穂乃果「えへ、えへへへ」ニヤニヤ

シェアする

穂乃果-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 19:11:20.67 ID:vp5ymp8h.net
穂乃果「ふふふふふ」ニヤニヤ

にこ「何スマホ見てニヤニヤしてんのよ気持ち悪い」バッ

穂乃果「あー!!!」

にこ「何…これ……」

にこ(海未の写真ばっかり……!)

穂乃果「スマホとらないでよ!」

にこ「あんた盗撮趣味があったの!?」

穂乃果「人聞きが悪いなぁ」

にこ「この写真とか入浴中よね?」

穂乃果「もう!穂乃果の秘蔵フォルダ見ないでよ!」バッ

にこ「ま、まさか…にこの写真まで入ってないでしょうねえ……」

穂乃果「それは自意識過剰だよにこちゃん…」

にこ「ぬわぁんですって!?」

穂乃果「穂乃果は海未ちゃんにしか興味ないもーん」

にこ「で、でもあんた…いつもは海未にそんなことしてますみたいな態度じゃ…」

穂乃果「にこちゃんって穂乃果のことよく見てるね」

にこ「部長として当たり前よ」

穂乃果「ごめんね、穂乃果は海未ちゃん以外は…」

にこ「ぬわぁんでにこがフラれたみたいになってんのよ!!」

元スレ: 穂乃果「えへ、えへへへ」ニヤニヤ

スポンサーリンク
18: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 19:23:47.46 ID:vp5ymp8h.net
穂乃果「え?違うの?」キョトン

にこ「当たり前でしょ!私だって穂乃果のことなんて好きじゃないわよ!」

穂乃果「うぅっ…酷い……」シクシク

にこ「ちょ、ちょっと…泣かなくても…」

穂乃果「うわぁーーーーーん」ダバー

海未「何の音ですか!?」ヒョコッ

にこ「海未!?」

海未「突然部室から大きい声が聞こえたのでびっくりして来ました」

穂乃果「ううっ、にこちゃんが穂乃果のことなんて嫌いって…ぐすっ…」ギュー

海未「喧嘩でもしたのですか?」ナデナデ

にこ「それは誤解で…」

海未「大丈夫ですよ穂乃果。私は穂乃果のこと好きですからね」ナデナデ

穂乃果「うみちゃぁん……」ギュー

にこ(って、穂乃果ニヤニヤしてるじゃない!演技だったんかい!)

海未「ほら、泣かないでください。にこと仲直りしましょうね」ナデナデ

穂乃果「えへへへ」ニヘラ

にこ(こいつ……)

にこ(って!さり気なく海未のお尻触ってるし!)

にこ(はぁ…付き合ってられないわよ)
26: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 19:27:20.46 ID:vp5ymp8h.net
にこ「ねえ海未。穂乃果のスマホって触ったことある?」

海未「ありませんが…?」

にこ「穂乃果のスマホってね、」

穂乃果「にこちゃーん?ちょっといいかなー?」

にこ「ちょ、腕掴まないで!」

海未「?」
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 19:53:20.36 ID:vp5ymp8h.net
穂乃果「海未ちゃんにチクったら…」ゴゴゴゴゴ…

にこ「待って!ストップ!分かった、分かったから!」

穂乃果「分かってくれるならいいんだよ」

にこ(後輩怖い…)ガクガク

穂乃果「でも海未ちゃんの写真はわけてあげないからね」

にこ「いらないわよ…」

海未「あの、穂乃果のスマホがどうかしましたか?」

穂乃果「ううん、ただスマホにみんなでダンスの練習してる写真がたくさんあるからこれでブログ更新しようって話してただけ!」

海未「えっ、練習中に写真撮っていたのですか?全く気づきませんでした…」

にこ(そりゃ盗撮されるわ)

穂乃果「大丈夫!海未ちゃんはいつでも可愛いからいつ撮られても平気だよ」

海未「は、恥ずかしいので可愛いなんて言わないでくださいっ!/////」

穂乃果「えへへへへへへ」

にこ(はー…早く他の誰か来てくれないかしら)
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 20:06:53.94 ID:vp5ymp8h.net
穂乃果「あっ、今日はほむまん持ってきたんだよ」

穂乃果「みんなが来る前に食べちゃお!」

海未「し、しかし…内緒で食べるというのは……」

穂乃果「バレないって!」

穂乃果「海未ちゃん好きでしょ?ほむまん!」

海未「確かに好きですか…」

穂乃果「穂乃果達だけの秘密にすれば大丈夫大丈夫」

海未「う…」

にこ「ん、やっぱり美味しいわね」モグモグ

穂乃果「ってなんでにこちゃんが食べてるの!?」

にこ「ある物は食べるのが私よ」モグモグ

穂乃果「穂乃果のほむまん返して!!」

海未「ほむまん…なくなっちゃいました…」

穂乃果「もう穂乃果立ち直れない…にこちゃんに盗まれちゃった…」ガックシ

にこ「人聞きが悪いわね」

海未「穂乃果、よかったら食べますか…?」

穂乃果「こ、これは…!おしゃぶり昆布!」

海未「美味しいですよ」
40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 20:19:15.03 ID:vp5ymp8h.net
穂乃果「うーん!美味しい!」

海未「気に入ってもらえて何よりです」

にこ「ん…中々美味しいわね」

ことり「ごめんね、ちょっと遅くなっちゃった」

海未「あ、ことりも食べますか?」

ことり「うん♪」

海未「あ、あの…?」

ことり「ん?」

海未「私の顔に何かついてますか?」

ことり「ううん、早くちょーだい?」

海未「え?」

穂乃果「ことりちゃん、食べるのは昆布のことだよ」

ことり「えっ?…あ、ことり何か勘違いしちゃってたみたい」

海未「そうでしたか」

穂乃果「もう、ことりちゃんったらせっかちなんだからー」

にこ(お願い誰か早く来て)
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 20:42:25.18 ID:vp5ymp8h.net
海未「あ、そういえば私絵里に用があるんでした」

海未「少し探して来ますね」

穂乃果「え、じゃあ穂乃果も一緒に…」

海未「ついてきても面白くはないですよ?」

穂乃果「ずっと部室にいてもつまんないんだもーん」

穂乃果「ほらほら、早く行こっ?」

海未「お、押さないでください…」

ことり「…行っちゃった」

にこ「あんたは行かなくてよかったの?」

ことり「穂乃果ちゃん、結構嫉妬するから」

にこ「ふーん」
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 20:59:51.64 ID:vp5ymp8h.net
にこ「ね、ねえ、あんたは穂乃果が…盗撮してるの知ってるの?」

ことり「たまに撮ってるよね」

にこ「私今まで気付かなかったけど…」

ことり「ふふ、にこちゃんも意外と誰かに撮られてるかもよ?」

にこ「は!?」

ことり「冗談♪」

にこ「はぁ…それにしても…穂乃果があんなに変態だったとはね…」

ことり「もう襲っちゃっててもおかしくないよねぇ」
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:15:26.89 ID:vp5ymp8h.net
にこ「まさかあんたは盗撮してないわよね…?」

ことり「……」

にこ「ってしてるんかーい!」

ことり「こ、ことりはちょこっとだけだから」

にこ(二年組って結構ヤバいわね…)

ことり「それに、ことりは…え、えっちな写真は撮ってないよ」

にこ「あのスマホの中に入浴中以上の写真があるのね…」

ことり「前に隠れて見たことがあるんだけど…」

ことり「えっとね、寝てる間に脱がして、」

にこ「言わなくていいわ間に合ってるから」

にこ(今までみたいに穂乃果と付き合えるかしら…)
57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 04:14:50.14 ID:rqn8v4PK.net
真姫「何の話してるの?」

ことり「わっ、真姫ちゃん」

真姫「って、二人だけ?海未ちゃんに用あったのに」

にこ「海未なら絵里に用があるって出ていったっきりよ」

真姫「戻ってくるまで待つしかないわね」

ことり「もうすぐ戻ってくるんじゃないかな」

真姫「それで、何の話してたの?」

にこ「あ、あー…えっと…」

ことり「穂乃果ちゃんのことだよ」

にこ「!?」

真姫「穂乃果はいっつも海未ちゃんのこと見てるわよね」

真姫「たまにスマホのカメラが光ってる時あるけど、あれって…」

ことり「ブログにアップする写真撮ってるらしいよ」

真姫「ブログにそんなに写真使われてないような気がするんだけど」

穂乃果「たっだいまー!」

海未「穂乃果!廊下は走ってはいけないと何度も…」

ことり「おかえりー」

真姫「海未ちゃん、ちょっと用あるんだけど…音楽室に来てもらえないかしら」

海未「はい、わかりました」

真姫「あ、穂乃果は邪魔するからダメよ」

穂乃果「むっ…」
58: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 04:32:54.75 ID:rqn8v4PK.net
穂乃果「穂乃果邪魔しないもん…」

真姫「音楽室に鍵かけるから」

海未「真姫、そこまでしなくても…」

真姫「穂乃果がいっつも邪魔するから曲作りが進まないんじゃない」

穂乃果「むむむ…」

海未「穂乃果、待っててください」ナデナデ

穂乃果「えへぇ…」ニヤニヤ

真姫「じゃ、何かあったら音楽室にいるから」

海未「行ってきます」

穂乃果「…行っちゃった」

にこ「ねえ、穂乃果」

穂乃果「ん?」

にこ「そんなに海未が好きなら告白したらいいんじゃないの」

穂乃果「……」

穂乃果「…だって…こわいもん…」

穂乃果「断られたら…」

穂乃果「それに、穂乃果がしてることがバレたら気持ち悪いって思われちゃうし…」

にこ(それは否定できないわね)

ことり(たしかに)

穂乃果「練習終わった後、海未ちゃんがトイレに行ってる間に練習着の匂いかいでるってこととか…」

にこ(ん?)

穂乃果「海未ちゃんが寝てる時ちょこっと出てる涎を舐めてることとか…」

にこ(……)

穂乃果「海未ちゃんと一緒にお風呂入った時に」

にこ「もういい、もういいから!」

穂乃果「あと海未ちゃんの部屋に監視カメラを」

にこ「いいって!話さなくていいから!」

にこ「うん、やっぱりあんたは告白しない方がいいわ」

にこ「むしろ海未に近づかない方がいいわ」

穂乃果「えぇー?」
59: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 04:53:15.07 ID:rqn8v4PK.net
にこ「あ、あんたまさか…襲ってたりしないわよね…?」

穂乃果「……」

ことり「えっ…」

にこ「通報するわね」

穂乃果「待って!待って!!」

穂乃果「海未ちゃんのルームウェアって囚人服みたいなワンピースじゃん?」

穂乃果「そこに手を入れるとすぐそこにパンツがあるじゃん?」

穂乃果「それを指でくにくにやってたら…海未ちゃんが小さい可愛い声出し始めて……」

穂乃果「何分かやってたら…海未ちゃんの体がビクッて」

にこ「つ、通報しなきゃ…」

穂乃果「で、でも!海未ちゃん寝てたからバレてないし!」
65: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:12:02.79 ID:rqn8v4PK.net
にこ「バレてたら海未に避けられてるわよっ!」

穂乃果「ううぅ…」

ことり「避けられるぐらいじゃすまないかも…」

穂乃果「でも…無防備に寝てる海未ちゃんも悪いと思うよ!」

にこ「うわぁ…」

穂乃果「布団に入るとすぐに寝ちゃうし」

にこ「普通は布団に入ったらすぐ寝るわよ」

穂乃果「穂乃果は海未ちゃんの家に泊まりにいったら、海未ちゃんが寝たのを確認してから部屋の中の物を調べるよ」

にこ「あんたは普通じゃないから」

穂乃果「えー」

にこ「…真姫ちゃんには気をつけた方がいいわよ」

穂乃果「?」

にこ「あんたが盗撮してるの疑ってた」

穂乃果「えっ!?」

にこ「穂乃果のことよく見てるみたいね…」

穂乃果「そんなこと言われても穂乃果は海未ちゃんにしか」

にこ「そうじゃなくて!」

にこ「もし真姫ちゃんにバレたら海未にもバレるってことよ!」

にこ「結構勘いいから気をつけてよね」

穂乃果「うへぇ…」

ことり「そういえば、真姫ちゃんって穂乃果ちゃんと海未ちゃんが話してるとよくそっち見てるような…」

ことり「穂乃果ちゃん、しっかり監視されちゃってるね…」

穂乃果「えっ…」

穂乃果「うう…悪いことしてないのに…」
67: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 05:27:51.06 ID:zAok0lv9.net
にこ「いや、悪いことはしてるわよ」

穂乃果「ただ海未ちゃんが好きなだけだもん…」

にこ(ここまで好かれてる海未って幸せ…なのかしら?)

穂乃果「早く海未ちゃん帰ってこないかなぁ」

にこ「確かに海未がいたほうがあんたが暴走しなくて楽だわ」

穂乃果「むっ…海未ちゃんは渡さないよ!」

にこ「はいはい」

穂乃果「今日も帰ったら海未ちゃんと一緒におやつ食べるんだー」

にこ「もしかして毎日お泊りしてるわけ?ま、そんなことはないだろうけど」

穂乃果「うん」

穂乃果「大体穂乃果の家でお泊りなんだけどね、たまに海未ちゃんの家に泊まりたいなーって言ったらいいですよって」

にこ「家でも学校でもずっと一緒ってわけね…」

穂乃果「海未ちゃんの家に泊まるとね、海未ちゃんのベッドでゴロゴロしながら海未ちゃんの匂いを」

にこ「もう分かったから」

穂乃果「あ、もし海未ちゃんの家に遊びに行ってもベッドでゴロゴロしちゃだめだからね、にこちゃん」

にこ「…そんなことしないわよ!」

にこ(なんか…ここまで言われると海未ってすごくいい匂いなのかしら?少し興味が…って!)

穂乃果「ん?にこちゃんどうかした?」

にこ「なんでもないわ」

にこ(穂乃果のせいで私までおかしくなり始めてる…)
68: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 06:09:25.91 ID:zAok0lv9.net
穂乃果「あ、あとねー」

穂乃果「海未ちゃんが寝てる間にいつもこっそりいろんなところにちゅーしてるんだよ」

にこ「…だからたまに海未は虫に刺された後があるのね」

穂乃果「バレちゃってた?」

にこ「真姫ちゃんがよく「海未ちゃんって虫刺され多いわよね」って言ってたから」 

にこ「こんなに大きい虫に刺されてるなんて誰も思わないわよ」

穂乃果「えへへへ」

ことり「穂乃果ちゃん、今思い出したんだけど…」

ことり「海未ちゃんにこの前『どういう人が好き?』ってきいたんだけど」

ことり「『うーん…嘘をつかない人…ですかね』って」

穂乃果「ほ、穂乃果は嘘はついてないし…ただ言ってないだけだもん」

にこ「まるで詐欺師ね」
72: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 18:21:01.22 ID:zAok0lv9.net
穂乃果「さ、詐欺師って…」ドヨーン

ことり「あはは…」

穂乃果「穂乃果が詐欺師なら海未ちゃんは泥棒だよ!」

穂乃果「穂乃果のハートを」

にこ「馬鹿馬鹿しい例えやめて」

穂乃果「…よく見るとにこちゃんって海未ちゃんに少し似てるね」

ことり「ちょこっとだけ、ね」

にこ「え」

穂乃果「リボン取れば、ほら」

にこ「ちょっと!返しなさいよ!」

穂乃果「んー…でもやっぱり性格が」

にこ「うっさいわね!」

穂乃果「ね、ね、ちょっと海未ちゃんの真似してみてよ」

ことり「ことりも見たいなぁ」

にこ「は、はぁー?」

穂乃果「ま、にこちゃんじゃ全然似てないと思うけど」
73: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 18:35:23.14 ID:zAok0lv9.net
にこ「…穂乃果!」

穂乃果「!?」ビクゥッ

にこ「にこをあまり困らせてはいけませんよ」

ことり「わぁ…そっくり…」

にこ「穂乃果、分かりましたか?」

穂乃果「ひゃ、ひゃい!」

にこ「いい子にしていないと私、怒りますからね」

穂乃果「ふわぁ…」

にこ「…こんなもんかしら」

ことり「びっくりしちゃったー」

穂乃果「うみひゃん、うみちゃ…」ギュー

にこ「ちょっ!くっついてこないでよ!」

穂乃果「うみひゃぁぁ…」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん…」

にこ「目を覚ましなさいっての!」ペチン

穂乃果「……はっ」

穂乃果「ぐぬぬ…海未ちゃんのふりをして穂乃果を騙そうと……」

にこ「あんたがやれっつったんでしょうが!」

にこ(でもこれ、使えるわね)

穂乃果「悔しいけど声はそっくりだった…」

にこ「私の勝ちね」

穂乃果「ぐぬぬぬぬ…」
74: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 18:56:36.82 ID:zAok0lv9.net
にこ「じゃ、リボンは返してもらうわよ」

穂乃果「むぅ…」




一方その頃音楽室では



海未「……Zzzz」スヤスヤ

真姫(もう……)

真姫(曲作りしに来たのに、こんなに気持ち良さそうに寝て…)

真姫(疲れてたのかしら?)

真姫(一人きりにしておくわけにもいかないし、起きるまで待つしかないわね)
75: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 19:07:06.93 ID:zAok0lv9.net
絵里「…あれ、珍しい組み合わせね」

にこ「…遅かったわね」

絵里「ええ、ちょっと先生に呼ばれて」

穂乃果「絵里ちゃんが呼び出しくらうなんて珍しいねー!」

絵里「少し用があっただけよ」

絵里「それで?なんでこの組み合わせなの?」

穂乃果「…真姫ちゃんに海未ちゃん盗られちゃったからにこちゃんで我慢してるだけ」ムス

絵里「ということは二人は音楽室にいるってわけね」クスッ

にこ「にこで我慢ってどういうことよ!」

にこ「さっきまではにこに抱きついてたくせにぃ」ニヤニヤ

穂乃果「なっ!それ海未ちゃんの前で言わないでよ!?」

にこ「えぇー?にこぉ、うっかり屋さんだからぁ、言っちゃうかもしれないニコー☆」

穂乃果「ぐぬぬぬ…」

絵里「ふふ、仲良しね」

にこ「ええ、私と穂乃果はとっても仲良しですよ」

穂乃果「んぁあああああ!!!!」
81: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 00:47:12.49 ID:T1BEYcfx.net
絵里「それ海未の真似?すごく似てるわ」

にこ「ふふふ」

穂乃果「もぉー!それ禁止!」

にこ「穂乃果がやれと言ったのですよ?」

穂乃果「…海未ちゃんの前でそれやったら絶対許さないから」

にこ「な、なによ…そんなに怒らなくても」

ことり「穂乃果ちゃん、落ち着いて?」

穂乃果「むぅ……」

にこ「悪かったわよ…」

穂乃果「海未ちゃんが戻ってきたら許してあげる」

にこ「っていうか二人とも全然戻ってこないわね」 

ことり「電話してみるね」ピッ プルルルルル

真姫『ちょっと!なんで電話なんか』

ことり「わっ、出るの早いね」

海未『ふぁ…』

真姫『あぁぁ…』

海未『ん…まき…』

ことり「…曲作ってるん…だよね?」

真姫『あ、当たり前でしょ!』

海未『あ、ごめんなさい…わたし……』

真姫『あーーーーーー!』プツッ

ことり「…切れちゃった」

穂乃果「海未ちゃんなにしてた?」

ことり「なんか…眠そうな声だったよ」

穂乃果「え?」

ことり「二人で何してたのかなぁ」

穂乃果「穂乃果見てくる!」

にこ「ちょっと、真姫ちゃんに来るなって……」

ことり「行っちゃったね」
82: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 01:07:27.26 ID:T1BEYcfx.net
穂乃果「海未ちゃん!」バンッ

真姫「ドアは静かに開けなさいよ!」

海未「ほのか…」

穂乃果「二人で何してたの!?」

真姫「うっ…」

海未「あの…私、知らないうちに寝てしまっていたようで…」

海未「今さっき起きました」

穂乃果「…なのに二人で曲作ってたの?」ジロッ

真姫「ぐっ…」

穂乃果「何で海未ちゃんが寝てたことを隠してるの?」

真姫「そ、それは…」

真姫「穂乃果にあそこまで言ったのに曲作りしてないなんて言えないじゃない…」

穂乃果「ほんとにそれだけ?」

真姫「はぁ?」

穂乃果「寝てる海未ちゃんに何かしたんじゃないの?」ジロ

真姫「な、何言ってるのよ!意味わかんない!」

穂乃果「海未ちゃん大丈夫?何もされてない?」

海未「は、はい」

真姫「た、ただちょっと髪の毛が綺麗だなと思って髪の毛触ったり頭撫でたりしただけよ」

穂乃果「…もっと違うところも触ったんじゃないの?」

真姫「はぁ!?違うところってどこよ!」

海未「???」

穂乃果「海未ちゃん、真姫ちゃんは危険だから近づかないようにね」

海未「え?え?」

真姫「なんで私が危険なのよ!」
85: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 09:55:13.28 ID:T1BEYcfx.net
穂乃果(そもそも二人きりで音楽室に来たのも怪しいし…)

真姫「いっつも海未ちゃんの方をチラチラ見てるあなたの方が危険じゃないの!?」

穂乃果「誰か見るぐらい普通でしょ」

穂乃果「海未ちゃん、部室行こっか」

海未「は、はい」

真姫「無視しないでよ!」

穂乃果「あんまり変なこと言わないでね」

真姫「変なこと言ってるのはどっちよ!」

海未「あ、あの…ごめんなさい…」

海未「私が居眠りなんてしてしまったからですよね」

海未「しっかり曲作りをしていれば喧嘩なんて…」

真姫「そ、そんなこと言ってないでしょ」

真姫「それに…喧嘩なんてしてないし」

穂乃果「居眠りくらい穂乃果だって授業中によくするよ」

真姫「……」

海未「私が言えることではないですが、それはどうかと…」

穂乃果「今度は穂乃果も曲作り手伝うから!ね?」

海未「ふふ、それは頼もしいですね」

穂乃果「えへへぇ」

穂乃果(今日一緒にお風呂に入ったらしっかり検査しなきゃ)

真姫(なんかニヤニヤしてて気持ち悪い)

海未(次までに歌詞になりそうな言葉をまとめておきましょう)
87: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 19:01:43.09 ID:T1BEYcfx.net
穂乃果「たっだいまー!」

凛「あっ!穂乃果ちゃん達!」

穂乃果「わー!凛ちゃんと花陽ちゃん!」

花陽「さっき穂乃果ちゃんとちょうどすれ違いになっちゃったみたいです」

穂乃果「あとは希ちゃんだけかぁ」

絵里「で、海未は取り返せたの?」クスクス

穂乃果「うん!ばっちり」

真姫「取り返すって何よ」

穂乃果「穂乃果が救出に行かなかったら海未ちゃん食べられちゃってたよ」

海未「食べ…?」

真姫「はぁぁ!?」

海未「私なんか食べても美味しくないですよ?」

穂乃果「とにかく!海未ちゃんはもっと人を疑ってね」

穂乃果「穂乃果は海未ちゃんのこと守ってあげるけど!」

海未「あ、ありがとうございます…?」

にこ(一番危ないのはあんたでしょうが!)

真姫「だから私は何も…ってわけでもないけど、変なことはしてないってば!」

凛「かよちん、人って食べられるの?」

凛「…かよちん?」

花陽「ぴゃあぁ……////」

凛「どうしたにゃ?」
91: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 05:36:22.02 ID:fQvLqzyd.net
花陽(真姫ちゃんが海未ちゃんを……!)

花陽(けど、海未ちゃんは穂乃果ちゃんと同棲してるはず…ってことはつまり!)
※少し前に穂乃果からきいた



真姫『ふふ、ぐっすり寝ちゃって…』

海未『Zzz』スヤスヤ

真姫『穂乃果には悪いけど…』

真姫『盗る、っていうのも燃えるわよね』ペロリ



花陽(三角関係…!)

凛「かよちーん?」

花陽(真姫ちゃん、それはダメだよぉ!////)

凛「?」
92: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 06:16:35.70 ID:fQvLqzyd.net
にこ「ね、ねえ、穂乃果」コソコソ

穂乃果「?」

にこ「海未に急用が出来て泊まれなくなる日とかあるわよね?」コソコソ

穂乃果「ん、まあ…」

穂乃果「そういう日は、抱きまくらと一緒に寝てるよ」ヒソヒソ

にこ(へえ、意外と可愛いところも)

穂乃果「表面は制服で、裏面は海未の日で着てた水着だよ」ヒソヒソ

にこ「ってそれ抱きまくらカバーじゃない!」ヒソヒソ

穂乃果「ことりちゃんに写真渡して作ってもらったの」

穂乃果「いつもはカバーを外してあるからね」

穂乃果「海未ちゃんが遊びに来た時は海未ちゃん、その抱きまくらをぎゅーってしててとっても可愛いんだよ」

穂乃果「抱きまくら気に入ったの?ってきいたら、この抱きまくら何だか安心します…って」

穂乃果「えへへ、だから海未ちゃんの匂いがしっかりとついて」

にこ「分かったから!海未がいるところでこんなに喋ってバレたらどうすんのよ」ヒソヒソ

穂乃果「あっ……」チラッ

凛「海未ちゃんって美味しいのー?」 

花陽「り、りんちゃんっ////」

海未「腕を少し噛んでみましたが美味しくは…」

凛「なーんだ。つまんないのー」
94: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 21:01:58.47 ID:fQvLqzyd.net
にこ「…バレてないみたいね」

穂乃果「よかったぁ…」

穂乃果「海未ちゃーん、穂乃果も海未ちゃんの腕噛んでいい?」

海未「だ、だめです!」

穂乃果「優しくするから!ね?ね?」

海未「美味しくないですから!」

穂乃果「えぇー」

にこ(あんなこと言ってて何でバレてないのかしら)

穂乃果「じゃあ穂乃果の腕噛んでいいよ」

海未「え」

穂乃果「ちょこっとだけでいいから!」

穂乃果「舐めるのでもいいよ?」

海未「無理です!」

穂乃果「……穂乃果の腕汚い?」

海未「え、あ、そういうわけでは…」

海未「…す、少しだけでしたら…」

穂乃果「ほんとっ!?」
97: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 22:02:18.28 ID:fQvLqzyd.net
海未「で、では、いきます…」

穂乃果(早く早く!)

海未「ん…こうですか…?」ペロ

穂乃果「んほぉ……」

絵里「ハラショー…」

にこ(何これ)

花陽「ぴゃぁ…/////」

真姫「意味わかんない…」

穂乃果「はぁぁ…しあわせぇ…」

海未「あ、あの…穂乃果…?終わりましたよ…?」

穂乃果「はひぃ…」

海未「??」

穂乃果「えへへぇー」ギュー

海未「穂乃果?」

にこ(暴走してるじゃない!)
100: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 10:30:57.33 ID:VyLVsaKD.net
真姫「なんか…穂乃果って最近変よね」

穂乃果「は?」

真姫「少しキモチワルイっていうか…」

にこ(流石真姫ちゃん…勘がいいわね)

穂乃果「穂乃果気持ち悪くないもん」ギュー

真姫「腕を舐めてとか普通言わないし…」

真姫「そもそも、抱きつく回数が多すぎるわよ」

穂乃果「…友達なら普通だもん」

海未「穂乃果は甘えん坊ですからね」

真姫「…じゃ、じゃあ、私の腕も舐めてみなさいよ」

穂乃果「…」

海未「…?」

にこ(何言ってんの)

絵里(はらしょー…)

ことり(穂乃果ちゃんの弟子かな?)
101: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 10:33:00.70 ID:VyLVsaKD.net
真姫「ほ、ほらっ!」

海未「えぇ!?わ、わたしですか!?」

真姫「嫌なの?」

海未「え、そういうわけでは…」

穂乃果「…真姫ちゃんこそ気持ち悪いよ」

真姫「はぁ!?」

穂乃果「いきなり腕を舐めろなんて…変態さんじゃん」

真姫「穂乃果だってそうじゃない!」

にこ「ま、まあ落ち着きなさいよ」

穂乃果「変態さんは海未ちゃんに近づかないでよね」

にこ(ってそれあんたが一番近づけない存在じゃない!)

真姫「ふんっ」

海未「え、えっと…?」

にこ(…なんで穂乃果は真姫ちゃんにこんなに喧嘩売ってんのかしら)

穂乃果「ね、ね、海未ちゃん。今日のご飯は餃子がいいなぁ」

海未「では帰りに材料を買いましょう」

海未「あ、お菓子は一つだけですよ?」

海未「おもちゃのついてるやつはだめです。高いですから」

穂乃果「ちぇっ…」

にこ(なんか、まるで夫婦みたい…いや、親子かしら?)
102: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 10:54:58.35 ID:VyLVsaKD.net
にこ「海未って穂乃果のことどう思ってるの?」

海未「はい?」

穂乃果(に、にこちゃん何きいてるの!?)

にこ「毎日ずっと一緒にいるわけでしょ?」

海未「そうですね」

にこ「そんなに一緒にいたら友達以上じゃない?」

海未「例えるなら、家族…ですかね」

穂乃果「え」

海未「ふふ、両親とより一緒にいる時間が長いかもしれません」

海未「一緒にご飯を食べたり、テレビを見たり…」

海未「毎日退屈しません」

穂乃果「うみひゃん…」ダバー

海未「な、泣かなくても…」

穂乃果「もう穂乃果、海未ちゃんから離れない…」ギュー

海未「…トイレの個室にまで入って来ようとするのはやめてくださいね。恥ずかしいので…/////」

にこ(いい話風だったのにその行動で台無しだわ)
105: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 14:11:53.78 ID:VyLVsaKD.net
真姫「穂乃果のほうが変態じゃない…」

穂乃果「穂乃果はただ海未ちゃんと離れたくないだけだもーん」

にこ「いつも一緒にお風呂入ってるなら個室ぐらい別にいいじゃない」

海未「それとこれとは別ですっ!/////」

真姫「にこちゃんのその考えもかなりやばいわよ…」

にこ「え」

にこ(完全に穂乃果のせいでおかしくなってるわ…)

穂乃果「あ、もう帰る時間だ」

絵里「でもまだ希が…」

絵里「…希から今日は部室に行かないってメールきてたわ…」

ことり「じゃあことりはこの後バイトだから」

穂乃果「うん!じゃあねー」

にこ(なんか…二人が家でどういう風に過ごしてるのか気になるわね…)

にこ「ねえ穂乃果、私も穂乃果の家に行ってもいいかしら?」

穂乃果「えー…」

にこ「あれ?穂乃果が…抱きついてきたようなもがっ」

穂乃果「分かったから!来ていいよ!」

海未「今日はにこも一緒ですか。珍しいですね」

にこ「ま、たまにはね」

穂乃果「むぅ…」
106: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 14:41:22.39 ID:VyLVsaKD.net
海未「穂乃果、大丈夫ですか?」

穂乃果「う、うん…」

にこ「穂乃果が荷物を持つなんて意外ね」

海未「買い物に行くといつも穂乃果が持ってくれるんです」

海未「…たまに途中で力尽きますが」

穂乃果「うへぇ…つかれたぁ…」

海未「穂乃果、ありがとうございます。ジュースを用意しておきますね」

穂乃果「わーい!」

にこ「そういえば…家に他に誰もいないのね」

穂乃果「お母さん達は店にいるからね」

穂乃果「だから海未ちゃんがご飯作ってくれるとすごく助かるって言ってたよ!」

海未「穂乃果が手伝ってくれるから作れるんですよ」

穂乃果「えへー」

穂乃果「あ、ちなみに雪穂は今日は友達の家に泊まるらしいよ」

にこ(絵里の家かしら)

にこ(…あ、ほんとに抱きまくらに抱きついてる…)

にこ「その抱きまくら好きなの?」

海未「は、はい。落ち着くんですよ」

にこ(それが何かも知らずに…)

穂乃果「海未ちゃん、こちょこちょー!」

海未「い、いきなりは卑怯ですっ!…あはは、くすぐったいですよ」 

にこ(目の前でセクハラするの何なの)

にこ(ちょいちょいわしわししてるし)

にこ「…もしかしていつもそういうことしてるの?」

穂乃果「うん!そうだよー」

海未「ほのかっ、もうむりです、ぎぶあっぷですっ」
109: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 20:16:13.85 ID:VyLVsaKD.net
穂乃果「また穂乃果の勝ちー!」

にこ(ベッドで穂乃果が海未の上に乗ってることは海未は気にしてない感じね…)

海未「また負けました…」

海未「次こそは私が先手を…!」

穂乃果「でも海未ちゃんのこちょこちょって全然くすぐったくないし」

海未「うぐ…」

穂乃果「穂乃果、反撃できるもんね」

穂乃果「腕掴んじゃえば、ほら」グッ

海未「うぅ…完敗です…」

穂乃果「じゃあ穂乃果の勝ちだから何でも言うこときいてね!」

海未「はい…」

にこ(何でもって穂乃果暴走しそうなんだけど…)

穂乃果「うーん…あっ!」

穂乃果「海未ちゃん、お腹見せて」

海未「へ?」

穂乃果「ほら、早く早く」バッ

海未「ちょっ、ちょっと…」

穂乃果「…にこちゃん、チラチラ見ないでね」

にこ「いやいやいや!同じ部屋にいたら嫌でも見ちゃうわよ!」

穂乃果「じゃあ部屋の前で待ってて」
110: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 01:56:51.59 ID:A3bwKeuW.net
にこ「はいはい…」



穂乃果『海未ちゃん、お腹すべすべー』

海未『あ、あの…もういいですか?』

穂乃果『少し舐めるね』

海未『え、だ、だめですっ!』

穂乃果『んー…』ペロ

海未『ひぅっ…』

穂乃果『何も味しないね』

海未『恥ずかしくて死んでしまいそうです…////』



にこ(二人きりの世界に入っちゃってるじゃない…)

にこ(はぁ…こっそり家に帰りましょ…)

にこ(チビ達がお腹空かせてるだろうし)
111: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 02:15:44.49 ID:A3bwKeuW.net
海未「ん…あれ、また寝てしまっていたみたいですね…」

穂乃果「もが…」スヤスヤ

海未「穂乃果まで…」ナデナデ

海未「…にこがいませんね」

海未「帰ってしまったのでしょうか」

穂乃果「んぅ…うみ…ちゃ、ん…」スヤスヤ

海未「ふふ、私はここですよー」ナデナデ

穂乃果「きもち、い…」スヤスヤ

海未「どんな夢を見ているのですかね」クスクス

海未「…穂乃果、これからもずっと一緒にいたいです…」ナデナデ

海未「穂乃果が甘えん坊だから私にも少し移ってしまったようですね」

海未「…これからも傍にいさせてくださいね」ナデ

穂乃果「えへ…かわい…い…」スヤスヤ





おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「えへ、えへへへ」ニヤニヤ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。