第一章「つり目脅迫!アイドル部員たちの逆襲」

シェアする

真姫-アイキャッチ10
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 22:39:08.89 ID:aVeRwkWs.net
ガンッ!(ボンゴ君、センチュリー君にぶつかる)
(西木野、センチュリーから降りてボンゴ君に近づいてくる)
凛「やばいにゃ・・・やばいにゃ・・・」
穂乃果「どうするの・・・」
凛「財布しまっとくにゃ・・・」
(勢い良くボンゴ君の扉を開ける)
西木野「おいゴルァ!降りなさい。おい免許もってんのかゴルァ」
凛「はい(小声)」
西木野「あなたたちクルルァについてきなさい!」
移動中・・・
(事務所らしきところへ連れ込まれた3人)
穂乃果「免許証返してください!」
西木野「いやよ。あぁ」
穂乃果「オナシャス・・・!」
西木野「お前それでも謝ってんの?」
穂乃果「オナシャス免許証を・・・」
西木野「やだっつてんの。とりあえず土下座して。あぁ」
  「はやくしなさいよ」
(正座をする3人)
西木野「誰のクルルァにぶつけたと思ってんのよ」
穂乃果「すいません」
西木野「どう落とし前つけるつもり」
穂乃果「オナシャス・・・センセンシャル・・・」
(終始ニヤケっぱなしで頭すら下げない凛)
西木野「返して欲しいんなら・・・」
穂乃果「はい」
西木野「お前とりあえず犬の真似してみなさい」
穂乃果「へっ?」
西木野「犬よ。四つん這いになるのよ。」
  「はやくしなさいよ!あぁ返さないわよ!?」
穂乃果「やれば返して頂けるんですか?」
西木野「ああ、考えてあげるわ」
  「はやくしなさいよ」
(四つん這いになる穂乃果)
西木野「あなたたちもよーく見ときなさい」

元スレ: 第一章「つり目脅迫!アイドル部員たちの逆襲」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 22:42:29.27 ID:aVeRwkWs.net
西木野「何、犬のくせにお前服着てんのよ、ねえ」
穂乃果「はい」
(免許証を見る西木野)
西木野「あんたが星空ね?」
凛「はい」
西木野「脱がせて」
凛「はい(即答)」
(凛、穂乃果の上半身の服を脱がせる)
西木野「それ(ハーフパンツのこと)もよ!はやく!」
凛「はい」
(いわゆる目線凛と呼ばれる表情のシーン)
(なぜかパンツごと下げる凛。パンツを最初から履いてなかった可能性もあり)
西木野「(笑いながら)ばかじゃないの?」
  「ワンワン鳴いてみなさい」
穂乃果「ワン!ワン!」
一同「へへへっwww」
西木野「三回よ三回!」
穂乃果「ワンワンワン!」
西木野「よーしまわってみてよ」
(穂乃果、画面に汚いケツを見せながら回る)
西木野「(満足気に)よーし」
  「お手よお手!ホラッ!」
(手を差し伸べる西木野。穂乃果、すぐに反応できず)
西木野「お手よ!早く!返さないわよ!」
(お手のシーンはなく次のシーンへ移る)
西木野「もう一回鳴いて」
穂乃果「ワンワン!・・・ワン!」
西木野「よーし」
3: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 22:45:42.02 ID:aVeRwkWs.net
  「なんか犬っぽくないわねぇ。」
  「なんか足んないのよねぇ」
  「首輪してもらおうかしら」
  「星空ァ、首輪してあげなさい」
  「こっちおしり向けて。早く!」
(穂乃果、西木野に向かってケツを向ける。それと同時に凛、穂乃果の首に首輪をセッティング)
西木野「汚ないおしりね!」
パシッ!!(ケツをびんたされる穂乃果)
(西木野、穂乃果のアナルに指をいれる。ビクンと動く穂乃果)
西木野「気持ちいいの?ワンっていってみなさい」
穂乃果「ワンワン!」
西木野「初めてなの?力抜きなさい」
穂乃果「はい(大嘘)」
西木野「おい力ぬきなさいって」
  「(穂乃果のアナルを指でほじくりながら)いいの?何感じてんの!」
  「こっちっきて。」
  「ワンっていいなさい。」
穂乃果「(感じながら)ワンッ・・・ワンッ・・・あっ・・」
「アッー・・・アッー・・・」
(西木野、穂乃果のケツに長いディルドを挿入)
西木野「(満足気に)よーし。なあしっぽついたわよ」
(喘ぎ声を出す穂乃果)
4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 22:50:24.36 ID:aVeRwkWs.net
西木野「みんなにに見せなさい」
(穂乃果、半回転し凛、海未らにディルドを挿入されたアナルを見せる)
(直視不動の凛。少し顔を伏せ目線を逸らす海未)
西木野「それ(首輪につながっている鎖)かして」
凛「はい」
西木野「おしりこっち向けて。よーし」
  「んん?なに気持いいの?ねえ・・・ねえ!」
(ディルドをこねくり回す西木野)
穂乃果「あっ・・・はっー・・・」
西木野「何感じてるのよ。ん?ほら濡れてきてるわよ!」
(穂乃果の秘所を触る西木野)
西木野「気持ちいいって言ってみなさい」
穂乃果「ぎもちいい・・・」
西木野「みんなに見せて。ほら。んん?」
(穂乃果、びちょびちょにぬれたものを2人に見せる)
西木野「きもちいんでしょ??」
穂乃果「ンギモヂイイ!!」
西木野「何濡らしているのよ」
穂乃果「アッー!」
西木野「びしょびしょよ」
  「笑ってやりなさい。よーく見て」
  「よーしあなた星空っていったわね」
凛「はい」
西木野「舐めてやりなさい。はやく」
(凛、穂乃果の秘所をねっとりなめる)
西木野「よしあなた(海未)もきなさい」
  「キスしなさい」
西木野「おーそうそう」
(穂乃果、凛に秘所をねっとりなめられ海未にキスをされ感じる)
西木野「よーし横になって」
(横になりながら先ほどと同様のプレイ再開)
西木野「おう乳首も攻めてあげなさい」
5: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 22:54:34.87 ID:aVeRwkWs.net
海未「はい・・・」
(海未、穂乃果の乳首を舐め始める)
西木野「おうアナル舐めてあげなさい」
(凛、穂乃果のアナルをねっとり舐め始める)
(海未、西木野にパンツ越しにアナルを撫で回される)
(海未、パンツ越しに勃起したチンコをしごかれる)
(海未、パンツを脱がされ巨根が露わに)
西木野「おい星空ァさわってやれよ」
(凛、海未のチンコをしごく)
西木野「咥えて」
(凛、海未のチンコをしゃぶり穂乃果の秘書をぐじゅぐじゅするという器用さを見せつける)
西木野「気持いい?」
(悶える海未)
西木野「イキそう?まだイかないで(凛のフェラをストップさせる)」
海未「イクッ・・・(小声)」
西木野「まだイかないで」
(海未のチンコの先にモザイク越しだが我慢汁が確認できる)
(西木野、凛に海未のチンコをしゃぶるよう指示)
(海未、かなり悶える。)
西木野「イキそう?」
(またしても凛のねっとりフェラを中止)
西木野「イキたい?よし穂乃果のおしりのなかで出してあげなさい」
(一旦すべてのプレイを中断。穂乃果が四つん這いになり挿入待機)
チュポン!(ケツからディルドを抜き取る音)
(海未、穂乃果のアナルに挿入。バック開始)
(穂乃果、情けない声を漏らす)
(体勢を変え、騎乗位の構えになる)
(挿入しながら海未、穂乃果の乳首をしごく)
(騎乗位終了。再びバックの構えに)
西木野「星空?こっち」
(凛、西木野の絡みが始まる)
西木野「濡らせてよ」
(凛、西木野の秘書をなめ始める)
6: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 22:57:50.07 ID:aVeRwkWs.net
西木野「よーし今度はあなたの番」
(凛、西木野に脱がされアナルをいじくられる)
西木野「ちからぬきなさい」
(ここにきてようやく凛の秘所が御開帳)
(また穂乃果を2人が攻める図式に)
(西木野、凛のアナルにディルド挿入しバック開始)
(西木野、肌着を脱ぐ。右肩に入った刺青が露わに)
(凛、机の下に隠された拳銃を発見する)
(西木野、凛の腰に勢いも量も中途半端な潮ふきをする)
(西木野、着替えをしようとした途端)
カチャリ(凛、西木野に拳銃を突きつける)
〜一転攻勢〜
(一転、攻勢に出る3人)
(凛、西木野に拳銃を突きつける。海未、西木野にフェラをさせる。穂乃果、西木野に正常位でディルド挿入)
凛「感じてるんじゃないにゃ」
 「もっとしゃぶるにゃあ!」
 「しゃぶらなきゃ撃つにゃあ!」
(喘ぎ声を漏らす西木野へ放った畜生な発言)
穂乃果「気持ちいいでしょおおお!?」
海未「うまいですよフェラ(少し舌足らずな感じで)
(海未、勢い良く西木野に顔射)
【1カメ】 (海未、勢い良く西木野に顔射)
【2カメ】

穂乃果「アッーヴァウ!アッーイグッ!イグッ!イグッ!アッ・・」
  「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛・・・」
(穂乃果、西木野の腹に勢い良く潮吹き)
【1カメ】 (穂乃果、西木野の腹に勢い良く潮吹き)
【2カメ】

(凛、西木野をバックの体勢にして掘り始める。右手には拳銃)
凛「イク(無感情)」
(凛、西木野の背中に潮吹き。左手に拳銃)
カチャ・・・
パーン!
(アナルに発砲)
ー終了ー

※ EL、NZM、HNY、UMによる話もあります(管理人)

ガンッ!(ボンゴ君、センチュリー君にぶつかる)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『第一章「つり目脅迫!アイドル部員たちの逆襲」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。