海未「鳥竜化をコントロールできるようになったんですか!?」ことり「うん」

シェアする

ことうみ-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 08:08:16.16 ID:8Gct9nTd.net
希「説明しよう!」

希「南家の人間は脳が特殊なドーパミンを分泌している状態で好物を食すと、超低確率で鳥竜種へと覚醒するのだ!」

× × ×

海未「2ヶ月前、荒れに荒れたあの力を、我が物にしたということですね?」

ことり「大変だったんだよ。でもこれでニンニクを食べなくても、元に戻れるようになったんだから」

海未「だとして、その力が有用に使える機会があるとは思えませんが……」

ことり「それもそうかな、あはは」

にこ「大変でしょ!」ッバァン!

海未「なんだというのです!?」

にこ「UTXがクーデターを起こしたっていうのよ!」

元スレ: 海未「鳥竜化をコントロールできるようになったんですか!?」ことり「うん」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 08:27:49.38 ID:8Gct9nTd.net
ことり「クーデター!?」

にこ「ラブライブだけでなく、日本までもその手中に収めようっていうことでしょうね」

海未「支配欲の暴走ということですか……なんと愚かな」

にこ「たった今、量産型英玲奈で各地に侵攻を開始するという犯行声明がネットに上がったわ」

にこ「もうA-RISEはスクールアイドルじゃない……テロリストよ……ッ!」

ことり「海未ちゃん!」

海未「ことり……あなたまさか……!」

ことり「戦うよ、私……!」

海未「そんな、いくらあの力でも、単騎では無謀すぎます!」

ことり「大丈夫……ひとりじゃないよ」

海未「……まさか、まさかッ!」

希「そういうことやで」

穂乃果「そういうことだよ」

にこ「……そういうことなのね」
7: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 08:40:17.70 ID:8Gct9nTd.net
希「ウチらはことりちゃんからモンスター化の能力の根源、サウス因子を分けてもらったんよ」

穂乃果「そしてこんなこともあろうかと、今まで訓練してきたんだよ」

ことり「希ちゃんのスピリチュアルパワーで、何かよからぬことが起こることは分かっていたから……」

海未「そんな……なぜ我々に黙っていたのです!?」

真姫「サウス因子に適合したのが希と穂乃果だけだったのよ」

にこ「なるほど、アンタのところでいろいろやってたってわけね」

海未「だとしても、この状況で大人しくしているのはナンセンスです。私も出撃させてもらいますよ」チャッ

海未「あなたたちと共に、この弓で全ての邪を祓ってみせましょう」
8: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 08:54:01.35 ID:8Gct9nTd.net
――UTX学園 作戦司令部

あんじゅ「ツバサ、大変よ!」

ツバサ「なんだというの?」

あんじゅ「μ'sが動いたわ」

ツバサ「……やはり来たわね」

あんじゅ「どうするの?」

ツバサ「どうもこうも、無いでしょう?」

あんじゅ「ふふ……それもそうね」

ツバサ「セントリーガン全基起動。英玲奈部隊、降下開始」

あんじゅ「本隊は陽動が8割進行するまで待機。斥候は予定通り開始されたし」

ツバサ「まずは先手を打たないとね」
10: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 09:13:42.74 ID:8Gct9nTd.net
絵里「みんな、揃ったわね」

海未「その様子だと、絵里も事態は知っていたようですね」

絵里「そういうことよ」

希「今回エリチは作戦指揮官として働いてもらうんよ」

絵里「かしこいところを見せるチャンスってね」

海未「うーむ、一抹の不安は拭えませんが、仲間を信じないのは無粋と言えましょう」

凛「まさかこんなことになっちゃうなんて」

花陽「あのA-RISEが……信じられません……」

にこ「悲しいけど、これが現実よ。覚悟を決めなさい」

ヒデコ「伝令! UTX、行動開始!」

海未「早いですね」

ヒデコ「こちらの動きも察知してるみたい。英玲奈が3個小隊、向かってきてる」

絵里「3チームに分けるわ。ここの防衛戦力、議事堂の防衛戦力、本拠地への攻撃戦力。悪いけど、地方まで回せる手は無い」

ミカ「さっきにこ先輩に調べてもらったんだけど、英玲奈はUTXのメインコンピューターとのデータリンクでAIを制御してるみたい」

絵里「なら本拠地攻撃にはエンジニアが要るわね」

希「乗り込むなら対人戦力もな」

絵里「……なら、攻撃隊にはことり、海未、にこを布陣するわ」
13: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 09:34:34.95 ID:8Gct9nTd.net
絵里「ここの防衛には希と真姫、議事堂にはほのりんぱな、これでいいわね」

絵里「各員、警察・自衛隊と協力してUTXを迎撃よ」

絵里「作戦開始!」

× × ×

――国会議事堂前

警官A「上から来るぞ! 気を付けろ!」

自衛官A「高射砲発射、CIWS用意!」

警官B「うわぁ! 機銃掃射だ!」

自衛官B「輸送車がやられた!」

自衛官C「テロリストめ、撃ち落とす!」

――カッ

――ズドドドドドゥゥゥ……ン

警官C「なんだ今の光は!?」

自衛官B「敵ロボット、7割が消滅!」

――ズドン、ズドン、ズドン……

警官A「なんだこの地響きはァ!」

穂乃果「ブフォアアアァァゥ!!!!」

凛「助けに来たにゃ!」

花陽「か、加勢します!」
15: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 10:32:46.00 ID:8Gct9nTd.net
トウヨウリュウ
橙陽竜ランパーク

高坂穂乃果がランチパックを摂取することで覚醒する獣竜種。
3本角を用いた突撃と手甲状の甲殻「オレンジナックル」による殴撃、高温の熱線ブレス「サンシャインブラスト」を武器とする。


星空凛 防衛装備

キャットハウリング
マラカス型のEMP発生装置。
英玲奈がデータリンクに使う電波を遮断し、機能を停止させる。

キャットパンチャー
肉球型グローブ。
猫パンチと同時に電気ショックを与え、電子機器を破壊する。


小泉花陽 防衛装備

ササニシキ
バックパックに装備された米俵型レーザー散弾砲。
西木野病院で使われているレーザー治療機器を転用したもの。

コシヒカリ
小型のハンドレーザーガン。
16: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 10:57:42.90 ID:8Gct9nTd.net
フミコ「英玲奈たちが来たわよ!」

真姫「行くわよ希!」

希「よっしゃ、ウチにまかしとき!」ズルズル

希「うおおおおお、おうどんさんパワアアアアアッ!!」

――ドワォ!

希「やったるで!」


シセンリュウ
紫占龍ウォドスピール

東條希がうどんを摂取することで覚醒する古龍種。
スピリチュアルパワーが全開となり、人格を100%保ったままモンスター化できる。
マガラ種に似た骨格を持つが、翼脚は掴むことに特化した独自の形状を持ち、これによる握撃を得意とする。
19: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 14:34:12.72 ID:8Gct9nTd.net
西木野真姫 防衛装備

大型超音波メス
軽量かつ大振りな刃物。
分子構造ごと分断するため理論上切れないものは無い。

冷たいヤケド砲
マイクロウェーブを照射して電子機器を破壊する。


真姫「生徒たちがトラップを仕掛けてくれてる。自滅したところを一気に掃滅よ」

希「対空監視、怠らんようにな」

英玲奈「モクヒョウホソク、コウゲキカイシ」

ズドドドドドド

ミカ「バカめ!」カチッ

ズドォ!

英玲奈「トラップヲカクニン、センサーヲタンチモードニヘンコウ」

真姫「2体だけか!」

希「かまへん、あの程度なら!」バサァ

真姫「まずは動きを止める!」カチッ

ヴワァァッ

英玲奈「イジョウハッセイ……カドウリツ……テイカ……」

希「うらぁ!」ワシッ

ググググ

バキャアッッ!
25: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/13(金) 03:22:06.87 ID:TcEQw6Wt.net
橙陽竜ランパーク
http://i.imgur.com/OcPUbXk.jpg
1426115296-レス25-画像
26: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/13(金) 06:26:55.60 ID:TcEQw6Wt.net
紫占龍ウォドスピール
http://i.imgur.com/dOtxZky.jpg
1426115296-レス26-画像
27: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/13(金) 06:51:17.84 ID:TcEQw6Wt.net
にこ「ひゃあああ高い高い高い!!」

海未「静まりなさい! 向こうはことりたちの能力を知らないのですから、空から攻め入るのが当然でしょう!」

ことり「ふたりとも、そろそろ着くよ!」

海未「こちらも黙視――ん、あれは!」

にこ「屋上にも英玲奈が配備されてる!?」

海未「我々でなくとも航空戦力が来ることを想定していて!」

――ピーッ

にこ「ロックオンアラートでしょ!」

海未「短距離誘導弾! にこ!」

にこ「フレア散布!」

――ズガァァン!

ことり「うわぁ、衝撃波が!」

海未「仕方ありません。狙い撃ちます!」ググググ

――バシュゥオッ

――ドッゴォォォン!

海未「命中」

にこ「続いてレーザーショットキャノン、掃射ァ!」

――カッ!

――ズドドドドドドン!!!!
28: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/13(金) 07:45:18.53 ID:TcEQw6Wt.net
攻撃部隊用装備
大型装備はことりがぶら下げたゴンドラに装備されている。

6連装レーザーショットキャノン
ゴンドラの主力装備。
ササニシキを3セット連結した急ごしらえの代物だが威力、範囲、共にすこぶる優秀。

速乾性ジェルランチャー
外気に触れると5秒で硬化する特殊ジェルを撃ち出す。

フレアディスペンサー
対ミサイル用防御装備


矢澤にこ 攻撃装備

AIジャック弾
被弾した英玲奈のシステムを強制的に書き換えて支配下に置く。

低反動ショットガン
AIジャック弾を撃つための散弾銃。
華奢なにこでも使いやすいようにカスタムしてある。


園田海未 攻撃装備

和弓一式
海未が普段使っている弓。
普通の矢では威力不足のため、着発信管の炸薬が取り付けられている。


南小鳥マカロニア

ことりがマカロンを摂取することで覚醒する鳥竜種。
中間形態ではあるが、高い戦闘能力を持つ。
かつては人語を話すことができなかったが、訓練によって人格維持が可能になった。
29: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/13(金) 17:54:39.59 ID:TcEQw6Wt.net
海未「このまま取りつきます! にこ、ジェルランチャー用意! ことり、降下を!」

にこ「やっぱ強行突破ってかぁ!」

ことり「よーし、行っちゃうよぉ!」グオーン

にこ「そのまま大人しくしろっての!」ドシュ、ドシュ、ドシュ!

――ビチャアッ

――ピキピキピキ

英玲奈「クドウブニカフカ……ドウサ、イジョウ……」グググ

海未「沈黙確認! 乗り込みます!」バッ!

にこ「この3体の英玲奈は奪わせて貰うわね」バゥン!

――ズガァン!

英玲奈「……プログラム、カキカエカンリョウ」ピピー

海未「ジェルの硬化解除。ナノマシンのプログラムをリバースします」

英玲奈「ドウサイジョウ、フッキュウ」ドゥルン

ことり「私は予定通り、外面の砲台を壊してくるね」

海未「頼みます。いざとなったら、マカロンとチーズケーキを」

ことり「うん、じゃあ中はよろしく!」バサッバサッ

にこ「よーし、行くわよ英玲奈。アンタらは露払いを盾になってもらうんだから」

英玲奈「イエスマム」
30: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/13(金) 18:22:52.95 ID:TcEQw6Wt.net
穂乃果「ヴゥゥアアアアォ!!」ズドォン、ズドォン

花陽「穂乃果ちゃん凄い! 一撃で英玲奈さんを粉砕していく!」

凛「凛も負けてらんないにゃー!」シャカシャカシャカシャカ

――ヴォウウウ……ン……

英玲奈「データリンクトゼツ……システムエラー……」

花陽「てぇい!」キュオオオオオ

――ズガガガガォォゥン!!

警官B「なんという戦力だ……」

警官C「何をつっ立ってる貴様ァ!」

自衛官A「上空から敵増援!」

凛「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ヴアアアアアゥ!」キィィィン……バシュゥッ!

――ドガガガガガゥゥゥン!!

自衛官B「敵増援、3割が消滅!」

警官A(民間人を戦わせていいのかなぁ……)
33: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 12:22:50.82 ID:3KApH66E.net
真姫「エリー、状況は?」ズバァッ

絵里『UTXは侵入完了。議事堂は防衛線を維持。今のところ順調ね』

希「妙にトントン拍子でも不安やな」バキバキッ!

絵里『まだツバサとあんじゅ、オリジナルの英玲奈が姿を見せていないわ。各チーム、油断は禁物よ』

ガシャァン!

フミコ「こっちにも敵増援が来ましたよ!」ズガガガガ

希「エリチ、空からや!」

絵里『待ってました!』

ヒデコ「叩くんですか!?」

絵里『増援を送ってくる航空戦力がいるはず。それを撃墜するのよ』

希「ちょっち悪いけど、地上部隊の相手は頼んだで!」バサァッ

グオオーーーン

真姫「さてと、持ちこたえないとね!」ギュオオオオン

ミカ「希センパイが戻ってくるまで!」ドシュウッ

ズバゴォン!!
37: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:51:08.10 ID:w+K1dtHy.net
ズガァン!

英玲奈「グワァ!」

にこ「英玲奈Bがやられた!」

海未「貴重な盾をよくも!」バシュ!

生徒A「ちょこざいだって言うのよ! 我々の戦力を!」ズガガガガ

海未「テロリストが利く口では!」バシュ!

生徒A「アーメン!」ズドガァ!

にこ「ああ、人を殺めてしまった……」

海未「テロリストに慈悲など不要! ヒトであっても人ではないのです!」

にこ「甘さを見せればこっちが死ぬっていうのね」

生徒B「いたぞォ!」バォン、バォン!

にこ「くっそぉ、やってやるっていうのよ!」ズドガァ!

生徒B「南無三!」ズシャァッ!

海未「それでこそです、にこ」

にこ「これでにこも咎人か……フフフ、フフフフ……」

にこ「あはははははははは!!!」

海未「けしかけた私にも罪はありましょう……ですが、良心を払拭してでもなすべきことがあると!」ググググ……

ドシュウァッ!!

生徒s「死にます!」「逝きます!」「亡くなります!」ドガッシャアアアン!!

にこ「あははは、吹っ飛んで死んだわ!」

海未「先を急ぎましょう、にこ」
38: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 11:14:19.20 ID:w+K1dtHy.net
ズドォン!

ベキベキ!

英玲奈「ソンショウジンダイ、ソンショウジンダイ、ソンショ」グシャアッ!

穂乃果「ブフォアアアアアアゥゥ!!」

花陽「波状攻撃のサイクルが早くなってきてる……このまま物量に押されたら防戦一方……いや、網が破られちゃう……」

凛「穂乃果ちゃんもブレスのチャージが長くなってきてるよ」

警官A「対して相手は疲労を知らぬアンドロイド。長期戦になればなるほど不利になる」

凛「だとしても電磁パルスとかよちんのレーザー砲で!」ギュオンギュオンギュオオオオン

花陽「数を減らすことはできる!」キュイイイイン

ズドドドドン!

自衛官C「空から新手だ!」

警官B「あの装備、空戦仕様じゃないか!」

凛「墜落させるにゃ!」シャカシャカシャカシャカ

ヴォンヴォン、ヴオオオオオン

英玲奈「フハハハ、キカヌゾ」ブゥゥゥン

凛「にゃ!?」

自衛官A「あの干渉反応は、電磁シールドか!」

花陽「あれじゃあレーザーも散らされてしまう!」

自衛官B「だったらフィジカルなことをするしかないだろ! 榴散弾用意!」

英玲奈「コノスキニトッパサセテモラウ!」ギュイーン

凛「侵入された!」
41: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 10:49:23.08 ID:9FQ1q9FR.net
希「スピリチュアルパワー全開の今のウチなら、感覚に身を委ねて飛んでいけば……」

グオオオン……

希「いた、あの輸送機や!」

――ババババ!

希「ほら気付かれた!」ギューン

希「その程度の掃射で当てようなんてなぁ!」グオン

英玲奈「ゲイゲキコウドウ」

希「空戦型が出てきおった」

希(装備違いで4体。ガトリング、ハンドミサイル、対物ライフル、レーザーガンか)

G英玲奈「ヤラセハセンゾ」ズガガガガガガガ

HM英玲奈「ウチオトス」バシュッ!

AMR英玲奈「フキトベ」ズドォン!

LG英玲奈「オチロ」ビィィッ!

ズドガァァァン!!

G英玲奈「チョクゲキヲカクニン」
42: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 11:12:08.81 ID:9FQ1q9FR.net
にこ「ふぅ……」

海未「落ち着きましたか?」

にこ「ざまぁ無いわね。テロリスト1匹殺しただけでこの醜態とは」

海未「常人ならば仕方のないことです。しかし、今は国家転覆の瀬戸際。どうこう言っている暇は」

にこ「そうね」スクッ

にこ「作戦続行よ」

海未「では、ことりの状況を確認しておきましょう。外面部の砲台除去が進めば空挺部隊が来てくれるでしょうから」

にこ「えーと、警察と自衛隊はまだ正面で待機中。かなり戦力を割いてるみたいね」

海未「ことり、そちらはどうです?」

ことり『最上階から16階までは全部潰したよ』

海未「上出来です。それなら空挺降下も屋上にできましょう」

ことり『じゃあこれからどうする?』

海未「正面の防衛部隊を蹂躙して一般兵の道を開いてください。そうすれば制圧も楽になります」

ことり『うんわかった、またね海未ちゃん』

海未「御武運を」
43: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 11:36:26.80 ID:9FQ1q9FR.net
花陽「どうしよう!」

凛「凛が追うにゃ!」ダッ!

花陽「単騎じゃ無理だよ!」

凛「けどあの機動力に追い付けるのは!」ズダダダダダ

花陽「り、凛ちゃん……!」

自衛官C「榴散弾用意完了!」

自衛官B「よぉし、ハエ共を撃ち落とせ!」

ズガォォゥン!!

ドガガガガガァン!!

英玲奈「ヌフゥ」ヒューン……

ズシャァッ!

英玲奈「ソンショウケイビ、サクセンゾッコ――」

穂乃果「ウゥゥゥ……」ヌッ

英玲奈「」

穂乃果「ヴワァウ!」ズガッシャア!
45: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 12:00:41.22 ID:9FQ1q9FR.net
モクモクモク……

LG英玲奈「――ハンノウケンザイ!」

AMR英玲奈「ナンダト!? ホカノブキハトモカク、ワガタイブツライフルヲチョクゲキシタノダゾ!?」

HM英玲奈「ムキズダトイウノカ」

希「甘い、甘すぎるで! まだ蚊に刺されたほうがうっとおしいわ!」グオッ

ズシャァッ!

AM/R英玲/奈「」ヒューン……

LG英玲奈「2バンキ――ウッ!」ズシュッ!

希「所詮はお人形さんやね」ポイ

LG英玲奈「」ヒューン……

G英玲奈「バカナ、キョウカモデルノワレワレガコウモカンタンニ――ヌオッ!」ガシィッ!

HM英玲奈「グアッ!」ガシィッ!

希「その様子だとAIに疑似感情プログラムも入ってる上位機種みたいやけど、命を持たない安物に倒されるほど、ウチは薄く生きてへんのよ!」バキャアッ!

希「ウチがわしわししたいんはオドレらのような機械やなくて、命の温かさが感じられる乙女のおっぱいなんや」

希「――さて、本丸をやるで!」シュウウウ……

希「スピリチュアルバースト!」ズ ド ォ !

ギュイィィ……

ズドバグォォォォン!!!!

希「よっしゃ、帰るで」
48: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 09:59:13.08 ID:tNXUPZsc.net
ことり「とぉ!」ズドーン!

英玲奈「ヌグゥ」ヒューン

生徒「きゃああああ!!」ヒューン

英玲奈「ショウメントッパトハナ」ズガガガガ

ことり「クーデターなんてやめようよ!」ヒョイヒョイ

生徒「あの巨体であの身軽さは脅威!」

英玲奈「キクミミモタヌ」ズガガガガ

ことり「だったらおやつにしちゃうから!」ヒュオッ

英玲奈「タイヒセヨ、タイヒセヨ」

ことり「遅いんだよ!」ズガアッ!

生徒「ぐぼぅあっ!」ヒューン

生徒「どぎゅうぇっ!」ズシャァッ

ことり「第2のオウムを生み出すわけにはいかない!」

PA英玲奈「ダトシテモ!」ズシンズシン

ことり「パワードアーマー!」

PA英玲奈「ココハシシュスル!」ガパッ、ズドォ!

ドガァァァァン!!
49: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 10:11:38.94 ID:tNXUPZsc.net
凛「追い付いたにゃ!」ズダダダダ

英玲奈「ホシゾラリンカ。ジャマヲスルナラヨウシャハセン!」グオオッ!

凛「にゃあっ!」ブオンッ!

ガッ!

英玲奈「ヤハリアナドレンアイテダナ」ググググ

凛「ロボットなんかに負けないよ!」ヒュンッ

英玲奈「!?」

凛「とりゃあっ!」グオッ!

英玲奈「チョコザイ!」バッ!

凛「にゃあああ!」バリバリバリバリ

英玲奈「グワアアア!」バリバリバリバリ

凛「ロボットのくせにリアクションが達者だにゃ」ズガァン!

英玲奈「ヌオオッ!」ヒューン……

ズガッシャア!
50: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 17:15:36.07 ID:tNXUPZsc.net
生徒「ツバサ様、大変です! 東京上空の輸送機が撃墜されました!」

ツバサ「なんですって!?」ガタッ!

あんじゅ「アレにはブロック83、バージョン6.33の最上位モデル4機が乗ってたはずよね」

生徒「こちらが、ミッションレコーダーから送られてきた最後の映像です」スッ

あんじゅ「な、なんなのこれは……」

ツバサ「紫のドラゴン? いったいどういうことなの?」

生徒「現在、本校舎ビルにも巨大な鳥、議事堂前にも恐竜が出現して、μ'sと共に戦っているようです」

あんじゅ「これって……」

ツバサ「ええ、穂乃果さん、ことりさん、希さんが見当たらないってことは、そうね」

生徒「アレの戦闘力は異常です。これでは陽動が進まず本隊がいつまで経っても出撃できませんよ!」

あんじゅ「対物ライフルすらも効かない甲殻に、弾丸の雨を掻い潜る機動力」

ツバサ「そして英玲奈を簡単に破壊してくれる攻撃力」

生徒「どう……いたしましょう……?」

???「ブロック90、バージョン6.4に試作兵器を装備させて、出撃させよう」カッ、カッ、カッ……

あんじゅ「85の3倍の性能を持つアレを?」

ツバサ「6.4だって、まだデバッグが終わってない危険なOSじゃないの」

???「だが、そうしなくてはならない現状があると見た」ザッ!

英玲奈オリジン「我々は既にテロリスト。負ける道は無いのだよ」
51: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 17:37:12.79 ID:tNXUPZsc.net
真姫「あ、希が帰ってきたわ」ヴオオオオオン

英玲奈「イジョウハッセイ……」ガクッ

真姫「てりゃあ!」ズバァッ!

英玲/奈「」ガシャアッ!

希「輸送機は撃墜してきたで」ブオーン

絵里『ハラショーよ、希。これで空からの増援は来なくなるはず』

希「こっちもずいぶん片付いたやないか」

絵里『ヒデコがケガしちゃったけどね』

真姫「他のチームの様子は?」

絵里『議事堂チームは高機動空戦型2機に侵入され、今は凛が追走中よ』

希「UTXは?」

絵里『ことりが正面突破を図って暴れてるわ。海未とにこの侵入も順調』

希「ならそろそろ、あちらさんは切羽詰まってきてるはず」

真姫「戦況を覆そうと強大な戦力を投入してくる頃合いね」

絵里『希の予感は?』

希「そうやね、来る……来るな、うん」

絵里『……全チームに通達。敵が強力な兵器を投入してくる可能性大。万全の迎撃体勢で身構えなさい』
52: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 18:06:06.13 ID:tNXUPZsc.net
絵里『万全の迎撃体勢で身構えなさい』

凛「この状況で万全っていわれてもにゃー」ググググ

英玲奈「ソンナコトハサセンゾ!」グイッ

凛「おっと」ヒュッ

英玲奈「――!」

凛「まだ動作プログラムに無駄があるようにゃ」グオオッ!

ズバババババ!!

英玲奈「ヌワアアアア!」バタァン!

凛「トドメにゃ」ヒュオッ

ガッシャア!!

玲奈「」

英玲奈「ミツケタゾ!」

凛「もう1体来たにゃ!」

英玲奈「ツインバルカン!」ドガガガガガガ!

凛「にゃっ、にゃっ、にゃっ!」バシッ、バシッ、バシッ!

英玲奈「ダンガンヲネコパンチデハジク!? ナントイウドウタイシリョクトハンノウソクド!」ガシャコン、ヴオン

凛「あれはプラズマダガー!」

英玲奈「ソノフザケタグローブヲハカイスル!」クワッ!
54: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 09:47:52.19 ID:mfwA2apd.net
PA英玲奈「タイセンシャグレネードダ。イクラワイバーンデモヒトタマリモナカロウ」

シュウウウ……モクモクモク……

ピピピ

PA英玲奈「ハンノウケンザイダト!?」

ことり「危ないなぁ!」ヒュンッ

PA英玲奈「ヤハリハヤイ!」

ことり「てりゃ!」ゲシィッ!

PA英玲奈「ヌオオ!」グラッ

PA英玲奈「コノパワードアーマーモハガタタントイウノカ!」

ことり「チュン!」ドシュッ!

PA英玲奈「コアヲピンポイントデ!?」グチャアッ!

ことり「ふんっ!」ブオッ――ドガッ!

ヒューン……ズゴァァァン!!

生徒「ぎゃヴゑゑゑゑゑ」ドシャアッ!

生徒「いやあ"あ"あ"あ"あ"」グチョアッ!

ことり「防衛網は崩壊したよ!」

自衛官「突入!」

自衛官s「うおおおおおおお」ズドドドドドド
56: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 21:19:56.58 ID:mfwA2apd.net
――ドッゴォォォォォォン!!!!

真姫「爆発!?」

希「来たみたいやな、UTXのリーサルウエポンが」

英玲奈「」ゴゴゴゴゴゴゴ

絵里『先制よ!』

真姫「マイクロウェーブ!」ヴオオオオオン!

英玲奈「」キュィオーン

真姫「効かない!?」

希「フォトンの障壁や」

英玲奈「」ガゴン

真姫「だとしたらあの砲は!」

希「レーザーキャノンやろ!」シュィィィ……

英玲奈「」カッ!

希「リフレクション!」バゥオッ!

キィィィィィ……ドォォッ!

ズガガガガガァン!!
57: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 21:32:37.58 ID:mfwA2apd.net
凛「無駄にゃ!」ドゴッ!

ベキィッ!

英玲奈「バカナ、チョウコウドタンゾウシタカーボンノダガーガ!」

凛「全国クラスの運動神経をナメてもらってはこまるにゃ」ズドォ!

英玲奈「ゼンコククッテスゴイナ……」ガシャアン!

――ドッゴォォォォォォン!!!!

凛「なんの音!?」

…………

凛「きっとUTXの隠し玉にゃ。戻るにゃ」

ズダダダダ……
59: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 22:11:18.23 ID:mfwA2apd.net
――ドッゴォォォォォォン!!!!

自衛官s「ぐわあああああ!」ドーン!

ことり「爆発!?」

英玲奈「」ゴゴゴゴゴゴゴ

ことり「まさかこれが絵里ちゃんが言った?」

自衛官「よくも!」ズドォン!

バフォアッ!!

英玲奈「」シュウウウ……

自衛官「効かないだと!?」

ことり(あれはフォトンシールド……このままじゃちょっとマズいかな)ガサガサ

英玲奈「」ガシャコン

英玲奈「」キュィィィィ……

カッ!

ズドガァァァァン!!

自衛官「ぐああああっ!」ヒューン……

ズシャ

ことり「チュンチュン」パクパク

英玲奈「」クルッ

ことり「チーズケーキおいしい!」カッ!

シュウウウ……

ことり「壊させてもらうよ!」



南小鳳マカルオン

マカロニアが更にチーズケーキを摂取することで進化する鳥竜種。
各能力は飛躍的に向上しており、この形態のみ超高出力光子ブレス「ナイトディバイダー」を放てる。
61: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 21:30:24.82 ID:ywc8Sf3q.net
ツバサ「本当によかったの? あのモデルを出して」

英玲奈「言語能力をオミットして戦闘に特化させたが、さて、どうなるやら」

あんじゅ「行き当たりばったりね」

ツバサ「だとしても、あのモンスターらに対抗できるのはアレしかいない、ってことね」

英玲奈「試されているのだ。これから新たな国を創ろうというのに、この程度の障害を乗り越えられなければ、未来など掴めるものか」

あんじゅ「そうね、これから来たるべき新世界のために」

ツバサ「出来うる限りを尽くす」

英玲奈「それが我々、A-RISEである」
62: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 21:56:09.78 ID:ywc8Sf3q.net
絵里『スピリチュアルパワーを結晶化して作ったプリズムでレーザーを乱反射させたのね』

希「そのままアレに跳ね返そうと思たんやけど、反射方向を制御できんかった。アホみたいな出力や」

英玲奈「」ガパァ

真姫「まさかアレはレーザーパレット!?」

絵里『無差別攻撃をしようというの!?』

希「させるかァァァァァァッッ!!」ヒュンッ

――ガォォン!!

バチバチバチ

希「フォトンアブゾーブ!」

ギュオオオッ!

真姫「障壁のフォトンを翼爪で吸収した!」

ヴォゥン……

希「うらァ!」ガシッ、ガシイッ!

絵里『ツイングラスプに耐えられるマテリアルなど!』

英玲奈「」バシュバシュバシュバシュバシュバシュ

希「うぐぅっ!」ズドドドドドド

真姫「ホーミングレーザーを全て希に向けて!」

希「だどしてもなぁ!」グググググ……ッ!

英玲奈「」……ピシ

真姫「こんのォ!」ヴオオオオオン!

英玲奈「」バシュバシュ……

絵里『レーザーが止まった!』

真姫「やれ、希ィ!!」

希「うぅ……うああぁぁぁぁあぁあああッッ!!!!」バギャアッ!!

――ズドガォォォォォォン!!!!
63: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 22:23:18.74 ID:ywc8Sf3q.net
穂乃果「ヴゥゥゥゥゥアアアアアアアアアアアアゥ!!」カッ

花陽「てぇい!」カッ

英玲奈「」キィィィィィィィィン

自衛官B「熱線もレーザーも防ぐだと!?」

自衛官C「ならバズーカで!」ズドォ!

英玲奈「」バゴォ!

英玲奈「」

自衛官C「これもダメだっていうのかよ!」

花陽「これがUTXの秘密兵器……!」

穂乃果「ゥ"ゥゥゥゥゥ……」

凛「みんな!」ズダダダダ

花陽「凛ちゃん!」

凛「あの英玲奈が隠し玉だね」

花陽「強力なフォトンシールドを持ってるの」

英玲奈「」ガパァ

凛「来るにゃ!」

英玲奈「」バシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュ!!!!

警官s「うわあああああああ!!」ズドガァァァァン!!

自衛官s「ぐわああああああ!!」ズドオオオオン!!

花陽「きゃああ!」ビシュウッ!

凛「かよちん!」

穂乃果「ヴワァァァァウ!!」ドシュ、ビシュ!

凛「穂乃果ちゃん!」
64: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 22:40:13.77 ID:ywc8Sf3q.net
にこ「オラァ!」バシュッ!

生徒「ぎゃぁん!」ベチャッ!

海未「てあっ!」ブオン!

生徒「へぎょ!」ベチャッ!

ズダダダダ……

海未「大丈夫ですか、にこ!」

にこ「平気よ。英玲奈のメインコンピューターまであと少し。ふんばるのよ!」

生徒「覚悟ォ!」バッ!

海未「流石に守りは厚くなってきてますが……ふんっ!」ドッ!

生徒「ぺあああ!」ベチャッ!

にこ「徒手空拳でよくやる……」

海未「鍛えてますから」シュッ

海未「それにしても、ことりは大丈夫でしょうか……」

にこ「さっきの絵里からの通信……敵の強力な兵器ってヤツね」

海未「無事だと信じていますよ、ことり……!」

ズダダダダ……
65: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 23:08:03.99 ID:ywc8Sf3q.net
ことり「チュン、チュン!」ザクッ、ザクッ!

英玲奈「」ヒョイ、ヒョイ

ことり「てぇい!」ブオン!

英玲奈「」ヒュッ

英玲奈「」ガゴン!

ことり「む!」

英玲奈「」カッ!

ことり「チュン!」バサッ!

ズドォ!

ことり「たぁ!」バララララ

英玲奈「」キュォォォォ

ボトボトボト

ことり(攻撃はレーザーキャノン、防御にはフォトンシールド。新しく覚えた羽根ピックも完全に効いてないや……)

英玲奈「」ガパァ!

ことり「あれは……!」

英玲奈「」バシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュ!!

ことり「ホーミングレーザーパレット!」

ギュオオオ!

ことり「しつこい!」グイングイン、グオーン

ギュオオオオ!!

ことり「避けられない!」

ギュオオオオオオオオオオ!!!!

ことり「うわあああああああ!!」
66: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 22:12:19.29 ID:vj1zWKMX.net
凛「かよちん!」

花陽「大丈夫……でも、レーザーキャノンが1門ダメになっちゃった……」

穂乃果「ヴゥゥゥゥゥ……」ムクリ

凛「あれ? 穂乃果ちゃんは元気そうにゃ」

花陽「何発もレーザーの直撃を受けたはずなのに、どうして……」

英玲奈「」ガゴン……カッ!

穂乃果「ヴアウ!」ギュイイイイイ

花陽「オレンジナックルでレーザーを受け止め……いや、レーザーを吸収してるんだ!」

凛「いったいどういうことにゃ!?」

英玲奈「」キュォォォォ!!

穂乃果「ゥゥゥア"ア"ア"ア"ォ!!」ギュイイイイイ!
67: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 22:53:31.69 ID:vj1zWKMX.net
ことり「なんてね!」ギュオオオオオオ!!

英玲奈「」

ことり「レーザー兵器で固めたのはミスだったね。私たちには相性がとても悪いんだもの」

英玲奈「」

ことり「A-RISEの人たち、聞こえてるんでしょ?」

ツバサ『……どういうことよ』

あんじゅ『レーザーが効かないってどういうことよ』

英玲奈『説明を願おうか』

ことり「あ、やっとオリジナルが出てきた」

英玲奈『ええい、茶化してからに』

ことり「フォトンアブゾーブ」

ツバサ『それがあなたの能力だというの?』

ことり「夜空を切り取るレーザービーム、ってあるでしょ?」

あんじゅ「輝夜のあなたのパートね」

ことり「それに由来して能力を得たんだよ」

ことり「夜空を切り取るほどのレーザーとなれば、その光量は膨大。とても体内で生成できるフォトンだけでは賄えない」

ことり「そこで備わったのがこの力。羽毛が光ファイバーの機能を持ってて、フォトンを体内に取り込むの」

ことり「そして、私の因子を移植されたふたりにも、同じ力がある……」

ことり「まさか同じ装備で向かわせた?」

英玲奈『…………』

ことり「みたいだね」
68: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 23:45:54.47 ID:vj1zWKMX.net
穂乃果「ヴゥアアアアアアアアアアォ!!!!」ペカー

凛「穂乃果ちゃんから光が!」

穂乃果「ヴゥゥゥ……ゥウウァア……サンシャイン・フルブラストッ!!」ドシュゥオッ!!

花陽「シャベッチャッタノォ!?」

英玲奈「」キュィィィィ

ズドォ!!

凛「シールドをブチ破った!」

英玲奈「」――ジュッ

花陽「ジョウハツサセチャッタノォ!?」

穂乃果「……ふぅ」

凛「やったにゃ!穂乃果ちゃんがランパークでも喋れるようになったにゃ!」

穂乃果「よくわかんないけどできたよ!」

花陽「レーザーを吸収したからかなぁ」
70: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 09:07:36.70 ID:81texE9W.net
バゴォォォォン!!

モクモクモク……

海未「到達しました!」

にこ「破壊するわよ!」

ツバサ「あら、ご到着ね」

海未「最終防壁はあなた方というわけですか」

にこ「フッ、初代ラブライブ覇者がテロリストとは、落ちぶれたにも程があるわね」

ことり『あれ、海未ちゃんとにこちゃん?』

海未「ことり?」

あんじゅ「少しお話を、ね」

英玲奈「彼女の能力は理解した。我が方の最強戦力がまるで役に立たぬことも」

海未「ならば降伏を」

ツバサ「できないわね」

にこ「どうして?」

ツバサ「死なばもろともォ!」スッ

海未「」バシュッ!

ツバサ「うあっ!」ガッ!

……カッカララン

海未「させませんよ、自爆など」
71: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 19:13:25.88 ID:81texE9W.net
にこ「自爆スイッチ……」ヒョイ

グググ……

ベキッ!

海未「あ、アンドロイドのメインコンピューターも壊させてもらいますね」バシュウッ!

――ズドガァァァァン!

あんじゅ「全アンドロイド、機能完全停止を確認……」

英玲奈「これで道は全て絶たれた、か……」

海未「総員、聞こえますか?」

花陽『あ、海未ちゃん』

絵里『何用だというの?』

海未「コンピューターを破壊しました。そちら方のアンドロイドは沈黙しましたか?」

凛『……してる、してるよ!』

真姫『確認したわ。ミッションコンプリートね』

穂乃果『やったぁ! 流石海未ちゃん!』
73: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 10:56:03.42 ID:9lQXHT5s.net
――音ノ木坂学院

ゾロゾロ……

にこ「主犯のA-RISEを連行してきたわ」

絵里「ご苦労」

海未「UTXビルの方は警察に任せました」

ことり「まだアンドロイドはいっぱい待機してたみたい」

希「なんにせよ、一件落着やね」

穂乃果「なんでこんなことしたの? いけないことなんだよ?」

ツバサ「国を見てて思ったのよ。昨今の政府にはまず、決定的に欠けているものがある」

ツバサ「それは求心力! 圧倒的なカリスマ! 信頼感!」

あんじゅ「コロコロ代わる総理に政権の奪い合い……迷走を続けてきたこの状況を覆すには、根底から叩き直すしかなかったのよ」

英玲奈「故に我々は決起した。国の在り方に、国の舵取りに一石を投じ、国民に問いかけるために」

ツバサ「これで正しいのか? と」

英玲奈「いくらスクールアイドルの我々とて、学業面を疎かにしてきたわけではない。少なくとも東大を首席で合格できるだけのものは、3人とも持っている」

あんじゅ「そして政府に足りない求心力も、ラブライブを通して確められた」

にこ「……まさかアンタら、そのために、このためにスクールアイドルをやってきたっていうわけ?」

ツバサ「そう、全ては目的のための布石に過ぎない」

にこ「……ふっざけんじゃないってのよッ!!」
74: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 11:26:05.85 ID:9lQXHT5s.net
真姫「にこちゃん、ストップ」チュ

にこ「何!」

真姫「おかしいとは思わない? こんな大それた計画が、この子たちを中心にして回るわけがないじゃない」

絵里「そうね。彼女たちは私と同じ3年。もし発起人がA-RISEだとしたら、準備期間が全く足りないわ」

にこ「……黒幕がいるってのね」ギロ

ツバサ「…………」

にこ「答えなさい、ツバサ」

ツバサ「ええ、私たちは表の、実行役のリーダーに過ぎない」

真姫「ほらね」

希「おそらくUTXはクーデターを実行するための兵士の育成と、アンドロイドのアーキタイプとなる素質を持った子を探すための反政府機関やったんよ」

希「華美なエサで純真な子を誘き寄せ、洗脳して捨て駒に仕立て上げる、ド外道や」

にこ「じゃあつまり、ツバサたちも被害者だっていうの?」

絵里「本人たちにその自覚は無いでしょうけどね。完全に自分たち行動が正義であると確信している目よ」

にこ「許せないわ……人を騙して死なせて、スクールアイドルも、ラブライブも踏み台にした……!」

にこ「UTX、絶対に許さないッ!」
75: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 11:59:35.96 ID:9lQXHT5s.net
――ッバゴォォォォォォゥン!!!!

その時である。
そびえ立つUTXビルが突如として崩れ落ち、盛大に土埃を舞い上がらせたのだ。

穂乃果「いったいなんなの!?」

ツバサ「そんな、どうして……!」

絵里(ツバサたちもこの事態を把握してない……? ということは……)

ゴゴゴゴゴゴ……

海未「なっ……!」

花陽「あれは……!」

瓦礫の山と化したUTXの地下から、巨大な影がせり上がってくる。
その形は人型。2本の脚でしっかりと大地に佇立し、頑強な拳を握り締め、双眸に光を宿す。

希「あれが最後の敵ってわけやね……」

それはまさしく、巨大ロボットと形容するほかない、機動兵器であった。
78: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 11:09:32.45 ID:I9I2YZXc.net
http://i.imgur.com/FcV9ihH.jpg
1426115296-レス78-画像

Ultimate
Tactical
eXecutor

ULTAX

機体名:ウルタックス
型式番号:UTX-001
全高:66.86m
空虚重量:2988.5t
全備重量:4136.8t
動力機関:プラズマリアクターEXV-3386
装甲材質:強化チタン合金/変異組成カーボン/高剛性セラミック

武装
腕部75cmプラズマカノン×2
内蔵式小口径ホーミングレーザー砲×260
内蔵式マイクロミサイルランチャー×680
ワイヤーアンカー×10

「究極の戦略処刑人」と名付けられた、UTXの最終兵器。
全身の装甲に大量の武装が内蔵されており、最大火力では周囲約3kmを瞬時に焦土と変貌させるほど。
装甲は3種の素材を部位に応じて複合的に使用。メガトン級核兵器の直撃すら耐えうる強度を誇る。
80: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 23:25:25.77 ID:o7G0Fo/i.net
絵里「まさかあんなデカブツを隠し持っていたとはね」

希「アレに乗ってるんは誰よ?」

英玲奈「おそらく理事会の者だろう」

あんじゅ「最終手段に出るってことでしょうね」

ツバサ「あんなものがあったとは、私たちも驚きよ」

真姫「あれが真の敵……国家の安寧を崩さんとする狂ったインテリもどきね」

ウルタックス「」ゴウン……

海未「攻撃体勢!」

絵里「フォトンウォール展開!」

ウルタックス「」バシュォッ!

ギュオオオ……

ズバゴォォォォゥン!!

ことり「危機一髪だった……」

穂乃果「ビーム砲だよ! ビーム砲!」

にこ「観測結果……プラズマ砲ね」

花陽「つまりことりちゃんたちじゃ吸収できないってこと!?」

凛「これは難しいにゃ」
81: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/01(水) 22:51:21.97 ID:mi6pPNr7.net
穂乃果「でもフォトンで防げるってことは、こうすればいいんでしょ?」

ヴオオオオゥン……

花陽「手から光が!」

絵里「モンスターの能力が人間体でも発現したというの!?」

海未「ピンポイントフォトンシールド……これで試すしかないですね」

にこ「四の五の言ってる暇は無いわ! アレを止めないとでしょ!」

ことり「行こう、穂乃果ちゃん、希ちゃん!」

穂乃果「うん、絶対になんとかしないと!」

希「きゃつらはこの手で地獄に叩き落としてやらんと記が済まんわ」

絵里「支援攻撃はするわ。解析情報の随時伝達も」

凛「任せるにゃ!」

ことり「ありがとうね、みんな」

真姫「危険な直接攻撃をさせようってんですもの。このくらいはね」

絵里「よし、作戦開始よ!」

穂乃果「ランチパック!」

希「うどん!」

ことり「マカロン&チーズケーキ!」

パクパクツルツルモグモグ

キュォォォォォン

ドワォ!
82: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/04(土) 08:55:40.86 ID:GlkDBV2o.net
絵里「敵のプラズマ砲に注意しつつ接近。フォトンシールドはいつでも展開できるようにしておきなさい」

穂乃果「わかった!」

花陽「敵ロボットの装甲強度の解析を開始します」カタカタ

真姫「自衛隊への通達完了。彼らも支援攻撃をしてくるから気を付けてね」

希「まずはウチからや!」キュオオオオオ……

希「スピリチュアルブラスト!」ドシュゥオッ!!

――ズバゴォン!!

海未「背後から膝関節を狙うとは、的確ですね」

モクモクモク……

凛「かすり傷にゃ!」

にこ「桁違いってわけでしょ!」

ことり「けど、あれくらいなら……!」
83: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/04(土) 09:31:11.12 ID:GlkDBV2o.net
絵里「ことり、どうしようというの?」

ことり「フォトンチャージをさせて」

海未「まさか、最大出力のナイトディバイダーを撃とうというのですか!?」

ことり「そうでもしないと!」

絵里「善は急げよ。ことりは砲撃位置D552に移動。残存のレーザー兵器からパワーを供給するわ。凛、花陽!」

花陽「じゃあ解析は真姫ちゃんに引き継いで!」

凛「よぉし、行くにゃ!」

希「穂乃果ちゃん、ことりちゃんが一時離脱するけど、ふたりで頑張るしかないで!」

穂乃果「うん、こういう時こそファイトだよ!」キュィィィィ……

ズドォッ!

希「オレンジナックルから光弾を……新能力ってわけか」

――バゴォン!

ウルタックス「」

真姫「装甲の一部が剥離! 内部にミサイルを確認!」

ウルタックス「」ドシュォォ……

真姫「発射体勢!」

希「させんよ!」ギュィィィィィ

――グァゴドヲォォォォン!!

海未「内部で誘爆を!」

ウルタックス「」グラッ……
84: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 11:23:45.10 ID:OdBMhwFX.net
ウルタックス「」ズシィィィン!

絵里「片膝をついたなら!」

希「やったる!」

穂乃果「てりゃあああ!」

ウルタックス「」――ガパ

ガパガパガパガパガパガパガパガパガパガパッ

希「――!」

ズドドドドドドドドドドドドドシュゥオッ!!

穂乃果「ミサイルの雨だ!」

希「拡散攻撃でインターセプト!」

穂乃果「スプレッドブラスト!」ボゥッ!

バシュシュシュシュシュシュシュオゥン!!

ドガガガガガガガガガガォン!!

希「ブレイクバースト!」

ドシュァァァァァァァァァァァ!

ドガガガガガガガガガガォン!!

海未「まだ来ます!」

ウルタックス「」グオオッ!

希「そんな遅いパンチが当たるわけないやろ!」シュンッ!

穂乃果「隙ありだよ!」

穂乃果「プロミネンスブロー!」ギュオッ!

バッゴォォォォゥン!!
86: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 20:47:34.06 ID:3GFezsdn.net
PPPPPPPPP

「右脚部4ブロックの装甲が損傷! ミサイル184から191、レーザー96から102が使用不可能!」

理事1「ええい、なんだあの生き物は!」

理事2「核爆発にも耐えうるこの機体にダメージを与えるなど……ナンセンスである」

「ミサイルで迎撃!」

「左肩に連続被弾! 関節部の強度低下!」

理事3「プラズマカノンを拡散発射して撃ち落とすのだ」

「パワーチャージ開始!」

「収束率を35パーセントに設定」

学院長「よもやこれを出してまで障害となるとは……いやはや、やはり音ノ木はもっと早く潰しておくべきでしたな」

理事長「不甲斐ないものよ。我々が国を統べることが国民にとってどれだけの幸福となるか分からぬたわけ者共は、一刻も早く掃滅せねば」
87: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 21:16:19.92 ID:3GFezsdn.net
希「ん、これは――」

希「穂乃果ちゃん、プラズマ砲が来るで! フォトンシールド展開用意!」

穂乃果「ホントだ! 腕がこっちに向こうとしてる!」

キュイイイイイイイ……

絵里「エネルギーの増幅はこっちでも観測してる。タイミングは出すわ!」

真姫「3……2…………今よ!」

希「てりゃあ!」ヴォゥン

穂乃果「ほっ!」ヴォゥン

――バシュギュォォォォォォッ!!

希「!」ビシュッ!

穂乃果「うわあっ!」ドゴゥン!

真姫「拡散発射した!? 希たちのシールドじゃ展開範囲が狭くて!」

絵里「ふたりとも、大丈夫!? 希! 穂乃果!」

…………

海未「穂乃果ぁっ!」ダッ!

にこ「ダメでしょ!」バッ!

海未「どいてください! 穂乃果が!」

にこ「ひとりの戦力で何ができるの! 今出るってことは死にたいってこと!」

絵里「」ガチャガチャ

にこ「……って、アンタも何をしてるっての!」

絵里「ごめん、あとは任せた!」ゴォォォォォォォ!!

にこ「パーソナルジェット!?」

海未「絵里……」

にこ「真姫、アイツは何を?」

真姫「これよ」

にこ「――! なるほど、そういう手に出るのね……」

海未「……?」
88: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 21:30:06.04 ID:3GFezsdn.net
ことり「穂乃果ちゃんと希ちゃんが……」

花陽「にこちゃんから連絡! 絵里ちゃんが救助に行ったって!」

凛「大丈夫かな……」

ことり「大丈夫だよ、信じなきゃ、仲間を」

凛「うん……そうだね」

花陽「ことりちゃん、チャージは?」

ことり「まだ7割くらいかな」

花陽「ということは、あと30分くらいかぁ」

凛「どうかそれまで、どうか持ちこたえて、みんな!」
90: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 22:10:19.93 ID:3GFezsdn.net
 × × ×

希「……ん……あれ? ウチ……」

絵里「動かないで、まだ」

希「はは、エリチがおる……こんなところに、変やなぁ……」

絵里「助けに来たの。半壊した建物に運び込んだわ。穂乃果もそこにいる」

穂乃果「」zzz……

希「どうやら、無事みたいやね……」

絵里「ふたりとも、幸い傷は浅くてよ。甲殻が守ってくれたのね」

希「しくってもうた……ゴメンな、エリチ……」

絵里「謝らないで、あそこで私が回避を指示していれば……」

希「これじゃキリ無いなぁ……」

絵里「…………」

希「エリチ……?」

絵里「希、悪いけど、もう少しここでじっとしてて。フミコとミカには救護班連れてくるよう連絡してある」

希「エリチ……それは無理やで……」

絵里「無理じゃないわ。だって、私は希を愛しているから」

希「はは……エリチはロマンチストやなぁ……」

絵里「よく言われる」

絵里「……それじゃ、アレをスクラップにしてくるわ」

希「エリチ……」

絵里「どうしたの?」

希「……戦いが終わったら、結婚しよな」

絵里「……ええ、必ず……必ず……!」

タッタッタッ……

希「大好きやで、エリチ……」
92: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 18:49:24.83 ID:SyEHZhb/.net
「自衛隊戦車、18両撃破」

「目標ポイントまで距離4200」

理事1「よし、このまま議事堂へ直進せよ!」

「飛行物体接近!」

「これは――人間です!」

理事2「バカだ!」

「カメラが捕捉。映像出します」ピッ

学院長「ほう」

理事長「絢瀬絵里か、なんと無謀な」

理事3「迎撃だ。愚か者は消し炭にしてくれる」

「了解。レーザー砲135番から145番起動。自動追尾モードで発射」

理事2「ふざけたマネをしてからに、まったく」

「――ッ、回避されました!」

理事2「なんだと!?」

理事長「なんという機動力だ。凄まじい性能のパーソナルジェットだな」
93: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 19:00:02.25 ID:SyEHZhb/.net
絵里「このかしこいかわいいエリーチカにレーザーを当てようなんて、84兆年早くてよ!」ビュオンビュオン

絵里「損傷部位は――あそこね」

真姫「それを持ってったのはいいけど、試作品だからちゃんと起動するか保証できないわよ。敵のプロテクトだって上かもしれない」

絵里「だからといって、私の仲間を傷付けた報いは受けてもらわないと!」ガチャ

絵里「ましてや我が伴侶をねえッ!」

絵里「狙い撃つ!」ドシュオッ!!

ズガァン!!
94: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 19:12:13.27 ID:SyEHZhb/.net
ウルタックス「」ゴウン、ゴウン……ゴウン…………ゴウン………………

ウルタックス「」

理事1「なんだ、どうした!」

「わかりません、プログラムが……!」

「全ての操作が受け付けません!」

理事長「やってくれたな……!」

学院長「彼女はいったい何を……?」

理事長「おそらくクラッキング弾頭を損傷箇所に撃ち込み、接触した電子回路からシステムを沈黙させたでしょう」

「駆動系も停止! 転倒します!」

ウルタックス「」グラァ……

理事1「総員、衝撃にッ――」

ウルタックス「」ドッズウゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!
95: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 06:14:46.30 ID:vls6cZJt.net
凛「ロボットが転んだにゃ!」

花陽「ことりちゃん!」

ことり「よーし、行けるよ!」バサッ

にこ『狙撃班、出番よ!』

凛「もう出てるよ!」

にこ『ダサいマネさせるんじゃないのよ! 指示出てから動きなさいな!』

ことり「これで終わらせる、終わらせるんだよ!」コォォォォォォォォォ……

ことり「――!」クワッ!

ことり「消えちゃえ!」
96: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 21:26:41.02 ID:vls6cZJt.net
   \スドゴォアオゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!/


1426115296-レス96-画像
97: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 21:31:33.81 ID:vls6cZJt.net
花陽「すごい……これがナイトディバイダーの威力……」

凛「夜空を切り取るってのは伊達じゃないにゃ!」

ことり「ふわぁぁ」パタン

ブワッ!

ことり「ふぅ……」

花陽「ことりちゃん!」

凛「元に戻っちゃったにゃ」

ことり「フルパワーでやったから、疲れちゃったみたい」

凛「ゆっくり休むといいよ」

花陽「さぁ、戻ろう、音ノ木坂へ! 凱旋だよ!」
98: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 22:00:34.15 ID:vls6cZJt.net
ツバサ「そんな……」

にこ「バカなことをした報いよ」

真姫「子供を洗脳してテロリストに仕立て上げてたんですもの。どう転んでも死罰は免れないわ」

英玲奈「そんな、我々はUTXがこの国を変えると信じて……」

海未「結局、UTXがクーデターを成功させても国政は地べたを這いずっていたでしょうね」

あんじゅ「そう言える根拠は?」

海未「手荒なマネをして政権を取ったとして、それで平和を謳歌していた国民が支持すると思いましたか」

ツバサ「……」

海未「ましてや、そんなことが起これば諸外国からの信用は急落です。国交は断絶され、下手をすれば危険分子として攻撃対象ともなり得ます」

真姫「不安定な情勢が続けば経済も回らない。国交が無くなれば貿易で資源も調達できないし、産業も停滞する。これじゃダメダメね」

海未「これらの不安要素を覆す手立てなど、あったら教えていただけます?」
99: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 22:21:40.53 ID:vls6cZJt.net
ツバサ「う、うう……うわあああああああん!!」

にこ「泣きだした!?」

真姫「信じていたものと突き付けられた現実のあまりの乖離に、理解ができなくなったのよ」

海未「どうしてこんなにも、人は間違えてしまうのでしょう……」

にこ「それは、人だからよ」

真姫「間違えない人なんていない。大事なのは、間違いに気付いた時にどうするか、よ」

海未「誰しも、立ち上がるチャンスはあるんですね……」

\ミンナー/

にこ「お、帰ってきたわね」
100: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 22:46:36.82 ID:vls6cZJt.net
海未「穂乃果! ことり!」

穂乃果「へへ、ただいま」

ことり「ただいま」

海未「ふたりとも、無事で何よりです」

穂乃果「ごめんね、心配かけちゃって」

海未「いつものことじゃないですか。さ、今は休んで……」

穂乃果「うん……」

海未「ことりも、よくやってくれました」

ことり「みんながいてくれたおかげだよ」

海未「本当は、こんなことはあってはならないことなのですが……」

ことり「でも、この力のおかげて、みんなを守れたんだもん。今くらいは感謝しないとね」

海未「そうですね、ありがとうございます、ことり」

ことり「疲れちゃったから、ちょっと寝るね……」

海未「ええ、ゆっくり休んでください」

海未「きっと、いい夢を見れますよ……」






THE END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「鳥竜化をコントロールできるようになったんですか!?」ことり「うん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。