「にこって3年生だけど、みんなより若く見えちゃって……」海未「えっ」

シェアする

にこ-アイキャッチ22
1: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:02:10.02 ID:seZl3XLxO

ラブライブ!

うみにこ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461762130

元スレ: 「にこって3年生だけど、みんなより若く見えちゃって……」海未「えっ」

スポンサーリンク
2: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:02:51.81 ID:seZl3XLxO

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──二年生教室──


ことり「海未ちゃ〜ん、スクフェスインストールした?」

海未「はい、昨日しました」

海未「まだ、あまり出来ていませんが……」スッ

ことり「わぁ、センターはにこちゃんにしたんだねぇ」

海未「はい……///」

ことり「うんうん、かわいいよねぇ」ニコニコ

ことり「もう、勧誘チケットは引いた?」

海未「勧誘チケット?」

ことり「貸して? ……ほら、ここで使えるよ」

海未「これはどういうものなのです?」

ことり「新しく始めた人は一回ガチャが引けるんだよぉ〜」

海未「そうなのですか……」

ことり「いいのはたまーーーーーにしか出ないんだけどね」アハハッ

穂乃果「んー?」ヒョコッ

ことり「穂乃果ちゃんっ♪」

海未「穂乃果っ」

穂乃果「海未ちゃん、チケット引くの?」

海未「ええ、ことりに教えていただいたので」

穂乃果「穂乃果も一緒に見てもいい?」ワクワク

海未「ふふっ♪ もちろんです」ニコッ

海未「ではいきますよー」
4: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:03:47.80 ID:seZl3XLxO


チャンチャンチャンチャーン♪

チャラリラリンッ♪


ことほの『えっ?』

海未「わぁっ、かわいい封筒……あ、にこですっ♪」ニコッ

ことほの『UR…………』

海未「ゆーあーる? ですか。とってもかわいいですっ♪」ニコニコ

ことり「海未ちゃん、凄すぎだよ
〜」

穂乃果「普通でないもんねぇー」

海未「そうなんですか?」キョトン

ことり「早速センターにしてみたら?」

海未「はいっ♪」ニコニコ


ぽちぽち。


穂乃果「おー、さっすがにこちゃん! かわいいねぇ」ニコッ

海未「ええ、とってもっ♪」

海未「うふふっ♪ どんなことをお話してくれ────」


「にこって3年生だけど、みんなより若く見えちゃって……」


海未「えっ」


ことり「海未ちゃん?」キョトン


「それがコンプレックスぅー」


海未「嘘、ですよね…………?」ボーゼン

穂乃果「どうしたの?」キョトン

海未「にこって……三年生だったのですか?」ワナワナ

穂乃果「えっ、うん」

海未「一年生じゃなくて?」

ことり「じょ、冗談だよね? たしかに一年生のみんなとは仲良しだけど……」

海未「ということはにこは今年で卒業…………?」

ことほの『……知ってた、よね?』

海未「────にこっ!」ダッ!

ことほの『海未ちゃん!?』
5: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:04:51.37 ID:seZl3XLxO

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──三年生教室──


にこ「これ、絵里が自分で作ったの!?」

絵里「そ、そうよ? あんまり上手じゃないんだけど……///」テレ

にこ「かーわーいーいーっ!」

希「器用やろ? うちも作ってもらったことあるんよ」クスクスッ


きらっ!


にこ「えー! いーなーっ! にこも欲しいよぉ〜! えりぃーっ!」

絵里「ふふっ♪ じゃあ今度作ってあげ────」


がらがらばしーんっ!


海未「絵里! 希っ! にこは────」

のぞえりにこ『海未(ちゃん)!?』

海未「あっ! にこ…………」

にこ「ど、どうしたのよ?」

海未「そんな、そんなバカな……っ」ヘタッ

海未「ここは三年生の教室……そこにいるということは」

海未「うぅっ……もう、終わりです……っ」グスッ

にこ「終わりなの!?」ガタッ!

絵里「どうしたのよ海未っ!」ガタッ!

希「泣いとるん!? 大丈夫!?」ガタッ!

海未「うっ、ぐず……ふぇっ。うぅっ……うわぁーんっ!」ポロポロ


にこ「ちょ、ちょっと! どこか痛くした!?」アワアワ
6: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:05:27.36 ID:seZl3XLxO

「おーい!」

「海未ちゃーんっ!」


絵里「穂乃果、ことり!?」

希「大変なんよ! 海未ちゃんが急に泣き出して……」

穂乃果「た、多分にこちゃんのせい……」

にこ「にこの!?」

ことり「と、とりあえず落ち着ける場所に行こうか? ここじゃ……」

絵里「そ、そうね!移動しましょう」

希「うちは真姫ちゃんを呼んでくるっ!」

にこ「海未、大丈夫? 海未?」オロオロ

海未「うぇーんっ! いやです、いやですよぉ、にこぉっ!」ボロボロ
7: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:06:09.69 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──ドクターマッキーの研究室──


真姫「…………好き、嫌い、好き」プチップチッ

真姫「────嫌い」プチッ

真姫「…………あ、取る花を間違えたわ」

真姫「こっちの花だったわ。だって、私たちは結ばれる運命なんだもの」プチッ

真姫「好き、嫌い、好き、嫌い…………
」プチップチップチッ

真姫「────好き」

真姫「ほらね? やっぱり花陽も凛も私のことが好きなんじゃない」ニコッ


がらがらばしーんっ!


希「真姫ちゃん、大変なん!」ハァハァッ

真姫「なによ希? はぁはぁ言って。発情期?」

希「走ったからやん!」ハァハァッ

真姫「それはさぞかしおっぱいが揺れたでしょうね。見たかったわ」
8: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:06:49.67 ID:seZl3XLxO
希「花占いしてる場合ちゃうよ! すぐにきて!」

真姫「ちょっと、それどういう意味? 私たちの将来を占う大事な占いよ?」

希「大丈夫や! 真姫ちゃんはりんぱなちゃんと結婚できるやん!」

真姫「はいはい。そーやって、いつもみたいに適当言わな────」

希「うち、未来見てきたっ!」

真姫「み、未来を見てきた!?」ガタッ!

希「だから大丈夫や!」ニコッ

真姫「え、ちょ、え? 意味わかんない」

希「とにかく真姫ちゃんたちは大丈夫だから!」

真姫「え、嘘? 適当じゃなくて?」

希「今は海未ちゃんを助けて! ドクターマッキー!」

真姫「────海未、を?」

希「…………」コクン

真姫「…………っ」ツカツカ


────ばさっ!
(白衣を着る音)


真姫「友達の危機、だからこそ平等に診察させてもらうわ」ニコッ

希「ドクターマッキー!」

真姫「────患者はどこかしら?」キリッ
9: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:07:46.90 ID:seZl3XLxO


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──アイドル研究部部室──


海未「うぇっ、ひぐっ」グスッ

凛「海未ちゃん大丈夫!?」アワアワ

花陽「真姫ちゃんはまだ!?」オロオロ

ことほの『海未ちゃん……』

絵里「にこ、私どうしたら!?」ギュッ

にこ「だ、だだだ大丈夫よ! 今に希が真姫を────」


がらがらばしーんっ!


希「みんなお待たせっ!」ハァハァッ


みんな『希(ちゃん)っ!』


真姫「んふっ♪」ンフッ


みんな『ドクターマッキー!』


にこ「真姫! 海未をっ!」ウルウル

絵里「はやくっ!」ウルウル

真姫「さて。最低で最高のμ'sメンバーを困らせちゃってる困った患者様はどちらかしら?」

りんぱな『こっちだよ!』

真姫「マイエンジェルズ」ンフッ

穂乃果「マッキー! 海未ちゃんをお願い!」

ことり「まきちゃぁん……」

真姫「任せなさい」ツカツカ

海未「うえーんっ! まきぃっ……」グスッ
10: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:08:16.68 ID:seZl3XLxO
絵里「お疲れ様、希。ところでどうしてはぁはぁ言ってるの? 興奮してるの?」

希「は、走ったから、やん」ハァハァッ

絵里「そう……それはさぞかしおっぱいが揺れたでしょうね。見たかったわ」

希「う、うん……」

絵里「さ、疲れたでしょう? あとは真姫に任せて、どこか静かなところで『休憩』しましょう?」ハァハァッ

希「な、なんではぁはぁしとるん?」


真姫「エリー! うるさい!」ウガー!


絵里「ご、ごめんなさい」シュン


真姫「他のみんなも! 集中出来ないから部室から出てって!」


みんな『は、はいっ!』


がらがらばしーんっ!


海未「あっ! にこぉっ! にこぉ……」ポロポロ

真姫「…………んふっ♪」ンフッ
11: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:08:52.42 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


真姫「────どう? 少しは落ち着いた?」ニコッ

海未「話を聞いてくれてありがとうございます」ホッ

海未「ドクターマッキー、私は……」

真姫「…………そうね」

海未「はっきり、言ってくれませんか?」ギュッ

真姫「結論を出す前に確認したいことがあるわ」

海未「確認したいこと?」キョトン

真姫「…………服、脱げるかしら?」

海未「あ、はい///」ヌギヌギ

真姫「下着もいいかしら?」

海未「えっ!? は、恥ずかしい!//////」

海未「────ですが、仕方ないですよね//////」ヌギヌギ

真姫「んふっ♪」ンフッ

海未「うぅっ、これで大丈夫ですか?//////」

真姫「腕、邪魔なんだけど……」

海未「……っ//////」

真姫「まあいいわ。そんなに恥ずかしいなら背中をこっちに向けなさい」
12: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:09:33.12 ID:seZl3XLxO
海未「あ、それなら……///」クルッ

真姫「じゃあ、診察していくわね」スッ


ふよんっ♪


海未「きゃっ!//////」

真姫「ちょっと動かないでよ」

海未「どどどどどこ触ってるんですかっ!?/////////」カァーッ

真姫「んふっ♪ まあ、いいじゃない」ニコニコ


がらがらばしーんっ!


真姫「────っ!」ビクッ

にこ「…………っ」ハァハァッ

海未「に、にこぉっ!」グスッ

真姫「に、にこちゃん? どうしたのはぁはぁ言って? 発情期?」アセアセ

にこ「……どこ触った」

真姫「な、なによ! 私は別に────」

にこ「海未、胸?」

海未「…………っ////////////」コクリ

にこ「…………」ジロッ

真姫「…………」ダラダラ

にこ「それ、診察と関係あんの?」

真姫「も、もちろんよっ! あるに決まって────」アセアセ

にこ「ホントか?」ギロッ

真姫「い、いや、その…………っ」

にこ「真面目にやれ」

真姫「すみませんでした」

海未「にこ…………//////」キュン
13: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:10:15.06 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


みんな「「にこにー大好き病!?」」

真姫「そうよっ。本人には黙っておいてね」

にこ「な、なによ、それ?」ワナワナ

真姫「にこにーのことが好きすぎて様々な症状を引き起こす病気よ」

花陽「そんなの聞いたことないよぉ」フルフル

真姫「基本的にはにこちゃんからの好意を受けられれば症状は抑えられるわ」

穂乃果「そ、そんな……海未ちゃんが?」グスッ

真姫「今回、大きく症状が出てしまったのは、にこちゃんとの別れを強烈に意識したから」

絵里「でも、私たちが三年生だってことは海未だってわかって……」

真姫「おそらく、『にこちゃんとずっと一緒にいたい』」

真姫「────という気持ちが、事実を都合の良いようにすり変えたんだと思う」

ことり「そ、そういえば海未ちゃん! にこちゃんのこと一年生だって言ってた……」

にこ「ぬぁんでよ! にこは三年生よっ!」ウガー!

凛「お、落ち着くにゃにこちゃんっ!」

希「…………ふーん」

真姫「…………なによ?」

希「いーやー? そこまでわかってるんなら治療法もわかってるんだろうなぁ、と思って」ニコッ

みんな『治療法!?』

真姫「────んふっ♪」ンフッ


────ばさっ!
(白衣が風になびく音)


真姫「あたり前田のクラッカーよ」ンフッ

みんな『ドクターマッキー!』

真姫「ドクターマッキーは恋する女の子の味方なんだからっ!」ンフッ
14: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:10:55.54 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──練習屋上にて──


絵里「じ、じゃあ準備体操よ! みんなペアを作ってー」パンパンッ


海未「ぺ、ペア!」

海未「…………っ」チラッ

にこ「…………」フィッ


絵里(ふふっ♪ これは作戦よ)



ことり「ほのかちゃぁ〜ん! 一緒に組もうよぉ〜っ!」

穂乃果「はいはーいっ♪」

ことり(ドクターマッキーはいいました)

穂乃果(海未ちゃんを直すためにはにこちゃんと一緒にいればいいんだって!)


にこ「…………っ」チラッ

海未「…………っ」オロオロ


凛「凛はかよちんとーっ!」ギュッ

花陽「うんっ♪」ニコッ

凛(こうやって選択肢を狭めていけば────)

花陽(海未ちゃんは必然的ににこちゃんと組めるもんね!)


海未「…………っ」チラッ

絵里「…………っ」ハラハラッ

にこ「…………っ」チラッ


真姫「来なさい希っ。今日こそその巨大な双丘を揉みまくってやるわっ!」クイッ

希「あははっ。いつもみたいに泣きベソかかないでねっ♪」ワキワキ

希(それも不自然さがなく、やん?)

真姫(希のぷるんぷるんなおっぱいを好き放題にしてやるんだからっ!)
15: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:11:34.21 ID:seZl3XLxO


海未「…………っ」ウツムキ

にこ「…………っ」チラッ


絵里「…………っ」グッ!

絵里(行くのよ、にこっ!)


にこ「…………っ」

海未「…………っ」ウツムキ

にこ「…………海未っ」


絵里「…………っ」パァァ


海未「は、はい…………」

にこ「…………えと、なんでもないっ」

海未「そうですか……」


絵里「…………っ」


海未「────あのっ」

にこ「なに?」フィッ

海未「…………いえ、なんでも」

にこ「そう…………」

海未「…………っ」ウツムキ

にこ「今日の夕飯、なににしようかしら」

海未「さ、さぁ……」


絵里「…………っ」イラッ


にこ「あんた、カレー好き?」

海未「はい、それなりに」

にこ「そう…………っ」

絵里「────って早く組まんかーいっ!」ウガー!

海未「────っ!」ビクッ

にこ「ちょ、なに大きい声出してんのよ! 海未がビックリしてるじゃないっ!」ウガー!
16: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:12:23.03 ID:seZl3XLxO
絵里「いやいやっ!ビックリしたのえりちかだからね!?」

絵里「準備体操って言ったじゃない! はやくしなさいよ!」

にこ「はぁ?」

絵里「はぁ? じゃなくて! ぬぁんで海未と組まないのよっ!」

にこ「いや、それは……」

絵里「いやもいやらしいもないわよ!」

絵里「それはってなによ!? 僕たちの奇跡とでも言いたいわけ!?」クワッ!

にこ「そうじゃなくて……」プイッ

海未「絵里、落ち着いて……」オロオロ

絵里「落ち着けないわよ! 海未も海未よ!」

にこ「ちょ、やめなさいよ!」

絵里「やめられない止まらないわっ!」ウガー!

絵里「元を正せばにこが────」

にこ「海未はあんたのことを考えてたの」

絵里「……は?」キョトン

海未「…………っ」ウツムキ

絵里「え? 意味がわからない」

絵里「なんでここでえりちかがでてくんの?」

にこ「…………海未?」ハァッ

海未「…………絵里が一人になってしまいます」シュン

絵里「────は?」キョトン

海未「私は、その……にこと組みたいですが。そうしたら絵里が一人に……」

にこ「…………っ」ハァッ
17: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:13:00.26 ID:seZl3XLxO
絵里「え? うっそ、まじーちか?」

絵里「こんな子いるの? え?」

海未「…………」シュン

にこ「残念ながら、ね」

絵里「天使じゃん」

海未「だから私……自分の精神状態がおかしいのもわかっていたのですが……」

海未「どうしたらいいかわかんなく、て」グスッ

海未「ふぇっ。うぅっ……うわーんっ!」ポロポロ


みんな「「────っ!」」


海未「私、どうぢだらぁっ!」ボロボロ

にこ「ほら、えりぃ……」ジトーッ

絵里「わたし!?」

にこ「海未、大丈夫だから、大丈夫だからね? 三人で組みましょう?」

海未「はい……」ポロポロ

絵里「ほっ。さすがにこ────」

穂乃果「あー! 絵里ちゃんが海未ちゃんのこと泣かしたー!」

絵里「え!?」

ことり「いけないんちゅんだー!」クスクスッ

絵里「ことり!?」

凛「りーじちょーにーいってやろー!」ニャー

絵里「ちょ、やめてよ凛まで」

希「うち、こんなえりち見たくなかったわぁ」プイッ

絵里「のぞ………………うぅっ」ジワァ

花陽「わわっ! 絵里ちゃん!?」アワアワ

絵里「うえーん、みんながいじめるよぉっ!」ポロポロ

真姫「なにやってんのよ……」ハァッ

花陽「大丈夫だよっ! 絵里ちゃんは悪くないよぉ」ナデナデ

絵里「はなよぉ〜。ぐすっ。柔らかい……」ポロポロ
18: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:13:41.27 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──甘い物を食べよう!──


希「買い食い最高やん! うち、何味にしようかな?」

花陽「クレープなんて久しぶりだよねっ! 花陽、迷っちゃうなぁー♪」

絵里「私はチョコバナナにしようかしら?」

凛「真姫ちゃんはー?」

真姫「フルーツトマトミックスで決まりよ」ンフッ

穂乃果「穂乃果は……うーん。迷っちゃうなぁ」キョロキョロ

ことり「穂乃果ちゃん?」

海未「…………」

にこ「…………」

穂乃果「いやー、チーズケーキも美味しそうだし……でもイチゴも食べたいし……」チラッ

ことり「…………」ピコーン

ことり(さすが穂乃果ちゃん! これは作戦だね!)

ことり(チーズケーキ、というところでピンと来ました)クスクスッ

ことり「────それなら、ことりと半分こしようか、穂乃果ちゃんっ♪」ニコッ

穂乃果「いいの?」

ことり「あんっ♪ ことりがチーズケーキにするから、一緒に食べようっ♪」ニコニコ

穂乃果「わーい! ありがとうことりちゃん!」ギュッ

ことり「やんやんっ♪」ニコッ

希(────なるほど、さすがことほのやん)

凛(見てて口の中が甘ったるくなるにゃぁ)

花陽(花陽はお姉さま二人の間に挟まれたいです……っ)

絵里(でも、この流れに便乗すれ自然と食べさせっこに持ち込める……っ!)

真姫(さぁ、にこちゃん! 海未と一緒にクレープを食べるのよ!)
19: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:14:30.09 ID:seZl3XLxO


海未「…………」

にこ「…………」チラッ

海未「…………」チラッ

にこ「…………」フィッ

海未「…………ふぇっ」ジワァ


みんな((────なんでっ!?))


穂乃果「ちょっ、海未ちゃん!?」アワアワ

ことり「どうして!?」アセアセ

海未「い、いえ! 別に……」グスッ

希「にこっちとクレープを分け合う……それが最高の答えな筈や!」

にこ「────わかんない?」

ことほの「「にこちゃん!?」」

海未「にこ、いいんです! 私のわがままですから……」

にこ「穂乃果とスイーツを分け合うのはいつも海未がしていることよ」

ことり「────っ!」

絵里「穂乃果と一緒に食べたかったってこと?」

にこ「いいえ違うわ」

海未「…………」グスッ

にこ「海未はね、ことりに気を遣っているの」

凛「どういうこと……?」 クビカシゲ

ことり「ことり、に?」キョトン

にこ「だって、ことりが穂乃果にクレープをあげちゃったら……」

にこ「あなたがチーズケーキを食べる量が減ってしまうじゃない!」

みんな「「────なっ!」」

にこ「ことりがお鍋にぶち込んでしまうほど大好きなチーズケーキ!」

にこ「ことりはきっと自分で全部食べたいはず!」

にこ「だけどことりは自分のために穂乃果と半分こを買って出てくれた……!」

にこ「海未はそう考えたらどうしたらいいかわかんなくなっちゃったのよ」

穂乃果「そ、そんな……っ!」

海未「…………っ」ポロポロ

絵里「な、なによそれ? 天使じゃない」グスッ

ことり「ごめん……ごめんね、海未ちゃん!」ポロポロ

海未「ことりぃ……」グスッ
20: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:15:05.85 ID:seZl3XLxO




















ことり「お鍋にチーズケーキぶち込んでごめんねっ!!!!!」




















みんな「「………………っ!」」

みんな((それは、まあ……))
21: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:17:12.22 ID:seZl3XLxO


にこ「顔を上げなさい、ことり」

ことり「にこちゃん……っ!」ジワァ

にこ「穂乃果っ!」

穂乃果「はいっ!」

にこ「あんたが本当に食べたい物はなに?」

穂乃果「イチゴとマンゴーで迷ってますっ!」ビシッ

にこ「じゃあ、海未はマンゴーを頼みなさいっ!」ニコッ

海未「にこ……ありがとうございます」ペコッ

穂乃果「でもでも! それだと海未ちゃんが好きな物を食べられないよっ!」

ことり「そうだよ! ことりたちだって海未ちゃんに食べたい物を食べて欲しいよ!」

ことほの「「あずき抹茶クレープをっ!」」

海未「穂乃果、ことり……っ!」

にこ「大丈夫よ二人とも……」ハァッ

ことほの「「────っ!?」」

にこ「それはにこの大好物だから」ウインクパチッ

絵里「────さすがにこね」ゴクリッ

にこ「海未? 一緒に食べましょうか?」ニコッ

海未「にこ…………/////////」キュン


希「…………えっと、なんなん、これ?」

凛「凛、知らないよっ」
22: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:18:12.44 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──海未ちゃんの部屋──


海未(今日はとっても楽しかったです)

海未(にことたくさんお話できました)

海未(そうだ、眠る前ににこにお礼を言っておきましょう)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──チャット──


海未: にこ、起きていますか?

にこ: 起きてるわ。どうしたの?

海未: 今日はありがとうございました

色々と気を遣って頂き

にこ: そんなの気にしないで

あんたの泣いてる顔なんか見たくない、それだけよ

凛: さすがにちょっと寒くないかにゃー?

希: あぁ、だめやよ凛ちゃん! 良いとこだったのに


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──海未ちゃんの部屋──


海未「…………//////」

海未「間違えてグループチャットに送ってしまいました。恥ずかしすぎます//////」

海未「それにしても、にこはかっこいいですね」

海未「こんな…………恥ずかしいです///」

海未「……この気持ちは」

海未「この気持ちは本物なのでしょうか?」

海未「本当の私のキモチは────」
23: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:19:01.37 ID:seZl3XLxO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


──回想、ドクターマッキー──


真姫「ねえ、海未? どうして泣いてるの?」

海未「だって……にこが」グズッ

真姫「にこちゃんがいなくなったから?」

海未「…………」コクリ

真姫「にこちゃんと一緒にいたいの?」

海未「……ドクターマッキー、知っていますか?」

真姫「え?」

海未「にこは三年生なのです。今年で音ノ木坂を離れてしまうのです」

真姫「…………うん、知ってた」

海未「そう、ですか」シュン

真姫「でもね、海未。音ノ木坂を離れるのはにこちゃんだけじゃないわ」

海未「…………はい」

真姫「エリーと希も今年で音ノ木坂を離れる」

真姫「これは変えることが出来ないことなの」

真姫「三人があんぽんたんで留年でもしない限り」

真姫「にこちゃんたちは卒業する」

海未「…………にこ」シュン

真姫「────海未はにこちゃんと離れるのが辛い?」

海未「……そう、ですね」

海未「希や絵里と離れるも辛いです」

海未「ですが、にこのことを考えると……胸の奥がぎゅっとなって……」ウツムキ

真姫「…………そっか」

海未「ドクターマッキー、私……変なんです」

海未「これじゃあまるで…………」

真姫「────変でもいいじゃない」ニコッ

海未「────っ!」

真姫「変でも海未は海未でしょ?」クスクスッ

真姫「私たちの仲間で、誰かさんの大切な人」ンフッ

海未「真姫…………」

真姫「────どう? 少しは落ち着いた?」ニコッ
24: ◆aAGpgHyonkae 2016/04/27(水) 22:19:53.06 ID:seZl3XLxO
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──のんたんのお家──


真姫「────以上よ」

希「ふーんっ」

真姫「なによそれ。リアクション薄いわね。不感症?」

希「それで? なんでおっぱい触ったん?」

真姫「診察代よ」

希「は?」

真姫「だから、診察代っ!」

希「……へー」ジトーッ

真姫「なによその顔は!」

真姫「あんただって知ってるでしょ?」

真姫「『ドクターマッキーモード』がどんなモノなのか」ギュッ

希「…………『知識』と『経験』の前借り、やったよね」

真姫「そうよ。その代償として、私は未来の私に近づいていく」

真姫「それをすこしでも緩和するための行為だもん。大目に見てほしいわ」ハァッ

希「…………ホントかなー?」ボソッ

真姫「何か言った?」ギロッ

希「いやいやわー、そんなにおっぱいみんといて」

真姫「今は見てないわよっ!」

希「それで、ドクターマッキー? 海未ちゃんはどうなん?」

真姫「どうってなにが?」キョトン

希「早く治療してあげんと、海未ちゃんは…………」

真姫「止めてよ希。あなた気付いてるんでしょ?」

希「────っ!?」

真姫「問題は海未じゃない、でしょ?」ンフッ

希「……ま、きちゃん」ギュッ

真姫「大丈夫よ。全て上手くいくから」

希「でも、うち心配で……このままじゃμ'sが────」

真姫「────問題ないっていってるでしょ?」


────ばさっ!
(白衣が風になびく音)


希「ドクターマッキー……!」

真姫「ドクターマッキーに不可能なんかないんだからっ」ンフッ
37: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:01:27.08 ID:oJfYWUve0
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──にこちゃんの部屋──


にこ「────海未。ふふっ♪」ニコッ

にこ「グループチャットに送っちゃうなんて、可愛いところあるじゃないっ」クスクスッ

にこ(ほんっと。今日の海未ったら可愛くって仕方なかったわ)ニコニコッ


────ぼふっ!
(ベッドに飛び込む音)


にこ「はぁぁぁっ。海未ぃ……」ゴロゴロ


『うっ、ぐず……ふぇっ。うぅっ……うわぁーんっ!』


にこ「可愛いよぉ……///」ジタバタッ



『にこ…………/////////」』


にこ「いい子だよぉ……」キュンキュン


『今日はありがとうございました

色々と気を遣って頂き』


にこ「好きぃ…………//////」ギュギュッ

にこ「…………はぁっ」

にこ(……寝る前に音楽聴くにこ)


ごそごそっ。


にこ「────よっと」


すちゃっ。
(ヘッドホンを装着する音)


にこ「…………はぁぁぁぁっ」

にこ(未来花最高にこぉぉぉっ)キュン

にこ「海未ぃ…………カッコいいよぉっ//////」

にこ(────明日もたくさんお話しようね、海未っ♪)
38: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:02:08.82 ID:oJfYWUve0

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


次の日。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
39: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:02:50.28 ID:oJfYWUve0
──ドクターマッキーの研究室──


真姫「…………例えばこういうのはどうかしら」

真姫「二人には私の姉になってもらうの」

真姫「西木野 穂乃果、西木野 ことり」

真姫「そうしたら毎日三人で川の字になって寝て……」

真姫「────だめだわ」

真姫「その場合、穂乃果とことりが双子ということになっちゃうわ」ウーン

真姫「三人姉妹ということあれば……」

真姫「やっぱり三年生から一人欲しいわね」

真姫「…………くっ、私はどうしたらいいの?」

真姫「────そうだ、幼馴染!」

真姫「二人とも近所の幼馴染のお姉さんということにすればいいのよっ!」ガタッ!

真姫「天才だわっ!」アハハッ

真姫「無限……! 無限の可能性……っ!」


こんこんっ。


真姫「んふっ♪ 来たわね。開いてるわよっ」ンフッ


がらがらばしーんっ!


海未「…………失礼します」オズオズ

真姫「ごきげんよう海未。昨日は良く眠れたかしら?」

海未「ええ、まあ」

真姫「そう。じゃあ、そこに座ってくれる?」

海未「…………」ストン
40: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:03:40.36 ID:oJfYWUve0
真姫「コーヒー飲める? あ、海未は日本茶がいいかしら」スクッ

真姫「すぐに用意────」

海未「あの」ギュッ

真姫「なに?」

海未「お茶はいいので、その……私の話を聞いて頂けませんか?」

真姫「なによ、せっかちさんね。……にこちゃんのこと、でしょ?」クスッ

海未「…………っ//////」コクン

真姫「正直ねっ」ンフッ

海未「ドクターマッキー、本当のことを言って下さい」

海未「私、病気なんですよね? にこにー大好き病という……」ウツムキ

真姫「────っ! 聞いてたの?」

海未「…………っ」コクリ

海未「だから、この気持ちは病気のせいなんじゃないかってっ!」ジワァ

海未「本当の気持ちじゃないのではないかって!」ウルウル

真姫「海未……」ギュッ

海未「教えてくださいドクターマッキー! 私、本当に────」

真姫「本当に病気よ、あなたは」

海未「じゃあ、やっぱり私は……っ!」ワナワナ

真姫「だけど、あなたの病気はにこにー大好き病なんて、名前の病気じゃないわ」

海未「…………へっ?」キョトン

真姫「そもそも、μ'sのメンバーとはいえ私が患者のプライベートをペラペラ話すと思う?」クスクスッ
41: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:05:09.93 ID:oJfYWUve0
海未「────あっ」

真姫「海未。あなたは病気よ。間違いなく。病名は────」


────ばさっ!
(白衣を着る音)


真姫「恋の病よっ♪」ンフッ

海未「ドクターマッキー!」


がさごそ。


真姫「はい、これ。にこちゃんと行ってきなさい」ヒラッ

海未「これ…………チケット、ですか?」キョトン

真姫「遊園地よ」ンフッ

海未「どうして……?」

真姫「優しいあなたのことだから、きっと」

真姫「自分の好意がにこちゃんの迷惑になってるんじゃないか?」

真姫「そう思っているんでしょう?」

海未「…………お見通し、なんですね」

真姫「当然でっしょー?」ウインクパチッ

海未「でも、それがこのチケットとどう……?」

真姫「────確かめてきなさい」キリッ

海未「確かめる?」

真姫「自分の本当の気持ちと……にこちゃんの気持ちを、ねっ!」ウインクパチッ

海未「…………ありがとうございます」ギュッ

真姫「お礼なんていいのよ。だって私は────」


────ばさっ!
(白衣が風になびく音)


海未「ドクターマッキー!」

真姫「恋する女の子の味方なんだからっ♪」ンフッ

42: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:05:47.92 ID:oJfYWUve0

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


休日、遊園地


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
43: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:06:44.82 ID:oJfYWUve0
──遊園地──


真姫「こちらドクターマッキー感度はどうですか? どうぞ」カチッ

無線『こちらスピリチュアルのぞみん感度は良好。よく聞こえます。どうぞ』カチッ

真姫「無線の感度じゃないわ、あなたの感度よ。どうぞ」カチッ

無線『…………』カチッ

真姫「…………」カチッ

無線『…………』カチッ

真姫「なによ、電波悪いわねー。全然聞こえないわ。どうぞ」カチッ

無線『…………』カチッ

真姫「…………」カチッ

無線『…………」カチッ



海未「きょ、今日は楽しみましょうねっ!」ニコッ

にこ「ゆ、遊園地なんてちょっと子供っぽくなーい?」フンッ




真姫「…………不感症ですか? どうぞ」カチッ

無線『真姫ちゃんが変なこと言ってるうちにターゲットが来ちゃったやん。どうぞ』カチッ

真姫「これは大事な問題なのよ。どうぞ」カチッ

無線『…………いたって普通だと思います。どうぞ』カチッ


海未「ほら、最初はあれに乗りませんか?///」ギュッ

にこ「う、海未!? 急に引っ張らないでよっ!///」カァーッ


真姫「あっ! 意味わかんないこと言ってる間にターゲットを見失いそうだわっ! 追うわよっ! どうぞ」カチッ

無線『まじで意味わからん。なんやねんお前』


────カチッ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
44: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:07:25.31 ID:oJfYWUve0
──メリーゴーランド──


真姫「希っ? 私は外から見張るわ。あなたは一緒に乗り物に乗りながら見張って。どうぞ」カチッ

無線『了解やん。いざという時のフォローはうちに任せとき。どうぞ』カチッ

真姫「何かあったらすぐに連絡してね。どうぞ」カチッ

無線『はいはい大丈夫やって』


海未「にこっ! 私はこちらの子に乗りますね。ピンクで可愛いですっ♪」スッ

にこ「じゃあーにこはあ、青い子にしちゃおーかなーっ//////」スッ


真姫「ふふっ♪ はしゃいじゃってっ」クスクスッ


希(サングラス)「…………っ」スッ


真姫「────っと、希も乗ったわねっ」


海未「きゃーっ! にこっ! 動き出しましたよっ!」

にこ「言われなくてもわかってるわよっ!」

海未「なんだか普段よりずっと楽しいですっ♪」

にこ「そ、そーね」

海未「────きっと、にこが隣にいるから。ですねっ♪」ニコッ

にこ「────うっ//////」キュン


真姫(────さて、そろそろいいかしら?)


希(にこっちめっちゃ楽しそうっ!)

希(なんだかうち、嬉しくなってき……)

真姫「…………んふっ♪」ポチッ

希「────ひゃんっ!///」ビクッ

希(な、なに? お馬さんが急に小さく跳ねて……うちのスピリチュアルなとこを────)
45: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:08:04.47 ID:oJfYWUve0
真姫「…………っ」ポチッ


希「うひゃっ!」ボインッボイーン

希(今度は大きく揺れてる…………うちの子だけ?)ボインボインッ


真姫「────凄いっ!」ゴクリッ

真姫「凄いわよ希っ!」ハァハァッ

無線『あーあーっ。こちらのぞみん。聞こえますかどうぞー?』カチッ

真姫「────ちっ!」

真姫「なによ? 今いいところなんだけど? どうぞ」カチッポチッ

無線『んぁあんっ////// ま、真姫ちゃん!? なんかうちのお馬さんが変なんやけど……どうぞ』カチッ

真姫「そ、そうなの? よく見えないからわかんないわ。どうぞ」カチッ

無線『よく見えないって、真姫ちゃんなに見とるん? どうぞ』カチッ

真姫「なにって、(ポチッ) のぞっぱいよっ! 凄い揺れてるわっ! どうぞっ!」カチッ

無線『あっ/// …………ふーん、うちの胸かぁ』

真姫(────あ、しまった)

無線『じゃあこれ、やっぱ真姫ちゃんのせいなん? どうぞ』カチッ

真姫「…………っ」ポチッ


希「きゃっ!///」ボイーン


真姫「…………これは診察よ。私、希の不感症をなんとかしたくて。どうぞ」カチッ

無線『うち、不感症じゃないって言うたやん? 話聞いてた? どうぞ』カチッ

真姫「……ほんと、ごめんなさい。よかったわ感度良好で。どうぞ」カチッ

無線『……もうやらないなら許してあげるけど。どうぞ』カチッ

真姫「やらな……やっぱり一回だけ」ポチッ


希「ひゃんっ!//////」ビクッ


真姫「…………っ」パァァ


希「まきちゃん、すとっ────」


真姫「…………んふっ♪」ポチッ



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
46: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:09:00.96 ID:oJfYWUve0
──お化け屋敷に行こう──


海未「お、お化け屋敷ですかっ!? 私、怖いです……っ」シュン

にこ「だ、大丈夫よっ! にこが一緒だから、ね?」ニコッ


希「次はお化け屋敷のようやね」

真姫「はい」

希「一緒に入るよ?」

真姫「はい」

希「次はおいたはあかんからね」ニコッ

真姫「…………あの」

希「うん?」

真姫「お化け屋敷怖いです」

希「一緒にいく、やん?」ニコニコ

真姫「でも、このお化け屋敷、本当に出るらしいわ」

希「出るってなにが?」

真姫「…………髪の長い女の子のお化けが」

希「頭大丈夫?」キョトン

真姫「ほ、ほんとに出るんだから!」

真姫「そのお化けについて行って帰ってこなかった人もいるんだって!」

希「…………しのごの言わずに、いくんよ」ニコッ

真姫「ひっ!」ビクッ

希「また、お仕置きされたいん?」

真姫「あ、よく考えたら大丈夫だ。だって私、お化けより怖いモノにすでに会ってるもの」

希「おー? 減らん口やねー? んー?」ニコニコ

真姫「ごめんなさい嘘です。嘘だからもうヒドイコトしないで」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
47: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:10:02.63 ID:oJfYWUve0
──お化け屋敷──


キャーッ!
コワイヨーウミーッ!
ダイジョウブデスッ!
ニコハワタシガマモリマスッ!


希「あー、あるよね。ああいうパターン」

真姫「まー、二人は大丈夫そうね。心配して損したわ」コンコンッ

希「そうやね。あとはにこっちが『発症』しないように注意すれば、ね」

真姫「そうね。出来ればこのままなにもなければ……」コンカツンッ

真姫(おっ! あったわ)グイグイッ

くるっ!
(隠し扉が回転する音)

希「真姫ちゃん?」

────ぱたんっ。
(隠し扉が閉まる音)

希「真姫ちゃん!?」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



真姫(えぇっと、無線は……)

がさごそ。

真姫(あ、あったあった)カチッ

真姫「希? 聞こえますか? どうぞ」カチッ

無線『真姫ちゃんどこいったん!? どうぞ』カチッ

真姫「しくったわ。トラップにかかったの。どうぞ」カチッ

無線『トラップって……意味がわからんよ。どうぞ』カチッ

真姫「おそらく悪の秘密結社レーズの仕業ね。どうぞ」カチッ

無線『レーズ!? なんなんそれ!?』カチッ

真姫「多分、私と希を分散させるためだと思う。どうぞ」カチッ

無線『いやいや! そうじゃなくて、レーズってなに!?』カチッ

真姫「詳しくは後で話すわ。とりあえずここを離脱するのが先よ。どうぞ」カチッ

無線『で、でもうち……一人だと……』カチッ

真姫「大丈夫よ希。私がついてる。このまま無線で会話をしながら出口を目指しましょう? どうぞ」カチッ

無線『……うん、わかったよ。どうぞ』カチッ

真姫「良い子ね。じゃあ出口に向かいましょう? どうぞ」カチッ

無線『わかった。うちはこの立て札の通りに歩いてくね。真姫ちゃんは大丈夫ですか? どうぞ』カチッ

真姫「私も大丈夫よ。出口で合流しましょう? どうぞ」カチッ

真姫(────なんて、ね)

無線『そう? じゃあゆっくり行ってるね。どうぞ』カチッ

真姫「んふっ♪ じゃあ、出口に向かうわねっ♪」カチッ



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
48: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:11:16.26 ID:oJfYWUve0
無線『それでその時の凛ったらほんとにおかしくってっ♪ どうぞ』クスカチッ

希「もー、真姫ちゃんったら冗談ばっかりっ♪ どうぞ」カチッ

無線『…………希? ちょっとまって! 一度無線を切るわ────』プチッ

希「え? 真姫ちゃん? 真姫ちゃん!?」カチッ

無線『…………』

希(…………真姫ちゃん、急にどうしたんやろ?)

希(秘密結社とか意味わからんこと言ってたし。それに────)


『…………髪の長い女の子のお化けが』


希「────っ」ゾクッ!


無線『ザザッ────希、聞こえますか? どうぞ』カチッ

希「真姫ちゃん!? どうしたん大丈夫!? どうぞ」カチッ

無線『大丈夫……と言いたいところなんだけど、大変よ。お化けを見つけたわ、どうぞ」カチッ

希「は? 嘘でしょ? ……どうぞ?」カチッ

無線『嘘じゃないわ。髪の長い女の子。噂どおりね。とっても綺麗な顔をしてる。どうぞ』

希「そ、そんな……冗談ばっかりやん。どうぞ」カチッ

無線『今からあの子を捕まえるわ』

希「────なっ!?」

無線『希は先に出口に向かってて。どうぞ』カチッ

希「なに言うてるん!? 真姫ちゃんさっき言うてたやんっ! その子についてった人がどうなったかって!」カチッ

無線『落ち着いて希。一度冷静になって。どうぞ』カチッ

希「冷静になれるわけないやん! 真姫ちゃんがもしいなくなったら! うち……」ジワァ

無線『どうぞ、を忘れちゃダメよ、希』

希「────っ!」

無線『大丈夫。私実は知ってるの。お化けを成仏させる方法を……』

希(それなら真姫ちゃんは……っ!)

無線『それはこれよ────っ』


「────くらいなさいっ! マキマキマックス!」


希「きゃっ!?」ビクッ

ぷるんっ♪ ぽよんっ♪

真姫「どうっ!? これで! どうかしらっ!」モミモミ

希「あっ! ダメっ/// ちょっ、ストップ///」ビクッ

真姫「おかしいわ。全然向こうにイかない」モミモミ

希「ちょっ、お化けじゃないやん/// うち……あっ///」ピクッ

真姫「おっ! 昇天出来そうねっ! じゃあこっちもせめてみようかしら……」スッ

希「────っ! それ以上はダメっ!///」グッ!

真姫「ちょっ、暴力はんた────」


ばしーんっ! びったーん!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
49: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:12:19.49 ID:oJfYWUve0
──とりあえずお化け屋敷から出て──


希「ほんっとになにしてるん!?」ウガー!

真姫「…………」クルクル

希「なんなん今日は! 真姫ちゃん変なことばっかりして! うち激おこやん!」プンプン

真姫「…………お化けだと思ったんだもん」マキマキ

希「おーばーけーっ!? なに言うとるん!?」バンッ!

真姫「…………」プイッ

希「明らかにうちやん! 生身のうちをイかせに来てたやん!」

真姫「…………おっぱいお化け」ボソッ

希「なんかいうたぁぁぁぁあっ!?」

真姫「…………別に」プイッ

希「今なんか言うたやん! うちのこと!」ウガー!

真姫「うっさいわね言ってないわよっ!」キッ

希「逆ギレ!?」

真姫「ていうかなんなのさっきから! なにさっきから怒ってるのよ! ちょっとおっぱい揉んじゃっただけじゃないっ!」

希「なに開き直ってるん!?」ウガー!

真姫「いいじゃないのよ減るもんじゃないんだし! むしろ増えるのよ!? 喜ばしいことでしょう!?」

希「いやいや! 気持ちの問題やよ!」

真姫「だったらあんたも人の気持ちを考えなさいよっ! 私の胸揉んどいて、まだまだ発展途上やねって! おかしいでしょ!」
50: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:13:10.32 ID:oJfYWUve0
希「今それ言うん!? あんなんノーカンやろ! ノーカン……!」ザワッ

真姫「ノーカン!? このスーパー真姫ちゃんのおっぱい揉んどいてノーカン!? 頭ん中にこにこにーなんじゃないの!?」

希「じゃあトントン! ワシワシ後のスピリチュアル助言によりトントンや!」カードピッ!

真姫「トントン……? わかる……! トントンなら……っ!」

希(うわっ、相変わらずちょろいなぁー)

真姫「なら、トントン……! 真姫ちゃんの行いも……っ! トントン……!」

希「え? なん、で……?」

真姫「護ろうとした……っ! 希……っ! お化けから……っ!」

希「護る……っ? う、ちを……?」

真姫「…………っ!」コクリ

希「…………っ!」ザワッ

真姫「…………っ!」

希「…………ダメっ! 出来ない……っ! 信用……っ!」ググッ

真姫「え? なんで……? え? 普通……するでしょ? 信用……っ!」

希「……ダメっ! ダメ……っ!」フルフル

真姫「なんで……? 出来ない? 信用……? 意味……わかん、ない……っ」ガクッ


「きゃーーーーっ!」


のぞまき「「────っ!」」ピクッ


希「いまのは、にこっち…………っ?」

真姫「────行くわよ希」ダッ!


────ばさっ!
(走った拍子に白衣がはためく音)


希「ドクターマッキー!」


真姫(患者達の身に、何かあったみたいね)ギリッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
51: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:14:13.87 ID:oJfYWUve0
──広場──


真姫(────こっちの方からだった!)ハァハァッ

真姫(海未たちは…………っ)キョロキョロ


にこ「海未……っ! うぅ……っ」グスッ


真姫「────にこちゃんっ!」ダッ!

────ばさっ!
(走った拍子に白衣がはためく音)


にこ「………。海未ぃ、海未ぃ……」グズッ

真姫「どうしたの? 海未と一緒じゃ────」

にこ「うみぃっ! ぐずっ。うぇっ、ひぐっ! うみぃっ!」ポロポロ

真姫(これ、は────)


「おーい、真姫ちゃーんっ!」


希「真姫ちゃん、はやい、やん」ハァハァッ

真姫「そうね、感度でいうと希と同じくらいよ」

希「その話、今必要?」

真姫「ジョーダン、ジョーダン。マイケルジョーダンよ」

にこ「真姫……? 希?」ポロポロ

希「真姫ちゃん、にこっちは……」

真姫「発症してるわ。『海未ちゃん大好き症候群』」ギリッ

希「…………やっぱりにこっちの方やったか」

にこ「私、おかしくて……! 海未がさらわれちゃって……そしたらもう、頭ん中PICA PICARESQUEで……っ」ポロポロ

真姫(まずいわね、おもったより症状が進行してる……これじゃあ………っ)ギュッ


希「────にこっちっ!」ギュッ


────ぎゅっ!
(のんたんが親友を抱きしめる音)


真姫(希……!)

にこ「のぞ、み?」キョトン

希「落ち着いて。落ち着いてにこっち」ナデナデ

にこ「でも、でもっ!」ボロボロ

希「大丈夫やよ。にこっちはもう一人じゃないよ」ニコッ

にこ「────っ!」

希「うちらがついてるよ?」ナデナデ

にこ「…………っ。ふ、ふんっ! なによ、それ///」プイッ

真姫「────っ!」

真姫(症状が…………っ)
52: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:15:00.88 ID:oJfYWUve0
希「おっ! 調子出てきたやんっ!」ニコッ

真姫(さすが、頼りになるわね)ンフッ

にこ「うっさいわねっ! 泣いてる場合じゃないんだから!」ゴシゴシッ

希「うん、海未ちゃんやね」スクッ

真姫「まったく! 海未ったら世話がやけるわね」ニコッ

希「うちらも手伝うよにこっち」グッ!

にこ「二人共……ありがとうっ」ニコッ

希「にこっち、どんなやつが海未ちゃんをさらったん?」

にこ「みんな黒い服を着ていて覆面だったけど……多分女の子だったと思う」ウーン

真姫「────っ!」

真姫「もしかして、変な顔文字みたいなモノが服にプリントされてなかった?」

にこ「あー、されてたわっ! 点と数字の八の字が書いてあったっ!」

希「真姫ちゃん知ってるんっ?」キョトン

真姫「……秘密結社レーズの仕業ね」ギリッ

にこ「レーズ?」キョトン

希「で、でもそれって真姫ちゃんの作り話じゃ……っ?」

真姫「…………っ」フルフル

真姫「レーズは存在するの。そっか、海未がさらわれたのは私のせいでもあるのね」ブツブツ

希「真姫ちゃん……っ?」

にこ「と、とにかく今は海未を探さないとでしょ?」

真姫「そう、ね。だけど……」

真姫(このままじゃ二人も危険に……っ)ギュッ

真姫「……一人で行動するのは危険よ。三人でさが────」

希「それじゃ遅い、やろ?」

真姫「希?」

希「にこっち、海未ちゃんをさらった奴らはどっちに?」カードピッ!

にこ「あっち、だけど」ユビサシ

真姫「ちょ、今は占いをしてる場合じゃないんだけど」
53: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:15:33.48 ID:oJfYWUve0
希「────管理者権限発動」スッ


────ふわっ。
(のんたんの周りにカードが浮かぶ音)


にこまき「「────っ!?」」

希「うちのとっておき見せてあげるよっ♪」ニコッ

希「スピリチュアルのぞみんモード起動っ!」ピカッ!

希「『サーチ』『チェイス』をアンロック。対象はメンバーフォー。トリガーコード────」

希「────『guardian』」カードビリッ


────ぎゅんっ!


真姫(か、カードが希のまわりを……)

にこ「回ってる?」ポカーン


希「────見つけたっ!」ニヤリ

にこまき「「────!?」」

希「二人ともついてきて!」ダッ!


ぼよんぽよんっ♪


にこ「…………え? なに、いまの?」ユビサシ

真姫「…………意味、わかんない」ポカーン


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
54: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:16:18.25 ID:oJfYWUve0
──お城──


希「ここやよ! カードが告げてるんや!」ビシッ

にこ「たしかに……なんだか周りに人も少ない」キョロキョロ

真姫「それに…………」キッ!


『──アトラクション休止中──』


真姫「あそこにある看板みたいな休止情報はなかったはず」

希「罠、かな?」

にこ「だとしても行くしかないわ! 海未を助けないとっ!」ギュッ

真姫「にこちゃんの言う通りよ。それに────」テクテク


────ばさっ!
(白衣が風になびく音)


真姫「私の患者に手を出す愚か者には、お仕置きが必要よね」ンフッ

のぞにこ「「ドクターマッキー!」」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
55: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:17:13.82 ID:oJfYWUve0
──お城の中──


海未「うぅっ……なんなんですか…………?」ジワァ

レーズ兵「姉御! この子は脱がしちまっていいんですかい!?」ハァハァッ

???「ダメだよぉ〜。その子は大事な人材なんだから! 丁寧に扱ってね!」

レーズ兵「へいっ!」

???「バード様、城に何者かが侵入したようです」

バード「もぉー、ロシアンビューティちゃんってば! 誰が来たかなんてわかってるちゅんでしょ?」クスクスッ

ロシアンビューティ「ふふっ♪ 失礼しました」ペコッ

バード「多分もう直ぐ────」


がらがらばしーんっ!


バード「ほぅら、ねっ♪」ニコニコッ


「────やれやれね。私の友達をさらうなんて……覚悟は出来てるんでしょうね?」


バード「ドクターマッキー!」

真姫「さぁ、診察の時間よ……?」キッ!

にこ「海未……海未は無事なの!?」ウガー!

海未「にこっ! 私はここです!」ジワァ

希「海未ちゃん! 今助けるよっ!」カードピッ!

にこ「海未ぃっ! 今行く────」

真姫「二人ともストップよ」

のぞにこ「「ドクターマッキー!?」」

真姫「こんなやつらのために二人が手を汚す必要はないもの」スッ

バード「あははっ♪ 久しぶりちゅんね、ドクターマッキー」ニコニコッ

真姫「どういうつもりよ?」

バード「ンミチェアンのことかちゅん?」クスクスッ

真姫「それ以外になにがあるのよ?」ギリッ

バード「ふふっ♪ こうすればマッキーチェンが来てくれると思ったんだぁっ♪」ウフフッ

真姫「ジャッキーみたいに呼ぶのやめてよ」

バード「むーっ! 私が滑舌悪いからってそんな言い方しないでちゅんっ!」プクー
56: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:18:51.67 ID:oJfYWUve0
真姫「……もういいわ。今日の私は残念ながら手加減出来ないの……」


ぐぐいっ!
(手袋をはめる音)


真姫「────覚悟なさいっ」キッ

バード「────っ!///」ゾクッ

ロシアンビューティ「行きなさいっ!」ビシッ

レーズ兵「はぁぁぁぁんんんんっ!」バンッ!

にこ「真姫!? あぶないっ!」

海未「真姫!」ギュッ

希「真姫ちゃん!?」アワアワ




真姫「────触診っ」ペタッ




バード「────っ!?」ガタッ!

レーズ兵「え……?んんんんっっ! はぁぁぁんっっっ!//////」パタンッ


にこ「な、なに?」キョトン


海未「い、一体なにが……っ!」


ロシアンビューティ「これは……イってる?」


希「あ、あれは…………っ!」



ロシアンビューティ「……やるじゃない。これならどうっ!?」



かすっ!
(指ぱっちんを失敗した音)


真姫「ふふっ♪ 一人じゃ物足りないしね。いいわ、まとめて診てあげるっ」クスクスッ

レーズ兵2「なんですてぇっ!」バッ!

レーズ兵3「白衣なんか着てかっこつけてんじゃないわよぉぉぉっ!」ダッ!


57: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:20:08.07 ID:oJfYWUve0
真姫「この白衣はね、格好付る時に着ているんじゃないのっ────」


────くるっ!


「「なっ! はやっ!?」」



とんっ。

とんっ。


「「あっ! あぁぁんっ!//////」」ビクッビクッ!


真姫「────友達を護る時に着ているのよっ!」




────どさっ。
(レーズ兵が倒れる音)





にこ「希? 何か知ってるの!?」

希「あれは『ドクターマッキーモード』第三の扉……っ!」ギュッ

にこ「第三の……扉?」キョトン

希「知識と経験の前借り。真姫ちゃんは『ドクターマッキーモード』を維持するために、二つの扉だけを開けていたんよ」

希「その能力で出来るだけ長い時間μ'sを支えるために……」ギュッ

にこ「私たち、を?」

希「だけど、知識と経験だけじゃ人体に影響を与えるようなことは出来ない」

にこ「だけど、あの人たちは真姫が触れただけで……そ、そっか!」

希「そや! 第三の扉は────」


ロシアンビューティ「くっ! まとめて行きなさいっ!」ユビサシッ

レーズ兵4-10「「イキますっ!」」

真姫「やれやれだわ、一対七って比率おかしいでしょ?」



希「────『技術』の前借りっ!」



────すぱぁんっ!


「「あぁぁぁぁっ!/// イっくぅっ!///」」ビクビクビクッ



真姫「────あなたたち早すぎよ?」ンフッ

バード「────っ!//////」キュン


希「今の真姫ちゃんは並のレズなら触れただけで絶頂を迎えさせることが出来る」ゴクリッ

希(だけどその代償は────)ギュッ

にこ「な、なんて女子高生なの……」


真姫「さぁ、どうする? もう、あなたたちしか残ってないわよ?」
58: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:21:00.85 ID:oJfYWUve0
ロシアンビューティ「くっ!」

バード「…………//////」ポーッ

バード(んんんっ! 真姫チェンかっこいよぉ……///)

真姫「あなたたちも、患者にしてあげるっ♪」ンフッ

希「…………っ」イラッ


ロシバード「「────っ!//////」」キューン

ロシアンビューティ「つ、つぎはわた────」

バード「はいはーい! 私が戦いまーす!」スッ

ロシアンビューティ「はぁぁぁぁっ!?」

にこ「え!? いきなりボスから!?」

希「へー」ジトーッ

ロシアンビューティ「ちょっ! タイム! タイムちか!」T

真姫「え」

バード「えー!」

ロシアンビューティ「ちょっ! こと……じゃなくてバードさん!」

ロシアンビューティ「こっち、こっち一回集合ちか!」

バード「…………はーい」トコトコ


にこ「え、な、なに? なんなの?」


ロシアンビューティ「ちょっとおかしいでしょ!? いきなりボスが出てってどうすんのよ?」ヒソヒソッ

バード「えー! だって真姫ちゃんにされたいんだもん!」ブスー

ロシアンビューティ「負けるつもりだったのぉっ!?」ガーン

バード「そういうえり……ロシアンビューティちゃんだってヤられるつもりだったでしょ!」ヒソヒソッ

ロシアンビューティ「ち、違うわよ! 私がドクターマッキーの技を食らって、それを見てあなたが見破るのよ!」ヒソヒソッ

バード「ぶーぶーっ! だったらえりちぇんが見破ればいいじゃん!」ヒソヒソッ

ロシアンビューティ「だからトップが先にやられちゃダメでしょ!」ヒソヒソッ

バード「いいじゃないですか! えりちぇん三年生なんだし!」ヒソヒソッ

ロシアンビューティ「それとこれとは……あぁ、もう! なんであなたって時々めんどくさくなるの!?」ヒソヒソッ


アーデモナイコーデモナイ!
チュンチュンチカチカ!
59: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:21:43.71 ID:oJfYWUve0
にこ「…………なんか、揉めてる」

真姫「ほら、今のうちに海未を連れてきて。鍵はバードが座ってた椅子のとこにあるわ」

希「…………っ」

にこ「え、なに? どうすんの?」キョトン

真姫「言い合ってるうちに帰るに決まってるでしょ? ほら、早く」

にこ「い、いいのかしら……」トコトコ

真姫「この人たちいつもこうなの。だからはやくね、にこちゃん」


ウミー!イマタスケルワ!
ニコ!ドウシテワタシナンカノタメニ?
バ、バカネ! ソンナコトモワカンナイノ!
ワタシアンタノコト……
ワ、ワタシモニコノコト……


真姫「────やれやれ、一件落着ね。バードたちが揉めてる間にズラかるわよ?」ンフッ

希「…………っ」ツーン

真姫「希? なにツンツンしてんの? とんがってるのはおっぱいだけで充分よ?」

希「…………うん」シュン

真姫「…………希?」キョトン


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
60: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:23:24.08 ID:oJfYWUve0
──のんたんのお家──


真姫「ふぅっ。良かったわ。二人の気持ちが通じ合えばもう大丈夫」ンフッ

希「それはええんやけど……はい、楽譜」スッ

真姫「ん、ありがとう」パラッ

希「…………」

真姫「……これ。あー、これもね。他は…………大丈夫かな」パラッ

希「どう?」

真姫「二曲ね。『これサム』と『ノーブラ』まったく覚えてないわ」アハハッ

希「…………『ドクターマッキーモード』第三の扉」

希「通行料は────」

真姫「私の記憶」ハァッ

希「……やったね」シュン

真姫「どうしたのよ? さっきからちょっとへんよ?」キョトン

希「…………」プイッ

真姫「ね、話してよ?」ジーッ

希「…………うち、心配なん」プイッ

真姫「なにが?」キョトン

希「真姫ちゃんのこと」

真姫「私?」

希「今日だって無茶して……記憶、無くなっちゃって…………」ジワァ

真姫「ちょ、希!?」アワアワ

希「もしかしたら、うちのことも忘れちゃうんじゃないかって……っ!」ポロポロ

真姫「希…………っ」

希「レーズだって真姫ちゃんを狙ってる! うちは……うちは…………っ!」ボロボロ

真姫「────だったら、希が護ってよ」ニコッ

希「へっ?」キョトン

真姫「私の背中は希に預けるわ」ンフッ

希「真姫、ちゃん……///」ポーッ

真姫「なんだかね、希といると安心するのよね」クスクスッ

真姫「だから、お願いね?」ウインクパチッ

希「────う、うんっ!」ニコッ

真姫「さて、ちょっと疲れたから横になるわね」スッ
61: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:24:10.55 ID:oJfYWUve0
希「え?」

真姫「よっ! 膝、借りるわよ?」ススッ

希「は、はぁ……」

真姫「………うーん」

のぞぱい「ぽよんぽよんっ♪」

真姫「良い眺め、だわ」

希「────っ!///」カァーッ

希「こら、真姫ちゃ────っ」

真姫「……ぐー。すー…………ちゃん」zzz

希「…………今日はいい、か」

真姫「んー、のぞみー…………」ムニャ

希「お疲れ様、ドクターマッキーっ♪」ニコッ

真姫「……すー…………ちゃ……へへっ」zzz
62: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:24:40.57 ID:oJfYWUve0

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


数日後


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
63: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:25:23.24 ID:oJfYWUve0
──ドクターマッキーの研究室──


真姫「うーん、むずかしいわね」

真姫「今度はどうやって希のおっぱいを揉もうかしら?」ウーン

真姫「────あ、閃いた」

真姫「希のモネマネします! って言えばいいんだわ!」

真姫「ちゃんとやらないとアグレッシブなのいくよー?」ワキワキ

真姫「…………いける!」グッ

真姫「これなら絶対いけるわ。むしろエリーのおっぱいとかも揉んじゃえるじゃない!」

真姫「自分という人間が完璧すぎて辛い……!」ンフッ


がらがらばしーんっ!


希「真姫ちゃん大変やん!」ハァハァッ

真姫「希! 良いところに来たわね! 今あんたのモノマネを……」ワキワキ

希「そ、それどころやないよ!」ハァハァッ

真姫「どうしたのよ? はぁはぁっ言って……まさか! まさか揉まれた後!?」

希「はぁ?」キョトン

真姫「誰かに『希のモノマネー』とか言っておっぱいを揉まれちゃったのね! 先を越されたわっ!」バンッ!

希「…………そんなことより大変なんよ! 今度はえりちが!」

真姫「エリーが……?」

希「えりちを助けて! ドクターマッキー!」

真姫「────エリー、を?」

希「…………」コクン

真姫「…………っ」ツカツカ


────ばさっ!
(友人を助ける決意をする音)


真姫「友達の危機、だからこそ平等に診察させてもらうわ」ニコッ

希「ドクターマッキー!」

真姫「────さて、最低で最高な患者はどこかしら?」ンフッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


「にこって3年生だけど、みんなより若く見えちゃって……」海未「えっ」

おしまい
64: ◆aAGpgHyonkae 2016/05/16(月) 23:27:36.68 ID:oJfYWUve0

見て下さった方ありがとうございました。

途中からうみにこじゃなかった。

PMMの方と私は別人です。

それではまた次回。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『「にこって3年生だけど、みんなより若く見えちゃって……」海未「えっ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。