穂乃果「海未ちゃんが悪いんだよ!」海未「穂乃果、ちょっと待ってください・・・あっ///」

シェアする

ほのうみ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 08:40:24.57 ID:jxG5PX46.net
海未「ふぅ、先生に呼び出され、すっかり遅くなってしまったようです」

海未(急いで戻らねば!次は体育の授業です)

タッタッタ



ガラッ

元スレ: 穂乃果「海未ちゃんが悪いんだよ!」海未「穂乃果、ちょっと待ってください・・・あっ///」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 08:41:45.03 ID:jxG5PX46.net
穂乃果「遅いよ、海未ちゃん!早くしないと体育の時間間に合わなくなるよ!」

海未「ちょっと先生につかまってしまいました。すぐ準備するので・・・」

ことり「・・・・」




ガサゴソ

海未「あれ?体操着がありません・・・」

穂乃果「家に忘れたんじゃない?」

海未「そんなわけはありません。朝ちゃんと確認しました」

穂乃果「実際ないんじゃきっと入れ忘れたんだよ!」

海未「・・・・そうでしょうか?・・・そうかもしれません」




穂乃果「でも、体操着ないんじゃ今日の体育の授業欠席する?」

ことり「待って、穂乃果ちゃん、海未ちゃん!今日って100m走のタイム計測の日だよぉ!」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 08:43:00.40 ID:jxG5PX46.net
海未「そうでした・・・評価に響きます。困りました・・・」

穂乃果「・・・・」

ことり「・・」





穂乃果「あっ!」

海未「穂乃果、どうしました?」

穂乃果「今日は予備にもう一つ体操着持ってたんだ!これ貸してあげるね!」

ことり「・・・・」

海未「有難うございます、穂乃果。助かりました」


















穂乃果「うん、別に気にしなくていいよ!」ニヤリ
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 08:47:28.94 ID:jxG5PX46.net
海未「・・・・・」

穂乃果「どうしたの、海未ちゃん?」

海未「穂乃果から借りた体操着ですが、サイズがちょっときついような・・・」

穂乃果「えっ・・・気のせいじゃないかな!」

海未「そうでしょうか、その上丈が短いので、お腹が出てしまって・・・」

穂乃果「海未ちゃん、ごめん、これしかなかったんだよ!」

海未「借り物ですから仕方ありませんね・・・」

ことり「・・・・」

海未(それにしても変ですね、穂乃果の予備にしては、サイズが小さいような気がしますが・・・)






















穂乃果(海未ちゃん、最高だよ!!!胸のラインは強調されるし・・可愛いお腹は見えるし・・)ハァハァハァ 👀
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:11:51.86 ID:jxG5PX46.net
海未「・・・・・・」ダァーシュ

穂乃果「走っている海未ちゃんも最高だよ!」パシャパシャ

ことり「・・・・・」

穂乃果「程よく揺れる胸、可愛いおへそ・・・・・・・そして、光る汗、グッチョブだよ、海未ちゃん!!」

ことり「・・・・」






















穂乃果(後で写メ整理しとかないとね!) 👀
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:15:21.15 ID:jxG5PX46.net
体育の時間終了

海未「穂乃果、今日は助かりました。体操着は洗って返しますね」

穂乃果「えっ?もったい・・・うんうん、海未ちゃん、気にしないで、穂乃果がちゃんと洗うから」バシィ

海未「!?」

ことり「・・・・・」
















穂乃果(危ない、危ない。貴重なコレクションがなくなるところだった!)
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:17:48.56 ID:jxG5PX46.net
放課後

海未「では、今日は私は弓道部のほうに顔を出して帰りますね」

ことり「ことりもバイトあるからこれで・・・」

穂乃果「穂乃果はちょっと生徒会室の片付け終わってから帰るよ!」

海未「そうですか・・・。では、また明日」

ことり「うん、またね」

穂乃果「海未ちゃん、じゃあね!」

ことり「・・・・」

















穂乃果「お楽しみタイムの始まりだね!」ヘヘヘ
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:29:17.32 ID:jxG5PX46.net
生徒会室

穂乃果「ふはぁ・・・・海未ちゃんの体操着・・・はぁはぁ」スリスリ

穂乃果「ちょっと舐めてみようかな」ペロッ

穂乃果「くぅ~!最高だよ、海未ちゃん!もっと穂乃果に海未ちゃんを感じさせてよ!」

穂乃果「海未ちゃんの匂い・・・いいよ、いいよ!」

穂乃果「海未ちゃん~、海未ちゃん~、海未ちゃん~!!」ゴロゴロ











穂乃果「ふぅ~一息ついたかな!

穂乃果「でも、やっぱり海未ちゃん本人が欲しいな!その為にガチレズの絵里ちゃんから生徒会長の座を貰ったんだから!」











希「・・・・・」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:39:05.70 ID:jxG5PX46.net
穂乃果「あの日、穂乃果は絵里ちゃんに・・・・」






~回想~

絵里「穂乃果、ここの生徒会長になりたいのね」

穂乃果「うん」

絵里「ならわかっているでしょうね」

穂乃果「知っているよ」

絵里「本当に知っているのかしら・・・」

穂乃果「・・・・」

絵里「まあ、いいわ。知っているとは思うけど、この音ノ木坂では、レズが5割、潜在的レズが3割、ノンケが2割なの」

穂乃果「・・・・」

絵里「つまり、学生からの支持を集め、生徒会長になることが出来るのは、レズのみ」

穂乃果「・・・」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:44:26.07 ID:jxG5PX46.net
絵里「当然、生徒会長もレズを擁護しなくてはならない」

穂乃果「穂乃果はレズだし、擁護もするよ!」



絵里「口ではなんとでも言えるわ。試させてもらうわね」

穂乃果「うん、わかったよ!」ヌギヌギ




絵里「まずはキスからね」

穂乃果「目を閉じるね・・・んんっ・・・・ああっ、感じるよ、絵里ちゃんの唇の感触!もっと穂乃果に感じさせて」

絵里「んんっ・・・穂乃果の唇、やわらかくていいわね」

穂乃果「恥ずかしいな・・・でも、この感じ、あぁんっ、癖になりそうだよ!」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 09:45:47.81 ID:jxG5PX46.net
穂乃果「ふぇっ・・・絵里ちゃんの手が穂乃果の胸に・・・」

絵里「胸のほうもいい感じに発達しているのね。やさしく揉んであげるわね」

穂乃果「ふぁぁ・・・絵里ちゃんの手が穂乃果の胸を・・・はぁはぁ・・・こんなのって・・・反則だよ!」

絵里「穂乃果って相当敏感なのね、ふふふ。だからって手は止めないからね」

穂乃果「絵里ちゃんの意地悪ぅ・・・はっ・・・やんっ・・・そこ駄目ぇ・・・感じちゃう」

絵里「駄目なの?じゃあ、やめておく?」

穂乃果「・・・・ぅ・・・・続けて・・・」

絵里「あら、下のほうもいい感じに濡れてきているのね。身体は正直なのね」

穂乃果「はぁはぁはぁ・・・絵里ちゃん、穂乃果を早く楽にさせて!」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 10:39:19.66 ID:jxG5PX46.net
絵里「いいわ」

穂乃果「あっ・・・そこ撫でないで//」

絵里「穂乃果のここもうこんな感じになっちゃって」クリクリ

穂乃果「・・・・っ・・・言わないで・・」

絵里「指2本ぐらいだったらいけるかしらね、ふふふ」

穂乃果「・・・・早く・・・いれ・・・て」

絵里「穂乃果からそんな言葉が聞けるなんて・・いいわ」クチュクチュ

穂乃果「ああっ・・・穂乃果イッちゃう・・・あっ・・・あんっ・・・ああっっ///」









絵里「・・・・・」スゥ

穂乃果「え、絵里・・・ちゃ・・・ん?」



絵里「ここまでね、穂乃果」

穂乃果「な・・・・どうして・・・」

絵里「穂乃果、この私を甘くみたわね」

穂乃果「!?」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 10:40:49.85 ID:jxG5PX46.net
絵里「どうしてって顔しているわね?」

穂乃果「・・・・」コクッ

絵里「穂乃果より私のほうが経験値の差が違うの!」

穂乃果「・・・・」

絵里「私はレズと何人もやっているからわかるのね。確かに穂乃果はレズだわ!」

穂乃果「じゃあ・・」

絵里「だからこそわかるの。穂乃果はたしかにイッたわ!」

穂乃果「・・・・」

絵里「しかし、完全に満足してイッたわけではない!」

穂乃果「・・・」

絵里「おそらく穂乃果が完全にイケるのは、別な人だと思うわ」












穂乃果「・・・・さすが、絵里ちゃんだね!」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 10:43:12.40 ID:jxG5PX46.net
絵里「やっぱりね。言ったでしょ、私の目はごまかせないわ」

穂乃果「穂乃果は意中の人だとイケると思うよ・・・いや、絶対イケる!」

絵里「なんだか妬けるけど、レズは意中の相手に巡りあうことが大事よ」

穂乃果「えへへ」

絵里「意中の相手とは、ずばり海未ね!」

穂乃果「・・・そこまで見抜かれていたなんて!」

絵里「おそらく当事者の海未以外みんな気がついているわ!」

穂乃果「えへ、穂乃果頑張る!」



絵里「頑張りなさい・・・」








絵里(穂乃果、海未はノンケ・・・・・・・・・そこに待っているのは幸せとは限らないのよ)

続く?
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 11:42:49.07 ID:jxG5PX46.net
~回想終了~

穂乃果「ここまでして掴んだ生徒会長の座、これを利用して必ず海未ちゃんの心をゲットするんだ!」

穂乃果「ふひひひ」








希「歯車は回り始めたんか・・・」

希「絵里はレズ以外相手せんかった・・・・。しかし、穂乃果ちゃんは・・・・」

希「これが何をもたらすのか・・・」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 12:09:02.05 ID:jxG5PX46.net
数日後

穂乃果「海未ちゃん、今日の放課後、生徒会の仕事手伝ってよ!」

海未「穂乃果、そのぐらい自分でやりなさい!」

穂乃果「ええっ?やだよ、海未ちゃん手伝ってよ!」プンプン




海未「はぁ・・・・穂乃果、仕方がありませんね、少しだけですよ」

穂乃果「やった!!海未ちゃん、大好き!!」ダキッ

海未「穂乃果、離れなさい!」グィ

穂乃果「・・・・ごめん、海未ちゃん!」

海未「別にいいですよ、穂乃果はいつもこんな感じですし」

穂乃果「・・・そうだよね、穂乃果はこんな感じだよ!へへへ」

海未「!?」

ことり「今日はことりも手伝ってあげるね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ありがとう、ことりちゃん!」

ことり「どういたしまして♪」















穂乃果「・・・・・」ニヤリ
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 14:47:19.73 ID:jxG5PX46.net
生徒会室

穂乃果「るーらーるー♪」

海未「穂乃果、なんかご機嫌ですね」

穂乃果「うん、穂乃果の願いがようやく叶えられるんだ!」

海未「!?・・・穂乃果、今日はなんか変じゃありませんか?」

穂乃果「ううん、別に・・・それよりなんか飲み物用意してくるね・・・」

ことり「・・・・」

海未「やっぱり変な穂乃果ですね。・・・私はどうすればいいのでしょう?」

ことり「書類でも整理すれば、いいんじゃないかな?」

海未「わかりました」
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 14:48:32.95 ID:jxG5PX46.net
海未「穂乃果の机に載っている書類でも整理しますか・・・」

ペラペラ

海未「うん?これは・・・」




穂乃果「戻ったよ!・・・あれ、海未ちゃんどうしたの?」

海未「穂乃果、これはどういうことですか?」

穂乃果「??」

海未「この前決めた予算の中で、レクリエーション費用が大幅に水増しされています」

穂乃果「えっ?海未ちゃん、気のせいだよ」

海未「いえ、気のせいなんかじゃありません。ここを見て下さい」

穂乃果「ほへ」

海未「いいですか、この予算は本来このぐらいで・・・」

穂乃果「本当だね。何かの間違いかな」

海未「わかりません。もう少し検証してみる必要が・・・」

穂乃果「わかったよ。おっとコーヒー入れたから、冷めないうちに飲んでね、海未ちゃん」

海未「わかりました。有難うございます」ゴクゴク

穂乃果「・・・・・」



海未「なんだか・・・急に・・眠く・・・」パタッ
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 15:46:38.57 ID:jxG5PX46.net
海未「・・・・あれ・・・なんで・・・」ハッ



穂乃果「海未ちゃん、おはよう!」

海未「穂・乃・果?・・・はっ、ここは?」ジャラッ

穂乃果「・・・・」

海未「はい?なんで両手が拘束されて・・・。ベッドの上・・・?」

穂乃果「それはね、穂乃果が海未ちゃんを招待したんだ!」



海未「・・・穂乃果、何の冗談ですか、怒りますよ!」

穂乃果「冗談じゃないよ、穂乃果はずっとこの機会を待っていたんだよ!」



海未「どういうことですか、穂乃果?はっ?私の服が・・・」

穂乃果「今頃気がついたんだ、海未ちゃん!そう、制服は穂乃果が脱がしたよ!」

海未「な、何を・・・」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 15:47:58.03 ID:jxG5PX46.net
穂乃果「さて、何をするでしょうか?」ニコニコ

海未「・・・っ・・・・穂乃果、今すぐこの鎖をはずしなさい!」

穂乃果「海未ちゃん・・・そう睨まないでよ、これから楽しいことするんだから!」



海未「穂乃果・・・だ、誰か、助けて下さい!!」

穂乃果「無駄だよ、海未ちゃん。ここの施設は完全防音。しかも海未ちゃんの両親にも今日は『研修』と伝えてあるから、お泊りも問題なしだよ!」

海未「研修・・施設・・・ま、まさか・・・はっ!この施設って・・・」

穂乃果「そう、海未ちゃんは気がついたようだね。この学校の地下施設だよ!海未ちゃんが見た資料はここの維持費用もあるんだ!」

海未「くっ・・・。な、なぜこんなことを・・・」

穂乃果「やっぱり海未ちゃん、気がついていないんだ」

海未「・・・」

穂乃果「穂乃果は海未ちゃんが大好きだよ!」

続く
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 17:17:33.53 ID:jxG5PX46.net
穂乃果「一緒に楽しもうよ!」ヌギヌギ

海未「ほ、穂乃果、待ちなさい!」

穂乃果「待たないよ!」バッ

海未「や、やめて・・・いやぁぁぁぁ」


















ツバサ「・・・・という夢を見たんだ。悪夢だった・・・」

英玲奈「・・・・」

あんじゅ「完全にフルハウス」

終わる
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 17:49:40.28 ID:jxG5PX46.net
ある日の夜、>>1さん、どうしていつもいつも変なの作るかな?」

海未「>>1さん、貴方は最低です!私はほのキチではありません!」

ことり「ことりもμ’sのみんなを喰いものになんかしないよぉ」

絵里「私達は女の子には興味はないの、わかった?」

にこ「そうよ、頭がイカレているんじゃない?」

凛「かよちんとは仲がいいだけで、恋愛感情なんかないにゃ!」

真姫「もっとノーマルなもの書きなさい!」

希「普通なものを作れんの?」

花陽「凛の言うとおりです。恋愛するなら、異性の方が普通じゃないですか?」


>>1は今までほのキチ5作、りんぱな、のぞうみ、様々な作品を作ってきた。

今もことうみ、ほのりんを作成中であった・・・・。

>>1「・・・・・」

















ビリッ

>>1は、書き溜めていたすべてを破棄した。

ふと見上げると、μ’sのメンバーの笑顔がそこにあった・・・。

続け
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「海未ちゃんが悪いんだよ!」海未「穂乃果、ちょっと待ってください・・・あっ///」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。