海未「“ラブアローシュート”を盗まれました」

シェアする

海未-アイキャッチ53
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:12:00.78 ID:MIMKXopG.net
海未(誰もいない・・・今日も私が一番乗りですね・・・ふふっ)

海未(この時間ならあと5分は誰も来ません・・・すなわち、今がチャンスッ!)

海未「みんなのハートを撃ち抜くぞ!ばぁん!」

海未「うふふふっ」ニヤニヤ




?「へぇ~あの海未がねぇ~」ニヤニヤ

元スレ: 海未「“ラブアローシュート”を盗まれました」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:12:50.18 ID:MIMKXopG.net
ーー翌日ーー


海未「ふふっ・・・昨日もたくさん練習できました!今日も早めに行きましょう!」

穂乃果「海未ちゃん?どうしたの?」
ことり「何の練習?」

海未「えっ?・・・ああ!弓道部のほうですよ!昨日は早めに行ってこっちの練習までやっていたんです!」

穂乃果「やっぱり海未ちゃんはすごいねぇ~真面目だねぇ~」

海未「そ、それほどでもありませんよ・・・」
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:14:27.83 ID:MIMKXopG.net
ことり「あっ・・・あれってにこちゃんじゃない?」

穂乃果「ほんとだ!凛ちゃんと真姫ちゃんと花陽ちゃんもいるよ!」

海未「何をしているんですか?」

凛「にこちゃんがまた新しいフレーズを思いついたんだにゃ~」

花陽「それでわたし達に評価をしてもらおうと」
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:15:31.86 ID:MIMKXopG.net
真姫「どうせまたくだらないものでしょうけど・・・」

にこ「何がくだらないよッ!・・・・・・まあ、見てなさい・・・」

6人「・・・・・・」ゴクリ

にこ「・・・いくわよ!」
スゥゥウ

海未(なッ・・・!?あの手の動きは・・・ッ!)


にこ「みんなのハートを撃ち抜くぞぉ!にこアローシューート!ばぁん!」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:16:56.63 ID:MIMKXopG.net
海未「ま、待ってください!それは・・・!」

5人「それは・・・?」
にこ「」ニヤニヤ

海未「な・・・何でもないです・・・」


にこ「それで、どうだった~?」

真姫「気持ち悪いわ」

海未「なッ・・・!?」ガーン

真姫「な、何で海未がショックを受けてるのよ!」

凛「ちょっと寒くなかったかにゃ~?」

海未「そんなぁ!!」ガーン

真姫「だから何なのよ!」

花陽「なんていうか・・・もう少し動きをシャープにすればあるいは・・・」

海未「なるほど!シャープにですね!」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:18:12.14 ID:MIMKXopG.net
穂乃果「・・・な、何か今日の海未ちゃん変じゃない?」ヒソヒソ
ことり「う、うん・・・まるでにこちゃんの考えたフレーズが自分のもののようなリアクションだよね」ヒソヒソ

にこ「うーん・・・なかなかいいと思ったんだけど・・・」ニヤニヤ

チラッ

海未(目が合った!・・・間違いありません!昨日の部室で・・・私はにこに見られていたッ!!)

海未(くッ・・・・・・悔しいッ!!!悔しすぎますッ!!!!)

海未(あのにこに、ここまでコケにされるとは・・・!)

海未(一度ギャフンと言わせてやります!)フンス


穂乃果(やっぱり変だよ~!)
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:19:28.33 ID:MIMKXopG.net
ーーその夜ーー


カチカチ

海未(なるほどなるほど・・・・・女の子をギャフンと言わせるには・・・・・・なるほどなるほど・・・)

海未ママ「いつまで起きているんですか!もう寝なさい!」



海未「も・・・もう少しだけ・・・!」カチカチ
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:20:48.06 ID:MIMKXopG.net
ーー翌日ーー


にこ「・・・ん?(靴箱に何か入ってる・・・)」

にこ「なにこれ・・・・・果たし状・・・?」


にこ(昼休みになったらすぐに屋上へ来なさい・・・・・ってこれどう考えても海未が書いたものよね・・・・・・)

にこ「どうしよう・・・」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:21:54.61 ID:MIMKXopG.net
ーー放課後ーー


ガチャ
にこ「はぁーっ今日も疲れたぁーー」

ダダダダ
ガシイッ

海未「にこ!」

にこ「にこぉッ!?」タジッ

海未「どうして来てくれなかったんですか!!」

にこ(あっ・・・忘れてた・・・)

にこ「てかやっぱり海未だったのね・・・」

海未「はっ!・・・まあこの際バレても構いません!」

海未「矢澤にこ!貴様、見ていたな!」

にこ「一昨日のことよね・・・・・・見てたわよ・・・」

海未「やっぱり!」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:23:40.49 ID:MIMKXopG.net
にこ「まあ昨日のことに関しては謝るわよ・・・・・ごめんなさい」

海未「その程度じゃ許しませんよ!」

にこ「えっ?」

海未「昨日たくさん調べてきたんですよ!ギャフンと言わせられるような方法!」

にこ「ちょ、ちょっと!謝ったじゃない!」

ドンッ

海未「私の傷はにこが思っているよりも深いんですよ・・・」

にこ(か・・・壁ドン・・・顔・・・近いし・・・・・///)
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:24:39.59 ID:MIMKXopG.net
にこ「はっ・・・離しなさいよ!///」バッ

海未「日頃から鍛えてる私に敵うとでも?」ガシイッ

海未「・・・・・こんな細い腕して」

にこ(な・・・何よこの状況・・・///)

海未(確か・・・人体には急所があって・・・そこを出来るだけ弱い力で撫でるといいんですよね・・・?)

サワー
にこ「ひゃんっ///」ビクッ
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:25:34.62 ID:MIMKXopG.net
海未(首筋の次は・・・ここは確か・・・)

カプッ
にこ「やんっ///」ビクン

海未(やはり!効果は絶大ですね!)

にこ(・・・・・・海未はきっとこれがどういうことか知らないでやっている・・・となると・・・)

にこ(止める方法はひとつ!)

にこ「う・・・海未ッ!これは破廉恥なことなのよッ!!」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:26:44.88 ID:MIMKXopG.net
海未「・・・・・破廉恥・・・?」

にこ「そうよ!首筋を撫でたり耳を甘噛みすることは破廉恥なことなのよ!」

海未「うっ・・・嘘です!騙そうったってそうはいきません!」

にこ「嘘じゃあないわ!そんなに言うならにこのパソコンで調べてみなさい!」

海未「う・・・嘘です・・・嘘です・・・」カタカタ

カチッ

海未「嘘ですぅ・・・///」バタンキュー

ガチャッ

絵里「あらにこ、先に来てたのね・・・・・う・・・海未ィーーーーーーッ!!!」

にこ「ふぅ・・・これで一見落着・・・・・」




ハッピーエンドね
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:45:22.43 ID:MIMKXopG.net
ーー翌日ーー


海未「うぅ・・・昨日は申し訳ありませんでした・・・・・・」

にこ「別に謝るほどでもないわよ・・・にこも、その、悪かったんだし・・・・・・」

海未「にぃ・・・にごぉ・・・・・・!」ウルウル

にこ(な、何でこんくらいで涙目になってんのよ!この娘は!)

にこ(・・・・・・意外とかわいいのよね・・・おしとやか?で、ことりと同じくらい純粋だし・・・・・)

海未「そ・・・それでですね・・・・・・」

にこ「ん?・・・・・・何よ?」

海未「えーーっと、あの、そのですね・・・」

にこ「ああもう!早く言いなさいよ!」

海未「わ、私に・・・アイドルを教えてくださいーーーーッ!!!」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:55:53.07 ID:MIMKXopG.net
ーーその夜ーー

ザーーーーッ

ゴロゴロ...ピシャア

海未「それにしても・・・にこの部屋はかわいいですね・・・・・」メモメモ

にこ(どうしてこうなった)

~~~~~~~

海未「アイドルを教えてください!」
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 12:56:54.70 ID:MIMKXopG.net
にこ「えっ!?」

海未「どうしました?」

にこ「いや~海未がそんなこというなんて意外だな~って」

海未「にこだって見たのでしょう・・・?」

にこ「ま、まあね」

海未「これでもアイドルとしてのにこを尊敬しているんです・・・」

にこ「嬉しい限り」

海未「というわけで!放課後、にこの家にお邪魔してもよろしいでしょうか?!」

にこ「はぁ!?」

海未「あ、いえ・・・・やっぱり、忙しい・・・ですよね・・・?」ウルウル

にこ(うっ・・・!)

にこ「しょ、しょうがないわねー!少しだけよ!下の子たちもいるし、夕方には帰るのよ!」

海未「にこ・・・っ!」パァー

海未「ありがとうございます!」ペコリ
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 13:44:08.88 ID:MIMKXopG.net
ーー放課後ーー


海未「あっ!にこ!一緒に帰りましょう!」

にこ「ああ海未・・・ちょっと寄りたいところあるんだけど、いい?」

海未「はい!もちろんです!」

テクテクテクテク...

テクテクテクテク...

海未「スーパー・・・ですか・・・」

にこ「今日はセールの日なのよ・・・悪い?」

海未「い、いえ!にこはやっぱり家庭的ですね!」ニコッ

にこ「・・・ふんッ!///早く行くわよ!」テクテク

海未「あっ!待ってくださいよ~!」
29: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 13:53:31.05 ID:MIMKXopG.net
ーー買い物後ーー


にこ「悪いわね、荷物持ってもらっちゃって・・・」

海未「これからお邪魔になるのですから、当然の行いです」

ポツッ

にこ「ん・・・?」

ポツッポツッ

海未「雨・・・ですね」

パラパラッパラパラッ

ザーッ

にこ「いけないッ!洗濯物出しっぱだったわ!」ダッ

海未「それは大変です!」ダッ
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 13:54:28.37 ID:MIMKXopG.net
ーーにこの家ーー


海未「ふぅー・・・どうにか間に合いましたね」

にこ「取り込むのまで手伝ってもらっちゃって・・・・・ありがとね」ニコッ

海未「は、はい・・・///」ドキッ

にこ「それにしても・・・」

ザーーーーッ

海未「雨、すごいですね・・・」

にこ「これじゃあ帰りは大変ね・・・・・」

ここあ「じゃあ泊まっていけばいいじゃん!」

海未「ここあ!?」

こころ「いけませんよここあ!海さんのご家族の方が心配してしまいます!」

ここあ「えーー!電話すればいいじゃん!」

にこ「そうねぇ・・・海未はどう?今日は泊まってかない?」

海未「で、でも・・・迷惑じゃありませんか?」

にこ「そんなことあるわけないでしょ・・・ほら、さっさと電話しちゃいなさい」

海未「ありがとうございます・・・にこ」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 14:10:47.54 ID:MIMKXopG.net
~~~~~~~


にこ(・・・っていうわけね)

海未「・・・ちょっと寒くないですか?」

にこ「寒いって言った?!!」

海未「ひっ!」ビク

にこ「それじゃあお風呂にしましょうか・・・」

海未「は、はい」

にこ「先に入って汲んでくるわね」テクテク

海未「あっお願いします」

アラココロイタノ?
ハイオネエサマ、サキニクンドキマシタヨ
アリガトウ、ココロ
エヘヘヘ

テクテク

デマシタヨー

海未(妙に早いですね・・・えーっと、これとこれを使えばいいんですよね?)

海未「はーい」
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 14:12:52.73 ID:MIMKXopG.net
テクテク

ヌギヌギ

ガラララ

海未「ふぅ・・・人様の家のお風呂に入るのは久しぶりですね・・・ん?」


にこ「」


海未「・・・・・・すみません・・・不用意でした・・・それではッ!!」ダッ

にこ「あっ!待ちなさい!」

ガシイッ

にこ「背中、流してあげるわ・・・」
35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 14:42:02.72 ID:MIMKXopG.net
ゴシゴシ

海未「・・・」

にこ(うっ!何か話しなさいよ!)

ゴシゴシ

海未「あの・・・」

にこ「ひゃわっ!」

海未「どうしました!?」

にこ「・・・・・なんでもないわ、なに?」

海未「・・・・・いきなり本題に入りますが・・・私がより良いアイドルになるにはどうすればいいのでしょうか・・・」

海未「私はみんなのようにアイドルらしく振る舞えません・・・明るくもないし・・・」
36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 14:45:54.23 ID:MIMKXopG.net
にこ「何言ってるのよ!あなたは十分アイドルらしくなってるわよ!」

海未「えっ・・・?」

にこ「あなたは園田海未というキャラなのよ!そのキャラを持ったアイドルなの!」

にこ「だから、そのままでいいのよ・・・そのままで・・・」

海未「にこぉ・・・ッ!」クルッ

にこ「ひっ!」

海未「にこぉぉおッ!!」ガバッ

にこ「ちょっ!やめ!」

こころ「そういえばシャンプーが切れそうでしたよね!持ってきましたよ!」ガラララ

にこ「」

こころ「」

海未「にこぉぉおッ!!・・・・・・・・あっ」

スッ

にこ「今度は私の方もお願い」クルッ

海未「あっはい」

ゴシゴシ

こころ「なんだ!お背中を流していただけだったんですね!そうですよね!あはははは」テクテク

海未「ふぅ・・・一見落着ですね・・・・・」

にこ「んなわけないでしょうがッ!!!」ペシッ





ハッピーエンドね
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「“ラブアローシュート”を盗まれました」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。