絵里「色んな物を交換してわらしべ長者になるわ」

シェアする

絵里-アイキャッチ31
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:31:59.51 ID:yAKrpGEp.net
絵里「私が持っている物はみんな大好きブラックサンダー…>>2があそこにいるから何かと交換してもらいましょう」

絵里「>>2ーー」

>>2「?」

元スレ: 絵里「色んな物を交換してわらしべ長者になるわ」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(雨が降り注ぐ世界)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:32:10.65 ID:2ku8UIZR.net
にこ
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:34:55.57 ID:yAKrpGEp.net
にこ「絵里じゃない、どうしたのよ」

絵里「このブラックサンダーと にこの持ってる何かを交換しない?」

にこ「あ、それおいしいわよね>>5でいいなら交換してもいいわよ?」
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:35:21.73 ID:L7g+Hx7H.net
にこにーをあ・げ・る♥
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:44:33.98 ID:yAKrpGEp.net
絵里「えと、今…、なんて…?」

にこ「だ…だーかーらー、にことなら交換してあげてもいいっていったのよ!何度も言わせないでよ…///」

絵里「え、いや、でもそれ…///」

にこ「す、するのしないのどっちなの!?」

絵里「…し、…交換、します///」

にこ「さ、…最初からそうやって言えばいいのよ…バカ///」

デーデッデーーーデレレレデレレレデッデッテーーーデレレレレ
ナーーーナーナナナナナーーーナーナーナナナナーーー



凛「あ、なんか百合の迷路ができた時の音が聞こえるにゃ」

凛「そしてこの音のせいなのか突然このブタメンを食べる気もしなくなってきたにゃ」

凛「誰かと交換してもらおっと」

>>15「凛!」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:44:51.10 ID:RgcL+Ue+.net
まきちゃん
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:49:02.94 ID:yAKrpGEp.net
真姫「凛!」  

凛「あ、真姫ちゃん」

真姫「カップラーメンを食べようと思ってお湯をわかしたんだけどよく考えたら家にカップラーメンおいてなくて困ってたのよ…そのブタメン貰えない?」

凛「チッ……金持ちが」  

真姫「え」

凛「何でもないにゃ、いいけど代わりに真姫ちゃんからもなんか欲しいにゃ」

真姫「物々交換ね…>>19でいい?」
19: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:50:13.58 ID:Z9kkNlg/.net
ピアノ
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:52:38.12 ID:yAKrpGEp.net
真姫「ピアノでいい?」

凛(スケールがデケェ)

真姫「え…だ、駄目だった?」
 
凛「いやいやいや滅相もない、よろこんで交換するにゃ」
 
真姫「ありがと、助かったわ」スタコラサッサ
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:55:43.37 ID:yAKrpGEp.net
凛「うぅ…家に送ってくれるのかと思ってたのに黒いスーツの人が出てきてこんな道のど真ん中で渡されるとは思わなかったよ…」

凛「凛、ピアノ弾けないし…どうしよう」

>>31「…あれは…」
31: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:56:43.44 ID:iMtJFgCF.net
かよちん
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:01:00.44 ID:yAKrpGEp.net
花陽「り、凛ちゃん…何でこんな所にピアノ置いてるの…邪魔だなんてレベルじゃないよぉ…」

凛「かよちん…実は…」


 
凛「ってことがあって…」  

花陽「すごいなぁ」 

凛「かよちん、正直ピアノいらないから何かと交換して欲しいにゃ…」

花陽「えぇ!?…う…う~ん…花陽は全然いいんだけど今>>36しか持ってないよ?」
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:01:49.81 ID:tYZE9SpF.net
スティックノリ
44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:08:16.16 ID:yAKrpGEp.net
凛「ぬ…ぬぅぅう…」

花陽「ほ、ほら…ね?こんな勿体ないことやめようよぉ…」

凛(いや…でもこのままピアノ持ってても宝の持ち腐れ感やばいし何よりブタメンはワンコイン以下のお値段で買えるもの)ブツブツブツ

凛(過程をぶっ飛ばして結果だけみると ブタメン→スティックノリって約70円→約100円ってちょっと得した気分になるし…それにこれからノリ欲しがる人もいるかもしれないから)ブツブツブツ

凛「交換する…よ…ッ!」

花陽「え…えぇ…」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:12:05.07 ID:yAKrpGEp.net
凛「…交換したら結構後悔しなかった…むしろスッキリしたにゃ」

凛「とりあえず秋葉原まできたけど…誰かいないかな?」

凛「…おやおや?あれは…」


そこにいた人物は>>52であった
52: 名無しで叶える物語(秋)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:14:37.17 ID:3qxirF+8.net
次期人気投票No1候補のんちゃん
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:21:15.67 ID:yAKrpGEp.net
凛「希ちゃんだ…おーーい!」

希「ん?あれは…どないしたん凛ちゃん?」

凛「特に用はないんだけど…希ちゃんはここでなにしてるの?」

希「うち?買いもんやね」

希「そろそろ真姫ちゃんの誕生日やん?今のうちにパーティーの飾り付けを作ろうかと思って色々買ってきたんよ」

凛「そうなんだ」

希「そうそう、折り紙に~ヒゲメガネに~クラッカーに………」

凛「…?」

希「しもた…ノリ買ってくるん忘れとった」

凛(なんということでしょう)
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:25:17.33 ID:yAKrpGEp.net
希「あー…面倒やなぁ…またお店に行かないかん…」

凛「希ちゃん!凛、ノリもってるからあげるよ!」

希「え?なんでノリ持ち歩いてんの怖いんやけど」

凛(この野郎)

希「でも…ありがたくいただいとこうかな」

希「代わりに>>58を差し上げよ~」

凛「はは~」
58: 名無しで叶える物語(秋)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:27:02.16 ID:3qxirF+8.net
神田明神
63: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:32:46.11 ID:yAKrpGEp.net
ーー神田明神内部ーー

巫女凛「…」

巫女凛「どうして…こうなっちゃったのかな…」

巫女凛「凛はただ…スティックノリをあげただけなのに…」

巫女凛「しかも巫女の衣装着せられたと思ったらなんで卑弥呼風なの?…シンプルなのでいいよ…」

チャリンチャリン…ガランガランガラン

巫女凛「…誰かお賽銭入れたんだね」

>>66「…が……ますように…」

巫女凛「あれ…?この声」
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:35:49.48 ID:TOtlbJJ5.net
雪穂
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:42:37.20 ID:yAKrpGEp.net
巫女凛「雪ちゃん…だよね?」

巫女凛「何をお願いしてるんだろう」ミミスマセ

雪穂「お父さんが喋れるようになりますように…お父さんが喋れるようになりますように…」

巫女凛「…」
73: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:46:02.06 ID:yAKrpGEp.net
巫女凛「その願い、叶えてしんぜよう」

雪穂「おわっ!?…え、凛さんなんでそんなところに…とゆうかその格好」

巫女凛「世の中には知らなくていいことの方がいいってものもあるんだにゃ」
76: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:53:02.36 ID:yAKrpGEp.net
雪穂「そ、それより!さっきのーー」

巫女凛「うん、確かに雪ちゃんと穂乃果ちゃんのお父さんが喋ってるとこ見たことないからね…凛がとっておきの方法を教えてあげる」

雪穂「とっておき…なんなんですかそれは!」

巫女凛「それはね、今凛が着てるこの服を着てお父さんに抱きついちゃえばいいんだよ」

巫女凛「この服は特別な祈りが込められていて…着ている人を見た人はビックリしちゃうんだ」

雪穂「え?そ、そんなこと…」

巫女凛「でも雪ちゃんも凛のこの姿みてビックリしたでしょ?」

雪穂「ッ!…た、確かに…!」

巫女凛(あ、信じてくれた。こんな服着てたら誰だって驚くのに…やっぱり穂乃果ちゃんの妹なんだなぁ)
77: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:56:21.50 ID:yAKrpGEp.net
雪穂「お願いします!その服を私に譲って下さい!」

巫女凛「勿論にゃ」

巫女凛「だけど…この服を譲るには雪ちゃんから凛に何かしらの献上品を貰う決まりになってるんだ」

雪穂「献上品…>>80でいいですか?」
80: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 23:57:34.08 ID:g3QT2E6r.net
穂乃果のまくら
84: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:05:29.25 ID:VtvqYrVS.net
雪穂「お姉ちゃんの枕でもいいですか?」

巫女凛(こいつ発想がやべぇな)

巫女凛(…ま、いいや早くここからでたいし)

巫女凛「よかろう」

雪穂「あ!ありがとうございます!」

巫女凛「じゃ、服脱いでくるからその間に献上品を持ってきてよ」

雪穂「は、はい!」



凛「お待たせー」

雪穂「れ…例のブツは」

凛「ちゃんと更衣室に置いてきたよ…っと、これが献上品だね」

雪穂「良かった…これでまたお父さんの声が聞けるんだ…!」

凛「あ、ついでにここの神主の権利書も置いてるから目を通しといてね」

雪穂「はい!ありがとうございます!」ペコリ

凛「じゃ~ね~」スタコラサッサ

雪穂「……ん?」
85: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:09:37.70 ID:VtvqYrVS.net
凛「いや~助かった」トテトテ

凛「…」

凛(みんな、こう思ってるよね『枕なんかでどうするんだ』『誰が欲しがるんだ』…と)

凛(違うんだよにゃ~…大切なのは、この枕の所有者が『誰のだったか』なんだよね)

>>88「…こ、この匂いは…ッ」

凛(ほらきた)
88: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:10:50.16 ID:PlMwPIaT.net
にこ
90: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:19:31.12 ID:VtvqYrVS.net
にこ「…こ、この匂いは…ッ」

凛(思ってた人と違う)

絵里「どうしたのよにこぉ♪……ッ!」

にこ「…気づいたのね、絵里」

絵里「えぇ…この芳しく甘い中毒性抜群のフレグランス…間違いなく穂乃果の匂い…」

にこ「だけど…これは穂乃果自身の匂いじゃないわ…ご褒美脇汗の匂いが全くしない…だが、その分シジミ70個分の力並みに漂ってくる頭皮と髪の香り…」

絵里「ところどころ蜜の如き唾液の香りもするわね…」

にこ「凛…その枕…まさか」

凛「ひっ…」ビクウゥゥツ!!
92: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:27:52.88 ID:VtvqYrVS.net
にこ「その枕!穂乃果のものよね!そうなのね!」

凛「う、うん…」

絵里「凛、その枕譲ってくれないかしら…勿論ただとは言わないわ」

凛「いいけど…2人みた感じつきあってるんじゃないの?」

にこ「なにいってんのよ、絵里の場合は理性を持った愛情…穂乃果の場合は本能による愛情よ。フェロモン的な」

凛「えぇ…」

にこ「にこからは>>94を」

絵里「私からは>>97をあげるわ」
94: 名無しで叶える物語(秋)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:28:56.21 ID:e/1Tmb9X.net
にこ
97: 名無しで叶える物語(秋)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:29:59.76 ID:e/1Tmb9X.net
101: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:36:21.32 ID:VtvqYrVS.net
絵里「ちょっとにこ!どういうつもりなの!?」ワーワー

にこ「あんたこそ何でそんな危険なもん持ち歩いてんのよ!」ワーキャー

絵里「私が何を所有していようが勝手でしょ!?」ギャーギャーー

凛「…」

凛「絵里ちゃん…交換しよ」

絵里「…えぇ!」

凛「…ところで、この核ってどうやって使うの?」

絵里「簡単よ、そこのボタンをポチッと押すだけで…」

凛「そっか」ポチッ

にこ「え」
102: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:44:17.35 ID:VtvqYrVS.net
その瞬間、周りにあった全ての建物や生物は吹き飛んだ
妬みや変態、排気ガスを出すもの全てが塵となる

凛は気づいた、自分が一番欲していた物は『自由』だということを

人類繁栄の為に木をなぎ倒し、生物を殺戮する
この年齢ですら人間の醜さもつことを知った凛はこれから先、もっと欲深くなった人間の醜さを見ることが嫌になった



人も建物もないその地平線からみた星空はとても綺麗だった






     ーーーー fin ーーーー
106: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 00:46:12.45 ID:VtvqYrVS.net
眠かったんで無理やり終わらせました
後悔はしてません、読んでくれた方 参加してくれた方ありがとうございます
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「色んな物を交換してわらしべ長者になるわ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。