にこの悩みと真姫の悩み

シェアする

にこまき-アイキャッチ8
1: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:37:21 ID:UcKmoiyE
初投稿、真姫誕記念で昨日から突貫で雑に書きました
にこまきのような何かです

元スレ: にこの悩みと真姫の悩み

スポンサーリンク
2: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:38:44 ID:UcKmoiyE
―部室にて

にこ「‥‥」カチッ カチッ

にこ「‥‥」カチャカチャ ッターン!!

カチン!!ガッ‥ガッ‥‥

‥カチン!!ガチャ

真姫「‥部室の鍵が開いてると思ったら、にこちゃんだったのね」ツカツカ

にこ「いきなりご挨拶ね、真姫ちゃんだって練習休みなのに来てるじゃない。」

真姫「ちょっとね、独りになりたかったのよ。そういうにこちゃんはどうしたの?」

にこ「そう。まぁ、私も似たようなものよ。少し独りでね?」

真姫「マネシナイデ!!」

にこ「してないわよ!!どっちかっていうと後から来たあんたの方でしょ!!‥まぁ良いけど」
3: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:39:16 ID:UcKmoiyE
真姫「ん、それなら勝手にしてるわね」ギギィ トサッ

にこ「それに、こっちの用は済んだと言えば済んだし、邪魔なら出ていっても良いわよ」

真姫「そこまでは言ってないでしょ‥それこそ先にいたのはそっちなんだから好きにすれば良いじゃない」カバンゴソゴソ

にこ「ええ、それじゃあこっちも勝手にするわ」

マネシナイデ!! イイデショ!!



‥‥
‥‥‥
‥‥‥‥

真姫「‥‥」ドクショチュウ

にこ「‥‥」タカタカタン カチッ

真姫「‥‥」ペラッ

にこ「‥‥」スッ スッ カチカチッ
4: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:40:19 ID:UcKmoiyE

‥‥
‥‥‥
‥‥‥‥

にこ・真姫「「はあぁぁぁぁぁぁ‥‥」」

にこ・真姫「「!!」」

真姫「ちょっと、どうしたのよそんなアイドルらしからぬ溜め息ついて」

にこ「に、に、にこはぁ~、溜め息なんかしてないしぃ~?そ、それより真姫ちゃんこそどうしたのよ?このにこにー先輩に話してみなさい?」

真姫「なっ!?先輩禁止でしょ!?それにあんな大きな溜め息しておいて、溜め息してないで通すのはムリがあるわよ!!にこちゃんこそ何かあるなら話しなさいよ!!」


タメイキナンテシテナイシ?! シタデショ!! シテナイ!! ワー!! ギャー!!

にこ「はぁっ‥はぁっ‥分かったわよ、したわよ溜め息!!恥ずかしいから言いたくなかったのよ‥」

真姫「私だってそうよ。にこちゃん1人だけ抜け駆けはさせないわよ」

にこ「わかったわかった、じゃあせーので言いましょ?」

真姫「そう言って私にだけ言わせる気でしょ?」

にこ「しないわよそんなこと!!」

真姫「どーだか‥」
5: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:41:18 ID:UcKmoiyE
にこ「むっ‥じゃあ、『言わなかったらジュース奢り』ってことでどう?」

真姫「臨むところよ」


すぅー‥はぁー‥(深呼吸)

にこ・真姫「「せーのっ!!」」


にこ・真姫「「家が」」
にこ「狭いのよ‥」
真姫「広いのよ‥」


にこ・真姫「「‥‥」」

にこ・真姫「「‥ハァァァ!?」」

にこ「何よ、自慢?嫌味!?」

真姫「違うわよ!!」

真姫「私だって恥ずかしいから言いたくなかったのよ」

にこ「マネシナイデ!!」キャー

真姫「やめて」ジロッ

にこ「はい」
6: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:41:59 ID:UcKmoiyE
真姫「こうなったら話しちゃうけど、もうずっとパパとまともにお話してなくて。夜は遅いしすぐ自室に籠っちゃうから」

にこ「それで、寂しいってわけね」

真姫「違っ‥くはないけど。だから、もっと家が狭ければ家族の会話?っていうのももう少し増えるかなって思ったのよ。悪い!?」

にこ「そういうことね。真姫ちゃんなりに家族を大事にしてて良いんじゃない?」ニコッ

真姫「‥アリガト//」プイッ

真姫「ところでにこちゃんのは」

にこ「えーとぉ、にこはぁ
真姫「こころちゃんたちに自室をあげたい、とかでしょ?」

にこ「被せてきたわね。なんで分かったのよ」

真姫「私からしたら贅沢な悩みよ。にこちゃんが家の広さで悩むならそういうものでしょ?」

真姫「分からなかったらそもそも、最初に聞いたときにあんな驚いた声出してないわよ」

にこ「私からしたら、あんたの方が贅沢な悩みなんだけど‥そこは見解の相違かしらね」

真姫「そうね。ただベクトルは真逆だけど、大筋似たようなことで悩んでたみたいね」

にこ「そのようね、ってあれ?」
7: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:42:52 ID:UcKmoiyE
真姫「どうしたの?」

にこ「つまり、お互いの家を取り替えたら問★題★解★決!なーんて‥」

真姫「それ、良いわね。名案よ」

にこ「いやいや、今のはただの冗談でさすがに実行するのは無理が」

真姫「ん、それなら何とかできそうよ」

にこ「へ?」

真姫「良い?まずは―――――」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ここから先は二元中継でお送りします
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

真姫「お願いパパ、数日だけでいいの!!友達の家で過ごさせて欲しいの!!」アタマサゲ

真姫パパ「そうか。あちらさんがご迷惑でないというなら、楽しんできなさい」

真姫「うん。パパも、ママも。みんなで」

真姫パパ「!?」
8: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:44:46 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこママ「にこ、どういうこと?」

にこ「実は真姫ちゃんとお話しててね、家族間の距離が遠くて悩んでたみたいなの」

にこ「ウチのこと、みんな仲良しで羨ましいって言ってたんだよ。あの真姫ちゃんが。それで、ウチをとりかえっこしよって言ったの」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

真姫「ーーというわけで、夢を見せてあげたいのよ。みんな良い子達なの!!(一人は先輩だけど)」

真姫「いつもお世話になってるし、喜ばせてあげたいの‥ダメ?」

真姫パパ「いや、しかしだな‥(いつも聞き分けの良い真姫がどうしたのだ)」オロオロ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ「ねぇ良いでしょ?」

にこママ「にこにー?それはちょーっと、むずかしいかなー?」

にこ「何で?向こうでも真姫ちゃんがお願いしてるよ」
9: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:45:20 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

真姫「そうだ!!ママはどう思う?」

真姫パパ(ママ‥)

真姫ママ「うーん‥楽しそうだし、良いんじゃなぁい?♪」

真姫パパ「ママ!?」

真姫「ほら、ママもああ言ってることだし?」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こころ「僭越てすが‥こころも楽しみです!!」

ここあ「いーじゃん、お泊まりしよーぜー?」

こたろう「おとまりー」

にこ「ほら!みんな期待してるじゃない!?」

にこママ「うぐっ‥でもぉ、あちらのご都合もあるわよね?」

にこ「そうね、それなら‥」
10: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:46:10 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

真姫(やっぱり先にママに話しておいて正解だったわ!!)

真姫(こんな面白い話、あのママが無視する訳ないジャナイ?)

真姫パパ「ぐっ‥だが、先方の親御さんだってどうお答えするかわからないだろう?」

真姫「ええ、だとしたら‥」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ・真姫「「向こうが良ければ問題ないわよね!?」」

真姫パパ・にこママ「ま、まあ‥向こうが良いならな(ね)」
11: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:46:48 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~西木野邸前~

真姫ママ「どうぞ、家の鍵です~」

にこママ「大切にお預かりします。こちらのもどうぞ」

真姫ママ「はい。こちらも大事に扱いますね~♪ あ、主人の書斎は仕事で使ったりもするので鍵をかけてます♪」

真姫「にこちゃん、あんまり私の部屋ジロジロ見ないでよね!」

にこ「真姫ちゃんこそ!にこの部屋、きれいに使ってよね!」

ここあ「でっけーおうちー!!」

こたろう「ごうてい~」

こころ「ですけど真姫さん、真姫さんのお母さま。本当によかったのですか?」

にこ「そうよね、ちょっと気が引けてきちゃった..」
12: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:48:06 ID:UcKmoiyE
真姫「ん、まあパパからも言質は取ったし問題ないわよ」

真姫ママ「ええ、お家を交換するなんてとってもおもしろそうですもの♪」

にこママ「大変ご迷惑をおかけします..。全く、碌でもないこと思いついちゃって」

にこ「確かに最初に考えたのは私だけど、外堀を埋めて誘導する流れは真姫ちゃんよ」

真姫「////」

にこママ「そ、そうだったのね..」

真姫ママ「それじゃあ、寝具類も車に積みましたのでそろそろ向かわせてもらいますね~」

にこママ「はい、狭い家ですがごゆっくり」

真姫「は、はい。失礼します。にこちゃん、こころちゃん、ここあちゃん、こたろうくんもまたね」

にこ「ええ、また学校でね」

こころ「汚さないように気をつけます!」
13: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:48:37 ID:UcKmoiyE

こころ「汚さないように気をつけます!」

ここあ「おねーちゃんの言うことちゃんと聞くよー!!」

こたろう「ばいばいー」

ガチャ バタン!! ブロロロロ....

にこママ「さて、じゃあ入りましょうか」

にこころあ「お邪魔します!!」
14: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:49:28 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~某マンション付近~

真姫「着いたわ、ここね」

真姫ママ「じゃあ、荷物を出してお夕飯にしちゃいましょう♪」

真姫「そうね」

真姫ママ「ママは買い物に行ってくるけど、真姫ちゃんはどうする?」

真姫「うーん、荷物の片付けしておくわ。パパが帰ってくるまでには終わらせておきたいし」

真姫ママ「じゃあお願いしちゃうわね♪」

...
......
.........

真姫ママ「ただいまー♪」

真姫「おかえり、こっちは大体片付いたわよ」

真姫ママ「あら、ならさっそく夕飯の支度もしちゃうわね♪」

真姫「せっかくだし私も手伝うわ」
15: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:50:04 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ(はぁぁ、さすがにキッチンも食卓も豪華ね。作り甲斐があるわ)

にこ「こらー、いくら珍しいからって妙なイタズラして壊すんじゃないわよー」

矢澤家の面々「「はーい!!」」

にこ(ママまで‥ま、楽しんでるみたいだし、良いかな?)


‥‥
‥‥‥
‥‥‥‥
16: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:51:06 ID:UcKmoiyE
にこ「さ、出来たわよ!!」?

矢澤家「「いただきます」」

ここあ「すげえ!!今日ごちそうじゃん!!」

にこ「いやぁ、これだけ立派なキッチンとテーブルがあればちゃんとしたものを出したいにこ」

こころ「そんな、いつもお姉さまは頑張っているのに」

こたろう「かせいふー」

にこママ「こら、虎太郎」

にこ「まあまあ、じゃあそろそろ席につきなさーい」

矢澤家「「はーい」」

矢澤家「「いただきます!!」」
17: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:51:37 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

真姫「ご馳走さま」

真姫ママ「うふふ♪お粗末さまでした♪」

真姫「そうね‥実際粗末だったわね。もっと料理のも練習しなくちゃ。ハンバーグなんて簡単だと思ったけど、上手くやらないと崩れちゃうのね」

真姫ママ「ふふ♪真姫ちゃんとまたお料理するの、楽しみにしてるわね♪」

真姫「そうね‥まずは手軽なのでサンドイッチとかどうかしら」

真姫ママ「うふ♪じゃあトンカツの作り方も兼ねてカツサンドにしましょうか♪」

真姫「ヴェェェ」
18: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:52:14 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ(ふぅ、良いお湯だったわ。一人でゆっくりしようとしたけど、結局チビたちに乱入されちゃったけど)ヤレヤレ

にこ「あっ、コラ!!ここあ、ちゃんと頭乾かしなさい!!」

ここあ「ヤダー、ソファでゴロゴロするー!!」

にこ「全く、乾かしてあげるから頭こっち向けなさい?」

こたろう「Zzz..」

にこ「ごめんねこころ、こたろうがパジャマ着てる途中で寝ちゃったみたい。着せてあげて」

こころ「わかりましたおねえさま!!」

にこ「ママ、片付け残ってたらにこがやっておくからお風呂入って良いよ」

にこママ「ううん、さっき終わったから今から入るわね♪」

にこ(しっかしまぁ‥こんだけテーブル大きくても、こたろうがご飯こぼさないか見ないといけないからあんまり広さを堪能できなかったわ)
19: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:53:00 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

タクシー運転手「お客さん、着きましたよ」

真姫パパ「うむ、カード払いで良いかな?」スッ

タクシー運転手「はい、ではサインもお願いします。‥はい、ありがとう御座いました。お気を付けて」ガチャ バタン ブロロロロロ‥

真姫パパ(私は合鍵を預かっていないので、部屋はママに開けてもらわないとな)ピッポッピッ


‥‥
‥‥‥

真姫パパ(***号室、ここか)ガチャ

真姫ママ「うふふ♪お帰りなさい?」

真姫パパ「ただいま、なのだろうか?真姫はまだ起きてるかね」クツヌギ

真姫ママ「さっき寝たところよ」スタスタ

真姫パパ「そうか。では食事にしたら早めに寝るとしようか」スタスタ

真姫ママ「は~い♪」


‥‥
‥‥‥
20: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:55:18 ID:UcKmoiyE
真姫パパ「これは‥(随分と崩れたハンバーグだな)」

真姫ママ「真姫ちゃんも手伝ってくれたのよ♪」

真姫パパ「そうか、道理で‥フン、不味くはないな」

真姫ママ(ニヤケ顔してるのに、素直じゃないわね。こういうところは真姫ちゃんもよく似てるわね~♪)


‥‥
‥‥‥

真姫パパ「狭い風呂というのはやはり慣れんな‥そろそろ寝るか」

真姫ママ「は~い♪」フスマガラッ

真姫「Zzz..」

真姫パパ(おおぉ‥一部屋に布団が三組‥狭そうだな)

真姫パパ「真ん中に真姫が寝てるということは、隣で良いのだろうか」

真姫ママ「ええ♪」

真姫パパ「ふむ‥」オソルオソル ゴソゴソ

真姫「‥ぱぱ?」ネボケ
21: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:55:54 ID:UcKmoiyE
真姫パパ「!! すまない、起こしてしまったかね」

真姫「ううん、おかえり」ウトウト

真姫パパ「ただいま、それとハンバーグご馳走さま」

真姫「うん‥」ニコリ

真姫「つぎは‥もっとちゃんとするから‥」ウトウト

真姫パパ「ああ、期待しているよ。眠いところ悪かったね、おやすみ」

真姫「おやすみ‥」

真姫(パパは仕事で時間が取れなかったけど‥)ウトウト

真姫(やっぱり、こういうの良いわね‥)ウツラウツラ

真姫(でも、さすがにここでピアノは弾けないわね‥)Zzz..

真姫パパ(なるべく不自由しないように、とはしてきたつもりだったが‥)

真姫パパ(少し寂しい思いをさせていたかもな‥偶には皆で一緒に寝るのも良いのかも知れんな)フフッ
22: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:56:28 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にこ(みんな寝たわね)ファァ‥

にこ(こころもここあも、自分だけの寝室なんてなかったからはしゃじゃって)クスクス

にこ(こたろうのお守りはママ任せて悪いけど、私も眠いからそろそろ寝る事にするわ‥)Zzz..


‥‥
‥‥‥

にこ(? 妙に暑いし身体が重‥)

こころあ「Zz..」スヤスヤ

にこ(‥‥はあ、せっかく一人部屋使えるのにこの子たちったら‥)

にこ(しばらくは姉離れ出来なさそうね)クスクス
23: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:58:48 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―数日後

にこママ「この度は大変ありがとうございました。」

真姫パパ「いやいや、こちらこそ。私も良い経験しましたし」



真姫「にこちゃん、どうだった?」

にこ「それなりに楽しめたわ。結局、チビたちに絡まれてあまりゆっくりはできなかったけどね。真姫ちゃんはどう?」

真姫「そうね。やっぱり、新鮮で良かったとは思うわ。ただ、ちょっと別の問題が‥ね。パパたちのところに行くわよ?」

にこ「え、ええ‥」
24: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 22:59:36 ID:UcKmoiyE
真姫パパ「ところで矢澤さん、お部屋をお預かりしる間にこんな投函が」

にこママ「え‥老朽化による解体のお知らせ?」

真姫ママ「今すぐにってことではないみたいですが、じきに新しい住み家を探さないとならないようです」

にこ「え‥?」

真姫パパ「そこで提案ですが、もし宜しければウチへ来ませんか?」

にこ・にこママ(!?)

真姫ママ「真姫ちゃんも決行な淋しがり屋なので、家族が増えるのは良いかと思いまして」

真姫「チョット!!」

にこママ「良いのでしょうか‥?」

真姫ママ「ええ♪」


‥‥
‥‥‥
‥‥‥‥
‥‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥
25: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 23:01:16 ID:UcKmoiyE
真姫パパ「ところで矢澤さん、お部屋をお預かりしる間にこんな投函が」

にこママ「え‥老朽化による解体のお知らせ?」

真姫ママ「今すぐにってことではないみたいですが、じきに新しい住み家を探さないとならないようです」

にこ「え‥?」

真姫パパ「そこで提案ですが、もし宜しければウチへ来ませんか?」

にこ・にこママ(!?)

真姫ママ「真姫ちゃんも決行な淋しがり屋なので、家族が増えるのは良いかと思いまして」

真姫「チョット!!」

にこママ「良いのでしょうか‥?」

真姫ママ「ええ♪」


‥‥
‥‥‥
‥‥‥‥
‥‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥
26: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 23:02:36 ID:UcKmoiyE
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―最初は慣れなかったりで大変だったけど

―今ではすっかりにこちゃんは私の姉、こころちゃんたちは弟妹になっている

「真姫ちゃーん、準備良い?皆待ってるんだから早くしなさいよー!!」

「真姫ねえさま、お手伝いしますか~?」

「真姫ねーちゃん、はやくパンダ見たいんだけどー!!」

「ごめんね、今行くわ!!」

―でも、きっといつかは‥‥
27: ◆gqWUMz37yE 2016/04/19(火) 23:06:20 ID:UcKmoiyE
雑展開だけどおしまい

カブトボーグ29話のオプションパーツ装着時なみのスーパー言い訳タイム

真姫ちゃんママのぽわぽわした雰囲気が出せませんでした
取り壊しの件はモデルとなった建物が老朽化した件からです
本当はもっと描写を入れたほうが何をしているか伝わりそうですが、時間がなかった。南へ来過ぎとるんじゃよ..

誕生日になっても歳は取らないこれ正義
あとでHTML化依頼します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこの悩みと真姫の悩み』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。