穂乃果「にこちゃん…」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ30
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 08:34:47.42 ID:Fjr2xwUG0
誰にだって欲しいものってあるよね?そういう時ってみんなならどうしてる?


穂乃果?穂乃果はねぇ、どうしても欲しい!って思った経験があんまりないからそういう時、
何するかよく分かんないんだよねぇ…。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407886477

元スレ: 穂乃果「にこちゃん…」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:35:30.60 ID:Fjr2xwUG0


――



にこ「ねぇ、絵里。そろそろいいでしょ?」


絵里「にこ…。高校卒業まではそういう事しないって約束じゃない」


にこ「わ、分かったわよ…」


絵里「ふふ、いい子ね」


にこ「…もう」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:38:53.57 ID:Fjr2xwUG0
――

ある日の部室



穂乃果「にーこちゃん!」ギュー



にこ「…抱きつかないでっていつも言ってるでしょ?」



穂乃果「ええー、いいじゃん。減るもんじゃないし」



にこ「にこが嫌なの」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:40:00.51 ID:Fjr2xwUG0
穂乃果「…絵里ちゃんが怒るから?」


にこ「は、はぁ?何でそこで絵里が出てくるのよ」


穂乃果「穂乃果は知ってるよ、付き合ってるんだよね?2人は」


にこ「いや、付き合ってないわよ…」


ふふ、にこちゃんの嘘って本当分かり易いよね。


穂乃果「そっか。あ!じゃあ、にこちゃんは今はフリーって事なんだ?」


にこ「まぁね」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:40:35.76 ID:Fjr2xwUG0
穂乃果「じゃあさ…、穂乃果と付き合おうよ」


にこ「…え?」


穂乃果「にこちゃんの事、大好きなんだ。だからさ、付き合わない ?」


にこ「…ごめん、それは出来ない」


穂乃果「なんでって聞いてもいい?」


にこ「そ、それは…。…あ、アイドルは恋愛しちゃダメだからよ!」


穂乃果「…そっか」


ふふ、本当は絵里ちゃんと付き合ってる事は秘密にしてるからだよね?
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:42:13.53 ID:Fjr2xwUG0

穂乃果「でも、穂乃果達はスクールアイドルで芸能人やプロのアイドルの子達は違う唯の学生だよね?」


にこ「ま、そうね…」


穂乃果「なら、恋愛禁止っていうルールというか風潮とか関係ないよね?」


穂乃果「…だからさ、穂乃果もにこちゃんの事を好きでいてもいい?」


にこ「いや、…それは」


穂乃果「……駄目かな?」


にこ「でも、それじゃ穂乃果は辛いでしょ?あ、新しい恋でも見つければいいんじゃない?」


穂乃果「ううっ…。にごぢゃん……」


にこ「な、泣かないでよ…。わ、分かったわよ…仕方ないわね」


にこちゃんが押しに弱くてよ良かったなぁ。
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:44:39.14 ID:Fjr2xwUG0
里「ねぇ?何で穂乃果が泣いてるの?」


にこ「あ、絵里…」


穂乃果「あ、これはただ目にゴミが 入っちゃったから目薬しただけだよ?」


絵里「そうなの?こらからは気を付けなさいよ…」


絵里「にこ、帰りましょう?」


にこ「う、うん…」


穂乃果「穂乃果も一緒に帰っていい?」


絵里「ええ、もちろん」


穂乃果「やったー!」ギュッ


にこ「あ、…抱きつかないでよっ」


穂乃果「ふふ、照れてるの?」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 08:45:16.17 ID:Fjr2xwUG0





にこ「いや、そうじゃなくて…」


絵里「…そうじゃなくて?」


にこ「いや、照れてるわ!恥ずかしいから止めてね?穂乃果」


にこちゃん、本当はもう我慢出来ないんだよね?

…ふふ、絵里ちゃんの事だからどうせエッチは卒業までお預けとか言ってるんでしょ?


穂乃果「うふふ、にーこちゃん♪」


にこ「歩きにくいって…。少し離れてよ」


穂乃果「恥ずかしがってるにこちゃん可愛いね!」


絵里「ほ、穂乃果?にこが嫌がってるからそろそろ止めてあげてね 」


穂乃果「え、嫌なの?にこちゃん…」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 09:02:08.57 ID:Fjr2xwUG0
にこ「嫌って訳じゃないけど…」


穂乃果「あ、じゃあ絵里ちゃんに抱きついちゃおっかな?」


にこ「…はぁ、分かったわよ。腕組むだけだからね?抱きつきのはなしよ」


穂乃果「やったー!」


にこ「まったく…」


絵里「はぁ、穂乃果。そういうスキンシップは誰にでもするもんじゃないわよ?」


絵里「恋人や好きな人とするものよ」


穂乃果「…へぇ、じゃあ大丈夫だよ」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 09:07:25.26 ID:Fjr2xwUG0
穂乃果「にこちゃんの事大好きだから」



絵里「……そう」



穂乃果「それに今はにこちゃんにしかこういう事してないよ?」



にこ「ほ、穂乃果!?あんたの家はあっちよね!じゃあ、また明日ね!」



もー、もっとくっついていたいのに…


穂乃果「うん、じゃあねにこちゃん。絵里ちゃんも」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 09:20:39.30 ID:Fjr2xwUG0

絵里「…知らなかったわ、穂乃果がにこの事好きだったなんて」


てっきり、海未の事が好きって思ってたもの……。


にこ「でも、絵里との関係は穂乃果には言ってないから安心してよ」


絵里「安心?…出来る訳ないでしょ」


絵里「にこは、穂乃果のアプローチやスキンシップを私の目の前で見せ付けられてそれを私が耐えられると思う?」


にこ「そ、それは…。…ごめん」


絵里「まぁ、でもにこが約束を守ってくれたことは嬉しかったわよ?」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 20:36:48.27 ID:Fjr2xwUG0
にこ「絵里…。んっ…」


絵里「…んふっ、にこったら可愛い」



――



にこ「…ねぇ、そろそろ、にこ達の事みんなに言わない?」


絵里「それは駄目」


にこ「…そっか」


絵里「にこが女性と付き合ってるって周りの人が知ったら、きっと他の子達がにこに言い寄ってくるでしょ?それが嫌なの」


にこ「それは、絵里の方でしょ?」


にこ「絵里なんてバレンタインの日はロッカーがチョコで一杯だったじゃない…」


絵里「私はにこ一筋だから大丈夫よ。でも、ほら、にこって押しに弱いでしょ?だから心配なのよ…ね?」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 21:33:00.51 ID:Fjr2xwUG0

にこ「誰が押しに弱いっていうのよ!?」


絵里「にこでしょ?」


にこ「どこがよ!鉄壁よ鉄壁。そんなもの睨んで追い払うわよ」


絵里「ふふ、頼もしいものね」


にこ「まったく…。絵里も気を付けてね?」


絵里「ええ」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 21:49:26.61 ID:Fjr2xwUG0
――

とある日



穂乃果「ねぇ…、希ちゃん」


希「おろ、穂乃果ちゃん?練習終わったのにまだ部室おったんやね」


穂乃果「…あはは、ちょっと考え事しててね」


希「そうなん?あ、じゃあ一緒に帰ろうか」


穂乃果「うん!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 21:58:41.44 ID:Fjr2xwUG0
――


穂乃果「最近さ、この学校にもカップルって増えたよね」


希「ん~、まぁそうやね。ふふ、羨ましいん?」クスッ


穂乃果「まぁ……ね?」


希「おー、以外やね」


穂乃果「もー!穂乃果だってそういうお年頃なんだから!」


希「そうやね、ごめんごめん」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 22:12:27.10 ID:Fjr2xwUG0

穂乃果「希ちゃんはさ…、そういうの興味あるの?」



希「うち?どうかなぁ。今はまだよく分からんかな」アハハ



ふ~ん?あくまで本音は言うつもりはないんだね。希ちゃん



穂乃果「μ’s内にもカップルっているよね?」



希「ああ、ことりちゃんと海未ちゃんに凛ちゃんと花陽ちゃんやろ?」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 22:45:47.88 ID:Fjr2xwUG0

穂乃果「まだいるよね?」


希「え、そうなん?初耳なんやけど…」


穂乃果「絵里ちゃんとにこちゃんのカップルだよ」


希「へぇー、あの二人って付き合ってたんやね」


穂乃果「以外だよね」


希「そう?お似合いだと思うけどなぁ…」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 23:04:54.74 ID:Fjr2xwUG0

穂乃果「希ちゃんはさ、辛くないの?」



希「ん、何がかな?穂乃果ちゃん」



穂乃果「希ちゃん知ってたよね?本当はあの二人が付き合ってるって」



希「知らんって…。エリちも、にこっちもうちには内緒にしてくらいやしね」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/13(水) 23:20:53.20 ID:Fjr2xwUG0


穂乃果「そう?…まぁ、今はその事はいいや」


穂乃果「希ちゃんは絵里ちゃんの事好きだよね?」


希「うちが?…まぁ、確かに好きやけど穂乃果ちゃんが思ってるんとは違うと思うんよ」


穂乃果「穂乃果はね?にこちゃんの事が好きなんだぁ」


希「…ほぉ、それは本当に初耳や」


穂乃果「ふふ、やっぱり知ってったんじゃん」


希「まぁ、エリちとにこっちとは付き合い長いし、さすがに分かるって」


穂乃果「希ちゃんはさ、2人が付き合ってるのはどう思う?」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 08:23:01.44 ID:R86VpTHq0
希「そうやねぇ、意外っていうのが正直な感想やね」



穂乃果「そうだよねえ。穂乃果は、てっきり絵里ちゃんって希ちゃんの事が好きなんだと思ってたよ」



希「いや、そういう意味やなくて…」



穂乃果「じゃあ、どういう意味?」



希「そのまんまやん」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 08:25:13.20 ID:R86VpTHq0


穂乃果「希ちゃん……。ストレスを溜め込むのって良くないよ?」



穂乃果「好きなんだよね?絵里ちゃんの事」



希「…穂乃果ちゃん、流石にしつこいんやないかな?さっき違うって言ったやん」



穂乃果「今だけは正直になろうよ、希ちゃん。人を好きなるってとても素敵な事だと思うよ?仮にその人に恋人がいたとしても……ね」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 08:25:56.88 ID:R86VpTHq0

希「…でも仮にエリちのこと好きだとしても、うちは



穂乃果「2人が幸せなら良いって言うんでしょ?」



希「う、うん…」



穂乃果「それ、嘘だよね?」



希「嘘やないよ、にこっちやって大切な親友や。2人の恋仲を邪魔するなんてとても出来ないよ…」


希ちゃんは手強いなぁ…。
何とか希ちゃんを上手く説得しないとね。
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 09:01:54.60 ID:R86VpTHq0

穂乃果「穂乃果はね、いつも元気いっぱいで天真爛漫って思われてるかも知れないけど」



穂乃果「本当は、嫉妬深い方だと思うし、欲しいものはどうしても欲しい!って思っちゃうんだよね」



穂乃果「……希ちゃんも同じだよね?」



希「穂乃果ちゃん…。じゃあ、うちにどうしろっていうんや…」



穂乃果「簡単だよ。…希ちゃんなら分かるでしょ?」



希「…そんなん無理や、うちには出来ない」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 09:14:50.17 ID:R86VpTHq0

穂乃果「協力して欲しいの」



穂乃果「そしたら誰も傷つかないよ?あの二人を見てるとつらいんだよね?」



希「やめて!…もう、やめてよ」



穂乃果「うん、ごめんね…」



希「あ、…じゃあ、うちは家こっちだから。また明日ね」



穂乃果「うん、じゃあね」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 09:26:50.70 ID:R86VpTHq0

まぁ、希ちゃんから声掛けてくるのは時間の問題かな?



―――
――




にこ「ねぇ、ちょっとくらい、いいでしょ?」


絵里「駄目よ、ここ学校なんだから」


にこ「いいじゃない、キスくらい…」


絵里「だーめ、生徒会長は生徒の規範となる行動を取らなくちゃいけないのよ」


にこ「分かったわよ…」


絵里「ふふ、いい子ね」ナデナデ


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 09:31:37.35 ID:R86VpTHq0
希「…」



穂乃果「あれ?希ちゃん、部室入らないの?」ボソッ



希「ああ…、ちょっと今は入りづらくて…な」チラッ


あ、部室には、にこちゃんと絵里ちゃんしかいないんだ…。
なるほど、二人っきりの時間を見ちゃったのかな?



希「穂乃果ちゃん」



穂乃果「ん?何―?」



希「ちょっと、話があるんやけど…」



ほらね、やっぱり誰だって嫌だよね
好きな人が目の前で別の人といちゃいちゃしてるのは


希ちゃんは初めて見たんだと思うけど、穂乃果は今までも何回も今みたいな光景を見てきたよ?
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:21:40.42 ID:R86VpTHq0
――


穂乃果「協力、してくれるの?」


希「うん…。正直この気持ちを抑える事はもう出来ないんよ…」


穂乃果「我慢は体に毒だからね!仕方ないよ!」


希「ふふ、そうやね。でも、穂乃果ちゃんはどうやってにこっちのハートを射止めるつもりなん?」


穂乃果「うーん、実はあまりよく考えてないだよねぇ」


希「へ?なんや、てっきりあの口振りだと作戦でもちゃんと立ててるかと思ったわ…」


穂乃果「おー、やる気まんまんだねぇ、希ちゃんは」


希「…その気にさせた穂乃果ちゃんが悪いんやで?」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:22:20.46 ID:R86VpTHq0


穂乃果「んーん、悪い事なんて一つもないよ」



穂乃果「にこちゃんと絵里ちゃんは付き合ってるは皆に秘密にしてるよね?」



希「そうやね。まぁ、うちら意外だとことりちゃんぐらいやない?気付いてるの」



穂乃果「わお、ことりちゃんも気付いてたんだねぇ。っていう事は、2人は皆の前でイチャイチャ出来ないって事だよね?」



希「うん、ばれてしまうからなぁ」
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:23:15.58 ID:R86VpTHq0
穂乃果「…でさ、絵里ちゃんって卒業まではエッチはダメ!ってにこちゃんに言ってると思うんだ」



希「ああ…、エリちならいいそうやね」



穂乃果「だから、今にこちゃんはすっごい欲求不満状態だよね?」



希「まぁね…」



希「で、うちはどうしたらいいん?」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:25:20.96 ID:R86VpTHq0
穂乃果「まぁ、そんな大層な事はしなくていいよ!ただちょこっとだけ穂乃果のフォローとかしてくれればさ」



希「ふーん、ケースバイケースでっていう事でいいんよね?」



穂乃果「そうそう!それ」



希「で、上手く穂乃果ちゃんにこっちがくっついた後にうちがエリちに声かけるって算段か…」



穂乃果「うん!上手くいくかは正直分からないけどね」



希「まぁ、うちも精一杯フォローするから頑張ってな?」



穂乃果「ありがとう希ちゃん!やるったらやるよ!」
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:26:27.66 ID:R86VpTHq0
海未「はい、では今日の練習はこれまでですね!」


―――
――
部室


ことり「ふー、疲れたねぇ」


海未「最近暑くなってきましたからね」


凛「かーよちん、帰りにラーメン行こうよ!」


花陽「うん!じゃあ、いこっか」


凛「やった、真姫ちゃんも行こうよー!」


真姫「…そうね、じゃあご一緒しようかしら」


ふふ、みんな仲良しさんだね。
さて、にこちゃんはどこかな?

お、いたいた。
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:27:27.33 ID:R86VpTHq0

穂乃果「にーこちゃん」



にこ「穂乃果?どうしたの」



穂乃果「帰りにクレープ食べに行こうよ!」



にこ「穂乃果と?」



穂乃果「うん、駄目…かな?」



にこ「まぁ、別にいいけど…」



絵里「…」


あ、やっぱり絵里ちゃんこっちが気になるんだね。
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:29:34.54 ID:R86VpTHq0
希「エリち?」



絵里「あ、希…」



希「ボサッとしとったら夜中になっちゃうよ?」



絵里「そうね、最近どうも調子が悪くってね…」



希「あ、じゃあ久し振りにパフェ食べに行こ!」



絵里「…今日?」



希「うん、どうかな?あ、それとも回転焼きの方がええかな?」



絵里「いやっ、それはどっちでもいいけど…」



穂乃果「じゃあ、行こう。にこちゃん」



にこ「そうね、行きましょうか」



やっぱりにこっちが気になるんやね。

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/14(木) 21:31:17.90 ID:R86VpTHq0
希「気分転換もたまには必要やで?エリち」



絵里「そう…ね。じゃあ行きましょっか」



希「ふふ、じゃあ行こっ!」ギュッ



絵里「あっ、ちょ希!?歩きにくいから離れてよ」



希「ええやろ?うちとエリちの仲やん」



絵里「…分かったわよ」



おぉー…。希ちゃん、ファインプレーだよ。



にこ「…さ、早くいきましょ」

ねぇ、にこちゃん
そんなに絵里ちゃんが気になるの?

ふふ、妬けちゃうな…
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:43:24.81 ID:FIOoJvgs0
ークレープ屋さんー


「はい、おまたせしました。チョコバナナクレープと苺ミルククレープです」



穂乃果「はーい!わー、美味しそうだね!」



にこ「そうね、あそこのベンチで食べましょうか」



穂乃果「うん!」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:45:08.30 ID:FIOoJvgs0

穂乃果「はむっ…。ん~、美味しーい!」



にこ「本当に美味しそうに食べるわねぇ…。穂乃果は」



穂乃果「だって、美味しいんだもん!あ、にこちゃんのクレープも一口食べていい?」



にこ「…はい、どうぞ」



穂乃果「もー、違うでしょ?」



にこ「何がよ?」
54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:45:55.97 ID:FIOoJvgs0
穂乃果「ここは、定番のアーンしてくれる場面だよね」



にこ「…あんた、少女漫画の読み過ぎじゃないの?」



穂乃果「えー、そんな事ないよ。皆やってるよぉ」



にこ「…え?そうなの?」



穂乃果「うんうん、じゃあやってくれるよね?」



にこ「まったく…。はい、アーンして」



穂乃果「あーん、もぐっ、うん!にこちゃんの奴も美味しいね!」モグモグ
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:46:34.71 ID:FIOoJvgs0

穂乃果「はい、穂乃果のも食べていいよ」



にこ「そう?じゃあ遠慮なく…。お、中々美味しいわね」



穂乃果「でっしょー!ふふ、やっぱり甘い物食べてる時間は幸せだね」



にこ「そうねー、でも、穂乃果は家に帰ればいくらでも甘い物あるじゃない…」



穂乃果「まぁ、そうだけどさぁ。餡子とか和菓子は流石に飽きちゃって…」



にこ「羨ましい悩みねぇ、にこもそうなるぐらい和菓子食べたいわねー」
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:48:00.76 ID:FIOoJvgs0

穂乃果「あ、じゃあにこちゃん今日うちに来なよ!お泊りしようよ!」



にこ「いきなり過ぎない!?」



穂乃果「…えぇー、いいじゃん。確か今日妹ちゃん達とお母さんは家にいないんだよね?」



にこ「ええ、ママの親友の結婚式があるっていうから泊りがけで行っちゃったのよ。っていうかよく知ってるわね…」



穂乃果「ふふ、凄いでしょ?褒めて褒めて!」



にこ「調子に乗らない」



穂乃果「はーい!じゃあいいよね?」



にこ「そうね、1人で家に居るのも少し寂しいし、今日は穂乃果のお家に泊まる事にするわ」



穂乃果「やったー!じゃあお母さんに連絡するね」



にこ「うん、お願い」
57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:50:22.27 ID:FIOoJvgs0
ー穂むらー


穂乃果「たっだいまー!」



「あら?おかえりなさい」



にこ「お、お邪魔しまーす…」



「あなたがにこちゃんね?いつも穂乃果がお世話になっております」



にこ「いえ、そんな。こちらこそ穂乃果さんとは仲良くさせてもらってます…。今日は一晩お世話になります」



「ふふ、そう固くならないでね?」



にこ「は、はい」
58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:51:56.04 ID:FIOoJvgs0

穂乃果「じゃあ、適当にお菓子を見繕っておくから先に二階に行っててね?」


にこ「ええ。では、お母様今日はよろしくお願いします」ペコッ


「は~い」




―――
――



穂乃果「おまたせー」



にこ「ありがとう。お、いっぱいあるわね」



穂乃果「あ、残ったら持って帰って家族の人と食べてね?」



にこ「悪いわね、ありがとう。じゃあ、いただきます」
59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:52:40.49 ID:FIOoJvgs0

にこ「おぉ…、このずんだ餅美味しいわ」



穂乃果「にこちゃん、ずんだ餅好きなんだね。美味しいよねー」



にこ「冷やすとさらに美味しいわ」



穂乃果「ふふ、にこちゃんうちにお嫁に来なよ」



にこ「ちょっ、な、なに馬鹿な事言ってるのよ!?」



穂乃果「ええー、穂乃果は本気なんだけどなぁ」
60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:53:52.16 ID:FIOoJvgs0
にこ「全く…。うお、揚げ饅頭も美味しいわね」



もう、穂乃果は本気で言ってるのに…。


穂乃果「ねぇ、にこちゃん」



にこ「ん?何よ」



穂乃果「これなーんだ?」



にこ「アイス!…ってそれがどうしたのよ」



穂乃果「これをね、こうやって揚げ饅頭と一緒食べれば…。んー、美味しい!」



にこ「ごくりっ…。美味しそうね。どれっ、ちょっと一口…」
61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:55:00.82 ID:FIOoJvgs0

にこ「美味しいわ!アイスと相性バッチリね!うん、星三つレベルよ!」



穂乃果「やった!星三つ!」



にこ「ふふん、にこに星三つを言わせるなんて凄いわね」



穂乃果「ふふん!凄いでしょ!」



にこ「いや、あんたは別に作ってないでしょ!」



穂乃果「あはは、確かにそうだねー」


本当に、にこちゃんといると幸せだなぁ…。

こんな時間が、一生続けはいいのに
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:58:18.07 ID:FIOoJvgs0
にこ「お風呂上がったわよ」


穂乃果「うん!じゃあ、穂乃果も、入ってくる」


にこ「行ってらっしゃい」


――― 
――


穂乃果「ふー、お待たせ。あ、もう10時だね」



にこ「もうそんな時間?早いわね」



穂乃果「ね。あ、寝る時は穂乃果のベットで一緒に寝ようね?」



にこ「…う、流石にそれは」



穂乃果「ええー…、いいでしょ?お願い!」



にこ「…はぁ、今日だけよ?」



穂乃果「本当!?やった」ギュー



にこ「あ、暑苦しいからくっつかないで!」
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 08:59:26.83 ID:FIOoJvgs0
穂乃果「にーこちゃん」



にこ「ん、何?」



穂乃果「はいっ、これ。甘酒だよ」



穂乃果「これで夜もばっちり眠れるよ!」



にこ「久し振りに飲むわね、甘酒。んじゃ、頂きます」ゴクッ



穂乃果「はい、お粗末様でした」



にこ「んー、後もう一杯だけいい?」



穂乃果「じゃあ、一階に取り行ってくるから待っててね」
64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:01:11.52 ID:FIOoJvgs0

にこ「ふっー」ゲフッ


…結局、にこちゃんあれから5杯も飲んじゃった。飲み過ぎなんじゃないかな?

少しだけど、アルコールも入ってるしね。



にこ「にこ、何だか眠くなってきちゃったな」



穂乃果「あ、じゃあベット行く?」



にこ「うん…」


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:02:08.57 ID:FIOoJvgs0

――



にこ「んん…。ねぇ、穂乃果」



穂乃果「にこちゃん?眠れないの?」



にこ「いや、ちょっと…」



にこ「何だか変な気分になっちゃったみたい…」



甘酒のアルコールの効果で、いつもより欲求に素直になってるのかな…?
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:03:52.16 ID:FIOoJvgs0
にこ「どうしよう…ねぇ」



穂乃果「……穂乃果に任せてくれるかな?」



にこ「穂乃果に?」



穂乃果「うん、駄目かな…?」



にこ「ううん、お願いっ…」


ふふ、素直なにこちゃんって可愛い♪



穂乃果「……じゃあ、まずはキスしよ?」



にこ「…うん」
67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:05:37.38 ID:FIOoJvgs0

エッチって、今までよく知らなかったけど、凄い気持ちいいことなんだね。
ふふ、にこちゃんも気持ち良かったでしょ?

―――
――


にこ「んん…、朝?」パチっ



穂乃果「おはよ、にこちゃん」



にこ「うん…。あれ?何であんた裸なの?」



穂乃果「…え、にこちゃんもだよ?」



にこ「ん!?……本当だ」



にこ「……あ」


あはっ、にこちゃん今、夜の事思い出したね?にこちゃん、すっごい激しかったからなぁ。

よっぽど今まで我慢してたんだね、にこちゃん。
68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:12:01.06 ID:FIOoJvgs0
にこ「あ…、よ、夜は暑かったものね?」



にこ「だからお互い暑くて脱いんだんだよね?ね?そうだよね!?」



穂乃果「にーこちゃん」



にこ「……な、何?」



穂乃果「昨日の甘酒美味しかった?」



にこ「…う、うん」
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:13:16.09 ID:FIOoJvgs0


穂乃果「本当は全部覚えてるし、甘酒の5杯くらいで普通はあんなに酔わないよね?」



にこ「……お、覚えがないわ」



穂乃果「ふぅん?…穂乃果はにこちゃんと一緒になれてすっごい幸せだったよ?」



穂乃果「この幸せは幻なのかな?ねぇ?どうなの」



にこ「ごめん…」

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:16:27.29 ID:FIOoJvgs0

穂乃果「何がかな?」



にこ「本当は、絵里と付き合ってるの…」



まぁ、知ってるけどね。



穂乃果「……え、そうなの?」



にこ「本当にごめん…。もっと早くにちゃんと言っておけば良かったのに…」



穂乃果「はは、せっかく大好きなにこちゃんと両想いになれたと思ったのになぁ…。ひどいよ」



にこ「ごめん…」
71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:18:24.50 ID:FIOoJvgs0
穂乃果「穂乃果はにこちゃんが本当に大好きだし、愛してるよ」



にこ「うん…」



穂乃果「穂乃果はさ、にこちゃんの為からなんだってするし、何にでもなれるよ?」



穂乃果「にこちゃんの好き所だって、一杯あり過ぎて上手く言えないよ」



穂乃果「…ふふ、にーこちゃん♪」ギュッ



にこ「穂乃果…」
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:19:59.92 ID:FIOoJvgs0
穂乃果「ねぇ、にこちゃん」



にこ「…な、なに?」




穂乃果「穂乃果と絵里ちゃんどっちが好き?」



にこ「…その答えに正解なんてあるの?」



穂乃果「もっちろん!でも、一つだけだよ?」



穂乃果「ねぇ、どっち?」



にこ「ほ、穂乃果…」ボソッ



穂乃果「ふふ、よく聞こえないよ♪」



にこ「だから、穂乃果だって…」



穂乃果「わー、嬉しいなぁ」


にこちゃん…。
また、したくなってきちゃった。



穂乃果「…ねぇ、今日は学校お休みだしいいよね?」



にこ「……うん、きて」ギュッ

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:25:29.57 ID:FIOoJvgs0
―学校―


にこ「絵里…。話があるんだけど」



絵里「んー、ごめんなさい。ちょっと今手が離せないから後で大丈夫かしら?」



にこ「うん、にこはいつでもいいから…」



絵里「ふふ、いい子ね」ナデナデ
76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:33:07.63 ID:FIOoJvgs0

絵里「で、話って何?」



にこ「あ、あのね」



絵里「あ、分かったわ!この間言ってた喫茶店行きたいのよね?」



にこ「…」



絵里「あら?違うのか…。じゃあ



にこ「別れましょう…」



絵里「……は?あなた急に何を言ってるの?」



にこ「そのままの意味よ。別れましょう」



絵里「え、ちょっと待って」



絵里「私が悪いの?ねぇ?…何でなの!?」



にこ「にこが全部いけないの…。本当にごめんなさい」



絵里「ううっ…、なんでよ。にこ……」
77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:42:47.89 ID:FIOoJvgs0


―――
――

にこがいない生活にはまだ慣れていないわ。

はぁ…。にこ、私は一体どうすればいいのよ…。




希「エリち?どうしたん?」



絵里「…え?ああ。何でもないのよ?本当に…」アハハ



希「そっか、悩みとか相談があったらいつでもうちに言ってね?」



絵里「……希」



希「うちはいつでもエリちの味方なんよ?だから、もっとうちの事頼ってええよ」



絵里「うんっ…、ありがとう」




エリち…。
少し前からずっとこの調子になんやけど、これは穂乃果ちゃんがにこっちと上手くいったって事なんよね?



エリちも不運やったね…。
穂乃果ちゃんは敵に回さん方がええと思うよ。


…でも、安心してな?
エリちは一生うちが守ってあげるからね。
78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 09:53:45.21 ID:FIOoJvgs0

終わりです。
ドロドロになることもなく終わった。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「にこちゃん…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「にこちゃん…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。