希「2人きりのHappyBirthday」

シェアする

希-アイキャッチ1
1: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 22:53:24.51 ID:lPKev9iG0
真姫ちゃん誕生日ss
のぞまきです
なんとか今日中に……やらないと!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429451604

元スレ: 希「2人きりのHappyBirthday」

スポンサーリンク
2: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 22:54:30.00 ID:lPKev9iG0

~部室~

希「ねえねええりちー?」

絵里「どうしたの?」

希「今度真姫ちゃんの誕生日やん?」

絵里「そうねぇ~希は真姫と過ごすの?」

希「な、なんでそうなるん///」

絵里「だって希、真姫の事大好きなんでしょ?」

希「うぅ………ちがうちがう!そうや無くて///」

希「プレゼントやて!………どんなのがいいんかな?」

絵里「うーん……………ペアルック?」

希「えりち!///」
3: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 22:55:21.24 ID:lPKev9iG0

~部室前~

真姫「聞いちゃったわ…………」コソコソ

真姫「誕生日…………」

真姫「……じゃなくて!希が私の事……///」

凛「真姫ちゃんの事…なんにゃ?」

真姫「え?……う゛えぇぇぇ?!」ビクッ

凛「にゃにゃ?!真姫ちゃん大丈夫?」

真姫「なんでいきなり出てくるのよ!」

凛「真姫ちゃんが1人でぶつぶつ言ってたから……」

真姫「なっ……何でもない!」スタスタ

凛「真姫ちゃーんどこいくのー?」

真姫「音楽室!」

凛「真姫ちゃんなんか怒ってるにゃ?」

4: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 22:56:36.10 ID:lPKev9iG0

真姫「希が私の事………好き??」

真姫「誕生日……希と………」

真姫「あぁもう!どうしろって言うのよ!」

真姫「希と顔合わせらんないじゃない…///」


花陽「真姫ちゃん大丈夫?」ピョコッ

真姫「う゛ぇぇぇ!…って花陽じゃない…」

花陽「びっくりさせちゃってごめんね?」

真姫「ほんとよ……凛もだけど、なんで普通に声かけないの?」

花陽「いやー……真姫ちゃんがぼけっとしてただけだからね?」

真姫「……!………私そんなに?」

花陽「うん。凛ちゃんも言ってたよ」

真姫「なんか…ごめん…」

花陽「あやまらないでいいけど……なにかあった?……朝はなんとも無かったよね?」
5: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 22:57:36.45 ID:lPKev9iG0

真姫「えっと………」

花陽「希ちゃん?」

真姫「なっ……!なんで希が出てくるのよ!」

花陽「真姫ちゃん、さっき独り言でいってたよ?」

真姫「いゃっ……その………別に!」

花陽「あっ、希ちゃん!」ユビサシ

真姫「う゛ぇっ?!どこ?!」キョロキョロ

花陽「へへっ……………」

真姫「はっ……!あんた………………!」

花陽「私には話してくれない?」

真姫「えっ………」

花陽「真姫ちゃんは大切な友達だから……私は友達の力になってあげたい」
6: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 22:58:28.40 ID:lPKev9iG0

真姫「花陽………」

花陽「真姫ちゃん!」

真姫「……負けたわ」

花陽「…………へ?」

真姫「あんたは人が良すぎるわよ」

花陽「そ、そんなこと……」

真姫「あるわよ。ねぇ花陽」

花陽「なぁに?」  


真姫「相談があるから……聞いてくれない?」


花陽「真姫ちゃん!………もちろんだよ!」


7: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:37:00.75 ID:lPKev9iG0


真姫「その……相談っていうのは……」

花陽「うん」

真姫「えっと……その……」

花陽「落ち着いてね?」

真姫「だ、大丈夫……」

真姫「希と絵里の会話を聞いちゃったの」

花陽「話?」

真姫「えぇ……………」
8: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:41:07.30 ID:lPKev9iG0

───────────


希「今度真姫ちゃんの誕生日やん?」

絵里「そうねぇ~希は真姫と過ごすの?」

希「な、なんでそうなるん///」

絵里「だって希、真姫の事大好きなんでしょ?」


───────────


真姫「……って…………」

花陽「へぇ……………希ちゃんかぁ………」

真姫「でも女の子どうしなんて普通じゃないし…………ねぇ花陽……私、どうしたらいいのよ……」  

花陽「うん………って真姫ちゃんそこ気にしてたのぉ?!」

真姫「えっ?!ちがうの?!」
9: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:42:19.20 ID:lPKev9iG0

花陽「まさか真姫ちゃんがここまでなんて……」アキレタ…

真姫「むっ…………悪かったわね」

花陽「ここは女子校だよ?そういうのだって……ほら、海未ちゃんとか絵里ちゃんだって後輩から告白とかされてるじゃん」

真姫「それは…そうだけど…」

花陽「とにかくちゃんと希ちゃんの事をどう思ってるのか、考えないと」

真姫「希の事……」
10: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:43:03.78 ID:lPKev9iG0

花陽「じゃあ…希ちゃんの良いところとか、希ちゃんにしてもらって嬉しかったこととかをあげてみて?」

真姫「えっと………いつも素直になれない私に道を示してくれたのは希だったわ。穂乃果たちがライブをするって時も、合宿の時も………」

花陽「うん」

真姫「希はいつもみんなの事をよく見てて…自然に手助けしたりしてくれて…私も何度も助けられたわ」

真姫「それから……………」







真姫「………………これぐらいでいい?」

花陽「」ツカレタ…

真姫「花陽?」

花陽「うん。告白しよ?」
11: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:43:47.98 ID:lPKev9iG0

真姫「こっ、告白?!」

花陽「大好きなんでしょ?」

真姫「なっ!まだそんなこと言って無いじゃない!」

花陽「今の話誰が聞いてもそう言うと思うけど…」

真姫「希の良いところを言っただけよ!」

花陽「じゃあさ、もしも希ちゃんと付き合うことになったとして、2人で一緒に居るところを想像してみて」

真姫「今度は想像?………………………………」

真姫「…………………………」ソウゾウチュウ…

真姫「………………はっ!」

花陽「わかった?」

真姫「希って、やっぱスタイル良いわね///」

花陽「何想像したの……………」 

真姫「それから、膝枕がとっても気持ちよくて……それで………///」

花陽「付き合う前からノロケないで…………」
12: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:44:31.38 ID:lPKev9iG0

花陽「とにかく!希ちゃんの事どうおもってるのか、わかった?」

真姫「認めるわ…私は希の事が好き」

花陽「じゃあ気持ちを伝えないとね」

真姫「まって、でも希は私の誕生日に……」

花陽「じゃあそのときにちゃんと気持ちを伝えれば良いとおもうよ?」

真姫「…………分かったわ!」

花陽「がんばってね!」

真姫「花陽……ありがとう」

花陽「うんっ!またいつでも相談のるからね。友達だから!」


13: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:45:37.46 ID:lPKev9iG0

~昼休み~


凛「かよちん、真姫ちゃん!お昼は凛抜けるね!じゃあ!」タタッ

真姫「あっ…凛」

花陽「凛ちゃん忙しいんだね…」

真姫「どうせ呼び出しとかでしょ?」ヤレヤレ

花陽「あはは……………」

真姫「それより花陽!あの………実は……」

花陽「どうかしたの?」

真姫「希がまだ誘ってくれてないの」

花陽「誕生日?」

真姫「うん………もし私の勘違いだったらどうしよう?」

花陽「え?」

真姫「もし部室の前で聞いた話が…ただの聞き間違いで……」

花陽「真姫ちゃん……」

真姫「希にはまったくそんな気が無かったりしたら…」
14: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:46:08.85 ID:lPKev9iG0

花陽「真姫ちゃん、大丈夫だよ」

真姫「でも……」

花陽「とにかく自信持って!希ちゃんを信じて?」

真姫「分かった……ありがとう花陽」

花陽「うん。でも真姫ちゃんも自然に相談とかしてくれるようになったね♪」ウレシイ

真姫「えっ…………べ、べつに…」

花陽「それだけ信頼してくれてるって事だよね?」

真姫「べつに私は……」

花陽「ごめんね?そうだよね………」シュン…

真姫「えっ………?ち、違うの……いやっそうじゃなくて………あぁもう!そうよ!信頼してるの!これで良い?」アセアセ

花陽「ふふっ………真姫ちゃんありがとう♪」

真姫「あっ…あんたまたはめたわね」

花陽「真姫ちゃんがチョロいんだってー♪」

真姫「なっ…そんな事ないわよ!」

花陽「ほら!早くご飯食べないと!いただきまーす」

真姫「待ちなさいもう、何なのよ!」
15: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:46:55.15 ID:lPKev9iG0

~部室~


凛「希ちゃん!」

希「あれ?凛ちゃん」

凛「希ちゃんまだ誘って無いの?!」

希「え…えっと……なんの事なん?」

凛「とぼけても無駄にゃ!真姫ちゃんまだ誘ってないんでしょ?」

希「う……そうやね……」ズボシ……

凛「早くしないと先に予定入っちゃったらどうするにゃ?」

希「そうは言われても…ウチ、こういうの初めてなんよ」

凛「うーん……絵里ちゃんに聞いてみるかにゃ?」

絵里「まかせて!希!」ガチャッ!
16: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:47:35.53 ID:lPKev9iG0

凛「絵里ちゃん!」

希「え、えりち?なんでここに…」

絵里「希が困ってる気がしたから…じゃダメかしら?」

希「なんでわかるん……」

絵里「とにかく、希は今日中に真姫を誘うのよ」

希「そんないきなりは無理やって!」

凛「じゃあ誕生日は凛がラーメン屋に連れてくにゃ!」

希「凛ちゃん?!」

絵里「じゃあこういうのはどう?凛は今日の帰り道に真姫を誘う」
17: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:48:22.31 ID:lPKev9iG0

希「そ、そんなんあかんって!」

絵里「じゃあそれまでに誘えばいいじゃない?」

希「そんな………」

凛「凛も応援してるにゃ!」

絵里「そうだ。希、ちょっとカードに聞いてみたら?」

希「え?」

絵里「ほら、いつもやってるでしょ?」

希「でも……」

絵里「ほら、早く♪」

希「うん……………………」

希「…………………」シャッフルチュウ……

希「………///」ピラッ

絵里「え?希?」

凛「どうしたにゃ?」

希「真姫ちゃんに連絡せんと!」

凛「わわっ…急に自信たっぷりになったにゃ」

絵里「さっきまでのしおらしい希はどこいったのよ……?」

希「ふふっ……カードが…………カードがウチにそう告げるんやっ!!」バタッ!

凛「飛び出してったにゃ…」

絵里「どんなカードが出たのかしら?」

凛「うーん……わかんないにゃ!」

18: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:49:06.25 ID:lPKev9iG0

~放課後~

真姫「ねぇ…花陽…」

花陽「真姫ちゃん?」

真姫「希に誘われたわ」

花陽「誕生日?!」

真姫「今日の放課後」

花陽「まだなんだ……」

真姫「ねぇ、私おかしいとこない?」

花陽「おかしいとこ?」

真姫「希に会うのにふさわしい格好出来てる?」

花陽「ふさわしいって……いつもどおりで良いじゃん?」

真姫「でもそれで希に変なふうに思われたりしたら……」

花陽「今までは普通に会ってたんだから。いつも通りの真姫ちゃんが良いと思う」

真姫「花陽……わかった!普段の私で行ってくるわ!」タタッ…

19: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:49:53.32 ID:lPKev9iG0


花陽「ねぇねぇ凛ちゃん、真姫ちゃん達、うまくいったかなぁ?」

凛「うーん………希ちゃんなら大丈夫…のはずにゃ!」

花陽「それを聞いて心配になってきたよ……」

凛「あとは真姫ちゃんをラーメン屋に誘うだけにゃ!」

花陽「そうだね!あっ真姫ちゃん!」

凛「ほんとにゃ!真姫ちゃーん!真姫ちゃん真姫ちゃん!」ギューッ

真姫「・ぇぇぇ?!なっ…なにすんのよ!…はっ……………」

凛「真姫ちゃん?どうかしたのにゃ?」

真姫「えっ、何でもないわ……」

花陽「真姫ちゃん…………」シンパイ…

凛「それより!今度の日曜日ラーメン食べに行くにゃ!真姫ちゃんも来るでしょ?」

真姫「日曜日は…用事があるから無理ね………」

凛「どっか行くの?」

花陽「ちょ、凛ちゃん」

真姫「日曜日は…………………………」

凛「真姫ちゃん?」

真姫「いいえ、何でもないわ…はやく帰りましょ」

凛「にゃ?」
20: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:50:50.29 ID:lPKev9iG0

~夜~


真姫『もしもし?』

花陽「もしもし真姫ちゃん?夜遅くにごめんね?」

真姫『大丈夫よ。それより何かあった?』

花陽「うん、今日の帰り道の事……」

花陽「真姫ちゃんなにかあったの?」

真姫『べっ、別に……』

花陽「今日の真姫ちゃん、ずっと思いつめたような顔してた…」

真姫『そんな事………』

花陽「あるよね?」

真姫『……無くもないわ』

花陽「ふふっ……ちょっとは素直になってくれたね♪」

真姫『むぅ……………』

花陽「それで……希ちゃんとはどうだったの?」

真姫『誕生日に出かけないかって……』
21: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:51:37.28 ID:lPKev9iG0

花陽「ほんと?!良かったね!!」

真姫『それは……そうだけど…』

花陽「また何か不安だったり?」

真姫『うーん……そういう訳じゃ無いけど…私ってまわりにきつく当たっちゃったりするじゃない』

花陽「うん。そうだね」

真姫『ちょっとは否定してよ……まぁいいけど。それで今日も希にそっけない態度とっちゃったりして……』

花陽「でもちゃんと約束は出来たんだよね」

真姫『うん』

花陽「じゃあ良かったよ。それに希ちゃんだって真姫ちゃんとμ'sで今までやって来たんだから。真姫ちゃんの性格も分かってると思うよ?」

真姫『そっか………これで良かったのね』

花陽「うん!」

真姫『ありがと。花陽』



22: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:52:16.62 ID:lPKev9iG0




希『もしもし?』

凛「おめでとにゃー!!」

希『凛ちゃん?!突然どうしたん?』

凛「凛が真姫ちゃんの事誘ったらちゃんと断ってくれたよ!希ちゃん誘ったんだね!」

希『うん…………』

凛「希ちゃん?」

希『約束はしたんやけど……』

凛「?」

希『真姫ちゃんの返事がなんかそっけない気がしてな?なんか心配やったん』

凛「ん?……希ちゃん」

希『うん』

凛「それ………いつもの真姫ちゃんじゃないかにゃ?」

希『え……?』

凛「ほらー真姫ちゃん普段からそんな感じじゃん」

希『あ…………ほんとや……そうやん』

希『緊張しとったしな〜あはは…』

凛「これで解決にゃ!」

希『うん。ありがとな!』
23: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:52:58.55 ID:lPKev9iG0


~誕生日前日~


真姫「ついに明日ね」

真姫「えっと……服はこれで良いかしら?」

真姫「荷物は準備出来たし……」

真姫「集合場所はここだから…」

真姫「えっと…あとは………っと……」フラッ…

真姫「……………あれっ………体が………」

真姫「ちょっとはしゃぎすぎたわ…………ふぅ……明日も早いしそろそろ寝たほうがいいわね……」

24: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:53:38.13 ID:lPKev9iG0

~当日~


真姫母「真姫、今日は出かけるんでしょ?まだ起きなくていいの?


真姫「う…………うん………」

真姫母「って真姫?!どうしたのあなた!顔真っ赤よ?!」

真姫「大丈夫。心配しないで、ママ…………あれっ………」フラッ…

真姫母「真姫?!」

真姫「視界がっ………………うっ…………」バタッ…

真姫母「真姫!しっかりしなさい!真姫!」


25: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:54:16.53 ID:lPKev9iG0


真姫「う………うぅ…………あれ…………」

真姫母「目が覚めたのね」

真姫「あれ……私は……」

真姫母「ベッドから起き上がる時に倒れて気を失ってたのよ」

真姫「そうなの……ごめん」

真姫母「謝らなくてもいいわ。でも、風邪みたいだから、しばらく安静にしてなさい」

真姫「えっ……でも……今日は約束が…」

真姫母「医者の言うことは聞いときなさい。それにそんな状態で行ってもみんなに心配かけるでしょ?」

真姫「………そんな……」

真姫母「残念だけど……仕方がないわ」

真姫「………………」

真姫母「病院の方顔出してから、薬貰ってくるから。安静にしてるのよ」

真姫「うん…………」

真姫「はっ………!待ち合わせ時間………2時間も……」

真姫「嫌われた……もう終わりよ………何もかも」ナミダメ

26: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:55:13.61 ID:lPKev9iG0


~待ち合わせ場所~


希「うーん…真姫ちゃん遅いなぁ…」

希「もう2時間もたってるし……ウチ…思いを伝える前に振られたんかな……」

希「えりち今時間あるかな」



絵里『もしもし?』

希「えりち……ごめんな?」

絵里『希?いきなりどうしたのよ』

希「えりちもウチの為に協力してくれたのに……ウチ、振られてもうた…」

絵里『振られた?どういう事よ。真姫となにかあったの?』

希「真姫ちゃんがまだ来てないん」

絵里『来てないって、今一緒に出かけてるはずでしょ?』

希「うん……集合時間になっても真姫ちゃんが来んくて……2時間まったけど…………ウチわかったん…真姫ちゃんと一緒にいるのはウチじゃダメなんやて」

絵里『希……あんた馬鹿なの?!』

希「えりち酷いやん………ちょっとぐらい励ましてくれてもええのに」

絵里『あなたね……ずっと真姫の事見てきたんでしょ?だったら分かるはず。真姫は約束を破ったりしない』

希「それは分かってる!…………」

絵里『だったら真姫の家に行きなさい』

希「え?」

絵里『連絡もなく来ないってことは、何かあったって考えるのが普通じゃない』

希「あ……ほんとや……なんでこんな簡単事気づかんかったんやろ…」

絵里『でしょう?分かったなら早く行ってあげて』

希「うん!えりちありがと!」

27: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:55:55.85 ID:lPKev9iG0

~西木野家~

真姫「明日から学校もある…………練習もある……」

真姫「希……怒るわよね……」

真姫「もう2時間以上たってるし………」

真姫「ひっぐ………うぅ……あれ……涙が…止まらない………」

真姫「うっ………ぐずっ………希……希……………ごめん…」


希「真姫ちゃん!!」ガチャッ!

真姫「の………希…なんで……」

希「なんでやないって!真姫ちゃんが心配でたまらんかったん!」

真姫「でも…私は…!」

希「待ち合わせに来れんかったこと気にしてるんやろ?」

真姫「………私は希との約束を破ったの…私は最低よ……」

希「倒れたんはしょうがないことやろ?……気にせんでもええやん」

真姫「それでも、希を2時間以上待たせたのも事実……」

希「そうやね………でもそれを言うたら真姫ちゃんが風邪で倒れたのも事実やろ?」

真姫「…………希はなんで……なんで…こんな時にまで優しいのよぉ……うっ……ぐずっ……ひっぐ………」

希「真姫ちゃん、泣かんといてや………ほら、落ち着いて?」ギュッ


28: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:56:41.02 ID:lPKev9iG0


希「落ち着いた?」

真姫「ごめん………」

希「そういう時はありがとうでええんよ」

真姫「希……ありがとう」


希「ねぇ真姫ちゃん。ウチの話聞いてくれる?」

真姫「えぇ………」

希「ウチな?前からずっと真姫ちゃんの事好きだったんよ………」

真姫「だった……か……………………」

希「でも、真姫ちゃんが来んかったから……ウチ、振られたんやと勘違いして……真姫ちゃんの事諦めたつもりでいたん……えりちにいったら怒られてもうたけどな」

希「でもほんとは諦めてなんていなかった…ずっと好きやった人をそんな簡単に諦れる訳なかったん…」

真姫「希………」

希「だから正直、嬉しかったんよ。真姫ちゃんが風邪で倒れてるってしって……ウチはまだ嫌われて無いんやって分かったから」

真姫「嫌うなんてある訳ないじゃない!」
29: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:57:52.17 ID:lPKev9iG0

希「そっか。これでもう深く考える事はないね……真姫ちゃん…ウチは真姫ちゃんの事が大好きです。ずっと………ウチの隣にいて下さい!」

真姫「私で………いいの?」

希「ウチは真姫ちゃんがいい!真姫ちゃんじゃないとダメ!」

真姫「希にも沢山迷惑かけてるのに?」

希「そういうのもひっくるめて、真姫ちゃんが好き」

真姫「希……ありがとう…」

希「答え聞いてもいい?真姫ちゃんの思ってること正直に話して欲しい」

真姫「そんなのずっと前から決まってた……私は…私も………希の事が大好きです。私をあなたの隣に居させて下さい!」

希「真姫ちゃん!!」

真姫「私ね……花陽に言われて最近気がついたの…好きって気持ちが何か…そして分かったわ……私は希の事が好きだった」

希「ウチ、凄い嬉しい…ありがとう真姫ちゃん」

真姫「こちらこそありがとう。希」

希「あと…………」

真姫「希?」




希「……………HappyBirthday…真姫ちゃん」
30: ◆pEIBQzkZVU 2015/04/19(日) 23:59:30.93 ID:lPKev9iG0
セーーーフ!!!
なんとか今日中に出来ました!良かったぁ〜

というわけで真姫ちゃん、誕生日おめでとう!!

そして読んでくれた皆さん!ありがとうございました!!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「2人きりのHappyBirthday」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「2人きりのHappyBirthday」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。