希「エリーチカ像」

シェアする

絵里-アイキャッチ18
1: 設定改変有(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:43:34.83 ID:3qRlenER.net
希「エリーチカ様、エリーチカ様、
  私に、友達をください」

 「…」

希「私に、友達をください」

 「…東條、さんよね。どういうつもり?」

希「人が好きなのに、人との接点が少ないです。
  恥ずかしいなら、これを使えばいいのです」

 「…何よ、これ」

希「エリーチカ像」

 「だから、何か言いたいのよ」

希「私に、友達をください」

 「…」

希「ください」

 「…ハラショー」



      友達になった。

元スレ: 希「エリーチカ像」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:44:34.24 ID:3qRlenER.net
──

にこ「エリーチカ様、エリーチカ様、
   私の、アイドル研究部に、部員をください。
   どうか、やりたい夢があるのです」

エリーチカ像「…ハラショー」
3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:45:27.17 ID:3qRlenER.net
 「どう増やせっていうのよ」

希「えりちの思うままにやったらいいんやない?
  それだけで彼女は喜ぶと思うん」

 「喜ばせようとなんか、してない」

希「ホンマに?ウチとは友達になってくれたのになー」

 「…卑怯よ」



      学校中にチラシを貼って、生徒に配った。
4: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:45:59.75 ID:3qRlenER.net
にこ「エリーチカ様、沢山の生徒が入部して、私の生活は輝いています。
   あなたのおかげです!ありがとうございます、エリーチカ像」

エリーチカ像「…」
6: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:46:38.00 ID:3qRlenER.net
──
──

穂乃果「エリーチカ様、エリーチカ様、
    私に、パンをください。
    まだ慣れない高校で、お昼を買いそびれちゃって」

エリーチカ像「ハラショー」



      私のパンを、彼女の机に置いた。
7: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:47:27.52 ID:3qRlenER.net
穂乃果「わー!パンが置かれてる!
    ありがとうございます、エリーチカ像」


エリーチカ像「…」
8: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:48:01.62 ID:3qRlenER.net
──

ことり「エリーチカ様、エリーチカ様、
    私に、助けをください。
    アルパカが脚を怪我しているのに、先生が見つからいんです」

エリーチカ像「ハラショー」



      自力で方法を調べて、包帯と消毒を使って手当をした。
9: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:48:45.86 ID:3qRlenER.net
ことり「よかったぁ、アルパカさん。
    痛みも引いたみたいで、安心だね。
    ありがとうございます、エリーチカ像」


エリーチカ像「…」
10: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:49:25.19 ID:3qRlenER.net
海未「エリーチカ様、エリーチカ様、
   私に、傘をください。
   恥ずかしながら、3人揃って、忘れてしまったもので」

エリーチカ像「ハラショー」



      私の傘、置き傘、合羽を、クラスのロッカーに立て掛けた。
11: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:51:29.32 ID:3qRlenER.net
ことり「これで帰れるね♪」

穂乃果「3人分しっかり用意されてる!」

海未「1人分でも結構でしたのに。優しいのですね。
   ありがとうございます、エリーチカ像」


 「…ふふ」

希「嬉しそうやね、えりち」

 「そ、そんなこと!」

希「あの子たちと、仲良くなればいいやん」

 「…嫌よ」

希「そろそろ素直になる頃なんやない?
  その像とも卒業せんと」

 「…これが好きなのよ、どうしても」

希「…そっか」
12: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:52:18.43 ID:3qRlenER.net
──
──

 「待って!」

部員「やめて」

 「どうして、辞めるの?」

部員「厳し過ぎるし、ウザいから」

 「…彼女がどんな気持ちでやってきたか分かってるの?!」

部員「あなたに何が分かるの?」

 「私は!だって」

部員「…」

 「だって…」

部員「辞めるから」

 「…見捨てないで、あげてよ、お願いよ」

部員「自分で助ければ?」

 「……っ」
13: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:53:14.14 ID:3qRlenER.net
にこ「エリーチカ様、エリーチカ様、
   私に、希望をください。
   自分の愚かな失敗で、貰ったものを、部員を、全てを失ってしまいました。
   どうか、もう一度だけ、救ってください。
   失せた色と無くした希望を、与えてください…」

エリーチカ像「…」

にこ「お願いします、こたえて、エリーチカ像っ!」

エリーチカ像「…」
14: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:54:16.06 ID:3qRlenER.net
 「どうしようもないじゃない!」

希「えりち本人が力を貸せば、にこっちの希望はよみがえって、きっと叶うはずや」

 「無理だから…私が、アイドル研究部なんて」

希「いい加減素直にならんと」

 「私は素直よ!嘘なんて、ついていないんだから」

希「…にこっちは、エリーチカ像を待っとる」

 「…仕方ないのよ。
  私がはじめに叶えようとしなければ、こんなことにならなかった。
  願いは悲劇を生んだ。
  所詮、どんなに物欲しがってもそれは虚像でしかない。
  エリーチカ像なんて虚像で、エリーチカ像なんてなかった。
  私が今までしてきたことは、無と化したのよ」



      彼女の希望を、諦めた。
15: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:55:03.85 ID:3qRlenER.net
──
──

穂乃果「エリーチカ様」

ことり「エリーチカ様」

海未「エリーチカ様」

3人「私達に、スクールアイドルの強さをください」

穂乃果「スクールアイドルで有名になって、廃校を救いたいんです」

ことり「この学校が大好きなんです」

海未「精一杯努力します。よろしくお願いします」

エリーチカ像「…」
16: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:56:16.09 ID:3qRlenER.net
 「駄目、部活設立なんて認めない。
  残りの高校生活を有意義にするようなことを考えなさい」

愚かな夢。叶うわけがないのに。

最後に、悲しみを生むだけ。



      部活の設立を阻止した。
17: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:57:03.46 ID:3qRlenER.net
──

花陽「エリーチカ様」

凛「エリーチカ様」

真姫「エリーチカ様」

3人「私達に勇気をください」

花陽「スクールアイドルを目指す、3人の先輩に参加したいです」

凛「高校を、凛達も一緒に救いたいんです」

真姫「援助したいし、あの輝きに加わりたいです」

エリーチカ像「…」
18: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:58:33.87 ID:3qRlenER.net
 「あなたたち、無断で校庭の一部を使用しているわよね。
  校則違反だから直ちにやめてもらいたいんだけど」

どうして諦めないの。

人が増えるほど、悲しみと虚しさが、増していくだけなのに。



      穂乃果達3人を、校則に則って追い出した。
19: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:59:08.19 ID:3qRlenER.net
──

ことり「エリーチカ様、エリーチカ様、
    私達に、アドバイスをください。
    アイドル研究部7人で、ライブをやります。
    全力で頑張ります。厳しいご指摘をお願いします」

エリーチカ像「…」
20: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:00:38.61 ID:3qRlenER.net
希「あのスクールアイドルを目指す6人は、アイドル研究部に入部したみたいや」

 「私は、あの子達の願いを妨げてるのに、
  エリーチカ像は、機能していないのに、なぜ…」

希「スピリチュアルやなあ」

 「このままじゃ、またあの時のように、悲劇が起こるだけよ!
  もう、見たくない。見せたくもない」

希「えりちがいれば、悲劇は避けられるんよ。自分の気持ちを見つめんと」
21: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:01:57.47 ID:3qRlenER.net
 「歌もダンスもバラバラ、失敗が数多く目立つし、一番は訴えてくるものがない。
  申し訳ないけど最低のライブ。最悪。二度と見る気がしないわ」

自分の気持ち、願いは、夢が虚像だと知った時の悲しみをなるべく抑えること。

早くに崩さなければ、悲しみは限りなく膨れ上がる。

今、少し傷付けば、私も少し痛いけど、それだけで済むの。



      心が折れるような、最低のアドバイスをした。

穂乃果「…ありがとうございました!」

海未「自分たちのレベルの低さ、よく伝わりました!」

ことり「絵里先輩に認めて貰えるよう、努力するので、見捨てないでください!」

 「…」

希「…えりち」

 「知らないっ!」

…いつになったら、諦めてくれるのよ!
22: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:02:45.88 ID:3qRlenER.net
──

海未「エリーチカ様、エリーチカ様、
   どうか私達に、あなたの力をください。
   私達の上達には、きっと、あなたが必要なのです。
   失礼を存じますが、どうぞ宜しくお願いします」

エリーチカ像「…」
23: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:04:43.58 ID:3qRlenER.net
 「…ふざけているの?
  はっきり言って、一人も、才能の欠片もないわ。見ていて苛々するだけ。
  時間の無駄だから、帰る。もう呼ばないで。
  あと、やめた方がいいわ」



      酷い練習をさせて、酷い言葉を吐いた。

穂乃果「…あ、絵里先輩!」

 「来ないで!」

穂乃果「でも、涙が」

 「来ないでって言ってるでしょう!?そんなのも理解できないの!?
  どうして、ぼろくそ言われても続けられるのよ!
  エリーチカ像なんてないのにっ!」
24: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:05:37.58 ID:3qRlenER.net
──

 「はぁっ…はぁ…ぐっ…」

希「えりちっ!」

 「の、希?」

希「えりち、最低や!」

 「…だって、ああするしかなかったのよ!」
25: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:06:33.66 ID:3qRlenER.net
希「あれだけの強い意気込みを、蹴飛ばして、互いに大怪我するだけやろ!」

 「なに?他に方法があったって言うの?」

希「えりちが、恥じずに頑なにならずに、素直になって言葉にすれば、それで済む!」

 「無理よ今更!それに、何を欲しがったって、それは叶わぬ虚像よ」

希「薄々気付いてるんやろ?!あの7人ならエリーチカ像の力なんて借りずに、その虚像の壁を乗り越えていけるかもって」
26: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:07:33.42 ID:3qRlenER.net
 「でも、過去の私は否定される!欲しいものを叶えてきた私は要らない像?」

希「だから自分の気持ちに嘯かずに、素直になって、絢瀬絵里が、叶えればいい話やないの?!」

 「そんなの…」

希「えりちなら、できる!にこっちの希望も、7人の夢も、えりち自身が叶えられる」

 「…私は、合わせる顔がない!」
27: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:08:32.69 ID:3qRlenER.net
希「あのメンバーは、いとも簡単に抱擁してくれるパワー持ってる」

 「でも、でも…」

希「えりち」



ギュッ



 「…希」

希「ウチも抱擁してあげる。

 「…」
28: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:09:41.59 ID:3qRlenER.net
希「…初めてのお願い、友達をください、だったやろ?」

 「…ええ」

希「…ウチからは何も言わずに、えりち自身を友達にしてくれた。
  あのときのえりちの、最高に嬉しそうで素直な顔、よう覚えとるん」

 「…」
29: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:10:37.07 ID:3qRlenER.net
希「素直に、そしてえりち自身が叶えてくれたから、私とえりちの関係って願いの形は、崩れないと思うんよ。
  だから、あのときの笑顔を、思い出してほしい」

 「…屁理屈っぽい」

希「エリーチカ様、エリーチカ様、
  私に、あなたの本物の笑顔と、本音をください。
  でないと、この両腕は解きません」

 「…ほんっと、卑怯よね」

希「ウチやもん」
30: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:11:18.68 ID:3qRlenER.net
 「…私は」

穂乃果「あーいたー!絵里先輩!」

海未「…すみません、来るなと怒鳴られても探してしまいました」

ことり「絵里先輩が心配で…」

 「あなたたち…あれだけ、傷付けたのに」
31: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:12:25.47 ID:3qRlenER.net
真姫「…これくらいじゃ傷付かないんじゃない?」

花陽「私達、強いですから!」

凛「傷付くより前に心配だったよ」

希「…えりち、ほら」
32: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:13:20.64 ID:3qRlenER.net
 「…私は……」

希「離さんよ?」

 「…っ」

穂乃果「…せーの」

にこ「エリーチカ様」

穂乃果「エリーチカ様」

ことり「エリーチカ様」

海未「エリーチカ様」

花陽「エリーチカ様」

凛「エリーチカ様」

真姫「エリーチカ様」

7人「私達に、絵里先輩との思い出をください!」

穂乃果「絢瀬絵里先輩が、必要なんです。
    何より先輩とこれから、夢に向かって歩みたいです。
    だから、絵里先輩が、思い出を共に作ってくれるなら、この手を握ってください!」
33: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:14:35.23 ID:3qRlenER.net
エリーチカ「…ええ。
      私は、この9人で、夢を叶えていきたい!
      欲しいものは素直になって、自分たちの力で掴みたい。
      9人で、思い出を、つくりたい」

希「ハラショー、は?」

エリーチカ「………ハラショー!」

希「…ありがとう、エリーチカ像」

エリーチカ像。

それは、虚像のようで、実像のようなものだと思った。

エリーチカ像に、お別れを告げよう。

そしてこれから、思い出を広げてゆく。

そしてここから、沢山のものを、叶えていく。
34: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:15:14.63 ID:3qRlenER.net
互いの夢を叶えるのだ。

自分たちなら叶えられる夢を、自分たちで掴みたい。



    初めての時の笑顔で、心からの本音を言った。

    穂乃果のその手を、力強く握りしめた。


─Fin─
35: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:17:22.18 ID:3qRlenER.net
読んでくれてありがとうでした
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「エリーチカ像」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。