真姫「ことりが部室で待ってる?」

シェアする

真姫-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:16:24.20 ID:ZLQwtQSD.net
真姫「なんでまた?」

絵里「衣装を手直ししたから、見てほしいんだって」

真姫「ふーん…って、あれ?凛たちは?」

海未「先に向かいました。…口を滑らせるといけないので」

真姫「何か言った?」

海未「い、いえ!」

希「それじゃあ真姫ちゃん、またあとでな~。うちらは準備して待っとるよ~」

真姫「準備?」

海未「ふんッ」ゴッ

希「んぐっ」

真姫「ちょ…」

海未「…それでは、お先に失礼します。9人みんなで遊ぶのなんて久しぶりですし、楽しみですね」ニコニコ


真姫「…え、ええ…」

元スレ: 真姫「ことりが部室で待ってる?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:18:32.81 ID:ZLQwtQSD.net
真姫(…衣装の手直しって…何か着る予定の衣装あったかしら?)ガラッ


ことり「ようこそ、ことりのマジックショーへ~!」パーン


真姫「…は?」

ことり「…あ、あれ?真姫ちゃん、なんでそんなにご機嫌ナナメ…?」

真姫「…衣装のチェックがあるから、ことりが待ってるって聞いて来たんだけど…」

ことり「あ、えっとそれは…その…」

真姫「…みんな先に穂乃果の家で待ってるのよ?」

ことり「ごめんなさい…」シュン

真姫「…」

ことり「今片付けるね…」イソイソ

真姫「…ち、ちょっと待ちなさい」

ことり「?」

真姫「…れ、練習でちょっと疲れちゃったし…ここで少し休んでいくことにするわ」

ことり「へ…?」

真姫「…あ、あー!ただ休憩するのも暇ね!ことり、何か面白い事とかないかしら!」

ことり「…ま、真姫ちゃぁん…ありがとう…!」キラキラ

真姫「べっ、別に何も!」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:21:05.33 ID:ZLQwtQSD.net
真姫「…でも」

ことり「?」

真姫「なんでマジックショーなの?」

ことり「あ、それはねぇ」

真姫「…もしかして、あの時のこと…からかうつもりじゃないでしょうね」

ことり「そ、そんなつもりは!」



※あの時(マジシャン編)

真姫「ワン、ツー…スリー!」

バラバラバラ

真姫「…もうっ!どうしてできないのよぉ!」

ことり「うふふ」ニコニコ

真姫「…ことり!にこにこ見てないで助けてよ~っ!」

ことり「真姫ちゃん、ファイトっ」

真姫「む~~~~~~~っ!」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:23:10.71 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「…え、えー、こほん!それでは、まず…こちらのシルクハットにご注目くださ~い」

真姫「はーい」

ことり「それではいきます…ワン、ツー…スリー!」


ポンッ


真姫「わ…花が!」

ことり「えへへ」

真姫「…流石ね、ことり」

ことり「これくらいは余裕余裕っ!」バチューン

真姫「…やっぱり煽ってるでしょう」

ことり「あ、煽ってないよぉ!…こほん、えー、こちらのお花は真姫ちゃんにプレゼントします」

真姫「…いいの?こんなに綺麗に作ってある花束…」

ことり「もちろん!」

真姫「…ありがとう」

ことり「それでは、次のマジックです!」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:25:43.55 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「はい、それでは…こちらのトランプ、一枚選んでください!」

真姫「じゃあ…これ」スッ

ことり「それを私に見えないように、束の中に戻してくださ~い」

真姫「…はい」スッ

ことり「はい、これをシャッフルしまーす」シャッシャッ

真姫「…いい手つきね」

ことり「へ?あ、ありがと~…えへへ」バラバラバラ

真姫「ことり!トランプトランプ!」

ことり「え?あ、あぁ~っ!」

真姫「…」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:27:44.64 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「…」アツメアツメ

真姫「……」

ことり「……え、え~、それでは…こちらのトランプ、一枚選んでください…」

真姫「…はい」

ことり「…それを私に見えないように、束に戻してください…」

真姫「ちょっと…そんな落ち込まないでよ」

ことり「はい…」

真姫「…せ、せっかく楽しいマジックショーなんだから…ちょっと失敗したくらいでそんなに…」

ことり「…楽しい?」

真姫「え、ええ」

ことり「…ありがとう~」ニヘ

真姫(カワイイ)
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:31:00.16 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「えー…あなたの選んだカードはっ…これですね!」スッ

真姫「…正解よ」

ことり「やったー!」

真姫「トランプのマジック得意だものね」パチパチ

ことり「うんっ!」

真姫「それで、次は?」

ことり「あ、次はねぇ…真姫ちゃんが選んだこちらのカード…よ~く見ててね…」

真姫「ええ」ジーッ

ことり「…」ジーッ

真姫「…」ジーッ

ことり「…そ、そんなに見つめられると照れちゃう…」ポッ

真姫「別にことりを見つめてるわけじゃないんだけど…」

ことり「えへへ」

真姫「…まったく」

ことり「…こほん、気を取り直して…よ~く見ててくださいね…」

真姫「…ええ」

ことり「このカードを、こちらのステッキで叩くと…」

真姫「叩くと…?」

ことり「ワン、ツー…スリー!」ポンッ

真姫「わっ…カードが封筒に変わったわ!」

ことり「はい、これも真姫ちゃんにプレゼント!」

真姫「これも?…中身は見ていいの?」

ことり「あっ、いいけどダメっ!」

真姫「…???」

ことり「お家に帰ったら見ていいよ!」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:32:22.56 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「次はこちら!胴体切断マジックです!」

真姫「…そのぬいぐるみでやるの?」

ことり「うん」

真姫「…そう」

ことり「真姫ちゃん…タネをわかったつもりでいるね?」

真姫「…そりゃね」

ことり「ふっふっふ…甘いですよ、真姫ちゃん」

真姫「?」

ことり「それでは、行きます…ワン、ツー…スリー!」ザクッ


ヌイク/゙ルミ


真姫「…えっ!?」

ことり「はい、ぬいぐるみさんはまっぷたつです!」

真姫「え、えっ、ちょっ、切断面…それ、本当に切ったの!?」

ことり「えー、それではこちらのぬいぐるみさんを、元に戻したいと思います!」

真姫「…」ドキドキ

ことり「…はい、ワ~~~~~~~~…」ゴソゴソ

真姫「…?」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:34:08.30 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「~~~~~~~~~~~ン…」イソイソ

真姫「…ちょっと、ことり?」

ことり「ツ~~~~~~~~~~~…」ゴソゴソ

真姫「…ねえ、何やってるの?」

ことり「ス~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…」イソイソ

真姫「…??」

ことり「リ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!はいっ!」パカッ

真姫「…元通りになってる!」

ことり「はぁ、はぁ…どう?すごいでしょ…」

真姫「…まさかとは思うけど、ことり」

ことり「?」

真姫「縫ったの?」

ことり「ぎくっ」

真姫「…え、えっ、今の短時間でこんなに綺麗に元通りにしたの…?」

ことり「…の、ノーコメントで」

真姫(すごい…)

ことり「じゃあ、この子も真姫ちゃんにプレゼントします」

真姫「これも?」

ことり「うん。真姫ちゃんにあげるために作ったんだもん」

真姫「私の為に…?」

ことり「あっ」

真姫「…ありがとう」ニコ

ことり「い、いえいえ~」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:39:05.95 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「はい、それでは…最後のマジックとなってしまいました」

真姫「なんだかんだで楽しかったわ」

ことり「ありがと~」


ことり「えー、この中のお皿には、何も載っていません。はい、ご確認ください~」

真姫「…うん。たしかに、何もないわね」スッスッ

ことり「はい!…えー、それではこちらの、…えっと、銀色の…料理隠すやつを」

真姫「クロシュね」

ことり「…クロシュを被せます」

真姫「…うん」

ことり「そして、ことりが合図をすると…真姫ちゃんへの素敵なプレゼントが現れます!」

真姫「またプレゼント?」

ことり「では行きますよ~…はい、ちゅんちゅん!…それでは、このくりょっしゅ…」

真姫「…」

ことり「…クロシュを取ると~…はいっ!」

真姫「…これって!」

ことり「えへへ、トマトケーキです!」

真姫「こ、こんなものがあるのね…!」

ことり「どうぞ!」

真姫「…いいの?」

ことり「はい!」

真姫「…でも、トマトのケーキって美味しいの?」

ことり「はい!!」

真姫「…じゃあ、いただきます」パクッ

ことり「…どう?」

真姫「…おいしいっ♡」

ことり「よかったぁ♡」
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:42:30.44 ID:ZLQwtQSD.net
ことり「それでは!ことりのマジックショーでした~」

真姫「楽しかったわ、ことり」パチパチ

ことり「ありがと~」

真姫「こちらこそ、こんなに色々貰っちゃって…ありがとう」

ことり「いえいえ~、お誕生日会の余興みたいなものだから…」

真姫「え?」

ことり「え?」

真姫「…」

ことり「…あ、あぁ~~~っ!!」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:44:36.80 ID:ZLQwtQSD.net
真姫「なるほど…時間稼ぎとして、ことりがここに」

ことり「はい、そうです…」

真姫「…じゃあ、穂乃果の家では、私の誕生日パーティーの準備が進められてるってことね」

ことり「そうです…」

真姫「…ま、いいけどね。みんな不自然に私との会話を避けるから、おかしいと思ってたのよ」

ことり「あ、あはは…」

真姫「…ことり」

ことり「?」

真姫「…私のワガママ、ちょっと聞いてもらえる?」

ことり「うん…?」
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:50:11.50 ID:ZLQwtQSD.net
真姫「…よしっ」キュッ

ことり「…な、なんでこの衣装を?」※マジシャン編覚醒後

真姫「…まあ、その…気分よ。ことりと二人なら、これかなって」

ことり「そう…?」

真姫「…こほん」



真姫「…ことり、私の為にこんな素敵なショーを…ありがとう」ニコッ


ことり「は、はい…」ドキッ


ことり(…真姫ちゃん、この衣装着るとすごくかっこよくて…ドキドキしちゃうよぉ~…!)


真姫「…そのお礼に、私から…」


ことり「ふぇ…?」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:51:43.41 ID:ZLQwtQSD.net
chu♡










ことり「!!!?!?!?!!?!?!?!?!!??」

真姫「…な、何そんなに驚いてるのよ?」

ことり「だ、だって、い、今の、今の…っ!!」カアァ

真姫「だ、だって、ママとパパは誕生日のお礼には、いつもこうやって…」

ことり「~~~~~~っ!」ボンッ

真姫「こ、ことり!」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:57:18.81 ID:ZLQwtQSD.net
穂乃果「あっ、真姫ちゃん来た!」

凛「おっそいにゃー!」

花陽「…あれ?真姫ちゃん、顔赤いけど…大丈夫…?」

真姫「…だ、大丈夫よ…」

海未「ことり、時間を稼いでとは言いましたが、ここまで稼ぐ必要は…」

ことり「…」

海未「…ことり?」

ことり「…」チラッ

真姫「…」チラッ

ことり「!」

真姫「!」

ことり「…」プイッ

真姫「…」プイッ


にこ「…あの二人、どうかしたのかしら?」

希(何かあったな…)
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:58:49.81 ID:ZLQwtQSD.net
おわり
書きたいものブレまくっててすまんな
真姫ちゃん誕生日おめでとう
31: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 23:24:56.11 ID:ZLQwtQSD.net
真姫「ふぅ…」ボスッ

真姫「…楽しいパーティーだったなぁ」

真姫(プレゼントまで色々貰っちゃって…)

真姫(…よくわからないものもあるけれど)

真姫「…あっ」

真姫「そういえば…」ガサゴソ


真姫「…この封筒、開けてなかったわね」


真姫「…」ガサゴソ
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 23:27:13.38 ID:ZLQwtQSD.net
『真姫ちゃんへ


お誕生日おめでとうございます!

ふだん、真姫ちゃんと二人っきりっていう機会はないから、

ことりはこのマジックショーするの、密かに楽しみにしていました!

真姫ちゃんは楽しんでくれたかな?もし喜んでくれたら、ことりも嬉しいな!


ちなみにトマトケーキは、本当はパーティーで出す予定だったんだけど、みんなに反対されちゃったんだ。

だから、こっそり真姫ちゃん用に小さいのを作りました!

美味しくなかったらごめんね。

もし気に入ってくれたらいつでも言ってね!ことり、頑張って作るから!


さて!私は真姫ちゃんの作る曲が大好きです!

ピアノを弾くときの綺麗な指先を見るのも大好きだし…


というか、ことりは真姫ちゃんの事が大好きですっ♡


これからもよろしくお願いします!



P.S.もしよかったらオマケも貰ってね。いらなかったら捨ててもいいよ!


南ことり』
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 23:34:19.72 ID:ZLQwtQSD.net
真姫「…ら、ラブレター…?」ドキドキ

真姫「…っていうか、オマケって…?」


真姫「…まだ何か入って…トランプ?」

真姫(ことりの手書きね…可愛い絵)

真姫(キングが私で、クイーンがことりか…)

真姫「…ふふっ、ステキね」


真姫「…キングと、クイーン…」


真姫「~~~~~~~~~っ!!」ジタバタジタバタ
※思い出した
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 23:36:00.65 ID:ZLQwtQSD.net
手紙のこと完全に忘れてました
本当におしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「ことりが部室で待ってる?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。