!?」
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 01:54:49.25 ID:EwPmI8DM.net
にこ「むう…本当において行きやがったわ」

にこ「桜の花びら…なんでそんなもの渡してきたのかしら」

にこ「希の事だから何かあるんじゃないかって思うけど」

にこ「桜の花びら………」チラ

にこ「………考えすぎか。ただの気まぐれって事も十分あるわね」

にこ「あ、こんな時間だわ。早く私も学校向かいましょ」タッ
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 01:56:13.39 ID:EwPmI8DM.net
にこ「ついたついた。あれ、あそこに…」

にこ「ちょっと、希!このにこにーを置いていくなんてどういうつもり~?」ジト

希「え、あぁにこっち~。別にウチ、はよ学校行きたいっと思っただけやで?」

にこ「せっかく会ったんだし一緒に行こうと思ったのに…」

にこ「あ…なんか持ってきちゃったけど、この花びらどういう意味よ」

希「あぁ………意味なんて、特にないで?」

にこ「…あっそ、なら別に良いけど。それじゃ教室行くわ」

希「ほ、ほなな~」ヒラヒラ
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 01:58:41.55 ID:EwPmI8DM.net
にこ(希のあの反応…意味ありありって感じじゃない)

にこ(でも隠すって事は…直接聞いても口を割ることはなさそうね)

にこ(桜の花びら………桜ねぇ…)

にこ(とりあえず放課後にパソコンで適当に調べてみましょ)


キーンコーンカーンコーン


にこ(やっと終わったわね。早速部室に向かおう…)

にこ「桜………桜ねぇ」スタスタ

穂乃果「あっ!にこちゃん!おーい!」ブンブン
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:00:44.52 ID:EwPmI8DM.net
にこ「あぁ、穂乃果。奇遇ね、部室に行くの?」

穂乃果「ううん、その前に生徒会の仕事してくるよ!結構溜まっちゃってて…」エヘヘ

にこ「生徒会長なんだからしっかりしなさいよ…あ、そうだ」

穂乃果「?」

にこ「桜って言われて、なんか思いつくことってある?」

穂乃果「桜?桜………あ!桜餅!」ピーン

にこ「お菓子ね…うぅん…桜餅は特に関係してなさそうね」ムムム

穂乃果「あはは、穂乃果の家、和菓子屋さんだからそういうのしか思いつかなかったよー」

にこ「いや、ちょっと聞いてみただけだからいいの。仕事がんばりなさいよ」

穂乃果「うん!じゃあ、あとで部活でね~!」ブンブン
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:02:18.27 ID:EwPmI8DM.net
にこ「うぅん………わっかんないわねー…」カタカタ

ガチャ

海未「おや、にこ一人だけですか?」

にこ「ん?あぁ、海未。そうよーまだ誰も来てないわ」カタカタ

海未「そうですか。穂乃果を探していたんですけど…」

にこ「え?穂乃果なら部室来る前あったわよ。生徒会の方に行くってー」カタカタ

海未「え!それは本当ですか…!?てっきりどこかで遊んでいると思って、見つけていこうかと…」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:03:29.76 ID:EwPmI8DM.net
にこ「ははは、穂乃果にも真面目な日はあるみたいねぇ」カタカタ

海未「毎日真面目に過ごして欲しいんですけどね………にこは何をしてるんですか?」

にこ「ちょっと、調べものをね………桜の事なんだけど」カタカタ

海未「桜?開花予想や名所などですか?」

にこ「いや、桜が持ってる意味について知りたいんだけど…なかなかよくわからなくてね」ハァ

海未「桜が持っている意味、というと…花言葉とかそういったたぐいですかねぇ」

にこ「!あぁ、花言葉!そういやそんなのもあったわね。ちょっと調べてみようっと」カタカタ
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:05:08.73 ID:EwPmI8DM.net
海未「でも、なぜ桜のことを調べているんです?」

にこ「なーんかね、今朝、希にいきなり桜の花びらを押し付けられてね」カタカタ

にこ「理由を聞いたら変に隠すから調べてみようと思ったの…うわ、なんかいっぱい出たわね」

海未「そうですね、桜は種類によって細かく花言葉が決まっています」

にこ「え、海未って花とか詳しいの?」

海未「まぁ、作詞とかで結構役立つ時もあるので…それなりには」

にこ「そうだったのね。じゃあ…この桜が何の種類かわかる?ちょっと萎れちゃってるけど」

海未「見てみましょうか」チラ

海未「ん…?にこ、これは───…」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:06:48.50 ID:EwPmI8DM.net
ガチャ

希「やっほ~皆おる~?って………あれ?にこっちだけ?」

にこ「そうよ。皆は先に屋上に居るわ」

希「そっか。じゃあなんでにこっち部室におるん?屋上行こう?」

にこ「…あんたに話があるからよ」

希「………っ」ビクッ

にこ「あんたが今朝くれた花びら…なんか理由があるんじゃないかって思ったの」

希「だ、だから!あれは特に意味はないって言ったやん~!」

にこ「そうやって隠すから、色々調べたわ…まぁ、大体は海未のおかげだけど」

希「もうえぇから、練習いこ…?な…?」

にこ「よくないわよ。話は終わってない」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:08:36.14 ID:EwPmI8DM.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

海未「にこ、これは桜の花じゃありませんよ」

にこ「えぇ!?そうだったの?てっきり桜だと思ってたわ…」

海未「似ていますしね、間違えることも多いかと思います」

にこ「ずっと桜で調べてたのに…」ガックシ

海未「ははは…ほら、この花びらの先を見てください」

海未「先がまっすぐ尖っているでしょう?桜の花びらは先が割れているんですよ」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:09:39.97 ID:EwPmI8DM.net
海未「だからこれは桜ではなく…桃の花ですね」

海未「桃の花言葉は確か…『愛嬌』だったと思います」

海未「あ、あと桃太郎の物語にちなんで、『天下無敵』なんてのもあったかと」

海未「『愛嬌』で『天下無敵』って…なんだかにこっぽいですね」フフ
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:11:09.20 ID:EwPmI8DM.net
ガチャ

ことり「あ、海未ちゃんここに居たの~?探したよ」

海未「あ…すいません。穂乃果を探しているつもりが、探される側になってしまいました」

ことり「穂乃果ちゃん、今日はなんだかやる気が溢れてるみたいだから、生徒会室行こう?」

海未「そうですね、行きましょうか。にこ、すいませんが行ってきますね」

にこ「ありがとう海未。もう少し色々あるか調べてみるわ」

海未「えぇ、それでは」

ことり「にこちゃん、あとでね~」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:12:24.69 ID:EwPmI8DM.net
ガチャン

にこ「…まさか桃の花だったとはね~」

にこ「『愛嬌』に『天下無敵』…本当にこっぽい意味ね」

にこ「でも希のやつ…なんで隠したりしたのかしらね」

にこ「他に意味があったりして…」カタカタ

にこ「!」

にこ「これって…もしかして…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:14:07.57 ID:EwPmI8DM.net
にこ「あれ、桃の花なんだってね?海未に見てもらってやっとわかったわ」

にこ「桃の花言葉に『愛嬌』と『天下無敵』ってのがあるって教えてもらったわ」

希「そ、そうや…にこっちにぴったりやな~って思って渡したん!それだけ!」

にこ「…違うでしょ?本当にそれだけなら、隠す必要なんてないじゃない」

にこ「だから調べたわ。他の…桃の花言葉を」

にこ「そしたら出てきたのよ、もうひとつ」

にこ「自分で言うのもアレだけど…」

にこ「『私はあなたのとりこ』」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:16:24.10 ID:EwPmI8DM.net
にこ「ねぇ…なんでその意味を隠したの?いつものあんたなら軽く言えることじゃないの?」

にこ「今までの反応とかも見てると…希、あんたまるで…」

希「言わないで!…それ以上…行っちゃ…駄目や…」

希「駄目なんよ、はっきりさせたら、そこで……」

にこ「そこで?」

希「そこで…終わってしまうやん!今までが…今までの関係が!」

にこ「じゃあやっぱりあんた、本気で…にこの事が、好きなの?」

希「………うん」

希「ウチはにこっちの事が、好き。本当に本当に………」

希「好きになってもうたんよ」
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:18:27.09 ID:EwPmI8DM.net
にこ「……何で泣いてんのよ」

希「あたりまえやん…伝える気なんてなかったのに…まさかこんな形で…」

にこ「ずっと、隠す気でいたの?」

希「うん…だってそうやろ?ウチら見てみ?どっちも女の子やで」

希「女の子同士で仲いいってなると、普通のこと…」

希「でもウチの感情が、にこっちへの感情が、普通の友達でおさまりたくないっていうん…」

希「こんなんおかしい!って頭では分かってても、もうどうすることも出来ない大きさになってもうたん」

希「でも、伝えるわけにはいかない。今の関係を、壊すわけにはいかない」

希「なら…隠す以外に方法はないやろ?」ハハ
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:20:23.31 ID:EwPmI8DM.net
にこ「黙って聞いてりゃ………」トコトコ

希「やっ、にこっち、こっち来ちゃ」

にこ「黙ってそこに居なさい。動くんじゃないわよ」トコトコ

希「……っ」

にこ「希…しゃがんでもぐしゃぐしゃの顔はばれてるわよ」ズイッ

希「み、見んといてよ…もう、離れてよ…」

にこ「なんか、勘違いしてるようだから言っておくけど」

にこ「あんたが、私にどんな感情を持っていてもね」

にこ「私があんたを嫌いになる…友達をやめるなんて事は絶対にしないわよ」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:23:08.05 ID:EwPmI8DM.net
希「…ははは、にこっち、無理せんでええよ?」

にこ「無理なんかしてない」

希「気ぃ使ってるんやろ」

にこ「全部本心よ」

希「じゃあ…にこっちは、ウチのこと…好き?」

にこ「………好きよ。大好きよ。でもそれは…」

にこ「…あんたと同じ好きじゃないわ」

希「~~~っ!」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:24:28.30 ID:EwPmI8DM.net
にこ「ただしこれは今日までの話よ」

希「…えっ?」

にこ「正直、同性から恋愛感情を向けられたのなんて初めてだからね」

にこ「今だって凄く戸惑ってんのよ」

にこ「でもね、これからの私の気持ちなんて私にだって分からないの」

にこ「だから…答えが出るまで、考えたい」

にこ「もっとあんたと…希と向き合った上で、気持ちの行く先を知りたい」

にこ「こんなの、私のわがままだけど…少しの間、付き合ってもらっていい?」
22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:26:32.39 ID:EwPmI8DM.net
希「………うん」

希「しょ、正直、ウチの気持ちがばれたとき…」

希「にこっちに…っ、き、嫌われて…終わったって、思った、んよ…」

希「も、もう…っ近寄る、なっ…とか、言われ、るかと…っ」

にこ「そんなわけないじゃない…」

にこ「でも、ごめんね。希なりに考えて、隠してたことをこんな風に問い詰めて」

にこ「私って不器用だったみたい。こんなに泣かせるつもりは無かったの」

にこ「だから、その責任は取るわ。今はとりあえず…出すもの出しちゃいなさい」ギュッ

にこ「落ち着くまで、傍にいるから」

希「…うぅ、うぅっ……あ…ありが、とう…っ!」ギュ
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:28:50.44 ID:EwPmI8DM.net
にこ「…落ち着いた?」

希「う、うん…少しは…」ズズッ

にこ「そっか」サスサス

にこ「じゃあ、今ちょっと考えてみて…一つお願いがあるんだけど」

希「?」

にこ「とりあえず、あんたが見てた桃の花を見たいの。連れてってくれる?」

希「…うん、わかった。見よう、桃の花」
27: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 02:42:32.22 ID:EwPmI8DM.net
ちょっとついでに


ことり「あれ、なんだかにこちゃんと希ちゃん遅いねぇ」

穂乃果「ホントだ!確か部室には居たよね…呼んで来ようか!」

海未「いえ、それは大丈夫です」

穂乃果「えぇ?なんで?」

海未「2人は、急用が出来たそうで、今日の練習にはおそらく出られないかと」

穂乃果「そうだったんだ!じゃあしょうがないね~」


ことり「…ねぇ、海未ちゃん?海未ちゃんが連絡受けてる様子は無かったけど…」

海未「…色々あるんだと思います。きっと」

ことり「………そっか」
38: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:02:01.28 ID:EwPmI8DM.net
希「…練習、サボっちゃって平気なんかなぁ?」

にこ「平気も何も、あんたのその顔で行けると思うの?」

希「…行けない」

にこ「でしょ?だったらしょうがないじゃない」

希「でも、にこっちは行けたやん…」

にこ「あんな状態のあんたをほっとくほど私は非情じゃないってーの」

希「う…ありがとうございます」

にこ「どういたしましてー」
40: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:14:23.89 ID:EwPmI8DM.net
にこ「そろそろ?」

希「うん、あの角を曲がってすぐのところにあるんよ」

にこ「ふぅん、どんなもんかしらね~」

希「ほら、あそこにあるのが」

にこ「…おぉ~大きい木ね!花も結構咲いてる」

希「見つけたのはたまたまやけど、こうして時々見に来てたんよ」

にこ「一人で?」

希「…うん、一人で。この桃を見ながら、にこっちの事考えてた」ハハ
41: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:18:35.83 ID:EwPmI8DM.net
希「ちょっとずつ咲いてく花を見てて、最初はただ綺麗やなぁって」

希「桃のことを少し調べたら、あんな花言葉を見つけて…」

希「『愛嬌』『天下無敵』『私はあなたのとりこ』」

希「ウチの状況にぴったりすぎて、声も出ぇへんかったんよ」

希「それからは、大きなにこっちや~なんて言いながら見に来てた」



希「まさか、小さいほうのにこっちと一緒に見ることになるとは…」

にこ「突然おちょくるのやめなさいよ」
43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:31:04.92 ID:EwPmI8DM.net
にこ「あの、聞いて欲しいんだけどね」

希「?」

にこ「この桃の花を見にくるまでの間、考えたんだけど…」

にこ「朝、偶然会ったとき」

にこ「花びらを渡されて、その意味を知ったとき」

にこ「直接、気持ちを聞いたとき」

にこ「どれも、すごく嬉しかったのよ」
44: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:43:24.97 ID:EwPmI8DM.net
にこ「泣いてたら傍にいなくちゃって思うし」

にこ「隣で一緒に歩いてれば、すごく安心する」

にこ「…気付いたのよ。私がそう思えるのは、希しか居ない」

にこ「さっきは…気持ちの先を知りたい、なんてかっこつけちゃったけど」

にこ「もう答えはとっくに決まってたみたい。ほら、これ持って?」ギュ

希「…?」チラ

希「…桃の、花びら」

にこ「…希、知ってる?桃の花言葉はね…」フフ

にこ「『私はあなたのとりこ』なのよ」
45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:58:50.43 ID:EwPmI8DM.net
希「ふぇっ…!?そ、それ、まさか、え…?」

にこ「あー、希、ごめん。先に謝っとくわ」

にこ「………今までの関係、壊しちゃうけどいい?」

希「!…う、うぅっ………」ズズッ

希「…天下無敵には、かなうわけないやん…なぁ…」ゴシゴシ

にこ「あー、また泣くの?ったく涙もろいんだから…」

希「誰のせいやと…」
46: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 23:04:07.42 ID:EwPmI8DM.net
にこ「ん、まぁそうね…とりあえず」

にこ「これからは、泣かせるのも慰めるのも私だけだから」ニコ

希「…にこっち、悪い顔しとる…愛嬌のかけらも見当たらん」

にこ「なんでよ。愛嬌であふれてるでしょうが」

希「1日に2回も泣かされた…。もうこれ以上は身体がもたん…」

にこ「倒れても私は担げないからね。小さいほうだから」フン

希「え、地味に根にもっとるな」
47: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 23:14:59.95 ID:EwPmI8DM.net
にこ「それじゃあそろそろ行きましょ。あ、手でも繋ぐ?」

希「…繋ぐ。にこっちの小さいおてて」ギュ

にこ「また言ったわね?ほんと、調子良いんだから」ギュ



にこ「…これからよろしくね、希」

希「うん…こちらこそ、にこっち」



おわり
48: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 23:16:50.90 ID:EwPmI8DM.net
ここまで読んでいただいてありがとうございます!
リレー形式のSSだとどうしても完全にくっつけられないのがもどかしくて
今回カプを決めて書き溜めたんですが、なかなか難しいですね
49: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 23:18:46.60 ID:EwPmI8DM.net
また機会があれば何か書きたいとおもいます
ありがとうございました!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「その花びらに込められた意味」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。