にこ「にこにーシアター、カーテンコール」

シェアする

にこ-アイキャッチ20
1: 駄文です(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:08:53.26 ID:HgHmHbob.net

……


ツバサ「じゃあみんな!練習したアレ、いくわよ!」

     「……っせぇーーのっ!!」

     「ラ ブ ラ イ ブ っ !」



パシャッ!



……

元スレ: にこ「にこにーシアター、カーテンコール」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:09:53.61 ID:HgHmHbob.net

……

穂乃果「っはー! 今日は疲れたー!」ノビー

海未「穂乃果、はしたないですよ。まだ公共の場にいるんですから」

穂乃果「ごめーん……でも流石に限界だよー」

海未「それは分かってますが……」

ことり「でも今日は本当に疲れたねぇ」

花陽「会場の設営の仕上げに、ライブに、片付け……」

花陽「前から準備していたとはいえ、いっぱい仕事があったもんね」
3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:10:29.91 ID:HgHmHbob.net
真姫「そうね。もっとも、疲れているのは私達だけじゃないけれど」

真姫「A-RISEや他のスクールアイドルの子たちも色々手伝ってくれた訳だし」

希「それだけやないよ。ヒデコちゃんたちや雪穂ちゃんに亜里沙ちゃん」

希「会場を貸してくれたUTX……他にも色んな人の力で支えられてたと思うよ」

絵里「……本当に、みんなのおかげだと思うわ」

絵里「同じ想いを持った子たちが集まって、こんなに大きなイベントになって」

絵里「そして成功した……まあ、これでドーム大会まで開けるのかは、分からないけれど」

にこ「ちょっと、なぁーに辛気臭いこと言ってんのよ?」

にこ「私達のキャッチフレーズ、忘れたとは言わせないわ!」
5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:11:14.69 ID:HgHmHbob.net
絵里「……『みんなで叶える物語』」

にこ「そうよ。これだけ色んな人が……スクールアイドルが」

にこ「そして、スクールアイドルを応援してくれるみんなが集まったんだもの」

にこ「ドーム大会だって絶対に実現するわ! 何なら私の保証付きでね!」

絵里「にこ……」

凛「ええー、にこちゃんの保証って大したことなさそう……」

にこ「りーんー?」

凛「わわっ、逃げるにゃー!」

にこ「あっ、こら! 待ちなさい!」

凛「へっへーん! にこちゃん、遅いよー!」

にこ「あーもうっ! あんたどこにそんな体力あんのよ……」
7: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:11:41.39 ID:HgHmHbob.net
絵里「……ふふっ、にこの言う通りね」

にこ「へっ?」

絵里「想いの力があれば、どんなことだって乗り越えられるはず」

絵里「一番私達が経験してきたことなのに、それを諭されるなんて……ね」

にこ「……まったく、あんたは変な所で心配症なんだから」

にこ「その癖を治さないと、大学でもやってけないわよー?」ケラケラ

絵里「にこ……」

希「それはにこっちもお互い様やろ?」

にこ「ちょ、希!」
9: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:12:22.04 ID:HgHmHbob.net
希「にこっち、頑固で意地っ張りやからなー、新天地で上手くやっていけるかお母さん心配で……」

にこ「誰がお母さんよ! あんたみたいな母親なんていらんわ!」

希「優しい子だったのに……これが反抗期なんやな、お母さん寂しい」

絵里「よしよし希、そっとしておきましょう……今はそれが一番よ」

にこ「だーっ! 絵里も乗らないでよ、突っ込みきれないじゃない!」

凛「昔は真面目で良い子だったんですけどね、よく挨拶も返してくれて……」

穂乃果「あいつ、この前まで元気だったんですよ、それなのに……」

にこ「いやあんたら誰ポジションなの!? 特に穂乃果!」

海未「ちくわ大明神」

にこ「海未まで……いや誰!? 本当にそれは誰!?」

海未「すみません……流れに乗ろうと思って」

にこ「いやいや乗らなくていいから! そんな無理にボケなくていいから!」
10: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:12:46.30 ID:HgHmHbob.net
にこ「はぁ……もう、なんで漫才が始まってんのよ……」

花陽「にこちゃん、お疲れ様。飲み物いる?」

にこ「ありがと、花陽……ふぅ」

穂乃果「やっぱりこの九人でいると、楽しいよね!」

真姫「楽しいというか、引っ張り回されるというか……」

希「だけど、結局みんな楽しくなるからいいやん?」

凛「そうにゃそうにゃ!」

にこ「まあ、身体張ってくのも悪くはないって思うわよ」

海未「にこ、それはアイドルとしてはどうかと……」

ことり「ふふふ……でも、そっか」




ことり「色々長引いちゃったけど、もうこのメンバーで揃うのもあと少しなんだよね」
12: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:13:47.29 ID:HgHmHbob.net
希「……そうやね」

にこ「後はラストライブを残すだけだし」

絵里「もう三月も終わりだから、本当にあと少し、なのよね」

花陽「絵里ちゃん、希ちゃん、にこちゃん……」

絵里「……でも、ほら! 最初の予定から一ヶ月も長くミューズとして活動できたのよ!」

希「そう思えば、ボーナスステージみたいなもんやね! いやぁ、得したなぁ!」

にこ「ほんとよほんと! もうアレよ、運命の神様もにこにーの前ではイチコロって言うか?」

海未「……ッ!」

穂乃果「三人とも……」

にこ「……何よ、もう解散の時に十分涙は流したでしょ?」

希「せやから今度こそ、笑顔で。みんなで笑って解散したいかな」

絵里「そりゃあ勿論寂しくないって言ったら、嘘になるけどね」
13: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:14:31.84 ID:HgHmHbob.net
全員「「「……」」」

絵里「はいっ! それじゃあ、しんみりした話はここまで!」パンッ

絵里「ここからはフリートークタイム、スタート!」

花陽「え、ええぇ……?」

真姫「この流れでフリートークって言われても……」

ことり「せ、せめてもうワンクッション置いた方が」

絵里「はーい、聞こえませーん。エリチカ聞こえなーい」

海未「あぁ、完全に何を言っても駄目な雰囲気ですねこれ」

希「ほらほら、早くしないとウチら泣いてしまうよー?」

凛「すごい情けないけど心に来る脅し文句にゃ……」

海未「その、穂乃果! 何か無いのですかっ!?」

穂乃果「ええっ、急に振られても困るよー!」
14: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:15:31.23 ID:HgHmHbob.net
絵里「まあ、要は適当におしゃべりしてわいわい出来ればいいのよ」

絵里「日常のこととか、アイドルのこととかでも構わないわ」

希「楽しく笑って過ごせればそれで良い訳やからね」

希「もちろん、普段は聞き辛いことも今ならオッケーやん!」

ことり「聞き辛いこと……?」

希「ほら、例えば……どこかの作詞家さんの恋愛模様、とか?」

海未「な、ななな、何故私の、れん、恋愛などっ!」
15: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:16:07.57 ID:HgHmHbob.net
希「あっれー? ウチはただ作詞家さんとしか言ってないんやけどなー?」

海未「ぐっ……ですが! この企画は三年生と話をする企画では無かったのですか!?」

希「誰もそんなこと、言ってないと違うんかな?」ニヤニヤ

海未「嵌めましたね、希ぃ……!」

希「さあ、それでミューズの作詞家さんは最近誰が好みなん?」

ことり「ことりも! ことりもすっごい気になる!」

海未「なんでことりまで食い付いてくるんですか!?」

希「あっ、もしかして日記とかに密かな想いとかしたためて……」

海未「ません! 勝手なこと言わないで下さい!」
16: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:16:33.63 ID:HgHmHbob.net
   ワー
        ギャー


穂乃果「……うーん」

にこ「どうしたのよ? やけに静かじゃない」

穂乃果「なんか、とんでもない忘れ物をしているような……」

にこ「忘れ物? 何を忘れたか思い出せないの?」

穂乃果「ここまでは出かかってるんだけど……えーと……」

穂乃果「日常……アイドル……日記……!!」






穂乃果「あああああああああああっっ!!!」





.
17: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:17:32.08 ID:HgHmHbob.net
にこ「ちょっ……とぉ! 耳元で突然叫ばないでよ!」キーン

海未「穂乃果、どうしたのですか?」

穂乃果「忘れてた! 取りに行かないと!」

真姫「何? 忘れ物?」

絵里「UTXの人に、連絡をとってみましょうか」

穂乃果「違うの! 会場じゃなくて!」

穂乃果「部室に忘れたの!」

にこ「部室にって、何を……?」





穂乃果「えっとね……ミューズの活動日誌!」




.
18: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:19:02.88 ID:HgHmHbob.net
~部室~

海未「はぁ……皆制服だったから良かったものの」

海未「別に今日取りにくる必要はなかったのでは?」

穂乃果「えー! だって今日のことは日誌に書いておきたいじゃん!」

絵里「それはそうだけど……」

穂乃果「それに! もうすぐこの日誌も終わるんだよ!」

穂乃果「だったら、このメンバーでいるうちに終わらせておきたいかなって……」

真姫「もうすぐって……残りのページ数は?」

穂乃果「えーと……あと、二ページ」

にこ「また微妙な残り方したわね……」
19: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:20:25.74 ID:HgHmHbob.net
穂乃果「そう? 今日と、それとラストライブで、ほら! ぴったりじゃない?」

花陽「それはそれで、最後のページに書く人の責任が重いような……」

穂乃果「ああっ、そうかぁ……」

真姫「もういっそ二連続で穂乃果が書いちゃえばいいんじゃない?」

穂乃果「そんなに書いたら穂乃果死んじゃうよー!」

真姫「ええ……」

希「さっきまで『今日のことは日誌に書いておきたい』って言ってた人の言葉とは思えないなぁ」

穂乃果「ぐむむ……どうしよう」
20: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:21:51.51 ID:HgHmHbob.net
絵里「そうね……寄せ書き、というのはどうかしら」

穂乃果「!」

ことり「寄せ書き?」

絵里「ええ。最後の一ページは、皆で寄せ書きの様に書けばいいんじゃないかって」

穂乃果「それだよっ! 流石絵里ちゃん!」

海未「ですが、ラストライブの後にそんな時間もあるのかどうか……」

絵里「あ……そうね。いい考えだと思ったんだけどな」

穂乃果「じゃあさ、今日書いちゃおうよ!」

花陽「今日!?」

穂乃果「今日の内に、ラストに向けて思ったことを書いちゃうの!」

穂乃果「なんかこう……意気込み? とか?」

にこ「意気込みってまた……」
21: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:23:02.56 ID:HgHmHbob.net
真姫「流石にフライングにも程がある気がするけど……」

希「でも、何だか穂乃果ちゃんらしい考え方やね」

希「前に前に、って。未来だけ見て今を楽しんでる感じ」

穂乃果「よーし、それじゃあまずは穂乃果から!」カキカキ

凛「あ、ズルーい! 凛も凛もー!」

にこ「ちょっと、そんなに書いたらにこの書くスペース無くなっちゃうでしょ!」

花陽「わっわわわ……」

ことり「うーん、何を書こうかな?」

絵里「ほら、海未! 早くしないと書けなくなっちゃうわよー!」

海未「もう……あ、穂乃果! こっちにはみ出さないで下さいっ!」

……
23: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:25:42.49 ID:HgHmHbob.net

……

穂乃果「ふぅ、書き終わったー!」

海未「穂乃果、ちゃんと忘れずに持って帰って、自分のページを書いて下さいね?」

穂乃果「い、言われなくても分かってるって!」

ことり「あはは……」

にこ「……あ!」

凛「どうしたの? にこちゃん?」

にこ「ううん、私も忘れ物してたの思い出してね」

凛「忘れ物って……」

花陽「こ、この伝伝伝とか……?」

にこ「いや、違う……花陽、別に震えなくてもいいじゃない」

ことり「じゃあ、このことりのサイン?」

にこ「それも違うわ……というか結構開き直ってるわねあんた!」

にこ「この三月中部室に飾られてたの見て正直びっくりしたわ!」
26: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:28:29.26 ID:HgHmHbob.net
にこ「忘れ物はね……この部室への挨拶よ」

穂乃果「挨拶?」

にこ「ほら、学校の色んな所を回って、最後に屋上に挨拶したじゃない?」

絵里「ええ、そうね……」

にこ「だけど、この部室には挨拶するの、すっかり忘れてたのよ」

にこ「曲がりなりにも三年間、ずっと一緒にいたのにね」

花陽(そっか……にこちゃんが。この中では、にこちゃん、だけが)

花陽(三年間、この部室にずっといたんだね)

凛(でも、ちょっとクサくないかにゃー?)

希「にこっち、三年も連れ添ったパートナーのこと忘れるなんて……」

にこ「言い方! もうちょっと言い方考えて!」
27: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:30:20.58 ID:HgHmHbob.net
>>25-26二重投下失礼

にこ「とにかく! 今日こうやって挨拶出来る機会があってよかった」

にこ「多分今日を逃したら、もうこうやって制服で部室に来れる日もなかっただろうし」

穂乃果「え、じゃあもしかして穂乃果、ファインプレー?」

にこ「ま、今回に限ってはそうかもしれないわね」

穂乃果「ふっふーん、やったー! にこちゃんに褒められたー!」

海未「ですが忘れ物は忘れ物ですよ?」ギロッ

穂乃果「あうぅ……」

ことり「ま、まぁまぁ……」
28: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:31:47.99 ID:HgHmHbob.net
にこ「それじゃあ……コホン」


絵里・真姫(ミューズの活動場所として)

海未・ことり(私達の、大切な場所として)

凛・花陽(アイドルとして輝ける場所として)

穂乃果(皆が笑顔で集える場所として)

希(……にこっちの為の、場所であってくれて)

にこ(……三年間、ずっとにこの居場所でいてくれて)


「「「「「「「「「ありがとうございましたっ!」」」」」」」」」
29: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:34:19.58 ID:HgHmHbob.net
……


にこ「あ、そうそう。花陽、これ持っときなさい」

花陽「わっ、こ、これって……部室の鍵?」

にこ「これからは花陽が部長でしょ? 引き継ぐのが遅くなって、悪かったわね」

花陽「にこちゃん……ううん、ありがとう!」

海未「さて、それでは……」

穂乃果「日誌は持ってるよ! ほらっ!」

海未「わざわざ見せつけなくても……では、帰りましょうか」

ことり「それにしても、もうすっかり暗くなっちゃったねぇ」








海未「え?」
30: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:37:16.69 ID:HgHmHbob.net
海未「ことり、今何と言いましたか!?」

ことり「ふぇ? もうすっかり暗くなっちゃったって……あれ!?」

にこ「さっきまで、もっと明るかったわよね」

絵里「嘘でしょ……春先だから、日が暮れるのはもっと遅いはずよ!」

穂乃果「ど、どういうこと……?」

希「……うーん」

絵里「? の、希?」

希「みんな、何か似たような経験したようなこと、ない?」
31: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:40:36.94 ID:HgHmHbob.net
穂乃果「似たような? うーん、あると言えばあるような……」

海未「無いと言えば、無いような……」

花陽「確か、あの時は……」ジーッ

凛「……」ジーッ

真姫「ヴェッ!? わ、私は関係ないわよ!?」

にこ「でも、あの時と同じようなことが起きてるってことは……」

ことり「これって……もしかして、夢?」

希「その可能性も大いにあると思うよ」
32: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:42:07.75 ID:HgHmHbob.net
花陽「でも、真姫ちゃんってあの時の記憶あるんだよね?」

真姫「え、その、し、知らない! 覚えてない!」

凛「何だったっけ? だって私、ずっと……」

真姫「わーっ! やめなさいってば!」

穂乃果「でも、今回は全員いるわけだし……」

『にっこにっこにー!』

穂乃果「ほら、にこちゃんだってこう言ってるし……」

絵里「ほ、穂乃果……!?」

にこ「そ、その、それ……!?」

穂乃果「もう、絵里ちゃん、怖がりなんだからー」

穂乃果「にこちゃんも、どうしてにこちゃん見て震えて……え?」

『……にこっ!』

穂乃果「うぇえええええっ!?」
33: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:43:51.08 ID:HgHmHbob.net
花陽「に、にこちゃんが二人!?」

凛「というか、こっちのにこちゃんは真っ黒だよ!?」

海未「まるで、にこの影の様な……」

絵里「ハ、ハラショー……」

にこ影『にっこにっこにー!』

ことり「……このにこちゃんが、今回の原因?」

希「その可能性は十分アリやね」

にこ「そんなら話は早いわ……! そこのあんた!」

にこ影『!』ビクッ

にこ「今すぐこの部屋からにこたちを出しなさいよ!」

にこ影『……!』タタッ
34: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:45:11.92 ID:HgHmHbob.net
穂乃果「あ! 逃げた!」

海未「いえ、待ってください。あれは……!」

にこ影『……』カキカキ

海未「ホワイトボードに、何か書いてますね」

絵里「意思疎通を図ろうとしているのかしら……?」

凛「えーっ、さっきは普通に喋ってたのに?」

花陽「あ、書き終わるみたいですっ」
35: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:46:45.33 ID:HgHmHbob.net
にこ影『……』フー




    ”リーダーとは!!” 

      ”1.誰よりも熱い情熱を持って、みんなを引っ張っていけること。”

      ”2.精神的支柱になれるだけの懐の大きさを持った人間であること。”

      ”3.メンバーから尊敬される存在であること!”




にこ「ってなんでやねーん!!」

希「おお、ナイス突っ込み」

にこ「いや、なんで突然リーダーの三ヶ条書いてるの!?」

にこ「その情熱は認めるけど! 本当このタイミングでなんで!?」

穂乃果「あー! これ懐かしいよね!」

凛「確かこの時は、海未ちゃんがリーダーになりそうだったんだよね!」

海未「そんなこともありましたね……」

にこ「そこ! にこを差し置いてしみじみしない!」
36: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:49:05.67 ID:HgHmHbob.net
にこ影『……!』ハッ

にこ影『……ッ! ……ッ!』ケシケシ……

絵里「な、なんか急いで消してるけど……」

真姫「書く内容、間違えたんじゃない?」

にこ「あんなにしっかり書いてたのに!?」

ことり「多分すごいうっかりさんなんだね」

にこ「やめてことり、何か間接的にうっかりって言われてる気がする……」

穂乃果「あ、また書き終わるみたいだよ!」
37: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:51:44.80 ID:HgHmHbob.net
にこ影『……』フー


         ”にこにーシアター”


花陽「にこにー……シアター?」

真姫「にこちゃん劇場の方がしっくり来そうね」

にこ「ぬぁんですってぇ!?」

穂乃果「でも、にこにーシアターって……何するんだろう?」

にこ影『!』ピョコン

にこ影『にっこにっこにー!』



パチッ
38: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:52:35.67 ID:HgHmHbob.net
絵里「ひぁっ!? て、停電!?」

希「いきなり暗くなったね……」

海未「な、何が始まるんです、にこ……?」

にこ「私に聞かれても困るんだけど……」


パッ



穂乃果「わっ、また明るくなった!」

真姫「すぐに明るくなるなら、点けっ放しでいいじゃないの……」

花陽「……あっ! 見て下さい、あれ!」
39: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:57:13.87 ID:HgHmHbob.net
『……!』

『……! ……!』

『……!』

『……♪』



穂乃果「あれって……さっきのにこちゃんの影?」

凛「それと、新しい影が二人もいるにゃ」

ことり「何だか三人とも、楽しそうっ!」

にこ(……)

希(!ああ……これって)
40: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 10:59:01.36 ID:HgHmHbob.net
『……ッ! ……ッ!』

『……』

『……』

ガチャ バタンッ



花陽「あっ……」

穂乃果「にこちゃんが怒って、あの二人が出て行っちゃったよ……?」

真姫「さっきまであんなに仲が良さそうだったのに……」

にこ「……」
41: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:03:05.29 ID:HgHmHbob.net
ガチャ

『……』カタカタ

『……にこっち』



凛「! あの影って、希ちゃん?」

希「……うん、多分そうやね」



『……もうライブはしないって、本当?』

『……』カタカタ



絵里「ねえ……これってまさか」

海未「はい、その、ええと……」

にこ「……おそらくそうよ。あんたらも気付いたと思うけど」

にこ「この影は……多分、私の記憶を再現してる」
42: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:06:40.82 ID:HgHmHbob.net
『……』カタカタ



海未「記憶を……再現?」

希「うん。正確には……この部屋であった『思い出』を再現、ってとこかな」

にこ「はは……にこにとっては、ちょっとキツかった思い出だけどね」

凛「にこちゃん……」


『……』カタッ



真姫「にこにーシアターって、そういうことだったのね……」

にこ「まあ、この部屋にずっといたのは私くらいなもんだし」

花陽「だけど、こんな思い出って……」

穂乃果「……やっぱり、辛いよ」
43: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:15:03.17 ID:HgHmHbob.net
『……』…

ガチャ バタンッ

絵里「……ごめんなさい、にこ」

にこ「なんであんたが謝んのよ」

絵里「やっぱりこうやって見てると、とっても辛いものね」

絵里「その……あなたを早く手伝っていれば、もっと違う結末になっていたかもしれないのに」

希「ウチも。もっとにこっちを助けてあげれたら……」

にこ「……はぁーっ! まったくあんたら、何も分かってない!」

のぞえり「!?」
44: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:15:37.50 ID:HgHmHbob.net
にこ「いい!? もしもやタラレバなんてのは、全部言い訳よ! い・い・わ・け!」 

にこ「そりゃあ確かにあんたらと早くから関わってれば、違う結末になってたわけだけど!」

にこ「その時、『今が最高』って胸が張れる保証なんてどこにもないわ!」

絵里「にこ……」

にこ「それにね、この思い出は辛いし、苦しいし、もう見たくないって時もある」

にこ「なんなら今も変な所で引きずってるのかもしれない」

にこ「だけどそれも、このスーパーアイドル『矢澤にこ』の一部なんだから!」

にこ「この思い出だって私にとっては、ある意味大切な思い出なの」

希「にこっち……」
45: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:17:37.39 ID:HgHmHbob.net
にこ「それから、あと一つ。そうね、主演女優っていうのは……」



ガチャッ バタンッ

『……ッ!』バタバタ



『部長さん、開けて下さい! 部長さん! 開けて!』

『開、か、な、いぃぃ~!』



海未「この声は……」

ことり「……穂乃果ちゃん!」

にこ「辛い下積み時代を経験してこそ、ハッピーになれるニコ!」
46: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:18:55.10 ID:HgHmHbob.net
『待つにゃー!』

『……ッ!』ピョンッ



穂乃果「確かこの時は、外から凛ちゃんが追いかけてって……」

真姫「にこちゃんをアルパカ小屋で捕まえてきたのよね」


『にこ先輩、実は私達、スクールアイドルをやっておりまして』

『お断りよ』



海未「そうそう、最初は断られたんでした」

ことり「この後、どうやったら上手く行くか考えたんだよね」
47: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:20:47.14 ID:HgHmHbob.net
『次のPVは、新リーダーがセンター!』

『いいんじゃないかな。なくても』

『みんなが歌って、みんながセンター!』



花陽「センターを決めるために色々なジャンルで勝負したんだよね」

凛「うんっ! あ、かよちん、今度一緒にカラオケに行こ?」



『ラブライブです! ラブライブが開催されることになりました!』



にこ「そして第一回ラブライブ!」

希「そういえばこの時は勉強合宿で大変だったね。にこっち、勉強は?」

にこ「あ、ああれからちゃんとやってるわよ!」
48: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:22:03.46 ID:HgHmHbob.net
『アキバでライブよ!』


凛「ことりちゃんの作詞した曲をみんなで歌ってー」

花陽「この頃、部室も広くなったんだよね!」



『まずは目の前にある学園祭で精一杯良いステージを見せること』



真姫「学園祭があって……はぁ、にこちゃんが当たりさえ引いてれば……」

にこ「も、もももしもやタラレバなんてのは、ぜ、全部言い訳よ!?」

真姫「まぁ、過ぎたことだしそうなんだけど……」
49: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:23:15.82 ID:HgHmHbob.net
『みんなー? グラスは持ったかなー?』

『学校存続が決まったということで、部長のにこにーから一言! 挨拶させて頂きたいと思いまーす!』



海未「何とか、学校の存続が決まって……そして」



『実は……突然ですが、ことりが留学することになりました』

『二週間後に日本を発ちます』



ことり「あの時はごめんね、穂乃果ちゃん……」

穂乃果「ううん、穂乃果も悪かったから……あ、でも! 今度留学する時は言ってね?」

海未「随分気軽に言いますね……」

絵里「ふふ、ことりの留学騒動があって……」
50: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:24:55.34 ID:HgHmHbob.net
『アライズの優勝と大会の成功をもって終わった第一回ラブライブ!』

『それがなんとなんと! その第二回大会が行われることが、早くも決定したのですっ!』



にこ「息つく暇なく第二回ラブライブ!」



『四チーム目は……ミューズ』

『ミューズ……オトノキ坂学院高校、スクールアイドル、ミューズですっ!』



真姫「A-RISEとの合同ライブで、予備予選を突破!」

にこ「って、私のライブは!?」

穂乃果「だってライブ、部室でやってないし……」
51: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:27:25.60 ID:HgHmHbob.net
『これを着て、歌う……? 凛が……!?』

『穂乃果がいないとなると、今はあなたがリーダーでしょ?』


ことり「凛ちゃんがスカートを履くようになって、可愛くなりました♪」

凛「て、照れるにゃー!」

花陽「ところで、野生のちんすこうって何だったの……?」



『印象的なパフォーマンスで最終予選の前にその差を縮めておきたい』

『とにかく大切なのは、インパクトよ!』



絵里「あー……この時は……」

海未「色々ありました……ええ、色々です」

希「まあ、いい経験やん?」
52: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:28:30.72 ID:HgHmHbob.net
『穂乃果! 一体あなたはなんっでいつもいつもこうなのです!?』

『私だって、こんなにがみがみ言いたくないんですよ!?』



穂乃果「申し訳ございませんでした……」

海未「分かればいいんですよ、分かれば」



『例えばやけど……このメンバーでラブソングを歌ってみたらどうやろか?』



真姫「まったく、希も面倒臭いんだから……」

希「ふふ、ごめんね?」

凛「でもでも、みんなで最終予選を突破できたから言うことなしにゃ!」
53: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:29:53.63 ID:HgHmHbob.net
『そういえば、亜里沙ちゃんと雪穂ちゃん、合格したんでしょ?』

『ちょっと、そういう話は……』

『あっ……卒業、しちゃうんだよね……』


絵里「……思い出も、ここまで来たのね」

穂乃果「絵里ちゃん、にこちゃん、希ちゃん……」

希「ふふ、もうやり残したことはないよ?」

にこ「もう嫌になるくらい学生生活は満喫したわ!」

---
54: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:31:52.05 ID:HgHmHbob.net
『私を誰だと思ってるの? 大銀河宇宙、ナンバーワンアイドル! にこにーにこちゃん、よ!』

『念願のラブライブに出場出来て、しかもその最後に歌えるんだよ!』


穂乃果「そして、第二回ラブライブ!」

海未「ここまで辿り着くのに、色々ありましたね」

ことり「思えば、最初は三人から始まって」

凛「気付いたら九人になって!」

真姫「それで今じゃあ、ラブライブ優勝チームだもんね」



『……起っきろーーーーーーー!!!』

『朝だよ! ラブライブだよっ!!』



花陽「その、時々ラブライブ優勝したって実感がやっぱり……」

にこ「花陽、もう一ヶ月経つのよ? しっかりしなさいよ、部長!」

希「はは、花陽ちゃんも段々慣れてくるやん?」

絵里「そうよ。花陽ならきっと、アイドル研究部をちゃんと引っ張ってくれる」
55: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 11:32:53.98 ID:HgHmHbob.net
『私が部長だったら、凛ちゃんがリーダー。だから、真姫ちゃんが副部長だよ?』

『じゃあ、ウチらはそろそろ行こっか』



穂乃果「……ありがとね」

ことり「私達のことを、ずっと近くで見てくれてたんだよね」

海未「ひっそりと、私達の活動を遺しておいてくれたんですね」



『第3回ラブライブが、秋葉ドームでの開催を検討しているんです!』

『皆の前で、もう一度ライブをやって、ちゃんと終わることを伝える』

『ライブに成功して注目されている今、それが一番なんやないかな?』



真姫「こうやって、あなたが思い出を――過去を記録してくれるおかげで」

凛「多分凛たちは……今を、その先をしっかりと見れるんだ」

花陽「……これからも、いっぱいお世話になると思うけど、よろしくお願いしますっ」
59: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:17:14.38 ID:HgHmHbob.net
『会いに行こうよ! 行ける範囲は限られるけど、直接会って直接話した方が気持ちもきっと通じるよ!』

『メールが来ました!東京だけでなく、全国から何校も!』



絵里「挫けそうになったら、またここに来ていいかしら……なんて、ね」

希「今を生きていても、時には感傷に浸りたくなる時もあるしね?」

にこ「言いたいことは、その……色々あるけど」





にこ「本当に、本当にありがとう!」





『……』

『にっこにっこにー!』
60: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:18:06.53 ID:HgHmHbob.net
……



穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん、おっはよー!」

雪穂「二人とも、おはようございます!」

ことり「わぁ、雪穂ちゃん! 入学おめでとう!」

雪穂「ふふ、ありがとうございます!」

海未「今日は、亜里沙と一緒ではないのですか?」

雪穂「私達も丁度ここで待ち合わせてるんです……あ、ほら! 亜里沙―!」

亜里沙「雪穂―! あ、穂乃果さん、ことりさん、そして海未さん! おはようございます!」

海未「はい、おはようございます。亜里沙」

穂乃果「いやぁ、二人が増えて随分にぎやかになったね!」
61: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:19:46.61 ID:HgHmHbob.net
雪穂「そういえばお姉ちゃん、生徒会長なんでしょ? 歓迎の言葉とか読むんじゃないの?」

穂乃果「そうだよ! 今年のは自信作なんだー!」

海未「いつぞやみたいに、全部忘れてしまうなんてことは止めて下さいね?」

穂乃果「大丈夫だよ! ちゃんとここに……あれ? ない!」

ことり「ええっ!?」

海未「原稿、無くしたんですか!?」

穂乃果「ううん、そんなはずは……あっ! 多分部室にあると思う!」

海未「なんでまたそんなところに……」

穂乃果「なんかこう、書くのにちょうどよかったんだよね、部室!」

穂乃果「よっし、それじゃあ急いで取ってくるよ! 先行くねっ!」

雪穂「あ、お姉ちゃん!? はぁ……まったく」

亜里沙「ハラッセオ! 穂乃果さんってやっぱりすごいです!」
62: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:20:29.34 ID:HgHmHbob.net
ことり「あ、そういえば二人とも、こんな話知ってる?」

雪穂「? どんな話なんですか?」

ことり「実はうちの部室にはね、お化けが出るんだよー?」

亜里沙「お、お化け!?」

雪穂「ちょ、ちょっと! おどかさないでくださいよ!」

ことり「あはは……ごめんごめん」

海未「ことりったら……でも、お化けと言うのもある意味当たっているかもしれませんね」

雪穂「海未ちゃ……海未さんまで!?」
63: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:21:35.17 ID:HgHmHbob.net
海未「呼び方は今まで通りで大丈夫ですよ? ああ、それとお化けですが」

ことり「お化けと言っても、そんなに怖くないお化けさんなんだ」

亜里沙「怖くないお化け? 日本にはそんなお化けがいるんですか?」

ことり「うんっ」

雪穂「でも、お化けって言うには人を怖がらせたり……とか?」

ことり「ううん、そういうことはしないかな。でも……」

亜里沙「でも?」

ことり「色んな人を勇気づけてくれる……かも?」

雪穂「……それってお化けなんですか?」
64: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:22:39.76 ID:HgHmHbob.net
……


穂乃果「はぁっ……はぁっ……着いたぁ!」

穂乃果「さて、それじゃあ……っとと! その前に!」

穂乃果「ミューズ活動日誌! これも返さないと!」

穂乃果「まあとりあえず、机の上にでも置いてっと」

穂乃果「さぁて、原稿ー、穂乃果の原稿はどっこかなー?」

『……』

穂乃果「あれー? 確かここらへんに置いておいたはずなんだけど……」

穂乃果「おっかしいなぁ……?」
65: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:23:34.37 ID:HgHmHbob.net
ビュオッ

穂乃果「わぷっ……!? か、風……!?」

穂乃果「もー、窓開けっぱなしにしたの誰ー?」

穂乃果「……あれ、窓開いてない!?」

『……』

穂乃果「うぅ、訳わかんないよ……ってああ! 穂乃果の原稿!?」

穂乃果「なんで活動日誌の最後のページに挟まってるのー!?」

穂乃果「もう何が何だか……!」

穂乃果「……ああ、そっか。なるほどね」
66: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:24:34.26 ID:HgHmHbob.net
穂乃果「あなたも寄せ書き、したかったんだ」

穂乃果「……大丈夫、あなたの言葉もちゃんと、伝わってるから!」

穂乃果「今までより! たくさんの子が入ってきて、大変になると思うけど!」

穂乃果「これからも、よろしくね!」


ホノカー
        オネエチャーン


穂乃果「あ、みんな来ちゃった……ごめーん、今行くー!」

穂乃果「それじゃあ……ファイトだよっ!」
69: >>67ミス(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:27:03.02 ID:HgHmHbob.net
 ゴメーン
      マッタク、ホノカハ……

   アハハ……










『……』

『……ファイトだよっ!』

70: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:30:36.03 ID:HgHmHbob.net
ミスが多くてすまん
本当はFinalライブ開始前に書き切りたかったけど途中死んでた



ドーム勢もライビュ勢も、是非ライブ楽しんできてね
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「にこにーシアター、カーテンコール」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。