希「にこっち、また明日ね」 にこ「さあ、それはどうかしらね」

シェアする

のぞにこ-アイキャッチ4
1: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:15:34.79 ID:Z1Ehsh5eo
希「にこっち?」

にこ「いつまでもいつも通りの一日を迎えられるとは限らないわ。もう、時間が無いのよ」

にこ「さようなら、希」

希「にこっち?にこっち―――――」



―――――

―――





希「はっ…」ガバッ

チュン チュン ・8・

希「夢か……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410063324

元スレ: 希「にこっち、また明日ね」 にこ「さあ、それはどうかしらね」

スポンサーリンク
2: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:20:44.75 ID:Z1Ehsh5eo
希「にこっち、おはよう」

にこ「おはよう。…なに?暗い顔して」

希「んー…そう?ウチはいつでも元気なのだ!」

にこ「ふぅん、ならいいけど」

―――
――


絵里「希、なんだか元気がないけど…何かあった?」

希「大丈夫、なんでもないんよ」

絵里「…私、あなたの吐く嘘はだいたいわかるのよ」

希「大丈夫やって!大したことじゃないんよ、心配しないで」

絵里「そう?でもあまり無理しないでね、希」

希「うん」

―――
――


絵里「希、そっちは終わった?」

希「だいたい片付いたよ、書類はこれで全部やね」

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

希「まだ引き継いだばかりなんやし、最初からなんでもかんでも上手くはいかんよ」

穂乃果「ありがとう、絵里ちゃん、希ちゃん。ごめんね」

希「気にせんでいいの。また何かあったら言ってな、ウチらで手伝うから」
3: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:25:38.74 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


にこ「私、スーパーに寄っていくからもう帰るわね」

希「うん、お疲れさん」

にこ「じゃあね」

希「…、にこっち」

にこ「なに?」

希「また、明日ね」

にこ「…『また明日』、ね。明日もそう言えるかしら」

希「え…」



―――――

―――





希「…はっ」ガバッ

希「ぇ……えっ?」
4: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:30:13.82 ID:Z1Ehsh5eo
希「にこっち!にこっち!」ダダダ

にこ「うわっ…なによ朝っぱらから!」

希「えっと…、えっとな……」

にこ「…?」

希「にこっち、また明日!」

にこ「…さあ、それはどうかしらね」

希「やーんっ!?」



―――――

―――





希「…っ!」ガバッ

希「また夢…これも夢…?」
6: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:35:16.63 ID:Z1Ehsh5eo
希「……」

にこ「おはよう、希――なに?暗い顔して」

希「…ううん、なんでも」

にこ「…そうは見えないけど?」

希「なんでもないんよ、ちょっと寝不足で…」

にこ「ふぅん、ならいいけど」

―――
――


絵里「希、どうしたのよ…ひどい顔してるわ」

希「んー…ちょっと変な夢見たんよ……」

絵里「どんな?」

希「…にこっちが居なくなっちゃう夢」



絵里「―――――」



希「絵里ち?」

絵里「そんな日が、いつか必ず来るのよ、希」

希「えっ…」



―――――

希「なっ、なんで…!」

―――





希「はっ…!」ガバッ

希「なんなん、これ…!?」
7: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:40:21.77 ID:Z1Ehsh5eo
にこ「おはよう、希――なに?暗い顔して」

希「…ううん、なんでも」

にこ「…そうは見えないけど?」

希「なんでもないんよ、ちょっと寝不足で…」

にこ「ふぅん、ならいいけど」

―――
――


絵里「希、どうしたのよ…ひどい顔してるわ」

希「大丈夫、なんでもないんよ」

絵里「…私、あなたの吐く嘘はだいたいわかるのよ」

希「絵里ち、今は聞かんといて…」

絵里「…そう。あまり無理しないでね、希」

希「…うん」
8: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:42:21.87 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


絵里「希、そっちは終わった?」

希「だいたい片付いたよ、書類はこれで全部やね」

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

希「まだ引き継いだばかりなんやし、最初からなんでもかんでも上手くはいかんよ」

穂乃果「ありがとう、絵里ちゃん、希ちゃん。ごめんね」

希「気にせんでいいの。また何かあったら言ってな、ウチらで手伝うから」
9: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:45:16.13 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


にこ「私、スーパーに寄っていくからもう帰るわね」

希「うん、お疲れさん」

にこ「じゃあね」

希「…、にこっち」

にこ「なに?」

希「……ううん、なんでもない。じゃあね」



にこ「―――この臆病者」



希「…!?」ビクッ



―――――

―――





希「ぅあ…っ!?」ガバッ
10: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:47:27.18 ID:Z1Ehsh5eo
にこ「おはよう、希――なに?暗い顔して」

―――

絵里「希、どうしたのよ…ひどい顔してるわ」

―――

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

―――
――


にこ「私、スーパーに寄っていくからもう帰るわね」

希「なー、にこっち、一緒に帰らへん?」

にこ「いや、だからスーパー寄るから――」

希「ウチも付き合うよ。いいやろ?」

にこ「…ならいいけど……」
11: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:50:16.68 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


希「随分たくさん買うんやね」

にこ「まあ、これから何があるかわからないからね」

希「何かあるん?」

にこ「色々あるでしょ?準備をしておかないとね」

希「…? そっか……」

希「にこっち、今日の夕ご飯は?」

にこ「ハンバーグにする予定よ。チビ達が喜ぶから」

希「――じゃあ……明日の、夕ご飯は?」

にこ「―――――」

希「……」

にこ「なによもう、うちの献立なんて希に関係ないじゃない」

希「…!そ、そうやねっ!ちょっと気になっちゃ――」パァッ



にこ「明日も私と希が一緒にいる保証なんてないんだから」



―――――

―――





希「えっ…!」ガバッ

希「…もう!なんで……!」
12: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:52:18.79 ID:Z1Ehsh5eo
にこ「おはよう、希――なに?暗い顔して」

―――

絵里「希、どうしたのよ…ひどい顔してるわ」

―――

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

―――

にこ「さようなら、希」

―――

絵里「希、どうしたのよ…ひどい顔してるわ」

―――

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

―――

にこ「さようなら、希」

―――

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

―――

にこ「さようなら、希」

―――

にこ「さようなら、希」

―――

にこ「さようなら、希」

―――――

―――

13: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 13:56:44.08 ID:Z1Ehsh5eo
にこ「おはよう、希――?ちょっと、あんたどうしたのよ」

希「どうって…何も……」

にこ「そんな訳ないでしょ、ひどい顔してるわよ!」

希「大丈夫、大丈夫やから――」フラ

にこ「ち…ちょっと!」

―――
――


絵里「希、無理しないで保健室に行きましょう…私が付き添うから……」

希「絵里ち、大丈夫やから……」

絵里「…もう!無理やりにでも引っ張っていくわよ!」グイッ

希「――それはもう試したんよ」ボソ

絵里「え…?」

希「絵里ち、心配しないで…ウチは平気やから……」

絵里「希…」

―――
――


絵里「希、そっちは終わった?」

希「…"だいたい片付いたよ"、"書類はこれで全部やね"。」ブツブツ

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

希「"まだ引き継いだばかりなんやし"、…次はなんやったかな……ああ、
  "最初からなんでもかんでも上手くはいかんよ"。」ツラツラ

穂乃果「? …ありがとう、絵里ちゃん、希ちゃん。ごめんね」

希「…気にせんで。また何かあったら言ってな、ウチが…なんとかするからね」



希「ウチが、なんとか――するから」
14: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:04:29.16 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


にこ「あんた、ついてきたのに何も買ってないじゃない」

希「…うん」

にこ「もう精算しちゃうわよ」

希「……」

にこ「…希」

希「――ウチは、みんなと一緒に居たいだけなんよ」

希「やっと9人になれたんよ。もう廃校も決まって、いよいよダメかもってギリギリで、やっと……」

にこ「―――――」

希「学校も、生徒会も、ウチがなんとかするから――9人で一緒に居られればそれでいいから――」

希「ねえ、にこっち、それだけでいいから、明日も、明後日も、そうやって、ずっと…それだけで――」

にこ「―――――」

希「にこっち!!」

にこ「―――――」

希「……」

希「にこっち、"明日の夕ご飯は?"」

にこ「なによもう、うちの献立なんて希に関係ないじゃない」

希「…関係なくていいから――!」

にこ「明日も私と希が一緒にいる保証なんてないんだから」

希「ウチと一緒に居てよ、にこっち!!」



―――――

―――





希「―――――」ガバッ

希「―――――」
15: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:06:01.93 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


絵里「希、そっちは終わった?」

希「――もう、嫌や……」ボソッ

絵里「え?」

希「もう嫌って言うたんよ!」ガタッ

希「また夢なんや!これも夢なんや!!夢なら…ウチの好きにさせてくれたっていいやろ!!」

希「どうして…夢の中でくらい!みんなでずっと、ずっと一緒に――」

海未「仕本すみいつもま里のにや希事のではなせん来ならもう―絵、―い」

希「ひっ…!?」ビクッ

穂乃果「が絵とうん、希ち、ゃありゃちんんめ里。ごね」

希「なっ、なに…」

絵里「希きしでよが健にでって室らに付無ないくかも引ましき、っ張い……もう無わ理添うょう……や保り理私行!!」

希「や、やだっ…やだ!!」

にこ「の臆者こ病」

にこ「病者の臆こ」

にこ「こ病の者臆」

希「いや…もう嫌や、こんなの!いや…いやっ!!」


―――――

―――





希「嫌っ…ぁっ!?」ドサッ

希「うっ…げほっ、こほっ……コホ」

希「けほ…ぅ…ベッドから、落ちた……」

希「あ…今度は、夜……?」
16: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:10:22.46 ID:Z1Ehsh5eo
希(…どうしたらいいんやろ。朝まで待って、あとはいつも通りかな…?)

希(いや、今のうちに何か行動を…今からにこっちか絵里ちの家まで行けば…!)フラ

希(今何時なんやろ…服は――そのままでいいか、どうせ夢なんやし)ガチャガチャ

希(急がないと、また…また…?)キィ

希「……意味、あるんかな」

希(何をしたってまた最初からなのに…最初から?)

希(一日だけでも繰り返せるなら…それは、ウチが望んでいた事と同じなんやないの…?)

希(同じ一日でも9人で部室に集まって、一緒に練習して…それを何度も、何度だって……)

希(―――――)





希「…"また明日"」ボフッ

希(神さん、願わくば…夢の中だけでもずっとみんなと一緒に――)





―――

―――――
17: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:15:17.25 ID:Z1Ehsh5eo
希「にこっち、おはよう」

にこ「おはよう。…なに?暗い顔して」

希「んー…そう?ウチはいつでも元気なのだ!」

にこ「ふぅん、ならいいけど」

―――
――


絵里「希、なんだか元気がないけど…何かあった?」

希「大丈夫、なんでもないんよ」

絵里「…私、あなたの吐く嘘はだいたいわかるのよ」

希「大丈夫やって!大したことじゃないんよ、心配しないで」

絵里「そう?でもあまり無理しないでね、希」

希「うん」

―――
――


絵里「希、そっちは終わった?」

希「だいたい片付いたよ、書類はこれで全部やね」

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

希「まだ引き継いだばかりなんやし、最初からなんでもかんでも上手くはいかんよ」

穂乃果「ありがとう、絵里ちゃん、希ちゃん。ごめんね」

希「気にせんでいいの。また何かあったら言ってな、ウチらで手伝うから」

―――
――


にこ「私、スーパーに寄っていくからもう帰るわね」

希「うん、お疲れさん」

にこ「じゃあね」

希「にこっち」

にこ「なに?」

希「また明日ね!」

―――――

希「にこっち、また明日ね」

―――――

希「また明日!」
18: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:20:24.68 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


希「にこっち、おはよう」

にこ「おはよう。…ちょっとあんた、どうしたのよ!」

希「そう?ウチはいつでも元気…って、あれっ?」

にこ「うわ、寝てるし――なんで開けっ放しなの?泥棒!?」

希「え…?いつもと違…」



にこ「いつまで夢見てるのよ!起きなさい、希!」



―――――

―――





希「……」パチ

にこ「これどうなってんのよ、ドア全開だったわよ!何も盗られてないでしょうね、通帳とか!」

希「……にこっち」ムク

にこ「なによ、寝ぼけてんの?それどころじゃ――」

希「また明日ね」

にこ「…はぁ?あんたが遊ぼうっていうからわざわざ朝から来てやったのに追い出す気?」

希「あれ?…ああ、そっか、夢じゃないんやね……」

にこ「? なに?何の夢見てたの?」

希「――なんやったんやろ…」ジワ

希「よく…わかんないっ……」ポロポロ

にこ「え…えっ、ちょっと――ああもう、意味分かんない……」
19: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:25:33.61 ID:Z1Ehsh5eo
希「にこっち…にこっち……!」ヒシッ

にこ「…はいはい、怖い夢見たのね。もう大丈夫よ、これは夢じゃないから」ナデナデ

希「にこっちが悪いんよ、にこっちが『また明日』って言うてくれないから…」

にこ「そんなの知らないわよ、なにそれ」

希「ウチはみんなと9人で一緒に居たいだけやのに、にこっちも絵里ちも時間がないって、
  いつまでも一緒に居られる訳じゃないって、何回、何回言うても…!」

にこ「……そう、そんな夢だったの」

にこ「ねえ、希。それはね、本当の事よ」

希「え…」

にこ「当然じゃない。私たちは3年生なのよ。あと半年もあれば…9人じゃなくなるわ。6人と、3人になるの」

希「や、やって…そんなの分かるけど、せっかくあんなに頑張って、絵里ちもたくさん笑うようになったのに、
  にこっちも楽しそうにしてるのに、あとたった半年なんて、そんなの――!」

にこ「ええ、バカみたいでしょ。…私たちは遅すぎたのよ」

にこ「でも、だからってそんなことでその短い時間を無駄遣いしてどうするのよ!」

希「……」グス

にこ「あんたの目論見通り、まんまと9人揃ったわ。生徒会の役目も穂乃果たちが引き継いでくれた」

にこ「避けられない事を怖がる時間があったら…今を楽しみなさい。あんたの仕事はもう終わったんだから」
20: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:27:30.44 ID:Z1Ehsh5eo
希「…そっか。もうウチ、頑張らなくていいんやな」

にこ「あー、まあ…穂乃果たちが生徒会の仕事に慣れるまでの辛抱ね」

希「じゃ、もうしばらく気張らないとダメやね」

にこ「穂乃果が聞いたら拗ねるわよ」

希「てへ…」

にこ「…希。もうすぐ終わってしまう時が来るけど、その時までは誰もあんたの前から居なくなったりしないわ」

希「…うん」

にこ「あんたが引き合わせたから9人で一緒に居られるの。あんたが戦って、この時間を勝ち獲ったのよ」

希「うんっ……にこっち…怖かったよぉ……」ポロポロ

にこ「夢の事はわからないけど…よく頑張ったわね」ギュ
21: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:30:49.88 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


にこ「…落ち着いた?」ポンポン

希「…うん」

にこ「ところで、なんでドア開いてたのよ」

希「…多分、夢の中で開けたんやと思う」

にこ「あんたそれ夢遊病じゃないの…?」

希「あの時だけは夢じゃなかったんかな…二度寝しなければ…よか、った……」

にこ「ちょっと。三度寝するつもり?」

希「…遊びに行く…」コクコク

にこ「…泣き疲れね。遊びに行くのはお昼からでもいいでしょ、起こしてあげるから寝ていいわよ」

希「ん…」ボフ

にこ「漫画借りるわね。適当に時間潰すから――」

希「…」クイ

にこ「…なに?」

希「やだ…一緒にいて……」

にこ「あんた本当に希よね……?」

希「にこっち…」

にこ「……わ、わかった、わかったわよ。ほら、眠るまで手握っててあげるから」ギュ

希「…うん」ギュ

希(今度は、明日に行けるやろか――)





―――

―――――
22: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:32:30.88 ID:Z1Ehsh5eo
希「にこっち、おはよう」

にこ「おはよう。…なに?顔が緩んでるわよ」

希「ウチはいつでも元気なんよー」

にこ「…どうやらそうみたいね」

―――
――


絵里「希、何かいい事でもあった?」

希「ううん、別にー。でもいい天気やね」

絵里「ええ…こういう日は、屋上練習も気持ちがいいわよね」

希「お天道さんも照ってるし、誰かが頭を撫でてくれてるみたいに気持ちがいいんよ」

絵里「…撫でてあげようか?」

希「これ以上リラックスしたら眠ってしまうんよ~…」

―――
――


絵里「希、そっちは終わった?」

希「だいたい片付いたよ、書類はこれで全部やね」

海未「いつもすみません、本来ならもう絵里や希の仕事ではないのに――」

希「…いいんよ、ウチらがこうしてあげられるのも、もうあと少しだけやから」

穂乃果「ありがとう、絵里ちゃん、希ちゃん。ごめんね」

希「穂乃果ちゃん、海未ちゃん、ことりちゃん。ウチらが居なくなっても…頑張ってな」

穂乃果「うん!」

希「任せたよ」
23: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:35:42.94 ID:Z1Ehsh5eo
―――
――


希「随分たくさん買うんやね」

にこ「まあ、これから何があるかわからないからね」

希「何かあるん?」

にこ「色々あるでしょ?準備をしておかないとね」

希「…そっか。うん、そうやね」

希「にこっち、今日の夕ご飯は?」

にこ「ハンバーグにする予定よ。チビ達が喜ぶから」

希「――じゃあ……明日の、夕ご飯は?」

にこ「? 別に決めてないけど…デザートはイチゴね。特売があるのよ」

希「…イチゴ」

にこ「なに?食べたいの?」

希「うん…というか、にこっちと食べたいかな」

にこ「……なにそれ」

希「にこっちの家でご飯いただいたことないもん。チビちゃん達にも会いたいし」

にこ「あっそ。…じゃ、来る?明日」

希「いいの?」

にこ「ま…せっかくだし、ね」
24: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:40:23.18 ID:Z1Ehsh5eo
にこ「私、このまま真っ直ぐ帰る予定だけど」

希「じゃあウチも帰ろうかな。――遊びに行く予定があるんよ」

にこ「今から?ふぅん…明日は空けておきなさいよ」

希「…明日が、あるんやね」

希「いつまでも同じ楽しい一日やないけど…明日も、明後日も、そうやって、ずっと、続くんやね」

にこ「何言ってるの?当たり前じゃない」

希「うん…知ってたん。ウチは怖くて、知らんぷりしていたかっただけなんやね」

にこ「…? まあ、なんでもいいけど。じゃあね」クル

希「あ――にこっち!」

にこ「なによ?」



―――――

―――





希「また、明日ね、にこっち――」ムニャ

にこ「ええ…また明日ね、希」ナデナデ



おしまい
25: ◆khUorI/jDo 2014/09/07(日) 14:41:03.63 ID:Z1Ehsh5eo
おしまいです、ありがとうございました。
のぞにこでした。前ものぞにこっぽいの書きました。書き溜めにもうひとつのぞにこがあります。あれおかしいな
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 15:14:14.88 ID:Z1Ehsh5eo
>>27
過去に書いたものはこちらになります。書き溜めは完成させられるよう頑張ります
希「みんなのにこにーお姉ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402228640/


他にも2つほど書いているのでよろしければどうぞ

穂乃果「μ'sの雨の日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401799858/

真姫「臆病者の序列」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405418405/

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「にこっち、また明日ね」 にこ「さあ、それはどうかしらね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。