英玲奈「ア、リガト…ウ」穂乃果「うん、うん…!」ポロポロ

シェアする

英玲奈-アイキャッチ2
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 02:08:29.52 ID:kRmuVfMv.net
穂乃果「なんで私は捕まったの?」

英玲奈「トクベツナソンザイダカラダ」

穂乃果「特別って?」

英玲奈「……」

穂乃果「教えてくれてもいいじゃん」

英玲奈「……」

穂乃果「ここから出たいなぁ…」

英玲奈「ナゼ?ナニカホシイモノガ?」

穂乃果「違うけど…ね、私をここから出してくれない?」

英玲奈「ソレハデキナイ」

穂乃果「そっか」

元スレ: 英玲奈「ア、リガト…ウ」穂乃果「うん、うん…!」ポロポロ

スポンサーリンク
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 02:15:13.76 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――――

英玲奈「チョウショクダ」コト

穂乃果「いつもながら美味しそうだね。これ誰が作ってるの?」

英玲奈「ワタシダ」

穂乃果「へー!そうなんだ!いつもありがとう!」

英玲奈「アリガトウ…?」

穂乃果「うん!私のために作ってくれてるんでしょ?だからありがとう!」

英玲奈「ナゼカンシャノコトバヲ?」

穂乃果「?だって、感謝してるもん」

英玲奈「…キミハソトニデタガッテイテ、ワタシハソレヲソガイシテルソンザイナノニ、カンシャスルノカ?」

穂乃果「そんなことは関係ないんだよ?いつもありがとう、ロボットさん」

英玲奈「……」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 02:27:43.98 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――――

穂乃果「ねぇねぇ」

英玲奈「ナニカ?」

穂乃果「あなたの名前は?」

英玲奈「E-07」

穂乃果「E-07?」

英玲奈「ソウダ。ソレガワタシノセイシキメイショウダ」

穂乃果「うーん…E-07…E-07…」

英玲奈「……」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 02:30:56.86 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――

穂乃果「エレナちゃん!」

英玲奈「……?」

穂乃果「あなたの名前!私が考えたの!」

英玲奈「ワタシノ…ナマエ?ワタシハE-07…」

穂乃果「それは名前じゃないでしょ?これからはあなたのことエレナちゃんって呼ぶから!決定!」

英玲奈「…リョウカイシタ」
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 02:37:39.27 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――

穂乃果「エレナちゃん、エレナちゃん」

英玲奈「ナンダ」

穂乃果「隣にきて?」ポンポン

英玲奈「ナゼ?」

穂乃果「いいから!」

英玲奈「……」ポス

穂乃果「そりゃー」ガバ

英玲奈「…ナンダコレハ」

穂乃果「一緒にお昼寝しよ?」

英玲奈「ワタシハスイミンヲヒツヨウトシナイ」

穂乃果「…むー!いいの!一緒にお昼寝するの!」

英玲奈「…リカイフノウ」

穂乃果「全くぅ……」

英玲奈「……」

穂乃果「すぅ…すぅ…」

英玲奈「……」ジー

穂乃果「むにゃ…」

英玲奈「……」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 02:42:33.03 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――

穂乃果「エレナちゃん、私の名前知ってるよね?」

英玲奈「コウサカホノカダロウ」

穂乃果「でもいつも君とかあなたとかでしか呼ばないよね」

英玲奈「フマンナノカ?」

穂乃果「ちゃんと呼んでほしいな」

英玲奈「デハ、コレカラハコウサカホノカト」

穂乃果「ちーがーうー!穂乃果だけでいいの!ほら」

英玲奈「…ホノカ」

穂乃果「…えへへ!穂乃果だよ!エレナちゃん!」

英玲奈「……」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 03:00:32.11 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――

ツバサ「E-07」

英玲奈「ハイ」

ツバサ「あの娘は?変わりない?」

英玲奈「ハイ。トクニゴホウコクスベキコトハゴザイマセン」

ツバサ「そう…もう少しであれも完成するわ。それまでしっかり見張っててね」

英玲奈「……シツモンヲシテモ、ヨロシイデショウカ」

ツバサ「質問…?あなたが?」

英玲奈「……」

ツバサ「ま、いいわ…なに?」

英玲奈「…コウサカホノカハ、ドウナルノデショウカ?」

ツバサ「どうなるって…あぁ、あれが完成したらね。…死んじゃうんじゃない?」

英玲奈「……!」

ツバサ「…なーに?もしかしてあなた、高坂穂乃果に情が湧いたの?」

英玲奈「……ジョウ?」

ツバサ「あっは、なわけないか。あなたは人間じゃないものね」

英玲奈「……」

ツバサ「あ、下がっていいわよ」

英玲奈「…ハイ」
25: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 05:02:08.82 ID:Yj5Zxl0C.net
―――――――――――

穂乃果「……っ」グス

英玲奈「ホノカ」

穂乃果「あ……」

英玲奈「ナゼナイテイル?」

穂乃果「泣いてないよ」

英玲奈「シカシナミダヲナガシテイタ」

穂乃果「……」

英玲奈「……」

穂乃果「…心配してくれてるのかな?」

英玲奈「シンパイ?ワタシニソノヨウナキノウハナイ」

穂乃果「……」ギュ

英玲奈「ナンダ?」

穂乃果「少しだけ、こうさせて…」ギュウ

英玲奈「…リョウカイシタ」

穂乃果「……」

英玲奈「……」キュ
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 05:06:13.27 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――――

英玲奈「マタセタ」

穂乃果「わぁ、美味しそう!」

英玲奈「……」

穂乃果「ん〜!美味しい!」

英玲奈「……ソウカ」

穂乃果「なんだか今日は豪華?」

英玲奈「ソンナコトハナイ」

穂乃果「そうかな?でも、すっごく美味しい!ありがとう、エレナちゃん!」

英玲奈「…アア」
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 05:13:55.03 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――

英玲奈「……」

英玲奈「……」

英玲奈「……」

あんじゅ「はい、終わり。特に異状はないわね〜」

英玲奈「…ソウデスカ」

あんじゅ「うん、完全にフルハウス」

英玲奈「……?」

あんじゅ「…ま、次からもなにかあったら言ってね」

英玲奈「ハイ……アリガトウゴザイマシタ」

あんじゅ「はーい」






あんじゅ「あら?ロボットからお礼なんて…初めて言われたわね」
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 06:13:55.64 ID:kRmuVfMv.net
穂乃果「……」ゴロゴロ

穂乃果「……」

穂乃果「……はぁ」

ピッ ウィーン

穂乃果「!」

ツバサ「こんにちは」

穂乃果「だ、誰?」

ツバサ「私は…そうね、ここで一番偉い人よ」

穂乃果「……ここから出して」

ツバサ「ふふ、だーめ」

穂乃果「…エレナちゃんは」

ツバサ「エレナ?」

穂乃果「……」

ツバサ「あ…もしかしてE-07のこと?E-07でエレナ…あはは!」

穂乃果「……」

ツバサ「ふふ、面白いわね?あれなら今はメンテナンスに行ってるんじゃない?」

穂乃果「そうですか…」

ツバサ「そろそろ戻って来る頃じゃないかしら…あ、それじゃあね?少し暇だったから顔を見に来ただけだし」

穂乃果「……」

ツバサ「またね」
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 06:18:22.33 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――――

ピッ ウィーン

穂乃果「!」ガバ

英玲奈「…ドウシタ」

穂乃果「…お帰り」ギュ

英玲奈「……」

穂乃果「お帰りって言われたら、ただいま…だよ」

英玲奈「…タダイマ」

穂乃果「…えへ」

英玲奈「……」

穂乃果「もう、ずっと待ってたんだから」

英玲奈「…ソレハ、スマナイ」

穂乃果「んーん…ね、お話しよ」

英玲奈「……」

穂乃果「そうだなー」
32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 06:42:38.47 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――――

穂乃果「エレナちゃん」

英玲奈「?」

穂乃果「にこー♪」ニコ

英玲奈「?ナニヲツタエヨウトシテイルノカワカラナイ」

穂乃果「笑顔!」

英玲奈「エガオ?」

穂乃果「エレナちゃんの笑顔が見たいな」

英玲奈「……」

穂乃果「えい」グイー

英玲奈「……」

穂乃果「こうやって、口の端を…あは、英玲奈ちゃん面白い顔」グイー

英玲奈「……ソウカ」

穂乃果「うーん…そうだ!笑顔の魔法があるの!」

英玲奈「エガオノ、マホウ?」

穂乃果「友達が教えてくれたの!いくよ、にっこにっこにー!」

英玲奈「……」

穂乃果「エレナちゃんも!一緒に!」

英玲奈「…ニッコニッコニー」

穂乃果「あはは、にっこにっこにー♪」

英玲奈「ニッコニッコニー」
33: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 06:52:58.07 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――――

英玲奈「エガオ…」

英玲奈「……」クイ

英玲奈「……」グイー

英玲奈「……」

英玲奈「ニッコニッコニー」

英玲奈「……」

英玲奈「……」グイー
34: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 08:05:58.02 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――

穂乃果「それでね、海未ちゃんとことりちゃんが私のためにパンを焼いてくれたの!」

英玲奈「ウミ、コトリ…ホノカノハナシニハコノフタリガヨクデテクルナ」

穂乃果「幼馴染みだからね!」

英玲奈「オサナナジミ…」

穂乃果「それでね、それがとっても嬉しかったんだ!あのときのこと思い出すと、今でも心がぽわぽわ〜って温かくなるよぉ…パン、美味しかったなぁ」

英玲奈「……」

穂乃果「エレナちゃん?」

英玲奈「……ホノカハパンガコウブツナノカ?」

穂乃果「え?うん、そうだよ」

英玲奈「ソウカ…」
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 18:28:42.42 ID:kRmuVfMv.net
―――――――――――


あんじゅ「あら?E-07?」

英玲奈「ハカセ、オハヨウゴザイマス」

あんじゅ「…それなに?」

英玲奈「パンデス。コレカラコウサカホノカノヘヤニトドケマス」

あんじゅ「あなたが焼いたの?」

英玲奈「ハイ」

あんじゅ「パンなんて、焼く必要なかったでしょ?いつも食べてるのでいいじゃない」

英玲奈「…パンハ、コウサカホノカノコウブツナノデ、ヤキタテノホウガイイカト」

あんじゅ「あの娘に頼まれたの?」

英玲奈「……イイエ、ワタシノドクダンデス」

あんじゅ「ふーん…」

英玲奈「……」

あんじゅ「…ま、いいわ。冷める前に早く届けちゃいなさい」

英玲奈「ハイ…アノ、ハカセ」

あんじゅ「なに?」

英玲奈「オヒトツ、イカガデスカ」

あんじゅ「…いいの?ありがとう」

英玲奈「……」ペコ

スタスタスタ…



あんじゅ「独断ね……あ、美味し!完全にフルハウス!」モグモグ
53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 18:45:50.44 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――――

英玲奈「ホノカ、オハヨウ」

穂乃果「エレナちゃん!おはよう!」

英玲奈「パンヲヤイテキタ」

穂乃果「わぁ…!ん〜、いい匂い♪」

英玲奈「タベテミテクレ」スッ

穂乃果「いただきまーす!」パク

英玲奈「……ドウダ?パンヲツクルノハハジメテダッタノダガ」

穂乃果「〜〜〜っ!エレナちゃん!」ガバ

英玲奈「…クチニアワナカッタダロウカ」

穂乃果「エレナちゃん…これ、私のために作ってくれたんだよね?」ギュウウ

英玲奈「…ホノカノコウブツガ、パンダトキイタカラツクッタダケダ」

穂乃果「それ、私のために作ってくれたってことじゃないの?」

英玲奈「……」

穂乃果「…すっごく、美味しいよ!ありがとう、エレナちゃん!」ニコ

英玲奈「……ソウカ」ニコ…

穂乃果「!え、エレナちゃん…今」

英玲奈「…ムズカシイナ、エガオトイウノハ」
59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 19:52:55.86 ID:kRmuVfMv.net
――――――――――――

ツバサ「今回も特に変わりなし?」

英玲奈「ハイ」

ツバサ「そ…もういいわよ」

英玲奈「…ソレデハ」

ツバサ「あ、そういえば…あなた、あの娘からエレナって呼ばれてるんでしょ?」

英玲奈「……」ピタ

ツバサ「面白い子よね。ロボットのあなたに名前をつけるなんて…うふふ」

英玲奈「……」

ツバサ「私もエレナって呼ぼうかしら?」

英玲奈「…ワタシハ、E-07デス」

ツバサ「……はぁ、やっぱりロボットね。つまんないわ」

英玲奈「…シツレイシマス」




ツバサ「もう少し愛想良くできないものかしらね」

あんじゅ「…そうね」
77: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 18:57:24.55 ID:kISmKJvP.net
―――――――――――――

英玲奈「…ホノカ、ココロトハナンダ?」

穂乃果「え?」

英玲奈「ホノカハヨクソノコトバヲクチニスル。シカシ、ワタシニハソレヲリカイスルコトガデキナイ。ココロトハナンダ?」

穂乃果「んー?心かぁ…」

英玲奈「……」

穂乃果「そうだなぁ…思い…うーん」

英玲奈「……」

穂乃果「…えへ、よくわかんないや」

英玲奈「ココロトイウノハ、キミタチニンゲンダケガモツトクベツナモノナノダロウ?ソレヲワカラナイノカ?」

穂乃果「…わからないけど、エレナちゃんにもきっとあるよ」

英玲奈「ワタシハニンゲンデハナイ」

穂乃果「関係ないよ。あるったらある!」

英玲奈「ドウシテソウイイキレル?」

穂乃果「エレナちゃんは優しいから」

英玲奈「……」

穂乃果「じゃなきゃあんなに美味しいパンも作れないよ」

英玲奈「…リカイフノウ」
79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 19:35:06.21 ID:kISmKJvP.net
――――――――――――

穂乃果「……」

英玲奈「……」

穂乃果「っ、ひっ…」グス

英玲奈「ホノカ…?」

穂乃果「いつまで、ここにいなきゃ、えぐ…いけないのぉ?」ポロポロ

英玲奈「……」

穂乃果「お母さぁん…お父さん、ゆきほぉ…会いたいよ、ぐす…帰りたいよぉ…」ポロポロ

英玲奈「ホノカ」

穂乃果「うみちゃん、ことりちゃん…みんな…誰かたすけてよぉ…」グスグス

英玲奈「ホノカ、ナカナイデクレ」

穂乃果「ごめん、ごめんね…ひっ…ごめん…」ポロポロ

英玲奈「……」ギュ

穂乃果「ぁ…」

英玲奈「……」

穂乃果「ふふ…やっぱり、エレナちゃんは優しいね…」

英玲奈「……ソウカ」
83: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 00:11:07.40 ID:u5IuB2EN.net
―――――――――――

英玲奈「ハカセ」

あんじゅ「あら、どうかした?」

英玲奈「…ヒトハ、ドノヨウナコトデヨロコビヲカンジ、エガオニナルノデスカ?」

あんじゅ「え?さぁ…それは人それぞれだしねぇ…」

英玲奈「ソウデスカ…」

あんじゅ「なんでそんなこと聞くの?」

英玲奈「…ジブンデモワカラナイノデス。タダ、カノジョガナイテイタノデ」

あんじゅ「喜ばせて笑顔にさせたい、と…」

英玲奈「……」

あんじゅ「愛しているのね、彼女のこと」

英玲奈「アイ?」

あんじゅ「愛っていうのは、人が人を大切に思う心。誰かのためになにかをしてあげたいなんて、そんなの愛してなきゃ考えないわよ?」

英玲奈「デスガ、ワタシハニンゲンデハアリマセン」

あんじゅ「私には、もうあなたが心のある人間に見えるけどね」

英玲奈「…カノジョニモイワレマシタ。ワタシニモ、ココロガアルト」

あんじゅ「そう…いい子なのね、穂乃果さん」

英玲奈「……」

あんじゅ「そうね…この前みたいにパンを焼いてみたらどう?あれ、すっごく美味しかったわよ」

英玲奈「アリガトウゴザイマス…デハ、ソウシマス」

あんじゅ「頑張ってね…エレナ」

英玲奈「…ハイ」





あんじゅ「まさかロボットが心を持つなんてねぇ」

あんじゅ「心を持ったロボットと人間の…なんて、ふふ…陳腐」クスクス

あんじゅ「でも…嫌いじゃないわ。完全にフルハウス♪」
87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 00:50:13.53 ID:u5IuB2EN.net
――――――――――――

ツバサ「あ、E-07。ちょうどいいところに」

英玲奈「ナンデショウカ」

ツバサ「あれが完成したわ。高坂穂乃果を連れて来なさい」

英玲奈「!……リョウカイシマシタ」

ツバサ「あら、なにこれ?パン?」

英玲奈「ハイ」

ツバサ「ひとつもらうわ」ヒョイ

英玲奈「……」

ツバサ「お別れ、済ませときなさいよ?なんてね、ふふ」スタスタ

英玲奈「……」
88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 04:04:02.39 ID:u5IuB2EN.net
―――――――――――

英玲奈「……」

穂乃果「エレナちゃん?」

英玲奈「キミヲツレテクルヨウ、メイジラレタ」

穂乃果「…そっか」

英玲奈「……」

穂乃果「…エレナちゃん」

英玲奈「……」

穂乃果「今まで一緒にいてくれて、ありがとう」

英玲奈「……」

穂乃果「…いこ?」グイ

英玲奈「……」

穂乃果「エレナちゃん」

英玲奈「……アア」
95: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 16:48:46.91 ID:u5IuB2EN.net
―――――――――――

ツバサ「準備完了よ」

穂乃果「……」

ツバサ「安心して?すぐ終わるから」

穂乃果「……」

ツバサ「あなたのおかげで、この世界は変わるの。もちろん、いい方にね」

穂乃果「……」チラ

英玲奈「……」

ツバサ「…始めるわよ」


バチバチ…バチバチバチバチ!
96: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 18:11:32.65 ID:u5IuB2EN.net
英玲奈「……」


ツバサ「よし…よし!」

穂乃果「っ、あっ…!」

ツバサ「遂に、叶うわ…!私の…!」


バチバチバチバチ!!
97: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 18:12:05.34 ID:u5IuB2EN.net
英玲奈「……」


穂乃果「うああ…っ!」


英玲奈「……」



『いつもありがとう!』


『あなたの名前は?』


『エレナちゃん!』


『お帰り、エレナちゃん』


英玲奈「……」



『エレナちゃんにもきっとあるよ』


『エレナちゃんは優しいから』



英玲奈「…ホノ、カ」



『誰か、助けて…っ』



英玲奈「――――…」
98: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 18:17:34.98 ID:u5IuB2EN.net
ガシャアアアアアンッ!!!!


ツバサ「……は?」


英玲奈「……」ググ…


ツバサ「E-07…?あ、なた…なにして」


英玲奈「……」ブチブチ…!


ツバサ「――なにしてんのよおおおおおおおおおおおっ!!!?」
100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 18:23:39.46 ID:u5IuB2EN.net
穂乃果「っ、はぁ…はぁ…?」

英玲奈「……」

穂乃果「エレ、ナちゃん…?」

英玲奈「…ワタシガ、キミヲタスケル」

穂乃果「っ…!あ…はは、やっぱり、エレナちゃんは優しいや」ポロポロ

英玲奈「……ソウカ」ニコ
111: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 23:28:44.26 ID:u5IuB2EN.net
英玲奈「ハシルゾ」ギュ

穂乃果「うん!」ギュ


ツバサ「まっ…!っ、通信?こんなときに!」ピッ

ツバサ「なに!?…は?侵入者!?」

ツバサ「このタイミングで…!」

ツバサ「〜〜〜クソッ!!」ガンッ
113: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 23:42:04.01 ID:u5IuB2EN.net
ツバサ「E-07…ロボットの分際でぇ…ッ!」

ツバサ「いいわ…ぶっ壊してあげる」
114: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 23:57:53.34 ID:u5IuB2EN.net
―――――――――――――

穂乃果「はっ、はぁ…エレナちゃん、これからどうするの?」

英玲奈「ソトヲメザス」

穂乃果「でも、そんなに簡単には…」

英玲奈「ソウダ。タドリツクカクリツハカナリヒクイ」

穂乃果「……」

英玲奈「ダガ、カナラズキミヲツレダス。ナントシテモ」

穂乃果「…うん!」


「お熱いわね」


穂乃果「!」

あんじゅ「初めまして、穂乃果さん。私はあんじゅ。よろしくね?」

英玲奈「…ハカセ」スッ

あんじゅ「あー、大丈夫。私は二人の味方よ」

穂乃果「え…」

英玲奈「……」

あんじゅ「こっちにきて?逃げ道を教えてあげる♪」
117: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 00:31:05.36 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――

穂乃果「……」

あんじゅ「本当にびっくりしたわ」

穂乃果「?」

あんじゅ「まさかロボットが命令以外のことで行動するなんてね…この子、私の所にきてあなたを喜ばせる方法を聞いてきたのよ?」

穂乃果「…そうなの?」

英玲奈「……」

あんじゅ「ふふ、照れてるのかしら?」

穂乃果「あの…」

あんじゅ「ん?」

穂乃果「どうして助けてくれるんですか?」

あんじゅ「んー…私ね、ハッピーエンドが好きなの」

穂乃果「え?」

あんじゅ「さ、私が案内できるのはここまで。できるだけ早く逃げてね?ここ、爆破するから」

穂乃果「な、なんで!?」

あんじゅ「此処がある限り、ツバサはまた穂乃果さんを拐って同じことを繰り返すわ。だから全部跡形もなく吹っ飛ばすの♪」

穂乃果「そ、そっか…」

英玲奈「…ハカセ」

あんじゅ「なぁに?」

英玲奈「アリガトウゴザイマス」

あんじゅ「…どういたしまして♪」
119: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 01:00:28.73 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――――

英玲奈「ハカセノオカゲデダイブデグチニチカヅケタ。ダガ、ココカラハオッテヲアイテニシナケレバナラナイダロウ」

穂乃果「……」ギュ

英玲奈「…ホノカハワタシガマモル。アンシンシテクレ」

穂乃果「…うん」

タッタッタッ…

穂乃果「足音が…」

英玲奈「コチラニムカッテキテイル。ゲキタイスル」


タッタッタッ

英玲奈「…クル」

穂乃果「……!」


「はぁ、はぁ…!?」

英玲奈「――タイショウヲテキトニンシキ。ホノカ、サガレ」

穂乃果「……海未ちゃん?」

海未「え…ほの、か?」
121: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 01:10:33.27 ID:w4QBg9jC.net
英玲奈「ウミ…?」

穂乃果「海未ちゃん!海未ちゃぁん!」ガバ

海未「穂乃果…穂乃果!会いたかった…」ギュウ

穂乃果「海未ちゃん…っ、助けにきて、くれたの?」グス

海未「えぇ…色んな人の力を借りて、あなたのことを助けにきたんです。遅くなって、すいません。無事でよかった…」

穂乃果「ぐす…エレナちゃんが、守ってくれたの…」

海未「あの方ですか?」

穂乃果「うん…エレナちゃんは、ロボットだけど…心があるんだよ」

海未「それは…エレナさん、ありがとうございます。穂乃果を守ってくれて」

英玲奈「……アア」
122: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 01:32:30.38 ID:w4QBg9jC.net
海未「と、ゆっくりしてる時間はありませんね」

英玲奈「モウスグココハバクハサレル。イソイダホウガイイ」

海未「爆破!?」

穂乃果「うん、あのね―――」


海未「なるほど…わかりました。仲間に連絡をとるので少し待ってください」

英玲奈「リョウカイシタ」

穂乃果「もしかして…皆きてるの?」

海未「はい、皆あなたを助けたくて…あ、皆さん!穂乃果を見つけました!はい…はい」

穂乃果「…あとで皆にお礼言わなきゃ。ね、エレナちゃん」

英玲奈「ナンダ?」

穂乃果「ここから出たら、一緒に――」


ドゴオオオオオンッ!!
125: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 01:59:23.63 ID:w4QBg9jC.net
ガラガラ…


ツバサ『…みーつけた♡』


穂乃果「なに、これ…」



ツバサ『これ?軍事用のロボットよ。色々と改造してあるけど…こんなときのために用意しておいたの』


海未「そんな…」


ツバサ『あら?侵入者?…ま、どうでもいいわ』ズ…


英玲奈「!」


ツバサ『先ずはあなたよ…E-07!』ブゥン!

ドォン!

穂乃果「エレナちゃんッ!」

英玲奈「……」ググ…


ツバサ『へぇ…流石あんじゅが作っただけあるわ…頑丈ね』


英玲奈「…ホノカ、ハシレ」

穂乃果「え…」

英玲奈「コレハワタシガクイトメル。ダカラハヤク…」

穂乃果「やだ、やだよ…エレナちゃんをおいていくなんて!」

英玲奈「シカシ、ソウスルホカ」

穂乃果「やだ!やだやだやだぁ!」ウル

英玲奈「…ホノカ、オネガイダ」
126: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 02:13:00.67 ID:w4QBg9jC.net
穂乃果「うっ…やだよ…一緒に逃げようよ…」ポロポロ

英玲奈「ダイジョウブダ…ワタシハツヨイ。ショウサンモアル。オワッタラ、アトヲオウ」

海未「…穂乃果、行きましょう。私達がここにいたら、エレナさんも戦えません」

穂乃果「…ぜったい、絶対にあとで追いかけてきてね」グス

英玲奈「…アア」

穂乃果「っ…」タッ

英玲奈「…ホノカヲ、タノム」

海未「…はい!」タッ


ツバサ『あーらら、逃げちゃった…ま、あなたを壊したあとですぐに捕まえるけど』

英玲奈「……」

ツバサ『…バラバラにしてあげる』
127: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 02:17:43.46 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――――

海未「はっ、はっ…」

穂乃果「はぁ、はぁ…」

海未「もう少しです…頑張ってください!」

穂乃果「はっ、はぁ…」

穂乃果(エレナちゃん…)


ドガアアアアア…!


穂乃果「!…はぁ、はぁ」ピタ

海未「穂乃果、立ち止まらないで!」

穂乃果「っ、エレナちゃん…!」

海未「穂乃果!?待ちなさい!穂乃果ぁ!」
129: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 03:44:28.68 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――――

英玲奈「……」バチ…バチチ


ツバサ『はぁ、はぁ…随分手こずらせてくれるわね…E-07』




英玲奈「……チガウ…E-07ジャナイ…ワタシハ、エレナ、デス…」ヨロ


ツバサ『ハッ…ねぇ、人の真似は楽しかった?』


英玲奈「……」


ツバサ『…ほんと、つまらないわね。さよなら、E-07』ズ…


英玲奈「……」


ドガアアアアアン!!


ツバサ『っ、なに!?』


英玲奈「ハカセガシカケタバクダンガ、キドウシタヨウデス…」


ツバサ『なんですって!?』


英玲奈「……イマ」ヒュッ!ゴシャア!


ツバサ『っ、きゃあッ!?…脚が!?』ガシャアッ


英玲奈「ヤハリ、カンセツブハモロイ…コレデ、アナタノキタイハキドウセイヲウシナイマシタ。バクハツニマキコマレルマエニ、ニゲルノガケンメイカト」


ツバサ『くっ…ふざけるなぁああああッ!!!』ブォン!


英玲奈「!」ドガァッ!
130: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 04:01:11.26 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――――

穂乃果「はぁ、はぁ…!」

穂乃果「――エレナちゃん!」


英玲奈「…ホノ、カ?ナゼ?」

穂乃果「エレナちゃん!大丈夫!?こんな、ボロボロになって…っ」

英玲奈「ナゼ、モドッテキタ…ハヤク、ニゲロ」

穂乃果「わかってる!エレナちゃん、勝ったんでしょ?だったらエレナちゃんもいこうよ!…あの人は?」

英玲奈「ウゴカナクナッタキタイヲステテ、ニゲタヨウダ…」

穂乃果「そっか…なら早く!ここも爆発で崩れちゃうよ!一緒に逃げよう!」グイ

英玲奈「…イッショニ、トイウノハ、フカノウダ」

穂乃果「え…」
131: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 04:14:25.79 ID:w4QBg9jC.net
英玲奈「サキホドノセントウデ、タダイナダメージヲウケテシマッタ。モウ、ウゴカスコトガデキナイ」

穂乃果「そん、な…」

英玲奈「ジキニワタシノ、ゼンシステムモ、テイシスルダロウ。ダカラ、ホノカ…ワタシノコトハオイテ、ハヤクニゲルンダ」

穂乃果「やだよ…そんなの!動かせないなら、私がエレナちゃんを担いでいくよ!ね?」

英玲奈「…ノコサレタジカンハ、ワズカダ。ソレデハカクジツニマニアワナイ」

穂乃果「だったらここにいる!」

英玲奈「ホノカ…」

穂乃果「エレナちゃんと、一緒にいる…!」ポロポロ
133: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 05:16:29.00 ID:w4QBg9jC.net
英玲奈「……」

穂乃果「うっ、ひっく…」

英玲奈「…ホノカ、ナントイオウトシテイタンダ?」

穂乃果「え…?」

英玲奈「ココヲデタラ、イッショニ…ト」

穂乃果「…ここを出たら、一緒に暮らそう、って」グス

英玲奈「…ソウカ。ソレハ、トテモイイナ」

穂乃果「で、しょ…?」

英玲奈「…ホノカ、キイテクレ」

穂乃果「…な、に」

英玲奈「ワタシハ、ロボットダ」

穂乃果「うん…」

英玲奈「…ダガ、タダノロボットノワタシニ、ホノカハアリガトウトイウカンシャノコトバヲイッテクレタ」

穂乃果「……」

英玲奈「…ワタシニ、エレナトイウナマエヲアタエテクレタ」

英玲奈「ワタシニ、オカエリトイッテクレタ」

英玲奈「ワタシニ、エガオヲオシエテクレタ」

英玲奈「ワタシニ、サマザマナ、ハナシヲシテクレタ」

穂乃果「……っ」
134: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 05:18:20.19 ID:w4QBg9jC.net
英玲奈「ソウヤッテホノカトスゴシタジカンノナカデ、ワタシハカワッテイッタ」

英玲奈「ホノカヲ、ヨロコバセタイトカンガエルヨウニナッタ」

英玲奈「ホノカニ、ナイテホシクナイトカンガエルヨウニナッタ」

英玲奈「ホノカヲ、エガオニシタイトカンガエルヨウニナッタ…」

穂乃果「えれ、なちゃ…」ポロポロ

英玲奈「…ホノカヲタスケタイト、オモウヨウニナッタ」

英玲奈「ホノカガ、ワタシニ…ココロヲアタエテクレタンダ」

穂乃果「ひっ、ひぐ…」ポロポロ

英玲奈「ホノカ、ナカナイデクレ…」

英玲奈「ワタシハ、ホノカノコトヲタイセツニオモッテイル…アイシテルンダ」

穂乃果「っ、ぐす…」ポロポロ

英玲奈「…ダカラ、ホノカニハシンデホシクハナイ」

英玲奈「イッショニハイケナイガ、オネガイダ…イキテクレ、ホノカ」
136: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 05:30:52.35 ID:w4QBg9jC.net
穂乃果「わたしも…わたしも、エレナちゃんのこと、愛してるよ…」ポロポロ

英玲奈「…ソウ、カ。ナンダロウナ…フフ、コレガ、シアワセトイウモノナノダロウカ?」

穂乃果「っ…エレナちゃん、ありがとう…」ギュ

英玲奈「アア…」

穂乃果「……」

英玲奈「…ホノ、カ、ワタシニ、ココロ、ヲアタエテクレテ、ア、リガト…ウ」

穂乃果「っ、うん、うん…!」ポロポロ
137: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 05:43:36.85 ID:w4QBg9jC.net
英玲奈「…サァ、モウ、イ…」

穂乃果「…エレナちゃん?」

英玲奈「……」

穂乃果「……」グス

英玲奈「……」

穂乃果「…ばいばい」


タッタッタッタッタ…







英玲奈「……」
141: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 07:57:00.10 ID:w4QBg9jC.net
―――――――――――――
―――――――――


ツバサ「……」

あんじゅ「…気分はどう?」

ツバサ「…最悪よ。よくも裏切ってくれたわね」

あんじゅ「……」

ツバサ「もう少しで、もう少しで実現できたのに…!」

あんじゅ「確かに、成功していればあなたが…皆が望んだ平和な世界が訪れたでしょうね」

ツバサ「そうよ…それが」

あんじゅ「でも私は、誰かの犠牲の上に成り立っている平和なんて、反吐が出るわ」

ツバサ「……」

あんじゅ「昔のツバサなら、きっと私と
同じことを言うわよ…」

ツバサ「知らないわよ…」

あんじゅ「ねぇ、やり直しましょ?もう一度、最初から…今度はちゃんと、信念を貫いて」

ツバサ「もう一度って…もう私にはなんにもないのよ…」

あんじゅ「あら、私たちには…ほら」トントン

ツバサ「……ふっ」

あんじゅ「あ、笑った。それで、早速手伝って欲しいことがあるんだけど…」

ツバサ「…なに」

あんじゅ「探し物!あの完全にフルハウスな瓦礫の中から!」ビッ

ツバサ「…肉体労働じゃない!」
142: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 07:57:30.92 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――――――
――――――――――
―――――――
――――



穂乃果「いってきまーす」

雪穂「お姉ちゃんどこいくの?」

穂乃果「散歩だよ」

雪穂「ふーん…あ、お姉ちゃん宛に手紙来てたよ」

穂乃果「手紙?ありがと…道すがら読もっと」

雪穂「気をつけてねー」

穂乃果「はーい」ヒラヒラ
143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 07:58:05.63 ID:w4QBg9jC.net
――――――――――――

海未「おや、穂乃果?どこかに出掛けるんですか?」

穂乃果「あ、海未ちゃん!うん、ちょっと散歩にいこうかなって」

海未「…ついていきましょうか?明るいとはいえ、一人だと危ないですし」

穂乃果「もう、海未ちゃんは心配性だなぁ。大丈夫だよ?すぐ戻ってくるし」

海未「…そうですか。では、気をつけて」

穂乃果「うん」




海未「…そういえば、今日はあの日からちょうど一年ですね」

海未「あれから暫くは毎日のように泣いていたのに、今では元通り…」

海未「……そんなわけないですね」
144: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 08:01:20.66 ID:w4QBg9jC.net
―――――――――――――――

穂乃果「……」

穂乃果「綺麗な空…」

穂乃果「……」

穂乃果「エレナちゃん…穂乃果、頑張ってるよ」

穂乃果「最初は無理だったけど、今では泣いてないよ…」

穂乃果「……会いたいよ…っ」

穂乃果「……ぁ、手紙」カサ

穂乃果「……あんじゅさん?」


『高坂穂乃果さんへ

 お久し振り!私のこと覚えてるかしら?
 完全にフルハウスでお馴染みのあんじゅです♡
 まず、あのときのことを謝らせてください。
 本当にごめんなさい。ツバサもすっごく反省してるわ。
 本当は直接謝らせに行かせたいんだけど、私はともかくツバサはお尋ね者だから…。
 そしてここからが本題!私達はある研究をしていて、それをなんとこの一年で成功させました!
 その研究とはなんでしょう?
クローン…わかるかしら?ヒントをあげるわね?
 私はハッピーエンド以外認めないの。
 ふふ、私達の研究成果がもうすぐそっちに着く頃だから、よろしくしてあげてね♪』



穂乃果「これって……」


ザッ


穂乃果「――え?」


「……」


穂乃果「う、そ…」ジワ


「…なぜ泣いている?悲しいのか?」


穂乃果「っ、嬉しくても、涙はでるんだよ…?」



穂乃果「――おかえり、エレナちゃん…!」


英玲奈「――ただいま、穂乃果」
146: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 08:01:51.26 ID:w4QBg9jC.net
お わ り
147: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 08:03:15.73 ID:w4QBg9jC.net
こういう内容のは初めて書いたわ
つまらなかったらごめん
でも書いてるうちは楽しかった
151: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 08:10:23.88 ID:w4QBg9jC.net
おまけ

英玲奈「穂乃果、穂乃果♡」ギュー

穂乃果「あ、あの…エレナちゃん?」

英玲奈「好きだ、穂乃果♡愛してる♡」ギュギュー

穂乃果「な、なにこれぇ!?////」


『P.S
 エレナは感情のコントロールがまだ上手くできないので、頑張ってね♡

  完全にフルハウスなあんじゅより』
169: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 17:53:22.02 ID:w4QBg9jC.net
再開して暫く経った頃



穂乃果「エレナちゃーん♪」ギュ

英玲奈「!?」

穂乃果「ふふふー、…あれ?」

英玲奈「……////」カァァ

穂乃果「どうしたの?」

英玲奈「っ、わからない…っはぁ、なんだ…なんだこれは…っ////」

穂乃果「だ、大丈夫?」ギュウ

英玲奈「くっ…動悸が収まらない…苦しい…!////」ドキドキ

穂乃果「あわわ、だ、誰か助けてー!」ギュウウ

英玲奈「うあああぁ…っ////」ドキドキドキドキドキ


雪穂「なにやってんのあの二人…」
170: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 17:54:32.62 ID:w4QBg9jC.net
蛇足だがどうしても書きたかった
これで本当におわり
レスありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『英玲奈「ア、リガト…ウ」穂乃果「うん、うん…!」ポロポロ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。