花陽「少しづつ、速く、強く」

シェアする

花陽-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 00:08:49.73 ID:9Khi3BXT.net
「ごめんにゃー、真姫ちゃん…」

「いいわよ、別に。委員会ならしょうがないじゃない。」

午前中の授業が終わってお昼休み。いつもは私と凛ちゃんと真姫ちゃんと、3人でお弁当を食べるんだけど。
今日は私と凛ちゃんは委員会があって、一緒に食べられない。

「私は音楽室に居るから。終わったら来ても良いわよ」

真姫ちゃんの『○○してもいいわよ』は、『○○してよ』ってこと。

ふふふ、素直じゃない真姫ちゃんの扱い方を、私もちょっと分かってきました。

元スレ: 花陽「少しづつ、速く、強く」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 00:09:28.88 ID:9Khi3BXT.net
「ん。いってらっしゃい」

クールに私と凛ちゃんを見送る真姫ちゃんだけど、やっぱりちょっと寂しそう。
早く委員会を終わらせて、凛ちゃんと一緒に音楽室に行かないと。



良かった、予想より早く委員会が終わってくれた。
こっちの方はどうかな、と、凛ちゃんの委員会が会議をしている教室を覗いてみる。

…な、なんだかピリピリムード…

…あ、凛ちゃんと目が合った。

すごく申し訳なさそうな顔をして、『先に行ってていいよ』とジェスチャーをしている。

大変そうだなぁ…

『先に行くね』とジェスチャーをすると、ガラス越しの凛ちゃんは『うんうん』と頷いた。

「星空さん!ちゃんと聞いてますか!?」

「はっはい!すみません!」

うぅ…ごめんね凛ちゃん。
真姫ちゃんも待ってるし、早く音楽室に行かなきゃ。

ぅ音楽室へ向かう階段を登っていると、微かにピアノの旋律が聴こえた。
μ'sの曲じゃない…クラシックかな。
すごく、綺麗な音楽。
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 00:10:08.46 ID:9Khi3BXT.net
「…あら、花陽。早かったわね。凛は…そう、ご苦労様ね」

「…さっきの曲?あぁ、昔、ピアノの発表会で弾いた曲なの。家を掃除してたら楽譜が出てきてね、久しぶりに弾いてみようかなって」

真姫ちゃんの前に立てられた楽譜を見ると、五線譜に白や黒のおたまじゃくしがいっぱい。
よく分からない英語?も書いてあるし…

「これは英語じゃなくてイタリア語よ。」

ぽこ…あ…ぽこ…??

「『poco a poco accelerando e crescendo』。『ポコ ア ポコ アッチェレランド クレッシェンド』よ。意味は、『少しづつ、速く、強く』って感じかしら」

「ふふ、別にイタリア語が出来るってわけじゃないわ。楽譜に書いてある言葉は、だいたいイタリア語なのよ」

こんな暗号みたいなものでスラスラ演奏出来ちゃうなんて、やっぱり真姫ちゃんはすごいです。
真姫ちゃんの演奏、もっと聴きたいなぁ。
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 00:11:32.84 ID:9Khi3BXT.net
「…え?良いけど。そうね、凛が来るまで、真姫ちゃんリサイタルでも開こうかしら。」

真姫ちゃんが鍵盤に視線を落とす。

…目を伏せると、睫毛が長いのが際立つ。陶器のように白い肌、赤味を帯びた薄い唇。

強く握ったら折れてしまいそうな繊細な指先から、美しい綺麗な音の粒が生まれる。

私と真姫ちゃんしか居ない空間を、鮮やかな旋律が埋め尽くしていく。

思わず、はぁ、と溜息が漏れ出る。
時には激しく強く、時には優しく弱く。私たちを包み込んでいる音楽はもちろんのこと。

演奏をする真姫ちゃんにまで引き込まれてしまう。

音楽に合わせて心臓のリズムが変わっていくのが分かる。

『poco a poco accelerando e crescendo』…『少しづつ、速く、強く』。
6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 00:12:10.47 ID:9Khi3BXT.net
「…どうだったかしら?久しぶりだから、あまり上手く表現出来てなかったかもしれないけど」

気付いたら、演奏は終わっていた。

でもまだ、私の心臓はドキドキしていて。このドキドキは、何に対してのドキドキなの?

「お待たせー!ごめんね、遅くなっちゃって!!」

ばあん、と音楽室のドアが急に開いて、凛ちゃんが飛び込んでくる。
びっくりして、もっとドキドキしちゃった。

「凛も来たし、リサイタルは終わりね。」

1曲だけかぁ…ちょっと残念かも。

「んー?かよちん真姫ちゃん、何の話ー?」

「さぁー?」

「えー気になる!真姫ちゃんの意地悪!」

私と真姫ちゃんだけの秘密のリサイタル。
次は、凛ちゃんも招待してあげなくちゃね。

…でもちょっと、独り占めしたい気もする、かな?




おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「少しづつ、速く、強く」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。