希「矢澤とうじょう!」

シェアする

にこ-アイキャッチ28
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:36:00.51 ID:N75gidd6o
にこ「にっこにっこにー☆にこもたまには2人とぉ~お昼食べたいな~…あれ?あんただけ?」

希「えりちは海未ちゃんと用事があるって行ってしまったよー」

にこ「あんたが絵里と一緒に行かないなんて珍しいわね~」

希「まあせっかくやしウチもにこっちと一緒に食べようかなって」

にこ「それなら話が早いわ。どこで食べる?」

希「う~ん…屋上?」

にこ「屋上ね。じゃあ行きましょっか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409499350

元スレ: 希「矢澤とうじょう!」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:38:04.34 ID:N75gidd6o
希「おお~っ!!にこっちのお弁当美味しそう!」

にこ「ふっふーん♪私が作ったんだからマズイわけ無いでしょ~?」

希「これ貰っていい?」

にこ「あんたは相変わらずねえ」

希「ええや~ん♪あ、めっちゃ美味い!」

希「これ何で美味しいん?」

にこ「そりゃあ~にこにーの愛がお弁当を美味しくしてるのよっ☆」

希「愛なん?」

にこ「愛でしょ!」

希「それにしてもにこっちとお昼なんて何時ぶりやろ?」

にこ「あんたと絵里がメンバーに入った時以来じゃない?」

希「一緒に食べればいいのに、にこっち全ッ然来ないんやもん!」

にこ「いつもお昼は1人で食べてたし、その方が落ち着くの!」

希「そういうもん?寂しくない?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:40:39.37 ID:N75gidd6o
にこ「なんで?」

希「だって周りはみんな仲良い子と一緒にグループ作って食べてる中での1人やろ?」

にこ「カフェとかでさ、よく1人でまったりしてる人とかいるでしょ」

にこ「感覚としてはあれと同じようなもんよ!」

希「う~ん?」

にこ「確かに最初はちょっと寂しかったけど、まあ慣れればね」

にこ「それに1人だと何をするにも自分のペースでいいから楽なの!」

希「そういうもんかなぁ?」

にこ「けど最近はアイドルとしての知名度も上がってきたおかげでクラスの子からお昼誘われるようになったわ♪」

にこ「まっ、プライベートだし断るけどね」

希「何で?」

にこ「1人の時間を楽しんでいる…そんな大人な自分が好きだったりする!みたいな?」

希「え~…」

にこ「冗談よ。てか今まで一緒に食べたこと無いのにいきなり誘われてもね…」

希「仲良くしたらええのに」

にこ「2年もずっと1人だとそもそも何話したらいいかわかんないし」

希「やっぱりウチらと一緒に食べようや!」

にこ「(…)」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:42:15.22 ID:N75gidd6o
にこ「考えておくわね」

希「…」

にこ「ふうっ…ごちそうさま。スマホでテレビでも見よっと」

希「何見るん?」

にこ「お昼のバラエティ番組。昼休みはずーっとこれ見てるのよ」

希「そのにこっちの姿を想像したら悲しくなってきたわ…」

にこ「もうその話題はやめなさい!黙って一緒に見ましょうよ!ほら!」

希「えぇ~…せっかくなんやしもっと話そうよ~」

にこ「と言っても話のネタが無いわよ。何か話題ないの?」

希「そうやねえ。じゃあにこっちに適当に質問でもしよーかな」

にこ「例えば?」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:43:24.86 ID:N75gidd6o
希「う~ん…にこっちがメンバーで1番一緒にいて楽しい人は?」

にこ「一緒にいて楽しい人?」

にこ「花陽かなぁ」

希「花陽ちゃん?意外やなぁ」

にこ「やっぱりね、濃いアイドルトークが出来るのは素晴らしいわ」

にこ「もう何時間でもアイドルの事で喋ってられる自信があるわ!」

希「花陽ちゃんもアイドル好きやもんな。アイドル以外の話とかはするん?」

にこ「他なら…料理の事、かな?」

にこ「共通の話題があるってやっぱりいいわよね~」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:44:59.73 ID:N75gidd6o
希「じゃあ次、メンバーで頼りにしてる人は?」

にこ「頼り…」

にこ「凛ね!」

希「凛ちゃん?」

にこ「μ'sが一回解散になった時に花陽と一緒に付いて来てくれたのは嬉しかったわね~」

にこ「ま、ちょっとだけ生意気な所もあるけどさ!」

にこ「あの子はこれから絶対伸びるって私は信じてるわ!何だかんだ言ってもちゃんとやる子だからね!」

希「可愛がってるなぁ~」

にこ「あいつらには内緒よ!」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:46:35.92 ID:N75gidd6o
希「りょーかい。次は…メンバーで1番可愛いって思う子は?」

にこ「可愛いって言ったらやっぱり…」

にこ「てか一回出した人とかはおっけー?」

希「いいけど」

にこ「じゃあ花陽!」

希「花陽ちゃんべた褒めやな!」

にこ「私がね、にっこにっこにーをすると大体みんな白けた顔するけどあの子だけは違うのよ」

にこ「アイドルについて教えてる時とかさ、私の話を真面目に聞かないヤツもいるけど花陽だけはメモ取っててすっごい真面目でね!」

にこ「にっこにっこにーも誰よりも笑顔でやってくれてるし!私に付いて来てくれたし!あの子本当に可愛くて可愛くてもう!」

にこ「もうほんと可愛い!理想の後輩よ!」

希「これは真姫ちゃんだと思ってたけどまさかの花陽ちゃんとは」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:49:00.70 ID:N75gidd6o
にこ「まあ真姫も真姫で可愛げのある後輩よ」

にこ「あの子とはなんとなく波長が合う感じがするのよね~」

にこ「…まあ素直じゃないし手のかかる事もあるけど結構可愛いヤツよ」

にこ「それに夜なのにダンスの練習とか付き合ってくれるし♪」

希「夜に練習とかやってたん?」

にこ「たまにね」

希「ウチ、誘われたこと無いけど」

にこ「そりゃあんたは後輩じゃないからね」

希「…そっか。残念」

にこ「もういい?テレビに集中したいんだけど」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:50:26.54 ID:N75gidd6o
希「えぇーっ!にこっちノリ悪いー!」

希「ウチら2人だけでいることってあんまり無いしもっと喋りたいやろ?」

にこ「ちょっと静かに!今アイドルの人が喋ってんだから!」

希「…むっ」

希「にこっち~!」

にこ「ああもう!胸触るの禁止!ほんとに黙ってて!大人しくしてて!!」

希「…花陽ちゃん達には優しいのに、ウチには冷たい…」

希「あれやな、同級生だと構ってすらくれないんやな」

にこ「…」

希「無視せんでよー」

にこ「はいはい、このコーナーが終わったら相手してあげるから~」

希「…」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:52:35.21 ID:N75gidd6o
希「誰が出てるん?」

にこ「…ほら、この人達!あんたにも前オススメしたし熱く語って聞かせたでしょ?」

希「あっ、そういえば前に借してくれたこの人達のコンサートのDVD見たんよ!」

にこ「アレ見たのね!どうだった!?最高だったでしょ?」

希「いろいろ衝撃やったのは確かやな」

にこ「テレビで見るよりもステージの上だと全然違うし凄くキラキラしてたでしょ?」

希「それもあるけど…映像の中でメンバー同士がキスしてるシーンとかあったりな」

希「こんなんもするんやぁ!って驚いたんよ!」

にこ「アイドルはコンサートだけじゃなくてPVでもしてるわよ。たまにテレビでも」

希「らしいね。調べてみたらファンサービス的な感じで普通にするみたいな事が書いてあったんよ!」

にこ「てかもっと他に興味を惹かれたシーンとか無いの?」

希「しゃーないやん。そこが1番衝撃やったんやから!」

希「本職のアイドルはここまでするんやなって!」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:54:26.23 ID:N75gidd6o
にこ「…それなら私らも次のPV作る時にキスシーンでもいれてみる?」

希「…えっ?」

にこ「本職のアイドルみたいにお客さんを喜ばせるパフォーマンスとして実験的に」

希「実験的って…何か嫌やなぁ」

にこ「あんたと絵里なら自然に出来るでしょ?ランキング1位も夢じゃないわよ!」

希「で、出来るわけ無いやろ!…そんならにこっちは?だ、誰とするん?」

にこ「私?私はみんなのアイドルだしぃ~キスなんかしたらファンが怒るからぁ…」

希「…」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:55:30.78 ID:N75gidd6o
希「まあにこっちじゃ絵にならんしな…」

にこ「…なんですってぇ?」

希「どうみても子供やし、ただただ微笑ましいだけってなりそう」

にこ「うぐぐぐ…黙って聞いてれば…」

希「だってにこっちがお客さんを魅了するようなキスシーンとか…絶対出来んやろ…」

にこ「出来るに決まってんでしょー!見てなさい!私のアイドルとしての意地を!」

希「おぉっ!そ、それで!?どうするん?」

にこ「…希!」

希「……まさか」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:56:31.92 ID:N75gidd6o
にこ「ちょっと目閉じて」

希「……ほ、本気?」

にこ「いいから!早く閉じる!」

希「…う、うん…」

希「(あ、あかん!とっさに目閉じちゃった)」

にこ「……行くわよ!」

希「!」

にこ「…ぁ…」

にこ「……ぅぅ…」

希「(なんやこれ、めっちゃドキドキする。…にこっちとキスしてしまうんウチ?)」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:57:47.15 ID:N75gidd6o
にこ「うああああっ!!もう!!!!!」

希「(声がしたと思ったらほっぺたに柔らかい感触が。)」

希「(唇と唇やないやん…)」

にこ「…ど、どう?やる時はやるんだから!」

希「あの前振りでほっぺはないって…」

にこ「は、はああぁぁ?これでもすっごい頑張ったんだから!」

にこ「てかマウス・トゥ・マウスとか馬鹿じゃないの!」

希「ふふっ、まあでもよく頑張ったわ。頭撫でたげよか?」

にこ「そうやって私の事バカにして!今度はあんたの番!!」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 00:59:12.80 ID:N75gidd6o
希「う、ウチも!?」

にこ「当然よ!こういう弱みになりそうなものは共有よ!共有!」

希「弱みって………じゃあ、にこっちも目閉じて?」

にこ「……わ、わかったわ!」

希「……行くで…」

希「(…めっちゃ緊張するこれ)」

希「(まあウチもほっぺに…)」

希「(………)」

希「にこっち…」

希「…」

にこ「!」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:00:43.63 ID:N75gidd6o
にこ「あ、あんた!い、いま…!」

希「あ、いやその!」

希「こんな変な空気にあてられたら誰でもおかしくなってしまうって!」

にこ「ううぅ…」

にこ「さ、最初の相手が希だなんて…」

希「そ、それは…ウチも一緒や!」

にこ「……希、顔真っ赤」

希「に、にこっちだって!」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:02:25.61 ID:N75gidd6o
希「それに!つ、次はにこっちの番やで!」

にこ「なっ!なななな、何で次があんのよ!」

希「ほ、ほっぺと…その…口じゃ違うやろ!」

希「ウチも次は…ほっぺにするからにこっちも!」

にこ「えぇ~…だって、だ、誰か来たら…」

希「にこっちぃ…」

にこ「あっ、準備しないでよ…もぉ…!」

にこ「や、やればいいんでしょ!やれば!!」

にこ「(一回やったし平気よ!平気!…サッとやればいいのよ!)」

希「…!」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:03:49.04 ID:N75gidd6o
にこ「(あぁっ、やっちゃった。希と2回目のキス…)」

にこ「(さっきは一瞬だったからわかんなかったけど…希の唇、プルプルで気持ち良いかも)」

にこ「(もうちょっとこのままでいたい…って何考えてるのよ私!)」

にこ「(……アイドルってこういう時、何を考えてるのかしら?)」

希「(な、長ない?ど、どうしよう?)」

希「(あ、でもなんか今すっごく幸せ~…ってやばいわこれ!)」

希「…むぅ…」

にこ「!」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:05:23.58 ID:N75gidd6o
にこ「…く、唇ハムハムしないでよ!」

希「し、してへんって!そんな事!てか長いって!」

にこ「ご、ごめん…ちょっと考え事してて…」

希「…何考えてたん?」

にこ「えっ…」

希「…ウチのコト好きになった…とか?」

にこ「ちょっとやめてよ…シャレにならないわよ、今は…」

希「…そ、そうやね」

希「…」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:08:29.16 ID:N75gidd6o
希「それじゃあ、行くよ?」

にこ「ま、まだするの?」

希「ほっぺにせんでもいいん?」

にこ「あっ、そっか…」

にこ「は、早くして!もう恥ずかしい!」

希「う、うん…」

希「(…ほっぺでも、めっちゃドキドキするなぁ…あ、にこっちのほっぺ柔らか…)」

にこ「ひゃっ…」

希「へ、変な声出さんでよ!」

にこ「だ、だってぇ…」

希「…」

にこ「…」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:09:36.07 ID:N75gidd6o
希「…これほんまにPVでやるん?」

にこ「いやダメでしょ…」

希「……めっちゃ恥ずかしいわぁ…。ウチしばらくにこっちの顔見れんよ…」

にこ「あ、アイドルだってその後は普通にしてるんだし、だ、大丈夫だって!」

希「…そう言ってるにこっちが既にウチから目逸らしてるやん…」

にこ「…」

にこ「…この事誰にも言うんじゃないわよ!」

希「い、言えるわけないやん!」

希「……でも、キスしてみてどうだった?」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:10:37.88 ID:N75gidd6o
にこ「ど、どうって?」

希「えっと…ウチの唇の…感触とか?」

にこ「ぅ…ぇっと…プルプルしてた」

希「ぷ、プルプル?」

にこ「だ、だから…気持ち良かった~って…」

希「…う、ウチもな、幸せやな~って…」

にこ「もうやめよ!ちょっと冷静になりましょ!」

希「そ、そうやな!深呼吸して…」

にこ「…」

希「…」

スマホ「…続いてのファッションは~…」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:11:52.65 ID:N75gidd6o
にこ「…あぁ~テレビの事すっかり忘れてたぁ~」

希「もったいなぁ、電池無駄にしたなぁ~」

にこ「…」

希「…」

希「…に、にこっち」

にこ「…何」

希「も、もっかい…する?」

にこ「…な、な!」

希「ど、どうせなっ!き、気まずいままなら…突き進んだほうがいいって思ったんよ!」

にこ「で、でもぉ…」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:14:05.74 ID:N75gidd6o
希「にこっちは…ウチのコト、キライ?」

にこ「えっ!?そ、その………希の事…スキだよ?」

希「う、ウチも…一緒!」

にこ「そ、それはズルい!言いなさいよ!ハッキリ!」

希「に、にこっちからしてくれたら…言う」

にこ「…の、のぞみぃ…言ってよぉ…」

希「ちょぉっ…だ、抱きしめるのはあか…んっ!」

希「(…ああ…ウチもうにこっちの事しか考えられへんかも…)」

にこ「…ぷはっ」

希「にこっち…スキ」

にこ「…」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:15:09.84 ID:N75gidd6o
希「な、何か言ってよ…」

にこ「…あ、あのね…すっごい恥ずかしいけどさ、すっごく幸せ感があってね…」

にこ「私、おかしくなっちゃったのかな…」

希「…ウチだって…めっちゃ幸せやよ?」

にこ「………希も?」

希「……うん」

にこ「あ、あのさ…」

希「…な、なに?」

にこ「私達…その……」

にこ「……」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:16:31.90 ID:N75gidd6o
希「…何言おうとしたん?」

にこ「な、なんでもない!忘れて!忘れなさい!」

希「む、無理やって!忘れられんって!」

にこ「……そうよね…私ら、何であんな事…」

希「…にこっちのせいやん」

にこ「うっ…ぐぐぐっ…も、申し訳ないわ…」

希「で、でも…嬉しかったよ!にこっちがスキって言ってくれたし!」

にこ「だ、だって…こんなの、す、好きじゃなかったら…出来ないわょ…」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:17:48.69 ID:N75gidd6o
希「…本物のアイドル達も、そうなんかな?」

にこ「さ、さあ…慣れてそうだし?…どうなんだろ」

希「じゃあ…慣れてないウチとにこっちは?」

希「…ウチ以外とは出来る?」

にこ「し、知らないわよ!」

にこ「そういうあんただって!どうなの!?」

希「ど、どうやろ…」

にこ「でも…あんたは絵里と出来そうよね…」

希「…さっきもそんな事言ってたけど、なんでそーなるん!?」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:19:56.48 ID:N75gidd6o
にこ「こ、この際だから言うけど…!」

にこ「あんたらって何をするにも常に2人一緒ですっごく仲良くて、いつもそれを羨ましいなって見てたの!私は!」

にこ「だ、だから…」

希「…嫉妬?」

にこ「は、はあああぁぁぁっ!?ち、違うしっ!」

希「えりちに嫉妬してたん?それともウチ?」

にこ「知らない知らないっ!ああもう!今日は人生最悪の日だわっ!」

希「…逆にウチは最高の日やったけどな。にこっちのほんとの気持ちも聞けたし♪」

にこ「…何よ、あんただって私の事…。」

希「ふふっ、にこっち大好きやよ♪」

にこ「ば、ばかばかぁ!」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:22:52.91 ID:N75gidd6o
にこ「…ねぇ、そのっ、たまに…しない?」

希「へっ?な、なにを?」

にこ「………だからっ!キスしよ!って言ってんの!たまに!」

希「じゃあ…今、しちゃう?」

にこ「………し、したいの?」

希「…にこっちは?」

にこ「それは…したいけ…ぁっ…」

希「(にこっち、にこっち!)」

にこ「(…のぞみ)」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:24:36.59 ID:N75gidd6o
希「…!い、今!にこっち、ペロって!唇舐められた!」

にこ「し、してない!してないわよ!」

希「やったって!にこっちがペロってした感触が残ってるもん!」

にこ「そ、それは!その…」


キーンコーンカーンコーン

希「あっ…チャイム…昼休み終わりやね…」

にこ「…そうね」

にこ「(…恥ずかしくて、希の方を見れない…)」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:28:50.77 ID:N75gidd6o
希「ねえ…今度の夜、ウチと2人だけで練習…しない?」

にこ「2人、だけ?」

希「うん、ウチとにこっちだけ」

にこ「…いいよ」

希「ほ、本当!?や、約束な?」

にこ「…わかったわ」

希「うん♪…じゃあ、戻ろっか」

にこ「…ねぇ、誰かに会うまで…その…手、繋いでよ?」

希「て、手?」

にこ「だ、ダメなら…いいわ…」

希「…ダメじゃないよ!行こっ♪」

にこ「…ぁ」

にこ「…うん♪」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 01:29:26.11 ID:N75gidd6o
おしまい

さいなーら

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「矢澤とうじょう!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「矢澤とうじょう!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。