海未「最近、力が付き過ぎてるような…」

シェアする

海未-アイキャッチ5
1: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:37:23.48 ID:pWs2DWUpo
穂乃果「海未ちゃーん、リンゴ食べるー?」

海未「いいんですか? いただけるのなら、是非」

穂乃果「はい、どうぞ」

海未「ありがとうございま──」


グシャアッ!


海未「あら?」

穂乃果「!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407847033

元スレ: 海未「最近、力が付き過ぎてるような…」

スポンサーリンク
2: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:38:28.95 ID:pWs2DWUpo

・・・・・・

海未「──ということがあったのです…」

ことり(ひえええ)

海未「穂乃果も驚いてしまって…せっかくいただいたリンゴも無駄になってしまいますし…」

海未「どうも私、力が付き過ぎの様な気がするのです」

ことり「…き、気にする事ないんじゃないかな? 海未ちゃんのお家の事情もあるし…力が付いちゃうのは仕方ないと思うなぁ」

海未「そうでしょうか…」


海未「ですが、このようなこともあったのです」

ことり「な、なにかな」
3: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:39:36.44 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


「正面素振り100回、始め!」

海未「ヤァーーーーー!」

海未「メーーーーーン!」

海未「メ──」


ミシミシボギィ!! スポーン

ガシャーン!


海未「あら?」

海未父「!?」
4: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:40:43.03 ID:pWs2DWUpo


海未「素振り中に竹刀の柄を握り潰してしまい、竹刀があらぬ方向へ飛んで行ってしまって…」

ことり(うわああああ)

海未「父も、『こんなことは初めてだ』と首を傾げていました」

ことり「そ、そうなんだー…」

海未「…やはり私が異常なんです…」

海未「力のありすぎる女子なんて…それに私は今はスクールアイドルですよ?」

海未「こんな状態では…」

ことり「ちょ、ちょっと力が強い女の子なんていっぱいいるよっ。海未ちゃんが特別変ってこと、ないと思うなぁ」

ことり「ねっ? そんなに落ち込まないで…」
5: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:41:36.93 ID:pWs2DWUpo
海未「…これ、見てください」ゴソゴソ

ことり「ん? どうしたの、お腹まくって………んんんんん!!?」

海未「うぅ……」

ことり(ふ、腹筋が…! うっすらだけど…確かに割れてる!?)

ことり(す、すごい…)ゴクリ



海未「…これではもう、μ'sの衣装を着れません…」

海未「スクールアイドル失格です…」

ことり「え、えええっとぉ…その、ね?」

ことり「だ、だいじょうぶっ! ことりがちゃんと、おへそ出しデザイン以外のを作ればいいんだから!」

海未「ことり……」


海未「いえ…いいんです。私が悪いのに、ことりに迷惑はかけられません」

海未「…しばらく、活動を自制します。皆にも、そう伝えてください…」

ことり「海未ちゃん…」
6: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:42:44.18 ID:pWs2DWUpo


・ ・ ・ ・ ・ ・


ことり「──っていうことがあったの」

穂乃果「海未ちゃん…穂乃果、リンゴのことなんて気にしてないのに」

凛「海未ちゃん、そんなパワフルなことになってたんだー…」

花陽「……」


穂乃果「花陽ちゃん? どうしたの?」

花陽「あ、あのねっ、ちょっと前のことなんだけど……う~ん…言っちゃってもいいのかなぁ…」

凛「なになに? 悩み事なら教えて?」

ことり「私たちでよかったら相談に乗るよ?」

花陽「いえっ、悩み事というか~…うぅ、ごめんね、海未ちゃん」

花陽「えっと、少し前の話なんだけど──」
7: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:43:25.33 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


海未「花陽と二人で料理なんて、初めてですよね」

花陽「うんっ。海未ちゃん、お料理得意だって聞いてたから、一緒に出来たらなあって、思ってたんだ」

海未「ふふ、ありがとうございます。まぁ料理といっても、母から仕込まれた和食くらいしか出来ませんが…」

花陽「十分だよ~。私もそんなにレパートリー多くないもん」

海未「やっぱり花陽は、お米を使った料理が?」

花陽「あはは…うん、一番得意だし、大好き」

海未「ふふ、花陽らしいです」
8: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:44:15.80 ID:pWs2DWUpo
海未「それでは…まずは何を作りましょう」

花陽「う~ん……おにぎり?」

海未「お米ですね」

花陽「お米ですっ」

海未「ふふ、そうですね。まずはシンプルにいきましょうか」

花陽「炊きたてご飯は用意してあるよっ!」

海未「流石です。では始めましょう」




海未「小さい頃は、おにぎりを三角にするのが苦手で…」ギュッギュッ

花陽「あ、わかる。どうしても丸い形になっちゃうんだよねぇ」ギュッギュッ

海未「こう、手の平の角度を上手い事調整するのが中々に難しくて」ギュゥッギュウッ

花陽「そうそう! お母さんがすっごく上手に三角にしちゃうから、不思議で不思議で」ギュッギュッ

海未「よっ、ほっ」ギュウウウウウ ミシッ

花陽「んしょ、んしょ」ギュッギュッ
10: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:46:01.21 ID:pWs2DWUpo

花陽「ふぅ、できたぁ」

海未「まずは一個、完成ですね」

花陽「…あれ? 海未ちゃんのおにぎり、少し小さいような…」

海未「おや…本当ですね…」

海未「花陽と同じ量のご飯を使ったのですが…」

花陽「うーん……まぁ、味が変わるわけじゃないし、大丈夫じゃないかな」

海未「…そうですね」


海未「では、最初の一個ということで」

花陽「食べ合いっこだねっ」

花陽「海未ちゃんのおにぎり、いただきまーす」

海未「私は花陽のを。いただきます」

花陽「あー」


ガキィン!!


花陽「あがっ!?」

海未「花陽!?」
12: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:47:36.68 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


花陽「海未ちゃんのおにぎり…すっごく硬くて…とても食べられなくて…」

凛「超圧縮おにぎりにゃ…」

穂乃果「ひええええ…」

ことり「海未ちゃん…」

花陽「それで、おにぎりは全部花陽が作ることになったんだけど…」

花陽「海未ちゃん、すっごく落ち込んじゃって…なんか、悪い事しちゃったな…」

穂乃果「うーん…でも、それは花陽ちゃんのせいじゃないと思うなぁ…

ことり「海未ちゃんも無意識だっただろうしね~…」

凛「んー…」
13: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:49:22.88 ID:pWs2DWUpo

凛「あっ!!」

花陽「どうしたの?」

凛「そういえば凛にも、パワフル海未ちゃんエピソードがあったにゃ!」

穂乃果「ええええ…海未ちゃん、一体どれだけやらかしてるの…」

ことり「…そ、それで、どんなエピソードが~…」

凛「えっとねー…確かあれはー──」
14: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:50:48.41 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


海未「サッカー、ですか」

凛「うんっ! 一緒にやろー!」

海未「二人でですか?」

凛「それがさー! 聞いてよ! かよちんと真姫ちゃんも誘ったんだけど、かよちんは家の用事で来れなくて」

凛「真姫ちゃんなんか『ダルいからパス』とか言っちゃって! もーう! サッカーだけにパス? ってなんでやねーん!」

海未「凛、落ち着きなさい」

凛「はっ! つい熱くなっちゃったにゃ」

凛「それじゃ海未ちゃん! 一緒にやろー!」

海未「私の都合は無視ですか…まぁ、用事もないですからいいですけどね」

凛「やったー!! 海未ちゃん大好きにゃー!」ギュッ

海未「はいはい」
15: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:52:12.05 ID:pWs2DWUpo
海未「それで、二人でサッカーは…どうやるのです」

凛「えっとねー、ゴールは一つだけで、攻める側と守る側を交互にやるの!」

凛「攻める側は、相手を抜けてゴールにシュートできたら勝ち! 守る側は、ボールを奪ったら勝ち!」

凛「こういうルールにゃ!」

海未「なるほど…これなら二人でもできますね」

凛「よーし! じゃあ最初は凛が攻めるよ!」

海未「では私が守りと」

凛「うん! あ! キーパーじゃないから、手は使っちゃダメだからね!」

海未「わかりました」
16: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:53:32.85 ID:pWs2DWUpo
凛「それじゃーいっくよー!」ダダダ

海未「望むところです!」ジリッ

凛「にゃにゃにゃにゃにゃー!!」

海未「……」


凛「そこだー!」

海未「甘いっ」パシッ

凛「ええー!?」ガーン

海未「ふふっ。私の勝ち、ですね?」

凛「一瞬で取られたにゃ…」
17: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:54:49.09 ID:pWs2DWUpo
海未「では、次は私が攻めですね」

凛「負けないよ! すぱーんってボール奪っちゃうもんね!」

海未「参ります!」ダダダ


凛「よっ、ていっ、にゃー!」

海未「ふっ、はっ、くっ」

海未(中々隙が……!)

海未「今です!」スッ

凛「あっ!」

海未「このままシュート、決めさせてもらいます!」

凛「まずいにゃー!」



海未「はあっ!!」


ッパァーーーーーン!!!



凛「えええええええええええええええ!!!?」

海未「あら?」

18: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:56:50.42 ID:pWs2DWUpo

海未「ボールは…どこにいったんでしょう」

海未「まさか、あらぬ方向に蹴ってしまったのでしょうか…」

海未「凛、ボールはどこに…」

凛「」

海未「凛?」

20: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:57:47.04 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


凛「海未ちゃんのスーパーキックでボールが破裂しちゃったんだー」

花陽「コ○ン君もびっくりだね…」

穂乃果「ひえええええ…」

ことり「海未ちゃん……」

凛「海未ちゃん、ボールが破裂したってわかったら、すっごく落ち込んじゃって…」

凛「凛は気にしないでって言ったんだけど…」


ことり「そういう事が重なったから、相談に来たんだね…海未ちゃん」

穂乃果「力が付き過ぎてる、かぁ…」

花陽「そんなことないよ、とはちょっと言えないよね…」

凛「パワフル海未ちゃん一直線にゃ」


「う~ん……」




にこ「いいじゃない、パワフル」

穂乃果「にこちゃん!?」

ことり「いつの間に…」

にこ「いや、今だけど」
21: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 21:59:19.54 ID:pWs2DWUpo
にこ「別にいいんじゃないの? パワフルなアイドルがいたって」

にこ「プロのアイドルにだって、鍛えて筋力をつけてる人はいるわ」

にこ「腹筋が割れてたり、腕が逞しかったり、強そうとか言われたり」

穂乃果「なんで穂乃果の方見るの」

にこ「特に理由は無いわ」


にこ「とにかく。それも一つの個性だってことよ」

にこ「既に起こってしまった事をとやかく言うよりは、その事を受け止めて、どう活かす事ができるか」

にこ「そういう姿勢が大事なの」


花陽「にこちゃん…」

穂乃果「そうだね…にこちゃんの言うとおりだよ!」

穂乃果「海未ちゃんは海未ちゃんだもん! 何もおかしくなんかないよ!」

ことり「…うん、そうだよね。私たちは、いつも通りにしていればいいんだよね」

にこ「そうそう。何も身構える必要はないのよ。あんた達がいつも通りなら、海未も安心するでしょ」

凛「さすがにこちゃんにゃ! よっ、部長! 世界の矢澤!」

にこ「ふっ、当たり前よ。……っておい星空」
22: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:01:35.79 ID:pWs2DWUpo
穂乃果「よーし! それじゃあ早速、海未ちゃんの家に行ってくるよ!」

ことり「あっ、私も~」

花陽「ここはやっぱり…穂乃果ちゃんとことりちゃんに任せたほうがいいよね」

凛「幼馴染パワー全開にゃ」

にこ「それもそうね」



凛「あ、そういえばにこちゃん。真姫ちゃん見なかった?」

花陽「後で来るって言ってたのにね」

にこ「真姫? ああ、なんか『ダルい』とか言って部室で寝てるわよ」

凛「まーきーちゃああああん!!」

花陽「あはは…」
24: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:02:55.87 ID:pWs2DWUpo


─園田家 道場─


海未「……」


海未「…はぁ」


海未(集中できません…)

海未(μ'sの活動を自制すると言っておきながら…結局こうやって竹刀を振ってしまう)

海未(こういう鍛錬が逆効果だというのに…)

海未(…しかし…私は園田家の跡継ぎ…鍛錬を怠るなど以ての外)

海未(ままならないものです…)



海未母「海未さん。穂乃果ちゃんとことりちゃんがいらしてますよ」

海未「え…穂乃果とことりが? わかりました、すぐに…」

海未母「お部屋に通しておきましょうか」

海未「はい。お願いします」
25: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:04:52.56 ID:pWs2DWUpo


海未「お待たせしました」

穂乃果「あ、海未ちゃーん」

ことり「お邪魔してま~す」

海未「ええ、それは構わないのですが…何か用事が?」

穂乃果「海未ちゃん!」ガシッ

海未「は、はい?」

穂乃果「穂乃果の手、握ってみて?」

海未「…もう握ってるじゃないですか」

穂乃果「もっと強く!」

海未「だ、駄目ですっ」

穂乃果「ぎゅうううううって!」

海未「駄目です!」

穂乃果「穂乃果の手は潰れたりなんかしないよ!!」

海未「!」
26: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:06:13.13 ID:pWs2DWUpo
穂乃果「ことりちゃんから聞いたんだ。海未ちゃん、悩んでる事があるって」

海未「……」

穂乃果「花陽ちゃんと凛ちゃんとも同じような事があって、落ち込んじゃってたって」

海未「……はい」

穂乃果「力が強いって、そんなにおかしなことなの?」

穂乃果「海未ちゃんは、それが嫌なの?」

海未「……」


海未「…武道を嗜む身として、力が付いてしまうのは仕方の無い事だと…それは理解しています」

海未「ですが…私のこれは、明らかに常識を逸しています…」

海未「このままでは…」

海未「無意識の内に……あなた達のことも…傷付けてしまいそうで…」

海未「怖いんです……そうなってしまうのが」

ことり「海未ちゃん…」

穂乃果「……」
27: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:07:34.81 ID:pWs2DWUpo
穂乃果「だいじょうぶだよ」ギュッ

海未「あっ…穂乃果…?」

穂乃果「大丈夫。海未ちゃんはそんなことしない。海未ちゃんが穂乃果たちを傷付けるなんて、そんなことあり得ない」

海未「なんで…」

穂乃果「信じてるから」

海未「え?」


穂乃果「ちゃんとした理由なんて…根拠なんて、何もないけど……」

穂乃果「穂乃果はそう信じてる。海未ちゃんは、絶対にそんな事しないって」

穂乃果「もちろん穂乃果だけじゃなくて、ことりちゃんも」

ことり「うんっ!」

穂乃果「μ'sのみんなだって、ね?」

海未「…っ」


穂乃果「…ダメ、かな」

海未「……駄目だなんて」

海未「…十分です……。ごめんなさい、穂乃果、ことり…」

ことり「ん~…そこは、ね?」

穂乃果「『ごめんなさい』じゃない方がいいなあ」

海未「…そうですね」


海未「…ありがとう」

穂乃果「うんっ!!」

ことり「えへへ」

海未「ふふ」
28: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:09:09.86 ID:pWs2DWUpo
穂乃果「よーし! それじゃあ海未ちゃんが元気になったところで」ゴソゴソ

穂乃果「はい! 一緒に食べよ!」

海未「あ…リンゴ」

ことり「えへへ。うさぎさんカットにしてきました~」

海未「上手ですね」

ことり「得意なんだぁ~」


穂乃果「はい、海未ちゃん! あ~ん」

海未「ええっ? 自分で食べますっ」

穂乃果「え~、いいじゃん別にー。あ~ん!」

海未「うっ……もう」

海未「あ、あーん…」

穂乃果「えい」

海未「んぐ…」シャクシャク

穂乃果「おいしい?」

海未「…ええ、とっても」

ことり「穂乃果ちゃんばかりずる~い。ことりも海未ちゃんにあ~んしたいっ」

ことり「はい海未ちゃん、あ~ん」

海未「こ、ことりもですか……あ、あ~ん」

ことり「おいしい?」

海未「はい、おいしいです」シャクシャク
29: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:11:41.19 ID:pWs2DWUpo
穂乃果「あ、そうだ! 明日お休みだし、三人でお出掛けしない?」

ことり「わぁ~! いいね! いこういこう!」

海未「どこか行きたいところでもあるんですか?」

穂乃果「特に無い! けど、買い物したり、パフェ食べたり、とにかく色々!」

穂乃果「一緒に遊びたいなーって!」

海未「…ふふ。予定は未定、ですか」

ことり「いいんじゃないかな、たまにはこういうのも!」

穂乃果「ね!」

海未「…そうですね。行きましょうか」

穂乃果「やったー! 海未ちゃーん!」ギュッ

海未「きゃっ! も、もう、さっきからくっつきすぎです! 穂乃果!」

穂乃果「えー? だって、海未ちゃんが元気になって嬉しいんだもーん!」

ことり「ねー」

穂乃果「ねー」

海未「…もう」
30: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:13:56.03 ID:pWs2DWUpo


穂乃果「あ」

海未「? どうしたんですか?」

穂乃果「…海未ちゃん」

海未「は、はい?」



穂乃果「おなか見せて」


海未「……は?」


ことり「あー…」


穂乃果「腹筋…うっすら割れてるって」

穂乃果「ことりちゃん、見たって」

海未「えっ…? あっ、いや…た、確かに…その……わ、割れて──」

穂乃果「見たい」

海未「ほ、穂乃果?」

穂乃果「…ふふふ」ジリジリ

海未「…ま、待ってください、穂乃果…は、恥ずかしいので…」

穂乃果「おりゃーーーー!!」ガバッ

海未「ひゃああああ!!」
31: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:14:59.84 ID:pWs2DWUpo

穂乃果「ふっふっふっ…海未ちゃんのおなか…」

穂乃果「おお……す、すごい…ホントに割れてる…」

海未「ほ、穂乃果っ…そんな……ジロジロ見ないで…」

穂乃果「……ごくり」サワッ

海未「ひゃんっ!」

穂乃果「おおー……」サワサワ

海未「んっ…あっ…ん」ピクッ

穂乃果「ほほー……」ナデナデ

海未「ゃんっ……ほ、ほの…」ピクンッ

穂乃果「うーむ……」ペタペタ

ことり「……」ゴクリ

32: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:16:43.64 ID:pWs2DWUpo

ことり「…海未ちゃん……ことりも…」

海未「こ、ことり…!? あ、あなたまで…っ」

ことり「我慢できなくなっちゃった…ごめんね……」ナデ

海未「んあっ……!」ビクッ

ことり「ほおー……」ツツツ

穂乃果「へぇー……」スーッ

海未「や、やめっ……ひゃぁんっ……」

穂乃果「……」ナデリ

ことり「……」ナデナデ

海未「んんんっ……」


ほのこと(エロい…)
33: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:19:28.52 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


海未「はっ……はぁ…ん……」

穂乃果「ふぅ…」

ことり「ふぅ…」


穂乃果「堪能した…」

ことり「堪能したね…」

海未「……」


海未「…も、もう……いい、ですよね…?」

穂乃果「……」

ことり「……」



ほのこと「第二ラウンド」

海未「へ…」

穂乃果「海未ちゃあん」

ことり「海未ちゃぁん」

海未「あ、ああ……」
34: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:21:11.51 ID:pWs2DWUpo

ガラッ


海未母「海未さん、そろそろ夕食ですが…穂乃果ちゃんとことりちゃんにも──」

穂乃果「あっ」

ことり「あっ」

海未「えっ」

海未母「!?」



「……」



海未母「…ご、ごゆっくり~…」

海未「ああああ!! お母様!! 違うんですぅ! 決してやましいことではあああ!!」

穂乃果「海未ちゃん」ガシッ

海未「ほの──」

穂乃果「ゆっくり、ね」

ことり「ね…」

海未「あああああ……」

35: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:24:04.75 ID:pWs2DWUpo





海未「」グッタリ


穂乃果「……」ハァハァ

ことり「……」ハァハァ


ほのこと(ヤりすぎた)



穂乃果「海未ちゃーん…だいじょうぶー?」ユサユサ

ことり「海未ちゃーん…」

海未「」

穂乃果「起きないね」

ことり「ないねぇ」

「……」


穂乃果「…も、もう少しだけ…」

ことり「やっちゃう…?」
36: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:26:20.38 ID:pWs2DWUpo

海未「」ムクリ

穂乃果「あっ」

ことり「えっ」



海未「……二人とも」

穂乃果「ひゃいっ」

ことり「はいぃっ」


ガッシリ


穂乃果「えっ、えっ」

ことり「う、海未ちゃん…? そ、そんな強く掴まれたら~…」

海未「……ふふふ」


海未「ズルイズルイズルイことはー」

穂乃果「しちゃダメなのよ…」

ことり「こーらこら~…?」

海未「ズルイですよ…二人ばっかり楽しんで……」

海未「今度は…私の番ですよね」ニッコリ

穂乃果(に、逃げられない…力つよっ!…)ググッ

ことり(ひええええ)

海未「うふふふ…」
37: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:28:06.73 ID:pWs2DWUpo

海未「二人まとめて」


穂乃果「……」ゴクリ


ことり「……」ドキドキ




海未「いただきます」



ほのこと「~~~~~~っ」



ヤンヤンッ


38: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:29:46.26 ID:pWs2DWUpo


・ ・ ・ ・ ・ ・


チュンチュン



海未「……う…ん」


海未「はっ」



海未「……朝?」

海未(いつの間に寝てしまったのでしょう)

海未「…なんだか昨日の記憶が……えっと…穂乃果とことりが来て…それから…」


ムニュ


海未「ん?」

海未(なんでしょう…柔らかいものが──)





穂乃果「う~ん……むにゃむにゃ」

ことり「ふにゃ……」

海未「」

39: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:31:43.98 ID:pWs2DWUpo

海未(ほっ、ほほほほの──!? こ、ことりまで──!?)


海未(なぜ二人が私の両脇で寝て…!? し、しかも──)


海未(は、は裸にワイシャツ……!? ななななんて破廉恥な格好を──!!?)


海未「い、一体私は何を……!?」


穂乃果「ん~…」

ことり「ぅ~…?」


穂乃果「ふわぁ~……あれ、朝ぁ?」

ことり「はわぁ~…」

海未「う、あ…そ、その…お、おはようござい…ます」

穂乃果「……」

ことり「……」


ほのこと「海未ちゃぁん」スリスリ

海未「うええええええええええええ!!!?」
40: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:33:19.93 ID:pWs2DWUpo
海未「二人ともっ! 寝ぼけているのですか!」

海未「ほ、ほら、早く着替えて──」

穂乃果「むぅ~…いいじゃん別にぃ」

ことり「昨日はあぁんなに凄かったのにぃ……」

海未(ナニをしたんですか園田海未いいいいいい!!!)



ガラッ


海未母「海未さん、そろそろ朝食ですが、穂乃果ちゃんとことりちゃんも──」

穂乃果「海未ちゃぁん」スリスリ

ことり「海未ちゃあん」スリスリ

海未「」

海未母「!!?」



「……」





海未母「…ゆ、夕べはお楽しみでしたのね……おほほほ…」

海未「ぐああああああああああ!!!」
41: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:35:30.93 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


穂乃果「よーし、それじゃあお出掛けにしゅっぱーつ!」

ことり「おー!」

海未「おー……」


穂乃果「む! ちょっと海未ちゃん! なんでそんなダウナーなの! もっと元気よく!」

ことり「もしかして~、寝不足とか?」

海未「い、いえ、目覚めはバッチリです。ええ、それはもう完璧に目が覚めてます…」

穂乃果「それならもっと明るく行こうよー! せっかくのデートなのに!」

海未「でっ!? でででデートってなんですかっ! ただの外出で──」

ことり「あ~、そんなこと言っちゃうんだぁ。もうっ、穂乃果ちゃんっ」

穂乃果「りょうかいっ! それっ!」ギュッ

ことり「えいっ」ギュッ

海未「ちょっ」


ことり「えへへ~。海未ちゃん、両手に花、だね」

穂乃果「穂乃果達のこと…離さないでねっ?」

海未「ああああ……」



海未(ああ…神様は残酷です……)
42: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:37:34.79 ID:pWs2DWUpo

─ショッピング─


ことり「あ! この服かわいい~! 見て見て、穂乃果ちゃんっ」

穂乃果「うわ~! いいねえ、ことりちゃん似合いそう!」

ことり「ねえねえ、海未ちゃんはどう?」

海未「えっ? え、ええ、いいんじゃないですか?」

ことり「ホントに~? じゃあちょっと試着してみるから、ちゃんと見てねっ」

海未「は、はい」



─レストラン─


穂乃果「はい、海未ちゃん。あ~ん」

海未「ちょ、ちょっと穂乃果っ。ここでは…人の目がありますし…」

穂乃果「…ダメ?」

海未「ぅぐっ……あ、あ~ん」

穂乃果「えいっ」

海未「……おいしい」モグモグ

 ミテミテー、カップルミターイ
 カワイイネー

海未(恥ずかしい…)

ことり「海未ちゃんっ、はい、あ~ん」

海未「あ~ん…」
43: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:38:46.63 ID:pWs2DWUpo
─ゲームセンター─


穂乃果「ああ! もうちょっと……いけそう!」

ストン

海未「ふぅ、取れましたね。はい、穂乃果」

穂乃果「わーい! ありがとー海未ちゃん!」

ことり「海未ちゃん、UFOキャッチャー上手だねぇ」

海未「いえ、数回しかやったことありませんが…。ことりはどれが欲しいですか? 取ってあげますよ」

ことり「えっとね~…それじゃあ、あの羊さん!」

海未「わかりました」

44: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:39:49.17 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


─公園─


穂乃果「はー! いやーけっこう回ったねー」

ことり「少し休憩しよっか」

海未「そうですね」

穂乃果「あっちのベンチに座ろ!」


海未「飲み物、買ってきますよ。何がいいですか?」

穂乃果「ありがとー! じゃあ穂乃果は~、オレンジジュースで!」

ことり「私はお茶でいいかな」

海未「わかりました。ちょっと待っててくださいね」
45: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:40:57.31 ID:pWs2DWUpo


ピッ ピッ
ガチャン

海未「…今日は穂乃果とことりに振り回されっぱなしですね…」

海未「…まぁ、楽しいからいいんですけど」

海未「……」

海未(デート、か)

海未「ふふ」ニヘ

海未「さ、戻りましょうか」




海未「……おや?」

海未(誰でしょう…男の人? 二人の知り合いでしょうか)

海未(…何か様子が……)

海未「…まさか」
46: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:42:09.24 ID:pWs2DWUpo

男A「いいじゃねーか。俺たちと遊びに行こうぜ」

男B「楽しいとこに連れていってあげるからさー」

穂乃果「い、いえっ、いいです! まだ予定があるからっ…」

ことり「穂乃果ちゃん…」ギュッ

男A「いーからいーから、んな予定なんてほっといてさあ。俺らと来た方が絶対楽しいって」

男B「な? 早くいこーぜ」グイッ

穂乃果「やっ…離して──」



海未「穂乃果! ことり!」

ことり「海未ちゃんっ」

男A「ん? 君らの友達?」

男B「へぇー、この子もかわいいねえ」

海未「……何のつもりかわかりませんが、二人を離してくれませんか。私たち、まだ行くところがありますので」

男A「三人ともレベル高いねえ! こりゃあ益々一緒に遊びに行きたくなるわ」

男B「ね、君も俺らと遊びに行こーぜ?」

海未「結構です」

男A「んなこと言わないでさあ」

海未「……」イラッ
47: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:43:13.91 ID:pWs2DWUpo
男A「面白い遊び場知ってるからさー」

男B「──って場所知ってる? あそこがさー」

海未「……」イライラ

男A「──があってさー」

男B「そこの食べ物が──」

海未「……」イライライラ ミシッ

男A「──で」

男B「──だから」

海未「……」ミシミシミシ


男A「──っていう訳だから早く行こ」


メキメキグシャアッ! ブシュウウウウウウ



男AB「!!?」

穂乃果「!?」

ことり「!?」




海未「結 構 で す」ニッコリ


男AB「すみませんでした」

48: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:46:02.80 ID:pWs2DWUpo



海未「穂乃果! ことり! 大丈夫ですか!? 何もされていませんか!?」

海未「ごめんなさい…私がいながら二人を危険な目に…」

穂乃果「海未ちゃん…!」ギュッ

ことり「ふぇぇん…」ギュッ

海未「もう大丈夫ですからね」


海未「…飲み物が無駄になってしまいましたね」ポタポタ

海未「新しいのを買いに行きましょうか」

ほのこと「うん!」

49: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:48:25.46 ID:pWs2DWUpo

ピッ ガチャン

海未「はい、どうぞ」

ことり「ありがとー」

穂乃果「えへへ」

海未「? なんですか、ニヤニヤして」

穂乃果「んー? だって、ねー?」

ことり「ねー♪」

海未「なんなんですか」


穂乃果「海未ちゃん、穂乃果達のこと…守ってくれるんだなあって」

ことり「すっごくかっこよかったよ~。ドキドキしちゃったぁ」

ほのこと(飲み物握り潰すとは思わなかったけど)


海未「…当たり前でしょう。二人とも、私の大切な幼馴染なんですから」

海未「二人の身に危険が降りかかりそうな時は……この身に変えても、守ってみせますから」

海未「ね?」ニコ


穂乃果「~~~っ」

ことり「うみちゃぁんん」

穂乃果「もー! 海未ちゃんだーいすきー!!」ギュウウ

ことり「ぎゅー!」

海未「ふふ。私もですよ」ナデナデ
50: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:50:27.98 ID:pWs2DWUpo

・ ・ ・ ・ ・ ・


ことり「送ってくれてありがと~。じゃあ、また明日っ」

穂乃果「うん! じゃあねー!」

海未「おやすみなさい」


海未「さあ、私たちも帰りましょう。送りますよ」

穂乃果「ありがと! あ、それじゃあさっ」

海未「なんです?」

ギュッ

穂乃果「手、繋いで帰ろ?」

海未「はい」
51: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:52:16.78 ID:pWs2DWUpo

─翌日─



海未(昨日はとても楽しかったです)

海未(穂乃果とことりと一緒にいると、嫌な事なんて忘れてしまいますね)

海未(…今度は私から誘ってみましょうか)


海未「しかし…あの手の輩には困ったものです」

海未「昨日は私がいたらから良かったものの」

海未「二人だけの時にあんなことが起こってしまったら……」

海未「……」ギリッ

海未「…考えただけでも腸煮えくり返りそうです」

海未「私が絶対に二人を守らなければ」




海未「…力があれば……」

海未「この程度じゃ……まだ足りない」

海未「もっと……もっと強く…!」グ゙ッ

52: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:54:52.92 ID:pWs2DWUpo




月日は流れ──



「正面素振り1000回、始めぇっ!」


海未「はあああああああっ!!」


ッパアアアアン!!


海未「くっ…なんですこの竹刀は! 素振り如きで粉々になるなんて…!」

海未「お父様! 木刀を使います!!」

海未父「…うむ」

海未「メエエエエエエンッ!!」ミシミシッ




海未父(…素振りの勢いで竹刀が粉微塵。木刀も耐えられずヒビが入る程とは…)

海未父(海未よ…もはやお前に教えることは何も無い)

海未父「…これが武の境地か」


バキバキバキッ

海未「くっ! 木刀までも…!」

海未「…真剣を──」

海未父「それはいかん」
53: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:57:34.47 ID:pWs2DWUpo

海未母「海未さん、そろそろ穂乃果ちゃんとことりちゃんとの約束の時間ですよ」

海未「はっ! そ、そうでした…つい夢中に…」

海未「お父様、今日の稽古はこれで終わらせていただいても…」

海未父「うん? あ、ああ、構わんぞ」

海未「ありがとうございます。では、失礼いたします」



海未母「…どうですか、最近の海未さんは」

海未父「…もう稽古は必要ないのかもしれんな……」
54: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 22:59:05.21 ID:pWs2DWUpo


海未「すっかり遅くなってしまいました…」

海未「二人とも、もう待っていますね…急がないと」


海未「ええっと…待ち合わせの場所は……」

海未「…あっ、穂乃果! ことり──」

海未「ん?」



海未「誰でしょう…男の人たちが……」

海未「…ああ、またですか」ハァ

海未「まったく…いくら二人が可愛いからって、こう何度もあるのは困りますね」
55: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 23:00:36.03 ID:pWs2DWUpo

海未「…ですがまぁ、丁度いいですね」



海未「あれからどれ程力が付いたのか、確かめるいい機会です」



海未「安心してください、穂乃果、ことり」



海未「貴方達に近づく悪い虫は、私が一匹残らず…追い払いますからね」



海未「フフフ……」ゴキッゴキッ



海未「さぁ……参りましょうか」






──おしまい
59: ◆ArZP/.slV2 2014/08/12(火) 23:05:23.53 ID:pWs2DWUpo
終わりです
ただのギャグにしようと思ったけどほのことうみになったからギャグになりました
穂乃果とことりの為に頑張る海未ちゃんが好きです

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「最近、力が付き過ぎてるような…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「最近、力が付き過ぎてるような…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。