海未「星の降る夜」

シェアする

μ's-アイキャッチ20
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 01:36:44.46 ID:rhLH4ewVo
人間、上手く行かない時はとことん上手く行かないと聞きます。

何かに失敗して気持ちが落ち込んで

その落ち込んだ気持ちが更に、次の結果に悪い影響を与える…

私もちょうど、その負のスパイラルに参入した所でした

朝のお稽古で母に不出来を指摘され

父からは「たるんでいる」とお叱りを受け

学校でも、弓では的を外し、ダンスではリズムを外し…

堪らなくなった私は…病気を装い自宅へ逃げ帰って来ました

仲間に弱みを見せたくなかったのです。

私も子供っぽい所があるでしょう?

いや、別に私が大人っぽいと自負してるわけではなくて…

幼なじみの子供っぽい穂乃果と一緒にいると、大人っぽいと言われる事も多くて


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408552589

元スレ: 海未「星の降る夜」

スポンサーリンク
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 01:47:15.33 ID:rhLH4ewVo
大人っぽいと言われるのは少し恥ずかしいというか…まぁ、それは置いておいて

私は不安定でぐちゃぐちゃでオーバーヒートしそうな頭を冷やすためにシャワーを浴びています




シャァァァァァ


海未「はぁっ…」


冷たい。気持ちいい。

ずっとこうしてたい。

ずっとこのままいたら、きっと風邪をひいてしまうでしょうね

まあ、それもいいかもしれません

この気持ちに一区切り打てるなら
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 01:54:03.63 ID:rhLH4ewVo
でもやっぱり風邪をひくのはやめておきましょう

この間、風邪をひいた穂乃果に

「風邪をひくなんてたるんでいる証拠です!」

…なんて偉そうに言い放ったばかりでした


キュッキュッキュッ

海未「ふぅ…」



胸のつっかえがまだとれません

やっぱりシャワーを浴びたくらいでは人間の心って簡単には切り替わらないものですね
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 02:04:01.01 ID:rhLH4ewVo
こういう時ってどうすればいいのでしょう…


体を拭いて、服を着て、それから

携帯の着信に気づきました

メールです。二通

一通目は絵里。二通目はことり。

どちらも私の不調を気遣うメール

やはりバレてましたか

さすが鋭い


『人間誰にだって、上手くいかない事ってあるのよ。だからそんなに深刻に考え込まないで、何か息抜きになるような事をしてみたらどう?』

『海未ちゃん…元気出して!海未ちゃんはきっと疲れてるんだよ!そういう時はゆっくりお風呂に入ったり、気分転換するといいよ!』
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 02:15:07.95 ID:rhLH4ewVo
息抜き

気分転換

そうは言われても、何をしたらいいのか…

私にも何か趣味があればよかったのですが

趣味と聞いて何故か花陽のお米好きが思い浮かびました

花陽ならこんな時、お米を食べて気分転換するのでしょうか

それなら私はほむまんを食べないといけませんね

・・・・太るので止めておきましょう


そんな事を考えている時


海未母「海未さん」


母…我が師が話かけてきました
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 02:20:45.75 ID:rhLH4ewVo

海未「は、はい!お母様!」

海未「お稽古ですね!い、いますぐ準備を!」

海未母「その必要はありません」

海未母「今日の稽古はお休みします」

海未「えっ…なぜですか?」

海未母「少し急用ができまして…」

海未「そうですか…」

海未母「夜も帰ってきませんので」

海未「は、はい…」

海未母「それでは」



早足で去る母の背中をただぼんやり眺めます

考えたら泣いてしまいそうでしたから
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 02:34:21.83 ID:rhLH4ewVo
こんな時、思考というものは悪い方向へと向きがちで

こう思ってしまうのです

きっと母は失望したのだと

不甲斐ない私に

もうどうしていいのかわかりません


そんな時




『三大流星群の一つペルセウス座流星群が今夜、観測ピークです!』

『今夜、空を見上げてみてはいかがですか?』



海未「流星群ですか」

流星群の極大日のニュース

それは私の興味をひくには充分に意味のあるニュースでした
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 02:46:32.99 ID:rhLH4ewVo
なぜなら

流星群には思い出があるからです

とても大切な思い出が

それは私の大切な幼なじみ…高坂穂乃果がくれた思い出でした

十年程前ですかね

それは私がまだ小さく、よく高坂家に預けられることが多かった時のこと



うみ「ほのか、流れ星って見たことありますか?」

ほのか「流れ星?」

ほのか「お願いが叶うやつだよね!」

ほのか「ほのかは見たこと無いよ?」

うみ「そうですか…私も無いんです」

ほのか「へぇ…」

うみ「一度でいいから、見てみたいです」

ほのか「そうなんだ…」

うみ「お願いしたい事があるんです」

ほのか「お願い?一体なあに?」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 14:39:48.05 ID:rhLH4ewVo
うみ「それは…」

うみ「ナイショ…です」

ほのか「えー?」

ほのか「ナイショかぁ…なら仕方ないかな?」

うみ「ごめんなさい」

ほのか「いいよ」

ほのか「ナイショじゃなくなったら教えてね?」

うみ「…はい」


この時、私がお願いしようとした事は

穂乃果の家の子になりたい…とか

確かそんな感じでした

今思えば、幼稚でどうしようもない願いだと思います

親友の穂乃果にすら言うことをはばかれるほど

でも当時の私からすると、とても切実な願いだったと思います
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 14:50:36.81 ID:rhLH4ewVo
それは私の家庭環境を思えば、そんな願いをもつ事も仕方ないですよね…と

私の両親は小さい頃、私を放置しがちでした

仕方のない事です

母は日舞の家元

父は武道家

それはもう、二人共忙しくて

私が本格的に日舞や武道に打ち込むまではよく穂乃果の家に預けられました

母と穂乃果の母は幼なじみでしたから

だから穂乃果と私もずっと一緒で…
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 14:58:17.06 ID:rhLH4ewVo
私の初めてはほとんど穂乃果と一緒でした

初めての銭湯も

初めての映画も

初めての遊園地も穂乃果と一緒

両親とではなく


それなら穂乃果の家の子になりたい

と、私は幼心に思っていたのです


言っておきますけど、今は違いますよ?

今ではもう、園田の家に生まれたことに誇りすら持っていますから
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 15:05:36.03 ID:rhLH4ewVo
この時は確か…

穂乃果と行った遊園地に家族で行きたいとお父様に懇願し、無事却下された時でしたか

悲しみの末に私は、流れ星なんかにすがりたいと思ったのです




ほのか「そういえば、うみちゃん今日お泊まりでしょ?」

うみ「…」

うみ「はい…お父様とお母様が…」

うみ「ほのかの家に行くように言ってました…」

ほのか「そっか!」

ほのか「じゃあいっぱい遊べるね!」

うみ「はい」


その日も、私は穂乃果の家に預けられました
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 15:23:11.63 ID:rhLH4ewVo
うみ「…」

ほのか「あれ?あんまり嬉しそうじゃない?」

うみ「そ、そんなことないですよ?」

うみ「ほのかと遊べるのはとっても嬉しいです!」

うみ「でも…」

ほのか「でも?」

うみ「はっ…」

うみ「…何でもないです」

ほのか「そっか」


穂乃果の家はとても楽しいです

穂乃果ママは明るくて楽しい人ですし

穂乃果パパは寡黙だけど、とても優しい人ですし

妹の雪穂はとても可愛いですし

でも

だからこそ、自分の家と比べてしまう

そして比べてしまう事で抱く、父母への罪悪感

色んな感情が幼い私の中、渦巻いていました
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 15:28:06.60 ID:rhLH4ewVo



ほのか「はい、うみちゃん」

ほのか「ほむまんだよ!いくらでもあるからね」

うみ「美味しそうです…」キラキラ

ほのか「たんとおあがり」

ゆきほ「あい、どうぞ!」ヨチヨチ

うみ「ありがとう、ゆきほ」

ほのか「もー、ゆきほはあっち行っててよ!」

ゆきほ「やだ!」

うみ「いいじゃないですか…のけ者は可哀想ですよ、ほのか」

ゆきほ「可哀想ですよ!」

ほのか「むぅ…」



ほのか「あっ、そうだ!」

ほのか「ちょっとお父さんとお話ししてくるから待ってて」

うみ「?」

うみ「わ、わかりました」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 15:35:46.60 ID:rhLH4ewVo
ほのか「次、うみちゃんが旦那さんね!」

うみ「…」ウトウト

ほのか「あっ…」

うみ「…なんですか」ウトウト

ほのか「うみちゃん、ほのかのベッドで寝ていいよ」

うみ「ありがとうございますー…」

うみ「…」zzz



時間は8時

幼児が眠たくなるには遅すぎない時間です

私も例外ではなく、穂乃果のベッドでスヤスヤ眠っていました
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 15:46:00.34 ID:rhLH4ewVo
気がつくと







うみ「んん…」




うみ「…」










うみ「!?」

うみ「ここは…!?」

ほのか「ふにゅっ…」zzz

うみ「ほのか!」



この時、私は正直怖くて仕方ありませんでした

だって、起きたら真っ暗闇の中にいたのですから
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 15:50:13.09 ID:rhLH4ewVo
そうなったら…冷静な思考なんて出来るはずもなく



うみ「もしかして…」

うみ「私たち、さらわれて…」

うみ「ほのかー!起きて!」

ほのか「うふふ…」ムニャムニャ

うみ「ほのかー!」


ガサッ


うみ「ひいっ!」

うみ「な、なんですか!?」

うみ「誰かいるんですかぁ!?」ガタガタ

うみ「もしかして私をさらった犯人ですか!」


ほのか「う~」ムニャムニャ


うみ「ほのかに手出しはさせませんよ…!」

うみ「私が守ります!」


ガサガサガサッ


うみ「ううっ…」ガタガタ


ガサッ


うみ「うぅぅぅ!」ポロポロ


穂乃果父「…」ナデナデ

うみ「えっ…」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 16:00:05.44 ID:rhLH4ewVo
うみ「お、おじさん!」

ほのか「うみちゃーん…」zzz


穂乃果父「…」ポンポン

ほのか「んっ…あえ…」

ほのか「ついたの…?」

穂乃果父「…」コクッ

ほのか「そっかー、ほのか寝ちゃってた!」

うみ「えっ…えっ…」

うみ「どういうことですか…?」

うみ「説明して欲しいです…」

ほのか「うみちゃん!」

うみ「な、なんですか?」

ほのか「見上げてみて?」

うみ「えっ…何で…えっ…」

ほのか「いいから!」

ほのか「あっ!それかここに寝転んで!」

うみ「えっ…」

ほのか「ほーら!はやく!」ゴロン

うみ「うわ!」ドテッ

うみ「ううっ…」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 16:12:04.87 ID:rhLH4ewVo
うみ「…!」

うみ「わぁっ…」




その時の光景は一生忘れないでしょう


見渡す先は光の海




しばらく放心した後、やっと私は理解できました

これは星空

満点の星空


東京で見る星空とはまるで別の空

興奮と驚きが心を支配します

もう先ほどまでの恐怖や不安は消え去っていました


ほのか「うわぁ…すごい!」

ほのか「すごい!」


穂乃果もやはり興奮を抑えきれないようでした
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 16:26:18.88 ID:rhLH4ewVo

あれは天の川って言うのですよ

あっ、あれが夏の大三角ですか


持ってる限りの天文の知識を引っ張り

精一杯、星空を理解しようとする


それでも、この光の海は大きすぎて


ブルブル


時より、この大きさに吸い込まれそうで怖くなる

そんな時は

隣の穂乃果の手を握ります

すぐに穂乃果は手を握り返してきます

すると何故だか、ぎゅっと安心するんです
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/22(金) 15:35:01.67 ID:qOtcCzbLo
ふふっ、これって何故なんでしょうね


ほのか「うみちゃん、綺麗だね」

うみ「はい…!」


そこで私は尋ねる


うみ「でも、なんで私をここに連れて来てくれたんですか?」

ほのか「それはね…ほら見て」

うみ「?」


その時

光の海に





うみ「…!」



すーっと何かが泳いでいきました
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/22(金) 15:46:36.74 ID:qOtcCzbLo

ほのか「うみちゃん!流れ星だよ!」



穂乃果の言葉を聞いて、ようやく思考機能を取り戻す


あれが…流れ星

私の思いを託そうと、ずっと憧れていた流れ星


お願い事をするのを忘れていました…と気づいたところでまた


すーっと


ほのか「また流れ星だ!うみちゃん!お願い事!お願い事!」

うみ「あっ…!」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/22(金) 15:58:37.97 ID:qOtcCzbLo
すーっと


次々に流れる星


まるで雨のよう


そして肝心のお願い事はというと


ほのか「ケーキが食べたいケーキが食べたいケーキが食べたい!」


素直な欲望をぶつける穂乃果を見ると

お願い事なんて何も思い浮かばなくて


うみ「ふふっ!」


何だか可笑しくなってしまいました


ほのか「何笑ってるのー?」

ほのか「ほら、うみちゃんもお願い事しないと!」

うみ「は、はい」


ほのか「ショートケーキロールケーキチーズケーキ!」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/22(金) 16:10:07.97 ID:qOtcCzbLo
本当に穂乃果は欲張りなんですから


私のお願い事は…


刹那


うみ「ほのかとずっと一緒にいられますように」


なんの躊躇いもなく出てきた言葉

言ったあと体温が急上昇したのを覚えています


ほのか「うみちゃん…」

うみ「ほ、ほのか…」

ほのか「うん!ほのかもうみちゃんとずっと一緒にいたい!」

ほのか「流れ星さぁぁぁぁぁん!」

ほのか「お願い!ほのかもうみちゃんとずっと一緒にいたいでぇぇぇす!」

うみ「ほのか…」


ありがとう穂乃果

ずっと一緒ですよ
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/22(金) 16:37:47.48 ID:qOtcCzbLo


また、気づくと車のなかにいました

きっと観測中に寝てしまったのでしょう


ほのか「くー…くー…」zzz


しばらく後で聞いた話なのですが、実は穂乃果は最初、流星群の事なんて全然知らなくて

穂乃果パパに泣きついて、流星群の事を知ったようです

私に流れ星を見せるために


私も当時は流星群なんて知らなくて、穂乃果が魔法を使った!…なんて考えてました


ところでその後もとても良い事があったのです


明け方、穂乃果の家に戻ると

父が迎えに来ていて

私を見た途端、いきなり私を抱きしめて

そして

次の週末に家族で遊園地へ行くことを約束してくれたのです

聞くところによると

父は遊園地へ行きたいという懇願を退けた時の私の顔が忘れられなかったらしく

週末の予定を全て破棄し、私と約束してくれたそうな
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/22(金) 16:53:26.42 ID:qOtcCzbLo
私はこれからの人生も、あの星の降る夜の事を忘れることはないでしょう

あの夜は奇跡だったと思うから

だってそうでしょ?

私が穂乃果に流れ星を見たいと言って、穂乃果が穂乃果パパに泣きついて…

その日の夜がちょうど流星群の日だったなんて

しかも、その日の空の状態も良かったらしいです



海未「ふぅ…」


そんなわけで

私の流星群にまつわる、大切な思い出はこんなところです



今日はもう寝ちゃいましょうか

思い出のおかけで、だいぶ精神的にも落ち着きました

ふふっ、これも一つの奇跡ですね
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 06:32:19.01 ID:SMpIyD5gO
起きると


ググググ


…っ!

身体を何かが締める感触

そんなに強くは無いようですが…

何も見えない

何かで塞がれて…


海未「んん~!」


バタバタ


縛られてる…

まさか、強盗…!?


海未「んん~っ」


お父様やお母様は無事でしょうか…

すぐに助けに行かないと…


この位の縄なら…!
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 06:39:57.16 ID:SMpIyD5gO
海未「ぐぅううっ!」


ブチブチブチ


「わわっ!海未ちゃん!?」


少女の声

よく知っている声

その声を聞いて何となく安心してしまう


ガシッ


「海未ちゃん!大人しくしててね!もうちょっとだから!」


その少女…穂乃果が私を押さえつける


海未「ちょっと!穂乃果!」

海未「どういうことですか!?」

海未「離してください!目隠しもとって!」

穂乃果「だめ!」

穂乃果「あともうちょっとだから!」

海未「はぁ!?」
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 06:48:38.31 ID:SMpIyD5gO
真姫「やっぱり無理矢理すぎるんじゃない…?」

絵里「そ、そうよ…まるで誘拐じゃない…」

穂乃果「大丈夫だよ」

穂乃果「海未ちゃんのママにはちゃんと言ってるし」

海未「その声は真姫に絵里!?」

海未「あなた達もいるんですか!?」

凛「凛もいるにゃー!」

海未「凛まで!?」

ことり「っていうか全員いるよ…?あはは…」

海未「全員?」

海未「ここは何処なんです?教えてください…」

穂乃果「だからもう少しだから!」

穂乃果「お願い!大人しくしてて!」

海未「むぅ…わかりましたよ」
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 07:00:41.87 ID:SMpIyD5gO


穂乃果「もう、少しだからね」


いったい何なのですか…

私を縛ってまで何を

それにしても揺れますね…

車の中ですか




海未「また、良からぬ事を企んでいるのではないでしょうね?」

穂乃果「よ、良からぬ事だなんて…」



そんな事を言いながらも、実は心の中ではワクワクしています
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 07:25:01.08 ID:kIO11NtZO
穂乃果「ついたー!」


ガララッ


海未「着いたんですか?では早くこれをとってください」

穂乃果「まあまあ」ガシッ

海未「ひゃっ!」


突然抱きかかえられる


穂乃果「う、海未ちゃん…意外と重い…」

海未「!?」

海未「失礼な!もう離してください!」バタバタ

穂乃果「うわぁ!暴れないで!」


ドスッ


海未「うっ…いたた…」

穂乃果「あーもー、暴れるから…」

海未「穂乃果が悪いんですよ!重いなんていうから…」


落ちた衝撃で、私の目を覆っていた物が解け落ちる

はらり



海未「わぁ…!」


思わず間抜けな声がでる

でも、これは仕方ない  

だって私の目に不意に写り込んだものは


光の海

いつか見たのと同じ星空
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 03:59:32.15 ID:g+LkGfWVo
凛「あーあ、あっちに寝転ぶ所準備してあるのに」

花陽「まあ、ここでも結構綺麗に見えるよね」

にこ「でもせっかく準備したんだから、移動しましょうよ」



皆に連れられて、移動する



海未「穂乃果!ここって…」

穂乃果「うん…」

穂乃果「小さいとき、海未ちゃんと流星群を見に来たところだよ」

海未「やっぱり…」

穂乃果「ほら、ついたよ」 

穂乃果「そこに、横になって?」
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 11:14:14.30 ID:g+LkGfWVo
9人で敷いてあったシートに寝転ぶ


凛「うっわぁー!すっごいにゃー!」

希「星が綺麗に見えるなぁ…」

にこ「本当…こんな星空初めて…」




普段は見ることのない星の輝きに皆感動してるようです

かくいう私も久しぶりの光景に圧倒されてしまい言葉がでません



真姫「あれがベネブ、アルタイル、ベガ」

真姫「夏の大三角形ね」

花陽「へぇー、詳しんだね」

真姫「天体観測は大好きなの!」

絵里「そうなの?それじゃあ他の星座を教えて欲しいわ」

真姫「任せなさい!あれがね…」
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 12:20:49.30 ID:g+LkGfWVo
しばらくの沈黙のあと

凛がぽつりと一言


凛「流星群…見えないね」



流星群…

そうですか

やっぱり、それが目的でしたか


穂乃果「まだまだ、始めたばっかりだよ!」

穂乃果「きっとたくさん見れるはず…」


すると


にこ「あーっ!」


ニコが突然大声を出す


絵里「な、何なの!?どうしたの?」
48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 12:32:11.58 ID:g+LkGfWVo
にこ「今、流れたよね!?」

真姫「えー?見えた?」

花陽「見えなかったよ?」

希「ウチも見えんかったよ」

絵里「見間違いじゃないの?」

にこ「ええっー!?」

にこ「言われて見れば…そうなのかなぁ…?」

にこ「見えたと思ったんだけどなぁ」

ことり「実はことりもそれっぽいのをたくさん見てるんだけど…やっぱり違ったみたい」


ずっと流れ星を探して空を眺めていると

見間違いとかもよくあります

でも 


海未「でも、違うって分かって良かったですね」

海未「もし一人なら不確かなものを本物だと信じてモヤモヤするかもしれません」
49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 12:55:46.13 ID:g+LkGfWVo
そう

一人じゃダメなんです

星を見ることでさえ

一緒じゃなきゃダメなんです




しばらくして


ブルブル


来た…この感じ

星空に吸い込まれそうになる感じ

宙の大きさ

自分の小ささ

それを考えると怖くなって…

何とも言えない感覚
50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 13:30:35.54 ID:g+LkGfWVo
でも私はもう、こんな時どうすればいいのか分かってるんです

簡単な事です


ぎゅーっ


手を握ればいいのです


穂乃果「海未ちゃん」

海未「ごめんなさい、手を握りたくなっちゃって」

穂乃果「ううん、穂乃果も握りたかったから」

穂乃果「皆の手も握ってあげようね」

海未「はい!」


隣にいる真姫の手をぎゅっと握る



真姫「ひゃっ!う、海未ちゃん!」

真姫「どうしたのよ、いきなり手を…」

海未「怖くならないためのおまじないです」

海未「こうしていると何にだって負けない気がするんです」

海未「自分より遥かに大きい宙にだって」

海未「真姫も隣のニコの手を握ってあげてくださいね」
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 13:52:41.45 ID:g+LkGfWVo
手を繋いで一つになる私達

静かに星が降ってくるのを待ちます



そして

ようやく


しゅんと

控えめに流れる星


私達全員、暗くてよくわからないにも関わらず顔を見合わせる

多分皆、満面の笑みでしょうね

そして

皆、同じ事を願うのでしょう


これからも、ずっと手を繋いでいられますようにって
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 14:05:02.06 ID:g+LkGfWVo
園田家



海未母「海未さん、稽古を始めましょうか」





人間、上手く行かない時はとことん上手く行かないと聞きます。

何かに失敗して気持ちが落ち込んで

その落ち込んだ気持ちが更に、次の結果に悪い影響を与える…

それってきっと自分の知らない大きな不安に直面して、本当の自分を出せないからだと思うんです

もしそんな時

あの星の降る夜のように

手を握ってくれる人がいたら

絶対に不安なんかに負けないって

本当の自分を出せるんだって

そう思うんです!



きゅっ


よしっ!


海未「はい、お母様!」

海未「よろしくお願いします!」


おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「星の降る夜」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「星の降る夜」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。