にこ「もうひとりじゃないよ」

シェアする

にこ-アイキャッチ37
1: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:09:19.05 ID:kr2ZOSfj0
おはようございます
かるーく。多分日付変わる頃には終わってます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407571749

元スレ: にこ「もうひとりじゃないよ」

スポンサーリンク
2: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:11:20.73 ID:kr2ZOSfj0


にこ「……メンバーの様子がおかしい?」

希「うん」

凛「どうすればいいかにゃー」

にこ「わざわざにこのこと迎えにきてそれ? …まあ聞いてあげるわ」


にこ「で、どうおかしいわけ?」

希「1、ことりちゃんが鳥になった」

にこ「……」



にこ「は?」

 
3: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:21:52.88 ID:kr2ZOSfj0


にこ「…1、ってことは当然2もあるのよね……頭痛が痛いわ」

希「もちろん、2以降もまだまだあるよ。あと馬から落馬するのはよしとこ、な?」

にこ「はあ…」

希「その2、海未ちゃんが田んぼになった」

にこ「いやいやおかしくない?」

凛「おかしくないよ、さっきまでかよちんが興奮してたもん」

にこ「…海未に興奮する花陽なんて想像できないけど」

凛「凛はこっちのかよちんも好きにゃー」


にこ「…あれ? 言われてみれば、花陽の姿も見えないわね…」キョロ

凛「それが3つ目だよ! かよちんは花になったにゃー」

希「あー! 凛ちゃんそれうちの台詞やん」

凛「あっ、うっかりしてた…」


にこ「……ハナニナッチャッタノォ?」

 
5: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:25:40.46 ID:kr2ZOSfj0


にこ「こうなってくると先の展開も読めてきたわ…」ハァ

希「お、にこっち言ってみ?」

にこ「絵里が絵になって真姫ちゃんは木、穂乃果が…あら? 穂乃果は何かしら」

凛「それが…穂乃果ちゃんだけ見当たらなくて、何になったのかはわからないの」

にこ「ふーん…」

にこ「……」

にこ「とりあえず、皆部室にいるんでしょ? 行ってみましょ」

 
6: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:31:51.76 ID:kr2ZOSfj0
 

にこ「……」


鳥「・8・」
田「サイテイデス…」
花「ダレカタスケテー」
絵「ハラショー」
木「イミワカンナイ」


にこ「これは…中々にシュールな光景ね」

にこ「部室っていうか…自然みたいになってるわ、謎の草とか生えてるし」

凛「部室緑化運動にゃー」

希「部室緑化運動やね」


にこ「…マグマ団アクア団的な?」

田「チョット サムクナイデスカ…」

凛「トラナイデ」

木「トラナイデ!!」

 
7: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:37:27.19 ID:kr2ZOSfj0
 

にこ「ところで、なんであんたたちだけ変わりないのよ」

希「だってうちスピリチュアルやし」

花「ス゛ヒ゛リ゛チ゛ュア゛ル゛ナ゛ノ゛ォ!?」

凛「だってもし凛が変わったらお星様になっちゃうにゃー」

花「ホ゛シ゛ニ゛ナ゛ッチ゛ャウ゛ノ゛ォ!?」

にこ「はぁ…なんでにこは矢にならないのかしら…」

花「ヤ゛ニ゛ナ゛ッチ゛ャウ゛ノ゛ォ!?」


にこ「……ん? この花…じゃないわ、花陽? しゃべってない?」

凛「お花が喋るわけないにゃ」

花「リ゛ン゛チ゛ャン゛キ゛コ゛エ゛ナ゛イ゛ノ゛ォ!?」

にこ「…聞こえてないみたいね」

希「うわあ…にこっち、とうとう花に話しかけるまで馬鹿になってしまったん……?」

花「ニ゛コ゛チ゛ャン゛ハ゛カ゛タ゛ッタ゛ノ゛ォ!?」


にこ「……花陽、引っこ抜くわよ?」

花「ヴェェ」

木「トラナイデ」

 
8: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 17:46:47.39 ID:kr2ZOSfj0


にこ「作戦会議よ!!」バンッ

アルパカ「せやな」


にこ「……なんでアルパカがいるのかしら」

希「ん? なんでもなにもアルパカは10人目のメンバーやろ?」

凛「そうだよ!にこちゃん酷いにゃー…ね、パカさん!」

アルパカ「メェ~」スリスリ

希「うーん、パカちは可愛いなあ」ナデナデ

にこ「あのー…アルパカさーん……?」


アルパカ「あん?」

にこ「」

 
 
12: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 21:47:20.85 ID:kr2ZOSfj0


にこ「(おかしい…)」

凛「希ちゃーん、凛星になりたくないにゃー!」

にこ「(凛が眼鏡をかけている…いつの間に…)」

希「よしよし、凛ちゃん大丈夫やよー」ナデナデ

にこ「(希が青いリボンをつけている…え?青いリボン? 緑じゃなくて?)」


希「スピリチュアルなんて時代遅れや、今はデータの時代なんよ!」カタカタ

凛「お魚さんおいしいにゃー!」trtr


にこ「!?」

希「凛ちゃん凛ちゃん、お魚さん飲み込むときは頭からじゃないと引っかかってまうってデータも言っとるよ」ッターン

アルパカ「ちくわ神田大明神」

凛「そうするわん」ゴクン

にこ「はぁ!?」

 
13: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 21:49:57.84 ID:kr2ZOSfj0


にこ「(やっぱりおかしい……)」

にこ「(…待って、何も起こってないのってもしかしてにこだけ…?)」

にこ「(絶対におかしいわ……)」キュッ

にこ「ん? 誰かがにこの服掴んで――」チラッ


希「なあ、にこしぇんぱい…しゃくせんかいぎ、まだはじめないん?」ロリーン

絵「ハッルルルァショー」

にこ「は、はぁっ!? 希、あんたなんで小学生に…さっきまで高校生だったじゃない」

凛「そうにゃ、早くしないと肩こっちゃうにゃ」ボイーン

にこ「ってなんで凛の胸がでっかくなってんのよ!!まさか身長まで伸びて…」


にこ「……」チラッ

にこ「」ペターン


アルパカ「プッ」ボイーン

凛「……」ボイーン

希「?」ポユーン

凛「……小学生なのに希ちゃんの方があるにゃー」ボイーン

希「えへへ…りんちゃーすき!」ダキッ

にこ「二人とも!! 分けなさい!!!」

木「ヴェ、ベツニ ワケテアゲテモイイケド…」コエダクルクル

にこ「あんたじゃないっ!」

木「ヴェェ」

 
14: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 21:54:36.28 ID:kr2ZOSfj0

~~~~~~~~~~~

にこ「ただいまー」ガチャ

にこ「ふぅ、すっきりし……た?」

星「」シャカシャカ
條「ハーイプシュッ」

絵「イタダキマシタァー」
木「イミワカンナイ!」
田「マキ アナタハ サイテイデスッ!!」
木「ヴェェ モットイミワカンナイ」
花「ケンカハ ダメダヨォ」
鳥「(・8・)チュン」

にこ「…お手洗いから帰ってきたらこの有様なんてね」

にこ「…とうとう凛は星になっちゃったのね……といっても飾りだけど」

にこ「真姫…じゃないや、真木ちゃんのてっぺんについてるけど…」

木「イミワカンナイ」
星「…チョットサムクナイカニャー」

にこ「…あれ、凛はクリスマスツリーのつもりなのかしら?」


にこ「……で、希は枝みたいな感じになって真木ちゃんにくっついた」

にこ「真姫ちゃんモテモテね…」

木「イミワカンナイ」コエダクルクル

にこ「東でも希でもないなら東條の條になったのかしら」

にこ「馬鹿だから條がどういう意味かわからないけど…きっと枝ってことよね、うん」

條「スピリチュアルヤネ」


にこ「ま、これでここに残ってるのはにこだけね……」

にこ「怪しいのは――穂乃果」

にこ「家に帰ってるのかしら」

にこ「…いや、家に行くのはとりあえず校内回ってからね」


にこ「やっぱり屋上、かな」

 
15: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 21:58:29.95 ID:kr2ZOSfj0


ガチャ


にこ「……!」


にこ「…穂乃果」

穂乃果「……こんにちは、にこちゃん」

穂乃果「そんな怖い顔しちゃ可愛い顔が台無しだよ?」

穂乃果「でも、まさかあなたがここまで嗅ぎつけるなんてね…」

穂乃果「にこちゃんも矢にしちゃえば…いや、それだと本末転倒かな?」


にこ「穂乃果…なの?」

穂乃果?「さあ…どうだろうね」

にこ「…皆を元に戻して」

穂乃果?「……あははっ」

にこ「何よ」


穂乃果?「…元々、にこちゃんが望んだことなんだよ?」

 
16: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:03:27.33 ID:kr2ZOSfj0


にこ「……なんですって?」

穂乃果「えー…それでは説明いたしましょう、コホン」


穂乃果「…矢澤にこ。あなたは自分に強い劣等感を抱いている」

にこ「……っ」

穂乃果?「穂乃果たちと出会ったことで…その思いは増大していった」


穂乃果?「『本当はにこがセンターやりたいのに』」

穂乃果?「『ここのソロはにこが歌いたかったのに』」


にこ「……」


穂乃果?「…でも!」

にこ「」ビクッ


穂乃果?「『にこはあの子たちほど輝けない……!』」

穂乃果?「『何の取り柄もない!!』」

穂乃果?「『胸も! 身長も! 頭の良さも! 何もかもが劣っている…』」

穂乃果?「『ただの口先ばかりで嫌な奴だ……!!』」


にこ「言わせておけば……」グッ

穂乃果?「…まあ、待ってよ」

にこ「……」


穂乃果?「『だから…仕方ないよね、センターなんて取れなくても』」

穂乃果?「『にこは悪くなんてないわ』」


穂乃果?「いつだってそう、自己を正当化してきた……」

穂乃果?「若しくは――ふふっ、こうも思ってたんじゃない?」

にこ「……」

 
17: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:05:42.13 ID:kr2ZOSfj0
 

『 みんな なんて いなければ いい のに 』

 
18: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:11:05.64 ID:kr2ZOSfj0


にこ「…はぁっ!? ッあんたねえ、言っていいことと悪いことがっ」


穂乃果?「……思ったこと、あるよね――?」

にこ「……!」


穂乃果?「そういえばさっきも言ってたよね」

穂乃果?「『馬鹿だからわからない』とか」

穂乃果?「『なんで凛の胸が』とか。劣等感の塊だよ、それ」


穂乃果?「ねえ…さっきも、ちょっとだけでもそういうこと思ったんじゃない? 違う?」

にこ「…そんなこと」

穂乃果?「……だから、叶えてあげたんだよ? 全部にこちゃんのためなんだよ……?」

穂乃果?「どうしてかはわからないけど、皆を消すことまではできなかったから…にこちゃんが輝けるように、にこちゃんの憎悪を動かすように…他の皆をちぐはぐにしたんだ」

にこ「…意味……わかんない」

にこ「そんなこと、私は求めてないわ……」

穂乃果?「ふふふふ…本当にそうかな?」

にこ「……ええ、そうよ…本当に、求めてなんか――」


穂乃果?「…求めてなんか?」

にこ「……」

穂乃果?「ふふ……」

 
19: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:13:17.11 ID:kr2ZOSfj0


にこ「…いや」


にこ「……ダメよ、耳を傾けちゃ…!」

にこ「スーパーアイドルは簡単に流されちゃダメなの!!」

穂乃果?「……くっ」


にこ「あんた、誰なのよ! あんたなんて穂乃果じゃない!」


にこ「答えなさい! 穂乃果をどこにやったの!?」

 
20: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:16:21.00 ID:kr2ZOSfj0


穂乃果?「やっぱり…最高に馬鹿だよ、にこちゃん」

にこ「ふん、好きなだけいいなさい」

穂乃果?「私が誰なのか――」


穂乃果?「まだわからない?“にこ”」ザ


にこ「……!?」


穂乃??「」ザザッ

穂???「」ザザ、ザ…

????「――」ザザ スッ


にこ「……!」

にこ「…そのポーズは」


????「すーっ……」

 
21: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:20:04.12 ID:kr2ZOSfj0


????「×っ××っ××ー!」ザ


????「あなたのハートに×××××ー!」ザザ


×??「笑顔届ける矢澤××××!」ザッ


に×?「に×にー、って覚えてぇ……!」ザァッ...!



にこ「あんた、は……!」



にこ?「ラブにこっ!」

 
 
22: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:21:50.93 ID:kr2ZOSfj0


にこ「わたし……なの?」

にこ?「ふん、そうよ――」

にこ?「私こそスーパーアイドル、矢澤にこにーよ!」


にこ「……そう、だったのね」

にこ?「……」

にこ?「なんでよっ…」

にこ?「なんであんたは冷静にいられるの!?」

にこ?「あなたは悔しくないの!? ずっと…ずっと悔し――」


ギュッ


にこ?「……っ!」

 
23: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:24:11.76 ID:kr2ZOSfj0


にこ「…あなたに押し付けてばかりだった……?」

にこ?「……」

にこ「ごめんね…」ギュ


にこ?「……別に、泣きたくなんかっ」

にこ?「アイドルは人を笑顔にする仕事だからっ……」

にこ?「人前じゃ…泣いちゃいけない、のっ…」ジワ

にこ「……変なところで似てるわね…って、あんたもにこなんだから当然ね」

にこ「…大丈夫よ、私はあなただから――」ナデナデ


にこ「もうひとりじゃないよ」

にこ?「…うんっ……」ポロポロ

 
24: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:26:55.68 ID:kr2ZOSfj0


にこ「それにしても、なんで穂乃果の真似なんて……」

にこ?「……私ならわかるでしょ」

にこ「ああ――そっか、そうね…」



にこ「…穂乃果みたいになりたかったの?」ニコッ

にこ?「……なんで言葉に出すのよ」ジワ

にこ「ん」ギュ


にこ?「にこって、ほんと馬鹿ね」

にこ?「馬鹿でアホで救いようがなくて……すごく、優しくてお人よし」

にこ「……」ナデナデ

にこ?「アイドルが一日に二回も人に涙を見せるだなんて…馬鹿みたい」グス

にこ「私はあんたなんだからそれはなし、って言ったでしょ」

にこ?「……うん」


にこ「…ねえ。なんで、皆を消せなかったのかわかる?」

にこ?「うん…今ではわかる」

にこ「そっか」

にこ「えらいえらい。よく頑張ったわね」ナデナデ

 
25: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:28:05.09 ID:kr2ZOSfj0


にこ?「……」

にこ?「こんなことして…本当にごめんなさい」

にこ「いいのよ、もう終わったことだし」

にこ「(終わったっていっても…皆を元に戻さないと)」


にこ?「皆なら戻るわよ、すぐに」

にこ「あら、声にださなくてもわかるのね」

にこ?「…私はあんた、なんでしょ?」ニッ

にこ「ふふ…その通りね。やっぱりにこには笑顔が似合うわ」


にこ?「次に皆と会うときには全部元通りのはずよ」

にこ「ありがとう…それにしてもいつの間にそんな力を身につけたのかしら」

にこ?「ふふん、そんなの当然よ」


にこ?「だってこれは――」

 
26: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:31:06.70 ID:kr2ZOSfj0


(・8・)チュン チュン


にこ「……ん」

にこ「…ん~っ」ノビーッ

にこ「あら……朝?」

にこ「なんだか随分長い夢を見てた気がするわね…目覚めが悪くないからいいけど」


ドタドタ


にこ「ん?」

こころあ「にこにー!! おはよう!」

にこ「おはよう! こころ、ここあ」ニコ


にこ「さて、今日は朝練があったわね…あ、ママったらご飯炊き忘れてるじゃない」パカ

にこ「こころたちのお弁当作らなきゃ……えっと…スマホスマホ」

にこ「『妹たちのお弁当作るから少し遅れるわ、ごめん』っと……」

にこ「あ、既読ついた。…ファイトだよ? 穂乃果らしいわね」クス


こころあ「にこにー、お友達?」

にこ「!」

にこ「ええ、にこの大切なお友達よ」

 
27: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:33:21.22 ID:kr2ZOSfj0

~~~~~~~~~~~

にこ「それにしてもあっついわね…」

にこ「こんな中屋上で練習なんて…焼けて焼けて仕方ないわ……」ガチャ

にこ「おはよー」


「あ、にこちゃーん!おっはよーう」
「おはようございます」
「おはよ、にこちゃん」
「おはようにゃー!」
「お、おはようございますっ」
「にこっち、おはよーさん!」
「おはよう、にこ。今休憩中だからちょっと待っててね」


にこ「ええ、わかったわ」

穂乃果「あっ、にこちゃんにこちゃん!」モギュー

にこ「もーっ何よ!」グイ


穂乃果「穂乃果ね! 夢ににこちゃんが出てきたんだ!」

 
28: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:36:03.92 ID:kr2ZOSfj0


にこ「穂乃果の夢に……にこが?」

穂乃果「うん! 海未ちゃんとことりちゃんはよく出てくるんだけど…夢の中で誰かと二人きりなんて初めてだったから言いたくなっちゃった」アハハ


穂乃果「それでね…なんだかにこちゃん、夢の中で元気がなさそうで…」

にこ「元気がなさそうだった…?」


にこ「(何か…忘れている……?)」

にこ「……」

にこ「(そういえばここ……)」

にこ「(夢でも来た……?)」


絵里「それじゃ、再開するわよー」

穂乃果「わっ、休憩終わりだって! えーっとえーっと」


エーマダカヨチンガー オコメオイシイデスッ ハーイ キビシクイキマスヨー!! ヴェェノゾミ、ニゲナイデ!


海未「穂乃果、にこー? もう始めますよー!」


穂乃果「うーん……そうだ!」

にこ「?」


ギュ


にこ「……!」

 
29: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:39:47.68 ID:kr2ZOSfj0


穂乃果「手を繋ごうねっ元気をー♪ わーけーてーあーげるーっ♪」


穂乃果「…うんっ!」

穂乃果「ファイトだよっ!」


にこ「…穂乃果……」

穂乃果「セイッファイトだよっ!」

にこ「ふ、ファイトだよっ!」


穂乃果「……ふふ、元気出た?」ニコ

にこ「……ええ、とっても元気が出たわ」ニッ

にこ「っというわけでぇ、にっこにっこにー! あなたのハートn」


穂乃果「っさあ練習だよ! 行こうにこちゃん!」ダッ

にこ「わわっ引っ張らないでってばー!」タタッ


真姫「やっと来たわね」

凛「二人とも遅いよーっ!」

穂乃果「あはは、ごめんごめん」

 
30: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:46:07.77 ID:kr2ZOSfj0


海未「全くもう…二人で何を話し込んでいたんです?」

穂乃果「えへへ…それはねー…」


穂乃果「秘密だよっ! ねっ、にこちゃん!」

にこ「そうね、穂乃果! ファイトだよっ!」

穂乃果「そうだよ、ファイトだよっ!!」

凛「イミワカンナイ!」カミノケクルクル

真姫「もう、凛ったらー…トラナイデ!!」

凛「オコトワリシマス」

穂乃果「ふふ…あははっ!」




にこ「(ありがとう…穂乃果、皆……。そして――)」



にこ「(もう一人の、私)」


にこ「さあ、練習するわよーっ!!」









(・8・)チュン?



にこ「もうひとりじゃないよ」
おわり

 
31: ◆OTT84849OQ 2014/08/09(土) 22:56:27.17 ID:kr2ZOSfj0
 
誤字やお見苦しい点がありましたらごめんなさい。
にこにこってあまり見ませんが面白そうだなあと
数百年後とかになりそうですが他もいつか書けたらいいな

それではお疲れ様でした。そしてありがとうございます。ヨキニハカラエ ダスビダーニャ!
 

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「もうひとりじゃないよ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「もうひとりじゃないよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。