希「今日の夕飯」

シェアする

希-アイキャッチ20
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 20:27:04.56 ID:/ASvDPKu.net
希「お惣菜ばっかりで飽きてきたなぁ」


スーパーの惣菜コーナは毎日同じ物が並んでる
一人暮らしのせいか作るのが面倒でつい出来合いを買って済ませてしまうんやけど、そろそろ口も飽きてきた

希「やっぱり自炊しなきゃやね…
でも、ご飯炊いておかず作ってかぁ
時間かかるなー」

希「そう思ったら飽きててもお惣菜買った方が楽チンやし…
家について着替えたらチンして終わりやもん」

ご飯を炊くのに早炊きで約30分
冷やご飯があったとしてもあんまり好きやないし…
食材を切って焼いてやっと食事になるなら温めるだけの惣菜の方取っちゃうなぁ
…フフッ こんなだらしない所は誰にも見せられないね

◆希視点です
ラブライブ前くらいかな?雪降り始めくらい
ほのぼのと言うか普通に書いていきます
長くないよ!

元スレ: 希「今日の夕飯」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 20:30:36.12 ID:/ASvDPKu.net
希「うん、今日はお惣菜買って明日こそ自炊や」

っても多分しないけど
面倒やからって逃げるための言い訳をして、ウチは適当に選んだお惣菜をカゴに入れた。


「あら、希じゃないの」


突然後ろから聞きなれた声がした
振り返ると私服のえりちがウチの持ってるカゴの中身を覗いていた
あんまり見られたくない時に会っちゃうなんて…
ウチの幸運はどこに行っちゃったんやろ


希「スーパーでえりちに会うなんて珍しいなぁ
夕飯の買い物なん?」

絵里「ええ、亜里沙が雪穂ちゃんとお泊まりって学校から帰るなり荷物持って飛び出して行ったのよ
だから今日は適当に済ませようと思って」

希「あの2人はほんまに仲いいんやね
それにしてもお惣菜を食べるえりちって珍しいなぁ」

エリチは一人暮らしでも毎日自炊しそうなイメージしか浮かばない
お惣菜を食べるエリチはなんか…うん…
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 20:35:55.77 ID:/ASvDPKu.net
絵里「私が手抜きって珍しいかしら?亜里沙がいる時は作るけど、1人の時は手抜きしちゃったりするのよ
毎回ではないけどね」

希「ほわー偉いなぁ
ウチなんかこの通りや」

カゴに入れたホウレン草の胡麻和えと海老チリを見せながらテヘヘと可愛く笑ってみた
そうするとえりちは少し悩んだ顔をして、何かを思いついた顔をした



絵里「希は毎日お惣菜なの?」

希「そうなんよ…作るのが面倒でついな」

正直に答えるとエリチは喜びオーラ全開でウチのカゴにあるお惣菜をコーナーに戻した


絵里「よし、今日は私が希に夕飯を作ってあげる」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 20:45:29.89 ID:/ASvDPKu.net
>>6
突然の言葉に目がまん丸くなる
ウチの食生活を気にしてくれたんやろなぁ
でも甘えちゃダメやね

希「そんな気使わんでええよ
ウチは別にお惣菜で十分やから」

ウチの腕をとってお肉コーナーや野菜コーナーを周るえりちにやんわり断ってるんやけど、カゴにはウチが普段買うことのない野菜や調味料が増えていく


絵里「はいはい遠慮しないの
ほら、早く買って希の家に行くわよ」

希「ウチの家くるん!?」

てっきりえりちの家に連行されると思ってたらウチの家で作る事になっとった
…あ、洗濯物干したまんまやん

絵里「あ、お金は私が出すから希は外で待ってていいわよ」

希「それはダメや。ちゃんとウチも払うよ」

2人でレジに並んで、横に置いてあるお菓子をカゴに追加
よう分からんけど、目に入ると欲しくなってまうんよね
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 20:48:50.41 ID:/ASvDPKu.net
レジで支払い終わり、食材を袋に入れ替えて店を出ると、色んな家からご飯の匂いがしてくる


絵里「うーん美味しそうな香りでお腹空くわね
早く行きましょうか」

希「せやね、ウチもうお腹ぺこぺこや」

絵里「フフッ美味しいの作ってあげるから期待してなさい」

希「かしこい かわいい エリーチカさんの作るご飯はさぞ美味しいことなんやろなぁ」

絵里「当たり前よ?なんたって かしこい かわいい エリーチカが作るご飯なんだから」

希「それ今ウチが言ったんやけど…」

絵里「あら何の事かしら?」


何故か気分いいのえりちを連れて帰路につく。
なんか今のエリチは学校の時とは違った感じやね
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 20:58:34.27 ID:/ASvDPKu.net
__

学校での出来事なんかの話しをしてたら家に着いてた
重い荷物も楽しく会話してたら全然気にならない程あっと言う間やった
…でもエリチはずっと携帯弄ってて相槌が変な時あったんやけどね



希「突然やったから家の中片付いてないけど堪忍な」

絵里「そんな事言って全然綺麗じゃないの
強いて言えば……特に無いわね」

希「あんま粗探しせんといてよ?恥ずかしいから」


洗濯物をそそくさと仕舞いながらえりちに話しかける
やっぱり部屋をジロジロ見られるのは誰だって恥ずかしいやん?



希「そういえば夕飯は何を作ってくれるん?」

絵里「エリチカ特製のボルシチよ
あとはカルパッチョとバゲットね」

希「おお!美味しそうやん!」

ボルシチか…
えりちの得意料理やね
前から聞いてはいたけど食べたこと無かったから楽しみや
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:03:49.92 ID:/ASvDPKu.net
絵里「さぁ~作るわよ!」

希「ウチは何すればいい?」

絵里「チッチッチ…ここは私にお任せよ!希はテレビでも見て待ってて?」

希「全部えりちに任せるなんてできひんよ
ウチにも手伝わせて」

絵里「軽く台所見たら圧力鍋あったし、これだとすぐ出来ちゃうから大丈夫よ……あ、そういえば私サワークリーム買ったかしら?」

希「サワークリーム?ちょっと待ってな
今見るから」

あんまり聞かない食材やけど何か重要なんかな?
サワークリーム…サワークリーム……あ、こりゃ買い忘れやね

希「えりち、見当たらんかったわ」

絵里「本当?どうしよう…サワークリームがないと…」

希「しゃーないなぁ。ウチがまたスーパー行ってくるわ」

絵里「いいの?助かるわ。
お願いしてもいいかしら?」

希「任せとき!」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:16:18.76 ID:/ASvDPKu.net
えりちのおっちょこちょいが発動したなぁ
そう思いながら財布と携帯を持って玄関に向かう

絵里「本当にごめんない。お願いね」

希「気にせんでいいよ?それじゃ行ってきます」

絵里「行ってらっしゃい」

ウチを見送るえりちが何かを企むような悪い顔をしていた
気のせいかな?
でもちょっと心配やね
急いで買って帰らないと…
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:24:49.86 ID:/ASvDPKu.net
希「1人だとスーパーまで遠く感じるなぁ」

さっきはえりちと一緒やったから近く感じたけど、1人だと倍くらいに感じる



希「ふぅ、やっと着いた
えっと、確かサワークリームやったね」

多分チーズやバターがある辺りだと思うんやけど…
あれ?どこやろ
早く買って帰りたいのに…
お腹空いたしエリチが悪い顔してたから



\ありがとうございましたー/



店員さんの明るい声に見送られて帰路に着く。
散々スーパーの中を見て回って結局店員さんに案内してもらった
さっき見たはずの場所にあってちょっと恥ずかしかったな…
さて、早く帰らなきゃやね
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:36:37.54 ID:/ASvDPKu.net
______

__


希「ただいまー!サワークリーム買ってきたで!」


絵里「希おかえりなさい。わざわざごめんなさいね、でもありがとう!助かったわ!」

希「気にせんでええよ?作るのエリチに全部任せてしまったからね」

絵里「ありがとう。ほら、もうすぐ出来るから早く入って」

希「そうやね。
あぁ~お腹と背中がくっついちゃいそうや」

絵里「フフッ いいから早く準備しなさいよ」


笑うエリチの後に続いて、リビングに入った

その途端あり得ない…でも見慣れた光景が目に飛び込んできた
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:42:17.87 ID:/ASvDPKu.net
穂乃果「絵里ちゃんお腹空いたよぉ~」

凛「凛もお腹ペコペコにゃぁ…今ならお魚さんでも食べれちゃうにゃ…」

にこ「あら、おつまみ煮干しなら持ってるわよ
食べる?」

凛「じょじょじょ冗談にゃ!!お腹は空いてもお魚さんはいらないにゃ!!!ニョワァァァァァァァァァぁぁ!?!?!?!!!」

海未「にこ、分かっててもフフッ…そのようにからかうのは…ククッ……駄目ですよブフッ…」

真姫「注意しながら笑ってちゃ意味ないじゃないのよ」


ことり「あ!絵里ちゃんお皿なら私が出すよ!」

花陽「ことりちゃん、私も手伝うね」

ワーワー ギャーギャー


いつも部室や屋上で見る騒がしいけど楽しい光景
でも、今ここはウチの家
…あれ?おかしない?
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:52:19.64 ID:/ASvDPKu.net
なんでこんな事になってるんやろ…
えっと、今日ウチはスーパーで夕飯買ってたらエリチと会って…
それでエリチがウチの家で夕飯作ってくれる言うから一緒に食材買って帰って…
家に着いたらサワークリーム買い忘れてたのに気づいてウチが買いにスーパー戻って…
で、家に帰ってきたらμ's勢揃い…


絵里「さあ!できたわよ!!エリチカが腕によりをかけたんだから味は保証するわ!」


\待ってました~! 早く食べるにゃ! 希ちゃーん!早く座って座って!/


……あ、帰りにエリチがずっと携帯弄ってたのと出かける前に見た悪い顔は皆んなを呼ぶからやったんやね
急なのによく集まったなぁ…
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 21:57:39.64 ID:/ASvDPKu.net
…フフッ それにしてもこんな大勢で夕飯なんて初めてやね
よし、ウチも早くあの輪に入ろっか


希「今日のウチはお腹と背中がくっついちゃうくらいお腹ペコペコやから一杯食べるで~!!」


穂乃果「あー!穂乃果の分は食べちゃダメだからね!」

凛「凛のもダメだにゃ!でも、にこちゃんの分なら食べてもいいにゃ~」

にこ「ちょっと!それどうゆう意味よ!」

希「ほんまに?じゃあ遠慮なくにこっちを…」

にこ「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!なんでこっち来るのよ!!!」

希「わしわしMaxいただきまーす!」

にこ「いやああぁぁああぁあぁああぁぁぁぁあああああぁぁああぁあぁああぁぁぁぁあああ」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:07:32.13 ID:/ASvDPKu.net
海未「もうっ これから夕飯だと言うのに何騒いでるのですか!」

真姫「ま、面白いし放って置いてもいいんじゃない?」

ことり「うん!希ちゃんすっごく楽しそう♪」

花陽「とても素敵な笑顔ですっ」




穂乃果「穂乃果もわしわしするー!!」

希「おー?穂乃果ちゃんもわしわしされに来たん?それじゃあいただきま~すっ」

穂乃果「違っ…!あぁぁああぁあぁああぁぁぁああぁぁああぁあぁああぁぁぁぁあああ」




海未「終わりが見えませんね」

真姫「あれだと多分次は凛が行くわよ」

花陽「凛ちゃんなら行きますね…」

ことり「うん、凛ちゃんなら行くね…」



凛「凛もわしわしす「はいストーーップ!!!」



絵里「騒ぐのは食べた後にして、今はご飯の時間よ!」
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:19:27.08 ID:/ASvDPKu.net
希「えーー もうちょっと…」

絵里「のぞみ?」

希「はーい皆んなご飯やでー!」

あはは…やり過ぎちゃったみたいやね
でもこんなに楽しいの久しぶりやんっ



絵里「全員分揃ったわね?それじゃあ…」


\いただきまーす/


ことり「うわぁ…!絵里ちゃんすっごく美味しいよ!」

海未「ええ、とても美味しいです」

真姫「トマトの酸味とサワークリームがマッチしてるわね」

花陽「とてもご飯に合いますっ!」

絵里「そう?作ったかいがあるわね」
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:24:32.64 ID:/ASvDPKu.net
.

穂乃果ちゃんは口の横にスープがついてるし、花陽ちゃんは白米持参でかきこんどる
凛ちゃんは真紀ちゃんのお皿に自分の人参を入れようとしてるけど結局バレてチョップ食らっとるし…
フフッ こんなに賑やかなら毎日でも一緒にご飯食べたいなぁ


絵里「希、食べないの?…もしかして口に合わなかったかしら?」

おっと、皆んなを見すぎて自分が食べるの忘れてたわ
エリチにいらん心配かけちゃったみたいやね


希「ううん、ただ皆んなが楽しそうで見とれてただけや
エリチの料理はすっごく美味しいよ」

絵里「ありがとう。希にそう言ってもらえると嬉しいわ」

希「うん、カルパッチョも美味しいしボルシチはバゲットと相性抜群やね
スープに浸したら最高や」
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:28:28.34 ID:/ASvDPKu.net
_______

真姫「エリー、まだボルシチ余ってるかしら?」

絵里「ええ、まだまだあるから沢山食べてちょうだいね」

穂乃果「穂乃果もおかわりー!!」

花陽「私も食べたいな…」

海未「私も頂いてよかったでしょうか?」

絵里「いい食べっぷりで嬉しいわ
他の人の分も考えておかわりしてね?」


皆んな食欲全開やなぁ
海未ちゃんまでおかわりは意外やね
カロリーを考えてください!とか言うかと思ってたのに

…なんか見てるだけでお腹一杯になっちゃっうわ
こんなに楽しいご飯なんか久しぶりすぎてお腹一杯胸一杯やね
自然と顔が緩んじゃう
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:41:08.04 ID:/ASvDPKu.net
_________

___

穂乃果「ふわぁ~ もう動けないよぉ~」

海未「穂乃果は食べ過ぎです
何事も程々にすべきなんですよ?」

ことり「仕方ないよぉ 絵里ちゃんの料理すごく美味しいんだもん♪」

凛「凛も美味しかったにゃ!また作って欲しいなぁ」

花陽「うん!機会があったらまた食べたいね」

真姫「…私も気に入ったわ」

凛「真姫ちゃんが素直にゃ!」

真姫「ウルサイ」

凛「ふにゃ!?」
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:46:36.68 ID:/ASvDPKu.net
にこ「絵里、もしよかったらボルシチのレシピ教えてくれない?
美味しかったから私も作ってみたいのよ」

絵里「フフンッ 皆んながそこまで言ってくれるなんて鼻が高いわね
いいわよ、後でメールするわね」

にこ「助かるわ」




希「わざわざお皿まで洗ってくれてありがとうな
エリチに任せっきりで申し訳ないわ…」

絵里「私が好きでやってるんだから気にしないでいいのよ
おかげで今日は家で1人寂しく夕飯を食べる事にならなかったんだもの」

希「フフッ ありがと」

楽しい時間って本当にあっという間やね
部室でおしゃべりとか練習の時間もあっという間やけど、それ以上に早く感じる
ああ、楽しかったなぁ

………
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 22:56:30.47 ID:/ASvDPKu.net
.

海未「それでは私達はそろそろお暇させて頂きますね」

ことり「そうだね、長居しちゃって迷惑だから帰る準備しなきゃ」


皆んなもう帰っちゃうのか…
全っ然迷惑じゃないんやけどね
寂しいけど、明日また学校で会えるから我慢や
でもやっぱり…寂しいな

凛「希ちゃんどうしたの?なんか悲しい顔してるにゃ…」

真姫「どうしたのよ 柄にもない顔して」


あれっ ウチそんなに悲しい顔してたかな?
ダメやなぁ 心配かけるような事しちゃって


希「ううん、なんでもないんよ
さ、もう遅いから気を付けて帰るんやで?」


どうせなら皆んなで泊まっていけばいいのに…
こんなの言えるわけない…
楽しい時間を過ごせただけ幸せやったと思わなきゃ欲張りさんになってまう…
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:03:16.74 ID:/ASvDPKu.net
.

絵里「希、何か言いたいんじゃないの?」


言いたいよ…でもこんなワガママ言えるわけない…
9人で楽しく夕飯を食べた。
それだけで十分や…


ことり「希ちゃん……っ」


うっ…ことりちゃんのあの瞳は卑怯やん…
でも…でも………

……言うだけ…言うだけならいいの…かな
どうせ明日も学校で無理なの分かってるんだから言っちゃっても構わない…?
ただ言うだけ…そしたら週末に来てくれるかもしれないやん…?
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:05:21.99 ID:/ASvDPKu.net
そうや…もしかしたら週末にお泊まり来てくれるかもしれない…
だからちょっとだけワガママ言わせてもらおう…


希「…あの、もし…もしよかったら…今日、ウチの家に泊まって行かん…?
もし…大丈夫ならでええんやけど…」

今からなんて着替えも無いから無理に決まってる。
うん、ワガママでも絶対に無理なワガママ
言えただけでもスッキリや


穂乃果「えっ、いいの?穂乃果お泊まりするー!!」

花陽「はい!楽しそうですっ」

ことり「ことりも希ちゃんの家にお泊まりしてみたい♪」


希「でも明日学校やから制服なきゃだめやから無理なんよ
ごめんな、ただワガママ言いたかっただけやから」

そう、これは無理なワガママ…
ウチのただのワガママ


凛「それじゃあ今日は希ちゃんの家に皆んなでお泊まりにゃ~!!」

希「えっと、凛ちゃん?
明日の制服が無いから無理なんやって…」
32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:07:24.18 ID:/ASvDPKu.net
海未「制服の心配なんてありませんよ」

絵里「私達ちゃーんと持ってきてるんだから」

希「え?」

にこ「絵里からメールが来たのよ
希の家にお泊まりしたい人は明日の荷物持って大至急希宅に集合ってね」

真姫「本当急すぎるのよ…
おかげで明日のハンカチ忘れて来ちゃったわよ」

にこ「私は今日マ…お母さんが居たから出て来れたけど、他は親に強引に言って出てきたらしいわよ?」

ほのりん「えへへ…」


希「どうしてそこまで…」

絵里「…希は真姫以上に素直じゃないでしょ?
でも私にはお見通しなのよ」

絵里「ずっと思ってたでしょ?μ'sの皆んなと家でお泊まり会したいって」

希「あちゃー…エリチは全部分かってたんやね…」

絵里「そりゃずっと一緒にいるもの」
33: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:10:56.08 ID:/ASvDPKu.net
穂乃果「ほほう…希ちゃんには真姫ちゃんみたいな素直になれない一面があるという事だね…」

海未「希は1人だけ私達より少し上にいる存在みたいな所があるので気づきませんでした」

花陽「でも今日は素直になってくれましたっ」

ことり「でもどうして絵里ちゃんは希ちゃんがお泊まりしたいって分かったの?」

絵里「フフッ 希が独り言が聞こえただけよ」

希「ふぇ!?」

にこ「へぇ~ 希の独り言なんて聞いてみたいわね…」


希「いや、そのっ、あっ!!!…家に全員分のお布団なんてなかったわ!!」


穂乃果「ご心配なく~ 寝袋持ってきてまーす!」

希「フフッ 本当にお泊まり前提で来てたんやね」

絵里「希の事ならお見通しだもの」


希「そっか 流石エリチや
…ありがとう」


絵里「希?」

希「ありがとう」
34: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:14:30.98 ID:/ASvDPKu.net
_________

____

希「ほらほらーもう電気消しちゃうでー!」

凛「待つにゃ!寝袋が出てこない…!」

絵里「もう、焦らないでここをこうして…」

穂乃果「こうやってつけて…」

真姫「言わせないわよ」

穂乃果「真姫ちゃんのいじわるー!!!」

真姫「フンッ」



希「よし、全員入ったみたいやね
じゃあ消すでー」

穂乃果「皆んなおやすみー!」


\おやすみ(なさい)/
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:17:10.47 ID:/ASvDPKu.net
.


希「………なあ、エリチ」

絵里「…」



希「今日はありがとうな
本当にありがとう」

希「全部が突然すぎて驚いたけど、すっごく幸せな1日になった
ウチの独り言が聞かれてたのは恥ずかしかったけど、おかげで実現できた
そして明日の朝は皆んなで登校できる…
きっと穂乃果ちゃんが寝坊して焦って学校行く事になるんやろうなぁ
絶対楽しいやん」

希「ウチは転校ばっかりで友達いなかったやろ?
でも今はこんなに友達に恵まれて一緒に過ごせてる
ただでさえ幸せな毎日をエリチは更に幸せにしてくれた」

希「学校が終わると家に1人で寂しいなぁって思うときもあるんやけど、エリチのおかげで1日中が幸せでもう胸が一杯や」

希「ありがとうエリチ
おやすみ」




絵里「…おやすみ希」



.
37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:21:03.76 ID:/ASvDPKu.net
_________

チュンチュン アサチュンチュン


海未「起きてください穂乃果!!!あんまり寝ていると遅刻してしまいますよ!!」

ことり「穂乃果ちゃん起きてぇ!!」

穂乃果「う~ん…あんこ……あき…た…zzz」



真姫「なんで凛が私の寝袋で一緒に寝てるのよ!!!狭くて出られないじゃない!!」

凛「にゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

花陽「抜けない…!!凛ちゃん頑張って…!」

凛「にょわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」



絵里「朝からハラショーね」

希「楽しくていいやんっ」

にこ「ってあんた達バカ騒ぎしてないで早くしなさいよ!!せっかくにこが作ったご飯なのに冷めちゃうじゃない!」

希「やっぱり皆んなといると楽しいなぁ」

絵里「フフッ そうね」



おわり
38: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 23:23:26.94 ID:/ASvDPKu.net
これで終わりです
最初はのんたぬで書いてたけど詰まって頭に浮かんだのでさっと書き上げました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「今日の夕飯」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。