ことり「あれれ友達だよねぇ」

シェアする

ことり-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:17:18.56 ID:lL6Ly/Tl.net
ことり「それなら、ほら、次のライブの衣装……デザインしたから、作っておいてね~~」

「ま、またそんなにたくさん……」

「こ、ことりちゃん、いくらなんでもその量は……」

ことり「何かいったかなぁ?」ギロッ

「ひっ……」

ことり「睡眠時間ぐらい削れちゅん!!」ビシィッバシイッ

海未「まったく、ことりは生徒使いが荒いですねぇ」

ことり「海未ちゃんだって、ゴーストライターたくさんいるのにぃ?」

海未「やれやれ、やはり一人で出来る分量には限界がありますよね」

元スレ: ことり「あれれ友達だよねぇ」

スポンサーリンク
6: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:20:23.86 ID:lL6Ly/Tl.net
「も、もうやだ……私……こんなの……」

ことり「あれぇ、そんなこと言っちゃうの?」

海未「これは穂乃果に報告ですね」

「ほ、報告って……」

ことり「決まってるよねぇ?わたしのお願いを聞いてくれないなんて、もう友達じゃないもんね?」

海未「明日からクラスの誰も貴方と口をきけなくことを覚悟してくださいね」

「そ、そんな!お願い、穂乃果ちゃんだけには……」

ことり「じゃあ、やるちゅん!」ビシィッバシィィ

「う、うう……」
7: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:21:20.40 ID:lL6Ly/Tl.net
誤字

海未「明日からクラスの誰とも口を聞けなくなることを覚悟してくださいねぇ」
13: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:24:26.25 ID:lL6Ly/Tl.net
ことり「それじゃあ、私は帰るから、明日の朝五時まで頑張ってね~~」

海未「あ、そうだそこのあなた」

「わ、私……」

海未「何だか反抗的な目つきをしていますね、罰金です、5000円」

「え、え……」

ことり「広報ポスターたくさん作らないといけないもんね~」

海未「ふむ、心配しなくても余ったお金はちゃんと……」

ことり「ことりのおやつ代にしちゃいます、ちゅんちゅん♡」

「う、うう……」
17: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:27:58.94 ID:lL6Ly/Tl.net
穂乃果「二人とも、今日の『衣装作り』と『作詞』の作業は進んだ?」

海未「バッチリですよ……何の問題もありません」

ことり「穂乃果ちゃん、私、頑張ったよ、ね?」

穂乃果「よしよし、偉い偉い……ことりちゃんは本当に良い子だね」ナデナデ

ことり「~~~~♡♡♡」

穂乃果「海未ちゃん、集金は?」

海未「ついさっきの臨時収入も含めて9万円ほど……」

穂乃果「……」

海未「……ほ、穂乃果?」

穂乃果「足りないんだよねぇ……」

海未「ご、ごめんなさい、穂乃果、ごめんなさいごめんなさい」
21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:30:45.74 ID:lL6Ly/Tl.net
穂乃果「ううん、怒ってないよ海未ちゃん?」ニコッ

海未「も、もう少しだけ、時間を下さい、もっと集めてきますから……」

穂乃果「ううん、ちょっぴり海未ちゃん、集め方が下手みたいだね」

海未「……ご、ごめんなさい」

穂乃果「私がお手本見せてあげるから、ちょっと見ててね?」
26: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:33:46.98 ID:lL6Ly/Tl.net
穂乃果「ねぇ、そこのあなた」

「ほ、穂乃果ちゃん……?どうしたの?」

穂乃果「ごめんね、急に……」

穂乃果「実はちょっとμ'sの活動資金が足りなくて」

穂乃果「協力してくれたら、私、嬉しいな!」ニコッ

「あ、あ、あ」

穂乃果「ううん、そんなにたくさんくれなくても良いんだよ!」

穂乃果「私にあげたい分だけ……ね?くれればいいから……」

穂乃果「もちろん、多い方が、嬉しい……けどね?」
29: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:38:47.01 ID:lL6Ly/Tl.net
ことり「どうだったの?」

穂乃果「おうちに帰って、明日持ってきてくれるって!」

海未「い、いくらですか?」

穂乃果「うーんと、お年玉を全部って言ってたからねぇ、いくらかなぁ?」

海未「すごい……」

穂乃果「取り上げちゃダメだよ、向こうに渡させなくちゃ、海未ちゃん……」

海未「は、はい」

穂乃果「そうしたらね、そのうち払うのに……慣れて……クセになってくるはずだから……防御体制をとらせちゃだめだよ……」

海未「わ、わかりました……流石は穂乃果です……」

穂乃果「あ、そうだことりちゃん」

ことり「どうしたの?」

穂乃果「さっきの子、待遇ワンランク上げといてね」

ことり「うん、わかった!」
32: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:44:43.26 ID:lL6Ly/Tl.net
穂乃果「はい、それじゃあ……集計……142万円……まあ、集めた人は一人当たり8000円くらい出してくれたかなぁ?」

海未「……そのうち120万は穂乃果が……」

穂乃果「次からは海未ちゃんが頑張ってね?」ニコッ

海未「は、はい……」

穂乃果「あ、そこのあなた!」

「は、はい」

穂乃果「ランチパック買ってきてね、よろしく」

「わ、わかりました」

ことり「一年生は素直で良いね」

穂乃果「大変なのは三年生の徴収だよ……にこちゃんも希ちゃんも、絵里ちゃんも……あんまりクラスで影響力ないから……」
33: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:48:06.01 ID:lL6Ly/Tl.net
にこ「それで、こんだけ集めたわけ?」

穂乃果「学校のみんなの協力のお陰だよ!みんなで叶える物語、だもんね!」

にこ「……その、穂乃果、言いづらいんだけど」

穂乃果「ん?何?」

にこ「……あ、あんまり……その……無理やりとか、そういう風に……お金をとったりするのは……」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「……」

穂乃果「んー……よく聞こえなかったよ、ごめんね……もう一回言ってくれる?」

にこ「……な、なんでもないわよ……なんでも……」

穂乃果「緊張しなくていいのに、にこちゃんは、先輩なんだから!」ポンッ
35: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:51:10.02 ID:lL6Ly/Tl.net
穂乃果「……それに」

にこ「……」

穂乃果「今のアイドル研究部が、私は大好きだから、ね……」

にこ「……」

穂乃果「心配しなくても、私に任せておいてくれたら良いんだよ?絶対うまくいくから、ね?」

にこ「……わかったわよ」

穂乃果「さすが部長!……物分かりの良い先輩、私は、好きだよ……」

にこ(この、悪魔……)
36: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:55:48.19 ID:lL6Ly/Tl.net
凛「穂乃果ちゃーん!」

穂乃果「あっ、凛ちゃん」

凛「にこちゃんとお話ししてたの?」

穂乃果「うん、ちょっとね」

凛「見て見て、凛もね、お金集めてきたんだ!」

穂乃果「いくら?」

凛「みんなから、100円ずつ……」

穂乃果「……」

凛「あっ」

穂乃果「……ううん、良いんだよ、凛ちゃん、最初はそのくらいで」ナデナデ

凛「く、くすぐったいにゃ~~♡」

穂乃果「それじゃ、そのお金で美味しいものでも食べに行こっか!」

凛「えっ、でも……このお金は、μ'sの……」

穂乃果「そんなのいいから、行こっ行こっ!」

凛「わわわっ、ちょ、ちょっと……」
39: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:00:30.61 ID:YZZhOoDQ.net
真姫「……編曲、プロの人に頼んだら結構お金かかるのよ、何度も言うけど……」

海未「ですが、質の低いものを作っては優勝などはできません」

真姫「逆に、高校生にしては楽曲の完成度が高すぎたら、それはそれで問題があるとおもうんだけど……」

ことり「真姫ちゃんは心配性だね……」

海未「良いんですよ、限られた環境の中最高のものを作ろうとすることに何の問題があるんですか…」

真姫「仕方ないわね……じゃあ、30万ほど使うわよ」

ことり「うん、どんどん使っていいんだよ」
41: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:05:17.52 ID:YZZhOoDQ.net
「……」

ことり「……」

ダンッ

「……痛っ!」

ことり「おはよ~~♡居眠りさん、気持ち良かったかなぁ?」

「こ、ことりちゃん、ち、違うの……これは……」

ことり「あれ?今日中に3着って言ってたよね……そっかぁ、出来ないんだぁ」

「い、今から頑張るから!」

ことり「……ううん、もういいから、もう、やらなくていいから」

「そ、そんな」

ことり「もう二度と何もしなくていいからね?嬉しいでしょ?」

穂乃果「どうしたの?ことりちゃん」

ことり「一人、全然やる気のない子がいて……」

穂乃果「あちゃー……仕方ないね、私からきつ~~くお説教しておくよ」

ことり「うん、お願い、穂乃果ちゃん!」
44: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:10:34.97 ID:YZZhOoDQ.net
絵里「……はぁ」

希「どうしたん?」

絵里「なんだか、μ'sに入ってからというもの、気苦労が絶えないのよね……」

希「μ's、かぁ……」

絵里「……私たちにはさっぱり教えてくれないけど、穂乃果たちは何処からあんなにもお金を集めて来るのかしら」

希「そこはやっぱり、学校の中での……みんなの信頼関係なんとちがう?」

絵里「信頼関係ね……響きはいいけど……」

希「うちらがどうこう出来る話やない
やろ?……それとも、穂乃果ちゃんに話し合いを申し込んだりする?」

絵里「穂乃果と話し合い?む、無理よ……私には……」

希「うちやってやりたく無いよ……だから、黙って自分の仕事をしてるのがいいんとちがう?」

絵里「……そうね、そうするしかないわ」
46: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:13:55.48 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「凛ちゃん、今日もご飯食べに行こっか」

凛「うん、行こっ、行こっ!」

花陽「り、凛ちゃん、どこいくの?」

穂乃果「花陽ちゃんも来る?」

凛「かよちんもおいで!」

穂乃果「私がおごるから……好きなだけ、食べていいよ!」

花陽「で、でも……」

凛「もーっ、迷うくらいなら行こうよー!穂乃果ちゃん、なんでも買ってくれるんだよ!」

穂乃果「うん、それじゃ、いこっか!」

花陽「は、はい……」
48: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:21:10.55 ID:YZZhOoDQ.net
花陽「……」

凛「いっただっきまーす!もぐもぐ……」

穂乃果「美味しい?凛ちゃん」

凛「美味しいにゃ~~♡」

穂乃果「ふふふ、凛ちゃんが喜んでくれたら、私も嬉しいよ、花陽ちゃんも食べなよ!」

花陽「こ、これ……いくらくらいするんですか?」

穂乃果「……」

花陽「あの……」

穂乃果「……花陽ちゃん」

花陽「は、はい」

穂乃果「……私のおごり、って言ったよね?……だから、あんまり気分が悪くなるようなこと、言わないで欲しいなぁ……」

花陽「あ、あ、そんな」

穂乃果「……だから、値段とかそんなの気にしないで、美味しく食べて欲しいなっ!」

凛「んんー、穂乃果ちゃんの言うとおりだよ」

穂乃果「私、自分のおかげで人が喜んでる姿を見るのが一番好きなんだ!……だから、アイドルが好きなの!」

花陽「……」パクッ

花陽「……お、美味しい……こんなの、食べたことない……」
50: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:24:40.39 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「美味しい?……もっと、なんでも頼んでいいんだよ!」

花陽「じゃ、じゃあ……デザートに……この、ケーキを……」

花陽(でも、2400円……って……)

穂乃果「うんうん、良いね、花陽ちゃん、良いアイドルは良いもの食べないとやっぱりだめだよ!」


「どうぞ」

花陽「……」

花陽「………」パクッ

花陽(お、美味しい……)

凛「あー、じゃあ凛も同じやつー!」

穂乃果(私のこと、好きになってくれたね、よしよし……)
51: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:29:14.19 ID:YZZhOoDQ.net
花陽「穂乃果ちゃん……今日はありがとうございます♡♡」

凛「凛も、穂乃果ちゃん大好きだにゃ~~♡♡」

穂乃果「よしよし、二人とも……美味しかったね」

花陽「あ、でももうこんな時間……帰らないと……」

凛「かよちん!ここからだよ!」

花陽「えっ、えっ、ここからって?」

穂乃果「恒例のお泊まり会だよ~~!今日は花陽ちゃんも入れて、三人でっ!」

花陽「お泊まり会って、誰のおうちで……」

穂乃果「ここ、ここ」

花陽「こ、ここって……ほ、ホテル……」

穂乃果「お母さんに連絡しといてね、代金は私が払うから」

花陽「は、はい……」
53: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:32:40.80 ID:YZZhOoDQ.net
凛「んっ、んっ……はぁ……」

穂乃果「凛ちゃん、良いよ……上手くなってきたね……」

凛「ぷはぁ、にゃっ、にゃっ……」

穂乃果「花陽ちゃんも、穂乃果の隣においで」

花陽「は、はぃ……」

穂乃果「……」チュッ

花陽「ぴゃあ!」

穂乃果「えへへ……キスしちゃったぁ」

花陽「あっ、あっ……」ドクンドクン

花陽(ほ、穂乃果ちゃんが、私の、横で……裸で……)

穂乃果「ほら、花陽ちゃんも凛ちゃんと一緒に」

凛「おいで、かよちん!」

花陽「う、うん……」
55: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:36:42.18 ID:YZZhOoDQ.net
花陽「んっ、んっ……はぁ、はぁ」

穂乃果「よしよし、上手、上手……」ナデナデ

花陽「穂乃果ちゃん、穂乃果ちゃん……♡」ペロペロ

凛「にゃっ、にゃっ、にゃっ……♡」ペロペロ



穂乃果(……)

穂乃果(はぁー……)

穂乃果(なーんだか、全部手に入っちゃうから、つまんないなぁ……)
57: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:41:46.34 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果(ま、いっか……こうやって、かわいい後輩二人抱いて眠るのも、楽しいし……)

穂乃果「花陽ちゃん、凛ちゃん、二人とも、私のこと好き?」

花陽「穂乃果ちゃん、はぁ、はっ、大好きですっ♡♡大好き♡んっ」

凛「凛も大好き♡穂乃果ちゃん♡んっんっ」

穂乃果(はぁ、面白いなぁ)

穂乃果(人間なんて単純だよね……結局、怖い人にはお金を出して、エサをくれる人には尻尾を振って懐いて……)

穂乃果(ふふっ、今度は真姫ちゃんも呼ぼっと……真姫ちゃんも、優しくしたらすぐ懐いてくれそうだしね……)
60: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:45:11.01 ID:YZZhOoDQ.net
……


花陽「んんっ……」

花陽「あ、朝だ……」

穂乃果「おはよう、花陽ちゃん」

花陽「おはよ……って、私、なんで裸で……」

穂乃果「楽しかった?」

花陽「……う、楽しかった、です……」

穂乃果「またいつでも遊ぼうねっ」

花陽「う、うん」

穂乃果「それじゃ、凛ちゃんはまだ寝てるし、二人だけでもうちょっとやろっか……」サワサワ

花陽「あっ」

穂乃果「……ふふふ」

花陽「……♡」
61: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:48:51.95 ID:YZZhOoDQ.net
ことり「穂乃果ちゃん、衣装、全部出来たよ……」

穂乃果「ん、お疲れさま!ことりちゃんら」

ことり「えへへ、頑張りましたぁ」

穂乃果「ごほうびに、マカロンあげるね、ほらっ」

ことり「わぁ~っ!ありがとう!」

海未「ほ、穂乃果、私も作詞を……」

穂乃果「出来たの?えらいえらい……久しぶりに、ぎゅーってしてあげるよ、ほら」ギューッ

海未「は、はわわわわ……」

ことり「あーっ、いいなぁ海未ちゃん……」

穂乃果「二人とも、これからも頑張ってね!」

海未「は、はい!」

ことり「穂乃果ちゃんのためなら!」
63: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:49:13.06 ID:YZZhOoDQ.net
誤字

ことりちゃんら→ことりちゃん
64: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:54:17.11 ID:YZZhOoDQ.net
にこ「……」

穂乃果「……おはよう、にこちゃん」

にこ「……」

穂乃果「おはよう?」

にこ「あ、うん……おはよ」

穂乃果「にこちゃん、最近元気ないね……どうしたの?」

にこ「……」

穂乃果「?」

にこ「私、辞めていいかしら……アイドル研究部」

穂乃果「……ふぅん」

にこ「もうついて行けないわよ、あんたのやり方に……でも私、口出ししたりも出来ないから……疲れたの……」

穂乃果「にこちゃんは、簡単に夢を諦めるんだね」

にこ「簡単じゃないわよ!……私が、どれだけスクールアイドルに憧れてたか……!」

穂乃果「でもさ、予選突破したじゃん……アライズ?だっけ……あれ、倒して……」

にこ「……」
66: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:58:33.06 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「案外簡単だったけどね」

にこ「……」

穂乃果「……なに?なんで睨んでるの?にこちゃん」

にこ「……なんでも思い通りになると思ったら大間違いよ……」

穂乃果「……思ってないのにね、別にそんなこと」

にこ「……とにかく、辞めさせて貰うわ、こんな形で優勝なんか、出来るとしてもやりたくないから」

穂乃果「……それじゃ、8人で優勝するね」

にこ「……」

穂乃果「卒業アルバム、部活紹介のところ、にこちゃんだけ載れないね」

穂乃果「にこちゃんが作った部活なのにね」

穂乃果「私はそんなの嫌だから、にこちゃんには辞めて欲しくないと思ってるよ」

にこ「……なんとでも言いなさい」
69: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:06:09.72 ID:YZZhOoDQ.net
にこ「……うぐ、うっ……」

穂乃果「……なんで泣いてるの?」

にこ「……わかんないわよっ、あんたなんかに……わかるはずが……」

穂乃果「……本当によくわかんないや、にこちゃんって、変わってるね」

にこ「……うっ……うっ」

穂乃果「にこちゃん、辞めないでよ」

にこ「……無理よ」

穂乃果「せめて、最後までやろ?ね?私……感謝してるんだよ、にこちゃんがいたからスクールアイドルが出来て……」

にこ「……」

穂乃果「あ、そうだ……こころちゃん、ここあちゃん、それにこたろーくん……すっごく楽しみにしてたんだよ」

穂乃果「私、この前会ったんだ。そしたら、にこにーは絶対優勝する!って目を輝かせて……」

穂乃果「ほら、別に私のことは嫌いでいいからさ……どっちにするのか、ちゃんと考えた方が良いとおもうけどなぁ……」

にこ「……」
72: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:08:58.70 ID:YZZhOoDQ.net
真姫「な、なによここ」

凛「いらっしゃい、真姫ちゃん♬」

穂乃果「ま、ま……楽にして、真姫ちゃん、楽しくやろうよ、楽しくね」

真姫「お泊まり会って!なにするつもりよ!」

花陽「……真姫ちゃん」

真姫「花陽まで……」

花陽「真姫ちゃんの体、すっごく綺麗だよね、私、前からずっと……」

真姫「は、花陽、ちょっと、あっ」
75: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:13:55.54 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「よーしよし……真姫ちゃん、本当は甘えんぼなこと、私は知ってるんだよ……」

真姫「……」ギュッ

穂乃果「寂しかったよね、真姫ちゃん?」

真姫「……穂乃果」

穂乃果「もう大丈夫だよ、私がいるからね」

真姫「穂乃果……穂乃果……」

凛「凛も~~♡」

花陽「私も~~♡」

真姫「ちょ、ちょっと、今私が……」

凛「ひとりじめはダメだにゃ~~!」




ガチャン

にこ「……?」

穂乃果「あ、にこちゃん、やっほー」

にこ「……なに、してんのよ……四人で……何……こんなこと……」

凛「あははっ、にこちゃんだぁ」

穂乃果「私が呼んだの、仲良いところ、見せてあげようと思ってね」

にこ「……」
77: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:20:43.44 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「えへへ、凛ちゃん、くすぐったいよぉ……」

凛「ぺろぺろ~♬」

花陽「穂乃果ちゃん……」ギュッ

真姫「穂乃果……」

穂乃果「はいはい、真姫ちゃん」チュッ

にこ「……あんた」

穂乃果「たしかに、何でも思い通りになるのは大間違いだけどね……まぁ、ある程度のことは、こんな風に……」

にこ「……」

穂乃果「ほら、にこちゃんもおいでよ、楽しいよ?」

にこ「バカバカしいわ…!悪趣味も良いところよ!」

ガシッ

にこ「!!」

穂乃果「ほらっ、捕まえたー!」

にこ「や、やめなさい、やめなさいよ!」

穂乃果「へへーん、離さないもんねー」
78: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:24:44.21 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「ほら、三人とも、にこちゃんと遊んであげてね」

凛「にこちゃ~~ん」スリスリ

にこ「わっ、わっ……」

花陽「ふふっ……」ギュッ

にこ「ちょ、ちょっと、花陽まで……」

穂乃果「みんなかわいいでしょ、ね?にこちゃん、私が嫌いでも、三人のこと、大好きだもんね?」

真姫「にこちゃん……」

にこ「……う、うぐ」

穂乃果「ほら、三人とも、にこちゃんの顔に胸を押し付けてあげて、ぎゅーって!」

にこ「ちょ、ちょっ!」

花陽「えへへ…」

にこ「むぐ……」

にこ(……何やってんだろ、私)

にこ(裸の後輩三人に抱きつかれて……)

にこ(なんかもう……どうでもよくなって……)
80: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:29:04.20 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「にこちゃん、どう?」

にこ「どうもこうも、こんなの……」

凛「にゃ~~っ♡」

にこ「むぐっ」

花陽「……♡」

真姫「ふふふ……」




穂乃果(にこちゃん……あはは……面白い……)

穂乃果(あんなに威勢の良かった顔が、どんどんトロトロになって行って……)

穂乃果(ほら、今度は自分から舐めだしたよ……)

穂乃果(あははは……あははは……)
84: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:32:05.31 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「はい、ぎゅーっ♡」

にこ「んん……」

穂乃果「にこちゃん、こっち見て、こっち」

にこ「……」

穂乃果「あはは、汗だく……」

にこ「いっつもこんなことしてるの……?」

穂乃果「うん、海未ちゃんやことりちゃんとも来たことあるよ、でもせっかく一年生がいるんだもんね」

にこ「……」

穂乃果「こんどは絵里ちゃんと希ちゃんも呼ぼうね、えへへ」
86: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:34:59.06 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「はい、ちゅっ」

にこ「んんっ……ぷはっ!……はぁ、はぁ」

穂乃果「ちっちゃくてかわいいね、にこちゃん♡大好きだよ♡」

にこ「……だれが、あんたなんかぁ……」

穂乃果「うんうん……また呼ぶね、にこちゃん、次も絶対来てよね、約束だよっ」

にこ「……うぐっ、うっ……」

穂乃果「あれ……また泣いてる……ほんと、変だね……」
90: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:39:24.34 ID:YZZhOoDQ.net
……



そして、μ'sは優勝を飾った

穂乃果たち9人は、学校を凱旋し、その栄誉を大いに称えられた

穂乃果は、笑っていた

この上なく気持ちのいい作り笑いだった



……
92: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:42:06.69 ID:YZZhOoDQ.net
絵里「……」

穂乃果「お疲れ様、絵里ちゃん!」

絵里「……穂乃果、ありがとう」

穂乃果「いいの、いいの、みんなで頑張ったんだから!」

絵里「でも、あなたが最後まで引っ張って……」

穂乃果「言ったでしょ、私……人が喜んでる顔を見るのが、一番好きなんだ!……だから、私も嬉しいんだよ、すごく」

にこ「……」

穂乃果「ね、にこちゃん?」

にこ「あ、……うん、そうね」
93: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:44:41.26 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「じゃ、そろそろにこちゃん、出て行って貰っていいかな?また後でね、ゆっくり遊ぼ……」

にこ「あ、うん……それじゃあね」

穂乃果「ふぅ……さてと、希ちゃん、絵里ちゃん」

希「……」

絵里「……」

穂乃果「私に、謝らないといけないこと、あるよね……」

絵里「あ、そ、それは……」
94: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:48:25.65 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「最初の方だったっけ……スクールアイドルやって、廃校を救うって私が言ったとき……その、活動が認められないとかなんとか……」

希「でも、えりちは穂乃果ちゃんのことを知らなくて、だから……」

穂乃果「……何で私に限定するの?……もしかして、私じゃなかったら、認めないのもオッケーだったって思ってるの?」

希「うっ……」

穂乃果「それってさ……不公平だよね、謝ったら許してあげようと思ったのに……なんだか、余計にムカッときちゃったよ……」
96: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:51:33.59 ID:YZZhOoDQ.net
絵里「希は悪くないわ!……全部、私がやったことだから……!」

希「えりち、そんな……」

穂乃果「庇い合いかぁ……私、そういうの好きだよ、なんだか、愛し合ってるみたいで……」

絵里「やめて、穂乃果、希には何もしないで、お願い、私が悪かったの」

穂乃果「土下座して」

絵里「……」

穂乃果「違うよ、服、脱いで……」

希「やめて、やめて、穂乃果ちゃん」

絵里「……黙ってなさい、希……」
97: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:55:10.83 ID:YZZhOoDQ.net
絵里「……」

穂乃果「……」

絵里「申し訳ありませんでした」

穂乃果「……ん、まぁ、オッケーかなぁ、はぁ、見てるこっちが寒くなってきたよ……」

絵里「……」

穂乃果「いつまでやってるの?」

希「穂乃果ちゃん、もうやめて、お願い、えりちを虐めんといて」

穂乃果「虐めてないよ、別に……虐められてるかどうかは、絵里ちゃんに聞けばいいじゃん……勝手に私を悪者にしないでよ……」

絵里「……私が悪かったんです、ごめんなさい、ごめんなさい」

穂乃果「頭浮いてるよ」

絵里「……」ギリッ
99: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:00:17.02 ID:YZZhOoDQ.net
希「……お願い、やめて、穂乃果ちゃん……ひどいよ、今日は卒業式やん……なんで、わざわざ、この日にやるん……?」

穂乃果「私がそれだけ怒ってたってことでしょ、なんでわからないのかなぁ、頭悪いなあ……」

希「じゃあ……」

穂乃果「あれ?二人をμ'sに誘ったのはこの日のためだって……あれ……言わなかったっけ……まぁ、言うわけないよね」

絵里「……ごめんなさい」

穂乃果「まあ、勿論二人ともメンバーになれる基準以上の能力があるって認めたのは事実だけど……それでも、友達になったつもりはなかったよ」

絵里「ごめんなさい」

穂乃果「……というか、友達なんて、私には最初から一人も……」
100: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:02:32.19 ID:YZZhOoDQ.net
希「えりちを許してあげて、うちからも謝る、いくらでも謝るから」

穂乃果「希ちゃんも土下座してくれるんだ、いいけど、ちゃんと服は脱いでよね」

希「……」

絵里「ダメ、希……」

希「……ごめんなさい、穂乃果ちゃん、許してください」

穂乃果「だから、頭浮いてるって……それじゃ土下座じゃなくて下座でしょ」

希「……」
102: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:05:09.05 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「二人でキスして」

希「えっ」

絵里「希」

希「んっ」

絵里「……」

穂乃果「あはは……本当にやった、じゃあ今度は希ちゃん、絵里ちゃんの股舐めてあげて」

希「いい加減にーーーー」

絵里「希、やりなさい」

希「う、う、う、う」

絵里「……」

ペロペロ……

穂乃果「二人とも、いつまでも仲良くね!……私、応援してるよ!」
103: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:07:10.81 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果「もーいいや、飽きたし、帰ろっと……後は適当にやっといて」

希「……えりち」

絵里「希……」

ギュッ

希「うぇえええん……」

絵里「うわあああん……」


穂乃果(だから、別に嫌じゃないなら早くすれば良かったのに……)
105: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:08:52.38 ID:YZZhOoDQ.net
凛「穂乃果ちゃん、穂乃果ちゃん」

穂乃果「よしよし、凛ちゃん」

凛「早く行こっ、ね、今日も行こっ、早く行こっ!」

穂乃果「ごめんね、今日は行くところがあるんだ」

凛「えっ、そんな、やだよ、行こうよ、行こうよ」

穂乃果「……ごめんね」

凛「……行こうよ、行こうよ……」
108: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:11:58.03 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果(私は嫌われ者の高坂穂乃果)

穂乃果(凛ちゃんみたいに、私を好きみたいに見てくれる子もいるけど)

穂乃果(……それは、私がちょっぴり、弄り回しただけ)

穂乃果(今まで出会った誰も、向こうの方から私を好きにはなってくれなかった)

穂乃果(海未ちゃんもことりちゃんも、私が命令した通りに動いてくれただけの、普通の女の子)

穂乃果(二人はゆっくり私が洗脳しただけ、何も自分で考えてない……)
110: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:14:15.86 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果(疲れた)

穂乃果(何も楽しくない)

穂乃果(最初から、何も楽しくなかった)

穂乃果(もう疲れた)

穂乃果(私以外の誰か同士が、私のせいで余計に仲良くなったりする)

穂乃果(希ちゃん、絵里ちゃん)

穂乃果(ことりちゃん、海未ちゃん)

穂乃果(そして、凛ちゃん、花陽ちゃん、真姫ちゃん、にこちゃん)
112: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:15:36.76 ID:YZZhOoDQ.net
穂乃果(みんな、元気でね)

穂乃果(私のことは嫌いでも)

穂乃果(みんなはケンカしないでね)

穂乃果(私のことは忘れていいから)

穂乃果(大切な人を大切にしてあげて)

穂乃果(人の喜んでる顔が一番好きだってのは、嘘じゃないよ)
113: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:17:21.68 ID:YZZhOoDQ.net
ことり「海未ちゃん?」

海未「いいんです、ことり」

ことり「穂乃果ちゃんのこと、嫌いなの?」

海未「……怖いです」

ことり「……私も」

海未「でも、嫌いなんかじゃありません」

ことり「うん」

海未「もう一度会えたら、三人で一緒に遊びましょう」

ことり「うん」

海未「三人で……」
114: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 02:18:19.95 ID:YZZhOoDQ.net
おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「あれれ友達だよねぇ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。