にこ「変な穂乃果」

シェアする

にこ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:44:59.44 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「ねえねえにこちゃん」

にこ「ん?どしたの穂乃果」

穂乃果「えいっ」ぎゅっ

にこ「うわっ!…いきなりなにすんのよ」

穂乃果「んー、にこちゃん可愛いなぁって」ぎゅー

にこ「はいはい、あんがと」

穂乃果「むー…」ギュ

にこ「…なによ」

穂乃果「にこちゃんはつれないなーと思って」

にこ「なんの話よ」

穂乃果「…少しくらい照れてくれてもいいじゃん」ボソ

にこ「ん?なんか言った?」

穂乃果「べっつにー」ムスー

にこ「んー…?」ポンポン

穂乃果「ひゃっ!?な、なに?////」

にこ「いや、あんたの頭がちょうどいい場所にあったからつい。別にもうやめるわよ」ナデナデ

穂乃果「い、いや、もうちょっとオネガイシマス…////」

にこ「?まあ別に構わないけど…」ナデナデ

穂乃果「……えへへ////」

にこ(…変な穂乃果)ナデナデ

元スレ: にこ「変な穂乃果」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:46:01.41 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「にこちゃーん」

にこ「…」カタカタ

穂乃果「にこちゃぁーん」

にこ「…」カタカタ

穂乃果「にーこーちゃーん」

にこ「…」イラッ

穂乃果「にーーこーーちゃーーん」

にこ「だぁぁうるさい!なんなのよまったく!!」

穂乃果「穂乃果が入ってきたのに目もくれないからつい…」

にこ「はあ…調べ物に集中してたのよ、悪かったわね」

穂乃果「えへへー、穂乃果の方こそごめんね」

にこ「ていうかどーしたのよ一体?」

穂乃果「んー、なんとなく?」

にこ「なんとなくってなによ…」

穂乃果「ダメ…だった…かな?」

にこ「いや別にダメでは無いけど」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:46:30.12 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「むー、なんだかどっちつかず…」

にこ「…ほい」

穂乃果「ん?どしたのにこちゃん」

にこ「さっきまで手が離せなかったからね、ほら来なさい」

穂乃果「…なにが?」

にこ「抱きつきたかったんじゃないの?」

穂乃果「え…あ、そ、そう!し、シツレイシマス…////」ぎゅ

にこ「なによあらたまって」

穂乃果「えへへ…////」ぎゅ

にこ「…満足した?」

穂乃果「も、もう少し…////」ぎゅー

にこ(…変な穂乃果)
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:47:20.32 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「にこちゃんとご飯を食べにきたよ!」

にこ「外なんだから少しは声の音量下げなさいよ」

穂乃果「えへへ。あ、にこちゃんの食べてるハンバーグ美味しそう!」

にこ「…ひとくち食べる?」

穂乃果「わーい、ありがとー!」

にこ「なんで口を開けて待機してるのよ、アホみたいよ?」

穂乃果「え、食べさせてくれるんでしょ?」

にこ「なにいってんの、嫌よ恥ずかしい」

穂乃果「あ、恥ずかしいと思ってくれてるんだ?」

にこ「公衆の面前そこんな事強要されればそりゃ恥ずかしいわよ」

穂乃果「むうー…」

にこ「なに悔しがってんのよ、ほら」

穂乃果「へ?」

にこ「食べさせてやるって言ってんでしょ。ほら」

穂乃果「え、えええ…////」

にこ「言い出しっぺはあんたでしょー、ほら腕が疲れてきたんだから早くしなさい」

穂乃果「あ、あーん…////」パク

穂乃果「…////」モグモグ

にこ「どう、美味しい?」

穂乃果「は、はい…美味しい…です…////」

にこ「なーに敬語使っちゃってんの、ほらソース口に付いてるわよ」フキフキ

穂乃果「ん…あ、ありがと…////」

にこ「早くしないとご飯冷めるわよ」パクパク

穂乃果「……////」パクパク

にこ(…変な穂乃果)モグモグ
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:47:47.63 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「にこちゃんとデートだよ!」

にこ「足りない衣装の材料買いにきただけでしょ。手が空いてるの私たち2人だけだったんだし」

穂乃果「つれないなぁー…」

にこ「くだんないこと言ってないで行くわよ、ほら」スッ

穂乃果「?」

にこ「あーもーじれったいわねえ!ほら」ギュ

穂乃果「確かに人が多いし、はぐれないように手を繋がないとダメだよね!」ギュ

穂乃果(流石に穂乃果も学習したよ!もう照れたりしないもん!)

にこ「さっさと終わらせて部室戻るわよ」

穂乃果「うん!」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:48:15.74 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「思ったより多かったね~」

にこ「そうね…あ、片方持つわよ」

穂乃果「えー、でも悪いよ」

にこ「いいから渡しなさい…よっと」

穂乃果「別にいいのに…」

にこ「両手に荷物持ってたら手繋げないじゃない」ギュ

穂乃果「あ、そ、そうだね…(ん?なんか手に違和感が…)」ガサ

にこ「さっさと戻るわよ」

穂乃果「あ、う、うん!」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:48:47.48 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「結構重かったね…」

にこ「途中で荷物を捨てたくなったわ…」

穂乃果「あ、手…」

穂乃果(ずっと繋いでたんだ…)

にこ「ああ、荷物に集中してて忘れてたわ」パッ

穂乃果「…これなあに?ちっちゃな紙袋が…」

にこ「それね、ヘアピン」

穂乃果「ヘアピン?」

にこ「買い物してる時にあんたに似合いそうなのあったから買ってきたの、いらなかった?」

穂乃果「へ?い、いや…その…////」

にこ「なによその反応…まさか本当に」

穂乃果「あ…い、いや違うの!嬉しいよ!////」

穂乃果「……大切にするね」

にこ「そんなに高いのじゃないから別にいいわよ」

穂乃果「ううん、大切にしたい…////」ギュ

にこ「ふーん…?」

にこ(…変な穂乃果)
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:49:21.51 ID:nvBoMFxP.net
ガチャ

にこ「あれ、穂乃果一人?」

穂乃果「真姫ちゃんと海未ちゃんとことりちゃんは制作活動が大詰めに来て、ちょうど明日土曜日だから今日は篭るんだって」

にこ「そういえば絵里と希も生徒会で仕事が溜まってたから消化するって言ってたわね」

穂乃果「だから人数揃わないから今日は休みだって、各自自主練しなさいって海未ちゃんが」

にこ「ふーん…花陽と凛は二人で帰ったのね?」

穂乃果「さっきここに来たよー、挨拶だけして花陽ちゃんが凛ちゃん引っ張って行っちゃった」

にこ「花陽が?珍しいわね…あんたは?」

穂乃果「えーと、ここでにこちゃんを待ってた」

にこ「メールして帰れば良かったのに」

穂乃果「にこちゃんと帰りたかったの!」

にこ「あー…ちょっとパソコンで調べ物とかしときたいから先帰ってていいわよ?」

穂乃果「待っててもいいかな?邪魔しないから…」

にこ「時間かかるけどそれでもいいなら構わないわ」

穂乃果「じゃあ待ってるね!」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:50:00.78 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


にこ「思ったより時間かかった…穂乃果、帰るわよ…って」

穂乃果「すー…」

にこ「寝ちゃってるわね…穂乃果ー?」ユサユサ

穂乃果「んゅー…?んー…」

にこ「はあ…しょーがないわねー…」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:50:47.65 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「ん、ん…?あれ?寝ちゃってた…?」

穂乃果「…なんかあったかい…ってええ!?」

にこ「ん…私も寝ちゃってたのか…あら起きたの?」

穂乃果「にこちゃん、これは…////」

にこ「ああ、いやあんた爆睡してたからとなりで寝せてあげようかなーって思ったけど枕になりそうなの無いから膝枕を」

穂乃果「ご、ごごごごめんね!重かったよね!?」ガバッ

にこ「別にこの程度重くもないわよ」ぐいっ

穂乃果「むぐっ////」ムニッ

にこ「それにあんたの寝顔結構可愛かったしいいかなーって」

穂乃果「…そ、そう…///」

にこ「まあ起きちゃったし帰らなきゃダメね…もうすっかり暗いし」

穂乃果「う、うん!」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:51:16.34 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


にこ「ほんと暗いわね…危ないし送ってくわよ」

穂乃果「え、でもにこちゃんの家遠いし…」

にこ「μ'sのリーダーにもしもの事があったらどうすんの。やりたいからやってるだけよ、気にすんじゃないわよ」

穂乃果「にこちゃんだって危ないもん!」

にこ「いや大丈夫よ?慣れてるし」

穂乃果「むー…あ、そうだ!にこちゃん、今日は穂乃果の家に泊まってかない?」

にこ「え、いや着替えもないし…」

穂乃果「うちにお客様用の着替えあるから大丈夫だよ!」

にこ「…明日の分どうすんのよ」

穂乃果「う、うーん…」

にこ「はあ…まあいいわ、うちに連絡しないといけないし一旦家に寄っていいならいいわよ」

穂乃果「ほんと!?」

にこ「っていうかあんたが聞いてきたんでしょ!決まったらさっさと行くわよ!」

穂乃果「あ、待って!」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:51:48.76 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「まさかみんな穂乃果を置いて旅行に行くなんて…」

にこ「居眠りしてたあんたも悪いでしょ…いや素直に寝せてた私も悪いわね」

穂乃果「ううー…ご飯どうしよう…」

にこ「…あ、なら」

穂乃果「?」

にこ「にこが作ってぇ~あ・げ・る♡」

穂乃果「…にこちゃんの手料理!」

にこ「今のとこツッコミなさいよ!なんか寒いだけになったじゃないの!」

穂乃果「わーい!穂乃果オムライスがいいな!」

にこ「聞きなさいよ…まあオムライスくらいなら簡単でいいか…ちゃちゃっと作るから待ってなさい。あ、でも冷蔵庫とか食器とか教えて欲しいから台所一緒に来てくれない?」

穂乃果「うん!」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:52:27.89 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー



にこ「結局片付けまで手伝わせて悪いわね」

穂乃果「ううん、頼んだの穂乃果だし、手伝いって言っても簡単なのしか出来ないから…オムライスありがと。美味しかったよにこちゃん」

にこ「ふふん、あんなの朝飯前よ」

穂乃果「食べたのは夕飯だよ、にこちゃん?」

にこ「言葉の文ってやつよ!」

穂乃果「そ、そうだったの!?…それにしても、こうして二人で並んで台所にいると…////」

にこ「あー、わかるわ。姉妹みたいよね」

穂乃果「うんうんにこちゃんがお姉ちゃんで…って!ち、違うよ!」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:53:12.37 ID:nvBoMFxP.net
にこ「私は結構楽しいわよ?」

穂乃果「む…」ムスー

にこ「そんなに嫌だった?」

穂乃果「頭撫でてくれないと機嫌治らないかも…」ムスー

にこ「はいはい、おいで」

穂乃果「え、穂乃果頭撫でてって言っただけ…」

にこ「いいから来なさいっ!」ギュー

穂乃果「う、うわああ////」

にこ「はい、いいこいいこ」ナデナデ

穂乃果「…っ////」ギュ

にこ「…はい…どう?穂乃果」

穂乃果「…えへへ////」デレー

にこ「…すごいアホ面になってるわよあんた」ムニー

穂乃果「い、いはいよにほひゃん!…えへへ////」

にこ(…変な穂乃果)ムニー
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:53:59.62 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー



にこ「もう11時ね。明日は練習したいし寝ましょうか」

穂乃果「えー、もう寝ちゃうのー?」

にこ「当たり前でしょ、夜更かしは肌にも健康にも悪いのよ」

穂乃果「えー!せっかくにこちゃんが泊まりに来てくれたのにー!」

にこ「わがまま言うんじゃないわよまったく…なんか話しながら寝ましょう、それでいいでしょ?」

穂乃果「仕方ないなぁ…」

にこ「こっちのセリフよ」

穂乃果「じゃあ電気消すねー」パチ
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:54:43.91 ID:nvBoMFxP.net
にこ「ふぁ……さて、何話す?」

穂乃果「にこちゃん眠い?」

にこ「んー…ちょっとね、でもまだ大丈夫よ」

穂乃果「そうだなぁ…恋バナとか?」

にこ「恋ねえ…」

穂乃果「あれ、にこちゃんなら『アイドルは恋愛禁止!』って言うと思ったけど…」

にこ「恋愛は確かに禁止だけど恋してた方がより歌に感情移入できるでしょ?悪くは無いと思うわ」

穂乃果「なるほど…深いね!…ちなみににこちゃんには…」

にこ「…ないわ」

穂乃果「ええー!?」ガーン

にこ「なんであんたがショック受けんのよ…今はμ'sで手一杯なのよ、恋愛にうつつを抜かせるほどにこは器用じゃないの」

穂乃果「ふむふむ…」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:55:16.54 ID:nvBoMFxP.net
にこ「まあいろいろ落ち着いたらしてみたいものね、恋…まあにこに釣り合う相手がいるとも思えないけどぉ~」

穂乃果「…良かったぁ」ボソッ

にこ「ん?なんか言った?」

穂乃果「べっつにー」

にこ「ふーん…あんたは好きな人いるの?」

穂乃果「え、いいいいないよ!?」

にこ「いくらなんでも怪しすぎるんだけど…ほんとはいるんでしょ?」

穂乃果「…////」

にこ「……図星ね、ちなみにどんな人なの?」

穂乃果「ま、まだいるって言ったわけじゃ…」

にこ「そんなバレバレの嘘つかなくても…」

穂乃果「むー…えっ、えっとね、穂乃果の好きな人は…ちょっとだけ変な人なんだけど、自分の夢にまっすぐで、精一杯で、すごくかっこよくてすごくかわいいんだよ!」

にこ「…ふーん」

穂乃果「そ、それですごくいい人なんだよ!さりげにプレゼントとかくれたりするし、おねだりはなんだかんだ受け入れてくれるし優しいし…」

にこ「結構なタラシなのね。顔を拝んでみたいわ…」

穂乃果「あ、あはは…」

にこ「他にはその人のことないの?」

穂乃果「えーとねえ…他には…」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:55:44.41 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「えーとね、それでね…」

にこ「くかー…」

穂乃果「あ、にこちゃん寝ちゃった…」

穂乃果「…」つんつん

穂乃果(…うわぁ、ふにふにしてる…柔らかくて気持ちいいなぁ、にこちゃんのほっぺた)

穂乃果「…にこちゃん、可愛い」

にこ「んうっ」

穂乃果「うわっ!…なんだ寝言か…」

にこ「…ほ…」

穂乃果「…?」

にこ「…ほ、の…」

穂乃果「…ほの?…それって…」

穂乃果(穂乃果!?…夢に穂乃果が出てるの!?…)

にこ「…ぅ、ううん…ほ…」

穂乃果「…」ドキドキドキドキ

にこ「…炎…」

穂乃果「…ほのお?」

にこ「…炎…強すぎ…こげる…」

穂乃果「…なんだ…ってどんな夢見てるの…」グテッ

にこ「…ううん…」キュ
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:56:12.62 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「…ん?」

にこ「……ゃぁ…」ギュ

穂乃果「…!?!?」

穂乃果(にこちゃんが穂乃果のパジャマの裾をつかんで…可愛い…)

穂乃果(そして…離れられないよ!どうしようこのままだと…)

穂乃果(にこちゃんと…添い寝する形に…)ドキドキドキドキ

にこ「んー…」グイッ

穂乃果「うわっ!?」

バサッ

にこ「すかー…」

穂乃果「……」

穂乃果「っ////」ボッ

穂乃果(ち、ちちちちちかい!全体的に!顔とか!体とか!)

穂乃果「…どうしよう……/////」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:56:46.04 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


にこ「ん…ねちゃってた…って穂乃果?」

穂乃果「…すー…」

にこ「…なんでわざわざ布団に…?ベッドで眠ればいいのに…あ」

にこ「…寒かったの?」

にこ「まったく…寒いなら最初からそういえばいいのよ」ギュ

にこ「…ふぁ…二度寝しようかしら…まあいいかまだ暗いし…」
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:57:16.51 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「…ん…?んう…」

穂乃果(なんだかんだ眠れちゃった…にこちゃんあったかいもんなぁ…ん?)

にこ「…すかー」ぎゅうう

穂乃果「…?」

穂乃果「…!?///////」

穂乃果(にこちゃんに、え?え?抱きしめられて…え?なにこれ何これ!?)

穂乃果(い、いつから?…だめだ頭が働かない…)

穂乃果(…いい匂い…あったかい…)

穂乃果(あ…唇…ちかい…)

穂乃果「にこちゃ…」ソー

にこ「ん…ふぁ…あ、起きた?…寝言?」

穂乃果「…うわぁぁぁ!?」ビクッ

にこ「耳元で大声出さないで…ちょっとうるさいわよ…」

穂乃果「あ…ごめんなさい」
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:57:48.73 ID:nvBoMFxP.net
にこ「まあいいけど…ん?穂乃果顔赤いわよ?」

穂乃果「へ?」

にこ「熱もあるみたいだし…」ピト

穂乃果「うぁっ!?/////」

にこ「あんた風邪でも引いたんじゃないの?」

穂乃果「そ、そんなことないよ!大丈夫!練習行こう?」ガバッ

にこ「そんな事言って前みたいにライブ中にぶっ倒れたらどうすんのよ。寝てなさいよ、いいから」ドンッ

穂乃果「ほぶっ」ドサッ

にこ「おかゆかなんか作ってくるから待ってなさい?」

穂乃果「う、うん…ありがと…/////」

穂乃果(うー…顔が…熱い…)

にこ「…」

にこ(…変な穂乃果)
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:58:18.06 ID:nvBoMFxP.net
にこ「…というわけで最近穂乃果が変なのよ、幼馴染として何か分かることない?」

海未「…」

ことり「…そ、それって…」

にこ「え、わかるの?分かるなら教えてくれると助かるんだけど」

海未「…いや、あの……」

ことり「多分にこちゃんのことが好きなんじゃないかなぁ?」

にこ「は?穂乃果が私を?なんで?」

海未「…鈍いのですね」

にこ「あんたがそれを言うか…」

ことり「最近穂乃果ちゃんにこちゃんの話ばっかりだもん、きっとそうだよ」

海未「そうですね、先ほどの話も大体穂乃果から聞いてますし」

にこ「え?」

ことり「もうのろけってレベルでしてるから間違いないと思うよ?」

にこ「う、うーん…もしそうなら…いやでもうーん…」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:58:55.65 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


凛「それでねーこの前真姫ちゃんがねー」

真姫「あ…その話は!」

にこ(穂乃果が私を好き…うーん…)

海未「ふふっ、真姫もたまにはドジを踏むんですね」

にこ(でも本当なのかしら…)

穂乃果「そんな事いってー、この前海未ちゃんもねー」

海未「ちょっと穂乃果!」

にこ(穂乃果が…って何私は穂乃果を目で追ってるの!?)

穂乃果「あの時は絵里ちゃんも一緒だったよね…あ」

絵里「そういえばそうね…って穂乃果?」

穂乃果(?にこちゃんがこっちを見てる…///)

希「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「あ、う、うん!…」チラ

にこ(やば…目が合った…)プイ

穂乃果(ど、どうしよう目を逸らされた…)ガーン

ことり「どうしたの?穂乃果ちゃん」

穂乃果「え、な、ななんでもないよ!そ、それでね…」

穂乃果「…」チラ

にこ(またこっち見てる…)チラ

穂乃果(あ、また目が…///)

穂乃果「…///」プイ

にこ(なんで顔が赤くなるのよおおお!!)
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 02:59:29.43 ID:nvBoMFxP.net
花陽「にこちゃんどうしたの?」

にこ「へ?な、なんでもないわよ…あはは」

にこ(…これは…まさか…?もっかい見てみて…)

穂乃果(あ…こ、今度は目を逸らさないからね…///)

穂乃果「…///」ニコッ

にこ「…!?」ドキッ

にこ(…なによ、変な穂乃果)ぷい
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:00:08.49 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー



ガチャ

にこ「あら?」

穂乃果「あ、にこちゃん…」

にこ「また一人?」

穂乃果「う、うん…」

にこ「ふーん…」

にこ(…穂乃果ってよくみると…いやよく見なくてもだけど…)

穂乃果「…」

にこ「…」ジー

にこ(やっぱり可愛いわね…なんていうの元気っ子みたいな?にこにはないジャンルの可愛さよね…)

穂乃果「…////」

にこ「…」ジー

にこ(あ、ヘアピン…付けてくれてるんだ…結構嬉しいな)
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:00:34.95 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「…////」

にこ「…」ジー

穂乃果「あ、あの…////」

にこ「…なによ」

穂乃果「そ、そんなに見られちゃうと恥ずかしいなー…なんて…////」

にこ「別に私は恥ずかしくないけど?」

穂乃果「穂乃果が恥ずかしいんだよ!…どうしてそんなにじっと見てるの?」

にこ「可愛いから」

穂乃果「かっ!?////」

にこ「冗談よ、半分…そのヘアピン」

穂乃果「(半分…?)ああ、これ?」

にこ「ちゃんと付けてくれてるんだなーって思って」

穂乃果「うん、にこちゃんに貰ったから付けてるんだー」

にこ「気に入ってくれたなら何よりよ」

穂乃果「ありがと、にこちゃん」

にこ 「お礼なんていいわよ別に…似合ってるわよ、穂乃果」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:01:13.14 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「…え、えーと…か、かわいい?////」

にこ「ええ、にこの次くらいにはね?」

穂乃果「え、えへへ…」

にこ「…うーん」

穂乃果「どうしたの?」

にこ「私…穂乃果の事好きかもしれない」

穂乃果「うんうん…へ?」

にこ「いやだから…あんたの事好きかもって言ってんのよ」

穂乃果「え?えええええ!?」

にこ「文句ある?」

穂乃果「な、無いけど…ええ…今日こそ言おうと思ったのに…ずるい…////」ボソ

にこ「…と、ところで返事聞いてないんだけど…?」

穂乃果「…///」グイ

にこ「な…なによ…ちか」

ちゅ

穂乃果「ん…///」

にこ「…ふ…んぅ…///」ギュ

穂乃果「…ぷは…ど、どうだ…///」

にこ「…は…なによ…穂乃果のくせに…///」

穂乃果「にこちゃん…」ちゅ

にこ「ん…」


…好き
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:01:42.16 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


にこ「…」

穂乃果「…////」

にこ「…」

穂乃果「…////」

にこ「穂乃果?」

穂乃果「はいっ!?」

にこ「なんでそんな離れてるのよ。こっち来なさいって」

穂乃果「いや、でもそのあの…////」

穂乃果(にこちゃんに、キキキキスを…)

にこ「穂乃果?」

穂乃果「はいっ!?」

にこ「いいから来なさい」

穂乃果「うん…////」

にこ「はい」スッ

穂乃果「…~っ////」ギュ

にこ「…ねえ、穂乃果」ナデナデ

穂乃果「…なあに?」

にこ「いつから私のことを好きだったの?」
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:03:16.12 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「え!?知ってたの?」

にこ「んー…この前ね?」

穂乃果「こ、この前!?」

にこ「海未とことりに相談したのよ、最近穂乃果が変だって」

穂乃果「えー!…そんな変だったかなぁ…」

にこ「最近だけどね。そしたら穂乃果が私を好きなんじゃないかって……勿論そんなことないって思ったけどさ、それから目が合う度意識してドキドキして…あ、これって好きなんだなって」

穂乃果「…え、えええ…///」

にこ「でさ、あんた良く色んな人に抱きついたりするじゃない?」

穂乃果「う、うん…癖だからつい…」

にこ「だから…」グイ

穂乃果「な、なに…?」

ちゅ

穂乃果「…ほぁ…///」

にこ「…ふぅ…もう私以外にそういうことやったら怒るからね?穂乃果は私の…その、あれよ、恋人…ってやつなんだから」

穂乃果「…う、うん…////」

にこ「…ほら誰も来なさそうだし帰るわよ!」

穂乃果「むー…ん?」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:04:12.08 ID:nvBoMFxP.net
チョットエリ!オサナイデクダサイ!
チガ、ノゾミガ…
エー?ウチオシトランヨ?
タイヘン!チカヅイテクルヨ!
ヤバイニャー!
ヤーン!イマイイトコナノニー!
チョットコトリオサエナイデ!

穂乃果「あ、にこちゃ…」

にこ「ん?…あれ…なんか重い…?」ガチャ

ドサドサドサドサッ

にこ「」

穂乃果「あ…あー…」

絵里「ハ、ハラショー…」

希「スピリチュアル、やね…」

海未「ほ、穂乃果…」

ことり「あ、あはは~……」

花陽「…ダ、ダレカタスケテ……」

凛「…にゃ~」

真姫「う…」
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:04:59.36 ID:nvBoMFxP.net
にこ「あ、あんたら…いつから…?」

海未「え、えーと…これは…」

絵里「い、今来たばかりよ?本当よ?」

凛「でも部室でキスなんて凛ビックリしたよ~、ね?かよちん?」

花陽「り、りんちゃ…」

海未「」

絵里「」

にこ「」

ことり「凛ちゃん…それは言わない方がぁ…」

にこ「…あ…あ、あんたたち~!」ゴゴゴゴ

絵里「ここは」ダッ

海未「ひとまず」ダッ

凛「逃げるにゃ~!」ダッ

にこ「こら!まちなさーい!!」

ナンテトコノゾイテンノヨー!
ノゾイテナイワ!ミマモッテタダケデ…
ドッチモオナジヨー!
ニコ!ロウカデハシッテハイケマセン!
アンタラモハシッテルジャナイノ!
ニコチャンコワイニャー!

ダダダダダダッ…
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:07:12.18 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「あ、あはは…見られちゃってたんだ…」

ことり「穂乃果ちゃんわかりやすかったからね~」

真姫「にこちゃん以外眼中にない、って感じだったものね…まったく、二人きりの機会あれだけ作って今更なんて…」

穂乃果「そうだったんだ…ありがと真姫ちゃん!」ギュッ

真姫「い、いや別にそんなこと…てゆーか抱き着かないで!」

花陽「でも真姫ちゃんが一番気にしてたんだよ?さっきだって真姫ちゃんだけ帰ろう帰ろうって言ってたし…」

真姫「ちょっと花陽!」

穂乃果「えへへ…みんなありがと」

ことり「穂乃果ちゃんが幸せそうでことりも嬉しいよ!」

花陽「は、花陽も!」

真姫「…ふんっ////」

希「もちろんウチもっ!」

にこ「はぁ…はぁ…ちょっと穂乃果!絵里たち見なかった!?」

穂乃果「え、見てないけど…?」

にこ「もー!どこいったのよー!」ダダダ…

ことり「にこちゃんも大変だね~」

穂乃果「あ、あはは…」
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:07:41.42 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー



穂乃果「…で、結局捕まえられなかったんだ?」

にこ「だぁー…あいつら速すぎよ…どこに逃げたのよ…」

穂乃果「ふーん…え、えっと、にこちゃん?」

にこ「ん、なに?」

穂乃果「…えいっ////」ギュ

にこ「ああ、手繋ぎたかったのね。悪いわね気がつかなくて」

穂乃果「にこちゃんはずるい…////」

にこ「なんでよ?」

穂乃果「穂乃果ばっかり恥ずかしがって照れて…にこちゃんの事も照れさせたいなー」

にこ「なーに言ってんの、とっくになってるじゃない」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:08:08.96 ID:nvBoMFxP.net
穂乃果「…え、でも全然そんな感じじゃ」

にこ「…とっくになってるって言ってるじゃない、あほのか…」プイ

穂乃果「え、なんでそっち向いちゃうの?」

にこ「うっさい、早く帰るわよ」

穂乃果「ねーねーにこちゃーん」

にこ「…」プイッ

穂乃果「…えいっ」グイッ

にこ「なっ…な…」

穂乃果「にこちゃん…」

にこ「い、言わないで!」

穂乃果「耳まで真っ赤で…顔もにやけて…」

にこ「…~っ////」

にこ「もうっ!あほのか!ばか!////」

穂乃果「えーにこちゃんもっかいこっち向いてよー!にこちゃーん!」

にこ「い、や、よ!」

穂乃果「もー!にーこーちゃーん!」

にこ「…////」クルッ

穂乃果「ど、どうしたのにこちゃ…」

にこ「…////」グイッ

ちゅ

…好きよ、穂乃果
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:08:37.88 ID:nvBoMFxP.net
ーーーーー
ーーー


にこ「穂乃果?」

穂乃果「…////」

にこ「穂乃果ー?」

穂乃果「……////」

にこ「ほーのーかー?」

穂乃果「…ん////」

にこ「こっち見なさいよ」

穂乃果「だ、だめ…////」

にこ「なんでよ」

穂乃果「だめだよ…もう…にこちゃんのばか…////」

穂乃果(だめだ…直視できない…////)

にこ「なによー、せっかくにこの方から熱いキスをしてあげたってのにー…」

穂乃果「熱すぎだよ!穂乃果デレデレだよ!もーにこちゃんのばかー!////」ダッ

にこ「なによもー…変な穂乃果」

にこ「でも…」

にこ(そんな穂乃果が大好き)
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 03:10:03.51 ID:nvBoMFxP.net
これにておしまい

変だな、なんて考えるくらいにはあなたに私は惹かれてる

そんなテーマでした
ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「変な穂乃果」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。