穂乃果「なんかこの子……>>3ちゃんに似てない?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ9
1: ほのキチ日本代表 2013/11/29(金) 21:50:31.91 ID:0eY4mGWz0
ラブライブのssです。


穂乃果「私の周りには女の子がいっぱい」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385729431

元スレ: 穂乃果「なんかこの子……>>3ちゃんに似てない?」

スポンサーリンク
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 21:53:03.65 ID:Oti/NWKKo
エリーチカ
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 21:56:47.98 ID:0eY4mGWz0
穂乃果「なんかこの子……絵里ちゃんに似てない?」

??「ねえねえおねーちゃん。ここどこー?」

海未「……あなた、その子をどこから連れてきたのですか」

穂乃果「いやなんかね?外走りに行こうと思ったら校門前にいたの」

海未「ひとりでですか?」

穂乃果「そうだよ」

海未「もしかして誰かの妹だったりするのでは?」

穂乃果「そうなのかな?」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 22:02:43.66 ID:0eY4mGWz0
穂乃果「ねえねえ、あなたあそこで誰かを待ってたの?」

??「うーん……」

穂乃果「この学校にお姉ちゃんがいたりするのかな?」

??「ううん。私はお姉ちゃんもお兄ちゃんも誰もいないよー?お父さんとお母さんしかいないのー」

穂乃果「それならどうして学校の前で座ってたのかな?」

??「うーん……わかんない」

海未「わからないのですか……」

穂乃果「そうなの。外で聞いて見た時もこのような感じで」

海未「……困りましたね。ここはやはり家まで送って行ってあげるべきなのでは?ただの迷子だったのかもしれませんし」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 22:07:42.64 ID:0eY4mGWz0
穂乃果「そうだね。でもさ、その前に絵里ちゃんと会わせてみたいんだよね」

海未「確かにこの金髪といい白い肌といい、前に見た絵里の幼いころに瓜二つです」

穂乃果「ひょっとして絵里ちゃんのいとこだったりするかも!」

海未「ではとりあえず絵里を呼んでみますね」



海未「もしもし」

絵里『あら、どうしたの?』

海未「今仕事忙しくなかったですか?」

絵里『ええ。ちょうど終わって希と部室に行こうと思ってたところなの』

海未「そうだったのですか。では待ってますね」

絵里『なにかあったの?』

海未「いえ、部室についてからお話しします」

絵里『わかったわ。今行くから』
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 22:14:50.80 ID:0eY4mGWz0


絵里「……ハラショー」

希「……うわぁお。ほんまにエリチそっくりやな」

海未「絵里。この子になにか心当たりありませんか?」

絵里「残念だけど、親戚の集まりでもこの子は見たことないわ。それに一番歳下でも中学2年生の亜里沙なんだもの」

海未「そうですか……」

絵里「でも本当にびっくり……。まるで小さい頃の私を見ているみたいだわ」

??「おねーちゃん誰ー?」

絵里「私?私は絵里よ。よろしくね」

??「うんっ」

絵里「よかったらあなたの名前を教えてもらってもいいかしら」

??「私のお名前?」

絵里「ええ。あ、できれば名字も言ってくれると嬉しいわ」

??「うん。えっとね、私のお名前は……」

絵里「?」

??「あれ?なんだっけ……」

絵里「えっ?」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 22:20:26.59 ID:0eY4mGWz0
絵里「わからないって……どうして?」

??「えとねー……、なんでかわからないけど思い出せないの」

絵里「思い出せない?」

希「ほー。なにやらスピリチュアルの匂いがプンプンしてくるでぇ」

絵里「ええ……。まさか記憶喪失とか?」

海未「だとしたらきっかけはなんです?特になにかされたという跡は残っていませんが」

絵里「そうよね……」

希「でも見た感じ小学2年生くらいの子が自分の名前覚えてないなんてことありえへんよね?」

絵里「おうちの場所はわかるかしら?」

??「それも思い出せないの……」

海未「やはり警察に届けるべきなのでは?私たちにはどうすることもできませんよ?」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 22:26:15.05 ID:0eY4mGWz0
絵里「そうした方がいいわよね……」

希「あれ?ところで穂乃果ちゃんは?」

海未「えっ?さっきまでそこにいましたよね?」

希「お手洗いでも行ったんかな?」



穂乃果「おーい!大変だよ!」

希「あっ、帰ってきた」

海未「どうしたんです?」

穂乃果「見てみてよこの子!」

海未「……ってまた子供を拾ってきたのですか!?」

穂乃果「ちょっとアルパカ小屋にいる花陽ちゃんたちを見に行こうとしたら、玄関にこの子がいて」

海未「なんだか今日は変な日ですね……」

穂乃果「それより見てよ!この子も>>11に似てるんじゃない!?」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 22:43:04.59 ID:WSoaPh0Fo
にこ
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 23:07:57.14 ID:0eY4mGWz0
穂乃果「ほら!髪下ろした時のにこちゃんそっくり!」

希「別ににこっちに似た子なんていっばいおるんやないの?」

海未「ですよね。ただの黒髪ロングの小学生じゃないですか」

??「なによ!私がどこにでもいるような顔ですって!?そんなわけないじゃない!」

希「あっ、にこっちやわ」

海未「にこですね」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 11:03:26.51 ID:nd0bjBZI0
絵里「そして案の定この子も何も覚えていないと……」

小絵里「もうお家帰りたいよぉ」

小にこ「私もアイドルのバラエティ見なくちゃいけないのよ。早く解放しなさい!」

希「でも家の場所わからんのやろ?」

小にこ「うっ……、それはそうだけど……」

希「2人の幼女が揃って同じ症状になっておるなんて、やっぱり只事やないで」

海未「やはり警察に……」

穂乃果「ねえねえ!私たちでこの子たちのお家を探してあげようよ!」

海未「なぜあなたたちは警察の力に頼ろうとしないのですか……」


穂乃果「それじゃあとりあえず外に行こうか!」

小にこ「私お外歩く力なんて残ってないよー」

穂乃果「仕方ないなー……。ほら、お姉ちゃんがおんぶしてあげるね」

小にこ「うわーい!」ニヤッ

小絵里「いいなぁ。私もおんぶしてもらいたいなぁ」

海未「ではあなたは私がおぶってあげますね」

小絵里「やった!お姉ちゃん大好きー!」

海未「」ドキッ

海未(……な、なんでしょうか。今の胸のトキメキは)



希「なぁエリチ。気づいとる?」

絵里「えっ?何に?」

希「いや、気づいてないんならええんよ」

絵里「? 変な希ね」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 23:55:01.69 ID:MPHTKb4E0


穂乃果「それじゃあここら辺は見覚えある?」

小にこ「うーんとねー、わかんなーい!」

海未「あなたはどうです?」

小絵里「私もわからない……」

穂乃果「おかしいなぁ。小学生が歩いてこれるような距離は行き尽くしてみたのに」

海未「さすがにこれ以上遠くだということはないでしょう」

穂乃果「だよね……。どうしよう」

海未「やはり警察に後をお願いして……」

穂乃果「どうして海未ちゃんはそうやってすぐに人に頼ろうとするのさ! そういうの良くないと思うよ!」

海未「えっ……?なんで私怒られたんです……?」

グー

小絵里「あ……」

穂乃果「もしかしてお腹すいちゃった?」

小絵里「うん。ちょっと」

穂乃果「あなたも?」

小にこ「わ、私は別にお腹なんて鳴ってないわよ!だからお腹減ってなんて……」

グー

穂乃果「はは。じゃあなにか食べようか?」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 11:20:59.35 ID:6MMdnHZE0
海未「とは言っても近くのカフェやファストフード店までは少々距離がありますよ?」

穂乃果「えー……。正直私もクタクタかも……」

希「ほんならウチに任しとき!」

絵里「あっ、もしかしてここら辺の穴場のお店でも知ってるの?」

希「ふふふ、それはなぁ。まさに今ウチらが立ち止まってるここなんよ」

絵里「えっ、ここ……?特になにもないわよ?」

希「いいからその場で右に45°動いてみ」

絵里「こう?」

希「そうそう。今エリチには何が見える?」

絵里「なにって……大きな家しか見えないわよ?」

希「うんうん。実はここな、ウチの家なん」

『えっ!?』

希「だからよかったらみんなに晩御飯ご馳走するで!」

穂乃果「えっ!?ほんとほんと!?」

小にこ「やったやったー!」

希「なんなら泊まってってもええんやで?おとんもおかんも今日は帰ってこぉへんし、明日は休日やからそんな困らんやろ?」

絵里「でもそれじゃあこの子たちの親が心配するんじゃ……」

希「どっちみち今のままじゃどうしようもないんや。一晩くらいなら泊めても問題ないって」


希「……それにウチ、だんだんわかってきたんや」

絵里「わかってきたって、何を?」

希「ふふっ。時が来たらちゃーんと教えるたるから」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 20:47:25.02 ID:orGcWnnk0



希「お風呂湧いたから先に入ってええよー」

海未(……お風呂!?)ガタッ

穂乃果「ど、どうしたの海未ちゃん」

海未「いえ、なんでもありませんよ。穂乃果と一緒に背中の洗いっこをして雰囲気的的に前も洗いっこすることになってそして泡泡になりながら恐る恐る下半身も……おっと、誰か来たようだ」

穂乃果「……なに言ってるのかさっぱりわからないや」


小絵里「ねーねー黒ちゃん!一緒にはいろー!」

小にこ「誰が黒ちゃんよ誰が!」

小絵里「だって髪の毛黒いよ?」

小にこ「じゃああんたは金ちゃんね!」

小絵里「えーなんかやだなー」


絵里「……。く、黒ちゃん」

希「なんや?別にウチは金ちゃんとか呼ばんからな?」

絵里「むー……」

希(なんやこの可愛い生き物)
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 21:03:38.56 ID:fWCufWz20
『ごちそうさま』

希「はい、お粗末様」

絵里「おいしかったわ。希も料理上手だったのね」

希「まぁ最低限女を語れる程度にはやけどね」

穂乃果「え……。じゃあ私は女の子じゃないの……?」

小絵里「おねーちゃんって男の子だったの?」

穂乃果「うん、そうだったみたい……。生えてないけど」

小にこ「何が生えてないのよ?」

穂乃果「あなたたちにはまだ早いよ」

小にこ「なんですってー!私を子供扱いする気!?」

穂乃果「はいはい。いい子はもうお布団に行きましょうね」

小にこ「だから子供扱いするなって行ってるのに……」

絵里「いい?大人っていうのはね、そうやって簡単に大きな声出したりしないのよ?」

小にこ「えっ、そうなの?」

絵里「そうよ。あと歳上の人の言うこともちゃんと聞かなくちゃダメ」

小にこ「わ、わかった……。じゃあもう寝るから……そしたら大人になれるの?」

絵里「ええ、もちろんよ」

小にこ「やったー!そうとわかればパツキン!さっさと寝るわよ!」

小絵里「えっ、えっ?黒ちゃん待ってよぉ!」


絵里「ふふっ、かわいいわね」

穂乃果「男が女の子に混ざってアイドルやってるとか気持ち悪いよね……。あっ、そういえば凛ちゃんも料理できないから私と同じなのかな?うーん、そもそもラブライブって男でも出れたっけ。もしダメだったら今までやってきたこと全部無駄になるのかぁ……」ブツブツ

海未「大丈夫ですよ穂乃果」

穂乃果「慰めはよしてよ海未ちゃん」

海未「いえ、だってあなた最近女の子の日でしょう?」

穂乃果「はっ……!そうだ、確かに女の子の日は女の子にしか来ない!」

穂乃果「やった!私はちゃんと女の子だったんだぁ!!」

海未「ふふっ、よかったですね」


絵里「……これはツッコむべきなの?」

希「ほっといていいやつやん」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 15:39:34.67 ID:+5+mx+h/0
絵里「それにしてもあの子たちのこと気になるわね」

穂乃果「ホントにどこから来たんだろう」

絵里「明日もまた探索を続けて見ましょう。今時の小学生なら電車やバスも乗れるだろうし、今日よりもう少し遠くに行くわよ」

海未「やはり警察に……」

穂乃果「はぁ、海未ちゃんも頑固だよね」

海未「まさかあなたに言われる日が来るとは……」

希「ふふっ、みんな心配しなくても大丈夫よ」

穂乃果「えっ?どうして?」

希「ひ・み・つ♪」

海未「なんです?もったいぶらないで教えてください」

希「ちゃんと明日になったら教えたるって♪」

絵里「……なに?私の顔になにかついてる?」

希「なんもついとらんよっ」

絵里「もぅ、さっきからなんなのよあなたは……」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 15:46:37.38 ID:6y8x1uAT0
希「それよりウチらももう寝よか。穂乃果ちゃんが水飲み鳥みたいになっとるから」

穂乃果「ほぇー……穂乃果はまだ起きてられるよぉ……」

海未「白目向いてますよ……」

絵里「ふわ……。私も眠くなってきたわ。希の言うとおり、今日はもう寝ちゃいましょう」

希「そうしよか。部屋はチビちゃんたちも寝てる広間でええやろ?」

海未「はい。穂乃果の隣なら野宿でも構いません」キリッ

穂乃果「私はやだよ。寒いし」

海未「穂乃果に振られました……。鬱だ、死のう」

絵里「海未もなんだかんだで眠いのね。それじゃあ部屋にいきましょう」

穂乃果「絵里ちゃんおんぶー」

絵里「いやよ。自分で歩きなさい」

穂乃果「じゃあ海未ちゃーん」

海未「お姫様だっこでよかったですか?」

穂乃果「もうなんでもいいよ」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 17:12:57.26 ID:6y8x1uAT0


小絵里「んー……。おトイレ……」

小絵里「誰かついてきてよぉ」


穂乃果「すかー……ぐごー……」

海未「……prpr」

絵里「すー……」


小絵里「んんぅ、漏れちゃうよぉ……」

小にこ「まったく……あんたはトイレも1人でいけないの?」

小絵里「あっ、黒ちゃん。起きてたの?」

小にこ「そりゃ隣でもぞもぞされてたら起きちゃうわよ」

小絵里「そんなことより一緒におトイレ行こっ?」

小にこ「……仕方ないわね。寝る前に行っておいたから場所もわかるし、ついてってあげるわよ」

小絵里「わーいありがとー!」

小にこ「れ、礼なんていいから早く行くわよ!」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 17:34:44.96 ID:Nk3fxY8+0
ジャー

小絵里「ふぃー、すっきりしたー」

小にこ「はぁ、ねむ……。早く戻るわよ」

小絵里「うんっ」

ギィ…

小絵里「……ひっ!?」

小にこ「どうかした?」

小絵里「今何か音が……」

小にこ「音?そんなものどこでもするでしょ?」

ヒュオー

小絵里「ひゃあああ!!」

小にこ「ぐぇぇ!ちょっ、そんな締めないでよっ!苦じっ……」

小絵里「うわぁぁぁん!こわいよー!!」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 17:47:01.22 ID:geafMgWW0
小にこ「も?っ!今のはただの風の音でしょ!」

小絵里「えっ……、そうなの……?」

小にこ「そうよっ!だから離れなさいって!」

小絵里「うん……」

小にこ「ああ苦しかった……。あんたのどこにそんな力が潜んでんのよ……」


ハァハァ


小にこ「!?」

小絵里「ね、ねぇ……。今のも風の音だよね……?」

小にこ「そ……そうよ。そうに決まってるわ」


ヨウジョ……ワシワシ…シタイ


小絵里「」ガクガク

小にこ「ちょ、あんた……。なに震えてんのよ。は、はやく部屋に戻るわよ」

小絵里「こ、こ、こ、怖い……お、おば、おばけぇ…………ひぐぅっ」

小にこ「バカ言ってんじゃないわよ!そんなものいるわけないでしょ!」

小絵里「で、でもおばけじゃなかったらこの声はなんなのさぁ!?」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 17:55:42.82 ID:+5+mx+h/0
小にこ「し、知らないわよ!だいたいおばけなんて信じてるから変な声なんて聞こえてくるのよ!わ、私はなにも聞こえなかったんだからねっ!」

小絵里「うそっ!黒ちゃんも唇震えてるもん!」

小にこ「ち、違うわよ!こ、これは……さ、寒いからよっ!」


小絵里「そんな震えるほど寒くないもん!だから黒ちゃんは嘘を……」

ダッダッダッ

小にこ「え、ち、近づいて……」

小絵里「びぇぇぇぇーーん!」

ダッダッダッ!

小にこ「や、やだ……来ないで……」

ダッダッダッ!!

小にこ「いや……っ、まだ……私は……」


ワシワシワシワシワシワシ!!


小にこ「まだみんなに『ありがとう』って言えてないんだからぁ……!!」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 18:00:00.16 ID:tiEgJ9af0
希「……やっぱりそうやったんやね」

小にこ「……えっ?」

希「驚かせちゃってごめんな?ちょっとおいたが過ぎてしもうたわ」

小にこ「じゃあさっきのはお姉ちゃんが……?」

希「そうやでっ!」V

小にこ「な、なんだ……びっくりした……」

小絵里「うぅ……おばけ……こわい……こわい……」

小にこ「パツキン。もう大丈夫よ。お化けじゃなかったから」

小絵里「……本当?あっ……お姉さん」

希「ふふっ。おもらししとらん?」

小絵里「うん……。さっきしたから大丈夫……」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 18:04:08.49 ID:5NazJn+G0
希「それより教えてくれる?『ありがとうって言えてない』ってどういう意味?」

小にこ「あ……」

小絵里「……なんで言っちゃったのさぁ」

小にこ「し、仕方ないでしょ!怖かったからつい……」

希「ねぇ、おしえて?」ワシワシポーズ

小絵里「ひっ!」

小にこ「わ、わかった……。教えるからそのポーズやめてよ……」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 18:10:34.64 ID:DrhnVU+10
小絵里「お姉さんは最初から気づいてたんでしょう?私たちが嘘ついてたこと」

希「うん、まぁな」

小絵里「やっぱり希は希ね、すごいわ……」

希「なんか言うた?」

小絵里「う、ううん!なんでもないよっ!」


小にこ「私たちはね、ある人の想いによって生み出されたの」

小絵里「ある人って言うのはね、」

希「わかっとる。にこっちとエリチやろ?」

小にこ「そう。その2人……つまり私たちの親はね、ずっと悩んでたの」

希「えっ?そうだったん?」

小絵里「うん……」


小絵里「自分の手を引いてくれたμ'sのみんなに、どうやって感謝すればいいんだろうって……」

希「……ほぅ」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 23:15:52.84 ID:3aPCYJ0B0
小にこ「私の親……いや、もう私って言ってもいいわね」

小にこ「私はまだみんなに『ありがとう』って伝えられてない……。言葉にするだけなら簡単だけど、今更言うのもなんだか恥ずかしくて、にこはそんなキャラじゃないってみんなにバカにされちゃいそうで……」

小にこ「だから……もしかしたらこのままありがとうって言えないまま別れる日が来ちゃって、それでもう二度と伝える機会がなくなっちゃうんじゃないかなって思ったら不安になって……!」


小絵里「私も同じよ。あの時みんなに手を差し伸べられていなかったら今頃私はどうなっていたのか……。どうやったって今みたいに楽しい日常を遅れていたとは思えないわ」

小絵里「だから感謝してもしきれなくて……、この感情をどうやって伝えればいいんだろう。『ありがとう』なんて簡単な言葉だけで片付けていいものなのかってわからなくなって……」


希「……ふふっ。二人とも、そんなに心配しなくてもええんやない?」

小にこ「ダメよ!今の私がこうやってアイドルをやっていけてるのはあの子たちのおかげなの!私がまた歩き出せるきっかけを作ってくれたのは全部あの子たちの優しい笑顔なのよ……!」

小絵里「だから私たちのこの想いを『心配しなくていい』なんて言葉でしまいこんもうとしないで!」


希「うーん……別にそんなつもりで言ったんやないんやけどなぁ」


希「だってさ、」チラッ

小にこ「なによ。…………あ」


海未「話は聞かせてもらいましたよ」

穂乃果「へー。2人は紛れもないご本人だったんだね」

小絵里「穂乃果、海未……」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 23:18:43.09 ID:foPXLg/T0
穂乃果「いやー、なんか騒がしいと思って起きてみたら、まさかこんなことになってるなんてね」

海未「私はあなたの右ストレートで起きたんですけどね……」


穂乃果「絵里ちゃんやにこちゃんがμ'sのことをそんな風に思ってるなんて知らなかったよ」

小絵里「だってあなたたちは私たちにとっての恩人なんだもん……。一時たりとも感謝の気持ちを忘れたことなんてなかったわ」

穂乃果「うーん、それは嬉しいけどやっぱり大袈裟だと思うんだよなー」

小にこ「大袈裟……?」

穂乃果「そうだよ。だって2人ともやりたいことができて、それがたまたま私たちと一致したからこうやって一緒にアイドルをやってるんでしょ?」

穂乃果「それならスクールアイドル始めようとしたあの時の私と何も変わらないと思うけど」

小絵里「確かにそうだけど……、でもこうやってあなたたちと歩いていられるのはこんな私の手を引いてくれたからで……」

穂乃果「だからそれが大袈裟なんだって」

穂乃果「私たちは別に絵里ちゃんを救おうとかそんな大それたことを考えていたわけじゃないんだよ?」

穂乃果「絵里ちゃんがμ'sに加わってくれれば、そのダンスや容姿でファンの人たちを魅了できると思ったから『勧誘』しただけなんだから」

小絵里「でも……、でもあのままだったら私は自分のしたいことも見つけられずに、残りの学園生活をただただ会長としての義務感だけで動けていたかもしれない……」

小絵里「だから……」


穂乃果「うーんと……えーと……ほんとどうやったらうまく伝わるのかなぁ……」ポリポリ

海未「あなたは本当に口べたですね。でも、私はあなたに全てを託しますから」

海未「がんばって、リーダー」

穂乃果「……冷や汗流しながら何かっこいいこと言ってんのさ」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:46:03.87 ID:pzVN+Rww0
海未「べ、別に何を言えばいいかわからないから戸惑ってるわけではありませんよ?勘違いしないでくださいね!」

穂乃果「はいはい……」



小にこ「ねえ穂乃果、教えてよ。私たちはμ'sのために何をしたらいい?」

穂乃果「いや、だからさ、なにもしなくてもいいんだって」

穂乃果「だってさ、私たちは逆に2人がここにいることに感謝してるくらいなんだから」

小絵里「……え?」

穂乃果「だから2人はいつも通りでいいんだよ。絵里ちゃんは私たちの背中を押して、にこちゃんは私たちの一歩前を歩いててよ」

穂乃果「難しく考える必要なんかない。特別なことなんてなにもいらないんだよ」


穂乃果「2人はμ'sに誘ってくれたことを感謝しているなら、私たちは2人がμ'sに入ってくれたことを感謝する。それでお互い様なんじゃないかな?」

小絵里「……」

穂乃果「納得いかない?」

小絵里「……ふふ。あなたは……本当に相変わらずね。そんなんじゃいつか損するわよ?」

穂乃果「あはは、言われちゃった」

穂乃果「でもいいんだ。それで2人の不安が拭えるなら」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:52:34.92 ID:pzVN+Rww0
小にこ「あーあ。なんだかいろいろ考えちゃってた私がバカみたい」

希「だから言ったやん。心配しなくてもいいって」

小にこ「そうね。希の言った通りだったわ」


スゥー


穂乃果「あっ……2人とも身体が光って……」

小絵里「どうやらそろそろお別れみたいね。『私たち』とはね」

小にこ「ありがとう穂乃果。あんたの言葉、本当に嬉しかった」

穂乃果「これは私だけの言葉じゃないよ。ただμ'sの代表としてみんなの想いを告げてるだけ」

海未「そ、そうですよ。私たちの考えてることをうまいこと穂乃果がまとめてくれたんです」

穂乃果「……海未ちゃん」

海未「やめて……。そんな冷たい目で私を見ないで……」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:58:13.46 ID:pzVN+Rww0
小絵里「それじゃあみんな、さようなら。これからも私のことをよろしくお願いね」

小にこ「そうそう。私のことからかうのもほどほどにしてよね」

穂乃果「はーい。わかったよ」

小にこ「本当にわかってるの!?」

小絵里「まあまあ。ほら、行くわよ。これ以上長居する必要なんかないだから」

小にこ「わかったわよ……」



シュー


穂乃果「うわ、消えちゃったよ……」

海未「ですね……」

希「スピリチュアルやったなー……」
38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 22:17:20.46 ID:pzVN+Rww0
海未「ところで、彼女たちはいったいなんだったのでしょうね」

希「そうやなぁ。ありえないと思ってたことが、さっきまでああやって起こってたわけやもんな」

海未「霊とかそういった類ではありませんよね。絵里とにこはちゃんと生きているわけですし」

希「ううむ、さっぱりわからんわ。まだまだウチもスピリチュアル度が足らんな」


穂乃果「きっと……」

海未「?」

穂乃果「きっと……、ずっと閉じ込めてた2人の想いが溢れ出してあんな不思議な現象を起きちゃったんじゃないかな?」

穂乃果「伝えたい気持ちがどうしても伝えられなくて……。だからああやってどうにかしてでも誰かにこの辛さを知ってもらいたくて……」

穂乃果「だからその苦しくて不安な感情から開放されたから『2人の想い』はちゃんと笑顔で消えていけたんだよ」


穂乃果「……んー、やっぱり自分でも何言ってるかわからないや。なんだか夢の中にいるみたいだね」

海未「……夢、だったのかもしれませんよ?」

希「でもそんなもんで片付けたらおもしろくないやん?」

海未「あなたって人は……。夢で終わらせた方がキレイな場合もあるんですから、空気を読んでください」

穂乃果「それ海未ちゃんが言う?」

海未「も、もう!さっきのことは忘れてください!」

アハハ

穂乃果「それじゃあまた寝よっか」

海未「そうですね。なんだか気が抜けて眠たくなってきました」

希「ウチも。夜更かしはお肌の敵やでー」
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 22:28:16.02 ID:pzVN+Rww0
チュンチュン


絵里「ん……、ふわぁ。もう朝か……」

絵里「……」

絵里「何かしらこの状況……」

穂乃果「すぴー……すぴー……」

海未「……」

希「……んわぁふ」

絵里「左腕に穂乃果と海未。右腕に希。みんなどれだけ寝相悪いのかしら……」

絵里「……うっ、それにしても暑いわ……。でも退けて起こしちゃうわけにはいかないし……」

穂乃果「んん……絵里ちゃん……」

絵里「あら、起こしちゃった?…………って寝言だったのね」

穂乃果「私たち……」

穂乃果「私たち、絵里ちゃんのこと大好きだよぉ……。ずっと一緒だよぉ……」

絵里「……ふふ。そんなの、あたりまえじゃない」

絵里「あなたたちを放っておくと危なっかしくて見てられないもの。だからちゃんと導いてあげなくちゃね」


絵里「……ありがとう。穂乃果、みんな」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 22:23:17.24 ID:AS6TwD6W0


穂乃果「にーこちゃん!おはよー!」

にこ「おはよ……ってうわぁ!?」

穂乃果「にこちゃんにこちゃーん」スリスリ

にこ「ちょっ、離れなさいって!朝っぱらから暑苦しいわよ!」

穂乃果「にこちゃんが私たちのことあんなこと思ってるなんて気づかなかったよー」

にこ「は、はぁ!?なんのことかわからないわよ!」

穂乃果「恥ずかしがらなくていいんだよー?誰もにこちゃんのこと笑ったりしないからさっ」

にこ「……っ」

にこ「だ、だからなんのことなのかさっぱりよ!誰か!この女を抑えなさい!」

海未「ふふ」

希「ふふ」

にこ「なんであんたらは聖母みたいな笑み浮かべてんのよ!?」

穂乃果「やっぱりにこちゃんはかわいいなぁ。ちんちくりんりんかーわいい!」

にこ「ああもう!!誰か助けてー!」

穂乃果「ちょっと待っててー」

にこ「あんたに言ってないわよ!」



穂乃果「よーし、それじゃあ今日も練習を始めよう!」

穂乃果「みんな準備はいい?せーのっ」

『μ's、ミュージックスタート!』





おしまい
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 22:24:38.94 ID:AS6TwD6W0
最初の方に考えてた案がどんどん忘れていってしまう不思議

やっぱり日をあけるのはよくないですねぇ……

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「なんかこの子……>>3ちゃんに似てない?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「なんかこの子……>>3ちゃんに似てない?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。