花陽(26)「春のはなよ酒」

シェアする

花陽-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 21:41:51.40 ID:pqbIr3EX.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!

元スレ: 花陽(26)「春のはなよ酒」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 21:42:40.09 ID:pqbIr3EX.net
花陽「最近はかなり温かくなってきましたね・・・もうすっかり春って感じです」

やわらかな日差し、ほんのりと暖かい空気・・・そして日に日に花を増やす桜の木。
ついに春がやってきました!

花陽「春にはやっぱり春らしいお酒を飲みたいですよね?」

と、いうわけで今日はこのお酒です!

花陽「『尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり』春には欠かせないお酒です!」

このお酒はその名の通り、鮮やかなピンク色をしています。
けれど、着色料は一切使ってなくて、お酒を造るときに赤色酵母を用いてにごり酒とすることで、このピンク色を生み出しているんです!

花陽「おつまみは白魚のお刺身にしましょう!」

お魚屋さんで安く売ってたので、買ってきちゃいました。
卵とじや、釜揚げでも美味しいけど、やっぱり最初はシンプルにお刺身がいいですよね。

花陽「白魚をさっと洗って水気を切って・・・薬味はやっぱり生姜ですよね・・・」

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
5: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 21:43:57.86 ID:pqbIr3EX.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

鮮やかなお酒と、透き通った白魚・・・とっても魅力的です!
グラスにお酒を注いで・・・さっそくお酒から頂きましょう♪

花陽「それではいただきます・・・」チビリ

花陽「・・・うん!やっぱり今年も美味しいです!桜みたいに鮮やかなにごり酒・・・春にはピッタリですね・・・」チビチビ

味わいは、活性のにごり酒らしく最初は爽やかな炭酸と酸味が目立ちます。
その後からフルーティーな甘みと、まろやかな麹の味が押し寄せてきて・・・。

花陽「微炭酸の甘酸っぱいイチゴミルクって感じ・・・かな?味も見た目も、女性受けしそうな感じですね」チビリ

生のにごり酒ですから、これから数日後の変化も楽しみですね。
たぶん酸味やガスが抜けて、もっと甘みが目立つんじゃないかな・・・?
7: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 21:45:15.07 ID:pqbIr3EX.net
花陽「さて、白魚も食べてみましょうか・・・」

小鉢の白魚を、生姜醤油でいただきます!

花陽「・・・これも春って感じだよね!プリッっとした食感に、ほのかな甘みと苦味・・・これはお酒が進みます・・・」チビチビ

本来なら辛口のお酒を合わせるのが一番なんだろうけど・・・。

花陽「開けたばかりで、酸味とガスの抜けてないこのお酒なら、生のお魚でも結構いけますね・・・」チビリ

今はこの組み合わせが、合うけれど数日経つときっと変わってることでしょう。
生のお酒はやっぱり味の変化も楽しみの一つだと思います。

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 21:46:50.72 ID:Z2Jsf1AD.net
花陽「そういえば・・・今年度ももうすぐ終わるっていうのに、やっぱり課長は課長だったんですよ・・・」

私の課の課長は、怠け者でいい加減で自由人で・・・とにかく非常識な人なんだけど・・・。

花陽「年度末って事で、在庫やら売り上げやら、各方面に監査が入ったんですけど・・・なんだか課長がいろいろと間違えてたみたいなんですよね・・・」

以前までは事務作業のすべてを私に任せていた課長ですが、最近自分で入力作業をするようになったんです。
するようになったのはいいんですけど・・・。

花陽「どこもかしこも間違えだらけなんですよ!会計士さんにはいろいろ突っ込まれるし、総務の人たちには怒られるし、訂正書類は私が書かされるし・・・」

年度末なのに散々ですよ!
なんかもう、思い出したらなんだかイライラしてきました・・・。

花陽「もう!こういう時こそお酒ですよね!課長のことなんて忘れましょう!」ゴクゴク

ああ、荒んだ心にお酒が染みる・・・。
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 21:47:24.62 ID:cD7YN87U.net
花陽「・・・はぁ、明日で今年度も終わり・・・。あっというまに今年度も終わっちゃうんですね・・・」チビリ

ついこの間、桜を見たと思っていたのに、気付けばまた桜が花を咲かせようとしています。

花陽「なんだか長かったような短かったような・・・」

会社を辞めようと思ったり、もうすこし頑張ろうと思ったり・・・そんな一年間でした。

花陽「でも・・・逃げても何も変わらないし、始まりもしません・・・それはみんなが教えてくれたんです・・・」

今思うと、遠く昔のような学生時代。
あの頃の経験、みんなの言葉が今の私を作っているんです。

花陽「みんなと一緒に頑張った、あの日々があるから今の私が頑張れる・・・「青春時代は人生の財産」って聞いたことがあるけど、あれは本当なんだね・・・」

私たちの青春は、今も胸の中に輝いて、私を支えてくれています。

花陽「・・今年度も残すところ後1日です!ご飯を食べて、学生時代みたいな気合と根性で、頑張っていきましょう!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
78: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:34:05.58 ID:BR5c/h9H.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
79: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:34:34.09 ID:BR5c/h9H.net
花陽「はぁ・・・疲れました・・・」

今日から新年度、やっぱり普段よりもやることは多いです。
入力操作が変わって今までより仕事がめんどくさくなったり、本社から社長と専務が来て訓辞があったり・・・。

花陽「やっぱりこんな日は、甘いお酒が飲みたいですよね・・・」

疲れた体と心には、甘いものが一番。
と、いうわけで本日はこのお酒です!

花陽「『花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過生原酒』埼玉県産の酒米を使用した、花陽浴です!」

このさけ武蔵は埼玉県初の酒造好適米で、比較的最近開発されたお米です。
そしてこのお酒はもちろんそのさけ武蔵を使って造られた、酒蔵さんも消費者も待ち望んだ、正真正銘埼玉産のお酒なんです!

花陽「合わせるおつまみはカジキの竜田揚げにしましょう」

スーパーで脂の乗った生メカジキが安く売ってたので、買ってきちゃいました。
それを一口サイズに切って、醤油、酒、味醂、ニンニク、胡椒で数分間漬け込んでから・・・、片栗粉をまぶして油で揚げちゃいましょう。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:36:52.82 ID:BR5c/h9H.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

おつまみもお酒も準備OK!
グラスにお酒を注いで・・・さっそく始めるとしましょう!

花陽「それでは、いただきます♪」チビリ

花陽「はぁ、やっぱり花陽浴の48磨きシリーズは良いですね・・・フルーツジュースのような甘酸っぱさが疲れを癒してくれます」チビチビ

花陽浴は日本酒としては、かなり甘くフルーティーな部類ですが、強めの酸味のおかげで後味は悪くありません。

花陽「口いっぱいに広がるこの甘さ、いやみの無い後味・・・これこそ花陽浴の持ち味だね・・・」
81: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:38:22.21 ID:BR5c/h9H.net
花陽浴は酒米や精米を変えても、味の方向性はほとんど変わらないんですよね。
良くも悪くも、どの花陽浴も「花陽浴の味」がするんです。

花陽「その味の中から、少しずつ違った部分を探すのも、楽しみの一つなんだよね・・・」チビチビ

「花陽浴の味」と一口に言っても、やっぱり違いはあるんです。
例えば八反錦の純吟なら酸と苦味が利いたドライな感じ、山田錦の純大吟なら主張を抑えたお上品な感じ・・・かな?
このさけ武蔵の純米大吟醸は、花陽浴の他のお酒と比べて、甘さの中にどこか円熟したような深みを感じる気がします。

花陽「香りと甘みは美山錦の純米大吟醸に似てるけど、あれよりも落ち着いてるっていうか・・・ちょっぴり大人びた感じかな・・・?」チビリ

美山錦が高校生なら、さけ武蔵は大学生のお姉さんって感じです。
新酒らしいフレッシュな甘さと、熟した果実のような甘さ、華やかさと可愛らしさの二面性をもったお酒だね。
82: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:39:10.35 ID:BR5c/h9H.net
花陽「・・・さて、カジキの竜田揚げも食べてみましょうか」

うん、見た目は完璧!カラッと狐色に揚がってるね。甘いお酒と合わせてどうなるかな・・・?
熱いから火傷しないように、気をつけながら一口・・・。

花陽「・・・ありです!この組み合わせいけますね!外はサクッっと、中はふわふわ・・・おいしいです・・・」チビリ

生のメカジキは加熱しても、あまり硬くならずふわふわした食感が楽しめます。
このふわふわ感は冷凍のメカジキだと、出すのが難しいんだよね・・・。
ちなみに、冷凍のカジキは産地表示で太平洋やインド洋など海域が、生のカジキは東京都や宮城県など地名が記載されてることが多いです。

花陽「食べるまではどうかと思ったけど、甘いお酒って結構脂ものと合うんだね・・・」チビチビ

お酒の主張が強いから、味付けさえ気をつければ、あっさり系よりこってり系のおつまみの方がいいかもしれません。

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:39:53.36 ID:BR5c/h9H.net
花陽「そういえば、今年度も課長はやっぱり課長みたいです・・・」

まあ年度が変わったからって、人が変わるわけじゃないから当たり前ではあるんですけど・・・。

花陽「今朝、会社に行ったら珍しく課長が机に向かって一生懸命仕事をしてたんですよ」

遅刻常習犯の課長が、私より早く出勤してるだけでも驚きなのに、真面目に仕事してるなんて異常事態です。
これはおかしいと思って、書類を覗き込んでみたら・・・。

花陽「全部期限が昨年度末の書類だったんだよね・・・そりゃ必死になってるはずですよ・・・」

『今出せばギリセーフだ!』って言ってたけど、どう考えてもギリアウトですよ・・・。

花陽「結局、なぜか私まで一緒に経理から怒られちゃいました・・・。もう、どうして私まで・・・」

ああ、思い出したらなんだかイライラしてきました・・・。

花陽「もう!こういう時こそお酒ですよね!課長のことなんて忘れましょう!」ゴクゴク

ああ、荒んだ心にお酒が染みる・・・。
84: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 12:41:02.89 ID:BR5c/h9H.net
花陽「はぁ・・・希望に満ちた新年度、人によっては心機一転、新生活の始まりですね」

今日から新しい環境に身をおいて、希望溢れる新生活に臨む人たちが大勢いるはずです。

花陽「私にもあったんだよね・・・希望を持ってた新入社員時代・・・」

その希望がどうなったかというと・・・。
・・・もう、こんな不毛なことを考えるのはやめましょう。

花陽「毎日おいしいお酒が飲めて、おいしいご飯が食べられる・・・今はそれで十分じゃないですか」チビリ

働き始めるまではお酒がこんなにおいしく感じることはなかったもんね。

花陽「そう、仕事は食事とお酒を引き立てるスパイスなんです・・・」チビチビ

いろいろと不安は多いけど、今はそう考えることにしましょう。
研修期間が明ければ新人さんも入ってくるし・・・私だって希望を持っていかないとですよね?

花陽「とにもかくにも新年度です!今年度もいろいろあるでしょうけど、しっかりとご飯を食べて頑張っていきましょう!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
103: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 18:43:10.56 ID:S0i9+jgC.net
凛「うわぁ、綺麗だね」

花陽「うん、昼間の桜も綺麗だけど、夜桜はまた違った魅力があるよね・・・」

今日は凛ちゃんと一緒に近くの公園にやってきました。
目的はもちろんお花見です!
この公園はお花見スポットとしてはそこそこ有名で、いたるところでシートを広げてお酒を飲んでる人たちがいます。

凛「場所は・・・あの辺りでいいかな?」

そう言いながら凛ちゃんが、あまり人が密集してない場所を指差します。

花陽「あまり人が多くても風情が無いし、いいと思うよ。出店までちょっと遠いかもだけど・・・」

凛「おつまみは凛がひとっ走りして買ってくるにゃ!かよちんはシートとお酒の準備でもしててよ」

花陽「うん、それじゃ買出しはお願いするね」

凛「まっかせといて!」

花陽「・・・さてと、準備しましょうか」

元気に走り出した凛ちゃんを見送って、早速準備開始です♪
104: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 18:43:35.77 ID:S0i9+jgC.net
~~~~~~


花陽「こんな感じで・・・いいのかな?」

シートを広げて四隅に荷物を置いて飛ばないようにしてみました。
お酒の準備も万端で、コンビニで買ってきたプラコップと缶ビールが、いまかいまかとスタンバイしてます。
日本酒は・・・まだ鞄の中で待機中です。

凛「ただいま~、おつまみ買ってきたよ!」

花陽「おかえり~」

ちょうどいいタイミングで、両手にビニール袋をぶら下げた凛ちゃんが戻ってきました。

凛「見て見て、いろいろ買って来たよ!焼き鳥でしょ、イカ焼きでしょ、あとキュウリ棒!それから・・・」

花陽「うわぁ、ほんとにいっぱい・・・」

これ、二人で食べる量じゃないよ・・・。
まあ、余ったらそれで明日のご飯を作ればいいかな?
とりあえず、シートの上におつまみを並べて、二人でビールをコップに注いで・・・。

りんぱな「かんぱ~い!」

花見酒の始まりです♪
106: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 18:50:19.59 ID:S0i9+jgC.net
凛「んっ・・・ぷはぁっ!う~ん、外で飲むビールはまた格別だね!」ゴクゴク

花陽「お外で飲むといつもより美味しく感じるよね・・・」ゴクゴク

こうやって外で飲むだけで、いつもの缶ビールが何倍も美味しく感じるから不思議です。

凛「そうにゃそうにゃ。こうやって飲んでると、今から夏のビアガーデンが楽しみになっちゃうよ」

花陽「ビアガーデンかぁ・・・雰囲気は好きなんだけど・・・。あ、この焼き鳥美味しい・・・」モグモグ

焼き鳥屋さんや居酒屋さんとは違って、屋台の焼き鳥にはまた独特の魅力がありますね。

花陽「ビアガーデンってだいたい飲み放題で入るでしょ?そうすると、飲み物はビールとハイボールばかりになっちゃうし・・・なんだか飽きちゃうんだよね」

凛「凛はずっとビールでも大丈夫なんだけどなぁ・・・ほんとだ、焼き鳥美味しい」

花陽「凛ちゃんはビール党だもんね・・・」

ビールをずっと飲み続けられる人はすごいと思います。
私は炭酸でお腹が膨れちゃうし、体は冷えちゃうし・・・3杯が限界かな?
107: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 18:54:05.85 ID:S0i9+jgC.net
凛「でも、最近は日本酒も飲むようになったし、ビールばかりじゃないよ?・・・イカ焼きも美味しい!」

凛ちゃんがイカ焼きをモグモグしながら、そう言います。

花陽「じゃあ次は日本酒飲む?」

凛「持ってきてるの?」

花陽「もちろん!」

・・・だって、お花見ですよ?
私が日本酒を用意しないわけありません!

花陽「今シーズンから発売された新ブランドのお酒だから、私も飲んだことないんだけど・・・多分甘口なんじゃないかな?」

凛「甘いお酒なら凛も飲もうかな・・・。あ、ビールもまだ何本かあるからチェイサーにしちゃおう!」

花陽「ふふ、本当にビールが好きなんだね」

さてと、鞄から四合瓶を取り出して・・・ここからは日本酒のお時間です!
108: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 19:00:54.37 ID:S0i9+jgC.net
花陽「『天弓 純米吟醸 桜雨』せっかくのお花見だから、名前に桜って入るお酒にしてみたんだ」

この天弓は東の麓酒造さんと東北芸術工科大学さんの、コラボレーションで作られたみたいです。
中でも桜雨は、普段日本酒を飲まない人にも飲んで欲しい・・・とのコンセプトで作られていて、飲みやすい味わいになっているとか・・・。

凛「桜雨かぁ・・・、お花見にピッタリの名前だね!」

凛ちゃんの言うとおり、ひらひらと桜の舞う中で飲むには最高の名前です。

花陽「そうだよね、私もそう思って買ってきたんだ。・・・はい、これ凛ちゃんの分」

凛「これは・・・?」

花陽「枡だよ。せっかくのお花見だもん、プラコップなんかじゃ味気ないかな・・・って思って持ってきたんだ」

やっぱり雰囲気って大事ですよね・・・?
その枡に、お互いにお酌して・・・。

りんぱな「かんぱーい!」

日本酒、飲んじゃいます♪
109: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 19:04:05.21 ID:S0i9+jgC.net
それでは、早速飲んでみましょう!

りんぱな「いただきます・・・」チビリ

口に含んで感じたのは、可愛らしい果実系の香りと、柔らかな甘み・・・。

凛「・・・これ美味しい!甘酸っぱくて、軽やかで、すっごく飲みやすいよ!」チビリ

花陽「甘いんだけど、とても優しくて・・・すっきりとした甘さだね・・・」チビチビ

後に残らない優しい甘さと、軽やかな飲み口・・・これは日本酒入門にはピッタリのお酒かもしれません。
ブランド1年目でこの味とは・・・数年後には人気銘柄になってもおかしくないかも・・・。
これからの進歩が楽しみですね!

凛「凛、この味好きだなぁ・・・フルーツビールみたいにいくらでも飲めちゃいそう」チビチビ

花陽「・・・飲みやすいって言っても日本酒だからね?気をつけて飲まないと・・・」

凛「大丈夫大丈夫!ちゃんとビールも飲んでるから」ゴクゴク

そう言って凛ちゃんは、日本酒とビールを交互に飲みます。
確かにビールは度数が低いけど・・・本当に大丈夫なのかな?
110: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 19:06:39.18 ID:S0i9+jgC.net
凛「ねえねえ、今ちょっと思ったんだけどさ」

花陽「なぁに?」

凛「秋は月見酒でしょ?それで冬は雪見酒、春は花見酒だよね?」

花陽「うん、飲兵衛には欠かせない季節のイベントだよね」

個人的には、雪見酒が好きですね。
雪を眺めながら、冷えた体を熱燗で暖める・・・もう最高ですよね!

凛「じゃあ、夏は何を見ながら飲めばいいのかな?」

花陽「あ・・・」

凛「ビアガーデンとかでも、こうやって何かを見るってわけじゃないし、夏は何を見ながら飲めばいいのかなって・・・」

確かに言われてみると、夏って何を見ればいいかよくわからないかも・・・。
湿度が高いから星も見えづらいし、これといってきれいな花があるわけじゃないし、雪は降るわけないし・・・。
111: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 19:15:45.01 ID:S0i9+jgC.net
花陽「ええと・・・夏は・・・。あっ!花火!花火酒です!」

凛「えぇ?花火酒なんて聞いたことないよ?・・・かよちん、適当なこと言ってない?」

凛ちゃんがジトーっとした目でこっちを見ます。
うぅ・・・確かに適当に言ったけど、花火酒だって悪くないじゃないですか。

花陽「だって、花火なら屋台もあるし・・・それになんだかロマンチック・・・じゃない?」

凛「確かに、花火を見ながらお酒を飲むとか大人な感じでいいかもれないけど・・・」

凛ちゃんがそう言いながら少し何かを考える素振りを見せました。
そして、お酒で少し紅潮した顔で、上目遣いで私を見て・・・。

凛「じゃあ・・・今年の夏は、凛を花火酒に連れてってくれる?」

か、かわいい・・・!
こんなの反則だよ!こんなこと言われたら、私が拒めるわけないじゃないですか・・・。

花陽「うん・・・二人で花火酒しようね」

りん「えへへ・・・約束だにゃ」

そう言って笑った凛ちゃんは、天使のようで、でも小悪魔みたいでもあって・・・。
でも、やっぱりとっても可愛かったです。
112: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 19:16:59.04 ID:S0i9+jgC.net
~~~~~~


凛「うう・・・、飲みすぎたにゃ・・・眠い・・・」

花陽「だから気をつけてって言ったのに・・・」

あれからもやっぱり凛ちゃんはハイペースで飲み続けて・・・ついに限界がきちゃったみたいです。

花陽「まだ時間も早いし・・・眠いなら少し寝ていく?」

凛「じゃあ、かよちんの膝枕で寝るにゃ~♪」

花陽「ちょっ!?凛ちゃん!?」

そう言って凛ちゃんがこっちに飛び込んできます。
ふわりと柔らかな髪の感触が、まるで猫みたい・・・。

凛「えへへ・・・かよちんの足、柔らかくて気持ちいい・・・」

花陽「もう、凛ちゃんったら・・・」

そして、寝転がって上を向いた凛ちゃんが、何かを見つけたのか空を指差します。

凛「ねえ、かよちん。空、見てみて」

花陽「空?」

上を見上げてみると、満開の桜越しに綺麗なお月様。
113: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 19:18:00.47 ID:S0i9+jgC.net
花陽「うわぁ・・・なんだか贅沢な景色だね・・・」

凛「月が・・・綺麗ですね・・・」

花陽「そうだねぇ・・・」

凛「・・・」ドキドキ

花陽「綺麗だけど・・・なんで敬語なの・・・?って、いたいいたい!太ももつねらないでぇ!」

普通にお話してたはずなのに、いきなり凛ちゃんに太ももをつねられました。
私、何か変なこと言いましたか・・・?

花陽「もしかして凛ちゃん怒ってるの?私、何か変なこと言っちゃったかな・・・?」

凛「別に怒ってないよ!もう凛は寝るから、かよちんは動かないで!」

花陽「うん・・・」

凛「・・・かよちんのバカ」ボソッ

それからしばらくして凛ちゃんは眠っちゃって・・・。
さっきは怒らせちゃったみたいだけど・・・きっと起きたら忘れてるよね?
凛ちゃんの髪を撫でながら、街灯に照らされて舞い散る桜を眺め、お酒を飲む・・・。
たまにはこういうのもいいかもしれないね。

花陽「ふふ、気持ち良さそうに寝てる・・・。今度花火を見るときは、花陽が膝枕してもらおうかな・・・」

そんなことを考えながら、私たちの夜はすぎていくのでした・・・。
134: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:16:09.92 ID:VH7xWwny.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
135: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:17:15.15 ID:VH7xWwny.net
花陽「今日は新潟のお酒を飲んでみたいと思います!」

新潟県といえば、日本を代表する米どころ、そして酒どころでもあります。
越乃寒梅や久保田、八海山をはじめ、有名銘柄を数えればきりが無いです。
そんな新潟県のお酒の中から、本日飲むのはこのお酒!

花陽「『夏子物語 吟醸』名前からわかるように、夏子の酒ですね」

この夏子物語を造っている久須美酒造さんは、漫画「夏子の酒」のモデルとなったことで有名です。
夏子物語以外にも、定番銘柄の『清泉』や、亀の尾というお米を使用した吟醸酒『亀の翁』などを造っています。

花陽「合わせるおつまみは、スミイカのお刺身です♪」

最近、近所に小さなお魚屋さんが出来たのですが、今時珍しく店長さん自ら市場で仕入れを行い、品物にもかなりこだわっているみたいなんです。
それでいてお値段はリーズナブル、魚のした処理やお料理のアドバイスもしてもらえます。
町の魚屋さんが少なくなり、季節感の無いスーパーの魚売り場が普通になりつつある中、こういった魚屋さんは貴重です。

花陽「半分は普通に切りつけて、半分は飾り包丁をいれてみようかな・・・?」

切りつけたスミイカに、トントントンと細かく包丁を入れていきます・・・。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
137: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:24:44.90 ID:VH7xWwny.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

小ぶりな瓶とお猪口、そしてお刺身をテーブルに並べ、準備は万端です!

花陽「さてと、さっそくお酒からいただきましょう」

お猪口にお酒を注いで、チビリと一口・・・。

花陽「はぁ・・・きれいなお酒だね・・・。爽やかな吟醸香、淡麗ながらも確かに感じるほんのりとした甘さ、そして口に含んだときと同じく爽やかにキレる後味・・・」チビチビ

癖やくどさを感じない、淡麗辛口のお手本と言ってもよさそうな味わいです。
とにかく爽やかで、辛さの中に甘みも感じるお酒だから、辛口の日本酒が苦手な人にも、受け入れやすい味なんじゃないかな・・・?

花陽「最近は純米ばかりで、アル添の吟醸酒って久しぶりに飲んだけど、やっぱりアル添にはアル添の良さがあるんだよね・・・」チビリ

すっきり爽やか、この後味はアル添ならではだと思います。
酒は純米であればこそ、と言う人も多いと思いますが、私はこの味わいも嫌いじゃありません。
138: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:33:17.20 ID:VH7xWwny.net
花陽「さてさて、このあたりでスミイカさんも食べてみましょう」

まずは普通に切ったほうから、ぱくりと一口・・・。

花陽「パツンとした歯切れのいい食感、柔らかい甘み・・・やっぱり美味しいですね!」チビチビ

この食感はコウイカ類ならではのものですね、ヤリイカやアオリイカも美味しいけど、また違った魅力があるんだよね。

花陽「次は飾り包丁を入れたほうを食べてみようかな・・・」

頑張って細かく包丁を入れたんです!きっと美味しいはず!
なんて考えながら、またイカさんを口に運びます・・・。

花陽「う~ん!甘くて美味しい♪包丁を入れたことで、食感は柔らかく、甘みを強く感じるようになってるね。これはお酒です・・・」チビチビ

イカのとろりとした甘みを、爽やかなお酒で流します・・・。

花陽「はぁ・・・幸せです・・・」チビリ

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
139: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:46:19.59 ID:VH7xWwny.net
花陽「夏子の酒って実家に置きっぱなしだっけ・・・?」チビチビ

このお酒を飲んでたら、なんだか久しぶりに読みたくなってきちゃった。

花陽「私が生まれる前の漫画だけど、夏子の酒は名作だよね・・・」チビリ

私よりも年上の人たちなら、夏子の酒をきっかけに日本酒に興味を持ったって人も少なくないんじゃないかな?
日本酒業界の問題点、米作りを中心とした日本農業の現実、そしてそれらに直面しながらも夢を追い続ける主人公を描いた、とてもいい作品だと思います。
昔の漫画なので今とは違う部分も多いけど、日本酒とお米について楽しく学べる、私にとっては一粒で二度おいしい作品です。

花陽「お話だけじゃなくて、登場人物も魅力的なんだよね」

主人公の夏子はもちろん、登場するどのキャラクターも魅力的です。
中でも私のお気に入りは、夏子のお兄さんの康男さんと、物語冒頭の広告代理店時代の上司である原田さんかな。

花陽「出番は少ないけど、二人とも素敵なんですよね・・・。子供のように夢を追う康男さんに、厳しいけど根は優しい原田さん・・・あんな人たちが上司だったら毎日頑張れるんだけどなぁ・・・」

それに比べ、うちの課長ときたら毎日遅刻したり理不尽なことばかり言って・・・。

花陽「そういえば、今日も不機嫌そうな顔で遅刻してきましたっけ・・・」

・・・・・・課長のことを思い出したらなんだかイライラしてきました!

花陽「・・・こういう時こそお酒ですよね!課長のことなんて忘れましょう!」ゴクゴク

ああ、荒んだ心にお酒が染みる・・・。
140: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:47:32.11 ID:VH7xWwny.net
花陽「私もいつかお酒を造ってみたいなぁ・・・」チビチビ

自分の手で、自分好みの最高のお酒を造ってみたい。
叶わぬ夢だけど、酒飲みなら誰もが一度は考えるんじゃないかな?

花陽「・・・お酒は無理でもお米なら作れるかも」

思い出してみると、小学生の頃にバケツを使って稲を育てたことがあった気がします。
ベランダを精一杯使えば、結構な量が作れるかも・・・。

花陽「花陽の酒は無理でも、花陽の米くらいは実現できるかもしれません!」

今度の休日にでも、ホームセンターに行っていろいろ見てみようかな。
きっと自分で作ったお米は美味しいです・・・。

花陽「えへへ・・・なんだかやる気が出てきました♪さてと、そろそろご飯を食べて、この調子で明日も頑張っていきましょう!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
159: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 16:03:44.65 ID:TDiI4lcB.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
161: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 16:04:35.73 ID:TDiI4lcB.net
花陽「今日はちょっぴり珍しいお酒が手に入ったので、それを飲んでみようと思います!」

会社帰りに寄った酒屋さんで見つけて、ついつい買ってきちゃいました。
お酒との出会いは一期一会、これもきっと何かの縁です。

花陽「『射美 WHITE』真っ白なラベルが特徴的だね」

このお酒を造っている杉原酒造さんは「日本一小さな酒蔵」として有名だね。
結構メディアで紹介されることも多い酒蔵さんだから、日本酒を飲まなくても知っているって人も多いかもしれません。

花陽「合わせるおつまみは、昨日作っておいた筍の含め煮にしましょう♪」

筍の含め煮の作り方はとっても簡単です。
灰汁抜きをした筍を、食べやすい大きさに切って、鰹出汁で煮込むだけ!
私的にはお出汁はかなり濃い目、味付けは少量のお醤油のみで作るのが好みかな。

花陽「やっぱり、冷たいよりも温かいほうがいいよね?軽く暖めましょう」

お鍋を火にかけて、その間にグラスやお椀も用意しましょう。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
163: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 16:09:05.89 ID:TDiI4lcB.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

お酒とおつまみををテーブルに並べ、準備万端です。
ああ、お椀から芳しい鰹出汁の香りが・・・もう我慢できません!

花陽「落ち着いて花陽・・・まずはお酒からですよ・・・」チビリ

花陽「・・・なかなかいいじゃないですか!濃厚な甘酸っぱさ、それを引きずらないすっきりとした後味・・・」チビリ

花陽浴と同様、甘旨系・・・若者受けしそうなお酒です。
甘さは多分同じくらいなんだろうけど・・・花陽浴より若干酸味が弱い分、射美の方がより甘くまったりとしてる感じもするね。

花陽「さて、お酒の次は筍さんですよ♪」

澄んだお出汁の中から、筍を一切れすくい出して口に運びます・・・。

花陽「う~ん、最高です!濃厚なお出汁を吸った筍さん・・・これはもうお酒が進んじゃいますね♪」チビチビ

旬の食材は、やっぱり変に手を加えなくても美味しいんだよね・・・。
まさにシンプルイズベストって感じの味だね!
164: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 16:15:33.17 ID:TDiI4lcB.net
花陽「そうそう、この『射美 WHITE』の最大の特徴は、お酒を仕込むときに使う麹の一部に、白麹を使ってるところらしいですね」チビチビ

日本酒は一般的に黄色麹を使って仕込みますが、この射美は一部に白麹も使っているんです。
白麹はもともと芋焼酎を作る際に使われていたみたいですが、最近は日本酒にも用いられるようになってきました。

花陽「白麹っていうと、前に上善如水の白こうじを飲んだことがあったっけ・・・?」

・・・確かあのお酒も、濃厚な甘みと酸味を持っていた気がします。

花陽「もしかすると、この甘酸っぱさが白麹で造った日本酒の特色なのかな・・・?」チビリ

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
165: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 16:18:06.78 ID:TDiI4lcB.net
花陽「そういえば、今日はついにうちの課に配属される新人さんと初対面したんです!」

私の会社では、新入社員の研修で各支社を見学して周るのですが、今日はうちの番だったんです。

花陽「真面目そうな子だったし、なんだか一安心です・・・」

今時のイケイケな感じの子だったらどうしようって、実は少し不安だったんだよね・・・。
それから、私にとっては嬉しいことがもうひとつあったんです。

花陽「・・・お酒、好きらしいんですよ!それを聞いただけでなんだか仲良く出来そうな気になっちゃいました♪」

本配属されて、一緒に飲みにいくのが今から楽しみです!

花陽「あ、ちなみに今日の課長は新人さんにいいところを見せようとして、見事に空回りしてましたね・・・」

きっと「デキる課長」を演じたかったんでしょうけど、普段あれだけ怠けてるのにいきなり仕事しようとしても、出来るわけないですよ・・・。

花陽「慣れないことはするもんじゃないなって、今日の課長を見て花陽は学習しました・・・」

結局、後から私が間違い箇所を訂正したりして・・・。
・・・思い出したらなんだかイライラしてきました。

花陽「もう!こういう時こそお酒ですよね!課長のことなんて忘れましょう!」ゴクゴク

ああ、荒んだ心にお酒が染みる・・・。
166: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 16:19:33.24 ID:TDiI4lcB.net
花陽「でも、これで私も先輩かぁ・・・」チビチビ

実際に新人さんと会って、少し実感が湧いてきました。

花陽「えへへ、『小泉先輩』なんて呼ばれちゃったんだよね・・・」

思い出したら、ちょっぴり頬が緩んじゃいます。
先輩・・・私が先輩・・・。

花陽「・・・なんだかやる気が出てきました!さてと、ご飯を食べて、明日も小泉先輩頑張っちゃいますよ!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
171: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:16:23.46 ID:H2hun0GS.net
ガラガラッ

「いらっしゃい、嬢ちゃん今日はひとりかい?」

花陽「・・・一人です」

「好きな場所に座りな」

今日は会社帰りに気分を変えて外飲みです!
172: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:18:13.38 ID:H2hun0GS.net
ここはお年を召した大将が一人で切り盛りしている小さな居酒屋さんで、最近よく通ってるお店なんです。
日本酒の種類も多いし、お料理も美味しいんですよ!
・・・大将がマイペースだから、お客さんが多いとなかなか料理が出てこないこともあったりするんだけど、そこも含めてアットホームないいお店です。

「ほら、お通しだ」

大将がカウンター越しに大き目のお椀を差し出してくれます。

花陽「これは・・・」

「オルニチンたっぷりのシジミの味噌汁だ。こいつを飲んで、酒もたくさん飲んでもらわねぇとな」

そう言って大将が悪戯っぽく笑います。
お爺ちゃんなのに、笑った大将はなんだか可愛らしいです。
173: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:20:20.22 ID:H2hun0GS.net
「酒はどうする?」

花陽「う~ん、どうしよう・・・」

このお店の品揃えは、山形の地酒を中心に常時80種ほど・・・、大将秘蔵のお酒も入れるとこの狭い店内に100種類以上あるみたいです。
さすがに、これだけあるといつもメニューを見ながら悩んじゃうんだよね・・・。

「決まらないなら、今日はひとつ俺に任せてみねえか?メニューには載せてないが、良いのが入ってるんだ」

お任せですか・・・それもいいかもしれません。
そういえば、初めてこのお店に入ったときも、大将のお任せでお酒を飲んだっけ・・・。

花陽「そうですね・・・じゃあ、今日は大将にお任せします」

「あいよ」

今日も楽しい晩酌になりそうです♪
175: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:28:37.82 ID:H2hun0GS.net
~~~~~~

「ほい、お待ちどうさん」

少しして大将がお酒の入ったグラスを差し出してくれました。

花陽「ありがとうございます。・・・このお酒は・・・?」

「まぁ一口飲んでみればいいさ。きっと飲めばわかる」

花陽「そうですか・・・?」

大将がそう言うのなら、早速飲んでみましょう。

花陽「いただきます・・・」チビリ

口に含むと、まるでメロンのような瑞々しい香りと、ふくよかな甘さが広がります。
そして余計な酸味や渋みを一切感じさせることなく、淡雪のように口から消えていって・・・。
口当たりも良く、すっきりとした旨みもあり、それでいてキレもいい・・・とてもきれいな味わいです。
176: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:34:08.43 ID:H2hun0GS.net
花陽「十四代・・・ですか?」

「正解。『十四代 角新 純米吟醸 本生』いい酒だろ?」

そう言いながら、大将がカウンター越しに一升瓶を見せてくれます。
きれいな甘み、すっきりとした旨み、そしてそれらを清算する見事なキレ。

花陽「久しぶりに飲みましたが、さすがに美味しいですね・・・このお酒が美味しくないって言う人は滅多にいないと思います」チビチビ

十四代は現在最も入手困難な日本酒と言ってもいいほどの、超人気銘柄です。
ネットオークションでは定価の十倍以上の値段が付くことも珍しくありません。

「仕込みの米は2種類、麹米に山田錦、掛米に出羽燦々。出羽燦々はどちらかといえば苦味の米だが、この味になるのは杜氏の腕なんだろうな」

花陽「素晴らしいお酒だと思います・・・」チビリ

アイドルでもお酒でも、人気が出るからにはそれなりの理由がある・・・それを再確認させてくれるような味だね。
味わいは素晴らしく、欠点らしい欠点は見当たりません。あえて欠点を挙げるなら、入手の難しさに尽きるでしょう。
178: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:38:07.57 ID:H2hun0GS.net
さて、冷めないうちにお味噌汁もいただきましょう。
淡い色合い・・・お味噌は白味噌かな?
たっぷりのシジミにお葱が散らされたお椀に口を付けます・・・。

花陽「はぁ~、美味しいです・・・。滋味深いっていう表現は、こういった味のことなんでしょうね・・・」

「はは、そうつぁどうも」

かなり薄味に仕上げてありますが、それを跳ね返すほどのシジミの旨みがあるお味噌汁です。
素材の味を引き出す、というのはまさにこのことなのでしょう。

花陽「汁物をつまみにお酒を飲むっていうのも、なかなかいいものですね・・・」チビチビ

酔い醒めのお味噌汁はとても美味しいけれど、お酒を飲みながらのお味噌汁もとても美味しいです!
家飲みの時も、お味噌汁をおつまみにするのはありかもしれないね。
179: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 16:42:54.36 ID:H2hun0GS.net
「そいつがわかってきたってことは、嬢ちゃんもいよいよ若くねぇな」

花陽「む~、女の子にそんなこと言っちゃいけません!私だって、まだまだ華の二十代なんですよ!?」

失礼な大将ですね、こんな私でもまだまだ可愛いって言われることもあるんですよ?
飲兵衛で、恋人もいなくて、二十代も後半ですけど・・・

「ははは!悪かったよ、もう一杯飲ませてやるから簡便してくれ」

花陽「いいんですかぁ!大将大好きです!」

「ったく、現金な嬢ちゃんだ」

そう言って笑いながら、大将は十四代を並々注いでくれました。
それをすかさず口に運ぶ私は、大将の言うとおり現金な女なのかもしれません。

花陽「えへへ、おいしいです♪」

お酒は日々の活力・・・美味しいお酒を糧に、明日も頑張っていきましょう!
191: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 17:28:19.20 ID:SeMs+grT.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「実は今日は、お外でご飯を食べてきちゃったんだよね・・・」

先輩に誘われて、一緒にお食事をしてきました。

花陽「今からいつもどおり、お酒飲んでおつまみ食べると太っちゃいそうだなぁ・・・」

少しビールは飲んできたけど、やっぱりお酒が飲みたいです・・・。

花陽「あっ・・・そういえば、良いのが一本あったかも・・・」

確かこの前酒屋さんで買ってきた、こんなときにピッタリのお酒が冷蔵庫の中に・・・

花陽「ありましたぁ♪今日はこのお酒で決まりだね」

というわけで、デザート代わりの一杯です!
193: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 17:32:40.34 ID:SeMs+grT.net
~~~~~~

花陽「ふぅ・・・シャワーも浴びたことだし、早速始めちゃいましょう!」

シャワーを浴びて、お酒を持って戻ってきました。
というわけで、今日飲むのはこのお酒!

花陽「『八海山 貴醸酒 2014』新潟の有名銘柄の貴醸酒だね」

貴醸酒っていうと、前に穂乃果ちゃんとことりちゃんと一緒に、陽乃鳥を飲んで以来、人生二度目の貴醸酒です!

花陽「お猪口に注いで・・・それでは、いただきます♪」チビリ

花陽「う~ん、甘くておいしい♪さすが貴醸酒です!おつまみ無しでも、のんびりまったり楽しめる味だね」チビチビ

貴醸酒最大の特徴は、その独特な深みのある甘さです。
甘い日本酒は数あれど、「普通」の日本酒ではこういった甘さは生まれません。

花陽「やっぱりシロップみたいな甘さなんだね・・・陽乃鳥よりももっと甘いかな?」チビリ

この甘さの秘密は、三段仕込みにおける三段目で水の代わりにお酒を使って仕込むことにあります。
詳しいことはよくわからないけど、お酒を用いることで発酵が緩やかになるんだとか・・・。

花陽「ちゃんと原材料に清酒って書いてあるね。なんだか不思議な感じだなぁ・・・」

当たり前のことだけど貴醸酒を造るには、まず仕込みに使うお酒を造らなくてはいけません。
手間もコストもかかる、贅沢なお酒っていえるね。
194: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 17:38:28.75 ID:SeMs+grT.net
花陽「ちょっぴり贅沢な、大人のデザートって感じ・・・」チビチビ

穏やかで深みのある甘さは、まさに大人の味って感じです。

花陽「そうだ!貴醸酒を飲むときにやってみたかったことがあったんでした!」

うっかり忘れるところでした!
さっそく立ち上がって、冷凍庫からある物を取り出します。

花陽「全部飲んじゃう前に思い出してよかったぁ・・・一度やってみたかったんだよね貴醸酒アイス」

持ってきたのはバニラアイスです!
これに貴醸酒をかけて食べると美味しいらしいんですよね・・・。

花陽「真ん中に窪みを作って、貴醸酒をたらして・・・」

貴醸酒をたらすと、ジワリとバニラアイスが溶け出します。
・・・美味しそうです。
195: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 17:44:03.52 ID:SeMs+grT.net
花陽「軽く馴染ませて・・・それでは、いただきます♪」パクッ

花陽「あ・・・美味しい♪爽やかなバニラアイスに深みのある貴醸酒の甘さが加わって、いい感じです・・・」パクパク

子供は食べられない、大人のアイスクリーム・・・なんだか優越感を感じちゃいます。

花陽「う~ん、でもちょっとお酒感が足りないかな・・・?もっと入れてみましょう!」

アイスを食べ進めながら、どんどん貴醸酒を足していって・・・気付けば半分くらいはお酒になっちゃいました。

花陽「ちょっと入れすぎちゃったかな・・・?あ、でもこのくらいが一番美味しいかも・・・」パクッ

なんて思っちゃう私は、大人になってもうすっかり飲兵衛です♪
197: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 17:45:16.30 ID:SeMs+grT.net
~~~~~~

花陽「はぁ・・・いい気分です・・・」

300mlの貴醸酒を飲んで食べて、いい具合にほろ酔いです。

花陽「さてと、お片づけしてそろそろ寝ようかな・・・」

そう思って、アイスのカップを持ったときでした。
目に入ってしまったんです・・・成分表示が・・・。

花陽「380キロカロリー・・・脂質23.5グラム・・・」

これってもしかすると、普段のおつまみより多いんじゃ・・・。

花陽「貴醸酒もあんなに甘いんだし、低カロリーなわけ・・・ないよね・・・?」

自分のお腹を摘んでみると、なんだか前よりもぷにぷにしてる気が・・・。

花陽「・・・明日は早起きして、歩いて会社に行きましょう」

密かにダイエット計画を立てながら、私の夜は過ぎていくのでした・・・。
211: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 16:24:24.94 ID:NHEsSenC.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
212: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 16:25:23.64 ID:NHEsSenC.net
花陽「今日は静岡のお酒を飲んじゃいます!」

日帰り出張で静岡まで行ったので、少し寄り道して買ってきちゃいました♪
出先で美味しそうなお酒があると、ついつい買っちゃうんですよね。

花陽「『正雪 純米大吟醸 吟ぎんが 生原酒』氷室貯蔵の限定品らしいです」

正雪はサクラエビが有名な清水区由比のお酒で、私は結構好きな銘柄です。
となれば、もちろんおつまみは・・・。

花陽「買ってきました!朝獲れの生サクラエビです!」

ようやくこの組み合わせで飲むことができます!
前に静岡に行った時には禁漁期で、泣く泣くお羊羹をおつまみに・・・あれも美味しかったけど、やっぱり駿河のお酒に合わせるなら海産物だよね。

花陽「生醤油と・・・柚子ポンも合いそうだよね・・・」

醤油皿を二つ用意して、お醤油とポン酢を注いで・・・。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
214: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 16:34:14.57 ID:NHEsSenC.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

緑色の酒瓶、そして小鉢には薄紅色のサクラエビ・・・どちらも魅力的な輝きです!

花陽「それでは、まずはお酒から・・・」チビリ

花陽「さすが正雪・・・やっぱり美味しいです!淡いけど確かな果実のような豊かな香りと甘みがありながら、とてもすっきりとしています・・・」チビチビ

華やかでありながら、凛としていて、淡雪のようにきれい・・・いいお酒です。
口当たりも良く、包容力もある、女性的な味わいといってもいいかもしれません。

花陽「μ'sの中なら、このお酒は海未ちゃんか希ちゃんかな・・・」チビリ

そんなことを考えながら、お酒を飲むのもなかなか楽しいものです。
216: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 16:40:39.72 ID:NHEsSenC.net
花陽「さて、そろそろもうひとつのメインもいってみましょう♪」

念願の生サクラエビです!
まずはお醤油を少し付けて、慎重に口に運びます・・・。

花陽「小さいのにちゃんと海老の甘みがあるんだね・・・そして何よりこの香り!これはお酒だね・・・」チビチビ

地の肴で地の酒を飲む・・・酒飲みとしては最高の幸せかもしれません。
お次は柚子ポン酢を付けていただいてみましょう!

花陽「うん、こっちもいいね!サッパリとしたポン酢にサクラエビの甘みがよく合います!」

お醤油よりもサクラエビ自体の味は薄くなるけど、これはこれでアリです!
あわせるお酒や気分に応じて使い分けるといいかもしれないね。
217: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 16:51:08.06 ID:NHEsSenC.net
花陽「そういえば、正雪といえば杜氏さんが有名だよね・・・」チビリ

正雪を造ってらっしゃる山影純悦氏は、数々の賞や現代の名工を受賞された、日本を代表する名杜氏です。
正雪のラインナップの中には、「山影純悦」の名を冠したお酒もいくつか存在します。

花陽「近いうちに『正雪 純米大吟醸 山影純悦』だけでも飲んでおきたいですね・・・高いけど・・・」

高いには高いなりの理由があります。
『正雪 純米大吟醸 山影純悦 雄町』は山影純悦氏が黄綬褒章を受章された記念に、持てる技術のすべてをつぎ込んで造ったお酒で、正雪ファンなら一度は味わいたいお酒です。
備前雄町35%精米、低温での熟成、そして名杜氏の仕込みともなれば、少々高くなるのは当然といえるでしょう。

花陽「杜氏さんの名を冠したお酒にハズレは無いっていうし・・・もし見かけたら思い切って買っちゃいましょう」

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
218: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 16:59:28.79 ID:NHEsSenC.net
花陽「・・・そうそう、今日の出張なんですけど、車で行ったんですよ。・・・課長と二人で」

前とは違い、今回は私が運転でした。
運転するのは嫌いじゃないし、東名高速は景色のいい場所も多くて好きなんですけど・・・。

花陽「課長ったら「せっかくゆっくり話せる時間があるんだから、今年度の計画についていろいろ話そう」とか出発前に言ってたのに、あっという間に寝ちゃったんですよ!しかも行きも帰りも!」

一応私にも、いろいろ課長に言いたいこととかあったんですよ?高速に乗る前から寝ちゃってたら、何も言えないじゃないですか!
結局私はローカルラジオを聴きながら、ひたすら運転するだけ・・・。
あ、静岡には「平社員」っていう居酒屋があるみたいです。ラジオで言ってました。

花陽「課長なんかパーキングエリアに放置して、平社員で飲んでいきたい気分でしたよ・・・」

・・・思い出したらなんだかイライラしてきました。

花陽「もう!こういう時こそお酒ですよね!課長のことなんて忘れましょう!」ゴクゴク

ああ、荒んだ心にお酒が染みる・・・。
219: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 17:02:46.21 ID:NHEsSenC.net
花陽「今日の良かったことといえば、このお酒とサクラエビくらいですよ・・・」チビチビ

じつはこのサクラエビ、直売所とかじゃなくて普通のスーパーで買ってきたんです。

花陽「正雪を買ってきた酒屋のおばちゃんが「直売所なんか行かなくても、隣のスーパーで朝獲れが売ってるよ」って教えてくれたんだよね」

おばちゃんいわく、この時期の清水区では、朝取れのサクラエビが普通のスーパーで普通に売られているらしいです。
東京なら市場を通して流通するから、どんなに頑張っても一日後・・・それが当日にお手ごろ価格で買えるんだから、やっぱり産地はすごいです。

花陽「お酒もサクラエビも美味しかったし、これだけでも今日はいい日だったかもしれないね。さてと明日もお仕事だし、そろそろご飯を食べて明日に備えましょう!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
229: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 17:51:49.34 ID:1jg73NnX.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
230: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 17:52:50.60 ID:1jg73NnX.net
花陽「今週も一週間お疲れ様でした!」

今日で今週も終わり、明日はお休み、今日は明日のことを気にせずゆっくり飲めるね。
というわけで、このお酒をのんびりまったり飲みましょう!

花陽「『花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ』毎度おなじみの花陽浴だね」

花陽浴もこの雄町を飲めば、スペックは違えど5種類の酒米を制覇したことになりますね。

花陽「合わせるおつまみはもずく焼きにしましょう!」

沖縄の取引先から天然の生もずくが送られてきたので、それを使って作ってみたいと思います!
ベースとなる醤油を利かせた鰹出汁に、もずくと小葱、そしてしっかり固まるくらいに片栗粉を入れて、胡麻油でパリッと焼いていきます!


うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
232: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:01:31.99 ID:1jg73NnX.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

テーブルには、馴染みの花陽浴と、平べったいもずく焼き・・・
さっそくグラスにお酒を注いで始めるとしましょうか!

花陽「それでは、お酒からいただきます♪」チビリ

花陽「・・・この味は・・・ちょっと予想外です。花陽浴らしい甘さと一緒に、割と強めの苦味と渋みを感じますね・・・これは滓の味かな・・・?」

甘みと酸味中心のいつもの味を想像していたこともあり、一口飲んだ印象では、非常に苦味が際立っているように感じます。
今までいろいろな花陽浴を飲んできたけど、この純吟雄町おりがらみが最も男性的、野生的な印象です。
良くも悪くも「らしくない」味かもしれません。

花陽「でも、これはこれで面白いね、なんだか遊び心がある男の子みたいな感じ・・・」チビチビ

こういったお酒は、数日置いての味の変化も楽しみです。
味が馴染んで、いつもの花陽浴らしくなるのか、さらに主張が強くなるのか・・・見ものですね。
233: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:11:22.47 ID:1jg73NnX.net
花陽「さて、次はもずく焼きもいってみましょうか!」

作り方を教わったのはだいぶ前だし、作るのは初めてだし、上手くできてるかちょっぴり不安です。
ドキドキしながら、パクッと一口・・・。

花陽「よかったぁ・・・上手くできてます!沖縄で食べたあの味です!お上品な鰹の香りと、もずくの食感でお酒がすすむね」チビチビ

このもずく焼きの作り方は、以前沖縄旅行に行ったときに利用した居酒屋さんで教えてもらったものなんです!

花陽「あの時は泡盛とオリオンビールだったけど、やっぱりこの味には日本酒ですよ」チビリ

沖縄の居酒屋さんの欠点は日本酒が少ないところだと思うんだよね・・・。
せっかく日本酒に合う料理も多いのに、そこが残念でなりません。
234: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:19:42.03 ID:1jg73NnX.net
花陽「・・・あ、そういえばこれで花陽浴は一応全部の酒米を飲んだことになるんだね」チビリ

花陽浴で使用されてる酒米は、山田錦、八反錦、美山錦、さけ武蔵、そしてこの雄町の5種類です。
雄町以外の4種類は前に飲んでるから、今回で全部の酒米を味わったことになるね。

花陽「どれも美味しかったけど、私は八反錦が一番好きかなぁ・・・雄町の遊び心とか、山田錦の透明感も良かったけど、やっぱりキレが一段違う気がするんだよね・・・」

今のところは八反がMVPですが、季節が変わって直汲み、火入れと飲んでいけば、また違った魅力が見つかるかもしれません。
これからも花陽浴は楽しみな銘柄ですね。

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
235: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:20:29.54 ID:1jg73NnX.net
花陽「・・・そうそう!今日の課長ったら、もう本当にありえなかったんですよ!」

私、おこです。
激おこです!

花陽「もうほんとに信じられないです!勝手に人の品物を安売りしちゃうなんて!」

それも、私がコツコツ集めたとっておきの商品ですよ!?
もう売り先も決まって出荷するだけだったのに・・・。

花陽「それも赤字で売っちゃうんですから、本当にどうかしてますよ・・・先方になんて説明すればいいんですか・・・」

利益を出してるならまだわかるんだけど、赤字だもん・・・理解できません・・・。

花陽「もう、課長のおかげでしっちゃかめっちゃかですよ・・・。はぁ、出荷日までにどうにか品物揃えないとなぁ・・・」

・・・思い出したらなんだかイライラしてきました。

花陽「もう!こういう時こそお酒ですよね!課長のことなんて忘れましょう!」ゴクゴク

ああ、荒んだ心にお酒が染みる・・・。
236: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:23:47.44 ID:1jg73NnX.net
花陽「はぁ・・・明日はお休みだし、もうなにも考えずにのんびりしましょう」チビリ

お酒を飲んで、ダラダラすごす・・・この時間はとても幸せです。
こんなときにお仕事のことを考えるなんて、バカらしいもんね。

花陽「まだまだ夜は長いんです!正雪も射美も残ってるし、とりあえずご飯を食べてから第二回戦といきましょうか!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
254: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:23:03.27 ID:zQdnw89b.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
255: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:23:56.19 ID:zQdnw89b.net
花陽「月曜日ですね。休み明け一発目、今日も一日お疲れ様です♪」

疲れなんて吹っ飛ばして、これからまた一週間頑張らなくちゃいけないですね。
そんな日にはやっぱりすっきり爽快なお酒が飲みたいです・・・。

花陽「と、いうわけで今日はビールです!」

買ってきました瓶と缶!

花陽「こっちを先に飲もうかな・・・?『COEDO 瑠璃』結構有名なクラフトビールだね」

スーパーのビールコーナーでも一際目を引く、真っ青なラベルが特徴だね。
タイプは日本人と馴染み深いピルスナーです。

花陽「おつまみはビールに合わせて鳥のからあげです」

ビールとからあげといえば、切っても切れない夫婦のような関係だよね。
鶏がらスープと、醤油、酒、ニンニク、生姜、黒胡椒で下味を付けてから、片栗粉をまぶして油で揚げていきましょう!
菜箸で摘んで、内側が沸騰してるような細かな振動を感じたら、出来上がりです。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
257: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:30:53.25 ID:zQdnw89b.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

早速、ビールをグラスに注いで、から揚げの横に並べてみます。

花陽「素敵・・・こんなの美味しくないわけありません・・・」

さあ、見惚れてる時間なんてありませんよ!

花陽「それでは、まずはお酒からいただきます♪」ゴクリ

花陽「・・・あ、これいいですね!最初は華やかなホップの香りと、ほんのり甘みを感じますね。でも、後半は苦味が出てきてキリッと締めてくれてます」ゴクゴク

しっかりとした味がありながら、ピルスナーらしい爽快な飲み口は健在です。

花陽「大手メーカーのビールも美味しいんだけど、やっぱりこういうのを飲むと一味違うなぁって思っちゃうよね」ゴクゴク

大手のビールは万人受けするサッパリとした味わいが多いけど、クラフトビールはそれぞれ個性的な所が魅力です。
259: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:37:29.93 ID:zQdnw89b.net
花陽「よぉし!次はから揚げいってみましょう!」

私は確信しています・・・絶対に美味しいです!
きれいな狐色に揚がったから揚げさんを、パクリと一口・・・。

花陽「う~ん!ビールとから揚げ・・・最っ高です!生きててよかったぁ・・・」ゴクゴク

しっかり味のから揚げの旨みを、ビールですっきりと洗い流す・・・。

花陽「他に替えがきかないこの飲み口・・・これは世のおじ様方がビールに夢中になるわけですよ・・・」ゴクゴク

まさにビールは働く大人のアイドルですね。

花陽「・・・あれ?もう飲みきっちゃいました・・・。やっぱり350mlなんてあっという間だね・・・」

こんなんじゃ、ほろよいにもなれません。

花陽「じゃあ、さっそく2本目いってみましょう!」
262: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:47:46.12 ID:zQdnw89b.net
花陽「本日の2本目は『BLUE MOON』アメリカの有名なビールだね」

原材料に小麦、コリアンダーシード、オレンジピールって書いてあるから、ベルジャンホワイトになるのかな?

花陽「ゆっくりとグラスに注いで・・・それではいただきます♪」ゴクリ

花陽「・・・こっちも美味しいですね!口当たりはまろやかで、柑橘の爽やかな甘さ、そして甘みを引き立てるコリアンダーの香りがいい感じ!」ゴクゴク

あまりビールには詳しくないけど、甘さも香りもベルジャンホワイトとしては優しい方なんじゃないかな?
とにかく口当たりが良くて、多分ビールが苦手な人でも飲みやすい感じです。
さっき飲んだCOEDOとは全然違った味だね。

花陽「ビールも日本酒と同じで、原料や製法、メーカーによって全然味が違ってくるんだよね・・・」ゴクゴク

ビールも日本酒も同じ醸造酒・・・そう考えるとそれは当たり前のことなのかもしれません。

花陽「大手のビールしか飲んだことない人には、是非一度こういったビールを飲んでみてほしいですね」ゴクゴク
263: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:52:50.83 ID:zQdnw89b.net
ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・って、もう残ってないじゃないですか!」

私としたことが・・・少し考えればビール2本で足りるわけないってわかるはずなのに・・・。

花陽「蒸らし時間をただなにもせずにボーっとしてるなんて・・・」

せっかくお酒を飲んでいい気分なのに、そんなの台無しですよ・・・。

花陽「何かいいお酒は・・・あっ!あれがあるじゃないですか!」

『COEDO 瑠璃』『BLUE MOON』ときたら、最後はあのお酒で締めましょう!
264: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 16:59:01.00 ID:zQdnw89b.net
花陽「というわけで、本日3本目『新政 瑠璃 2015』です!」

青いビールに続いて、最後は青いラベルの日本酒を飲んじゃいます。

花陽「秋田県産美山錦使用、掛米40%、麹米50%・・・記載はされてないけど純米大吟醸相当のお酒だね」

そのお酒をお猪口に注いで・・・

花陽「それでは、いただきます♪」チビリ

花陽「はぁぁ~、やっぱり日本酒はいいですねぇ・・・口に含んだ瞬間に感じられる綺麗で優しい甘み・・・そしてすぐに酸がやってきて、水を飲んだ後のようにすっきりとした後味です・・・」チビチビ

変な癖は無く、非常にきれいで飲みやすいお酒だと思います。
要冷蔵って書いてあったから冷やして飲んだけど、これは常温でも美味しいんじゃないかな?

花陽「さすが新政酒造さんですね・・・」

このお酒を造る新政酒造さんも、現代日本酒界をリードする酒蔵さんのひとつだと思います。
昔ながらの酒造りと、今求められている味を両立させた、とてもいいお酒を造っていますね。
265: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 17:06:12.25 ID:zQdnw89b.net
花陽「日本酒が苦手っていう人にも、飲んでもらいたいお酒だね・・・」チビリ

この新政や而今、そして花陽浴、鍋島、あと私の趣味だけど正雪や天弓といったようなお酒は、日本酒に苦手意識を持ってる人にも是非飲んでもらいたいお酒だと思います。

花陽「若者の酒離れ・・・とかよく言われてるけど、こういうお酒を飲む機会があれば、大好きになると思うんだけどなぁ・・・」チビリ

きっとみんな、この味を知らないんです。
こんなにも魅力的な味を・・・。

花陽「美味しいお酒、今まで自分が知らなかった世界・・・一口飲めばきっと魅了される」チビリ

この美味しさを知ってしまえば、離れることなんてできません。
それは日本酒に限らず、ビールやウイスキーでも同じことだと思います。

花陽「でも、今以上に人気が出て、手に入らなくなるのも嫌だなぁ・・・」

みんなにお酒の魅力を知ってもらいたいと思うけど、自分の手が届かなくなってしまうのは嫌です。

花陽「・・・なんだか、恋人を束縛してるみたい」

知ってもらいたい、けれど独り占めしたい・・・それはまるで恋のような感情で・・・。

花陽「はぁ・・・もう、なに変なこと考えてるんだろ・・・。さぁ、明日もお仕事です!そろそろご飯を食べて、明日に備えましょう!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
289: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:19:44.99 ID:Ue1rZHnE.net
ガチャッ

花陽「ただいま~・・・今日も一日疲れました・・・」

仕事が終わり午後8時、ようやく安らぎの我が家に帰宅です♪

花陽「ご飯が炊けるまでには・・・、まだ時間がありますね」

なら、やることはひとつ!
もちろん、仕事終わりの一杯です!
290: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:20:50.14 ID:Ue1rZHnE.net
花陽「今日は皆さんご存知、あの銘柄を飲んでみます!」

日本酒好きで、この銘柄を知らない人はきっといないんじゃないかな?
というわけで、今日はこのお酒です!

花陽「『黒龍 純米大吟醸酒 吟風』酒屋のお姉さんによると、黒龍の新商品らしいです」

黒龍は人気と実力を兼ね備えた、福井県が世界に誇る銘酒だね。
手軽に楽しめるものから、なかなか手に入らないプレミア品まで、ラインナップも豊富です。

花陽「このお酒は北海道産の酒米「吟風」を使用した純大吟だね」

黒龍といえば、メインとなる酒米は五百万石と山田錦・・・だったよね?
お米の変化が味にどう出てくるのか・・・楽しみです。

花陽「おつまみは・・・鮪のぬたにでもしましょうか」

スーパーで半額の鮪を買ってきたんだけど、ただお刺身にするだけじゃ芸がないもんね。
鮪は角切りにして、お湯をかけて湯引きにします。
それを湯通ししたわけぎと一緒に、からし酢味噌で和えれば・・・。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
292: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:26:33.92 ID:Ue1rZHnE.net
花陽「さぁ、準備できましたよ♪」

暗い色合いの酒瓶と、陶器のお猪口、そして小鉢には鮪のぬた・・・。
自分が20代とは思えないくらい渋い食卓です!

花陽「まあ、こんな20代がいたっていいじゃないですか・・・」

好きなものは好き、その気持ちは大事です。
さて、渋いお猪口にお酒を注いで・・・。

花陽「それでは、いただきます♪」チビリ

花陽「・・・あ、これは飲みやすいですね。もう少しフルーティーなのを想像してたけど、透き通ったようなすっきり淡麗な味わい。なるほど・・・吟風っていうお米はこういうお酒になるんだね」チビチビ

吟醸らしい立ち香も感じますが、それほど強くありません。
黒龍の中では辛口寄りで個性も薄いし、単品で飲むには少々物足りないかもしれません。
293: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:29:14.70 ID:Ue1rZHnE.net
花陽「でもこれは多分、お料理と一緒に楽しむのにぴったりな味ですね・・・」

じゃあ、合わせてみようじゃないですか!
からし酢味噌を絡めた鮪とわけぎを口に運びます・・・。

花陽「これは・・・お酒、お酒ですよ!間違いないでしょう!」チビリ

鮪の旨み、わけぎの香り、そしてからし酢味噌の濃厚な味に、淡麗なお酒・・・。

花陽「いいですねぇ・・・こうやって合わせてみると魚介類との相性の良さがわかります」チビリ

魚介類、特に生のものと合わせるなら、甘口よりもやはり辛口のお酒です。
かといって、ただ辛いだけのお酒では面白くないですよね・・・。

花陽「適度な香りと旨み、お酒自体の良さを感じながら、お魚の良さも引き出してる感じだね」
294: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:32:40.50 ID:Ue1rZHnE.net
花陽「酒屋さんでだいぶ悩んだけど、この相性を考えるとこっちにしてよかったかも・・・」チビリ

この吟風にするか、同じ黒龍の「火いら寿」にするかで、結構悩んでたんだよね・・・。

花陽「結果的には正解でした・・・火いら寿は高いしね・・・」チビリ

4合瓶で2000円の差は大きいよね・・・。
今回は吟風を選んだけど、火いら寿やしずく、二左衛門や石田屋といった黒龍の高級酒も機会があれば飲んでみたいですね。

ピーピーピー!

花陽「あ、ご飯炊けたみたい!お酒の残りも・・・、蒸らし時間にちょうどよさそうだね♪」

部屋中に充満したご飯の匂い、美味しいおつまみ、美味しいお酒・・・。

花陽「これが、今日という日を生き抜いたごほうびです・・・」
296: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:38:51.51 ID:Ue1rZHnE.net
花陽「あ、そういえば課長がぎっくり腰になったんですよ」

今朝はいつにもまして出社が遅いと思ったら、お昼頃になって電話がかかってきたんです。

花陽「腰が痛くて布団から起き上がれないから会社を休むとか・・・ちょっと情けないよね」

まったく、仕事を何だと思ってるんでしょう。

花陽「しかもぎっくり腰の原因が、「道端に転がってた空き缶を思い切り蹴り飛ばそうとして空振りした」ことだって言うんだから、本当に情けないですよ・・・」

でも、ぎっくり腰はかなりの激痛だって聞くし、起き上がれないくらいだって言うんだから本当に辛いんでしょう。

花陽「まぁ、課長の仕事はいつもやってるし、あまり普段と変わらないもんね」

ここは課長を助けると思って一肌脱いであげてもいいかもしれません。
297: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:43:48.80 ID:Ue1rZHnE.net
花陽「ぎっくり腰かぁ・・・痛いんだろうなぁ・・・」チビリ

運動不足だと若くてもなるらしいし、私も注意しないといけないね。

花陽「とりあえず、ストレッチでもしてみようかな・・・」チビチビ

なんて考えながらも、杯を進める手は止まりません。
これはきっと、考えるだけで何もしないパターンです・・・。

花陽「でも、まずはストレッチよりもご飯かな・・・元気な体はご飯から!ご飯を食べれば、ぎっくり腰なんて怖くありません!」

窓の外、風に揺れる桜を眺めながら、私の春の夜は過ぎていくのでした・・・。
288: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 19:00:38.56 ID:I5J0Wov9.net
かよちん
飲んできたよ~
http://m.imgur.com/jehyNAE.jpg
301: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:07:41.77 ID:XwwNRJW1.net
せっかくなんで羽根屋プリズム書きましょうか
302: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:25:20.07 ID:XwwNRJW1.net
花陽「眠れません・・・」

おかしいな・・・お酒も飲んでほろ酔いで、ご飯も食べて、普段ならいい感じに眠くなるはずなんだけど・・・。

花陽「こういう時に寝よう寝ようと思うと、余計眠れなくなっちゃったりするんだよね・・・」

明日も仕事だし、できれば早く寝たいんだけど・・・。

花陽「仕方ないです、ここはひとつ寝酒に一杯飲んじゃいましょうか・・・」

・・・誰ですか、ただ酒が飲みたかっただけだろ、とか言う人は。
だって、眠れないんだから仕方ないですよね?

花陽「うん、仕方ない、これは仕方ないことなんです」

というわけで、ベッドから抜け出して冷蔵庫へレッツゴー♪
303: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:36:12.80 ID:XwwNRJW1.net
花陽「戻ってきました♪」

お酒を大き目のグラスに注いでベッドまで戻ってきました。

花陽「『羽根屋 純米吟醸プリズム Pink Label 究極しぼりたて』名前に惹かれて買ってきたお酒です」

羽根屋は富山県のお酒で、近年人気の銘柄のひとつですね。
「純米吟醸 煌火」が特に人気です。

花陽「このお酒は完全無濾過の直汲みみたいだね・・・」

完全無濾過ってことは、上槽したお酒を滓引きせずに詰めてるってことかな?
ラベルにも書いてある通り、だいぶ個体差がありそうです。

花陽「・・・お酒を飲むには少し暗すぎるかな?カーテンを開けてみましょうか」

カーテンを開けると微かな光が差し込みます。

花陽「夜の光をグラスに映しながら、お酒を飲む・・・ちょっとオシャレかも」

薄い光に照らされたグラスを傾けてみると、なんだかドラマのワンシーンみたいです。
304: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:43:46.63 ID:XwwNRJW1.net
花陽「・・・見惚れてないで、さっそく飲んでみましょうか」

もう日付も変わってます、夜は長くないんです。

花陽「それではいただきます♪」チビリ

花陽「うん、おいしい♪最初は新酒らしい軽やかでフレッシュな甘みがありますね、後半はうってかわってやや重めかな?旨みと一緒に微かな渋みが、味をまとめてますね・・・」チビチビ

立ち香は穏やか透き通った感じ、そして軽い甘み、でも重みのある味わい・・・。
きれいな面、そして複雑な面、プリズムの名の通り複数の味わいを持ったお酒だね。

花陽「こうやって、薄暗い部屋でのんびり飲むお酒も悪くないね・・・」チビリ

なんだか少しいけないことをしてるような感じ・・・。
なんだか中学生の頃、お母さんに隠れて夜更かしして深夜のアイドル番組を見てた時みたいな感じです。
306: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:59:54.78 ID:XwwNRJW1.net
花陽「・・・窓、開けてみようかな」ガラッ

なんとなく空が見たくなって、窓を開けてみました。
見上げた先には、都会の明かりにかき消されない、強い光の星がポツリポツリと輝いています。

花陽「あの明るい星は木星かな?右に見えるのはレグルス、左の白い星はスピカ・・・だね」チビリ

いつか真姫ちゃんに教えてもらったことを思い出しながら、チビリチビリとお酒を飲みます。

花陽「えへへ、もう何年も前のことなのに、結構覚えてるものだね・・・」チビリ

・・・だって、忘れられるわけないですよね?
みんなと過ごしたあの日々は、今も私の中でプリズムのように輝いているんです。

花陽「あ・・・飲み終わっちゃった・・・」

気付けばグラスは空になっていて・・・昔のことを思い出したからかな、なんだか名残惜しい・・・。

花陽「・・・もう一杯・・・せっかく綺麗に星が見えてるんです、もう一杯飲みましょう・・・」

ああ、明日はきっと二日酔いだ・・・。
瞬く星を眺めて、そんなことを考えながら、私の夜は過ぎていくのでした・・・。
311: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 16:15:25.50 ID:N8etvGc6.net
居酒屋以外にも日本酒好きにとって、お酒を飲むのに適したお店はいくつかあります。

花陽「まずはやっぱりお寿司屋さんだよね。これは外せません」

おつまみから〆のお寿司まで、魚と相性の良い日本酒を飲むには最高のお店です。
最近はお酒の品揃えにも力を入れている「寿司居酒屋」と呼ばれるお店も珍しくないよね。

花陽「あとはうなぎ屋さんとかも捨てがたいね・・・」

うな重が出来上がるのを、肝串やう巻きをつまみに、お酒を飲みながら待つ・・・。
値段は高めだけど、他では味わえない粋な時間がうなぎ屋さんにはあります。

花陽「でも、やっぱりお酒を飲むなら外せないお店があるよね・・・」

そう、日本酒好きにとってもうひとつ外せないお店が、今私の目の前に・・・。

花陽「というわけで、今日は蕎麦屋飲みです♪」
312: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 16:20:09.45 ID:N8etvGc6.net
ガラッ

「いらっしゃいませー、お好きな席にどうぞ~」

ここはいわゆる町のお蕎麦屋さんです。
でも、そば作りは結構評判がよく、毎朝お店の二階でそば粉を挽いているとか・・・。

花陽「・・・よかったぁ、飲んでる人も結構いるね」

店内に入ると、まばらなお客さんたちの中には、のんびりと日本酒を飲んでいる人も見受けられます。
テーブル席も空いてるけど、隅っこも空いてることだし、ここはカウンターにしましょう。
そそくさとカウンターに座り、メニューを広げます」

花陽「・・・割と日本酒も置いてるんだね」

八海山や越乃寒梅といった定番品から、庭のうぐいすや雨後の月など人気の銘柄までカバーしています。

「ご注文お決まりでしたら伺いますよ~」

カウンター越しに女将さんが声をかけてくれました。

花陽「ええと、じゃあ・・・」

お酒とおつまみ、そして時間差でざる蕎麦を注文して、あとは到着を待つばかり・・・。

うん!今日も楽しい晩酌になりそうです♪
315: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 16:24:05.57 ID:N8etvGc6.net
~~~~~~

「お待たせしました~、こちら山菜の天ぷらと、とんぼ三号です」

花陽「ありがとうございます」

しばらくして、山菜の天ぷらとお酒が運ばれてきました。
選んだお酒は『いづみ橋 とんぼラベル 3号』神奈川県のお酒だね。
いづみ橋のとんぼラベルは、○号の数字でお米や仕込みが異なるお酒です。

花陽「この3号は自社栽培の亀の尾使用の生もと純米、槽場直詰め無濾過生原酒みたいだね・・・」

透明なグラスの中では、荒めの滓が踊っています。

花陽「美味しそう・・・さっそくお酒からいただきましょう♪」チビリ

花陽「はぁぁ・・・いいですねぇ。原酒らしいパンチの利いたアルコール感、重厚で落ち着きのある甘さと旨み・・・」チビチビ

甘口のお酒になるんだろうけど、アルコール度数が高いこともあってか、後味は結構ドライです。
甘旨系のお酒の中でも、かなりお料理と合わせやすい味だと思います。
316: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 16:28:56.65 ID:N8etvGc6.net
花陽「さてと・・・次は天ぷらです♪」

たらの芽、ふきのとう、ぜんまい、うるい、筍・・・どれも春らしくて美味しそう!
蕎麦屋飲みのおつまみとしては、天ぷらは欠かせないと思います。

花陽「トップバッターは・・・たらの芽さんにしちゃいましょう♪」

添えられた藻塩をちょこんと付けて、可愛らしいたらの芽を口に運びます・・・。

花陽「・・・サクッとした衣、柔らかな藻塩の味、たらの芽の優しい苦味・・・これを日本酒で流せば・・・」チビリ

はぁぁ・・・もう最高です!
これだから蕎麦屋飲みはやめられません!

花陽「ぜんまいもお酒に合うね・・・筍さんは言わずもがな・・・」チビチビ

居酒屋さんの喧騒も悪くないけど、こうやってのんびり蕎麦屋さんで飲むのも、また外飲みの違った魅力を味わえるね。
317: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 16:31:35.37 ID:N8etvGc6.net
~~~~~~

そして天ぷらをつまみながら、しばらく飲んで・・・ついに蕎麦屋飲み最大の魅力がやってきました!

「失礼します、こちらざる蕎麦です」

花陽「ありがとうございます!」

〆のお蕎麦・・・これこそ蕎麦屋飲みの醍醐味です。
薬味の葱と山葵をつゆに入れて、さっそくいただきましょう!

花陽「いただきます・・・」チュルチュル

花陽「やっぱりこれですよね・・・飲んだ後のお蕎麦、染みますねぇ・・・」チュルチュル

家庭ではなかなか出せない濃厚なお出汁の香り、その出汁の中でもしっかりと感じるお蕎麦の味・・・。
これぞ蕎麦屋飲みです!
そして、この後には大トリ、蕎麦湯も控えています・・・。

花陽「また太っちゃいそうだけど・・・たまにはいいですよね」チュルチュル

ダイエットは明日から頑張ろう・・・。
お蕎麦を啜りながらそんなことを考えて、私の夜はすぎていくのでした・・・。
327: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:01:56.81 ID:2eKguX1V.net
「二人とも、今度の休日の予定空いてる?」

真姫ちゃんからそう尋ねられたのは、週も半ばに差し掛かった頃のことでした。
突然のお誘いだったけど、私も凛ちゃんもどうにか予定をつけて、今こうして真姫ちゃんの別荘に来ています!
いつもはお仕事が忙しくて、なかなか会えない真姫ちゃんからのお誘いだもん、それを断るなんてもったいないよね。

花陽「ごちそうさま~、食器はこの中に入れればいいの?」

真姫「ええ、全部入れたらボタンを押して」

凛「このボタンでいいのかにゃ?えいっ」ポチリ

三人で夕食を済ませて、使った食器を食洗機に入れてボタンを押します。
時間は午後8時。さあ、ここからが今日私たちが呼ばれた理由・・・。

真姫「それじゃ、屋上に行きましょうか」

りんぱな「は~い」

真姫ちゃんに連れられて、三人で屋上へ・・・
ドアを開けるとそこに広がっていたのは、一面の星空。

今日は三人で星見会です!
328: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:02:27.32 ID:2eKguX1V.net
凛「うわぁ!すっごいにゃぁ!」

花陽「ほんと、すごいね!今まで見たこと無いくらいに星が見えるよ」

真姫「でっしょ~、市街地から離れてるから光害もないし、空気も澄んでて星見には最高の場所なんだから」

ふふん!と真姫ちゃんが得意げに胸を張ります。

真姫「私は望遠鏡の準備をするから、懐中電灯を消して目を慣らしておくといいわ」

凛「え?電気消しちゃうの?」

花陽「そうすると真っ暗なんじゃ・・・」

真姫「心配しなくても、キャンドルくらい用意してあるわよ」

そういって真姫ちゃんが鞄から大きめのキャンドルと、ライターを取り出しました。
それに火をつけてから、懐中電灯の明かりを消します。
329: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:02:57.27 ID:2eKguX1V.net
花陽「・・・ろうそくって思ったよりも明るいんだね」

真姫「ええ、それでいて光も柔らかいから、あまり星見の邪魔にならないし結構重宝するの」

そう言いながら、キャンドルの灯りを頼りに真姫ちゃんが望遠鏡を組み立て始めました。

花陽「・・・凛ちゃん、私たちも準備しよっか?」

凛「うん!」

真姫「え?準備ってなにを・・・」

凛「もちろん、お酒だよ!」

花陽「うん!星見にお酒は欠かせません!」

真姫「なんでリュックなんか持ってくるのかと思ったら、あなたたち・・・」

リュックから取り出した一升瓶を見て、呆れ顔の真姫ちゃんだけど、こればかりは譲れません!
三人で星見会をするって決まってから、ずっと楽しみにしてたんだから。
330: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:03:36.17 ID:2eKguX1V.net
花陽「これが楽しみで、夕食の時も飲まずに我慢したんです・・・!」

凛「凛だって冷蔵庫に入ってたビールを見たとき、ちょっと迷っちゃったけど・・・この時のために我慢したんだよ!」

真姫「はあ・・・あなたたちってほんと・・・」

凛「ここでお酒飲んじゃ・・・だめ・・・?」

呆れ顔の真姫ちゃんに、凛ちゃんが上目遣いでそう尋ねます。
・・・これは勝負あったね、凛ちゃんの上目遣いはことりちゃんのおねだり並みに強力だもん。

真姫「べ、別に・・・駄目じゃないけど・・・」

凛「わぁ~い!さっすが真姫ちゃん、話がわかるね!」

真姫「・・・そのかわり、ちゃんと私にも飲ませなさいよね」

花陽「心配しなくても、ほら。グラスはちゃんと三人分用意してあるよ」

凛「三人で星見酒だにゃ~♪」

こうこうしているうちに、望遠鏡もお酒も準備が終わり・・・
さあ、三人だけの星見酒の始まりです♪
331: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:13:31.44 ID:2eKguX1V.net
花陽「はい凛ちゃんの分、こっちは真姫ちゃんの分」

凛「ありがと~♪」

真姫「あ、ありがとう・・・これって日本酒・・・よね?」

私が差し出したグラスを受け取った真姫ちゃんが、少し不安そうな顔で尋ねます。

花陽「そうだけど・・・もしかして、真姫ちゃん日本酒苦手だった?」

真姫「ええ・・・日本酒っていかにもお酒って感じだったり、渋かったりして飲みづらいじゃない?普段飲むのは大体カクテルか果実酒ね」

なるほど・・・典型的な日本酒嫌いのイメージだね。
でも、お酒自体は嫌いじゃないみたいだし、普段飲むのがカクテルと果実酒なんだったら、きっとこのお酒なら・・・。
332: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:14:24.50 ID:2eKguX1V.net
花陽「なら、騙されたと思ってこのお酒飲んでみてよ。きっと気に入ると思うから」

凛「そうだよ~、すっごく飲みやすくて美味しいんだよ?」

真姫「凛はともかく、花陽がそう言うんだったら・・・すこし騙されてみようかしら」

凛「む~!真姫ちゃん、それどういう意味!?」

そういって真姫ちゃんがフフッと笑います。
凛ちゃんはむくれてるけど、こんなやりとりも学生時代みたいで楽しいです。

真姫「さて、それじゃ始めましょうか」

花陽「うん!」

凛「ふふふ、一口飲んでびっくりする真姫ちゃんの顔が目に浮かぶにゃ・・・」

まきぱな「かんぱ~い!」

凛「ちょっ!か、かんぱ~い!」
333: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:14:54.53 ID:2eKguX1V.net
三人で乾杯して、お酒を口に含みます・・・。
熟した果実のような濃厚な香り・・・そしてやはり濃厚で、でも柑橘のように爽やかな甘酸っぱさ・・・。
強い個性を持ちながらも、後味はすっきりしていて、山田錦らしいどこか優等生のような味わいです。

凛「う~ん!やっぱりこのお酒おいしいね!」チビリ

花陽「うん、いいお酒だね♪」チビチビ

私と凛ちゃんはもう慣れたもので、どんどんお酒を飲み進めていきます。
そんな私たちを見て、まだお酒に口を付けられずにいた真姫ちゃんも興味を持ったみたいで・・・。

真姫「そんなに美味しいの?」

花陽「うん!真姫ちゃんも飲んでみて」

真姫「ええ・・・」チビリ

私に促されて恐る恐るグラスに口を付ける真姫ちゃんを、凛ちゃんと二人で固唾を飲んで見守ります。

凛「・・・」ドキドキ

花陽「・・・」

真姫「おいしい・・・これ、本当に日本酒なの?」

その真姫ちゃんの言葉を聞いて、凛ちゃんの顔が一気に明るくなります。
美味しいって言ってもらえて、私も一安心・・・。
335: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:21:25.64 ID:2eKguX1V.net
凛「ね?ね?凛の言ったとおりだったでしょ?」

真姫「あぁもう!クッツカナイデ!わかった、わかったから!私が悪かったわよ!」

グラスを持ったまま飛びつく凛ちゃんに、お酒が零れないように注意しながら凛ちゃんを引き剥がそうとする真姫ちゃん・・・
二人とも器用なことするなぁ・・・。

真姫「でも、本当においしい・・・こんな日本酒があるなんて思わなかったわ。甘くてフルーティーで、まるで果実酒みたいじゃない」

花陽「それがこのお酒『花陽浴 純米吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒』の特徴なんだ。フルーティーで甘酸っぱく、後味も悪くない・・・それこそ果実酒のような日本酒だね」

真姫「へぇ、名前に花陽って入ってるお酒なのね」チビリ

凛「・・・このかよちんの甘酸っぱさを知ってしまったら、真姫ちゃんももう離れられないね・・・」

真姫「凛・・・なんだか違う意味に聞こえるわ・・・」
336: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:27:36.60 ID:2eKguX1V.net
~~~~~~

真姫ちゃんも花陽浴を気に入ってくれたようで、それから私たちは望遠鏡を覗いたり、星座の解説を聞いたりしながら、のんびりとお酒を飲んでいました・・・。

凛「ねえ真姫ちゃん、凛たちの星座って今は見えないの?」チビチビ

真姫「ええと・・・花陽は確かやぎ座よね?」

花陽「うん、そうだよ」チビリ

真姫「私はおひつじ座だし・・・二人とも秋の星座だから、もう沈んじゃってるわね。今見えてるのは春と冬の星座だもの」チビチビ

今見えているのは、東に春の星座、西に冬の星座・・・秋の星座にあたる私と真姫ちゃんの星座は見えません。

真姫「でも、凛はさそり座でしょ?さそり座ならこれから昇ってくるわ」

凛「ほんとにっ?」

真姫「ええ、今は火星がアンタレスの近くにあるから見ごたえも抜群ね。でも・・・」


花陽「でも・・・?」

そこでなぜか真姫ちゃんが口ごもります。
どうしたんだろう・・・?
337: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:28:27.60 ID:2eKguX1V.net
真姫「見えるの・・・明け方なの。私そんなにお酒強くないし、もう眠くって・・・耐えられそうにないわ」

凛「えぇ!?真姫ちゃんもう眠くなっちゃったの!?」

真姫「し、仕方ないでしょ!お酒なんて滅多に飲まないんだからっ!」

花陽「真姫ちゃんが眠いなら、もうお開きにしようか?まだ外は寒いし、もしこのまま寝ちゃったりしたら風邪引いちゃいそうだから」

真姫「ごめんなさい・・・。でも、今日は本当にありがとう。三人で星を見れて楽しかったし・・・お酒も美味しかったわ」

花陽「真姫ちゃん・・・」

凛「素直な真姫ちゃんもかわいいにゃ~!」

真姫「ちょっと凛!だからくっつかないでって言ってるでしょ!」

それから三人で望遠鏡とお酒を片付けて、今日の星見会はお開きになりました。

室内に戻ってからは「今日は三人で寝るの!」と言い張る凛ちゃんに真姫ちゃんが根負けして、合宿の時みたいにリビングでお布団を敷いて寝ることになりました。
三人並んで、暗い天井を眺めながら「今度はみんなの星座が見える、夏に星見をしよう」と、約束したのでした。
338: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:30:26.04 ID:2eKguX1V.net
~~~~~~

凛「ん・・・あれ・・・?ここは・・・」

目を覚ますと視界には見慣れない景色が広がっていた。
ああ、そうだ。昨日は真姫ちゃんの別荘で星見会をして、そのまま泊まったんだっけ・・・。

真姫「すぅ・・・すぅ・・・」

凛「ふふ、真姫ちゃん気持ち良さそうに寝てる・・・」

右隣に目をやると、真姫ちゃんが気持ち良さそうに寝息を立てていた。
時計の針は午前三時。

凛「お水でも飲んでから、もう一眠り・・・って、あれ?」

そこで違和感を感じて、周りを見回してみた。
けれど、この部屋にいるのは凛と真姫ちゃんだけで・・・。

凛「・・・かよちんは?」

そう、かよちんだけが、この部屋にはいなかった。
339: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:37:55.78 ID:2eKguX1V.net
ガチャッ!

凛「・・・やっぱりここにいたんだね」

花陽「凛ちゃん・・・ちょっと早いけど、おはよう」

やってきたのは、つい数時間前まで三人で星見をしていた屋上。
そこでかよちんは、一人星を眺めながらお酒を飲んでいた。
キッチンにかよちんがいなくて、冷蔵庫から花陽浴がなくなっているのに気付いた時から、ここにいるって確信してたんだ。

凛「ずるいよ、一人だけでお酒を飲むなんて」

花陽「えへへ、ごめんね。凛ちゃんも飲む?」

星明りに照らされたかよちんが、凛にそう問いかける。
かよちんがここにいるってわかったときから、そのつもりで来たんだもん。
なら答えは決まってる・・・。

凛「もちろん!」

真姫ちゃんには悪いけど、二人だけの延長戦の始まりだにゃ。
340: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:45:47.88 ID:2eKguX1V.net
花陽「かんぱい」

凛「うん、かんぱい」

かよちんにお酒を注いでもらって、二人で乾杯。
温度のせいだろうか、口にしたお酒は三人で飲んだ時よりも甘く感じられた。

花陽「ありがとう、凛ちゃん。やっぱり一人で飲むよりも、二人で飲んだほうが美味しいね」

凛「そ、それはよかったにゃ・・・」チビリ

星明りに照らされながら、そう言って微笑むかよちんの笑顔があまりに可愛くて・・・凛は直視できなかった。
暗いからわからないだろうけど、きっと今の凛の顔はリンゴみたいに真っ赤だと思う。

凛「・・・ねえ、かよちんはどの星座を見てたの?」

いわば今の凛はアウェイで戦うスポーツ選手と同じ・・・このままのペースじゃまずい。
そう思って、話題を変える質問をしたはずなんだけど・・・。

花陽「凛ちゃんの星座を見てたんだ。真姫ちゃんが明け方になれば見えるって言ってたから・・・」

凛「・・・」

こんな返し方・・・反則だよ・・・。
342: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:56:41.41 ID:2eKguX1V.net
花陽「あそこに赤い星が見えるでしょ?上に見えるのが火星で、下に見えるのがアンタレス。アンタレスを中心に星を結んでいけば・・・凛ちゃんのさそり座だよ」

凛「へ、へぇ・・・そうなんだ・・・」チビリ

花陽「せっかくこんな星が綺麗に見えるところに来てるんだもん・・・凛ちゃんの星座だけでも、見ておきたかったんだ」チビリ

凛「そっか・・・」

こっちの気も知らないで、かよちんはお酒を飲みながら平然とそんなことを言う・・・。
この流れで、好きだって言えたらどんなに楽だろう?
・・・でも言えない。お花見の時もそうだった。
海未ちゃんや希ちゃんのことをバカにできないくらい、凛はヘタレなんだ・・・。
343: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 17:03:31.87 ID:2eKguX1V.net
そんな時、さそり座のすぐ脇を一筋の光がはしった。

花陽「あっ!流れ星!」

凛「!!」

流れ星は一瞬だけ強く輝いて・・・そして余韻のような白い痕を残して消えていった・・・。

花陽「あ・・・もう消えちゃった・・・。ねぇ、凛ちゃんは願い事できた?」

凛「できた・・・」

反射神経の良さのおかげかな?
願い事は出来たんだけど・・・。
344: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 17:08:02.34 ID:2eKguX1V.net
花陽「ほんとに!?さすが凛ちゃん!ねぇ、何てお願いしたの?」

興奮気味に詰め寄って来るかよちん。
その勢いに動揺しちゃって、つい口からは言葉が出ちゃっていて・・・。

凛「・・・言えますように・・・って」

花陽「・・・え?」

凛「今年こそは・・・言えますように・・・って」

花陽「言えますようにって・・・何を?」

凛「・・・かよちんには秘密」

花陽「え~、教えてよ~」

凛「・・・絶対やだ」

花陽「凛ちゃんのケチ・・・」

そう言いながらかよちんはほっぺたを膨らませてみせる。
そんなことされても、言えないものは、言えないよ・・・。

でも、今は言えないけど、いつかきっと・・・。
胸の内でそう決意しながら、凛たちの夜はすぎていくのでした・・・。
345: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 17:08:39.28 ID:2eKguX1V.net
これで終わりになります。
お目汚し失礼しました。
こんな文章を読んでくださってありがとうございます。
227: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 17:07:06.07 ID:iF4jb5qF.net
乙です!
今まで紹介してきた日本酒まとめてほしくなるな

※ このレスに対して作者さんが取り上げたお酒をまとめられています(管理人)
237: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:25:41.42 ID:1jg73NnX.net
まとめました。


日本酒

辛口
北雪 超大辛口清酒
土佐鶴 特別本醸造 超辛口
大信州 純米吟醸 超辛口
くどき上手 黒ばくれん
越乃景虎 超辛口
花泉 本醸造 辛口
人気一 ウルトラマン基金 純米総攻撃
秀鳳 特別純米 美山錦 超辛口
千代寿 大虎 大辛口純米
夏子物語 吟醸
238: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:26:32.48 ID:1jg73NnX.net
普通
奥の松 特別純米
凛 生原酒
まんさくの花 特別純米
醸し人九平次 human 純米大吟醸 2014
五凛 山田錦 純米酒(火入れ)
獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分
十四代 中取り 純米吟醸 愛山
出羽桜 桜花吟醸 さらさらにごり
越乃景虎 本醸造 にごり酒
玉乃光 酒魂 純米吟醸
腰古井 米香る純米 呑呑 無濾過生原酒
ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり
239: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:27:05.99 ID:1jg73NnX.net
やや甘口~甘口
花陽浴 純米吟醸 さけ武蔵(火入れ)
花陽浴 純米吟醸 八反錦 おりがらみ
花陽浴 純米吟醸 八反錦 瓶囲無濾過生原酒
花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ
花陽浴 純米大吟醸 美山錦 瓶囲無濾過生原酒
花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒
花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過生原酒
花陽浴 純米大吟醸 山田錦 おりがらみ
正雪 純米吟醸
正雪 純米大吟醸 吟ぎんが 生原酒
雪ほのか 純米吟醸 初しぼり 無濾過本生 おりがらみ
上善如水 純米 白こうじ
賀茂鶴 純米吟醸 にごり(火入れ)
新政 貴醸酒 陽乃鳥
尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり
天弓 純米吟醸 桜雨
射美 WHITE
十四代 角新 純米吟醸 本生
八海山 貴醸酒 2014
240: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:28:08.59 ID:1jg73NnX.net
ウイスキー
I.W.ハーパー
ニッカ フロム・ザ・バレル

ビール
キリン 一番搾り とれたてホップ
御殿場高原ビール ヴァイツェン
箕面ビール ゆずホ和イト

焼酎
島美人 原酒 35度
241: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 18:31:16.35 ID:1jg73NnX.net
普通~やや甘口の境は曖昧です・・・。たぶん日によって変わります。

すみませんが、明日はお休みをいただきます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽(26)「春のはなよ酒」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。