凛「苦手を克服させるにゃ」

シェアする

凛-アイキャッチ27
1: ◆NrN1F6mAyarS 2016/05/03(火) 16:56:45.76 ID:l2dAQuqso

凛「イタズラするにゃ!」

穂乃果「えー、穂乃果はもう怒られたくないよー」

希「そろそろ絵里ちゃんも本気で怒りそうやん」

凛「えー!つまんない、つまんないよー!」

希「凛ちゃん、ワガママ言うたらあかんよ」

穂乃果「あっ!それなら役に立つイタズラにすればいいんだよっ!」

希「役に立つイタズラ?」キョトン

穂乃果「うんうんっ!ちゃんと役に立てば怒られないし一石二鳥だよっ!」

凛「おぉー!穂乃果ちゃんって天才?!」

穂乃果「ふふふっ、もっと褒めてくれてもいいんだよ!」ニコニコ

凛「それでそれで!どんなイタズラをするの?」

穂乃果「そ、それは・・・・・・えーっとー」アセアセ

凛「・・・・・・バカだにゃー」ボソッ

穂乃果「凛ちゃんには言われたくないよっ!」ガタッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462262205

元スレ: 凛「苦手を克服させるにゃ」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:57:13.82 ID:l2dAQuqso

希「まあまあ、落ち着いて」
希「それじゃあ、苦手なモノを克服させるっていうのはどう?」

穂乃果「苦手なモノ?」

希「みんな何かしら苦手なモノがあるやん?」

凛「凛は魚が苦手だよー」

希「苦手なモノが好きなモノに変われば、怒られるどころか褒められるやん!」

穂乃果「おーっ!」

凛「希ちゃんは天才だね!」

希「そうと決まったら、まずは嫌いなモノを調査やね」

凛「凛はかよちんと真姫ちゃんを調べてくるね」

穂乃果「穂乃果はことりちゃんと海未ちゃんだね!」

希「ウチは絵里ちゃんとにこっちやね」
希「くれぐれも怪しまれんように」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:57:39.48 ID:l2dAQuqso


ーーー1週間後ーーー


希「これで全員分揃ったね」カキカキ

凛「誰から仕掛ける?」

穂乃果「海未ちゃん?」

希「いきなりラスボスは無理やん」

凛「かよちんなら、イタズラも笑って許してくれるよ?」

穂乃果「かよちゃん優しいもんね」

希「そもそもかよちんって怒る?」

凛「えーっと、かよちんの嫌いなモノは・・・・・・あれ?」

穂乃果「どうしたの?」

凛「かよちんの部分だけ空白だよ?」

穂乃果「凛ちゃん、聞き忘れたの?」

凛「うーん、ちゃんと聞いたと思うんだけど・・・・・・」

希「忘れた?」

凛「えーっと・・・・・・」ウーン
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:58:07.71 ID:l2dAQuqso


ーーー回想中ーーー


凛「かよちんの嫌いなモノってなーに?」

花陽「私の嫌いなモノ?」

凛「食べ物でもなんでもいいよ」

花陽「うーん、急に言われても・・・・・・」

凛「コレだけは絶対に食べられない物ってない?」

花陽「・・・・・・ないかな」ニコニコ

凛「えー」

花陽「あれ、ダメだったかな」アセアセ

凛「う、ううん!好き嫌いが無いのは良い事にゃー」アセアセ

花陽「あっ!ちょっと違うかもしれないけど」

凛「うんうん!」

花陽「恥ずかしがり屋なところが、嫌になっちゃう時があるの」

凛「でも、そこがかよちんの可愛いところでもあるよ?」

花陽「そ、そうかな」///
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:59:23.80 ID:l2dAQuqso

ーーー

凛「って言ってたよ」

希「でもそれってかよちんの特徴でもあるやん」

凛「凛もそう思うけど、他に何も思いつかないよー」

穂乃果「・・・・・・パン」ボソッ

希「ぱん?」

穂乃果「かよちゃんがパンを食べてるところって見たことある?」

凛「そう言われれば・・・・・・」

希「お米しか食べてないイメージやね」

凛「たしかに見たことはないけど、嫌いなのかな?」

穂乃果「物は試しだよっ!」

希「でもどうやって食べさせるの?」

穂乃果「そんなの簡単だよっ!」
穂乃果「凛ちゃんが頑張ってサンドイッチを作れば、かよちゃんだって無碍には出来ないはずだよっ!」

凛「えー、めんどくさいよー」グッタリ

穂乃果「サンドイッチぐらい簡単に作れるよっ!」
穂乃果「穂乃果も一緒に作るから、がんばろー!」

希「誰にもバレへんように、ウチの家で作ろっか」

凛「うーん、わかった」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:59:52.96 ID:l2dAQuqso


ーーー決行日の昼休みーーー


凛「かよちーん!一緒にご飯食べよ!」

花陽「うん!」

凛「ほら、真姫ちゃんも早く早く!」

真姫「わっ私は別に・・・・・・」クルクル

花陽「あ、もしかして別の人と食べる予定だった?」アセアセ

真姫「そ、そういう訳でもないけど」クルクル

凛「そんなこと言いながら、お弁当持ってきてるにゃ」

真姫「しょしょうがなくよ!しかたなく一緒に食べてあげる」フンッ

花陽「うん!」ガサゴソ

凛「あっ!待って!」

花陽「ん?」ガサゴソ

凛「今日はかよちんの為に、手作りお弁当を持ってきたんだー」ニコニコ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:00:37.26 ID:l2dAQuqso

花陽「凛ちゃんが作ったの?」

真姫「相変わらず仲良しなのね」

凛「うんっ!」
凛「だから、今日は凛のお弁当と交換しよ?」

花陽「私は別にいいけど、真姫ちゃんは・・・・・・」チラッ

真姫「私の事は気にしなくていいわよ」
真姫「凛の作ったお弁当なんて、怖くて食べられないもの」

凛「失礼にゃっ!一生懸命作ったんだから、おいしーよ!」
凛「かよちんは、ちゃんと食べてくれるよね?」

花陽「うん!私の為に、わざわざありがとう」ニコニコ

凛「わーい!」

真姫「・・・・・・」モグモグ

凛「おー!かよちんのお弁当は、いつ見ても美味しそうにゃー!」パカッ

花陽「えへへ」
花陽「凛ちゃんのお弁当も、いつも美味しそうだよ?」

パカッ

花陽「・・・・・・あれ?」

真姫「どうしたの?」モグモグ

花陽「り、凛ちゃん?あ、あの、これって」アセアセ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:01:31.43 ID:l2dAQuqso

凛「パンだよ」

花陽「・・・・・・」

凛「サンドイッチだよ!」

真姫「・・・・・・かよちんってパン食べれるの?」

凛「えっ・・・・・・かよちんってパン食べられないの?!」ウルウル

花陽「そ、そんなことはないよ!ただ、あまり食べないというか、白いご飯が好きというか」

凛「だよね!希ちゃんと穂乃果ちゃんにも手伝ってもらったから、絶対に美味しいよ!」ニコニコ

真姫「・・・・・・」モグモグ

凛「それに、1つ1つ保存用ラップに包んであるから手も汚れないし、こぼれないんだよ!」

花陽「パン食べるのって久しぶりかも」
花陽「いただきます」パクッ

花陽「・・・・・・凛ちゃん、なにこれ」モグモグ

凛「それは、凛の考えたラーメンサンドだよ!」ニコニコ

真姫「おいしい物とおいしい物を合わせても、すごく美味しい物には成りえないのよ?」

凛「そうなの?」キョトン

花陽「ま、マズくはないんだけど、特においしくも・・・・・・すごいモソモソするよ~」モグモグ

凛「えー」ショボン

花陽「あっ、で、でも!噛めば噛むほど味噌の味が」モグモグ

凛「でっしょー!」ニコニコ

真姫「ちょっと凛!それって私の真似じゃないでしょうね?」ジー
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:02:08.61 ID:l2dAQuqso

ーーー

花陽「これは・・・・・・」

凛「えーっと、それは穂乃果ちゃんのかな」

真姫「なんとなく予想はできるけど」

凛「中身は食べてからのお楽しみ!」

花陽「ほとんど見えちゃってるよ~」アセアセ

凛「食べてみたら違うかもしれないよ?」

花陽「う、うん」モグモグ

真姫「あんこね」

凛「アンサンドだよ!」

真姫「ただのアンパンでしょ」クルクル

花陽「こ、これはアンパンなんかじゃ・・・・・・」

真姫「えっ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:02:38.87 ID:l2dAQuqso

花陽「サンドイッチ用の薄いパンに大量のつぶあんが入ってて・・・・・・」

真姫「それで?」

花陽「あんこだけを食べているような感じ・・・・・・」

真姫「・・・・・・大丈夫?」

花陽「・・・・・・うん」モグモグ

凛「穂乃果ちゃんの家のあんこだから、美味しいよね?ねっ?」ニコニコ

花陽「う、うん。美味しいんだけど、もうちょっと分量を考えてほしかったよ~」モグモグ

凛「最後は希ちゃんのだね」

真姫「保健室から胃薬もらって来てあげる」テクテク

凛「だから失礼にゃ!」

花陽「い、いただきます」パクッ
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:03:05.06 ID:l2dAQuqso


ーーー放課後の部室ーーー


ガチャ

凛「希ちゃんっ?!」

穂乃果「そんなに急いでどうしたの?」

希「サンドイッチ作戦はどうやったん?」

凛「どうもこうもないよっ!大失敗だよっ!」バンッ

穂乃果「あれー、おかしいなー」

希「ウチのサンドイッチは完璧やった・・・・・・問題は凛ちゃんか穂乃果ちゃん」

穂乃果「穂乃果のサンドイッチこそ完璧だよっ!希ちゃんのがおかしかったんじゃない?」

凛「だいたい希ちゃんのせいだよ」

穂乃果「ほらっ!」

希「嘘ついたらアカンよ」ジー

凛「これを見れば分かるよ」パカッ

穂乃果「全部食べてくれなかったの?」

希「1個だけ残っとるね」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:03:38.80 ID:l2dAQuqso

凛「希ちゃんのサンドイッチだよ」

希「なんでやっ!」ガタッ

凛「でも中身は全部食べてくれたよ」

穂乃果「希ちゃんは何をサンドしたの?」

希「お米」

穂乃果「・・・・・・えっ」

凛「希ちゃんの分だけ、朝に手渡されたから怪しいとは思ってたにゃ」

希「かよちんお米大好きやん!」

凛「真姫ちゃんが”おいしい物とおいしい物を合わせても、超おいしくはならない”って言ってたよ」

希「・・・・・・」

穂乃果「普通、お米なんて挟まないよね」

希「絶対いけると思ったのにー」グデー

凛「怒りに震えるかよちんは、中身のお米だけを綺麗に食べて教室を出て行ったの」

穂乃果「かよちゃんも怒るんだね」

凛「穂乃果ちゃんも、大好きなパンを目の前で踏み潰されたら怒るでしょ?」

穂乃果「そうだね、希ちゃんが全部悪いよ」

希「えー」

穂乃果「そのあとはどうしたの?」

凛「万が一の時の為に持ってた、高級おにぎりを渡したら許してくれたよ」

希「凛ちゃんすごいなー」

穂乃果「さすがだね!」

凛「あと、炭水化物が多すぎるとも言ってたよ」

穂乃果「・・・・・・普通に野菜とか挟めば良かったね」

凛「チャーシューとか挟めば、まだマシだったかもしれないにゃ」

希「味付きご飯をサンドすれば、かよちんもきっと」

凛「希ちゃん、話きいてた?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:04:08.70 ID:l2dAQuqso

ーーー

凛「次は誰にする?」

希「うーん」

穂乃果「真姫ちゃん?」

凛「えー、また凛がやるのー?」グデー

穂乃果「じゃあ次に怒らなさそうな人は・・・・・・」

希「怒らせるのが目的やったっけ?」

凛「違うよね?」

穂乃果「ことりちゃんかな」

希「えーっと、ことりちゃんの嫌いな物は・・・・・・」ペラペラ

穂乃果「にんにくだね!」

凛「お弁当に餃子でも詰める?」

希「にんにく臭いことりちゃんとか見たくないなー」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:04:56.58 ID:l2dAQuqso

凛「好きな物に混ぜるとか?」

穂乃果「ことりちゃんの好きな物って・・・・・・」

希「マカロン?」

穂乃果「チーズケーキじゃないの?」

凛「洋菓子は全部好きそうだよね」

穂乃果「それじゃあ、ケーキ焼けるひとー?」

シーン

希「ショートケーキのイチゴの代わりに乗せるとか?」

凛「にんにくが好きな人でも、それは食べないと思うにゃあ」

穂乃果「やっぱり餃子かな?」

凛「凛しってるよ、スーパーに焼くだけで美味しい餃子がある事」

希「それならウチらにも出来そうやね」

穂乃果「それじゃあ、希ちゃんの家に集合だねっ!」

希「穂乃果ちゃんの家でやらへん?」

穂乃果「どうして?」

希「ウチの家で焼いたら餃子臭くなるやん」

凛「既に焼肉臭かったから大丈夫にゃ」

希「えっ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:05:30.90 ID:l2dAQuqso


ーーー決行日の昼休みーーー


穂乃果「ことりちゃんっ!お昼食べよっ!」ガタッ

ことり「うん!」ニコニコ

海未「今日はお弁当ですか?」

ことり「珍しいねぇ」

穂乃果「うんっ!実は2人に食べてもらいたくて、頑張って作ってきたんだー」ガサゴソ

ことり「穂乃果ちゃんの手作り?」

海未「穂乃果もようやく女性らしさに目覚めましたか」

穂乃果「2人とも、もちろん食べてくれるよねっ?」

海未「穂乃果の料理上達の為、丸焦げだろうと食しますよ」キリッ

ことり「ことりも頑張って食べるよ!」アセアセ

穂乃果「大丈夫っ!美味しそうな焦げ色が付いた」

パカッ

穂乃果「餃子だからっ!」

教室中に餃子の臭いが広がる。
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:06:02.06 ID:l2dAQuqso

ことり「穂乃果ちゃん、これはぁ・・・・・・」アセアセ

穂乃果「餃子だよっ!」

海未「他のおかずは?」

穂乃果「これだけだよっ!」

ことり「ご飯とかは?」

穂乃果「・・・・・・あとでかよちゃんから貰ってくる」

海未「でもまあ、美味しそうではありますね」

ことり「う、うん」アセアセ

穂乃果「あっ、調味料もちゃんと持ってきてるよ」ニコニコ

パカッ

ことり「うっ・・・・・・」

穂乃果「はい、どうぞっ!」ニコニコ

海未「い、いただきます」モグモグ

穂乃果「どう?美味しいでしょ?」

海未「たしかに美味しいですが」

穂乃果「やったねっ!」ニコニコ

海未「ことりにはちょっと・・・・・・」チラッ

ことり「う、うん」アセアセ
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:06:31.92 ID:l2dAQuqso

穂乃果「えーっ!どうして、どうして?」ショボン

ことり「穂乃果ちゃん、ことりがにんにく苦手って知ってるよねぇ?」アセアセ

穂乃果「・・・・・・そうだっけ?」

海未「この前に聞いていたではありませんか」ハァ

ことり「本当にごめんね!」ペコリ

穂乃果「ううん、ことりちゃんの嫌いな物を忘れてた穂乃果が悪いよ」シュン
穂乃果「臭いもすごいから、トイレで食べてくるね」ガタッ

海未「なにもそこまでしなくても」アセアセ

ことり「そっそうだよぉ」アセアセ

穂乃果「気にしないで」シュン
穂乃果「今度はことりちゃんの好きなチーズケーキを詰めてくるね」テクテク

ことり「まっ待ってぇ!」
ことり「こ、ことり、餃子食べるよ!」

穂乃果「えっ?!でも・・・・・・」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:06:59.14 ID:l2dAQuqso

ことり「穂乃果ちゃんがせっかく作ってくれたんだもん」
ことり「嫌いだからって逃げてちゃダメだよね」

穂乃果「ことりちゃんっ!」ギュッ

海未「こ、ことり?無理はしない方が・・・・・・」

穂乃果「食べて食べてっ!」ニコニコ

ことり「あっ、そうだぁ」

穂乃果「どうしたの?」キョトン

ことり「ほ、穂乃果ちゃんに食べさせてほしいなぁ」///
ことり「それなら、苦手なにんにくも克服できると思うのぉ」///

穂乃果「それで克服できるなら、いくらでも食べさせてあげるよ!」

ことり「やったぁ、うふふっ」ニコニコ

穂乃果「それじゃあ、お口あけてね」

ことり「あ~ん」

穂乃果「あーん。美味しい?」

ことり「・・・・・・」モグモグ
ことり「・・・・・・うん」モグモグ

穂乃果「ブレスケア、使う?」

ことり「・・・・・・うん」グスン
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:07:30.10 ID:l2dAQuqso


ーーー放課後の部室ーーー


希「餃子ってそんなにニンニク臭かった?」

穂乃果「調味料におろしにんにく入れたりしてたから」

凛「女子高生のお弁当に餃子はないよねー」

穂乃果「でもチーズケーキのにんにく乗せよりは、マシだったはずだよ!」

希「それで、ことりちゃんはにんにく好きなったん?」

穂乃果「ブレスケアいっぱい飲んでたよ」

凛「だから、ことりちゃんからは良い匂いしかしなかったんだね」

穂乃果「あと、口もすごいゆすいでた」

希「まあ、そう簡単に好きにはなれんよね」

凛「にんにく臭いことりちゃんなんて居なかったんだね」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:07:57.03 ID:l2dAQuqso

ーーー

穂乃果「次はにこちゃん?それとも絵里ちゃん?」

凛「絵里ちゃんって怒ると怖いよね?」

希「うーん、本気で怒ったところは見たことないような」

穂乃果「μ'sに入る前は常に怒ってなかった?」

希「あれは怒ってるっていうより、冷めてる感じやね」

凛「にこちゃんも常に怒ってない?」

穂乃果「あれは怒ってるの?」

希「イジられてプンスカしとるけど、怒ってはないんちゃうかな?」

穂乃果「それじゃあ、にこちゃんからにしよっか!」

希「にこっちの嫌いな物は・・・・・・辛い物かー」

穂乃果「簡単だねっ!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:08:25.02 ID:l2dAQuqso

凛「唐辛子?」

穂乃果「お菓子でも、すっごーく辛いやつとかあるけど」

希「絶対に食べへんやろなー」

凛「無理やり口に入れてみるのはどうかにゃ?」

穂乃果「それで克服できるの?」

希「無理やろなー」

穂乃果「にこちゃんの好きな物ってなんだっけ?」

凛「アイドル?」

希「アイドルの子に唐辛子を塗る?」

穂乃果「さすがのにこちゃんでも舐めないと思うよ」

希「えーっと、お菓子やね」ペラペラ

凛「ざっくりしてるにゃー」

穂乃果「ほむまんに混ぜる?」

希「それなら・・・・・・」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:08:54.05 ID:l2dAQuqso


ーーー決行日の昼休みーーー


希「にこっち、お菓子あるけど食べる?」

にこ「ちょうど甘い物が欲しいな~って思ってたところだったの~」

絵里「私にも貰える?」

希「それならゲームしよっか」

にこ「ゲーム?」キョトン

希「ここに5つのほむまんがあるんよ」

絵里「穂乃果の家の?」

希「買い過ぎて、余ってしもたんよ」

にこ「え~もしかしてロシアンルーレットってこと~?」

希「この中の1つだけ、激辛になっとるんよ」

にこ「・・・・・・なんでよ」

希「ゲームやから」

にこ「・・・・・・」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:09:21.52 ID:l2dAQuqso

希「それじゃあ、にこっちから」

にこ「にこはぁアイドルだから~、こういう事はしたくないっていうか~」アセアセ

絵里「でも面白そうじゃない」

にこ「えー、絵里ちゃん本気?」

絵里「辛いって言っても、ちょっと入ってるだけよね?」

希「・・・・・・うん」

にこ「嫌な間があったようなー」ジトー

希「せっかく作ってきたんやし、とりあえずやっとこ?」

にこ「にこはやーらない」

絵里「えー」

希「そんな安全な道ばっかり選んで、ホントにアイドルになる気あるんやろか」ボソッ

にこ「・・・・・・希ちゃん、今のは聞き捨てならないよ」

希「なーんでもないよ」

にこ「にこは~バラドルじゃなくて、正統派のアイドルになりたいの!」

絵里「でも下積みって大事でしょ?」

にこ「・・・・・・分かったわよ、やればいいんでしょ!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:09:47.43 ID:l2dAQuqso

希「お!さすがやね」
希「お水なら用意しとるから、安心してな」コトッ

ジー

希「早く食べんと昼休み終わってまうよ?」

にこ「う~ん・・・・・・」ジー

絵里「本気ね」

にこ「うーん、コレがセーフね!」

希「それじゃあ、張り切ってどうぞ!」

にこ「はぐっ!」モグッ
にこ「うっ・・・・・・ハズレちゃったにこ~」ウルウル

絵里「ハラショー!さすがにこね、ハズレを引いても可愛いわ」

にこ「えへへ、アイドルなら当たりま・・・・・・ぐふっ」バタン

絵里「にこっ!?」ガタッ

希「にこっち!!」ガタッ
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:10:15.92 ID:l2dAQuqso


ーーー放課後の部室ーーー


希「おかしい」

穂乃果「なにが?」

希「なぜかウチだけ先生に怒られた」

凛「3年生の教室が騒がしかったけど、本当にアレをやったの?」

希「うん」

穂乃果「だから練習も中止になっちゃったんだね」
穂乃果「あと、穂乃果はほむまんを渡しただけだからね?悪いのは希ちゃんだよ」

凛「それでにこちゃんは?」

希「体調不良で早退した」

穂乃果「あとでお見舞い行こっか」

希「うん」

穂乃果「でも5分の1を当てるなんて、さすがにこちゃんだねっ!」

凛「凛もリアクション見たかったー」

希「まあ、全部ハズレやったんやけどね」

穂乃果「ん?」ハテナ

希「もしもウチか絵里ちゃんが引いたら大変やん?」

凛「全部に入れたの?」

希「うん」

穂乃果「唐辛子を入れたの?」

希「キムチとチューブのからし」

穂乃果「1個に?」

希「うん」
希「辛い物と辛い物を混ぜると、ものすごく辛くなるのだ!」

凛「馬鹿だにゃー」

穂乃果「希ちゃん、それはいくらにこちゃんでも倒れるよ」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:10:42.93 ID:l2dAQuqso

ーーー

穂乃果「次は真姫ちゃんかな?」

凛「海未ちゃんはラスボスでしょ?絵里ちゃんも怖いし・・・・・・」

希「もう怒られるのは嫌やで?」

穂乃果「穂乃果はそんな事しないよ」

凛「真姫ちゃんは、トマトが好きでみかんが嫌いなんだって」ペラペラ

穂乃果「みかんにもいっぱい種類あるよね?」

希「酸っぱいのがダメなんやない?」

凛「トマトも酸っぱいよ?」

穂乃果「真姫ちゃんはお金持ちだから、ドロッとした部分は食べないのかも」

希「トマト嫌いの人は、たいていそこが嫌いみたいやよ」

凛「へぇー」

穂乃果「甘いのなら食べられるのかな」

希「お砂糖かければええんやない?」

凛「希ちゃん、ちょっと黙ってて」
凛「みかんって言ったらハウスみかんだよね?」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:11:29.95 ID:l2dAQuqso

希「白いスジが嫌なんかな?」

穂乃果「それなら、みかんの缶詰なら食べられるかなー?」

凛「どうやって食べさせるの?」

希「トマトに、混ぜる?」

凛「なに言ってるの?」

穂乃果「空腹は最高のスパイスって言うよね?」

凛「真姫ちゃん、意地っ張りだから倒れても食べない気がするにゃ」

穂乃果「うーん」

希「あっ」

穂乃果「どうしたの?」

希「良い方法があるやん!」ニコニコ

凛「怒られるようなのは嫌だよ?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:11:56.16 ID:l2dAQuqso


ーーー決行日の昼休みーーー


凛「今日は凛がデザートを持ってきたにゃ!」

花陽「私たちの分もあるの?」

凛「もちろんだよ!」

真姫「また太るわよ」ボソッ

凛「フルーツだから大丈夫だよ!」ガサゴソ

ドンッ

花陽「凛ちゃん、これって・・・・・・」

凛「みかんだよ!」

真姫「缶詰じゃない」

凛「皮剥かなくていいし、いっぱい食べられるからお得だよねー!」

真姫「私は遠慮しておくわ」

凛「えー」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:12:35.25 ID:l2dAQuqso

花陽「私は少しだけもらおうかな」

真姫「かよちん、本気?」
真姫「そもそも缶詰って非常食でしょ?普通は食べないわよ」

凛「そんなこと言って、本当は食べられないんじゃない?」ニヤニヤ

花陽「みかんはビタミンとかたくさんでお肌にも」

凛「真姫ちゃん、お肌がカサカサになってもいいの?」

真姫「うるさいわねっ!別にみかんじゃなくても、ビタミンぐらい摂れるわよ!」フンッ

凛「・・・・・・お肌の荒れた真姫ちゃんなんて、にこちゃんは喜ばないよ」ボソッ

真姫「なっなんでにこちゃんが出てくるのよ!」

凛「はい、1つだけいいから食べてみて」ニコニコ

花陽「美味しいよ?」

凛「国産の缶詰だから安心するにゃ」

真姫「わ、分かったわよ!食べればいいんでしょ、食べればっ!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:13:05.45 ID:l2dAQuqso

ーーー放課後の部室ーーー

希「それで食べてくれたん?」

凛「バッチリだにゃ」

希「にこっちにも、真姫ちゃんをチラつかせとけば良かったんやね」

穂乃果「でも、からしとキムチ入りだから結局は怒られてたよ」

希「みかんは好きになったんかな」

凛「さぁー」

穂乃果「ところで、みかんを食べるだけでお肌って綺麗になるの?」

凛「さぁー」
凛「それよりも、真姫ちゃんが缶詰の開け方を知らなかった方が問題だと思うけど」

穂乃果「お金持ちの人って缶詰食べないんだね」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:14:02.96 ID:l2dAQuqso

ーーー

希「さて、残るは絵里ちゃんと海未ちゃんやけど」

穂乃果「強敵だね!」

凛「勝てる気がしないよー」

希「弱点が多いから、絵里ちゃんからにしよっか」

穂乃果「絵里ちゃんの嫌いな物は・・・・・・梅干しと海苔だね」

凛「おにぎり?」

希「おにぎりなら簡単やね。でも」

穂乃果「でも?」

希「それだけやと面白くないやん」

凛「多少の荒療治は仕方ないよねー」ニヤニヤ

穂乃果「梅干しは嫌いな人も多いけど、海苔ぐらいは頑張ってほしいねっ!」

凛「でも、海苔って日本人以外では消化できないらしいよ?」

穂乃果「えーっ?!それってホントッ!?」

凛「なんかテレビでやってたよー」

希「でも絵里ちゃんってクォーターやん?」

穂乃果「それなら4分の1は消化できるのかな?」

凛「なにか違う気がするにゃ」

穂乃果「えっ、でもクォーターって4分の1って事でしょ?」キョトン

希「細かい事はどうでもええよ」

穂乃果「そうだよっ!授業以外で数学なんてやりたくないよー」グッタリ

凛「そういう希ちゃんは、何か考えがあるのー?」

希「作戦はある、でも2人の協力が必要不可欠なのだ!」

穂乃果「もちろん協力するよっ!」

凛「ふざけた内容じゃないなら、凛も協力するよー」
33: >>32はミスです。すみません。 2016/05/03(火) 17:15:16.67 ID:l2dAQuqso


ーーー決行日の昼休みーーー


絵里「さーて、お弁当を食べましょう」ガサゴソ
絵里「あれ」ガサゴソ

希「どうしたん?」モグモグ

絵里「お弁当がないのよ」ガサゴソ

にこ「絵里ちゃん、もしかして早弁したんじゃー」

絵里「希じゃないんだし、そんな事しないわよ」

希「絵里ちゃんでも忘れ物とかするんやね」モグモグ

絵里「希、お弁当を食べてる時ぐらい座りなさい」
絵里「・・・・・・そのお弁当箱、私のと似てるわね」ジー

希「ん?」

絵里「というか、それって私のじゃない?」

希「・・・・・・」モグモグ

絵里「・・・・・・」

希「うん、そういえばウチのお弁当と違う気がする」

絵里「どうやったら間違えるのよ」ハァ
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:16:04.89 ID:l2dAQuqso

希「スピリチュアルやね」モグモグ

絵里「あの、返してくれる?」

希「うん、はい」

絵里「って、もう空っぽじゃないっ!」ガタッ

希「しかたない」

絵里「しかたなくないわよっ!私のお昼どうするのよ!」バンバンッ

にこ「埃が舞うからやめてよー」

希「絵里ちゃんにはウチのお弁当をあげる!」ニコニコ

絵里「自分のがあるのなら、最初からそっちを食べなさいよ」

希「まあまあ、過ぎた事は仕方ないやん」

絵里「反省しなさい!」パカッ
絵里「・・・・・・なにこれ」

希「お弁当やん」

にこ「斬新なお弁当だねー」

希「斬新やないよ、ただの海苔弁やん」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:16:49.42 ID:l2dAQuqso

絵里「まあ、いいわ」
絵里「海苔だけ剥がせば、ご飯は食べられ・・・・・・」パリッ

希「どうしたん?」

絵里「ご飯は?」

希「絵里ちゃんが持ってるやん」

絵里「白いお米は?」

希「今はダイエット中なのだ!」

絵里「海苔しか入ってないじゃない!」

希「ダイエット中やもん」

絵里「じゃあなんで私のお弁当食べたのよっ!」バンッ

希「お腹空いたから」

絵里「はぁ、もういいわ。花陽にご飯貰ってきましょ」
絵里「それでおかずは?」

希「はい、こっちにちゃんとあるよ」

絵里「この際、総菜の詰め合わせでも文句は言わないわ」パカッ

にこ「シンプルなおかずだねー」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:17:23.64 ID:l2dAQuqso

希「やっぱりお弁当って言ったら、梅干しやよね」

絵里「だからってなんで梅干しだけなのよっ!」
絵里「あなた、本当にこれを食べるつもりだったの?!」

希「当たり前やん」
希「たまたま、お弁当箱を間違えてしまっただけで」

絵里「私への嫌がらせとしか思えないんだけど」グスン

希「ご飯もらえたら、おにぎり作れるやん」ニコニコ

絵里「もういい。コンビニに行ってくるわ」ガタッ

にこ「もう時間ないよ?」

希「生徒会長って授業サボってもええの?」

絵里「・・・・・・」

希「一口だけ食べてみよっか?」ニコニコ

絵里「嫌よっ!絶対に食べないわ」

グゥー

希「ほらほら、何か食べんと授業中にお腹鳴ってまうよ?」

絵里「にこのお弁当をちょっともらえない?」

にこ「もう食べ終わっちゃったー」ガサゴソ

絵里「それなら急いで花陽からご飯を・・・・・・」

希「もしもし、凛ちゃん?」
希「もうお昼ご飯って食べた?」

希「絵里ちゃんがかよちんに、お弁当を分けてほしいって言っとるんやけど」
希「・・・・・・分かった、ありがとう」ピッ

希「ないって」

絵里「・・・・・・」パリパリ
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:17:50.21 ID:l2dAQuqso

ーーー放課後の部室ーーー

凛「梅干しは食べなかったんだね」

穂乃果「味付け海苔だったの?」

希「ううん」

凛「よく説教されなかったね」

希「絵里ちゃんはそんな事せーへんよ」

穂乃果「でも協力してほしい事ってなんだったの?」

凛「凛は電話にしか出てないよ?」

希「それはこれからやん」

凛「これから?」

穂乃果「絵里ちゃんの番は終わったよね?」

希「絵里ちゃんの苦手なモノってもう1個あるやん」

凛「・・・・・・ロシア語?」

希「暗闇やっ!」

穂乃果「もしかして・・・・・・」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:18:20.12 ID:l2dAQuqso


ーーー練習後の部室ーーー


希「いい感じに暗くなってきたやん」

凛「本当にやるの?」

希「当たり前やん!絵里ちゃんの為に頑張ろー!」

穂乃果「悪化すると思うけど」

希「そんな事ない!終わったら泣いて喜んでくれるはず」

凛「その自信の根拠を知りたいにゃ」

希「カードがウチに告げるんや!」

穂乃果「その言い訳が絵里ちゃんにも通じればいいねー」

希「さて、そろそろ絵里ちゃんを呼び出そっか」

凛「本当に凛たちは必要なの?」

希「もしもし?ちょっと大事な話があるから、今から部室に来てくれる?」
希「うん。どうしても直接伝えたい事やから」

穂乃果「その言い回しは勘違いすると思うな」

希「うん、待ってる」ピッ

凛「凛たちは隠れててもいい?」

希「なんで?」

凛「希ちゃんが大事な話って言ってるのに、凛たちが居たら怪しいよ」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:18:49.77 ID:l2dAQuqso

ーーー

ガチャ

絵里「の、希?」

希「急に呼び出したりしてごめんな」

絵里「そ、それはいいけれど、どうして電気をつけないの?」ビクビク

希「あっ!電気はつけんといて!」

絵里「どうして?真っ暗じゃない」

希「そ、その、いまのウチの顔を見られると、その、恥ずかしいから」

絵里「えっ」
絵里(放課後の部室に2人っきり、恥ずかしがる希・・・・・・ここれってもしかしてこここここ告白っ?!)

絵里「そ、そそそれで大事な話っていうのは・・・・・・」///

希「そ、そうやんな」スーハー
希「絵里ちゃんっ!」

絵里「はっはいっ!」アセアセ

Trrrrrrr

絵里「っ?!」ビクッ

希「あっ、ごめん」ピッ
希「もしもし?」ガチャ

バタン

絵里「はぁ~なんなのよ、もう」///
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:19:16.87 ID:l2dAQuqso

ーーー

絵里「遅いわね」
絵里(落ち着いたら怖くなってきたわ)

絵里(たしか、このあたりに電気が)

カチッ

絵里「あれ」

カチッ

カチッ

絵里「なんで点かないのっ?!」カチッカチッ

ガチャ

絵里「なんでドアも開かないのよ!」ガチャガチャ
絵里「希っ!そこに居るのは分かってるのよ!開けなさいっ!早くっ!」ドンドン

希『絵里ちゃん?ドアなんて叩いてどうしたん?』

絵里「早く鍵を開けなさいっ!」

希『なに言っとるん?ウチは鍵なんてかけてへんよ』
希『それに鍵かかっとっても、内側から開けられるやん』

絵里「・・・・・・それもそうね」カチッ

ガチャ
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:19:55.99 ID:l2dAQuqso

絵里「開かないじゃないっ!」ドンドン

希『おかしいなー』

絵里「おかしくないわよっ!希が押さえてるんでしょ?!」

希『だから、そんな事してへんよ』
希『ちょっと待って、どうしたらいいかカードに聞いてみるから』

絵里「そんな悠長な事してないで、早く誰か呼んで来なさいよっ!」

希『はっ?!これは・・・・・・』

絵里「な、なに?どうしたの?」アセアセ

希『な、なんでもないよ』

絵里「悪いカードが出たんでしょっ?!そうでしょっ!」ドンドン

希『う、ウチは誰か呼んでくるね』
希『それまで絵里ちゃんは、部室から出たらアカンよ?絶対にアカンよ!」タッタッタッ

絵里「えっ?!ちょっとどういうことっ!のぞみいいいぃぃぃっ!」

シーン

絵里「ヤバイ、真っ暗チカ」

ドンドンッ

絵里「ひゃっ?!」

シーン

絵里「の、希よね?」

ドンドンッ

絵里「きゃああああっ!!」ガッシャーン
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:20:22.22 ID:l2dAQuqso

ーーー部室の外ーーー

凛「今の音はヤバくないかにゃ?」

穂乃果「・・・・・・」アセアセ

希「そ、そろそろネタバラシの時間やね!」アセアセ

ガチャ

希「絵里ちゃんっ!」

絵里「・・・・・・」

希「ヤバイ、失神しとる。どうしよ・・・・・・とりあえず保健室に」
希「穂乃果ちゃん!凛ちゃん!運ぶの手伝って」クルッ

シーン

希「って誰もおらん」ハテナ
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:20:50.18 ID:l2dAQuqso


ーーー放課後の部室ーーー


希「2人とも酷いやんっ!」バンッ

穂乃果「1番酷いのは希ちゃんだよっ!」

凛「そうにゃそうにゃ」

希「そんな事ない!2人とも最後は逃げてたし!」

穂乃果「逃げた?何を言ってるの?」キョトン

希「いやいや、絵里ちゃんが倒れた後に逃げたやん」

凛「凛たちは練習の後、そのまま帰ったよ?」

希「えっ」

凛「ラーメン屋さんに寄り道してたんだよ」

希「嘘やっ!嘘つきは泥棒の始まりやで」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:21:21.38 ID:l2dAQuqso

凛「本当だよ!穂乃果ちゃんが証人だよー」

希「穂乃果ちゃん、本当なん?」

穂乃果「うん、穂乃果も一緒に行ってたから」
穂乃果「凛ちゃんは醤油ラーメン食べてたよ」

希「それじゃあ昨日の2人はいったい・・・・・・」

凛「悪い夢だったんじゃない?」

希「夢?」

穂乃果「きっと寝ぼけてたんだね」

希「絵里ちゃんを保健室に運んだのも?」

穂乃果「夢だよっ!」

希「絵里ちゃんに正座させられたうえに、ビンタされたのも?」

凛「夢だにゃ」

希「先生にも怒られたのも?」

凛「ドリームだね」

希「そっか・・・・・・」ボーッ
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:21:57.19 ID:l2dAQuqso

ーーー

希「さて、ついにラストやね」

穂乃果「ドキドキするねっ!」

凛「凛は今から怖いにゃ」ビクビク

希「まあ、ビンタぐらい覚悟しとこか」

凛「えっ」

穂乃果「そうだねっ!」

凛「えっ」

希「それで海未ちゃんの嫌いな物やけど」

穂乃果「炭酸飲料だよ」

凛「なんで嫌いなの?」

希「シュワシュワするのが嫌なんかな」

穂乃果「うーん、でもラムネなら飲めるって言ってたような、言ってなかったような」

凛「ビー玉が入ってるやつ?」

穂乃果「うん」
穂乃果「炭酸抜いたジュースを渡せば、飲んでくれるかな?」

希「封の開いた飲み物ってなんか嫌やない?」

凛「たしかに」

穂乃果「うーん」

凛「ちょっと前に、コーラにメントスを入れると噴き出すっていう動画が流行ったよね?」

希「そういえばそんなんもあったなー」

凛「あれって口の中でやったらどうなるんだろう」

「・・・・・・」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:22:25.52 ID:l2dAQuqso


ーーー放課後ーーー


海未「はい、それでは10分の休憩です!」

希「飲み物買ってくるけど、みんな何かいる?」

海未「あっ、すみませんがスポーツドリンクを買ってきてくれますか?」

希「うん、分かった!」

ーーー

希「はい、海未ちゃんの分」

海未「ありがとうございます」

穂乃果「あれ?海未ちゃんって炭酸飲めるの?」

海未「えっ」

希「ん?海未ちゃん炭酸ダメなん?」ゴクゴク

海未「え、ええ。でも少しずつなら飲めない事もありませんが」

希「ご、ごめん!今すぐ違うの買って」

海未「い、いえ!そんな事までしなくてもいいです」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:22:52.22 ID:l2dAQuqso

ことり「最近はスポーツドリンクにも炭酸が入ってるんだね」

海未「全く、スポーツをしながら炭酸なんて・・・・・・」

希「ごめん」シュン

海未「の、希に言ったワケじゃ」アセアセ

穂乃果「あっ!」

ことり「どうしたのぉ?」

穂乃果「飴を食べながらだと、炭酸を感じにくくなるらしいよっ!」

海未「それは本当ですか!」

穂乃果「なんかテレビで見たことあるような気がするっ!」

海未「大丈夫でしょうか」ジー

凛「物は試しにゃ!」

海未「そうですね、せっかく希が買ってきてくれたのですし」

穂乃果「じゃあ、コレあげるね!」

ことり「あれ?それってぇ・・・・・・」

穂乃果「一気にたくさん飲むと効果的だったような?」

海未「それなら一気飲みです!」グイッ
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:23:18.44 ID:l2dAQuqso

ーーー練習後の部室ーーー

にこ「そういう事だったのね」ワナワナ

希「ウチはにこっちの為を思って」セイザ

絵里「怪しいと思ってたのよ」ワナワナ

希「絵里ちゃん、アレは夢やったんじゃ」セイザ

絵里「なに言ってるの?」キッ

希「あっいや、なんでもないです、はい」アセアセ


ことり「穂乃果ちゃ~ん、酷いよぉ~」ウルウル

穂乃果「ご、ごめんなさい」セイザ

海未「・・・・・・」

穂乃果「なにか言ってくれないと余計に辛いよー」グスン


花陽「凛ちゃん、花陽はとても怒ってるんだよ?」

凛「あれは希ちゃんのせいだよっ!」セイザ

真姫「私はこんな事で怒るほど小さくないわよ」

凛「まっ真姫ちゃん」ウルウル

真姫「でもお仕置きは必要よね?」

凛「やっぱり怒ってるにゃー!」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:23:47.09 ID:l2dAQuqso


ーーー数日後の昼休みーーー


凛「お腹空いたー」グッタリ

花陽「体育とかあって疲れたもんね」

真姫「さて、お昼にしましょ」

凛「あれ?!凛のお弁当が・・・・・・ちゃんと入れたはずなのに」ガサゴソ

花陽「凛ちゃんのお弁当ならココにあるよ」ニコニコ

凛「それはかよちんのお弁当箱じゃ」

真姫「今日は、特別にお弁当を作ってきてあげるって言ってたでしょ?」

凛「そんな事は一言も・・・・・・」

花陽「私がご飯で、真姫ちゃんがおかずを作ってきたんだよ」ニコニコ

真姫「まあ、作ったのはシェフだけどね」

凛(嫌な予感がするにゃ)

花陽「特別に炊いたご飯だよ~」パカッ

凛「あ、ありがとう」アセアセ
凛(真っ白だにゃ)

真姫「私のはこれよ」ガサゴソ
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:24:23.59 ID:l2dAQuqso

凛「真姫ちゃんは何かお手伝いしたの?」アセアセ

真姫「そんなはずないでしょ」

凛「よ、良かった」ホッ

真姫「今、ホッとしなかった?」ジー

凛「う、ううん!そんなことないよ!」アセアセ

真姫「安心しなさい!シェフに特別に作らせた」

パカッ

真姫「骨切りしていない、鱧の白焼きよ!」

凛「」

真姫「ありがたく食べなさい」フフン

凛「か、かよちん?おかずを少しだけ分けてくれる?」

花陽「ん?」モグモグ

凛「お、おかずを分けてほしいにゃ」アセアセ

花陽「ん?」モグモグ

凛「なんでもないです」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:24:53.79 ID:l2dAQuqso

ーーー3年教室ーーー

希「ふぅー、ごちそうさま」

絵里「お腹いっぱいで幸せそうね」ニコニコ

希「元気満タン!これで午後からも頑張れるんよ」ニコニコ

にこ「食後には甘い物だよねー」ニコニコ

希「そ、そうやね」
希(なんかどっかで聞いたことあるような・・・・・・)

絵里「ゲームをしましょうか」ニコニコ

希「あっ!や、やっぱりウチはいいや」アセアセ

にこ「希ちゃん、少しぐらいにこ達に付き合ってくれるよねー?」

希「い、嫌や!ダイエット中やし、甘い物は控えんと!」

絵里「少しぐらい大丈夫よ」ニコニコ
絵里「ほら、座って」

希「嫌やっ!絶対に仕返しやん!」ガタッ

絵里「座りなさい」キッ

希「・・・・・・はい」

にこ「ここにキャラメルが5個あるんだけどー」

絵里「買い過ぎて余らせてしまったのね」

希「冷蔵保存すればええやん」

にこ「ただのキャラメルじゃないんだよねー」

絵里「そうなの?」

希「嫌な予感しかせーへん」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:25:20.76 ID:l2dAQuqso

にこ「なんと!北海道限定のキャラメルなの!」

絵里「それは珍しいわね」

希「そっ、それってもしかしてー」アセアセ

にこ「これを順番に食べて、ハズレだった人は当たるまで連続で食べないとダメっていうゲームだよ」

絵里「それはとても楽しそうだわ」

にこ「それじゃあ希ちゃんから選ばせてあげる」ニコニコ

絵里「良かったわね、希」ニコニコ

希「あ、あの」

絵里「どうしたの?」

希「包装紙が全部一緒なんやけど」

にこ「疑り深いなー」
にこ「キャラメルの包装紙なんて、全部似たような物だよー?」

希「ち、ちなみにジンギスカンキャラメルは何個入ってるん?」

絵里「5個よ」

希「」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:25:49.21 ID:l2dAQuqso


ーーー2年教室ーーー


海未「穂乃果、お弁当を食べましょう」

穂乃果「もうお腹ペコペコだよー」
穂乃果「今朝は寝坊して、朝ごはんも食べられなかったし」グゥー

ことり「ふふっ、そうだと思って海未ちゃんと一緒にお弁当作って来たんだよぉ」ニコニコ

穂乃果「えっ」

海未「パンだけだと栄養が偏りますからね」

穂乃果「でも今日もパン買ってきちゃった」アセアセ

ことり「それは練習のあとに食べるのがいいんじゃないかなぁ?」

穂乃果「そうだねっ!」

ことり「ことりが預かっておくねぇ」

穂乃果「う、うん?なんで?」

ことり「・・・・・・」ニコニコ

穂乃果(なんだろう、嫌な予感がする)
54: ◆NrN1F6mAyarS 2016/05/03(火) 17:27:11.51 ID:l2dAQuqso

海未「さっ、早く食べましょう」
海未「これが穂乃果の分のお弁当です」スッ

穂乃果「あ、ありがとう」

ことり「穂乃果ちゃんの好きな物を詰めたんだよぉ」

海未「自信作です」

穂乃果「それじゃあ、いただきます」

パカッ

穂乃果「あ、あの?」

ことり「どうしたのぉ?」モグモグ

穂乃果「あれ?それって穂乃果のパンだよね?」

ことり「そうだっけ?」モグモグ

穂乃果「・・・・・・」

海未「どうしたんですか?」

穂乃果「ほ、穂乃果の見たことのないおかずがたくさん入ってるんだけど・・・・・・」アセアセ

海未「そうですか?私の家ではよく出ますよ」

ことり「ことりの家でもたまに出るよぉ」モグモグ

穂乃果「嘘だよっ!」バンッ
穂乃果「ピーマンしか入ってないじゃんっ!なにこれっ!」

海未「ピーマンのピーマン詰めですよ?知らないんですか?」

穂乃果「ピーマンに詰めていいのはお肉だよっ!ピーマンにピーマン詰めても、ただの炒めたピーマンだよっ!」バンバンッ

海未「穂乃果、食事中に暴れてはいけませんよ」

穂乃果「もういいよ!ご飯だけ食べるから」プンスカ

パカッ

穂乃果「・・・・・・なにこれ」ボーゼン

海未「ピーマンご飯です」

穂乃果「」

ことり「ブレスケア、使う?」



おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
凛「苦手を克服させるにゃ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「苦手を克服させるにゃ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。