えみつん「最初はメンバーお互いのこと何も知らなくて」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 20:54:18.34 ID:Mlnexcay.net
五年とちょい前



えみつん(今日初めてラブライブの他の人に会うのかぁ、怖いような楽しみのような…)


スタッフ「おはようございます」

えみつん「あっ、おはようございます! 新田恵海です! よろしくおねがいします!」

スタッフ「こちらこそよろしくお願いします」

えみつん「あの、他の方ってもういらっしゃってるんですか?」

スタッフ「はい。あちらで>>3しながら>>5している方が内田彩さんですよ」



それが私とうっちーの出会いでした。

元スレ: えみつん「最初はメンバーお互いのこと何も知らなくて」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 20:55:19.32 ID:Jr+FuSjK.net
ゆらゆら
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 20:55:32.85 ID:8FQpYC5f.net
しえん
安価なら下
6: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 20:55:38.59 ID:KlBcktkC.net
爆笑
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:04:42.47 ID:Mlnexcay.net
スタッフ「あちらでゆらゆらしながら爆笑している方が内田彩さんですよ」

えみつん「えーと…」

スタッフ「では私はこれで」
スッ


うっちー「…ふっ、ふふふっ、ぷっ、あははははっ!!」
ユラユラ


えみつん「……」
ポカン

えみつん(なんで笑ってるんだろ、あの人……誰かいる? いやどう見ても一人だよねあれ……)


うっちー「あははっ、あははははははははっ!! あーはっはははははっ!!」
ユラユラ


えみつん(やばいやばいやばいってあの人っ! えーと、内田さんっていったっけ? なんで揺れてるの?)


うっちー「あははははっ! あっ…」
ユラユラ


えみつん(やば、目があった! ていうかこっち来る…)


うっちー「うへへへぇ……へへへへぇ……あはははは」
ユラーンユラーン


えみつん(どうしようどうしよう……逃げる? いやいやこれから一緒に仕事していくんだし)


えみつん「あ、あの! 内田さん…内田彩さんですよね! 私、高坂穂乃果役の」

うっちー「>>26
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:05:41.92 ID:Tk2N4kNT.net
お水ぅぅぅ!お水もっとくださぃぃぃぃぃ
33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:13:52.43 ID:Mlnexcay.net
うっちー「お水ぅぅぅ!お水もっとくださぃぃぃぃぃ!!」

えみつん「わわっ! え? え? お水? えーとたしか鞄の中に」
ゴソゴソ

うっちー「お水ぅぅぅぅっ!!」
ガサッ

えみつん「あ、でもそれ飲みかけ」

うっちー「んくんくんくんくっ……ぷはぁーっ!! うましっ!」
グビグビ

えみつん「おぉ……なんかすごい人だ」

うっちー「あっ、はじめましてぇ~。内田彩でぇす……うぇへへへ……」

えみつん「はじめまして……新田恵海です。よろしくおねがいします」

うっちー「こちらこそよろしくおねがいしまぁす。うぇへっ、へへぇぇ…」
ユラユラ

えみつん「……あの、つかぬことをお訊きしますが」

うっちー「なんですかぁ?」

えみつん「なんでさっき揺れてたり一人で笑ってたりしてたんですか…?」

うっちー「??」

えみつん「あ、いえ、なんでもないです」

うっちー「うぇへへぇぇ~」
ユラユラ

えみつん「そういえば内田さん以外の人ってもう誰か来られてます?」

うっちー「いますよ~。ほら、向こうにいるのが三森すずこさんとかいってたかなぁ?」

えみつん「向こうにって……もしかしてあそこで>>35しながら>>38している人が?」
35: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:14:46.25 ID:/CbO/ECg.net
逆立ち
38: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:15:16.95 ID:3V9hnTzY.net
素数を数えている
53: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:27:26.24 ID:Mlnexcay.net
「…17…13…11…7…5…3、2、1」んりもみ


えみつん「なにあの内田さん並にやばい人……あ、言っちゃった」

うっちー「なんかね、肉体と精神を同時に鍛えるトレーニング編み出したとかさっき喜んでた」

うっちー「ていっても私も初対面なんだけどね」


「……19051……1773…199…119」んりもみ


えみつん「ってよく見たらすずじゃん! あまりの意味不明っぷりに赤の他人と思ってしまった……ねぇ、すずー!」

「?……んつみえ、ん」んりもみ

えみつん「とりあえず逆立ちやめようか」

「!っやて」んりもみ
ッタュシ


みもりん「えみつーん! ひさしぶりー! 元気してたー?」

えみつん「うん、すずは……見ての通り元気そうだね」

みもりん「うん、絶好調」

うっちー「あれ? 知り合い?」

えみつん「そうなの、実はね」

みもりん「えみつんとは昔一緒に>>56してたから」
56: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:28:34.03 ID:GohHykGe.net
アロサウルスの真似
62: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:40:50.87 ID:Mlnexcay.net
みもりん「えみつんとは昔一緒にアロサウルスの真似してたからね」

うっちー「あろ…?」

みもりん「どんなのだっけ? あたし忘れちゃったからえみつんやってみせてあげてよ、この…えーと…」

うっちー「内田です。さっき挨拶しましたよね?」

みもりん「いやウチダさん笑ってて何言ってるか全然聞き取れなくて……気持ち悪いなぁって印象しか残ってなかったから。あははは」

うっちー「……」

えみつん「すず、もうちょっと控えめに伝えようか…」

うっちー「……私もえみつんって呼んでいい?」

えみつん「いいよ」

うっちー「うぇへへ、やったぁ。じゃあ私のことも……私のことも……あーなんて呼んでもらおう」

みもりん「内田さんだからまれいたそとかでいいんじゃない?」

うっちー「えみつん考えて!」

えみつん「うーん…」

みもりん「あれ? あたしスルーされた?」

えみつん「うーん……あっ、ジェラシィィィクッ!」

うっちー「それいいね! そう呼んでもらおっ!」

えみつん「あ、いや今のアロサウルスの真似ね? 内田さんの愛称じゃないからね?」

うっちー「なにその意味わかんないタイミング!」

みもりん「やっぱえみつんのアロサウルスは一味違うよねー」

えみつん「内田さんの愛称ね、よし決めた! うっちーにしよう!」

みもりん「えー、それ普通すぎてつまんないからここは>>65にしようよ」
65: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:42:27.19 ID:GohHykGe.net
大塩平八郎
70: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:52:30.18 ID:Mlnexcay.net
みもりん「大塩平八郎とかいいんじゃない? ウチダさん…じゃなかった、大塩さん肌白いしピッタリ」

うっちー「じゃあうっちーって呼んでください♪」

えみつん「うん、わかった! うっちー!」

うっちー「えみつん! うぇへへぇ~」
ユラユラ

みもりん「……」

うっちー「三森さんはちゃんと内田さんって距離を計り間違えないで呼んでくださいね?」

みもりん「うんわかった、平八郎さん」

うっちー「……」

えみつん「ほーら、二人とも仲良くしよ?」


ガチャ…


みもりん「あ、おはよー! そらー」

うっちー「そら? だれ?」

みもりん「えみつんは知ってるよね?」

えみつん「徳井青空さんだよね? なんとなくは知ってるけど、どういう人かまでは…」


そらまる「……」


えみつん「あれ? 隅の方行っちゃった」

みもりん「そらは人見知りだからね。現場入ると毎回ああして隅の方で>>73してるの」
73: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:54:53.76 ID:5/SFlJZ7.net
バストアップ体操
84: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:04:33.22 ID:Mlnexcay.net
みもりん「ああしてバストアップ体操してるの」


そらまる「……私はナイスバディ……私はナイスバディ……私はナイスバディ……私はナイスバディファイト……」
モニュモニュ


うっちー「うわぁ……」

みもりん「こういう時ニコチャンならこうするとかなんとかわけのわからんこと言っててさ、困ったものだよまったく…」

うっちー「三森さんやってもらった方がいいんじゃないの?」

みもりん「なんで? あたしどう考えても必要ないでしょ」

うっちー「え?」

みもりん「え?」

えみつん「……こういうのは第一印象が大切だから。徳井さんに私たちは良い人だよって教えてあげようよ」

みもりん「良い人って教えるって時点で良い人じゃない気が…」

うっちー「それいいね! 私も人見知りな方だからえみつんが話しかけてきてくれてうれしかったもん!」

えみつん「え? あ、ああそうだね…」

えみつん(うっちーの方から近寄って私の水を強奪したような……)

みもりん「それだったらあたしに良い考えがあるよ」

えみつん「おぉ、なになに?」

うっちー「えみつんダメだよ。三森さんの言うことしょーもないことなんだから」

みもりん「あのね、この3人でそらに>>87するの」
87: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:05:34.32 ID:AgCRzE3U.net
kskst
88: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:05:44.94 ID:GohHykGe.net
肩パン
96: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:14:32.24 ID:Mlnexcay.net
みもりん「この3人でそらに肩パンするの」

うっちー「はぁ……水飲も……んくんくんくっ……ぷはぁー! あ、無くなっちゃった。三森さん買ってきて」

えみつん(私の水……まぁいっか)

みもりん「ウチダさんがそこまで言うならそらに頼んでみるね」

うっちー「…え?」

みもりん「よーし、逆立ち素数トレーニングの成果見せるぞー」
グルングルン


そらまる「…ふ、ふふ……ちょっとは大きくなったかな……」
モニュモニュ

みもりん「そーら」

そらまる「…あ、三森さん」

みもりん「てぇーいっ、バリツッ(極)!!」
ドグシャァッ

そらまる「うぐぁっ…痛いっ…! な、何するのぉ……?」

みもりん「ウチダさんが水買ってきてだってさ」


うっちー「は? なんか私が命令したみたいになってるんだけど…」
98: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:22:55.20 ID:Mlnexcay.net
うっちー「ね、ねぇ、どうしよ……えみつん……あのアホが」

えみつん「……ありだね」

うっちー「え?」

えみつん「ほらよくあるじゃん。高校生とかで、ウェーイみたいなノリ」

うっちー「いやいや三森さんの完全にいじめっこじゃん」

えみつん「私も徳井さんとこ行ってくる」

うっちー「ちょっ、ちょっと待って…」


そらまる「うぅ……っ、痛いよぉ……」

みもりん「ほら早くしないとウチダさん怒っちゃうよ」

えみつん「徳井さん」

そらまる「っ!?」
ビクッ

えみつん「徳井さん」

そらまる「は、はい…」

えみつん「ウェーイ!」
ポンッ

そらまる「……?」

えみつん「あっちで私たちとお話しでもしてようよ、ね?」

そらまる「ぼ、僕なんかと仲良くしてくれるの……?」

えみつん「もちろん、これから一緒にお仕事する仲間なんだから。ねぇ? うっちー」

うっちー「>>101
101: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:24:27.02 ID:L07ketHS.net
ksk
102: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:24:30.06 ID:/CbO/ECg.net
そうそう、だからとりあえず水買ってこいよ
112: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:35:36.34 ID:Mlnexcay.net
うっちー「そうそう、だからとりあえず水買ってこいよ」

そらまる「ふぇ……?」

うっちー(よく考えたらこの業界って縦社会だから最初にしっかり叩き込んでおかなきゃ駄目なんだよね…)

うっちー(三森さんもそれわかった上であんな後輩イジメしてたと思うし……まぁ私のはイジメじゃないけど)

うっちー「返事は?」

みもりん「そら、大先輩のウチダさんが言ってることが聞けないの?」

うっちー「そうだぞ、大先輩だぞ」

みもりん「ついでにトムヤムクンも買ってきてよ」

そらまる「そ、そんな……水はトムかくトムヤムクンなんてどこに…」

うっちー「いいからさっさとトムヤム水買ってこいよオラー」

みもりん「やっば、ウチダさんマジギレしてるじゃん。あたし知らなーい」

そらまる「わ、わかりまし」

えみつん「ってのはぜーんぶ嘘! ビックリした?」

そらまる「へ……?」

みもりん「あはははっ、そらってばマジで怯えてるから心が痛かったよー。冗談だからね? ごめんね?」

うっちー「え…?」

みもりん「ほらあれだよあれ。ヤンキーがたまに良いことするとすんごい良い人に見えるやつ」

そらまる「そ、そうなの……?」

えみつん「だから私たち全然怖い人じゃないから。ほら、うっちーもいつまでも恐い顔してないで」

うっちー「え? あ、え……あ、ああ、も、もちろん! 演技だよ演技! 決まってるじゃん!」
120: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:51:59.04 ID:Mlnexcay.net
そらまる「あーびっくりしましたよー。私っていつも仕事前にバストアップしてるから変な人だと思われてるんじゃないかって心配してて」

みもりん「それはね、気持ち悪いと思ってるよ。わりと本気で」

そらまる「ふえぇ……やっぱり……」

えみつん「徳井さんそんな気にするほど小さくないよ。すずの方が危機的状況じゃない?」

みもりん「あははは」

そらまる「三森さんはすごく可愛い顔してるから…」

みもりん「まぁね」

えみつん「いやいや私たち声優なんだから顔とかそんな関係ないでしょ。ていうか徳井さんすごく可愛いよ」

みもりん「そうそう、ウチダさん見てよ。そらの方が10倍くらい可愛いから」

うっちー「ぶっ殺しますよ?」

みもりん「あはははっ!」

えみつん「みんな可愛い! よし、解決!」

そらまる「新田さん……はいっ!」

みもりん「ところでそら、髪伸びたね? 向こうで切ってあげるよ」

そらまる「いや、いいですいいですっ」

えみつん「もーすずったらほんとのいじめっこみたいになってるじゃん」

みもりん「じょーだんじょーだん、あははは」

うっちー「……」

うっちー「……お水買ってこよっと」
スススッ




ガチャ…


えみつん「へーそうなんだー? あ、うっちー戻ってきた……と思ったら違う人…」

みもりん「誰?」

そらまる「えっと、あの人は……久保ユリカさんって人ですね」

えみつん「久保さん…」


シカちゃん「……」
コソコソ


えみつん「こっち来ないで一人で隅の方行っちゃった」

そらまる「すごい美人ですね、あの人…」

みもりん「…あ、バッグから>>122を出して>>125始めた」
122: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:52:54.59 ID:2Fzv3mHV.net
ダーツ
125: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 22:53:16.76 ID:kVp8SN6p.net
ベガのサイコクラッシャーアタックのマネ
144: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:11:37.51 ID:Mlnexcay.net
みもりん「バッグからダーツを取り出してベガのサイコクラッシャーアタックのマネ始めた」

えみつん「あはは、そんなまさかー」

そらまる「そうですよー、そんなおもしろいこと初対面できる人なんか」


シカちゃん「……」
ゴソゴソ

シカちゃん「……ダーツ……えいっ」
ヒュッ

シカちゃん「そして私も壁を蹴ってサイコクラッシャーアタック! とりゃぁっ…!」
バンッ


グルグル…


シカちゃん「ふぎゃっ…」
ベチャッ


そらまる「いたーっ!?」


シカちゃん「あぁうぅ……顔打ったぁ……またまだこれからっ」

シカちゃん「自分が投げたダーツを追い抜くくらいの瞬発力と滞空時間を追求して……えいっ」
ヒュッ

シカちゃん「はっ!」
バンッ

ベチャッ…


シカちゃん「うぎゅっ…! やっぱり無理なのかなぁ…」


みもりん「完全に頭おかしい人だよ」

そらまる「それ三森さんが言います?」

えみつん「でもたしかにこれを見たらすずが普通な人に思えてきた」


シカちゃん「あぅっ…!」
ベチャッ


みもりん「そら、ちょっとあの人になんかしてきて」

そらまる「何かって何をですか…?」

みもりん「なんかおもしろいこと考えてよ」

そらまる「おもしろいことってそんな無茶ぶり…! あの倒れてる人を>>147>>151してあげることくらいしか思い付かないけど」
148: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:13:06.69 ID:GCnUWTEs.net
慈愛に満ちた眼で
151: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:14:12.67 ID:xa0g8i7p.net
ひっぱたく
158: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:21:55.06 ID:Mlnexcay.net
そらまる「慈愛に満ちた眼でひっぱたいてあげることしか思い付かないけど」

みもりん「よし、それでいこう」

えみつん「すずってほんと自分の手を汚さずに他人をいじるの大好きだよね…」

みもりん「え? あたしも何かやった方がいい? やろうか?」

えみつん「なんでそんな嬉しそうなの!? すずがやるともうわけわかんないことになるから徳井さんだけでいいよっ」

えみつん「いや、徳井さんもすずに乗せられてないで冷静になって! 倒れてる人をひっぱたくとかそんな……ってもういない!?」

みもりん「でもそらが自分で言い出したことだからねぇ」

えみつん「まぁたしかにそうではあるけど」
162: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:32:50.74 ID:Mlnexcay.net
ぐるんぐるんシカちゃん「ぶへぇっ…!」
グシャッ

シカちゃん「うぅぁっ……また失敗ぃぃ……」

そらまる「……」

シカちゃん「え…? あ、え……」

そらまる「……」
ニコッ


えみつん「おぉ、なんて優しい眼差し…」

みもりん「そらはああ見えて表情豊かだから」


シカちゃん「あ、あの……うるさかったですか……? ごめんなさい……」

そらまる「ううん。大丈夫? せっかくの綺麗な顔が台無しだよ。ほら、私の手貸してあげるから立って」
ニコッ

シカちゃん「あ、ありが…とう、ございま……あ、あれ……?」
スカッ

そらまる「まだまだ鍛練が足りーんっ!」
バシッ

シカちゃん「ぼふぉっ!?」
ベチャッ

そらまる「もっと力強くっ! 壁を壊す勢いで!」

シカちゃん「え、えぇ…?」

そらまる「私も手伝ってあげるから! 極めたいんでしょ? サイコクラッシャーアタックを」

シカちゃん「は、はいっ!」

そらまる「さぁ、壁に寄って。シカちゃんクラッシャーアタックまで3…2…1」

シカちゃん「おりゃぁーっ!」
バーンッ


ガチャ…


うっちー「ただいまぁ…」

シカちゃん「えっ、あ、危なーい!」
グルングルン

うっちー「ふぇ……うごぉほぁぁっ!?」
ズドーッ

うっちー「ぐはっ……」
バタッ


えみつん「う、うっちー!?」

みもりん「ウチダさんが死んじゃった……なんて悲しい事故なの……っ」
166: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:40:04.32 ID:Mlnexcay.net
うっちー「」

シカちゃん「あ…あわわわわ……だ、だいじょぶですかぁ……」

そらまる(やべぇ……)

えみつん「大変だ大変だ…! すず、どうしよう!?」

みもりん「大丈夫、まだ息はあるみたい」

シカちゃん「はわわわわ……私、なんてとんでもないことを……」

みもりん「そら、なんとかして」

そらまる「ま、また私ー!?」

みもりん「そら、耳貸して」

そらまる「へ?」

みもりん「ごにょごにょごにょ…」

そらまる「……ええ…」

えみつん「??」

そらまる「…説明しよう! 久保さんのサイコクラッシャーアタックをモロに喰らって瀕死状態の内田大先輩に>>170をすればなんとすぐに復活するのであーる!」
170: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:41:29.86 ID:wfzEyoPz.net
ksk
171: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:41:29.89 ID:Tk2N4kNT.net
浣腸
183: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:54:33.66 ID:Mlnexcay.net
そらまる「瀕死状態の内田大先輩に浣腸をすればすぐに復活するのであーる!」

みもりん「な、なんだってー!?」

シカちゃん「し、死体蹴り……?」

えみつん「……でも、うっちーが助かるのならそうするしかないよね! 徳井ちゃんお願い!」

みもりん「そら、頼んだよ!」

シカちゃん「と、徳井さん……お願いします……」

そらまる「いやいやっ、殺ったの久保さんでしょ! 久保ちゃんがやってよ!」

シカちゃん「え、えぇ……」

そらまる(三森さんの戯言に付き合わされるのはもう勘弁……断ったら断ったで更にめんどくさいことになりそうだし、ここは久保ちゃんを生け贄に捧げて)

シカちゃん「わ、私ですかぁ…?」

えみつん「久保ちゃん」

みもりん「久保ちゃん」

そらまる「久保ちゃん」

シカちゃん「わ、わかりましたよ……」

シカちゃん(なんなのこの人たち……)


うっちー「」

シカちゃん「…あのぉ……内田さんに何を突っ込めば…」

みもりん「あー、この偶然たまたまそこにあったウルトラオレンジのサイリウムとかでいいんじゃない? ほいっ」

シカちゃん「は、はぁ…」



うっちー「」

シカちゃん「……まずは、スカートを捲って、下着を下ろさなきゃ……失礼しまぁす……」
シュルッ


ガチャ…


なんちゃん「……」

シカちゃん「あ……」

なんちゃん「>>187
187: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:56:15.14 ID:GohHykGe.net
続けて?
196: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:09:53.84 ID:BmtpPtPD.net
なんちゃん「続けて?」

シカちゃん「え……」

なんちゃん「何があったのかよくわからんけど、この倒れてる…内田さん? に何かする途中だったんでしょ?」

なんちゃん「いいよ、私に構わず続けて」

シカちゃん「ぇ……あ、ゃ……でも……」


えみつん「あの人知ってる……南條さんだよね?」

そらまる「はい……なんか空気が一気に痛々しくなった気が」

みもりん「久保ちゃん急激に顔が青くなってるけど大丈夫かな?」


なんちゃん「……どうしたの? 早くしてよ」

シカちゃん「ぅ……あ……その……あ、あの人たちがっ!」


そらまる「げっ……久保ちゃんめ、私たちを売るような真似を」

みもりん「あらら…」


なんちゃん「三森さんたちにやれって言われたの? 内田さんをいじめるように?」

シカちゃん「そ、そうなんですっ! 私は全然こんなことしたくなかったんですっ!」

なんちゃん「そうなの?」

そらまる「え、えーと…」

みもりん「違います」

そらまる「三森さん?」

みもりん「これを見てください、南條さん」

なんちゃん「なにこれ動画…?」



シカちゃん『おりゃぁーっ!』
バーンッ


ガチャ…


うっちー『ただいまぁ…』

シカちゃん『えっ、あ、危なーい!』
グルングルン

うっちー『ふぇ……うごぉほぁぁっ!?』
ズドーッ

うっちー『ぐはっ……』
バタッ



シカちゃん「はぁぁー!? な、なんでっ、撮って…」


なんちゃん「……」
202: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:19:03.67 ID:BmtpPtPD.net
シカちゃん「あ、いえ、これ…は、私の戦果ですはい……」

シカちゃん「し、しかーしっ!」

シカちゃん「死体蹴りを命じたのはそこにいる徳井さんで……その動画の続きを見てもらえれば」

みもりん「あ、動画ここまでしか撮ってなかった」

シカちゃん「ちょいちょいちょいーっ!?」

なんちゃん「徳井さん、どうなの?」

そらまる「私は知りません」

シカちゃん「おいこらー!」

なんちゃん「うーん……真相は闇の中、か…」

なんちゃん「こうなったら二人で勝負して勝った方を信じよう」

そらまる「え、なにそれ…」

みもりん「賛成、おもしろそう」

なんちゃん「徳井さん対、えーと……ごめん、誰だっけ?」

シカちゃん「…久保です」

なんちゃん「久保さんね。じゃあ二人で勝負してみて。種目は>>205で」
205: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:20:26.21 ID:4+SRIEot.net
ジェンガ
216: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:32:41.69 ID:BmtpPtPD.net
なんちゃん「種目はジェンガで。んじゃよろしく」

そらまる、シカちゃん((負けられないっ…!))



なんちゃん「ふぅ…」

えみつん「挨拶遅れました。私、高坂穂乃果役の新田恵海です。よろしくお願いします」

なんちゃん「絢瀬絵里役の南條愛乃です。よろしくお願いします」

なんちゃん「それにしてもここの現場は随分と賑やかだねぇ。あ、でもまだこれで全員じゃないんでしょ?」

みもりん「あー、たしか全部で10人くらいだった気がしますね」

えみつん「9人だよ、すず」

みもりん「あ、そうなの?」

なんちゃん「みんな若いよね。そりゃあ騒がしいはずだわ…」

えみつん「南條さんもそんなに変わらないですよね?」

なんちゃん「いやぁ、私はそろそろアラサー言われてもおかしくないからねー」

みもりん「あーだから若作りのためにさっきから自分の>>218>>222>>226してるんですね」
218: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:33:54.08 ID:aDawbk4U.net
222: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:34:28.33 ID:lyJAGg6y.net
マヨネーズ
226: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:34:56.80 ID:sdSx778k.net
挟んで
239: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:47:32.57 ID:BmtpPtPD.net
みもりん「あーだからさっきから腋にマヨネーズを挟んでるんですね」

なんちゃん「よく気付いたね。ふふふ、実はそうなのだ」

えみつん「あの、それってどういう意味が…?」

なんちゃん「わかんないかなぁ? こうして両腋に1本ずつマヨネーズを挟むでしょ? これがなかなか難しいのよ」

なんちゃん「強く挟みすぎると潰れて破裂しちゃってベトベトになるし、弱すぎると落ちちゃうし」

えみつん「は、はぁ……?」

なんちゃん「絶妙な力加減でずっと持続すると体幹が鍛えられるの」

えみつん「ほぇー」

みもりん「そうそう、だからあたしも逆立ちしてたでしょ?」

えみつん「なんかみんなすごいんですねぇ…」

みもりん「簡単そうに見えて意外と難しいんだよあれ。あたしも前に家でやってたら天井から床の隅まで全部マヨネーズまみれになっちゃったもん」

えみつん「そうなる前に気付こうよ、すず…」

なんちゃん「集中集中……」


そらまる「やったー! 勝利ー!」
ガシャンッ


なんちゃん「っ!?」
ビクッ

なんちゃん「あっ…」
ブシューッ


うっちー「」
ベチャッ…


えみつん「あ…」

みもりん「ウチダさんがマヨネーズまみれに…」

なんちゃん「やっちまった…」


うっちー「……んっ」
ムクッ

うっちー「…………>>244
244: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:49:29.79 ID:NtCLM141.net
ぶっかけ...
250: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:00:56.02 ID:BmtpPtPD.net
うっちー「…………ぶっかけ……」

うっちー「やだ……っ、なんで私……ぶっかけられてるの……やだ、やだぁ……!」

えみつん「うっちー落ち着いてっ!」

なんちゃん「……」
ススッ

みもりん「そう、落ち着いて最後の記憶を思い出して」

うっちー「さいごの、きおく……」

うっちー「あれはたしか……全然知らない人にいきなり頭から突っ込まれて……」

みもりん「その全然知らない人はこの中にいる?」

うっちー「この中に……」
チラッ

シカちゃん「うぇ…」

うっちー「この人っ!」

シカちゃん「すみませんすみません……」

うっちー「じゃあこの顔にぶっかけられたのは……」

なんちゃん「それはマヨネーズ」

うっちー「あ、ほんとだ……なんでマヨネーズが……」

シカちゃん「こ、これは私じゃないですからっ! あちらにいる人が」

うっちー「え? 南條さんが?」

なんちゃん「知らない」

シカちゃん「え、えぇぇぇ…!? だってその証拠に手にマヨネーズを持って……あれ?」

なんちゃん「ふっふっふ、いつから私がマヨネーズを持ってたって錯覚していたのか」

シカちゃん「な、なんで私の手にマヨネーズがぁ!? しかも2本ー!」

そらまる「ん…? さっかく……?」

そらまる「それでは聞いてください。久保ユリカで、謝罪」
260: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:10:41.10 ID:BmtpPtPD.net
シカちゃん「申し訳ありませんでした……」

うっちー「……」

シカちゃん「私は大変なことを仕出かしてしまいました……」

うっちー「おかしいよね? 先輩に向かっていきなり頭から突っ込んできて、そのうえマヨネーズまでぶっかけるとか」

うっちー「どう考えても非常識だよね?」

シカちゃん「……はい、その通りでございます」

シカちゃん(なんでこのグループ畜生しかいないんだろ……やっていける自信が無い……)

うっちー「あのさぁ…」

シカちゃん「ひぃっ…」

えみつん「うっちー! 許してあげて!」

うっちー「えみつん…」

えみつん「久保ちゃんこの仕事初めてって言ってたから、そりゃ最初は失敗だってするよ」

えみつん「だから先輩としてうっちーはそれを許容してあげるべきだと思うの」

うっちー「……まぁえみつんがそう言うなら」

シカちゃん(あの人、めっちゃ良い人だぁ…!)
266: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:20:59.31 ID:BmtpPtPD.net
うっちー「うぅ……でもベトベトするよぉ…」

えみつん「私、ウェットティッシュ持ってるよ。あとドライフルーツも。どっちがいい?」

うっちー「ウェットティッシュ」

みもりん「じゃああたしがドライフルーツ貰う」

そらまる「あ、私が拭きますよ。内田さん」

うっちー「ん、ありがと…」

そらまる「うわぁ……めっちゃかかってますね、顔に」
フキフキ

みもりん「ウチダさん大丈夫?」

うっちー「うん、髪には付いてないみたいだし」

みもりん「いや、そうじゃなくてメイク取れたりしたら」


ガチャ…


くっすん「お、おはようございますっ!!」

くっすん(ああもうみんな集まってる……遅刻はしてないけどもっと早く来ればよかった)

くっすん(知らない人ばっかで怖いけどここは頑張って自己紹介しなきゃ…!)

くっすん「あ、あのっ! 初めまして! 私、楠田亜衣奈という者でございまして、あ…東條希です! 東條希役ですっ!」

くっすん「趣味は>>268、特技は>>271、座右の銘は>>275です! よろしくおねがいしますっ!」
268: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:22:02.86 ID:NhKuY7b5.net
台パン
271: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:22:15.83 ID:Mf4vTsHF.net
人間観察
275: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:22:44.90 ID:aDawbk4U.net
kskst
276: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:22:47.52 ID:wZ+lJpTn.net
やれるもんならやってみろ
296: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:42:07.28 ID:BmtpPtPD.net
くっすん「趣味は台パン、特技は人間観察、座右の銘はやれるもんならやってみろ! です! よろしくおねがいしますっ!」


なんちゃん(この子もなんかちょっとおかしいな……)

うっちー「……台パンってなに?」

くっすん「ゲーム機をどつくことです!」

うっちー「へぇー、なんでどつくの?」

くっすん「気に入らないからです! 私に刃向かってくるんです! そういう時、バーンってやると気分が晴れ晴れしてくるの」

みもりん「ここにはそういうの置いてないけど、そらになら肩パンしていいよ」

そらまる「ちょいちょい、三森さん!?」

くっすん「いいんですか!?」

そらまる「よくないよっ!」

くっすん「そうですか……ん?」

みもりん「……」←みもりんウィンク
パチッ パチッ

くっすん(おぉ……でもほんとにいいのかな? 見た感じそらって人はウィンクの人の舎弟っぽいしオッケーってこと?)

くっすん(よしっ…)

そらまる「もぅ、三森さんはいつも私のことを」

くっすん「てやっ!」
バシッ

そらまる「痛っ! え? なんで私、初対面の人に殴られてるの?」
302: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 01:56:15.48 ID:dMBRwtEX.net
くっすん(なんかこの人以外は楯突いたら危険な感じあるけど、この人なら大丈夫そうだ)

くっすん「てやってやっ!」
ポコポコ

そらまる「ちょ、痛い痛いっ…」

くっすん(座右の銘『やれるもんならやってみろ(ただし人は選ぶ)』)

そらまる「ちょっとー! 怒るよー?」

シカちゃん「楠田さんいいぞーやっちゃえやっちゃえ!」

そらまる「え……久保ちゃん?」

シカちゃん「この人、私に全部罪を着せた人だから!」

うっちー「罪?」

なんちゃん「ああさっきのジェンガのやつ? でもそれって徳井さん勝ったじゃん」

シカちゃん「勝った方が正しいっていうのは戦争と格闘技だけ! 内田さんに浣腸させるように命令させたんですっ!」

みもりん「突然の久保ちゃんの反逆」

うっちー「か、浣腸って……」

シカちゃん「ていうか内田さんにサイコクラッシャー仕向けたのもこの人ですしっ!」

そらまる「いやそれ自分で飛んでたじゃんっ!」

うっちー「本当なの…? えみつん…」

えみつん「本当だよ」

そらまる「え、新田さん……」

なんちゃん「正義は楠田さんにありってことか」

みもりん「いやー悪いことすると罰が下るねー」

そらまる「まずあんたに下るべきでしょそれだったら!」

くっすん(なんかみんなが味方してくれてる!)
308: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:07:53.94 ID:dMBRwtEX.net
くっすん「やっぱりこの人は悪人だった! それなら容赦なく」

そらまる「むぐぐぐ……おもしろい、ならば相手になってやろう」


ガチャ…


くっすん「てりゃー!」
ポコポコ

そらまる「スーパーカウンター」
バシッ

くっすん「ふぎゃっ!」
バタッ

そらまる「よっわ!」

くっすん「ま、まだまだー!」


りっぴー「あのー、ここってラブライブの現場で合ってますよね?」

みもりん「あってるよー」

なんちゃん「お、可愛らしい子だ」

りっぴー「初めまして。飯田里穂です」

りっぴー「あの、なんでケンカして……ていうか誰か止めないんですか?」

なんちゃん「まぁいいよ、ほっとけば。それより何持ってるの? 随分と大荷物だね」

りっぴー「ああ、今日皆さんに初めてお会いするからお土産? お近づきの印に、と思いまして」

みもりん「なんだろなんだろ」

りっぴー「是非、皆さんにと。つまらない物ですけど……よかったらこの>>312を」

なんちゃん「できた子がいてくれて私は嬉しいよ。んじゃさっそく…」
312: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:10:22.95 ID:jL3P8ksk.net
マヨネーズ
318: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:20:50.37 ID:dMBRwtEX.net
りっぴー「よかったらこのマヨネーズを」

なんちゃん「んじゃさっそく」
ギュッ

りっぴー「え?」

えみつん「また南條さんが体幹トレーニングを!?」

シカちゃん「しかも9本同時とか…!」

なんちゃん「んっ、ぐぅ……さすがに左右重さが違うと難しいっ…」

えみつん「いや、その前に量が多すぎですよ!」

りっぴー「いやいやそもそも何してるんですか!?」

なんちゃん「ああやばいやばい落ちるぅぅぅっ!!」

みもりん「南條さんもっと両腋に力入れてください!」

なんちゃん「わかって、るぅーっ!」
ギューッ

えみつん「がんばって! がんばってください!」

りっぴー(変わった人たちだなぁ)

なんちゃん「あぁん、もうだめぇ…!」
グシュッ


ドビューッ!!!!


えみつん「ああ! 圧迫されてマヨネーズ破裂した!? しかも9本同時に!?」

みもりん「しかもしかもその噴射されたマヨネーズが奇跡的に全部、>>322にぶっかかった!」
322: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:22:30.67 ID:NtCLM141.net
自分
328: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:36:19.21 ID:dMBRwtEX.net
ドビューッ!!!!


なんちゃん「はびゅっ!? ぶえぇっ…!!」
グチャァ

みもりん「しかもしかもその噴射されたマヨネーズが奇跡的に全部自分にぶっかかった!」

えみつん「うわぁっ、南條さんがマヨぶっかけの刑に!?」

うっちー「ていうか私にぶっかけたのって南條さんだったってこと!? 処す! 処す!」

なんちゃん「うぐぅ……いつかは報いを受けるとは思っていたが……うへぇ、ベタベタだぁ…」

シカちゃん「……! この瞬間私の罪が消えた…! 神様ありがとぉ…」


くっすん「こんのーっ!」
ポコポコ

そらまる「甘いわっ!」
ドグシャァッ

くっすん「うわー!」
ドサッ


りっぴー「なんなの……なんなのなんなのこの現場!? おかしい人しかいないよっ!」


ガチャ…


スタッフ「キャストの皆さん、お待たせしました。そろそろ撮影の準備できるので衣装に着替えてください」
333: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:44:25.73 ID:dMBRwtEX.net
なんちゃん「あの…」

スタッフ「はい?」

なんちゃん「こんな状態になってしまいまして……」

スタッフ「え、な、なんですかこれ…」

なんちゃん「マヨネーズです」

みもりん「マヨネーズです」

えみつん「マヨネーズです」

スタッフ「え、えーと……控え室で何をどうやったらこんなことになるのでしょうか…」

なんちゃん「体幹トレーニングをしていただけなんですが……ほんとすみません……申し訳ないです……」

スタッフ「で、では南條さんはまずシャワーを浴びてそのまま衣装に着替えていただけますか…?」

なんちゃん「はい」

スタッフ「それではシャワールームに案内しますのでこちらへ」

なんちゃん「ありがとうございます…」

スタッフ「他の皆さんの衣装もここに置いておきますので各自着替えておいてください」

「「「はーい」」」


みもりん「うんしょうんしょ…」

えみつん「ねぇねぇ、すず」

みもりん「なに?」

えみつん「なんか足りなくない?」

みもりん「人数? これで全員じゃないの?」

えみつん「一人足りない気がする」

みもりん「ああさっき南條さん連れて行かれてたじゃん」

えみつん「いや、それとは別に」
335: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 02:53:44.05 ID:dMBRwtEX.net
みもりん「そんなことないでしょー! 幽霊? あははー」

えみつん「幽霊だったら多くなると思うの。私の気のせいかなぁ? うっちーはどう思う?」

うっちー「やっぱり私も南條さんも一緒にシャワー浴びてくればよかったかも」

えみつん「そういう話じゃなくてね」

シカちゃん「数えてみたらいいんじゃないでしょうか…?」

くっすん「そもそも何人が正解なんですか?」

りっぴー「9人ですよ、9人」

えみつん「えーと……私、すず、うっちー、徳井さん、久保ちゃん、飯田さん、くすなんとかさん…あと、えー…」

うっちー「南條さん」

えみつん「あ、そうだそうだ、南條さん入れて、8人……ほらやっぱり足りない!」

みもりん「えみつん、自分入れ忘れない?」

えみつん「あ、そっか。自分入れて9人……あってた!」

うっちー「もー人騒がせなんだからー」

そらまる「まぁでもおんな大人数だとわからなくなりますよね」

シカちゃん「途中で誰かいなくなっても気付かないかも」

りっぴー「あははっ、そこは気付きましょうよー」
341: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:02:44.22 ID:dMBRwtEX.net
みもりん「え? 飯田さんってまだ10代なの?」

うっちー「ほんとに? わかーい!」

りっぴー「いえ、そんな……一人子供が混じっててすいません。足引っ張らないように頑張ります!」

えみつん「どうりで制服が一番似合ってるはずだ」

くっすん「ほんとほんと、リアル女子高生みたいだもん」

シカちゃん「ずるいぞー」

そらまる「ほんとずるいずるいー」

りっぴー「皆さんもすごく似合ってますよ!」

うっちー「えー、嘘だー」

みもりん「でしょー?」


ガチャ…


スタッフ「お待たせしました、皆さん移動お願いしまーす」


「「「はーい!」」」


えみつん「初めての撮影頑張ろー!」

「「「おー!」」」
344: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:12:21.81 ID:dMBRwtEX.net
撮影場所


なんちゃん「お待たせー」

えみつん「南條さん、おかえりなさい」


カメラマン「ではこれから撮影初めていきます。これがジャケット写真になりますので」


カメラマン「皆さん、もっと中央に集まってください。体がくっつくくらいに、そうそう」


カメラマン「笑顔でお願いしますねー! 撮りますよー」


カメラマン「ん…? あれ?」

スタッフ「どうしました?」

カメラマン「たしか全員で9人とお伺いしたと思いますが…」

スタッフ「え?」



くっすん「どうしたんだろ?」

シカちゃん「トラブル、ですかね…」

りっぴー「今ちらっと9人とか言ってるの聞こえたような…」

うっちー「9人?」

みもりん「9人じゃ駄目なの?」

なんちゃん「この中から誰かリストラされたりして…」

そらまる「ここまできてですか!?」

みもりん「そら、大丈夫。あっちの方で一緒だからあたし寂しくないよ」

そらまる「なんで私がリストラ候補第一に挙げられてるんですか…」

えみつん「……? あれ……」

うっちー「えみつん…?」

えみつん「1、2、………… 8……やっぱり……」
347: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:21:16.30 ID:dMBRwtEX.net
みもりん「えみつん? どしたの? バイトの時間?」

なんちゃん「あー、私のマヨネーズの件とかでちょっと時間押しちゃってるからね」

りっぴー「スタッフさんに相談してみます?」

えみつん「あ、そうじゃなくて…」

くっすん「??」

えみつん「すごいこと言っていいですか?」

シカちゃん「すごいこと…?」

そらまる「まさか本当にリストラ…」

うっちー「なに? なんかこわい…」

えみつん「あのですね……」

えみつん「今、8人しかいない」


「「「え……?」」」


なんちゃん「そんなわけないでしょ。もう撮影始まってしばらく経つのに」

みもりん「また自分数え忘れてるでしょー」

えみつん「ほんとに! ほんとに! みんなも数えてみてよ!」


「1、2、3、…………8……あ…」


うっちー「ほんとだ! 8人しかいないよっ!」

りっぴー「なんで!? なんで一人いないんですか!?」

シカちゃん「ていうか初めて会うんだから誰がいないかもわかんない…」

そらまる「私も…」

なんちゃん「私も」

みもりん「8人でよくない? 9人も8人もそんな変わんないでしょ」

えみつん「いや、よくないよ! もう誌面やCDで9人って発表してわけだし!」


ギギギィーッ…


「はぁっ……はぁっ……はぁっ……」
タタタタッ
350: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:32:44.09 ID:dMBRwtEX.net
「はぁっ、はぁっ……すみませんっ……」


うっちー「誰……?」

みもりん「知らない人」

そらまる「スタッフさんとかじゃないですか?」

シカちゃん「あんなに慌てて…」

くっすん「あんなに慌てて、遅刻? クビにされちゃうんじゃない? あのスタッフさん…」

りっぴー「かわいそう…」

なんちゃん「まぁでも仕方ないっしょ。あのスタッフさんのせいでこうして撮影が滞ってたわけだし」

そらまる「ですよねぇ……あれ?」

シカちゃん「撮影が滞ってた原因って…」

うっちー「私たちが8人しかいないから?」

みもりん「…ということは、もしかして」

えみつん「あの人が私たちの9人目…?」


ぱいちゃん「ほんっっっっっとにすみませんっ! にしきにょ、のっ…西木野! 真姫役のっ、Pileですっ…!」

ぱいちゃん「あの、実はその…遅刻してしまったのはそうなんですけど、あ、決して言い訳するつもりじゃないんですけどっ…」

ぱいちゃん「遅れてしまった原因として……その……>>352>>355しちゃって……でも本当にすみませんでしたっ!」
352: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:35:51.09 ID:NhKuY7b5.net
私の右手
355: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:36:54.68 ID:jAHk9BXs.net
左手になって
362: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 03:49:00.11 ID:dMBRwtEX.net
ぱいちゃん「私の右手が左手になっちゃって……それで私、気が動転しちゃって…!」

ぱいちゃん「どうしようどうしようってっ、頭の中真っ白で…」


なんちゃん「……」

うっちー「あのさぁ……」

みもりん「小学生でももっとまともな嘘つけるよ?」

えみつん「ぱいるちゃん? でしたっけ? 今のはさすがに…」

りっぴー「大人としてちょっとどうかと思います」

くっすん「ん? ぱいパンしていいの?」

そらまる「許す。思う存分暴れてくるのだ、楠田さん」


ぱいちゃん「嘘じゃないんですっ! 本当なんですっ!」


なんちゃん「……手見せて」


ぱいちゃん「あ…今はもう直ってて……それでここに来れたわけで」


スタッフ「Pileさん至急衣装に着替えてきてもらえますか?」

ぱいちゃん「は、はいっ! 急ぎますっ!」
368: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 04:09:06.92 ID:dMBRwtEX.net
──────
────
──


えみつん「ってこともあったよね、昔」

なんちゃん「あんときのぱいちゃんホントなかったわー」

シカちゃん「あはは、あれほど強烈な第一印象ってないよね!」

そらまる「あ、この人平気で嘘つく人なんだーって。あれから五年くらいPileちゃんの言うこと何も信じられなかったもん」

みもりん「あ、それわかるー。あたしも同じだった」

うっちー「まぁでもPileちゃん以外にも変な人多かったよ、このグループ」

えみつん「そうそう、私が一番最初に、この人ヤバって思ったのうっちーだったもん」

うっちー「えー! 私、普通だったじゃーん!」

りっぴー「いやいや、私から言わせてもらえば全員おかしい人だからね!」

そらまる「そういえばくっすんと初対面で殴り合ったなー」

くっすん「あ、それ覚えてる覚えてる!」

なんちゃん「あと私のマヨネーズ乱射事件ね」

シカちゃん「自分で言っちゃうー?」

なんちゃん「聞いて、あのね、聞いて!」

なんちゃん「今だから言うけど、この膝の怪我……あれのせい。あの時ってわけじゃないけど、あのトレーニングのせいだって」

りっぴー「え? でもあれ腋に挟んでたじゃん。膝関係ないよ」

なんちゃん「…トレーニングを極めていった結果……」

みもりん「まさか…」

なんちゃん「膝の裏でね、同じことしてたのよ。三年くらいかな? それでじわじわやられていったっぽい…」

シカちゃん「アホかよっ!」

なんちゃん「アホだよっ!」

くっすん「アホばっかりだよ、μ'sは」

そらまる「くっすんがそれ言うー?」

えみつん「まぁそれでもこうしてなんとか続けてこられたからね。よかったよかった」

うっちー「いよいよFINALだもんね…」

みもりん「気合い入れていこー」

えみつん「……その前に、一ついい?」

なんちゃん「いいよ、リーダー」

りっぴー「リーダー」

えみつん「あのね……」

えみつん「一人足りなくない……?」
369: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 04:10:10.55 ID:dMBRwtEX.net
おわりー!
いやー頑張った、もう朝だよ
眠くはないけどだれそうだったからね
楽しかったぜ、またよろしくー
23: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 20:59:41.02 ID:S/xjF1zX.net
http://youtu.be/EZnRCgSLjjk


6年前のμ's

※ おまけです(管理人)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『えみつん「最初はメンバーお互いのこと何も知らなくて」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。