海未「家の前に薬がおいてありました…」

シェアする

海未-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 00:47:38.47 ID:bEpsHPMw.net
海未「なんでしょう…。名前は書いてありませんが、「飲むと良いよ!」と書いてあります。」

海未「これは飲んでも良いのでしょうか?」

海未「……迷っても仕方が無いですね、飲んで見ましょう」

海未「ゴクゴク・・・」

海未「にっ、苦いです…!お水を用意するのを忘れてました!!」

蛇口へダッシュ!

海未「こんなに苦いのは漢方薬か何かでしょうか?誰かが私のためにおいてくれたのでしょうか?」

海未「きっとそうでしょう、ありがとうございます、見知らぬ誰かさん。そろそろ、時間もあれなので寝ましょう」

元スレ: ・海未「家の前に薬がおいてありました…」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 00:48:37.67 ID:bEpsHPMw.net
______MIDNIGHT_______
海未「んむ…。あっ、こんな時間に起きてしまいました…。」

海未「なんでしょう、体がなんだか重いです…。トイレへ行って早く寝ましょう」

洗面所の鏡の前

海未「…えっ、待ってください、こんなことってありえるのでしょうか?自分が…>>6になってます!」

人生初の安価SS書こうと思ってます。
途中で投げ出される気持ちは自分も分かってるので、投げ出さないようにしないと思います。
6: 名無しで叶える物語(帝国中央都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 00:49:20.95 ID:vQcX/u9d.net
巨乳
11: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 00:52:05.49 ID:bEpsHPMw.net
海未「そ、そんな事ってありえるでしょうか…。私が巨乳です…!!」

海未「はっ、破廉恥な夢ですね!全く…」

海未「夢から早く覚めましょう!」

頬ペチペチ ペチペチ!!

海未「うぅ…痛いです…。ということは、夢ではないのでは…?」

海未「いや、夢なので今日は寝ます!明日の朝になると元通りですよね」

海未「希望を持って…おやすみなさい。」
18: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 00:59:41.80 ID:bEpsHPMw.net
海未「あぁ~っ、良く寝ました!あれ、なんだか、体が全体的に重たいですね…」

海未「あれ、おっぱ…、胸が大きい…。これは…夢の中で見た巨乳!」

海未「ヤバイです、ヤバイです!私はなんて破廉恥なんでしょうか!!」

海未「こ、これは…。相談するしかないのでしょうか?今日は幸い日曜日ですし…」

海未「よし!ちょっと、相談するしかないようです!」

誰に相談する?>>21
21: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:00:31.29 ID:m9TKvfac.net
26: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:04:59.52 ID:bEpsHPMw.net
海未「よし、胸に詳しそうな希にきいてみましょう…」

プルルルッ...プルルルッ...

希「もしもし?海未ちゃん?どうした?まさか巨乳にでもなった?笑」

海未「えっ!?なんで知ってるんですか!?」

希「えっ、ガチで言ってるん?」

海未「はい…そうですよ。」

希「へー」

海未「へーじゃありません!助けて下さい!」

>>23
海未ちゃんが巨乳って設定でござるでござる。
28: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:08:58.72 ID:bEpsHPMw.net
希「そーやねー…。とりあえず、ウチ来る?」

海未「そうですね、一人暮らしですし、安全ですね」

海未「では、今からそちらへ向かいます。」

希「ほな、待ってるで」

プツン

海未「…私のサイズにあった洋服が無いです…。元々私は貧乳ですし、服が破けてしまいますよ…」

洋服着替え

海未「しょうがないです!恥ずかしいですが、走っていきましょう!」

行ってる途中、誰かに会う?>>30
30: 名無しで叶える物語(馬刺し)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:10:02.17 ID:YinRNsNs.net
にこ
34: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:15:03.93 ID:bEpsHPMw.net
海未「ハッハッハッ...フッ、希の家にいくくらい楽勝で…」

にこ海未「うわああぁぁっ!」
ボイン!!

海未「に、にこ!」

にこ「何よ、う…みいいいぃ!??何よ!その胸!!」

海未「あっ、いえ、その…」

にこ「何よ!ずっと貧乳の仲間だと思ってたのに、裏切ったのね!!」

海未「いえ、そういうわけでは…」

にこ「えっ、じゃあなんなのよ…」

海未「あの、これは…(なんとか誤魔化さないと…)」

にこ「これは?」

海未「こっ、これは、>>37っていう理由なんですよ!」
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:17:29.20 ID:vdbJ2SZv.net
胸を蚊に刺された
42: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:22:52.54 ID:bEpsHPMw.net
海未「蚊に胸をさされたんです!」

にこ「へー、そんなに大きくなるのねー。羨ましいわよ、海未ぃ…」

海未(なんとか誤魔化せました!にこって案外チョロいですね)

にこ「あたしも胸を蚊に刺されて来るわよ!」

海未「えっ?でも、痒いですよ?」ポリポリ

にこ「良いじゃな~い、こんなに大きくなるんだし!」モミモミ

海未「ひゃあッ!?もうっ、何するんですか!破廉恥ですよ!」

にこ「ごめんね~。じゃあ、海未、ありがとう!妹たちの面倒もあるし、月曜日に会いましょう!」バイバーイ

海未「……ふぅ、咄嗟の言い訳が出たのはビックリですが、ゴマかせたので良かったです」

海未「さて、希の家へいきましょう」
48: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 01:30:19.35 ID:bEpsHPMw.net
ピンポ~ン
海未「やっと希の家です!」

シーン

海未「あれっ、出ませんね。ピンポンの仕方が足りないのでしょうか?」

ピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンピピピンポ~ン

希「隙ありっ!!」

海未「きゃっ!!のっ、希ぃ…///ちょっと、何で急に触ってるんですかっ、胸を!!」

希「ちょっと調べるためにねー。調べた所、バスト92だったよ」

海未「そんな精密さがあるんですか!希の手には!」

希「そうなんよ~。ウチの手、ゴッドハンドやし」

海未「そうですか、神様なんですね!」

希「さ、中に入って」

海未「はい…」
55: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 09:28:34.20 ID:bEpsHPMw.net
希「で、海未ちゃんが巨乳になったんよね、何か心当たりある?」

海未「ひ、ひとつだけならあります」

希「言ってみて?」

海未「実は、夢の中で巨乳になっていたんです。それが、現実にも起こったのではないかと…。」

希「それだけ?でも、それで巨乳になるって、可能性は低いやん?」

海未「私もそう思いました。しかし…、理由が無いんです。」ウルウル、ポロポロ

希「う、海未ちゃん…。でも、それが本当なら治る方法は見つけ出せばあるはずよ。ハンカチ、使う?」スッ

海未「ありがとうございます…」フキフキ
57: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 09:38:52.53 ID:bEpsHPMw.net
希(って言ってしまったけど、絶対一人で出来る問題じゃないよね)

希「とりあえず、この問題はウチだけでは解決出来んよ…。」

海未「はい…。」

希「とりあえず、頼りの真姫ちゃんかエリチを呼ぼうと思うんやけど…。どっちが良い?」

海未「>>60が良いです。」

>>60のコンマが
00~60→真姫
61~99→絵里
60: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 09:56:34.27 ID:zTWkIk2E.net
61: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 10:15:38.57 ID:bEpsHPMw.net
海未「真姫が良いです」

希「そうやね、真姫ちゃんの方が医学的に発達してるし、何か知恵をもらえるかも知れないね」

海未「では、真姫に電話します…」

プルルルッ...
真姫「もしもし、海未?どうしたの、こんな日曜日に」

海未「実は、相談があって…」

真姫「何よ」

海未「あの…実は…」

真姫「もう・・・じれったいわね…」

希「もうっ!海未ちゃん!携帯貸して!」

希「実はね、海未ちゃんが巨乳になったんよ!!」

真姫「えっ…?」
63: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 10:23:16.94 ID:bEpsHPMw.net
希「ウチ以上のバストになったんよ」

真姫「えっ、ちょっと、待って…。海未が巨乳?」

海未「の、希…」カアアァァ///

希「そこで、知恵を貸して欲しいんよ。ウチじゃどうにもできん問題なんよ。」

真姫「それでこの私を頼ってくれたのね、嬉しいわ。今からそっちに向かうわよ。今何処に入るの?」

希「ウチの家」

真姫「分かったわ、じゃあ、今から行くわね」

プッツン
希「今から真姫ちゃんが来るよ」

海未「分かりました…。覚悟します!」
64: 名無しで叶える物語(玄海町)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 10:37:13.13 ID:bEpsHPMw.net
真姫「ふぅ、普段の練習もあるせいか、あまり疲れなかったわね」
ピンポ~ン

希「あっ、真姫ちゃーん、どうぞ」

真姫「おじゃましまーす」

真姫「あれ…海未は?」

希「えっ、さっきまで居たよ?海未ちゃーん、何処ー?」

真姫「って、全然出てこないじゃない」

希「じゃあ、状況を説明するよ。海未ちゃんが巨乳になったのは、カクカクシカジカ」

真姫「んー、夢でねぇ…。それって、ちょっと怪しいわね。」

希「でも、海未ちゃんがこれしか思い当たらないって…」

真姫「そう…。でも、漫画みたいな話ね。にこちゃんにとっては…」

希「真姫ちゃん、それは禁句や。にこっちに失礼よ?」

真姫「そうね。プッ、フフッ」

希「ふふっ、真姫ちゃん、笑っちゃダメよ?」

真姫「わ、分かったわ!」
65: 名無しで叶える物語(玄海町)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 10:45:08.47 ID:bEpsHPMw.net
希「てか、本当、海未ちゃん何処に行ったの?」

真姫「もう…。そんなに恥ずかしがりやなのね、海未って。」

希「海未ちゃんの可愛い一面発見?」

真姫「でも、恋愛映画見るときも怖がってたじゃない、大体予想は付くわよ」

希「まぁね。」

海未「こんなときになんて話をしてるんですか…」

のぞまき「うわぁ!」

真姫「もー、どこに隠れてたのよ!」

希「探してたんよ?どこに隠れてたの?」

海未「えっ、その…>>66に…」
66: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 10:47:42.15 ID:KnmxLsdY.net
押入れ
67: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 10:53:49.57 ID:bEpsHPMw.net
海未「押入れに隠れてました」

真姫「ま、そんな所よね。ていうか…。本当に大きいわね」

海未「そ、そんなに見ないで下さい、恥ずかしいです…///」

希「ほな、本題入るで。海未ちゃんの巨乳事情。」

真姫「ちょっと海未、胸触らせて。シリコンかどうか確かめるわ」

海未「えっ、ま、真姫、そんなに激しく…あっ///」

真姫「うん…。シリコンでは無さそうね」

海未「真姫、急に触るの止めてください」

真姫「ごめん、確かめるためだったからちょっと…。でも、シリコンではなく、本当の脂肪ね」

海未「今日中になんとかしたいんです!お願いです!真姫!」

真姫「分かったわよ…。」
68: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:05:28.51 ID:bEpsHPMw.net
真姫「じゃあ、私の病院でCTスキャンと胸のレントゲンを撮るのはどうかしら?」

海未「でも、料金が…」

真姫「特別に保険証あれば免除してあげるわよ。料金は無しでいいから」

海未「そうですか、では、お言葉に甘えて…」

真姫(実は私の貯金から減らされるんだけど…ね。でも、この2つはキツいわね。)

希「じゃあ、真姫ちゃんの病院に行こう!レッツゴー!」

真姫「あ、それと、海未が恥ずかしがらないように、病院行きのリムジン、用意したわよ。」

のぞうみ「リムジン(ですか)!??」

真姫「普通だけどね。」

のぞうみ(真姫ちゃんの普通って、私(ウチ)たちと…)

真姫「さ、外で車が待ってるから行きましょう」
69: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:13:54.93 ID:bEpsHPMw.net
____西木野総合病院前_____
のぞまき「わぁ…」

真姫「さ、入りましょ」

海未「はい」

真姫「私のパパよ。脳専門だけど、病院の中を案内するわ。」

真姫パパ「こんにちは、海未くん、希くん。私の事は西木野先生とお呼び下さい。」

のぞうみ「よろしくお願いします」

真姫「じゃあ、希。私達は待機室で待ちましょう。」

海未「えっ、私は一人ですか…?」

真姫「大丈夫よ、だって、私のパパだもん。信頼して。」

海未「分かりました。真姫がそこまで言うなら…」

真姫パパ「ご安心下さい、人生のパートナーは持ってるので、そんな手出しはしませんよ笑」

海未(は、破廉恥な事を言う真姫の父上です…。真姫とは違いますね。)

真姫「さぁ、まずはスキャンだ、案内しよう」
70: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:15:17.10 ID:bEpsHPMw.net
ごめん、最後の「さぁ、まずは~案内しよう」は真姫パパだ。すまない。
それと、一旦落ちる
73: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:42:39.22 ID:bEpsHPMw.net
ーーーー待機室ーーーー
希「ねぇ、真姫ちゃん。」

真姫「何?」

希「暇なんやけど…。」

真姫「それもそうね…。じゃあ、病院を出て>>75にでも行く?」
75: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:49:04.92 ID:fEWhUAQB.net
屋上
76: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 12:22:50.79 ID:bEpsHPMw.net
真姫「屋上にでも行く?」

希「病院の屋上か、うん!行こう!」

In エレベーター
真姫「実は私も屋上に行ったことないのよね。」

希「へー、ウチと行くのが初めて?」

真姫「そうなるわね。」

エレベーター「チーン、12階です」

真姫「ついたわ、降りましょう。」

希「う、うん。」
77: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 12:32:32.07 ID:bEpsHPMw.net
屋上にて

希「やっぱり、広いやん。良い眺め…。」

真姫「そうね…。この大きな町で、私たちは喜んだり、笑いあったり、時には悩んだり…」

真姫「私たちは、こうやって生きてるのね。」

希「そうやね…。(急に深い話やん…。)」

真姫「なんだか、生きてるって不思議ね」

希「そうやね(いつまで続くんやろ、深い話)」

希「ん、あれは…。人じゃない?」

真姫「患者さんね。話しかけて見る?」

希「そうやね、せっかくやし行ってみよう」
80: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 12:43:54.59 ID:bEpsHPMw.net
患者ジジィ「あーっ!!今日健康診断だったぁー!戻らなくちゃ!」

患者ジジィ「ごめん、間通るよ!」

患者ジジィ(こんな発育の良い学生は初めて見た。胸でも触って行こう)

患者「ごめんね!」プニプニ ボイン

希「ひゃうんっ!/// ちょ、ちょっと~!」

真姫「どうしたの?」

希「患者さんに胸触られた。」

真姫「あら、エッチな患者さんね笑」

希「もう、だいぶ時間経ったし、戻ろ?」

真姫「そうね」
81: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 12:52:48.39 ID:bEpsHPMw.net
海未「もう!何処に行ってたんですか!」

希「あれ、巨乳は?どうしたん?巨乳じゃないやん?」

海未「それが、検査中に少しずつしぼんで行ったのです!」

希「えー、じゃあもうちょっとワシワシしとけば良かったなー」

真姫「とりあえず、一件落着ってことなの?」

海未「そうです」

希「でも、なんでしぼんだんだろうね?」

海未「さぁ…。」
82: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 12:57:17.85 ID:bEpsHPMw.net
その頃

穂乃果「ことりちゃん、バッチリ撮影出来た?」

ことり「うん!海未ちゃんの巨乳、撮影成功です!」

穂乃果「やったぁ!そろそろ薬の効果が切れるとこだからね。」

ことり「これで何しようか?やっぱ、個人的な事に使わなきゃね!」

穂乃果「そうだね~、>>85とかどう?」
85: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:02:18.43 ID:ghZsz4Yt.net
ばら撒くぞと言って脅す
87: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:07:37.83 ID:bEpsHPMw.net
ことり「じゃあ、ばらまくぞ!と言って脅してみよう!」

穂乃果「おおっ、面白そう!」

ことり「さっそく海未ちゃんにメールだ!こんなときのために、携帯2台持ってるんだ♪」

穂乃果「おおっ、流石ことりちゃん!有能だね!」

件名:園田海未訳の園田海未さんへ
本文
この写真2chにばら撒くぞ。

ことり「よしっ!送信♪」

穂乃果「おほほーっ!楽しみだなぁ!」

??「おいおい、テメェら、悪ふざけはいい加減にしとけよ?」

ことり「ピイッ!?」

穂乃果「だっ、誰!??」
88: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:11:08.06 ID:bEpsHPMw.net
只野仁「そんなの誰でも良いんだよ、その携帯貸せ。」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!パス!」

穂乃果「ええっ!?」アタフタ

只野仁「そこのお嬢ちゃん、携帯貸しな」バッ

穂乃果「あっ」

只野仁 グシャッ、パリーン

只野仁「悪事は過ぎるなよ。」タッ、タッ、タッ

穂乃果「誰?あの人…」

ことり「知らない…。あーあ、携帯壊されちゃった…」
90: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:13:17.51 ID:bEpsHPMw.net
ことり「でも、ご心配なく!もう一つの携帯の中に、写真が入ってます!」

穂乃果「おおっ、ことりちゃん有能!」

ことり「全く…。じゃあ、今度はおくる以外でやろうか!何したい?」

穂乃果「うーん。そうだ!>>90とかどう?」
91: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:14:03.80 ID:bEpsHPMw.net
安価>>93
92: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:14:04.06 ID:49xy+sNJ.net
どうした?
93: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:14:10.29 ID:YA9z3xAB.net
うみニーの見せ合い
95: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:18:18.21 ID:bEpsHPMw.net
穂乃果「う、うみニーの見せ合いとか…どうかな///」

ことり「ピッ、ピピピッ!ピヨォ!??」

穂乃果「ど、どうかな?」

ことり「い、良いと思うよ!ようし、やろう!」

なんで只野仁を出したんだろ…。ごめん。
ことほのは、ふたなりかどうか>>96
96: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:18:42.90 ID:HYe1WuIH.net
違う
98: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:31:14.03 ID:bEpsHPMw.net
ことり「じゃあ…うみニーをヤっちゃう?///」

穂乃果「うっ、うん///」

ことり「じゃあ、まず脱ごうよ!」

穂乃果「そうだね!」

ヌギヌギTime

ちょっと、こっち系のSS緊張するから、展開考えさせて。
一旦落ちる。
102: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 15:14:20.78 ID:bEpsHPMw.net
ことり「ジーーッ(穂乃果ちゃんのきゃわいいん♡)」

穂乃果「こっ、ことりちゃん…///穂乃果のドコ見てるの…///」

ことり「えっ、いや、ドコも見てないよ!全然、穂乃果ちゃんのアソコが綺麗とか思ってないちゅん!」

穂乃果「やっぱ見てるじゃん!ことりちゃんの…エッチ///」

ことり(可愛すぎる~♡)


難しいですな、でも書いてて楽しいし頑張るわ。
104: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:05:02.86 ID:bEpsHPMw.net
穂乃果「海未ちゃんの画像でうみニーしよう!」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!声が大きいよ!///」

穂乃果「誰もきいてないよ♡」チュッ

ことり「ホノカチャン……///」

ことり「キス返しっ、チューッ♡」

穂乃果「わあっ、こと…。…んっ…んあっ、うぅん…///」

ことり「ぷはぁ…///穂乃果ちゃんの唇、美味しい♡」


>>90から、舞台は穂乃果の家
あれ、なんかことほのになっちゃったわ、ヤベェ…。うみニーに戻さねば。
105: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:19:04.50 ID:bEpsHPMw.net
その頃の、のぞうみまき
希「いや~、まさか戻っちゃうとはね~」

海未「とても嬉しいです、もう絶対になりたくないです」

真姫「誰のおかげだと思ってるの?」

海未「真姫のおかげですよ!」

真姫「フフン」

海未「うふふっ、では、私は穂乃果の家へ行きます。今日はお稽古も無いですし。」

真姫「あら、そう。じゃあ、私は家に帰ってクラシックでもきくわ。」

希「じゃあ、ウチは夕飯の買い物に行こかな。」

のぞうみまき「バイバーイ」

海未「さて、穂乃果の家へいきましょう。」
>>109
1.海未ちゃんがことほののうみニーを目撃して、逃げる。
2.海未ちゃんがことほのに参戦。
3.自由
109: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:23:18.26 ID:Eh08CZHg.net
またにこと遭遇
一緒に穂乃果の家に行くことに
112: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:30:51.79 ID:bEpsHPMw.net
海未にこ「うわあっ!」ドシン

海未「にこ…!」

にこ「海未じゃないの!あれ、巨乳は…?」

海未「む、ムヒを塗ったので治ったのです。」

にこ「あら、痒そうだったし、良かったじゃないの」

海未「はい、良かったです。」

海未「今から穂乃果の家に行くところなのですが、一緒にいきませんか?」

にこ「別にいいわよ、じゃあいきましょう」

海未「はい。」
114: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:36:19.34 ID:bEpsHPMw.net
海未「さて、つきました。」

にこ「話しながら行くと、いつもより短く感じるわね。」

海未「こんにちはー」

穂むら「」

海未「誰も居ないのでしょうか…。こんにちはー!」

穂乃ママ「あら、海未ちゃん、いらっしゃい!穂乃果は上に居るわよ。確か、ことりちゃんも居たわ。」

海未「ありがとうございます、上がってもよろしいでしょうか?」

穂乃ママ「もちろん♪」

海未にこ「お邪魔します。」

海未(それにしても、穂乃果はことりとだけ遊んで…。私も誘って欲しかったです…。」
115: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:43:44.79 ID:bEpsHPMw.net
海未「ん?にこ、なんか喘ぎ…、いやらしい声がきこえませんか?///」

にこ「えっ、本当?」

アフゥ...フンッ、フンッ...ンンゥ♡

にこ「本当…。何処からきこえるのかしら。」

海未「あれ、階段を上がっていくにつれ、だんだん音が大きくなってませんか?」

アンッ、アアッッ♡ンッ、モット...♡

うみにこ「まさか…」

海未「にこ、私、少し思ったのですが、穂乃果の部屋から…。」

にこ「私も思ったところよ…。ちょっと、せーので入ってみましょう…。」

せーの!
ことほのの卑猥な現場を見た海未の反応>>117 にこの反応>>120
117: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:45:59.04 ID:yQv1TKuT.net
理性が消し飛ぶ
120: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:47:27.38 ID:XeIqj0wx.net
イく
122: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:54:46.08 ID:bEpsHPMw.net
海未「ほ、ほのぉ…」ドサッ

にこ「ほ、穂乃果とことりのがっ…///イ、イッちゃううぅ…///」ドサッ

ことほの「ど、どうしよう…」

ことり「海未ちゃんとにこちゃんから見られちゃったよ…。」

穂乃果「どうしよう…。うーん…そうだ!>>125すれば良いんじゃないかな?」
125: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 16:57:03.64 ID:96NFocfS.net
一緒にオナニーするように提案
128: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 17:02:17.40 ID:bEpsHPMw.net
ことり「ねぇねぇ!海未ちゃん!起きて起きて!」

海未「うぅん…」

穂乃果「ねぇー、にこちゃん!もうイッちゃったの?」

にこ「にごぉ…」

ことり「海未ちゃーん!!起きてー!」

海未「ううぅ、はっ!私は…なんで倒れたって…!なんでことりと穂乃果は裸なんですか!!」

ことり「海未ちゃん、自分の裸体を見て?」

海未「裸体?はっ…///洋服をきてないです・・・!洋服を返して下さい!!恥ずかしいです…///」

ことり「ダーメ♪一緒にオナニーしてくれたら、良いよ?」

海未「オナニーって、なんですか?」
133: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 17:37:29.15 ID:bEpsHPMw.net
ことり「またまた~、知ってるくせに♪」

海未「し、知らないったら知らないです!だいたい、そんな言葉知りませんよ!どんな意味なんですか!」

ことり「ふふっ、今から教えてあげるっ♪」チュッ

海未「こ、ことり…///って、誘惑しないで下さい…。」

ホノ「にこちゃん!起きてってばー!」

にこ「にごぉ…、はっ、ここは…。」

ホノ「にこちゃん、イッちゃうの早いよ~。早漏だね!」

にこ「そ、そんなわけ無いでしょ。第一、なんで裸なのよ」

ホノ「一緒にオナニーしようと思ったんだもん…グスッ」

にこ「なんで急に泣くのよ!」

ホノ「にこちゃん、一緒に…しよ?」
134: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 17:48:50.57 ID:bEpsHPMw.net
にこ「はぁ!?絶対にやらないんだから…。てか服返して。

ホノ「一緒オナニーしたら返してあげる。」

にこ「なんで4人でそんな事しなきゃ行けないのっ…!!」チュッ

ホノ「にこちゃん、それは穂乃果からの愛だよ。」

にこ「そ、そんなので落とせると思ってるの?///」

ホノ「だから、努力するんでしょう?落とすためにね。」

ことり「あっ、にこちゃん起きたんだぁ~。せっかくだし、オナニーじゃなくて1:1のエッチしようよ!」

ホノ「それ良いね!」

海未「そんなの、嫌です!(やりますね、ことり!どうせなら、穂乃果かことりが良いですね!)」

にこ「えっ」

ことり「組み合わせわね~、>>137が良い!」
137: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 18:02:05.64 ID:jYpqxzod.net
穂乃果海未
ことりにこ
140: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 18:50:17.80 ID:bEpsHPMw.net
ことり「組み合わせは、穂乃果と海未ちゃん、私とにこちゃんが良いなぁ…」

穂乃果「よし!海未ちゃん!よろしく!」

海未「は、はい…///」

ことり「にこちゃん、じゃあ、ことりの家…行こう?」

にこ「うん…。(チャンスよ!ここで逃げれば問題無いわ!)」

穂乃果「じゃあね!ことりちゃん、にこちゃーん!」

ことり「バイバーイ!さて、にこちゃぁぁん?」

にこ「今よ!逃げるわっ!」ダッ

ことり「あれ、にこちゃんが居ない…?」
141: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 18:58:18.98 ID:bEpsHPMw.net
穂乃果「さぁ、海未ちゃん…。学生の時間のはじまりだよ。」

海未「はいっ…///」

穂乃果(まずはー…>>144をしてみよう!)
144: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 19:01:25.19 ID:TGhENeQf.net
いきなり海未ちゃんを押し倒す
146: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 19:08:07.94 ID:bEpsHPMw.net
穂乃果「海未ちゃん…」バッ!!

海未「えっ…///」

穂乃果「実はね、穂乃果、海未ちゃんの事がずっと前から好きだったの…。」

海未「で、でも…ことりと…///」

穂乃果「それは違う!だって、海未ちゃん、穂乃果の気持ちに全然気づいてくれないんだもん…。」

穂乃果「ことりちゃんだって、海未ちゃんの事好きなんだよ?」

海未「…っ!でも、なんでことりは…。にこと…?」

穂乃果「穂乃果が一生懸命お願いしたんだ、海未ちゃんとやりたいってね。」チュッ

海未「あっ、穂乃///・・・んっ…んはぁ…ちゅっ…///」

穂乃果「はぁ…///海未ちゃんの、おいしい♡」
151: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 19:25:14.72 ID:bEpsHPMw.net
海未.。○(なんてことがあったりしませんかね笑)

希「海未ちゃん、何笑ってるの?」

真姫「海未、どうしちゃったの?」

海未「い、いえ!なんでもないです!」

海未「さて、私は今日は家でゆっくり過ごします。」

真姫「じゃあ、私は塾があるから。」

希「ウチはえりちのトコへ行くわ」

海未「またこんな出来事があったら…面白いですね。」

希「海未ちゃん困ってたやん?笑」

海未「いや、今日とは違う事ですよ!!」

希「そやね、じゃあ、真姫ちゃん、海未ちゃん、またね」

真姫「また巨乳になんかならないでよ?」

海未「もう二度となりませんよ」

のぞうみまき「バイバーイ」
153: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 19:30:13.57 ID:bEpsHPMw.net
ということで、摩訶不思議な日曜日を過ごした3人でした。
ちなみに、海未ちゃんの胸がしぼんだのは、薬の効果が切れたから。
                                ...The END...
155: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 19:41:34.63 ID:j2L58hg/.net
どっから想像なんや…
156: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 19:58:53.13 ID:bEpsHPMw.net
>>81からです。
ごめんなさい、ごちゃごちゃになりました…。
158: 名無しで叶える物語(帝立要塞都市)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 20:32:32.10 ID:bEpsHPMw.net
今度は、タットワの技法で誰かがどっかに行ってしまうアドベンチャー的なのをやってみようと思う。
次は、ごちゃごちゃにならないように良く考えてから書く。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「家の前に薬がおいてありました…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。