凛「星座博士になるにゃ!」

シェアする

凛-アイキャッチ34
1: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:50:38.55 ID:Leqt4t3c.net
前スレ落ちてた……

初ss書き遂げまする


凛「合宿中に希ちゃんに言われてから星座に興味が出てきたよ!
勉強して真姫ちゃんより詳しい星座博士になっちゃうにゃー!」

凛「とは言ったものの、何から手をつければいいんだろう……?」

凛「そうだ!いつも勉強教えてもらってるし、かよちんに電話で聞いてみよーっと!」


花陽『えぇっ!?星座についてお勉強するのぉ!?!?』

凛「な、なんでそんな驚くの……?」

花陽『だって!凛ちゃんが自分からお勉強するなんて言うからビックリしちゃったよ!』

凛「もー!かよちんってば失礼にゃ!そりゃ凛だって興味があれば勉強だってするよ!」

花陽『そ、そうだよね……ごめんね凛ちゃん!
それで星座についてだけど、本で勉強とかはどうかな?星座に関する本は沢山あると思うよ』

凛「うぇっ!?ほ、本かぁ〜……」

花陽『あはは……
たまには図書館なんかで勉強してみるのもいいと思うな。すごく勉強してる!って感じられるし身に付くと思うよ!』

凛「かよちんがそこまで言うなら頑張ってみようかな……
そうだ、かよちんも一緒に来る?」

花陽『私はー……(私が行くと甘やかしちゃうからなぁ) ごめんね凛ちゃん!これから水抜きに行かなきゃいけないの!』

凛「そっかぁ〜
なら仕方ないね!それじゃあ凛、頑張ってくるにゃ!」

花陽『頑張ってね、凛ちゃん!』

凛「かよちんも水抜き頑張るにゃ〜!」


凛「そういえば水抜きって何にゃ……?」

元スレ: 凛「星座博士になるにゃ!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:54:47.37 ID:Leqt4t3c.net
〜図書館〜

凛「さて、図書館に着いたにゃ。まずは本を集めなきゃねー……


星座の本ってどこにあるの?」

凛「あっ!あそこに居るのは絵里ちゃん!絵里ちゃんなら知ってるだろうし聞いてみよっと!

絵里ちゃん絵里ちゃんえーりちゃーん!」

絵里「!? り、凛!ここ図書館よ……!」

凛「なんにゃ!絵里ちゃんも凛が図書館にいることを不思議に思う失礼さんにゃ!?」

絵里「いや、そうじゃくって……!静かにしなきゃダメでしょう……!!」

凛「ハッ!? 聞いたことがあるにゃ!図書館では静かにしないと本に封印されちゃうんだよね……!」

絵里「う、うーん……まぁそういうことにしておきましょう。
そうよ、うるさくしちゃ封印されちゃうし、なにより他の人にも迷惑でしょう?」

凛「ごめんなさーい……」

絵里「(というか図書館来たことないのかしら……) わかれば良し。

ところで何か用だったかしら?」
6: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:56:59.80 ID:Leqt4t3c.net
凛「そうにゃ!絵里ちゃん、星座の本ってどこにあるか知ってる?」

絵里「星座?なんで凛が星座の本を?」

凛「なんか引っ掛かる言い方だにゃ……

凛ね、星座に興味が湧いたんだにゃ。だから誰より星座に詳しい星空博士になっちゃうんだー!」

絵里「あら、勉強熱心で良いことね!
星座の本はこっちよ、ついてきて」

凛「さすが絵里ちゃん、詳しいにゃ〜」
9: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 22:59:45.40 ID:Leqt4t3c.net
絵里「ここら辺が星座に関する本が置いてある場所よ」

凛「わぁ〜!こんなにいっぱいあるのぉ〜!?

うー……絵里ちゃーん、どれがいいかなぁ?」

絵里「そうねー 凛にならー……これとかどうかしら?( ぼくのわたしの星空たんけんたい」

凛「馬鹿にするのはやめるにゃ!凛は本気だよ!」

絵里「わかりやすそうなの選んだつもりなのに……(シュン」

凛「あ!これなんか分厚くて勉強してるみたいだにゃ!」

絵里「えっ 凛、それ読むの……?(何あの広辞苑並の厚さの本……)」

凛「そうだよ!凛は本気なんだって!」

絵里「そ、そう 私は応援してるわよ」

凛「では!レッツお勉強にゃ〜♪」
10: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:01:46.15 ID:Leqt4t3c.net
〜5分後〜


凛「ふむふむ。地球が回ってるから季節によって星の場所が違うんだね!納得にゃ〜♪」

絵里「あら!ちゃんと理解してるじゃない!偉いわよ凛(ナデナデェ」

凛「にゃへへ〜♪ よーっし!この調子で続けるにゃー!」

絵里「もう少し静かなら百点ね……」

凛「アチャー(>ω<;)」
12: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:03:58.46 ID:Leqt4t3c.net
〜15分後〜


凛「も、もう無理にゃあ〜……(グデーン」

絵里「凛にしては頑張った方じゃないかしら?」

凛「絵里ちゃーん!もっと星空を勉強する良い方法ないかなぁ〜……?」

絵里「うーん。星空ねぇ……

あ、そういえば真姫が星を見るのが好きって言ってたわ」

凛「真姫ちゃんが?
よーし、こうなったら真姫ちゃんと星を見に行くにゃ!絵里ちゃん、ありがとう!」

絵里「え?でも今は、ぁー……行っちゃった・・・」
13: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:06:48.76 ID:Leqt4t3c.net
〜西木野邸〜

凛「真姫ちゃーん!真姫ちゃん真姫ちゃんまーきちゃーーーん!!!♪」

真姫「その呼び出し方止めなさい」

凛「真姫ちゃん!星見に行こう、星!!」

真姫「今何時だと思ってるの?(真昼」

凛「ハッ!いつの間に!?」

真姫「あんた何時に起きたのよ……」
15: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:09:21.58 ID:Leqt4t3c.net
凛「うぇーん!今星見たかったのにぃー!」

真姫「今すぐ星が見たいn凛「うん!!」

真姫「なら良い場所があるじゃない」

凛「え?昼間から星が見られる場所があるの?」

真姫「凛、あなたお金持ってきた?」

凛「少しなら……ってまさか!真姫ちゃんロケット持ってるの!?」

真姫「えぇ?なんでそうなるのよ……」

凛「だってお金払って宇宙行く気でしょー!?」
16: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:10:55.44 ID:Leqt4t3c.net
真姫「なんでそうなるのよ!あなたの中の私どれだけ大富豪で大胆なの!?

違うわ。もっとお手軽に星が見られる場所があるの」

凛「じゃあ早く行かなきゃ!星は待ってくれないんだよ!!(グイー」

真姫「急がなくても大丈夫……って引っ張らないで!」
17: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:13:11.66 ID:Leqt4t3c.net
〜科学館〜

凛「プラネタリウム!!」

真姫「そ。プラネタリウムなら説明までしてくれるし、今の季節の星座も教えてくれるわ」

凛「さっすが真姫ちゃん、ナイスアイディア!」

真姫「当然デッショー というか普通星座の事なら真っ先にここが思い付くと思うけど……」

凛「細かいことは気にしないにゃ〜♪
さ、真姫ちゃん!入ろっ?」

真姫「……私は用事を思い出したから遠慮しておくわ」

凛「えー!……あ!まさか凛が星空博士になるのを恐れてこれから勉強かにゃ〜???(ニャニャ」

真姫「そんな心配してないわよ!
色々と準備があるのよ、準備が」

凛「ふぅーん。ま、用があるなら仕方ないにゃ。
ありがとね真姫ちゃん!」

真姫「お安いご用よ。じゃあね(ヒラヒラ」

凛「さて、それじゃあ早速見に行こーっと!(ハーナーレナイトユビサキーデー♪」
19: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:16:09.32 ID:Leqt4t3c.net
〜一方その頃〜

真姫「あそこのプラネタリウムはわりと時間かかるから、その間に準備しちゃお……っと電話ね。誰からかしら?
もしもし?」

希『あ、真姫ちゃん?今凛ちゃんと一緒?』

真姫「あら希。凛なら丁度今プラネタリウムに送ってきた所よ
なんで私と一緒に居るって知ってるのよ?」

希『さっきえりちから聞いて、凛ちゃんに電話かけても出んかったんよー

なーんや、せっかくのぞみん先生が教えてあげようと思ったのにー……ってありゃ?真姫ちゃんは見てこなかったん?』

真姫「あそこのプラネタリウムは小さい頃飽きるくらい見に行ったし、それにいいこと思い付いちゃったから、ね♪」

希『え、いいことー!?なになに?教えて〜♪』

真姫「んー……そうだわ!希、あなたも星好きよね?」

希『うん、好きぃ♪』

真姫「なら今から私の家に来てちょうだい。あなたも協力して貰うわ♪」
21: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:20:19.40 ID:Leqt4t3c.net
凛「ふぃ〜 色んな星座が見れて楽しかったにゃあ〜♪4つも星覚えちゃったよー!えへへ〜♪」

凛「ってもう外はだいぶ暗くなってきてる!もう帰ろーっと (ハーナーレナイトユビサキーデー♪)
ん、電話だにゃ!もしもーし?」

真姫『丁度終わったみたいね。』

凛「あーっ!真姫ちゃん!プラネタリウムねー、すっっっごかったよー♪」

真姫『そう、ならよかったわ♪
それより凛、これから学校の屋上来てくれないかしら?』

凛「学校の屋上?こんな時間になんでー?」

真姫『なんでも良いから、待ってるわよ♪(ピッ』

凛「え、あ、切れちゃったにゃ」

凛「とりあえず待ってるみたいだし急いで行かなきゃ!」
22: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:24:12.99 ID:Leqt4t3c.net
〜音ノ木坂学院屋上〜


真姫「ふぅ、これでよし。 希、ありがとう。悪いわね色々と手伝わせちゃって」

希「いやいや、楽しそうな案やし協力は惜しまへんよ♪」

希「おっ、星空ちゃんが来たみたいやで」


凛「あ、真姫ちゃん!希ちゃんもいるー!」

真姫「いらっしゃい。凛、星座について色々とわかったかしら?」

凛「うんっ!今の季節の星4つも覚えたんだ〜♪」
25: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:26:28.10 ID:Leqt4t3c.net
真姫「よ、4つ…… 全部言ってみてちょうだい」

凛「えーっと、アレガ、デネブ、アルタイル、ベガ!
変だよねー夏の大三角形なのに4つあるんだよ!」

真姫「」

希「凛ちゃん、アレガって星はあらへんよ……」

凛「えぇ!?でもでも、説明の時に『あれがデネブ』……『アレガ』って『あれが』!?」

真姫「凛はやっぱり凛ね……」
26: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:29:34.29 ID:Leqt4t3c.net
凛「そ、そんなことより!凛はなんで呼び出されたの?」

希「ふふっ♪なんでやと思う?」

凛「んー、ハッ!?まさか星空博士になる凛の邪魔を……!?」

真姫「あなたは邪魔しなくてもライバル視しないわよ」

凛「な、なんてこと言うにゃ……」

真姫「そうじゃなくって。凛、上見てごらんなさい」
28: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:33:38.91 ID:Leqt4t3c.net
>>26
× 真姫「あなたは邪魔しなくてもライバル視しないわよ」

◯ 真姫「あなたには邪魔もしなければライバル視もしないわよ」
27: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:31:55.71 ID:Leqt4t3c.net
凛「うえ……? わぁぁーーー!!!」

真姫「今日は満天の星空!そこで、夏の星座を私の持ってきた望遠鏡で天体観測よ♪」

凛「す、すごい……!さっき見てきたプラネタリウムみたいだにゃ……!」

希「プラネタリウムよりもすごい天然のプラネタリウムやで、凛ちゃん♪」
29: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:35:08.98 ID:Leqt4t3c.net
真姫「凛が星に興味を持ってくれて嬉しいわ
昼間に星が見たいって言ってたし、もっと興味が持てるように実物を生で見てもらおうと……キャッ!?ちょっと凛!なに急に抱き付いてるのよ!?」

凛「ギューッ)真姫ちゃん!希ちゃん!ありがとにゃあ♪
これからも一緒にこうして星空みようねっ☆」

こうして星空研究会 in μ's が結成し、後にノーベル科学賞を取るまでに成長した星空博士が誕生するのであった
30: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 23:35:46.52 ID:Leqt4t3c.net
おしまい


なんとか書きれました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「星座博士になるにゃ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。