真姫「私たちの居間がここにある」

シェアする

まきりんぱな-アイキャッチ3
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:22:28.57 ID:NbfPIhDgo
凛「……」オカキポリポリ

TV『ピッチャー綺羅第三球投げました、園田打ちました左中間、打球はぐんぐん伸びて……』

凛「ふぉっ!」

TV『レフト優木フェンス際、落下点に入る、こちら向き取りましたー、スリーアウトチェンジ!』

凛「んに゛ゃぁぁ~」ガックシ

凛「ねぇ見た真姫ちゃ~ん? またチャンスで無得点だったにゃあ。やってられないにゃほんと」バリバリ

真姫「凛」ピコピコ

凛「にゃあ」

真姫「うるさい」ピコピコ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405437738

元スレ: 真姫「私たちの居間がここにある」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:24:11.26 ID:NbfPIhDgo
凛「…にゃ?」

真姫「うるさい」ピコピコ

凛「……」

真姫「……」ピコピコ

凛「……に゛ゃあぁぁぁぁにゃにゃにゃにゃにゃにゃーーーーー!」ガバッ

真姫「わっ、ちょっとやめ、やめなさいっ! 凛! やーめーて!」

凛「にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ」ワシャワシャ
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:25:35.05 ID:NbfPIhDgo
真姫「やーめーろって言ってるでしょこのバカ猫! おやつ抜きにしてもらうわよ!?」

凛「かよちんは優しいからー、おやつ抜きなんて出来ないにゃー!」

真姫「あー! もう死んじゃったじゃない凛が邪魔するからー! ここまで来るの大変だったのよ!?」

凛「ごめんなさーい」

真姫「口で言ってるだけで反省してないでしょ全然」

凛「してるよー?」

真姫「しーてーまーせーんー!」

凛「してるにゃー♪ 海よりも深く反省してるにゃ!」

凛「申し訳ございません……(低音)」

真姫「ほらしてないじゃない!」

凛「にゃにゃっ!? こんなに謝ってるのに……!? かよちーん!」

凛「真姫ちゃんがひどいんだよぉー! 凛は、こーんなに真剣に謝ってるのに、全然許してくれないのー!」

花陽「んー。ごめんねー、今手が放せないからもうちょっと待ってねー」

凛「にゃあ…全く真姫ちゃんはしょうがないにゃあ…」ベッタリ

真姫「しょうがないのはどっちよ……」ナデナデ
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:27:24.33 ID:NbfPIhDgo
TV『……先ほどチャンスを逃したミューズこの絶体絶命のピンチ、絢瀬のサインに頷きました矢澤……』

凛「……」ハラハラ

TV『矢澤の第七球、統堂打った! 鋭い打球はレフトの東條の前に落ちました三塁ランナー帰ってアライズ逆転!』

凛「に゛ゃあああああああーーーー! 矢澤ああああああああああああ!」ガーン

真姫「ちょっ、凛! うるさいってだからぁ!」

花陽「凛ちゃーん、真姫ちゃーん。焼き芋できたよー!」

真姫「ほら凛、焼き芋出来たって」

凛「はぁ……矢澤のアホ……」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:28:44.11 ID:NbfPIhDgo
花陽「はい、お待ちどうさま」

凛「わーい! 焼き芋だにゃー!」ガバッ

真姫「変わり身速すぎでしょ……」

花陽「ちょっと凛ちゃん! 熱いから気を付けて!?」

凛「にゃあああああああ! あっつぅぅぅぅい!」

真姫「ふっ……バカだわ……」

花陽「真姫ちゃん、バカはめっ! だよ」

真姫「はーい、ごめんなさーい」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:29:55.45 ID:NbfPIhDgo
凛「痛いにゃー、絶対やけどしたにゃー。真姫ちゃん治してー」ヒラヒラ

真姫「無理よ」

凛「えー、出来ないのー? 真姫ちゃんしょぼいにゃあ」

真姫「凛がバカだから無理なの」

凛「関係ないじゃん!」

真姫「だって凛がバカだからやけどしたんじゃない」

凛「凛バカじゃないもーん」

花陽「はいはい、二人ともケンカしないでね。お塩取ってくるからちょっと待ってて」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:31:53.25 ID:NbfPIhDgo
凛「じゃあいいもん! かよちんに治してもらうー!」

真姫「無茶言ってんじゃないわよ、大体やけどなんてしてないじゃないの」

凛「しーてーるもん! あっかよちんお帰り!」

花陽「はいただいま、やけど治してあげようか?」

凛「うん、お願いかよちん……真姫ちゃんが意地悪だから治してくれなかったの……」ウルウル

真姫「ばっ、何でそうなるのよ!イミワカンナイ!」

花陽「凛ちゃん? 悪いこと言う子は治してあげないよ?」

凛「あっ、ごめんねかよちん! 凛反省する! 反省して真姫ちゃんと仲良くする!」

花陽「分かればよろしい。じゃあ凛ちゃん、手出して?」

凛「はい」スッ
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:33:02.32 ID:NbfPIhDgo
花陽「あついのあついの、とんでけー」パッ

凛「うわー、治ったにゃー! さっすがかよちん!」

花陽「よかったね、凛ちゃん」ニコニコ

凛「やっぱりかよちんはすごいにゃー。どっかの真姫ちゃんとは違うにゃ」

真姫「何ですって?」ホッペタムニー

花陽「凛ちゃん? さっき真姫ちゃんと仲良くするって言ったところでしょ?」

花陽「ほら、真姫ちゃんも乱暴しないの」

真姫「はぁい」パッ
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:34:14.14 ID:NbfPIhDgo
凛「仲良いよー? 凛、真姫ちゃんのことだーい好きだもん!」ススス

凛「ねー? 仲良いよね、真姫ちゃん?」

真姫「はいはい、そうですねー」

凛「まーきーちゃん! もっと仲良さそうにしないとかよちんに怒られるにゃー!」

真姫「はいはい、仲良い仲良い」ナデナデ

凛「にゃーんにゃーんにゃーん! ほら、仲良いでしょ?」ドヤッ

花陽「うふふ、そうだね。よかったよかった」ニコニコ
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:35:28.20 ID:NbfPIhDgo
花陽「それより、そろそろ焼き芋食べようか?」

真姫「さんせーい」

凛「だよね! 凛もそう思ってた! いただきます…(低音)」

花陽「いただきます!」ホクホク

凛「ふわあああぁぁぁ……おいしいにゃああああ……」ホクホク

真姫「……」モクモク

花陽「真姫ちゃん、ちょっと塩かけすぎじゃない?」

真姫「えー、だってその方がおいしいんだもん。私は塩が好きなの」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:36:40.95 ID:NbfPIhDgo
花陽「まぁ、おいしく食べるのが一番だけど……あんまりかけすぎると体に悪いから加減してね」ホクホク

真姫「大丈夫、分かってるわ」モクモク

凛「真姫ちゃんバカになっちゃうにゃー」ホクホク

真姫「ならないわよ!」

凛「なるもーん。塩かけすぎるとバカになるんだよ、そんなことも知らないのぉ? おっくれってるぅー」

花陽「凛ちゃんは物知りだねぇ」ニコニコ

凛「でしょー?」ニコニコ
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:38:43.13 ID:NbfPIhDgo
真姫「なるわけないでしょ、バカじゃない?」

凛「あー! 真姫ちゃんバカって言った! バカっていった方がバカなんだよー!」

真姫「何言ってんのよ、凛が先に言ったんじゃない!」

凛「言ってないもーん、バカになるって言っただけだもーん」

真姫「同じでしょ!」

凛「違うもん!」

真姫「同じよ!」

凛「違うもん!」

真姫「同じ!」

凛「違う!」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/16(水) 00:39:59.87 ID:NbfPIhDgo
花陽「はぁ、もう……全くこの二人は……」モクモク

花陽「あ、ミューズ打った」

TV『……二塁ランナー南三塁を蹴って今ホームイン! 高坂のタイムリーツーベースでミューズ再び逆転に成功しました!』

凛「に゛ゃああああぁぁぁぁぁぁ! 見逃したにゃああああああああ!」ガガーン

真姫「りーんー! だからうるさいってばあ!」



終わり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「私たちの居間がここにある」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「私たちの居間がここにある」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。