絵里「花陽と距離がある気がする・・・」

シェアする

絵里-アイキャッチ6
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:32:11.49 ID:0dOPpteN0
初投稿
えりぱなです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462278731

元スレ: 絵里「花陽と距離がある気がする・・・」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:32:36.79 ID:0dOPpteN0
希「・・・は?」

絵里「いやいや、は?じゃないわよ」

希「そりゃめっちゃ真剣な顔で相談があるって聞いて何かと思ってみたらそんな内容やったから思わず」

希「なんでウチなん?」

絵里「希ならきっとどんな相談にでも乗ってくれるとおもったからよ!」

絵里「もちろん乗ってくれるわよね!?」

希(なにこの子、めっちゃめんどくさいんやけど)

希(でもまあμ'sのメンバー同士に距離あったらあかんし、それに相談に乗らんかったらおうち帰るとかいいそうやからなぁ)
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:33:02.53 ID:0dOPpteN0
希「・・・ええで、相談に乗るわ」

絵里「さすが希!!」

希「そんでどうして花陽ちゃんと距離があるとおもったん?」

絵里「よく言ってくれたわ!」

絵里「そう、あれは先週のこと・・・」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:33:38.76 ID:0dOPpteN0
~回想~

花陽「あ、にこちゃんと希ちゃんだ、おはよう」

にこ「花陽じゃない、おはよう」

希「おはよう花陽ちゃん」

にこ「そういや花陽昨日のアイドル番組見た!?」

花陽「もちろん見たよ!!やっぱA-RISEもすごかったけど最初に出てきたアイドルもすごかったよね!!」

花陽「パフォーマンスも曲も衣装も他のアイドルとは違ったもん!!」

にこ「さすが花陽!!わかってるじゃない!!改めていい後輩を持ったと思うわ」

希「にこっちと花陽ちゃんはほんまにアイドル好きなんやなぁ」

にこ「あったりまえでしょ!!」
花陽「あたりまえです!!」

にこ「今度希にもアイドルのDVDを貸してあげるわ」

花陽「だったらみんなで鑑賞会とかいいんじゃないかな!?」

希「いいやん、たのしそうやな」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:34:08.13 ID:0dOPpteN0
絵里(あら?あそこにいるのはにこと希と花陽じゃない)

絵里(なんだか楽しそうに話してるわね)

絵里「おはようみんな、何を楽しそうに話しているの?」

花陽「ええええ絵里先輩!?じゃなかった。え、ええ絵里ちゃんお、おおおはようごごごごございいいますすす!!」

花陽「そそそそそれじゃわわわ私はこれでっっ!!」

絵里「」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:35:22.73 ID:0dOPpteN0
~回想終了~

絵里「ということがあったからよ」

絵里「わたしの顔をみた瞬間すぐにどっかいったでしょ?」

希「あぁそういやそんなことあったなぁ」

絵里「それだけじゃないわ!!」

絵里「他にも私と話すときはいつも少し下を向いて常に涙目だし、私が花陽の名前を呼ぶたびに花陽はびっくりしているし・・・」

希「なるほどなぁ」

希(μ'sに入る前までえりちはピリピリしとったしそのイメージが花陽ちゃんの中に残ってるんやろな)

希「解決策としてはえりちは怖くない人ですよーってことを花陽ちゃんに思わせたらええんちゃう?」

絵里「なるほど・・・でもいったいどうすればそう思ってもらえるかしら・・・」

絵里「そういえば前、年下の子と仲良くするためには自らをへりくだり相手と同じ位置に立てばいいと聞いたことあるわ」

希「確かにそれなら花陽ちゃんの警戒心も薄れて少しは仲良くなれそうやね」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:35:58.79 ID:0dOPpteN0
希「でもどうやってへりくだるん?」

絵里「うーん・・・そうね・・・」

絵里「あっそうだわ!!」

希「なんか閃いたん?」

絵里「罵ってもらえばいいのよ!!」

希「」

絵里「花陽が私を罵る、あるいは蔑む事で確実に警戒心は解け仲良くなれるはずよ!!」

希「いやいや、色々言いたいことはあるけど蔑まれたら相手より下になるからあかんやろ・・・」

絵里「じゃあ早速行ってくるわ!!」

希「話聞けや」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:37:04.97 ID:0dOPpteN0
~廊下~

絵里「ちょっと花陽」

花陽「っっ」ビクッ

花陽「な、なに?」

絵里「話したい事があるから今日の練習が終わったら部室に残っててもらえる?」

花陽「う、うん・・・わかったよ」

絵里「それだけよ、じゃあね」

花陽「う、うん」

花陽(な、何を言われるんだろう・・・こ、怖いよぉ・・・)
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:37:42.07 ID:0dOPpteN0
~一年教室~

花陽「ってことがさっきあってね・・・」

真姫「それで何を言われるか不安ってことね」

花陽「うん・・・」

真姫「正直そこまで怖がる必要はないと思うけど」

真姫「花陽はどうしてエリーのことをそんなに怖がってるの?」

花陽「前に絵里ちゃんと対立してた時が私たちあったよね」

花陽「その頃の絵里ちゃんのイメージがどうしてもなくならなくて・・・」

真姫「ちょっとしたトラウマってやつね」

花陽「そうなの・・・」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:38:14.37 ID:0dOPpteN0
真姫「さっきも言ったけどあまり怖がる必要はないわ」

真姫「合宿のときだって先輩禁止で素のエリーが見れたじゃない」

真姫「あのちょっとポンコツっぽいのが素のエリーなんだから怖くないでしょう?」

花陽「そう・・・だよね」

真姫「まあトラウマってなかなか解消するのは難しいから無理もないわ」

真姫「時間をかけてでも解消していきましょう」

真姫「いつでも相談に乗ってあげるからね」

花陽「ありがとう真姫ちゃん」

真姫「べ、別にお礼を言われる程でもないわ///」

花陽「えへへ♪」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:39:03.07 ID:0dOPpteN0
~練習終了後~

花陽「つ、ついにこのときが」

真姫「怖がらないで、リラックスよ」

花陽「う、うん」

凛「じゃあかよちん、凛先にかえるねー」

真姫「私も帰るわ、じゃあね花陽」

花陽「ば、バイバイ」

真姫(涙目でちょっと震えてるじゃない、心配だけどかわいい・・・)

凛(凛は涙目で震えてるかよちんも好きにゃー)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:39:49.66 ID:0dOPpteN0
~部室~

絵里「よく残っててくれたわね花陽」

花陽「い、言いたいことって・・・?」

絵里「花陽、私を・・・」

花陽「私を・・・?」





絵里「思いっきり罵りなさい!!」

花陽「」

花陽「え、えぇぇぇぇぇ!?」

絵里「さぁ!!」

花陽「む、無理だよぉ!!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:40:31.56 ID:0dOPpteN0
絵里「どうして!?」

花陽「ど、どうしてもなにもないよぉ!!」

花陽「な、なんで私が絵里ちゃんを罵らなきゃいけないの!?」

花陽「いみわかんないよ!!」

絵里「花陽、これにはね理由があるの」

花陽「り、理由?」

絵里「そうよ、花陽は私に対して怖がってるところがあるじゃない?」

絵里「それは以前の私の印象が残っているからだと思うの」

絵里「そしてそれを解決するためには私を怖くないと思わせること、私自身が花陽と同じ立場に立つこと」

絵里「つまり花陽が私を罵ることよ!!」

花陽「」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:41:02.46 ID:0dOPpteN0
花陽(え、絵里ちゃんが何を言ってるのかわからない)

絵里「これはチームの絆を深める為でもあるの」

絵里「お互い距離があるのは嫌でしょう?」

絵里「だから花陽、私を罵りなさい!!」

花陽(こ、これじゃ逆にもっと距離を置きたくなるんだけど・・・)

花陽「も、もっと別の方法があるんじゃないかな」

花陽「例えば一緒にご飯食べに行ったり、お買い物したりとか」

絵里「それじゃ花陽がびくびくして終わるだけじゃない!!」

花陽(ひ、否定できない・・・)

花陽(あ、あれ?それなら罵った方が解決するのかな?わからなくなってきちゃった)
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:42:11.76 ID:0dOPpteN0
花陽「じゃ、じゃあどういう風に罵ったらいいの?」

絵里「その気になってくれたのね、嬉しいわ」

花陽(罵られるのに嬉しいんだ・・・)

絵里「そうね、花陽の思うままに罵ればいいわ」

花陽「え、えぇ・・・難しいよぉ」

絵里「あなたならできるわ花陽!!」

花陽(できたくないよぉ)

花陽「じゃ、じゃあ」

花陽「え、絵里ちゃんのばかー!!」

絵里「・・・」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:42:45.02 ID:0dOPpteN0
花陽「えぇっと、絵里ちゃんのおまぬけー!!」

絵里「・・・」

絵里「・・・なにそれ」

花陽「えぇ?」

絵里「なによそれって言ってるのよ」

花陽「ご、ごごごごめんなさい・・・」

絵里「それじゃただかわいいだけでしょ!?」

絵里「もっと酷い言葉で罵りなさい!!」

花陽「そ、そんなぁ・・・」

絵里「さぁ!!」

花陽「う、うぅ・・・」

絵里「涙目になっても駄目よ、今日はお互い距離が縮まるまで帰さないわ」

花陽「わ、わかったよ・・・」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:43:31.58 ID:0dOPpteN0
花陽「絵里ちゃんのカス!!」

花陽「絵里ちゃんのポンコツ!!」

絵里「そうよ!!その調子よ花陽!!」

花陽「かしこいかわいいって何!?馬鹿じゃないの!?」

花陽「私は帰りたいのに引き止めて罵るまで帰らせないってもうアホですらないよ!!」

花陽「しかも自分はかしこいって思ってるようだけど本当はポンコツって事に気づきなよ!!」

絵里「も、もういいわ」

絵里「け、結構きついわね」

絵里「しかしこれほど成長するとはさすが花陽ね」

花陽「あ、ありがとう?」

花陽(喜んでいいのかな?)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:44:29.51 ID:0dOPpteN0
絵里「でもまだ何か足りないわね」

花陽「足りない?」

絵里「えぇ、もっと私の身分を低くしないと」

絵里「そうだわ!!」

花陽「な、何?」






絵里「今度は踏んでもらえばいいのよ!!」

花陽「」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:45:04.50 ID:0dOPpteN0
花陽「さ、さすがに踏むのは・・・ちょっと・・・」

絵里「何言ってるの花陽、これはさっきも言ったように絆を深めるために大切なことなの」

絵里「さあ、私が土下座をするから思いっきり踏みなさい!!」

花陽「わ、わかったよちょっとまってね」

花陽「じゃあ・・・踏むね・・・」

花陽「えい!」ピト

絵里「・・・」

花陽「ど、どう?」

絵里「・・・なにこれ」

花陽「え?」

絵里「なにこれって言ってるのよ」

花陽「ま、またぁ?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:45:35.35 ID:0dOPpteN0
絵里「またはこっちの台詞よ!!」

絵里「これじゃ踏むじゃなくてつけるじゃない!!」

絵里「やわらかくて気持ちよかったわ!!」

絵里「これじゃ駄目なのよ!!」

絵里「もっと力を入れてまるで虫をひねりつぶすようにしなさい!!」

花陽「そこまで!?」

絵里「さあ、靴を履いてもう一度よ!!」

花陽(も、もうこうなったらヤケだよ)

花陽「えい!」グリグリ

絵里「いいわ!!いい調子よ花陽!!痛いわ!!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:46:32.35 ID:0dOPpteN0
絵里「そのままさっきのように罵りなさい!!」

花陽「罵るの!?」

絵里「そうよ、思いっきりね」

花陽「じゃあ・・・」



花陽「絵里ちゃんはほんとだめだね」

花陽「私に踏まれて喜ぶなんて」

花陽「しかも一年生にだよ?三年生の生徒会長が」

花陽「こんな姿、生徒会や生徒、さらに先生にまで見られたらどうなるんだろうね?」

花陽「きっと失望されてみんなからは哀れみの目で見られるよ」

花陽「でも絵里ちゃんなら平気だよね?だってそういう目大好きだもんね?」

絵里「」ゾクゾク
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:47:17.93 ID:0dOPpteN0
花陽「こ、こんな感じでいいかな?」

絵里「そうよ花陽!!その調子よ、最高じゃない!!何かに目覚めそうだわ!!」

絵里「そのままで続けて!!」

花陽(あ、なんかたのしくなってきた)

花陽「じゃあ続けるね♪」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:48:00.73 ID:0dOPpteN0
花陽「ちょっと絵里ちゃんやめてくれない?」

花陽「なんで私が絵里ちゃんなんかのために時間を割いて踏まなくちゃいけないの?」

花陽「私だって暇じゃないんだよ?」

花陽「ありがたく思ってね?」

花陽「それになにさっきから感じてるの?もしかして絵里ちゃんってドMな変態さんかな?」

花陽「正直に言ったらご褒美あげるけど」

絵里「えぇ!?は、花陽!?」

花陽「早く言ってほしいなぁ・・・私疲れてきちゃった」

花陽「ご褒美、いらないの?」

絵里「わ、わかったわ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:48:30.02 ID:0dOPpteN0
絵里「わ、私は花陽に踏まれて罵られて、か、感じているドMなへ、変態・・・です・・・」

花陽「へぇ、そうだったんだ、冗談で言ったのにほんとに感じてるの?」

花陽「きもちわるいよ」

絵里「」ゾクゾク

花陽「あーあ、これじゃ花陽、絵里ちゃんのこと軽蔑しちゃったな」

花陽「このまま帰りたいけど正直に言ったからご褒美あげるね♪」

絵里「////」コクリ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:49:35.37 ID:0dOPpteN0
~翌日~

希(えりち昨日は花陽ちゃんと上手くいったやろか)

希(・・・まああれで上手くいったら怖いけどな)

希(あ、早速えりち見つけた、花陽ちゃんも一緒やん)

希「おーい、えりち、花陽ちゃんおは・・・!?!?!?!?!?」

絵里「あら希、おはよう」

花陽「希ちゃんおはよう♪」


希は後にこう語る、あのときの光景を忘れることは一生ないと・・・。
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:50:36.67 ID:0dOPpteN0
希「な、ななななななんで!?」

絵里「?」

花陽「どうしたの?」





希「なんでえりち首輪してそのひもを花陽ちゃんが持ってるん!?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:51:18.52 ID:0dOPpteN0
絵里「あぁこれ?昨日花陽と帰り一緒に買いに行ったのよ」

花陽「あのときの絵里ちゃんノリノリだったよね」

希「」

希「き、昨日何があったんや?」

絵里「それは私たちだけの秘密よ」

絵里「ね?花陽」

花陽「うん♪」

花陽「昨日の絵里ちゃんすっごくかわいかったよ///」

絵里「も、もう///」

真姫「あら、みんなおは・・・っ!?」

絵里「真姫、おはよう」

花陽「真姫ちゃんおはおう」

真姫「なっ・・・えぇ・・・」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 21:52:11.51 ID:0dOPpteN0
絵里「じゃあ行きましょう花陽」

花陽「絵里ちゃん、花陽じゃなくてお嬢様だよ?」

絵里「は、はいお嬢様!!」

花陽「それにもっと言えばお嬢様じゃなくて絵里ちゃんは犬なんだからわん以外しゃべっちゃ駄目だよ?」

絵里「わ、わん!!」

花陽「よくできました♪じゃああとでご褒美あげるね?」

絵里「わん///」ハアハア

真姫「」

希「」

希「だいたい昨日何があったか察しはついたわ」

真姫「私もよ・・・」

おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
絵里「花陽と距離がある気がする・・・」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「花陽と距離がある気がする・・・」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。