にこ「旅行の幹事?」

シェアする

にこ-アイキャッチ46
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 19:12:32.92 ID:QRaUT12z0
初ssです。

至らない点が多いと思いますがよろしくお願いします

アンジャッシュのコント「障子を隔てて」をにこぱなでやっていきたいと思います。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458727952

元スレ: にこ「旅行の幹事?」

スポンサーリンク
2: 19n5256k 2016/03/23(水) 19:21:24.07 ID:QRaUT12z0
にこ「あーそうそう 今年の社員旅行の幹事になっちゃってねー」
   

にこ「日にちも場所も全部あたしが決めなくちゃならないのよ… めんどくさいわよ」


にこ「今んとこは東南アジアとか考えてるのよねー」


にこ「あれ? もしもし? おーい 聞こえるー?」


花陽「はーい ただいまー」

 
3: 19n5256k 2016/03/23(水) 19:25:50.04 ID:QRaUT12z0
にこ「あんた 電波悪いの? あー移動しなくていいわ! そこでいいわ」



花陽「はいはいはいはい」


にこ「聞こえる? そのまま聞いて」


花陽「え?」


にこ「OKOK そのまま聞いてて」


花陽「わかりました」

4: 19n5256k 2016/03/23(水) 19:33:24.76 ID:QRaUT12z0
花陽「えーと お客様はおひとり様ですか?」

にこ「大体60人くらいかしら」

花陽「60人!? そんなにいるのぉ!?」

花陽「え? 60人? えっと…お客様はおひとり様ですよね?」

にこ「そうよ」

花陽「ですよねえ… ご注文の方は?」

にこ「タイとかいいんじゃないかしら?」

花陽「鯛ですか! ならば尾頭付きですね!」

にこ「タイなら値段もそんなにしないわよね?」

花陽「はい」

にこ「大体10万くらいかしら?」

花陽「そんなにしませんよぉ!! ぼったくりになっちゃうよぉ!!」 

5: 19n5256k 2016/03/23(水) 19:41:05.98 ID:QRaUT12z0
にこ「そういえば鈴木はどうするか聞いてる?」

花陽「スズキは塩焼きにいたします!」

にこ「でも鈴木は苦手なのよねえ…」

花陽「あ…お嫌いなんですね…ごめんなさい…」

にこ「まあ鈴木とは幼馴染なんだけどね」

花陽「幼馴染なのぉ!? え!?」

にこ「なんか気味が悪いというか… 話しかけても全然返事しなくてさぁ」

花陽「当たり前だよ!! 話しかけてるのぉ!?」

にこ「覇気がないのよね… 死んだ魚みたいな目をしてて」

花陽「死んだ魚です!! 死んでますから!!」 
6: 19n5256k 2016/03/23(水) 19:46:37.06 ID:QRaUT12z0
花陽「そういえば、鯛の尾頭付きはいつお持ちすればいいですか?」

にこ「そうね… 来月の終わりくらいかな」

花陽「来月の終わり? すみません… 腐ってしまします…」

にこ「そんなゴチャゴチャいうならあんたが決めなさいよ!!!」

花陽「あ…じゃあすぐお持ちいたします!」


にこ「ええ それじゃ」(電話切る)

にこ「店員遅いわね このボタンかな?」

ピンポーン

花陽「はいはーい ただいまー」
7: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:02:35.49 ID:QRaUT12z0
prrrr…prrrr…

にこ「もしもし? 誰?」

にこ「こころ? 本当にこころなの? あんた… こんな遅い時間までどこ行ってたのよ!」

にこ「あたしに何も言わずこんな時間まで遊んで…にこにーすごい心配したんだから…」

花陽「はいはいはいはい」

にこ「あんた どこ行ってたのよ!?」

花陽「え? はい?」

にこ「正直に言いなさい どこに行ってたの?」

花陽「トイレ行ってました…」

にこ「何か臭ったのよねー」

花陽「えぇ!? うそぉ!? ごめんなさい…」

にこ「そこで何してたのよ?」

花陽「あの…ちょっと化粧直しをしてました…」

にこ「ふざけんじゃないわよ!!」

花陽「ごめんなさい… そんなに怒らなくても…」

にこ「今すぐ全部元に戻しなさい!!」

花陽「え!? そっちのが時間かかっちゃいますから…そもそも化粧素人ですから」

9: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:11:07.57 ID:QRaUT12z0
にこ「他に何か言うことは?」

花陽「え? 特に何も…」

にこ「本当にないのね?」

花陽「あ… メイクの後片付け忘れてたぁ!!!!」

にこ「そのことママにはちゃんと言ったの!?」

花陽「ママ? 言っても意味ないよ」

にこ「まあいいわ… 私からママに行っておくわ」

花陽「いや!! いいですよ! そこまでしなくても…」

にこ「後はあたしに任せなさい これに関してはにこにーが全部片づけるわ」

花陽「いやいや 自分でやりますから…」

にこ「大丈夫!! にこにーと一緒に新たな自分に生まれ変わりましょ」

花陽「余計なお世話です! 確かにまだ歴は浅いけどすぐ慣れますよ!」

10: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:19:18.68 ID:QRaUT12z0
にこ「ねえ 今後もしこうなりそうなら私に一言連絡するって誓って!!」

花陽「なんで? え?」

にこ「頼むから連絡するって誓って!!」

花陽「えぇ…」

にこ「誓いなさい!!」

花陽「今度化粧直しをする際は一言お客様に声掛けすることを誓います」

にこ「わかればいいのよ」

花陽「あ!! 鯛の尾頭付きすぐお持ちしますね!」

にこ「わかったら勝手なことしちゃだめよ! いいわね!? それじゃ」(電話切る)

にこ「ちょっと言い過ぎたかなぁ…  帰ったらこころに謝ろう…」

にこ「ってか店員遅すぎよ!!」

ピンポーン ピンポーン ピンポーン

prrrr prrrr
11: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:26:09.40 ID:QRaUT12z0
にこ「もしもし 私よ」

にこ「海未! どうしたの!? え? 穂乃果が倒れた? 世話が焼けるわね…」

にこ「今は大丈夫なの? でも油断はできないわ 絶対に安静よ!」

花陽「はいはいはいはい」(鯛の尾頭付きを持ってる)

にこ「動いちゃダメ! そのまま聞いて! これは命にかかわることだから!」

花陽「はい!」

にこ「あたしの言うとおりにして! いいわね!?」

花陽「はい!!!」

12: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:31:07.60 ID:QRaUT12z0
にこ「まずは呼吸があるか確認を」

花陽「え? え!?」

にこ「早く確認しなさい!!」

花陽(鯛の尾頭付きに顔を近づける)「ないですよぉ… あるわけないよぉ…」

にこ「傷はある?」

花陽「傷だらけです!」

にこ「家族には連絡した?」

花陽「家族!? 見つかんないよぉ…」

にこ「こういう時は真っ先に家族に連絡しないと駄目じゃない!!」
13: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:34:38.21 ID:QRaUT12z0
花陽「どうやってやるの…」

にこ「意識が戻らないなら近づいて名前を呼んで!」

花陽「えー!?」

にこ「いいから早くしなさい!!!」

花陽「ターイ! ターイ!」

にこ「もっと!!」

花陽「ターーーイ!!」

にこ「もっと!!」

花陽「ターーーーーーーイ!!!!」

14: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:41:29.66 ID:QRaUT12z0
にこ「それでもだめなら人工呼吸よ!」

花陽「人工呼吸しちゃうのぉ!?」

にこ「何言ってんのよ! 早くしなさい! 命にかかわるのよ!」

花陽(タイの尾頭付きを近づける「フゥー… フゥー…」

にこ「息吹き返した? よかったわ… それじゃ!」(電話切る)

にこ「全く穂乃果は… にしても店員遅いわね!! もう我慢できないわ!」

(外で鯛に人工呼吸してる花陽)

花陽「ターイ!! フゥ…」

にこ「」

花陽「ターイ!! フゥ…」

にこ「あんた…何やってんのよ!!」

花陽「あ… 鯛が息を吹き返さないんです!!」

にこ「当たり前じゃないの!!」
15: 19n5256k 2016/03/23(水) 20:42:19.06 ID:QRaUT12z0
終わりました

ほとんどパクリですが…

またなにかしら書いていければと思います

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「旅行の幹事?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「旅行の幹事?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。