みもりん「うっちーのお水飲んだらPileちゃんが小さくなっちゃった…」

シェアする

真姫-アイキャッチ32
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:00:24.01 ID:TZspfZEk.net
ガラッ

ぱいる「お、おはよー!……はぁ……はぁ……」

うち「おはよう、ぱいるちゃん」

みも「……ぷっ、おはよー」

ぱいる「はぁっ……み、みんなは?」

うち「皆は今着替えてるよ。私達はもう着替え終わってるけど……」

みも「おーい掘ぃ~どうして遅れたのぉ~?」ツンツン

ぱいる「り、理由はもうスタッフさんに報告してるもん……」

みも「え~?今日はどぅーむでのリハの日だよね~?なぁんでそんな大事な日に遅れたの~?」

ぱいる「うっ……」

みも「え~?」

ぱいる「そ、その、場所を……ま、間違えて……」

みも「ん~?」

ぱいる「……ま、間違えて横浜BLITZに行っちゃったのっ!」

みも「くっwwwwwwwwwww」

元スレ: みもりん「うっちーのお水飲んだらPileちゃんが小さくなっちゃった…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:07:42.79 ID:TZspfZEk.net
ぱいる「もー笑わないでっ!」

みも「いやだってさwwwwwww」

ぱいる「ねーきいてようっちー!すーちゃんが意地悪するのっ!」

うち「うんうん、みもちゃんは悪い子だね……ぷっw」

ぱいる「!」ガーン

みも「横浜BLITZてwwwwwwどうしたら間違えるのwwwwwww」

うち「……人間誰でも間違えはあるから……うん……w」

みも「いやいやこれはwwwwくっすんでも間違えないよwwwwww」

うち「ちょいちょいwうちのくっすんの悪口さり気に言わないでw」

みも「『横浜ブッツリ!?(希ボイス)』wwww」

うち「ちょっとwwwwもーやめてよwwwwww」

ぱいる「……」

ぱいる「……もういいもん」

みも「はーぁ……ごめんごめん。あまりにも面白かったから……」

ぱいる「ふんっ!すーちゃんなんか知らないっ!」グーッ

ぱいる「あ……///」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:15:37.26 ID:TZspfZEk.net
みも「ふっ……w ちょっと掘さん……どうしたの次はお腹すいたの?wwwww」

ぱいる「ち、ちがっ……///」

うち「こら、みもちゃん、駄目だってお腹なるのは生理現象で……wwww」

みも「そういううっちーも笑ってるwwww」

うち「わ、笑ってないよwww」

ぱいる「……ぐすん……」

みも「え、泣いちゃったの?wwwwww」

ぱいる「っ、う……」

みも「ちょーいちょい堀さんwwwww」

うち「……まって、みもちゃん」

みも「へ?」

ぱいる「……うっ……っ、ぐすっ……うぇぇん……」ポロポロ

うち「やばいよ……これ……」

みも「うん……」

ぱいる「うわぁぁぁぁん!」

うちみも(ガチ泣きだ……)
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:25:33.02 ID:TZspfZEk.net
ぱいる「うぐっ……うっ……うっ……ふぇぇ……」

みも「ど、どどどどどうする?」コソコソ

うち「い、いや知らないよ、み、みもちゃんが泣かせたんじゃん!」オロオロ

みも「あ、あたしぃ!?」

うち「ほらさっさとどうにかしろよっ!」ゲシッ

みも「いったぁ!?」

うち「みもちゃんが泣かせたんでしょ?」

みも「う、内田の彩さん、この世には連帯責任という言葉が……」

うち「唯我独尊って知ってる?」

みも「あ、その、はい……」

うち「みもちゃん、頑張ってね♡」

みも「う、うぇぇぇ……?」

ぱいる「うぇぇん……!ぐすっ……ぐすっ……」

みも「ぱ、ぱいるちゃん……えーっと、ごめんね?言いすぎちゃった」

ぱいる「……ぐすっ、ぐすっ……」フイッ

みも「ね、お腹減ってるならあたしのお弁当ちょっとあげるから……ゆるしてくれる?」

ぱいる「ぐすっ……う、うん……///」チョロローン

うち(ちょろい)
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:34:07.66 ID:TZspfZEk.net
みも「それなら良かった!よーしじゃあ早めの昼ごはんだー!」

ぱいる「うんっ!」

みも「じゃーん!今日のあたしのお弁当はパクチー弁当!」

ぱいる「おおぉー!」

うち「普通においしそう……」

みも「でしょでしょ?しかもデトックス効果もあるからねー!これは女性の味方ですよー!」

ぱいる「すごーい!すーちゃんすごい!」

みも「ふふふ、まああたしの手にかかればこのくらいは……なんたって……」

うち「よし、じゃあ食べていいって。ぱいるちゃん召し上がれ~」

ぱいる「わーい!」

みも「まだ話してる途中なんですけどね……」

ぱいる「いただきまーす!」パクパク

うち「こらこらゆっくり食べないと……」

ぱいる「もぐもぐ……ぐっ!?こほっ、こほっ……!」

うち「ほら言わんこっちゃない……」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:43:00.75 ID:TZspfZEk.net
ぱいる「っ、ぐふっ、こほっ……ごほっ……」

みも「あちゃあ、むせちゃったか。大丈夫?」トントン

うち「めっちゃ辛そうじゃん……よしよし」サスサス

みも「ど、どうすれば……」

うち「あ、私お水もってる。ぱいるちゃん、飲めそう?」

ぱいる「けほっ、っ……ごほっ……」コクコク

うち「はいじゃあこれ。ゆっくり飲んでね」スッ

ぱいる「あ、ありが……げほっ、げほっ……」

うち「いいからいいから……早く飲んで」

ぱいる「う、ん……っ……んくっ……」ゴクゴク

みも「またいい勢いで飲んで……こりないねー」

うち「ねー」

ぱいる「うっ!」

みも「……?……ぱいるちゃん?」

ぱいる「────っ!?」

ペカー

うち「きゃっ!ぱいるちゃんが光った!?」

みも「目がぁぁぁぁぁぁっ!」

シーン……

うち「はぁっ……眩しかった……って、え?」

みも「ぱ、ぱいるちゃんが……」

ぱいちゃん「……?」

うちみも「ち、小さい!」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 19:54:52.87 ID:TZspfZEk.net
うち「へっ、へ、え、ええ!?」

みも「えええぇ!?なんで!?」

ぱいちゃん「……」チョコーン

うち「……まって、あれかもよ?遠近法」

みも「あ、そ、そっかぁー。ぱいるちゃんはここにいるようで50メートル先にいるのかも」

うち「そ、そうそう。または私達の距離感が鈍っちゃったのかも」

みも「あー目のあれね。って老眼じゃないわーやかましいわー」

うち「……」

みも「あ、はは……」

うち「いや冗談抜きで小さいよ」

みも「で、ですよねー……」

うち「世間で言えば5歳児くらいかな……かわいい。私にもし子供がいたらこんな感じかな……」

みも「ねーかわいい……」

ぱいちゃん「ねぇねぇ」テクテク

うちみも「!?」ビクッ
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:05:05.77 ID:TZspfZEk.net
うち「た、た、立ったぁ!ぱいるちゃんが立ったぁ!」ワタワタ

みも「く、クララかっ!」ワタワタ

うち「そ、そんなツッコミ今求めてないから!」

ぱいる「な、なんでにげるの?」ウルッ

みも「ほ、ほら!泣きそう!最近結婚ネタをほのめかしてくるうっちーださん!どうにかして!」

うち「かんけーないし!」

ぱいる「う、う……」ポテポテ

ズルズル……

うち「って、あれ……?」

みも「……んん?ぱいるちゃんの服がどんどん脱げてく……あ、そっか身体が小さくなってるからか!」

うち「む……よく見る魔法少女ものとかは変身しても服の大きさは変幻自在なのになー……残念……」

みも「へーそうなんだ。知らなかった……」

ぱいる「むー……?」ズルズル

みも「ほ、ほらぁ!うっちーがそんなこと言ってる間にぱいるちゃんすっぽんぽんだよ!」

うち「わ、私のせいじゃないじゃん!」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:11:13.55 ID:TZspfZEk.net
ぱいちゃん「……お洋服大きい……」

みも「う、うっちー……どうする?」

うち「……とにかくぱいるちゃんに服着せなきゃ。じゃなきゃまずいよ。裸の幼女を見つめるアラサー2人ってなかなかな絵面だし」

みも「でっ、でも服って言ったって……」

うち「うーん……」キョロキョロ

うち「……あ」

みも「?」

うち「よいしょっと……すこーし失礼します。南條さん……」ゴソゴソ

みも「うっちー……勝手になんじょーさんの鞄あさっていいの?」

うち「……えーと、あったあった。南條さんの換えのTシャツ」

みも「……あ、なるほどぉ!」

うち「うん。南條さんのが1番サイズ的に近いでしょ。ちょっと借りますねー」

みも「ナンジョールノ先輩……小さくてありがとうございます….…」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:16:28.88 ID:TZspfZEk.net
うち「はい、えーと、これ着られるかな?」

ぱいる「うんっ!きれるー!このまえねーえっとねーパジャマのぼたんしめれるようになったからねー、きれる!」

うち「おーえらいねぇ。よしよしー。じゃあこのお洋服着ようねー」

みも「お、おお……なんだか慣れてる……」

ぱいる「んーと、えーと……」ゴソゴソ

うち「……」

ぱいる「きれた!」

うち「……うん、頭がおてての所からでてるねー。もう一回着てみようかー」

ぱいる「あれー?……ほんとだー!……んーと、よいしょ……」

うち「……」

ぱいる「きれたよー!」

うち「うんうん、次は後ろ前だねー。もう一回着てみようか?」

ぱいる「……むー!なにこの服!きれない!」バシィッ!

みも「あ、ああ……南條さんのTシャツが地面に……」
17: 途中途中ぱいるになってるなすまん(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:24:47.57 ID:TZspfZEk.net
うち「あーあー。駄目だよぉ」

ぱいちゃん「きれない!きれないもん!」

うち「そんなことする子には……」

ぱいちゃん「……」

うち「……みもちゃんが怒っちゃうって」

みも「え、あたしぃ!?」

ぱいちゃん「ふえっ」ビクッ

うち「ほらー早くごめんなさいしないと」

みも「え、えー……」

ぱいちゃん「……ふ、ふーん」

うち(ぱいるちゃん……子供特有の“この人にだったら怒られても怖くない”って顔してるな……)

うち「……みもちゃん」

みも「ん?なに?」

うち「……四捨五入……もうすぐしなくてもよくなるね……」

みも「……(野獣の眼光)」

ぱいちゃん「っ!?」ビクッ
18: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:26:08.92 ID:maMAV9Pv.net
http://imgur.com/iSiiNPc.png
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:30:56.85 ID:TZspfZEk.net
うち「怖いでしょー?ね、謝らないと」

ぱいちゃん「……でっ、でもこのおようふくきれないもん……」

うち「落ち着いたら着れるよ。さっき後ろ前だったでしょ?それ逆にするだけだもん」

ぱいちゃん「そっか……!」

みも「よーし!じゃあすずこお姉ちゃんが手伝ってあげよう!」

ぱいちゃん「ほんとー!?」

みも「ほんとですとも」

ぱいちゃん「えへへーやったー!」

うち「甘やかしたら駄目でしょーみもちゃん」

みも「えーうふふ、だって可愛いんだもんー」

うち「まあ確かに……母性本能くすぐられるよね」

ぱいちゃん「ぼせいほんのうってなにー?」

みも「それはねーぱいるちゃんがかわいいってことだよーうふふーへへへーふひひー」

ぱいちゃん「えへへー」

うち(かわいい……みもちゃんはちょっと気持ち悪いけど)
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:38:52.40 ID:TZspfZEk.net
ぱいちゃん「きれたーきれたーえへへー」

うち「……で、何でこうなっちゃったんだろうね」

みも「さぁ……」

うち「……みもちゃんのお弁当、じゃない?」

みも「へっ!?」

うち「だってみもちゃんのお弁当食べた時点でさ、ぱいるちゃんおかしくなってたじゃん。あれでしょ?パクチーとか言いながら、若返り草的なの混ぜてたんでしょ?」

みも「わ、わ、若返り草!?そんなもの入ってるわけないでしょ!」

うち「えー」

みも「いやいやおかしいじゃん!それに若返り草なんて日頃から食べてたら……ねぇ?三十路だのなんだのには……はは……」

うち「ああ……(察し)」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:44:53.67 ID:TZspfZEk.net
みも「てか元を返せばパクチー弁当じゃなくてうっちーのお水飲んだからじゃん!こらぁー!若返り水かな?羨ましいぞーこのやろーっ」

うち「は?」ギロッ

みも「あ、いえ……その……パクチー弁当の可能性もあるけどうち水飲んでから、ぱ、ぱいちゃんちっちゃくなったし……ね?か、可能性は微レ存……」

うち「……」

みも「そ、それにうち水=若返り水だとしたら納得っていうか!ほら、うっちー肌綺麗だし!若い頃から全然変わんないしー!はは……」

うち「みもちゃんうるさい」

みも「は、はい」

うち「とにかく、私は至って普通のお水持ってきたから」

みも「で、でもそんなこと言ったらあたしも……あ!というかそもそもあれじゃん!この子がぱいるちゃんってまだ決まったわけじゃないじゃん?」

うち「……そっか。もしかしたら他人かもしれないもんね。名前聞いたら別人かも」

みも「そうそう!いやーもう慌てるわー。ねぇ、お名前は?」

ぱいちゃん「おしっこ」

うちみも「!?」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 20:54:44.95 ID:TZspfZEk.net
うち「え……」

みも「お、おしっこ……?おしっこ、ちゃん……?」

ぱいちゃん「おしっこ……」

みも「そっか……おしっこちゃんねー、はー最近の子の名前は変わってるなー。キラキラネームって言うんだっけ」

うち「……違う」

みも「ん?」

ぱいちゃん「おしっこ」モジモジ

うち「これは……尿意!」ピーン

みも「へー……ってなんでですかー」

うち「いやマジで」

ぱいちゃん「おといれいきたい……」モジモジ

うち「ね?」

みも「あーなるほど」

ぱいる「うう……もれちゃう」モジモジ

みも「なるほどねー……」

うち「なるほどじゃねぇよ!さっさと連れてけっ!」バシッ

みも「いたぁっ!?」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 21:01:19.46 ID:TZspfZEk.net
ぱいちゃん「ねぇ、おといれどこぉ……?」

みも「えー、えと、そこの廊下を曲がってー……それからまっすぐ……」

ぱいちゃん「うん……うん……」ブルッ

うち「……やばっ!み、みもちゃん!」

みも「な、なに!?」

うち「説明してる暇ないだろうがっ!」ベシィッ

みも「いたぁっ!?」

うち「ぱいるちゃん、を、早く、トイレ!」

みも「え、え?な、なに?」

うち「はやく!トイレ!トイレだってば!トイレだよ!」

みも「もートイレトイレ連呼しないの」

うち「はやくトイレにこの子を担いででも連れてけぇっ!」

みも「ひいっ!……は、はい!ぱ、ぱいるちゃん(仮)!いくよ!」ヒョイッ

ぱいちゃん「……」プルプル
36: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 00:28:56.59 ID:fOLfQaTX.net
みも「トイレ!トイレ!」タッタッタッ

うち「みもちゃん頑張って!」タッタッタッ

ぱいちゃん「……」プルプル

うち「ぱいるちゃん(仮)も!がんばれ!」タッタッタッ

みも「はいはーい!みんなどいてー!」タッタッタッ

スタッフ達「「「なんだあれ……」」」ザワザワ

みも「もうちょい!あともうちょい……!」タッタッタッ

うち「ついた!って……シカちゃん!?」


シカ「……」スッ


みも「や、やばい!シカちゃんがトイレのドアに手をかけた!」

ぱいる「……う、うぅ」プルプル

うち「くっ……ごめんシカちゃん!!!」ダッ

シカ「え……」

うち「おりゃぁ!」

・:*三( ε:)`д゚)Ψ・;" ドーン

シカ「くぼぉっ!?!?」
39: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 00:38:04.64 ID:fOLfQaTX.net
シカ「ぐっ……無念……」パタリ

うち「っ、みもちゃん!今だ!」

みも「う、うん!ありがとうっちー!シカちゃんはもうちょい待って!」

バタン!

うち「はぁ……はぁ……ま、間に合ったかな……?」

シーン

うち「……」ドキドキドキ

ジャー……ゴポゴポゴポ……

カチャッ

みも「ふぅ……」

ぱいちゃん「スッキリー!」

うち「はぁぁぁ……よかったぁ……」

みも「いやほんとなんじょーさんのTシャツだけでよかった……パンツ脱ぐ時間入れてたら確実に間に合ってなかったわー」

うち「そういえば今ノーパンだっけ?」

みも「そうそう」

ぱいちゃん「スースーするー!」
41: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 00:51:59.76 ID:fOLfQaTX.net
うち「ってこら。スースーするじゃないの!トイレ行きたかったなら早く言わなきゃ駄目でしょ?めっ」

ぱいちゃん「はぁーい……」

みも「うんうん」

うち「みもちゃんだっていい年なんだから女の子1人抱えて走るのは辛いの。いい?」

ぱいちゃん「はぁーい……」

みも「うんう……え?内田さん?今なんて?」

うち「……で、さっきの続きなんだけど……お名前は?」

ぱいちゃん「なまえ?」

うち「そうそう。私は内田彩って言うんだけど……お名前言えるかな?」

ぱいちゃん「えーっとね、えりこ!ほりえりこ!」

みも「ほぉら言ったでしょ?ぱいるちゃんじゃなかったじゃん!ほりえりこ、って誰よー、まったくー……ん?ほり、堀ぃ……?ん?」

うち「……」

みも「は、はは……ど、どこぞの堀さんかなぁ……しかもエリコときたかぁ……」

うち「ほりえりこ……誰の名前だったっけなぁー……そういえば、ぱいるちゃんのAmebaブログで最後に……“erico.”ってあったような……」

みも「ま、まっさかぁ……“suzuko”の間違いでしょ……あはは……」

うち「そ、それはみもちゃんでしょ」

うちみも「……」
42: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:04:32.13 ID:fOLfQaTX.net
みも「……え、ねぇ、嘘でしょ?嘘だと言って」

うち「……大丈夫。夢だよこれは」

みも「うん……夢か」

うち「夢です」

みも「そっか……」

うち「だって現実的に考えてさぁこれは……あ、分かった。Final前で疲れてるからね。全てこれは幻覚」

みも「……随分と鮮明な幻覚だね」

うち「じゃあみもちゃんに幻覚以外の意見ありますか」

みも「それは……ないけど」

うち「ほらぁ」

みも「でっ、でもこれほんとに幻覚?さっきあたしだき抱えて走ったよ?それに……汚い話だけど用を足してるところも見ましたし……」

うち「じゃあもっかい幻覚の幼女さんにご挨拶しよう……って、あれ?」

みも「ん?どうしたのうっちー……あれ?」

うち「……いなくなってる」

みも「あーなんだーやっぱり幻覚かー」

うち「あははー」

みも「……」

うち「……」

うち「さっ、探しに行くよ!みもちゃん!」

みも「お、おっけー!」
43: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:18:38.16 ID:fOLfQaTX.net


ぱいちゃん「~♪」テクテク

ぱいちゃん「ぶっ!?」ドンッ

ジョルノ「いたぁっ!?」

そらまる「いきなりどうしたんですか、ナンジョルさん……」

ジョルノ「ひっ、膝に矢をうけたっ……!」

そらまる「えっ、またですか!?」

ジョルノ「いやほんとに何かが……ん?誰だ?」

そらまる「……?」キョロキョロ

ぱいちゃん「?」

そらまる「う、うええっ!?幼女が何でこんなところに?」ヒョイッ

ぱいちゃん「うわーだっこー!」

そらまる「きゃわいい!」

ジョルノ「ほ、ほんとだ……超かわいいんだけど」

ぱいちゃん「たかーい!」

そらまる「……なんかどっかで見たことないですか、南條さん」

ジョルノ「言われてみれば……んー……誰だ?」

ぱいちゃん「んー?」
44: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 01:30:50.18 ID:fOLfQaTX.net
ジョルノ「……待って、というかこのTシャツあたしのじゃん!」

そらまる「え、そ、そうなんですか?」

ジョルノ「な、何故幼女が着ている……」

ぱいちゃん「えーっと、うちだ、あやちゃんって人がくれたー」

そらまる「内田さんが……?」

ジョルノ「ますます分からん……なんのためにあたしのあげたんだろ。そしてなんで着させてるんだろうか……」

ぱいちゃん「んーと、すずこちゃんっていうお姉さんがねー、笑いながら脱がせて着させてくれたの!」

ジョルノ「……」

そらまる「……」

ぱいちゃん「わたしのことかわいいーってたくさんいってくれたんだよー!」

ジョルノ「これは……みもちゃん……」

そらまる「うん……」

ジョルノ「三十路に近づいて秘めた性癖が性欲とともに爆発したんだ……きっとそうだ……」

そらまる「すず……かわいそうに……」
51: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 20:59:18.33 ID:VUlsrH0/.net
うち「……!みもちゃん!あそこ!」

みも「あ!ほんとだっ!おーい!そらー!」

ジョルノ「あ、みもちゃん……」

そらまる「……すず……」

みも「はぁ、はぁ……あーなんだそら達のところにいたのねー」

ぱいちゃん「うんっ」

みも「はーい、それじゃあすずこちゃんのところに帰っておいで~」

そらまる「……」スッ

みも「……え? あのー……そら、まる、さん? なんでその子を後ろに隠すのかなー……?」

ジョルノ「……」スススッ

みも「あ、れ、れー?……な、ナンジョールノ先輩までなんで……」

そらまる「すず……ごめんだけどこの子は渡せないよ」

みも「えっ?」

ジョルノ「あたしも……うん……この子はみもちゃんには渡せないかな……」

みも「ええっ?」
54: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:25:26.14 ID:VUlsrH0/.net
ジョルそら(幼女の貞操は自分達で守らないと……)

ジョルノ「……」ジトッ

そらまる「……」ジトッ

みも「な、何その目……なにさそんな目であたしを見て……」

みも「……はっ!」

みも(分かった……ナンジョールノのさんのTシャツ勝手に着させちゃってるのを怒ってるんだ!)

みも「なるほどねぇ……」

そらまる「すず……なるほど、って……」

みも「いやーやっぱ勝手に人のもの使っちゃダメだよねー!」

そらまる「使う……?」

みも「いやーそれのことでしょ?」ユビサシ

ジョルそら(それ、って……幼女のこと!?)

そらまる「そ、それ、なんて言い方ひどいよ!」

みも「えっ」

ジョルノ「そ、そうだ!ちゃんと名前呼んであげなよ!」

みも「え、いやだって……物(Tシャツ)、って名前で呼ぶものなの?おかしくない?」

そらまる「(幼女を)も、モノ扱い……!」ガタガタ

ジョルノ「し、しかも人のモノっつったぞ……」ガタガタ
55: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:34:47.97 ID:VUlsrH0/.net
そら「す、すず……(幼女と)ど、どういう関係なの?」

みも「か、関係?」

ジョルノ「う、うん……あ、危ない関係?」

みも「危ない関係って何言ってるんですかーもう。関係も何も(Tシャツの)持ち主はなんじょーさんでしょ?」

そら「へぇっ!?」ビクッ

ジョルノ「はぁぁぁ!?んなわけないじゃんか!」

みも「えっ、違うんですか」

ジョルノ「違うよ!初めて(この幼女を)みたよ!」

みも「えっ、でも南條さんの鞄の中に……(Tシャツが)」

そら「あ、あああ……うそ……な、南條さん……」ガタガタ

ジョルノ「(幼女なんて)い、入れるわけないだろぉ!」

みも「えっ、でも入ってましたよ?」

ジョルノ「うそぉおぉ!?いつの間にっ!?」

そら「ひぇぇぇっ……」ガタガタ
58: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 21:52:28.46 ID:VUlsrH0/.net
ジョルノ「い、いやいや違う!なんて言われようともあたしのじゃないし鞄にも入れた覚えはないっ!」

みも「えーこれじゃあ誰なのかな……」

そら「す、すずの(子)ではないの……?」

みも「ん?違うよ?」

そら「で、でも(幼女)すずの名前喋ってたもん!」

みも「でぇぇぇぇぇ!?(Tシャツが)喋ったのぉ!?」

そら「う、うん! スズコオネエチャン!!(裏声) って!」

みも「こっ、怖ぁぁ!?あたしの前ではシーンとしててうんともすんとも言わなかったのにっ!ビクともしなかったのに!」

そら「えっ……」

ジョルノ「ま、まさかの……」

ジョルそら(調教かなにか……!?)

そら「……すず、考え直して」

みも「へっ?」

そら「人の(子)なのにさ、勝手に(幼女調教とか服脱がしたり)いろいろしてさ……人間として恥ずかしくないのっ!?私の知ってるすずはそんな子じゃないよ!」

みも「えっ、これ(Tシャツ)そんなに大事なもの?そんな深刻?」
60: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 22:09:12.50 ID:VUlsrH0/.net
ジョルノ「あ、ああああ……もうダメだぁ……みもちゃんんん……」

みも「な、何なんですか……だから(このTシャツ)南條さんのなんでしょ?なんなら綺麗に洗って返しますって」

ジョルノ「違うっつってんだろぉ!しかも洗うとか言うなぁ!」

みも「えっ……じゃあクリーニング……?」

ジョルノ「余計に駄目だわっ!(幼女を)どうする気なんだよっ!危ないだろっ!」

みも「あ、危ない?(ほつれるってこと?)……なら、て、手洗いしましょうか?隅々まで、こう……中まで……」

ジョルノ「な、なにいやらしいこと言ってんだよっ!///」

みも「い、いやらしいですか?」

そら「……もう、いい。たくさんだよ。最後に聞くけどさ、すずにとって、(この子は)どういうものなの?どう思ってる?」

みも「えー……うーん、その、勝手に(Tシャツを)使っちゃったのは悪いと思ってるよ。だけど仕方なかったっていうか。やむを得ず?あ、あと可愛いよね(Tシャツ)」

ジョルノ「つ、使うって……(幼女に)な、なにしたの?し、使用用途は?」

みも「なに、って……(Tシャツは着させるためのものじゃん……何言ってんだろ)」

そら「は、早く答えてっ!」

みも「え、ええ!?えっと……うっちーがうまく(Tシャツを着させることが)出来なくて……あたしは手伝ってあげただけ!そもそもこれ使おうって言い始めたのうっちーだし!」

ジョルそら「」
61: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 22:29:11.57 ID:VUlsrH0/.net
ジョルノ「うっちー……」

そら「うう……内田さんまでか……」

うち「?」

みも「まあ1番はサイズ的にちょうど良かったっていうのかな?」

ジョルノ「サイズ、って……みもちゃんは小さい(子)のが好きなのか……」

みも「いやあたしは小さいっていうか自分に合ったサイズの(Tシャツ)が好きです」

そら「自分に合ったさ、サイズ……?」

みも「うん。そらもそうでしょ?ちょうどいいサイズのが(Tシャツ)心地いいじゃん」

そら「そりゃあまあ……(居心地いい人ってことだよね?)。でもだからってこんなに小さい(子な)のに……」

みも「えーでも(メンバーのTシャツの中では)ちょうど良かったんだよ。(頭とか腕とかTシャツに)いい感じにすぽって入ったし」

そら「ん?入った……???」

ジョルノ「は、入ったって……ま、まさか……」

みも「うん。大きすぎたり小さすぎたりしたら(着てて)気持ち悪くない?フィットする方がいいでしょ?」

そら(こ、これはっ……)

みも「いやー(Tシャツが)ガバガバすぎたら嫌じゃん!それだったらサイズ的に(南條さんのTシャツが)1番(着てて)気持ちいいかなーって」

ジョルそら「ぎゃぁぁぁぁぁぁっ!」

ジョルノ(まさかの犯され済み!?)

そら(てかすず生えてたの!?)
62: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 22:40:31.04 ID:VUlsrH0/.net
そら「やっぱダメっ!すずにはもう渡せないよ!」

みも「わ、渡せない?そら、何言ってるの?」

そら「だってそんな扱いしかできないなんて(幼女が)可哀想だもん!」

みも「え、ええー……大事に扱ってたつもりだよ?」

そら「嘘つけ!」

みも「あ、分かった!じゃあ今から新しいやつ(Tシャツ)調達してくるから!そうしたら南條さんに返します。それでいい?」

ジョルノ「なっ……なっ……新しいやつ……!? くうっ……この子はあたし達が守るんだっ!」

みも「この子って……南條さん、たかが無機物に愛着わきすぎじゃないですか?」

ジョルノ「無機物って……いうなーー!!!」バシイッ!!

みも「ぐふっ!こ、こころちゃー……」

うち「……」

うち「……みもちゃん、南條さん、まるちゃん」

ジョルノ「はぁ……はぁ……な、なに?」

うち「会話、噛み合ってなくない?」

みもジョルそら「え?」
66: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 22:53:51.45 ID:VUlsrH0/.net


みも「あははー!なんだーそういうことかーこの子のこと言ってたのね!いやー思っきしTシャツについて話してたですー」

そら「……」

みも「というかそら達考え飛躍しすぎじゃない?いやーおもしろいわー……ははー!」

そら「……すずの普段の言動が悪いんだからね」

みも「えっ」

ジョルノ「……そうだそうだ」

みも「な、なんじょーさんまで……」

うち「ともかく……そこのちっちゃいのはこっちおいで」チョイチョイ

ぱいちゃん「うんー」テクテク

うち「よいしょっと……勝手にいなくなっちゃ駄目でしょ?」

ぱいちゃん「ごめんなしゃい」

うち「……許しません。……で、みもちゃん」

みも「ん?」

うち「生えてるの?」

みも「はっ、生えてませんけど!?」
67: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:05:37.47 ID:VUlsrH0/.net
うち「え~ほんとぉ~?」サワサワ

みも「ちょ、ちょっと……う、うっちー……///」

ジョルノ「ビンビン」

みも「か、勝手に効果音入れないでくださいー!」

うち「あははーうけるー」

そら「……こら、幼女の前で卑猥なことをするでないよ。すず」

みも「あたしだけ……」

ジョルノ「というかこの子だれなの?知り合い?」

みも「え、ええーっとですねぇ……」

ぱいちゃん「……むー。だっこぉー」ペチペチ

みも「あーまってねー……よいしょ。……どうする?うっちー……」コソッ

うち「……多分、ぱいるちゃんだって言わない方がいいと思う」コソコソ

みも「だよねぇ……」

うち「……じゃあ親戚の子ってことにしようか」

みも「ん、そうしよー……」

ジョルノ「で、誰の子?」

うちみも「「えーと、私(あたし)の親戚で……」」

そら「え……どっちもの親戚……?」

うちみも(しまった……)
69: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:17:45.93 ID:VUlsrH0/.net
うち「てめぇなに答えてんだよっ!」ゲシッゲシッ

みも「あぁん、いたいよぉ!」

ジョルノ「……つまりどういうことだってばよ」

うち「……えっと……それはですね」

みも「あ、あたしとうっちーの子なのっ!」

ジョルそら「ええっ!?」

うち「ん?みもちゃん?何言ってるのかな?」ギュゥゥゥ

みも「い、いだいぃ……うっちーどこ握ってんのぉ……」

うち「いやほんとに何言ってんの!」コソッ

みも「だ、だってあたし達の2人の血縁関係って言っちゃったらそう答えるしかっ……」コソッ

うち「でももうちょっと言い方あるでしょ!?それに信じるわけ……」

そら「えーそうなんだぁ!」

ジョルノ「iPS細胞ってすごいな……」

そら「いや、もしかしたらすずがほんとに生えてるのかも知れないですよ?」

ジョルノ「うそぉ!ま、2人とも子供いてもおかしくない年齢だし?え?あたしはどうなのかって?やかましいわっ!」

ジョルそら「www」ドッ

うちみも(まじかよ……)
71: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:29:54.41 ID:VUlsrH0/.net
そら「ってそんなわけないでしょ」

うち(やっぱ駄目か……)

みも(うう….)

ジョルノ「この子マジで誰だよ」

みも「だ、だからあたし達の子……」

そら「うそつけぇ!」

みも「い、いやーでもよく見てごらん?ほーら、なんとなーくあたしとうっちーに似てない?」スッ

ぱいちゃん「?」

そら「えー….…?あ、言われてみれば……なんとなくすずに……いや、内田さんにも……」

ジョルノ「ほんとだ……な、なんだこの顔の作画が安定しない感じ……」

そら「ん……?作画……?」

うちみも(まずい!)

みも「さ、作画じゃなくてね、そういうのはこういうの……さ、錯覚……」

そら「ん……?錯覚……?」
73: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:34:18.23 ID:VUlsrH0/.net
ジョルノ「……あ!これだっ!」

うちみも「!?」ドキッ

ジョルノ「そらまる!いいこと思いついたぞ!」

そら「え?なんです?」

ジョルノ「錯覚CROSSROADSのMCさ、さっきの流れ使わない?」

そら「つまり……錯覚、というワードにツッコんで、そこから曲スタートってことかぁ!」

ジョルノ「そうそう」

そら「それ……すごくいいかもっ!これはあれだ……Twitterでも2ちゃんでもトレンド入りする予感がする!」

ジョルノ「でしょでしょ?」

そら「いやーいいこと思いついちゃったね!」

みも(な、何とかごまかせた……)

ジョルノ「じゃあ早速これをパイちゃんに伝えなきゃな」

そら「あれ?そういえばパイちゃんは?」

うちみも「」
75: >>74ミス(なし)@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:59:01.55 ID:VUlsrH0/.net
ジョルノ「あ、そういやいないね。BiBiのリハあと少しで始まるっていうのに……」

そら「まだ横浜BLITZかもしれないですよw」

ジョルノ「ちょっとそれはないでしょwwww」

みも「あ、あー……ぱいるちゃんちょっと今日お腹痛いらしくって……」

そら「そうなの?」

みも「う、うん……さ、さっき電話あって……は、はは……!」

ジョルノ「大丈夫かな……てかなんでみもちゃんに連絡入れてんだパイちゃんはw」

そら「いやそれはあれですよー。パイちゃんはほら『すーちゃん~♡』だからね」

ジョルノ「それパイちゃんのマネ?w」

そら「『もうやだ~すーちゃんったら~会いたいのぉ~↑』」

ジョルノ「それ別の青いお方じゃない?w」

みも「おいこらぁ!」



いず様「ヘックショイ!」

みころん「風邪?」
79: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:14:12.96 ID:O7YzmMOG.net
ジョルノ「んーまあそれならあれだな、仕方ないけど、あたし達2人でリハするしかないか」

そら「ですね」

ぱいちゃん「リハってなにー?」

そら「えーとリハっていうのは……予行練習のことかな。本番みたいに踊ったりーうたったりー」

ぱいちゃん「えーいいなー!えりこちゃんねー、おどるのも、うたうのもだいすきー!」

ジョルノ「ははは、そうかそうか。かわいーのう……ん?えりこ?」

そら「えりこ……」

ぱいちゃん「あのねーなまえ!えっとねー、ほり……」

みも「やばっ!」

うち「……しっ」サッ

ぱいちゃん「むぐっ!?」

うち「……ごめん。この子の名前本当は“りえこ”っていうんだよね。まだ滑舌が怪しくて発音的にはえりこに聞こえちゃうかもだけど……」

ジョルノ「まじぽん?」

ぱいちゃん「ぽんぽん!」

ジョルノ「……っあー……かわいいなぁ……この年になると幼女が可愛くてたまらん」ナデナデ

みも「ほっ……」
80: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:21:14.09 ID:O7YzmMOG.net
うち「じゃあそろそろ私達はいくねー」

そら「あ、お疲れ様です」

うち「いこ、みもちゃん」

みも「う、うん……」

ぱいちゃん「またねー!ちいさいお姉ちゃん!アヒルみたいなお姉ちゃん!」

ジョルそら「ばいばーい」

みも「……」

うち「……」

みも「は、ああああっ……ドキドキしたぞぉ……」

うち「ね。まったく……空気がちょっと読めないのはぱいるちゃんそのものだね」

ぱいちゃん「えへへー」

うち「……褒めてないんだけどなぁ」

みも「まあ可愛いからいろいろと許せちゃうよねーへへへー。このっ、このっ、罪なやつめー」グリグリ

ぱいちゃん「きゃー♡」
81: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:35:07.15 ID:O7YzmMOG.net
うち「でもどうしよっか?」

みも「え?」

うち「マネージャーさんとかμ’sの皆にはお腹痛いってことにするとしてさ……ぱいるちゃん、Finalまでに戻るの?」

みも「あ……」

うち「それにぱいるちゃんどうすればいいの?中身まで完全に幼くなってるわけだし……誰かお世話しなきゃだよ?」

みも「か、考えてなかった……」

うち「と、いうわけで……私はこのへんで」

みも「え」

うち「ヨキニハカラエヨ!」

みも「ちょ、ちょちょちょー!うちださん!待って!」

うち「なによ」

みも「あ、あたしが1人で世話みる感じですか?ん?」

うち「……みもちゃん妹いるよねー?」

みも「いやうっちーもいたはずだよ!?」
82: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 00:43:36.91 ID:O7YzmMOG.net
うち「はぁ……元と言えばみもちゃんが若返り草食べさせちゃったせいだし……」

みも「かーっ、まだそのネタひきずるんかい!」

うち「責任はみもちゃんにあります」

みも「れ、連帯責任!連帯責任!」

うち「唯我独そ……」

みも「そ、そのネタもやったよ!やった……んん?やったっけ?」

うち「やったよ」

みも「あーやっぱりね。あたしの記憶に間違いはなかっ……」

うち「……ではこのへんで。仕事があるので」

みも「こらぁーっ!だから待たれぃ!」

うち「だって正直幼女の世話とか見れないし。……めんどくさい事になりそうだし……」ポソッ

みも「うっちー本音もれてるよっ!」

うち「もーみもちゃんが面倒みてよー」

みも「この人もはや嫌なのを隠す気ないなちくしょー……」

ぱいちゃん「うっ……」

うちみも「え?」

ぱいちゃん「ふぇ……えりこちゃん、じゃま……?」

うちみも「!?」
90: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:08:37.14 ID:O7YzmMOG.net
みも「っ、え、えーと……」

うち「え、え、えー……?」

ぱいちゃん「邪魔なのぉ……?」

みも「じ、邪魔なんてひとことも言ってないですー。ねっ、ねーあやりちゃー?」

うち「邪魔じゃないけど面倒見きれないっていうかさ……」

ぱいちゃん「うっ、うぅー……」ウルウル

みも「ちょ、ちょっとこらうっちー!こんなところでロックを発揮するなー!」

うち「いや別にそんなの発揮してないし」

みも「でも言い方ってものがあるじゃんっ!でしょ!?」

うち「……確かに、ごめん」

みも「まったくもう……」

ぱいちゃん「じ、邪魔なんだぁ……」ウルウル

うち「ごめん。邪魔ってわけじゃ……」

みも「そうそう!ただちょっと一緒にいて困るだけだよーあはは!」

ぱいちゃん「う、うわぁぁぁぁぁん!」

うち「……」

みも「あ、あるぇ?」

うち「……」ジトッ

みも「な、なんですかーその目はー」

うち「……」ゲシッ

みも「いたぁい!」
91: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:46:09.29 ID:O7YzmMOG.net
ぱいちゃん「ぐすっ、う、うええぇぇ!」

うち「あーあー。またまたみもちゃんのせいでぱいるちゃん泣いちゃったよ」

みも「うう……もういいですー!連帯責任とか言いませんー!全部あたしのせいでーす!」

うち「はぁ……今は責任を押し付けあってるヒマないから。ぱいるちゃんを泣き止ますのが先」

みも「そ、その通りです、ごめんなさ……ん?あれ?でも最初にあたしのせいだって言い始めたのうっちーじゃ……」

うち「よしよしー泣かないでよぉ」ナデナデ

ぱいちゃん「びぇぇぇぇぇぇ!」

みも「ははーまたスルーかい」

うち「うーん泣きやまないなぁ。みもちゃんなんかしてよ」

みも「えぇ!?」

うち「はやくぅ。なんかして」

みも「そ、そんなこと言われてもあたし芸人さんとかってわけじゃないしさ、い、いきなりそんな……」

うち「はやく」

みも「は、はい!……そうだ!分かったぞー! ふふふ~……えりこちゃん!」

ぱいちゃん「ぐすっ、う、な、なに?」

みも「いないなぁーい……」

ぱいちゃん「……?」

みも「ばあっ」
http://imgur.com/di5Ku0K.jpg
97: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 22:01:39.84 ID:O7YzmMOG.net
ぱいちゃん「」

うち「」

みも「はーい!これでどうかな?笑顔になれたかなー?」

ぱいちゃん「」

みも「んん?反応がないなーっ?それではもういっかい……」

うち「し、しなくていい!」

みも「え」

うち「……うん。分かった。ありがと、みもちゃん。もういいから」

みも「えっ、だ、だけど……あれ?だめ?」

うち「ダメです。もうしなくていいです」

みも「えーダメぇ?泣く子も黙るみもちゃんいないいないばぁ……」

うち「違う意味で黙らせてどうすんだよ」

みも「へっ」

うち「みもちゃん、可愛いんだから自分のこと大事にしな」

みも「え、う、うん……」

ぱいちゃん「うわぁぁぁぁぁん!」

うち「ほら全然泣き止まないでしょ?」

みも「ほ、ほんとだぁ……だからここはもういっかい!」

うち「やめろよ!」バシッ

みも「いたいですー!」
99: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 22:37:05.90 ID:O7YzmMOG.net
ぱいちゃん「うぐっ……ひくっ、こわいぃぃ!」

みも「う、うっちー!ぱいちゃんが見えない何かに怯えているっ!」

うち「すぐ目の前のお前に怯えてんだよっ!」

みも「でぇぇぇ!?あたしにぃ!?」

うち「そうだよあたしにだよっ!」

みも「し、しょんなぁ!」

ぱいちゃん「うわぁぁぁん! 」

うち「っ……よ、よーしよーし、もう大丈夫ですよー」

ぱいちゃん「うっ、うっうっ……」

みも「う、うんーそうですよー。さっきのみもちゃんはどこかにいっちゃいましたー。ほーら、たかいたかーい」ヒョイ

ぱいちゃん「たかい……ひっく……」

うち「あっ!?た、高かったかー。ご、ごめんねー……」ベシベシ

みも「い、いたいいたい!」

ぱいちゃん「うっ、うっ……えへへ。えりこちゃん抱っこすきー!」

うち「ほっ……」

みも「よ、よかったー!」

ぱいちゃん「そ、それからね……」

うち「んー?」

みも「なぁに、えりこちゃ……」

ぱいちゃん「あやちゃんも、すずこちゃんも、すきー」

うち「……え?」

みも「……お?」

ぱいちゃん「だ、だいすきー。えへへ」

うち「……」

みも「……」

ぱいちゃん「?」




うちみも「!!!???///」ズッキューン
117: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 19:00:36.30 ID:uzDf4LwA.net
ぱいちゃん「…? どーしたの?」

みも「……」ギュウッ

ぱいちゃん「ふえっ、え、すずこちゃん?」

みも「……」ギュゥゥッ

ぱいちゃん「く、くすぐったぁい……ど、どーしたの?」

うち「……ちょっと、みもちゃん」グッ

ぱいちゃん「……?あやちゃん?」

うち「ちょっと」グイグイッ

みも「あたしのえりこに触らないで」

うち「みもちゃんのじゃないでしょ」グイグイッ

みも「いやです。みもちゃんのですー」

うち「かして」

みも「いや。離れたくない」

うち「……は?」

みも「……」

うち「……」

ぱいちゃん「……?……?」オロオロ


うち「てめぇこらっ!表でろや!」

みも「望むところですー!ぱいちゃんをかけて勝負ですー!」
119: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 19:13:47.60 ID:uzDf4LwA.net
うち「ぱいるちゃんからさっさと手を引けおらっ!」

みも「絶対にイヤっ!」

うち「んだとこのやろー!」

みも「うっちーはうち水で言ってたみたいに子供と凧揚げしてればいいんだーっ!」

うち「子供いねぇよっ!」

みも「えっ!?いないのっ!?あれだけ語ってたのにっ!?えーっ!?」

うち「おいてめー知ってるくせに馬鹿にしてんじゃねー!母親の剥ぎコラつくんぞ!」

みも「あぁ!?」

うち「この三十路おばけっ!」

みも「うっちーもでしょうが!」

うち「そこに触れんじゃねー!」

ギャイギャイ……

ぱいちゃん「……」

ぱいちゃん「こらっ!ふたりとも!」

うちみも「!」ビクッ

ぱいちゃん「だめでしょおっ!けんかしちゃっ!」

うちみも「「だってみもちゃん(うっちー)が……」」

ぱいちゃん「いいわけしないのっ!そんなひとたちは………めっ、だよ?」プンプン



うち「……みもちゃん…」

みも「うん……そうだね……年上が正義だと思ってたけど……」

みも(ロリもいいね……)

うち(いいよね……)


処女厨 大勝利!!!
121: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 19:25:56.69 ID:uzDf4LwA.net
うち「とりあえずぱいるちゃんの面倒は私がみよーっと」

ぱいちゃん「やったー!」

みも「えええぇ!?あたじぃ!あ゛た゛し゛か゛み゛る゛う゛ぅ゛!」

うち「うるさい」

みも「ひどい!ひどいよぉっ!あたしだって……あたしだって……うぅ……」

うち「うるさいっつーの」ペシペシ

みも「あうっ、あうっ、いた、いたいっ!」

ぱいちゃん「じゃあどっちもえりこちゃんのおねえちゃーん!」

うち「え」

みも「ぱいちゃん……!」パアッッ

ぱいちゃん「だめー?」

うち「えー、うーん……」

みも「だめー?」キラキラ

うち「あ?」

みも「ひっ」

ぱいちゃん「わたしどっちもだいすきだからどっちもがいい!」

うち「まぁ……えりこちゃんがそう言うなら……うん……」ナデナデ

ぱいちゃん「わーいやったぁ!」

みも「わーいわーいっ!」
122: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 19:41:38.77 ID:uzDf4LwA.net
みも「んーとは言っても今からどうするかだよねー。リハは出なきゃだしさ」

うち「……」ピッ

みも「ん?うっちー誰に電話してるの?」

うち「面倒見良さそうな人……あ、もしもしー、はいーそうだよー、内田でーす」

ぱいちゃん「?」

みも「……?」

うち「はい、はーい、はい、お願いします。はい」ピッ

ぱいちゃん「あやちゃん、おでんわのあいてだぁれ?」

うち「えーっとねぇ……今から私達ちょっとお仕事あるの。だから少しだけ、他のお姉さんのところで待ってられる?」

ぱいちゃん「……? いいよー!」

うち「いいこいいこ」ナデナデ

みも「えっ……マジで誰なの?まさか託児施設のお方とか?」

うち「あー違う違う。でもこの人にだったら絶対預けて安心だから」

コンコンコン

うち「あ、来たみたい。どうぞー」

ガチャッ

みも「あ、あなたは……!」
124: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 19:53:09.44 ID:uzDf4LwA.net
みも「山崎さん!」

川崎さん「川崎です。こんにちはー……ってあれ。三森さんもおられたんですか」

みも「いますよー!うっちーから聞いてませんでした?」

川崎さん「聞いてませんでした……」

うち「言う必要ないかなって」

みも「えっ、なんかひどくない?」

川崎さん「それで噂の子供さんが……ああ、この子ですか。可愛いですねぇ」

ぱいちゃん「えへへー」

川崎さん「どういうご関係で?」

みも「よーくぞ聞いてくれましたっ!あたしとうっちーの愛の結晶なんですよー!」

うち「違うから」

川崎さん「ほぉ……どうりでいい子なわけです」

うち「川崎さんものらないで」

ぱいちゃん「このおねえさんといればいいの?」

川崎さん「えーそうみたいです……では内田さんがリハーサルをしている間、預からせていただきますね」

うち「はーい、お願いします」

みも「ありがとう!岩崎さん!」

川崎さん「川崎です」
126: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 20:07:51.16 ID:uzDf4LwA.net


川崎さん「えーと、次は何をして遊びますか?」

ぱいちゃん「うーんとね、うーんとね……うーんうーん……」

川崎さん「……もうこの狭い部屋でやれることは全部やり尽くした感ありますけどねぇ」

ぱいちゃん「まだあそべるもーん!かんがえればあそぶことでてるくもん!かわさきさんもかんがえるの!」

川崎さん「すいません……」

川崎さん「……」

川崎さん(この子……どこかで見たことあるような気がします……)

ぱいちゃん「ねーねー!」

川崎さん「はい、なんですか」

ぱいちゃん「かわさきさんは、あやちゃんのともだちー?」

川崎さん「友達……ではないです。私は内田さんのスタッフですので」

ぱいちゃん「すたっふ?」

川崎さん「簡単に言えば……内田さんが歌うのを手伝ったりする……いわばサポート役ですかね」

ぱいちゃん「歌?……あやちゃんのおしごと?」

川崎さん「本業は声優なんですけど……アーティストの活動もされているので。そちらの手伝いです」

ぱいちゃん「えー!あやちゃんお歌うたうの!?」

川崎さん「うたわれます」
128: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 20:14:48.90 ID:uzDf4LwA.net
ぱいちゃん「すごーいすごいっ!」

川崎さん「すごいですよねぇ」

ぱいちゃん「あやちゃんいいなー!」

川崎さん「はい?」

ぱいちゃん「えりこちゃんねー、しょうらい歌をうたう人になりたいのっ!」

川崎さん「ほぉ……すごいですね。いいと思います」

ぱいちゃん「でしょー?」

川崎さん「あ、そういえば先ほどおられた三森さんもアーティストの方なんですよ?」

ぱいちゃん「すずこちゃんもー!?」

川崎さん「はい」

ぱいちゃん「ええー!びっくりー!」

川崎さん「びっくりですねぇ」

ぱいちゃん「……ぱいちゃんも、なれるのかなぁ」

川崎さん「……」

ぱいちゃん「やっぱりむずかしい?」

川崎さん「……一概には、言えません。ただ……」

ガチャッ

うち「はぁっ……おまたせー」

みも「あー……つーかーれーたー……」
130: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 20:29:24.47 ID:uzDf4LwA.net
川崎さん「あ、お疲れ様です」

うち「おつかれー。いい子してた?」

ぱいちゃん「してた! ねーっ?」

川崎さん「はい。私がお世話する必要なかったほどかもです」

ぱいちゃん「わーい!」

みも「あーーかわいいー!おいでー!」

ぱいちゃん「うんー!」ギュッ

みも「あーーえりこパワーたーっぷりちゅーにゅーされてるーうー……」

ぱいちゃん「えへへーえへへー」

川崎さん「……では私はこのへんで」

うち「あ、うん。本当にありがとうございました、助かりました」

川崎さん「いえいえ、楽しかったですよ」

みも「ほらー、えりこ、ありがとうって」

ぱいちゃん「かわさきさん、ありがとう!」

川崎さん「お礼には及びません……あ、そうだ、さっきの話の続きです」

ぱいちゃん「……」

川崎さん「……もしあなたがデビューすることが出来たなら、また会いたいです。楽しみにしてます」

ぱいちゃん「…! うん….…!」

うち「?」

みも「?」
148: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 19:18:32.00 ID:syFyt6cz.net
みも「はぁ……えりこは可愛いなぁ。いいなぁ」

うち「……さっきからそればっか」

みも「えーそういううっちーもー、口角緩みっぱなしじゃーん」

うち「そんなことないよー」ニヨニヨ

ぱいちゃん「……っ、くしゅっ」

みも「えりこ?どうしたの?」

ぱいちゃん「さ、寒い……」

みも「あ……そういえば……」ペロッ

うち「おい。なにさり気にぱいるちゃんの服捲ってんだよ」

みも「ち、違うよ!別にいやらしい意味はなくて!ほら!みて!」

ぱいちゃん「?」スッポンポン

うち「あ、そういえばTシャツの下全裸だったね」

みも「こりゃ寒いわけだわー……」

うち「とにかく服買いに行こっか」

みも「うーん……どこに行けばいいんだろ……実際子供いないしよく分かんないや」

うち「別に……しま○らとか西○屋とかでいいんじゃない?」

みも「えー考えが古いよー!どうせならもっと良いとこの服着せさせたいじゃん!ナウい子供のブランドのとことかさ!」

うち「その“ナウい”が既に古いんだよ」

ぱいちゃん「ナウい、ってなにー?」
150: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 19:41:05.82 ID:syFyt6cz.net
~ちょっと高そうな服屋さん~

みも「えりこ!えりこっ!これも着てみて!いやまってこれも!これも!」

ぱいちゃん「えっ、えっ、」

みも「あああああぁっ!選べないよーー!」

うち「うるさい」バシッ

みも「いたぁっ」

うち「うるさいっつーの。静かに選びなよ」

みも「だって可愛いんだもん!ああああ!えりこぉ……」スリスリ

ぱいちゃん「えへへー」

うち「……じゃあ私は下着とか買ってこようかな。このままだとラチあかなそうだし」

みも「えーーー!?あたしも下着選びたいー!」

うち「ほんとに日が暮れちゃうから。みもちゃんは服だけ選んでて」

みも「はぁーい……えりこ、いい服探そーね!」

ぱいちゃん「うんー!」

うち(それに女児下着コーナーにみもちゃんのこのテンションで来られたら……捕まって間違いなく声優人生終わるし……)ジイッ

みも「な、なによその目ー!」

うち「……なんでもない。私が買い終わるまでには選び終わっててねー?」

みも「おっけー!」
151: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 19:47:53.02 ID:syFyt6cz.net
みも「ふんふーん、どれがいいかなーっ。えりこのお洋服~」

ぱいちゃん「どれがいいかなー♪」

店員「ご試着されるようでしたらお気軽にお声掛けくださいねー」

みも「あ、はーい。ありがとうございまーす」

ぱいちゃん「ありがとうございますっ!」

店員「あらー可愛いですね。お子様おいくつですか?」

みも「おっ、お子様!?」ガビーン

店員「?」

みも(し、ショック……みもちゃんショック……お、親子に見えてるの……!?姉妹とかでなく……!?)

ぱいちゃん「えりこちゃんねー、もうすぐ5歳!」

店員「へーそうなんだ!お母さんに似てて可愛いねー」

ぱいちゃん「えへー」

みも「あ、あはは……そーですか似てますか……」

みも「……いやー流石はぱいるちゃん、お顔の作画が幅広い……てかもはや血繋がってないしそれどころかあたしまだ1人も産んでないんですけどねー……あははー」ボソボソ

店員「はい?」

みも「いえ……なんでも……ぐすん、ぐすん」
152: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 19:55:36.69 ID:syFyt6cz.net
ぱいちゃん「あ!ぱいちゃんこの服がいー!」

みも「あ、これがいいのー?」

ぱいちゃん「うんっ!」

みも「んーおっけーおっけー!店員さん、この服買います」

店員「はい、ありがとうございます。 ……ではお会計10万円+消費税になりまーす」

みも「はーいはい、10万円ですねー、はい……えっ!?」

店員「えっ」

みも「じっ、じゅ、じゅじゅじゅうま……!?」

ぱいちゃん「?」

みも「え、えりこー? ね、値札はみましたかー?」

ぱいちゃん「みたよー!マルがねー7個あったでしょ?いつもぱいちゃんが着てるのはマルが8個ついてるから、ちょっとでも少ない方がいいと思ったの!」

みも「……お気遣いありがとう。はは、カードで……」

店員「ありがとうございまーす」
158: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 20:16:22.64 ID:syFyt6cz.net
普通に数え間違えたやん
ぱいちゃんリッチやんな
153: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 20:06:49.63 ID:syFyt6cz.net
みも「あ、ここですぐ着たいからタグ切ってもらっていいですか?」

店員「かしこみもりましたー」

みも「よーし、これでやっと暖かくなるよーえりこー!」

ぱいちゃん「やったぁ!」

店員「はい、ではご用意できました。そちらの後ろ側に試着室ありますのでごゆっくりどうぞー」

みも「ありがとうございまーす、いこっ、えりこ」

ぱいちゃん「うんー!」

みも「はい、えりこ靴脱いでねー」

ぱいちゃん「はいてない!」

みも「あ……そういえば履いてなかったっけ。そりゃそうか。服ですらブカブカなんだし……」

ぱいちゃん「すーちゃん!はやくふくきたいー!」

みも「じゃあ着ちゃうか!」

ぱいちゃん「きるー!」

みも「着ちゃうの?」

ぱいちゃん「きちゃうー!」

みも「え~本当に~?」

ぱいちゃん「ほんとにー!」

みも「はぁぁぁ……」ギュッ

ぱいちゃん「えへへーまたハグー?」

みも「尊い……よしっ、じゃあ南條さんのTシャツ脱がせちゃうねー」

ぱいちゃん「うん!」

みも「えーと……」

みも「……」

ぱいちゃん「?」

みも(な、なんだが今からすごくイケナイことをする気分だ……///)
157: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 20:14:53.06 ID:syFyt6cz.net
ぱいちゃん「すーちゃーん?」

みも「あ、え、うん!」

ぱいちゃん「どうしたのー?はやくー!」

みも「う、うん、うん……///」

みも(こっ、この下にぱいるちゃんのスベスベの女児パイちゃんが……///)ドキドキ

みも(って、なんでですかー!なんであたしドキドキしてるんですかー!///)

みも(さ、さっきも見たはずなのに……い、いざ脱がせるとなると俄然緊張しちゃうなぁっ……///)

みも(い、いやいや何考えてんの!女同士!女同士だしましてや相手は5歳に満たない女の子!ぱいるちゃんだけど!!///)

みも「……ふー、あたしはノンケあたしはノンケプロレス、プロレスラープロレスラー……」ブツブツ

ぱいちゃん「すーちゃん?」キョトン

みも「……!///」ズキューン

みも(こ、こんな可愛い子のをあたしは脱がしていいのかっ……!///)

みも(いや、これは逆にチャンスなんだ……あたしがノンケかどうか神様から与えられた試験と言う名のチャンス……!)

ぱいちゃん「?」

みも「……ぐっ、やっぱりかわいいぃ……///」ズルズル

ぱいちゃん「え?」

みも「ぬ、脱がすよ?脱がしていいんだね?はぁ、はぁ……///」

ぱいちゃん「え、す、すーちゃ……」

シャッ

うち「みもちゃーん、買ってきた……よ……?」

みも「はぁはぁ……/// あ……う、うっちー……」
159: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 20:29:38.18 ID:syFyt6cz.net
うち「え……みもちゃん……え?」

みも「あ……これはっ!これは違うのっ!」

うち「……」ドンビキ

みも「だっ、だから違うってばぁぁぁぁぁ!」

うち「……えりこちゃん、こっちおいで」

ぱいちゃん「う、うん……」

みも「誤解だよー誤解!」

うち「みもちゃんは来なくていいよ。むしろ一生試着室にいてくれていいよ」

みも「ち、違うんだよー!流石にあたしだって女児に手を出す趣味はー」

うち「……」

みも「……ない、もん……」

うち「あー目が泳いだー」

みも「な、なにさ!可愛いからいいじゃんか!別に取って食うわけじゃないんだしさー!」

うち「変態に襲われるよりは食われた方がマシだよ」

みも「あ、あたしの言い分を聞いて!つまりねーつまるところね、えりこがかわい……」

うち「よし、えりこちゃんお着替えしようねー」

ぱいちゃん「わーいっ!」

みも「……」
160: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 20:37:05.90 ID:syFyt6cz.net


みも「うう……結局分かってくんなかった……」トボトボ

ぱいちゃん「すーちゃん大丈夫?」

みも「大丈夫……うん、大丈夫……」

うち「えりこちゃんその服よく似合うねー」

ぱいちゃん「ほんとー!?ありがとー!」

みも「……パンツはどんなの履いてるの?」

ぱいちゃん「えーっとねぇ、」

うち「おい」ベシッ

みも「いたぁっ!」

うち「なに言わせようとしてるの」

みも「ち、ちが……深い意味はなく、うっちーがどんなパンツ買ったのか気になったの!」

うち「……えりこちゃーん、言わなくていいからねー」

ぱいちゃん「……? 分かったー」

みも「えーじゃあ、うっちー!どんなの買ったかだけでいいからっ!教えて!」

うち「……白」

みも「へー!いいじゃん!あたしはピンクー!」

うち「うるせぇよ」

みも「うっちーは何色~?」

うち「うるせぇよ」
189: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 00:08:26.99 ID:EFXSxkXW.net
ぱいちゃん「ねーねーあやちゃーん」

うち「なぁに」

ぱいちゃん「あのね、そろそろおうちかえらないと、ママに怒られちゃう」

うち「あー……」

みも「そ、そういえば家のこと考えてなかった……どーしよー……」

うち「……えりこちゃん」

ぱいちゃん「?」

うち「今日私の家にお泊まりしよっか」

みも「!?」

ぱいちゃん「えー!? ほんと!?」

うち「うん。お母さんには連絡入れといてあげるから。ね?」

ぱいちゃん「やったー! おとまりおとまりー!」

みも「……あ、あたしももちろん泊まれるんですよねー?」

うち「……」

みも「う、うっちー……?」

うち「……あ、そういえば私の家2人用だ」

みも「な、なにそれっ!? そんなの聞いたことないよー! あたしも泊まるーー!泊まるぅぅぅーー!」

うち「うるさいな、冗談だよ」

みも「あ、ありがとうー! わーいっ! うっちー大好きーっ!」ギューッ

うち「ちょっ、気持ち悪いんだけど! 離れろよっ!」ゲシゲシ

みも「いっ、いっ、やばっ、まじで痛いれす!」
191: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 00:18:31.63 ID:EFXSxkXW.net


ぱいちゃん「ここがあやちゃんのおうちかー!」

うち「そうだよー」

ぱいちゃん「おじゃましまーす!」

うち「散らかってるけど気にしないでねー」

みも「どれどれ……あ、確かに想像よりは少し散らかってるなーあはは」

うち「……」

みも「てかうっちー、そのセリフ本当に部屋が綺麗な人にしか使っちゃいけないんじゃなーい?」

うち「……あー、みもちゃんの分のご飯買い忘れちゃったー。みもちゃんだけコンビニで何か買ってきて食べてねー」

みも「じ、冗談だよぉ。き、綺麗なお家ですねぇ……ははぁ……」

ぱいちゃん「わたしもごはん作るのてつだうー!」

うち「えーほんと?」

ぱいちゃん「うん!」

うち「よぉーしじゃあお手て洗ってこーい」

ぱいちゃん「はーい!」バタバタ

みも「あたしもあたしもー!」

うち「みもちゃんはどうせタイ料理しか作れないんでしょ。座ってていいよ」

みも「たっ、タイ料理以外も作れますっ!!」
193: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 00:31:12.21 ID:EFXSxkXW.net
うち「えーほんとにつくれるのー?」

みも「作れるよー!」

ぱいちゃん「すーちゃんおりょうり上手そー!」

みも「ふっふっふっ、えりこには分かるかー!」

ぱいちゃん「わかるっ!」

みも「それなら見よっ!この包丁さばき!」タンタンタンタン

ぱいちゃん「おぉ……!」

うち「……なんていうか切るの速いけどそんなに形は綺麗じゃないよね」

みも「こ、細かいことは気にしなーい! 料理は速さが勝負ですからー」

うち「でもみもちゃん手際いいね。普段から料理してるんだっけ」

みも「よくぞご存知で! ふふん、自慢じゃないけど料理は得意なのよー!」

ぱいちゃん「すーちゃんすごーい!」

みも「あーありがとうえりこー! 今すぐ頭をなでなでしたいけど手がパクチーまみれだから自重するっ!」


みも「てなわけでできたよっ!じゃんっ!」
http://i.imgur.com/m4T5WX1.jpg


うち(結局タイ料理かよ……)
195: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 00:53:24.08 ID:EFXSxkXW.net
ぱいちゃん「じゃあつぎえりこちゃんつくる!」

みも「え、ひとりでつくれるのー?」

ぱいちゃん「よゆーだよぉ!」

みも「でもすずこお姉ちゃんはえりこのそのかわいいお手てが切ったりしちゃわないか心配……」

ぱいちゃん「だいじょうぶ!えりこちゃん料理とくい!」

うち「じゃあ怪我しないように気をつけてね。怪我しても知らないからね」ジイッ

ぱいちゃん「うんっ!」

みも「あははー知らないとか言いつつさー、めちゃくちゃぱいるちゃんのこと見つめてんじゃん」

うち「……」シュッ

みも「ちょっ、ちょっと危な!包丁投げないで!」

うち「おりゃっおりゃっ」シュッシュッ

みも「や、やばいこれシャレにならない!照れ隠しがすぎるからっ!」

うち「えいえい」シュッシュッシュッ

みも「あたらないよー!(0∨0 ≡ 0∨0)」



ぱいちゃん「よーし!できたぁ!….あれ?」

うち「おらおらおらおらおらおら」シュッシュッシュッシュッ

みも「すずこアクロバティック! みもりバク転!……え?できたの?」

ぱいちゃん「うん!できた!」

うち「ちっさい子ほっとくとかみもちゃんサイテー」

みも「う、うっちーもでしょ! ……さてさてえりこは何を作ったのかなー? 卵焼きかなー?スクランブルエッグかなー?」

ぱいちゃん「じゃーん!」
http://i.imgur.com/14hJmBe.jpg

うちみも(やばい負けた……)
197: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 01:06:00.84 ID:EFXSxkXW.net
みも「す、すごいねえりこ……」

ぱいちゃん「よくママとつくるから!」

うち「うん……小さいけどやっぱりぱいるちゃんだなぁ……」

ぱいちゃん「え?」

うち「……なんでもない。次は私か……うーん、えりこちゃんがこんなにクオリティ高いもの作っちゃったからなんかプレッシャー……」

みも「ほらほらー内田せんぱーい、頼みますよぉー」

うち「わ、分かってるよ。じゃあ私はデザート作るね」

みも「なに作るのー?」

うち「それはまあ……出来てからのお楽しみ。 ……まず生地を作ります」
http://i.imgur.com/P3G0zQx.jpg

みも「ふむふむ……ねぇこの顔はなに?クマ?コアラ?」

ぱいちゃん「とりさん?」

うち「……次に、生地を伸ばします」
http://i.imgur.com/U9hVhJv.jpg

みも「こっちみんな」

うち「そしていろいろとした後に巻きまして……完成!チュンチュン(・8・)ロール!」
http://i.imgur.com/InO9iWE.jpg

ぱいちゃん「うわぁー!かわいいっ!」

みも「おお……ちょっと怖いけどいいじゃんっ!」

うち「飾り付けをしたらもっと可愛くなるよ!」
http://i.imgur.com/sCRsCBS.jpg

ぱいちゃん「すごーい!すごいっ!」
199: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 01:16:03.99 ID:EFXSxkXW.net
うち「じゃあ食べようか」ギコギコ

(;8;)

ぱいちゃん「ひぃっ!?」

みも(……さっきまで作ってたキャラ(?)ケーキを躊躇なく切るあたり最高にロック……)

ぱいちゃん「それではてをあわせましょうっ!」

みも「あ、それ懐かしい……給食の時したなぁ」

うち「ね。給食といえば揚げパンとか美味しかったよね」

みも「懐かしすぎる……ねぇ知ってる?最近の給食って揚げパンないところあるらしいよ!」

うち「うそぉ。なにそれ」

みも「……いつか揚げパンまでも死語認定される日が……」

うち「時の流れって怖いねー」

ぱいちゃん「ねー聞いてるのっ!?てをあわせましょうー!」

みも「あーごめんねえりこ……」パチン

うち「ごめん……」パチン

ぱいちゃん「せーのっ」

みもうちぱい「いただきまーす!」
200: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 01:25:00.09 ID:EFXSxkXW.net


うちみも「ごちそうさまでした」

ぱいちゃん「ごちそうさま、でした……」ウトウト

みも「ん?えりこ?」

ぱいちゃん「……ん~……?」ウトウト

みも「こっ、これは……はっ!うっちー!チュンチュン(・8・)ロールに毒盛ったちゅんなーー!?」

うち「違うから」ベシッ

みも「いたあっ」

うち「普通にこれは……えりこちゃん、お腹いっぱい?」

ぱいちゃん「うん~……」

うち「眠くなっちゃった?」

ぱいちゃん「ふわぁ……ねむ、く、ない……もん……」

うち「嘘だぁ」

ぱいちゃん「ぜんっ、ぜん、ねむく、ない……ねむく、ない……もん……」

うち「お風呂入ってねんねしようかー?」

ぱいちゃん「やだぁ……まだ、あそぶぅ……」

みも「こら、えりこ。早寝しないと背伸びないんだよー?」

ぱいちゃん「んー、んー……」

うち「うん、そうだよ。みもちゃんみたいにオッパイも大きくならないよ」

みも「あの……」
201: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 01:37:03.03 ID:EFXSxkXW.net
ぱいちゃん「おっぱい、おおきくなりたい……」

うち「あーそれなら寝なきゃー。みもちゃんの二の舞いにはなりたくないよねー?」

ぱいちゃん「やだぁ……」

みも「やめて!すずこのライフはもうゼロよっ!」

うち「……みもちゃん」

みも「ん?」

うち「じゃーんけーん、」

みも「……? じゃーんけーん」

うち「ぽんっ」チョキ

みも「ぽんっ」パー

うち「あ、勝った。じゃあぱいるちゃんお風呂入れてくるね」

みも「ええええぇ!?ちょちょちょ待ってよぉ!」

うち「なに」

みも「あ、あたしもお風呂はいる!一緒に!inする!」

うち「3人じゃ狭いし」

みも「いけるよ!いける!ほら、家族風呂とか言うじゃん!だから、ね、ね?」

うち「それにまだ片付けあるし。じゃんけんに負けたみもちゃんは食器片付けてくださーい」

みも「で、でもあたしもお風呂……はっ!」

みも(まってください……諦めるのはまだですー……早く片付ける事が出来れば……一緒にお風呂入れるですー!)ピコーン

みも「……よしっ、いってらっしゃい!うっちー!」

うち「おお、いきなり物わかりいい……なら行ってくるねー」

みも(待ってろ……お風呂!お風呂っ!)シュパパパパパッ
213: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:04:40.98 ID:d8ISUHxX.net


うち「えりこちゃーん、お洋服脱げ……た?」

ぱいちゃん「もごご……」

うち「あららーもう、どうしたらそんなことになるの。はい、ばんざーい」

ぱいちゃん「ばんざーい!」

うち「……ぷっ」

ぱいちゃん「なぁに?」

うち「いやなんか、えりこちゃんがばんざいって言うと面白いなって」

ぱいちゃん「えー?なんでー?なんで面白いのー?」

うち「いつか分かる日がくるよー」

ぱいちゃん「分かんないよー!」

うち「いや絶対分かるから」

ぱいちゃん「むー」

うち「はいはい、じゃあ早く入っちゃお」

ぱいちゃん「はいるー!あ!あやちゃんのおようふくぬがせてあげるー!」

うち「えー、いいよぉそんなこと」

ぱいちゃん「してあげる!してあげるー!」

うち「……じゃあお願いしようかなー」

ぱいちゃん「やったぁ!あやちゃんもばんざーい」

うち「ばんざーい」
216: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:16:16.26 ID:d8ISUHxX.net


キャッキャッ……

みも「……よく見たらこのお箸かわいー……」ジャージャー カチャカチャ……

チョットエリコチャンドコサワッテンノー アハハー

みも「……あ……このお皿少しヒビ入ってる……」カチャカチャ

モーイイカゲンニハイルヨ! ハーイ!

みも「……」カチャカチャ…

みも「……」ガチャ、ガチャ……

みも「くうっ……楽しそうにしやがってー!」

みも「意外と片付け終わんないなー、もう」

みも「……3人分の食器って案外いい量よねー」

みも「……はぁ、ひとり暮らしに慣れすぎてる……」

みも「明日はファイナルライブ、か……あっという間だったな……」

みも「はぁ」


みも「…………ん?」

みも「ファイナル、ライブ……?」

みも「……はっ!」

みも「あああああああぁぁぁぁっ!」

みも「やっ、やばいっ!」
217: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:26:16.87 ID:d8ISUHxX.net
ダダダダダダダッ…!

ガチャッ!

みも「うっちぃぃぃいぃぃぃぃ!」バァァン

ぱいちゃん「あ、すーちゃ」

うち「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!」シュッ!

カコーン!!!

みも「いだぁっ!」

うち「この変態っ!変態っ!」ゲシゲシ

みも「うっ!うっ!」

うち「どっから入ってきたあっ!この痴漢っ!えりこちゃんには指一本たりとも触れさせな……あれ? みもちゃんじゃん」

みも「うぅ……」

うち「もービックリしちゃった。ついつい変質者かと思っちゃったよ。それでどうしたの?片付けは終わった?」

みも「そ、そんなことはどうでもよくて……」

うち「あぁ!? どうでもよくねーよ!」

みも「ひいっ! ごめんなさいどうでもよくないですっ! で、でもそれより重大な事が……」

うち「え?」

みも「えっと……ね、明日ファイナルじゃん?それでさ……えりこが小さいままだと……あれ? あたし何言おうとしてたんだっけ?」

うち「は?」

ぱいちゃん「ねーねー、すーちゃんはお風呂入らないの?」

みも「入りま~す♡」デレー

うち「なんなんだよ……」

みも(……なんか大事なこと忘れてる気がするけど……いっか!)
218: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:37:16.71 ID:d8ISUHxX.net


ぱいちゃん「すーちゃーん!」

みも「えりこー♡」ギュッ

ぱいちゃん「すーちゃんスベスベー」

みも「えりこのお肌もすべすべだねーもちもちだねーふへへー」スリスリ

ぱいちゃん「きゃーすーちゃんのえっち!」

みも「そうだよーすずこお姉ちゃんスケベだからねーひひひー」

ぱいちゃん「あはははは!」

うち「……ロリコン」

みも「もう、うっちーったらそんなにツンツンしないでー」

うち「うるさいなぁ、ご近所迷惑でしょ静かに入って」

ぱいちゃん「ごめんなさぁい……」

みも「少しぐらいいいじゃーん!裸の付き合い♡ なんだからさ」

うち「意味深なんだよ」

みも「あー!あやりちゃんがえっちぃーなこと言ってるぞー!タオルを奪ってやるー!」グイグイ

うち「ちょっと!」

ぱいちゃん「よいではないかー」グイグイ

うち「えりこちゃんまでしないのっ!」

ぱいちゃん「……ん?」

みも「どうしたのー?えりこー」

ぱいちゃん「ねぇねぇ、あやちゃんのおっぱい見て思ったんだけどさ、なんですーちゃんのおっぱいはえぐれてるの?」

みも「」
220: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:44:26.50 ID:d8ISUHxX.net
ぱいちゃん「ねーなんでー?」

みも「」

ぱいちゃん「早寝してる人は大人になったら皆おっぱい大きくなるんじゃないのー?」

うち「……」

ぱいちゃん「ねーねーすーちゃーん!」

みも「」

うち「……ぷっ、ふふ、くっ……え、えりこ、ちゃん……w」


ぱいちゃん「なぁに?」

うち「……ふ、ふふふっ……あ、あのねぇ、その……w」

ぱいちゃん「え?」

みも「うわぁぁぁぁぁぁぁん!」

ぱいちゃん「!?」

みも「うっ、う、うわ、うわぁぁぁぁん! ひ、ひどいよぉ! ひどすぎるぅ! こんな事ってないよぉ!」

ぱいちゃん「すーちゃん……」

みも「あ、あたじだっでずぎでおっぱいぢっぢゃいんじゃなぃいぃぃぃ!」

ぱいちゃん「え、えっと……」

みも「ひっく、ひっく、いつもぱいるちゃんのこといじってるからって、こ、こんなのってないよぉぉっ!」

ぱいちゃん「ご、ごめんなさい……あの、すーちゃんのおっぱい、大きいよ?」

みも「う゛ゎ゛ぁぁぁぁ!やめてよぉぉぉぉぉっ!」

うち「あははははははははははは!ww」
221: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:55:26.13 ID:d8ISUHxX.net


みも「うぅ……ぐすん、ぐすんっ……」

ぱいちゃん「うわーードライヤーこそばいーー!」

うち「こらぁ、髪乾かないでしょ?動かないの!」ブォォォ

ぱいちゃん「きゃぁー!」

みも「……ひく、ぐすっ、ぐしゅっ……」チラチラ

うち「………はい、えりこちゃん乾いたよ」

ぱいちゃん「ありがとー!」

みも「……うっ、うっ、ぐすん!ぐすん!」チラッ!

ぱいちゃん「のどかわいたー!」

うち「冷蔵庫に水のペットボトルが50本くらいストックであるから好きなの飲んでー」

ぱいちゃん「分かったー」

みも「うっ!うううっ!ひっく!ひっく!」チラッ!チラッ!チラッ!

うち「……あーもう、みもちゃんも拗ねてないでこっち来なよ。髪やったげる」

みも「みもぉ……!」パァーッ
223: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:04:27.51 ID:d8ISUHxX.net
うち「……」ブォォォ

みも「……あーきもちー♡」

うち「……」ブォォォ!!!

みも「あっつ!!! うっちードライヤーどこあててんの!?」

うち「えー」



ぱいちゃん「♪」テクテク

ぱいちゃん「……?なにこれCDとかDVDがたくさんある……」

ぱいちゃん「すごーい! アニメとかいっぱい!」

ぱいちゃん「なにがあるのかなー……」

ぱいちゃん「びびっ、どれっど……きでぃ、がーらんど……あい、まいみー……?」

ぱいちゃん「んー知らないのばっかり!」

ぱいちゃん「らんまとかおじゃるまるとかないのかなー……ん? なにこれー……」



ぱいちゃん「……らぶらい、ぶ?」
225: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:13:42.32 ID:d8ISUHxX.net


みも「あっついいい!もう降参!降参れすぅぅ!」

うち「あははーみもちゃんかわいいよー」

ぱいちゃん「ねぇねぇ!」テテテッ

うち「ん?どうしたのー?」

ぱいちゃん「このDVD? おもしろそー!」

うち「あ……それ……」

みも「ラブライブのブルーレイBOX……」

ぱいちゃん「おもしろそーおもしろそー!これどんなアニメなの!?」キラキラ

うち「……数ある中からこれ選んだのかぁ。ね、えりこちゃんなんでこれ面白そうだとおもったの?」

ぱいちゃん「だってねーかわいい女の子がたくさんいる! それにね、すっごくキラキラしてるから!」

みも「……」

うち「……」

ぱいちゃん「ぜったいにこれおもしろいよー! はじめてこんなにぴんっときた!」

みも「あはは……そうかぁ……実はね、あたし達このアニメのキャラクターの声優なんだよ」

ぱいちゃん「え!? そうなの!?」

うち「うんうん。そうそうー」
226: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:18:59.57 ID:d8ISUHxX.net
ぱいちゃん「すごーい! どのキャラクターの人なの?」

うち「私はこの子、南ことりちゃん。可愛いでしょー」

ぱいちゃん「うんっ!すごくかわいいー!」

みも「あたしはねー、この青の髪の毛の1番可愛い子!園田海未ちゃーん!」

ぱいちゃん「わぁー!うみちゃんっ!」

うち「ちょっと、ことりちゃんのが可愛いから」

みも「えーー!あたしの海未ちゃんの方がかーわーいーいー!」

うち「ことりちゃんの方がかわいーでーす」

みも「そんなことなーい!」

ぱいちゃん「どっちもかわいいよ!」

うち「その通りだよぉ。みもちゃん何言ってんのー」

みも「う、うっちー最近ひどくない……あ、そうだ。えりこはどの子が1番可愛いと思う?」

ぱいちゃん「え?」

うち「うんうん、えりこちゃんの意見も聞きたいなぁ」

ぱいちゃん「えー……うーんうーん、迷うなぁ……ことりちゃんもうみちゃんもかわいいけど……やっぱり、この子!」ビシッ

うち「……あ」

みも「あ」
228: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:26:23.85 ID:d8ISUHxX.net
ぱいちゃん「この子がナンバーワンだよ!すごくかわいいし、それからびじんだし、いちばんきらきらだもん!」

うち「……ふふ」

ぱいちゃん「もーなんで笑うのー!かわいいじゃん!」

うち「……うん、可愛いよ」

ぱいちゃん「この子の名前はー?」

みも「さぁ……なんだったっけなぁ。忘れちゃった」

ぱいちゃん「えー!?じぶんがでてるアニメのキャラのなまえわすれるのー!?」

うち「みもちゃんの記憶力は皆無だからね」

みも「こらー」

うち「……でも、なんだろ。私も思い出せない」

ぱいちゃん「えーあやちゃんもー?」

うち「うん……ごめんね」

ぱいちゃん「むー知りたかったのになぁ……この子のなまえー!」

みも「あはは、いつか直接聞けばいいんじゃない?」

ぱいちゃん「ちょくせつとかむりだよー!アニメだもん!」

うち「いやぁ、聞けるよ聞ける」

ぱいちゃん「ほんとにー?」

みも「うんうん。多分聞いたら『私の名前知らないなんてバカにしてるの? イミワカンナイ!』 って答えてくれるよ」

ぱいちゃん「なにそれー!まるでどこかのおひめさまじゃん!」

うち「高嶺のフラワーだからね」

ぱいちゃん「むーさっきからすーちゃん達いみわかんない……」
229: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:34:02.78 ID:d8ISUHxX.net
ぱいちゃん「あ!そうだ!この子にも声優さんいるんだよね?」

みも「まぁ……」

うち「そりゃあね」

ぱいちゃん「ね、ね、どんなひとー?」

うち「そーだなぁ……美人?」

ぱいちゃん「やっぱりー!こんなにキャラがびじんさんなんだもん!そうにきまってるよー! それからそれからー?」

みも「うーん……まずちょっとお馬鹿かな」

ぱいちゃん「えー!?おばか!?びじんさんなのに!?」

うち「そうそう。次に、何でもできるようにみえて何にもできない、ちょっぴりポンコツちゃん」

ぱいちゃん「うそぉー!」

みも「でも人一倍頑張り屋さんな人でさ……」

うち「色んなことに全力で挑戦してる人だよ」

ぱいちゃん「おぉー!カッコイイのにかっこわるくてかわいいびじんさんなんだね!」

みも「ふふふっ……的を射てるなぁ….」

うち「あはは、やっぱり本人のことは1番本人が分かってるや」

ぱいちゃん「えー?」
231: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:46:29.69 ID:d8ISUHxX.net
うち「はいはーい。明日早いんだからもう寝るよ」

ぱいちゃん「えー!?」

うち「寝るの。電気消すからね」カチッ

ぱいちゃん「まだ寝たくないよー!」

みも「……早く寝ないとおっぱい大きくならないぞっ!……なっ、らないぞっ!ぐすっ……」

うち「……みもちゃん、泣いてるの?」

みも「な、泣いてないしー!」

ぱいちゃん「……ねぇねぇ」

うち「どうしたの」

ぱいちゃん「……えりこちゃんね、きょういろんなものみて、きいて、あやちゃんと、すーちゃんとはなしてね……」

みも「……」

ぱいちゃん「たのしかったけど、ふあんになったの、しょうらいどうなるのかな、って……」

うち「……」

ぱいちゃん「わたし、しょうらい、ちゃんとやりたいことやれてるのかな……うた、うたってるのかな……」


ぱいちゃん「……なんだか、すごくこわいよ……」
232: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 20:54:04.05 ID:d8ISUHxX.net
みも「……大丈夫!」

ぱいちゃん「すーちゃん……」

うち「うん、みもちゃんの言う通り大丈夫だよ。ぱいるちゃ……ううん、えりこちゃんはちょっとお馬鹿だしぬけてるところもあるけど、すごくいい子だもん。それから真っ直ぐだから」

みも「そうそう! それにさ、皆ついてるよ! あたし達はもちろんだけど……これからずっと、えりこのまわりにはいっぱいいっぱい人がいて、えりこのこと応援してくれてる」

ぱいちゃん「そうなのかな……」

みも「そうだとも!それともあたしの言うことが信じられないー?」

ぱいちゃん「……うーん」

みも「おーいっ、そこはいい返事でしょ、ほらえりこっ。はいっ! って」

ぱいちゃん「……」

うち「えいっ」ギュッ

ぱいちゃん「わっ!」

うち「ほらみもちゃんも、ぎゅーって」

みも「まかせて! んーっ、えりこっ!」ギュッ

ぱいちゃん「わわ!」

うち「大丈夫……大丈夫だよ……」ギューッ

みも「うん……えりこは大丈夫……」ギューッ

ぱいちゃん「……」

ぱいちゃん「………えへへ!」


ぱいちゃん「おやすみ!あやちゃん!すーちゃん!」

みも「おやすみー!」

うち「おやすみぃ」
244: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 20:25:36.75 ID:3Q6dy/xs.net
~~~

ぱいる「……ここ、は……」

ぱいる「……暗い、どこだろ」キョロキョロ

ぱいる「……」

ぱいる「おーーい!誰かーー!いませんかー!」

シーン

ぱいる「お願いっ!誰か返事してーー!」

シーーーーーン

ぱいる「……うう、なんでぇ……」

ぱいる「ぐすっ……ぐすっ……すーちゃん……うっちー
…」


「あーー!!!」


ぱいる「!?」ビクッ

ぱいちゃん「人がいたー!」

ぱいる「えっ……」

ぱいちゃん「よかったー!1人かとおもっちゃったー!」

ぱいる「あ、なたは……」

ぱいちゃん「え?」


ぱいる「……小さい、私?」
245: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 20:41:14.60 ID:3Q6dy/xs.net
ぱいる「……なん、で?」

ぱいちゃん「……? どういういみー?」

ぱいる「……はっ! なっ、なんでもない……」

ぱいちゃん「ふぅん……へんなのー!」

ぱいる「あ、はは……ねぇねぇ、ここがどこか知ってる?」

ぱいちゃん「わかんなーい! おねえちゃんはしってる?」

ぱいる「うーん、私も分かんないんだ」

ぱいちゃん「じゃああるいてみよう!」

ぱいる「え?」

ぱいちゃん「あるいたらどこかに出られるかも!」

ぱいる「……う、うん。そうだね」

ぱいちゃん「それならレッツゴーー!」タタタッ

ぱいる「あ!ちょっとま……っ!?」

ぱいる(足が……動かない……!)

ぱいちゃん「はやくはやくー!」タッタッタッ

ぱいる「ま、まって……!」

ぱいちゃん「はやくきてったらー!」タッタッタッ

ぱいる「まって……まってよぉ……」



ぱいる「待ってよーーーーー!!!」
247: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 20:57:23.90 ID:3Q6dy/xs.net
ぱいる「はぁっ……はぁっ……」ポロポロ

ぱいる(あれ……なんでだろ……涙がとまんない……)

ぱいる「うっ、うぅっ、ひっく……うぇ……」グスグス

ぱいちゃん「おねえちゃんだいじょーぶ?」

ぱいる「ううっー、なんでっ、ひっく、お、おいてくのっ……う、う……」

ぱいちゃん「……」

ぱいる「いやだよ……おいてかないで……おいてかないで……なんで、なんで……」

ぱいちゃん「……」

ぱいる「み、んな、いなくなっちゃう……わっ、わたしをおいて……うっ、ぐすっ……やだっ、やだぁ……」

ぱいちゃん「ぎゅー!」

ぱいる「っ、ぐすっ……え?」

ぱいちゃん「ふあんだったときねー、すーちゃんとあやちゃんがこうしてくれたんだー!」

ぱいる「すーちゃん達が……?」

ばいちゃん「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ、って……」

ぱいる「うん……」

ぱいちゃん「おねえちゃん、さみしい?」

ぱいる「……そんなことっ……! ……ううん、ごめんね、さみしい、さみしいよ……」

ぱいちゃん「ならえりこちゃんがいっしょにいてあげるー!」

ぱいる「え……」
249: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:20:40.44 ID:3Q6dy/xs.net
ぱいちゃん「だめー?」

ぱいる「……だめ、じゃないけど、むりだよ、そんなの……」

ぱいちゃん「むりじゃないよ!」

ぱいる「……だって……だって……あなたは……」

ぱいちゃん「……」

ぱいる「あなたは、私、でしょ? ……もうすぐ、わかるよ。わ、たし、夢だって……あきらめて……」

ぱいちゃん「……」

ぱいる「……ごめんね……ごめんね。あなたはこんなにキラキラしてるのに、私は……私は……」

ぱいちゃん「……」

ぱいる「ぐすっ……それにもうすぐ終わっちゃう……皆、離れ離れだよ……」

ぱいちゃん「……よく、わからないけど……すーちゃんも、あやちゃんも、それからみんなもそばにいてくれるんだよ?」

ぱいる「……どういう、」

ぱいちゃん「すーちゃんたちいってたもん! だからおねえちゃんも、たのんだらいいよ! いっしょにいてって! すーちゃんとあやちゃんはぜったいうそつかないもん!」
250: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:39:34.93 ID:3Q6dy/xs.net
ぱいる「そっか……」

ぱいちゃん「えりこちゃんもいっしょにたのんであげようかー?」

ぱいる「ううん、大丈夫!」

ぱいちゃん「えー」

ぱいる「……ふふ、そっか、そっかぁ……みんな一緒、かぁ……!」

ぱいちゃん「そうだよー!」

ぱいる「えへへ、元気でたー!」

ぱいちゃん「やったぁー!」

ぱいる「やったやった!」

ぱいちゃん「へへーよかったよー!」

ぱいる「………ねぇ、えりこちゃん」

ぱいちゃん「なぁにー?」

ぱいる「私、がんばるよ!頑張るからね!」

ぱいちゃん「……うん!」

ぱいる「皆、いるんだもんね。ぜーったい、頑張るんだ! だから、えりこちゃんも負けずに、頑張ろ!」

ぱいちゃん「がんばるよー!」

ぱいる「……あのね……あなたがいたから、私は今ここに、いるんだよ」

ぱいちゃん「?」

ぱいる「だから……私も進まなきゃ!」

ペカーッ

ぱいる「わーーーっ!ま、まぶしーーー!」
252: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:49:58.74 ID:3Q6dy/xs.net
~~~

(・8・)チュンチュン…

ぱいる「う、うーーん……」モゾモゾ

ぱいる「────はっ!」

みも「ぱ……くちー……むにゃむにゃ……」スースー

ぱいる「えっ……」

うち「ん、んー……きっく……ぱんち……」スースー

ぱいる「な、なんで……すーちゃんとうっちーが……しかもここ……うっちーのお家……」

ぱいる「どういうことだろ……?」

ぱいる「ま、まさか……3人ベッドで寝てるってことは……さ、昨晩の間にちょめちょめ……///」

ぱいる「うわーーばかばか!私のばかー!///」

ぱいる「あ……!てか今日ファイナルじゃん!」

ぱいる「すーちゃん!うっちー!おきて!」バシバシ

みも「……ん、んー……はっ!ぱいるちゃん!戻った……の?」

うち「え、ぱいるちゃんが戻った!? ……え?」

ぱいる「へ? 戻った? どういうこと? ……というか2人とも? な、なに、その目……」

みも「……はぁ、なんだ。戻ってないじゃん」

うち「うん……小さいままだね……」

ぱいる「えっ……」チョコーン

ぱいるちゃん「ええええええっーーー!?身体が小さいいいーーー!?」

うちみも「!?」
254: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:07:24.03 ID:3Q6dy/xs.net
ぱいるちゃん「えええーっ!?なんで身体が小さいのっ!?」

うち「え、昨日から小さかったじゃん」

ぱいるちゃん「うそっ!?」

みも「うそじゃないよー、こうやってほらっ!」ギュッ

ぱいるちゃん「きゃあ!」

みも「えりこー、えりこーって……」ギューッ

ぱいるちゃん「す、すーちゃん……///」トローン

うち「……反応が……」

みも「うん……レズの方のえりこだ……」

ぱいるちゃん「……って、そうじゃないよー! なんで私小さいのー!?」

みも「なんでって言われてもなぁ……」

うち「……あ、なるほどー私わかっちゃったー」

みも「ん? うっちーどうしたのー?」

うち「つまりね、昨日は身体も頭脳もちっちゃいぱいるちゃん。今日は身体は子供、頭脳は大人」

みも「その名もっ! 名探て……ってなんでですかー!!余計わからんわっ!」

ぱいるちゃん「え、昨日も小さかったの!?」

うち「うん」

ぱいる「マジか……!」
255: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:20:27.27 ID:3Q6dy/xs.net
うち「てか今日のライブどうする?」

みも「あーーーー!それだよっ!」

うち「は?」

みも「昨日あたしがいきなり風呂入ってきたでしょ? 言いたかったのはそれなんだよー! ぱいるちゃん小さいままでライブどうするのーって、ね」

うち「……なんであの時言わなかったの」

みも「忘れてたから!」

うち「なんで忘れるんだよ!」ゲシィッ

みも「いたぁいっ! だ、だってぇ、えりこが可愛かったからぁ……」

ぱいるちゃん「えへへー」

うち「……ぱいるちゃんも照れてないで。てか本当に昨日中身も小さかったの?」

ぱいるちゃん「え」

みも「まさか……演技!? このやろーっ、声優業界で演技を習得したからってこのこのっ、罪なえりこめっ」

ぱいるちゃん「ちっ、ち、違うよー! だって昨日のこと覚えてないもん!」

うち「……まあ冗談はこのくらいにして。どうする?」

みも「……だね。このままステージにっ、てわけには……」

ぱいるちゃん「……でるよ」

うちみも「え?」
256: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:40:08.13 ID:3Q6dy/xs.net
ぱいるちゃん「ここで私がでなきゃ全部パーだもん!でなきゃ!」

みも「ま、まぁね? だけどその小さじゃ……」

ぱいるちゃん「でもμ’sが8人になっちゃう……! それだけはイヤだもん! すーちゃんも、うっちーもイヤでしょ?」

うち「もちろんイヤだよ。だけどさ、」

ぱいるちゃん「私達だけじゃない……!μ’sのメンバーも、ラブライバーの皆も、スタッフさん達だって、μ’sは9人だから、9人のステージが見たいって思ってる!」

みも「うん……」

ぱいるちゃん「だから小さくたって出るの! それだけは譲れない! 」

うち「……」

ぱいるちゃん「……それに、きっと私が出られなかったら、真姫ちゃんだって悲しんじゃう……そんなの、私だって悲しいもん……」

うち「はぁ……分かった。とりあえず現地に行こっか」

ぱいるちゃん「うっちー……!」パァァッ

みも「あはは、昨日のえりこにも聞かせてあげたいや……うん、そうだね。ともかく現地行かなきゃ始まんないよねー! いこっ、ぱいるちゃん」

ぱいるちゃん「すーちゃま……!」パァァッ

うち「出れる出れないは二の次だね」

みも「そうそう……それじゃ、行くぞー!」

ぱいるちゃん「待ってろ! どぅーむ!」
260: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 00:40:43.46 ID:VF69vtBF.net


みも「おまたせー!」

そら「もう、遅いよすずー!」

みも「ごめんごめん……」

うち「皆おはよー」

シカ「あ、うっちー、みもりんと来たの?」

りっぴー「なんか最近みもりんとうっちー仲良くなーい?」

うち「え」

くっすん「あ!それおもったー!」

えみつん「ぐすん……つい最近まではすずと1番仲良かったのに……」

みも「えーなにこれモテ期?」

うち「勘違いしてんじゃねぇよ」

みも「またまたー照れちゃってー」

ジョルノ「てかさ、みもちゃんと言えば……あの子が……」

ぱいるちゃん「私だってうっちーとすーちゃんと仲いいもん!」

ジョルノ「そうそう。ぱいちゃ……ん?」

ぱいるちゃん「へっ?」

くっすん「んんんんー?」

シカ「ろ、ロリがいる……!」

うちみも(やばい……!)
261: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 00:51:31.46 ID:VF69vtBF.net
そら「あ!よく見たらりえこちゃんじゃないかー!」

ぱいるちゃん「えっ。りえこ?」

ジョルノ「あれ?りえこちゃんじゃないの? あ、滑舌悪くて言えないんだっけか」

ぱいるちゃん「???」

みも「あっ、あああ、えーとね……」

うち「り、りえこちゃんだよ」

ぱいるちゃん「えっ?えっ?」

みも「ぱ、ぱいるちゃん……訳は後で説明するから……」コソッ

ぱいるちゃん「う、うん……」

りっぴー「あれ、そういえばパイちゃんはー?」

えみつん「そういえばいないなぁ」

ぱいるちゃん「わっ、私っ!」

えみつん「えっ」

ぱいるちゃん「わ、私……私っ、Pileの妹なのっ!今日はステージに立つために来ました!」

うちみも「……ら、らしいです……」

6人「ええええぇー!?」
262: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 00:58:32.76 ID:VF69vtBF.net
ジョルノ「い、いやいや……普通に考えて無理っしょ」

くっすん「え?無理なの?こんなに可愛いのに?」

ジョルノ「そういう問題じゃないだろ!」

りっぴー「それによく見たらパイちゃんに似てるしー……ありゃ?似てる?」

シカ「というかパイちゃん自身はどこいったの?」

ぱいるちゃん「そ、それは……い、インフルで……」

そら「昨日の腹痛はインフルの前触れだったってことかな?」

ぱいるちゃん「腹痛?」

そら「え?」

みも「あ、あーそうなんだってー。うん。お腹痛くて病院行ったらインフルだったんだってー!いやー災難ですねーあはは……」

えみつん「こら、あははじゃないでしょ。ライブどうしよー……」

ばいるちゃん「だから私がでるのっ!」

ジョルノ「気持ちは嬉しいけどさぁ……いろいろと問題が、ねぇ」
263: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 01:06:10.98 ID:VF69vtBF.net
ぱいるちゃん「問題?」

シカ「まずさ、パイちゃん本人じゃなきゃ意味ないっていうか……まあそっくりさんとかで誤魔化しがきくってならまだいいけど。りえこちゃんだと誤魔化すとかそういう次元じゃ」

ぱいるちゃん「ぱ、Pileと同じ血が流れてるもん」

ぱいるちゃん(本当は私がPileだけど……)

そら「というか内田さんとすずの子供じゃないの?」

みも「ぎくーっ!」

うち「……ごめん。嘘。みもちゃんには生えてませんでした」

ジョルノ「あ、やっぱり?」

みも「いや普通に考えて生えてないよ!」

くっすん「はいはいはーい!」

ジョルノ「どうしたのくっすん」

くっすん「りえこちゃんはダンス踊れないじゃん!」

ぱいるちゃん「そっ、そこはほんとに大丈夫!Pileから全部き、きいてるし……私も日頃から踊ってるもん!ほんとに!」

くっすん「ならよし!」

ジョルノ「いやいいんかーい!……まあいいか」

うちみも(えぇ……?)
264: 名無しで叶える物語(なし)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 01:20:19.61 ID:VF69vtBF.net
そら「でも衣装は?」

ぱいるちゃん「あ」

そら「サイズ合わなくない?」

衣装のすどさん「直しときました!」

みも「流石すどさん!仕事がはやいっ!」

ぱいるちゃん「うぅ……ぐすん……」

みも「えっ、ぱいるちゃ……じゃなくて、りえこちゃん?どしたの」

ぱいるちゃん「ううん……すごいね、すごいよ……ラブライブって……いろんな人が支えてくれてるんだね……ぐすっ……うっ……感動しちゃった……」

シカ「もしかしてさ……りえこちゃんって妹じゃなくて普通にパイちゃん?小さくなっちゃった、とか?」

ぱいるちゃん「えっ?」

うちみも「っ!?」

りっぴー「ってそんなわけないじゃーん。アニメじゃあるまいしー」

シカ「冗談だよー」

うちみも(焦った……)

えみつん「……よし……じゃあ9人そろったところで!ラブライバーのみんなが待ってるよ!準備しよう!」

9人「おー!」
268: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 16:31:58.18 ID:ljzn1Ww7.net


えみつん「いくよ……μ’s!ミュージック……」

9人「スタートー!!!」

えみつん「よしっ、いこう! みんな!」

ザワザワ…

うち「……ねぇ」

みも「ん?どしたのー?」

うち「勢いでここまで来ちゃったけどさ、冷静に考えればやばくない?」

みも「なにが?」

うち「とぼけてんじゃねぇよ」バシッ

みも「いたっ」

うち「……ぱいるちゃんだよ。ラブライ部員のみんなも流石にこれには……」

みも「……んー、よく分かんないけどさ、ぱいるちゃんが小さいことが原因なんだよね?」

うち「あ、当たり前じゃん」

みも「それならあたしにいい考えがあります! へへへー! まかせてっ!」

うち「……え?」

みも「よーしっ……ぱいるちゃーん! ちょっとこっち来てー」

ぱいるちゃん「?」
270: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 16:46:09.82 ID:ljzn1Ww7.net


~♪

「「ウォォォォォォ!!!」」

~♪

「「ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!」」

~♪

「「……?ザワザワ……ザワザワ……」」

「あれ…パイちゃんいなくね?」

「いや……まてよ…………!」


~♪ 確かな今よりも…新しい夢…捕まえたい……


みも「だいたーんにーとびだーせばー」

みもちゃんに肩車されたぱいるちゃん「おーけーまいらーいふ!」


「みっ……」

「「みもぱいだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」」

「「ウォォォォォォォォ!!!」」


みも(説明しようっ!小さくなったぱいるちゃんを肩車することで身長を誤魔化す作戦であーる!)

うち(いやこんなので誰も騙されるわけ……)


「あれ?てかパイちゃん小さくね?」

「いや、作画悪いだけだろ」

「お前ら!それよりコールすっぞ!!!」


~♪譲らない瞳が……ダイスキ!

「「ダイスキ!!!!」」


うち(ええーっ……?)
271: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 16:53:25.36 ID:ljzn1Ww7.net


えみつん「……はいっ! というわけで!みなさん!こんにちはー!」


「「ゴンニヂハァァァァ!!!」」


みも「ドームだよドーム。いやぁ、すごいなぁ」

ぱいるちゃん「ねー」


「「うぉぉぉぉぉ!みもぱぃいぃぃぃ!」」


りっぴー「なんでみもりんさー、パイちゃんを肩車してるのー?」

みも「そっ、それは……」


「「それは……?」」ザワザワ…


みも「ぱ、ぱいるちゃんが大好きだから、かなっ」


「「あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁぁぁぁ!!!」」


うち「うわ……すごいこれ今日1の歓声になるんじゃ……」


双眼鏡ライバー「いや、まて!」

「?」ザワザワ……

双眼鏡ライバー「パイちゃん、マジで小さいぞ!」

「!?」ザワッ


うちみも「!?」ギクッ

ぱいるちゃん「っ!?」
272: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 17:00:37.62 ID:ljzn1Ww7.net
「どういうことだ……?」ザワザワ

「ってことはあれパイちゃんじゃないのか?」ザワザワ

「まさか……パイちゃん辞退とか?」ザワザワ


ぱいるちゃん「ち、ちがっ!」


「どういうことだよ!」

「パイちゃんだせよ!」

「そうだ!9人揃ったμ’sが見たいんだよ!」

「ふざけんなよ!」


くっすん「み、みんな!落ち着いて!」

そらまる「こ、これには海よりふかーいわけが……!」


「こんなんで誤魔化せると思ってるのか!」

「そうだ!作画の幅広いっつってもこれはねぇぞ!」

「本物出せ!本物!」

「ぱきちゃん」

「おかしいだろ!」


ワーワーワー!!!

みも「あわわ……」

うち「や、やっぱダメか……」

ぱいるちゃん「……」

ぱいるちゃん「……」


ぱいるちゃん「みんなっ!!!!きいてっ!!!」


「「!」」ピタッ シーン
273: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 17:13:26.44 ID:ljzn1Ww7.net
みも「ぱ、ぱいる、ちゃん……?」

ぱいるちゃん「みんな、きいてくださいっ!私は……私は、紛れもなくPileという人物です!!! 実は、小さくなってしまいました!」

シカ「まじか」


「なわけねーだろっ!」

「そうだっ!スピリチュアルすぎんだろ!」


ぱいるちゃん「確かに信じれないかもしれない……でも、私が真姫ちゃんを演じて、真姫ちゃんと共に6年間を歩んできたという事実は、今日この場で証明できると思います!」

うち「……」

ぱいるちゃん「……ですから、お願いします……こんな姿ですが、ライブをさせてください。μ’sの9人でステージに立ちたい……きっと、私がPileだということを、みんなに分からせてあげられる……!」

ぱいるちゃん「だから、お願いします!」


「「……」」ザワザワ


うち「……私からも、お願いします!」

みも「あ、あたしもっ!ぱいるちゃんは本物だよ……だから!お願いっ!」


「「……」」

ポオッ……


うち「……あ」

みも「……すごいっ!すごいやっ!」

ぱいるちゃん「み、みんなが……あ、赤のサイリウム、て、照らしてくれてる……っ!」
274: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 17:21:08.30 ID:ljzn1Ww7.net
「「ワァァァァァァァァ!!!」」

ぱいるちゃん「ぐすん……みんな……ありがと……」

くっすん「はいはーい!泣くのは早いよっ!」

ジョルノ「そうそう!まだライブは始まったばっかりー!」

ぱいるちゃん「うんっ……そうだね……!」


ぱいるちゃん(すごい……すごいや……)

ぱいるちゃん(まさかこうなるなんて……)

ぱいるちゃん(……こんなに、素晴らしい景色が見られるだなんて……)

ぱいるちゃん(ラブライブ、って……μ’s、って……すごすぎるよ……)

ぱいるちゃん(みんな、ありがとう……)

ぱいるちゃん「はぁっ……なんだかのど乾いた……」ゴクゴク

ぱいるちゃん「……っ、ごほっ、こほっ……!」

みも「あ、ぱいるちゃんまーたむせたの?」

ぱいるちゃん「こほっ、けほっ、こほこほ……」

うち「こりないねぇ……」

ぱいるちゃん「────っ!?」

ペカー

みも「わぁぁぁぁっ!?」

うち「またぱいるちゃんが光った!」

「「!?!?」」ドヨッ

ビリッ!!!

みも「……? なに、この音…?」
277: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 17:29:34.99 ID:ljzn1Ww7.net
ぱいる「こほっ……こほっ……あ!もどったーー!」

みも「……っ、あ」

うち「……っ!///」フルフル

ぱいる「もどったーー!みんな、もどったよーー!」

「「……」」シーン

ぱいる「……あれ?何でみんな無反応……?」

ぱいる「……?」

ぱいる「あ」

ぱいる「ああああああああぁ!?///」

りっぴー「ぱ、パイちゃんの……///」

そら「い、衣装が……!///」

ぱいるちゃんの衣装「」ビリビリ

ぱいる「き、きゃぁぁぁぁぁぁ!?///」

「「ウォォォォォォ!!!」」

うち「ふ、服のサイズは変わらないこと忘れてた……!///」

みも「こっ、こらぁー!みんなっ!徐に双眼鏡を取り出すなーっ!」

「「ウォォォォォォ!!!!!!」」

ぱいる「み、みないでぇぇぇぇぇ!///」

うち「ほ、本当のラブライ部員なら、ここは目を背けられるはずだよね!?ねっ!?」


「……」スッ (素早く双眼鏡を下げるピュアライバー)

「……」ジィッ (双眼鏡を下げるどころかその光景を目に焼き付けようとする俺達)


ぱいる「い、い、いやぁぁぁぁぁぁぁ!///」
278: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 17:36:44.43 ID:ljzn1Ww7.net


みも「はぁ……なんとかライブ終わったね……一件落着……」

うち「いろいろと疲れた……」

ぱいる「うぅ……もうお嫁にいけないよぉ……」

みも「あたしが貰ってあげるよ」キリッ

ぱいる「きゃーー!すーちゃまーー! ……っていう元気もない……ぐすっ……」

うち「だ、大丈夫……撮影禁止だしさ、多分Blu-rayではカットされるし、ぱいるちゃんの裸の画像が流失……っていうのはないと、思う……」

みも「だといいけど……」

ぱいる「ぐすん……」

みも「ま、メソメソしてても仕方ない! 景気づけにパクチー酒のーもおっと!」ゴクゴク

うち「うぇ……パクチー酒?」

みも「……ごくごく……ぐっ!? けほっ、ごほっ……」

ぱいる「あ、今度はすーちゃんがむせた!」

うち「まったくさぁ……人のこと言えないんじゃ、」

みも「────っ!?」

ペカー

ぱいる「きゃぁぁぁぁ!」

うち「ま、眩しっ……まさかっ……!?」



みもちゃん「?」チョコーン

うちぱい「またぁぁぁぁぁぁ!?」


おしまい
279: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 17:37:35.56 ID:ljzn1Ww7.net
読んでくれた人さんくっすん
真姫ちゃんおめでとあいうえお
パイちゃんよ永遠に
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『みもりん「うっちーのお水飲んだらPileちゃんが小さくなっちゃった…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。