絵里「これ…ですか?」アルパカ「メェー」

シェアする

絵里-アイキャッチ39
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 11:58:57.91 ID:4vBRv2fp.net
生徒会員「はい!他校の生徒にも意外と人気あるんですよ」

アルパカ「メェー」

絵里「ちょっとこれでは…」

生徒会員「でも…オープンキャンパスまであんまり時間もないですし…。少しでも何かしたいと思って…」

絵里「…アルパカなんかで廃校が救えたら苦労しないわよ」

生徒会員「あ……」ガクガク

絵里「…ごめんなさい、あなたを責めてるわけじゃないの。ただ…」

生徒会長「違います生徒会長!今すぐアルパカに謝ってください!」

絵里「えっ?どうして…」


ドドドッドッド


生徒会員「ひぃー!でたー!!」

絵里「!?」

元スレ: 絵里「これ…ですか?」アルパカ「メェー」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:00:29.97 ID:4vBRv2fp.net
ドドッドッドッド


ことり「へい!かもーん!!」パカパカ

花陽「よーべいべー!!」パカパカ

ことり「へい!かもーん!!」パカパッ

花陽「よーちぇけら!!」パカカッ


絵里「な、何よあれ!?」

生徒会員「知らないんですか生徒会長!?アルパカの悪魔ですよ!」
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:01:57.19 ID:4vBRv2fp.net
絵里「アルパカの悪魔…?」

生徒会員「奴らはもう人間ではありません!アルパカを愛するあまり下半身全体にアルパカ細胞を移植し突然変異を遂げた化け物です!」

絵里「え、アルパカ細胞……?」


ことり「あらら…かよてぃーん、今の聞いちゃった?」

花陽「化け物…?人間じゃない?中々言ってくれますね、生徒会長さん」

絵里「私は何も言ってないわよ!」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:03:10.17 ID:4vBRv2fp.net
ことり「もう、とぼけてもダメ……っ」クラッ

花陽「ど、どうしたの!?」

ことり「ううっ…」バタッ

花陽「だいじょう……!?」


ことり「う〜〜〜よんそくほこーう!」ビュンビュンパカパカ

花陽「わーお!ビュンビュン ぷわぷわーお!!」ブルンブルン


絵里「こ、怖い…」
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:04:29.33 ID:4vBRv2fp.net
ことり「そんなことよりかよてぃーん」

花陽「どうしちゃったのことりぃーん?」

ことり「久々に…アルパカ警察の出番みたいだね」ピーポーピーポー

花陽「おぉー…でんじゃらす!」カンカンカンカン

ことり・花陽「……」ギロッ


生徒会員「ひっ…」ブルブル

生徒会員「いやー!」タタタタタッ

絵里「ちょ、どこ行くの!?」
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:07:43.86 ID:4vBRv2fp.net
ことり・花陽「……」ジーッ

絵里「な、何……?」

ことり「確保!」

花陽「やぁっ!!」ビュン

絵里「ひぃっ!?」

ガシッ カチャ

ブォォォン

ドカッ

ガシャーン


牢獄

絵里「は…?」
7: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:09:37.10 ID:4vBRv2fp.net
花陽「一生そこで這いつくばっちゃいなYO!」

絵里「ふっ…ふざけないで!ここから出して!」

ことり「ダメです♪」

絵里「どうして!」

ことり「…あなたはアルパカ警察に逮捕されちゃいました♪罪を償うまではそこからでられません♪」

絵里「逮捕!?どうして私が逮捕されなくちゃいけないのよ!」
8: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:12:13.31 ID:4vBRv2fp.net
ことり「わからないの?」

絵里「わからないわよ!!」

ことり「本当にわからないの?」

絵里「わからないって言ってるでしょ!」

ことり「わっちょあねーむ?」

絵里「Eli Ayase」

ことり「そういうこと…だよ」スタスタ


絵里「どういうことよ!?」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:14:37.95 ID:4vBRv2fp.net
花陽「ひゅ〜…さすがことるぅぃぃ〜ん。巧みな話術で興奮する被疑者を抑え込みました!やっぱり理事長のむすメェェ〜」

花陽「あっ!体が勝手にアルパカの鳴きまねを!」

花陽「メェ〜〜メェ〜」ブロロンパカパカ

絵里「……」


ことり「あれかよてぃーん、左前足変えた?」

花陽「やっぱりわかる?あのね、実はパカオクで掘り出し物が買えちゃったんだ」

ことり「ええっ、パカオク!?ちゅ、中古品なの…?」

花陽「大丈夫だよ!未開封だったから!」

ことり「なーんだ、それなら安心だね!」

花陽「うん!」

ことり、花陽「あはははは」パカラッ


絵里「……」

絵里「…頭がおかしくなりそうだわ」
10: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:16:09.01 ID:4vBRv2fp.net
―――――――――――――


絵里(一体何がどうなってるのよ…わけがわからない)ポカッ

絵里(とにかく、ここから逃げだすためになんとかしないと……)ポカッ

絵里「もう!さっきから何なのよこれ!」バシッ

ポカッ

穂乃果「うへへえへへ…」ニヤニヤ


絵里「ひぃっ…」

絵里(な、何て不気味な笑顔なの…)
13: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:25:48.92 ID:4vBRv2fp.net
穂乃果「えへへへへ」ニコニコ

絵里「あ、あの…あなた高坂さん…よね?」

穂乃果「えっへぇ」ポンッ

絵里「ちょ、やめて!」

ポンッ

絵里「おみくじを私に投げつけるのはやめて!」

穂乃果「大吉が出る確率は8%と言われています」

絵里「へえーそうなの」

穂乃果「うそです」

絵里「へえーそうなの」
14: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:29:58.84 ID:4vBRv2fp.net
絵里「そんなことよりここはどこなのか、あなたはどうしてここにいるのか教えてくれる?」

穂乃果「……」ビリビリ

絵里「……?」

絵里(おみくじを破いて並べて…何をしてるのかしら)

穂乃果「……」チョンチョン

絵里「うん?」

おみくじ『た す け て く だ さ い』


絵里「……!?」
15: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:31:56.29 ID:4vBRv2fp.net
絵里「まさか、あなたもあの2人に監禁されて…」

穂乃果「……」コクッ

絵里「トラウマでまともな言葉がしゃべれなくなって…」

穂乃果「……」コクッ

絵里「生き残るためにはおみくじを引き続けるしかなかったということね」

穂乃果「その通りです!」

絵里「そう…大変だったのね」

穂乃果「……」コクッ


絵里「甘えてんじゃないわよ!」バシィィン

穂乃果「ほえええ」ビクン
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:36:24.87 ID:4vBRv2fp.net
絵里「ごめんなさい…これも生徒会長としての務めなの。痛くなかった?」

穂乃果『大丈夫です。こっちこそごめんなさい』

絵里「それで、あなたはどうして監禁されてしまったの?」

穂乃果『ことりちゃんが急に変なことを言いだして、止めようと思ったら捕まって、ここに閉じ込められて…』

絵里「……」

絵里(ことりちゃん…南さんのことね。彼女は一体…)

穂乃果『私はただ、スクールアイドルの活動を続けたかっただけなのに…。それで入学者数を増やして、廃校を止めたかっただけなのに、どうして…』

絵里「廃校……そうよ!こんなところにいる場合じゃない、オープンキャンパスまでに対策を見つけないと…」

穂乃果『生徒会長…』
17: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:41:15.81 ID:4vBRv2fp.net
絵里「高坂さん」

穂乃果『はい』

絵里「二人で協力してここを抜け出しましょう」

穂乃果『!?でも、私と…いいんですか?』

絵里「どういう意味?」

穂乃果『その…生徒会長は私たちのことを認めてないし、嫌われてるのかと思って…』

絵里「確かに…あなた達の活動を認めるわけにはいかない」

穂乃果「……」
18: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:44:33.88 ID:4vBRv2fp.net
絵里「でもね、困ってる生徒を放っておくわけにもいかないのよ」

絵里「だって私は…」


絵里「身長162cm、10月21日生まれでてんびん座のB型なんだから」

穂乃果『なんで急に自己紹介を?』

絵里「それは私が生徒会長だからよ!!!文句あるの!!??」バンッ

穂乃果『ない!』

絵里「よかった…これでもう、あなたと私は友達ね」
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:51:32.62 ID:4vBRv2fp.net
穂乃果『生徒会長…』

絵里「生徒会長なんて呼び方しないでよ。絵里って呼んで」

穂乃果『えっ、でも…』

絵里「大丈夫よ、穂乃果」

穂乃果「……」

穂乃果『……絵里先輩』

絵里「ふふっ、よくできました」

穂乃果『えへへ…』


ガシャーン
20: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:55:09.79 ID:4vBRv2fp.net
スタスタスタ

絵里・穂乃果「……!」

花陽「……お久しぶりです、穂乃果先輩」スタスタスタ

ことり「よく頑張ったねー穂乃果ちゃん」

穂乃果「……」

絵里「あなた達…穂乃果をどうするつもり」

ことり「どうもしないよ、穂乃果ちゃんは罪を償い終わったんだもん。穂乃果ちゃん、行こう?」

穂乃果「……」フリフリ

ことり「……?」
21: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 12:58:50.94 ID:4vBRv2fp.net
花陽「穂乃果先輩?やっとここから出られるんですよ?」

穂乃果「……」チョンチョン

穂乃果『絵里先輩も一緒じゃないといや』

絵里「穂乃果…」

ことり「ふーん…そういうことなんだ」

穂乃果「……」
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 13:03:55.85 ID:4vBRv2fp.net
ことり「だったらしょうがないね、生徒会長も一緒に…」

花陽「うん…」

穂乃果『ありがとう』


ことり「アルパカ細胞を移植しなきゃねぇぇ!!」ギラーン

花陽「注射!注射!」ブスブス

穂乃果「ひぎぃぃぃ!!」ビクン


絵里「どうしてそうなるのよ!?」
23: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 13:06:28.17 ID:4vBRv2fp.net
穂乃果「ああああ!!!」ピカピッカー

絵里「ああっ!穂乃果が光り輝いている!」

花陽「そうです、これがアルパカ細胞の力なんです」

絵里「光り輝いている!光り輝いている!」バゴーンバゴン

ことり「生徒会長さんもよく見てくださいね。これがアルパカ細胞の…」

絵里「光り輝いている!光り輝いている!」バキバキボリボリ

ことり「もうっ!ぬり絵なんてしてないで真面目に聞いてよ!」


キラーン
32: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 19:52:40.02 ID:4vBRv2fp.net
―――――――――

モクモクモク


ことり「よかった、実験は成功みたいだね」

花陽「だね」

絵里「うぅっ、あなたたち穂乃果に何をして…」チラッ

絵里「……!」

穂乃果「……」ニコッ

絵里「穂乃果が笑ってる…!以前はあんなに薄気味悪い笑顔を浮かべていた穂乃果が今は満面の笑みで私を見つめている…!」
33: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:01:09.01 ID:4vBRv2fp.net
穂乃果「今日はハンバーガーが食べたいな…」

絵里「まともな言葉もしゃべれるようになったのね」

ことり「ねえ穂乃果ちゃん、そろそろおうちに帰った方がいいんじゃない?海未ちゃんが待ってるよ」

穂乃果「ああーっ!そうだ!今日は海未ちゃんに宿題をやらされる日だった!」

花陽「早くしないと…海未先輩に怒られちゃいますよ」

穂乃果「うん、こうしてる場合じゃないよ!ことりちゃん、花陽ちゃん、絵里先輩、さようならー!!」

タタタタッ

絵里「はい、さようならー!」
35: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:14:09.86 ID:4vBRv2fp.net
絵里「……はっ!」

絵里「今の穂乃果…さっきまでとは別人のように元気になっていたわ」

ことり「気づいちゃったみたいですね♪あれがアルパカ細胞の力なんです」

絵里「アルパカ細胞…それって何なの?」

花陽「はい、アルパカ細胞っていうのは西木野病院が極秘に…」

絵里「話が長いのよ!!」バンッ

花陽「ひぃ!?」
36: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:15:24.75 ID:4vBRv2fp.net
絵里「いい!?もうオープンキャンパスまで時間がないの!それまでに生徒を集めなきゃ廃校になるのよ!」

花陽「は、はい…」

絵里「なによ!私が本当にやりたいことをやれてるのかって言いたいわけ!?やれてないわよ!だけど…なんとかしなくちゃいけないんだからしょうがないじゃない!」バンッ

花陽「誰もそんなこと言ってないよぉ…」

絵里「私だって好きなことだけやって、それだけでなんとかなるならそうしたいわよ!自分が不器用なのはわかってる。でも、今更アイドルを始めようなんて…私が言えると思う?」

花陽「知らないよぉ…。たすけてことりぃぃぃぃん」

ことり「お話はわかっちゃいました♪」
37: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:24:33.30 ID:4vBRv2fp.net
ことり「生徒会長さん、私たちはあなたの味方です」

絵里「どういうこと…?」

ことり「私たちも廃校を何とかするために頑張ってきたんです。一緒にやりませんか?」

絵里「でも、私にアイドルなんて…」

ことり「ううん、アイドルじゃないんです」

絵里「…?」

ことり「アルパカ細胞を使って、廃校を救っちゃうんです!♪」

絵里「!?」
38: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:34:05.84 ID:4vBRv2fp.net
ことり「生徒会長さん、音ノ木坂が廃校になる理由は何だと思いますか?」

絵里「それは…音ノ木坂の入学者数が減っているから…。人気ではUTXに負けてるしね…。だから、私たちは学校の魅力をアピールして…」

花陽「私も最初はそう思ってました。でも、本当は違うんです」

絵里「…え?」

ことり「音ノ木坂の入学者が減っている一番の原因は…」

ことり「少子化です」

絵里「いや、それはそうだけど」
39: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:39:37.40 ID:4vBRv2fp.net
花陽「根本的な問題を解決しないと、どうにもならないと思って…」

絵里「そうかもしれないけど…」

ことり「だから、私たちで少子化問題を解決することにしたんです♪」

絵里「そんなことできるの?」

花陽「できます!証拠を見せるので、私たちに着いて来て下さい!」

絵里「絶対嫌よ!」バンッ

ことり「どうして!?」

絵里「やっぱり行くわよ!」ドンッ

花陽「最初からそう言えばいいじゃないですか!」
40: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 20:54:43.58 ID:4vBRv2fp.net
絵里「それで、どこに行くの?」

ことり「ええっと…この上に実験室があるからそこに行こうと思って…」

絵里「よーしっ!実験室まで競争よ!負けた人ジュースおごりー!!」


タタタタッ

花陽「ひょうっ!アルパカ人間としてはただの人間にスピードで負けるわけにはいきません!はいやー!!」パカパカ

ことり「んんんんーっ!」パッカン

ことり「今日のラッキーダンゴムシはコシビロダンゴムシ!みんなもお財布の中にしまっておいてね!」

ことり「負けないよぉ〜♪」パカラッ
42: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:02:22.74 ID:4vBRv2fp.net
実験室

ことり「じゃあ生徒会長さん、静かに見ててね」

絵里「ええ!」

ことり「行くよかよてぃーん!」

花陽「へい!」

♪〜〜〜

ことり「こーとりのーつばさがついにーおおきくなってー」♪

花陽「たーびーだーちのひだよー」♪

ことり・花陽「へい!」
43: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:10:17.22 ID:4vBRv2fp.net
♪〜〜〜

ことり「こーとりのーつばさがついにーおおきくなってー」♪

花陽「たーびーだーちのひだよー」♪

ことり・花陽「へい!」

絵里(何をしているのかしら?机の上の水槽に歌を聞かせているみたいだけど…)


ことり「こーとりのーつばさがついにーおおきくなってー」♪

花陽「たーびーだーちのひだよー」♪

ことり・花陽「へい!」

絵里(いつまで続くのかしら…)
44: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:11:24.71 ID:4vBRv2fp.net
30分後

ことり「こーとりのーつばさがついにーおおきくなってー」♪

花陽「たーびーだーちのひだよー」♪

ことり・花陽「へい!」

絵里(本当にいつまで…!?)

水槽「」ピッカー

絵里「あっ!机の上の水槽が光り輝いている!」

絵里「光り輝いている!光り輝いている!」ドドドッドッドドン

ことり「ちょっと!静かにしてて!!」
45: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:15:29.76 ID:4vBRv2fp.net
ピッカー

絵里「あ、あれは…」

ビキビキビキビキ バーン!

アルパカ幼女「めぇー」

絵里「女の子…?南さんたちと同じように、下半身はアルパカのものになっているけど…」

ことり「びっくりしちゃいました?これがアルパカ細胞の真の力なんです」

絵里「ええ、びっくりだわ…」

花陽「びっくりされるんですけど…実は折神、結構得意なんです」

絵里「誰も聞いてないわよ」
46: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:18:00.21 ID:4vBRv2fp.net
絵里「そんなことよりこの女の子は一体…」

ことり「はい、それがアルパカ細胞なんです」

絵里「どういうことなの…?」

花陽「アルパカ細胞は西木野病院が極秘に開発したウィルスサイズの人工生命体です」

絵里「人工生命体…?でも、何で女の子に…」

ことり「うん、アルパカ細胞の栄養源はぷわぷわ質なんです。ぷわぷわ質を摂ったアルパカ細胞は30分で15歳の女の子と同じ大きさまで成長しちゃうんです♪」

絵里「ぷわぷわ質…わけがわからないわ」

ことり「さっきの私たちの歌に入ってたんだよ」プワプワー

絵里「なるほどね」
47: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:22:43.50 ID:4vBRv2fp.net
絵里「それで南さん、アルパカ細胞がすごいことはわかったけれど…どうやって廃校を防ぐつもりなの?」

ことり「このアルパカ幼女たちを…音ノ木坂に入学させます」

絵里「!?」


絵里「そんなことって…それに、この子たちはまだ産まれたばかり…!?」

アルパカ少女「おはよー」

ことり「そう、アルパカ幼女は30分で15歳の女の子と同じ大きさに成長する」

花陽「15歳と言えば中学三年生…!年齢的にはピッタリです!」
48: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:27:21.72 ID:4vBRv2fp.net
絵里「でも…こんな得体のしれない子たちを入学させることなんて…。入学書類だって必要になるし…」

ことり「生徒会長さん」

絵里「はいなんでしょう」

ことり「私のお母さんは理事長です」

絵里「はっ!」

ことり「書類の偽造ぐらいどうとでもなります!」

絵里「はぁぁぁぁんんん!」
49: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:28:31.45 ID:4vBRv2fp.net
花陽「今…この実験室には4000体のアルパカ細胞の実験体がいます」

ことり「この子たち全員を音ノ木坂に入学させれば…」

絵里「学校の存続は間違いなしってわけね…」

ことり・花陽「はい!」

絵里「こんな方法があったなんて…!」

絵里「……」チラッ

ことり・花陽「……」ニコニコ

絵里「南さん、小泉さん、ありがとう…」

ことり・花陽「えへへ…」
51: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:31:47.68 ID:4vBRv2fp.net
絵里「二人ともすごいわ。これなら絶対に廃校を止められる。これ以上ない完璧な作戦ね…」

ことり「うん!」

絵里「だったらどうしてもっと早く言ってくれなかったのよ!この!この!」ポカポカ

ことり「ひぃー!おたすけー!!」ポコポコ

花陽「せ、生徒会長!落ち着いてください!?」

絵里「…はっ!」

ことり「ひぃ…ひぃ」

絵里「ごめんなさい…突然興奮すること、これも生徒会長として避けられない運命なの」

ことり「そうだったんですか…生徒会長って大変なんですね」

絵里「あなたに何がわかるのよ!この!この!」ポコポコ

ことり「ひぎぃぃぃぃ!」
52: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:39:38.87 ID:4vBRv2fp.net
絵里「…そうだ!アルパカ少女たちの学力は大丈夫なの?いくら人数が少ないとはいえ、最低限の学力がなければ入学は難しいと思うのだけど…」

アルパカ少女「おはよー」

ことり「うーん…それはこれから頑張るしかないかな。アルパカ細胞はすごい細胞だから地頭はいいはずなんだけど」

アルパカ少女「はろー」

花陽「少し…勉強を教えなきゃダメみたいだね」

絵里「そうね…じゃあ、そっちはあなたたちに任せるわ」

花陽「生徒会長はどこに行くんですか?」

絵里「ちょっと海まで行ってくるわ」ジャバジャバ

ことり「いってらっしゃーい!」
53: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:44:02.07 ID:4vBRv2fp.net
一週間後

絵里「南さん、調子はどう?」

ことり「乗ってます。いえぇええええい!!」

絵里「あなたの話はしてないの。アルパカ少女たちの調子を聞いてるの」

ことり「……」シュン

花陽「えっとですね、アルパカ…」

絵里「私は南さんに聞いてるのよ!なんであなたが答えようとしてるのよ!南さん!早く教えて!」

花陽「もういやだぁ…」

ことり「それが…」
54: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:46:54.93 ID:4vBRv2fp.net
ことり「これなんですけど…」

テスト用紙「」

絵里「……」ペラペラ

絵里「…へぇ、すごいじゃない」

花陽「そうなんです…」

絵里「4000体全員成績はトップクラスね。これなら合格間違いなしよ」

ことり・花陽「……」ズーン
55: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/15(日) 23:50:01.09 ID:4vBRv2fp.net
絵里「二人とも…どうしたの?」

花陽「生徒会長…志望校のところを見てみてください」

絵里「えっ……!?」

絵里「第一志望…UTXですって!?」

ことり「はい…」

絵里「どういうことなのよ!?アルパカ少女たちは音ノ木坂に入学するはずでしょ!?そうじゃないと廃校に…」

花陽「あれを見てください」
56: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:00:53.97 ID:W1bxR0kJ.net
アルパカ少女たち「UTX!UTX!」ビュンビュン

絵里「な、何よアレ…。あの統率力、まるで鍛え抜かれた働きバチじゃない」

花陽「私たちは…一生懸命アルパカ少女さんたちに勉強を教えました」

ことり「毎日毎日、朝から晩まで一人一人丁寧に教えていました…」

花陽「勉強が嫌にならないように、楽しく学べるような方法も考えました」

ことり「それで…」

ことり・花陽「アルパカ少女さんたちがお勉強大好きになっちゃったんです!」

絵里「そんな!?生まれたばかりの頃から快適に勉強できる空間を与えられたアルパカ少女たちは勉強に没頭するあまり学歴主義に目覚めてしまったということなの!?」
57: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:04:04.94 ID:W1bxR0kJ.net
ことり「アルパカ少女さんたちはUTXの方がたくさんのことを学べるって言ってて…」

花陽「確かに…設備も向こうの方が上です」

絵里「でも…私たちの目的は音ノ木坂への入学者数を増やすことだったはずよ」

ことり「それは…そうですけど」

花陽「だけど…アルパカ少女さんたちの夢を叶えさせてあげたいんです」

ことり「アルパカ少女さんたちは…私たちの子どもみたいなものなんです。みんなには幸せになってほしいんです!」

絵里「みとめられないわぁ」

ことり・花陽「そんな…」
58: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:08:29.51 ID:W1bxR0kJ.net
絵里「それじゃあ本末転倒よ。私たちの目的はアルパカを音ノ木坂に入学させて廃校を防ぐこと。アルパカの幸せを考えることじゃない」

ことり「でも…」

絵里「大体、アルパカなんかがUTXに入れるわけ…」


「「アルパカなんか?」」


絵里「…あっ」

ことり「かよてぃーん、今の聞いちゃった?」

花陽「もちろんだよことりぃーん」

ことり「久々に…アルパカ警察の出番みたいだね」カンカンカン

花陽「おぉー…でんじゃらす!」ピーポーピーポー
59: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:11:09.46 ID:W1bxR0kJ.net
ことり・花陽「……」ジーッ

絵里「ちょ、ちょっと待ってくれない?ほら、もうすぐオープンキャンパスもあるわけだし…」

ことり・花陽「……」

絵里「……」


ことり「確保!」

花陽「やあっ!」

絵里「きゃっ!」

コノー エーイ イタッ

パカパカ ボコボコ ボコスカ
62: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:38:33.71 ID:W1bxR0kJ.net
2週間後 オープンキャンパス

ワーキャー ワーワー キャーキャー

希「すごい人…やね」

絵里「そうね…」

希「顔、大丈夫なん?まだ腫れてるけど」

絵里「大丈夫よこれぐらい」

希「……」

絵里「どうかした?」

希「ウチたち…特に何かしたわけでもないのに…。何でこんなに人が来てくれたんやろうと思って…」

絵里「ああ、それは…」
63: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:45:16.63 ID:W1bxR0kJ.net
―――――


UTX オープンキャンパス

アルパカ少女1「UTX!」パカッ

アルパカ少女2「UTX!」パカカッ

アルパカ少女たち「UTX!UTX!」パカパカ


英玲奈「ど、どういうことなんだこれは!?」

あんじゅ「わからないわぁー…なんなのかしらね」

ツバサ「へぇ…あの子たち、なかなか見込みがあるわね」

UTX! UTX! UTX!

キャーキャー ワーワー パカパカ
64: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 00:51:12.05 ID:W1bxR0kJ.net
―――――


希「なるほどなー…UTXはそんなことになってたんやね」

絵里「ええ…模試の成績も1位から4000位までアルパカ少女が独占状態。UTXを諦めた子たちがみんなうちに集まってきたってわけよ」

希「うん、なんか…なんとも言えんね」

絵里「まあ、おかげで廃校はなくなりそうだし、アルパカに感謝しなきゃいけないかもね…」スタッ

希「どこいくん?」

絵里「ちょっと…お礼を言いにね」

スタスタ
65: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:01:55.63 ID:W1bxR0kJ.net
アルパカ小屋

ガチャ

絵里「……」

白アルパカ「メェー」

茶アルパカ「メェー」

絵里「…おはよう」
66: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:03:41.08 ID:W1bxR0kJ.net
絵里「あー…こんなによごれちゃったのね」ゴシゴシ

白アルパカ「メェー」

絵里「ほら、あなたも」ゴシゴシ

茶アルパカ「メェー」

ゴシゴシゴシゴシ

絵里「ふぅ…きれいになったわね」

白・茶アルパカ「メェー」


絵里「それにしても…」
67: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:05:44.67 ID:W1bxR0kJ.net
絵里「まさかアルパカを愛するあまりに、下半身だけでなく上半身にもアルパカ細胞を移植することで身も心も完璧なアルパカになってしまうなんてね…」

絵里「ね、南さん、小泉さん」


白・茶アルパカ「メェー」


絵里「鳴き声だけじゃ何を言ってるのかわからないわよ…私はアルパカじゃないんだから」

白・茶アルパカ「メェー」

絵里「って言ったって…私の言葉も伝わってないわよね」


「そんなことないよ」
68: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:08:10.99 ID:W1bxR0kJ.net
絵里「穂乃果……」

穂乃果「絵里ちゃん毎日来てるの?」ガサガサ

絵里「まあ……」


穂乃果「ほーら、ごはんだよー」

白・茶アルパカ「メェー」モグモグ

穂乃果「えへへ…二人ともホントにおいしそうに食べるよね」

絵里「そうね…」
70: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:12:34.13 ID:W1bxR0kJ.net
穂乃果「絵里ちゃんは偉いね。私だって毎日来てるわけじゃないのに」

絵里「二人は…私の恩人だから。恩返しをしなくちゃ。それが私の務め…」

穂乃果「恩人…そっか。そうだったんだ」

絵里「……なに?」

穂乃果「あのね、絵里ちゃんからすると二人は恩人なのかもしれない。でもね」

穂乃果「二人は…絵里ちゃんに恩を売ったなんて思ってないと思うんだ。多分ね」

絵里「……」
71: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:15:06.74 ID:W1bxR0kJ.net
絵里「じゃあ…南さんと小泉さんは私のことをどう思ってたのかしら」

穂乃果「どう思ってたと思う?」

絵里「さぁ…見当もつかないわね」

穂乃果「えぇー!なんで!?簡単だよ!」

絵里「本当?何かしら…」

穂乃果「もうー、絵里ちゃんは変なところで鈍いんだからー」

穂乃果「私と絵里ちゃんの関係と同じ!」

絵里「それって…」


穂乃果「『友達』だよ!」
72: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:17:07.77 ID:W1bxR0kJ.net
絵里「友達…南さんと小泉さんが私の…」

穂乃果「…あのね絵里ちゃん」

絵里「なに?」

穂乃果「多分…ことりちゃんたちは絵里ちゃんに恩返しをしてほしいわけじゃないと思うんだ。だって、それは絵里ちゃんのやりたいことじゃないよね?絵里ちゃんが勝手に責任を感じてるだけだよね?」

絵里「それは……」

穂乃果「二人は…絵里ちゃんに会いに来てほしいんだよ。恩返しとかそんな大げさなことじゃなくて普通に、友達として」

絵里「……」

穂乃果「だから二人に話しかけてみようよ。いつも私と話してるときみたいに。南さんとか小泉さんっていうよそよそしい呼び方はやめてさ」

穂乃果「そしたらきっと…言葉も伝わると思うな」

絵里「穂乃果……」
73: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 01:18:54.95 ID:W1bxR0kJ.net
絵里(友達……)

絵里「……」チラッ

白・茶アルパカ「メェー」

絵里「……よし」


絵里「おはよう、ことり、花陽。今日も元気一杯ね」

白・茶アルパカ「メェー」
ことり・花陽「おはよう…」

「「絵里ちゃん!」」


茶アルパカ「メェー」
「えへへ…。毎日来てくれてうれしいな」

白アルパカ「メェー」
「あはは…。でもあんまり頑張りすぎちゃダメだよ♪自分の体を大切にしてね♪」

絵里「……」

絵里「…ふふっ、ありがとう」




絵里「また遊びに来るわ」ニコッ



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「これ…ですか?」アルパカ「メェー」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。