海未「この園田、不覚です」

シェアする

海未-アイキャッチ53
1: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:31:33.32 ID:LQ+u5LC1O
海未「わたしに死角などありません」

海未「完璧です」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459391493

元スレ: 海未「この園田、不覚です」

スポンサーリンク
2: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:32:56.23 ID:LQ+u5LC1O
ここに投下するのははじめてなので様子見も兼ねて小ネタでひとつ
3: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:33:26.01 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「久しぶりの山頂アタックです」

海未「おや、滝がありますね」

海未「この空ペットボトルの山は何でしょう?」

海未「なるほど…山頂トイレの水をボランティアでボッカしてくれということですか」

海未「2リットルペットボトル2本…調度良い鍛錬になるでしょう」

海未「望むところです」


4: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:33:57.92 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「山頂に着きました」

海未「さすがに4キロ荷物が増えると大変ですね」

海未「トイレに水をデポしましょう」


5: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:34:25.82 ID:LQ+u5LC1O



海未「見晴らしがよいとすがすがしいですね!」

海未「山はやっぱりいいものです」

海未「さてお昼にしましょう」

海未「山頂でのお昼ごはんといえばカップラーメンですね」

海未「山頂で食べるのはまさに格別です」

海未「早速お湯を沸かしましょう」

海未「この日のために用意したストーブをセットして…っと」

海未「完璧です」


6: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:34:55.61 ID:LQ+u5LC1O



海未「3分たちましたね」

海未「先程のボッカのために非常にお腹がすいています」

海未「ああ…花陽ではありませんがたまりません…」

海未「…」

海未「お箸を持ってくるのを忘れてしまいました」

海未「この園田、不覚です」

7: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:35:34.14 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「先日の山頂アタックではひどい目に会いました」

海未「まさかラーメンを『飲む』ハメになるとは…」

海未「こ、これは!」

海未「フォークとスプーン付きアーミーナイフ!?」

海未「栓抜きとコルク抜き、缶切りまで付いているのですか」

海未「付属のナイロンケースに入れればベルトにも固定できるのですね」

海未「これは買いです」

海未「これさえあればもうカトラリーで困ることはありませんね」

海未「ふふふ…」

海未「完璧です」

8: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:36:07.06 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

ことり「海未ちゃん…それなに?」

海未「食器代わりのアーミーナイフです。有名ブランドではなく汎用品ですが」

ことり「あのね、かっこいいとは思うの」

海未「はい」

ことり「でもね、ことりたち女子高生だよ?ましてやアイドルなんだよ?」

海未「ことり?」

ことり「もうちょっとかわいくしたほうがいいと思うなあ?」

海未「うっ。す、すみません…」

ことり「せっかくのお弁当タイムに無骨な十徳ナイフは無粋じゃないかなあ?」ジトー

海未「こ、怖いですよことり!なんとか考えますから!その目をやめて下さい!」


9: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:36:36.37 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「ことりに怒られてしまいました」

海未「この園田、不覚です」


10: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:37:06.78 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

穂乃果「ことりちゃん、海未ちゃんになんか言ったでしょ!?」

ことり「えっと…あのね、」

穂乃果「海未ちゃんブツブツ言いながらひとりで帰っちゃったよ!?何言ったの?」

ことり「女子高生がアーミーナイフはいかがなものかと…」

花陽「アーミーナイフ!?」

凛「カッコいいにゃ!」

ことり「でもね、海未ちゃんあんなにかわいいし、おべんとだって綺麗に盛り付けされてるんだよ!?」

ことり「それなのにあんなゴツいナイフでもそもそ食べ始めるから…」

希「ことりちゃんかわいらしさにはこだわるもんなあ」

穂乃果「とにかく海未ちゃんに会ったら謝っておいたほうがいいと思うよ?」

ことり「そうだね…穂乃果ちゃんありがとう」


11: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:37:33.27 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「今度は可愛らしさを追求しましょう」

海未「アーミーナイフは禁止されてしまいましたし無粋と言われました」

海未「こんなものポイしましょう」

海未「道具ではなくメニューで完璧さを求めて見るのはどうでしょうか」

海未「メニュー…」

海未「食器にとらわれず尚且つ食べやすいもの…」

海未「そうです!おにぎりです!」

海未「これなら箸を忘れようが手が汚れようがラップに包んでおけば問題ありません」

海未「ふふふ…」

海未「完璧です」


12: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:38:05.35 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「1日で飽きてしまいました…」

海未「この園田、不覚です」


13: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:38:42.32 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「普通のおにぎりでは食べ続けたらすぐに飽きてしまいます」

海未「花陽は特別なんでしょうね…」

海未「とにかく何とかしてメニューにバラエティを持たさなければ…」

海未「炊き込みご飯にすれば良いのでは?」

海未「我ながら名案です」

海未「これなら味に幅をもたせることが出来ます」

海未「たけのこご飯、きのこご飯、豆ご飯。変わり種で炒飯なんかも良さそうですね」

海未「ふふふ…」

海未「完璧です」


14: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:39:09.33 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

花陽「海未ちゃん…何食べてるの…」

海未「花陽ですか。これは五穀米のおにぎりです。花陽も食べますか?美味しいですよ」

花陽「…」

海未「美味しさだけでなく更には雑穀を混ぜたことによりビタミンなどの栄養も…ハッ!」

花陽「…」

海未「は、花陽…?」

花陽「…」

海未「こ、怖いです!その目で私を見ないで下さい!」

花陽「…」

海未「すみませんでした!もう五穀米は使いません!何卒お許しを!」

花陽「…そこまで言うなら…」

海未「ひ、ひとつ聞かせてください!花陽的には炊き込みご飯はアリですか?」

花陽「…まあ…たまになら…」

海未「ありがとうございます!なんとかメニューを考えます!白米最高!」

花陽「だよね~!」


15: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:39:35.03 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「…」

海未「花陽…恐ろしかったです…」

海未「この園田、不覚です」


16: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:40:01.82 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

穂乃果「花陽ちゃん」

花陽「うう~」

ことり「わかるよ花陽ちゃん。なんか言ってやりたくなっちゃうんだよね」

花陽「そうなの!正しい楽しみ方を教えてあげなきゃって…」

凛「ふだんのかよちんなら他の人の食べてるものに注文つけたりしないよね」

真姫「もうほっときなさいよ。そのうちいつも通りに戻るわよ」

希「そうなあ。それが一番いいんやない?」

穂乃果「そかな~」

花陽「でも、ゴメンナサイはちゃんとしなきゃ…」


17: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:40:27.34 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「どうしたらいいんでしょうか…?」

海未「サンドイッチでは何か物足りませんし…」

海未「何とかしてメニューの幅を増やしませんと」

にこ「危ない!!」

海未「えっ?ああっ!!!」

にこ「海未~~!!」


18: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:41:15.86 ID:LQ+u5LC1O



にこ「アンタ大丈夫!?」

海未「あいたたたた…肘を擦りむいてしまいました…」

にこ「あの高さから落ちたのに?わかってはいたけどアンタって丈夫よね」

海未「わたしに死角などありません」

海未「完璧ですから」

にこ「完璧な人間は階段で考え事などしない!おいで。手当してあげる」

海未「うっ。すみません…」


19: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:41:55.54 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「にこに怒られてしまいました…」

海未「この園田、不覚です」

海未「というよりこの場合は感謝するべきですね」

海未「ありがとうございます、にこ」


20: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:42:34.56 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

ことり「にこちゃん!?」
花陽「にこちゃん!?」

にこ「な、何よ」

ことり「ずるいよ!一人だけいいかっこして!」

花陽「にこちゃんだけ株が上がってしまいましたぁ~」

にこ「アンタたちだってにこのようにすればよかったじゃない」

ことり「…」
花陽「…」

絵里「あの海未だから頼ってくれるとこっちも嬉しくなるのよね…世話を焼きたくなるというか」

穂乃果「そう?」

真姫「穂乃果は海未に世話を焼かれる方だから」


21: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:43:06.03 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「世界は常に危険に満ちています」

海未「今回はわたしの不注意でしたが今後何が起きるかわかりません」

海未「ですのでホームセンターにて肘、膝用のプロテクターを買ってきました」

海未「少々見た目がアレですがもうこれで多少の怪我など恐くありません」

海未「ふふふ…」

海未「完璧です」

海未「ことりに何を言われるかちょっとわかりませんが…」


22: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:43:49.25 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

希「海未ちゃん見た?」

真姫「大袈裟なプロテクター着けてたわね」

ことり「…」

花陽「ダメだよ!もう注意しちゃあ」

ことり「うん。ことりも海未ちゃんにもっと頼って欲しいもん」

花陽「二人で頑張ろう!」

ことり「うん!」

穂乃果「なんか穂乃果も海未ちゃんに頼って欲しくなってきちゃったよ」

希「海未ちゃん大人気やね」

絵里「頼ってほしいというかかまってあげたいっていうのが本音じゃないかしら」


23: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:46:21.76 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「にこ。先日はありがとうございます」

にこ「?ああ、保健室で手当してあげたこと?礼を言われるまでもないわよ」

海未「いえ、家庭的でやさしいにこに少し憧れを抱いてしまいました」

にこ「そう言われると悪い気はしないけど…アンタそれ何?」

海未「このプロテクターですか?もはや打撲や擦過傷など恐るに足らず」

海未「完璧です」

にこ「いいけど…アンタもアイドルなんだからもっと…」

海未「何を言うのですか!!」ヒョイ

にこ「うぁっ!」

海未「このプロテクターの中身は立派な女子高生なのですよ?にこは大事なアイドルの体に傷がついてもいいというのですか!」

にこ「わかった!わかりました!だから脇から手を入れてにこを持ち上げないで~!」

海未「わかっていただけましたか?わたしはこれでもμ'sの一員です。常に完璧であるよう心がけているのです」

にこ「り、立派ね…にこも見習わないとね…」

海未「にこにそう言っていただけるとわたしも嬉しいですね」


24: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:46:49.46 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「ゴリ押しすればよかったんですね」

海未「ここ最近で今が一番上手く行っています」

海未「ふふふ…」

海未「完璧です」


25: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:47:15.28 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

真姫「プクククク…」

希「プークスクス」

ことり「にこちゃんばっかり…」

花陽「ずるいです!」

にこ「なんでよ!?ていうかアンタたち笑いすぎ!」

真姫「だって…だって…」

希「まんま…高い高いやもん…笑うてまう…はー苦し」

にこ「笑わないでよ…本当…怖かったんだから…」

真姫「ごめんごめん」

希「普通怒るときは目線を上から見下ろすようにするんがセオリーなんに…持ち上げて見上げるように説教するやなんて…」

にこ「いや、あの時の海未には殺気を感じたわよ」

絵里「なんだかおかしな方向に行ってる気がするのは私だけ?」


26: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:47:42.47 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

凛「海ー未ちゃん」

海未「凛ですか。それに穂乃果まで」

穂乃果「そのプロテクターだけど」

凛「ボード用のかにゃ?だったら凛も持ってるけどちょっと違うにゃ」

穂乃果「バイク用かな?」

海未「そうかもしれません。できるだけ丈夫そうなものを選びましたし、店員さんにツーリングですかと聞かれましたし」

凛「女の子用のはあまりサイズがないはずだけど」

穂乃果「どこで買ったの?」

海未「この先のホームセンターです。良ければ今から行ってみますか?」

凛「行きたい!」

穂乃果「穂乃果も!」

海未「ではご案内しましょう」


27: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:49:16.91 ID:LQ+u5LC1O



凛「この3人でお出かけって珍しくないかにゃ」

穂乃果「んー。ホントだ初めてかも」

海未「そうですね。なんだか私まで楽しくなってきました」

穂乃果「帰りに何処か寄って行こうよ」

凛「凛ラーメン食べたい!」

海未「ラーメンはちょっと…」

凛「あれ?海未ちゃんラーメン嫌いだったっけ」

海未「嫌いではないのですがこの前飲んだばかりなので」

穂乃果「飲んだ?」

凛「スープをかにゃ?」

海未「いえ、なんでもないのですよ」ウフフ

28: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:49:52.55 ID:LQ+u5LC1O



海未「この通りを渡ります」

穂乃果「ここそれほど道幅広くないのに車結構スピード出てるよね」

凛「前にかよちんも轢かれそうになったことあるよ」

海未「そうですね。十分気をつけなければ」

穂乃果「危ない!!」

海未「凛!!」

凛「え!?」

凛「ニャァァァァァ!!」ドガッ

穂乃果「海未ちゃん!」

凛「あれ?なんともない」

海未「ううっ」

穂乃果「大変だ!救急車!」


29: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:50:25.07 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

絵里「なんですって!?海未が当て逃げされた!?」

絵里「落ち着いて、穂乃果、今どこ?」

絵里「わかった!全員に声をかけるからそこを動かないでね」

絵里「もう一度確認するわよ?実刑医大ね?外科処置室…わかったわ。すぐ行くから落ち着いてね」

絵里「これは大変なことになったわ…お家の方にも連絡しておきましょう。穂乃果があれほど取り乱すとは尋常じゃないわ…」

絵里「最悪なことにならなければいいけど…」

30: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:50:51.07 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

ことり「海未ちゃん!」

花陽「海未ちゃん!」

真姫「海未!」

希「海未ちゃん!」

にこ「穂乃果、海未は!?」

穂乃果「うん…」

絵里「頑張ったわね。もう大丈夫よ」

穂乃果「絵里ちゃん。にこちゃん…」

31: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:51:20.13 ID:LQ+u5LC1O



にこ「穂乃果…」ダキッ

穂乃果「うわぁぁぁぁん!」

絵里「…」

穂乃果「怖かったよお!!」

花陽「凛ちゃんが海未ちゃんのベッドにすがりついて寝てる…」

ことり「緊張が解けたんだね」

希「吃驚したやろなあ…何があったん?」

穂乃果「信号を無視した車が凛ちゃんのところに突っ込んできて…」

穂乃果「凛ちゃんを庇った海未ちゃんが…」

真姫「ゴクリ・・・」

穂乃果「スーパーマンみたいにピョーンって跳ね飛ばされちゃって…」

にこ「そ、それで…?どうなの…?」

海未「肋骨にヒビが入ってしまいました」

32: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:51:46.29 ID:LQ+u5LC1O



絵里「それだけ!?」

穂乃果「あの時はもう、本当に生きた心地しなかったよ…」

希「こっちのセリフやわ」

真姫「ホーッ」

ことり「海未ちゃん、喉乾いてない?お茶淹れてあげよっか」

花陽「びっくりして何も用意してないの…なにか必要なら何でも言ってね?」

海未「ありがとうございます。でも明日には退院ですし」

絵里「さっそくお世話焼き隊が活動を始めたわね」

にこ「アンタもいつまで私に抱きついてるのよ」

穂乃果「ごめんね。腰が抜けちゃって一人じゃ立てないの」

33: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:52:12.36 ID:LQ+u5LC1O



真姫「ナニコレ!制服もプロテクターもボロボロじゃない!」

希「これは相当な力が加わったんやね」

ことり「おうちからお着替え持ってくるね!」

花陽「花陽も行きます!」

にこ「これで肋骨にヒビだけってホント頑丈な体ね…」

海未「いえ、ほとんどがプロテクターのお陰です。しかしながら胴にだけはダメージを受けてしまいました」

海未「この園田、不覚です」

絵里「海未は何を目指しているの?」


34: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 11:56:11.58 ID:LQ+u5LC1O
ちょっと休憩
40: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:34:28.00 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

絵里「あれ以来あの子たち海未にベッタリね」

希「穂乃果ちゃんと凛ちゃんはわかるんやけどなんで真姫ちゃんまでベッタリなんやろ」

絵里「作詞作曲のパートナーだもの」

希「ん~?」

絵里「あるいは事故に巻き込まれても自分を高めようとしてる海未に尊敬の」

にこ「そんなことはどうでもいいのよ。あれあのままほっとくつもり?」



海未「おはよう御座います。絵里。にこも希も」ガチャガチャ

希「ストームトルーパーやないか!」

絵里「昨日の今日だし今のところはそっとしておいてあげましょう」

絵里(スターウォーズ好きなのよねえ…どこで手に入れてるのかしら?)

絵里(しかもエピソード4の旧タイプ…海未結構通よね)

希「そっとしとく?このコスプレを?えりち本気?」

41: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:35:02.82 ID:LQ+u5LC1O



海未「コスプレとは失礼ですね、希」ガチャガチャ

希「海未ちゃ」

海未「これはコスプレではありません。外殻はガンダニュウムを含んだチタン製!インナーには特殊ラバー入り!どんな衝撃にも耐え得る性能を秘めています!」ガチャガチャ

海未「例え車が突撃してこようが例え切り裂きジャックが私を切り裂こうとしようが…!」ガチャガチャ

海未「耐え切ってみせます!」ガチャ

海未「完璧です!!」ガチャ!

絵里「海未…!」

希「アカン、えりちが堕ちよった。にこっちは…逃げたか」

42: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:35:32.03 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

希「海未ちゃん、海未ちゃん」

海未「なんでしょうか」

希「防御力の向上は確かに良いことかも知らんけんどもそないな白いマスクちゅうかヘルメット越しやと海未ちゃんとお話しとる気ぃせんのよ」

希「せめてウチらの前ではヘルメット取ってくれへんかなあ」

海未「それもそうですね。どうしましょうkンガァァァァァァ!!」ドガッ

希「うわっと!なんや!?」

海未「痛たた…どうやら植木鉢が頭上から落ちてきたようです…」

希「それが頭にあたったんか!?海未ちゃん平気!?」

海未「ヘルメットを脱いでいたら危なかったでしょうがなんともありません。なぜなら…」

海未「わたしは完璧だからです!!」

希「おおお…(アカン。ウチまで堕ちそうや)」

43: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:36:22.91 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

穂乃果「海未ちゃん、聞いたよ!植木鉢が頭に直撃したんだって!?」

凛「園芸部の人が泣きながら謝ってきたにゃ」

ことり「大丈夫だったの?ねえ?」

花陽「とても心配です!」

真姫「だ、大丈夫に決まってるわよ。だってあの海未なのよ?」

絵里「みんな落ち着いて。次の海未のセリフを聞きましょう」

海未「皆さん…ご心配をお掛けしまして申し訳ありません」

海未「わたしなら大丈夫です。なぜなら…」

海未「完璧だからです!」

「「「「「ハラショー!」」」」」

44: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:36:48.73 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

にこ「大人気ね。あのコスプレイヤー」

希「なんとかしなきゃ…なんとか…」

にこ「そんなに難しく考えるまでもないわよ。なるようになるわ」

希「ならええけど。とてつもなく嫌な予感がするんや…」

45: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:37:29.22 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「希」ガチャガチャ

希「ヒイィッ!何でございましょうか園田様…」

海未「なんですかその他人行儀は。ひとつ伺いたいのですが」

希「な、なんやろ」

海未「植木鉢が落ちてきた時…」

希「あれはウチのせいやあらへんよ!」

海未「希のせいとは言ってませんよ。あの時希ではなく私に当たったということはわたしが運がわるいということですか?」

希「そう言えるかもしらんし、仮に海未ちゃんやのうてウチに当たってたらただじゃすまんやろし」

希「運が良かったとも言えるんやない?勿論海未ちゃんに当たって良かったとは言わんよ?ただどうとも取れるなあ」

海未「そうですか…」

希「運気なんて気の持ちようだよ」

海未「でもここ最近は随分運が悪いような気がします」

46: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:37:55.18 ID:LQ+u5LC1O



希「そ、そうかもしれんね」

海未「なんとか運気を上げる方法はありませんか?」

希「ええっ!?急にそんなこと言われても(帝国軍に恫喝されとる気分や)」

海未「お願いします!なにかヒントだけでも!」

希「くっ!しゅ、修行とか…?」

海未「修行、ですか」

希「はい」

海未「なにかわかった気がします。希、ありがとうございます」

希「いえいえ、なんもお構いもしませんで」

47: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:38:21.31 ID:LQ+u5LC1O



にこ「希テンパりすぎ」

希「見とったんかにこっち!もう…いじわる…」

にこ「うふふ」


48: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:38:47.88 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

にこ「おはよう、希」

希「おはようさん、にこっち」

にこ「朝のネットニュース見た?」

希「一人暮らしの朝は忙しいんよ、何かあったん?」

にこ「見てご覧なさいよ。その方が早いわ」

希「いつものサイトでええのん?」

にこ「そ。あのニュースサイト」

希「何やこれ…『コスプレ高校生が華厳の滝へ不法侵入』?ストームトルーパーが滝行しとるやん…シュールやわあ…」

にこ「海未ったらどこまで行くつもりやら」

希「正直関わりたくない…」

にこ「同感よ。お互い見なかったことにしましょ」

49: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:39:18.87 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「なんとか説諭で済みました」

海未「多少プライドは傷つきましたが運気は上昇している筈」

海未「ふふふ…」

海未「完璧です」

50: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:39:44.50 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

ショッカー「イー!」

ショッカー「イー!」

ショッカー「イー!」

真姫「イヤアアアアアア!なに!?何なの!?」

絵里「だだ大丈夫よまま真姫はわたしががが」

海未「そこまでです!」

真姫「海未!」

絵里「海未!」

海未「わたしが来たからにはお二人には指一本触れさせません!」


51: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:40:10.28 ID:LQ+u5LC1O



海未「ガンダニュウム配合の特殊チタン製外骨格!このストーム園田に」

海未「傷をつけられるものならつけてみなさい!」

海未「更に!滝に打たれ、金運恋愛運仕事運、すべての幸運パラメータアップ!」

海未「わたしに死角など」

海未「ありはしません!」

海未「完璧です!!」

真姫「海未!」
絵里「海未!」









52: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:40:36.28 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@



海未「攻撃方法がありませんでした」

海未「この園田、不覚です」



53: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:42:32.55 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

希「真姫ちゃんとえりちが襲われた!?」

希「そ、それで大丈夫だったんか!?犯人は!?」

にこ「秘密結社みたいよ」

希「は?」

にこ「秘密結社」

希「アカン…とうとうウチらにまで非現実が紛れ込んできよった」

にこ「もうこれは慣れるしかないわね」

希「にこっち随分冷静やんか」

にこ「現実だろうと虚構だろうと晩ごはんの支度はするものよ」

希「ニヒリスティックやわあ」


54: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:43:07.98 ID:LQ+u5LC1O



にこ「噂のお人が登校してきたわね」

希「噂?」

にこ「二人を助けたのが海未って話よ?」

希「き、今日は制服やね。ストームトルーパーはやめたのかしらん」

にこ「どうかしらね?聞いてみれば?」

希「あの人だかりじゃ碌な話聞けそうにないやん」



海未「皆さん、抱きつかないで下さい。特に真姫」

真姫「イヤ!」

ことり「ことりもことりも」

花陽「タスケテー」

絵里「ちょっとあまり押さないで」

穂乃果「持つべきものは幼なじみだね!」

↓この辺に凛


55: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:43:43.90 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「今回はなんとか撃退できましたが」

海未「自分のことばかり考えていたことにショックを受けました」

海未「μ'sは9人でμ'sです」

海未「皆さんはこのわたし、園田海未が守ります!」

海未「しかしどうしたら良いのでしょうか」

海未「レーザーガンもライトセーバーも持ち合わせがありません」

海未「ストームトルーパーは限界ということでしょうか…」

海未「わたしが使える武器…」



海未「はっ!」


56: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:44:23.76 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

希「にこっち~今日泊まりに来てぇ~~」

にこ「いきなり電話かけてきたと思ったら…どうしたのよ」

希「不安で不安で…きっと嫌なことが起きる~」グスグス

にこ「大丈夫だってば、少し落ち着きなさい。今日はダメよ。この子たちを置いていけないもの」

希「薄情や~びこっぢ~」ビエー

にこ「ああもう!泣くな!大丈夫って言ってるでしょ?」

希「ウチは何があっても構わんし。それよか海未ちゃんに嫌なことが起きる気がしてならないんよ…」

にこ「希…」

希「そう…これは…カードもそう告げるんや…」

希「カードもウチにそう告げるんや!!」ザパーン!!

にこ「落ち着けって!アンタ海未の影響をモロに受けてるわよ」

にこ「しょうがないわね、家に来なさい。家に泊まればいいでしょ?」

希「ありがとうにこっち!すぐ支度するやん!」

にこ「アンタが元気だしてくれないとこっちが困るのよって切りやがった」


57: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:44:52.22 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

海未「鍬形!」

海未「吹返し!」

海未「胴に胸板!」

海未「大袖に篭手!」

海未「草摺、脛当、毛沓!」

海未「背中にピストル!」

海未「心に花束!」

海未「そして唇には人生を!」

海未「これぞ、当世園田流大鎧(ガンダニュウム配合)!」

海未「名弓梓を携えて」

海未「今ここに不肖園田海未推参!」ベベン


58: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:45:35.46 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

にこ「平家物語か!」

希「日本の鎧って間近で見るとかっこいいやん!」

にこ「頼むから戻ってきてよ」

にこ「普段から巫女やってるから違和感ないのかしら」


59: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:46:03.53 ID:LQ+u5LC1O



海未「もう火力ゼロとは言わせません!」

海未「母を倒して手に入れましたる園田家に伝わるこの名弓!その名も梓!」

海未「先日の不審者だろうがテロリストだろうが下着泥棒であろうが」

海未「すべて射抜いてみせます!」

海未「何物をも通さぬこの防御力!」

海未「すべてを貫く貫通力!」

海未「神をも導くこの豪運!」

海未「この園田」

海未「完璧完全究極です!!」


60: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:46:30.15 ID:LQ+u5LC1O



穂乃果「海未ちゃーん!!」

ことり「海未ちゃんステキ―!!」

凛「しびれるゥー!!」

花陽「ダレカタスケテー!!」

真姫「イミワカルー!!」

絵里「オーソレハラショー!!」

理事長「推薦よ!推薦決定!!」

※ヒフミによるスモーク&バックライト点灯中



希「大人気やんか…」

にこ「学園に武将が現れたけど質問ある?っと…」


61: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:46:56.21 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

ショッカー「イー!」

ショッカー「イー!」

海未「早速現れましたね?喰らいなさい!ヘイトアローシュート!」ヒュバッ

ショッカー「イー!」

海未「少々説明をいたしましょう!」ヒュバッ

ショッカー「イー!」

海未「ヘイトアローシュートとはラブアローシュートとは真逆!」ヒュバッ

ショッカー「痛え!」

海未「悪を打ち抜き、粉砕する矢なのです!」ヒュバッ

ショッカー「イー!」

海未「もう終わりですか?口ほどにもな…ぎょぎょぎょ!?」

クモ男「…」


62: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:47:23.30 ID:LQ+u5LC1O



海未「ちょっと待ってくだs」

クモ男「シャー!!」

海未「嫌ああああああああ!クモとグロいのだけは勘弁です!!」


63: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:47:50.93 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@



海未「結局誘拐されてしまいました」

海未「この園田、不覚です」

海未「しかしアレはどうしようもありません…」


64: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:48:19.22 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

希「海未ちゃんが誘拐!?」

にこ「それで!?身代金とか!?」

穂乃果「大丈夫だよ」

ことり「あの海未ちゃんだもんね」

希「なんや、みんな落ち着いとるなあ」

にこ「で、でも誘拐されたんでしょ!?乱暴されたりしてない!?」

仮面ライダー「脱走してきましたので」

仮面ライダー「ご心配なく」

希「誰よアンタ」

にこ「改造されとるやんか」

穂乃果「ちょ二人とも動揺しすぎ」


65: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:48:45.33 ID:LQ+u5LC1O



仮面ライダー「ライダーキック!!」

凛「ニャー!!」

仮面ライダー「ライダーパンチ!!」

花陽「ダレカタスケテー!!」

仮面ライダー「ライダータイフーン!!」

真姫「スカートまくりはオコトワリシマスー!」

仮面ライダー「ライダー…の技!!」

絵里「認められないわぁぁぁ!!」

希「最後のは?最後のはなんやねん!?」

にこ「思いつかなかったのかしら」


67: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:49:38.98 ID:LQ+u5LC1O



仮面ライダー「もう悪の秘密結社など恐くはありません!」

仮面ライダー「不本意ですが手に入れたこの体」

仮面ライダー「世のため人のためすべての人のために捧げます!」

仮面ライダー「この園田…」

仮面ライダー「もはや寸分の隙もありません!」

仮面ライダー「無敵です!!」

68: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:50:10.89 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@


1459391493-rレス68-画像1



1459391493-レス68-画像2


69: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:50:37.51 ID:LQ+u5LC1O

@@@@@

ことり「海未ちゃん海未ちゃん」

仮面ライダー「なんですか、ことり」

ことり「ヘイトアローシュートって」

仮面ライダー「あれですか。好意を相手にぶつけるのがラブアローシュートだとすれば」

ことり「好きの反対って無関心だよ」

海未「」



70: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:51:07.05 ID:LQ+u5LC1O







海未「この園田…」


海未「一生の不覚です…」







@@@@@


71: ◆jHHcEfqqBU 2016/03/31(木) 12:53:35.16 ID:LQ+u5LC1O
終わり

いつものとこと違って安定してて投下しやすいわー

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「この園田、不覚です」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「この園田、不覚です」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。