真姫「私がやってやるわ!」

シェアする

真姫-アイキャッチ26
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:04:38.17 ID:1F8yA+hH.net
真姫「>>3でっしょー?余裕よ!」

元スレ: 真姫「私がやってやるわ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:06:47.44 ID:MgO6ZUX5.net
笑顔で腕立て伏せ
5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:18:18.51 ID:1F8yA+hH.net
真姫「私はスクールアイドルなのよ?」

真姫「笑顔で腕立てなんて余裕中の余裕よ!」

真姫「行くわよ!」

真姫「1、2、3、4!ふふふ、余裕ね!!」

暫くして。(・8・)

真姫「4...40...」プルプル

真姫「もう...無理...」バタッ

真姫「次...>>7よ...」グッタリ
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:20:46.84 ID:gxp6444N.net
にこちゃんに告白
8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:30:43.67 ID:1F8yA+hH.net
真姫「にこちゃんに私の想いをぶつけてやるわ!!」

真姫「それで、そのにこちゃんはどこかしら?」

にこ「はい、もっかい。にっこにっこにー♪」

りんぱな「にっこにっこにー♪」

真姫「見つけたわ!」

真姫「にこちゃん!」

にこ「ん?ああ、真姫ちゃんか。何?」

真姫「え、えーっと///」

にこ「?」

真姫「ちょ、ちょっと来て!」

にこ「にごお!?」ピュー
9: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:34:34.01 ID:1F8yA+hH.net
真姫(つい引っ張って来ちゃったけど...)

にこ「まったく、何の用よ」

真姫「あ、あの...ね///」

真姫「にこちゃん!!」

真姫「>>11
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:40:54.20 ID:ThxGQm/m.net
結婚してください!
14: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:50:35.52 ID:1F8yA+hH.net
真姫「にこちゃん!!」

にこ「だから何よ」

真姫「結婚して下さい!!」

にこ「は?」

真姫「だ、だから私と結婚を...」

にこ「待てい」

にこ「あのね、結婚の前にやる事あるでしょ?」

真姫「ああ、なるほどね」プチプチ

にこ「何ボタン外してるのよ!」

にこ「まだ付き合ってもいないでしょーが!」

真姫「...」

真姫「確かに...」
15: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:58:24.33 ID:1F8yA+hH.net
にこ「ちゃんと順序を守らないと嫌よ」

真姫「分かったわ」

真姫「好きよ、だから付き合って」

にこ「嫌よ」

真姫「なんで!!」

にこ「逆に良くそれでYESを貰えると思ったわね...」

真姫「じゃあどうすればいいのよ!」

にこ「いや、自分で考えなさいよ...」

真姫(考えるのよ...考えるのよ真姫!)

真姫(μ's1番の頭脳と美貌を持っているのだから!!)

真姫(!!)

真姫(見えた!明鏡止水の一雫!!)

真姫「なら、>>17よ!!」
17: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:59:34.77 ID:UsCA5xBI.net
一緒に桃鉄
18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 09:11:23.57 ID:1F8yA+hH.net
真姫「桃鉄よ!」

にこ「いや、ゲーム機ないし」

真姫「」

にこ「いや、何よ...当たり前でしょ?」

真姫「わ、私のパーフェクトな考えが...」

にこ「はあ...」

にこ「とりあえず、今の真姫ちゃんと付き合うのは嫌だから」

真姫「ま、待って!な、なら>>20よ!」
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 09:15:22.61 ID:k5MAVzHF.net
錯覚
23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 09:28:40.20 ID:1F8yA+hH.net
真姫「本当に私がにこちゃんと結婚したいと錯覚してた?」

にこ「え?」

真姫「甘い」

真姫「甘すぎるわ」

真姫「イチゴのショートケーキのように甘いわ」

にこ「な!あんた今までの事錯覚って言うの!?」

真姫「ん?錯覚...?」

真姫「それでは聞いて下さい」

真姫『錯覚CROSSROADS』
24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 09:32:54.18 ID:1F8yA+hH.net
真姫(決まった...)

真姫(パーフェクトよ...私...)

真姫(これでにこちゃんは私にメロメロね///)

真姫(ああ、私のパーフェクトな頭脳が憎いわね///)

真姫「さあ!にこちゃん!」

真姫「私に酔いなさい!!」

しーん。

真姫「いないし!!」
25: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 09:37:41.90 ID:1F8yA+hH.net
真姫「ど、どこ行ったの!?」

真姫「まだ返事貰ってないわよ!」

真姫(だけど私にはわかる!)

真姫(にこちゃんがいるのは...)ダダダッ!

真姫(ここ!部室よ!)ガラッ!

真姫「にこちゃん!!」

>>27「!!」ビクッ
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 09:39:58.18 ID:+X3jWesC.net
28: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:00:03.37 ID:1F8yA+hH.net
希「あーお茶がおいしいわー」

希「部室でポカポカお茶を啜るうち」

希「最高やん♪」

真姫「にこちゃん!!」バンッ!

希「!!」ビクッ!

真姫「希!にこちゃんはどこ!!」

希「な、なにごと!?」

真姫「素直に教えなさい...」ゴゴゴッ

希「こわっ!?うちは知らんよ!」

真姫「なるほど、あくまで隠し通すつもりね...」

希「ほんまに知らんの!うちはここでお茶飲んでただけやから!」

真姫「分かったわ」

希「ほっ」

真姫「貴方にも探すのを手伝ってもらうから」

希「」
29: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:12:55.24 ID:1F8yA+hH.net
真姫「それで、にこちゃんは何処なの」

希「だから知らんてー」

真姫「はあ、ならあなたの力で探してよ」

希「むー、そんな都合良く見つからんよ?」

真姫「まあ目印的なのが欲しいだけだから」

希「そう?んじゃ...」

希「むむむっ...はっ!!」

希「み
32: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:16:43.33 ID:1F8yA+hH.net
続きから。

希「み、見えた!!」

真姫「ど、何処なの!?」

希「>>34や」
34: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:19:43.89 ID:ThxGQm/m.net
音楽室
35: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:23:53.56 ID:1F8yA+hH.net
希「音楽室や!!」

真姫「ナイスよ希!後で高級焼肉屋さんに連れててあげるわ!」

希「え?ほんま!?」

真姫「さあ、にこちゃん!終わらないパーティを始めましょう!!」ダダダッ
36: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:28:03.89 ID:1F8yA+hH.net
にこ「ふう、まさか音楽室にいるなんて真姫は思わないわよね」

穂乃果「いやー意外と来るかもよ?」

にこ「ふん、安心しなさい」

にこ「あの子、何処か抜けてるから」

穂乃果「ふうーん」

ダダダッ!!

にこ「はっ!ま、真姫が来る!!」

穂乃果「じゃあ、あそこのロッカーに隠れて!」

にこ「分かったわ!絶対に教えないでね!」

穂乃果「うん!」
38: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:48:00.76 ID:1F8yA+hH.net
真姫「にこちゃん!!」バンッ!

シーン

真姫「誰も...いない?」

ガタッ

真姫(いや、いる!)

真姫(多分ロッカーの中か、それとも...)

真姫(もう一個のロッカーの中!)

真姫(なんでロッカーが二つあるのかと言うと)

真姫(置く場所がないから一時的に置いてあるらしいわ)

真姫(正解はどれか一つ...)

真姫(私が選ぶのは...)カッ!

真姫(>>40のコンマ一桁が偶数なら右奇数なら左を開けるわ!)

にこ(ひいー!右には来ないでー!)

穂乃果(こ、怖いから隠れたけど左開けられたらま、マズイよね)
40: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:49:32.05 ID:eGJzAmZM.net
まかせろ
42: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 12:55:33.94 ID:1F8yA+hH.net
真姫「決めたわ!!」

真姫「左よ!!」

ガチャッ!

穂乃果「ひゃあああああああ!!!」

真姫「え?へ?ほ、穂乃果!?」

穂乃果「あ、あのね!これには深い訳がありまして!!」

真姫「なるほど、私の邪魔をしたいようね」

穂乃果「ま、待って!ちがっ!」

真姫「あ、もしもし海未?今音楽室に穂乃果がいるわよ」

穂乃果「」

真姫「じゃ、後は頑張ってね」スタスタスタ
43: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:00:42.31 ID:1F8yA+hH.net
真姫「おかしい」

真姫「にこちゃんが何処にもいないわ」

真姫「仕方ない、花陽に聞いてみよ...」

prrr

花陽「もしもし?どうしたの真姫ちゃん」

真姫「ちょっとにこちゃんを探してて...」

真姫「何処に行ったか分かるかしら」

花陽「え、に、にこちゃん?」

花陽「え、えーっと」

花陽「>>45に行ったと思うよ?」
45: 名無しで叶える物語(雨が降り注ぐ世界)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:02:15.15 ID:0yPbOMQK.net
屋上
46: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:11:01.30 ID:1F8yA+hH.net
真姫「屋上ね!ありがとう花陽!」

花陽「あーうん、気をつけてね...」

プツッ

真姫「ふふ、やっぱり持つべき者は友達ね!」

真姫「さて、行くわよ!」

ちなみに屋上。

凛「Zzz...」
47: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:17:26.45 ID:1F8yA+hH.net
真姫「にこちゃんいるかしら」ガチャ

シーン

真姫「い、いない」

真姫「は、花陽に騙された!?」

真姫「あり得ないわ!花陽とは親友なのよ!」

真姫「くっ...何処に...」

凛「Zzz...」

真姫「な、なんでここで凛が寝てるのよ」

真姫「まあいいわ...早くにこちゃんを見つけないと!」

凛「うーん...にこちゃん...」ムニャ

真姫「」

凛「>>49に行くにゃー...」スヤァ

真姫「!」

49の場所ににこがいるか

>>51のコンマ一桁偶数ならにこちゃん発見奇数なら違うメンバーの誰か
49: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:23:57.31 ID:Q5TeDcDv.net
アルパカ小屋
51: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:25:02.70 ID:nWPvMHBo.net
(・8・)
52: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 14:17:02.36 ID:1F8yA+hH.net
仕事なので更新遅れます。
0が出たんで二ついっぺんにやります。
ちなみに出るメンバーは

>>53
53: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 14:25:32.75 ID:8e5xxP3m.net
はなよ
56: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:13:32.13 ID:1F8yA+hH.net
真姫「見つけたわよ...にこちゃん!」

にこ「げっ、ま、真姫ちゃん...」

真姫「そして、どういう事かしら?花陽」

花陽「ま、真姫ちゃん...」

にこ「ちがっ!花陽はたまたまあっただけで!」

真姫「にこちゃん、静かにしてなさい」

真姫「どうやら話をするしかないようね」

アルパカ(どうでもいいけどはよ出てけや)メー
57: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:20:32.72 ID:1F8yA+hH.net
真姫「どういう事?私に話してくれるわよね花陽」

花陽「い、いいよ!」

花陽「凛ちゃんと一緒に練習していた時」

花陽「にこちゃんが慌てて来たから訳を聞いたら真姫ちゃんが追いかけて来るって言うから庇っただけです!」

真姫「だからって嘘を言う事はないでしょう」

花陽「そ、それに関してはごめんね?」

真姫「だけどにこちゃんは返してもらうわよ」

花陽「だ、だめ!!」

真姫「な!?」

花陽「に、にこちゃんは...」

花陽「にこちゃんは>>60なんです!!」
60: 名無しで叶える物語(とうふ)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:24:06.31 ID:Tw2CnZPV.net
私の婚約相手
62: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:34:10.82 ID:1F8yA+hH.net
花陽「にこちゃんは私の婚約者なんです!!」

真姫「な、なん...ですって...」

にこ「...はあ」

にこ「ごめん、ずっと黙ってたの」

にこ「いつか、皆に話そうって思ってた」

にこ「特にあんたと凛にはね」

真姫「そんな...わ、私の想いは!」

にこ「ごめんなさい」

真姫「!」

花陽「ごめんなさい真姫ちゃん...」

真姫「まるで道化ね...」

真姫(だけどこれが最後の一手よ!!)

真姫(私はパーフェクト真姫ちゃん!!)

真姫(このキューティーパンサーに敗北はないと思いなさい!!)

真姫(行くわよ花陽!>>64よ!)

仕事で更新遅くなります
64: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:44:36.42 ID:OHuzST37.net
泣き落としながら愛の告白
66: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 18:29:34.76 ID:1F8yA+hH.net
にこ「これでわかったでしょ?だから諦めて」

真姫「...」プルプル

花陽「ま、真姫ちゃん?」

真姫「ぐすっ」

にこぱな「!?」

真姫「な、何よそれえ...ひくっ...ならさっさと断りなさいよお...ふえぇぇぇん...」

にこ「い、いやな、なんか断りずらかったし...」

真姫「ならしっかり話し聞くとかしてよお!!」

にこ「ご、ごめん...」

真姫「私馬鹿みたいじゃないぃぃぃ!」エーン

にこ「うぐぐ...」

真姫(よし、あと一押しね!)
67: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 18:37:38.40 ID:1F8yA+hH.net
真姫「じゃあ、聞いて?」ウワメ

にこ「!?///」

真姫(ふふふふ、穂乃果がよく海未にする方法を真似たわ!!)

真姫(流石私。完璧なコピーだわ!)

にこ「は、早く言いなさいよ!///」

真姫(今ここで私の美貌をぶつけるわ!)

真姫「にこちゃん、好きよ...」耳元でボソッと
にこ「!!!///」カァー

真姫「嘘じゃない、本当よ...」

にこ「真姫ちゃん...」
68: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 18:49:01.64 ID:1F8yA+hH.net
にこ「はあ...」

にこ「まさか、花陽が婚約者とか本当に信じてたの?」クスッ

真姫「...うん」

にこ「嘘よ、ぜーんぶ嘘」

にこ「少しからかっただけよ?」

花陽「ごめんね?にこちゃんに言われて協力する事になっちゃったの...」

にこ「そういう事、安心しなさい」

にこ「あんたの事、心配で離ことなんか出来ないから」

真姫「それって...」

にこ「大事にしてくれないとすぐいなくなるからね♪」ニコッ

真姫「ええ...ええ!もちろんよ!」

真姫「流石私!ハッピーエンドね!!」
70: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 19:00:12.29 ID:1F8yA+hH.net
真姫「流石私だったわね」

真姫「さあ、にこちゃんのハートも奪ってやったわ!」

真姫「やっぱりこのパーフェクト真姫ちゃんには誰も逃れられないのよ」

真姫「今ならいけるわ!!」

真姫「やってやるわ!!」


おわりよ。
75: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 19:17:35.41 ID:1F8yA+hH.net
ほのうみはあの後書くべき?

一応、生徒会の仕事をサボって海未ちゃんから隠れてた設定だったんよ
86: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 19:40:24.37 ID:1F8yA+hH.net
海未「では次はこちらのチェックをお願いします」ドサッ

穂乃果「うえええ!?」

海未「何驚いてるんですか?」

穂乃果「だ、だって先山のような書類を片付けたんだよ!?」

海未「はい」

穂乃果「な、なのにまだあるの!?」

海未「当たり前です。何を言ってるんですか!」

穂乃果「うー!もうやだー!!」ダー!

海未「あ!何処に!?」
88: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 19:46:04.95 ID:1F8yA+hH.net
海未「あ、相変わらず逃げ足の速い!」

ことり「あれ?どうしたの?海未ちゃん」

海未「こ、ことり!穂乃果は見ませんでした?」

ことり「え?穂乃果ちゃん?」

ことり「あ、もしかして逃げちゃった?」

海未「はい」

ことり「はあ、だから優しくしてあげてねって言ったじゃん...」

海未「十分優しくしてましたよ!」

ことり「でも逃げちゃったじゃん」

海未「うぐっ」

ことり「こっちは任せて、穂乃果ちゃんと仲直りして来てね♪」ニコッ

海未「あ、はい!ありがとうございます!ことり!」
89: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 19:51:15.53 ID:1F8yA+hH.net
穂乃果「はあ、どうしていつも怒るかなあ...」

穂乃果「もう少し優しくしてくれていーじゃん!」

穂乃果「はあ...」

ダダダッ!

穂乃果「ん?あれ、にこちゃん?」

にこ「ちょっとどいて!!」

穂乃果「へ?うわあっ!!」ドサッ

にこ「あたた...ちょっと大丈夫?」

穂乃果「まあなんとか...」
90: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 19:55:09.38 ID:1F8yA+hH.net
にこ「と、こんなことしてる場合じゃなかったわ!」

<ニコちゃーん待ちなさーい!!

穂乃果「あ、あれ?真姫ちゃん?」

にこ「や、やばい!とりあえず、音楽室に逃げるわよ!」グイッ

穂乃果「おわっ!?」
91: 1です(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:08:26.62 ID:iEtsUudb.net
にこ「よし、これでOKっと」

にこ「んで、なんであんなとこにいたのよ」

穂乃果「え!あー、えっとねー……」

にこ「……はぁ」

にこ「海未でしょ」

穂乃果「!?」
93: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:11:39.51 ID:iEtsUudb.net
にこ「また、なんか怒られるようなことしたの?」

穂乃果「してないよ!!」

にこ「じゃあなんで海未から逃げるのよ?」

穂乃果「うっ……」

にこ「あんたが悪い事したっていう思いがあるから逃げたんでしょ?」ハァ

穂乃果「……そうかも」

にこ「かも、じゃなくてそうなの」

にこ「まったく」

にこ「……ところで、真姫の声が聞こえなくなったわね……」

穂乃果「あ、そういえば」
94: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:15:00.00 ID:iEtsUudb.net
にこ「ふう、まさか音楽室にいるなんて真姫は思わないわよね」

穂乃果「いやー意外と来るかもよ?」

にこ「ふん、安心しなさい」

にこ「あの子、何処か抜けてるから」

穂乃果「ふうーん」

穂乃果(そうかなぁ?真姫ちゃんって意外と鋭いとこあると思うんだけどなぁ)

ダダダダッ!!!

にこ「はっ!ま、真姫が来る!!」

穂乃果「じゃあ、あそこのロッカーに隠れて!」

にこ「わかったわ!絶対に教えないでね!」

穂乃果「うん!」

穂乃果(なーんちゃって、真姫ちゃん来たら教えちゃおーっと♪)
95: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:17:46.07 ID:iEtsUudb.net
真姫「音楽室にいるのはわかってるのよ!!!」ダダダッ!

穂乃果「な、なんかいつもと違う気がする……」

穂乃果「こ、この感じ……う、海未ちゃん!?」

穂乃果「あ、あれ真姫ちゃんじゃなくて海未ちゃんじゃないの!?」ダッ

ガチャン!!!

穂乃果「や、やばい……こ、この感じは海未ちゃんが怒ってる時と同じだよぉ……」ブルブル
96: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:20:23.24 ID:iEtsUudb.net
真姫「にこちゃん!!」バンッ!

穂乃果(ひぃー!!ま、真姫ちゃん!?)

真姫「誰も……いない?」

穂乃果(な、なんかいつもと様子が違うような……)チョンッ

穂乃果(あ、しまった!)ガタッ

真姫「!!」バッ

穂乃果(あ、あわわわわ!こっち見てる!!)

真姫「決めたわ!!」

穂乃果(何を!?)

真姫「左よ!!」

穂乃果「ひゃあああああああ!!!」
98: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:22:33.19 ID:iEtsUudb.net
真姫「え?へ?穂乃果!?」

穂乃果「あ、あのね!これには深い訳がありまして!!」

真姫「なるほど」

穂乃果(あ、わかってくれたのかな?)

真姫「私の邪魔をしたいようね」ゴゴゴゴッ

穂乃果「ま、まって!ちがっ!」

真姫「あ、もしもし海未?今音楽室に穂乃果がいるわよ」

穂乃果「」

真姫「じゃあ後は頑張ってね」スタスタスタ
99: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:27:26.76 ID:iEtsUudb.net
海未「はい、もしもし。あ、真姫どうしましt……」

海未「音楽室にいるんですね!!わ、わかりました!!」

ことり「ん?いたの?」

海未「はい、音楽室にいるみたいなんですぐに迎えにいきます!」

ことり「うん、気をつけてねー」

海未「あれ?ことりはこないんですか?」

ことり「うん」

海未「な、何故です」

ことり「だって、この山のような書類を少しでも終わらせないとダメでしょ?」

ことり「こっちはことりがやるから穂乃果ちゃんを迎えに行ってあげてね?」ニコッ

海未「ことり……わかりました。ありがとうございます!」

ことり「……まったく。海未ちゃんは何もわかってないねー」

ことり「でもこれで完全にほのうみルートだよ!!」

ことり「ふわー!!ぴゅあぴゅあなとこが見れるといいなぁー!!」

ことり「うふふふふふ♪」
100: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:30:27.20 ID:iEtsUudb.net
穂乃果「」ガタガタブルブル

にこ「ちょっと、いい加減に震えるのやめなさいよ……」

穂乃果「もうだめだ……おしまいだぁ……」ガタガタ

にこ「はあ、あんたねぇ……」

海未「穂乃果!!」ガララッ

穂乃果「ビクゥッ!!」

にこ「あ、海未。あんた穂乃果に」

海未「すいません。今はできれば二人にしていただけませんか?」

にこ「あら」

にこ「あ、そう?じゃあお邪魔虫は退散させてもらいますか」

穂乃果「え!?ま、待って!!待ってにこちゃああああん!!!!」ヘルプ!

にこ「じゃあ頑張ってねー♪」

穂乃果「あ……」

海未「……はぁ」
101: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:35:36.28 ID:iEtsUudb.net
海未「穂乃果」

穂乃果「ひぃっ!?ご、ごめんなさい!!」

海未「まったく……別に怒ってませんよ」

穂乃果「え?ほ、本当?」

海未「はい」

穂乃果「本当に本当??」

海未「当たり前です」

穂乃果「うぅっ……うわぁーん!!」ガバッ

海未「おっと。私も私ですね」

海未「いつも怒ってるからこれだけ穂乃果に恐怖を植えつけてしまっていたんですね」

海未「次からは気をつけます」ヨシヨシ

穂乃果「ううん!穂乃果も悪いの!本当にごめんね!!」

海未「じゃあ、お互いこれから気をつけていきましょうか」ニコッ

穂乃果「海未ちゃん……うん!」ニコッ

海未「じゃあ、戻って山の書類を整理しましょうか」

穂乃果「うえぇ……」

海未「今ことりが整理してくれてますから」

穂乃果「あ、そうなんだ。うん、頑張る!」

海未「はい、頑張りましょ!穂乃果」

穂乃果「うん♪ファイトだよっ!!」

おわりだよっ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「私がやってやるわ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。