凛「ふむふむ……はっ! こ、これだ!!」

シェアする

凛-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:29:00.13 ID:AUgAQtAN.net
凛「ワンピース、って知ってる?」

希「うん。知っとるよ。うちも着るし」

凛「違うにゃ~。今時、ワンピースって言ったら漫画の方だにゃ」

凛「希ちゃん、遅れてるにゃ」

希「ああ、そっちか。で、ワンピースがどないしたん?」

凛「きっとね、凛も特訓すれば足から火が出るようになると思ったんだにゃ!」

希「そっち!? 手が伸びるとかじゃなくてそっち言ったん!?」

凛「どんなに特訓しても手が伸びるわけないにゃ~。希ちゃん。面白いこと言うね」

希(足から火も出ないと思うけどなぁ……)

凛「それにゴムゴム~とかダサいにゃ」

希「あかん。それ以上言ったらあかんよ」

凛「骨風船とか……」

希「ストップ! 凛ちゃん! あかん!!」

凛「??」

元スレ: 凛「ふむふむ……はっ! こ、これだ!!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:31:34.53 ID:AUgAQtAN.net
希「そ、それで、どないしたん?」

凛「それで、特訓したにゃ!」

希(しちゃったんだ)

希(まぁ高校1年生だったら、まだ厨二病を抜け出せてなくても仕方あらへんね)

希「へ、へぇ~。それでどんな特訓したん?」

凛「まずは……」

希(真剣な顔つき……。これは凄いことをしてきたに違いない)

凛「肉の名前を覚えたにゃ!」

希(遠回りいい! いや、近道なんてないけども! というか、正しい道もないけど!!)

凛「英語ってやっぱり難しいにゃ……。でもね、でもね! ちゃんと覚えられたんだよ!」

希「す、凄いやん」

希(あれ、フランス語ね! 英語じゃないからね!)

希「英語の苦手な凛ちゃんが英語の勉強するなんて凄いなぁ」

凛「必殺技を手に入れる為には、どんな努力も惜しまないにゃ」

希(色々と間違ってるけどね!)
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:37:41.91 ID:AUgAQtAN.net
希「じゃあ、そんな凛ちゃんに質問や!」

凛「何かにゃ?」

希「もも肉はフランス語でなんて言うでしょーか!」

凛「フランス語なんてわかんないにゃ」

希(そやった。英語ってことになっとるんやった)

希「ごめんごめん。間違えた。英語でもも肉はなんて言うでしょーか」

凛「もも肉でしょ? もも肉は~ズコー!」

希(なんで転ぶ時の効果音になってるん!?)

希(ジゴーや! ジゴー! 似てるけども!)

凛「ふふん♪」

希(この顔見てたら指摘できん……)

希「じゃ、じゃあ首肉は?」

凛「ゴリエ!!」

希(ワンナイの人気キャラ!! てか、懐かしいなワンナイて! うち、何歳や!?)

希(な、なるほど……。少しズレて覚えてしまっとるんやね。ちなみにコリエや)
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:41:56.49 ID:AUgAQtAN.net
希「凛ちゃん、肉の名前を覚えたってことは、ムートンショットとか、打てるんやない?」

凛「打てるよ!! 練習したし!」

希「おおー! ではさっそく、こちらに抱き枕があります」

凛「なんで?」

希「こういう時は都合よく出てくるもんなんよ」

希「これに向かってやってみて」

凛「わかったにゃ!」

凛「はぁ~……!!」

希(おお! いい構えやん!)

凛「ふっ! ゴリエ、ボール、コートナイ、セル、ポワ…ニャニャニャ、ズコー、シートンショットッ!!」

希(9割方間違えとるー!! 決めのムートンすら動物記になっとるよ!!)

希(途中明らかに誤魔化しとるし!)

希(威力だけは凄いけども。名前叫ばなかったらいい感じの必殺技なんだろうけども)

凛「どう!?」

希「さ……最高やん」

凛「でしょ!!」ウキウキ

希(あかん! この子眩しすぎる!!)
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:46:54.53 ID:AUgAQtAN.net
希「で、凛ちゃん、ディアブルジャンプは出せるようになったん?」

凛「それがね」シュン

希(どうした! 凄い落ち込んでるやん! 現実見たか! 現実見てしまったたんか!)

凛「ちょっとだけ」

希(ちょっと出せんのかい! 落ち込まんでいいよ、凛ちゃん! もの凄く凄いことやから!)

凛「多分……」

希「多分? どうして、多分なん?」

凛「あれってね、凄く回転するでしょ? だから、凛、目、回っちゃって、気付いた時には消えてるんだ」

希(出てないよ! 絶対出てないよ!)

凛「それでね!」ズイ!

希「うん?」

凛「希ちゃんに見て貰いたいの!」

希(あちゃ~……どうすれば……)

希「う、うん! ええよ!」

凛「ありがとう!!」

希(裏切れん……! 無垢な笑顔には弱いわ、うち!)
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:20:51.79 ID:AUgAQtAN.net
9と12の間抜けてた……。
悔しいから、今、載っける。



凛「じゃあ、やるね!」

希「う、うん」

凛「ふぅ~……はっ!!」グルグル

希(凄い! 全く回転の軸がぶれてない! さすがはμ´s1の運動神経を持つ女!!)

希(でも……火は当たり前やけど出てきいひんね……)

希(あ、徐々にゆっくりになってく。限界やんな)

凛「うにゃ~……」パタリ

希(おっと。危ない危ない。床に倒れてしまうとこだったんよ)

凛「…………はっ!」

希「凛ちゃん、大丈夫?」

凛「うん、大丈夫にゃ~」

凛「で、火は! 火は出てた!?」

希「え!?」

希(…………)

希「……あっつ! うわっ、あっついわー」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:52:30.59 ID:AUgAQtAN.net
凛「にゃにゃ!?」

凛「希ちゃん、離れて!」

希「え?」

凛「今の凛に近づいたら火傷するにゃ……」キザ

希「そ、そうやなー。ほんま、あっついわー」

凛「やったにゃ……! やったにゃー!!」

希(満足言ったん?! 真夏前くらいのあっついわーで!?)

希「お、おめでとう!」

凛「ありがとにゃ!」

希(まぁ喜んでるし、いいか。これなら、他の人に見て貰うこともなくな……)

凛「かよちんと真姫ちゃんに見せてくる!!」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:55:31.28 ID:AUgAQtAN.net
希「あかん!!」

凛「にゃ?」カタ、ガシッ

希「凛ちゃん、あかんよ。あんまり人に見せたらあかん。凛ちゃんはもう超人なんよ。皆、驚いてしまうやろ?」

凛「うーん……確かに。あんまり人に見せたらダメかも」

希「な。だから……」

凛「かよちんと真姫ちゃんに見せるだけだにゃ!!」ダッシュ!

希「待ってええええええええええええ!!!!!!!!!!!!」
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:58:39.35 ID:AUgAQtAN.net
部室から、1年組、教室へ。


凛「かよちん! 真姫ちゃん!」

花陽「凛ちゃん!」

凛「まだ先生に頼まれた用事、終わらないの?」

花陽「う、うん……。もうちょっとかな……」

凛「そっか……」

真姫「で、凛。待ちきれなくて戻ってきたの?」

凛「違うにゃ! 凛はちゃんと待て、って言われたら待てる人にゃ!」

真姫「当たり前じゃない……」

花陽「じゃあ、なにか用事?」

凛「そうだったにゃ! 今なら……」キョロキョロ

まきぱな「??」

凛「誰もいない……。チャンスにゃ」ニヤリ
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:00:21.68 ID:AUgAQtAN.net
凛「かよちん、まきちゃん! 見てて! 凛ね、足から火出せるようになったにゃ!」

まきぱな「へ?」

凛「いっくよー……うにゃ!」グルグルグル

まきぱな「…………」

凛「うにゃあ~……」フラフラ

花陽「凛ちゃん!」ダキッ

真姫「凛!」ダキッ

凛「で、出たかにゃ?」

花陽「な、何が?」

真姫「出るわけないじゃない」

凛「えっ! おっかしいなぁ~。さっきは出たのに……」

凛「もう一回…」

希「凛ちゃん、あかーあああああんッッ!!」ドアガラガラ

まきりんぱな「」ビクッ
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:02:30.00 ID:AUgAQtAN.net
花陽「の、希ちゃん……? 大丈夫? 汗、凄いよ?」

希「心配してくれて……はぁ……ありがとう……はぁ……」

凛「なんで? なんでダメなの?」

希「凛ちゃん……。ディアブルジャンブは……一日一回しか出ないんや!!」

凛「な、なんだって~!!」ガガーン

希「更に言うと、さっきは一日一回って言ったけど、本当は50年に一回しか出ないんや!!」

凛「ななな、なんだってぇぇぇえええええ!!!!!!!!」ガガガガーン
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:10:05.29 ID:AUgAQtAN.net
凛「でも、漫画だとたくさん出してるにゃ」

希「凛ちゃん、今、なんて言った?」

凛「にゃ? でも、漫画だと……」

希「それだぁああああ!!!!!」

凛「にゃにゃにゃ!!??」

希「漫画なんよ。あくまで、あれは漫画なんよ!」

凛「はっ!! 確かにッッ!! じゃあ、足から火が出せる凛って!!」

希「言うたやん。凛ちゃんは超人になってしまった、と!」

凛「な、なんか、凛、自分が恐ろしくなってきたにゃ……」ブルブルブル

希「怖いなぁ」

凛「も、もう、ディアブルジャンプするのは辞めるにゃ……」

希「うんうん。それがええなぁ。部室、戻ろか」

凛「うん……」

凛「かよちん、真姫ちゃん。さっきのは忘れて欲しいにゃ……」

花陽「う、うん……」

真姫「わ、わかったわ」

凛「にゃ~……」トボトボ

希(勝った!! うちの勝ちや!! 凛ちゃんを傷つけずに済んだわ!!)
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:14:21.94 ID:AUgAQtAN.net
後日。


凛「希ちゃん……」

希「ん? どないしたん?」

凛「凛……凛……」ワナワナ

希(ま、まさか、また!!)

凛「額にもう一個、目が付いてるかもしれないにゃ!!」

希(んなわけあるかっ!! さすがに今回のは無理や!!)

希(やめさせてもらうわ!!)

凛「ほ、ほら……なんか視界が広くなった気がするにゃ……」

希「ごめん! 凛ちゃん!!」

凛「にゃ!? 急にどうしたにゃ!」

希「……ちょっとその目、気持ち悪いって思ってしまった……」

凛「ひ、酷いにゃ~……」

希「う~そっ! でも、ちょっと不気味かもしれないなぁ」

凛「やっぱり……」シュン

希「あ! 猫耳でも付けたら妖怪っぽくて、可愛くなるんじゃない?」

凛「名案にゃ!」

希(やめないんか、うち!! やめたいのに!!)

凛「どうかにゃ?」

希「お~! 似合う似合う! そんでな…………」


終わり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「ふむふむ……はっ! こ、これだ!!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。