凛「凛が2人でふたりんりん」

シェアする

凛-アイキャッチ16
1: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:26:55.31 ID:f76XGN4O0
花陽「あれ? 真姫ちゃん、凛ちゃんはどこに行ったのかなぁ?」

真姫「今日はもう、先に部室に行ったんじゃない?」

花陽「ああ、そうだねぇ。凛ちゃん忘れ物したとか言ってたし」

真姫「私たちも早く行きましょう」

花陽「うん」

凛「か、かよちん! 真姫ちゃん!」

花陽「あ、凛ちゃん」

真姫「忘れ物はとってきたの?」

凛「そ、それどころじゃないよ! 来て来て!」

花陽「?」

真姫「ちょっとどうしたの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407054405

元スレ: 凛「凛が2人でふたりんりん」

スポンサーリンク
2: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:29:15.74 ID:f76XGN4O0


凛「連れてきたよ!」

花陽「凛ちゃん? 誰もいないよ?」

真姫「ってここ部室じゃない。何もそんなに急かさなくても……」

凛「よかったにゃあ……誰にも見つかってないよね?」

凛「大丈夫だよ!」

花陽「」

真姫「」

凛「……ということです」

凛「です」

真姫「ちょ……っと待って。よくわかんない」

花陽「わ、私も……」
6: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:31:43.34 ID:f76XGN4O0
凛「だからね、凛はこっちの凛と……」

凛「こっちの凛に分裂しちゃったの」

真姫「ぶ、分裂!?」

花陽「だ、大丈夫なの?」

凛「凛はなんともないよ」

凛「うん、凛もなんともなーい」

真姫「え? 凛が2人って……からかってるわけじゃないわよね?」

凛「そんなことしないよぉ」

凛「凛のこと疑うなんてひどいにゃー!」

真姫「ごめんなさい……でもそんな……」

花陽「うーん……凛ちゃんが部室に2人……すごい展開だね」
7: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:35:04.03 ID:f76XGN4O0
凛「とにかく、2人にわかれちゃったんだよ」

凛「うん、くしゃみしたら」

花陽「え、ええっ!? くしゃみで!?」

凛「そうだよ」

真姫「……内臓的なものでも飛び出たんじゃ」

凛「ひぃっ!?」

花陽「でもこの反応はどっちも凛ちゃんだよねぇ……」

真姫「私もそう思うわ。長い付き合いの花陽でも見分けつかないんだし」

凛「真姫ちゃんだって、これから付き合い長くなるよ?」

凛「うんうん」

真姫「ありがと。それよりこの状況どうするのよ」

凛「……とりあえず凛1人じゃ解決できないから2人を呼んだの」

真姫「あんたたち今2人じゃない」

凛「はっ」

凛「本当だ!」
8: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:38:01.42 ID:f76XGN4O0
凛「うーん、これどうしたらいいのかなぁ」

花陽「手を繋いでみるとか」

凛「それはもうやったよ」

凛「おんぶしたり抱き合ってみたり……」

凛「できることは全部やっちゃったよ」

真姫「なるほどね。でも戻れない、と」

凛「そうそう」

凛「これじゃあみんなをびっくりさせちゃうにゃ」

花陽「そうだね、どうにかして解決策を……」

絵里「あ、みんな来てるー?」

真姫「」

花陽「」

絵里「えっ、なにこれ」
9: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:39:55.36 ID:f76XGN4O0
絵里「凛が2人……はっ!」

絵里「み、見ちゃダメよ凛! ドッペルゲンガーだから見たら死んじゃうわ!」

凛「ええっ!?」

凛「死んじゃうの!?」

花陽「え、絵里ちゃん落ち着いて」

真姫「そうよ絵里、これはドッペルゲンガーなんかじゃなくて……」

絵里「え? 双子?」

花陽「ち、違うよ絵里ちゃん、そういうわけじゃ……」

真姫「花陽。それは隠しておいた方が都合がいいわ」

花陽「え? なんで?」
11: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:42:55.92 ID:f76XGN4O0
真姫「その方が現実的で、絵里には理解しやすいじゃない」

花陽「そ、そうだね……」

真姫「凛が分裂したなんて言っても信じてもらえるわけが……」

絵里「凛が分裂した?」

真姫「しまった」

花陽「え、絵里ちゃん、これは……その……」

絵里「ハラショー……やっぱり日本にはニンジャの末裔がいたのね……つまりそれが凛」

絵里「すごいわ凛! あんなに運動神経がいいのもそれなら合点がいく……」

凛「忍者?」

凛「忍者がどうかしたの?」

真姫「……もうこれでいいわ」
12: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:45:17.52 ID:f76XGN4O0
花陽「えーっとね、絵里ちゃん」

絵里「なに? やっぱり写真撮っといた方がいいかしら」

凛「じゃあ凛は左に立つよ」

凛「凛は右ね」

真姫「違うでしょ。解決方法を探してるんじゃなかったの?」

凛「あ、そっか」

凛「ごめんね絵里ちゃん、写真はまた今度ね」

絵里「わかったわ。国家機密だものね」

凛「?」

凛「きみつ?」

花陽「絵里ちゃん、とにかく話を聞いて」

絵里「はい」

13: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:48:33.28 ID:f76XGN4O0
花陽「凛ちゃんは……その、分身しちゃったけど戻り方がわからなくなっちゃったの」

絵里「ふむふむ。やり方は知ってるけど、戻し方は知らないって言うのは典型的なパターンね」

真姫「そうなの?」

絵里「よく映画とかであるじゃない。術を解くには私を倒せ―っていうの」

凛「凛、倒されちゃうの?」

凛「痛いのはいやだにゃー」

絵里「大丈夫よ、別にそんなことはしないから」

凛「よかったぁ……」

絵里「……ちょっとさわっていい?」

凛「へ? なんで?」

絵里「触れるかどうか試したいのよ」

凛「凛同士だと触れたよ?」

花陽「あ、他の人には触れられないかもしれないってことだね」

絵里「そういうこと」
14: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:51:01.36 ID:f76XGN4O0
凛「じゃあ絵里ちゃん、どうぞ」

凛「凛の方は準備バッチリにゃ」

絵里「うん、ではこっちの凛から。手、出してみて」

凛「はい」

絵里「……よし、触れる」

凛「次は凛の番ね」

絵里「はいはい、手を出して」

凛「はーい」

絵里「……こっちも触れる」

真姫「うーん、やっぱり本物なのね」

凛「凛は本物に決まってるでしょー?」

凛「そうだよ、どっちも凛だよ」

真姫「ああ、悪かったわね」
15: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:57:02.96 ID:f76XGN4O0
凛「絵里ちゃん、どうすればいいと思う?」

絵里「そうねぇ……リラックスしてみたら? 何も考えずにぼーっとすれば、案外すぐに解けるかもしれないわ」

凛「なるほどー」

凛「あ、その前に凛はお手洗いに行きたいにゃ」

花陽「道、わかるよね?」

凛「うん、もちろんだよ!」

真姫「じゃあ凛はリラックスしてみて」

凛「えぇっ!? 漏れちゃうよぉ!」

真姫「そっちの凛は早く行ってきなさい」
16: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 17:59:49.82 ID:f76XGN4O0
凛「ぼー」

花陽「別に口に出して言わなくても……」

凛「……」

絵里「出さないことを意識しすぎてリラックスできてないわよ?」

凛「助けて真姫ちゃん」

真姫「落ち着きなさい」

穂乃果「あー、みんなおはよー……じゃなくてこんにちはだね! って凛ちゃん!?」

凛「え?」

花陽「あ、凛ちゃんが増えたことに気付いちゃったのかなぁ?」

真姫「今は1人だし何も驚くことはないと思うけど……」

穂乃果「さ、さっき廊下で会ったのに……」

絵里「なるほど」

凛「?」
17: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:02:04.25 ID:f76XGN4O0
真姫「凛、もう1人の方がお手洗いに行ったでしょ?」

凛「うん」

真姫「そっちが穂乃果とすれ違ったみたいなのよ」

凛「ええっ!?」

穂乃果「凛ちゃん……まさか瞬間移動?」

絵里「せっかくだし穂乃果にも教えたら? 隠し通すのは無理そうよ」

花陽「それもそうだねぇ」

真姫「ま、仕方ないわね」

穂乃果「ついに明かされる凛ちゃんの秘密……ごくり」

凛「なんだかかっこいいにゃ」
18: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:05:38.43 ID:f76XGN4O0
真姫「穂乃果、びっくりすると思うけど聞いて」

穂乃果「うん」

真姫「凛は今さっき、2人になって――――――――」

海未「凛、どうしたんですか一体」

ことり「凛ちゃんどうしたの?」

凛「だ、ダメだよ2人とも! 部室に入っちゃダメぇぇぇ!」

海未「何か隠したいものでもあるんです……か…………?」

ことり「でも穂乃果ちゃんは先に入っちゃったし私たちも……あれぇ…………?」

穂乃果「」

凛「だから言ったのにぃ……」

海未「凛が……2人?」

ことり「ど、ドッペルゲンガー!」

真姫「それはもうやった」
19: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:08:18.79 ID:f76XGN4O0
にこ「こら、あんたたち。部室の前で何騒いで……え?」

希「どうしたんにこっち。何か変なものでも……んん?」

凛「みんなにバレちゃったにゃ……」

凛「こうなったら話しちゃわないと」

真姫「結局こうなるのね」

花陽「あはは……どうしたらいいんだろう」

絵里「早く部室に入って、ドア閉めて」

にこ「あ、うん」

希「今日はスピリチュアルな出来事が起こるってカードが告げてたんやけど……さすがにこれほどとは」
20: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:11:04.87 ID:f76XGN4O0



にこ「へー、くしゃみで2人にねー……って信じられるわけないでしょ!」

凛「ほ、ほんとだよぉ!」

凛「凛の目を信じて!」

にこ「近い」

凛「うぅ……信じてよにこちゃん」

凛「凛は嘘つかないよ……」

にこ「わかった、わかったから」

穂乃果「すごいね……まるで魔法みたい」

ことり「どっちも凛ちゃんだよね?」

凛「うん」

凛「正真正銘凛だよ!」

海未「ううむ……まったく違いが見当たりませんね」
21: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:14:13.65 ID:f76XGN4O0
絵里「ニンジャじゃなかったのね」

希「そうやでえりち、忍者は世を忍んで生きてるんよ? そんな簡単に姿は見せません」

絵里「なるほど!」

真姫「希が教えたのね」

希「えへへ」

凛「どうすれば1人に戻れるかなぁ?」

ことり「くしゃみで増えたんだから……やっぱりくしゃみ?」

凛「それはやったよ」

穂乃果「くっついたら治るんじゃないのかな」

凛「それもやったにゃー」

にこ「キスは?」

花陽「え、ええええええっ!?」

海未「に、にこ、何を言ってるんですか!」

にこ「あ、いや、なんとなく思いついただけで」
22: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:17:16.66 ID:f76XGN4O0
凛「それはやってなかった……」

凛「なるほど……」

にこ「えっ」

海未「凛、待ってください! そんな……ここで……そのぉ……」

穂乃果「う、海未ちゃんしっかり!」

ことり「海未ちゃん!?」

絵里「海未には刺激が強いかもね」

希「え、やる雰囲気になってるん?」

にこ「そ、そうよ。自分で言っておいてなんだけど、そういうのはもっと大切にしたほうが……」

凛「できることは全部試してみるよ!」

凛「うんっ。それに自分同士だからノーカンにゃ」

花陽「そ、それでいいの?」

真姫「まあ凛がいいって言ってるんだし……いいんじゃない?」
23: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:20:20.03 ID:f76XGN4O0
凛「いくよ」

凛「うん」

ことり「……」

真姫「カメラ構えるのやめなさい、ていうかそれどこから出したのよ」

ことり「備品です」

穂乃果「こ、ここでするの? それはちょっと恥ずかしくない?」

凛「でも外には出られないよ?」

凛「2人揃って出ると大騒ぎになっちゃうよぉ」

花陽「そ、そうだけど……」

絵里「なら私たちが外に出てればいいのよ」

希「うん、そうしよっか」

ことり「そうだね」

にこ「海未を起こすの手伝って」

穂乃果「はいはーい」
24: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:21:02.00 ID:f76XGN4O0



――――――――5分後――――――――



26: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:23:13.12 ID:f76XGN4O0
花陽「凛ちゃん、入っていいかな?」

凛「い、いいよっ!」

真姫「ずいぶん時間かかったわね」

にこ「初めてだからでしょ」

希「あらあらー? にこっちしたことあるん?」

にこ「ないない」

海未「うぅ……ここは……」

ことり「あ、海未ちゃんがちょうど起きた」

穂乃果「5分ぴったり……海未ちゃんの体内アラーム?」

海未「え? なんの話ですか?」
27: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:30:49.24 ID:f76XGN4O0
凛「……」

絵里「あ! 凛が1人に戻ってる……」

凛「それが……あのー……」

凛「戻ってなくて……」

希「あらら」

ことり「なぁんだ。それなら別に隠れなくても……」

凛「増えちゃいました……」

ことり「」

真姫「ちょっ……」

花陽「ど、どうして!?」
28: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:34:23.15 ID:f76XGN4O0
凛「凛はただ、凛のおでこにキスしようとしたんだけど……」

凛「髪の毛を分けたときに鼻に当たっちゃって……」

にこ「で、でもくしゃみした声は聞こえなかったわよ?」

凛「くしゃみしたら増えるかも、と思って手で抑えさえたんだけど……増えちゃって」

凛「えへへ……ごめんなさい」

海未「ああ、そういえば凛は2人でしたね」

穂乃果「ど、どうすればいいんだろう……」

にこ「そうね、ここまで来たら……」

真姫「あ、でもリラックスするのはまだやってないわよね」

花陽「そうだね。もしかするとそれをやれば……」

凛「じゃあやってみる!」

凛「リラックス……」

凛「にゃー」

絵里「できてないできてない」
29: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:40:31.19 ID:f76XGN4O0
ことり「凛ちゃん、何してる時が1番リラックスできる?」

凛「寝てるときかなぁ」

凛「うん、お昼寝してるとき」

凛「そうだにゃ」

花陽「今から……寝る?」

海未「寝ると言っても……イスくらいしかありませんね。つなげますか?」

絵里「そうしましょう」

希「4つずつくらいで十分かな」
30: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:44:07.76 ID:f76XGN4O0
凛「くぅ……」

凛「んん……」

凛「……」

真姫「寝るの早いわね」

花陽「うん、疲れてたのかなぁ」

絵里「でもなんか、子どもみたいでかわいいわね」

希「そうやね」

にこ「今日の練習は中止ね」

穂乃果「うん」

ことり「ふふっ、3人とも同じ寝方してる」

海未「同じ人間ですからね」
31: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:51:15.44 ID:f76XGN4O0
穂乃果「……あっ! そういえば穂乃果、帰りにお買い物頼まれてるんだった」

海未「そうですか。では私も付き添いますよ」

ことり「うんっ、私も行くよ」

絵里「じゃあ3人は先に帰る?」

穂乃果「そうするよ」

海未「お先に失礼します」

ことり「また明日ね」

希「はーい」

にこ「気を付けて帰るのよ」

真姫「じゃあね」

花陽「凛ちゃんはこっちで見ておくから、安心してね」

穂乃果「はーい」
32: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 18:55:52.88 ID:f76XGN4O0
にこ「……あっ、今日タイムセールの時間が動いた日じゃない」

希「ああ、あそこのスーパーやね」

絵里「今日はティッシュだっけ?」

にこ「そうよ。お1人様2つ……今から待ってれば確実にゲットできるわ」

絵里「じゃあ私も一緒に行こうかしら」

希「ウチも」

にこ「え、いいの?」

希「うんうん、だってこの後予定何にもないし」

絵里「タイムセールっていうのが気になるし……凛のことは真姫と花陽に任せてても大丈夫でしょ?」

真姫「ええ、凛なら大丈夫」

花陽「うんっ」

にこ「ありがとう、このお礼はいつか必ずするわ。行くわよ2人とも!」

絵里「はーい」

希「わわ、2人とも待ってー!」
33: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:02:19.56 ID:f76XGN4O0
真姫「3人なのに5人……なんだか変な感じね」

花陽「うん、そうだねぇ」

真姫「タイムセールって何なのかよくわからないけど……」

花陽「えっ」

真姫「それにしても凛、本当によく寝てる」

花陽「3人分寝ちゃうのかも」

真姫「それは困るわね」

花陽「うん」

真姫「……でも何で、私は『大丈夫』なんて答えたのかしら。凛が元に戻る保証なんてどこにもないのに」

花陽「そういえば……みんなもなんだか凛ちゃんのこと、大丈夫だって言ってたけど……急にどうしたのかな?」

真姫「うーん、変ね……」
34: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:05:38.03 ID:f76XGN4O0
凛「……足りない」

真姫「え? 凛?」

凛「足りないにゃ……」

花陽「あれ? 凛ちゃんが1人減ってる……」

凛「凛だけじゃダメ……」

花陽「り、凛ちゃん大丈夫?」

真姫「うなされてるの……?」

凛「うぅ……」
35: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:08:12.26 ID:f76XGN4O0
真姫「ちょっと凛! しっかりしなさい!」

凛「凛しかいないのに……」

花陽「凛ちゃんがまた1人いなくなっちゃった……!」

真姫「こ、このままじゃ凛もいなくなっちゃうんじゃ……凛! 起きなさいってば!」

花陽「凛ちゃん!」

凛「え……え? あれ?」

花陽「起きた!」

真姫「よ、よかったぁ……」
36: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:12:39.54 ID:f76XGN4O0
凛「ここは部室……だよね?」

花陽「そうだよ」

凛「あれぇ? 凛、外にいた気がしたんだけど……」

真姫「夢でも見てたんじゃないの? ったく心配させてくれるんだから……」

凛「夢……? 夢、だったのかな?」

花陽「凛ちゃん、何か心当たりあるの?」
37: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:18:39.14 ID:f76XGN4O0
凛「確か凛は、猫を助けようとしてた……」

花陽「猫を?」

凛「そう、木に登ったまま下りられなくなった猫を……」

真姫「それを凛が助けようとしたわけね」

凛「うん、その場には凛しかいなかったから」

花陽「でも凛ちゃんは……」

凛「そうだよ。凛は猫アレルギーだから触れないの」
38: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:25:35.69 ID:f76XGN4O0
凛「でもね、凛はどうにかして助けたかった」

凛「だから、凛はもう1人、別の猫アレルギーじゃない凛が増えてほしいって願ったの」

真姫「凛が……どうしたのよ。ちょっと怖いわよ」

凛「だけど木を登って猫の近くに行こうとしても、どの凛もくしゃみをしちゃうんだ」

凛「猫アレルギーが治らなくて……凛はそのたびに別の凛を……うっ」

花陽「り、凛ちゃん! しっかりして!」

凛「でも凛はその猫を……助けられなかった」

凛「あの黒い猫……凛が手を伸ばさなきゃちゃんと下りられたかもしれないのに……」
39: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:28:31.49 ID:f76XGN4O0
真姫「凛! 落ち着きなさい!」

花陽「凛ちゃん!」

凛「凛は……ダメだったの。助けられなかった」

真姫「いいから! 夢なんでしょ!」

花陽「凛ちゃん、ここは現実だよ!」

凛「ううん、ここも凛の夢だよ……だって――――――――」





――――――――ほら、あの黒猫がこっち見てる
40: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:33:38.36 ID:f76XGN4O0
~~~~~~~~




凛「自分が題材のお話って書くの難しいね」

真姫「そうね。国語力アップのためだから頑張りなさい」

凛「うう、凛は国語そんなに苦手じゃないのにぃ……」

真姫「英文の訳が悲惨だったでしょ?」

凛「ううっ……」

花陽「で、でも、凛ちゃん結構楽しそうに書いてたよね?」

凛「うん、書いてみると意外と楽しくて」

花陽「どんなお話にしたの?」

凛「凛が2人になって……そこからはまだ何も考えてない」

真姫「まあ最初はそんなものでしょ」
41: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:36:29.31 ID:f76XGN4O0
凛「部室のパソコンならちゃんと使えるようになったよ」

花陽「情報室のは使えないの?」

凛「キーボードが出っ張ってるからちょっと使いにくいの」

真姫「そんなものなのね」

凛「うんっ、今日もみんなが来るまで続き書くにゃー」

花陽「ふふ、楽しそうでよかった」

真姫「それが何よりだわ」

凛「……あれ? 凛、こんなところまで書いてたっけ?」

真姫「どうしたの?」

凛「えっと……書いた覚えのないお話が書き足されてるみたいで」

花陽「え?」
42: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:37:33.00 ID:f76XGN4O0
凛「ちょっと読んでみる?」

真姫「そうしたら? 参考になるかもしれないし」

花陽「そうだね」

凛「……」

真姫「……」

花陽「……」
43: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:40:07.47 ID:f76XGN4O0
凛「……!?」

真姫「ちょ、な、なんでホラーテイストなのよ」

花陽「誰が書いたのかな……」


フシャアアアアアアアアアアア!



凛「にゃああああああ!?」

真姫「ど、どこから!?」

花陽「い、今のってこのお話の黒猫なんじゃ……」

凛「い、いやにゃああああ!」

真姫「凛、危ないわよ!」

花陽「置いて行かないでぇ!」
44: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:44:00.12 ID:f76XGN4O0



希「ふっふっふ、作戦通りやね。にこっち」

にこ「面白そうなことしてるのはわかってたからね。ちょっといたずらしてみるのも悪くないじゃない」

希「わざわざ猫の鳴き声まで聞こえるように細工までするなんて……にこっちやるなぁ」

にこ「ふふん、こういうことは全力でやらないと。ていうか希、私のセリフ何よ。タイムセールって」

希「えー? だって他にいいの思いつかなくて。でもにこっちも、えりちをおバカキャラにしすぎやない?」

にこ「いいのよ。実際絵里ってあんな感じだから」

希「……そうかも」

にこ「ふふ、じゃあ3人にネタばらししてこないとね」

希「うんっ」
45: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:47:48.95 ID:f76XGN4O0




絵里「みんな来てるー? ……って、誰もいないし」

絵里「あら、パソコンつけっぱなしじゃない」

絵里「もー……いったい誰が……」

絵里「ん? 何かのお話?」

絵里「……」





フシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!




絵里「きゃあああああああああああ!?」

穂乃果「うわぁっ!?」

海未「え、絵里?」

ことり「何かあったの!?」

絵里「」

穂乃果「き、気絶してる」

海未「パソコンに何かあるんでしょうか」

ことり「お話みたいだね……読んでみようか」





フシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

キャアアアアアアアアアアアアア!




希「んー?」

にこ「どうしたのかしら」

       おわり

47: ◆eyH5F3DPSk 2014/08/03(日) 19:51:44.66 ID:f76XGN4O0

夏っぽくしたかった
恐がってくれた人がいたらうれしい

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
凛「凛が2人でふたりんりん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「凛が2人でふたりんりん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。