凛「猫の恩返し。」

シェアする

凛-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:20:21.28 ID:nx2tU7LG.net
のぞ、にこ、りん+ちょびっとうみ。すごく…短いです…。

スレ立てるのもこのテのSSに挑戦するのも初めてなのでアドバイス等お願いしたいです><

元スレ: 凛「猫の恩返し。」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:22:05.51 ID:nx2tU7LG.net
にこ「…立派な墓は立ててやれないけど…これで我慢してね、りん」

希「…あの子がここに来たのは17年前やったっけ。今でも覚えてるで、にこっちが雨の日に子猫やったあの子拾ってきたときのこと。」

にこ「…そんなこともあったかしら」

希「でもまあ、この子がいた17年、うちも賑やかになったよね」

にこ「そうね、これからはちょっと寂しくなるわね。」

希「そうやね。…またときどきお参りに来ようね。」

にこ「ええ。…今までありがとう、ゆっくり休みなさい…りん。」

希「おやすみ、りんちゃん。」
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:23:29.22 ID:nx2tU7LG.net
ーその日の晩ー


(もぞもぞ)

「(…待ってて、にこちゃん、希ちゃん!)」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:31:27.23 ID:nx2tU7LG.net
ー数日後、夕方ー

<ピンポーン♪

にこ「ん?」

<ピンポーン♪

にこ「はいはーい」がちゃっ

にこ「なによ、誰もいないじゃない…」

にこ「子供のイタズラかしら…って、ん?」

???「にゃーお」

にこ「り…ん…?」

???「?」

にこ「(…なわけないか。でもあいつとよく似てるわ)」

にこ「…ほら、おいで」

???「にゃぁ…ゴロゴロ」

にこ「(人懐っこいとこもあいつそっくり)」

りん「にこちゃん、おひさしぶりですニャ!」


にこ「ふぉおわああぁぁっ!?!?」ドテッ


にこ「は!?!?ね、猫が…喋った!?」

りん「あっ、びっくりさせてごめんなさい。実は……」

希「にこっちー、どしたーん?…ぇ、え!?」
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:37:47.40 ID:nx2tU7LG.net
希「…まあ、とりあえず話を聞かせてもらおっか。喋れるみたいやしね」

にこ「あんたは適応力高いわね…私はまだ夢なんじゃないかと疑ってるんだけど。あんたもしかしてこういう経験初めてじゃなかったりするの?」

希「まさか。まあ夢なら夢でもええんちゃう?夢の中とはいえせっかくりんちゃんとお話できるんやから、喋っとかな損やと思わへん?」

にこ「…まあ、それもそうかしら。りん、話してくれる?」

りん「うん…ではお話ししますにゃ。信じられないようなお話ばっかりになっちゃうと思うけど…」




8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:39:41.75 ID:nx2tU7LG.net




(りんの意識は…自分の身体が動かなくなったあと、しばらく自分の亡骸のそばを漂っていた)

(こういうのを…幽体離脱、っていうのかな?)

(にこちゃんはりんの亡骸を抱えて子供みたいにわんわん泣いてて、にこちゃんをなだめる希ちゃんの頬にも細く涙が流れていた。)


(2人とも、りんのことすごく大事にしてくれてたんだなぁーー。)


(ちょっと嬉しかったけど、やっぱり寂しい、悲しい気持ちのほうが大きかった。)


(2人は近くの山に、りんのためのお墓をつくってくれた。)


(…これで最後になっちゃうのかなーー。)


(2人が立ち上がって、りんのお墓にむけてねぎらいの言葉をかけてくれた、そのときだった。)


(えっ…なに、これ…?)
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:52:26.62 ID:nx2tU7LG.net
(えっ…なに、これ…?)


(胸の奥があったかくなるのといっしょに、視界がぼやけて…)




(気がついたとき、りんは大きな猫の目の前にいた。りんの何倍もおっきな、紺色の長い毛に包まれた猫。)

???「りん、ひとまずはお疲れさま、と言っておきましょうか。」

りん「あの、ここは…?」

???「…平たく言えば、あの世とこの世の狭間、といったところでしょうか。まずは詳しく説明しましょう。」








(いわく、その大きな猫さんは猫の神様で、死んだ猫の魂を導いて、記憶を回想させたり来世への準備をさせたりするのが仕事なんだって。)



???「…あなたの飼い主はずいぶん愛情深い方たちだったようですね。」

りん「うん、2人ともすっごく優しかったんだ…」

りん「にこちゃんはイタズラしたらすっごくコワい顔で怒るけど、トイレの掃除をしてくれたり、年寄り猫のりんにも食べやすいごはんを作ってくれたり…」

りん「希ちゃんはよく毛づくろいしてくれて、たまににこちゃんに内緒でおやつくれたりして…」

(りんのにこちゃんと希ちゃんとの思い出話を、猫神様はとても優しい目をしながら静かに聞いてくれた。)

猫神様「…あなたが幸せな生涯を送ったこと、よく検めさせていただきました。」

猫神様「りん、もしあなたが望むなら…あなたにいま一度、‘‘猫又’’として束の間の命を授けましょう」


りん「ねこ…また…?」
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 06:58:35.02 ID:nx2tU7LG.net
りん「ねこ…また…?」

猫神様「そう、大往生を迎えた猫が黄泉の彼方から戻り、主に受けた恩に報いるためにとる仮の姿ーーそれが猫又です」

りん「うーん…?よくわからないけど…それってにこちゃんと希ちゃんにもう一度会えるってことですか!?」

猫神様「その通り。そして猫又の妖力を用いて、主のいかなる願いをも叶えることを許しましょう」

りん「ほんとに!?やります!やらせてください!りんを猫又にーー」

猫神様「ですがそれには…条件があります。」

りん「条件…?」


猫神様「…猫又の妖力は自らの魂を対価にするもの。あなたが彼女達への恩返しを終えた時点で、あなたの魂は消滅してしまうことでしょう。彼女たちのあなたに関する記憶は失われ、そしてあなたの魂は極楽へも地獄へもいかず、来世をも望めぬ存在となります…。」
17: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 09:31:26.82 ID:lZmIJbVG.net
猫神様「あなたはそれでもーー」



りん「それでもやる!!」



猫神様「え……?」

猫神様「わかっているのですか?あの2人は2度とあなたの墓前で手を合わせることも…あなたを思い出すこともしなくなるのですよ?考える時間ならいくらでもーー」


りん「りんは2人にもう一度会いたい!今までありがとうってお礼が言いたい!2人のためにならなんだってしてあげたい!考える時間なんていらない、いますぐりんをーー」



猫神様「…良い返事ですね」




猫神様「すみません、いま話したことは嘘です。」


りん「!?、それって…」

猫神様「ああ、猫又の話までは本当のことですよ?ですが後半の話は全て嘘です。あなたの想いの強さを確かめるため、嘘をつきました。」



猫神様「…というのは建前で、あなたがあまりに幸せそうなのが羨ましくて少し意地悪をしてみたくなったのかもしれませんね。もっとも、意味は無かったようですが」

りん「…えへへ、なんだか照れるにゃ…」

猫神様「私もかつては現世に猫として生を受け、そして猫又となりました。この存在となってからは多くの猫の生涯を見届けてきましたが…あなたはその中でも一番の果報者ですよ。さあ、こちらへ」

りん「うん…ありがとう、猫神様」

猫神様「ウミ、です」

りん「え?」

ウミ「私の名前です。猫神様では堅苦しいですから」

りん「うん!ありがとうウミちゃん!りんの宝物のマタタビ持って帰ってくるから、お礼にあげるね!」

ウミ「…ふふ、楽しみにしていますよ。いってらっしゃい、りん。」
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 09:48:10.45 ID:lZmIJbVG.net
りん「……というわけで…」

にこ「あんたは猫又になって帰ってきた、ってわけね」

りん「うん。ほら、尻尾が二股に分かれてるでしょ?」

希「ほんまや、いやぁ、こんなスピリチュアルなこともあるもんなんやね」

りん「でもちょっと猫のままだと話しにくいかにゃ?…ほっ!」ボワッ

りん「こんな感じかにゃ?」

にこ「ひああああああっ!?りんが人になった!?!?」

希「いやあ、もう何が起こっても驚かなくなってきたわ…」

りん「えへへ…それで、そろそろ本題なんだけど…」


にこ「その前にご飯にしましょう?」

希「そうやね、そろそろお腹すいてきたかも」

りん「へ?」

にこ「りん、あんたも食べる?今日ならにこの手料理食べられるんじゃない?」

りん「!、いただきますにゃー!にこちゃんの手料理、死ぬ前に一度食べてみたかったんだ!」

希「ってりんちゃんもう一回死んでるやないかーい!」

りん「そうだったにゃー!!」\どっ/



にこ「…なにこいつら…」
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 10:03:10.30 ID:lZmIJbVG.net
りん「ふーっ、お腹いっぱい、もう食べられないにゃあ…」

希「ごちそうさま♪」

にこ「お粗末さま。」

希「もうあとはお風呂入って寝るだけやねー」ゴロゴロ

りん「そうだねー…ってちがうにゃ!!」ガバッ

希「わっ!びっくりした〜」

にこ「もう、こんな時間に大声だすんじゃないわよー」

りん「にこちゃん、希ちゃん、真面目に聞いてほしいの!りんは今日、2人に恩返しするために帰ってきたんだにゃ!」

希「恩返し?」

にこ「いや、夕飯の前にりんが言ってたでしょうが…」

りん「あのねにこちゃん、希ちゃん。さっきも言ったと思うけど、りんはいま猫又なんだ。猫又の力を使えば2人の願いを何だって叶えてあげられるの!2人はなにか願いごとってない!?りんがなんでも叶えてあげるよ!」


希「願いごとかぁ…」

にこ「願いごとねぇ…」


希「…にこっち、なんかある?」


にこ「うーん…あるわよ、1つだけ」
20: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 10:29:30.52 ID:7KhdxlfM.net
にこ「…1つだけ」

希「やと思った、うちも1つだけ。にこっちと同じこと…かな?」

にこ「かな?っていうか、それしかないでしょう」

りん「あれ?もう決まってるの?それなら話は早ーー」





希&にこ「「りん(ちゃん)、もう一度ウチの子に来なさい(おいで)」」
22: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 10:44:19.52 ID:7KhdxlfM.net
りん「えっ…?」

希「…ぷっ、やっぱり一緒やったね」

にこ「ま、それぐらいしかないしね」



りん「ちょ、ちょっと待つにゃ2人とも…」


りん「願いごとはなんだっていいんだよ?お屋敷みたいな…ううん、お城みたいな家に住ませてあげることもできるし、2人を若返らせて世界一かわいくすることだってできるよ?大金持ちにだってなれるし、他にも…」


希「わかってないなあ、りんちゃん」

にこ「そんなもん貰ったって、あんたがいないんじゃ仕方ないでしょうが」

りん「そんな…」

希「そーそ。にこっちのりんちゃん死んでもうたときの泣きっぷりときたらもう、手に負えんかってんで?」

にこ「ちょ、今その話はやめなさい!だいたいあんただって泣いてたでしょうが!」

希「え〜にこっちほどは泣いてないよ?」

にこ「うっさーい!」



りん「……」
23: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 10:48:58.26 ID:7KhdxlfM.net
りん「……」


希「ん?りんちゃんどしたん?」



りん「…本当に、いいの?」




りん「りんは恩返しのためにきたんだよ?なのにこんな…」




りん「これじゃ…これじゃ恩返しにならないよぉ…ぐすっ…」



にこ「なーに言ってんだか」

希「りんちゃんがうちにいてくれること。それがウチらにとっての一番の幸せ」



りん「にこちゃん…希ちゃん…」


りん「う…」


りん「うああああああぁぁん!!」ガバッ

にこ「おわっ!」
希「おっと」


りん「にこちゃん!!希ちゃん!!だいすき!!!」
24: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 10:55:26.36 ID:7KhdxlfM.net
りん「りんのこと拾ってくれてありがとう!毎日ごはん食べさせてくれてありがとう!遊んでくれてありがとう!抱っこしてくれてありがとう!一緒に寝てくれてありがとう!」


(そのとき、りんが初めて伝えられたありがとうの気持ちは)


「大事に育ててくれて……ありがとう……!!」


(ほんの先っちょの部分しか言葉にならなくて)


「りん…こんな幸せでいいのかな……!?」


(言葉に収まりきらずにあふれ出た気持ちを目の前の二人に届けようと)


にこ「もちろんよ。りん、帰ってきてくれてありがとう」

(りんは力いっぱい二人をだきしめた)
25: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 11:02:17.90 ID:7KhdxlfM.net






ウミ「…さて、これでこちらの準備は整いました。りん、そちらも大丈夫ですか?」

りん「うん!いつでもいいよ!」

ウミ「…では」

りん「…それにしても…びっくりだよね。せっかくお願いがなんでも叶うっていうのに…」

ウミ「そうですか?私はすでに予想していましたよ。」

りん「ほんと!?ウミちゃんすごいや!」

ウミ「ええ。彼女達があなたにとってかけがえのない存在であるのと同様、あなたも彼女達にとってかけがえのない存在になっていましたから。」


りん「…そうなの、かな…。そうだったらうれしいな」

りん「あ、そうだ!これあげる!りんの宝物!」

ウミ「…いいのですか?」

りん「うん!ウミちゃん、りんを猫又にしてくれてありがとう!」

ウミ「ふふ、どういたしまして。さあ、お行きなさい。彼女達が待っていますよ。」

りん「うん、じゃあ…いってきます!」







<ピンポーン♪

「ほいほーい!よばれてとびでてのんたんでー…」ガチャッ







「…おかえり、りんちゃん。」

「おかえり、りん。」





ただいま…にこちゃん、希ちゃん。
26: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 11:07:13.98 ID:7KhdxlfM.net
おしまいです!

設定不足や説明不足、至らぬところばかりだったと思いますが最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「猫の恩返し。」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。